Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!素晴らしいご来光!ブログ10年目の「元旦の早朝」!
[第2785回](大吉)・・・1月1日(大吉)

『 今年も素晴らしいご来光が、書斎の窓から差し込み、私の背中を照らして1年の始まりを告げています。標高65mの高台の住宅地で、しかも2階の書斎ですから、窓側を振り返れば、眩いばかりのご来光です。
 転勤が多かった現役時代に比べ、「喜寿過ぎて ここもふる里 ご来光」の境遇に感謝しています。平成29年の元旦を元気に迎えることができたのも、皆さんのご支援により、このブログを10年間維持できたお蔭なのです。』

実に「日本(9)」は不思議な国で、なぜ年の初めを「正月(9)元旦(9)」と言い、今年の六曜では「元旦が先負」で「2日は仏滅」であり、「3日の大安(9)」にならなくても、正月の三が日だけを「お祝(9)」をして、「神宮(19)で、大吉(9)のおみくじ」を期待しますね。
 いいですか、「神(9)様には、お願(9)いではなく、必ず感謝(29)をする」のですよ。

 ブログを始めた平成19年から10年間の歳月は流れ、平成29年元旦のご来光です。「”古希(70歳)”過ぎて・・・」が「”喜寿(77歳)”過ぎて・・・」になり、昨日届いた「神社参りの案内状」にある一覧表を観ると、なんと私の昭和13年生まれは「”数え”80歳」の”傘寿”になっているではありませんか!? ”満”年齢でしたら、今年一杯「78歳」なのに、”数え年”であれば、なんと2歳も上乗せて「80歳」とは・・・? 高齢者でも、1歳でも若くありたいのに、若い皆さんが神社の受付では、”数え年”ですから、例えば「28歳の人は30歳、38歳の人は40歳」と”代変わり”になりますよ。
 これで就活も婚活も未だの人は、2歳上乗せされて「ご気分は如何ですか?」と疑問に思いますよ。

 社寺の厄除け・開運祈願など、全て”数え歳”なんです。現在の「公的年齢計算」(運転免許証・健康保険証など)は、明治時代からの法令に基づき、すべて”満年齢”で処理されています。現在は、民間企業なども公的処理と整合するように”満年齢”です。
 ところで、宗教の自由から行政機関も遠慮しているのか、未だに神社や寺院の厄除け・開運祈願・七五三参りなどは、”数え歳”なのです。・・・明治6年から現代まで何度も「満年齢を守るべきこと!」と法令(★明治6年2月5日の「太政官布告第36号(年齡計算方ヲ定ム)」)でお達しても、全国の社寺は”知らんプリ!”です。
 「12月31日23時59分に誕生した赤ちゃん・・・」を考えてください。
 まだヘソの緒がついている1分後の元旦には、「はい、おめでとう、2歳になりました!」と言うのが、社寺の扱いです。・・・そして、翌年の元旦には、まだ12ヵ月(満1歳)の赤ちゃんが、社寺ではもう3歳扱いで、”七五三参り”?
 いいですか、満18歳の男女が12月31日23時59分生まれでしたら、1分後には20歳になり、理論上は「酒やタバコの飲み放題!」(法令上は、満年齢でダメ)・・・というのを社寺は容認せざるを得なくなります。ところが、元旦生まれの赤ちゃんは、1歳を重ねるのに365日あることと比較すれば、こんな不公平な扱いを平気でしているのです。
ここで、皆さんに宿題です!「なぜ?社寺は”数え年”にこだわる」のでしょうか?・・・。正解は、このブログの過去にも投稿していますよ。(ヒント:”厄年”との関係?) 
 
 このような不満を、元旦からブログに投稿するのは、正月の夢を破り、神様からお叱りを受けるかも・・・? いえいえ違うのです。”数え年”で祈祷しているのは”神職”という人間であって、”神様”が要求しているのではないですよ。
 このように、この世の不合理なことを「ほっとけない!」性格ですから、人生で損をしているかも・・・?。
 
 それにしても、自然は素晴らしい! 近くには、吉備の国の古代人の面影が伺われる「円墳」が数か所点在し、「桃太郎民話」が伝承されている地元の光景には、古代ロマンを感じる土地柄です。
 そして、早春となれば、「紅梅白梅」が満開になり、地元名産の「桃の花畑」が点在し、「桜の花」と融合した野山がピンク色に染まります。
  今朝のご来光は、近年にないほど「1点の曇りなきご来光!」であり、暖かくなりそうです。
  ”数え年”の不満があっても、例年どおり車が渋滞しない「和気由加神社」(我が家の先祖「足利尊氏」の戦勝祈願神社)と地元守護神の「大国主神社」(氏神様)の2ヵ所に参詣して来ます。もちろん、「祈願受付用紙」には”少しでも若い気持ち”の「”満”78歳」と記入しておくのが、例年の倣いです・・・。・・・無駄な抵抗かな・・・? 

必読!「天命数霊術」の的中率は、「ユダヤの法則」の78%か?!?
[第2784回](小凶)・・・12月31日(大吉)

『 本当に運気が良い人は、天格9・5系列のうち70〜80%、でも残りの20〜30%は、天格9・5系列でも、例外として恵まれない人もいます。言い換えれば、乳幼児の姓名が、天格9・5系列である70〜80%は「健康・知徳・性格」に恵まれて、ベストの幸運に恵まれますが、20〜30%の例外があります。
 この比率は、私の長年の感触からですが、ここに不思議なことがあります。  私の経験からの「70〜80%」対「20〜30%」の比率・・・?
 なんと、「ユダヤの法則」である「78:22の法則」という伝承を知っていますか? 正に、私が姓名判断・命名・改名依頼での体験で得た「天格9・5系列」の78%がベストの運気を持ち、世の中の22%が「天格9・5系列」であっても、例外的な恵まれない人生になる人もいます。
 私が体験した比率が、正に「ユダヤの78:22の法則」にほぼピッタリではありませんか?・・・』

 『ユダヤの「78:22の法則」』という伝承を、知っていますか?
 これは、世の中のすべての事象は「78:22の割合」で成り立つという考え方です。
★人体の伝承
/佑梁里蓮⊃緤が78%に対して、それ以外の物質が22%。
呼吸では、肺呼吸が78%に対して、皮膚呼吸が22%。
7鮃な人の腸内菌の割合は、善玉菌が78%に対して、悪玉菌が22%。
ぢの裏にかかる体重の割合は、かかとが78%に対して、つま先が22%。
など。
 これだけ多くの事象が、78:22の割合で構成されていると言われており、人はこの数字のバランスが崩れると、体調不良や病気になるそうです。
★地球の伝承
|狼紊痢岾い販γ蓮廚粒箙腓蓮78%:22%。
空気中の成分の割合は、窒素が78%:酸素が22%。
 このように、地球環境の中にも、この数字の比率で成り立っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 以上の事象から、天格9・5系列を持つ赤ちゃんの78%は、「健康・知徳・性格」に恵まれた赤ちゃんです。そして、学齢期になっても、生まれつき頭脳明晰であり、そんなにガツガツ勉強しなくても、不思議にトップクラスの成績を維持できて、順調に進学できる不思議な運気が与えられるのです。
 そして、成人すると、就活も結婚も、そして「家庭運・社会運・金運など」にも恵まれ、交通事故など”事件事故”にも遭遇することなく、本当に幸運な生涯を送ることができます。
 しかし、これに対して、いくら天格9・5系列の姓名で名づけられても、22%の人が例外として、不運な人がいます。
 それは、「天命数霊術」の◆銑イ陵弖錣鯔たしていない姓名の他、次のような現象がある場合は、22%の不運な人がいるのです。
家族の中に、天格0系列(病気がちな人)や天格2系列(事件事故に遭遇した人)がいる場合、その影響を受ける。
∪菫弔他人から受けた霊障害を引き継いだ家族がいる場合には、その影響を受ける。
職業的に苦労する救急医療臨床医師・刑事弁護士・検察官・自衛官・警察官・消防署職員・・・などに従事する人は、天格9・5系列でも苦労する22%に該当する人が多い。

 どうですか、「天命数霊術」の要件、.戰好箸硫菴配列になっていても、例外として、22%の不運な人になるかも・・・?
 でも、この例外を恐れては、78%の「健康・知徳・家庭運・社会運・金財運」などの神の啓示を受けることはできません。
 幸運にも78%に仲間入りしますと、人生はパラダイスで、歴史にも名を残す人になります。過去の有名人の多くは、親が名付けた”本名”ではなく、”通称名・雅号・タレント名”が多いでしょう。
 「親の愛情と子の運気」とは、別問題です。

(お 礼) 
 今年一年、皆さんにこのブログで、生涯幸せになるノウハウを、投稿してきましたね。この「天命数霊術」は、従来の姓名判断説とは180度異なり、人文科学として”占い”ではない根拠を示したブランド志向であるのです。
 皆さん、いつも「なぜ? どうして? どうしたら?・・・」を思考して、生涯の幸せを掴んでください。
 さあ、新年から、新しい”通称名・雅号・タレント名など”の別名を日常使用して、78%の成功者への道を歩んでください。
 なお、「天命数霊術」の門下生を募集していますので、
PCメール「info@gakuyo951.jp」でお問い合わせください。
 
 年末には、全国の方々から、地元特産の品々を頂きましたこと、有難く御礼を申し上げます。  

必読!癌(がん)の発生と増殖・転移も、”運”が影響!
[第2783回](小吉)・・・12月29日(大吉)

『  あの幸福の絶頂にある「小林 麻央」さんが・”乳がん”・・・とは、驚きましたね。現代社会「二人に1人が、癌(がん)が原因で死亡!」の時代・・・になりました。
 しかし、その原因は、遺伝・ストレス・有害物質・生活習慣など、一体?どれが本当なのか?高度に進歩した現代医学をもって判断しても、結局、決定的な原因は不明なのです。
 いや、発生原因が判明しても、癌(がん)化して、増殖・転移するまでになるのは”不明”であり、結局、「癌(がん)化と増殖・転移」は、”運”が影響との見解が、現代医学の通説のようです。
 可笑しいですね。高度に進歩した現代医学でも、結局、畑違いの”運!”だと、言っているのですから。
 いいですか、「癌(がん)で死亡するのも、”運”!」と判断しているのは、占い師ではなく医学者なのです。いかに、”運”が大切なのか、理解できましたね。』

 交通事故死・火災焼死など、”事件事故”に遭遇する人は、毎日の全国ニュースから、偶数が多い姓名であり、特に「天格2系列が多い!」と、実証してきました。
ところが、”病氣”の一原因・・・特に「癌(がん)」は、どんな原因から罹病するのか?は、未だに”なぞ”です。しかし、結果から観ますと、”神経質”な「天格4・7タイプ」と”病気”に縁がある「天格0(ゼロ)タイプ」が多いようです。
 確かに、結果から観れば、天格「4・7タイプ」か「0(ゼロ)タイプ」ですが、原因から観れば、遺伝・ストレス・有害物質(食品添加物・大気汚染など)・生活習慣(喫煙など)がありますが、決定的な原因はなく、結局、それらが”複合”されたものではないか・・・と言う説が一般的でしょう。
 しかし、細胞がガン化しても、大人しいガンですと、増殖や転移に時間を要したり、運よくガン細胞は死滅し、元気になるというケースもあります。

 ところで、「病氣」という字体、「病=10・氣=10」であり、”病だれ偏”が付く字体、「疫・疾・症・疹・疸・疼・痔・痒・・・」など、病気に関係ある字体は「10画」が多いですよ。(逆に「健・康」は、”11画”と記憶のこと)

 このように思考しますと、不思議でしょう。
「天格4・7」と「天格0(ゼロ)」のタイプは、癌(がん)にも罹病しやすいのですよ。
  では、その1例を観ますと、2人のお子さんも出来て、幸せ絶頂の「小林 麻央」さんが乳がんステージ4と言うニュースに驚きましたね。

「(旧)小林 麻央」天格14・地格13・総格27
「(現)堀越 麻央」天格22・地格17・総格39


上記は、あくまでサンプルの事例でありますが、「天格9・5系列」に”改名”して、運気が向上すれば、細胞の癌(がん)化や増殖・転移など悪化することは、ある程度防げるのでは・・・? 
 冒頭に書きましたように、癌(がん)化・増殖・転移は、ある程度の”運気”に左右される・・・という説は、実は先日(20日)に「癌(がん)について」の講演会;地元医師会病院長の講演で、「やはり、”運気”が左右するのか?」との見解に共感を得ましたので、今日のブログとしたのです。
 皆さんは、「病気になるのも”運”、元気になるのも”運”だ!」と、思いませんか?   
 以上のことからも、ご家族は、皆さんが「天格9・5系列の名付け」にして、”事件事故”を呼ぶ「天格2系列」、そして”癌(がん)”に罹病する可能性が高い「天格0・4・7」タイプの名付けを避けられたら・・・と思いますよ。

(お願い)
 何度もお願いしていますが、PCメール(info@gakuyo951.jp)の件名欄には、「都道府県名と苗字」のみの記載をお願いします。その他のメールは、迷惑メールなどと解釈して、消去する場合があります。
なお、提出期限(産後14日以内)が迫っている「赤ちゃん名づけ」ご依頼は、最優先にいたしますので、先ずお電話ください(090-9065-3019)。
(ブログ左欄上の「★姓名判断・命名・改名の申し込み手続き・プロフイール★」をご覧ください。なお、基礎コースの方や再確認には、右欄上の「動画」がリンクしていますので、再読ください。)

必読!運気が良い国民が増えれば、税金を有効活用できる!
[第2782回](大凶)・・・12月28日(中吉)

『 ”事件事故”の発生は、被害者はもちろん、加害者にとっても”悲劇”ですよ。だれ1人として歓迎する者はいないでしょう。そのうえ、重要事件などの解決のため、高額な捜査費用に相当数の人的要員も必要であり、国民の高額な税金を投入することになります。
 この日本から、少しでも”事件事故”を減少させて、被害者・加害者の双方にとっても、何のプラスにもならず、そして捜査・解決のために高額の人的物的損害費用を、国民の福祉や教育に転用できれば、さらに日本国の発展に寄与します。そのためには、国民の皆さんが、「”事件事故”に遭遇しない”運気”良い名付け」をして欲しいですね。』

 さて、事件事故のニュースは、全国で毎日のように報道されています。過日のTBSニュースでは、次のような報道がありました。
 「何故、このような事件が後を絶たないのでしょうか。何故、犯罪を繰り返す人間が存在するのでしょうか。都(みやこ)の全ての夢を奪った犯人を許せません。これからも都を忘れずに寄り添ってくれた人々の心の中で、都は生き続けてくれると思います」と、平岡さんのご遺族のコメントに、私も同感で憤りを感じます。
 そして、報道された「事件の経緯と概要」は、次のとおりです。
『 7年前、広島県の山の中で、島根県の女子大学生の遺体が見つかった事件で、警察は事件のあと、交通事故で死亡した当時33歳の男を、容疑者死亡のまま殺人などの疑いで書類送検しました。
 遺体発見から7年、事件は20日、大きな局面を迎えました。
 殺人などの容疑で書類送検されたのは、事件当時、島根県益田市に住んでいた会社員「矢野 富栄(よしはる)」容疑者(当時33)です。
 この事件は2009年、広島県の臥龍山で島根県立大学1年「平岡 都」さん(当時19)の切断された遺体の一部が見つかったもので、合同捜査本部は「7年間で延べ31万人の捜査員」を投入し、捜査を続けてきました。事件発生から7年、なぜ、これほどまでに容疑者特定に時間がかかったのでしょうか。
 警察によりますと、不審者や車の通行履歴などを洗い直した結果、今年になって矢野容疑者が浮上したということです。また、今年10月から11月にかけ、押収された矢野容疑者の「デジタルカメラやUSBメモリー」には、平岡さんの遺体や包丁などの画像が、あわせて57枚あったということです。
  事件発生から7年、容疑者死亡のまま書類送検されたことで、事件の全容が解明されないまま、この事件は終末を迎えました。』との報道でした。

 この事件、被害者のご遺族(ご両親)にとっては、憎むべき「わが子を殺害した犯人」が死亡していては、その怒りを一体、誰に向けるべきか・・・、一般の殺害事件以上に、お気の毒に思います。
 このようなお気の毒な事件に対して、冒頭のようなご遺族のコメントになりました。
  しかし、このような事件に遭遇する被害者も、殺害事件を起こす加害者も、「”不運”な名づけが原因だった!」と、不謹慎をも返り観ず、申し上げずにはいられません。
 いいですか、このブログ2700回以上の精神を読み込んで頂ければ、軽はずみに事件の発生原因を述べていないことを、どうかご理解頂きたいのです。
 結論から言えば、
「被害者も加害者も、”幸運な姓名”を持っていれば、加害者の理性心・抑制心から、殺害着手に至らず、また被害者もそのような災難には、初めから遭遇していなかったのです。」
 そこで、終わりになりましたが、
★被害者「平岡 (みやこ)」天格16・地格8・総格24
とても温厚で人柄が良く、賢い美人数がありますが、残念なことに”奇数”がなく、対外的な運気を呼ぶ「天格9・5系列」ではないことから、”事件事故”の凶運が来れば、素直な性格から受け入れてしまうのです。
  遺憾ながら、「平岡」姓には「都(11)」は、適合していなかったのです。

★加害者「矢〇 富◇(よしはる)」天格17・地格20・総格27
  この画数配列は、「7」のダブりで、自己主張が強い言動があり、意のままにならないと、キレやすい性格であり、天格に「9・5」系列がないために、理性で行動を抑制する性格ではないのです。
  ご両親は、33年前、愛情一杯で「富に栄える子になって欲しい!」と「富◇」と名付けられたでしょうが、「矢〇」姓には「富◇」は適合していなかったのです。でも、この名を「よしはる」と武士の”名乗り”のようで、”明るい”音感は良いのですが、現在では、「富」を”よし”で「◇」を”はる”とは、読めない人が多いでしょうね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  以上のように、犯人捜査に、予想外に7年も要して「延べ31万人の捜査員を動員した捜査費用」は、実に高額になります。
  もし、上記のように、被害者・加害者とも運気が良い姓名に名づけられていたら、両者に不幸が生じることなく、31万人の捜査費用は必要ではなく、その予算は国や自治体とも、他の福祉や教育予算に転用できたかも知れません。それに第一「平岡 都」さんは、今頃は島根県立大を卒業して社会人で活躍しているでしょう・・・。
 結論から言えば、「天命数霊術」による名づけの効用は、”事件事故”の被害者・加害者を減少させたうえ、国民や都道府県民への「生活向上予算」として活用できる手法とは、皆さんは思いませんか・・・?

(お知らせ)
※疑問点がありましたら、ご遠慮なく、メール願います。
◆ PCメール;info@gakuyo951.jp (@⇒@)
◆ 携帯メール;09090653019@docomo.ne.jp(@⇒@)
◆ 携帯電話;090-9065-3019

臨時!「動画」(「天命数霊術」の基本)を熟読されたい!
[臨 時]
  現在、多忙の中、過去のブログで何度も投稿した「天命数霊術」の基本的なことも理解しないで、批判的なPCメールがありましたので、直近のブログを再確認しています。それまでは、ブログの右欄上のリンク欄から「動画」(「天命数霊術」の基本)が、現在、187項目を門下生が好意で作成して頂きましたので、非常に簡潔に出来ており、とても参考になりますので、熟読ください。
 このリンクした「動画」(YouTube )には、日本中の姓名判断とは、180度異なる「秘伝」も紹介しながら、基本的なことを記述していますので、皆さんはもう一度、再確認してください。
 なお、「姓名判断・命名・改名」のお申込みの方は、ご遠慮なく、PCメール「info@gakuyo951.jp」に送信してください。

例示・・・「風水;なぜ、”風と水”なのか?」皆さん、ご存じですか?その中で「なぜ? ”図書”と言うのか?」など、また、「なぜ、頑張らなくても成功する人がいるの?」などは、とても参考になり、知識を再確認してください。      望月岳陽

必読!実に少ない「健康・知徳・性格」に恵まれた子!
[第2780回](小凶)・・・12月25日(大吉)

『 サンタクロースは、恵まれない子にお菓子やおもちゃを配っていますが、親御さんが本当に欲しいのは、子どもの「健康・知徳」そして「性格の良い子」になって欲しい・・・という願いではないでしょうか? いくらお菓子やおもちゃに恵まれても、常に”病気”勝ちであれば、子どもの将来に不安があり、サンタさんに「健康・知徳」をお願いし、さらに「優しい心」を持つ子に成長することを望んでおられるのでは・・・?  
 いいですか、サンタさんでも、「それは無理だよ!」と言われるでしょうね。 その無理の「健康運・知徳運」に恵まれ、そのうえに「優しく思いやりある性格」の子に成長させる贈り物が、「天命数霊術」による”名づけ”なのですよ。』

 さあ、日本初の姓名判断と命名改名法「天命数霊術」は、五つの判断要素;すなわち「_菴配列、語意、8豸察↓げ惨供↓ノ玉(形)」が充足すると、それはもう、どんなサンタさんでも「参りました!」と言われるほど、ベストの人生を送ることができるのです。
 ところで、皆さんのお子さん、いやお子さんに限らず、ご家族の皆さんが大人であれば、健康運・知徳運はもちろん、家庭運・職業運・社会運や金運など、まあ、欲張れば際限なく、運気が必要になりますし、そのうえ、”事件事故”に遭遇しない運気も、一番大事な条件になりますね。

 実に際限ない運気は、赤ちゃんの名付けの時点から、将来の運気が予想されます。そこで、このブログを始めた約10年前から、地元新聞(日曜版)の「赤ちゃん名づけの写真入り一覧記事」を観て、ベストの名付けなどを検討し、 流行名・字体など時代の流れを把握しています。

 そこで、直近の12月18日(52人)と12月25日(60人)の「赤ちゃん名づけ吉凶判断」を皆さんに紹介します。
 冒頭の「天命数霊術」の_菴配列のみが、最重要ポイントですから、天格9系列の「ベストの赤ちゃん名づけ事例」を紹介しましょう。
 ベストの名付けであり、将来は「健康・知徳・性格」の3拍子揃った優秀なお子さんですから、フルネームで紹介します。
 ただし、この他に、天格「9・5」系列でなくても、例外の20〜30%の中には、将来、優秀なお子さんがいるかも知れません。しかし、それも”運”です。
★12月18日の赤ちゃん52人から、4人の画数がベスト。
「石井 碧結(みゆ)」天格19・地格16・総格35
「藤原 琉生(るい)」天格29・地格15・総格44
「村上 朝柊(あさひ)」天格19・地格12・総格31
「佐藤 翔真(しょうま)」天格19・地格28・総格47

★12月25日の赤ちゃん60人から、5人の画数がベスト。
「大繁 汐莉(しおり)」天格9・地格26・総格35
「大室 樹輝(いつき)」天格19・地格24・総格43
「高橋 洸太(こうた)」天格19・地格20・総格39
「草加 浩輔(こうすけ)」天格19・地格19・総格38
「岡部 彪雅(ひゅうが)」天格19・地格24・総格43

 以上、112人の赤ちゃんの中で、ベストの名付けは僅か「9人(約8%)」しかありません。しかし、上記の9人の”他にも、例外として優秀なお子さんに成長するかも知れません。でも、後は”運次第ですよ。

どうですか、ベストの運気を持つように、赤ちゃんの名付けは非常に難しいですよ。でも、日本初「天命数霊術」(著作権)により名付ければ、将来、「福澤 諭吉」や「野口 英世」のような偉人になり、歴史に名を遺す人になるかも知れませんね・・・。そのうえ、「風水神仙道霊符色紙額」などにより、風水パワーを吸入すれば、「健康運・知徳運」に恵まれたうえ、”交通事故死”や”火災焼死”など”事件事故”に遭遇する可能性が低くなりますよ。
 皆さんのお子さんも、約8%の運気が良い名づけをして、将来、社会貢献できる成長を楽しみにしてください。 

必読!疑問?誕生日占い;実にいい加減な誕生日が多い!
[第2779回](中吉)・・・12月22日(大凶)

『 実に「”誕生日”占い」ほど、いい加減なものはありませんよ。約半世紀前までは、特に農山村地域では、助産婦が自宅に来て出産させて証明書を発行し、それを役所に届けたものです。ですから、現在は病院出産で医師の証明書ですから、誕生日の間違いはほとんどありません。しかし、昔のいい加減な誕生日で、誕生日占い・・・とは? この事実を知って欲しいのですよ。』

 実は、私が小学校3年生の時、今は亡き母親からコッソリ聞いた話です。
『 いいですか、自分の心の中だけで、誰にも言ったらいけませんよ。産婆さんに迷惑をかけますからね。学校の連絡帳には、誕生日は12月20日になっているでしょう。でも、実際生まれたのは19日の夜なのよ。でもね、産婆さんが、「19日(ジュウク)とは、縁起が悪いので、20日が出産日として置きますよ」とのことで、本当の誕生日は19日よ・・・!』とショックなことを、小3の子どもの時に言われたこと、この78歳の誕生日を迎えた1昨日まで、家族にも話していません。なぜなら、誕生日の使用頻度は少なく、姓名ほどの影響がないからです。しかし、私は現在まで、心の中で「19日生まれだ!」と人知れず意識をしてきました。
 いいですか、誕生日ほどいい加減な日付はないのです。ですから、「天命数霊術」では、誕生日はそれほど重要視しません。ただ、同姓同名でも運気が異なる要素として、誕生日の違いが若干の影響があるかな?と思うだけです。

 ’末も28〜31日になれば、どこの家庭も気ぜわしく、それを気を利かせた助産婦が、「 もう少しで、めでたい正月ですから、誕生日を元旦にして置きますよ。」とのことで、実際は年末でも「1月元旦〜3日生まれ」の証明書を発行したことが傳えられて来ました。
また、もう一つの理由は、昔は”数え歳”の習慣があり、12月31日生まれの人は、翌日の除夜の鐘があると、まだヘソの緒を切ったばかりで、目が開いていない乳児でも、「数え歳;2歳!」なんですよ。ですから、年末生まれは元旦にしたのです。
◆仝什澆任眛瑛佑任垢、うるう年の2月29日に出産した児は、必ず3月1日にします。なぜなら、誕生日が4年に1回・・・とは、可哀想だから・・・という理由です。
 4月1日生まれの児は遅生まれで可哀想だから、学年が1年遅い早生まれの方が有利だから、4月2〜3日生まれにしたという理由で、虚偽の証明書も昔は珍しくなかったそうです。
ぁ,修梁勝◆岷鏥が悪い”仏滅”とか、”三りんぼう”の日」、そして「死・苦の4や9系列の日」を翌日にする証明書に虚偽記載が平然と行われて来たのです。
 
 どうですか、現在の産科病院でも多少の虚偽記載はあると思いますが、誕生日を縁起が良い元旦生まれの史実「木下 藤吉郎」(のちの豊臣秀吉)に作為的にした有名な話がありますね。
『 「木下藤吉郎」の生年については、従来は天文5年(1536年)といわれていましたが、最近では天文6年(1537年)説が有力となっています。誕生日は1月1日、幼名は「日吉丸」となっていますが、これは『絵本太閤記』の創作で、実際の生誕日は『天正記』や家臣・伊藤秀盛の願文の記載から「天文6年2月6日」とする説が有力です。幼名が日吉丸という縁起が良い名づけでしたから、「初日の出の正月元旦にしたのでは・・・?」と言う説が事実のようですね。』

 以上の 銑い里茲Δ肪太呼が正確でないことが多いのです。
 そこで、「誕生日占い・・・たとえば 四柱推命:生年月日で占い」などを、あなたは信じることができますか?
それに、年末年始ですから、もう一度言っておきますが、「十二支(干支;えと)」 は、”動物”ではありませんよ。一年間の”植物”の成長過程を表すのです。今年は「申(さる)」、来年は「酉(とり)」なんて・・・? 動物ならなぜ「猿(さる)」とか、「鳥(とり)」の字体にしないのでしょうか?・・・どんな事でも、「なぜか?どうして?」を思考しないから、国民は平安時代から騙されてばかり・・・なのです。
なぜなら、庶民の運気が上がらないように、いつの時代でも支配者が仕組んだウソが多いのですよ。

必読!女優「桐谷美玲」が今年の「最も美しい顔」に選出!
[第2778回](小吉)・・・12月21日(大吉)

『 女優の「桐谷 美玲」さんが、月刊美容誌「VOCE(ヴォーチェ)」(講談社)の2016年「「世界で最も美しい顔100人」に選出されましたね。やはり、ベストの運気を持っているからですよ。』

 桐谷さんは毎年、発表される「世界で”最も美しい顔”100人」でも4度選出されています。12月19日、東京都内で行われた授賞式に出席。桐谷さんは白のレースのロングドレスで登場すると、受賞について「本当に光栄なんですけど、恥ずかしい気持ちもあります」と言っていました。
  「最も美しい顔」は、桐谷さんは雑誌の表紙に登場するたび反響が大きかったことや、見た目の美しさも含め1年を通じ“美しく輝いていた”ことから選出されたのですが、他にも沢山の「美しく輝く女性」が沢山いる中で、4度も選出されるのは、やはり「運!?」ですよ。
 その運の主たるものは、「桐谷 美玲」という芸名(タレント名)なのです。 本名はハッキリ公表していないので不明ですが、やはり「戸籍の本名より、使用頻度が多い”芸名(タレント名)”からの”運気”が決定付ける!」のですよ。

「桐谷 美玲」天格19・地格16・総格35

 この姓名については過去のブログにも採り上げましたが、もう一度説明してみましょう。
 どうですか、画数配列も「9・5」の2ヵ所あり、ベストの配列。対外的な運気と人気は、天格19から、そして地格16の女優として必要な”美人数”=6系列があり、しかも誕生日まで(12月)16日生まれで、容姿にも恵まれています。
 さらに、天地のどちらにも「美=9」と「玲=9」を含んでいるので、”知覚神経”も優れて、賢い女性です。そのうえ、「玲」という字体を使用して、”玉へん=宝石”の美しさを表現する女性の名としては、ベストの字体も使用したと言えましょう。
 そして、これらの運気を総合して、総格35の”成功数”が結果を出し、最後には”金運”が物を言う極めて”幸運な姓名”です。
 
 どうですか、同じ美人の女性に生まれても、「姓名の運気」で、人生の幸運を導いてくれるのか、どうか?・・・。昔から「美人薄命」という諺もありますが、「”薄命”になるか? ”幸運”になるか?」・・・これも運命が決定付けます。その運命が「姓名からの源泉だ!」としたら、女性の皆さんは、「この天命数霊術は”宝石やブランドのバック”どころではない・・・!」と気付かねばなりませんよ。
 『”運気”こそ、数億円の宝石より貴い! 』とは思いませんか?
どんなに美人でも、”交通事故死”や”病死(※)”になれば、「ハイ、それまで・・・」ですよ。
(※ 昨日20日、地元医師会病院長の講演「ガンについて」を拝聴して来ました。「ガン細胞になるのか、どうか?は、結局”運だ!”」とのことでした。この”運”こそが人生を決定付けるのです。”運”は医学でも難題なので、今年は小児科・心療内科・皮膚科などの医師からも、命名・改名依頼がありました。)
  
(課 題)
現在、兵庫・西宮市長「今村 岳司」氏(44)の発言(※)が、市議会でも問題になっていますね。皆さんが、彼の姓名判断をして観てください。その結果は、名誉棄損にならないよう心の中に閉まっていてください。
(※「おもしろくない授業の時は抜け出して、タバコを吸ったり麻雀したり、楽器を弾いていた」)

必読!”偶数”の構成数で「総格2系列」も、”交通事故死”!
[第2779回](中吉)・・・12月19日(大吉)

『 ”事件事故”の被害者は、天格2系列が多いのですが、”偶数”ばかりの構成数で、総格2系列になるケースも、”交通事故死”となった事例が発生しました。例えば、「6+6=12」となるようなケースも、”事件事故”を呼びますので、このような姓名も「早急に改名した方」が安心ですよ。』

本日のTBSニュースから・・・。
『 東京・杉並区で道路を横断していた男性が、オートバイ2台と相次いで衝突しました。この事故で、歩行者の男性がケガをしたほか、最初に衝突したオートバイの運転手の男性が死亡しました。
 18日午後11時ごろ、杉並区上荻の青梅街道で会社員の男性(51)が交差点を横断していたところオートバイと衝突し、直後に別のオートバイとも衝突しました。
 この事故で男性は、ろっ骨を骨折するなど2週間のケガをしたほか、最初に衝突したオートバイを運転していた西東京市に住む「小田 誠一」さん(47)が死亡しました。現場は見通しの良い直線道路で、警視庁が事故の原因を詳しく調べています。 』(19日13:42)

  本当に、オートバイは怖いですね。倒れたら、負傷か死亡ですよ。昨年4月22日午後6時過ぎ、俳優の「萩原 流行(ながれ)」さん(62)が、大型バイクで転倒、後続の車に撥ねられ死亡した事故がありましたね。
  彼の姓名は「天格22・地格16・総格38」のように、通常は「”偶数”ばかりで、天格2系列!」が、”交通事故”に遭遇しやすいのですが、昨日の事故は、「6+6=12」型の構成数で総格2系列も、”事故事件”に遭遇しやすい姓名になることも記憶してください。

 それでは、今日の被害者「小田 誠一」さん(47)の姓名は、
「小田 誠一」天格16・地格6・総格22

このように、画数配列が3か所とも”偶数”の姓名であり、しかも総格2系列の場合は、”事件事故”を呼ぶ運勢になることを記憶していてください。
 ですから、人の姓名のように「X+Y=2系列(総格)」というXとYが偶数の組み合わせの型になれば、その総格は非常に”怖い結果”(”死”を招く)になります。この事例の解釈でも、先ず第一に「画数」の配列から吉凶判断をしますので、例え「誠」のような語源・語意が良い字体を使用していても、優先順位は画数判断より下がりますので、やはり事故事件を呼ぶ「総格2」系列の影響に負けてしまうのです。

 では、以上とは”全く逆”で、同じ総格22でも、この22が「大凶ではなく、長所に転換するケース」を、記憶していてください。
 それは、「19+3=22」の場合など、この総格22は”長所”に転換してきます。それは「大吉19+小吉3=大凶22」ですから、吉:凶=2:1 で、吉が優勢ですから、その凶は負けて”長所”(気楽な性格)に転換して、22の事故事件の凶相は負けてしまうのです。(この私説も、日本初の独創的な”秘伝”です。)
 したがって、総格のみで、「吉だの、凶だの・・・」とは、軽はずみに結論がでないですよ。必ず、「構成数」の吉凶を良く観極めてから、総格の吉凶判断をせねばなりません。
 例えば、「岡 彩子」という姓名であれば、「天格19+地格3=総格22」になりますが、総格22を判断して、軽はずみに「”事故事件”に遭遇する姓名」とは判断できないこと、もうお判りになりましたね。

 したがって、「赤ちゃんの名付け本」の画数判断でも、その数が姓名のどの位置に使用されているのか?を、良く見極めて吉凶判断をしないと、とんでもない間違った姓名判断をすることになります。この相関関係のことを、キッチリと著作している市販の名づけ本は、ほとんど見当たりませんねぇ〜・・・。

(お知らせ)
 今日12月19日は、私の78回目の誕生日です。でも、数十年、風邪一つ引いた記憶がないほど元気です。車の運転も50年になりますが、対人対物事故はゼロですよ。この調子なら100歳までも・・・? いや、ある日、突然お迎えが来るのかな? さて、「天命数霊術」の初代宗家「望月岳陽」は、一体、何歳まで・・・? それは生死年齢に関わる判断をすることは、神仏からご法度なのですから・・・、まあ、自然の成り行き”運!?”任せですよ。  


(お知らせ)
 「20日以降のブログ」は、現在、事実関係を再確認中ですので、一時非公開にしています。ご心配なく。

必読!「キラキラね〜む」で就活・婚活が受難の時代を予想!
[第2778回](中吉)・・・12月18日(中吉)

『 あと、10年もすれば、就活・婚活は大変なことが予想・・・!? 「会社の営業に不向き・不採用! 結婚は相手の親が反対!」など、社会現象が予想されます! その原因は、10年前ごろから、「キラキラね〜む」の出現で、10数年後には”就活”、15年後から”婚活”などのトラブルが発生予想・・・!?
 要は、”就活”では、職場内や営業での支障から書類審査で落とされ、”婚活”では、名づけ親の常識レベルが低いと判断、親戚付き合いを敬遠され、「キラキラね〜む」の子どもは就職も結婚もできない・・・そんな時代が、もうすぐやって来きますよ!・・・』

 1昨年だったか、安倍首相も講演で『 ”光”という字に、宇宙の”宙”で「光宙」と書いて、「ピカチュウ」とキラキラね〜むを付ける親がいるそうですね。呆れたものです。ペットではないんですから・・・。そんな子どもがイジメに遭うのです。・・・』との発言があったそうです。
 やがては、「ポケモン」という名づけが、流行してくるかも・・・?

 このキラキラね〜む、後10年以上ではなく、現在の救急医療児童も、専門医師の論文では、「キラキラね〜む」の子は、他の子に比較して救急救命に受診する子は、「約3倍多い!」との調査データがあるそうです。そして、おそらく小中学校でのイジメを受ける児童・生徒には、「キラキラね〜む」が発端となり、イジメが始まる事例も今後とも多くなることも予想されます。

 そのうえ、「キラキラね〜む」の乳児は、神経質でキレやすい性格ですから、「長泣き・夜泣き」をして、両親は寝不足からイライラがつのり、わが児を虐待し、死亡に至る事例も最近では、多くなりつつあります。
  児童虐待で、児童相談所の一時保護件数も、昨年度は2万3276件に上り、過去最多になりました。児童虐待により死亡しているのは、年間100人余り、約3日に1人は死亡しています。
 厚労省は「一時保護」については、「保護者の同意」を「原則」としない見直しを行ったほか、今後、保護の期間が2か月を超える場合には、家庭裁判所が、保護を続けることが適切かを審査する新しい仕組みを作るそうです。
( 皆さん、近所で児童虐待に気付いたら、全国共通の電話番号「189」へ!)

 以上のような弊害は、将来、「少子高齢化」が進む日本では、ゆゆしき重大な社会現象になります。なぜなら、「健康で優秀な日本人が減少する恐れ」があるからです。
 昔は、おじいちゃんやおばあちゃんにも相談して、先ず呼び名から先に考えて、その画数をあとで調べる、といった決め方が一般的でした。
 でも今は、漢字の意味は全く無視して、画数や占星術で名前を決めるような本や雑誌の特集があふれています。
 そして、「キラキラネーム」は、定着しつつあるのでは・・・!?
 「“子供のペット化”だ!」と指摘する声もあります。名前を一生背負っていく子供の気持ちを考えずに、単に「カワイイから」とペットの名前のように気軽に決めてしまう若い父母・・・特にタレントのお子さんに多く観られます。
 下記に「キラキラね〜む」と思われて分類されているサイトから引用しますと、次のとおりです(全て、実在した事例)。

「光宙(ピカチュウ)」「大熊猫(パンダ)」「頼音(ライオン)」
「巌堕夢(ガンダム)」「翔空哉(かぐや)」「男(アダム)」
「空詩(らら)」「凸(てとり)」「泡姫(ありえる)」
「愛保(ラブホ)」「笑門(えもん)」「笑来(えら)」「礼(ぺこ)」「頑張郎(がんばろう)」・・・以下、略。

その他、キラキラではないのですが、流行の「悠菜(ゆな)」「雫(しずく)」や「栞(しおり)」などの名付けも避けて下さい。「悠菜」の音感が「湯女(ゆな)」(遊女)に聞こえるからです。ですから、「天命数霊術」では、い痢媛惨供匹慮‘い盻斗廚覆里任后

 他に沢山の事例がありますが、これらの「キラキラね〜む」では、就活の面接までいかない書類審査でも難しいでしょうね。
 それに婚活の席上で、女性が将来「ピカチュウ」や「パンダ」の亭主を持つことを想像しただけでも、「キモイ!」と思われ、まして相手方のご両親は、「こんな方とは、親戚付き合い・・・お断り!」と、縁談を断られるでしょう。
 
 ですから、赤ちゃんの名付けの時点で、本当に慎重かつ真剣に「”流行名”や”キラキラね〜む”ではない現代感覚」で、「運気が良い名づけ」をすべきですよ。そのために、約10年後には「名づけや改名の申し込み」が、急増するかも・・・? その頃には、私は天上から「予想が当たりました!」と、神仏に報告しているかも知れませんね。

必読!感激です!オーストラリアからメールを頂きました!
[第2777回](中吉)・・・12月16日(小吉)

 先日、初めてオーストラリアから、下記のメールを頂きました。
このブログが世界に発信していることに、時代遅れの77歳高齢の私には、不思議でなりません。とても数十年前では考えられない科学の進歩です。

『 初めまして。
オーストラリアから読ませてもらってます。
そして読む事に夢中になり、メモして読み返しています。
望月様に出会えた事に感激しております。
これからも毎日、このブログを拝見させて
いただきますので、どうぞ宜しくお願いします。
これからもちょくちょくコメントさせていただきますので、もしもの無礼や下手な文章をどうかお許しくださいませ!(以下、略)投稿者;美19 』

 この嬉しいメールに、下記は私の返信です。
『 美19さま
 遠方からのコメントを頂きまして感激です。2700回以上のブログを読まれるのは大変だと思いますので、基礎的な紹介は、右上の「リンク」欄で「動画」をクリックしてご覧ください。門下生が纏めたものですが、非常に簡潔に要点を纏めていますのでご覧ください。外国ではアメリカ・カナダ・フランス・インドネシア・シンガポール・上海・香港などからもメールを頂き、アメリカ・カナダや上海には、「色紙額」なども国際便でお届けしました。』 投稿者 望月岳陽

ところが、このブログを始めた約8年前(2008.3.27)、海外からでは一番乗りで、「インドネシア」在住の女性から、私説(「9こそ最大吉数!」という説)に対して、賛同のメールを頂いた時は、とても嬉しかった思い出が読みがえりました。

メールの一部分を抜粋再掲!
 (原文どおり)
「(省略)・・・先生のお話でとても感銘をうけたのが、“9”に関するお話です。私達は7または8がラッキーな数字だと言われてきていますよね。
 ですから“9”が最高の数、というのはある意味意外でした。
 ところが、そう言われてみると私もどこかで“9”が一番強い数、というのを聞いたことがある。
 ただ“ふーんそうなの、でもやっぱり、ラッキーは7でしょう”、とあまり気にも留めていなかった訳です。
ここインドネシアにはボロブドゥールという仏教遺跡があります。
 名前だけは先生も聞かれたことがあると思います。
 紀元824年頃建造された、と言われるこの遺跡には“9”がたくさん使われているのです。
(9層構造(正確には9層+天上界を表す1層)、
 108体(9×12)の石造、504(9×56)の石造、72(9×8)基のストゥーパ。その他にも色々あるようです。
 ちなみに1985年のイスラム過激派によるストゥーパ破壊も“9基”でした。・・・(省略)」

との情報で、日本初の私説「天命数霊術」の開発普及を勇気付けられました。
 
 このように仏教徒が多いインドネシアの実証に対して、日本中の説が「9・19は、大凶!」という説では、どんな反証をされるのか、疑問を投げかけましたが、納得の行くメールは頂いていません。皆さんは、いかが思いますか・・・?
もうすぐ、日本(9)の正月(9)です。ラッキー(9)な新年(19)を迎えましょう・・・! 元旦(9)には、伊勢(19)神宮(19)にお参りしたいですね。

必読!”運気”の選択;「実名(本名)」型か「通称名」型か?
[第2776回](小吉)・・・12月15日(大吉)

『 明治5年以降の現代人は、原則として「実名(本名)=戸籍名」の1つですね。 ところが、現代でも芸術芸能家・俳優・女優・歌手・関取・タレントなど、「通称名=雅号・芸名・タレント名など」で、高額所得の有名人になり、社会に貢献して、文化勲章や国民栄誉賞などを受賞しています。』

 さて、一般の方でも、戸籍名による運気がパッとしない場合、タレントになったつもりで、”通称名(芸名など)”を付けて、それを日常使用の頻度を高めれば、「鈴木 一朗」を「イチロー」という”通称名”の9画で、日米野球の神様的存在になるのです。また、同じ姓の「鈴木 末七」が”通称名”「松平 健」という俳優の大御所になるのですよ。
 あの驚異的な成績の横綱「白鵬」は、本名はモンゴル語、でも日常の通称名である「白鵬」の使用頻度が多いので、もう人生は「白鵬=5+19」の運気ですよ。
 それでも、名づけ親に遠慮して、生涯、本名のままで苦労しますか?
 でも、どこの親でも子供が幸せになることを望んでいるのに、その方法に恵まれないからですよ。

 ・・・「 改名ではなく、雅号・芸名・タレント名だ!・・・」と、意識を変えてください! すると、どこの親でも、それを反対する人はいないはずです。
  江戸時代以前の武家社会では、「苗字+個人名」のうち、この個人名には、「通称名+名乗り(実名)」があり、例えば「(源)九郎義経」(”九郎”が通称名)「(西郷)吉之助隆盛」(吉之助が通称名)などがありました。
 この通称名が、日常生活で使用頻度が多く、この通称名で運気が変化して来た歴史上の人物も多いです。
 もっともヤヤコシイのは、この通称名は、生まれてから元服(15〜16歳)までに使用して、元服を機会に通称名を別名にしたり、逆に気に入れば、元服後の大人に成長して、生涯、その通称名で運気を出して、名君で社会貢献して歴史に残る人物に成長した実例もあります。
 一方、武家の実名(本名)は、元服を機会に、対外的に正式な実名とするのですが、その本名は天皇・将軍・藩主など目上の人から「1字拝領!」と言い、仮に気に要らなくても、「ありがたく頂戴!」としたものです。 

 要するに、沢山の通称名・実名などある中で、一番使用頻度が多い姓名から、名君になるか、凡君になるのか、「運命の分かれ道!?」のようなものでした。
 例えば、「足利 尊氏」の本名は、元々「足利 高氏」でしたが、その”尊”の字体は「後醍醐天皇の御名」”尊治(たかはる)”の一字拝領した字体が気に入り、これを正式な実名(本名)としました。そのため、天格は「14画から19画へ」と運気が変化し、室町将軍として名声が上がり、結局、その運気は足利15代将軍は続きました。
 
 そこで、「一字拝領」で気に要らない事例の代表的な事例は、三代将軍「川家光」の”光”を拝領した岡山藩主「池田 光政」(江戸初期の三大名君)は、”光”が気に入らず、通称名「新太郎」ばかりを日常使用していたそうです。
 そのために「池田 新太郎」の運気で、現在まで続いた池田家でも、「3代名君;池田 新太郎光政」は、地元でも尊敬を集めています。
 実名(本名)の「池田 光政」の使用頻度が多ければ、なんと天格12・地格14・総格26で名声などなく、若死であったかも・・・?
 それが、なんと「池田 新太郎」の使用頻度が多いため、全国の藩主の中でも、国宝「閑谷学校」(庶民子弟を養成)の建設や瀬戸内の防潮堤などの土木建設などの遺構があり、池田家の藩主の中でも代表的な名君でした。

「池田 新太郎(光政) 」天格19・地格9・補格9・総格37
本当に貴重なトリプル「9」系列の姓名でした。
 
 さらに、藩政改革で功績があった「山田 方谷(ほうこく)」(陽明学者;備中松山藩重臣)は、年少の頃から四書五経を理解しており、隣国の備中新見藩主を驚かしたほど抜群の秀才であった記録があり、その功績を称えて、JR伯備線の「方谷(ほうこく)」駅があります。
 その幼名と通称名は「安五郎」が日常使用されていました。

「山田 安五郎(方谷)」天格9・地格9・補格9・総格27
どうですか、この歴史に残る賢人も、トリプル「9」の姓名でしたね。

 もう1人、備中岡山の名君を紹介しましょう。
 あの豊臣秀吉が天下統一の切っ掛けとなった「備中高松城の水攻め」で、藩主一族や家臣全員の助命を条件に、秀吉の前で舟を浮かべ、潔く「切腹」した”武士の鏡”と後世の現在まで称えられている「清水 宗治(むねはる)」が有名です。
 この潔い切腹があったからこそ、急遽、京都山崎まで引き返して、主君「織田 信長」の敵(かたき)「明智 光秀」を討つことができたのです。
 そのために、次世代「豊臣 秀吉」の天下統一の時代を迎える歴史形成ができました。それには、姓名の影響が大きいですよ。

「清水 長左衛門(宗治)」天格19・地格9・補格16・8・総格52
日常の通称名は「長左衛門」ですので、天格も地格も「9系列」ですね。いや、実名(名乗り)の「宗治」を使用しても、天格19と総格31で、「9と1」が2か所ありますね。それに「宗」の字体は「伊達 政宗」のように語源から”名君”になる可能性が大です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 以上のとおり、歴史上に残る名君には「9系列」が必要なこと、もう痛いほどお判りになりましたね。それも年少の子どもの時から、抜群の才能を持つように成長して行く「通称型」と・・・、それに大人になる基本的な運気形成ができる「実名型」の基礎が、幼児期にできるのです。

必読!復習;同じ「15」でも、物の考え方の違い!
[第2775回](中吉)・・・12月14日(小凶)

『 人の運勢というのは、姓名の総画数のみでは判断できません。そんなに単純なものではないのです。
  姓名の”総画数”というのは、「苗字+個人名」の”複合数”ですね。これに対して、番地・マンション部屋番・車のプレートナンバー・電話番号などは、いずれも”単数”であって、複合された数ではないのです。
 ですから、人の運勢は”総画数”のみで、吉凶判断はできません。
 例えば、日本中の説は、「”総画格”15の人は、成功運に恵まれ大吉数!」と、異論なく通説になっています。しかし、その「15」と言うのは、姓名のような”複合数”なのか、番地のように”単数”なのか?・・・この区別をしている数霊判断を見かけたことがありません。
 どうですか?あなたなら、「15と言えば、大吉数だ!」と、単純に判断できますか?』

(1)姓名の”複合数(構成数)”とは?
 例えば、果物に喩えてみましょう。
 直判数とは、「りんご」ばかり15個ある場合です。その「15=りんご」ですから、則、15という数霊のパワーがあります。ところが、同じ15個という数でも、「りんご」が12個と、「みかん」が3個でも、構成数を合わせて、15個という場合、どちらも同じ「15」で大吉のように思いますが、
15=15・・・・即、大吉となる。
15=12+3・・大凶(12)と中吉(3)との組み合わせで、"小吉"程度か? 

このように、同じ15でも、大吉もあれば小吉もあります。そして、神亀の図でも「15=X+Y+Z」の組み合わせは、8種もあり、同じ「15」という数でも「15=9+5+1」(亀の中心ライン)があり、最大吉となります。
 ところが「15=6+1+8」(亀の底辺ライン)は、大吉数とは言えず、このような8種の組み合わせを、平均してみると、「構成数がある15」という数は、平均して”中吉”と、判断せざるを得ないのです。この考え方が、姓名判断に応用されます。
  ですから、ベストの組み合わせは「9・5・1」が2ヵ所以上必要!・・・という意味がお解りでしょうか?
  要するに、「神亀の図」の8通りの「15=X+Y+Z」のうち、ベストの組み合わせは、「15=9+5+1」(首+腹+排泄)が脊椎動物の”生存数”を表しています。ですから、「9=首」がトップに君臨している実証になります。
 そして、2番目に位置する「5=腹」のパワーは、「9」の次ですから、「15」という数は、2番目の大吉数なのです。
  
(2)車のナンバーの吉凶判断は?
  車のナンバーは、本来は構成数がない下2桁で吉凶判断をします。しかし、その中でも”事故事件”に遭遇しにくいのが、ベストのナンバーがあります。結論から言いますと、希望ナンバー制になっていますので、特に””事故事件”に遭遇しにくいナンバーを、ご自分で選択できる訳です。
 そこで、「事故事件に遭遇しにくく・覚えやすいナンバー」となれば、「・9-99」「・-99」「 19-19」「81-81」「・9-51」「99-81」などが良いと思います。
 それに関して、中には「15-81」のナンバーはどうか?との質問が先日ありました。しかし、この配列は記憶しにくく、あまり面白さがありません。数字を一つずつ足して、1桁まで求める古代エジプトの「ゲマトラ数秘術」により判断ですと、これでは「15」と「81」は、「15=1+5⇒6」と「81=8+1⇒9」になり、結局「6+9」の構成数では、”事故事件”に遭遇しにくいという実証になりません。
 それより「81-81」がベストです。なぜなら「8+1=9・8+1=9」も含むとすれば、「81(9×9)-81(9×9)」のナンバーは、トップの運気で””事故事件”にも遭遇しにくい「9」が”6つ”も含まれており、ベストの運気になります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 以上のように、姓名の”構成数”と姓名以外の”直判数”との「吉凶判断の違い」がお判りになりましたか? ただ、”事故事件”の多い実証をしてきました下1桁「0・2・6」のナンバーは、可能な限り、避けるようにしてください。

(お知らせ)
  「天命数霊術」の公式ブログ・公式ホームページは「ヤフーのトップページ」の検索欄に「天命数霊術」を記入して検索してください。「動画」は、公式ブログの右上の「リンク」欄からご覧ください。
  姓名判断・命名・改名のご依頼は、公式ブログの左欄上「★姓名判断・命名・改名の申し込み手続き・プロフイール★」を一読されて、info@gakuyo951.jp にメール願います。

必読!天格9系列のベストの名付けは、約10%に過ぎない!
[第2774回](小凶)・・・12月11日(大吉)

『 今週のベストの名付けも、地元新聞で精査しても、約10%程度です。やはり健康で賢く、事件事故にも遭遇しない運気が良い児は、本当に少ないですよ。もちろん、例外はあるでしょうが、天格9系列を持つお子さんは、「健康で、賢く、性格の良い児」に育ち、その運気は男性では生涯、女性では婚姻で苗字変更まで、赤ちゃんの時に名付けられた運気が、生涯影響するのです。』

 さて、今週も地元新聞の日曜版「一歳になりました」という写真入り赤ちゃんの姓名・誕生日などが、紹介されています。
 私は、毎週、名づけの現況を、もう10年来、継続して精査しています。ですから、最近の「流行名・字体」、そして「キラキラね〜む」などの傾向も手にとるように識別できます。
  毎週の掲載人数は異なりますが、今週は男児女児計「84人」でした。

 さて、その中で、天格9系列のベストの対外的な運気を持つ赤ちゃんの姓名を精査しましたら、下記の8人が「健康運・知徳運、そして性格の良い児」です。良いことですですし、皆さんにも参考になりますので、フルネームで紹介しました。

★84人中、ベストの運気を持つ児は、僅か8人!!
 岼觝 陽介」天29・地16・総45
◆崚亙 優太」天29天9・総38
「大嶋 龍志」天19地21・総40
ぁ崗綯 練斗」天19地11・総30
ァ峅本 爽汰」天19・地12・総31
Α崔歐 大翔」天9・地24・総33
А崔口 敢太」天19・地7・総26
─崟偸 友梨」天9・地23・総32

どうですか、 銑イ泙任5人は、「9・5・1」が2か所ありますので、同じ天格9系列の中でも、「後天八卦図(神亀の図)」の首・腹・排泄のうち、トップの「首=9」の他に、脊椎動物に必要な「腹(内臓)」又は「排泄」を合わせて持っている名づけであることを、示していますので、Α銑┐3人よりも、より運気が強い児に成長する可能性があるのです。
 
 そして、天格5系列も、9系列に続いて、幸運の名付けが4人いますが、ここでは省略させていただきます。
 
 それから、逆に「天格2系列(12・22)」は事件事故に遭遇する運命の児は7人、そして「天格0系列(10・20)」の病気になりやすい児が6人いますが、ここでは、固有名詞は公表しません。保護者の皆さんは、このブログを読み、わが児の姓名を照合して観てください。
 とにかく、赤ちゃんの時に名付けた運命は、生涯影響すること、毎日のニュースからでも、実証できますでしょう・・・!?
 

必読!「天命数霊術」による命名!2歳半や3歳で絵本が読める驚き!
[第2773回](小吉)・・・12月4日(小凶)

※ 以下の3事例は、「天命数霊術」により命名した幼児の最近の様子を、今年の6月以降で、PCメールで頂いた代表的なもの・・・、特に、テレビのアニメやゲーム機よりも、「絵本」が好きであり、記憶力・思考力が優れている・・・という共通したメールを頂きましたので、その中から3件を紹介します。(地名・人名の固有名詞は省略。)

★「3歳2か月の男児」
『 ・・・(前文、省略)・・・先生!驚きですよ。テレビのアニメは、余り好きではないようで、すぐに絵本を持って来て読み始めます。2歳ごろベットで寝る前に、父親の私が読んでやった絵本を何度も”読んで”いたら、なんとひらかなを教えていないのに、今度はセリフを丸暗記か、ひらかながすらすら読めるのに驚きましたよ。それにゲーム機などは好きでもない様子。そして積み木やブロックを組み立てては崩しの繰り返しで、一人で遊んでいます。それに、乳児のころは、先生が言われたように、長泣き・夜泣きをしない児でしたから、とても育てやすい児でした。本当に名づけの違いで、こんなにも運気に違いができるのですね。(中間、省略)・・・本当に体も知能も健康で育っている喜び、先生に感謝します。・・・(以下、省略)』(父親は、小児科医です。)

★「3歳過ぎの男児」
『・・・(前段;省略) 子育てでは、男の子ならではの”やんちゃ”さや、3歳頃の難しさを感じることはもちろんありますが、普段はとても「優しく賢く性格が良い名づけ」通りに成長しているということも同時に感じています。日々の絵本好きが影響したのでしょうか、教えていないのに、ひらがなが読めたのには驚きました。また日本語はもちろん、英語もお歌なども覚えが早く、これにもお世話になっている保育園の先生もびっくりしておられました。主人と子どもを支えながらではありますが、赤ちゃんの名付けには天命数霊術を・・・と、皆さんに勧めたいと思っています! 』

★「2歳半の女児」
 『・・・(前段、省略)娘は、2歳半になり、本当に賢く、私や両親、皆が驚くばかりです。2歳過ぎには、絵本の中、登場人物などの気持ちが分かり、「思いやりと、ユーモアと、賢こさ」で、いつも私たちを笑顔にしてくれます。
 とにかく、理解力が、すごいのです。
 色々なことに興味があり、疑問に思うことをすぐに聞いてきたり、会話は、大人顔負けです。・・・(以下、略)』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 皆さん、どうですか? 赤ちゃんの名付け一つで、こうも「健康運・知徳運・優れた性格」が、大人や保育園の先生が驚くほどの、抜群の能力が自然に身に付くのです。比較するのも、本当に心が痛みますが、今日のニュースに「22歳の知的障害の孫」を殺害した祖母が、湖水に身を投げたニュースがありましたが、どうして、神仏はこうも不公平な子どもを創造して行くのでしょうか・・・?
 皆さん、風水パワーを根拠に、日本初で開発したブランド「天命数霊術」で名づければ、”交通事故死”なども避けられる「運気が良い生涯」が送れますよ。

今までに、初代宗家「望月岳陽」が命名・改名して、風水パワーの「昇運神仙道命名色紙額」など2種を作成、お届けした方の「体験談」をメールで頂ければ、私の励みにもなりますので、よろしく願います。

(お知らせ)
  1週間、講演と旅行をして来ますので、ブログはその間、休憩です。基本的なことは、「リンク」欄の「動画」(門下生が作成)をクリックしてご覧ください。お急ぎの用件は、090-9065-3019 の望月岳陽へ

必読!「栄太郎」でも「榮太郎」でも、1字目3画の姓に不適合!
[第2772回](大凶)・・・12月3日(小吉)

『 不思議ですよ!1字目が3画の苗字は、名頭を新漢字の「栄=9」で名づけても、旧漢字の「榮=14」で名づけても、結果は同じ”事件事故”を呼ぶ可能性が高くなります。もっとも「栄⇒2系列」又は「榮⇒7系列」の違いです。』

NHKニュース。
『 1日午後6時前、愛知県知多市岡田美里町で、近くに住む小学2年生「岡田大舞」くん(8)が道路を歩いてわたっていたところ、走って来たトラックにはねられました。岡田くんは全身を強く打っていて、現場で死亡が確認されました。
警察は、岐阜県関市のトラック運転手「川合榮太郎」容疑者(79)を「過失運転致死の疑い」でその場で逮捕しました。警察によりますと、調べに対し、「ぶつかったのは間違いない」と容疑を認めているということです。』


この加害者は、”日常”、新漢字「栄(9)」を使用していたのか、或いは、79歳ともなれば、旧漢字の「榮(14)」を使用していたのか? 不明ですので、双方を比較して観ましょう。

 崟邱太郎」天格12・地格10・補格9・総格31
◆崟邱 太郎」天格17・地格10・補格9・総格36


,両豺腓、「外部からの”凶気”」で、事故事件に遭遇!
△両豺腓、「自己の”判断ミス”」で、事故事件に遭遇!

の違いがあります。この2つの違いを、シッカリと認識していてください。
 しかし、いずれにしても、「川合」姓のような「1字目が3画の苗字(※)」は、「榮(栄)太郎」の名付けは相応しくないことが判明する訳です。
(※1字目が、3画の苗字;山本・山田・小池・小沢・三好・三井・大林・大森・久田・丸尾・・・など)

 さて、この「岡田 大舞(だいぶ)」くん(8)のように下車して、すぐに送迎バスの前を過ぎて、反対側の道に行くのは、バスの蔭になり、後部から来る他の車は、「大舞」くんは見えにくく、非常に危険な状態なのです。
 このことは、保護者がお子さんに、「バスの前は、絶対に横切らないように!!」と、厳重に注意しておくべきですよ。

 この「大舞」くんの姓名・・・”最近のキラキラね〜む”のようで、音感も「おかだ だいぶ」と、早口で3回呼んでください。
 どうですか、濁音が多く「・・だ だ・・」と続きますので、3回目には、「”息”が詰まる呼び名」になり、このような名づけは、お子さんを不幸にさせることが多いのです。”音感”の適否も「天命数霊術」の4番目の重大要件なのです。
 古代からの神々の御名は、「ち・り・ひ・み」(母音i)の音感が多いのですが、この要件も採り入れながら、お子さんの名付けをしてください。

必読!車のトランクの中から、1歳男児の遺体発見!
[第2771回](大吉)・・・12月2日(大凶)・・・1日に続く!

『 若い男女の同居人・・・2人とも、天格22・12で、1歳の男児の遺体が車から見付かる! また、別の案件では、86歳の高齢女性が病院入口で、車に撥ねられ死亡したのも、天格12の姓名・・・! いいですか、天格2系列であれば、年齢に関係なく、”事件事故”を呼ぶ運命になるのです。』

≪事例 3≫
『 ★1歳男児、栄養失調による衰弱死で見つかる。★
 今月22日、大阪・住吉区のコインパーキングに止められた乗用車のトランクから、所在不明の「鈴木 琉聖」ちゃん1歳と見られる遺体が見つかり、母親で大阪・東住吉区「鈴木 玲奈」容疑者(24)と、同居している「大島 祐太」容疑者(22)が、死体遺棄の疑いで逮捕されました。
 警察によりますと、DNA鑑定などの結果、遺体は琉聖ちゃんと確認されたそうです。死因は栄養失調による衰弱死と見られるとのことです。
 警察によりますと、2人はこれまでの調べに対し、「ことし4月に子どもを残して車から離れ、戻ったら死んでいた」などと供述しているということで、警察は死亡した詳しいいきさつを調べています。』


「鈴木 玲奈」(24)天格22・地格12・総格34
「大島 祐太」(22) 天格12・地格14・総格26


 この二人とも、”事件事故”を呼ぶ「天格22と天格12」のコンビ‼ そのうえ、母親は「玲=9」を含んでいるので、賢いところもあるが、地格12で気ままな性格であり、総格34=17×2から、自己主張が強くで”苦労性”です。
 「祐太」さんも偶数ばかりで、”弱運”の生涯になります。「大島」という苗字に「祐太」は、適合していないのです。 

≪事例 4≫
『 ★天格12なら、86歳でも交通事故死!★
 30日午前9時前、新潟県長岡市の長岡中央総合病院の入り口付近で、近くに住む「竹内 光子」さん(86)が、軽乗用車にはねられました。竹内さんは、胸などを強く打っていて、1時間半後に死亡しました。
 警察によりますと、竹内さんは診察を受けるため、病院に入ろうとしていたところだったとのことです。
 車を運転していた新潟県小千谷市の70歳の男性は、病院の入り口で通院する家族を降ろしたあと、駐車場に車を発進させた直後で、「女性には気付かなかった」などと話しているということです。』

「竹内 光子」(86) 天格12・地格7・総格19

 年齢から観れば、「光子」という名づけは、昭和初期では、かなりの流行名だったのですが、現在では平凡で苦労性!
 それよりも「光子」で「天格12」なら、平凡な名づけのうえ、「光」と言う”火”が燃えている語源。「光」は決して、”太陽の光”ではなく、”火”ですから、”事件事故”に遭遇し、静かにベットで自然死できない運命になる字体です。でも86歳まで長寿だったのは、総格19のお蔭かも・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ご家族の中に天格12・22の方が居られましたら、以上の≪事例1〜4≫のように、”事件事故”に遭遇する可能性が大きいので、早急に”改名”された方が、ご一家の子孫繁栄に寄与します。きっと、ご先祖さまもお悦びになるでしょう。
 「★姓名判断・命名・改名の申し込み手続き・プロフイール★」は、ブログ左欄うえを一読されて、お申込み(PCメール「info@gakuyo951.jp」)願います。

必読!ベストの赤ちゃん名付け6/62人;地方新聞から!
[第2768回](中吉)・・・11月27日(小吉)

『 「赤ちゃんの名付け」・・・、地方新聞に掲載される乳児名;毎回の掲載者の約10%が、一応ベストの天格9系列名付け。そして、ベターの天格5系列を含めても、約20%の赤ちゃんのみが、「健康運・知徳運、そして性格が良い」お子さんに成長する名づけになっています。
 ですから、今回(27日)掲載のベストの名付け実例と、逆に”事故・事件”に遭遇する可能性が高い赤ちゃんは、5/62人・・・、この5人は苗字と名付けの1字目どおしの字体を掲載、保護者が推定できる範囲で投稿しました。過去のブログをご覧ください。天格12・22の実例を毎日のニュースから、実証しました。少子化の日本、子は国の宝です。”事故・事件”に遭遇しない名づけに最大限の注意を払ってください。』

 このブログを始めた9年前どころか、今から13年前から、毎週日曜日に掲載されて来た「満1歳を迎えた赤ちゃん!」の写真入り記事を切り抜いて保管しています。すると、名づけの流行字体など、時代の流れが良く理解できます。
 さて、直近の27日、今週の日曜版は少なく、僅か62人の「満1歳を迎えた赤ちゃん!」の記事を次のように分析しました。

★「ベストの名付け事例」・・・6/62人(約10%)
 (画数配列でも、「天格9・19 のみ」をベストにした判断事例。「天命数霊術」の◆銑イ陵弖錣蓮判断せずベストにしたもの。それらを判断すると、ベストの名付け、1件もありません。)

「岡本 康佑(こうすけ)」天格19・地格12・総格31
「安井 詩音( しおん) 」 天格19・地格13・総格32
「糸島  寛(かん)」  天格19・地格10・総格29
「佐藤 琴美(ことみ)」 天格19・地格27・総格46
「沼本 琉希(るき)」  天格19・地格12・総格31
「砂古 哩希(りき)」  天格19・地格12・総格31

☆「”事故・事件”に遭遇する可能性」・・・5/62人(約8%)
  (天格12・22の事例)
「井」+「和」=天格12
「木」+「和」=天格12
「奥」+「紗」=天格22
「河」+「颯」=天格22
「原」+「智」=天格22

(※「名誉」なことではないので、匿名替わりに上記のような表現。これら5人に心当たりがある保護者は、早急に改名した方が良いと思います。交通事故死なども、1歳からでも最近のニュースに実例がありましたね。)

 そのほか、子育てに一番問題なのは、天格の「4・7」タイプです。なぜなら、神経質な性格ですから「長泣き・夜泣き」をしますので、父母は寝不足! 今度は、親がイライラで、子どもの虐待などが始まり、それが更に進むと、子どもへの殺害事件に発展する社会問題となります。
 赤ちゃんの名付けには、
‥軍福4・7」タイプを避ける。
天格「0・2」タイプを避ける。
 
これら,鉢△鯣鬚韻董∪屬舛磴鵑量症佞韻鬚靴討ださい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この赤ちゃんの名づけは、男性は、養子でない限り、生涯の運気になります。女性は、婚姻により、通常は苗字が変更になりますので、改めて、「姓名の吉凶判断」をしますが、赤ちゃんの時の名付けで、良縁の有無にも関係しますので、
慎重に名付けてください。
 一方、男性は80歳代・90歳代になっても、天格12・22 で名づけられたら、”自然死”ではなく、”交通事故死・火災焼死”などの事故・事件に遭遇して、「痛い!苦しい!」思いで死んでいくのです。
 そんな思いで死亡すると、この世に未練が残り、子孫への霊障害になることもありますので、現世の我が子の名付けは、軽はずみに「流行字体やキラキラね〜む」で、名付けるものではないですよ。
 ですから、この赤ちゃんの名付けの傾向は、若年・中高年などの皆さんの参考になるものですから、常時、関心を持って、日常のニュースなどで、実証して観ましょう。 

必読!「重心」が個人名にない寂しいお気の毒なケース!
[第2767回](小吉)・・・11月26日(小吉)

『 「あぁ、お気の毒に・・・!」と、「谷口 力(やぐち つとむ)」さんのお名前を観た瞬間、3〜4秒間で姓名判断できるとは、このような名づけをされた方を言うのです。それに「”や”ぐち」さん? すると、関東地方出身の方ですね。でも「”たに”ぐち」さん? では、名古屋以西の方ですね・・・という音感の違いで出身が分かります。』

 先ず、画数配列を観ますと、
「谷口 力」は「7+3+2=12」であり、天格9・地格3・総格12 となります。先日も「星 一」氏を紹介しましたように、”頭デッカチ・尻すぼみ”になる「谷口 力」さんの姓名も、何だか寂しい姓名ですね。
 例えば、同じ「谷口」姓でも、「谷口 真里(”や”ぐち まり)」(タレント)は関東出身であり、「谷口 雄也(”たに”ぐち ゆうや)」(プロ野球選手)は名古屋以西;三重県”の出身という違いがありますが、いずれも「苗字:個人名」で「10:17」と「10:15」であり、個人名に”重心”があります。
( 人名は元々地名から。東京では「渋谷(しぶヤ)」と言い、大阪では「谷町(タニまち)」と言い、「谷」を”ヤ”と”タニ”の違いがあります。ついでに、「町」も、元々関東は「ちょう」で、関西は「まち」と読みます。ただし、江戸時代以前の「国替え」で混合してきた人名・地名もあります。)

 さて、今日の1TBSニュース。
『 25日午前5時ごろ、茨城県筑西市の春日大橋で、新聞配達員「谷口 力(”や”ぐち つとむ)さん(32)が運転する原付きバイクが転倒し、後ろを走っていた大型トラックにはねられました。谷口さんは病院に運ばれましたが、頭を強く打っていてその後、死亡しました。
 警察によりますと、当時、谷口さんは新聞配達をしていて、雪の影響で路面が凍結していたため谷口さんのバイクがスリップして転倒したとみられるということです。』(25日14:09)
 

本当に運が悪く、お気の毒な交通事故死! 
 前日の24日は関東一円の雪で、翌朝の25日の早朝は、路面が凍結・・・。バイクがスリップして転倒したのも、そして、すぐ後に大型トラックが走っていたのも、本当に運が悪かったですね。
 でも、被害者の「谷口 力」さんは、天格9なのになぜ・・・?
 そうです。天格9系列でも例外がある・・・と言いましたね。この例外を皆さん、見つけてください。

”鳥:個人名=「10:2」の画数比率。”重心”は、苗字にあり個人名にない!
 したがって、”不安定”な運勢になると、記載済ですね。
 1字名にする場合は、少なくとも「苗字の画数10画以上の個人名」にしないと、”重心が個人名にない”ので、とても不安定な運勢になります。例え、天格9系列でも、そのパワーは減殺されます。
◆嵶蓮廚瞭匹漾屬弔箸燹廚汎匹瓩泙靴燭? 通常は「りき」「ちから」「いさむ」でしょうね。この名は「つとむ」とフリガナが必要な名前は、やはり不安定な運気になります。
A躋12となりますので、天格9のパワーが減殺され、やはり不安定な運気になります。
ぁ嵶蓮廚痢品弌旁”である「加・功・助・勇・努・効・勝・勉・務・勤など」は、できる限り使用しない。ですから「力」の1字のみの名付けは、苦労性です。
 以上のように、「谷口 力」さんは、寒い早朝からバイクで新聞配達とは、購読者から観れば、本当に感謝せねばなりませんが、”苦労性”ですね。
 配達のご苦労は、私が中学生2〜3年の2年間、近くの本屋さんの月間雑誌を自転車で配達した思い出があります。「配達するご苦労が分かる人になりなさい!」と、母親が本屋さんに依頼して実現したバイトでした。当時は、中高校生の新聞配達は多かったですよ。
 でも、この「谷口 力」さんは32歳で、寒い早朝からの新聞配達、そのうえ交通事故死とは・・・? やはり、その原因「は、寂しい姓名からとは・・・。 

(お願い)
 PCメールで送信される場合は、「件名欄」に必ず「都道府県名と苗字」をお忘れなく記載してください。そうでないと、”売り込みメール”と区別が付かず、間違って消去してしまうミスを、今回もしてしまいました。
 左欄上★姓名判断・命名・改名の申し込み手続き・プロフィール★を読まれてから、申し込みしてください。PCメール:info@gakuyo951.jp
◆崙芦茵廖扮ν鷯紂砲鬟リックしてご覧ください。

必読!天格12の「肥田公明」被告に死刑判決!
[第2766回](小凶)・・・11月25日(大吉)

『 「この子は、生涯、”公明正大”に生きて欲しい!」と、64年前に両親の喜びの中で誕生し、「公明」と名付けられた赤ちゃん! 
しかし、親の想いより、数霊の不思議に支配されたのか、このたび「死刑判決」が静岡地裁で言い渡されました。また、「親の想い届かず!?」の天格12の事例・・・。
 どんなに立派な名づけでも、「苗字」次第で、「運気」に”天と地の違い”があるのです。』

昨日のニュース。
『 2012年、静岡県伊東市の干物店で、この店の社長ら2人が殺害され、現金が奪われた事件で、静岡地裁沼津支部は24日、強盗殺人の罪に問われていたこの店の元従業員「肥田 公明」被告(64)に、求刑通り死刑判決を言い渡しました。』

「肥田 公明天格12・地格13・総格25 ・・・死刑判決

 このニュースのように、両親が「公明」と名付けても、64年後には夢にも「死刑の判決」を受けようとは予想さえできなかったでしょう・・・。
  逆に言えば、親の想いも大事でしょうが、それはあくまで「親の子に対する願望」に過ぎません! 
 今年に入り、6年前の当時18歳の未成年だった「千葉祐太郎」被告が、死刑判決が確定しましたね。ご両親は、やはり喜びの中で、最近の流行字体「祐」という字体も採り入れて、立派な「祐太郎」と名付けられました。
 でも、まさか24年後には「死刑判決」が確定しようとは・・・? 
 無情にも「親の想い」などよりも、”数霊の神秘”に支配されているのか、あるいは「苗字」に不適合な名づけは、”先祖の意思”を尊重されたのか、「天格2系列=主として12・22」になる名づけは、この世では”不適合!”と、神仏の啓示があるように思えてならないのです。
 過去のブログでも紹介済ですが、平成に入り、現在までの「死刑確定」した事例は、次のようにご両親の想いは、それぞれ子どもの名付けに反映されていますが、現実には真逆の「まさか、死刑囚になろうとは・・・?」と、子どもの誕生時には想像もできなかったでしょうね。

★[死刑囚(平成初年〜現在)]
「宅間 守」天格12・地格12・総格24
「宮 勤」天格22・地格12・総格34
「造田 博」天格22・地格5・総格27
「松永 太」天格12・地格5・総格17
「坂口 弘」天格12・地格5・総格17
「北村 孝」天格12・地格7・総格19
「木嶋佳苗」天格12・地格22・総格34
「川崎政則」天格12・地格20・総格32
「渡辺純一」天格22・地格6・総格28

※「千葉祐太郎」天格12・地格16・補格9・総格37・・・(2016.6.16;最高裁で死刑判決確定)

 以上のとおり、親の想い・・・それぞれ想像できますね。
 でも、神仏は「苗字に相応しい名づけ」だとは認めていないのです。
 
 現在、少子化の日本、お子さんは「国の宝であり、家宝でもある」のですが、
数十年後には、上記のように「死刑囚」にもなる運命の子もいます。
 表意文字の国は、世界で日本だけになりました・・・。日本の子の名付けは、神仏から「天格2系列で名付けないように・・・」との啓示を受けることができる神秘性ある唯一の国なのです。
 その見地から観ると、日本は恵まれていますよ。皆さん、どうか、神仏やご先祖の意思を尊重し、不思議な数霊を採り入れた日本初「天命数霊術」で、お子さんやご家族の命名・改名を真剣に思考してください。

必読!わが児の死体遺棄;典型的な天格2系列!
[第2765回](大吉)・・・11月24日(小吉)

『 今日は、TBSとNHKニュースから、天格2系列の加害者・被害者の実例を、紹介しましょう。相変わらず、天格2系列の名付けは、個人的な不幸を呼ぶだけではなく、社会的な影響があります。ですから、いずれにしても、天格2系列とは”ご縁”ない名付けをされた方が良いですよ。・・・「名づけの吉凶」が、「人生の吉凶」と直接に関係するのですよ・・・

≪事例 1≫
『 22日夜、大阪市住吉区で、駐車場に止まっていた車のトランクからクーラーボックスに入れられた幼い男の子の遺体が見つかり、警察は、その場にいた母親とみられる大阪市東住吉区の「鈴木 玲奈」容疑者(24)と同居する「大島 祐太」容疑者(22)を現行犯逮捕しました。
 遺体は、今年3月ごろから所在不明になっている長男の「琉聖」ちゃん(1)とみられていて、児童相談所が22日、「所在が長期間確認できない」と警察に連絡し、発覚しました。
 取り調べに対し、2人は「今年4月に長男を車に残して離れて、戻ったら死んでいた」と供述しているということです。』(23日09:38)

  この事件は、昨日の「梶本 樹李(たつき)ちゃん(3)事件」と、類似していますね。ただ異なるのは、加害者の両親が同居の夫婦との違いがありますが、母親が「鈴木 玲奈」容疑者の長男を「鈴木 琉聖」ちゃん(1)とすれば、やはり神経質な「4・7」タイプになり、”長泣き・夜泣き”して、事件事故を呼ぶ母親と同居の「大島 祐太」容疑者(22)も母親に加担したことが推定されます。

被害者「鈴木 琉聖」天格24・地格17・総格41
加害者「鈴木 玲奈」天格22・地格12・総格34
加害者「大島 祐太」天格12・地格14・総格26


どうですか、やはり「琉聖」ちゃんは、「4・7・1」がありますので、神経質で「長泣き・夜泣き」をするタイプですね。そうすると、母親の”事件事故”を呼ぶ「22」と”キレやすい”「34=17×2」がありますので、「まだ1歳の児を、車の中に遺棄して死亡させた”未必の故意”が推定」されます。そして、大島容疑者も、その行為に同調したのも「天格12」の事件事故を呼ぶ数があるではありませんか? ですから、母親から”遺棄致死”の協力を求められたら、同意する弱さ(総格26)が観られます。

≪事例 2≫
『 逮捕されたのは、東京・渋谷区のバイク便会社「PassCode」の経営者「谷川 史一」容疑者(32)です。彼は、今月上旬に「小切手が入ったカバンをなくした。今日中に現金が必要なので、バイク便に渡してほしい」という孫を装った電話をした。そして、東京の77歳の女性の自宅近くに、バイク便の運転手として訪れ、女性から現金150万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いが持たれています。』

詐欺容疑「谷川 史一」天格12・地格4・総格16

この姓名も≪事例 1≫の「大島 祐太」容疑者と、全く同様な画数配列であり、”事件事故”を呼ぶ天格12も同一であり、まだ32歳の若さから、将来とも運気に不安がありますね。もっと、強運の姓名に改名して、人生再出発した方が良いと思いますよ。

≪事例 3≫
『 去年2月、滋賀県米原市高溝の交差点で、横断歩道をわたっていた高校2年生「大槻 祐仁」さん(当時16)が乗用車にはねられ、約3ヵ月後に死亡しました。 車を運転していた47歳の男性会社員は「過失運転致死の罪」で起訴され、ことし2月、禁錮3年、執行猶予3年の有罪判決を受けました。』

被害者「大槻 祐仁」天格12・地格19・総格31

実に画数配列が逆の天格19でしたら、ベストの画数配列であり、成績もトップクラスの優秀な生徒だったと思われます。しかし、欲しいかな、天格12とは”事件事故”を呼ぶ画数ですね。それに「祐仁」と2文字とも左右分かれに名づけない方が、安定した人生を送ることができたのですよ。
 ご両親も「祐仁」くんの将来に期待されていたと思いますよ。なぜなら、地格19と言うことは、対内的な3運(思考力・創造力・表現力)の才能がある高校生だったので、ご両親の悲しみはいかばかりか? 謹んでお悔やみ申しあげます。
 ただ、天格2系列であった名づけのため、少子化の日本の将来にとっても大きな損失になったのです。

(追 記)
 本当に、天格2系列の事故が多いですね。「天格2系列の名付け」を全国的に”禁止”すれば、現在の交通事故件数を半減できます。
≪事例 4≫
『 23日午後1時半ごろ、佐賀市新栄東で、会社員「本村 宏幸」さん(43)の四男で3歳の「本村 四道(しどう)」ちゃんが、自宅の駐車場で本村さんが運転する車にはねられました。四道ちゃんは病院に運ばれましたが、頭などを強く打っていて、まもなく死亡しました。』
 この父親も、「天格12」ですよ! それに「四道」ちゃんは、「天格10」です。この父子なら”事故事件”の可能性が高いですよ。

必読!天格19でも、家族の影響がある事例!
[第2764回](小凶)・・・11月23日(小吉)

『 赤ちゃんの名付け・・・、本人の運気はもちろん、育ての母親から父親への影響は、非常に大きいのです。いいですか、最近、わが児への虐待死が目立つのも、先ず神経質な性格になる名づけをして、長泣き・夜泣きするわが児に、若い父母は睡眠不足に苛立ち、泣き止めさせるために、大きく揺らして脳障害をおこしたり、それでも泣き止めない場合、母親も父親も理性を失い、感情的にわが児に暴力を振るい、ついに絞め殺す・・・!という経過になります。
 したがって、最近多いわが児の殺人は、元を正せば「読めない・書けない・意味不明の”運気”がない名付け」が原因なのです。
 ですから、先ず、安眠できない母親が苛立ち、それに同調する父親も、わが児への暴力や殺害に及ぶのです。ですから、父親が天格19の姓名であっても、わが児に対する”母親の苛立ち”に影響を受け、殺害に加担する結果になります。
 これが、この度の「梶本 樹李(たつき)」ちゃん殺害事件が、以上の実例なのです。』

今日のTBSニュース。・・・”天格19の例外事例”
『 大阪府堺市に住民票がある当時3歳「梶本樹李(たつき)」ちゃんが所在不明になっていた事件で、警察は、父親の供述を受けて捜索し、大阪府千早赤阪村の山中で見つかった遺体について、樹李ちゃんと断定しました。
 堺市の「梶本 卓」容疑者(35)は、去年12月、当時3歳だった長男・樹李ちゃんの頭を殴るなどして死亡させ、母親の「梶本 千穂」容疑者(32)は「病院に連れて行かずに死亡させた疑い」で逮捕されています。
 その後、卓容疑者が「埋めた」と供述した千早赤阪村の山中から男の子の遺体が見つかり、服装の特徴などが供述と一致していたことから、警察はDNA鑑定を進め、卓容疑者と千穂容疑者の子どもの遺体だとする鑑定結果が出たということです。警察は、遺体を樹李ちゃんと断定し、死体遺棄容疑でも今後捜査する方針です。』(23日04:32)

初めに、少し”横道”へ・・・。
 私説「天命数霊術」の的中率は、過去の感触から約70〜80%ではないか?と、このブログで何度も投稿しています。世の中で、100%のものは「死亡率!」だけ・・・! ですから、世の中の事象には必ず”例外”があります。
 そこを「天格19でも、殺人者になる事件もあるではないか!」と、理解力がない人は私の説を責めてきます。そのうえ、私のことを「統計を知らない!」とか、「他説のパクリだ!」と負け惜しみを、2ちゃんねるに投稿しているらしいです。
 逆に、まるで”お笑い”ですよ。私は、過去の”統計”などの資料と、各省庁や企業などへの現地調査により、国の行政改革を発案し、各省庁の大臣に勧告する「旧;総理府行政監察局」に30年間勤務して来たのですよ。「統計分析」も公務として、統計から問題点を指摘してきたのです。その私に「統計を知らない!」とは、呆れた批判ですよ。
 それに、この「天命数霊術」のどこがパクリですか? 私説は「9・19こそ最大吉数だ!」といい、「五剖式は、間違い!」と言いますが、”なぜ、間違いなのか?”も根拠を示して実証していますでしょう。従来の日本中の説と、180度異なる説に対して「パクリだ!」とは、余りにも負け惜しみが強い反対説の人ですね。数年前までは、パソコン妨害や2チャンネルの中傷・誹謗もありましたが、最近は時折、コメント欄に入ってくるだけになりました。実にレベルが低い人がいますよ。

 さて、今日の本論に戻ります。
 「この事件の父親は、天格19なのに、どうして「樹李」ちゃんに暴行し、その死体を山林に遺棄したのか?」という趣旨で、「天命数霊術は、的中していない!」という批判があるようです。
  私から観れば、そのような解釈は非常に単純であり、事件の分析力がない人が軽率に私を批判して来るのです。

 先ず、事件の発端は、最近多い「読めない・書けない・意味不明?」の赤ちゃんの名付けが、発端なのです。
 崋李」を”たつき”とも読めないこともないのですが、「李」を”き”と読める人は少ないでしょう。通常は”り”ですよ。
 それよりも、先ず画数配列から観て、下記のように「神経質でキレやすい性格ですから、昼間も夜間も”長泣き”!」しますよ。
「梶本 樹李」天格27地格12・総格39
姓名は結果の総格よりも、それを構成する数(天格と地格)が大事なのです。「気ままな12から、キレやすい27の性格」の赤ちゃん(当時、3歳の幼児)ですので、”長泣き・夜泣き”をしますよ。どうした訳なのか、「木」が4文字とも含まれており、同型の違和感がある姓名になっていますので、風水パワーがない姓名になっています。
◆(貎討寮名も、キレやすい性格ですよ。
「梶本 千穂天格14・地格20・総格34
どうですか? すべて偶数配列のうえ、天格14=7×2 であり、そのうえ総格まで、34=17×2 ・・・というように「キレやすい7系列が、4つも含まれています」ので、子どもが長泣き・夜泣きすれば、「キレる性格」から暴力を振るい、泣き止めさせようとする。
どうですか、,了劼匹發寮格、そして△諒貎討皀レやすい性格であり、そのため母親が父親にも、泣き止めさせるように半強制されたら・・・一体、どうなりますか?
 余程の信念が強い亭主でもない限り、女房の言うことに同調してしまうのです。そのうえ、同じ天格19と言っても、意思の強さにはピンキリあります。
「梶本 (すぐる)」天格19・地格5・総格24
画数配列のみを観ると、ベストの配列ですが、同じ天格19でも「卓」という1字が、1本立ちの”尖った”字体であり、しかもその上の「本」も尖り、非常に不安定な「卓」を含んだ「天格19」です。そのうえ、地格5と総格24から、本来はとても温厚な一面もあります。しかし、△里茲Δ法屐媛罅匹強くて、”キレ”やすい女房に同調せざるを得なかった結果の犯罪だった」と判断しますので、天格19の判断に間違い・・・という批判は、以上のような家族間の影響もあることを認識して頂きたいのです。
  このようなケースも、「家族(女房)から影響」を受けた例外の一つなのです。

必読!天格22は、高校生から78歳の高齢者まで犠牲!?
[第2763回](小吉)・・・11月22日(大凶)

『 今日は「いい夫婦;11・22」の日ですね。でも、先日、愛犬の散歩にいつもと違うコースの住宅街を通っていたら、ある邸宅のガレージに高級車が2台並んでいました。ところが、その2台ともナンバーは「11-22」なんです。「おそらく、”希望ナンバー”で「いい夫婦」を誇示され、家庭円満だから・・・ご立派な邸宅に高級車・・・!」なんて、一面では納得!。
・・・でも、下2桁の”22”は、ある日のこと・・・突然・・・!? という災難の可能性が高い数なのです。人の運気は、「夫婦円満運・金運」と「事故事件に遭遇する凶運」とは、”別の次元”でやってきますので、”数霊”の正しい認識が必要なのです。”いい夫婦”なんて、のんきな”ゴロ合わせ”をしている場合ではない現象に遭遇されるかも・・・? 運命は、明日から未知の世界です。 』

21日午後9時すぎ、千代田区有楽町で、71歳の男性が運転する軽乗用車が横転しました。男性は病院に運ばれましたが、軽傷です。通行人など巻き込まれた人はいませんでした。このナンバーは「・・・2」でしたよ。たまたまこの事故は横転事故で済んだのですが、数年前から重大な事故車は、下2ケタ「22」が多かったこと、投稿済ですね。
 さて、ここ数日の間でも、次のようなニュース。

≪事例 1≫・・・高校生が試合中の事故死
『 関西学院によりますと、全国高校アメフト選手権(於:大阪)の3回戦で、3年生「武内 彰吾」さんが相手選手と正面からぶつかり、転倒しました。その場で意識を失い、救急車で病院に運ばれましたが、4日後、急性硬膜下血腫で死亡したということです。(関西学院高等部のアメフト部は過去18回、全国制覇している名門です。) 』

「武内 彰吾天格22(彰=14を含む)・地格11(吾=7を含む)・総格33
 この姓名は、負けず嫌い・やる気・根性がある「14」と「7」を含むスポーツマンタイプ。でも総格33ですから、時折、人柄が良く、円満なタイプに見せるときがありました。しかし、天格22と「彰吾」という語源から、僅か高校生までの人生とは・・・?

≪事例 2≫・・・火災で自宅全焼
『 20日午後11時50分ごろ、鳥取県三朝町の農業「馬野 善則」さん(61)の家から火が出て、木造2階建ての母屋と平屋建ての離れ、あわせて330平方メートルを全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。
 「火事のあった鳥取県三朝町の民家です。屋根や柱は真っ黒く焼け焦げていて、家の中からは1人の遺体が発見されました」(記者)
 馬野さんは7人家族で、孫の「小椋 緩奈」さん(11)の行方が分からなくなっていることから、警察は身元の確認を急ぐとともに、火事の原因を調べています。 』

「馬野 善則天格22・地格20・総格42
この姓名は、全て偶数であり、しかも「2・0」しかありませんね。すると、生涯の”苦労性”であり、その結果、”事件事故”に遭遇した火災事故で、建坪330屐別100坪)もある屋敷を失ったうえ、大事なお孫さんまで生死不明?
 ですから、天格22の凶相が還暦の61歳まで影響したのです。
 できる限り、苦労性の「善」と、キレやすい性格になる「則」の字体を使用しない方がいいですよ。

≪事例 3 ≫・・・自宅火災の焼死
『 20午後5時前、川越市霞ヶ関東にある「兵間 輝明」さん(78)の自宅から「黒い煙が見える」と近所に住む男性から通報がありました。
 消防が駆けつけ、火は約40分後に消し止められましたが、木造2階建て住宅の1階の部屋が焼け、焼け跡から兵間さんが遺体で見つかりました。警察と消防で出火原因を調べています。』(21日07:51)

「兵間 輝明天格22・地格20・総格42

  この姓名も、前記と同様の画数配列であり、「輝」の語源と同様に、”火”が点いて燃えている・・・という字体で、それがため、”明るい”!という名づけだったのです。しかし、78歳にもなって、”火災焼死”であり、「熱くて苦しい・・・」の思いで死亡するとは・・・? 高齢での死因は、”自然死”でないと、成仏が難しいそうです。やはり天格22の凶相の人生だったとは・・・?

必読!読者からの要望;「天格14」の吉凶判断!
[第2762回](大凶)・・・11月19日(最大吉)

『 確かに、天格0・2系列や9・5系列は、話題性が多いので、どうしてもブログの課題としては、ニュース性もあり、偏りますね。今日のコメントで、「天格14の吉凶判断」をブログで採り上げて欲しい・・・と、要望がありましたので、一般論も交えて説明しましょう。』

昨日のコメント欄に、読者からの要望が次のようにありました。
『  望月岳陽 大先生。
初めてコメントを書かせていただきます。
こちらのブログを知れた事は、私の一生の宝だと思っております。
本当に嬉しくて時間が許す限り、毎日毎日〜拝読させていただき、その内容には驚きの連続と、本物の姓名判断の先生に出合えた(知り得た)事に、幸せを感じずにはいられません。
先生にお願いがございます。
[天格14]について、こちらのブログ内でご教授願えませんでしょうか。
お忙しい中、恐縮でございますが、どうぞ、よろしくお願い申しあげます。
(12月中に主人の改名のお願い(まずは、ご相談)をメールでしたいと考えております。)  こちらにはペンネームでの記載をお許し下さい。☆REN☆ 』(2016/11/19 2:45 AM)

 さて、天格14を説明しますと、「神経質・自己主張が強く頑固・キレやすい」のが欠点ですが、その反面「負けず嫌い・根性・運動神経が優れている」などの長所もあります・・・と言ったのみでは、「なぜ?そのような性格になるのか?」分かりませんね。

いいですか、数字には番地やマンション部屋番、車のナンバーや携帯番号などは、数字が複合されたものではなく、表見的な「単数」で吉凶判断をしますが、人名は苗字と個人名で構成された「複合数」で、吉凶判断をする違いがありますね。言い換えれば、「14番地なら、14の単数」のみの判断で良いのです。
 ところが姓名Xは「苗字A+個人名B」ですから、「A+B=X」で構成され、さらにA=a+b、B=c+d・・・と、複合数により構成された字体の画数ですね。
 ところが、姓名の吉凶判断では、3か所のみ画数判断「天命数霊術」でも、天格・地格・総格を求めて、その数の吉凶判断をせねばなりません。
 ですから、単純に天格14の吉凶判断はできないのです。
 いいですか、天格14で苗字と個人名の1文字同士を加えて、14となる組み合わせは「1+13」「2+12」「3+11」「4+10」「5+9」「6+8」「7+7」・・・と、理論上の構成数ごとに、同じ「14」の吉凶と言っても、沢山の組み合わせがあることだけは頭に入れていてください。
 でも、こんなことを思考し組み合わせていたら、日が暮れます。
 私の姓名判断は、「慣れれば、3〜4秒間! テレビの字幕を観ただけで、画数の吉凶判断は、即、できる不思議さがあるといいましたね。
 いいですか、下1ケタが「4」の場合、「4・14・24・34・44・・・」になりますが、この中で、温厚・協調性があるのは「24」(円満360度を割り切れる整数が多い)だけです。あとは、「2×2、7×2、17×2、11×2」で温厚・協調性がない組み合わせです。これらの組み合わせで「2」と言うのは、”気ままな性格”を言います。ですから天格「14」というのは、「気ままで、自己主張が強く、キレやすい」性格が本来の姿です。
 ただ、14+19=33 のような組み合わせでは、その天格14は、凶数:吉数=1:2 ですから、吉数が勝ちの組み合わせですので、例えば、「明智光秀」のような賢い歴史に残る人物にもなります。(ただ、画数とは異なる「光」の語源(火)で、燃え尽きてしまうのです。)

 例えば、「天格14の人」を例に観てみましょう・・・!
 あの「織田信長」と気が合わなかった「明智 光秀」は、天格14(明=8、光=6)ですね。・・・それはなぜか? それは「信長」の天格が27(織=18、信=9) でしたから、「光秀」の天格14とは、対外的に「神経質・自己主張・キレやすい」の3点が、「14」と「27」の性格が表見的には同類だったからです。

 この例から素数分解しますと、光秀は「14=7×2」で「7」が2倍、信長は「27=3×3×3」で「3の3乗」ですから、観た感じの表見的な表情は「27」ですから、「神経質・自己主張・キレやすい」の3点が評価されたのですが、実際には「心の中は、”3”の平和主義だったのでは・・・?」と判断されます。
 その意味では、地格19の「光秀」が思考力があり、信長の地格13から、本当の性格は、思いやりある優しい人だったのですが、信長は強がりで、天格27と総格40から、虚勢を張って「4・7」タイプの性格を見せていただけだったのでは・・・?と言う「新しい人物観」を、「天命数霊術」の解釈からできるのですが、皆さんはどのように判断しますか?
  仮に、信長の天格が「27」ではなく、「17]の姓名であったなら、光秀の天格「14(7×2)」よりも、素数が大きいので、完全にキレやすい行動になり、いち早く光秀を手打ちにしており、”本能寺の変”という歴史的事実はなく、秀吉の桃山時代は存在していなかったのでは・・・?
 
 このように判断して観ますと、名づけは1個人の問題ばかりではなく、歴史も変貌して行く「驚異的なパワー」があるのです。
 どうですか、”数霊”とは、実に面白いばかりではなく、”数にも霊が宿る!”とは、不思議な事象でしょう。

おしらせ)
 欄外の「動画」をリンクして観てください。今日の「4」と「7」の違いも、「動画」にありますので、ご覧ください。参考になります。

必読!天格12・22で名づけないで!”事件事故”に遭遇する可能性!
[第2761回](中吉)・・・11月17日(小吉)

『 これは「あくまで”可能性”が高い!」ということで”断定”ではありません。しかし、毎日の全国ニュースから、交通事故死・火災焼死・殺傷事件などに”遭遇”した姓名から実証した結果ですが、天格12・22の2系列の姓名で名づけますと、死亡する年齢は別としても、”事件事故”に遭遇する可能性が非常に高いのです。このブログでも、約9年間に亘り、実証してきましたね。
 このような実証から、地方新聞で喜びの「満1歳になった赤ちゃん」が紹介されていますが、これらの赤ちゃん、将来を展望しますと、乳幼児の死亡者から100歳以上の健康長寿の高齢者の可能性もあります。同じ人間として誕生しても、これだけ不公平な寿命になっています。このブログを読まれて来た方は、理解できますでしょうが、その不公平な寿命は、なんと「赤ちゃんの名付け」が生涯の運気に影響するとは・・・信じられませんでしょう。(ただし、「女性の婚姻、男性の養子」で苗字が変更になれば、運気も変化します。)』

 次の事例は、16日の地元新聞(山陽新聞)で「満1歳になった赤ちゃん」84人から、特に将来”事件事故”に遭遇する可能性が高い姓名を紹介しましょう。姓名全ての紹介は、名誉・人権上の問題になりますので、「苗字と名付けの各1字のみ」から、天格12・天格22の赤ちゃんを紹介します。お心当たりの保護者は、できるだけ早急に改名(正式には家庭裁判所に許可申請;許可あるまでは、通称名を日常使用!)された方が良いですよ。

 では、将来、事件事故などに、遭遇する可能性が高い赤ちゃんを紹介します。
 「苗字の1字目」+「個人名の1字目」=計(画数)」

 崔咫廖棔峺」=12 ◆崑澄廖棔崔痢廖12
「大」+「朔」=12 ぁ崑拭廖棔崕次廖12
ァ峺」+「安」=12 Α峪亜廖棔岼蝓廖12
А崚帖廖棔嵳ぁ廖12 ─峙函廖棔岼法廖12
「森」+「珠」=22 「森」+「紗」=22

 以上、84人中、10人が将来”事故事件”に遭遇する可能性は高いことが、過去の実証例からも想定できます。ただし、日本初の姓名判断「天命数霊術」(著作権)からの的中率は約70〜80%ですので、上記の10人が全てではありませんが、その一方では、84人中の10人を除いた74人の中にも、”事件事故”に遭遇する可能性がある赤ちゃんが潜在していますので、74人が全て安心という訳ではありません。
 それはともかく、天格12・22を除く「74人」の中でも、私説「天命数霊術」の五大要件を充足する赤ちゃんは、一人もいませんでした。
「天命数霊術」の五大要件
_菴配列・・・「天格9・5」系列で、「9・5・1」が2か所以上あること。
語意・・・苗字に対する名づけが、”語意”として有意義なもの。
8豸察ΑΑμ召鼎韻了体の”語源”が吉相の意義があるもの。
げ惨供ΑΑγ忙は”賢俊さ”、女児は”優雅さ”を感受できるもの。
ノ玉(形)・・・苗字と名付けの形にバランスがとれて、龍神の守護に期待できる「流水環抱」のパワーをイメージできるもの。その他、「天斬殺・路冲殺・天円地方などの”重心”の位置」が適性なもの。


 以上の要件のうち、イ鷲水上のセンスですから、長年の経験が必要ですが、少なくとも 銑い泙任蓮漢和辞典などで確認して、大事な我が子の将来を慎重に名付けてください。
一番いけないのは、”流行の字体”を追うことです。例えば「”翔太(しょうた)”が流行だから、うちの子も”翔太”にしよう!」と言うのが、一番「運気を逃す名づけ」です。「苗字が違えれば、運気も違う・・・」こと、絶対に忘れてはいけませんよ。
 少なくとも、少子化の日本ですから、「子は、国の宝!」です。両親が”独断と偏見”で名付けず、日本とわが児の「将来を夢見た名づけ」にしましょう・・・。それだけでも、社会貢献になるのです。
 「”偶数”の多い病弱な児」と、「”奇数”が多い健康な児」の違い・・・その差は、生まれた時の「赤ちゃんの名付け」で差が生じること、・・・皆さん、私の説が初めてではないでしょうか?
 それは、日本初の『「9・19」こそ、最大吉数!』という説から、この「天命数霊術」が始まったのです。

必読!頭は良い教授、不安定な「洋」1字で運気が下降!
[第2760回](中凶)・・・11月16日(小吉)

『 「 1字名は、”安定感”がある字体が第一条件」です!
 ですから、1字名の字体は、”左右分かれ”した形か、”尖った形”の字体を使用しますと、安定感がなくて、”運気”は下降してきます。 』

 以前のブログで、「五郎丸 歩」(ラクビー選手)と「井川 慶」(プロ野球選手)のどちらの1字名が安定しているのか、投稿済ですね。
 ”重心”が個人名(止め字)にあり、”左右分かれ”しない字体であれば、1字名で名付けても良いのです。
 しかし、そのうえ、その1字形が下に”尖った”字体であれば、成功していても、運気は急降下しますので、絶対に下記の字体の1字名にしないでください。

「洋(ひろし)・保(たもつ)・平(おさむ)・伸(のぼる)・律(ただす)・栞(しおり)・隼(はやと)・祥(あきら)・峯(たかし)・梓(あずさ)・希(のぞみ)・・・」

 さて、今日のTBSニュース。上記の「洋(ひろし)」を1字名として使用している実例を紹介しましょう。

『 大阪大学大学院の教授が、建設会社との共同研究でデータなどを提供した見返りに現金を受け取ったとして逮捕された事件で、教授は金をゴルフや投資に充てていたことが警察への取材でわかりました。
 収賄の疑いで逮捕されたのは、大阪大学工学研究科教授の「倉本 洋」容疑者(57)です。倉本容疑者は、1昨年10月から今年4月にかけて、「耐震技術に関する企業との共同研究」で、大学施設の使用や研究結果を提供するなどの便宜を図った見返りとして、東亜建設工業の主任研究員・樋渡健容疑者(43)と飛島建設の担当部長・久保田雅春容疑者(57)から、現金約210万円を受け取った疑いが持たれています。
 捜査関係者によりますと、金は倉本容疑者が管理する口座に振り込まれ、ゴルフや先物取引に充てられていたとみられるということです。
 「工学の世界では、非常に立派な先生で、表彰歴もある。学内の評判もよかったと聞いている」(大阪大学 鬼澤佳弘理事)
 共同研究は、3年前から大学側には無断で行われていて、警察は今後、関係先を捜索するなどして癒着の実態を調べる方針です。』(16日11:34)

 汚職(贈収賄)というのは、公務員(この事例;阪大教授)が民間企業に便宜を図る目的、又は便宜を図った謝礼として、金品を受けとった場合を、刑法上の贈収賄罪と言います。この事例では、教授は収賄罪、建設業者は贈賄罪になります。(民間業者間では、資本主義の自由競争ですので、贈収賄罪にはなりません。)
「倉本 洋(ひろし)」天格19・地格5・総格24

この画数配列は、通常のケースでは「天格19」であり、その構成の「洋(ひろし)=9」の1字を名づけに使用し、音感も「ひ」ですから、特に「頭が良い賢い人だ!」と判断できます。そのうえ総格24と地格5から「正義感もあり、とても人柄が良い教授!」と判断できます。
 ところが「洋(ひろし)」の字体を観てください。
 「サンズイ」に「ひつじ」に左右分れて、「羊」の先が”尖”っていますね。このような不安定な字体が1字しかなく、補完できない運命になっています。それどころか、「倉本」の”本”も、下に尖っていますから、なおさらですよ。すると、ある日、突然のこと、「運気が割れるように不運が訪れます!」・・・。これが不安定な「洋」の1字しかない名づけの欠点です。

 したがって、名づけには、運気を”補完”できる「2〜3文字名」が良いと思います。ところが、例外として「天格9系列」になる場合は、1字名でも成功者がいますよ。
 古くは、平安時代の嵯峨天皇の御子・・・「源 融(とおる)」(天格29)が嵯峨源氏の初代として、歴史に残る名君であり、後世に子孫を残しました。
 現在では、俳優の大御所「松平 健」(芸名)さんは天格19、そして「渡辺 謙」さんも天格29の名優であり、1字名の例外としては、必ず、天格9系列になれば、1字名でも成功します。
 それほど、「天格9系列」の効用は、”不思議な神力”を持つ”最大吉数”なのです。

必読!「天格22の加害者」が「降順数の被害者」をバラバラに遺棄!
[第2759回](大吉)・・・11月15日(大吉)

『 「慶太郎」という名づけ。とても男らしい名づけですね。ところが、どんなに素晴らしい名づけでも、"苗字"次第で「天と地」の違い・・・! その「慶太郎」は天格22になる姓名で、殺人者に転落し、このたび起訴されました。その慶太郎が、次第に運気が下降する”降順数”の女性を殺害・・・、その遺体をバラバラに切断して捨てたのです。どんなに両親が愛情を持って「慶太郎」と名づけても、苗字に適合しなければ、殺人者や死刑囚にもなることを、肝に銘じてください。 』

 過去のブログでも、「両親が、どんなに愛情を持って名付けても、苗字に適合しなければ、人生は”ハイそれまで”・・・」ですよ。
 「赤ちゃんの名付け本」の中には、「名付けは、両親からの最初のプレゼント!愛情一杯に名付ければ、きっと幸せになりますよ。」となんて、大嘘が書いてある本があります。それが本当であれば、この世に”犯罪者”もいなければ、”事件事故死”する被害者もいないことになります。

 いいですか、どんなに両親が愛情一杯に「わが児の名付け」をしても、苗字に適合しなければ、5〜6歳で”交通事故死”になったり、成長しても”引きこもり”の無収入・・・、それかと思えば、”悪の道”に走り犯罪者になったり、”殺人者”となり無期懲役や死刑判決になるお子さんもいるのです。
 おそらく、日本人の99%は「両親が愛情一杯!」に名づけられたものですよ。
 どうして、こんな常識も判らない姓名判断師もいるのでしょうかねぇ〜?

さて、横道に逸れましたが、昨日のTBSニュース。
『 ★目黒24歳女性不明、死体損壊と遺棄の罪で男を起訴★
 東京・目黒区に住む会社員「中元 志織」さん(24)が行方不明になった事件で、東京地検は15日、中元さんの遺体を、出刃包丁などでバラバラにして捨てたとして、元交際相手の「佐賀慶太郎」容疑者(50)を死体損壊と遺棄の罪で起訴しました。
 また、警視庁のその後の捜査で、中元さんのスマートフォンが板橋区と埼玉県戸田市の境を流れる荒川から見つかったことが分かりました。
 佐賀被告の供述をもとに捜索を行ったところ、荒川にかかる橋の真下の川底で14日、見つかり、製造番号などから中元さんのものと確認されたということです。』(15日18:42)

 この事件の加害者「慶太郎」容疑者も、被害者「志織」さんも、どちらも恐らくご両親が愛情一杯に名づけ、そして当時の11月15日の「七五三」行事も、ご両親の喜びに中で、将来を期待されたことでしょう。
 ところがどうでしょう。
 24歳まで成長した「志織」さん、どんな事情があったのか不明ですが、元交際相手の「佐賀慶太郎」容疑者に殺害され、遺体をバラバラにされ、荒川に捨てられたのでは・・・?

加害者「佐賀慶太郎」天格22・地格16・補格9・総格47
被害者「中元 志織」天格11・地格22・総格33


どうですか、この二人の姓名・・・皆さんは気付きましたか?
 「慶太郎」は、語源・語意・音感・龍脈の条件が揃ったとても”男らしい”良名で、名づけられていますが、苗字が「佐賀」であるため、”事件事故”を呼ぶ「天格22」であり、それがため「総格47」が凶数に働いて「キレやすい行動」にでる運命になったのです。
  これに対して、「志織」さんは”重心”が止め字にある安定感がある良名ですが、なんと苗字が「中元」では、”運気が下降!”になる「降順数」になるではありませんか! 良くご覧ください! 画数配列「11・22・33」では、典型的な「3⇒2⇒1」の降順数になっていますね。
(再読;「必読!名付けないで!”弱運”の「降順数;3⇒2⇒1」[第1878回2013.06.07)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 以上のように、どんなにご両親が愛情一杯に名付けても、運気というのは、「個人名が、苗字に適合するのか?どうか?・・・」がとても重要なのです。
  この道理さえ判らない姓名判断師もいるのです。

必読!「天命数霊術」の普及で、”交通事故死”を半減させよう!
[第2758回](中吉)・・・11月14日(小凶)

『 ここ2〜3日も、交通事故死が多いですね。高齢者も多く、ベッドの上での往生ではなく、車による轢死・・・人生の最後を”痛い思い”をして亡くなるとは・・・?・・・これも、赤ちゃんの時、名付けられた姓名を80年余り使用して、最後は車に轢死とは・・・? なんと哀れですね。でも「天命数霊術」が普及すれば、交通事故死件数は、少なくとも半減しますよ。その実現のためにも、皆さん、全国に「天命数霊術」の普及にご協力ください。
 現在、お若い皆さんでも、人生の流れ・・・実に早いですよ。すぐに高齢者の仲間入り・・・、人生の別れに車に”轢死”・・・なんて、イヤでしょう!』

ここ2〜3日のTBSニュースから
≪事例 1≫・・・「勝」は「負ける」!
『 13日午後4時すぎ、千葉県長南町の県道で、近くに住む「村高 勝」さん(85)が歩いて道路を横断していたところ、直進してきた乗用車にはねられました。村高さんは病院に運ばれましたが、全身を強く打っていてその後、死亡しました。』

被害者「村〇 」天格19・地格10・総格29

「9」のダブりで、”賢くて健康”の「大吉運の姓名」だからこそ、85歳まで道路を横断できるくらい、足腰はお元気だったようです。でも、なんと人生のお別れは、ベットの上ではなく、車に撥ねられて、”痛い・苦しい”思い・・・、これも「勝」の一字が災いを招いたのですよ。ですから、若い人で「勝」の字体が姓名にある人は、「勝は負ける!」ことを肝に銘じ、早急に改名した方が良いですよ。「勝」の字体で、お家断絶になった戦国大名が多いこと、投稿済ですね。

≪事例 2≫・・・「田」の次に「由」とは? 
『 13日午前7時40分ごろ、東京・小金井市で、82歳の男性が運転する乗用車が交差点を左折しようとしたところ、自転車で横断歩道を渡っていた府中市「〇田由子」さん(61)を撥ねました。被害者は病院に運ばれましたが、頭を強く打つなどして死亡しました。』

被害者「〇田 子」天格13・地格8・総格21


この女性は、「3・8」タイプですから人柄が良く、天格13に「由=5」を含みますので、とても賢い方でした。でも「田」の次に「由」とは? 類似した形が続くと風水パワーの”理氣”がなく、視覚も”違和感”に思いますね。ですから、「天命数霊術」のァ嵶玉(形)」に支障がある姓名になっています。
 女性ですから、入嫁されて「〇田」姓になったのか不明ですが、そうであるにしても、このような違和感がある姓名になれば、早急に改名した方が良いですよ。61歳(女性の平均寿命は86歳)とは、まだお若いですよ。わずか「由」の1字のために、少なくとも四半世紀25年も早く、轢死で”痛い苦しい思い”をされたとは・・・? 女性は「日本画に描けるような優雅な名づけ」であれば、長寿だったのですよ。

≪事例 3≫・・・”天格12”と”重心”に欠点!
『 14日午前8時20分ごろ、茨城県つくば市の交差点で、軽乗用車が左から直進してきた軽トラックに衝突しました。軽乗用車は衝突のはずみで横転し、対向してきた別のワンボックスカーと衝突しました。
 警察などによりますと、軽乗用車を運転していた「黒〇 一」さん(64)が全身を強く打ち病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。』

被害者「黒〇 一天格12・地格3・総格15

 この配列の天格12は”事件事故”を呼ぶ数で、信号がない交差点では左方車優先でしたので、果たして「黒〇」さんが被害者になるのか、どうか、警察の捜査を待たねばなりません。しかし、この交通事故で死亡されたことは事実ですので、やはり「天格12の凶相」どおりの結果となりました。
 それに、「黒〇=14」姓に対して、「一=1」名づけでは、明らかに”重心”が苗字にありますので、非常に不安定な運命でした。
 でも、「奇数:偶数=2:1」であり、その奇数が「3・5」の吉数でしたので、64歳まで運転できる健康に恵まれていたのかも・・・? でも、やはり64歳になり”事件事故”を呼ぶ天格12の災難に、命を捧げられたようです。

≪事例 4≫・・・”不安定な字体”と”天格12”が欠点!
『 東京・立川市で、83歳の女が運転する乗用車が男女2人をはね、死亡させた12日の事故は、ブレーキと誤ってアクセルを強く踏み込み、急発進させた可能性があることが分かりました。
 この事故により、立川市の病院内の歩道で、83歳の女が運転する乗用車が「安〇竜洋」さん(39)と、知人の「市〇妙子」さん(35)を撥ねて、死亡させたものです。その後の取材で、当時、現場近くにいた人が「モーターがうなるような音がして車が急発進してきた」と話していることが分かりました。』


被害者「安〇 竜洋」天格16・地格17・総格33
被害者「市〇子」天格12・地格6・総格18


 この男性の画数は、「天格16」で男性として”弱運”であるうえ、「竜」(「龍=16」でも「安〇」姓には不適合!)も「洋」も不安定な形であり、この2字の組み合わせが、運気を下げています。特に「洋」のような下に”尖った”字体を”止め字”に使用すると、非常に”不安定な形”であり、”不運を招く字体”になります。
 それに、市〇さんは全て偶数のうえ、天格12ですから、”事件事故”を招き、”死を呼ぶ運勢”になっても、不思議ではありません。もう少し、早く「天命数霊術」にご縁があれば、「市〇」姓には「妙子」は不適合と判明し、改名していたら、この事故にも遭遇しなかった・・・と思いますよ。
・・・まあ、このブログにご縁があるか否か?も、全て”運”ですよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さんのご協力で、日本初の「天命数霊術」を普及させ、全国の交通事故件数を半減させましょう! この世で、身内を亡くした遺族の悲しみを救う・・・という「”功徳”を積む!」ことになりますよ。

★再募集!「著作権使用許可・開業免許状」交付要領!
[第2757回](大吉)・・・11月13日(中吉)

「"開運"で社会貢献!
・・・ ”全国普及”へ・・・」

( 日本初の姓名判断;「9」「19」こそ、最大吉数・・・!)
( 全国に普及すれば、”交通事故件数”も、半減できる!)

「天命数霊術」の初代宗家「望月岳陽」の直筆による免許状です。
★[再募集]必読!「著作権使用許可・開業免許状」交付要領!
[第2477回]の再掲
『 「遠距離でも、教えて欲しい!そして将来のため、先生がお元気なうちに、天命数霊術の初代宗家の開業免許が欲しいです。」というメールが、先月から数件メールに入ってきました。また、東京や福岡からも、セミナーをして欲しいという要望があります。』
 このようなご要望は、従来からありますが、特に最近多く感じます。公務員を退官後60歳代までは、姫路〜福山間には高速道路を利用して、教えに行ったり、県市の教育委員会・商工会議所などの講師に参加したりしていました。
 その一方、地元岡山では門下生の養成で、最初は1年間ぐらいでしたが、それではとても教え切れず、その後、2〜3年間の個別指導で「開業免許状」(著作権”使用”許可)を交付してきました。
 現在ではご自分でセミナーの開催や姓名判断の営業など、それらが結局、普及活動ばかりではなく、ご自分の趣味と実益にもなり、それが生きがいにもなられているようです。特に、営業一般や教職、医師や弁護士などの職業も、天命数霊術を修得していれば、別の観点から非常に役にたちます。
 一般の方でも、TV番組の登場人物や事件事故のニュースの字幕が出た瞬間で、吉凶判断ができますので、とても便利な説です。
 そこで、冒頭なような要望が、現在、東北〜九州まで数件メール受信していますが、やはり60歳代とは異なり、まだ体は健康ですが、遠距離までセミナーや門下生養成に行く”氣力”が無くなって来ています。これが、老化現象の先触れなのか?とも思っています。
 そこで、このブログをシッカリと読まれて来た方の中から、ご要望があれば、次の課題で合格点に達した方には、「天命数霊術」の「著作権”使用”許可及び開業免許」(「著作権」の”譲渡”ではない)を、初代宗家「望月岳陽」の名に於いて発行します。

★(課 題)・・・PCメールで送信してください。
㋐「望月(もちづき)」姓・・・男児名の名づけ候補5つ
 ㋑「花房(はなふさ)」姓・・・女児名の名づけ候補5つ
日本初「天命数霊術」と従来の「熊式姓名判断」との違い
(箇条書きに、5つの違いを、それぞれ3行以内に書いてください)
 
★(費 用)
「受験料」・・・無料
「著作権使用許可及び開業免許状(額入り)」(初代宗家の発行)
・・・30万円(門下生養成2年間分の月謝に相当)
なお、3回までの分割も可。※振り込み後、1週間以内に宅配便にてお届け!。
(振込み先;中国銀行・赤磐支店・普通1391206・
モチヅキガクヨウ)
★(申し込み期限)・・・特にありません。
★(報告義務)・・・毎年、1回の「年間活動状況」の概略。

★★★[注意事項](開業免許後)
 この「天命数霊術」は、古代中国思想に基づいた”根拠”がある「人文科学」であり、その評価を受けて、特に最近では知的階層(大学教授・准教授・臨床医師・弁護士・裁判所書記官・教職員など)の改名・命名(家族を含む)依頼があります。そのため、従来から他説の「一部の姓名判断師」のように、
〆拠がない”占い”的な発言を「対面鑑定・セミナー」に於いてしないこと。相談者やセミナー参加者の質問には、誠意をもって応対すること。
⇔邊蕎λ,里茲Δ防堙な費用を請求しないこと。(費用は、事前に本部の承認を受けること)
誠心誠意を持って、必ず「依頼者の”運気改善”の効果」を目標にすること。

 以上に違反する苦情を「初代宗家・望月岳陽」が把握した場合は、”事実を確認”(他説からの中傷・誹謗を防ぐ)したうえ、このブログでその門下生の「姓名と都道府県名」を公表し、除名します。その際、「依頼者が受けた損害」及び「天命数霊術本部が受けた信用毀損などの損害」は、一切、当該門下生に於いて責任を持つことに留意してください。
※疑問点がありましたら、ご遠慮なく、メール願います。
◆ PCメール;info@gakuyo951.jp (@⇒@)
◆ 携帯メール;09090653019@docomo.ne.jp(@⇒@)
◆ 携帯電話;090-9065-3019


(お知らせ)
 この「天命数霊術」の”動画”(ブログ右欄上)をリンクしてご覧ください。和歌山の門下生が、好意で作成して頂いた動画で、非常に良く纏めてあり、理解を早く高めることができます。

必読!強い女性の「4・7」タイプに、弱い男性の「2・2」タイプ!
[第2756回](小吉)・・・11月12日(大凶)

『 えぇ〜? これは逆では?・・・いえ、事実らしい。最近は女性の方が、強くなり暴力を振るい、男性はじっと我慢する「同居のカップル」がいたニュース。なに〜? 気が付いた時には、男性が死んでいたらしい・・・。
 実は、女性は”キレやすい”「4・7」タイプに、男性は”事故を呼ぶ”「2・2」タイプ・・・。
女性の暴力と男性の死因に、因果関係が証明されれば、単に”暴行罪”ではなく、”傷害致死罪”になります。さあ、どっちがどっち? 』

今日、”事件事故”を呼ぶ12日のTBSニュース。
『 ★暴行容疑の女「昼寝から起きたら動かなくなっていた?」★
 さいたま市で21歳の男性が、交際相手の22歳の女に”顔面”を殴られた後、死亡した事件で、暴行の疑いで逮捕された女が「殴った後、一緒に昼寝をし、起きたら動かなくなっていた」と供述していることがわかりました。
 暴行の疑いで逮捕されたのは、さいたま市北区に住む「山崎 桃子」容疑者(22)で、11日、自宅で同居する交際相手の職業不詳「木村 昌史」さん(21)の"顔を拳で殴った疑い"が持たれています。
 山崎容疑者の母親から通報を受けた警察が駆けつけたところ、木村さんは部屋で衣服を着たまま倒れていて、その後、死亡が確認されました。
 取り調べに対し、山崎容疑者は「買い物から帰宅するとドアの鍵が掛かっていたので、頭にきて殴った」「殴った後、一緒に昼寝をし、起きたら動かなくなっていた」と容疑を認めているということです。』(12日11:40)

 同居の男女や、夫婦間のケンカで、”殺す”意思がなくて暴力を振るっても、その結果の”死亡”という因果関係が証明されれば、その死に対して、責任を負わねばなりませんよ。それが、刑法第205条「傷害致死罪」で2年以上の有期懲役になります。もし、死亡との因果関係が証明できなければ、単に刑法第208条の「暴行罪」で2年以下の懲役又は30万円以下の罰金になります。
 ・・・こんな訳ですから、普段は親しい同居の男女でも、互いに愛し合っている夫婦でも、ケンカして暴力で有罪になる結果を招けば、もちろん、前科者になりますし、加害者は民事補償もせねばなりません。
 全く、馬鹿らしい結果を招きますので、互いに”口ケンカ”までで収めた方がお得ですよ。

 まあ、今日の事件当事者は、次の姓名ですよ。
加害女性;「山崎 桃子」天格13・地格14総格27
被害男性;「木村史」天格12・地格12・総格24

女性の山崎容疑者は、普段は「天格13」で朗らかな表情をしていますが、何かあるときは、「地格14と総格27」で”キレやすい”「4・7」タイプに豹変しますよ。この地格14というのは、「14=7×2」で”7が2倍ある”・・・という解釈になりますので、非常にキレやすいタイプなのです。
では、なぜ「7」はキレやすいのか? 記憶していますね。
 ◆円満という360度に、「7」と言う素数だけが”整数”で割り切れない(1〜9までのうち、7以外は、全て整数で割り切れる)ので、他の数に対して協調性がないのです。言い換えれば、「7という数は円満ではなく、他の数に対して自己主張」する性格がある数ということ、忘れないでください。ですから、意のままにならないと、キレやすいのです。(この証明も、私説の秘伝!です。)◆
 
 一方、この女性に対して、被害者男性の木村さんは、天格12で”事件事故”を受けやすく、しかも「昌=8」の偶数を含んでいるので、対外的な運気は全て偶数配列でもあり、死亡と言う結果になりました。しかし、「この死因が、”顔面を殴打”された原因が、”死”という結果になるのか・・・?」どうか? 医学的な解明を待って、刑法の罪状が下されると思いますよ。  

必読!TPP反対の信念を貫いた「鈴木憲和」衆院議員!
[第2755回](大吉)・・・11月11日(大吉)

『 TPP問題の是非は、行政改革を推進して来た役所に長年勤務した私でも、十分には理解できない。でも、衆議院議員「鈴木憲和」氏は、TPPについても自民党の方針に従うのは当然ながら、農業県である選挙区の意向に従い、自分の信念を貫き反対したのは、やはり”正義感”と”若さ”があり感心しました。いや、その信念は、若さからではなく、”ネーミング”にあるのです。』

 私のブログは、政治・宗教問題は公平・中立な判断をしていますし、その視点を触れずに、あくまで「ネーミング」の”吉凶判断”からの運気についてのブログであることを、改めて強調しておきます。

 今日のTBSニュース。
『 ★自民・鈴木憲和氏が造反、TPP採決を棄権★
 自民党の「鈴木 憲和」議員は、衆議院本会議を途中退席し、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の承認案と関連法案の採決を”棄権”しました。自民党は、鈴木氏に離党の意思がないことから、処分は見送る方針です。
「私の一番初めの選挙で一番メインの公約がTPPに反対だったから。反対だから応援をしてくださった皆さんがたくさんいるから、自分なりのけじめとして賛成はできないという判断をした」(自民党 鈴木憲和議員)
 自民党の鈴木議員は、党の方針に反して衆院本会議でのTPP承認案などの採決を棄権したことについて、こう理由を述べました。』(TBS系 11/11(金) 0:52)

 「 正義感というのは、”若さ”があるから・・・」と一般に言われ、皆さんもその信念が常識になっていますが、同じ議員でも政務活動費の不正が発端となったのは、若い兵庫県会議員の不正発覚からでしたね。
 そして、毎日のように振り込め詐欺などのニュースもあり、これらの犯人も若い層であって、”正義感”と言うのは、必ずしも年齢に関係なく、別の視点からの問題ですよ。

 人の運気・才能というのは、親子の遺伝はほとんどなく、本人次第・・・!とこのブログで、かなり実証してきましたね。
 その中でも、国会議員と言うのは、昔から「地盤・看板・カバン」(世襲のこと)の”3種の神器”で当選した人、特に長年政権の座にあった保守系議員は、遺伝より3種の神器が多いのです。
しかし、この鈴木議員は違います。
 彼の運勢は、「やはり、天格9系列と語意が影響!」したネーミングにあるのです。皆さん、彼の姓名を観て判断してください。

「鈴木 和」天格29・地格12・総格41

_菴配列が「9・1」の2か所あり、特に天格9系列がベスト。この配列は、「福澤諭吉」(天29・地22・総51)と同様です。
◆峽」という国家・先祖・家庭を表す”ウ冠”があり、それを主が”目”と”心”を持って国を治める・・・という「憲法」の憲が”名君”の字体なのです。
K寨茲蓮◆表顛粥匹止め字にあるのがベターですが、この姓名は、画数が「鈴=13」と「憲=16」の画数が多く、「木=4」と「和=8」との少ない画数が、交互に”重心”がありますので、一応のバランスがとれています。
い燭晴惨兇痢屬里蠅ず」は、少し言いにくく、逆の「かずのり」の方がベターであると思いますが、苗字が「鈴木」ですので、止むを得ないでしょう。

 このように、とい紡疹の問題がありますが、,鉢△両魴錣満たされて、全体としてはベストに近い名づけになっています。

 そのために、子どもの時からトップクラスの成績であり、あの難関の開成高校卒を経て、東大法学部卒の国家公務員(農水省)になり、内閣官房「美しい国づくり」推進室に出向したエリート官僚でした。そして34歳の若さで、衆議院選挙区山形2区から2回目の当選した優秀な若手の自民党議員です。
 どうですか、子どもの時から優秀な児を望むなら、私説の日本初「天命数霊術」により名付ければ、政治家として世襲ではなく、自らの実力により、政界にも進出できますよ。
 赤ちゃんの名付けの時、もし間違って天格2系列の名付けをしていたら、すでに5〜6歳で交通事故死や火災焼死でもなっていたかも・・・? あるいは、同じ34歳でも「無職で”長年の引きこもり”」の青年もいるのです。
 どうですか、天格9系列にするか、天格2系列にするのか?の違いで、天と地の運気の違いが生じます。
 この違いの大半は、「天命数霊術」で実証して来ましたね。
 将来の日本の発展を思慮し、優秀な日本人を育てるには、ただ赤ちゃんの名付け時点で、相当な影響があることが、今日のブログからでも理解できましたでしょう。

必読!可哀想に”天斬殺”!「ニンベン4つ」の左右分かれ!
[第2754回](小凶)・・・11月7日(小吉) 

『 余りにも可哀想で、痛ましい5歳男児の”火災事故死”です。このような事故がないように、ここ数日「路冲殺」や「天斬殺」を避けるようにお願いしたばかり!・・・不思議でしょう! 日本初の「天命数霊術」の的中率は・・・? 
 珍しい4文字とも「ニンベンの左右分かれ」の姓名! 3文字でも風水の「路冲殺」ですが、この姓名は「天斬殺」ですから、事故は大きくなります。
 赤ちゃんの名付け一つで、その子の将来が決まるのですよ。
 「可愛いわが子が、親より早く亡くなる”逆死”ほど辛いものはない」と、一休さんが言ったとおりですので、赤ちゃんの名付けは、慎重の上にも慎重に・・・。 』

昨日のTBSニュース。
『 6日夕方、東京の明治神宮外苑で行われていたイベントで展示物が焼ける火事があり、5歳の男の子が焼死し、助けようとした父親ら男性2人が負傷しました。
 この火事で、港区に住む「佐伯 健仁(けんと)」ちゃん(5)が全身にやけどを負い死亡したほか、助けようとした健仁ちゃんの父親(40代)と男性(40代)が顔にやけどを負いました。
 展示物は、木製のジャングルジムで高さ3メートル、横5メートル、奥行きが2メートルほどで、火事が起きた際、中で数人が遊んでいましたが、健仁ちゃんは逃げ遅れたということです。』


 本当に可哀想ですね。予想も付かない「火災事故」に遭遇して、まさか僅か5歳の男児が焼死するとは・・・? これも災難には間違いないのですが、それでも同じ現場にいた他の子どもたちは、無事だったのに・・・、なぜか、「佐伯 健仁」ちゃん(5)だけが焼死とは・・・?
 しかも、画数配列も良くても、このような痛ましい焼死とは・・・?
 その原因は、この姓名を良く観てくださいよ。

「佐伯 健仁」天格18・地格11・総格29


画数配列は特に問題はありません。しかし、良く観てください。4文字とも「ニンベン」が続いていますね。そのために、「4文字とも、左右分かれ」の姓名であり、非常に不安定な字体の配列・・・これを”風水理念”で「天斬殺」と言い、天から大地にバッサリと切り落とされる運命になる”形”なのです。
 この形は、「天命数霊術」五大要件のうち、ノ玉(形)に重大な欠陥がある姓名になっています。
 姓名判断の重大な条件の一つに「風水理念」を採り入れた説は、全国でも私が初めてであり、これも風水師の資格を取得してからです。そして、違和感に思うセンスは、30年間勤めた国家公務員を退官して、美術工芸品の会社に7年勤務して身に付いたものです。

  いいですか、「同じ旁・偏の字体」を続けた姓名は、どうしても違和感があり、それをいつも「少しヘンだなぁ〜」と、本人・家族が感じていたら、不思議な”霊波動”で、”事件事故”を呼ぶ運命になります。とても理系科学では信じられないでしょうが、古代中国から続く「風水”理気”作用」では、当然のことと伝承されて来ました。
 そのためにも、全国の「赤ちゃん名づけ本」に、2文字以上続く「同一の旁・偏」の名付けを候補名として、掲載するものではないですよ。仮に同じ旁・偏の苗字ですと、この火災事故死のような事態ともなり兼ねないです。 
 それにしても、5歳で火災焼死とは・・・、本当にお気の毒でした。

(追 記)
『 新潟県小千谷市にある電子部品会社兼住宅の駐車場で、6日午前11時ごろ、近くに住む「小野寺海凛(まりん)」ちゃん(1)が、29歳の母親の運転する乗用車に撥ねられました。海凛ちゃんは病院に運ばれましたが、頭などを強く打っていて、まもなく死亡しました。』
  全く、母親の不注意ですが、「小野寺 海凜」ちゃんの天格は、”事件事故”を呼ぶ天格12ですね。これも「天命数霊術を知らない災難」でした。


(お知らせ)
 本日のアクセス数は、5225件/日で先月以来、最も多くなりました。

必読!今週も失望!将来有望なベストの名付けなし!
[第2753回](小吉)・・・11月6日(小吉)

『 今週の満1歳になった赤ちゃん名づけ、地元新聞に掲載された名づけを観ても、将来、歴史に残るような有望な成功者、一人もありませんね。
 語源が良くない「流行の字体」ばかり追って、真にわが児が歴史にも残るような有望な名づけは、ほとんど有りません。
 それどころか、”流行名は平凡になる!”ということ、理解されていない若夫婦が多い。日本の将来を考えるとき、果たして歴史に残るような「名君・名人・偉人」が期待できず、嘆かわしいですよ。』

 あのテレビもインターネットもない時代に、偶然に名付けた”幼名”が正に「栴檀は双葉より芳し!」で、大人も驚く英才が誕生するのです。
 その時代は、新聞もない時代に”流行名”が判る訳がないのに、偶然に名付けた幼名が、共通して、「”9”のパワー」が日本の歴史を創って来たと言っても過言ではないのです。
 過去のこのブログでも、戦国時代から現在までの「名君・名人・偉人」を紹介してきましたね。
 岡山出身でも、全国的に有名になった成功者は、次のように「9のパワー」なのです。
古くは「和氣清麻呂」(奈良時代の国司・民部卿)の「9・1・7」があり、室町後期の戦国大名「伊勢新九郎」(浪人から関東武士のハシリ;別名;北条早雲)という3文字名の「9・5・9」タイプも、歴史に残る名君タイプでしょうね。

 それから、豊臣秀吉の備中高松城への「水攻め」は有名ですが、その時の藩主「清水宗治」(通称;長左衛門も「9・9」タイプ)の名君振りは、現在でも地元では尊敬され、「9・2・1」タイプと「宗」の語源から、歴史に残る名君でした。
それに秀吉の軍師「黒田官兵衛」も、備前岡山出身で「天格19」でしたね。
江戸時代に入り、初期の3大名君「池田新太郎」(岡山藩主の幼名;「9・9・9」タイプ)であり、当時の藩政改革の陽明学者「山田安五郎」(備中松山藩家老山田方谷の幼名;「9・9・9」タイプ)が幕府の御用学者としても名を残しました。
  明治時代では、「犬養 毅」(元総理;「9・5」タイプ)であり、現代の「(故)橋本龍太郎」(元総理;「2・9・9」タイプ)で、その弟「橋本大二郎」(元高知県知事;「9・7・9」タイプ)も9のパワーでした。そして、このたび叙勲を受けた「江田五月」議員(元参院議長:「0・9」タイプ)なども、9の恩恵を受けた方です。
 どうですか、「9」のパワーは、流行名の字体「翔・雫・斗・・・」などには宿っていませんよ。

 今週どころか、「9」のパワーで「天命数霊術の五大要件」を満たしたベストの赤ちゃんは、今年に入り、今週まで一人もいませんでした。
 ただ、昨年の赤ちゃん名づけで、「藤井清史郎」くんが「9・9・9」タイプであり、将来、地元出身の成功者として、大いに期待できるところです。
実に「天命数霊術」の5大要件を満たしたベストの名付けは、千人か万人のうちで1人ぐらいの貴重な存在です。このような超人的なベストの名を、初代宗家の私は、ご依頼により名付けますよ。

 以上の傾向をみても、現在流行の「翔太」・「大翔」・「海斗」・「蓮」・「結菜」など、まして「雫(しずく)」や「響(ひびき)」なんて名付けては、将来、平凡な人になるだけです。
 私に依頼されて、お届けした「候補名5つ」の中には、過去30年間、一人も”流行字体”を使用した候補名はありません。その中から決定するのですから、「長泣き・夜泣きせず・育てやすい」と言われ、しかも2〜3歳では、「絵本が好きで、大人も驚くぐらいの質問をします!」などの成長を喜ばれるメールなどを沢山頂いています。
 まして、心臓移植で何億万円の募金活動するような健康に恵まれない児など、一人もいません。名づけ一つで、乳幼児からの人生がベストになるか、あるいは交通事故や火災などで、5〜6歳で親より先に逝く児もいるのです。
 「名づけ」は流行を追わず、漢和辞典で「語意・語源」を確認して名付けるものです。「流行名は、平凡な人を創造するだけ・・・」です。
眞に、「天命数霊術」は、”9”のパワーを採り入れた「日本初の”風水”ブランド命名法」ですよ。

[検索用アドレス]
★公式ホームページ
http://www.gakuyo951.jp/
★公式ブログ
http://blog.gakuyo951.jp/

★「動画」(「天命数霊術」)
  ブログ右上欄の「リンク」から

必読!風水の”路冲殺”になる名づけを避けて下さい!
[第2752回](小吉)・・・11月5日(大吉)

『 「松村・浅野・杉浦・佐竹・阿部・池畑・加納・・・」などの2文字左右分かれの苗字は、名づけの1字目を、絶対に”左右分かれ”の字体にしないように注意してください。その形は、風水にいう「路冲殺」になり、ある日、突然のこと”事件事故”を呼ぶ宿命になりやすいのです。(止め字まで左右分かれの場合は、「天斬殺」になります。)』

≪事件 1≫
『 先月、東京・文京区のコンビニで、現金約30万円が奪われた事件で、「1週間前に強盗した」と、出頭してきた男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、自称;住所不定・無職「野村 裕起」容疑者(38)で、先月30日、文京区湯島のコンビニで、アルバイトの女性店員(28)にナイフを突きつけて脅し、レジから現金約28万円を奪った疑いが持たれています。』

 この事件の犯人として、自首してきた「野村 裕起」容疑者は、3文字左右分かれで殺氣が、「野」⇒「村」⇒「裕」と流れて「起」に突き当たる! このような形を、風水では”路地の突き当りに家”を「路冲殺」と言い、発展しないトラブルが多い”殺氣がある状態”を言います。
 そのために、子どもの時から恵まれない境遇であり、しかも38歳になっても、可哀想に「住所不定・無職」の現象から、事件を起こす運命になったのです。
 さらに、止め字が同じ”き”でも、仮に「起」⇒「紀」であったら、4文字とも左右分かれの「天斬殺」で生命が危ないところでした。

「野村 裕起」天格23・地格17・総格40

お気の毒にも、「9・5・1」が1ヵ所もなく、”負けず嫌いのキレやすい性格”ですが、子どもの時から運気に恵まれない境遇でしたでしょう。

≪事件 2≫
『 愛知・一宮市で「ポケモンGO」をしながら運転していた男に撥ねられ、小学生が死亡した事故を受け、規制の強化を要請した一宮市長に、脅迫メールが送られていたことが分かりました。
 この事故は先月26日、愛知・一宮市で「ポケモンGO」をしながら運転していた男のトラックに、小学4年「則竹 敬太」君(9)が撥ねられて死亡したもので、建設会社社員「川合 信右」容疑者が逮捕されました。
この事件を受け、一宮市の「中野 正康」市長は、ポケモンGOを運営する会社に対し、運転中に限らず速度に応じてポケモンGOの操作ができなくなるようになどの変更を文書で要請しました。
ところが、市長あてに、「要請を取り下げろ」「市役所炎上がいいか」などという趣旨のメールが10件以上届いていたことが明らかになりました。警察は威力業務妨害などの可能性があるとみて調べています。』


この脅迫事件の関係者、
被害者「則竹 敬太」・・・ ”路冲殺”で死亡!
加害者「川合 信右」・・・ ”天格12”で事故を起こす!
市 長「中野 正康」・・・ ”天格9と総格31”で正義感・行動力!

 どうですか、この3人は「天命数霊術」から観た判断、そのとおりの現象に驚きを感じますでしょう。
もう一度、ご家族の姓名を再検討してください。姓名の意外なところで、運気が低迷しているのか、どうか・・・? もし、問題があるなら、命を捧げる前に、ベストの改名をして置かないと、明日の運命も未知の世界ですからね。

必読!「”9”のいい加減な解釈」に呆れた名づけ本!
[第2750回](小凶)・・・11月3日(小吉)

『 市販されている名づけ本・・・信用できる本なのか、どうか? それを見極めるポイントは、「9」の吉凶判断をどう表現しているのか?という1点だけでも判りますよ。要するに、結論も大事ですが、「矛盾した解釈や文書表現!」をしていないか、どうかです。その一例を紹介しますね。
 ただ、信用毀損を防ぐため、「著書名・著者名・出版社名」の3点(固有名詞)は記載しません。 』

「赤ちゃんの名付け本」(仮著書名・監修者A氏・B出版社)の343ページ。
[9]の画数を”小吉”と判定;吉凶判断一覧表から抜粋・・・。
(原文どおり)
技術・研究分野で卓越した人に多い画数です。感性や感覚が鋭く、直感力があり、頭脳明晰で学問に秀ます。しかし、何気ない発言に対してクヨクヨと考える面があり、ストレスがたまりやすいでしょう。事故などに注意が必要な画数でもあります。順調に発展しているときこそ、気を引き締めて慎重に行動することが大事。』
 さあ、皆さん、この「前段の才能」(技術・研究分野・・・頭脳明晰で学問に秀ます。)があれば、それは素晴らしいではありませんか! この才能がないので親子ともども苦労するのです。わが児を塾に通わせ、有名私立の小中学校を受験、そして一流高校や有名大学に進学を目的に、猛勉させるのです。姓名に「9」という数が内在していれば、生まれながら技術系の才能があり、頭脳明晰であれば、それはもう万々歳ですね。
 ・・・ところが、クヨクヨするとか、ストレスが溜まりやすい・・・とか"次元が低い判断"をし、そして"事故"(実証がない!)などに注意・・・なんて「9」の判断をした結果、”小吉”程度の判定をしています。
しかし、この判断さえ間違っています。
 「クヨクヨするとか、ストレスが溜まりやすい」のは「9」ではなく、”偶数”なのです。「8」を除く「0・2・4・6」の数なのです。
しかし、いずれにしても、それらの判断をした根拠は全く不明で、おそらく”思い付きの作文”と思われても、仕方がないですよ。
 いいですか、従来の姓名判断本は、私の蔵書からみますと、大正時代から”大凶!”との根拠もなく、「9」はボロカスに表現されてきました。
  でも、この本は4年前の発行で、おそらく私の説から「9は最大吉数!」の判断を採り入れたのか、「小吉程度に格上げ」されたのは、歓迎すべき傾向です。 
 しかし、前述のように「根拠もなく、”小吉”!」と判断することは、プロとしての信念がないですね。「9」の吉凶判断には、まだまだ不十分です。
 「9」は天子の数!皇帝の数!で、トップの運勢なのです。
 ですから、「小池百合子」さんが都知事にトップ当選したのも、天格9(「小=3」+「百=6」=9)が、実証していますでしょう。
 「9」を持てば、「イチロー」選手や「浅田 真央」選手のように、生きが長いトップ選手になるのです。彼ら二人だけを見ても、「クヨクヨしたり、ストレスなど」溜めてなんかいませんよ!
 仮にストレスなどがあっても、それは「9」のパワーから観れば、些細なことです。どうですか、私説の「9」のトップのパワーは、人類の憧れの数なのです。「9は、人類の最大吉数!」ということは、もうイヤと言うほど、実証して来ましたね。
 いまだに、「9は”大凶!”・・・」と判断していては、「日本=9」の発展はありませんよ。一億二千万人の日本人、姓名に「9」のパワーを持ちましょう。 全国の姓名判断師さん・・・真実の姓名判断の”夜明け”ですよ・・・。

必読!なぜ?天格17は、”通り魔的”加害者になるのか?!
[第2749回](中吉)・・・11月2日(大凶)

『 「日本は治安が良いと思っていたが、見ず知らずの男から、金属バットでいきなり、女性が頭や背中を殴られるとは・・・」と、露天風呂で2人の高齢者男性が話をしていました。「あぁ、あの事件だなぁ〜。」と、私は傍で聞いていていましたが、「おそらく、一般の人は”精神状態がオカシイ人だろう・・・”と想像は付きますが、じゃ、なぜ、精神状態が異常になるのか?」という原因まで、専門の精神科医でも解明できないと思いますよ。』

・・・おそらく、この原因は、「遺伝的な生い立ち・虐待などの生活環境など」が原因で、暴力的・反抗的な行為に出る性格に育ったのだ。」と、精神科医や犯罪心理学者などの見解から、司法関係者も「それが原因だろう・・・」と長年同調して来ました。
 ところがどうでしょう!?「もし、遺伝なら、祖父・子・孫など時空を超えて、代々無差別殺人で打ち首・獄門の死刑囚になった歴史上の事実など、聞いたこともないですね。もし、石川五右衛門もネズミ小僧も一代限り・・・」の大泥棒でしたね。
 現代でも、皆さん記憶に新しいでしょうが、典型的な「秋葉原無差別殺人事件」の「加藤智大」死刑囚も、遺伝とはなんの関係もなく、それどころか弟さんは、兄の罪状に対する責任と社会からの風当たりに耐えられず、お気の毒にも”自殺”・・・! 「子が殺人者なら、親や兄弟も・・・?」という遺伝的な見解をする精神科医や司法関係者は、遺族や子孫に対しても”不見識”です。

 さて、去る30日午前8時過ぎの事件です。TBSニュースでは、
『 狭山市・笹井にあるコンビニエンスストアの駐車場で、「男性がバットを持って女性を殴っている」と通行人から110番通報がありました。警察が現場に駆けつけたところ、38歳の女性が頭から血を流していて、病院に運ばれました。女性は重傷です。
 男は車で逃走していましたが、およそ10分後に見つかり、車の中から血のようなものがついたバットが見つかったことから、警察は入間市の無職「渡辺 玄太」容疑者(31)を殺人未遂の疑いで逮捕しました。
 警察によりますと、渡辺容疑者はコンビニの前にいた女性の頭や背中を後ろからいきなり金属バットで数回殴ったということです。
 渡辺容疑者は女性と面識はなく、取り調べに対し「バットで叩きつけたことは間違いない」と容疑を認めているということで、警察が詳しいいきさつや動機を調べています。』(30日18:37)

 今日の話題金属;バットで女性を殴打した加害者は、次のとおりの姓名です。

「 渡辺 玄太(げんた)」天格17・地格9・総格26


どうですか、この配列と”秋葉原無差別殺人事件”の「加藤智大」死刑囚は次のとおり、対外的に”キレやすい性格”天格17は、共通していますね。

「加藤 智大(ともひろ)」天格17・地格21・総格38

 しかし、どちらの地格も「9」と「21」であり、本質的には賢い人であり、総格26と38から、元々は優しい性格なところもあったのです。しかし、渡辺容疑者は地格9に神経質な「4」含み、これが天格17のキレやすい行為を助長させた結果、異常とも思える「金属バット使用」で重傷を負わせた事件でした。
 要するに、このような事件・・・従来は、家族から一人でも犯罪者が出れば、”連座制”で家族も責任を負う時代があったのですが、明治以降の刑法では個人責任主義ですので、犯罪者個人のみ責任があり、家族に対してまで”白い目”で見ることは止めないといけませんね。
 現在でも、”噂好き”の農山村地方では、後日談がありますよ。
 ともかく、現在は「個人責任主義!」であること、忘れずにいてください。
 そして、犯罪は遺伝ではなく、たまたま「赤ちゃんの名付け」の際、”自己主張が強く、キレやすい性格”の天格「4・7」タイプに、運悪く、名づけられたからですよ。(「17」も素数であり、円満な360度を整数で割り切れないので、協調性がなくなるからです。)
 そう思えば、「金属バット無差別殴打事件」の「渡辺 玄太」容疑者も”可哀想な姓名”であることが、皆さん、理解できましたでしょう。
惜しいですね。彼の名前、もう一字「郎」が付いていたら、おそらくこのようなキレやすい性格を中和して、「渡辺 玄太郎」天17・地9・補9・総35 となれば、31歳で無職ではなく、社会で活躍している年代であり、楽しい新婚生活の年代かも知れませんね。
 健康運・知徳運・家庭運・社会運、そして金運なども、わずか「”1字”が人生を好転させる!」のですよ・・・。

(お願い)
 再々お願いしていますが、メールで「〇〇 ▲◇」と「〇〇 ■●」と、どちらの運気が良いですか? という質問がありますが、これは軽はずみに返信できません。なぜなら、メール上のみ画数判断なら3〜4秒で済みますが、実際に赤ちゃんの名付けであれば、「天命数霊術」の5大要件を全て判断し、ダブらないように家族の姓名(特に父母・兄弟)も必要であり、また誕生日も参考に必要(仮に凶数日であれば、前後の吉日を意識)せねばなりません。ですから、仮に「〇〇 ▲◇」が良いですよ!なんて軽はずみに言えないのです。姓名判断でもプロの仕事となれば、信用を落とすことができないですよ。
 そのため、十分な時間をとり検討して、判断の理由や根拠まで記入して返信しますので、一人分約1時間を要します。
 そのため、皆さんに公平にするため、左欄上「★姓名判断・命名・改名の申し込み手続き★」から、申し込まれた方にしか、正式な返信はいたしませんので、ご承諾願います。

必読!センスが大事!男児名は”英俊”・女児名は”古都”のイメージ!
[第2748回](中吉)・・・11月1日(大吉)

『 センスを誇れる私の「”名づけ”や”改名”」・・・、男児名では「あぁ、とても”温情ある名君”のようだ!」とか、女児名では「この名は、”四季を彩る古都”のようだ!」とイメージが浮かぶ名づけこそ、世界が憧れる日本の将来が約束されます。名づけは「世界に誇れる”表意文字”の神秘さ!」が伺えてこそ、子どもの将来の運気が約束されるのです。
 このセンスが大事なのですよ。このセンスもない候補名を、やたらと思い付くままに候補名を列挙して、分厚い「赤ちゃん名づけ本」を発行しているのは、呆れたものです。・・・そのような著書のため、「英俊さ」や「優雅さ」などお構いないのが、今日の「読めない・書けない・意味不明?」のキラキラね〜むを増産した原因のようです。特に、名づけのプロは、広い知識と美的センスも必要なのです。』

 運気を呼ぶ”名づけ”とは・・・? 端的に言えば、「センスが良い名づけ」なのです。日本人の名付けは、世界に誇れる「表意文字」の日本文化に基づいています。それが、「こんな字が流行らしい・・・」とか、「この字は、有名なタレントのお子さんが名付けられたので、わが児にも・・・」なんて、子どもの運気など何も考えていないようです。なぜ?と思いますか?
 
 瀕行”する字体は、将来は”平凡”な名になる! 
 「翔」「汰」「菜」「斗」「叶」「沙」「耶」「那」「莉」「梨」「帆」「衣」「麻」「葵」「奏」「海」「栞」「萌」・・・など。
日本は表意文字のため、語源・語意・龍脈のセンスから使用しない。!
 「雫」「亜」「胡」「凜」「叶」「斗」「光」「輝」「照」「貴」「勇」「枝」「江」「栞」「花」「羽」「未」「琉」・・・など。
”苗字”との適合の有無で、運気は”天と地”ほどの違いがあります!
  同じ「太郎」でも「花子」でも、運気は、苗字の違いで天と地の違い。

 上記,鉢△陵由から、ダブりの字体はあります。いずれにせよ、流行するものは、将来、平凡な名づけになり、「だれも、いいお名前・・・」なんて、言ってくれませんよ。昭和初期〜戦後20年代までの流行名;男性は「勝男・義夫・信一・・・」や、女性の「幸子・知子・弘子・・・」なんて、現在、「いいお名前ですね・・・」とは、だれも言ってくれませんよ。当時の流行名だったのです。
 それから、昭和30年代では「浩宮」の”浩”と「美智子」が大流行!・・・でも現在「浩也です」とか「美智子です」と言っても、「いいお名前ですね。」なんて誰も言ってくれませんよ。
 その流れで、20年前から現在まで「翔太(しょうた)」とか「海斗(かいと)」が流行した結果、あと10〜20年後に「とても素晴らしいお名前ですね・・・」と、だれが褒めてくれますか? それに、女児名の「雫(しずく)」(蔵書のうち4冊は、女児名として推薦!)なんて言ったら、「えっ!それ冗談でしょう!」とバカにされますよ。
 要するに、いつの時代でも、男児名は”英俊”をイメージする名君の名付け、そして女児名は、世界に誇れる”ヤマトなでしこ”の”四季を彩どる古都”をイメージする優雅な名づけであれば、「いいお名前ですね!」と、100年後でも感嘆されますよ。
 どうですか、それでも”流行”の「雫(しずく)」ちゃんとか「亜胡(あこ)」ちゃんにしますか? 
 これらの美的センスを養うため、私は京都・奈良に2回ずつ希望転勤し、国宝・重要文化財の見識を高めたり、国家公務員を3年早く退官して、美術工芸品の会社に7年間勤務して「美的センス」を養いました。
(京都・奈良では、「古都保存法の実態調査」「文化財保護の行政監察」を経験。)
 ですから、私の女児名は、「日本画に描けるような”優雅”な名づけ」をしますよ。そして、男児名は、日本史の歴史上の人物名を図書館などに籠り「氏姓・通称名・名乗り」などの研究をしてきました。それでこそ、名づけのプロと言えるのです。
 ところが、市販されている「赤ちゃんの名付け本」には、なんでもかんでも候補名を推薦し、そろって分厚い本になっています。プロとして、レベルが低い業界に呆れたものです。 
ですから、昨日の★事件2★のように、乳幼児や小中学生の交通事故死などで”逆死”となり、両親が悲しむことにもなるのです。現在の日本では、戦争や紛争がない平和ですから、逆死を減少させて、だれもが長寿社会に参加できるように社会貢献するのが、日本初「天命数霊術」の効用なのです。 

必読!天格12の運転手「ポケGO」で、9歳男児が犠牲!
[第2747回](小吉)・・・10月29日(大吉)

★事件 1★
『 とんでもない運転!「ポケモンGO」と「9歳男児の命」とどちらが大事!?』
 信号待ちの僅かな時間でも、「スマホ」を左手に持ち、運転している光景を良く見ます。これで交通事故を起こした運転手は、刑法の”認識ある過失”で、重罪の刑事処分のみではなく、「免許取り消し」の行政処分が適切だと判断します。
 愛知県一宮市で26日、小学4年の男子児童「則竹 敬太」くん(9)がトラックにはねられ死亡した事故があり、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕された同市の会社員「川合 信右」容疑者(36)が、事故当時に「ポケモンGO(ゴー)」をしていたと供述していることが27日、一宮署への取材で判明したとのこと。
 警察庁によると、運転中のポケモンGOを巡る事故で”小学生が死亡”したのは全国で初めてだが、愛知県警によると、ポケモンGO操作中の死亡交通事故は県内で2件目。 一宮署によると、川合容疑者は「運転中は”必ず”ポケモンGOをしていた」と話しており、とんでもない運転態度!
 まして、本人は「天命数霊術」を知らないでしょうが、次のとおり、この運転手は、天格12で”事件事故を呼ぶ姓名”だったので、通常運転以上に”注意”が必要だったのです。

「川合 右」天格12・地格11・総格23

この運転手が、遊びの「ポケモンGO」のため、大事な我が子の命を失ったご両親は、どんなに悔しい想いをされていることでしょう。このブログで、「天格2系列」の”事件事故”の実例は、相当数を投稿済ですよ。
 天格2系列の人は、自分の命のみではなく、他人の大事な命まで奪う可能性が大きいのです。事故や事件は、明日にも遭遇するかも・・・? 気が付いたら、何を置いても、早急に改名することですよ。
※(参考)徳島地裁の今日(31日)の判決!
 今年8月、徳島市で「ポケモンGO」をしながら車を運転し、歩行者2人をはね、死傷させた農業「五王 敬治」被告(39)に「禁錮1年2か月」の"実刑判決"を言い渡しました。(被告;天16・地12・総28)
 

★事件 2 ★
『 可愛い盛りの1年生男児、高齢者の無謀運転で、轢死とは!?』
私が居住する住宅街もスクールゾンになっており、毎朝、ランドセルの行列を見ながら、犬の散歩に出かけることがあります。でも、両歩道が付いた安全なスクールゾンですので、安心して見ています。
 ところが、横浜市内の幅員が狭く、一方通行の道路で、小学1年生の死亡事故がありました。TBSニュースによりますと、
『 28日朝、横浜市で軽乗用車に追突した軽トラックが、登校中の小学生の列に突っ込みました。この事故で、小学1年生の男の子「田代 優」くん(6)1人が死亡、11人がケガをしました。現場から報告です。
 横浜市・港南区の事故現場です。道路は道幅がそんなに広くはない、一方通行の道路で周りには店や住宅が建ち並んでいます。』とのことです。
 ご遺族のご両親と祖母さんは、どんなに驚愕され、どんなに落胆されていることとお察しいたし、心からお悔やみ申し上げます。
 正に”一休さん”が言う「わが子の”逆死”ほど、親は辛いものはない!」のとおりの現実ですね。
 弁護士を通して預けられた「優(まさる)」くんの写真を拝見しますと、とても賢くシッカリした可愛い盛りの6歳男児・・・、正に高齢者の運転で取り返しが付かない大事な命を奪ったのです。
 ところが、この事故で11人のケガ・・・、どうして「優」くんだけが”死”に? それは、このブログで沢山の実証例を紹介していますとおり、次のように「優」くんの名付けが、「田代」姓には不適合であり、事件事故を呼ぶ天格22(田5+優17=22)が致命傷となったのです。
「田代 (まさる)」天格22・地格5・総格27
この名づけは、”重心”が画数が多い個人名(17画)にあり、安定しているので、通常では死亡事故にはなりませんが、何しろ、「田代」姓の1字目「田」と「優」とは、最も良くない組み合わせだったのです。
 私説の「天命数霊術」は、古代中国夏王朝の「洛書」と東洋哲学の「風水理念」からの姓名判断説であり、根拠がない”占い”ではなく、文系の人文科学として、日本初の学説からの判断なのです。
 ですから、赤ちゃんの名付けでは、決して「天格2系列」にしないように、細心の注意を払ってください。

※ 「門下生」募集!
 この説を全国に普及させ、社会貢献ができたうえ、趣味と実益ある「天命数霊術」(著作権)の開業免許(「永久使用権」)をご希望の方は、簡単なペーパー(メール)テストで取得できますので、
メール(info@gakuyo951.jp)してください。その際、必ず、件名欄に「都道府県(政令市)名+苗字」を記入願います。

必読!不思議?偽札作りには、天格2系列が多い?
[第2746回](小吉)・・・10月28日(中吉)

『 驚き! 女子高校生と援助交際の謝礼に、「”万札”偽造・行使」をして逮捕された僧侶という職種に、驚きです・・・!
 でも、不思議? この僧侶も”事件事故”を呼ぶ天格22の姓名!
 そして、明治新政府下で初めての”偽カネ作り”・・・冤罪になった人も天格32でしたが、なんと!不思議? 天格22の姓名の人が、”真犯人”だった逸話があります。 天格2系列は、平成の僧侶も”邪悪の道”の誘惑に負ける姓名とは・・・? やはり、”神仏の加護がない”「名づけ」だったのです。』

 昨日のTBSニュース。
『 インターネットで知り合った女子高校生と援助交際をした見返りに、自作の偽1万円札を渡したとして、愛知県警中村署は26日、「通貨偽造・同行使の疑い」で、岐阜県大垣市深池町、僧侶「神戸 寛亮」容疑者(28)を逮捕した。
 逮捕容疑は、大垣市にある勤務先(実家)の寺で1万円札を偽造し、今年3月29日に岐阜市内のホテルで援助交際の対価として、当時17歳の少女に"偽札"を渡したとしている。そして、その少女が薬局で偽札を使おうしたが使えず、不審に思った友人が警察に通報し、事件が発覚したとのこと・・・。』

 この僧侶の姓名は、
「神戸 寛亮(ひろあき)」天格22・地格13・総格35

どうですか、やはり天格22で”事件事故”を呼びましたね。僧侶という資格はあっても、仏教関係の大学でも、姓名や名づけ講座はありません。それどころか、「戒名の講座」さえない大学が多いのには驚きですよ。それでいて、信者のお子さんの”名付け”や”死者の戒名”を授与しているのには、実に驚きです。ですから、神職や住職が名付ける命名・改名は素人同然! でも、皆さんは神仏から与えられたと誤解して依頼してきましたね。
 この僧侶も、もし立派な名づけ(僧籍で改名?)であったなら、このような事件を起こしませんよ。
 皆さん、この名づけ(「寛亮」)で、”違和感”があることに気付きませんか?・・・そうです!「寛」も「亮」も、同じ形の”足”が続いており、東洋哲学の一環;風水の龍脈に”理気”が流れず、留まるのですよ。要するに、この僧籍名には理気パワーがないのです。
 どうですか、僧侶という職種は、庶民から尊敬を集めるような人格者でなくてはなりません。それに相応しい”僧籍名”であり、日ごろ”模範的な行状”であることが要求されますね。
 例えば、子どもでも知っている”一休さん”! その名乗りは「一休 宗純」であり、天9・地16・総25 のベストの配列で、名君の「宗」の字体を使用しています。そのうえ「純」の止め字に安定感があり、全体の重心は「宗純」にあります。ですから、歴史に残る名僧なのです。

 さて、天格2系列ということで、不思議なことがあるのです。
 貨幣制度も統一された明治政府の下で、初めての「偽札作り」の汚名を着せられた事件が、明治12年に「藤田組贋札事件」がありました。この「藤田組」は将来、総合商社になり「藤田財閥!」と言われるまでに成功しましたが、その創業者「藤田 傳三郎(でんさぶろう)」の時に「偽札作り」で逮捕された事件があったのです。
 その時の姓名は、旧漢字でしたので、「藤=19」「傳=13」です。

「藤田 傳三郎」天格32・地格8・補格9・総格49

 どうですか、やはり天格2系列で”事件事故”を呼ぶ運勢で、「偽カネ作り」の疑いで逮捕されたことは、現在でも有名な史実になっています。
 ところが、どうでしょう。おそらく「藤」の”クサ冠”を筆記体で3画に書くことが増えたのか、「藤=18」になり、天格が31画で、堅実な会社として成功して、「財閥!」と言われるようになりました。
 この経緯は、逮捕されてから3年後の明治15年に、神奈川県の医師(兼)画家「熊坂 長庵」の自宅から2円紙幣の偽札(2000枚の行使)815枚と用紙及び印刷器具が押収され、「藤田傳三郎」の冤罪が晴れたのです。
 ところが、この犯人の名は、後世「くまさか ちょうあん」と子どもでも有名なり、母親がウソを付く子どもを叱るとき、「そんなにウソを付くと、”くまさか ちょうあん”のようになりますよ!」と、昭和の初期ごろまで悪名は伝承されたと、私の母親(明治生まれのお寺育ち)が言っていた思い出があります。
 その姓名は、
「熊坂 長庵」天格22・地格18・総格40

どうですか、天格22でしょう! 全て偶数ですから、気の毒にも後世数十年の悪名が伝承されたとは・・・? 姓名の因縁は、不思議でしょう! 今日の僧侶「神戸 寛亮」容疑者と、明治第1号の”偽カネ作り”医師「熊阪 長庵」は、”天格22”で共通点があり、「僧侶」と「医師」どちらも尊敬を集める職種が”偽カネ作り”とは・・・? 不思議ですね。
 どうですか? 「天命数霊術」は、将来、知的文化財にもなりますよ。普及すれば、社会貢献は間違いないのですから・・・。

必読!加害者も「天格22」!の重大殺人事件2件!
[第2745回](大吉)・・・10月27日(小吉)

『 毎日のように”事件事故”が報道されますが、その中でも被害者・加害者の天格12・22がとても多いですよ。この数日間でも、4件(このうち2件ブログ投稿)の報道がありました。赤ちゃんの名付けには、絶対に「天格2系列」にしないように・・・。』

≪事例 1≫・・・被害者・加害者とも天格22
『 福岡市南区のアパートで15日、住人の保育士「肱岡 綾音」さん(28)が刃物で刺された事件で、福岡県警は22日、昏睡状態だった肱岡さんが死亡したと発表しました。逮捕したのは住所不定、職業不詳「冨士田 清治」容疑者(47)の容疑を殺人未遂から殺人に切り替え捜査を続ける。
 冨士田容疑者は15日午後、肱岡さん宅に侵入し、帰宅した肱岡さんを刃物で刺した疑いで21日に逮捕された。2人に個人的な接点はなかったとみられている。
 捜査関係者への取材で、冨士田容疑者が2004年にも窃盗目的で福岡市内のマンションに侵入し、住人の女性を刃物で刺したとして逮捕されていたことがわかりました。』


被害者「肱岡 綾音」天格22・地格17・総格39
加害者「冨士田 清治」天格22・地格11・補格5・総格38


どうですか、被害者・加害者とも「天格22」であり、いかに天格2系列は事件事故を呼ぶ数なのか、実証できますでしょう。また、「清治」などサンズイが続く名づけは、絶対にしてはいけませんよ。

≪事例 2≫・・・加害者が天格22
『 この事件は先月、目黒区に住む会社員「中元志織」さん(24)の遺体を埼玉県戸田市の荒川などに捨てたとして、元交際相手の「佐賀慶太郎」容疑者(50)が逮捕されたものです。中元さんは先月16日夜、都内の勤務先を出たのを最後に行方がわからなくなっていました。
佐賀容疑者は「部屋にあった果物ナイフで中元さんを刺して殺害し、遺体をノコギリで切断した」と供述しているということですが、警視庁へのその後の取材で、佐賀容疑者が中元さんの遺体を10部に切断したあと遺棄、2日間、中元さんの部屋の清掃をしていたことが分かりました。』


被害者「中元 志織」天格11・地格22・総格33・・・降順数
加害者「佐賀慶太郎」天格22・地格16・補格9・総格47


どうですか、被害者は「天命数霊術の秘伝」の一つ;次第に運気が下降する「降順数;3⇒2⇒1」であり、この逆に運気が上昇する「昇順数;7⇒8⇒9」の実例は、何度も紹介しましたね。この思考も、日本で初めての秘伝です。(この降順数の実例;元タレント「島田紳助」が天21・地12・総33 でしたね。)
 そして、加害者の「慶太郎」とは、もし苗字の1字目が、4画・14画であれば、天格9系列になり、とても良い名づけ(例;「井川 慶」プロ野球選手)になります。しかし、「佐賀」の”佐=7”は、天格22となり、絶対に名付けてはいけません。そのうえ、総格には”キレ”やすい「7系列」になっていますね。
 この違いは、「天国と地獄の違い」があり、おそらく計画的殺人で死体損壊遺棄罪となれば、「死刑判決!」は間違いないでしょう!
 赤ちゃんの名付けでは、50年前、ご両親が愛情一杯であっても、まさか成長して「死刑囚になるような名づけだった!?」とは、夢にも思われなかったでしょう。親子とも「不運だった!」のですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・どうですか、上記の事例1と2も、全ては「赤ちゃんの名付け」で人生は、「天国と地獄の違い!」が出てくることが、良く理解できましたでしょう。
 このように実証できるのは、”占い”ではなく、人文科学的な根拠に基づいた「天命数霊術」のみで、他説にはない「画期的なブランド名づけ法」です。もし、他の説で、この事件を実証できるのであれば、紹介してください。

※ 「門下生」募集!
 この説を全国に普及させ、社会貢献ができたうえ、趣味と実益ある「天命数霊術」(著作権)の開業免許(「永久使用権」)をご希望の方は、簡単なペーパー(メール)テストで取得できますので、
メール(info@gakuyo951.jp)してください。その際、必ず、件名欄に「都道府県(政令市)名+苗字」を記入願います。

必読!”賢くて人柄が良い”「校長」の教えに感銘!
[第2744回](中凶)・・・10月26日(小吉)

『 (神戸新聞の記事から、校長の教訓?・・・)
「人生は、運や流れを大切に!」
「目の前の結果に一喜一憂しない!」
「他人と比べない!」
「ぼちぼちやれば、なんとかなる!」

・・・。これは、高校のユニークな校長の教えとのこと。

 兵庫県立三田西陵高校の「丹後 政俊」校長(59)が、学校ホームページに載せているブログ「校長先生 絶こうちょう」からの1節・・・。
 更新400回を迎えたそうです。前任校から通算すると、4年半で千回。お気楽な内容とユーモアで人気が定着し、アクセス数は月に約1万5千件で推移しているそうです。
 それに丹後校長は、ユニークな人柄が人気で、
‘学式や卒業式で「趣味の狂言」をいきなり披露して生徒の門出を祝う。
∪古未噺譴蟾腓い覆ら「一緒に下校」する企画を始める。
0ν僂離メラを持って校内を歩き、授業や部活、休み時間の生徒らを撮影。
だ古未箸離筌螢肇蠅魴斂な文章で紹介。
テ伴の教育論や人生観を織り交ぜたブログ。

 例えば、校内の合唱コンクール前には、
「結果も大切だが、どれだけ自分の力を出したかが大事。タナボタの結果だけで生きている校長が言うので説得力がないが・・・(笑)」
と、ユーモア表現。
 さらに、夏休みの宿題については、「とりあえず期限内でできたところまでで良し」とする。こんな適当な人生観でも(校長は)生きてこられた。『人生はジタバタするもの!』と、達観してしまえば、どうということはない」とのブログ。

「・・・なんすか、この校長!」
と民放番組で放映され、司会のタレント「国分 太一」さんが感嘆。そのためか、ブログ開設前のアクセス数は約1万件/月だったのが、放映後には4万4千件/月を超えたそうです。
 こんなユニークな校長ですから、生徒の人気も熱い!
 2年の女子生徒は「自然体の私たちを載せてくれる。見るのが楽しい」。
3年の男子生徒は「進路に悩んでいたけど、ブログで助言を読んでホッとした」と語っています。

 私の高校時代の校長、終日、校長室に閉じこもり、「校長は”雲の上”・・・」のような存在でしたよ。尊大な校長がフツー・・・であり、今日の話題;「丹後」校長の存在は、「国民栄誉賞」ぐらいの値打ちがあるのでは?
 そのユニークで生徒にも人気がある校長・・・一体、どんな姓名判断になりますでしょうか?

「丹後 政俊」天格13(「政=9」を含む)・地格18(「俊=9」を含む)・総格31

どうですか、ユーモアあるユニークな丹後校長は、いわゆる「3・8」タイプです。この「3・8」タイプは、”協調性あり””朗らか””雄弁””人気”そのもの。・・・でも、表面的にはそうですが、対外的な行為にも”賢い”「政=9」(この字体から、多少の”苦労性”あり)を含み、対内的な思考力にも”賢い”「俊=9」を含んでいますね。
 
 やはり、このような校長は貴重な存在ですよ。その職種から観ても、必ずしも「天格9」系列でなくても、「3・8」タイプの生涯でも、十分に生徒がその精神を受け継ぎ、「21世紀の名校長」として記憶に残ることでしょう。

必読!「命名 憲太郎」(例示)の命名書は、間違い!
[第2743回](小吉)・・・10月25日(大吉)

『 全国のプロも墨書している”命名書”「命名 憲太郎」(例示)は間違いです! なぜなら、例えば苗字もなく、ただ「憲太郎」と墨書しただけですので、「山本 憲太郎」なのか?「田中 憲太郎」なのか? 不明ですね。苗字もなかった江戸時代の庶民とは違うのです。この意識さえないプロの多いこと・・・。
 「天命数霊術」では、”命名書”のみではなく、生まれ変わる”改名書”も、さらに”会社名・店名など”も、人の命名書と同様な意識で墨書すれば、運気は180度の好転が望めるのです。』

 皆さん、「命名書」という用語で、検索して観てください。すべて「命名 〇〇〇」と墨書され、個人名のみですね。これは、単に出生した赤ちゃんを、親戚・知人に披露するという目的で作成されているからです。
 ですから、そこに「運気が良い児に成長して欲しい!」という願いが仮にあっても、それは”気持ち”のみであり、その「命名書」には何のパワーもないですよ。
 なぜなら、同じ「太郎」でも「桃太郎」「金太郎」なのか?あるいは「浦島太郎」なのか?特定しないと、その3人は”生い立ち”はもちろん、健康・知徳・性格などの運気、そして容姿なども異なることは、テレビのCMを観たら判りますでしょう。
 現実でも「麻生太郎」「山本太郎」の国会議員と、そして故人となった「岡本太郎」画伯などが、皆おなじ「太郎」さんです。
 ついでに、この3人の天格が「15・7・12」ですね。すると、誰が一番の金運がある人なのか? 苗字があるので判断できるのです。
 ですから、生まれた時から「命名 太郎」の命名ではなく、例えば「命名 麻生太郎」で披露する方が、ずっ〜とお得な「命名書」になると思いませんか?
 実は、この命名書の起源は、平安時代の公家社会から、生後7日目に親戚・知人に披露した風習ですが、それが江戸時代の裕福な農工商の庶民家庭まで普及した仕来りがあったのです。
 尤も、公家・武家社会では、名づけは「幼名(通称名)」であり、やがて14〜15歳の元服すれば、「名乗り(正式名)」が重要になるので、出生時の「命名書」は重要視されなかったそうです。

 現在でも、姓名判断師や神職・僧侶など、そして業者が「命名書」を作成していますが、それはあくまで親戚・知人への「披露が目的」であって、「開運が目的」ではありません。
 ところが、「天命数霊術」が作成する「命名・改名書」は、「開運が第一目的!のブランド色紙」なのです。
 ですから、「色紙」には裏面に「風水祈願の霊符」(神仙道霊符)を”朱書き”するとともに、色紙表の中心に「昇運命名;苗字+個人名」を墨書して、右側には、風水開運の「和氣吉祥 魚龍変化」(8文字)と左側には「妙法見 実相観 神通力」(9文字)を”金文字”で記入しています。(サンプルは、公式ホームページに現物写真あり)
 しかも色紙”額縁”は、飛騨高山(岐阜県)の「春慶塗」(エンジ色)を、私が特別発注した額縁です。ですから、ITサイトにある”命名書”の「披露目的」と、初代宗家が「開運目的」で作成する高級品との違いがある色紙額ですよ。
 しかも、この「掲示用」に加えて、本箱やサイドボードに置く”卓上用「開運色紙額」の2種を組み合わせて、宅配便でお届けしています。

 このように、従来のように「命名・改名」は、単に親戚・知人に披露する目的では、”開運的”には、なんの効果もありません。
 それに明治以降は、赤ちゃんの時から、だれでも”苗字”があり、”苗字+個人名”の「色紙額」で初めて、パワーが放出し、開運の人生が始まるのですよ。
 ですから、この色紙額を観ながら、気を入れて、毎日21回・21日間、命名改名をフルネームで、2センチ角の縦書きを続けてください。
 そうすれば、風水祈願パワーを採り入れた「色紙額」から、不思議にも願いが叶う効果を見せられます。
 このパワーは、決して根拠がない”占い”ではなく、古代中国夏王朝の「洛書(後天八卦図)」と「風水理念(理氣と巒頭)」から、日本初の著作権ある「天命数霊術」のパワーですので、特に最近では法学部教授・国際弁護士・裁判所書記官、医大教授・開業医・外交官・神職・実業家などの知識層の本人・ご家族の名付けや改名、そして会社名や事業所名などの依頼もあります。
 ともかく、科学的見地からも解明できにくい「不思議な風水パワー」も、世の中にはあるのです。その実証を、現在まで8年間・約2700回を超えるブログで証明してきましたね。

(ご質問)
  この「天命数霊術」は巷にある”霊感商法”ではありません。シッカリと「公式ホームページ」「公式ブログ」そして「動画」と著書などを読まれてから、疑義や質問がありましたら、「info@gakuyo951.jp」にメールをお待ちしています。

必読! 旧自衛官の自殺行為、生涯の運気に影響!
[第2742回](大凶)・・・10月23日(小凶)

『 「赤ちゃんの名付け」は、仮に70歳代になっても、改名しない限り、生涯に影響があります。今日、栃木・宇都宮市で一般の人を巻き込んだ旧自衛官(72)の自殺事件がありました。
 本当にお気の毒なケースです。・・・現役時代は真面目に勤務して、2佐(旧軍の中佐に相当)で退官した退職金を、奥さんが病気になった娘さんのために消費し、自宅も離婚の慰謝料として、二人に取り上げられるという「家裁の判決」などを不満として、「将来を悲観」して自己嫌悪になり、自殺行為に出た事件が大きく報道されました。・・・このような悲しい人生の終着点になったのも、なんと驚き・・・72年前の出生時、"生涯苦労性"の「敏勝」と名付けられたからですよ。』

 23日のTBSニュース。
『 23日午前11時半ごろ、宇都宮市中心部の公園や付近の駐車場で爆発が相次ぎ、1人が死亡、3人がけがをしました。
 警察によりますと、公園の爆発で死亡した人が右足に履いていた靴下の中から遺書のような紙が見つかったということです。
 紙はAサイズ1枚で、パソコンで書いて印刷されたとみられ、72歳の元自衛官の名前で、「個人的な不満や悩み」が綴られていました。さらに「命を絶って償います」といった自殺をほのめかすのような内容も書いてあったということです。
 また、公園や駐車場であった爆発のおよそ15分前にはこの自衛官の自宅で爆発を伴って全焼する火災が起きています。
「奥さんと娘さん4〜5年前に出て行った。それからは1人で。仕事も辞めたと言っていた」(近所の人)
 警察は、爆発の原因などを調べると共に民家の爆発火災と公園や駐車場との爆発に関連があるものとみて調べています。』(23日17:57)

 公開された事実関係は、概ね以上のとおりですが、自殺原因などは、不明確な点もありますが、冒頭に記載した「将来を悲観して、自己嫌悪に」陥ったことと推定されます。
  
 ところで、このブログの趣旨は、「なぜ?事件事故を呼ぶような”凶運”になったのか?」ということが目的であり、自殺原因や自己嫌悪になった具体的な理由などは、家庭内のプライバシーのこともあり、深く知る必要がないのです。
 そこで、この旧自衛官の姓名は、

「栗原 敏勝天格20(「敏=10」を含む)・地格22(「勝=12」を含む)・総格42
  どうですか、すべて”偶数”で構成されており、「9・5・1」が全くなく、「0・2」系列のみです。それに「敏」の語意は、仕事熱心で迅速に処理する真面目なタイプですよ。そのうえ「勝」の字体は、非常に”苦労性”で子孫が絶える運命([戦国武将];豊臣秀勝・武田勝頼・柴田勝家・尼子勝久など)にあることが、歴史上の人物からでも、実証できます。要するに、この「敏勝」という名づけを改名しない限り、生涯の”苦労性”であって、子孫が絶える字体なのです。

 このように、「勝」の字体を使用していれば、ご夫婦が離婚して、本人は自殺・・・!というような悲劇が起きた結果、子孫も絶える運命になります。
ですから、赤ちゃんの名付けには、「絶対に、”勝”の字体」を使用しないでください。「”勝”のような”力”が要る字体は、人生に負ける!」という暗示があるのですよ。

必読!「被災」も”運”、「家屋被害」も”運”、「住環境」も”運”!
[第2741回](大吉)・・・10月21日(大吉)

『 日本列島は、北海道から沖縄まで、実に素晴らしい風光明媚です。でも、その中でも、どんな環境の家に居住し、どんな家族なのか? そしてどこで働いているか? どんな仕事をしていたのか?・・・などなど、すべての条件は、1億2千万人全て、一人ずつ異なりますね。
 ですから、同じようだと思える生活環境や条件でも、親子・兄弟姉妹が異なる家庭もあり、その違いは、全て”運”です。
 昨日の”震度6弱の鳥取中部地震”! 日ごろ地震・風水害など災害が少ない岡山南部地方・・・でも、震度4弱で驚きましたが、その中でも私が住まいする住宅街は、地盤が硬い丘陵地帯・・・ほとんど被害などありませんでした。
 近年から今年度までの大地震や風水害でも、幸いにも被災しなかった地方に居住していた幸運に、感謝せざるを得ません。』

 かって、発明王;エジソンが「天才は1%のひらめきと99%の努力」と言っていますが、この名言は本来、「1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄である」という意味だという解釈もあります。
 しかし、私は「ひらめく才能」も”知徳運”に恵まれ、そして「努力できる」のも”健康運”が必要なのです。 ですから「人生は、”運”が99%、”努力”が1%!」であると、77歳まで生きて、正に実感しています。
 
 今や初秋の居住している住環境・・・、抜けるような青空に、一面、黄金になびく稲穂の中を、地元の温泉に遠回りして行く毎日のドライブコース。
 その道すがらの田園と周辺の丘陵が調和した光景・・・その田園の中に他地方では珍しい「古代吉備地方の”円墳”」が、緑の樹林を添えながら5〜6ヵ所点在している光景に、今や、人生のうちで一番の至福を想いながら、温泉へのコースをドライブしています。
 同じ兄弟姉妹でも、私の実姉はスカイツリーが間近に見える”大東京”に居住しており、実弟は70年前の終戦の年、満1歳で亡くなっています。皆それぞれ、”運”の導きで、違った生涯を送って来ました。

 私自身の人生を振り返っても、風光明媚な関門海峡が身近に感じられる下関市で育ち、転勤が多い国家公務員;大阪・京都・神戸の大都市のビル街にある合同庁舎が勤務先・・・でも奈良では、奈良公園・東大寺に隣接した環境の合同庁舎に恵まれ、岡山・福井への転勤でもビル街と田園の両環境を経験できた至福の思い出・・・、こうした恵まれた境遇の公務員生活を退官しても、前述のような恵まれた環境で、余生を過ごせる境遇に感謝しながら、ほぼ毎日の温泉への道をドライブしています。

 さて、前置きが長くなりましたが、昨日の鳥取中部地震にも被災せず、かっての阪神・淡路大震災でも、神戸から岡山に”転勤後”の災害でしたので被災せず、実に幸運の人生を歩んできました。
 そして、良妻にも恵まれ、夫婦とも一応健康で、来年は婚姻後50年の「金婚式」を迎えそうです。

 思い起こせば、人生の99%は「実に”運”です!」
 「どんな妻(夫)や子供に恵まれたのか?」「どんな仕事に恵まれたのか?」「風光明媚な日本列島の中で、どんな環境で居住し、働いて来たのか?」などなど、全ては”運”が大きく左右します。
 その”運”を決定付ける70〜80%(必ず、人生には20〜30%の例外はあり)は”姓名の影響”であり、さらに「天命数霊術」による”命名・改名”で好転できることを、実在のニュースからも証明してきましたね。
 その中でも、人生で一番大事な運勢は、”交通事故死・火災焼死・殺傷死”などの事件・事故に遭遇しないことです・・・!
私は、運転免許取得以来、約半世紀・50年・・・対人・対物事故など全く”無事故”です。風邪は数十年引いた記憶がありません。これらの現象も、全て”運”ですよ。
 あなたのご家族は、互いに好影響を与える余力あるベストの姓名に恵まれていますか? もう一度、「運」という観点から再検討してください。
 それが、健康運・知徳運・家庭運・仕事運・・・そして”長寿運”まで影響して来ます。
「被災」も運、「家屋被害」も運、そして「住環境」も運ですよ! しかし、”努力”できるのも「健康”運”」があるからこそ・・・なんです。
 終わりになりましたが、一夜明ければ、被災家屋200戸、避難者3000人とか、大変お気の毒な被災にお見舞い申しあげます。

(再 読)
 『 必読!地球温暖化、「家相」より「地相」に注意! 』
[第464回](2008.10.21)
 ・・・・ちょうど、8年前のブログです。

(お 礼)
  全国の皆さんから、鳥取中部地震の被災状況のお見舞いメールや電話を頂きましたが、今日のブログのように、”運”よく被災は全くありませんでした。ご心配をおかけしました。お見舞い有難うございました。 
   

必読!母娘でも「天格2と7系列」であれば、事件を呼ぶ!
[第2740回](大凶)・・・10月20日(大凶)

『 「母親が娘を”虐待死”!という事件は最近多くなっていましたが、この度は逆であり、「成人した24歳の娘が、52歳の母親の”頭を踏みつけて死亡させる”!」という珍しい事件がありました。
 しかしこの事件は、”衝動的”な暴行傷害事件ではなく、日ごろから「”母親”の飲酒と酒癖が悪い」のに、娘とのいさかえが絶えず、「母娘の”相性”が悪い!」ことが原因の母親に対する娘の暴行傷害事件でした。』

 昨日のTBSニュース。
『 東京・練馬区で母親の頭を、かかとで踏みつけ大けがをさせたとして、長女で24歳の介護士の女が警視庁に逮捕されました。母親はその後死亡し、警視庁は傷害致死の疑いも視野に捜査しています。
 逮捕されたのは、練馬区の介護士「小森 美香」容疑者(24)です。小森容疑者は今月14日ごろ、練馬区の自宅で母親「小森 説子」さん(52)に対し、かかとで頭を踏みつける暴行を加え、頭部皮下出血などの大けがをさせた疑いが持たれています。
 今月17日、小森容疑者が「母親が死んでいるようだ」と110番通報したため、事件が発覚したということです。
 取り調べに対し、小森容疑者は「母親が寝ていたところを、かかとで頭を踏みつけた」「もともと親子喧嘩が絶えなかった。腹が立った」と容疑を認めているということです。』(20日02:19)

 今回の娘の母親傷害致死事件などは、一般の犯罪と同様に思考すれば良いのです。平成8年の刑法改正(尊属殺人・尊属傷害致死罪)で、父母(義父母)以上の尊属(祖父母なども含む)「尊属規定は一切廃止」で、一般の殺人罪などと同様となりました。
 そのため、当日の事件では、尊属の母親を傷害致死させるとは、怪しからん!」という思想は無くなり、現在では、娘の立場も十分に考慮することになります。要するに、娘は「なぜ、母親に暴力を振るい、傷害致死させた理由・原因は何か・・・?」
 そこに、日ごろからの母娘との「性格的・運命的な”相性”の適否?」がある中で、当日の「暴行傷害の原因」は何であったのか?も、問題になります。
 その原因は、「母親が台所の床で、布団を敷かずに寝ていて、腹が立った」ことが主原因ですが、それには「日頃から酒を飲み過ぎて、だらしなく不満だった」という事実が背景にあります。

 そこで、二人の性格と相性を観てみましょう。

母親「小森 説子」天格17・地格15・総格32
(「説=14」を含む)
娘 「小森 美香」天格12・地格21・総格33
(「美=9」・「香=9」を含む)

 このように、二人を比較して観ますと、
母親の「天格17」は「14」を含んでいますので、同じ「17」でも「自己主張がより強く、キレやすい性格を、抑制心や理性がなく行動に出る人」です。
 この母親に対して、娘は「美」や「香」を含んでいますので、賢い女性ですが、天格12で”事故事件”を呼ぶ数と、それを抑制する地格が「21」ですから、反抗心が生じてきます。
 そこで、母親のキレやすい「4・7」タイプと、娘の「天格12」の”事故事件”を呼ぶタイプが衝突すれば、暴行・傷害致死の事件になるほど、運勢的な”相性”が良くないための事件だった・・・という「天命数霊術」の判断になります。

必読!相変わらず「読めない・意味不明?」の名付け!
[第2739回](大吉)・・・10月17日(小吉)

『 最近の名付け・・・”呼び名”から思考する傾向があるので、”当て字”から”読めない・書けない・意味不明?”の漢字で名づけられる傾向にあります。  ”当て字”で名づけられたお子さん、将来、社会に迷惑を掛けたうえ、本人が不自由するばかりではなく、健康・知徳などの運気に恵まれない”苦労性”の生涯を送ることになります。
 最近2日分の地元新聞から、上記の問題点がある名づけを紹介しましょう。』

 地元新聞(山陽新聞;10月12日・10月16日の168人)の赤ちゃん名づけ!
≪意味不明の名付け≫
 「羚生(れお)」という名づけがあります。”羚”は「かもしか」ですから、人間の児でありながら、「”かもしか”に生まれる!」という名づけ・・・、こんな意味不明な名づけもあるのです。
 このような意味不明?な名づけ・・・「橙祇(とうぎ)」「朔杜(さくと)」「航樹(こうき)」「倫芳(りほ)」「龍怜(あれん)」「友哉(ゆうや)」など、漢和辞典で確認してもイミ不明な名づけですよ。
 余程の漢学者でないと、解読できない高尚な名づけでしょうか? 「橙祇」や「朔杜」そして「倫芳」などの意味はサッパリ!?「”航樹”」とは、樹木が航海しているの?「”友哉”」とは、わが子の名付けに、どうして友が出て来るの?
 まあ、この中では「龍怜(あれん)」ぐらいで、「賢い龍のようになって欲しい」という願望でしょうが、後述のように「龍=あ」とは読めませんよ。 
 
≪読めない・書けない名づけ≫

「龍」の通常の読みは、「りゅう・りょう・たつ」の3通りでしょう。どの漢和辞典でも「あ」とは読めませんよ。
それに「咲奈(えな)」との名づけ・・・「咲」を”えみ”と漢和辞典の人名読みにありますが、一般には「さ・さく・さき」の3通りでしょう。
 また、「和優(なゆ)」という名づけもありますが、「和」は通常では「な」とは読めませんね。
 その他、上記に列挙した「イミ不明の名付け」は、耳で聞いても書けません! 電話などで、「とうぎ」とか「りほ」や「あれん」と言っても、相手になかなか通じません。結局、社会に迷惑を掛ける名づけですよ。

≪その他、留意する字体≫
 相変わらず多いのは、「貴=き」使用の名付けが多いですが、この「貴」は逆に”苦労性”になり、余り運気が良い人がいませんので、使用しない方が良いのです。 「貴」使用の実例は、「雅貴(まさき)」「絢貴(あき)」「貴矢(たかや)」「順貴(じゅんき)」がありました。

 それから、先日も投稿しましたが、最近の流行なのか?「雫(しずく)」の名付けが流行の兆し・・・! でも呆れたものですね。可愛いわが子に「雫(しずく)」なんて、名づけ親はどんな神経をしているのでしょうか?
 学齢期になりますと、必ず親を恨むようになります。なぜなら「しずく」とは、音感的にイジメの対象になりやすいからですよ。

(お願い)
 何度もお願いしていますが、個人的な姓名判断を「コメント欄」に依頼されていますが、個人情報が公開されるようなコメント欄には記載しないでください。
それに私の返信は、判断の根拠・理由まで記載し長文になりますので、コメント欄では字数不足になります。そのため記載に1〜2時間要してでも、PCメールであれば、字数制限なく返信できるからです。
 必ず、ブログ左欄上の「★姓名判断・命名・改名の申し込み手続き・プロフイール★」を一読されてから、下記のメールで正式にお申込みください。
「PCメール;info@gakuyo951.jp」
なお、送信メールの「件名」欄には、必ず「都道府県(政令市)名+苗字のみ」を記載してください。他の売り込みや迷惑メールと混同して、消去しないためです。
 

必読!特に1字名;”重心”は、個人名になければ”弱運”になる!
[第2738回](中吉)・・・10月15日(大吉)

『 最近、男児名・女児名とも、「1字名」の名付けも多くなりつつあります。この1字名で注意すべきは、”重心”を下げて、安定した人生を送るべきです。それが画数が多い苗字によっては、重心が苗字にあり、画数が少ない個人名に重心がない場合、何歳になっても、やはり”事件事故”に遭遇すことが多くなります。1字名で名付けるときは、「この姓名の”重心”はどこにあるのか?」を思考しながら検討することが大事です。』

 「(故)星 一(はじめ)」氏・・・。この姓名こそ、重心が個人名になく、苗字にあること、明確ですね。でも、この方は、「星薬科大学」(明治44年創立)の創立者です。しかし、通常起こり得ない”事件事故”に遭遇したり、波乱万丈の人生を経験して来た方です。
 子どもの頃、いたずらで放たれた矢が、右目に突き刺さり"失明"。それ以後は生涯"義眼"を入れて、不自由な生活をされたと思います。しかし、成人して「星 株式会社」(薬科教育を含む)を創業し、9画の社名で成功したのでしょうが、やがて代表者「星 一」であったためか、破産したり、工場が火災になったり、そして戦後、校舎が占領軍に接収されたり、通常起こり得ない事件事故を経験された人生だったのは、やはり個人名に重心がない不安定な姓名だったのでは・・・? と思っています。

  この”重心”の話題は、2年前の「韓国大型旅客船」が、4階の客室を増築したため、”重心”が上部に移動・・・それが原因とも考えられる沈没で、多くの修学旅行中の高校生が多数亡くなった事故がありましたね。

 このような2つの前提を心しながら、通常起こり得ない事件のニュースを13日のTBSニュースから観ましょう。
『 三井住友銀行の元副支店長が、銀行から2億円近くをだまし取ったとして逮捕された事件で、元副支店長が交際相手の女性に都内の高級マンションを買い与えるなど、約1億円を使っていたことが分かりました。
 この事件は、三井住友銀行大森支店の元副支店長「南橋 浩」容疑者(54)が不正操作し、銀行から約1億千万円をだまし取ったとして逮捕されたものです。
 南橋容疑者は、架空会社の2つの口座の間で、円とドルを交換する度に桁数を増やし、差額を得る手口で、9年前から11億円をだまし取っていたとみられています。南橋容疑者は容疑を認めているということで、警視庁が全容の解明を進めています。・・・(後略)』(13日10:37)

 さて、この容疑者の姓名は、天格19・地格16・総格35 であり、画数配列としてはベストであるからこそ、一流銀行の副支店長にもなりましたが、やはり、この姓名は重心が個人名になく、不安定な姓名ですので、通常起こり得ない事件になる運命だったのです。
 この姓名の苗字「南橋=25」に対して、名づけ「浩=10」では、重心が個人名にない!
 このような姓名は、栄華を極めても、やがて衰退する宿命にあります。
 特に1字名の姓名は、全体的に”重心”を感じる”安定感”がある字体で、赤ちゃんの名付けをすべきです。

 いいですか、1字名でも成功者は、その1字に重心がある人です。
 過去の総理大臣では、戦前の「犬養 毅」や戦後の「吉田 茂」を思い出し、最近の「明石 康」氏(前、国連事務次長)などが、すぐに浮かび、その他
「松平 健(芸名)」「渡辺 謙」「渡辺 徹」「池上 彰」「橋下 徹」の各氏が1字名ですが、「竹中 平蔵」(元総務大臣・慶大教授)や「井川 慶」(プロ野球選手)などは、重心が個人名にハッキリと判断できます。

 ところが、歌手の成功者「(故)坂本 九」は、飛行機墜落死であり、あの有名なラクビー選手「五郎丸 歩」は、明らかに重心が苗字にあり、”事故”になりましたね。このような3文字名は、止め字を画数が多い字体にした「2文字名」にすれば、今後、事故を防ぐことができます。
 いえいえ、もっと怖いのは、次のように「天格12・22」であり、「1字名」には”死刑囚”に多いですよ。

「宅間 守」天格12・地格12・総格24
「宮 勤」天格22・地格12・総格34
「造田 博」天格22・地格5・総格27
「松永 太」天格12・地格5・総格17
「坂口 弘」天格12・地格5・総格17
「北村 孝」天格12・地格7・総格19

 さて、最近では、地元新聞の2回掲載分(168人)からみますと、次のように「1字名」も多くなっていますが、皆さん、お子さんの名付けには、特に重心を思考・検討してくださいよ。将来”事件・事故”に遭遇する可能性が大きいのです。
≪10月12日分≫
「遼(りょう)」「芹(せり)」「駿(しゅん)」「詩(うた)」「蓮(れん)」「陸(りく)」「凜(りん)」
≪10月16日分≫
「翔(しょう)」「颯(いぶき)」「奏(かなで)」「雫(しずく)」「楓(かえで)」「哲(さとる)」

 どうですか、これらの「1字名」で注意することは、
今日の話題”重心”に注意を払い、男児女児の区別ができにくい「蓮」「奏」などに留意することです。
 それに、最近「雫(しずく)」など、子どもが成長して学齢期になると、10中8〜9・・・名付けた親を恨みますよ。きっと学校ではイジメに遭う可能性が大です。
 常識で考えても、可愛いわが子に「雫(しずく)」(雨が”下”に落ちる!)なんて、縁起でもない名づけとは、無神経な親には呆れたものです。
 そのうえ、この字体は、止め字としては、下に尖った不安定な字体・・・、これで画数配列が良くない名づけであれば、学校でイジメを受けたうえ、神経質な病か交通事故などに遭遇する可能性が大です。
 皆さん、子どもの名付けは、将来、「子どもの健康・知徳・性格」など、家庭内に重大な影響はもちろん、それによりイジメ・病気・交通事故・殺傷事件などは、社会的にも大きな損失ですよ。
 1億2千万人の日本人・・・、病気・事故事件を半減させれば、国費を福祉・教育分野に、もっと充実させることができます。姓名にこれだけ影響があるとは・・・、政治も司法・行政も気付いていないようです。

(追 記)・・・19日のニュース
『 指定薬物を含む危険ドラッグ「ラッシュ」を密輸入したとして、金沢市の北國新聞社取締役「嵯峨 元」容疑者(60)が逮捕されました。 横浜税関が輸入品を発見したことから事件が発覚したもので、「密輸入したことは間違いない」と容疑を認めています。』(19日23:29)
 どうですか? 「嵯峨」=23に対して、「元(はじめ)」=4 の名付け。明らかに”重心”が苗字にあるので、”人生の運気は尻すぼみ”か!?
 

必読!天格の不思議?加害「4」と被害「2」の典型的な事件!
[第2737回](小吉)・・・10月13日(小吉)

『 現代人の姓名は、赤ちゃんの時、名付けられたまま中高年になっても、先ず改名している人は、極く僅かですね。すると、今日の殺人事件の容疑者は、43歳でも「天格4・7」タイプであり、73歳になっても”事件事故”に遭遇した被害者は「天格0・2」タイプ・・・。』

 江戸時代以前は、当時の武家のように、幼名(通称名)があり、14〜15歳になると元服して「名乗り」になり、しかも養子が多くて、姓名が変更になることが一般でしたから、大人の姓名を判断して、「赤ちゃんの名付け当時の吉凶?」は言えません。
 ところが、現在では、赤ちゃん当時の名付けが、70〜80歳でも100歳以上になっても、通常に使用されていますので、現在の姓名で吉凶判断ができるのです。
 さて、昨12日のTBSニュースによりますと、
『 ・・・(略)死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職「久保田康生」容疑者(43)です。先月6日頃、京都市右京区のマンションの一室で、この部屋に住む「中西 征二」さん(73)の遺体を浴室に遺棄した疑いが持たれています。
 11日午前、マンションの管理会社から、「中西さんと連絡がとれない」と通報があり、警察が調べたところ、浴槽で腐敗した中西さんの遺体が見つかり、警察は、中西さんの身の回りの世話をしていた久保田容疑者に話を聴いていました。
 調べに対し、久保田容疑者は、遺体を浴室に放置したことに間違いないと容疑を認め、殺害をほのめかす供述もしているということで、警察は殺人容疑も視野に捜査しています。』(12日11:39)


 この事件の加害者と被害者の姓名を比較しますと、
 次のように、加害者は「天格4・7」タイプであり、被害者は「天格0・2」タイプという事件事故が発生した典型的なパターンです。

≪加害者≫
「久保田 康生」天格14・地格14・補格5・総格33 
  この姓名は、「康」という語意の良い字体を使用していても、天格・地格とも「14」という偶数で弱運の数になっていますので、43歳の働き盛りでも”無職・住所不定”とは、本当にお気の毒です。仮に、強運の姓名で名付けられていたら、人生は天と地の違いがあるのです。でも「14=7×2」であり、”神経質”であり、”意のままにならないと、キレやすい性格”の「4・7」タイプであることが、”苦労性”の始まりだったのです。

≪被害者≫
「中西 征二」天格12・地格8・総格20
この姓名も、全て”偶数”ばかりで、高齢の73歳まで”苦労性”でしたね。しかも、なんと言っても、「天格12」とは・・・!? ”事件事故”に遭遇して、お気の毒な最後も、この報われない姓名だったとは、赤ちゃんの名付けの際には、ご両親とも運気に恵まれなかったようです。
 本当に、「名づけは、人生の最後まで影響がある」のですよ。

  今日のブログは、加害者・被害者の典型的なケースとして紹介しましたが、皆さんのお子さんの名付け・・・それは、お子さんの生涯に影響するものですから、単なる愛情だけではなく、”強運”に導く「天命数霊術」に従い、慎重に名付けてください。その運気は、70〜80歳になっても、100歳以上になっても、影響があること、忘れずにいてください。 
  もし、間違って名付けたお子さんが、43歳になっても、「住所不定・無職」の境遇になったとしたら、その責任はご両親にあるのですよ。

(追 記)
 今年も、「村上 春樹」氏、ノーベル文学賞受賞はダメでしたね。私は、数年前から彼の作品は、自分勝手な”造語”で著作し「知に依りて、識に依らず」では自己過信で高慢な文体があり、大衆的ではないので、ノーベル賞は無理だ!と思っていました。彼より素晴らしい作家は沢山いますよ。
  詳しくは、次のブログを再読して、あなたも評価して観てください。

『 必読!「知に依りて、識に依らず?」の村上春樹小説!』
([第1845回](2013.04.22)
『 必読!「知に依りて、識に依らず」の知識人が多い。』
([第1302回]2011.06.16 )


(お知らせ)
 今日のブログ、最近では最も多い「4942件/日」でした。なお、個人的な姓名判断をメールで頂いていますが、先ず、左欄上の「★姓名判断・命名・改名の申し込み手続き・プロフイール★」を読まれてから、正式にメールでお申込みください。姓名判断の返信だけでも、詳しく返信しますので、約2時間を要するのです。皆さんと公平な扱いをしますので、必ず遵守願います。(info@gakuyo951.jp)

必読!不思議な「9」は、どんな倍数でも「9」に戻る大吉数!
[第2736回](小吉)・・・10月12日(大凶)

『  「9」系列が大吉数であることの「根拠と実証」は十分にブログで説明して来ましたね。ところが、「9」が不変の”大吉数”としての根拠は、古代中国のみではなく、古代ギリシャやエジプトで占いに使用されていた「カバラ数秘術」を応用すれば、実証できることを、私が発見(現在まで、秘伝!)しています。
 「9」の数のみが、人の「輪廻転生」のように、どんな倍数でも基本数「9」に戻るのですよ。要は、”生存”に必要な数のベストは、「9」(古代中国の「後天八卦図」)でしたね。ところが、現世だけではなく、来世も人間界に輪廻転生(りんねてんせい)を望むなら、ぜひ、「9」が”最大吉数”であること忘れずにいてください。』

 いいですか、「9×(1・2・3・・・∞)」=XY⇒X+Y⇒9の倍数
 たとえば、「基本数9×倍数2=18=1+8(カバラ数秘術)⇒転生数9」となり「9という数のみが、どんな倍数で乗数にしても、カバラ数秘術の手法で1桁まで帰納するなら、必ず”9”に帰着!」します。
 それほど、「9」という不思議なパワーを持っていますことを、「カバラ数秘術」からも、次のように実証できたのです。これは約15年前に発見しましたが、秘伝として門下生にも公表しませんでした。でも、私も77歳になり、いつお迎えが来るかも・・・? 後世に残こすため公表しました。
 皆さんも「なぜ?そうなるのか?どうしたら?」を思考して、従来の根拠と実証がない説(「9」は大凶!)に騙されないように・・・。

≪実 証≫(「9」のどんな倍数でも、「9」に戻る!)
「9×1=9」「9×2=18=1+8=9」「9×3=27=2+7=9」
「9×4=36=3+6=9」「9×5=45=4+5=9」
「9×6=54=5+4=9」「9×7=63=6+3=9」
「9×8=72=7+2=9」「9×9=81=8+1=9」
「9×10=90=9+0=9」
・・・・・・・「9×123=1107=1+1+0+7=9」

 どうですか、不思議でしょう! でも基本数が「1〜8」である場合は、その基本数に帰納することはありません。基本数が「9」のみ、どんな倍数でも「9」に帰納します。
 この現象は、「9」が数霊界では、トップのパワーを持っていることを実証しています。
 例えば、基本数5にしても、その倍数により帰納数はバラバラですよ。
「5×1=5」「5×2=10=1+0=1」
「5×3=15=1+5=6」・・・・・
 
以上の実証からみても、やはりナンバー2の「5」でも、「9」の大吉数にはお手上げですね。この「9」の実証もおそらく日本初でしょうね。
 「9」を基本の姓名であれば、長寿のうえ天界に召されても、また希望すれば再び人間界に「輪廻転生」できるのが「9」のパワーだと思います。

私説で名付けた赤ちゃん・・・、「9」のパワーで名付けていますから、乳幼児の頃から「長泣き、夜泣きせず、夜はグッスリ! とても育てやすいです。」とのメールや2〜3歳ぐらいの幼児になれば「 絵本が好きで、大人が驚くぐらいの質問し、記憶力も驚きです」とのメールや毎年の年賀状の添え書きを沢山頂いています。不思議な「9」のパワーです。
(今日のコメント欄も、ご覧ください)

必読!驚きの名付け本!女児名に「胡(こ)」の字を推薦!
[第2733回](中吉)・・・10月11日(大吉)

『 「女児の名付け本」に、”あご髭が濃い野蛮な北方民族”という語意もある「胡」の字体を推薦しているのには、呆れましたよ。』

 「華政」という韓ドラ!とても面白く毎朝が楽しみ・・・!
 この時代は、日本では室町末期〜江戸初期、中国では明が滅びて、後金(朝鮮の北方民族)が清帝国を樹立。
 その清国の元祖が「胡(こ)」といい、”長い髭を蓄え、ほほ肉が垂れた民族”のことを言います。決して「胡」の字体から、若い美貌の女性をイメージできないどころか、中国大陸の北方又は西方の野蛮な民族を言う「蔑んだ字体」です。ところが、驚くことに「湖」や「瑚」と同様と考えたのか、プロの姓名判断師が監修の一流出版社が、漢和辞典で確認もせず、「女児の名付け本」に推薦する候補の字体で、なんと「亜胡(あこ)」「茉胡(まこ)」など推薦しているではないですか!! 音感は良いにしても、例えば「亜胡」の語意は一体、どうなりますか? 「 醜いほどに肉が垂れ、あご髭に覆われた顔の北方民族」という名づけになります。
  いいですか、「湖」や「瑚」の”月”は、天体の月ですが、「胡」の”月”は”肉づき”の”肉”が語源なのです。
 とても、とても「亜胡」という女児の名付けで、美人など想像もできないほどの醜態の候補名になります。
 実に呆れたものです。これでも一流社が発行した「赤ちゃんの名付け本」ですよ。
 では、「胡」の字体を使用した女児候補名は、
[A書B社]監修X氏
「莉胡(りこ)」「仁胡(にこ)」
[C書D社]監修Y氏
「亜胡(あこ)」「華胡(かこ)」「胡々音(ここね)」
[E書F社]監修Z氏
「胡春(こはる)」「彩胡(あやこ)」「莉々胡(りりこ)」
[G書H社]著者T氏
「美胡(みこ)」「茉胡(まこ)」「亜依胡(あいこ)」
・・・など、「赤ちゃんの名付け本」には、「胡」の”髭面(ひげづら)の野蛮人”という語意の字体を、女児名の候補として、ほとんどの「名付け本」には推薦できる候補名として、記載されています。

 どうですか、本を出版するのに、監修者や著者は、「胡」の語源・語意も漢和辞典で確認もせず、推薦できる候補名としているのです。
 これらの名付け本を、日本中の夫婦も「まさか、一流社からの出版であり、テレビにも出演するような有名な姓名判断師だから間違いあるまい!」と、本を信じて漢和辞典で確認せず、名付けているのですよ。

 では、「漢和辞典」(新・漢語林;624ページ)の語意を紹介しましょう。
[”胡”の意味]
,┐咾后K綿または西方の異民族
△覆鵑勝ΑΑΔ箸いΦ震篁
けだもののあごのたれ下がった肉
い呂襪、遠い、長い
イ任燭蕕瓠とりとめがない。

との例示があり、「胡言(こげん)」とは、”でたらめ”のことば。「胡散(こさん)」とは、”あやしい・疑わしい”などの慣用語があります。

 このような「胡」の字体を、女児の名付けに推薦している本があるとは、呆れたものです。どうしても「○○こ」と名付けたいなら、「瑚」や「湖」を推奨すれば女児名として、優雅な名づけになりますよ。 

必読!女子高生「池田樹里」さん天格22で事故死!
[第2732回](小凶)・・・10月10日(大凶)

『 深夜の3時半・・・少年少女4人が軽乗用車に乗って、しかも18歳と言えば、免許取り立ての少年が酒気帯びで運転するとは、一体、どんな用事があったのでしょうか? もし、そのうえスピード超過であれば、事故を起こす条件がそろっていますね。そのために友人の女子高生1人の命が犠牲に・・・。連休でドライブしたい気持ちは理解できますが、彼女の面影は、大人になっても忘れられない後悔の思い出となるでしょう。
 でも、一面、同乗者の中に”事件事故”を呼ぶ天格22の女子高校生がいたことも、事故を起こす条件に加えて「4人全員が不運!」っだったことも、この事件から伺われるのです。
 ですから、日本人の一人ひとりが「天格12・22ではない姓名」を持てば、全国の交通事故件数を半減させることも可能だと思いますよ。』

 昨日のTBSニュース。
『 9日午前3時半ごろ、神奈川・秦野市の交差点で乗用車と軽乗用車が衝突する事故がありました。
 この事故で、軽乗用車に乗っていた少年少女4人のうち高校3年「池田 樹里」さん(17)が頭を強く打つなどして死亡しました。また、少年3人が顔などにけがをしました。
警察によりますと、軽乗用車を運転していた18歳の少年の呼気から「微量のアルコールが検知」されたということで、警察が事故の状況を詳しく調べています。』(09日14:03)

 本当に”17歳”という短い生涯を閉じるとは可哀想で、”逆死”の境遇に直面されたご両親の悲しみは如何ばかりか・・・、謹んでお悔やみ申し上げます。
 でも、「4人のうち、なぜわが子だけが・・・」と思いでしょうが、それはこのブログで”耳タコ”ぐらいに実証して来ました。
 次のように、天格22(「池=6」+「樹=16」=22)となる姓名だったのが、第一原因です。

「池田 樹里」天格22・地格12・総格34

全て偶数であり、天格22の画数配列では、事件事故に遭遇する可能性は、実に高いのです。したがって、赤ちゃんの名付けの時、愛情一杯に「樹里」ちゃんと名付けられたでしょうが、「池田」姓には全く不適合だったのです。
 今から17年前と言えば、私が60歳ですから、すでに国家公務員を勇退して、日本初「天命数霊術」の著書3冊を出版していた当時ですから、私説にご縁があれば、絶対に「天格22になる名づけ」はされていなかったはずです。
 このご縁がなかったのは、非常に残念です。

 皆さん、今からでも遅くありませんよ。ご家族の中に「天格12・22」の方がおられましたら、明日の運命も未知なのが交通事故です! 今日まで元気でも、明日の運命が未知数・・・ですから、至急に改名された方が良いですよ。

(追 記) 
 天格12・22の次に、「天格10・20」も改名したことに越したことがありません。その事件が7日に発生しています。

 TBSニュースから、
『 東京・練馬区の住宅で、「大家の男性が包丁で刺され死亡した事件」で、逮捕された女が「仕事もなく、生きていくことがもう嫌になった」と供述していることが新たに分かりました。
 この事件は7日、無職「加藤 未香」容疑者(24)が練馬区の住宅で、大家の「本間 昭蔵」(69)さんの腹を包丁で刺し殺害しようとしたとして逮捕されたものです。本間さんはその後、死亡しました。
 加藤容疑者は、本間さんが所有する住宅の部屋を間借りし、今年6月ごろから家賃を滞納していたことがわかっています。
  警視庁は、金に困った加藤容疑者が自暴自棄になって犯行に及んだとみて調べを進めています。』(09日10:48)

 このケースも、赤ちゃんの時の名付けで、「加藤」姓に「未香」と名付けたことが不運だったのです。
 次のように、天格10のうえ、地格・総格とも”神経質でキレやすい”「7のダブり!」が、全くの不運でした。

「加藤 未香」天格10・地格27・総格37

この女性は、「未=5」「香=9」を含んでいますので、賢い女性でしたが、やはり、「7のダブり」の神経質とキレやすい性格に負けてしまい、犯行に及んだ不運な運命にお気の毒でした。
  やはり、赤ちゃんの名付けの時点で、将来の運勢が決定されるとは・・・、信じられないでしょう。でも、それが事実なのです!

必読!”顕在”か?”潜在”か?目に見えない命名・改名の効果!
[第2731回](大吉)・・・10月9日(大吉)

『 命名・改名の効果? あなたは「効果の有無」をどのように把握できますか? 「すぐ、効果がありました!」という分野と、「一体?効果があったのか、どうか・・・不明?」という分野があることを、認識していてください。
 例えば、社寺で”厄年”の祈祷を受けて、「果たして、効果があったのか?どうか?」を識別できない分野もあることは、命名・改名の効果も同様です。』

 「 (学校に)行って来ます!」と、今朝、元気に送り出した小学生。そして、夕方に「ただいま〜」と元気に玄関ドアを開けた時、「ああ、元気に帰って来たのは、交通事故もなく帰宅できたのは、”運”が良かったのだ・・・! これも改名したお蔭だ!」と、一体、誰が思い感謝しますか? 保護者も本人も「元気が当たり前・・・! 交通事故など私の家には関係ない!」と思い、誰も感謝しませんね。
 
 ところが、改名を学校でも日常使用始めてから、2〜3ヵ月、テストのたびに点数が上がり、授業中の発表も良くするようになり、帰宅するとすぐ宿題をしてから、遊びに出るような習慣になって来た時、「ヤッパリ、改名の効果があった!」と思うでしょう。

 どうですか、前段では改名の効果の有無が、把握しにくいですね。ところが後段では、「やはり、改名して良かった!」と思いますでしょう。
 ところが、大事なお子さんの成育にとって、どちらが大切でしょうか?
 極端に言えば、「成績が上がるのは、もちろん嬉しいことです。しかし、これも健康で交通事故にも遭遇せず、元気に登校できていることが大前提なのです。交通事故で重傷や重病で入院していたら、成績どころではないでしょう。」

 この事象は、人生のうち、どの年齢になっても、道理は同じと思考してください。姓名判断の占いサイトで「恋愛・結婚・離婚・・・」などが多いですが、人生でもっと大事なことは、「”健康運・知徳運”、そして”事故事件”に遭遇せず、”病気”にもならない強運こそが、もっと重要なポイント。
 「風邪一つ引いても、楽しいデートができますか?」
 「交通事故で、脊髄損傷にでもなれば、車イスの生活が生涯続くこともあります。そんな状態では、結婚や子育てが難しく、相手方のご両親が反対され、破談になることもあります。」

 ・・・このように思考すれば、人生において「命名・改名の効果が不明確な”事件事故”に遭遇せず、”重病・難病”にもならない健康体であること」が、「姓名判断・命名・改名」分野で、一番大事なことです。
 
 今日のブログ・・・なぜ? この話題を・・・?
 実は、このブログの読者から、メールで質問があったのです。
「・・・(略)改名しますと、その効果は1か月先ですか? それとも3か月先ですか?・・・(略)」というお尋ね。

 いいですか、前述のように、運気というものは、「目に見える”顕在的運気”」と「目に見えない”潜在的運気”」があるのです。
 前者は、命名・改名の効果は、日常使用し始めた”即日・即時”から効果があり、本来なら”交通事故で即死”のところ、かすり傷の軽傷で済んだかも・・・? このような潜在的運気は「神のみ、知り給う!」であり、姓名判断師や占い師が判断できる分野ではないのです。

 ただ、この中間的な運気の場合、
「 長年、”引きこもり”の青年が、改名で”行動的な性格に変化”があり、就職して勤務するようになった。」とか、
「なかなか、縁談がなかったのに、改名で”生活環境”に変化があり、良縁に恵まれた。」
など、改名効果の始点が、「性格・生活環境の変化? いつが始点なのか?」が不明な場合があります。
  このようなケースでは、「命名・改名の効果」が「1か月先なのか? 3か月先なのか・・・?」のご質問は、答えられない不明確な事象も、世の中には存在すること・・・、ご理解いただきたいです。

ただ、不思議なことは、婚姻後6〜7年、不妊治療をしても、子どもさんに恵まれなかったご夫婦、「名づけ」(希望の男女別命名)をして「風水神仙道霊符/命名額」を作成し、呼び込むと、なんと不思議にもお子さんに恵まれた事例が、公務員退職20年来の現在まで、24人のケースがあります。その代表的な実例をこのブログ「夢のような少女誕生!」とか、最近の代表的なケース「驚きの賢さ!2歳半の女児!」として、ブログで皆さんには公表していますね。
 これも、「天格19」の”大吉数”による命名効果であって、日本初の「天命数霊術」の実績なのです。

(お知らせ) 
 「天命数霊術の”動画”」(門下生が作成)が、良く纏まり、かなり出来上がりつつあります。修得又は復習するのにとても参考になりますので、繰り返しご覧ください。欄外のリンク欄のうち、「動画」をクリックしてください。

必読!創造神は無情!母親から虐待の「千葉祐太郎」が死刑確定!!
[第2730回](小吉)・・・10月7日(小吉)

『 当時18歳(現在25歳)の少年犯罪者に死刑判決が確定しため、氏名が未公開でしたが、このたび公表されました。幼くして、父母は離婚、母子家庭で母親から虐待を受けて育ち、性格破たんしていた同情すべき境遇でしたが、このたび最高裁で「死刑が確定」しました。そのうえ、現在、成人者ですから、姓名が「千葉祐太郎」と公表されました。
  どうですか、「祐太郎」という立派な名づけでしたが、「千葉」姓ですと、「天格12」となり、やはり赤ちゃんの名付けの時点で、”事件事故”を呼ぶ運命になっていました。
 偶然とは言え、天格12で名付けられた不運・・・、この姓名で「死刑」になるとは・・・! 折角、この世に生まれ、母親から虐待を受けて育ち、無情にも「死刑」でこの世を去るとは・・・、余りにも可哀想な気もして来ますね。! 』

 平成になって以来の死刑囚だけでも、下記のとおり。
 どうですか、皆さんの大事な赤ちゃんには、「絶対に、天格12・22で名づけないこと!」ですよ。
 以下の死刑囚を観れば、いかに天格12・22が多いことか!?
★[死刑囚(平成初年〜現在)]
「宅間 守」天格12・地格12・総格24
「宮 勤」天格22・地格12・総格34
「造田 博」天格22・地格5・総格27
「松永 太」天格12・地格5・総格17
「坂口 弘」天格12・地格5・総格17
「北村 孝」天格12・地格7・総格19
「木嶋佳苗」天格12・地格22・総格34
「川崎政則」天格12・地格20・総格32
「渡辺純一」天格22・地格6・総格28
※「千葉祐太郎」天格12・地格16・補格9・総格37


どうですか、このような死刑囚も、赤ちゃんのときは無垢で生まれて、将来、まさか死刑囚になるとは・・・、親子とも予想も付かなかったと思いますよ。この”将来予想”ができるのは、日本初の「天命数霊術」のみです。

 通常の感覚ですと、「祐太郎(ゆうたろう)」と名付ければ、立派なものだ!
 将来、成功してくれるであろう・・・と思うのが通常でしょうが、不思議なことに、「祐太郎」の名付けには、苗字の1字目が「10画・20画」又は「6画・16画」でないと、「天格19・29」又は「天格15・25」になりません。

 ですから、「祐太郎」と名付けてピッタリのベストになる苗字としては、例えば、次の苗字しか適合しません。
 例;「桜田」「高田」「真田」「安田・安本」「吉田・吉本」「竹田・竹本」など。
 したがって、この死刑囚のように「千葉」という1字目3画の苗字に、「祐太郎」と名付ければ「天格12」となり、”事件事故”に遭遇する可能性が高い運命になります。 それは、子どもの時に虐待を受けて、異常性格者になり犯罪者になるのも、約70〜80%の感触で、姓名からの影響です。
 こうして観ますと、このような不幸な運命な名づけをされるのも、神仏が人間に与えた不平等な扱い・・・、皆さんはどのように、この死刑囚を想いますか?
 この事件は、平成に入り、少年犯罪で2件目の死刑判決であり、「裁判員裁判」だったのです。

(追 記)
 昨日6日の事件。
  福岡県春日市の無職「佐野 正隆」容疑者(67)は、春日市内の住宅の敷地内で、交際中の女性(67)を車の中に監禁した疑いがもたれています。女性から電話で助けを求められた娘が、警察に通報していました。
「佐野 正隆」天格12・地格22・総格34

必読!ひき逃げ・火災焼死・山岳転落死なども「天格2」系列!
[第2729回](大吉)・・・10月5日(大吉)

『 「天格2系列」の”事件事故”は、いろいろな方面に発生します。最近のニュースから、「交通事故死・火災焼死・山岳転落死・強制わいせつ」の4事例について、実証して観ましょう。』

★「交通事故死」(加害者;天格12)
『 3日午前11時すぎ、小田原市の市道で歩いていた86歳の男性を、トラックが撥ねて死亡させ、運転手は逃走しました。ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは小田原市のトラック運転手「小清水 栄一」容疑者(59)です。』

「小清水 栄一」天格12・地格12・補格4・総格28

★「火災焼死」(被害者;天格12)
『 3日午前5時前、北海道・北斗市追分の「内山 尭義」さん(71)の住宅から火が出て、木造2階建ての建物内部などが焼けました。この火事で、焼け跡の1階寝室から性別不明の2人の遺体が見つかりました。
 警察によりますと、この家には内山さんと、55歳の妻の2人が暮らし、妻は足が不自由だったということです。』

「内山 尭義」天格12・地格16・総格28


★山岳転落死(転落者;天格22)
『 群馬県と長野県にまたがる「荒船山」の崖の下で、発見された遺体は、行方不明になっていた神奈川・鎌倉市の「花屋 舞」さん(39)と判明しました。警察は、母親とともに山に入った長男「祐樹」くん(8)の捜索を行いましたが、未だに発見されていません。』

「花屋 舞」天格22・地格9・総格31


★強制わいせつ(加害者;天格12)
『 女子児童の体を触ったとして10月4日、札幌市手稲区に住む会社員「荒井 大輔」容疑者(43)が、「強制わいせつ罪」の疑いで逮捕されました。
 荒井容疑者は9月13日、手稲区の公園で友人と遊んでいた女子児童に「かわいいね」と声をかけたのち、女子児童を抱きかかえて体を触った、強制わいせつの疑いが持たれています。』

「荒井 大輔」天格12・地格18・総格30

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 どうですか、どんな分野でも、天格2系列であれば、事件事故に遭遇する可能性がある運命です。その運命は、赤ちゃんから高齢者まで、何歳になっても遭遇することになります。
 こうして観ますと、赤ちゃんの名付けの時点で、ご両親は余程の検討が必要ですが、従来の日本中の「五剖式姓名判断」では、上記の事例さえ”事件事故”を実証できません。「成功者は、”努力”が1%、”運気”が99%で成功する!」というエジソンの諺に同感です。「どんなに努力しても、事件事故で”不治の病”や”落命”すれば、それで終わり・・・」ですよ。

必読!新東名高速の交通事故も、天格0・2系列!
[第2728回](中吉)・・・10月4日(小凶)

『 本当に「交通事故は”運”!」ですよ。
  ヾ儻バスが故障しなかったら・・・、▲丱垢琉貉停車位置が5mズレていたら・・・、バスから降りて、点検しなければ・・・、ぅ肇薀奪運転手が前方不注意ではなく、1秒でも早く急ブレーキをかけていれば・・・ト鏗下圈Σ坦下3人のうち、1人でも天格9・5系列の人がいたら・・・?
などを仮想し、そのうち1つでも現実と異なれば、観光バスの運転手2人が擁壁に挟まれて死亡することもなかったのです。これらの悪条件が重なったのは、被害者の「観光バス運転手2人」も、「トラック運転手」も”運”がなかったのです。この運は、3人とも赤ちゃん出生時(名付けされた50数年前)に、運気に見離されていたお気の毒な運勢なのです。
 要するに、「天格9・5」系列の姓名が、この3人のうち1人でもあったら、この交通事故もなく、観光バスの乗客を無事に東京まで送り届けて、今頃は楽しい旅行中であったでしょう。 』

 実に、交通事故も、「姓名の運気」が、大きく影響しています。
 TBSニュースから・・・、
『 2日の午前2時ごろの深夜、愛知・岡崎市の新東名高速道路で、路肩に止まっていた観光バスに追突して、乗務員2人が擁壁に挟まれ死亡させた疑いで、福岡市のトラック運転手「斎藤 信夫」容疑者(57)が逮捕されました。
 大阪市の「中央交通バス」によりますと、死亡した運転手は「大谷 秀雄」さん(53)と「染谷 文彦」さん(50)で、故障したバスを確認するため外に出ていたということです。』

 このような交通事故・・・、運気が良くない現象(冒頭の 銑イ泙如砲、偶然にも重なったからです。
 先ず、3人の姓名を観ましょう。
バス運転手「大谷 秀雄」天格10・地格19・総格29
 同   「染谷 文彦」天格13・地格16・総格29
トラック運転手「斎藤 信夫」天格20・地格22・総格42

どうですか、3人とも”対外的な運気”を持つ「天格9・5系列の人」いませんね。特にこの交通事故の原因であり、加害者となったトラック運転手は、すべて偶数・・・しかも「0」と「2」のみの画数配列ですから、57歳の現在まで相当に苦労されたと思います。
  また、バス運転手の2人とも、総格が29画ですが、天格が「10・13」では、事件事故を防ぐまでに至らない現状を観ると、やはり”人の運気”は「総格より、天格が大事!」ということを実証する姓名でしたね。

 ところが、日本中の説は「29は大吉!」(「9・19は、大凶!」)という判断が多く、しかも「総格は、50歳以降の晩年の運気!」と判断している本が多いです。(現在の平均寿命は、80〜87歳の時代です。「50歳以上を晩年!」という日本中の説には呆れます。平成の現在では、50歳と言えば、まだ中年であり、働き盛り! 日本中の説は、戦死者が多く平均寿命が低かった戦前の昭和初期の概念を、そのまま受け入れ、平成の現代を修正していない説です。)
 その判断が正しいのであれば、「バス運転手2人とも、総格が大吉で53歳と50歳!? で、総格29の大吉!」ですから・・・、このような悲惨な交通事故死に遭遇するはずがありませんね。
 皆さんは、「姓名判断本」や「赤ちゃんの名付け本」を読まれた時、「50歳以上は晩年!」という総格の判断に、何の疑問も感じませんでしたか?

 いずれにせよ、世の中に”正しい説”を普及させて、「事件事故などの不幸」を”減少”させるのが、姓名判断師としての”使命!”だと思います。

必読!人気子役「鈴木 福」くん、交通事故の”先触れ”に注意!
[第2727回](小吉)・・・10月3日(中吉)

『 なんと、あの人気子役で大活躍の「鈴木 福」くん(10)が、車に接触事故・・・、でもケガもなく無事の報道でホッとしました。
 このような事故は、生まれながらの強運に恵まれて、”特殊の才能など”がある人は、いきなり大事故ではなく、2〜3回の「虫の知らせか、先触れの知らせ・・・?」の小事故があってから、大事故に繋がる運命の人がいますよ。
 この「鈴木 福」くんも、その姓名の天格が「9・5」系列ではないので、運気が持続しない予想がされます。』

さて、凶運を呼ぶ昨日の「3日」のTBSニュース。
『 2日午前9時前、人気子役タレント「鈴木 福」くんが、東京・杉並区の路上で自転車に乗っていたところ、交差点に進入してきた女性(50代)が運転する乗用車と接触しました。2人にけがはありませんでした。
 警視庁によりますと、乗用車は一旦停止した後、交差点に進入するために左折しようとした際、福くんが乗る自転車と接触したということです。
 警視庁は、乗用車を運転してた女性が安全確認を怠ったのが事故の原因とみて調べています。』(03日11:33)

 以前から気になっていたのですが、人気子役の「鈴木 福」くんは、愛嬌ある顔なうえ、天才的な芸達者で一芸に秀でた子役としては、人気も抜群ですので将来が楽しみ・・・、でも、何だか不安に感じていたのは、姓名に「9・5」系列がないのです。

「鈴木 福」天格26・地格4・総格30

この画数配列で、子役トップクラスの人気とは・・・?
 特に対外的な運気である「天格9・5」系列も、芸術芸能の才能である「地格9・5」もない姓名で、どうして運気がよいのか? 皆さんは疑問に思われたでしょう。
 おそらく、この鈴木家では「幸運の女神?」(先祖の守護霊か?)に恵まれていたのでしょう。
 しかし、過去の芸能界の歴史を観ても、子役から生涯を通じて人気が持続することは非常に難しいですよ。やはり、「運気に恵まれた”姓名”!」であれば、”事故事件”にも遭遇することなく、生涯の人気俳優になります。
 その先触れとも言える交通事故を起こして、気付いて欲しいという暗示での事故・・・このような類似の交通事故も多いです。
それでなくても「鈴木 福」は、上下が尖った「木」を中に、”天”の「鈴」も、”地”の「福」も、あの怖い災難が訪れる「上下左右分かれ」の龍脈(形)になっているでしょう。この形も「天斬殺」と同様に、「ある日、突然のこと、事故事件に遭遇する運命!」にある姓名ですよ。

 この姓名のように、いきなり大事故ではなく、皆さんのご家庭でも、ご先祖の守護霊が、小事故を繰り返して子孫に知らしている暗示・・・があることも記憶していてください。
 その天(守護霊)からの暗示が、このたびの「ケガもない交通事故」だったのです。
 でも、成人まで・・・いや生涯とも変わらぬ運気に恵まれるには、やはりベストの姓名にしておくことです。 
 そこで「福」の一字を残したベストの「天格19・地格19」に改名しますと、成人以降の芸能界でも、”事件事故”にも遭遇することなく、一流の俳優に成長しますよ。それは同じ苗字の「鈴木 末七」を改名して、現在は俳優の大御所「松平 健」(天格19)さんや「鈴木 一朗」の本名を使用せず「イチロー(9)」という通称名で、日米野球界のトップ人気が持続していますでしょう。
 
 このように、姓名の不思議なパワーは、現世の人々に”事故事件”で知らせても、それに気付かない人が最後は大事故事件で、天上界に召されることがあることは、私に改名依頼された「神職や僧侶」のご見解もそうでしたよ。

(追 記)
  約半世紀前、子役で大活躍した「ケーキ屋ケンちゃん」こと「宮脇康之」さんを、ある占い師に勧められて「宮脇 健」と芸名にしたが、運気向上の根拠もないので、芸能人として運気が下降・・・。
実に、無責任な占い師がいるものですね。命名・改名を人文科学的な根拠もない”占い”で・・・とは?
 ともかく、この業界は「運気好転!」の”実績”を積んで行ってこそ、社会貢献になるのです。

必読!「天格19の育てやすい次男」!一般の赤ちゃんと成育が段違い!
[第2726回](小吉)・・・10月1日(大吉)

『 今年の正月から春までに誕生し、私が「天命数霊術」に依り名付けた赤ちゃん、約半年以上経過しましたが、皆さん、その発育ぶりに驚かれています。次々に喜びのメールを頂いていますが、今日は、そのうち、兄弟の甥・姪と比較され、その違いを書いて頂いたものを代表で皆さんにご紹介します。(固有名詞は省略)』

先月15日に、◇◇県の○○さんから頂いたメールです。
『 望月先生、今日は。私たち夫婦に3月5日生まれの次男にも恵まれ、先生に候補名を6つばかり頂きましたね。そして、そのうち「○一郎」を選んで、「命名色紙額」を宅配して頂いた「◇◇県の○○」です。
 早いもので、誕生から半年過ぎて、その成育ぶりに驚きましたので、先生に報告方々、自慢したくてメールしました。
 先生がいつもブログでも投稿されていたように、「長泣き、夜泣きせず、夜はグッスリ!」とは、全く、その通りで、用事があるときしか泣きません。それも一声泣くだけ・・・で、後はニコニコ笑っています。
 本当に不思議ですよ。3年前に誕生した長男の時とは大違いで、本当に育てやすいです。
 でも、親が親ですから、天才や名人にはほど遠いでしょうが、それなりに社会貢献するような男になって欲しいと願っています。
 そして驚くことに、まだ半歳過ぎだというのに、従弟の1歳過ぎの男児より大きいので、驚いてます。そのうえ、甥のその子は、天格が「4・7タイプ」なので、良く泣いていますので、従弟夫婦は苦労してます。
 今後将来も、「天命数霊術」で命名された赤ちゃんが増えることを願ってます。』

 次に類似のメールは、いろいろと頂いていますが、8月に頂いたメールでは、僅か2歳半の女児の「驚きの優秀さ・・・」のブログを投稿しましたら、東京の医大教授や開業医師(小児科)からも、驚きの電話を頂きましたので、その女児の母親からのメールを再掲いたします。

  この女児は、まだ2歳半ですよ。私が”昇順数”で名付けたお子(固有名詞は「◎◎」と省略)さんです。
 頂いたメールの一部を抜粋して紹介しますと、
『 ・・・(略)「◎◎」はいま2歳半ですが、毎晩眠る前は、「体のつくりとはたらき」、の本を持ってきて、食べたものがどのように出るか話して、と言うので、何度も話しました。
 先日も、「十二支や、アルファベット表」を一日で覚えたり、雲と天気、植物の名前を知りたがったり、毎日自分が色々なことを知っていくのが楽しくてしかたない、そんな感じにみえます。いつか必ず二人で会いに行きます、直接見ていただきたいです(^^)・・・(略)』

 どうですか、2歳女児としての好奇心!?とは驚きですよ!
 「人体の仕組み・雲と天気・植物の名前、十二支・アルファベットなど」の疑問や記憶とは・・・?
 大人でも、相変わらず「十二支」を動物と何ら疑問に思わない平凡な人が多い中で、一日で記憶するとは驚きでしょう!
 賢い児は、与えられたテレビのアニメより、自分から興味を持って、絵本で想像力を掻き立て、親の説明で納得すれば、その結果、新しい知識が増えたことを無常に喜びを感じるのです。

 どうですか、「天命数霊術」による名づけは、「健康運・知徳運・性格の良い児」を誕生させ、日本人1億2千万人のレベルを上げ、その反面、交通事故など”事件事故”を半減させるだけの「9・19」のパワーがあるのです。
同じ赤ちゃんとして誕生しても、「心臓移植」でアメリカまで、2〜3億円の募金活動までして行く恵まれない児から観れば、世の中は全く不公平に神仏から創造されていますね。
 「9・19」の数霊パワーは、「神仏」のパワーを超越していますよ。
 いつまでも、「9・19」を”凶数?”と判断している説は、もはや時代遅れですよ。

(お知らせ)
 望月岳陽の「動画」(門下生が好意で作成)が、沢山出来上がっていますので、復習を兼ねて、右上欄(リンク欄)の「動画」をクリックしてご覧ください。とても簡潔に良くまとまっています。
 なお、ご質問などはPCメール「info@gakuyo951.jp」あてに送信ですが、「件名」欄には、必ず「都道府県(又は政令市)名と苗字のみ」を記入してください。 

必読!「天命数霊術」の初代宗家「望月岳陽」が、絶対に使用しない字体!
[第2725回](大吉)・・・9月29日(大吉)

『 私説[天命数霊術]の命名・改名で、絶対に使用しない字体を紹介しておきましょう。非常に沢山ありますが、日常一般に使用されている字体に限定して、その中で、絶対に使用しない字体があります。
  ですから、これら使用した名付けであれば、「あぁ、この名は、初代宗家の「望月岳陽」が命名・改名したものではない!」と、私の死後でも区別できるように、今日のブログにして置きます。』

 私が「語源・語意・龍脈(形)」から観て、違和感がある字体を列挙しますと、次のような字体です。

★「望月岳陽」が絶対に使用しない字体!
 後世、私が命名・改名した名付けか?否か?を、識別してください。
≪男性の字体≫(通常、人名に使用されて来た字体のうち)
「力・也・斗・友・正・平・衣・好・光・守・早・亜・克・佐・沙・冴・汰・胡・耶・弥・那・義・信・佑・利・莉・呂・依・祈・虎・馬・涼・凌・幸・善・喜・雅・昌・晶・拓・歩・朋・茉・侑・洸・海・流・柊・津・敏・勇・政・草・則・貴・輝・剛・勝・洋・清・麻・朗・栞・翔・裕・照・凜・・・」などは、絶対に使用しません

≪女性の字体≫(通常、人名に使用されて来た字体のうち)
「也・斗・允・友・禾・可・平・叶・乎・代・布・衣・好・光・守・早・亜・未・礼・克・佐・沙・江・枝・冴・汰・妃・花・杏・果・胡・耶・弥・那・義・信・佑・利・莉・梨・菜・呂・依・祈・帆・馬・涼・凌・幸・善・喜・雅・昌・晶・拓・歩・朋・茉・侑・洸・柊・津・波・砂・苺・桃・笑・敏・政・草・則・貴・輝・剛・勝・洋・清・麻・朗・栞・翔・裕・照・凜・雫・・・」などは、絶対に使用しません

 この中から、従来、女性の名付けに使用されて来た「麻」の字体・・・「小林 麻央」さんの”麻”は、一体、どんな意味を持つ字体でしょうか?
 (皆さん、図書館で2〜3冊の漢和辞典で、再確認してください。大事な我が児の名付けの際は、絶対に図書館で確認したうえで、市役所に「出生届」を提出してください。わが児に愛情があるなら、その程度の労を惜しんではいけませんよ。なぜなら、市販の「赤ちゃん名付け本」は、勉強不足で信用ならないからです。「麻美」とか「麻恵」なども推薦している無責任さ。)

★ 次の漢和辞典から、「麻」の意味は・・・?
「新・漢語林」(掲載1510ページ。大修館書店)
,△機B臻磧(中略)インド産のものには、麻酔性物質を含むものがあり、これで麻薬をつくることがある。
△△気い函あさぬの。
あさのおび。喪服の一つ。
い瓦沺文嬲磧法実から油をとる。
イ澆海箸里蝓幣曄法
Δ靴咾譴襦=痲。

などが、記載されており、「麻疹(マシン)」「麻痺(マヒ)」「麻酔(マスイ)」「麻薬(マヤク)」など、病気に関する慣用語が主体の字体・・・、不思議?どうして、こんな字体が女性の名付けに人気があったのか? ・・・同じ「まお」さんなら、「浅田 真央」さんが「小林 麻央」さんより、健康体と思いますでしょう。お気の毒にも「小林 麻央」さんが”乳がん”とは、お気の毒です。今からでも「麻」を無くする改名で元気になって頂きたいですね。
 「語源が、”健康運”を左右することもあるのです。」
 ・・・ですから、私が命名・改名する女性名では、絶対に「麻」を使用しない一つですよ。(それに「亜」も、絶対に使用しません。その理由は、漢和辞典で確認してください。そして、ブログ再読「必読!「亜」という字体;どんな”語意”か、知っていますか?」[第968回](2010.05.20))

必読!天格22の大学生(19歳);交通事故で重傷!
[第2724回](小吉)・・・9月28日(中吉)

『 赤ちゃんの名付け;主として「天格0・2系列は”被害者”!」であり、「天格4・7系列は”加害者”!」になる可能性が高いので、十分に注意してください。
 日本初の「天命数霊術」の秘伝を公開しているのですから、大事なご家族を”事故事件”を守るためにも、重視して精読してください。』

 過去のブログで、特に「天格2系列」の交通事故被害者の実例を沢山投稿して来ましたね。ですが、交通事故は被害者の家庭も、加害者の家庭も悲劇であり、そのうえ公的行政処理(捜査費用)や司法処理(裁判・収容費用など)に、相当な税金も投入されます。「命名・改名」により、交通事故を半減させるだけでも、人的・物的な損害を防ぎ、その予算を他の福祉や教育方面の行政に投入して、社会貢献できます。
従来の「五剖式姓名判断」から「天命数霊術」の普及で、確実に”事件事故”は減少して行きます。これも一種の「行政改革」と同様な効果があります。
 このような事実をシッカリと認識されて、わが児の名付けの際には、”事件事故”を呼ぶ名付けは、流行名ではなく、「ベストの名付け法」を習得してください。(無料で、日本初の”秘伝”を公開しているのです。)

≪”被害者”の事例≫
 さて、昨日のニュース。
 将来性ある大学生が、信号無視の乗用車に撥ねられ、重傷を負いました。
 その事故も、”運気”が左右したのですよ。
『 25日午前5時10分ごろ、前橋市大手町の国道17号の”横断歩道”を自転車で渡っていた大学生「高瀬 開斗」さん(19)が、左から直進してきた乗用車にはねられ、頭を強く打つ重傷を負いました。
 前橋署は「自動車運転処罰法違反(過失致傷)」の疑いで運転していた同市小屋原町の風俗店店員「丸橋 潤一」容疑者(24)を現行犯逮捕しました。
 その後の捜査で、丸橋容疑者が信号を無視して横断歩道に侵入、撥ねたことを認めたので、26日、より重い「危険運転致傷」で送検しました。』(産経新聞 2016年9月27日)

 この被害者は、
「高瀬 開斗(かいと)」天格22・地格23・総格45

先ず、天格22(=高10+開12)ですから、何度も実例投稿していますように、事件事故”を呼び、招く運命にあります。
 それに、「開斗(かいと)」という名付けは、約20年前から「海斗(かいと)」という名付けが、大流行した名残りだと思います。しかし、「流行名は、将来、平凡になり、しかも”斗”のほんの僅かという語意」で”神経質な性格”になります。余談ですが、江戸時代では”斗禄の身分”と言えば、足軽のような下級武士の代名詞だったのです。それが、平成になり、大流行とは・・・? 」
 それにしても、ご両親にとっても、やっと19歳の大学生に成長して、将来を楽しみにされていたと思いますが、交通事故で重傷とは・・・! ご心配ですね。
 でも、仮に19年前に別の名付けであれば、もっと安心して将来の成長を望まれていたと思います。

≪加害者の事例≫
『 22日夜、札幌市白石区の国道で、歩行者の男性が乗用車にはねられて死亡しました。男性は約300メートルにわたって引きずられていました。
 現行犯で逮捕された札幌市豊平区の自称・アルバイト従業員「網野 義人」容疑者(32)は「何かをはねたが、人かどうか分からなかった」と話しているということです。
 現場は片側2車線の直線で、男性は信号機のある横断歩道の近くではねられたものとみられています。』(テレビ朝日系(ANN)2016年 9月23日)


 さて、この姓名は、
「網野 義人(よしと)」天格27・地格13・総格40

この画数配列も、「27と40」がありますので、これも「4・7」タイプの実例として紹介しました。(過去のブログで紹介済ですが、「40」のゼロは判断に入れず「4」と判断します。)
 このような「4・7」タイプの人は、事故が生じれば、カっと血が上り、冷静な判断ができにくい性格なので、ひき逃げなどの事件を起こしやすいのです。
 なぜ?「7」は”自己主張が強く、独断的な行動になりやすい”のか、その根拠は、皆さん記憶していますか? (円満を表す「360度」を「7」で除して観てください。整数の中では、「7」のみ割り切れないので、他の整数との協調性がないから、自己主張が強くなるのです。)

必読!「和」の字体!懸賞金付きでも、全正解はなし?
[第2723回](小吉)・・・9月27日(小吉)

『 現在の高齢者が若き時代・・・”和”の字体:「 和夫・和雄・和男・和子・和枝・和代」など”かず”と相場が決まっていたから、読み間違いなど在り得なかったですよ!
 どころが、現在はどうでしょう! わが子の名前は、”日本でオンリーワン!”「どうです!わが児の名付け!漢学専門の教授でも、読めないでしょう!」と自慢し、人の迷惑も考えない”呼び名”。家族さえ読めればいいのかな? 一生、”引きこもりの生活”なの・・・?
 さて、皆さん、次の9人の赤ちゃんの名前・・・百万円の懸賞金付きでも、1人の正解者もいない・・・と思いますよ。』

 最近、2日分の地元新聞(山陽新聞)に掲載された赤ちゃんの紹介、さて、「和」の読み・・・「一体、何と読むのか・・・? へ〜、そうなの?」と、生まれて初めて出会った読みもあります。
 名付けや姓名判断で数十年の研究をして来た私が・・・ガクン!と自信を失うほどの、”珍名読み”が多いですよ。
 僅か9事例で、100万円の懸賞金付きでも・・・無理でしょう。
 全く、この「和」のみではなく、オンリーワンの名付けに溢れているクラスの園児・学童生徒に、担任の嘆き・・・に対して、「そんなこと知るか! わが児だけ、日本でオンリーワンであれば、満足だ!」との保護者には呆れますね。
それに「”翔”の字が流行なので、この字を入れた候補名を考えてください。」とか、「”ももか”が好きなので、”ももか”で考えてください。」など、呆れた「命名依頼」もありますよ。

[はて?・・・何と読むの?]
 嵳柤臓廰◆嶇族董廰「和奏」ぁ嵬鈩臓
ァ嵒和」Α嶌蚣臓廰А嶇存后廰─嶇族董
「弘太和」

[へ〜、そうなの?]
 屬より」◆のどか」「かな」ぁ屬
ァ屬ん」Α屬」Аいと」─か」
「ひろた

同じ「和夏」でも、◆屬里匹」もあれば、─屬錣」もあり、このどちらが的中するのか、最初は”運もの?”です。最初は驚きましたよ、 嵳柤臓廚痢貧臓匹髻匹茲蝓匹汎匹爐箸蓮ΑΑΑ

 どうです! 東大・京大入試の問題より、難解でしょう(笑)。
 わずか、9問ですが、100万円の獲得・・・、むつかしいでしょう!
 賢い?若い両親が名付けたオンリーワンの名付け・・・そんな世の中になっているのです。
 さて、私に依頼された「赤ちゃん名付け;5つの候補名」は、ちゃんと誰でも読める名付けですよ・・・。それでも、「健康運・知徳運・良い性格」の3拍子揃った名付けです。
 別に読めない名付けをしなくても、風水パワーも採り入れたセンスさえ磨けば、男児は「”健康で賢俊”な名付け」、女児は「”絵に描いたような優雅な”名付け」になるのです。

(お願い)
「この名前は、どうですか?」とか「◇◇と○○の名付けと、どちらが良いですか?」と言うご質問がコメント欄にありますが、苗字も不明では名付けの適否を、軽はずみに判断できません。正式に姓名判断を申し込まれた方と不公平になりますし、個人情報保護を遵守するためもあります。左欄上「★姓名判断・命名・改名の申し込み手続き・プロフイール★」を一読されてから、PCメールなどで「苗字」も記載してお申し込みください。 

必読!”魔”が差したか?NHK静岡局・副局長が、自転車を窃盗!
[第2722回](大凶)・・・9月24日(小吉)

『 驚き!!! 安定した職業で、分別盛りの「53歳の男性」が自転車ドロ(窃盗)? なんとNHK静岡放送局の副局長とか! ”魔”が差したとしても、それを”継続的”に通勤に使用していたとは・・・? 余りにも意外性があるニュース。
 その原因、やはり”不安定な姓名”からとも・・・? 考えられます。』

昨日のTBSニュースに驚き・・・!
『 去年12月、NHK静岡放送局ナンバー2の幹部職員の男が、静岡市内で自転車を盗んだとして、23日、警察に逮捕されました。
 窃盗の疑いで逮捕されたのは、NHK静岡放送局の副局長「小林 達彦」容疑者(53)です。
警察によりますと、小林容疑者は、去年12月、静岡市葵区内で住宅の前に鍵をかけずにとめてあった自転車を盗んだ疑いが持たれています。
 警察の調べに対し、小林容疑者は「間違いありません」と容疑を認めていて、「帰宅途中で早く家に帰ろうと思って盗んだ」などと供述をしているということです。小林容疑者は、盗んだ自転車の持ち主の名前などをテープで隠して、日常的に通勤などで使用していました。』

 従来の自転車ドロや商品の万引き・・・、精神的にも安定しない興味本位の「青少年の犯罪」が従来の通常のケース。もっとも、近年は認知症や生活苦からの食品を万引きする高齢者が多くなっている現状でのニュースには意外性がない。しかし、「安定した職業で、しかも分別盛りの53歳の男性」が、一時的な自転車ドロではなく、それを継続的に通勤に使用していたとは・・・?!
 ”魔が差した犯罪”とは考えにくい。
 しかも、53歳とは年齢的に安定した家庭もあるでしょうし、自転車を購入できない程の生活苦とも考えにくいですね。
 むしろ恵まれた生活環境の中での「自転車ドロ(使用窃盗)」は、犯罪心理学者は、どのように解釈するのでしょうか?
 私は、このような犯罪は、「安定しない”姓名”」からではないか?とも思考されます。

「小林 達彦」天格15・地格17・総格32

ここで、日本初の私説「天命数霊術」(_菴配列)を再考してください。
 やはり、安定したベストの姓名は、古代中国の洛書「後天八卦図(神亀の図)=魔法陣」から、「9・5・1」が2ヵ所以上必要でしたね。
 この姓名は、天格15ですから対外的・社会的に「成功する運気」に恵まれていますが、この姓名には「9・5・1」が2ヵ所以上なく、しかも思考力・自制心を表す地格と総格が「7・2」に負けてしまう画数配列になっています。
 要するに、「15」:「17・32」=大吉数:凶数=1:2 ですから、折角の「成功数15」が「気ままで我が強い7・2 タイプ」に負けてしまっているのです。

 しかも、良く観てください。天格15の構成は、「達」という”気ままな12画”を含んでいますので、同じ成功数の中でも、理性心が少し弱いところがありますね。でも、地格17の中には「彦=9」を含んでいますので、とても頭が良くて負けず嫌いな性格の方です。
 しかし、総格が32ですので、結果として「気位は強いが、それが安定しない人生」になる運命にあるのです。

 なお、参考までに、同じ53歳・・・しかも安定した職業、なんと「警察官(警部補)の万引き事件」を、2事例紹介しましょう。
 どちらも、4年前の同時期;2012年9月23日の事件です。
≪事例 1≫
『 兵庫県警東灘署は9月23日、スポーツウエア4点(約2万円相当)を万引きしたとして、県警外事課係長の警部補「伏田 文也」容疑者(53)を窃盗容疑で現行犯逮捕した。伏田容疑者は「盗んだことは間違いない」と容疑を認めている。(以下、略)』
 この警察官の姓名は、
「伏田 文也」天格10・地格8・総格18
この姓名では、人柄はとても良い方ですが、人生を通して”弱運”です。

≪事例 2≫
『 千葉県警行徳署は9月23日、フィットネスクラブでサプリメント(栄養補助食品・約1万2千円相当)を万引きしたとして、警視庁向島署地域課の警部補「美濃部敏雄」容疑者(53)を逮捕した。美濃部容疑者は容疑を認め、「つい魔が差してしまった」と供述しているという。(以下、略)』
 この警察官の姓名は、
「美濃部 敏雄」天格19・地格28・補格11・総格58
この姓名は、「9・1」の2ヵ所ありますが、この「1」が個人名からはなく、しかも補格なので、好転作用は弱い。しかも、下5文字「濃・部・敏・雄」が左右分かれで、運気は不安定。しかし、「8」が2ヵ所で「敏」を使用していますので、とても仕事熱心で人柄も良い方ですが、不安定な姓名であり「魔が差した災難」に負けたのです。

 どうですか、以上の「3事件とも53歳」の同年齢から観ましても、いかに姓名が大事であるのか、実証できましたでしょう・・・、同じ53歳の分別盛りでも、姓名の影響は人生を狂わすこともあるのですよ。
皆さんのご家庭のご主人さん・・・シッカリとベストの姓名になっていますか? もし、「4・7」又は「0・2」タイプのご主人でしたら、ぜひ、今日のブログも読んで頂きたいですね。いつ”魔が差す”のか、それが残りの人生をダメにしてしまいますよ。

(追 記)
 ,問合せは、左欄上の「★姓名判断・命名・改名の申し込み手続き・プロフイール★ 」をご覧ください。

◆24日午前6時すぎ、県道を走行していた乗用車が跨線橋の手前から道路脇にそれ、フェンスをなぎ倒して10メートル下のJR東北本線の線路に転落しました。この乗用車は「54ー04」のプレート! どうですか、下1桁「0・2・4・6」を避けなさいと言いましたね。

必読! ”流行名”を避け、”天格2系列”は改名が必要!
[第2721回](大吉)・・・9月21日(大吉)

『 相変わらず「○○と」の3文字名の”流行”の名付け、多いですね。
 地元新聞に掲載された84人の赤ちゃんのうち、男児43人中、約35%になる15人が、「陽大(はると)」「大翔(ひろと)」「悠人(はると)」などの”と”で終わる名付けの多いこと! この状況が続くと、30〜40年後の大会社勤めの男性社員・・・、例えば、1000人規模の大会社ですと、なんと350人も「○○と」の社員で溢れる。名刺交換で、「あぁ、とても良いお名前ですねぇ〜」とは、お世辞にも言えない社会になりますよ。
 どうして、皆さんは”流行”するものが好きなのでしょうか? 流行は、将来・・・”平凡”な名付けで、「なぜ、こんな名前を付けたのか?!」と、反抗期には親を恨むような社会が来ますよ。
 可愛いいわが子に、愛情一杯に名付けたとは・・・、とても思われませんよ。』

 先日の山陽新聞(日曜版;岡山県南部)に掲載された「赤ちゃん名付け」を観ますと、「○○と」の3文字名の多いこと! 
 「皆で渡れば、怖くない!」とでも、思われて流行の「○○と」と次に多いのが「○○た」ですが、男児43人中、15人も「○○と」を紹介しましょう。

≪「○○と」≫・・・15人
「大翔(ひろと)」「陽大(はると)」「悠人(はると)」
「佑斗(ゆうと)」「綾人(あやと)」「莉仁(りひと)」
「彪豊(あやと)」「史都(ふみと)」「湊結(みなと)」
「健都(けんと)」「健斗(けんと)」「大翔(ひろと)」
「隼人(はやと)」「滋翔(しげと)」「彩武斗(あやと)」

≪「○○た」≫・・・4人
「悠太(はるた)」「寛太(かんた)」「陽太(ひなた)」
「奏多(かなた)」

  以上の傾向を観ますと、呼び名が平凡なので、「漢字」を工夫した傾向が観られますね。でも、子どもの時代や家庭内では、”呼び名”の使用が多いので、結局、平凡な呼び名になってしまうのです。せめて、画数でも良ければ、運気が救われますが、この新聞に記載された「男児女児84人」の中には、交通事故などに遭遇する可能性が高い名付けを記載しますが、「苗字と名付けの1字目どおし(天格2系列)」のもを記載して、フルネームは掲載いたしません。

 今日から、全国交通安全週間に入り、子どもたちへも「交通安全教育」を実施することは、とても推奨することですが、それでも、下記のお子さんは、”事故事件”に遭遇する可能性が高いので、心当たりの保護者は、天格2系列を止め、健康・知能・性格に恵まれる天格9/5系列に改名することを、お勧めします。事故事件に遭遇してからでは、遅いのです。

≪「交通事故などにご注意」≫・・・9人
 嶌」+「岳」=12 ◆崢后廖棔岼宗廖22
「川」+「咲」=12 ぁ嵎拭廖棔岼鼻廖12
ァ峽福廖棔峅董廖22 Α崕邸廖棔峪蹇廖22
А崚據廖棔嵌」=12 ─崟」+「大」=12
「森」+「浩」=22

 以上のとおり、天格(苗字と名前の1字目どおし)12・22のお子さんは、将来、”事故事件”(交通事故・火災・水難・誘拐・殺傷など)に遭遇する可能性が非常に高いので、できる限り早く改名することをお勧めします。(その実証例は、ニュースなどから、このブログおいて、人文科学的な根拠を持ち、実名で沢山投稿済です。)

必読!五剖式姓名判断の「天運」(苗字)には、”吉凶”はない!
[第2720回](大凶)・・・9月19日(最大吉)

『 昨日、このブログの読者からメールを頂きました。
「・・・(前略)来月11日に、長男を出産予定で、名付けを思案しているのですが、どの本を読んでも、”苗字”を天運(先祖運)などとして、その画数から”吉凶判断”や”5”段階の点数で判断している説があります。
でも、私の苗字の画数が”大沢”で10画になり”大凶”、”大澤”にしても19画で”大凶”、しかもサンズイを4画の旧漢字でも20画で、これも”大凶”との判断になります。これでは、何が何だかわかりません。このように、苗字の画数が安定しないので、長男の名付けをどうしたら良いのか、さっぱり判らなくなりました・・・(後略)」
との質問メールがありました。』

 全く、そのとおりで、日本中の「五剖式姓名判断」では、現在、市販されている「赤ちゃんの名付け本」では、「苗字」の画数を求めて、それを「天運(祖運・先祖運など)」として、「苗字は吉凶判断をしません!」と言いながら、吉凶判断や点数(5段階評価など)を記載しています。
 これでは、明らかに矛盾した説であり、日本中の説が読者を迷わし、不安にさせる欠陥本が店頭で、堂々と市販されています。
 ですから、全国の知識層は「姓名判断なんて、いい加減なもの・・・!」と信じなかったのです。
 そのうえ、古代中国から「9(九)」は、「皇(9)帝(9)」の専属数であり、紫禁城や天壇などの建造物は、「9(九)」を基本に造営されて来た最大吉数(九天八柱)ですが、このような知識もないのか、日本中で市販されている「赤ちゃん名付け本」は、「9画・19画は、”大凶!”」としています。
 ですから、冒頭の「大澤(大沢)」さんのように、市販されている名付け本では、「一体、どうしたら・・・?」という疑問は、当然のことだと思います。
 以前にも、投稿しましたが、今から半世紀前、私が「大学院法学修士論文」についての、ゼミの教授(民事法専門)から指導を受けたことは、現在でもシッカリと胸に刻んでいます。
 「 論文では、部分的な間違いは許されるが、総論と各論が”矛盾”する記述は許されないので、十分に精査して論文を提出するように・・・」との指導でした。ですから、日本中の「姓名判断本」(「赤ちゃんの名付け本」)では、総論で「苗字に吉凶はありません!」と言いながら、各論の個別判断になれば、「苗字の画数を、天運(先祖運)」として、吉凶の判断をしている矛盾がとても気になります。
 そのうえ、この説は昭和3〜4年に発表された「熊崎式姓名判断」が基本となり、平成の現在まで90年近くも、「日本中の誰一人として疑問を唱え、改善する進歩がない!」のも不思議な業界です。
 それどころか、日本初の私説を、人文科学的に反論するのであれば大いに歓迎しますが、投稿者名もなく「2チャンネル」で、私を中傷・誹謗しているサイトがあるのは、おそらく業者だと思います。
 その2チャンネルよる中傷・誹謗が多くても、全国からのフアンメール・ブログコメントや法学部教授ご一家・医大教授・准教授・開業医(心療内科・小児科・皮膚科など)・国際弁護士・裁判所書記官・教育委員会職員・商工会議所の役員・実業家などの知識層からの命名・改名依頼もありますし、驚くことに”名付け”もされている有名神社の「神職名」なども命名して来ました。このように、「天動説の世の中」で、「私の地動説」が認められて来ています。

 さて、前提の余談が多くなりましたが、いいですか「先祖代々・・・」と記載され、そのうえ、苗字の画数を求めて「天運(先祖運)」の吉凶判断しているのは、大きな間違いのまま、市販されている本が多いのです。
 それに関連して、次のことを必ず記憶していてください。
 それは、今日が「9月19日!」ですね。約150年前のこと・・・です。

『 明治3年の9月19日は、「平民苗字許可令」が発布されたこと、シッカリ記憶してください。これにより「壬申戸籍(じんしんこせき)」が明治5年以降に戸籍編纂が開始されたのです。
 そうすると、日本人の全てが、正式に苗字を持ったのは、約150年前の明治5年の「壬申戸籍」が編纂された以降です。ところが、日本中の「赤ちゃんの名付け本」では、「苗字の画数」を求めて「天運」として、「苗字は、”先祖”代々受け継がれたもので・・・」と説明。では、その”先祖?”は、いつの時代を言っているのか、非常に曖昧ですね。
 特に、既婚女性や婿養子の男性は、明治以降〜平成の現在でも、苗字は先祖代々受け継がれていません。・・・このように本に記載されていること、必ずしも正しくないことが多いのです。』

 今日は、9月19日なので、過去に投稿したブログで思い出したので再掲ですが、最近、このブログを読まれて、冒頭のようなメールを頂きましたので、改めて投稿しました。
「いいですか、本に記載されていること、必ずしも正しいとは限りませんよ。まして、レベルが低く気分が悪くなるような2チャンネルは無視してください!」

(ブログ検索は、「望月岳陽」ではなく、「http://blog.gakuyo951.jp」からですと、2チャンネルは少なく、読みやすいです。
なお、右上欄の「動画」もリンクしていますので、クリックしてお読みください。非常に簡潔にまとめています。)

必読!”事実確認”が必要!加害者が被害者になる場合がある!
[第2719回](大吉)・・・9月18日(中吉)

『 ニュースでは、「殺害死・交通事故死・・・」などと報道されても、「必ずしも加害者が全面的に”悪い”!」と判断できないケースもあります。
 逆に、「事実は、被害者に原因があるケースもあり、加害者と入れ替わるのが真実!」という事件事故もあります。ですから、余程、慎重にブログも投稿せねばなりません。
 ですから、私は”被害現状”から一面、「加害者だから悪い! 被害者だから可哀想!」との感じを持ちますが、終局は、「加害者も被害者も、法的責任を超越して、双方とも”運が悪い!”」との結論の表現で投稿していることに、気付いていますか? 
 仮に、死刑囚でも、そのような運命になったのは、赤ちゃんの名付けの際、「親子とも、”事件事故”に遭遇するような名付けになり、”不運”だった!」との結果現象なのです。
 このような精神で、皆さんも毎日のニュースを読んでください。』

さて、今日のTBSニュース。
『 警察の情報によりますと、17日午前0時半ごろ、横須賀市三春町の路上で、近くに住む43歳の母親と4歳の長女が走ってきたオートバイにはねられました。2人は病院に運ばれましたが、いずれも意識不明の重体です。
 オートバイを運転していた男は、一旦逃走しましたが、現場に戻ってきたところを警察が逮捕しました。逮捕された「仁禮 直樹」容疑者(22)は、「ブレーキをかけたが間に合わなかった。怖くなって逃げた。」と言うことです。』

 さて、皆さん、このニュースを読んだとき、「可哀想に、43歳の母親と4歳の長女が、オートバイに撥ねられたのか!・・・オートバイは、決しからん!・・・」と、単純に判断できないのです。
 なぜなら、この判断ができるのは、「母子が、歩行者信号を守った横断歩道で、スピード違反のオートバイが、信号停止することなく、母子を撥ねた事実」であれば、それはもう加害者と被害者は明白に、「100対0 」の法的責任でしょう!
 ところが、「午前0時半とは・・・? 夜半ですよ。幼い4歳児を連れて”路上”で撥ねられた!」と記載され、「”横断歩道上”で撥ねられ・・・」とは、報道されていませんね。すると、照明がない暗い車道を歩行又は横断していた場合は、どうでしょうか? もっと、悪く思考すれば、スピードを出して来たオートバイの前、10〜30m前に故意に飛び出したら・・・? そんな現状では、ブレーキも間に合わない場合がありますよ。もっとも、その現状では、オートバイのスピードが制動距離として重要な調査視点です。
 このような事実関係が明白になった時点で、「オートバイが悪い!いや、歩行者が悪い!」と判断できるのですが、一般のニュースでは、現場調査も終わる前に報道されることも多いので、軽率に判断できないのです。

 そこで、私のブログでは、法的責任は別として、このような交通事故などに遭遇する運命・・・、それは何歳になっても、赤ちゃんの時に名付けられた姓名が原因となることが多いです。過去のブログでも、加害者・被害者の双方とも、「運気がない名付け!」だったと判断する的中率は、約70〜80%だとの感触を持っています。他の原因もある場合がありますので、決して「100%的中!」ではありません。

 今日の交通事故のオートバイ運転手は、
「仁禮 直樹」容疑者(22)天格12・地格34・総格46

どうですか、全て”偶数”のうえ「天格12」では、「”事件事故”に遭遇する可能性は非常に高い!・・・」ことのみは、判断できますね。
 もちろん、事故責任比率が100%とは・・・判断できませんので、このブログでは、このような事故に遭遇するのは、赤ちゃん誕生時(22年前)に名付けられた姓名に「運気が無かった!」という判断だけは、この青年も「重傷の母子」(交通事故に”遭遇”する運命)も同じ判断ができるのです。
 
 ともかく皆さん、天格2系列の姓名は、早急に改名(通称名)すべきです。「事件事故に遭遇する可能性が高い姓名」は、生涯に大きな”凶気”を齎しますよ。

(追 記)
  18日の釧路市でマイクロバスと乗用車が正面衝突! このマイクロバスのプレートのナンバーは、「94-02」と明確にニュース映像にありましたよ。人も車も「2」系列は避けてください。

必読!”燃える火”・事件を呼ぶ字体「光・照・輝」!
[第2718回] (中吉)・・・9月17日(小吉)

『 親の想い、必ずしも子の幸せにならず!』

(最近のニュースから・・・)
  この子は、いつまでも”照り”映えるような人生を送って欲しい!」と、子の幸せを願った親の愛情で、「照久」と名付けたました。でも、その子はどんな人生になったでしょうか?

 さて、その子は山林で暮らしており、”住所不定”で”無職”の「日野 照久」容疑者(64)。東京・あきる野市の住宅に押し入り、現金や「おこめ券」を奪ったとして、山の中で生活していた無職の男が警視庁に逮捕されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆屐,海了劼蓮△い弔泙任癲標”が射すような人生を送って欲しい!」と、親の愛情一杯に「光央」と名付けました。さて、どんな人生になりましたか?」

 NHK「うたのお兄さん」で成功した「杉田 光央」被告(51)。覚醒剤使用などの罪で、執行猶予付きの有罪判決が確定。そのうえ、東京都の公安委員会は運転免許を180日間、停止する処分にしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「 この子には、猛々しく”輝く”ような人生を送って欲しい!」と、親の愛情一杯に「輝武」と名付けました。さて、どんな人生が待っていましたか?

 今年6月のニュース。「東京・池袋のホテルで妻を"殺害"したとして、"無職"の「山口 輝武」容疑者(33)が警視庁に逮捕されました。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 以上のとおり、ごく最近のニュースにあった3件から、「親の想い、子に届かず!」が良く判る事件でしょう。
 わが子への”名付け”。漢和辞典で確認もせず、親の”想い”だけで、燃える”火”の「照・光・輝」の字体に気付かず名付けをすると、「親の願い子に届かず!」になりますよ。

 女児の名付けでも、驚くことに市販の「赤ちゃん名付け本」の候補名の中に、「あこ」という呼び名の可愛さから・・・、なんと「亜胡(あこ)」という候補名も・・・驚きです!
 「亜胡」を漢和辞典で確認して観てください。「亜」は”醜いナンバー2”であり、「胡」は”髭(ひげ)面(つら)の北方民族”・・・なのです。「胡」の”月”は、名月ではなく、”肉”なんですよ。それも知らずに、候補名として記載しているようです。
 ですから、「亜胡(あこ)」と名付けたら、「醜い髭ずらの(垂れ肉の)北方民族」という語意で、可愛いわが女児に名付けたことになります。過去の地元新聞で「麻胡(まこ)」「愛胡(あこ)」の実例もありました。
  同じ”こ”なら、「瑚」がベスト! その次に「湖」でしょうね。
 
 「愛情一杯に名付けました・・・」と言われるなら、漢和辞典で確認もせず、「胡」を使用して、成長した女児になんと説明しますか?
それにしても、「胡」や「光・輝・照」などの字体を使用した「候補名」を推薦している「赤ちゃん名付け本」・・・著者の無学でセンスの無さ・・・を丸出し! 呆れた名付け本が多いですよ。 

必読!”苦労性”のうえ”労災事故死”は、風水の「天斬殺」事例!
[第2717回](小吉)・・・9月15日(大吉)

『 今日は仲秋の名月ですが、あいにく台風と前線の影響で、全国的に名月を観賞できませんね。日本は、全国どこでも風光明媚で、春の桜・夏の花火・秋の紅葉と名月・冬は雪と正月・・・、東京・大阪など大都市のビル街もあれば、京都・奈良の古都もあり、そして農山漁村の自然の光景もあり、それらを肌で感じながら、1年でも健康で長生きしないと損だと思いますよ。
 そのためには、皆さんやご家族・・・、運気が良い姓名になっていますか?
 昨日のブログのように、踏切事故で僅か9歳でこの世を去った少年、そして今日のブログのように、労災事故で39歳という人生の半ばで去るとは・・・、本当にお気の毒ですよ。その方たちの運命は、なんと「姓名が”生命”に直接影響する」とは・・・? 皆さん、私説「天命数霊術」だからこそ、従来の”占い”とは異なる「幸・不幸の判断」を、”人文科学”として実証できるのですよ。』

昨日のTBSニュース。
『 14日午前8時20分ごろ、市川市平田の外環道の建設現場から「男性作業員が高さ10mの建設現場のところから、作業用エレベータに接触して転落した」と通報がありました。消防が駆けつけたところ、千葉県木更津市の「仲野彰洋(あきひろ)」さん(39)が、心肺停止の状態で倒れていて、病院に運ばれましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。』

 この事故死は、建設現場の労災事故であることは確証できますでしょう。
 ただ、私が注目したのは、
「仲野 彰洋(あきひろ)」の”画数”よりも、”4文字左右分かれ!”で”凶相の龍脈”で名づけられた「天斬殺」になっている姓名ではありませんか!

 もともと、この「天斬殺」というのは、大都市のビル街で、左右の高層ビルに挟まれた低い建物がある場合、天からの凶気が、低い建物に流れ込み、凶相の運命になるという風水上の”形刹(けいさつ)”を言います。
 この風水理念を、日本初「天命数霊術」のァ嵶玉(形)」の判断要素にしたものです。

 ですから、左右分かれの距離が長い(ビルでは高さ)ほど、その”形刹”を受けますので、苗字+名づけ=4文字以上(不安定な字体の場合は、3文字。)であれば、”事件事故”に遭遇して、死亡事故や重傷の被害を受けるのです。
 
 では、今日の労災事故者の姓名を観ますと、
仲野 彰洋(あきひろ)」天格20・地格20・総格40

この姓名をタテ書きに書いて観ますと、4文字とも左右分かれ・・・の「天斬殺」と、すぐ判りますでしょう。
 それに、3ヵ所とも「0(ゼロ)」系数では、生命力がありませんね。
 そのうえ、止め字に「洋」という”下に尖った字体”ですから重心がなく、とても「神経質な性格」ですよ。
 それに、対外的な運気も「ゼロ」ですから、お気の毒にも現在まで、大変な”苦労性”であり、危険な仕事も従事されて来たという運命なのです。
 しかし、地格20の中には、「洋=9」を含んでいますし、「あきひろ」の”ひ”の音感がありますので、「創造力・技術力」の点においては、とても有能な方でしたよ。
 でも、悲しいことながら、生命力の点では「3ヵ所のゼロ」から、男性の平均寿命80年の半ば・・・39歳で天国に召されました。
 冒頭で述べましたように、日本人としての人生には、まだまだ楽しいことが沢山ありますよ。

もし、仮に逆の「仲野 洋彰(ひろあき)」でしたら、天格15・地格25・総格40となり、技術職としてもピッタリ! そして「彰=14」の止め字に重心が下がりますので、安定感ある姓名になり、有意義な人生を謳歌できたと思います。
 誠に、残念です!
 皆さんも、運気が良い姓名を持ち、健康長寿の生活をお願いですよ。ご家族のためにも、社会貢献のためにも・・・。 

必読!自転車少年が踏切事故死;「天格12」と「光」が原因!
[第2716回](小吉)・・・9月13日(小吉)

『 「僅か9歳の人生とは・・・!」
 運命とは言え、本当に可哀想ですよ。昨晩のニュース。自転車の小4男児が、電車にはねられ踏切事故死とは・・・!」
 その原因は、”事件事故”を呼ぶ「仲川 光陽」くん(9)の”名づけ”にあったこと、信じられない方もいるでしょう。しかし、過去のブログで沢山実証して来ましたね。絶対に「天格2系列」や「燃える火」を表す「”光・輝・照”」の字体を、俗人に名付けてはいけません(神仏・神職・僧侶名であれば可。)。』

昨晩のTBSニュース。
『 12日午後5時20分ごろ、茨城・筑西市井上にある関東鉄道常総線の踏切で、自転車に乗っていた近所の小学4年「仲川 光陽(こうよう)」くん(9)が、下り電車にはねられました。仲川くんは、およそ20メートルはね飛ばされ、病院に運ばれましたが、全身を強く打っていて、死亡が確認されました。
 列車の乗客や乗員およそ30人に、ケガはありませんでした。
 警察によりますと、現場は警報器や遮断機のない踏切で、仲川くんは友達の家から自宅に帰る途中だったということです。
 現場は林に囲まれていて見通しが悪く、運転士が「急に子どもが飛び出してきて、ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しているということで、警察が事故当時の状況を調べています。』(12日23:53)

案外、誤解している人、多いですよ。人名に多い「光・輝・照」の字体「太陽の光ではない!」のです。過去のブログで何度も言いました。
「光・輝・照」は、燃える”火”です。俗人は、燃える火を太陽エネルギーに変化させることができないので、”火”に負けて”事件事故に遭遇する可能性が高い”こと、漫画家の「(故)横山光輝」が火災焼死した事例から、実証しましたね。
 要するに、赤ちゃんの名付けで、「光・輝・照」の字体を使用しないように、注意してください。
 愛情一杯に名付けたのであれば、図書館で確認するぐらいの労を惜しんではいけません。最近、良く人名に使用する「晃」と、従来の「輝」の”光”の違いぐらい漢和辞典で調べてから、「愛情一杯に名づけました・・・」と、胸を張って言えるのです。
 この踏切事故も、「光陽」の光を”太陽の光?”と勘違いされて、名付けられたと思います。

「仲川 陽(こうよう)」天格12・地格15・総格27

 それでも、仮に「天格9」系列であれば、「光」の凶相は中和されるかも知れませんが、本当にお気の毒にも、”事件事故”を呼ぶ「天格12」(「仲=6」+「光=6」)になっているのを、ご存じなかった不運があります。

 そして、同じ「こうよう」でも、「香陽(こうよう)」であれば、天格15・地格15・総格30 となり、男の正義感と金運を呼ぶ「5」系列のダブりになり、例えば、若くしてノーベル賞受賞の「田中 耕一」氏(「5・5」タイプ)と同様な人生を送られていたかも・・・?
 本当に可哀想です。人生は、男性平均約80年もあります。僅か、9歳でご両親と別れ、天国に旅立つ・・・とは? それも、僅か「光」の文字を使用したのみで、こうも人生に違いが生じるとは・・・? 私説「天命数霊術」だからこそ、実証できるのですよ。

必読!ベストの名付け、2/84人中の「松本淳太郎」くん等の2人!
[第2715回](大吉)・・・9月11日(大吉)

『 先日5日の「必読!ベストの名付け、1/54人中の「大村龍太郎」くん!」に続いて、今日11日の山陽新聞(日曜版)では、84人の赤ちゃんの写真と姓名が掲載されていましたが、やはり天格9系列は9人と少なく、しかも、その中でベストの名づけは、「松本淳太郎」くんと「磯野 晴季」くんの2人でした。
 どうですか、親がどんなに愛情もって名付けても、ベストは2/84人でしたよ。』

 先ず、天格9系列の9人を紹介しましょう。運気が良い名づけですから、苗字まで記載したフルネームで記載します。下記は、運気が良い順です。

★ベストの名付け
「松本淳太郎(じゅんたろう)」天格19(11を含む)・地格9・補格9・総格37
「磯野 晴季(はるき)」天格29・地格19・総格48

★昇順数の名付け
「岩田 悠慎(ゆうしん)」天格19・地格18・総格27
★9系列のダブり
「尾崎 凱音(かいと)」天格19・地格20・総格39
★9系列と1系列の2ヵ所あるもの
「岡崎  啓(けい)」天格19・地格11・総格30
「澁谷 颯太(そうた)」天格29・地格11・総格40

★天格と総格が大吉数
「村上 陽咲(ひなた)」天格19・地格12・総格31
「吉原 ゆあん(ひらかな)」天格9・地格14・補格2・総格25

★9系列の1ヵ所のみ
「山本 伊織(いおり)」天格9・地格23・総格32

 これら幸運の名付けに対して、天格2系列の「事故事件に遭遇しやすい児」は2人と少なく、天格0系列の「病気になりやすい体質の児」が7人と比較的に多い名づけが観られました。
 ここでは、苗字・名づけの全容は伏せて、苗字と名づけの1字目のみを記載します。
★交通事故などに遭遇しやすい児・・・2人
「天格22=村(7)+輝(15)」
「天格12=山(3)+美(9)」

★病気になりやすい体質の児・・・7人
「天格20=石(5)+穂(15)」「天格20=畑(9)+涼(11)」
「天格20=服(8)+葵(12)」「天格20=西(6)+颯(14)」
「天格10=竹(6)+友(4)」「天格10=三(3)+来(7)」
「天格10=田(5)+由(5)」


  さて、皆さん、84人の名付けがあれば、その中で「ベストの運気は、9人!」そして、その反対に「事故事件や病気になりやすい体質は、9人!」という、どちらも”9人”とは・・・? 偶然でしょうか? 
 いいですか、「これらの災難が何歳の時か?」とは、「天命数霊術は、占いではない!」ので不詳・・・、文系の科学としては、現在のところ開発していません。
 明日かも知れませんし、数十年後かも・・・?
 ですが、かって室町時代の禅僧「一休宗純」(一休さん)が言ったように、「子どもの”逆死”(親より早死)」ほど悲劇はありませんので、早く改名されることをお勧めします。

必読!お気の毒な機動隊「佐々木俊一」さんの死!
[第2714回](小凶)・・・9月10日(大凶)

※ブログ右欄の「Links;動画「天命数霊術」の基本(ブログから) 」(門下生が好意で作成!)もかなり出来てきました。復習の意味でも、良くまとめて頂いていますので、リンクしてご覧ください。

『 この事件は、交通事故などと同様、加害者も被害者も、”不運”だったのです。機動隊の訓練指導員ですから、「息継ぎの余裕を与えず、繰り返し沈めたらどうなるか?」ぐらい常識で考えても判るのに、「後ろから掴んで、繰り返し沈める」などした行為は、通常の指導を超えた「業務上の”重”過失だ!」と判断できます。しかし、このような指導せねばならない訓練生に遭遇したのも”運命”であり、その運命は、指導員の姓名が、天格22の「”事件事故”を招くような姓名」であったからです。
  一方、被害者の訓練生も、このような指導員に遭遇したのも、姓名から観て、”運気”がなかったのですよ。仮に、「”幸運の運気”を持つ指導員」であったなら、尊い命を落とすこともなかったのでは・・・?
 このように、加害者・被害者の「運命的な相性が悪い出会い」が、尊い被害者の命が奪われたのも、二人の姓名から観られるのです。』

  この事件内容と地裁判決の概要が、TBSニュースにあります。
 『 4年前、埼玉県警の機動隊の訓練中に、当時26歳の男性巡査が死亡した事故で、さいたま地裁は、当時の指導員に対して、執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。
 埼玉県警の巡査で、当時の訓練指導員だった「渡辺 哲範」被告(33)は、2012年6月、プールでの水難救助の訓練中、機動隊の「佐々木俊一」巡査(当時26)を、「後ろから掴んで繰り返し沈める」などし、死亡させた業務上過失致死の罪に問われています。
 7日の判決でさいたま地裁は、「息継ぎの余裕を与えずに繰り返し沈めたもので、過失の程度は重いといわざるを得ない」と指摘しました。
 一方で、「被告は、警察官として市民生活の安全や治安維持に貢献してきた。社会での更生の機会を与えるのが相当だ」として、懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。
「仏壇に手をあわせるとき、俊一の死が無駄にならない判決になってほしいといった。だけど、ならなかった。とても残念です」(佐々木俊一さんの母親)
 埼玉県警は、「判決を厳粛に受け止め、改めてご冥福をお祈り申し上げ、ご遺族に深くお詫び申し上げます」としています。』(07日18:20)

この運命は、ちょうど交通事故のような事件です。
 加害者に過失があるが、その凶気を跳ね返すだけの「強い運気を持っていない被害者の場合、死亡事故になる」という誠にお気の毒な運命でした。
 しかし、それだからと言って、指導員は、加害者としての刑事的・民事的責任を逃れることはできません。
 話が前後しましたが、二人の姓名は、

指導員「渡辺 哲範」天格22・地格20(範=15を含む)・総格42

訓練生「佐々木 俊一」天格16(俊=9を含む)・地格4・補格4・総格24

 渡辺指導員は、地格に正義感15を含み、それを対外的に押し付ける「天格22」が”事件事故”を呼ぶ運命になる姓名です。
 これに対して、佐々木訓練生は、「俊」の字体を使用していますので、とても賢い素質があり、地格4から負けず嫌いの気持ちはありますが、天格16なので、男性としては「控えめで、大人しいタイプ」で、損をする運命です。

 この二人の運命的な相性は、顕在的な数は全て”偶数”であり、天格どうしを加えても、22+16=38 の”偶数”であり、発展的な良好な相性はありません。
 折角、ご両親が名付けた「俊」という賢い幸運な字体も、「佐々木」という苗字には不適合で、運気がなかったのです。

 本当に不思議なのです。信じられないかも知れませんが、「数霊の神秘」は、「人は生まれながらの悪人はいない・・・」と言う性善説の理念と一致しています。赤ちゃんの名付け時点では、悪人や不運の人はいないのです。名付けられ、それを日常生活で使用頻度が高まるにつれ、運命の吉凶が左右してくるのです。使用頻度とは、それも戸籍名ではなく、日常使用の通称名・雅号・タレント名で運気が大きく変化してきます。
  例えば、「イチロー」選手の運気は、戸籍名「鈴木一朗」ではなく、ベスト「9画(イチロー)」の運命になるのです・・・。

必読!”ご注意!”「未必の故意」”殺意”が推定される事故!!
[第2713回](小吉)・・・9月9日(最大吉)

『 旧暦9月9日は、古代から”菊の節句(重陽の節句)”の祝日であったことは、忘れずに覚えていてください。これだけでも、「9がいかに”大吉数”!」であったのかを実証していますよ。
 さて、今日の事件、「接触事故の被害者である男性が、逃げようとした加害者の車に、しがみついた状態で、1.3キロ車走らせた疑いで、逮捕された事件」です。この事件は、過去のブログにも数回投稿した”未必の故意”と言う法律用語も記憶していてください。』 

 この事実のように危険な状態で、「死んでも仕方がない!」という容認の心があれば、”未必の故意”で殺意が推定されて、殺人未遂罪になります。
 1昨日のTBSニュース。
『 横浜市で、男性がしがみついた状態で、車をおよそ1.3キロ走らせ、この男性を殺害しようとしたとして、41歳の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは、横浜市の塗装業「高野 晃一」容疑者(41)で、5日午後8時前、車の窓に36歳の会社員の男性がしがみついた状態で、約1.3キロ、車を走らせ、この男性を振り落として”殺害”しようとした疑いが持たれています。
 警察によりますと、高野容疑者の運転する車が横断歩道で男性と接触。男性が警察を呼ぼうとしたところ、高野容疑者が車を急発進させたため、窓にしがみついたということです。男性は両腕に軽いけがをしました。
 高野容疑者は6日、警察に出頭しましたが、殺意を否認していて、「初めて事故を起こし
パニックになり逃げた」と供述しているということです。』(06日23:07)

 「未必の故意」と言う法律用語も、忘れてはいませんね。
 「 落ちて死ぬかも知れないが、死んでくれた方が良い!」と、犯罪結果の実現は不確実だが、それが「実現されるかもしれない」ことを”表現”し、かつ、「実現を”認容”した場合」を言います。
 それに対して、「落ちて死ぬかも知れないが、まさか落ちることはあるまい!」結果の実現を表現しただけで、その結果を認容していない場合が、「認識ある過失」となります。ですから、「故意と過失」は結果の認容の有無によって区別されます。
 したがって、「死んでも、仕方がない!」なら「未必の故意」で”殺人罪又は殺人未遂罪”になり、「まさか、死ぬことはあるまい。」なら「認識ある過失」で”傷害致死罪又は傷害罪”になります。
 この程度のことは、あなたも「裁判員裁判」に指名を受けるかも知れませんので、記憶していてください。

さて、本日の事件、加害者の姓名を観ますと、

「高野 晃一」天格20・地格12・総格32

「晃」という語源が良い字体を使用していても、画数配列は全て”偶数”・・・しかも「0・2」系列しかないので、本当に”苦労性”でしたね。せめて、「梯子の癲11画」を使用するか、又は「晃一郎」として”郎=9”を張りこめば、総格41となり、運気は見違えるように好転して行きます。
 41年前、ご両親が愛情一杯に名づけられたと思いますが、「ご両親の愛情と子の運気とは、全く別物!・・・」なんです!
 可哀想ですよ。この姓名では・・・、生涯のうち、この事件のようなトラブルに遭遇する運命になっているのです。お気の毒ですよ。

必読!天格2系列で、スピード違反の大臣と飲酒運転の研修医!
[第2712回](大凶)・・・9月7日(小吉)

『 天格2系列の姓名であれば、大臣だろうが、研修医であろうが、”事件事故”に遭遇する運命にありますよ。沖縄北方担当大臣は、高速道路のスピード違反で書類送検され、研修医が送別会後、酒気帯び運転で逮捕されるなど、いずれも姓名が”事故事件”を呼ぶような天格2系列・・・”数霊”と言うのは、不思議でしょう? 』

≪事件 1≫TBSニュースによりますと、
『 「鶴保 庸介(つるほ ようすけ)」沖縄北方担当大臣が、大阪府内の高速道路を走行していた際に、スピード超過で摘発され、書類送検されていたことが分かりました。
 警察によりますと、鶴保大臣は、大臣に就任する前の今年7月、大阪府内の制限速度が時速80キロの高速道路を、時速120キロ以上で走行していたところを高速道路上に設置されたオービス(速度違反取り締まり装置)に記録されたということです。』

  皆さん、平日の昼間などで、通過車両が少ない高速道路では、制限速度80キロ以内で走行している車は、実に少ないですよ。特にトンネルに入ると、後続車に追突されるような錯覚が起きて、気が付けば、80〜100キロで走行しているのが自然です。それに平行した「追い越し車線」を怖いくらいのスピード(感触120〜140キロ)で追い抜いて行く車なんて、珍しい光景ではありません。
 ですから、時速120キロでオービスに記録されたとは・・・? もちろん制限速度違反で取締るのは、当然なのですが、高速道路の平常時の実態から観て、120キロで違反記録されたこと自体、”運が悪い!”と思います。
 もっと、悪質な無謀運転(約130〜140キロ)で、ジグザグ運転・・・しかもウインカーも出さず、高齢者マークの私の車両でも車間距離も空けず、前に入り込むような車を取締るべきです。
 この鶴保大臣も、単に時速120キロで、書類送検になったのは、どうも数回の違反があるのでは? 通常では、略式罰金で済まされるのに・・・?

「鶴保 庸介」天格32・地格13・総格45


天格32とは、画数が多い天格になりますが、やはり”事件事故”を呼ぶ「天格2」系列に間違いありません。人柄も良く成功数もありますが、何と言っても、天格2系列では、今後も何かに付け、トラブルを呼びますので、「庸介(ようすけ)」を改名した方が良いですよ。

≪事件 2≫TBSニュースによりますと、
『 長野県飯田市の病院に勤務する研修医が、自分の送別会の後に車を運転し、「酒気帯び運転」の疑いで、飯田市立病院の外科の研修医「宮崎 暁(さとる)」容疑者(31)が逮捕されました。
 宮崎容疑者は5日夜、病院の前の交差点で事故を起こし、駆けつけた警察官が調べたところ、基準値を超えるアルコールが検出されたということです。
 5日夜は院内で、宮崎容疑者らの送別会が行われ、ビールなどを飲んだということです。自宅までは1キロほどで、病院では「まさか車で帰るとは思わなかった」と話しています。』(06日13:47)


 自宅まで、僅か1キロなら、ブラブラと歩いて帰宅しても、良かったと思いますよ。折角、医師の資格を取得し、研修医として送別会も済み、ご両親もホッとされたところに、酒気帯び運転で事故を起こし、ニュースで「逮捕!」の情報には、ご家族は驚かれたと思います。
 これも、「”気持ちの緩み”が招いた一つの災難!」でしょうね。
 でも、”医師”の直接業務ではないにしても、やはり「逮捕!」という報道で医師としての信用を落とされたのは、”お気の毒”に思います。
 この災難は、次の姓名を観ますと、なぜか?・・・判りますね。

「宮崎 暁」天格22・地格11・総格33


やはり天格22が「”事故事件”に遭遇する運命」にあるのです。今後、将来にわたり、医療ミス(特に外科医ですので)などがないように、日常の”通称名”(本名の改名は、医師免許で困難)で良いので、ベストの運気を呼ぶような通称名を付け、医師としての信用を得て、人生を謳歌して頂きたいですね。
(※昨年度は、東京の医師2人、福岡の医師1人の改名依頼がありました。)

(追 記)
 7日午後6時15分ごろ、名古屋市昭和区でパトカーの警察官が盗難車を運転する男を発見。停止を求めたところ、男は逃走し、その後、男は自転車に乗っていた近くに住む「久野貞子」さん(74)をはねました。久野さんは頭を強く打ち死亡しました。「久野」さんも、天格12ですよ。

必読!ベストの名付け、1/54人中の「大村龍太郎」くん!
[第2711回](大吉)・・・9月5日(大吉)

『 天才と言われる発明王「エジソン」の言葉 ;「成功者は、”運”が99%で、”努力”は1%に過ぎない!」との格言を忘れないでください。
親がどんなに愛情を持って、わが児を名付けても、お気の毒にも「高畑裕太」容疑者のようになるのか、「福澤 諭吉」のように紙幣の肖像として日本を代表するような成功者になるのか?・・・それは、親子ともどもの運命なのです。その運命は”遺伝”ではなく、”努力”の結果でもないのです。
  父親は農民、子は天下びとの「豊臣秀吉」(木下藤吉郎)、父親は下級武士、子は日本を代表する成功者「福澤諭吉」。人生への努力は、大なり小なり、誰だってしていますよ。その努力に花が咲くのも萎れるのも”運命”です。
 その運命は、人生で最大吉数「9」系列の”数霊”のご縁が、あなた親子にあったのか、どうか?で、可能性が生じてくるのが、不思議でしょう。
 さて、その幸運のスタートラインに立てる確率は、100人に1〜2人か? いや千人・万人に1〜2人になるのか、それは「9」系列の運気が決めますよ!
 昨日の山陽新聞の「赤ちゃんの名付け」から、54人中・・・僅か1人が将来の成功者の可能性がある姓名を紹介しましょう・・・。』

 何度も言いますが、「親の愛情と子の運気」とは、全く別物ですよ。毎日のように報道される「交通事故死や殺傷事件など」の被害者も、99%は親が愛情を持って名付けた子どもたちです。
 さて、毎週、日曜日の山陽新聞に、「満1歳の赤ちゃんの写真と姓名」が紹介されます。昨日は54人でした。この中で、特に「健康・知能・性格」が優れる赤ちゃん・・・天格9系列が4人・・・さらに、「天命数霊術」の5大要件を満たす赤ちゃんは、僅か1人でした。もちろん、天格5系列でもその可能性がありますが、天格9系列が「神亀の図」の首(9の文様;トップを示唆)から、生まれながらにして、トップラインに立っていますよ。

 先ず、天格9系列の優れた赤ちゃんは、次のとおり、4人です。

「大村 龍太郎(りゅうたろう)」天格19・地格11・補格9・総格39
「安田 千晴(ちはる)」天格9・地格17・総格26
「佐藤 雄飛(ゆうと)」天格19・地格27・総格46
「宗本 陸人(りくと)」天格19・地格7・総格26

どうですか? この4人を観ますと、もう皆さんも直ぐに見抜きましたね。
 「大村 龍太郎」くんが、3人より抜群に「ベストの運気!」で名づけられています。画数はもちろん、語意・語源・音感・龍脈(形)の視点から観ても、申し分ない名づけです。この姓名であれば、「長泣き・夜泣きせず、育てやすい児」であり、2〜3歳で大人が驚くほどの賢さがあり、将来は塾などどこにも行かず、授業と宿題だけしてトップクラスでしょう。ベストの名を持つと、親子とも実に気楽に成功者になります。
 これも、日本初の「天命数霊術」の「9・19」をベストの要素にするからこそ、将来の成功例が的中して行きます。
 「天命数霊術」を習得すれば、生涯の「幸運のくじ」を引き当てたようなものです。そんな幸運な人が日本に溢れれば、高額の国家予算を投入しなくても、「世界一幸せな国」になります。
 それは、今や世界に日本だけが「表意文字」の国だからこそ・・・なのです。 (中国は、表意文字から”簡体文字化”にしたので、国力が衰退!)

必読!総論と各論が矛盾の「赤ちゃんの名付け本」
[第2710回](大凶)・・・9月4日(小凶)

『 総論では 巉奸κ个離瀬屬蠅枠鬚韻襦廰◆崟名の左右分かれは避ける」と記載しながら、各論の「呼び名からの推薦候補名」では、「ニンベン・サンズイ・ノギヘン・キヘン・イトヘン」など、同じ偏が2文字続き、しかも左右分かれが続く名づけの21例を含めて、沢山の候補名1200も推薦している名づけ本があります。このような総論と各論が矛盾している名づけ本は、何だか信用できない気持ちになりますね。・・・要するに、欠陥本ですよ。』

少子化の日本でも、毎年約100万人の新生児が誕生しています。その大半は、従来の五剖式姓名判断を採用している「赤ちゃんの名付け本」を参考に名付けておられるのです。ところが、生涯の幸運を求める大事な我が子の名付けには、注意したいことがあります。
 「一流出版社の有名な姓名判断師の著作だから、信用できるだろう・・・」と、わが児の誕生祝の喜びにかき消されて、大半の両親は信じてしまうのです。 そして名づけ本を観ますと、どの本も似たり寄ったりで、名づけの候補名が非常に沢山のページを占めて、列挙されています。 
 ところが、この名づけ本には、読者の信頼を裏切る「総論と各論には、矛盾がある本がほとんどです。・・・おそらく、読者の皆さんも気付かれないと思いますが、1200の候補名を、私が一つ一つ点検して、矛盾している候補名を、下記のとおり、21の候補名を発見しました。
  いいですか、個人名のみですが、この時点で避けて置かないと、「苗字が同じ旁・偏である可能性」があり、運気下降の赤ちゃん名づけになってしまいます。
 [A出版社の著者B氏の著書]
総論では、 巉奸κ个離瀬屬蠅枠鬚韻襦廰◆崟名の左右分かれは避ける」と記載しながら、各論では、下記のとおり、候補名を記載しており、総論と矛盾しています。
(男児名の候補名・・・1200候補名中、21件の矛盾を発見!)
★「ニンベンのダブりで、左右分かれ!」・・・7件
「佳伸(よしのぶ)」「修作(しゅうさく)」「俊佑(しゅんすけ)」「伴伸(とものぶ)」「倫俊(みちとし)」「優作(ゆうさく)」「信保(のぶやす)」
★「サンズイのダブりで、左右分かれ!」・・・9件
「清流(せいりゅう)」「渥洋(あくよう)」「海汰(かいた)」
「清澄(きよすみ)」「滉汰(こうた)」「洸洋(こうよう)」
「波流夢(はるむ)」「波浬馬(はりま)」「湧津留(ゆづる)」
★「ノギヘンのダブりで、左右分かれ!」・・・2件
「和秋(かずあき)「稔秋(としあき)」
★「イトヘンのダブりで、左右分かれ!」・・・2件
「紅緑(こうろく)」「紗紋(さもん)」
★「キヘンのダブりで、左右分かれ!」・・・1件
「桂樹(けいじゅ)」

以上の候補名は、旁・偏のダブりですから、仮に苗字も同じ旁・偏になる可能性があるとすれば、完全に総論,鉢△北圭發靴討ます。
例えば「佐伯」家のご長男誕生で、「佐伯 俊佑」と名づけられたら、「ニンベン4つの左右分かれ・・・、少しヘン」でしょう? そのうえに「天斬殺で、事故死の可能性あり!」になります。
 ですから、上記21事例のような「名づけ候補」を、著書に記載すること自体、間違いの元になるのです。
 皆さんも、著書を全面的に信頼しないで、ご自分で納得した説で、わが子の名付けをした方が良いですよ。

※旁・偏が2文字同一の苗字の方は、お子さんの名付けには、十分に検討してください。・・・植村・松村・杉村などの「キヘン」、・・・浅沼・津江・湯浅などの「サンズイ」などが続く方は、特に名づけには、ご注意のほどを・・・。 

必読!不思議?戦国時代・細川家に「天格19」のご縁?
[第2709回](大吉)・・・9月3日(小吉)

『 世の中には、不思議な「偶然の一致!」がありますよ。いや、これは「数霊の”ご縁”」かも・・・? 誠にお気の毒な地震と大雨で致命的な災害を受けた熊本城・・・。江戸時代以降、細川家の居城であったのは有名。この細川家のご先祖は、丹後宮津が領地であった名君「細川忠興」が藩主。しかし、この名君を補佐した「軍師;松井 康之」は余り知られていない。この軍師に視点を置いた時代小説「古城山物語」を、最近著作されたのは地元の「増馬 広之」氏です。 
 しかし、このブログは、史実の紹介が主たる目的ではなく、「姓名判断」の視点で、”不思議な数霊”のお話しが目的なのです。』

 皆さん、世の中には「えっ、どうして? 不思議?」という一致がありますよ。現代の細川家については、熊本では「近年の(元)総理大臣;細川護煕氏がおらが殿さま・・・」だったことは、全国的に周知されていますね。
 ところが、この大藩の大名「細川氏」は、前任地が豊前国小倉藩であり、その前が京都の宮津藩だったことは余り知られていないが、本能寺の変で有名になった「明智光秀」の娘「玉子(ガラシャ)」を妻にした「細川 忠興」藩主は有名ですね。
 そして、この名君を補佐した軍師が「松井 康之」であり、その姿を綴った時代小説「古城山物語」を、地元の「増馬広之」氏が農業に従事しながら、2年を要して著作されたことが、京都新聞に掲載されていました。

 この時代小説は、筆頭家老・軍師「松井康之」が、古城山に城を置いて、農民を大切にしつつ、荒廃した神社仏閣を再興するなどした名君ぶりをつづった小説だそうです。
 著者の「増馬 広之」氏は、10年ほど前に「細川藤孝(幽斎)」(忠興の父親)をテーマにした講演を聞き、地元にゆかりの深い軍師「松井康之」を知り、作家司馬遼太郎さんらの小説にも登場する彼の「(下剋上の戦国時代に)、生涯をナンバー2に徹した生き方に魅了された」と述べられています。
 この著書が、書店に販売されたら、ぜひ、愛読したいですね。

 さて、この小説の関係者と題名を観ますと、次のようになっていますよ。

★名君の画数;天格9系列で一致!
題 名
「古城山物語」(39
登場人物
「細川藤孝」天格29・地格10・総格39
「細川忠興」天格19・地格19・総格38
「松井康之」天格19・地格7・総格26
著者
「増馬広之」天格19・地格13・総格32

どうですか、この時代小説の題名をはじめ、登場人物3人・・・、そして驚くことに、題名は39画で、著者まで天格19であって、「9」系列の不思議な一致・・・?
 実に、不思議・・・? 細川家は、やはり「9」系列のパワーで守護された「ご縁があった!」ように思われます。

 このように、歴史上の名君は、天格9系列が実に多いですよ。
 戦国時代でも名君と言われた「淺野長政」(広島藩主)や「黒田長政」(福岡藩主)なども天格19ですよ。しかし、江戸初期の三大名君「池田光政」(岡山藩主)は、将軍「家光」からの「光」を好まず、日常は「池田新太郎光政」の通称名「池田新太郎(少将)」を日常使用していたそうです。これですと、天格19・地格9・補格9・総格37 になり、「9」のトリプルですので、三大名君と言われたのです。

 以上のように、今日のブログから観ても、戦国時代でも「9・19」の効用は素晴らしいパワーがありますでしょう。
 「9・19」など、9系列は”名君を創る最大吉数”なのです!
現在、日本で一番モテル男「福澤諭吉」は天格29、その次にモテル「野口英世」も天格19ですよ。
 このような史実からでも、「赤ちゃんの名付け本」に記載している「9・19は大凶!」という本は、歴史も勉強しておらず、根拠も実証もなく、出版されていることに驚きを改めて感じています。
 いいですか、あなたのお子さんが、将来、名君になる願いがあるなら、まず、「9・19・・・」などの”9”系列の恩恵を大事にすることですよ。
 そのうえで、「天命数霊術」の5大要件をマスターしてください。

必読!混同しないで!「酒井貴裕」と「酒井貴浩」との違い!
[第2708回](中吉)・・・9月1日(大吉)

『 「酒井 貴裕」と「酒井 貴浩」という姓名、非常に酷似した姓名ですね。
 ウッカリ人違いで名誉を棄損することがあります。過去のブログ紹介の「渡辺博文」さんと「渡辺 博史」容疑者との間違い事件がありましたね。
 同様に、昨日容疑者が逮捕された殺人事件では、? ウッカリすると、お笑い芸人「酒井貴裕」さんを「酒井貴浩」容疑者と間違いますよ。全国には、類似ではなく、全くの同姓同名も沢山おられますので、名誉棄損にならないように注意してください・・・。』

 平凡な人は、何でも流行を追い益々平凡になりますね。
 わが子の名付けでも、その当時の時代を反映した字体が流行・・・、戦時中は「勝・信・忠・義・勇・正・・・」など字体が流行したり、戦後昭和33年当時、現在の天皇・皇后陛下(当時、皇太子ご夫妻)のご成婚により、「ミッチー(美智子)ブーム」で、女性の「美智子」が大流行・・・。
 そして昭和35年、現在の皇太子殿下がご誕生で、「浩宮徳仁(ひろのみやなるひと)殿下、御称号は”浩宮”(ひろのみや)と命名されるや否や、爆発的に「浩」の字体が大流行。その皇太子殿下は現在56歳になられる。
 ですから、それ以降、5〜6年間に誕生した赤ちゃんの名付けは、「浩」の字体を含めて名づけましたから、現在、50〜55歳間の男性名には「浩」が多いですよ。

 さて、このような前提で、TBSニュースを観てみましょう。
『 去る28日、長崎県島原市の住宅で、この家に住む81歳の男性が殺されているのが見つかった事件で、警察は、31日未明、同居していた51歳の甥(おい)を殺人の疑いで逮捕しました。
 逮捕されたのは、無職の「酒井 貴浩」容疑者(51)です。警察の調べによりますと、酒井容疑者は今月26日から28日までの間に、島原市の住宅で同居していたおじの「堀田 新一」さん(81)を刃物で刺すなどして殺害した疑いがもたれています。』


どうですか、この甥の容疑者は「貴”浩”」という名で、現在51歳・・・。すると、現在多い「貴”裕”」との違いが判るのです。
 言い換えますと、現在、30歳になるお笑い芸人「酒井 貴裕」さんと非常に酷似した姓名ですが、殺人容疑者「酒井 貴浩」との違いが判りますので、間違って人権を阻害する中傷・誹謗するような投稿をしないようにしてください。 
「酒井 貴天格22・地格14・総格36
「酒井 貴天格22・地格16・総格38


このどちらも全て偶数ですし、天格22ですから、生涯”苦労性”の”事件事故”を呼ぶ運勢になっています。おそらく、どちらも赤ちゃんの時に名づけられた姓名ですので、当時、親子とも運気がなかったのですから、本人には誠にお気の毒です。
 とくにお笑い芸人の「酒井 貴裕」さんは、ベストのタレント名で、今後活躍されたら・・・と思います。いずれにせよ、「貴」の字体も意外にも逆に”苦労性”ですから、私の命名・改名では決して使用しない字体の一つです。 

 さて、過去の事例では アニメ「黒バスケ」脅迫容疑者が逮捕されたのですが、この容疑者「渡辺博史」と間違えて、「渡辺博文」さんを容疑者として、中傷・誹謗した書き込みしていたサイトが沢山ありました。
 いいですか、同姓同名でも全国に多数おられるのに、1字異なれば名誉を毀損しますし、運気も「天と地」の違いがあります。
 今日の事例を教訓に、私のブログでも、「人違いしないように、最大の注意を払って行きたい!」と、心を引き締めているところです。

必読!不運な「難波 綾」容疑者も、天格2系列と"天斬殺"!
[第2707回](小吉)・・・8月30日(小吉)

『 1昨日のニュースで、「”天格2”系列の”天斬殺”!」と言う2重に運気が良くない姓名の女性・・・産後間もない新生児の我が子2人を殺害し、雑木林に死体を遺棄した事件。それに、トライアイスロン大会で、海水浴場で溺死した57歳の男性も、やはり「天格12」で”事件事故”を呼びました。
  実に、「天格2系列のトラブル」が多いでしょう・・・。』

 昨日のTBSニュース。
『 鳥取県岩美町の雑木林と民家の倉庫で、乳児計2人の遺体が見つかった事件で、鳥取県警は28日、雑木林で発見された女児の「死体遺棄罪」で起訴された母親のパート従業員「難波 綾」容疑者(35)を、この女児に対する「殺人罪」容疑で再逮捕した。
 再逮捕容疑は5月30日ごろ、出産した女児を、自宅で窒息させ殺害した疑い。司法解剖の結果、女児は死産ではなかったことが確認されている。』


 この事件の容疑者は、現在人としては画数が多い姓名です。
「難波 綾」天格32(=18+14)・地格8・総格40

この画数配列は全て”偶数”であり、しかも天格32という「2」系列になって、そのうえ「綾=14」を含んでいますので”事件事故”を呼びます。それが総格40とともに、「4」が複数含まれていますので、加害者になりやすいのです。
 さらに、そのうえ「難波 綾」の”3文字とも左右分かれ”ですので、この形を風水では「天斬殺」と言い、大きな事件事故を起こす可能性があります。
 このような数字の配列状況を観ますと、病的なほど神経質な性格になり、わが児2人も殺害してしまう・・・という運命になったようです。

 さて、次も「天格2系列」の”事件事故”ですが、被害者の立場の事故です。
 やはりTBSニュースです。
『 28日午前10時ごろ、石川県珠洲市の鉢ヶ崎海水浴場で行われていたトライアスロン珠洲大会で、水泳競技に出場していた会社員「公下 周(まさる)」さん(57)が、溺れて病院に搬送されましたが、およそ3時間後に死亡が確認されました。』

 この公下さんの姓名は、
「公下 周(まさる)」天格12・地格3・総格15


どうですか、やはり天格12で水死ですね。運命・運気は「非常に高い比重で、天格の吉凶が影響する」のですよ。
 そうすると、現在でも日本中の「赤ちゃん名づけ本」が、人運と総運が重要・・・という説で判断しますと、

「公下 周」天運7・人運11・地運8・外運5・総運15

となり、重要ポイントと主張される「人運11・・・大吉」と「総運15・・・大吉」と、大吉が2ヵ所もありながら、”水死”するとは・・・? 
 やはり、日本中の五剖式(熊崎式)では間違いの判断になりますね。第一、5ヵ所も画数を求めることは、無駄な労力ですよ。
 私説は、3ヵ所のみですから、慣れれば3〜5秒間で判断できて、的中率は約70〜80%あるのですから・・・。
 どうですか、大事な我が子の名付けは、どちらの説がお得でしょうか?
 それでも頑固で流行を追う人は、従来の五剖式がベストの名付けと思われて、「天命数霊術」を理解できない方が、世の中にはまだ多いのですよ。
 ・・・お気の毒な生涯になるかも知れずに・・・。

必読!世界的な星座研究者「(故)本田 實」さんの業績!
[第2706回](小吉)・・・8月29日(大吉)

『 1字名で名付ける時は、絶対に「”左右分かれ”しない字体」で、止め字としても、安定感ある字体で名付けてください。そのうえで、「天格が9」系列になっていれば、子どもの時から優秀な才能を発揮して、歴史に残る業績を持つ偉大な人になります。
 もう、みなさん、耳にタコができるぐらい「天格2系列はダメ、天格9系列で名付けること・・・」を、実証してきましたね。』

 昨日の地元、山陽新聞の「子ども新聞」に「倉敷名誉市民 本田 實」さんの紹介がトップ記事でした。
 1字名づけで、天格19の成功者は、「犬養 毅」(元、総理大臣)や「明石 康」(前、国連事務次長)などが、すぐに浮かびますが、「本田 實」という人は全く記憶がなかったのですが、小学生用の新聞ですから、この偉人も皆さん記憶していた方が良いと思いますよ。

 実は、これからの季節、中秋の名月(9月15日)を臨みながら、満天の星空を仰ぐ季節になりますね。そのおり、「 新彗星12個、新星11個を発見した世界的に有名なアマチュア天文学者;本田 實(みのる)」さんを思い出してください。
 この本田さんは、鳥取県八頭町出身、大正末期の生まれで、子どもの時から夜空が好きで、僅か10歳ごろには、小遣いを貯めて、素人の私には判りませんが、「口径28mmのシングルレンズ」と「焦点距離25mmのラムスデン式接眼鏡」を買ったそうです。(どうですか、現在の10歳少年なら、スマホでゲーム! 段違いの賢さ・・・!)
 それで、「32倍の屈折望遠鏡」を”自作”して下弦の月を見たのが、望遠鏡による初めての天体観測だったとのこと。
 そして27歳のときから、「新彗星」を次々に発見し、なんと戦地からでも「周期彗星」を発見するなど、世界的にもアマチャの素晴らしい業績に評価されて、50歳の若さで「紫綬褒章」を受賞されました。
 そして、自費で岡山県倉敷市や賀陽町に「星尋山荘」を建設し、生涯で1453回目の観測して、惜しくも77歳で生涯を終えられました。
 生涯で新彗星12個、新星11個の発見があり、小惑星の中には、本田さんや奥さんの名前を、後世の天文学者が名付けた星もあるそうです。

 どうですか、自分の好きな天文学を、10歳から77歳までの生涯歩むことができたのも、姓名の運気が良かったからですよ。

「本田 (みのる)」天格19・地格5・総格24

 どうですか、「天格9」系列であり、「9・5」の2ヵ所ある画数に優れたうえ、「實=14」という1字名ですが、左右分かれしない”重心”がある姓名です。
 したがって、幼い子どもの時から、研究心や思考力を持つ優秀な人柄であり、現在の「ポケモンGO」など流行の後追いより、自分が「星空観測!」という国民的な流行を創り出し、敗戦後の日本に希望をもたらしたのですよ。
 私が常に言っていますでしょう。「流行を追う人は”平凡な人”、流行を創る人は”優秀な人”」です。
 その差は、「優秀な”姓名”にある」こと、皆さん、納得されましたか・・・? 

必読!研修医「大谷祐介」容疑者が、天格12で準強姦の疑い?
[第2705回](大吉)・・・8月28日(中吉)

『  容疑者本人が逮捕容疑を否認しているので、本来はこのようなブログに採り上げるべきではないのです。しかし、このブログの趣旨には、事実関係の真偽を言うばかりではなく、「天格2系列の姓名であれば、事実関係は別として、”事件事故”に巻き込まれるので、ご用心・・・」と言う趣旨もあるのです。
 ですから、皆さんご自身やご家族に、天格2系列の姓名になっていないか、どうか?を再確認して頂きたいのです。』

 事実関係の真偽は別として、天格2系列の姓名であれば、いつ”事件事故”に巻き込まれるか、どうか?・・・TBSニュースでは、次のように報道しています。
『 昨日27日、飲食店で同席した女性の飲み物に、薬物を混ぜ朦朧とさせた上で猥褻な行為に及んだとして、静岡県焼津市の市立病院の研修医「大谷 祐介」容疑者(28)を、警察は「準強姦の疑い」で逮捕しました。
 取り調べに対し、大谷容疑者は「容疑を否認」していますが、警察は、犯行に使われたとみられる薬物が、勤務先の病院から持ち出されたものである疑いもあるとみて調べを進めています。』(28日04:12)

 このニュースの事実関係は、おそらく被害者の被害届の範囲内で、警察は逮捕に踏み切ったと思いますが、大谷容疑者は「容疑を否認」しています。ここが、先日の「高畑 裕太」容疑者の強姦傷害事件と異なるところです。
 このブログで採り上げたいことは、「天格2系列」で名付ければ、事実は別としても、「”事件事故”に巻き込まれるので、絶対に止めなさい!」ということを強調したいのです。

「大谷 介(ゆうすけ)」天格12・地格11・総格23


  同じ「ゆうすけ」でも、「祐介・裕介・勇介・雄介・・・」などがある中で、「大谷」姓には不適合の「祐介」と、28年前に名付けたところに、親子とも不運だったと思います。
  仮に、誤報だとしても、全国ニュースで「研修医の大谷祐介が準強姦の疑い・・・!」で報道されたこと自体が、もう生涯の医師としての信用を落としたことになります。
  要するに、人生は”努力”も必要ですが、その努力も「運・不運」のもとに成り立っていますよ。
「運が良い生涯を送ってください!」・・・これがこのブログの目的です。


※「お願い」
再三、お願いしていますが、姓名判断などのご依頼は、ブログ左欄「★姓名判断・命名・改名の申し込み手続き、プロフィール★」を一読されてから、お申込み願います。なお、PCメールの件名には「都道府県名+苗字」のみの記載を願います。売り込みメール・迷惑メールと間違って、消去しないためです。
 また、お急ぎのご質問などは、下記の携帯テレでも結構です。
(PCメール;info@gakuyo951.jp )
(携帯メール:09090653019@docomo.ne.jp)
(携帯テレ:090-9065-3019 望月岳陽)
★ブログ閲覧は、2ちゃんねる投稿の中傷・誹謗が少ない「http://blog.gakuyo951.jp」からお入りください。

必読!”事件事故”を呼ぶ「”天地左右分かれ”の姓名」!
[第2704回](中凶)・・・8月26日(小吉)

『 皆さんの苗字で、1字目が左右分かれで、2字目が下に尖った「松本・杉本・坂本・根本・野本・村本・松木・鈴木・野中・村中など」のような「本・木・中」(もと・き・なか)である人は、個人名には、絶対に「左右分かれの字体”のみ”」で名づけないでください。「”事件事故”を呼ぶ可能性」が非常に高いですからね。要するに、風水の見地から観ても、安定感がない「天斬殺」に類似しているからです。』

昨日のTBSニュース。  
『 輸入衣料品販売会社の倉庫からレザージャケットなど、1300万円相当を盗んだとして、元社員の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、川崎市の衣料品販売業「松本 怜」容疑者(31)で、去年6月から今年6月にかけて、以前勤めていた輸入衣料品販売会社の倉庫からレザージャケットなどあわせて147点、1340万円相当を盗んだ疑いが持たれています。
 盗まれた衣料品がインターネットオークションで販売されていたことから、松本容疑者の関与が浮上したということです。
 松本容疑者は、盗んだ衣料品を買い取り業者に転売し、およそ250万円を稼いでいたとみられ、取り調べに対し、「生活が苦しかった」と容疑を認めているということです。』(25日11:01)

 運気が良い姓名とは、”安定感”が必要です。その安定感のためには、苗字が左右分かれでしたら、名づけの時、必ず、「左右分かれしない字体」で「重心」を下げる・・・!との留意点がコツでした。

 さて、この事件の「松本 怜」容疑者、本当に”苦労性”で気の毒でしたね。なぜなら、”運気”は「本」を中心に姓名に留まらず、天に抜け地にも抜けて、「働けど働けど”楽”にならない運命!」・・・、可哀想ですよ。誰も赤ちゃんの時には、何の罪も責任もないのです。
 いいですか、わが児を”事件事故”から守り、経済的にも”苦労しない人生”を望むのが、共通した親心です。

「松 怜」天格16・地格5・総格21

この姓名は、画数の点から観ると、吉数「5・1」の2ヵ所ありますが、この「5」は苗字からであり、個人名からではないので、同じ「5」でも”弱運”であり、しかも特に男性に必要な”対外的な運気”が「天格16」では、外見大人しく強運がない姓名になっています。
 その中で、配列字体を観ますと、「本」を中心に天の「松」、地の「怜」とも左右分かれで、姓名に運気がとどまらず、天地に発散してしまうので、生涯苦労性です。そして、時により”事件事故”に遭遇することがあり、しかも”重心”がないので、凶気を避けることができない名づけだったのです。

 そこで、この「天地左右分かれの実例」を、過去のブログから再掲しますので、姓名が運命を決めるとは、いかに大事なことなのか?皆さん、再認識してくださいよ。

 [”天地左右分かれ”の事例](被害者に多い・・・)
★「事例 1」(水死)・・・「鈴 恒昭」さん(38)
『 2015年5月2日、猪苗代町の中津川で、仲間とバイクでツーリングに来ていた東京都の会社員「鈴木 恒昭」さん(38)が1人で川に入って流されました。鈴木さんが水死したのは、「天格22」と「天地左右分かれ」の2つの原因でした。』

★「事例 2」(交通事故死)・・・「鈴 隆」さん(46)
『 ・・・(前略)・・・殺人の疑いで逮捕されたのは、川崎市高津区の自称・会社員「下山 春輝」容疑者(21)です。下山容疑者は5月14日の早朝、川崎市高津区の市道で、オートバイの後ろにしがみついた「鈴木 隆」さん(46)を振り落とし、殺害した疑いがもたれています・・・(後略)』

★「事例 3」(通り魔被害死)・・・「鈴 沙彩」さん(18)
『 2012年10月8日夕方、東京・三鷹市の自宅前の路上で、女子高校生「鈴木沙彩(さあや)」さん(18)が、通り魔なのか、男に刃物で首などを切られ、2時間後に死亡しました。』

★「事例 4」(酸欠事故死)・・・「梅 和洋」さん(39)
『 2013年8月17日午前10時ごろ、和歌山・海南市の民家の敷地内で、井戸の清掃をしていた男性の親子が意識を失い、搬送先の病院で死亡が確認された。県警海南署は、酸欠の可能性があるとみて当時の状況を調べている。
 同署によると、死亡したのは住人の建具店経営「梅本忠弘」さん(70)と長男「梅本和洋」さん(39)です。』

★「事例 5」(心臓移植・渡米)・「杉 類」ちゃん(10ヵ月)
『 重い心臓病を患っている大阪府箕面市の生後10ヵ月の男の子の両親らが、アメリカで移植手術を受ける費用を集めるため、募金活動を行っています。
 箕面市の「杉本 類」ちゃん(生後10か月)は「拡張型心筋症」という重い心臓病で、補助人工心臓をつけながら入院生活を送っています。』

 以上の実例を再掲しましたように、「本・木・中」(もと・き・なか)の苗字の方は、お子さんの名付けには十分留意してください。 

必読!復習に便利!「天命数霊術」の動画が出来上がり!
[番 外]・・・8月25日(大吉)

『 門下生の好意で、このたび「天命数霊術」の動画を作成して頂きました。右上の「リンク」欄にも載せていますが、皆さんの”お気に入り”に登録して頂いておけば、「天命数霊術」全体を勉強されている皆さんや復習には便利だと思います。』

★「天命数霊術」のYouTube 動画!

https://www.youtube.com/channel/UCw9hoN4pJBCpjcu3lPmt6fA/videos

必読!お気の毒!「裕太」の名付け、「高畑」姓に全く不適!
[第2703回](小吉)・・・8月25日(大吉)

『 このたびの俳優「高畑 裕太」容疑者の事件、誰よりも驚かれたのは女優「高畑 淳子」さん、母親ではないでしょうか? 折角、苦労して育て、俳優の道に歩き始めた矢先のこと・・・、この事件が母子とも俳優生涯の”命取り!”になるかも・・・? 全くお気の毒です。
このような”急激な運命ダウン”も、全て”姓名の影響”があること・・・、私説の「天格」重視の日本初「天命数霊術」だからこそ、実証できるのです。従来の「総運・人運」重視の五剖式姓名判断では、この事件も証明できませんよ。』

 すでに皆さんは、事件の内容については、TV・新聞などの報道でご承知ですので、省略しますが、TVドラマ・映画などの業界の損害は膨大なものになりますし、息子の「高畑 裕太」容疑者の俳優生命はこれでダウン、母親の「高畑 淳子」さんの女優生命にも、少なからず影響が予想されます。
 このような芸能界大事件も、「”事件事故”を呼ぶ天格2系列」の影響なのです。
 大げさに言えば、「人生で、一番大事なものは”姓名”、それも私説の”天格”!」なのです。
 それに気付くことなく、昭和初期から約90年も間違った「五剖式姓名判断」で、「総運・人運」重視の時代が続いて来ました。
 今回の事件で、裕太容疑者の姓名を比較して観ましょう。

★私説「天命数霊術」では、
「高畑 裕太」天格2212を含む)・地格13・総格35

 僅か3ヵ所・・・しかも「天格」(「高」+「裕」)重視ですから、姓名の吉凶は「3〜4秒間」で非常に簡潔に正確な判断ができます。この姓名は、「天格22が”事件事故”!」を呼んだのです。この実証は、このブログで「もう、イヤ!」と言われるほど投稿していますね。(徳島市の今日、「ポケモンGO」をしながら運転していた車に撥ねられ死亡した「中西幸子」さんも、”天格12”でしたね。)

★「五剖式(熊崎式)姓名判断」では、
「高畑 裕太」天運19・人運21・地運16・外運14・総運35

 さて、この五剖式(熊崎式)説で重要視するのは、「人運21」の”大吉”と「総運35」の”大吉”ですよ。いいですか、大吉が2ヵ所もあるのに、どうして、この姓名で「高畑」母子が致命傷なほどの”事件”に遭遇して、業界にも膨大な損害を与えたほどの事件を起こしたことを、実証できませんね。
 もともと、この五剖式の組み合わせ方が間違ったまま、約90年間も誰も疑うことなく、姓名判断業界に君臨していたのです。

 家電製品・通信機器類の理系科学は、驚くほどの日進月歩ですが、姓名判断は約90年間、全く進歩していません。
 五剖式(熊崎式)の間違いは、この画数の求め方の他、人類にとって一番大事な「9・19」を”大凶”!と判断している大きな間違いの判断をしているからです。その他、沢山の間違い・・・、例えば「苗字の画数は、判断しません!」と言いながら、上記の例では「高畑=19画で”大凶”!」と判断している矛盾?などなど、理系の進歩に比較にならないほど、レベルが低い説に呆れたものです。 そうしたことから、最近では私説が、やっと全国の知識層(法学部教授・医大教授・臨床医師・国際弁護士・裁判所書記官・教育委員会・商工会議所・神社神職・寺院僧侶など)から認められて、本人やご家族の命名・改名依頼もあります。
 そして、五剖式(熊崎式)を信じている業者からの中傷・誹謗も、最近ではほとんど無くなってきました。
 約90年間も続いた「天動説」の世の中で、「地動説」を提唱する孤独さから解放されたのは、やはり”真実の強み!”だったのです。
 このたびの「高畑 裕太」容疑者の姓名を観れば、むしろ”被害者”の立場(加害者に多い天格が「4・7」タイプではないこと)で事件に遭遇したかも・・・? 私説「天命数霊術」の”真実”が証明され、皆さんも納得されたでしょう・・・。 

実にお気の毒!
彼の赤ちゃんの名付けの折、「裕太」ではなく、仮に「俊太」であったなら、天格19になるばかりではなく、「高畑」母子の人生は、僅か1字違いで、大きく好転していたでしょうね。(「裕」は”弱運”の字体、「俊」は”偉人”の字体。)
母子とも”運気を呼ぶ女神(「天命数霊術」?)”に、ご縁がなかったのは実に残念です・・・!

必読!女性の「黒ぶち眼鏡」は、運気がダウンする!
[第2702回](大凶)・・・8月24日(小吉)

『 「 ”目”は口ほどに物を言う!」と、昔からの格言です。目を観れば、「善人も悪人」も、「元気な人も病人」も・・・そして「美人もそうでない女性」も、ほとんど区別が付きますでしょう・・・!
 ところが、折角の”美人”に生まれ育ち、この大事な大事な”目”のイメージを隠す「黒ぶち」をかけて、意地悪そうな「お局(つぼね)さま」が、どこの職場にも、一人や二人・・・! そんなお局さまは、大抵、出遅れた年齢になるため、若くて美人の後輩に嫉妬するので、性格まで「黒ぶちの眼鏡のセイ!」で、益々意地悪そうな女性になります。
 実は、そんなお局さまから「良縁を求めて、改名を依頼される!」こともありますが、「必ず、”黒ぶち”の眼鏡は止めて下さい!」と助言しても、相変わらず”黒ぶち”のお局さまの職種に喰らいついて離さない!
  これでは、折角の「天命数霊術」の信用が落ちるので、良縁を求める女性には、「絶対に黒ぶちの眼鏡をかけないで・・・、良縁をシャットアウトしますのでね。」と条件にしていますが、こんな女性に限って、私の作成した「風水祈願額」と「開運助言」より「黒ぶちの眼鏡」を熱愛しているようです。ですから、いつまで経っても「男性には、魅力ないお局さま」になり、良縁遥か・・・困ったものです。 』

 「なんと、”黒色”の車が多いこと! やはり流行を追う平凡な人が多いね!」と再認識した私。
 「 黒色の車は、白色の車に比べて、全損事故率は4倍(黒系0.004/白系0.001)も高く、キズや砂ほこりが目立ちやすい。特に夏は太陽熱で暑い!」のをご存じだろうか? 先日の大型商業施設「イオンモール」(1〜6階の駐車場)では、数え切れないほど、黒色ボデイの車が並んでいましたよ。
 黒色は、夜間はもちろん夕方では、距離感を測りにくく、目測を誤ることが多いので、事故が4倍と多いのは、任意保険会社の調査を待つまでもなく、常識で判りますでしょう。
 それでも、流行を追って、黒色のボデイにしたいと思われる平凡な人が多いこと・・・。いつの時代でも、人の尻を追っかけている平凡な人の多いこと・・・。日本人の黒髪の誇りを忘れ、「金髪・茶髪・・・、そして破れたジーパン!」の姿、そして今度は、人生で何の進歩もない「ポケモンGO」を追っかけ、平凡で事故率が高い「黒色の車」で満足している平凡な人の多いこと。
 いいですか、この「黒色の車」を流行させたのは、”業界の裏”があることに、皆さん気付いていないですよ。
 なぜなら、ダイエットの「朝バナナ」をTVで勧めたことと同じですよ。業界に執っては「いかに沢山の車を売るか?」が使命なのです。すると、メーカーの責任がない「使用者(運転者)」の責任である交通事故による「新車買い替え」が増えるように、密かに狙っているのです。最近の車は性能が良いので、10年以上も買い替えの必要がないほど優秀なのです。しかし、それでは売り上げが伸びない。そこで、少しでも・・・と思い、事故率が4倍にもなる黒色の車種を勧め、皆さんは、まんまとその計略に・・・。
 いいですか、何時の時代でも、支配者・為政者・資本家は、国民庶民が運気が上がらず、汗水たらして働いて税金を納め、せっせと買い物してくれるように、仕組まれた「ウソ」が多いのです。
 社寺でさえ、参拝客が多いようにウソの行事が多いですよ。例えば「大厄・前厄・後厄」の”厄除け祈祷”を、人生80年の時代に、奈良・平安時代の人生40〜50年のままで、「大厄は男性42歳、女性33歳・・・」と取り決め、しかも法律上の「満年齢」の遵守を無視して、社寺では「数え歳」で祈願していますね。

 このように皆さんは、現在では業界に騙されることが多いですよ。
 事故率が高い「黒の車種」を流行させたことも、まんまと策略にかかったのです。金髪・茶髪を流行させたのは、白髪ばかりの客相手ではなく、一般に「整髪ブーム」を起こすための策略だったのです。そうすれば、どんな業種・商品が繁盛するのか、推定できますでしょう。

 さて、今度は、昔の女性用には「黒ぶちの眼鏡」など販売しておらず、女性にも男性と替わらない眼鏡の販売促進のため・・・、お局さまの現代社会の活躍をドラマにして、”カッコ良さ”を売り物にしたのが、良縁を求める美人女性までに普及させた策略だったのです。
 でも、「目がキレイで、生き生きとした美人の輝き」を、黒ぶちの眼鏡で台無し・・・、眼鏡の黒い縁ばかり気になり、折角の美人を忘れるのです。
 「黒い服に黒ぶち眼鏡」は、葬式の参列には、色気抜きですから、美人でもそうでない女性でも、運気をシャットアウトする「黒色」でも良いのですよ。
 みなさん、「流行を追う人より、流行を創る資産家!」になる目的で改名してください!  

必読!ベストの名付け!新聞掲載「84人中」一人もなし!
[第2700回](大凶)・・・8月22日(大凶)

『 昨日の地元新聞(日曜版)掲載の「赤ちゃん名づけ」では、84人中、一応、天格が「9」系列が9人と、地格の「9」系列が7人います。しかし、「天命数霊術」の5大要件のうち、「語意・語源・音感・龍脈」の4大要件まで検討しますと、「福澤 諭吉」や「湯川 秀樹」のような教科書に掲載されるような歴史に残る偉人は、なかなか観られませんね。逆に言えば、「天命数霊術」の5大要件を満たした名づけをすると、限りなく「有名人・成功者」の誕生が期待できますよ。
 日本の将来のためにも、とにかく「天格9・19・29」の”9”系列、叉は「地格9・19・29」で名付ければ、将来の名君・名人・偉人になる成功者になります。あれだけ、熾烈な選挙で勝ち抜いた「小池百合子」新東京都知事も、天格9でしょう! ところが、「9・19は、大凶!」と言う名づけ本を、未だに信じている人が多いので、地元新聞に掲載された赤ちゃんでも、天格・地格の9・19系列で名付けない親御さんが多いのです。
「なぜ?9・19こそ、”最大吉数”なのか?」を考えなくて、市販の間違いが多い「赤ちゃん名づけ本」を信じていますので、世の中に平凡な人が多いのです。いや、平凡ならまだ良いのですが、毎日のように”事件・事故”などで死亡または負傷する子どもが、次々と報道されています。
 このような原因は、「9・19」などの”数霊”こそ、ベストの運気をもたらすことを、名づけ親が信じない結果です。
 「9」が最大吉数なのは、すでに古代中国夏王朝から”トップの運気”を持つ「皇帝の数」として崇められて来たのです。それを、私は姓名判断に応用しただけですよ。』

 では、84人中、天格又は地格に「9・19」系列で名付けられた赤ちゃんを、保護者が姓名を公表され、それが「将来の成功者になるベストの運気」が推定される”良い情報”ですから、苗字も記載したフルネームで紹介しましょう。

※「将来、成功者となる可能性がある赤ちゃん」
≪実例1;天格9・19・29の赤ちゃん≫・・・9/84人
「 澤 千織(ちおり)」「江原 大智(だいち)」
「盒供_冥磧覆すみ)」「名和 大騎(だいき)」
「藤田 悠輝(はるき)」「濱本 瑛菜(えな)」
「松田 健吾(けんご)」「龍 千陽(ちひろ)」
「吉永 煌生(こうき)」

・・・以上、天格がベストの「9・19・29 」が9人ですが、これは画数のみを判断した結果です。

≪実例2;地格9・19・29の赤ちゃん≫・・・7/84人
「小野 吟明(ぎんめい)」「曽根 渚咲(なぎさ)」
「岡部 莉奈(りな)」「高橋 晴大(はると)」
「山南 慶悟(けいご)」「吉田 旺太朗(おうたろう)」
「宮尾 唯七(ゆいな)」

・・・以上、地格がベストの「9・19」が7人ですが、この地格に関しては、天格が「9」系列に限り、昇順数など別の組み合わせで、"
大吉"(9)の姓名になる場合があります。例えば、「19+18=37」「19+16=35」「19+12=31」などの組み合わせもベストの運気になります。
 この組み合わせも、あくまで天格「9」系列に限りますよ。それほど、「9」系列のパワーは凄いのです。
以上、15人の画数ベストの赤ちゃんがいましても、「天命数霊術」の語意・語源・音感・龍脈(形)を判断要素に入れますと、結局、84人中、一人も「総合的に推薦できる名づけ」はありませんでした。
 それほど、将来の成功者・有名人になる名づけは、非常に少なく、結局、平凡な人が多くなるのです。

 ところが、従来の日本中の説は、「9・19 は大凶!」と、大正時代から根拠もなく、この平成の現代まで、間違って伝承されて盲信して来たのです。
  なんでも鵜呑みに信じないことです。「なぜか?どうしてか?どうしたら良いか?」を忘れずに判断しないと、文系科学の進歩はなく「9・19は、大凶!」なんて、すぐ騙されてしまいます。
・・・古代からのベストの「皇(9)帝(9)の数」が、大凶!である訳がないでしょう。日本(9)でも、古代から「”九重”(ここのえ)の”帝”(みかど)」と枕詞がありますね・・・。

必読!地格5の「むのたけじ」氏101歳の長寿で亡くなる!
[第2699回](大吉)・・・8月21日(大吉)

『 「戦争絶滅」を訴え続けたジャーナリスト「むのたけじ(本名・武野 武治)」氏が21日、101歳の長寿でしたが、老衰のため永眠されました。心からご冥福を祈ります。昨日の動物写真家「岩合 光昭」氏の芸術的才能は”地格15(9を含む)”からでしたが、この「むのたけじ」氏は、ペンネームでは”地格5”ですが、本名でも”地格”がベストの「19(8を含む)」だったのです。
 このように、有名な文化人は本質的に「地格9・5」系列の姓名を持っていますよ。』

 自分の信念を貫いて、101歳の人生を終えられたとは、私もあやかりたく思います。お写真を拝見しますと、本当に「思いやりある優しいお姿」で、姓名からでも推定できますよ。
 武野氏は「負け戦を、”勝ち戦”のように報じて国民を裏切ったけじめをつける」と、終戦の日に朝日新聞社を退社されました。そして、故郷の秋田県に戻り、横手市で週刊新聞「たいまつ」を創刊されましたが、その後、文筆や講演活動を通じて「平和への信念」を貫き、全国の皆さんにも大きな影響を与えました。
 なんと、平均寿命を20年超えた”100歳”になった昨年、「今年は、戦後70年で"歴史の引き継ぎのタイムリミット"」との想いで、全国で講演でされたほどのお元気でした。今年の憲法記念日でも、東京臨海広域防災公園で行われた「憲法集会」でのスピーチは、私も日ごろから同感です。
「日本国憲法があったお蔭で、戦後71年間、日本人は1人も戦死せず、相手も戦死させなかった!」と語られました。この主張が、公の場での最後の訴えとなりました。
 「現憲法は、戦後の日本にアメリカから押し付けられたものだから、改正の必要がある・・・」と、私の法学部の学生時代から「憲法改正論者の主張」でしたが、それは間違いです。当時の日本人は、「戦争は、国土を荒廃させ、一部の日本軍部は人命を虫けらのように扱い、国民全員がもうコリゴリでした。そこに、平和と人権を護る立案能力がない日本でしたので、アメリカが立案を助言したのです。当時、アメリカの統治下にあったお蔭です。もし、これがソ連の統治下だったら、一体、どんな憲法になっていたか?を推定するだけでも、ゾッとします。
 本当に、現在の平和日本があるのは、アメリカのお蔭なのです。
 これを”数霊”から観れば、「日本」という国は、9画の”奇跡を呼ぶ国”であって、「アメリカ」は8画の”協調性ある思いやりの国”なのです。
 本当に「ソ連」12画の”事件事故”を呼ぶ国に支配されなかった日本の運氣の良さは、国旗「日の丸」9画にも、感謝せねばなりません。

 「武野武治(むのたけじ)」氏は、胃がんの手術や肺がんで放射線治療を受けましたが、運が良く、ほぼ完治されていました。そして、「80歳より90歳のほうがいい仕事ができるようになった」と、90歳を過ぎても自転車に乗っておられたそうです。私は現在77歳ですが、武野氏の精神に負けないように、「天命数霊術」の普及に、100歳目標で頑張りますよ。

「武野 武治」天格16・地格19総格35
「むの たけじ」天格8・地格5・補格3・総格16


 そんな長寿で、ジャーナリストとして活躍された姓名は、このように本名は、地格19で天格16・総格35 でベストの運気です。
 しかし、ペンネームの画数が不明確ですので、運気も不明確なので、「ジャーナリスト」として名を遺すより、「101歳までの長寿で、平和運動に生涯を捧げた方・・・」という”本名”の影響が強い例外的な文化人であったと、私の心に刻んでおきました。

必読!写真家「岩合光昭」氏の芸術は、地格15(9を含む)から!
[第2698回](中吉)・・・8月19日(大吉)

『 「わぁ、母ネコの愛情は凄い!」とか「数匹の子ネコが戯れる可愛いらしさ・・・」などの作品は、「わが児を虐待死亡させる人間界を皮肉られている氣が・・・」とも思える猫の生態!
 目下、日本列島は”猫ブーム”なのか、TV番組でも猫の話題を採り上げられますが、動物写真家の「岩合 光昭」氏の写真展が全国で順次展開されています。 現在、岡山で開催されている「岩合光昭写真展」;『ねこのとけい』を観に行って来ました。なかなか予想より遥かに見応えある写真展でした。
 私宅では、猫も犬も飼っていますが、今日の写真展で、猫の違った視点で、猫の生態の写真を観て、やはり写真展の”芸術性”まで高めた作品に感動しましたよ。・・・どうですか、「岩合 光昭」氏の地格15を観れば、「なるほど、”思考力・創造力・表現力”の3つの能力がある芸術家だ!」と、実証されたような写真展でした。 』

 皆さんの地域に「岩合 光昭」写真展が巡回されましたら、予想より遥かに見応えがありますので、ぜひ、ご家族か恋人同士で、猫の世界にも視野を広げてください。人間界にも参考になります。
 岡山では、イオンモールの5階「おかやま未来ホール」で開催されたのですが、全国各地や世界を巡回した非常に沢山の「ネコの生態」を紹介した写真展でした。
「ネコは居心地がいいところが好き。自分の好きなところで、自分の好きなように暮らしているノンビリした光景」もあるとの岩合氏のコメントのとおりでした。
 猫たちの自由気ままな「早朝からの“ネコの一日”」を楽しめる展覧会で、若いカップルからお年寄りまで、”猫ブーム”のとおり、年齢層に関係ない沢山の人でした。

 さて、この話題をブログにしたのは、この動物写真家も芸術関係の才能を持つ人の「地格」に注目してください。

「岩合 光昭」天格14・地格15(「昭=9」を含む)・総格29

どうですか、天格は14=7×2 ですが、地格は「9」を含む「15」となり、総格29と”吉数が2ヵ所”あります。そこで、地格15でも「9」を含んでいますので、「地格の3大能力(思考力・創造力・表現力)」が先に充実した作品が評価され、その後に、対外的な評価を受けて有名な写真家として大成される運気なのです。しかし「光」を使用していますので、”苦労性”な所がありますが、この欠点は、地格「15」と総格「29」で中和されてしまいますので、今後の対外的な運気にはほとんど影響はない・・・と判断できます。
 やはり、動物写真家としての才能と運気は、主として「天命数霊術」の”地格”から推定できるのですよ。

必読!「6+6=2」タイプは、生涯”苦労性”で”事故事件”を起こす!!
[第2697回](小吉)・・・8月18日(中吉)

『 生涯”苦労性”のうえ、”事故事件”を起こす運命にあるのは、僅か1字違いの姓名であり、「6+6=2」系列の画数配列には、十分注意を払ってください。 本来は、普段は良く働く、大人しい感じの女性でも、ある日、突然、”万引き”をしたり、交通事故の”加害者”になり、通常パターン以上の事件や事故を起こす運命になります。
  姓名の僅か1字・1画違いであれば、そんな事件事故は発生していなかったのに、数霊の不思議な運命に操られる”凶相の姓名”がありますよ。わが子の名付けには、十分に注意を払ってください。また、成人で現在まで無事でも、「ある日、突然のこと”事件事故”に遭遇する可能性があります」ので、このタイプの方は、早急に改名してください。』

  昨年にも、京都・宮津市で6歳の男子児童が、車にひき逃げされ重傷を負った事件で、近くに住むコンビニの店員「寺谷 浩美」容疑者(42)が逮捕されましたという事件で、このブログで紹介しました。([第2481回]2015.09.05 )
 この女性は、天格16・地格16=総格32 のいわゆる「6・6・2」系列パターンで
あり、普段」は真面目に働く女性でも、ある日、突然のこと、事故事件に遭遇してそれが、逮捕されるような不運に遭遇する運命・・・になります。

 さて、この事件に類似した「6・6・2」系列タイプの女性が、万引きから強盗傷害事件に発展、逮捕された事件が、岡山・倉敷で1昨日に発生しました。
 TBSニュースでは、
『 岡山・倉敷市内のスーパーで万引し、制止しようとした保安員の腕を引っかくなどして逃走したとして、倉敷署は16日夕、”事後強盗”の疑いで、岡山市のパート保育士「福江 瑞恵」容疑者(42)を逮捕した。逮捕容疑は、16日午後3時15分ごろ、倉敷市内のスーパーで煮豚や煮卵など食料品17点(計3193円相当)を万引。呼び止めた同店の保安員女性(36)の腕を引っかいた上、駐車場に止めていた乗用車を急発進させ、ドアにつかまっていた保安員を振り切って逃げた疑い。
 同署によると、保安員が車の色やナンバーを覚えており、犯行を特定した。福江容疑者は「間違いない」と容疑を認めている。・・・(以下、略) 』

  いいですか、この事件はスーパーで、3千円余りの食品を万引きをしたのですから、通常では軽微な「窃盗罪」で、初犯であれば、送検に至らないかも知れませんが、保安員から逃れるため、腕をひっかいたうえ、保安員を振り切って、車を急発進した行為は、「事後強盗罪」という重犯になり、おそらく送検になるでしょう。いいですか、この福江容疑者は、普段は真面目に「パート保育士」として勤務していても、ある日、突然、軽微な窃盗罪から重犯罪に遭遇する運命になるのが、次のとおり姓名が「6・6・2」系列だからです。
  普段の真面目に働く「”苦労性”が実に成らず、予想外の展開に驚く運命!」になるのです。

「 福江 瑞恵」天格26・地格16・総格42

どうですか、「6・6・2」系列タイプですね。普段は大人しく真面目に働く女性でも、ある日、突然のこと魔が刺したような災難になる運命・・・!?
 この「みずえ」の「え」を、「愛(え)」(古代読み「愛媛県の”愛(え)”」)にすれば、下記のように見違えるように幸運な運気になりますでしょう。
 僅か、1字違いが人生を変え、犯罪を減少させる効果があるのが、「天命数霊術」の効果・・・というものです。

「福江 瑞愛(みずえ)」天格26・地格19・総格45

どうですか、僅か「恵⇒愛」にするだけですよ・・・。

必読!ウソ?が多い伝承!”永眠”した先祖は、実は北枕で安眠!
[第2696回](小吉)・・・8月15日(大吉)

『 8月15日と言えば、終戦記念日であり、新盆(旧盆は7月15日)の真っ盛り! 地域により新盆・旧盆に分かれていましたが、これも時代の変遷・・・全国的に学校の夏休みと地方の行事に合わせて、新盆に統一されてきたようです。ですから、これは人間界の都合であり、あの世の盂蘭盆会は、もともと7月13〜16日であり、現世に帰るのは”旧盆”ですから、「新盆で”迎え火・送り火”などの行事は、道理に合わない仕来りになった」と僧侶は嘆いていますが、一般には「新暦」に先祖が”帰宅”すると誤解されたまま、21世紀が進行しています。
 このように、道理に合わない間違ったことが、時代とともに進行して行きます。その一つが「”北枕”で寝るのは、縁起が悪い!」と言う大ウソが常識になっていますが、「”北枕”こそ、熟睡できて健康に良い方向!」なのです。
 皆さん、「なぜ、北枕で寝ると良くないのか?」を思考したことがありますか!・・・何にも疑問に思わない人は、騙されても気楽な性格の人ですね。』

 数年前の新盆、従兄(真言宗高野山派寺院住職・淡路国分寺住職兼務)の寺院に寄宿した時、「黄泉の世界にいる死者は、新盆に帰省する訳がない!迎え火、送り火したところで気休めに過ぎない。現世に戻ることがあっても、それは春秋の”彼岸の日”だよ・・・」とのことで、「あぁ、またウソが伝承されてきた一つか・・・」と、私は嘆いたことがありました。

 そして従兄の住職は、「 釈迦様が入滅したお姿が”北枕”であり、北枕こそ人を健康にする寝姿だと諭されているのだよ!」とのことにも驚きました。
 
 伝承されて来たことを、”逆に”思考することも大事なことです。(例、十二支は動物ではなく、”植物”! 「9・19の大凶」は逆に”大吉数”!など。)
 なぜ?死者は”北枕”で安置するのでしょうか?
 それは、「安らかに”永眠”して頂くため・・・」なんです。この「安らかに」は死者だけではないですよ。現世の我々も「北枕で寝ると”安眠”できて、より健康体を維持できる」ということですよ。
 このような間違った伝承は、沢山ありましたね。

ところが、事実は奈良・平安時代から、被支配層(庶民)は運気が上がらないように、支配者(上流の貴族と武家)から「真実を曲げられて伝承されて来たこと」は、いろいろありますよ。その一つが「”厄年”の社寺祈願」でしたね。社寺にお参りが多いように作為的な行事(皇室厄除け観音の大和「松尾寺」管長の証言)も、現在まで継続しています。平均寿命が80歳以上の時代に、平均50歳時代の「女性33歳、男性42歳の大厄・・・?」とは、常識で思考しても”変”?・・・でしょう!

 さて、話を”北枕”に戻しますと、
「 北は、涅槃(ねはん)の方角であり、お釈迦様がそちらに頭を向けて入滅したために、死者に北枕をする風習が始まり、生者が北を向いて寝るのは縁起が悪いこととなった。」というのが有力な説ですが、これは間違いの説ですよ。
 お釈迦様の教えは、逆なのです。「北枕で寝ると、永眠できるくらい熟睡できますよ・・・!」との趣旨であると、地理風水から思考しても妥当な説なのです。
 現在、「”北枕”が公的に許可されている」のは、病院・拘置所などの「死体安置所」のみ。死者の極楽往生を願うべく、北枕が許されているようです。
 「”北枕”!」・・・実は平安貴族社会では、支配者層のみ健康になるように、逆に「縁起が良い方位」だったのです。
 なぜなら、神仏や身分が高い天皇は「南面北座」であり、それを敬う人や臣下は、「”足を北”に向ける失礼を避けて、逆に”頭を北”に向けて寝る!」など、平安時代の貴族は北枕で寝ていたそうです。そして、それを庶民が真似するのを防ぐ為に「北枕は良くない!」と言う説が普及して行ったとの学説もあります。
 また、昔の一般庶民の家屋は、”すきま風”が多く、特に冬は、北からのすきま風で、肩口が冷えるといけないから北枕を避けなさいという説もあります。

 ところが、地理風水からみても、”北枕こそ大吉!”なのです。
『 北半球では、磁場は北から南に流れています。南半球ではこれとは逆になるのですが、日本は北半球に位置しているので、磁場の流れは北から南へと流れる磁力線が発生する事になります。そして、人体を健康にする「理気パワー」は、北山から東山を経由して、南⇒西に流れて北に戻り、人体の「太極」の位置に流れます。要するに、「理気パワー」は北方位の頭(「9」の位置)から入り、腹部(「5」の位置)の中心に流れます。
 この流れは、気を集めた右巻きから、左巻きに転換します。運気を放出するときに流れるパワーは、”左巻き”なんです。
 この左巻きこそ、「惑星は、太陽を中心に公転・自転”は”左巻き”」「台風の”左巻き”」、そして「鳴門の渦潮の”左巻き”」など、人を健康にするパワーは、自然界と同様”左巻き”なのです。
 ですから、人間界も同じ真理であり、北枕で寝る事で、血行が良くなるなどの効果を期待出来ますし、その結果、疲労がすっきり取れて目覚めが良くなるのです。
 また、金運についての一説があります。寝る位置を北枕にしただけで金運がアップすると言われるのは、私は結果論だと思います。北枕で寝ると、血液に含まれる鉄分と磁気作用との関係で、「心臓に負担がかからず、血圧が安定するので健康になります。」という趣旨から、「健康であれば、医療費も要らず、元気に勤労できるので、結果として”北枕は金運がある!”」という教えだと、私は解釈しています。
 一般的には縁起が良くないと言われている”北枕”こそ、事実は逆であり、風水理念から観ても、意外にも「北枕は良い効果!」があるのです。

必読!最近の名付けの傾向;オンリーワンか、リバイバルか?
[第2695回](大吉)・・・8月14日(小凶)

『 最近の赤ちゃん名づけの傾向?・・・「わが子だけの”オンリーワン”」か? あるいは昔ながらの「武家の通称名を想像させる”リバイバル”」の名付け、この2つの傾向が観られますよ。どちらでも良いのですが、「名づけは”親の好み”優先ではなく、苗字に適合する”子どもの運気”を最優先に!」思考・検討して名付けるべきです。一人ひとりの運気が向上すれば、健康で賢い日本人が増え、世界平和に貢献できる日本になるのです。
 決して、”病気”や”事故事件”を呼ぶ天格「0・2」系列や家族しか読めない名づけを、間違ってもしないことですよ。』

 さて、今日14日の地元新聞(山陽新聞)の日曜版に、84人の「満1歳になりました」という写真入りで、保護者からの投稿記事が掲載されています。
 その傾向を毎週観ていますが、どうも昨年・1昨年に対比して、男児名では 嵒隹箸猟名量召鯀杼させる”○太郎・◇一郎”などのリバイバル名」が増えつつあるような気がしています。その一方では、◆鋲匹瓩覆ぁ書けない・意味不明?”のオンリーワンの名付けが、相変わらず見られますが、いずれにせよ・・・親の好みではなく、”苗字”に適合する「子どもの健康や知的能力など」を第一に思考・検討して名付けるべきですよ! 
 そのためには、「”占い”の説」ではなく、「”人文科学的な根拠”がシッカリした説」で名付けるべきです。

 屮螢丱ぅ丱襦廚量症佞院・・8人(男児38人中)
 「守屋 源之助(げんのすけ)」天格19・地格12・補格7・総格38
このような時代劇に登場するような武家名でも、現在の「守屋」という苗字に適合していますので、とても良い名づけで、人柄も良く成功者として期待できます。
  あと、「丈太郎(じょうたろう)」が観られますが、あまり苗字に適合していませんので、苗字の公表を差し控えます。その他、「宗一郎」「雄一郎」「優一郎」「直太朗」「健太朗」「聡一朗」のうち、「宗」は名君の字体ですが、残念なことに苗字に適合していません。また、「○○ろう」を「郎=9」又は「朗=10」を使用していますが、同じ「ろう」なら”9画の「郎」”を使用する方が、お得ですよ。

◆屮ンリーワン」の名付けか? (読みずらい名)
 始めに、女児としてベストに近い名づけを紹介しますと、
 「平山 心結(みゆ)」天格9・地格15・総格24
女児46人中、この名づけが画数などの条件がベストと判断しました。しかし、次の名付けは、家族しか読めないように、常識では読みずらい名づけですよ。
 「輝琉(ひかる)」(「輝」を”ひか”?)「彩愛(さら)」(「愛」を”ら”?)「龍李(とおり)」(「龍」を”とお”?)「夢結(めい)」(「結」を”い”?)などが、家族しか読めない「オンリーワン」の名付けに思われます。特に、保育所や小中学校で、誰でも読める名づけをする必要があること判りますね。将来の就活の面接に不利になることも配慮して、少なくとも10人中7〜8人が日本語として思案せず”読める名”で名付けて欲しいですね。

補足;"事件事故"に遭遇する可能性ある天格「2系列」)
  苗字は伏せますが、1字目同士を記載します。
「安」+「羽」=12 ・ 「隅」+「夏」=22
「癲廖棔嵳」=22 ・ 「矢」+「佑」=12
「中」+「佳」=12
以上、5人です。交通事故など遭遇しないうちに、できる限り早く、改名の必要があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 どうですか、名づけは将来の「本人のため、家族のため、社会のため」にするものです。決して、「家族さえ読めればいいのだ!」という身勝手な名づけをしないようにしてください。先日も病院勤めの看護婦さんからの「読みずらい名づけの多いこと・・・」というメールを頂きました。以前には、保育所の保母さんや小学低学年の教職員から、「子どもの名前を”呼び違える”・・・と、足蹴りにされる」というメールも頂きました。こんな社会現象をどう思いますか・・・?

必読!五輪選手;2つのタイプ;天格9か?地格9か?
[第2694回](小吉)・・・8月12日(大凶)

『 スポーツ選手には、2つのタイプがあります。
\犬泙譴弔の”運動能力”が基本となり、努力する人・・・「4・7」タイプ。
運動能力よりスポーツ環境に恵まれ、運気が良く好評価・人気を受けやすい人・・・「9・5」タイプとは、思いませんか!
 要するに、五輪のような大会メダリストは、どちらも努力が必要ですが、端的に言えば\犬泙貮佞の自分自身の能力か、¬椶妨えない運気が後押しの結果か?の2つのタイプに分かれる氣がします。』

 皆さん、五輪の中継を見ていても、 屬△ ⇔匹った!やはり日ごろの努力だね。」というスポーツもありますが、◆屬△ ◆姫拭匹良かった!」と思えるようなシーンもありますでしょう。
 さて、このブログは、”運”についての思考ですから、△痢9・5」タイプの”恵まれた運”について、さらに思考して行きますと、「天格」の運又は「地格」の運の違いがあるのです。

 そこで、△痢崚軍9」系列の運の実例(TBSニュース)
『 ★金藤選手が、女子200m平泳ぎで岩崎恭子さん以来の金メダル★
 リオでの五輪では、日本は連日のメダルラッシュです。大会7日目、女子200メートル平泳ぎ決勝で、金藤選手が金メダルを獲得しました。
 日本競泳陣初の女性キャプテン「金藤 理絵」選手は自身初のメダルを目指しました。
 前半100メートルを2位で折り返した金藤選手は、ここから今シーズン世界ランク1位の実力を見せます。力強い泳ぎでラスト50メートルを1位で折り返すと一気にほかを引き離します。2位に大差をつけて勝利した金藤選手。北京オリンピック以来、8年ぶりの2回目のオリンピックで見事金メダル獲得です。
 「皆さんの声が、国も関係なく私に対して投げかけてくれると思うと、すごくうれしくて。やっとうれしいっていう気持ちが生まれました」(金藤理絵選手)
 金藤選手はこの種目、バルセロナオリンピックの岩崎恭子さん以来、24年ぶりの金メダルを日本にもたらしました。』

 この金藤選手・・・次のように「9・5」タイプで、神仏の加護があるように、不思議なパワーを外部から受けていますよ。

「金藤 理絵」天格19・地格30・総格49 ・・・「9」のダブりタイプ
「浅田 真央」天格19・地格10・総格29 ・・・「9」のダブりタイプ

 このタイプは、フイギアスケートの「浅田 真央」選手と同じタイプ。他のタイプより、選手現役生活が長くなります。


◆崔漏9」系列の”運”の実例(TBSニュース)
『 ★体操・「寺本明日香」選手が快挙、個人総合52年ぶり入賞★
 リオ五輪、体操の女子個人総合でも快挙です。決勝に進んだ「寺本明日香」選手は、1種目目の段違い平行棒から大きなミスもなく、3種目を終え全体の14位につけます。そして、最後の跳馬で高得点をマークし、本人も納得のガッツポーズ。これで、8位まで順位を上げた寺本選手。東京オリンピック以来、52年ぶりの入賞です。
「いい終わり方で笑顔で終わることができて、本当に応援してくれた皆さんに感謝でいっぱいです」(寺本明日香選手)』

 先ず、寺本選手の姓名を観ましょう!
「寺本 明日香」天格14・地格9・補格9・総格32

この姓名は、対外的な運気を受けているのではなく、「地格9」からの自分自身の「自信!」と負けず嫌いの「根性!」が、天格の対外的な評価に影響するタイプであり、前掲の「金森 理絵」選手と対照的にタイプが異なるのです。

 どうですか、スポーツ選手と言っても、いろいろなタイプがありますが、概して「9・5」タイプ(天格・地格とも)は現役生活が長く、「4・7」タイプは比較的に早く引退します。9画のイチロー選手、9のダブりの浅田真央選手・・・9があれば長く続くので、「金森選手」も現役生活が長く続くのでは・・・?

必読!”天格22”・”重心不安定”の男性歌手;女性下着ドロか?
[第2693回](小吉)・・・8月11日(大吉)

『 昨日のニュースで、「星次郎」という高齢の男性歌手を初めて知り、初めて演歌を聞きましたが、声も良く素晴らしく上手ではないですか!? 高齢で歌手生活も長いのですから、もっともっと人気が出て、有名な歌手になっていたはずです。
 芸能人・タレントは「"才能"は二の次!”運気”が有名人を創る!」と思いますよ! 聴くに堪えない下手な有名な歌手もいます。
 ところが、お気の毒に、本名「高澤 博行」の”苦労性”が影響してか、芸名「星次郎」まで人気が伸びないうえ、今回の女性下着ドロのニュースで、致命傷・・・! 67歳の高齢になっても、赤ちゃんの時、名付けられた運勢が影響するとは・・・? 皆さん、想像できないでしょう。』

 昨日のTBSニュース。
『★女性の下着盗んだ疑い、歌手の男逮捕★
 群馬県太田市で女性の下着を盗んだとして、67歳の歌手の男が逮捕されました。逮捕されたのは、埼玉県鴻巣市の歌手「星次郎」こと「高澤 博行」容疑者(67)で、今年5月、群馬県太田市のアパートで、ベランダに干してあった18歳の女性の下着を盗んだ疑いがもたれています。
 女性の夫(20)が不審な人影に気がつき、逃げていく車の特徴を覚えていたことから、高澤容疑者の関与が浮上しました。取り調べに対し、高澤容疑者は「寂しくなった。ほかにもやっている」などと供述しているということです。
 高澤容疑者の自宅のクローゼットからは、女性ものの下着がほかにも20数枚見つかったということで、警察が余罪についても追及しています。』(10日18:30

 本当に赤ちゃん誕生のおり、偶然に、ご両親から名付けられた”運気”が、生涯影響すると思うと、「人は、神の下に”平等”である・・・」という教えは、全く空しいものに感じませんか?
 全ての人類は、”不平等!”に生まれ付いていますよ。
 体格・容姿・健康、それに知識・才能だって、全く不平等・・・! これらのうち、「”努力”で改善できるものと、できないもの」もありますが、その努力も「才能があるうえ、健康であり、しかも運気・人気に恵まれねば、空しい努力!」になります。
 そのうちの一つが、「芸能人・タレントの成功運」でしょうね。
 特に、有名な芸能人は「必ずしも芸の能力と比例しない!」と思いますよ。もっとも、人それぞれ価値観が異なるので、「芸が下手でも、有名になる運気を持っている芸能人」がいます。

 では、今日の恵まれない歌手「高澤 博行」さん、
「高澤 行」天格22・地格22・総格44

「星次郎」は、「星」と「次郎」が続いているので、1つの芸名と観れば、「総格24」でありベストの運勢ではありませんね。ところが、「星 次郎」とすれば、天格15・地格9・総格24 になり、この運気で歌手として名を残して来られたと思いますが、何しろ、本名の「高澤 博行」が、日常使用頻度が未だかなりあったのでは・・・? このような天格22で、「博行」という左右分かれの苦労性の字体のうえ、重心が「澤=16と博=12」の高い位置にあり、止め字が「行=6」とは、不安定な姓名になりますので、歌手人生もなかなか人気が伸びなかったと思います。

いいですか、皆さん、運気が安定し発展させるためには、”形”としては、逆に”重心”を下げて「高澤 行博(ゆきひろ)」にした方がベターです。
 もし、これが本名であったなら、67歳という高齢になって、女性の下着を盗む・・・など、破廉恥なトラブルを起こさなかったでしょう。
 「姓名は、人生の道標(みちしるべ)!」
となること、忘れないでください。

必読!「勝」は負ける!天格「24」で放火強盗殺人か?
[第2692回](大凶)・・・8月6日(小吉)

『 今日は、広島が原子爆弾により被爆してから71年目になります。 原爆による爆死・被災された方々へ、冥福と恒久平和の確立を祈ります。当時、中国山脈越えに原爆閃光と轟きを経験した思い出は、私が小学1年生で縁故疎開をしていた時でした。ですから、平和ということが、どんなに素晴らしいことか、今日のオリンピックの開会式を視れば、世界平和に涙するくらい嬉しい光景・・・! 
 さて、不思議な運命は、”姓名”が持つ運気に影響するとは・・・?
 姓名一つが、「名君になるか?」、「強盗殺人者になるか?」の運命の分かれ道ですよ・・・。 』

今日のTBSニュース。
『 ★出火住宅から女性遺体、強盗殺人容疑で29歳男を逮捕★
 今年6月、名古屋市西区の住宅で火事があり、焼け跡から女性の遺体が見つかった事件で、警察は強盗殺人の疑いで逮捕した29歳の男は、金に困り犯行に及んだとみて調べています。
 逮捕された住所不定・無職「落合 勝大」容疑者(29)は今年6月、名古屋市西区の会社役員「長谷川槌子」さん(当時84)の住宅に侵入して現金を盗んだ上、首を絞めて殺害した疑いが持たれています。
 調べに対し落合容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めているとのことです。警察などによると、落合容疑者は2年ほど前から市内のインターネットカフェなどを転々としていました。
  警察は、落合容疑者が金に困って犯行に及んだとみて、遺体などが燃えていたことから、”放火容疑”でも調べています。』(06日11:53)


 先ず、この容疑者の姓名から観てみましょう。
「落合 大(かつひろ)」天格24(勝=12を含む)地格9・総格33
 
 この姓名を観た瞬間、「あっ”勝”だ!」と気付かねばなりませんよ。「勝は負ける・・・」でしたね。「勝は、”力”の旁を含み、”絶家”の暗示がある凶相の字体!」でしたね。例えば、戦国時代の尼子氏は「尼子 勝久」の代で絶家。また、「武田勝頼」「柴田勝家」「豊臣秀勝」「水谷勝美」「松倉勝家」などの”名門”戦国大名が”絶家”。
 この字体が天格24に含まれた12画ですから、対外的な行動の中には、”事件事故”を呼ぶ運気が含まれています。
 しかし、この人は本来、地格9の内面的な賢さと、総格33という円満な性格を持ちながら、一番大事な対外的な運気が”弱運”なのです。対外的に「勝」の”苦労性”と”絶家”するほどの生活困窮が続いて、自制を無くして、「強盗殺人でもするか!」と、理性を失うのですよ。でも、年齢的にはまだ29歳の若さですよ。犯意を抑制して、十分に立ち直れる機会があったでしょうが、この姓名では、「魔の誘惑に負けてしまう・・・」のですよ。
 同じ「かつひろ」なら「克大」であれば、
「落合大」天格19・地格9・総格28 となり、画数配列がベストになりますので、「強盗殺人」を犯すほど困窮していなかったはずです。

 どうですか、「勝大」か、「克大」にするか? 僅か1字違いが「歳若い加害者」の人生を決めるばかりではなく、「被害者の84歳の”長寿”」も奪う運命になったのです。いかに赤ちゃんの名づけが、大事なことであるのか、このブログを読まれた皆さんは理解されたでしょう。
 しかし、一般には大事な我が子の名づけに、「勝」の語源も漢和辞典で調べることなく、思い付きで名づけ・・・。将来、あなたのお子さんが「強盗殺人」(”放火”も併合罪となれば)で、死刑か無期懲役・・・、その運命になれば、恋愛も結婚もなく、子どもがいないので、絶家となる可能性もあります。それでも、思い付きで名づけますか・・・?  

必読!「9・5・1」が2ヵ所ない「昇順数」でもベストの運気!
[第2691回](大吉)・・・8月5日(大吉)

『 「 昇順数(7⇒8⇒9)の組み合わせが、例外として”ベスト”の運気になる」とは、「天命数霊術」の独特の説ですが、それを発見したのは、どんな経緯があったのですか?・・・」というご質問をPCメールで頂きました。
 実に、この説も「日本で初めての発見!」なのですよ。』

  私説の発見は、”統計”ではありません! 姓名判断のノウハウは、統計から判断ルールが決まったという趣旨の説が、日本中にありますが、それはウソです。いいですか、統計ができるのは、「判断基準と分類基準」がある事象のみですよ。例えば、「あなたは健康ですか?」「あなたのお子さんは賢いですか?」「あなたは金運があると思いますか?」・・・などをアンケート調査をして日本人1億2千万人の運気を”分類”できますか?
 「この分類が出来ない事象は、絶対に統計はできない!」のです。
 「どこからが、”健康”なのか? どこから”賢い”のか? どこから”金運”があるのか?」など、皆さんは答えられますか?
 いいですか、日本中の説は、文系の科学として根拠がないので、「統計から・・・」なんて、苦しい答弁をしています。

 一般に賢い人は、流行を追いません。「ポケモンGO」など、急激な流行はすぐ下火になること当然予測できるはずです。しかし、娯楽の「パチンコ」は、半世紀以上も続いていますが、この違いを少し思考すれば判るはずです。特にそれも判らない姓名判断師などは、人の運勢も予測つかないプロとしては失格です。
 このブログでは、何度も「なぜ?どうして?・・・どうしたら・・・?」を考えなさいと言っていますでしょう。
 例えば、「9」や「19」が”大凶”と判断し、「29」や「39」を”大吉”としている日本中の姓名判断を、大正〜昭和初期の時代から約90年以上も、誰も疑問に思わないとは・・・?

 しかし、最近の日本の理系”技術革新”は、素晴らしいものがあり感心します。容量・性能が大きくても消費電力は、非常に省エネになっている最近の家電製品、・・・これらも「なぜ?どうして?・・・どうしたら?」を思考してきた結果が、資源が少ない日本が一等国に発展してきた理由なのです。

 さて、皆さんのお子さん、2〜3歳ごろから、「どうして?」「なぜなの?」を質問し、考えていますか? どんなことでも、疑問に思い、新しいことに挑戦していますか? 「ポケモンGO」など、与えられた遊びで夢中になる児は、賢くならず、平凡な人生を送ります。
 以前のブログで言いましたように、戦後の子どもたちは、遊び道具などほとんどなく、自分たちで遊び道具を、石ころや木の枝を工夫し、ルールも自分たちで決めて、”勝ち負け”を楽しんでいましたよ。ですから、当時の子どもたちが中高年になり、技術革新の進歩が目覚ましく、やがて3等国の日本から、世界の1等国になったことを、現在の青少年は忘れてはなりません。

 しかし、現在でも驚きの”賢い幼児”の情報を頂きました。
 この女児は、まだ2歳半ですよ。私が”昇順数”で名付けたお子(固有名詞は「◎◎」と省略)さんです。
 頂いたメールの一部を抜粋して紹介しますと、
『 ・・・(略)「◎◎」はいま2歳ですが、今晩眠る前は、体のつくりとはたらき、の本を持ってきて、食べたものがどのように出るか話して、と言うので、何度も話しました。
 先日も、十二支や、アルファベット表を一日で覚えたり、雲と天気、植物の名前を知りたがったり、毎日自分が色々なことを知っていくのが楽しくてしかたない、そんな感じにみえます。いつか必ず二人で会いに行きます、直接見ていただきたいです(^^)・・・(略)』

 どうですか、2歳女児としての好奇心!?とは驚きですよ!
 「人体の仕組み・雲と天気・植物の名前、十二支・アルファベットなど」の疑問や記憶とは・・・?
 大人でも、相変わらず「十二支」を動物と何ら疑問に思わない平凡な人が多い中で、一日で記憶するとは驚きでしょう!
 賢い児は、与えられたテレビのアニメより、自分から興味を持って、絵本で想像力を掻き立て、親の説明で納得すれば、その結果、新しい知識が増えたことを無常に喜びを感じるのです。

 どうですか、「昇順数」の名づけで、他の「天命数霊術」の4大要件に充足した名づけであれば、これほど優秀なお子さんに成長するのですよ。
 これからは、世界中が女性が活躍する時代に変貌している傾向がみられますね。将来、「◎◎」ちゃんはノーベル賞か、文化勲章か?あるいは、首相か、大統領か?楽しみですね・・・。

 「9・5・1」が2ヵ所ない「昇順数」(7⇒8⇒9)でも、これほど優秀なお子さんが誕生したのですよ。この私の発見は、もちろん、日本初ですよ。
 この発見を実証したのが、当時、日本サッカーの代表選手「宮本 恒靖(みやもと つねやす)」の姓名で、「なぜ、天格19・地格18・総格37 で日本一になれるのか?」を疑問に思い、この実証から「9」系列がトップになれる数だ!という確信をもったのです。
 どうですか、「”疑問”は、新しい発見どころか、日本を発展させる”宝”を生む!」ことになること、皆さん理解されましたね。  

必読!天格2系列!賢い「俊」の字体でも”事件事故”!
[第2690回](小凶)・・・8月1日(大吉)

『 今年も、もう8月・・・、高齢になると、月日の流れは速いですね。それだけお迎えが近いのかな? でも、お蔭で健康の77歳の”喜寿”・・・! 
この調子で100歳を目標にブログを続けて、「天命数霊術」を後世に残したい・・・。
 ところで、”健康運”も”事故事件に遭遇しない運”も、幸運な姓名次第!
 賢い名君の字体・・・「俊」でも、天格2系列やゼロ系列では強運にならない事例がありますよ、』

 昨日のTBSニュース。
『 31日午前3時半ごろ、 東京・中野区の路上で歩いていた男性をひき逃げしたとして、タクシー運転手「小原 俊夫」容疑者(60)が警視庁に逮捕されました。 被害者の男性は、意識不明の重体です。
 警視庁が「ひき逃げ事件」として捜査していましたが、逃げたタクシーの目撃情報などから、小原容疑者の関与が浮上したということです。 取り調べに対し、小原容疑者は容疑を認めているということで、警視庁が事件の詳しい経緯を調べています。』(31日22:21)

 皆さん、昔から”賢い英才”の字体「俊=9」は、知識層の職業人が多いのですが、それでも天格2系列やゼロ系列の姓名では、折角の「運気」に恵まれない人が多いですよ。
この交通事故は、午前3時半の道路事情に注意してください。まだ、この時間帯は夜明け前の暗黒の道路ではないか、と思います。そこに歩道があるのに、車道を歩いていたり、まして飛び出したり、酔って車道に寝込んだりした場合、被害者にも過失があり、100%、加害者のタクシー運転手を責められないと思います。この事案で一番問題なのは、「事後処理をしないで、逃げたこと!」が一番問題なのです。
夫」天格12(「俊=9」)・地格14(「夫=4」)・総格26
  
 どうですか、「12・14・26」の配列、全て”偶数”ですね。しかも、対外的な運気が”天格12”では弱運です。しかし、”「俊=9」”を含んでいますので、「知的には賢い人」ですが、地格14ですから、性格上の問題があり、精神状態は安定せず、事故の事後処理をしないで、現場を離れて、”ひき逃げ!”という道交法の責任がかかってきたのです。
 この60歳のタクシー運転手も、60年前、ご両親が「将来、賢い人に成長するように・・・」という願いを持って名付けても、苗字の1字目が3画の「小原」では、その「俊=9画」は適合しないのです。

 いいですか、苗字の1字目が「3画」、例えば「山本、大川・小山・小川・土井・川内・三井・三田・大和田・久保田・・・」など、沢山の苗字が日本にありますが、個人名の名頭1字目には、絶対に「俊」のような名君の字体であっても、「9画」の字体は使用しないでください。

 この「俊」という字体の優秀なこと、でも家庭運に恵まれなかった小学校の先輩「思い出のブログ」を、再読して観てください。
『 必読!遥かな思い出!「俊彦」という優秀な先輩!』
 [第2644回](2016.05.16)
( ※右上の「Search」欄に半角:「2644」を記入して、検索してください。)

必読!「ポケモンGO」!吉相文字「隆」でも”飲酒運転”!
[第2689回](大吉)・・・7月30日(小吉)

『 ★「ポケモンGOをするため」56歳の男を飲酒運転容疑で逮捕★ と見出しのニュース。全国で違反事例は400件超えるとか! でも、私が注目したのは、”栄える”という語意がある「隆(たかし)」さんという名づけで、正に名のごとく栄えていますでしょうか?・・・。
 第二の人生を準備する56歳と言う年齢で、「ポケモンGOをするため、飲酒運転をした」との供述とか。これが逆で「酔った勢いで、ポケモンGOをした!」のであれば、「まあ、そんなこともあるだろう・・・」と思いますが、いい歳をして余りにお粗末な「隆」さん。
 いいですか、どんな語源・語意が良い名君の字体「隆・宗・憲・崇・康・俊・・・」でも、”苗字”次第・・・!ですよ。』

 結論から言いますと、この「隆」さん、苗字「下向井」さんには、全く適合していない名づけだったのです。赤ちゃんの時、名づけに失敗すれば、生涯の”苦労性”で、中高年になって”逮捕”される・・・という汚名を受ける・・・。
 正に、赤ちゃんの名づけで、人生が決まるのですよ。

昨日のTBSニュース。
『 飲酒運転で逮捕された広島県の56歳の男。警察の取り調べに対し、「ポケモンGOをするためだった」と供述しているということです。
 逮捕された「下向井 隆」容疑者(56)は、29日午後8時20分ごろ、広島県呉市の道路で酒に酔って車を運転した疑いが持たれています。下向井容疑者は、自販機に衝突した後、近くの体育館に向かい、駐車場で現行犯逮捕されました。
 取り調べに対し容疑を認めていて、「ポケモンGOのポケストップへ行くためだった」と供述しているということです。体育館の周辺は、ポケモンGOのアイテムが手に入る「ポケストップ」や、モンスターを戦わせる「ジム」になっているということです。』(30日17:41)


「流行の”先端”を行く人になりなさい! 流行の”尻”に付いて行く人は、見ず知らずの億万長者に、協力しているだけのバカらしい人生ですよ。」と、このブログで何度も投稿しましたね。
 日本人なのに「金髪・茶髪で、穴が開いた擦り切れたジーパン!」と流行を追った人が金持ちになる訳ではない!と言いましたが、現在では”黒髪”に戻りましたね。 それぞれの”業者”が流行を作って、ひと儲けするのを協力しているのに、気付かないのでしょうか?
 今までに、「朝バナナやサバ缶詰などで・・・ダイエット!」と言われれば、スーパーでも品切れ! 陰で手を叩いて喜んでいるのは、肥満の中高年ではなく、売れ残った商品をさばいた”業者”のみ!
 このたびの爆発的な流行「ポケモンGO」に協力している皆さん、それで、少なくても毎月の生活費でも稼げますか? 単なる自己満足だけの”遊び”ですから、せいぜい小中学生の”遊び”ですよ。
 いい大人、しかも第二の人生の準備をする56歳の中高年が、飲酒運転までして「ポケモンGO」をするとは?・・・資本家のエサに、まんまと・・・!

 いいですか、男子と生まれ、”美女”の尻を追うなら、まだ人生の喜びもあるでしょうが、”ポケモン”の尻を飲酒運転までして追うことが、そんなに喜びがあるのでしょうか? 
 このように正当な判断と理性が働かないのは、なんと56年前、次のように「下向井」さんの赤ちゃんに「隆」ちゃんと名づけたからですよ。

「下向井 天格14・地格6・補格4・総格24

皆さん、「隆」という字体を漢和辞典で確認してください。とても語源・語意の良い男性の字体であり、「宗・憲・康・崇・俊・・・」などと同様、名君の字体ですよ。
 でも、上記のように、画数配列を観てください。すべて”偶数”のうえ、天格14(=7×2)ですから、「典型的な4・7タイプ!」ですね。
 折角、ご両親が「将来、”隆”運(栄えて行く運命)となるように・・・」と、願いを込めて名付けられたのですが、「隆」さんの人生はご両親の想いどおりにならない人生だったのでは・・・?と推察できます。
★同じ「隆(たかし)」と名付けても、”吉凶”は「苗字」次第!★
(私が雅号を名付けた仏師「長谷川 隆鳳」先生は、本名は「隆」でしたが、”天格19”ですから、日本で有名な仏師となられました。・・・(欄外右側;リンクの欄を参照)
 
 この判断も、約90年も続いた「五剖式姓名判断」ではなく、日本初の「天命数霊術」(著作権)だからこそ、皆さんも興味を持たれて、このブログを読まれているのでは・・・? これが、人マネの説でしたら、「朝バナナ・サバ缶詰」と同じですよ。
 でも、この「天命数霊術」も「神亀の図」の縦・中心ライン「9・5・1」パワーのみではなく、横・中心ライン「7・5・3」は何を人類に暗示しているのか、独創的な説を開発すれば、人類に貢献することになります。
 「ポケモンGO」の後追いに貴重な人生を尽くすよりも、新しい発見に中高年の時間を尽くすことが、自他とも有益なことだと思います。
 現在、30〜50歳の方、平均寿命(男性80歳・女性87歳)の高齢化・・・、「ポケモンGO」で貴重な時間を潰し、年金のみで第二の人生・・・なんて、考えていたら、第二の中国・イタリヤ・ブラジルのように貧富の差が激しい国になることが予想されますよ。日本の特性を生かし・・・何か一つでも、独創的な開発をして行くことです。

(速 報)
 新・東京都知事は、「小池百合子」氏がトップ当選です。世の中、女性はお金にクリーンのイメージがあり、一番問題の「保育所待機児童」を解消する熱意は女性の方があり、世界的に観ても女性首長が増えていますね。(もちろん、トップを表す天格9(「小」+「百」=9)が大きく寄与していますでしょう。)

必読!「植松 聖」は”若さ”ゆえ、曲げられた”正義感”!?
[第2688回](中吉)・・・7月27日(小吉)

『 戦後、初めての大量殺人事件!と報道されるや日本中の人が驚き、世界中のTVでも報道されましたね。確かに、国民は大事件に驚きを感じますが、「なぜ?どうして?」を思考しない人が多い・・・。
 まして、この「天命数霊術」を勉強している皆さんは、「天格4・7タイプでもないのに、どうして・・・?」と思われたのでは? この大量殺人は、かっての「秋葉原”無差別”殺人の加藤智大」とは、その態様が異なるのです。・・・いいですか、「”障害者”を殺害・・・」という”特定”した対象者を、殺害目的にした点に思考せねばなりませんよ。・・・この違いに気付いていましたか? 』
  
 このような大事件の犯罪者は、社会心理学者などは、すぐ、「生い立ちは、どうか?家庭環境は、どうか?・・・」などを、その原因にしますが、非常に愚かな専門学者が多いです。要するに、歴史の造詣が浅い学者が多いですよ。
 「生い立ちは、孤児に生まれて、貧民に育ち、父親が飲んだくれの遊び人でも、子どもは偉人・名君になるケースは世界中にあり、犯罪者が生まれる原因ではありませんよ。」
 あくまで、「本人次第だ!・・・」ということを再認識してください。

 この本人次第・・・でも、大きく2つに分かれます。
)椰佑痢屐疋レやすい性格”が原因」の犯罪・・・従来の「4・7」タイプ。
∨椰佑痢屐廟亀全供匹強過ぎる性格が原因」の犯罪・・・思いやりの「3・8」タイプに「5」の正義感が強すぎる場合。

,鉢△蓮∪格上、全く真反対なのです。,麓己中心主義・・・自分の意のままにならない場合。△麓匆饑亀舛里燭瓩砲狼樟靴鯤ГΕ織ぅ廖・・・たとえば、百姓農民一揆の首謀者や革命・改革の中心人物・・・、又は、目的のために手段を選ばない宗教改革やテロ行為などが、このタイプになります。

 このように冷静に思考しますと、「植松 聖」容疑者は、余りにも正義感が強すぎたのです。では誰に対してでしょうか・・・?
 「同じ人間に生まれて、生涯楽しい思いもなく、将来の夢も希望も限られた人生を送る障害者は、本当に可哀想だ!・・・それを見守る保護者もお気の毒だ!・・・これでも、この世に神仏がいるのか?・・・いっそ、この世の苦労を忘れてもらうため、あの世に送ろう!・・・」
と、二十歳過ぎの”思考を巡らす”青年は、いつも心が揺れるものです。特に「思いやり」と「正義感」が重なったとき、「障害者や保護者を楽にしてあげよう・・・」と、間違いの判断で犯行を決意したのです。しかも”重複障害者”を中心に殺害したのも、将来の生活を慮り、その精神が潜在していますね。でも、障害者と保護者に対して、お気の毒なことをしたという反省心も見えます。

  その証拠に、今日のニュースに、
今回の事件に関しては、突然のお別れをさせるようになってしまって、遺族の方には、心から謝罪したいと思います』と供述しているということです。
 どうですか、正氣に帰ったとき、本来の性格が甦るのですよ。

「植松 聖(さとし)」天格25(「聖=13」)・地格8・総格33

どうですか、本来は「3・8」タイプの思いやりがある性格から、天格25という正義感が、対外的な行為として強く出てきます。しかし、その正義感を実現するために、現実としては不可能に失望した結果、社会に反抗するために、入れ墨をしたり、大麻にハマったりしたのです。
  でも、本来は学生時代の友人や近所の人の証言があるように、「とても朗らかで優しい性格だった」との思い出があり、「4・7タイプ」の我が強くキレやすい性格だったとは証言していません。

 さあ、この「植松 聖」容疑者は、死刑判決になる可能性が強いのですが、本人はその結果を受け入れる前提で、犯行に及んだのです。ですから、犯行後、すぐに自首しています。
 この事件を、私のように解釈をする司法機関や専門学者は少ないでしょう。
 少なくとも弁護士は、「命の尊さは万人平等!」としながも、「享受できる幸せは、神仏の下でも不平等だ!」・・・と言う矛盾を前提に、この事件を思考して欲しいですね。
 「物の価値観は、一面的ではなく、”立体的”に判断することが大事!」ですよ。  

必読!健康・知能に優れ、育てやすい赤ちゃんは、約12%!
[第2687回](小吉)・・・7月25日(大吉)

『 生まれながら、「健康で知能」に優れ、しかも「長泣き・夜泣き」をしない実に育てやすい赤ちゃんは、(地方新聞から私説で観ますと、)約12%ぐらいではないかと思います。最近は、実母がわが子を簡単に虐待死させる事件が後を絶ちません。この解決策は、信じられないかも知れませんが、わが子の名づけには、必ず天格9系列(語源など良ければ、天格5系列でも)で名付けることですよ。
 そうすれば、育てやすくて、わが児を虐待死させるなど、とんでもない事件であることが判明します。』

 天格9系列(語源など良い字体使用のケースでは、天格5系列でも)で名付けられた赤ちゃんは、生まれながら本当に運気が良くて、「健康で知徳に優れ、性格の良い子」に成長して行きます。
 そして、2〜3歳になれば、不思議なことにテレビのアニメより、絵本が好きな児は将来賢い子どもに成長して行きます。
 現在で、そんなお子さんは、極めて貴重な存在ですが、やはり優れたお子さんはいますよ。これと反対の状況判断が出来ず、レストランの中でも「キイ、キ〜イ・・・」と、金切り声を挙げて、走り回っているお子さんは、残念ながら、体は成長しても、知能に優れた賢いお子さんはいませんね。
 これらの「健康差・知徳差など」は、なんと「姓名判断」で判明します。もっとも、「9」が最高の吉数・・・!と判断している私説「天命数霊術」だからこそ、的中するのですよ。

 さて、昨日24日の地元新聞(山陽新聞)に掲載された「満1歳になった赤ちゃん」(42人)の写真入り紹介記事から、天格9系列の赤ちゃんは、僅か5人のみ・・・ですから、育てやすくて将来「健康で知徳に優れて、性格も良い児」は約12%・・・という希少価値な存在です。
 推奨できる良い事例ですので、「フルネーム」で紹介します。

「池田 詩織(しおり)」天格19・地格23・総格42

「池田 千紘(ちひろ)」天格9・地格15・総格24

「岩本 理輝(り き)」天格19・地格20・総格39

「皸 昇波(しょうは)」天格19・地格12・総格31

「塩見 成健(せいけん)」天格19・地格18・総格37


これら5人の天格は、見事に天格「9・19」ですし、総じて止め字に”重心”がありますので、安定した性格になります。ですから、「健康・知徳、そして性格」の3拍子揃ったお子さんとして成長していきますよ。
ここで「発達障害」と、小児科医でも良く誤診するのは、天格9系列で賢い児は、幼稚なことが嫌いなのです。ですから、同年配の子供たちとワイワイ騒がず、そして童謡など幼稚な歌や遊戯が嫌いですから、隅でじっと自分だけの時間を持って、絶えているのが、将来、天才・秀才になる素質を持っている子ですよ。それを発達障害と誤診している小児科医が多いのです。

 一方、天格9系列を持てば、「交通事故死・火災焼死・水死・・・」などの厄災も、向こうから避けて行きます。
 それほど、「9・19」は”最大吉数”なのです。
 どうですか? 従来の日本中の説と、私説は180度・・・異なりますでしょう。 

必読!”弱運・不運”の人生;”重心”がない名づけ!
[第2686回](小吉)・・・7月22日(大凶)

『  画数が多い"苗字"には、名づけのバランスを採らないと、姓名の”重心”はどうしても”苗字”にあり、「個人名にない形状」になります。この不安定な自分の姓名を子どもの時から観ていますと、どうしても”不運”になるような気持がして来ます。自分の姓名に自信が持てず、いつも不安な人生に追い詰められるのです。”重心”が苗字にあり、個人名にない事件を紹介しましょう。』 

≪事例 1≫TBSニュースから。
『 ★コンビニ強盗未遂容疑で男逮捕、凶器持たず★
 19日、神奈川県相模原市のコンビニエンスストアで、店員を脅して現金を奪おうとしたとして、44歳の男が逮捕さました。男は凶器を持っていなかったということです。
 逮捕されたのは、相模原市の自称・会社員「齊藤 隆一」容疑者(44)です。警察によりますと、齊藤容疑者は19日午後9時すぎ、相模原市にあるコンビニエンスストアに押し入ったうえ、アルバイトの女性店員(16)に「金を出せ。俺は強盗に来ているんだ」などと言って脅し、現金を奪おうとした疑いがもたれています。
 齊藤容疑者が凶器を持っていなかったため、店内にいた別の男性店員(43)が110番通報をしたところ、齊藤容疑者は何も取らずに逃走しましたが、付近の路上にいたところを駆けつけた警察官に発見され、緊急逮捕されました。
 取り調べに対し、齊藤容疑者は容疑を認めているということで、警察が動機などについて捜査しています。』(20日04:46)

 この「齊藤」さんの”さい”が、4種ありますので、姓名判断の時は、どの”さい”を使用しているのか、画数を十分に確認する必要があります。
  崟董8」◆嶌悄11」「齊=14」ぁ帋掘17」
 この事件の「さいとう」容疑者は、ニュースから「齊=14」を使用していたと思われます。すると、

「齊藤 隆一」天格25・地格19・総格44

どうですか、画数では申し分ないベストに近い姓名であり、「隆」の語源も良く、とてもコンビニ強盗するような人ではないですね。
 ところが、この姓名4文字を観たとき、苗字に対して個人名が寂しく思いませんか? いいですか、「苗字:個人名=32(14+18):12(11+1)」となり、余りにも「苗字に重心」があり、「個人名には重心なし」と判断されます。
 さて、どうでしょう。全国の「齊藤さん一族」の運気ではなく、個人の「隆一さんの運気」を判断しているのです。
 すると、子どもの時から、自分の姓名の”形”に不安を覚えるのですよ。
 そして、止め字が「僅か、"一"のみ」・・・これでは寂しいですね。この不安な形も「天命数霊術」ァ嵶玉(形)」に問題点が生じてきます。
 ですから、このような不安定な姓名は、”郎”の一字をはり込んで、「隆一郎」に改名すると、”重心”が下がり、「齊藤 隆一郎」と安定感が出て来ますでしょう。
また、もう一つの方法は、”逆に”して検討して観てください。
 逆とは、「齊藤 ”一隆”」にして観ること! この形ですと、”重心”は下がり、”安定感”がでて来ますね。この形であれば、コンビニ強盗するような境遇ではなく、もっと希望に満ちた生活が出来ていたと思われます。

≪事例 2≫TBSニュースから。
『 21日未明、茨城県結城市の住宅で、44歳の男が75歳の母親をはさみで刺したなどとして、逮捕されました。母親は死亡し、警察は容疑を殺人に切り替えて捜査しています。
 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、茨城県結城市の無職「藤貫 陽一」容疑者(44)です。藤貫容疑者は、20日午後7時半ごろ、自宅1階の居間で、同居している母親・和子さん(75)の首を絞めたうえ、はさみで腹部を刺し、殺害しようとした疑いが持たれています。
 藤貫容疑者は、午後10時半ごろ自ら119番通報し、駆けつけた消防と警察官が心肺停止の状態で居間で倒れていた和子さんを発見、「腹をはさみで刺しました」などと話したため、その場で逮捕されました。和子さんは死亡が確認され、警察は容疑を殺人に切り替え、詳しい動機を調べています。』(21日09:00)


  この「藤貫(ふじぬき)」姓は、珍しい苗字ですが、茨城県結城市に多いようです。母親を殺害した「藤貫 陽一」容疑者を観ますと、

「藤貫 陽一」天格30(12を含む)・地格12(1を含む)・総格42

この姓名は、偶数配列が多いので、キレやすい性格ではなく、どちらかと言えば、精神的に追われてウツになりやすい性格から、動機は不明ながら、母親殺害に至ったのでしょう。この姓名も「苗字29=18+11」「個人名13=12+1」ですから、「苗字:個人名=29:13」となります。
 言い換えれば、この姓名の”重心”は、やはり”苗字”にあります。
 ですから、安定した姓名とするには、”郎”の1字をはり込んで「藤貫 陽一郎」とすれば、個人名の画数も21画となるので、下に重心が移り、安定した姓名になります。また、”逆に”「藤貫 ”一陽”」として観れば、天格19のうえ、安定感が出て来ますでしょう。この形であれば、”理性・抑制心”が働き、母親殺害事件など、発生していなかったはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 以上 ≪事例1≫及び≪事例2≫のように、特に男性の姓名は、その”重心”が個人名にあるほど、安定した運気になります。このように、苗字と個人名とのバランスを観て、「天命数霊術」ノ玉(形)の適否を検討してください。

必読!「人気番組;クイズダービー」の「大橋 巨泉」さん逝く!
[第2685回](大吉)・・・7月20日(大凶)

『 先日の七夕(7日)に「永 六輔」さんが83歳で亡くなり、12日には同年齢の「大橋 巨泉」さんが82歳で亡くなりました。ともに、テレビの普及とともに、昭和を代表されたご両人でしたが、特に人気番組「クイズダービー」の司会を務めた大橋巨泉さんには、現在でも思い出深い容姿が目に浮かぶようです。
ところで、「巨泉」さん「六輔」さんと言えば、昭和時代を生きて来た中高年は「えっ!」と驚きますが、「孝雄さんに続いて、克巳さんも亡くなったそうよ!」と言えば、「一体?それ誰よ!」になりますよ。
 要するに、親からもらった名づけでは、「一体!それ誰なの・・・?」になり、「運気が良い芸名・通称名・タレント名であれば、歴史に残るような人」になるのです。
 昭和の戦後から、最高に有名な芸能人は、本名「加藤加枝」さん! あの歌謡界の女王と言われた国民栄誉賞の「美空ひばり」さんですよ。
 もっとも、親が名付けた本名がベストの運気があれば、別名など不要ですが、このように、芸名として、日常使用の頻度が多いほど、人生の運気は「本名から芸名へ・・・」になること、もう理解できましたでしょう・・・!
 あなたも、芸名で成功して、年所得○億円!・・・親孝行ができますよ。 』
 

 大橋巨泉さんは、1966年(昭和41年)に、テレビ番組「11PM」の司会を担当し、タレントとしてデビュー。特に「クイズダービー」は辛口の司会に特徴があり、それが逆に人気で長寿番組となりました。
 そして、当時「巨泉」さん、「六輔」さんと言えば、昭和39年の東京オリンピック、昭和45年の大阪万国博覧会などにより、テレビは全国に爆発的に普及した時代の波に乗り、高度成長期の代表的な放送タレントでした。

「大橋 巨泉」天格8(5を含む)・地格25(9を含む)・総格33

  どうですか、巨泉さんは”協調性があり話術がうまく人気”がある天格「3・8」タイプと、”頭が良く表現力”がある地格「9・5」タイプの長所を兼ね備えた人柄であったことが、「天命数霊術」の姓名判断であれば、実証できますでしょう。それに、不思議・・・「クイズダービー」の19画が「巨泉」さんをバックアップ・・・!
 (参考に並列しますが、先日のブログ「第2678回」(7月7日)に「永 六輔」さんの詳細を記載しています。「永 六輔」天格9・地格14・総格23 )

この全くの同年代で、同じ放送タレント;「巨泉」さんと「六輔」さん、・・・これが仮に、「親から名づけ」を大事に、タレント名がないとしたら、本名では、全く無名の人で、しかも、82〜83歳までも長寿であったどころか、若くして亡くなられていたでしょう・・・!?

「大橋 克巳天格10・地格19・総格29
「永  孝雄天格12・地格12・総格24


どうですか? 「大橋」さんは、天格ゼロ系列で”病気”・・・、「永」さんは、天格12で”事件事故”に遭遇して、二人とも短命?であったかも・・・?
 そこなんです。「親に申し訳ないから、改名(通称名)できません!」という方がおられますが、今日のブログのように、「芸名・タレント名で、年収○億円!」であれば、どんな親孝行でもできますよ。
 いいですか、教科書にも掲載されるような歴史上の人物は、親が名付けたものは、ほとんどありません。
 現に、「大橋 克巳」さんって誰か知っていますか・・・? と、中高年に聞いてごらんなさい。「知りませんよ・・・!」と答えが還ってくるだけ!
 
 ”運気は、日常使用の頻度が高い名づけ”にやって来ることを、もう理解されましたね。 

必読!天格14の兄が、天格12の妹(高齢独身)の顔に熱湯を!
[第2684回](小凶)・・・7月19日(大吉)

『 高齢化社会の一端、高齢な独身女性が増え、超高齢な両親や兄弟と同居する傾向になり、家庭内のトラブルも増えること、先日のTV番組で放映していましたよ。それがため、兄が妹に熱湯を顔にかけ、ヤケドが原因の敗血症になり、死亡した・・・という事件がありました。今後、このようなトラブルも増え、高齢化社会の新しい問題点になるでしょうね。
 ですから、今後将来は、家庭内トラブルから、刑事事件まで発展しないように、「理性・抑制心・協調性・思いやりの心」などがある家族が必要であり、そのためには、「キレやすい4・7タイプ」や「気ままな2タイプ」の姓名の家族は改名して置かないと、刑事事件に発展することにもなりますよ。 』

 今日の毎日新聞鳥取支局ニュース。
『 56歳の妹に熱湯をかけて死なせたとして、鳥取県警米子署は19日、同県米子市下安曇、無職「香田 正人」容疑者(60)=傷害罪で公判中=を傷害致死容疑で再逮捕した。「湯をかけたことは間違いないが、死なせたというのは納得できない」と、容疑を一部否認しているという。
 逮捕容疑は4月下旬、自宅で寝ていた妹「久美子」さん(当時56歳)の顔に鍋で沸かした熱湯をかけ、やけどが原因の敗血症で5月4日ごろに死亡させたとしている。香田容疑者は、「しっかりしてほしかった」と話しているという。
 久美子さんが死亡した直後の5月4日、同居する父親(84)が近所の住民に相談し発覚した。久美子さんへの行為を問い詰めた母親(83)に熱湯をかけ、全治3週間のヤケドをさせたとして県警は同日、香田容疑者を傷害容疑で逮捕。久美子さんが死亡した経緯を調べていた。
 県警によると、久美子さんは湯を浴びてから亡くなるまで、治療せず自宅で放置されていたという。』(鳥取支局;小野まなみ)

 将来は、このような高齢者ばかりの同居家族が多くなりそうですね。すると、トラブルの主原因は、資産家であれば良いが、年金暮らしの高齢父母の下に、高齢の未婚女性も家族としていた場合、生活費負担割合から始まって、年金暮らしの老父母の介護負担まで、兄弟姉妹で言い争うことが多くなるのは、自然の成り行きだと思います。
 これが、義理の中の「嫁・舅・姑」の中では遠慮したことも、血縁の親子・兄弟姉妹では、「言いたい放題・・・!」でしょう。そこにトラブルが発生しやすいです。このトラブルの原因から観て、資産が潤沢に恵まれた家庭では未然に防ぐことも可能ですよ。
  でも、このトラブルから、”熱湯”をかけて負傷させ、それが原因で死亡という刑事事件にまで発展するのは、やはり、姓名からの「キレやすい性格;4・7
タイプ」と「事件事故に遭遇しやすい天格;2系列」である姓名になっているでしょう。

兄「香田 正人」天格147×2)・地格7・総格217×3)
 どうですか、この姓名には、「7」が一般の方より、「6」倍もあるのですよ。  すると、キレやすいのは、無理がないですね。

妹「香田 久美子天格12・地格14(7×2)・補格3・総格29

キレやすい兄に対して、天格12の”気ままな言動”があり、それが”事件事故”を呼ぶ結果になるのです。

  こうして観ますと、兄がキレて熱湯をかけ、しかもそれを批難した母親までにも、熱湯をかけた行為は、異常な行為であったと思われます。
  ですから、兄「正人」さんの名づけは、「香田」姓には全く適合していない相当にキレやすい”名づけ”であったことが、伺われるのですよ。
 赤ちゃんの名づけを間違えば・・・、刑事事件まで発展することになりますよ。

必読!将来”事件事故死”の可能性が高い赤ちゃん!
[第2683回](小吉)・・・7月18日(中吉)

『 過去のニュースの実名から観た「”事件事故死”に遭遇の可能性が高い赤ちゃん名づけ!」を、地元新聞から紹介しましょう。
ただし、天格の画数に必要な「苗字と名づけ」の一字目のみの公表です。・・・これは断定ではなく”可能性が高い!”という点に、ご了解願います。』

 このブログを始めて約9年、約2683回になります。その中でも、毎日、報道されるニュースの中で、”事件事故”に遭遇し、例えば交通事故死・火災焼死、殺害死など、乳幼児が犠牲になることは、日本の将来のためにも、ご家族の子宝のためにも、大きな損失ですよ。
 親より子が先立つ”逆死”は、「これほど辛い不幸はない!」と、一休(「一休宗純」禅師)さんの教えもあります。
 そこで、赤ちゃんの長寿を願って、今日のブログの目的とし、決して2チャンネルのような興味本位で投稿したのではないことを、ご理解いただきたいですよ。
 今日の地元新聞からの紹介は、単に架空の赤ちゃんではなく、事実「1歳の誕生日を迎えた赤ちゃん」の報道記事(ご両親からの写真入り、氏名紹介による)から、”事件事故”に遭遇する可能性が高い姓名を、苗字と名づけの1字目のみを紹介します。
(山陽新聞7月14日・17日の134人から)

 崟弌廖棔峇」=12 ・ ◆嶌粥廖棔峽帖廖22
「多」+「光」=12 ・ ぁ岷А廖棔崙董廖22
ァ崙」+「瑠」=32 ・ Α嵋」+「晃」=22
А岼臓廖棔嵌繊廖12 ・ ─嵬陝廖棔嶌察廖12
「光」+「龍」=22 ・ 「舟」+「伊」=12
「江」+「圭」=12 ・ 「松」+「ま」=12
「山」+「美」=12 ・ 「大」+「俐」=12

・・・・以上、14人。

 このように、約10人に1人は「事故事件(交通事故死・火災死・水死・殺害死など)」に遭遇する可能性が高い赤ちゃん・・・その年齢は不詳ですが、災難は明日かも・・・あるいは10〜20年先かも? しかし、毎年の新生児が100万人ですから、約10万人の”事件事故”に遭遇する可能性がある赤ちゃんが、誕生していることになります。
 この「天命数霊術」は”占い”とは異なり、文系の人文科学ですから「何歳の時など・・・」の予言までは、開発していません。
 しかし、過去の実名報道からの実証で、「天格2系列は、事件事故に遭遇する可能性が非常に高い!」ことのみは、自信を持って断言できます。

★ご質問がありましたら、下記のメールに送信してください。
 ( PCメール;「info@gakuyo951.jp
携帯メール;「09090653019@docomo.ne.jp」)
携帯電話(お急ぎの方); 090-9065-3019 望月 岳陽
 ※メールの件名欄には、必ず「都道府県名+苗字」のみを記入願います。他の、迷惑メール・売り込みメールと識別するためです。
なお、この★公式ブログは、
 「http://blog.gakuyo951.jp」から、お入りください。「望月岳陽」から検索して入りますと、他説からの事実誤認の中傷・誹謗の2チャンネルが多く、読みづらくなっています。 

必読!「フィッシュピック」茨城女性殺人の被害者も天格22!
[第2682回](大凶)・・・7月17日(小吉)

『 同じ高校生でも、善行の「感謝状」と犯罪の「逮捕状」との違い! 先日の福岡の高校生は、行方不明の91歳の高齢者を保護のうえ自宅まで届けて、所轄署長からの「感謝状」を受け、他方、茨城の高校生は、通行中の女性を「フィッシュピック」で殺害し、河川に死体遺棄して「逮捕状」を受ける。同じ高校生でも、これほどの違いが生じてきます。
 どうですか、中2から高2までの反抗期では、子育ても非常に難しい時期です。 ですから、少なくとも未成年者が犯罪者になることを誘発させないように、被害者側にも、「天格2系列でない姓名」にしていると、自分の身を守ったうえ、1人の高校生が犯罪者になることを防ぐことにもなります。
 未成年者を犯罪から守るために、大人自身も”事件事故に遭遇しない強運な姓名”にするよう協力すべきですよ。』

 先日のブログ『必読!”思いやりの心”高校1年男子;91歳の行方不明者を保護!』(「第2680回」7月15日)のように、所轄署長から感謝状を受ける高校1年生もいれば、『「フィッシュピック」茨城女性殺人の被害者も天格22!』(本日のブログ)のように、高校2年生で「逮捕状」を受けた者もいます。
 殺人の疑いで再逮捕です。今月5日、茨城県龍ヶ崎市の川で牛久市に住む「進士康子」さん(42)の遺体が見つかった事件で、警察は死体遺棄の疑いで逮捕していた、つくば市に住む高校2年の男子生徒(16)を殺人の疑いで再逮捕しました。
 男子生徒は先月30日、つくばみらい市の路上で進士さんの背中を「フィッシュピック」と呼ばれる道具を使って刺すなどして、殺害した疑いが持たれていて、取り調べに対し「フィッシュピックで通行中の人の背中を刺したのは間違いない」と容疑を認めているということです。

そこで、この事件の加害者である高校生は、姓名を公表(未成年)されていませんので、被害者サイドからの判断をしてみましょう。

「進士 康子」天格22・地格6・総格28

先ず、画数配列を観ますと、3か所とも”偶数”であり、「9・5」が1か所もありませんね。そのうえで、天格が”事件事故”を呼び入れる「22」ですから、同じ総格28の中でも”事件事故”に遭遇する可能性が非常に高い姓名です。
 このように判断して行きますので、「X+Y=28」の構成数「XとY」の組み合わせ次第で、「”生”か”死”か?」の運命に分かれます。
 この視点は重要なので念を押しますが、日本初の「天命数霊術」が、従来の説と異なる大きな視点は、「天格(22)を重視するのか? 総格(28)を重視するのか?」の違いを理解してください。
その根拠は、私説が古代中国夏王朝「後天八卦図(神亀の図)」(a+b+c=15)⇒「魔法陣」からですが、従来の日本中の説には、大正〜昭和の初期から現在まで、「総格を重視する根拠」は、全く見当たりません。
 (この記載部分は、最近の「天命数霊術」の初心者のために、再記載です。)

 この実例のように、全て”偶数”で天格2系列の姓名であれば、”事件事故”に遭遇する可能性が非常に高いので、早急に改名(通称名)してください。
 その行為が、1人の高校生が犯罪者・加害者になることから救うことにもなります・・・。
 ぜひ、大人が協力してください。

必読!浜名湖バラバラ事件被害者も「天格22」 !
[第2681回](大吉)・・・7月16日(小吉)

『 相変わらず、天格2系列の人が”事件事故”の被害者になる実例が多いのですが、加害者になる実例も偶にあります。いずれにせよ、あなたのご家族から、天格2系列の姓名は、家庭裁判所の許可を得て、正式に改名をした方が良いですよ。事件事故死により、膨大な捜査・収監費用などで税金を投入し、個人的にも直系血族に支障があると、先祖から続いた篤志家も絶えるケースもあり、それが社会的にも大きな損失になるからです。』

「あの家のご先祖は、この地方の旧家で、代々村の発展に尽くされた篤志家でしたが、今から3代前の当主が暴徒に殺害されてから家が没落して、今は農地も山林も荒れ放題で、この地方も小学校は廃校となり、すっかり過疎化になってしまいました・・・」と、郷土史家に話を聞くことが多かったですよ。
 実は、私が現職の時、「 農業基盤整備事業に関する行政監察」や「山林振興対策に関する行政監察」などで、地元の関係者の意見を聞く機会も多く、前記の郷土史家の話は、全国どの地方でも珍しいことではありません。
 元を正せば、ある時代の直系血族が絶えた当時、戸主の”姓名”を判断して観ると”弱運”であり、子無く病死、暴徒に殺害や火災焼死、毒殺死などの事件事故死の話は、調査過程でも良く聞いた話題でした。
 いいですか、あなたのご家族に、少なくても「天格2系列」と「天格4・7系列」の姓名があれば、ぜひ、子孫繁栄と社会貢献のために、改名をお勧めします。
 さて、ここ数日間でも、天格2系列の”事件事故”のニュースは、絶え間なくあります。
  
★「天格22」の男性の遺体・・・浜名湖のバラバラ事件★
 『 静岡県の浜名湖で、バラバラに切断された男性の遺体が見つかった事件で、遺体は北海道出身の32歳の男性だったことが判明しました。
 今月8日、浜名湖の4か所で、バラバラに切断された男性の遺体が見つかった事件で、捜査本部は、静岡県内外の行方不明者の情報などから遺体の身元の確認を進めていました。捜査本部によりますと、これまでの調べで、遺体は北海道出身の住所・職業不詳「出町 優人」さん(32)であることが判明しました。』


「出町 優人」天格22(17を含む)・地格9(2を含む)・総格31


  この姓名は、「9・1」が2か所あっても、その「9」は地格であり、天格22(「出=5」+「優=17」)のため、賢い人でしたが、殺害されたうえ、バラバラに切断されて、浜名湖に捨てられた災難を受けたのです。
  仮に、この被害者の姓名が、天格と地格が逆の「9+22=31」であったなら、このようなバラバラ事件の膨大な捜査も、人的物的損害もなかったはずです。まだ、32歳の若さですから、北海道の郷里のために生涯を尽くすこともできたでしょう。また、同じ税金を投入するなら、もっと福祉や教育の充実に回せるのです。僅か「名づけ」一つで、人生を好転させ、郷里や社会の発展にも貢献できますよ。
  
★「天格32」と「天斬殺」の「難波 綾」容疑者、2人目の赤ちゃんも遺棄か?・・・2人目の赤ちゃんの遺体が見つかる・・・★
 鳥取県岩美町の雑木林に、赤ちゃんの遺体を遺棄した疑いで、13日に逮捕された「難波 綾」容疑者(35)の自宅から、死後1〜3年が経過した別の赤ちゃんの遺体が見つかりました。
 難波容疑者が1年半ほど前に妊娠していたという情報もあり、警察は、この赤ちゃんについても詳しく話を聴くことにしています。』(15日21:58)


 この難波容疑者の姓名を観ましょう。
「難波 綾」天格32(14を含む)・地格8(8を含む)・総格40

 この画数配列は「32+8=40」で、天格・地格に含む数も全て”偶数”ですから、総格40は”凶数”になります。
 したがって、天格32から”事件事故”を呼び、その天格に「綾=14」が含まれたうえ、総格40がキレやすい結果になりますので、わが児でも殺害する運命になってきます。この「綾」という”糸へん”の字体は、本来運気が良い字体ですが、「難波」姓には不向きな字体なのです。
 過去のブログでも「命の大切さは、人生を逆に成功した大人から観れば、乳幼児でも大人でも同じなのですよ」と、投稿しましたね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 どうですか、上記の2事例からみても、”姓名”がいかに家族・社会の発展に影響するか、みなさん、良く理解されたのでは・・・?

必読!”思いやりの心”高校1年男子;91歳の行方不明者を保護!
[第2680回](小凶)・・・7月15日(大吉)

『  "思いやりの心"を持ち、”協調性”がある高校1年男子(16)が、行方不明になっていた高齢女性(91)を保護し、高校生が連絡の母親が運転する車で、彼女の自宅を探して無事に届けました。捜索願が出ていた高齢者を無事に保護した高校生を、所轄署長は、19日に北岡君に感謝状を贈る予定です。』
 
  朝日新聞ニュース( 7月15日付)では、
『 ★行方不明の高齢者91歳、高1が通学バス内で保護し、一緒にバス下車、送り届ける★
 福岡県立稲築志耕館高校1年の「北岡 大和(ひろと)」くん(16)が、行方不明になっていた高齢女性(91)を、飯塚市内で保護した。帰宅途中のバスの中で運転手と女性の会話から、女性が行き先が違うバスに乗ったことを知り、一緒に下車。母親に連絡、迎えの車で嘉麻市の自宅まで送り届けた。女性は田川市で行方不明になり、捜索願が出されていた。』


 北岡君は、7日午後7時ごろ「剣道の部活動」を終え、バスで飯塚市明星寺の自宅に向かった。飯塚バスターミナルで乗り換え、一番前の席に座った。途中で、すぐ後ろの席にいた高齢女性が運転手に「(嘉麻市の)稲築まで行きますか?」と尋ねた。運転手は行き先が違うと告げ、降車を促したという。

 北岡君は「1人では降ろせない」(思いやりの心)と思い、一緒に下車して母親に連絡(機転・行動力)。母親の運転する車で、嘉麻市へ向いました。車をゆっくり走らせながら、自宅の場所を思い出してもらったのです。車を降りて探そうとしたところ、偶然にも女性の自宅を訪ねて来た市職員に出会い、しかも、「"運よく"女性の自宅前!」だったそうです。 その時、女性が行方不明になっていたことを、初めて知ったそうです。
 午後9時を回っていたのも還り見ず、責任を持って送り届けた行為は、さすがに”剣道部”の精神(思いやりの心・責任感・行動力など)をもっており、最近の高校生の中では、感激する話題でした。(遥か昔、私も高校1〜2年で剣道部でした。)

 嘉麻市によると、女性は同日午後3時ごろ、息子と出かけた田川市美術館で行方が分からなくなり、捜索願が出ていたという。田川署長は、19日に北岡君に感謝状を贈る予定とのことです。

 さて、北岡くんの姓名は、どうでしょうか?

「北岡 大和(ひろと)」天格8(3を含む)・地格16(8を含む)・総格24(※)


どうですか、一見して”思いやり”ある「3・8」タイプですね。
 (※)そして総格「24」は、「4・14・34」と異なり、”奇数”でも”偶数”でも整数で割り切れるパターンが多いので、とても”協調性”がある例外数と、記憶していてください。ですから、一口で言えば「とても”人柄”が良い人!」と、判断して間違いありません。

 以上の判断から、北岡くんは「とても”思いやり”と”協調性・行動力”がある高校生」であること、やはり、姓名の影響は大きいのです。そして、高齢女性の自宅を車で探し届けた「母親の協力」も、忘れてはならない善意の行為ですよ。

(お願い)
 最近、PCメールでも、「改名したくて、自分で考えたのですが、A名が良いですか? B名が良いですか?」というお問い合わせがあります。
 このようなご質問は、「A名が良いですよ!」とは返信できません。なぜなら、私が思考して責任もって名付けてはいないのです。ですから、「天命数霊術」の5大要件のうち、1つの要件でも不十分なとき、目をつぶり「A名が良いですよ!」とは言えないし、失望を与える「A名もB名もダメです!」とも言えないですよ。(まして、どちらもダメと言うのは、”営業発言?”のようにも受け取られるのも心外です。)
 ですから、このような個別のご質問ではなく、「一般論のご質問」であれば、ネーミングのどんなことでも、返信します。
 もちろん、ご本人やご家族などの姓名判断は、正式に申し込みがありますと、それは不公平にならず、責任を持って返信いたします。
(ブログ左欄;「★姓名判断・命名・改名の申し込み手続き・プロフイール★」をご覧のうえ、正式にお申込み願います。)

必読!「南谷真鈴」さん、19歳の最年少で世界7大陸最高峰登頂に成功!
[第2679](中吉)・・・7月14日(小凶)

『 やはり、最後の登頂に成功か!すごいですね。小柄な19歳の女子大生「南谷 真鈴」さんが、7大陸最高峰登頂に成功とか! どこから、そんなエネルギーが沸くのでしょうか? 
 それは、「姓名に、トップになる奇跡の”9”のダブりがある」からですよ。 このダブり現象は、良いことに「凝り性」ですから、「一般の人がマネできない不思議な力を授けられる!」からです。
 これまでは、"5"のダブりである22歳の「渡辺 大剛」さんの記録が最年少でしたが、”9”のダブりが破りましたよ。
 どうですか、「”9”は、大凶どころか、トップになれる最大吉数!」を、実証できましたね。』

時事通信 7月11日(月)によりますと、
『 ★19歳女子大生が7大陸最高峰登頂=南谷さん、日本人最年少★
 世界7大陸の最高峰登頂に、19歳「南谷 真鈴」さんが成功したことが11日、分かった。サポートする博報堂DYスポーツマーケティングによると、2004年に「(故)渡辺 大剛」さんがマークした22歳をしのぐ日本人最年少記録。南谷さんは帰国後に記者会見を開く予定。
 早大2年の南谷さんは、5月に世界最高峰エベレスト(8848メートル)の登頂に成功。今月4日に最後の一つとなっていた北米最高峰のデナリ(旧称マッキンリー)山(6190メートル)山頂に到達しました。・・・(以下、略) 』


 この偉業は、「不屈の”心”・並みはずれた”技”」の他に、最も必要な”事件事故”にも遭遇しない「”運”」、すなわち「心・技・運」の三身一体に恵まれたのです。 何度も投稿していますが、この中で「運」があってこそ、努力もできるのです。
 この日本最年少の記録を顕てた二人を観てみましょう。

「南谷 真鈴(まりん)」天格19・地格20・総格39(「9」のダブり)


「渡辺 大剛」天格15地格15・総格30(「5」のダブり)


 どうですか、「南谷」(19)さんは最大吉数「9」のダブりですから、「渡辺」(22)さんの大吉数「5」のダブりよりも、運気に恵まれていますので、日本初の最年少の記録に恵まれました。

 この「南谷」さんの「9」のダブりに類似しているのは、「浅田 真央」さん(フイギアスケート)が「天格19・地格10・総格29」であり、「9」のダブりが酷似していますね。
 
 では、この二人(「南谷」・「渡辺」)に違いがあるのは「地格がゼロ」と「地格が15」との違い・・・前者は「対外的な運気」、後者は「対内的な才能」を持っていると、評価をして良いのです。
 そこで、両者の代表的な「9・0・9」タイプと、「9・9・8」タイプを、地元新聞(7月14日版)から実例を紹介しましょう。(ベストの運気ですから、実名で公表します。このベストの「9」ダブりは、84人中、3人のみです。いかに運気が良く、健康・知徳・性格に恵まれた赤ちゃんは、日本中でも少ないことが判ります。)

★≪対外的な運気≫(「9・0・9」タイプ)
「河原 理紗(りさ)」天格19・地格20・総格39
「岡本 麻由(まゆ)」天格19・地格10・総格29

(ただし、「麻由」の字体は、多少運気不安定です。)

★≪対内的な才能≫(「9・9・8」タイプ)
「米田 瑶介(ようすけ)」天格19地格9・総格28

 以上の3人は、「南谷 真鈴」さんのように「19歳女子大生が7大陸最高峰登頂!」と、通常ではできない成功例を見せるなど、将来の成長が楽しみな赤ちゃんです。

(お知らせ)
 本日のアクセス数は、最近では一番多く、1日5025件でした。

必読!「上を向いて歩こう!」の作詞家「永 六輔」氏亡くなる!
[第2678回](中吉)・・・7月12日(大凶)

『 余りにも有名な歌手「(故)坂本 九」さんの「上を向いて歩こう」の作詞家「永 六輔」さんが、”七夕”の日に亡くなり、また、一つ昭和の思い出の灯が消えました。』

 実に昭和から平成へ46年間の“テレビ・ラジオ”放送作家の草分け「永 六輔」さんが、七夕の星になられたというニュースに、すぐに思い出したのは「上を向いて歩こう!」という坂本 九さんの歌を思い出しました。
 この曲は、当時、アメリカでも「スキヤキ」という題名で流行したそうです。

 この「上を向いて歩こう!」というのは、私たちの結婚式の時、塩野義製薬に就職した従弟が歌ってくれたので、現在でも記憶にあります。当時では、代表するヒット曲だったのですよ。
 この曲の歌手は、「坂本 九」さんで、その後、あの日航機墜落事故(昭和60年8月12日)で、43歳の若さで亡くなったことも、当時の人には強烈に印象に残っていますでしょう。
 さて、その「上を向いて歩こう!」の作詞家「永 六輔」さんが、83歳で亡くなりました。
 長年、放送作家の草分け的存在で、テレビ・ラジオ界で長く活躍した方で、これまた昭和の思い出になる方が、七夕の星空に昇天されました。
 永六輔さんは、19歳のときにラジオ番組に投稿した縁で放送界入りし、放送作家として、数々の人気番組を手がけたほか、司会や出演者としても「軽妙な語り口」に特徴があり、人気が続いたのです。
 ですから、車の運転しながら、ラジオから聞える!番組「永 六輔の誰かとどこかで!」を良く聞いていました。

 さて、テレビ・ラジオの歴史に残る歌手「坂本 九」さんと、作詞家「永 六輔」さん、その姓名(芸名)を見てみましょう。

「坂本 天格9・地格5・総格14
「永 六輔天格9・地格14・総格23


どうですか、二人とも「天格9」ですので、両者の相性はベストであり、「上を向いて歩こう!」は、国内のみではなく、アメリカまで伝わり「スキヤキ」という曲名で親しまれたのは、異例の運気だったのです。

 ところが、この話題を今日のブログの題材にしたのは、姓名に使用する「漢数字の吉凶?」と「姓名の”重心”!」の2つの視点なのです。
 日本中の説の中には、「一・二・三」までは、「1・2・3」画ですが「四・五・六・七・八・九・十」は、それぞれ「”数意”があるので、4・5・6・7・8・9・10」画だ!と言う説があります。
 では、「山口百恵」さんの”百”は、数意があるので100画? 「島倉千代子」さんの”千”は1000画? と思えば、「いや、”百”から通常の漢字ですから6画、”千”は3画です」という言い逃れの説が、未だにあります。
 数意と言えば、「百」も「千」も”数意”があります。

 ところが、従来から「坂本 九」さんの「九」は”9”画の大凶だから、「航空機事故で死んだのだ!」というバカげた判断をしている説も、現在でもありますよ。それでは、従来の日本中の説では、その説の地格(個人名;20歳までの運気)は、「9又は10」画ではありませんか? その判断によりますと、「坂本 九」さんは、20歳までに死亡しているはずですが、43歳の事故死ですから、的中していない説になります。
 その説によって「永 六輔」さんを判断しますと、地格は「六輔=20画」の大凶になりますので、やはり20歳までに死亡する解釈になりますが、本名は「孝雄」さんなので、やはり「19」画の”大凶”と言う判断をしていますが、事実はこのたびの83歳の長寿で死亡されたのです。
 したがって、従来の五剖式姓名判断の「地格」(成人するまでの運気)は的中しておらず、その基本となる漢数字の「四・五・六・七・八・九・十」の画数は間違いのまま、昭和初期から平成の現在まで、約90年も経過してきました。それを正す姓名判断師が一人もいなかったことに、驚きを感じています。

 いいですか、従来から伝承されて来たことには、正しい説ばかりではないことを、忘れてはいませんね。「なぜ?どうして?そんな解釈になるのか?」と、研究心を持って「上を向いて歩いて!」ください。
 では、同じ”天格9”でも、「坂本 九」さんと「永 六輔」さんとの違いは、どこにあるのか? 考えましたか?
 苗字と個人名との比重・・・「”重心”の違い!」に気付いた方、おられましたか? 姓名の重心も大事な視点です。 あの韓国の大型客船が転覆した事故原因を思い出してください。また、飛行機の墜落事故は、重心を失ったからです。”重心”という視点も姓名判断では、とても大事なことですよ・・・。

必読!「刀」の旁;「利・莉・梨・則・剛・創」は名づけにはタブー!
[第2677回](小吉)・・・7月11日(大吉)

『 「なぜ?この子は、子ども時から、怒りッポイのか?」と、悩まれる親御さんも世間に多いかと思います。この原因は、天格4・7タイプのみではなく、不思議なことに、「刀」の旁(つくり)がある字体を、名づけに使用していれば、キレやすいのですよ。
 最近の流行の字体も含みますが、昔から人名使用の「利・莉・梨・則・剛・創」の字体を避けて、赤ちゃんの名づけをしてください。
 でも、今日の事件は、父親が泣き止めない「わが児を”揺らし”」て、脳を損傷させて重症(全治約1年)を負わせて逮捕されました。
 赤ちゃんは、「寝る子は育つ!」と昔から言い、静かに寝せた方が賢い児に育ちますのに、泣き止めさすため、揺らせて脳に損傷が起きると、”知的障害児者”となり、親の負担は生涯続きますよ。これを、防ぐためには、両親と児の名づけには、上記の”刀”が旁の字体は絶対に使用しないでください。これも、一人でも賢い日本人誕生のためなのです・・・。』

本日のTBSニュースから。
『 ★乳児の頭を揺さぶり大けが、傷害容疑で20代両親逮捕★
 生後3か月の次男の頭を揺さぶるなどして、全治1年の重傷を負わさせたとして、大阪府高槻市の無職「仮屋園 文則」容疑者(27)と妻の「美加恵」容疑者(28)が逮捕されました。
 次男は命に別状はなく、回復に向かっているということですが、警察の取り調べに対し、文則容疑者は「息が切れるほど揺さぶった」と容疑を概ね認め、美加恵容疑者は「夫が揺さぶっているのを見ていたが、遊んでいるだけだと思っていた」と容疑を否認しているということです。』(11日02:40)


 かって、私は文部・厚生省の調査対象の施設担当が長く、「障害児者施設の運営に関する行政監察」を数度経験をして来ました。その際、障害になった原因調査の中で、遺伝性・母体の病理感染性などもありましたが、意外に多いのが、「産後の”乳児の揺らし原因”の脳障害」も多いのですよ。
 泣き止めないので、大きく揺らすと、まだ十分に脳形成ができていないため「脳障害」になりやすいのです。
 このために、子は「知的障害児」になり、両親は養育に負担となるばかりではなく、公的支援も大きく必要であり、子どもの時は「障害児教育」、大人に成長しても中軽度は「障害者授産施設」で生涯軽作業の生活が続きます。
 これらの私的・公的負担の原因は、乳児の時に揺らしの脳障害もあるのです。

 この現象を収めるためには、先ず、赤ちゃんの名づけで「”長泣き・夜泣き”をしない健康で賢い児」にするのですよ。
 それに対して、若い父母の姓名も「4・7」タイプを避けて、しかも”刀”が旁の「利・莉・梨・則・剛・創」の字体を、絶対に使用しないようにしてください。
 特に、男性では「則・剛」の字体を良く使用されますが、キレやすいので、画数が「天格9・5」系列以外の男性は、改名しておかないと、予想外の負担が起こる可能性があります。

 今日のニュースの父親は、
「仮屋園 文則」天格10(「文=4」を含む)・地格18(「」を含む)・補格13・総格41

この画数配列は、地格から「温厚で思いやりの心」を持っています。しかし、対外的な影響を受けやすい天格10のゼロ系列に、”苦労性”の「文」にキレやすい「4」が含まれ、地格に”刀”の”リットウ”の「則」が含まれて、その結果、信長的性格の「総格41」が、理性を遮り、カっとキレやすい行動に出たのです。文則容疑者は次男を「息が切れるほど揺さぶった」との証言から、約1年も要する重傷を負わせた結果になったようです。

 このように、「”姓名”の吉凶」が、優秀な日本人形成にも大きく影響します。とにかく、「長泣き・夜泣き」をしない児になる名づけと、”刀”の旁がない字体に留意することも、先決ですよ。

必読!流行の「翔」でも天格「0・2」系列は、”死”を呼ぶかも?!
[第2676回](小吉)・・・7月10日(大凶)

『 今から26年前、大河ドラマ『翔ぶが如く』(司馬遼太郎の小説)から始まった「翔」が付く「翔太(しょうた)・大翔(ひろと)」などの名づけが、現在まで異常に多い。「流行なら何でも・・・」とか、「みんなで渡れば、怖くない!」という心理なのか、この「翔」という字体、毎年、ベストテンに入る大流行・・・! でも、名づけは苗字により運気はピンキリですよ。
 例えば、同じ「太郎」でも、「桃太郎」も「金太郎」も「浦島太郎」も、皆、運気が異なること忘れないでください。
 あの毎年ベストテンに入る大流行名;「翔太」くん(13)が、川で溺れて、僅か13年の生涯を閉じました。可哀想にも「苗字」に適合しない名づけだったのです。 』

 今日のNHKニュース。
『 9日夕方、福岡市東区で、ボールを取ろうと川に入った13歳の男子中学生が溺れ死亡しました。
 9日午後5時半ごろ、福岡市東区の多々良川で、「中学生くらいの男の子が溺れている」と消防に通報がありました。溺れたのは、近くに住む男子中学生「藤丸翔太」さん(13)で、およそ40分後に川の中で見つかりました。藤丸さんは病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。
 警察によりますと、藤丸さんは近くで友人らとキャッチボールをしていて、落ちたボールを取るために川に入ったということです。警察が当時の状況を詳しく調べています。』(10日05:06)

 同じ、「翔」の字体でも、嵐グループの「櫻井 翔」さんは、運気が良いですね。それには父親の「櫻井 俊」氏のパワーを受けていることもありますが、「櫻」の字体を旧漢字の21画を使用している点もあります。もし、「桜」の字体を新漢字の10画を日常使用していると、天格22となり、いつ事件事故に遭遇するかも・・・?!

 さて、最近でも「翔」は、人気ですよ。地元新聞で確認しますと、
 僅か男児名26人中、6人も「翔」を使用。
 そんなに「翔」の流行字体がいいのかな・・・?
 後、20年もすれば、平凡な字体の男性「翔」くんがワンさと溢れますよ。  
 ★「翔大(しょうた)」「翔人(ひろと)」「翔陽(しょうよう)」「心翔(まなと)」「悠翔(はると)」「友真翔(ゆまと)」の6人もいます。

  特に、今日の中学生「翔太」くんは、非常に多い流行名・・・でも、ご両親より早い”逆死”になっても、そんなに流行名が良いのでしょうか?
 親子とも「”逆死”ほど不幸はない!」と一休さんの教えがあっても・・・? それでも嵐の「櫻井 翔」くんのように成功させたくて名づけたのかな?
 彼は、「櫻」=21画を使用しているので、「翔」=12画でも、天格33画になりますし、秀才の父親「櫻井 俊」(「俊」は秀才の字体)氏のパワーの恩恵も受けています。
 ところが、この水死事故の「藤丸 翔太」くんは「櫻井」という苗字ではないですよ。「天格30のゼロ系列で”弱運”になる!そのうえ、事件事故を暗示する”翔=12画”を含んでいる!」違いがあります。だれでも「翔」が付けば、有名になる訳がないですよ・・・! 

「藤丸 翔太天格30(「翔=12」を含む)・地格7・総格37

 どんなに愛情を持って名付けても、苗字に適合しなければ、「櫻井 翔」さんのように成功する訳がありません。
 名づけ一つで、”事件事故”に遭遇することもあるのです。
 しかし、たまたま運気が良かった「田野岡 大和」(天格8・地格19・補格8・総格35)くん(7)が奇跡の生還をした北海道のニュースを忘れないでください。

必読!やはり”病的にキレやすい”バラバラ事件容疑者!
[第2675回](大吉)・・・7月9日(大吉)

『 やっと容疑者が逮捕されましたね。「どんな容疑者なのか?」「その動機はなにか?」・・・大いに関心がある事件。まだ、被害者との関係やバラバラにして死体遺棄する動機など、まだ未知の事実関係は残されています。
 でも、不思議なことに、28歳の容疑者と88歳の高齢女性の被害者・・・どちらも大きく年齢差もありますが、”4・7”タイプで運勢的な相性が悪くて、事件事故の態様が大きくなり、大事件となったようです。』

今日の共同通信;重大ニュースの一つ・・・。
『 東京・目黒区の公園の池で、88歳の女性の切断遺体が見つかった事件で、警視庁は、女性の自宅マンション近くに住む28歳の男を死体遺棄の疑いで逮捕しました。男は容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、東京・世田谷区野沢の自称、無職「池田 徳信(やすのぶ)」容疑者(28)です。
この事件は先月23日、東京・目黒区の碑文谷公園の弁天池で、近くに住む「阿部 祝子(ときこ)さん(88)の遺体が、切断された状態で見つかったものです。警視庁は、遺体が先月19日の夜以降に遺棄されたとみて、阿部さんが住む自宅マンションの部屋の現場検証をしたり、マンションの防犯カメラの映像を解析したりするなど捜査を進めていました。
その結果、部屋の中に池田容疑者が侵入したとみられる痕跡が残されていたほか、マンションや公園周辺の防犯カメラの映像などから、マンション近くに住む池田容疑者が、先月19日から23日までの間に阿部さんの遺体を遺棄したとして、9日朝、死体遺棄の疑いで逮捕されました。』

 この事件が報道されて以来、「容疑者は、一体、どんな人なのだろうか?」と疑問に思いながら、今日の容疑者逮捕まで、ブログに投稿できませんでした。
 まだ、動機などが判明していませんが、88歳の無抵抗に近い高齢女性を「バラバラに切断して池に投棄する必要?」は、一体?何であったのか・・・?
 いえ、通常の人であれば、仮に怨恨があっても、バラバラにできるものではありません。やはり、近年のバラバラ事件と言えば、「妹殺害の武藤勇貴(歯科医の次男)」容疑者のように、「病的な程度にも、キレやすい性格」・・・それは「天格17」の姓名から推定が付くのです。

★加害者;
「池田 徳信(やすのぶ)」天格20(「徳=14=7×2」を含む)・地格14(7×2)・総格34(17×2)
 今から、28年前に「徳信」という名づけをされたご両親は、とても学識がある方(「徳」は”のり”が通常を、”やす”の読み)で、家筋も代々「通し名」を使用する旧家であったことが推定できます。
 なぜなら、約30年前の男児名は「た・や・すけ」⇒「太・也・介」を止め字に使用したのが異常に多い傾向だったのです。
 ですから、この「徳信」と愛情を持って名付けられたことが、十分に推定できます。ところがどうでしょう! 上記の画数配列を見ますと、異常なほど、「キレやすい”7”系列(6コ含む)」が多いですね。
 これでは、通常の人の6倍以上も”キレやすい性格”!
 要するに、「池田」姓には、「徳信」は異常なほど不適合な名づけだったことが、皆さん、実証できましたでしょう・・・!

 ところが、この不運な出会い、運命のイタズラ・・・なのか?

★被害者;
「阿部 祝子(ときこ)」天格17(「祝=9」を含む)・地格14(7×2)・総格31

 この「祝子」さんを「ときこ」さんと、88年前(昭和初期)に名づけられたとしたら、非常に珍しい名づけであり、これまた当時のご両親はとても学識がある旧家であったことが推測できるのですよ。
 そこで画数配列を見ますと、不思議なことに「7系列」が通常の人より、3倍もありますので、日常キレやすいと判断されやすいのですが、この方は「祝=9」が天格に含まれていますので、とても理性と気品がある女性だったと判断できます。
 そこで、なぜ? この二人が大都会の東京で、なぜ、殺害のうえ、バラバラにして池に投棄した運命になったのか? 通常では考えられない”怨恨”を持った犯罪ですね。・・・これ以降は、私の専門外になりますが、霊能者である私の娘が”霊視”する必要がある事件ではないか・・・?と推定されます。(おそらく、両家のご先祖からの”霊障”が、現世でこのような猟奇事件にまでになった原因は、過去の怨恨ではないか?と推定します。)

必読!乳幼児の”命の尊さ”は、逆の大人から思考せよ!
[第2674回](小凶)・・・7月8日(中吉)

『 2歳男児を窒息死させ、その弟にミルクを与えなかったベビーシッターの男の裁判員裁判で、検察側は無期懲役を求刑しました。・・・なんと僅か2歳男児の殺害事件で、無期懲役の求刑とは重すぎる・・・? と、判断してはなりません。
 命の尊さは承知していても、僅か2歳の男児殺害では求刑が重すぎるのではないか・・・? と、皆さんは思ってはいませんか? その思いは改めねばなりません。なぜなら、生存した大人の命から、逆に思考すると、「命の尊さ」が良く理解できるのですよ・・・。 』

 この”命の尊さ”は、社会生活の常識用語として、何気なく使用されていますが、僅か2歳男児の命が・・・と、思われていませんか?
 実は、私の約57年前のこと、大学2年生の専門科目「刑法総論」の授業の時、教授が「人の命の大切さは、乳幼児でも大人でも同じなんですよ。」と、言われたことを今でも思い出します。
 それまでは、「たかが赤ん坊じゃないか! それが大人と同じ命の大切さがあるものか?」と、本気で思っていたのです。
 ところが、私は高校生ごろまでは、”考え違い”をしていたのです。
 いいですか、人の命を現時点だけではなく、時間の経過による人の成長を立体的に捉えることに、気付かされたのです。
 教授はこう言いました。「例えば、キリストも釈迦も、乳幼児の時があったのです。もし、その二人が乳幼児の時、殺害されていたら、現在、世界中で信仰されているキリスト教も仏教も存在していませんよ。いえ、こんな偉人を実例に思考しなくても、もし私(教授)が乳幼児の時に殺害されていたら、こうして皆さんの前で、「刑法総論などの講義」はできなかったですよ。・・・そうでしょう。そのように思考すると、乳幼児の命も大人と替わらぬ”大切な命”なのです。」
との教えから「なるほど・・・」と、私は考え違いをしていたのです。
 時間の経過を”逆にして考える”という教えから、検事の”無期懲役”の求刑が良く理解できました。
  ですから、事件の概要である「自宅マンションで預かっていた当時2歳の男の子を窒息死させた」として、ベビーシッター「物袋勇治」被告(28)に対して、検察側が無期懲役を求刑したのも、命の大切さから観れば、妥当であったとも思考できます。

 ところで、この被告の姓名から観れば、やはり不運の運命に操られたので、お気の毒にも思えるのです。

「物袋 治」天格17・地格19・総格36

まだ、28歳の人生が始まったばかりの青年が、無期懲役の求刑を受ける運命になったとは・・・? その原因は、やはり「天格17」の”凶相”のキレやすい運命が、楽しい青春時代を奪ったのです。
 何度も言いますが、この青年も、名付けたご両親も、「偶然に天格17で名付け、しかも”苦労性”の「勇」を使用とは・・・」運気がなかった訳です。
 人生は、”努力”も必要でしょうが、その努力は、”運気”の上に成り立っています。2歳児で殺害されたのも、努力ではどうにもならない運命だったのです。でも、この2歳男児が成人して、「福澤 諭吉」のような偉人か、又は「イチロー選手」を凌ぐ、世界的なホームラン王に成長していたかも・・・?
 その思考から、乳幼児でも「人命の尊さ」を平等に評価されるべきですよ。 

必読!若き成功者!「椎木里佳」社長と「桜井美南」さん!
[第2673回](小吉)・・・7月6日(小吉)

『 同じ18歳でも、昨日のブログのように高校生のバイク事故死もあれば、「椎木 里佳」さんのように、高校生実業家である会社社長もいて、今春から慶応大学に進学して、美人の学生社長として有名になっています。また、同級生の「桜井 美南」さんは、テレビ出演など女優や歌手の道を歩んでいます。
 どうですか、二人とも「天格19」ですね。
 これに対して、昨日の男性二人は、「17」と言う数に人生が狂い、今日の女性二人は「19」という数に、抜群の幸せな青春時代を謳歌しています。
 それでも、日本中の姓名判断師や名づけ本では、「9・19は、大凶!」の判断を改めていません。この違い・・・皆さんは、「7」と「9」のどちらを選びますか? 』

今日のブログは、昨日と異なり、女性二人の「天格19」である最大吉の運勢を紹介しましょう。
 先ず、「椎木 里佳」さんは、中学3年生の時、父親からの助成で会社を設立し、その後「女子高校生」の「代表取締役社長」としては、全国一の最年少社長として有名であり、さらに今春、慶応大文学部に入学しましたので、「学生社長!」になりました。都内に事務所を置き、「株式会社AMF」を経営、「アプリの開発」や「各種イベント企画プロデュース」などの事業活動を展開している会社です。

「椎木 里佳天格19・地格12・総格31

(「里=7」を含む)(「佳=8」を含む)
 どうですか、 峅菴堯廚蓮◆9・1」の2か所あり画数配列も良く、◆嵶げ臓廚蓮美しい里という語意に優れ、「里」の1字で、「上下左右分かれ」を防いで安定感ある龍脈(形)になっています。
 ですから、このような優れた姓名を持てば、中学3年生から会社を設立して、現在は「学生実業家」として有名人になっているほど、”成功”しているのです。
 また、同級生の「桜井 美南」さん(19)は、テレビドラマ『なぞの転校生』で有名になり、現在、女優及び歌手としてレビューして、将来の活躍が期待されています。

「桜井 美南天格19・地格13・総格32
どうですか、_菴瑤賄軍19で、「9・5・1」が2か所ありませんが、天格に「美=9」を含み、地格にも「南=9」を含み、「温厚な賢い女性で、思考力・創造力・表現力を持っている」女性であると判断できます。△慮谿佞癲嶌⇒美⇒南」という風景が連想できる。姓名のバランス「桜井:美南」=「14:18」であり、重心が個人名にあるので、最近の名づけとしては”安定感”があります。
 したがって、この姓名で女優として将来、成功して行くことが予想できます。

 皆さん、同じ若者の人生を比較してみてください。
 昨日のブログの「バイク事故で死亡した高校生」や「殺害行為をした二十歳の青年」の男性二人も、今日の女性二人も”18〜19〜20歳”という同年代ですよ。 赤ちゃんの名づけの”運気の差”で、こうも”不平等な人生”になるのです。 いかに、「姓名の運気」が人生に多大な影響があるのか?!・・・世の中の司法界も医学界も、そして社会学などの学者も気付いていないのですよ。
 ですから、社会学者がコメントする「犯罪者は、生活環境が悪い家庭に生まれ育った・・・」なんて・・・、いかに間違いであるのか、皆さんはもう理解されましたね。
 個人が成功者になるか、犯罪者になるのか?は、その70〜80%が「個人の姓名からの運気!」が大きく影響するのですよ。

必読!地格17と天格17どおし;「目」があっただけで殺害!
[第2672回](大凶)・・・7月5日(大吉)

『 赤ちゃんの名づけが、いかに大事なことか?良く理解できる事件! 
 「男児誕生!」と喜んで名づけてから、愛情もって養育し、将来の夢を託しても、高校生や二十歳になって、殺人事件の被害者と加害者の関係になる「”不運”の原因が赤ちゃんの名づけにある」とした事件が発生!
・・・いいですか、天格や地格に「7系列」の名づけを絶対にしないことです。「死亡原因がまさか、名前に原因・・・?」と気付くことなく死亡した高校生、そして「温厚な名づけであれば、キレやすい性格にならず、殺人者の汚名もなかった」とも気付いていない二十歳の青年! 本当に、赤ちゃんの名づけがいかに重要なのか・・・? もう、皆さんは痛いほど理解されたのでは・・・? 』

 昨日のTBSニュース。
『 4日、神奈川県平塚市の雑木林で、高校3年の男子生徒が死亡しているのが見つかり、警察は「男子生徒のバイクに、車をぶつけて殺害した」として、自称・土木作業員の男を逮捕しました。
 殺人の疑いで逮捕されたのは藤沢市の自称・土木作業員「森田 裕貴」容疑者(20)で、4日午前3時前、平塚市の雑木林でバイクを運転していた高校3年「森脇 諒」さん(18)に、わざと乗用車をぶつけて殺害した疑いが持たれています。警察によりますと、現場に乗用車のブレーキの痕はなかったということです。
 取り調べに対し、森田容疑者は「バイクに追い越されたときに目が合って、頭にきたので追いかけた」「頭に血がのぼってしまった」などと容疑を認めているということで、警察は、当時の経緯を詳しく調べています。』(05日11:26)

 どうですか、典型的な「天格7」系列と「地格7」系列の”切れやすい同士”が遭遇した事件ですが、注目点は「午前3時!」と言う”深夜”に、高校生がバイク?・・・もっとも、朝刊の新聞配達などのアルバイトであれば理解できますが・・・。そのようなバイトでなければ、高校生にも「深夜にバイク?」の疑問が残ります。
  いずれにしても、「目があった!」とは・・・? どちらも午前3時、深夜の運転中に、お互いの目の表情が見える疑問? おそらく、スピードを上げた競争をしていたのでは・・・?
  それにしても、”殺意”まで起こり、その意思を抑制する”理性もない”「地格7」系列が、次のように「総格=41」のワンマン数と複合作用で、天格24が対外的に「キレやすい行為!」になり、殺害の実行行為に出たのだと、推測できます。(通常では「天格24」のみでは、「14・34」と異なり、温厚な行為に出るタイプです)

★被害者(高校生)
「森脇 天格27・地格10・総格37

★加害者(二十歳)
「森田 裕」天格24地格17・総格41

  このように、二人とも「4・7タイプのキレやすい”性格”」が、事件事故を発生させた原因であること・・・理解できましたでしょう。ですから、もともと、このような名づけになった”不運”が原因だったので、法的には本人責任ですが、道義的には責任なく、一面では可哀想ですよ。(1字名「諒」の左右分かれ、加害者の「貴」などの切れやすい字体にも注意。)

 でも、私への依頼者に中には「せっかく、名付けてくれた名前を改名するのは、親に申し訳ない!」という親孝行?な女性がおられますが、その親の名付けで、苦労しているのです。タレントのように、改名ではなく、”通称名”で成功すれば、現状より遥かに親孝行ができることを忘れないで欲しい。
 五千円札の文豪「樋口 一葉」は、若くしてこのペンネームで評価され、親が名付けた「樋口 奈津」の本名で評価されたのではないのですよ・・・。(この本名では、天格22・地格12・総格34の全て偶数でしたので、僅か24歳の若さで病死(結核)したのです。)

必読!まるで「クイズ」のような赤ちゃん名づけ!
[第2671回](大吉)・・・7月4日(小凶)

『 人の運気というもの、明日は「未知の世界!」ですね。あの有名な「清原 和博(かずひろ)」(元プロ野球選手)も、トップスター並みの人気から、薬物使用で急峻の山から谷間に転落したような”凶運”・・・? 
 画数ではベストですが、何が原因だったのか? 不思議でしょう・・・。
 それは「和」も「博」も”苦労性”の字体ですが、この「和」を濁音の「かず」と読み、特に「ず」という音感が”否定的な語意”(・・・あらずの「ず」)に転換する音感です・・・。この”ず”が意外にも、天国から地獄へ・・・。
 ところが、最近の「和」の読み方には、「大和(やまと)」の他に、我が子にはオンリーワンの名づけに工夫した実例が、地元新聞に見られましたよ。
 この「和」の使い方には、「かず」と読まない実例もあり、それを含めて、”日本語崩れ”を紹介しましょう・・・。』

昨日の地元新聞(日曜版)から、赤ちゃんの名づけ;54人から「和」の字体を使用した実例4人と読めない実例1人を紹介しましょう。

  次の5人は、一体、何と読むのでしょうか? まるでクイズのようでしょう。
 嶇其(男児)」◆嶇汰奸塀児)」「和香(女児)」
ぁ嶇太拭蔽忙)」ァ嵬整(女児)」

では、解答です。
 屬錣」◆屬錣な」「のどか」ぁ屬ずま」ァ屬呂襪辧

 どうですか、特にやイ蓮∪飢鮗圓楼貎佑發覆掘ΑΑΑ
「和」という字体を「わ・のど・かず」と名づけたのでしょうが、の「和香」を「のどか」と読めましたか? それにイ痢嵬整」を「はるひ」など、おそらく、フリガナを付けていないと、家族以外は日本中の誰も読めないと思いますよ。
 それに、最近の名づけは”省略1字読み?”なのか、「空⇒くう⇒く」「誠⇒まこと⇒ま」のように”勝手読み?”が多くなり、正に若手夫婦の「漢字力の低下」が見られますね。
 世界に誇る「表意文字」の日本語崩れ!? のような名づけが多いですよ。

 さて、そこで最近大流行の「ひなた」という名づけ多いですが、正に勝手読みが多いですよ。もともと、漢和辞典には、「ひなた」は「日向」しか掲載されていません。それが「陽向(ひなた)」が多くなり、さらに驚くことに「日本語として読めない・書けない名づけ」の多いこと!
 僅か54人の中にも、「日菜向(ひなた)」「陽菜(ひなた)」と名付けられた赤ちゃんがいます。この「菜」を”なた”と、日本中の誰が読んでくれるでしょうか? 正に”勝手読み”ですね。

 「始めに、”音感”あり!」から思考し、「”ひなた”が流行だから良い!」と呼び名を先ず第一に決めてから・・・漢字を思考するので、”当て字”になり、日本語破壊!になるのです。
 それだけであれば、学校・病院などで間違いの呼び名で迷惑をかけるだけなら、まだ良いのですが、大事な我が子を不幸に・・・、いや事故死(水死)になるような運命にもなった事故がありました。
 TBSニュース。
『 この事故は1日夜、宮城県大衡村で釣りをしていた「大友克志」さん(36)と長男で小学生の「陽斗(はると)」君(9)、次男で幼稚園児の「陽向(ひなた)」ちゃん(5)の3人が沼に転落し、死亡したものです。大友さんの妻も一緒に訪れていましたが、「車に戻っている間に3人がいなくなっていた」と話しているということです。・・・(後略)』
  この痛ましいニュースをTVで見てから、PCのニュースを見ますと、少子化の日本では、「子どもは、家庭の宝!国の宝!」なんです。
  それが、「流行の名づけであれば、間違いあるまい!」と、同じ「陽」を使用しても、長男には「陽斗(はると)」、次男には「陽向(ひなた)」と愛情一杯で名づけられたのでしょう。ところが、この「陽」が問題ではなく、大事なお子さんに「斗=僅かな・・・」という”凶相”の語意と、漢和辞典でも「ひなた=日向・・・」であって「陽向は”当て字”!」なのです。PCの漢字変換でも「ひなた=日向」なのです。
 この原因は、流行の”呼び名”に拘り、”当て字”を使用するのを、何とも思わない現代の若い夫婦が多いのです。 
 まさに、表意文字を誇りとする日本で、最近の流行字体は「”呼び名”主体」であり、50年以前の青少年に比較し、現在の若い人たちの「国語力の低下!」が著しいですよ。
 「陽斗」・・・この「斗」は、「少ないこと。つまらない人物」と、漢和辞典 (「新;漢語林」辞典の572ページ)に掲載されており、「斗禄の身分」と言えば、「(安月給の)足軽のような下級武士」の形容詞に使用されたのですよ。
  このような縁起が悪い「斗」を、約20年前から現在まで、大事なお子さんの名づけに使用されて来たとは・・・?
  それに「ひなた」との音感は、男女とも名づけられており、「陽=ひ」は良いとしても、「向=なた」は単独では読めませんよ。「日向=ひなた」のみ、慣用読みとして許されて来た字体であって、「陽向」を”ひなた”とは読めませんよ。
  要するに、「流行を追う人」に”成功者はいませんよ。「流行の”先端”を行く人」こそ、昔から偉人・名君・名人なのです。   

必読!ラジオ生放送中の天格17と天格12のトラブル!
[第2670回](中凶)・・・7月3日(中吉)

『 いいですか、数字にも”相性”がありますよ。その中でも「トラブルの仕掛人;天格7」系列と、その「被害者:天格2」系列は、数字の中で最も相性が良くない組み合わせです。夫婦・親子でも、職場の人間関係でも・・・「7と2」の組み合わせは、トラブルを呼ぶのです。
 でも、「天格7」系列を持つ人は、自分が自己主張が強く、意のままにならない時は、「キレやすい性格!」だとは、気付いていないのです。「なぜ?キレやすいのか?」・・・それは、円満を表す360度の円を、「”7”のみ”整数”で割り切れない」ので、他の数の人と協調性がなく孤独になる運命だからです。
 そして、「天格2」系列の人は、気楽な性格な人が多いので、”吉凶”の区別をせず、なんでも受け入れますので、天格7の凶氣まで受け入れるので、結果的にトラブルを受けやすいですよ。そのために、毎日のニュースにありますように、交通事故死や火災焼死のような”事件事故”に遭遇する人が多いのです。  』

 この「7」系列と「2」系列の運勢的な”相性の悪さ!”を、実証するトラブルが名古屋「東海ラジオ」の有名なアナウンサー「宮地佑紀生」さんの番組;『宮地佑紀生の聞いてみや〜ち』の生放送中にトラブルが発生しました。
 共演者の女性「神野 三枝」さんの左ひざを数回蹴ったうえ、マイクで唇を殴り全治約10日間の傷害を負わせた事件です。当時、マイクへの衝撃音や神野さんが「ごめんなさい」と謝っている声が放送されました。警察の捜査によると被害に遭った神野さんは、10年以上前から宮地さんの振る舞いについてトラブルになることがあったとされ、調べに対し宮地容疑者は、犯行の動機を「番組の進行に不満があった」などと供述しているということです。

 そこで、二人の姓名を観てみましょう。
 
「宮地 佑紀生」天格17地格15・補格5・総格37
 (本名;「宮地 由紀男」天15・地15・補7・総37)
「神野 三枝」天格12地格19・総格31

先ず、この二人とも、地格15と地格19 ですから、アナウンサーなどの職業に必要な「3大能力(思考力・創造力・表現力)」がありますので、適職ではあります。しかし、一番異なる運気は、「宮地」さんは天格17・・・であり、「神野」さんは天格12 ですから、対外的な行動と理性が異なります。
 この違いが、コンビを組んでする仕事の相性が良くないのですよ。
 数字の組み合わせの中で、夫婦・親子、そして職場など対人関係で、相性が良くないのは「切れやすい"7"」と「気楽で気ままな"2"」の二人がコンビで仕事をするのは、どうしても最後には”事故事件”に進行して行く欠陥があります。

「宮地佑紀生」さんは、ここ数年、精神的に不安定で自殺しようとしたと噂されることもあったことは、改名後の影響ではないでしょうか?
 この改名は、どなたの勧言かは存じませんが、仮にプロの姓名判断師の助言としたら、非常に無責任な結果になりましたね。
 例えば、かって歌手「西川 峰子」を改名して「仁支川 峰子」に勧めた姓名判断師・・・改名後、すぐに咽頭ガンになったように、プロの姓名判断師の”道義的責任”は重いのですよ。

 改名は、運気を180度”好転”させねば、改名をしない方がマシですよ。それほどの「自信と実績」を目標にしている姓名判断師は、一体、日本に何人いますでしょうか? 先ず、「7は、ラッキーセブン!」とか「9・19は、大凶!」、さらには「33画の女性は、強すぎて後家相です!」なんて・・・根拠と実証がないことを、口から出まかせに言っている姓名判断師は、プロとして失格ですよ・・・。

必読!裁判員裁判で初の死刑確定;天格12の少年犯罪!
[第2669回](中吉)・・・7月2日(大凶)

『 皆さん、我が子に間違っても、「天格2・7」系列で、名付けてはダメですよ。過去の代表的な死刑囚「宅間 守」(教育大付属小・無差別殺人)は天格12、「加藤 智大」(秋葉原無差別殺人)は天格17。いいですか、「とても、立派な名づけ・・・だ!」と思っても、”苗字”次第・・・だ!と言うこと、決して忘れてなりません。
 死刑囚になるような子でも、生まれ・育ちが貧しい家庭とはなんの関係もありません。ただ、単に「天格2・7」系列にせず、「天格9・5」系列にすれば、死刑囚どころか、日本一の資産家「孫 正義」氏や代表的な偉人「福澤 諭吉」先生のようになる可能性だってありますよ・・・
 今日、裁判員裁判で初めての「少年犯罪で死刑判決確定!」しました。
 検察側と裁判所は、揃って、少年の性格や計画性などに原因があるように判断し、弁護団は少年の家庭環境が良くなかったのが主原因と主張・・・。
 でも、どちらの原因も真実ではなく、その判断は結果であり、もともとの原因は、生まれた時の名づけに原因があるのです。』

今日のTBSニュース。
『 宮城県石巻市で、男女3人を殺傷したとして、先月、最高裁で死刑判決を受けた元少年について、最高裁が判決訂正の申し立てを退ける決定をしました。裁判員が少年事件で言い渡した初の死刑判決が確定しました。
 元解体作業員の「千葉 祐太郎」被告(24)は、18歳だった2010年2月、石巻市で、交際していた女性を連れ戻そうと実家に押し入り、女性の姉(当時20)と友人(当時18)の2人を刃物で刺して殺害、男性1人に重傷を負わせた殺人などの罪に問われました。
 一審の仙台地裁は、少年事件の「裁判員裁判」として”初の死刑判決”を千葉被告に言い渡し、最高裁も先月16日、「犯行は冷酷かつ残忍で、くむべき事情を考慮しても死刑を是認せざるを得ない」として上告を退けました。千葉被告は判決の訂正を申し立てましたが、最高裁は決定で、「判決の内容に誤りはない」として申し立てを退け、千葉被告の死刑判決が確定しました。』(01日14:35)

「祐太郎」・・・と、24年前に名付けたご両親・・・。当時は、「海斗・祐斗・裕太・勇大・・・」など流行の先端にも負けず、とても「男らしい気品がある名づけ」をご両親がされたところを見ますと、弁護団が主張するような家庭環境が問題ではないですよ。仮にそうであっても、教科書にも登載されるような偉人・名君・名人でも、家庭環境が良くない生まれ・育ちの人も多いですよ。
 例えば、「福澤 諭吉」先生は、彼が1歳半の時に父親と死別で、僅か50石の貧しい母子家庭で育ち、そして、日本一の資産家「孫 正義」氏が生まれた時は、線路そばの小さなトタン屋根で、雨漏りがするような豚とヤギと一緒に住む小屋で生まれ育ちましたが、どうですか、現在では個人資産6800億円で日本一ですね。
 古く言えば、あの天下取りの「豊臣秀吉」だって、貧しい農民出身だと言うこと、小学生だって知っていますよ。
 要するに、犯罪者と家庭環境とは、全く関係ありません。それが、どうして弁護団が常識外れの理由を付けるのでしょう。(理由;弁護士は、裁判所から国選弁護人の指名があれば拒否できず、止むを得ず、適当な理由を付けて弁護するのでしょう。)
また、最高裁も先月16日、「犯行は冷酷かつ残忍で、くむべき事情を考慮しても死刑を是認せざるを得ない」として上告を退けました。この事実関係は結果現象であって、その原因を解明しなければ、永久に日本から凶悪犯を壊滅することができませんよ。

 さて、前おきが長くなりましたが、この死刑囚の姓名は・・・?

「千葉 祐太郎天格12・地格16・補格9・総格37

どうですか、24年前ですと、その当時では「祐太郎」という名づけは、とても男らしい品格である名づけです。
 それが、たまたま「千葉」という苗字・・・、1字目の「千+祐」は、「3+9」=12 になりますね。
 すると、どうでしょうか? ”事件事故”を呼ぶような対外的(天格)に”弱運”のうえ、その結果として、総格37 で”切れやすい性格”になって来るのが、自然の成り行きですよ。
 その姓名から来る「必然の成り行き」が、”殺人行為”という結果になります。
 いいですか、1日も早く、「天命数霊術」が普及すれば、このような殺害事件ばかりではなく、全国で毎日のように発生している「交通事故死・火災焼死など」が大幅に減少して、”尊い人命”の擁護と”関係予算”の大幅節税”が実現できるのです。
 1件でも、死刑になるような重大事件は、人的物的な損害は測り知れないのです。そのためには、先ず、「天格2系列と天格7系列」の2つの姓名のみでも、全国から消えて欲しいですよ。

必読!不妊の夫婦;「天命数霊術」による驚きの出産!
[第2668回](中吉)・・・7月1日(大吉)

『 不思議ですよ! 婚姻後7〜9年、不妊治療しても子供に恵まれない夫婦、「天命数霊術」により予め「昇運命名色紙額」を作成して、ある手法で呼び込むと、自然妊娠して「夢のような健康で賢い児が誕生!」しますよ。現在まで、全国で20数件ありますが、その中で最近の2件(個人情報保護のため、固有名詞は㊙です)に付いて紹介しましょう。』

  婚姻後7〜9年経っても、子どもに恵まれず、不妊治療しても望み薄いご夫婦、「天命数霊術」により名付けて呼び込むと、不思議にも自然妊娠の成功事例は、現在まで北海道から九州まで24件ぐらいあります。ブログの初めにあります「夢のような少女誕生!」なども、呼び込みして、婚姻後7年振りに誕生した少女でした。
 このようなことが、口コミで広がってきたのか、最近では臨床医師(心療内科・小児科・産婦人科など)や医学部教授・准教授のご家族の改名、それに法学部教授、国際弁護士、そして裁判所書記官などご家族の改名依頼など、知的階層からの依頼もあり、中にはアメリカ・カナダ・フランス・インドネシア・シンガポール・上海・香港・・・などの海外在留日本人(商社マン・外交官など)の方からの名づけや改名依頼があり、「昇運改名色紙額」などを、海外郵送をした事例もあります。

 今日のブログは、先月にお便り頂いた2件に付いて、その抜粋部分を皆さんに紹介しましょう。
事例1; [愛知県・Aさま]
『 ご無沙汰致しております。4年前、赤ちゃん呼び込みをして頂き、長女に恵まれました○○◇◇です。
 先生、お元気にされていますか?
 奥様にも、大変良くしていただき、いつも心の中で感謝しておりました。
 娘は、2歳半になりましたが、本当に賢く、私や祖父母、皆が驚くばかりです。2歳のころには、絵本の中でも、「 登場したキャラクターの気持ちが分かり、”思いやり”と”ユーモア”と、”賢こさ”」で、いつも私たちを笑顔にしてくれます。”理解力”が、すごいのです。
 色々なことに興味があり、疑問に思うことをすぐに聞いてきたり、会話は、大人顔負けです。
 先生の提唱されているお考え、身をもって体験して、日々感謝の気持ちでいっぱいです。・・・・(以下、略 ) 』

事例2;[東京都・Bさま]
『 ・・・(前文省略)2012.12月に、赤ちゃんがなかなか授からず、夫婦の改名と新生児候補名の色紙額を送っていただいた東京都の○○◇◇です。
数年の時間が経過しましたが、奇跡的に妊娠し、無事に5月31日に出産ができました。望月岳陽先生のブログに出会い色紙額を送って頂いたことで、人生が大きく好転したことに大変感謝しております。
今年は結婚をして9年目、39歳での妊娠と出産で、体外受精の高度治療も複数回チャレンジして、連続不成功が続いた後の奇跡でしたので、「色紙額の神秘」を感じています。送って頂いてからは、言霊を信じ「早く生まれておいで!」と毎日まだ出会えぬ赤ちゃんに思いをめぐらせることができ、その前向きな気持ちが、日々の生活の原動力となりました。
  望月岳陽先生のブログを熟読して参考にし、例えば不妊治療の病院選びの際に、「医院の住所や医院名、医師名」を見て選択をする等、あらゆる人生の選択において、とても力を頂いております。
今は日々のお世話に必死ですが、とても成長が楽しみです。ありがとうございました。』

実に、不思議でしょう・・・! 古代中国夏王朝の「洛書;後天八卦図(神亀の図)」などを根拠に、日本初の私説「天命数霊術」5大要件に適合した名づけをして、風水の神仙道霊符を入魂した「昇運命名色紙額」で、赤ちゃんの誕生を呼び込みます。すると、長年、不妊治療していたご夫婦に、ある日、突然のこと、自然妊娠して、上記のように「健康で、賢く、性格が良い児」の3拍子揃った「夢のような児」に恵まれるのです。
 このような恵まれたお子さんから観れば、最近の「キラキラね〜む」が原因なのか、発達障害のお子さんが増え、中には、重度の知的障害児や小児ガンで、お気の毒な家庭から観れば、本当に幸せですよ。
 さらには、心臓移植のために1〜2億数千万円の募金活動をして、アメリカに行くお子さんから観れば、「天命数霊術」にご縁があり、名付けられたお子さんは、本当に健康で幸運だったのです。
 どうですか、人は生まれた時から”不平等”であり、人生の始まりから、”幸運の差”が付いています。
  決して、「神仏の下に”平等”」ではありませんよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(お知らせ)
 最近、「天命数霊術」を教えて欲しいとか、「門下生になりたい」などの要望がメールにありますので、その実施要領は下記に掲載済ですので、再読してください。

必読!「著作権使用許可・開業免許状」交付要領!
[第2477回](2015.08.30)
「PCメール」;info@gakuyo951.jp にお問い合わせください。

必読!「夫の”輝”」と「妻の”天格12”」が、不幸を呼ぶ!
[第2667回](小吉)・・・6月28日(小吉)

『 夫婦や親子は、誰か一人でも凶相の姓名は、お互いに影響があります。「天命数霊術」の5大要件のうち、いずれかの1つの要件がマイナスでも、夫婦や親子に不幸な出来事を招くことがあります。
 今日のブログは、夫の「語源」と妻の「画数」との凶相から、”無理心中”の道を選んだ運命になった実例を紹介しましょう。』 

今日のTBSニュース。
『 東京・池袋のホテルで妻を殺害したとして、無職の「山口 輝武」容疑者(33)が警視庁に逮捕されました。
 山口容疑者は、今月7日から8日にかけて、ホテルで妻の「山口 美賀」さん(46)の左胸をナイフで刺し殺害した疑いが持たれています。山口容疑者の左胸にも刺した傷があり、警視庁は”無理心中”を図ったとみています。山口容疑者は「病気で苦しむ妻を、楽にしてあげたかった」と容疑を認めているということです。』(28日00:39)

 夫の33歳と妻の46歳とは、「”逆差”の歳」夫婦ですが、「病気で苦しむ妻を、楽にしてあげたかった」という夫の動機が事実としたら、とても妻を愛した優しい思いやりがある夫だと思います。
 この心境は、次のように姓名に現れています。

「山口 武」天格18(「輝=15」)+地格11(「武=8」)=29

この姓名を判断するときは、第1次的には「18+11=29」の3か所で判断します。そして、「18」という”思いやり”ある協調性の中には、「15」という正義感を持っており、その精神状態も「11」という計画性の中にも、「8」という思いやりある協調性を含んでいますので、通常、加害者になるような「4・7」という数は1か所もないので、「思いやりある人柄が良い男性」と判断できます。

 ただ、この夫の不運だった人生は、唯一「輝(てる)」の字体で、赤ちゃんの時に名付けられた不運にあります。
 この「輝」という字体は、「光・照・耀」の人名漢字と同様に、「仏門に入る僧侶以外の一般人」には、絶対に使用してはなりません。このことは、過去のブログに数回投稿しています。
 なぜなら、「光」は”太陽の光”(サン)ではなく、”燃える火”(フアイヤー)なのです。「凡人は、”燃える火”をパワーに変えるさせることはできない!」からです。
 この「光・輝・照・耀」の字体を、姓名に使用できるのは、「神職・僧籍名」と「神仏名」だけなのです。会社名・店名や一般の人の「戒名」でも、私は使用していません。例えば、「光」が入った「三光汽船」「和光証券」(現在、みずほ証券)などは倒産か吸収合併されています。これらの字体を凡人が使用すると、”火災”に遭遇するような”事件事故”を招き、不幸を呼びます。
「輝」は、「古代中国の軍馬に火が点いて、燃えている語源」であり、この字体を人名に使用している方は、「太陽の光」と誤解しているのですよ。

 さて、次に妻の「山口 美賀」さんの姓名は、一番問題なのは、「天格12」であり、”事故事件”を呼ぶ数であること、もう、イヤと言うほどこのブログに投稿しましたね。

「山口 賀」天格12(美=9)+地格15(賀=12)=総格27

この配列をみますと、地格15に「賀=12」を含みますので、”少し気まま”ですが、”誠実な心”を持っています。しかし、何しろ「天格12」ですから、「美=9」の賢さを含んでいても、対人関係では”事件事故”という現象になってきます。
 ですから、本来は”病氣の暗示”ではないのですが、以上の二人を合わせて判断しますと、「18+12=30」と”偶数”ばかりの配列で、しかも結果は、病気を呼ぶ「30=ゼロ係数」なります。
 
 したがって、この二人の姓名で夫婦になると、病気や事故事件を呼ぶので、本来は二人とも、”改名”しておけば、”無理心中”という結果にはならなかったでしょうね。

お知らせ)
 本日のアクセス数は、最近では多い「1日4459件」でした。姓名判断分野のアクセス数では、トップクラスです。

必読!姓名の形;特に”尻すぼみ”に注意を!
[第2666回](小吉)・・・6月25日(大吉)

『 皆さん、「▲と▼」を見た場合、どちらの形が”安定感”があるでしょうか? 言うまでもなく、「▲」の形ですね。誰が見ても「▼」は不安定に感じますが、それが自分の姓名としたら、子供の時から毎日観ていると、不安に感じながら育つのです。それが大人になっても、不思議に”苦労性”であり、そこに画数配列が”凶相”の場合は、”事故事件”に遭遇することがあります。
 姓名の形が運気に影響する”風水”の「龍脈(形)」には、「天円地方・流水環抱」の吉相があり、「尖角衝射・天斬殺・路冲殺」の凶相があること、基礎編のブログに投稿していますので、忘れないでください。』

 さて、昨日のTBSニュース。
『 栃木県野木町のJR宇都宮線の踏切で立ち往生していた軽トラックと貨物列車が衝突し、軽トラックを運転していた男性が死亡しました。
 24日午後6時半すぎ、踏切を貨物列車が通過しようとしたところ、踏切内に立ち往生していた軽トラックと衝突です。この事故で、軽トラックを運転していた農業の「横倉 正一」さん(76)が全身を強く打ち、意識不明の状態で病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。・・・(以下略)』

 この被害者の横倉さんは、私が77歳ですから同年配ですね。ですから、私も何時かは死を迎える覚悟をする年齢ですが、このような踏切事故や交通事故などに遭遇して、”痛い・苦しい”で死を迎えるのは、やはり私もイヤですよ。
 踏切でエンストした車と電車との衝突事故は、全国でも珍しい事故ではありませんが、やはり横倉さんも自然死でなかったことに、無念に思われたことでしょう。いいですか、その原因は、やはり運気に恵まれていなかったのです。
 その不運に遭遇した原因は、驚くことに、76年前に名づけられた「正一」さんが「横倉」さんの苗字に対して、不安定に感じる逆三角形「▼」になる姓名を子供の時から、「見て・書いて・読み・・」を70年以上も継続して来た場合、どんな現象になるでしょうか? 

「横倉 正一」天格20・地格11・総格31

この4文字を、画数配列にしますと、「(横)15≫(倉)10≫・(正)5≫(一)1」となり、苗字:個人名=25画:6画 であり、約4倍も差があって、4文字全体が、「▼」の形になっているのです。
 このような姓名になる場合、僅か「郎=9」の1字を加えて、「横倉 正一郎」に改名されておけば、かなりイメージが好転して、もっともっと長寿でおられたのでは・・・?
 ですから、姓名の安定性・・・、仮に「▼」であった「舛添 要一」(前知事)も、1字はり込んで「舛添 要一郎」に改名されていたら、日本中に恥を掻かずに名知事として、歴史に残ったかも・・・?

 その点、「▲」の形状にある「竹中 平蔵」氏(慶大名誉教授・元総務大臣)、「茂木 健一郎」氏(脳科学者、東大理学博士)のように、下に”重心”を持たせれば、成功者になることが実証できますでしょう。

必読!またまた天格22の小4男児、交通事故で重体!
[第2665回](中吉)・・・6月24日(小吉)

『 今日のニュース。毎日のように交通事故がありますね。その都度、尊い命が・・・。でも、不思議でしょう。世界で日本のみが表意文字で、画数が明確になり、天格2系列の姓名・・・交通事故で被害者になる可能性が、非常に高いのです。今日も、日本の将来を担う小学4の男児が、交通事故で重体とか・・・!  この私説「天命数霊術」が1日も早く普及して、家庭の中で親より早い”逆死”の不幸を無くしたいですね。』

 あの一休さんの教え・・・「”逆死”ほど、親が悲しむものはない・・・!」の名言を記憶していますか? 先日の17日は、天格12である3歳の男児が水路に落ちて亡くなりましたね。
 さて、今日のTBSニュースから、天格22の交通事故。
『 23日夕方、群馬県前橋市で、自転車で道路を横断していた小学4年生の男の子が軽自動車にはねられ、意識不明の重体となっています。
 23日午後6時30分すぎ、前橋市富士見町の交差点で、自転車で道路を横断していた近くに住む小学4年「金井 颯良」君(9)が、直進してきた軽自動車にはねられました。金井くんは頭を打ち、意識不明の重体となっています。
 警察は、軽乗用車を運転していた前橋市の会社員「飯野 智美」容疑者(35)を、過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。調べに対し、飯野容疑者は「事故を起こしたことは間違いありません」と容疑を認めているということです。警察が事故の原因を詳しく調べています。』(23日22:41)

 本当に不思議と思いますでしょう・・・!
 今日は、9歳男児の姓名を観てください。今時の「颯」の字体を使用ですが、苗字により、適・不適があります。それを慎重に精査しないと、”事件事故”に遭遇する可能性がありますよ。

良」天格22・地格11・総格33


画数判断は、上記の「22+11=33」の3か所(全国の説;5か所)で吉凶判断ができる「簡単明瞭な説」ですよ。判断箇所が少ないので、矛盾がないのです。
 この3か所で、一番大事な「天格」の吉凶次第で、人生の運気がピンキリになります。この33という数の「X+Y=33」で運気”最低”の組み合わせは「22+11=33」であり、”最高”の組み合わせは「19+14=33」であり、次に「15+18=33」という組み合わせがあり、これらの原則に従い、姓名判断はもちろん、命名・改名をして行きます。・・・最近、このブログを読み始められた方もおられるようですので、基本的な記述をしておきました。

 どうですか、「天格2」系列が事故事件を呼ぶのです。
 どんなに「賢い児」でも、”凶運”を呼び寄せるような「天格2」系列であれば、「親より早く亡くなる運命=逆死」の可能性があります。
 皆さん方のお子さんには、絶対に「天格2」系列の姓名でないことを、再確認してください。
 先月下旬に行方不明の「田野岡 大和」くん(7)が、今月3日に奇跡の生還をしたニュースを忘れないでくださいよ。名づけ一つで、「天国か地獄か?」の違い・・・「天命数霊術」だからこそ、識別できるのです。 

必読!無差別殺人「松橋伸幸」容疑者は、”運”に恵まれなかった!
[第2664回](中凶)・・・6月23日(小吉)

『 昨日のニュース。無差別殺人事件が発生。釧路市で33歳の新聞配達員が「人生を終わりにしたい!」と言い、4人の女性を次々に殺傷した事件に驚いた方は多いでしょう。そのうえ、政界の不幸なニュースが入って来ました。政界の御曹司「鳩山邦夫」(衆議院議員、旧・総務大臣)氏が67歳で十二指腸潰瘍のため亡くなりました。67歳とは、私より10歳もお若いですよ。
 どうですか、この2つの事象を対比しただけでも、「人の運勢は、いかに不平等に創造されているのか!?」が、皆さんお判りになりますね。
 基本的人権の”平等”を現憲法で規定しているのは、身分差別などの撤廃であって、現実には、「人の死が100%の平等以外は、何歳で死か?・・・などを始め、すべて境遇が不平等に創造されていますよ。
 ”死”という事象だけでも、「33歳で死にたい・・・」と言う男性もいれば、その2倍の67歳で病死しても、鳩山議員は「100歳までも長寿でいたかった」という願望もあったのでは・・・? 
 それに、生まれ落ちた”境遇”も”育ち”も、現在の職業・収入など全ては不平等に創造されており、余りにも格差があり過ぎますね。ところが、この格差をある程度、是正することができますよ。その人が生まれながら、名付けられた姓名による運気を、改善することができる不思議さがあります。
 要するに、”通称名”を日常使用することにより、運気を好転させて、平等に近づけることができる不思議な現象がありますよ。』

昨日のTBSニュース。
『 21日、北海道釧路市のショッピングセンターで女性4人が殺傷された事件で逮捕された男は、直前に近くのホームセンターで凶器の包丁を購入していて、警察は計画的な犯行とみて捜査しています。
 釧路市の新聞配達員「松橋 伸幸」容疑者(33)は、21日午後3時すぎ、「イオンモール釧路昭和」で女性客ら4人を包丁で切り付けるなどした殺人未遂の疑いが持たれています。松橋容疑者は4人と面識はなく、最初に襲われた「戸沼雅子」さん(68)が死亡し、他の3人も重軽傷を負いました。
 「まさか、あんなことをするとは」(容疑者の知人)
 「娘の家に新聞配達に来るが、ちゃんとした人だった」(容疑者の知人)
 松橋容疑者は21日、朝刊の配達はしたものの夕刊の配達は無断欠勤し、事件のおよそ2時間前には、凶器とみられる包丁を近くのホームセンターで購入していたことがわかりました。警察は計画的な犯行とみて、事件に至る経緯を捜査しています。』(22日11:39)

 過去の有名な無差別殺人で死刑になった「宅間 守」や「加藤 智大」の事件でもそうですが、この「伸幸」という名づけは、ご両親が喜びの中で、「幸せに伸びて行くように・・・」との思いで、名づけられたものでしょう。しかし、親子とも運気がなく、逆に”事故事件”を呼んだ運命になったのです。
 偶然に名づけられた「伸幸」は、”2文字とも左右分かれ”の「松橋」姓には不適合だったこと、私説を公表する前ですから、33年前の赤ちゃんの出生時に誰が判りますか!? 
 要するに、偶然にも名付けられた「伸幸」で苦労に苦労を重ね、33歳にもなるのに、尊い仕事ではありますが、夜明け前に起床して、早朝から新聞配達を"
生涯"続けるとは・・・、おそらく小中学時代の同級生と比較して、惨めな境遇に「もう、人生を終わりにしたい・・・」という気持ちは、共感できますよ。なぜなら、私も大学浪人の心細い経験をして来たからです。
 ともかく、彼の姓名を判断して観ましょう。

松橋 伸」天格15・地格24・総格39

どうですか、画数配列はとても良いのですが、次の2点が人生を暗転させるほど、問題がありますが、皆さん、気付きましたか?
 〆鯑のブログは、「天斬殺」の実例でしたが、この容疑者の姓名4文字を良く観てください。「松・橋・伸」の3文字左右別れです。
◆.疋麌佞の止め字が「幸」では、どうなりますか? 「幸は、逆に不幸!」の字体であること、ブログに数回投稿済です。

 よって、,鉢△了形と字体が続くことを、風水の「路冲殺(ろちゅうさつ)」といいます。ある日、突然のこと不幸が襲う運命になる名づけだったのです。ですから、本人は「運気がない人生!」を歩んで来たようです。

  さて、一方、「鳩山 邦夫」氏は、天格20(「邦=7」を含む)・地格7・総格27 のとおり、「7」の神経質な性格のダブりが、血流を悪くさせ、天格20という「ゼロ」系列が病気を呼び、十二指腸潰瘍になられたと判断できるのです。
 なぜ、「0=ゼロ」なのか?・・・それは、表意文字の日本語「病(10)+氣(10)=20 」になるからです。「症・疾・疲・疱・疹・疸・疼・・・」など、病氣に関係ある字体は、「10画=ゼロ系列」が多いこと、忘れないでください。正に表意文字だから、実証できるのですよ。
 ですから、天格には「ゼロ」系列にならないように、十分注意してください。

必読!人生が狂う典型的な「天斬殺!」の姓名か?
[第2663回](中吉)・・・6月22日(大凶)

『 造幣局は大阪が本局で、東京は支局という常識が通用しない組織です。私は大阪勤務を何度も繰り返したので、造幣局とのご縁が深く、今日のニュースを読んで懐かしさが甦って来ました。造幣局と言えば「桜の通り抜け」が有名ですが、私は当時「定員管理の行政監察」のほか、調整係長の若き頃、新規採用職員の研修指導官として、造幣局のコイン製造工程と博物館の見学に引率した経験が懐かしく、思い出されたのです。
 でも、今日のニュースは、そんな美しい情景を打ち消すような「造幣東京博物館展示の重さ15キロ6384万円相当の金塊」を、職員が盗んだという暗いニュース。
 でも、この職員、54歳の勧奨退職年齢(定年ではない)の60歳に近く、懲戒免職になれば、退職金など相当に不利な扱いを受けます。この職員、気の毒だが、FX取引の損失の穴埋めのための「”金塊”窃盗」の疑い・・・。
 どうですか、この職員の姓名は、「”天斬殺”の姓名」であり、中高年からの運気ダウンが始まったのです。おそらく、赤ちゃんの時の名づけが、54歳になって、凶運が始まったとは驚きませんか? いかに赤ちゃんの名づけが、生涯の運気を決める重要ポイントなのか、改めて認識されたのでは・・・? 』

本日のTBSニュース。
『 造幣局の博物館に展示の”金塊”が、いつの間にか“質店”に・・・。
 窃盗の疑いで逮捕されたのは、独立行政法人・造幣局東京支局の職員「梅野 穣」容疑者(54)です。
 警察などによりますと、梅野容疑者は今年1月、東京・豊島区の「造幣東京博物館」に展示されていた重さ15キロ6384万円相当の金塊を盗んだ疑いが持たれています。
 梅野容疑者は「イベントに使う」と言って持ち出していたということですが、正式な持ち出し許可をとっておらず、いつまでも返却されないことから、今年6月、不審に思った上司が尋ねると、梅野容疑者はそのまま行方不明になっていました。
 調べに対し「FX取引の損失を補填するためだった」と供述していて、金塊は質に入れられていたということです。』


 いいですか、投資の甘い誘いに乗っては、絶対にいけませんよ。通常の株式投資であれば、下落しても有限損失ですが、信用取引、先物取引、オプション取引のショート(売建て)は、損失が投資額に限定されないので、無限損失で怖いですよ。”追証”(追加証拠金)が発生して底知れない大損害を受けて、人生を変えるだけではなく、追証ができなくて、自己破産か自殺する人もいるので、信用取引などは絶対に避けるべきです。
 さて、この造幣局の金塊盗難事件・・・、正にこの怖い損失が、造幣局勤務という安定職にいながら、人生を大きくダメな道に進んでしまったようです。
 実は、私は「証券業務の指導監督に関する行政監察」を実施するに当たり、担当上司が「1株でも良いから投資すれば、複雑な証券業務を理解でき、監察に役立つから・・・」といわれたので、わずかな株を購入したのですが、やはり損失して、その経験だけが仕事の感覚が理解できただけで、それ以降、スッカリ止めましたので、大きな損をせずに助かりました。
 やはり、投資で大きな利益を夢観ても、こればかりは「知識より”運気”」が大きく左右します。

 今日の造幣局の金塊を盗み、質入れした職員は、やはり運気(成功運・金運)が姓名から、少しも感じられませんね。

梅野 穣」天格28・地格11・総格39

やはり成功運・金運を呼ぶのは、天格9・5系列ですよ。人柄は8系列でとても良いのですが、諸々の投資には不向きの姓名です。
  いいですか、「伊藤 雅俊」氏(イトーヨーカ堂、セブン−イレブンなどイトーヨーカ堂グループ の創業者)の天格19、そして「孫 正義」氏(ソフトバンク グループの創業者)の天格15などであれば、投資しても「雪だるま」のように資産が膨大になって行く金運があるでしょう。投資はお金持ちほど、ナンピン買いが出来て、平均値を下げるので、利益を上げる確率が高くなるのです。
 しかし、素人は資金量が限られているので、仮に100万円利益を上げても、次は200万円損をして、お手上げになる可能性が高いので、素人の投資は絶対に止めてください。

 ところが、この造幣局職員の姓名は、「梅野 穣」と、天格28のうえ、3文字とも左右別れの「天斬殺」ではありませんか!? これでは、身を亡ぼす運命になりますので、「一早く、投資から手を引くか、あるいはベストの改名するか」、のどちらかの道を選ぶべきでした。
人柄が良くても、投資に手を出したために、人生が狂ったのです。

必読!AKB48「指原莉乃」の人気の秘密は???
[第2662](大凶)・・・6月21日(大吉)

『  AKB48の総選挙;人気投票で「指原莉乃」が今年も連覇!??
 その理由について、アイドルグループも報道機関も「なぜ、なのか? 不思議だ?」とのITサイトに疑問が殺到しています。「彼女の素直な表現力からだ!」とか、「いや、中国人富裕層のお蔭なんだ!」とか、の推定理由であればまだ良いのですが、嫉妬心からなのか、”枕営業からでは・・・?”という黒い噂も・・・?
 でも、そうではないのです。彼女の姓名がトップになる「天格19」を持っているからですよ。何度も投稿していますが、「9・19」を持てば、運気は長く続く・・・ので、連覇など珍しくないのですよ。』


「指原莉乃;総選挙1位の理由は、中国人富裕層のお陰?人気の理由は何?」とのサイトがありましたよ。
 先日6月18日に行われた、国民的アイドルグループAKB48の総選挙。今年で第8回目だそうです。私のような77歳のお爺さんが、参議院選挙より、アイドルグループの総選挙に関心なんて・・・? すこし変質者では・・・? の噂が立ちそうですが・・・、実はそうではないのは、このブログを読まれている皆さんは、お判りですよね。
 そうです。世の中の「数霊の秘密!?」に関心を持っているからです。
 要するに、「9・19」を持てば、「どんな分野でも、トップになり、その地位は長く継続して行く運気がある・・・」というのが、基本的な理由なのです。
 中国富裕層に人気があるのも、「9・19」のお蔭が直接の理由なのです。
 ですから、イチローが42歳になっても、現役でトップの座に維持できたのも、「9」のパワーなのです。

 今年も、AKB48の中で、「誰が1位となり、センターを獲得するのか?」と注目が集まっていましたね。
 ついに注目の開票結果が発表され、2016年の1位はなんと連覇の「指原莉乃」さんでした。その獲得数は、なんと驚きの24万3011票とか!!
 毎年、票数が大きくなっていますが、人気絶頂だった前田敦子さん、大島優子さんたちが獲得した票数を大きく上回る数字でもあり、驚きの報道がされています。今回の5位までの得票数を参考までに列挙しますと、天格19は一人のみであり、ダントツのトップになったのは、やはり数霊パワーとは思いませんか?

1位:「指原莉乃」・・・天格19(243,011票)  
2位:「渡辺麻友」・・・天格23(175,613票)
3位:「松井珠理奈」・・天格18(112,341票)
4位:「山本 彩」・・・天格14(110,441票)
5位:「柏木由紀」・・・天格14( 92,110票)

※「指原莉乃」は、天格19=「指=9」+「莉=10」になります。この見方は、日本初の手法であり、非常に簡単に運気が判ります。

どうですか?! 天格19はダントツ・トップの「指原莉乃」さんのみでしょう!(しかも、天19・地12・総31 であり、「9・1」が2か所あります。)
 「AKB48史上初の2連覇ですよ!そして3度目のセンターを獲得しました。「なぜ、ここまで圧倒的な人気があるのでしょうか・・・?」という疑問が、沢山サイトにあります。
 実は、指原さんの圧倒的な人気は「中国人富裕層」が大きく鍵を握っていると言われています。でも、それは人気の直接的な理由にならないのです。
 「なぜ?中国人の富裕層に人気なのか・・・?」の基本的な原因は、「中国では、古代から不思議に”9”の神亀の”見えざる”パワー」が根付いているからです。
 あなたも、騙されたと思って、「天格9系列」の”通称名(タレント名)”を作り、タレントにレビューしたつもりで、毎日〜毎日・・・使用し続けて、その違いを体験してください。

必読!真にベストの名を持つ子は、1学級に1人ぐらい!
[第2661回](大吉)・・・6月19日(大吉)

『 ベストの名を持ち、将来も有望なお子さんは、40人学級で1〜2人ぐらいですよ。もちろん、ベストの名ではなくても、成功者になる人もいますが、その可能性は低くて、長続きしないのです。
 なお、「頭が良い子」と「賢い子」とは異なること、「舛添知事」の人柄で良く理解できましたでしょう。逆に言えば、「学業成績は普通」でも、人柄が良い「賢い子」はいますよ。
 今日のブログは、地元山陽新聞から、本日の日曜版84人の名づけから、単に将来、学業成績が良い「頭の良い子」と推定できる子を、紹介しましょう。ただし、フルネームではなく、苗字と名づけの1字目どおしのみで判断しました。』

 今日19日付の山陽新聞(「一歳になりました」という写真付き)から、84人分の姓名を分析した結果、次のような結果になりました。

[天格9]系列の児・・・7人/84人
「高○ 律(りつ)」「河○ 一○(いっさ)」
「高○ 美○○(みいな)」「浪○ 咲○(さき)」
「花○ 結○(ゆら)」「岩○ 一○(いちか)」
「山○  匠(たくみ)」

[天格5]系列の児・・・10人/84人
「小○ 陽○(ひなた)」「上○ 絢○(あやさ)」
「賀○ 準○(じゅんぺい)」「木○ 望○(みお)」
「坂○ 直○(なおあき)」「近○ 実○○(みちか)」
「寺○ 勇○(はやと)」「丸○ 凱○(かいと)」
「中○ 隆○(たかふみ)」「山○ 朝○(あさひ)」

 このように、84人の新聞掲載の中で、天格9系列が7人、天格5系列が10人、合わせて、17人の約20%が生まれながら、偶然に名づけられた「頭が良い児」になる可能性が高いのです。なぜなら、古代中国の風水理論(洛書;「後天八卦図(神亀の図)」から、中心・縦ラインにある「9(首)・5(腹)」が脊椎動物では最重要ポイントを、現在の人類でも暗示しているからです。
 ですから、ベストワンは「9」であり、ベストツーは「5」なのです。

 このいずれかの数を、天格に持つ児たちは、乳幼児の頃から、風水パワーがバックアップしてくれる「恵まれた運気!」を持っています。
 ところが、本当の「健康・知徳(※)・性格」に恵まれ、将来、家庭運・社会運・金運に恵まれたうえ、少なくとも80歳以上の長寿に恵まれるのは、「天命数霊術」の5大条件にクリアーせねばなりません。
(※このブログでは、以前から「知能運」とせず、「知徳運」と記載していますね。これは、単に「頭が良い」だけではなく、「徳を持った人柄」も兼ね備えた運気という意味です。ですから、「舛添知事」は、「頭は良いが、仁徳がない人」という語彙になります。)

 これをクリアーした姓名を持つ児は、上記84人の中で2〜3人ぐらいのものです。(例;違和感がある”呼び名”が多く、運気を下げる”字体”もある。)
 要するに、40学級とすれば、本当に恵まれた運気を持つ児は、「クラスに1〜2人!」ぐらいのものです。
そして、日本中で歴史に残り、教科書にでも掲載された偉人・名人・名君は、百万人に1人ぐらいのものです。
 でも、その第一歩は、「赤ちゃんの名づけ」の”吉凶”で、将来の日本の繁栄に影響があるとしたら、「キラキラね〜む」など名付けてはおられないでしょう・・・?

必読!天格2系列の”事件事故死”は、何歳でも遭遇!
[第2660回](大凶)・・・6月17日(小吉)

『 これほど人生で怖いことありますか? 赤ちゃんの出生時に、天格2系列の姓名で名付けられると、生涯、”事件事故死”の恐怖に悩まされますよ。
 でも、私説の日本初「天命数霊術」(著作権)を知らない人は、気付かないうちに、死の世界に旅立ちます。その事件事故に、いつ遭遇するのかは、まだ、学問的には未開拓の分野です。親より早く乳幼児時で死亡するのか、あるいは80〜90歳までの長寿でも、ある日、突然、交通事故死や火災焼死などで旅立つこともあります。
 世の中に100%のものは、「人の死!」のみです。でも、皆さんは、何歳になっても、”痛い・熱い・苦しい・・・”の災難では死にたくはないでしょう。
 このような災難で死亡した時は、安らかに成仏できないので、事故現場で”地縛霊・浮遊霊”になったり、加害者や子孫に遺恨を残し、霊障害になることがあるそうです。
 そのためにも、赤ちゃんの名づけの際、天格2系列を避けることに最大限の注意を払ってください。・・・地元新聞から、天格2系列で名づけられた赤ちゃんを列挙しますので、皆さんのご家族の姓名を、もう一度、再確認して観てください! 』

 今日のTBSニュース。
『 16日午後6時半すぎ、兵庫県尼崎市武庫之荘の公園で、「男の子が水路に落ちた」と消防に通報がありました。転落したのは市内に住む「片岡 直也」ちゃん(3)で、当時、6歳と4歳の男の子と一緒に遊んでいたということです。
 警察と消防で捜索したところ、午後10時前、公園から約1キロ離れた水路で直也ちゃんを発見しましたが、心肺停止の状態で、病院で死亡が確認されました。
 水路は幅2メートル、深さ60センチから70センチほどで、当時雨が降っていて、水の勢いが強かったそうです。一緒に遊んでいた男の子たちは、「魚を見ようと水路の柵をくぐろうとしたら転落した」と話しています。』(17日05:03)


 まだ、3歳と言えば、本当に可愛い盛りです。ご両親にとっては、愛情一杯で大事に育てられていたと思います。でも、わずか3歳でご両親より先に旅立ちされたことは、生涯、心に残る悲痛の思い出になるでしょう。
 この事故は、誰が悪いのでもなく、次のように偶然に「天格12」で名付けた結果の災難が原因なのです。
 仮に、先日の北海道で、6日間も行方不明になっていた「田野岡 大和」くん(7)のように、姓名さえ運気が良ければ、無事に生還できた事件と対比して観てください。…いかに姓名の運気が大事なのか、もう皆さんは、理解できましたでしょう・・・。

也」天格12・地格11・総格23

「田岡 大」天格8・地格19・補格8・総格35

上記の2人を比較して観てください。「直也」ちゃんは”事件事故”を呼ぶ天格12が致命傷です。これに対して、「田野岡」くんはすべて大吉数の配列で、しかも「9・5」系列が2か所ありますので、ベストに近い姓名です。
  この二人を比較したのみでも、運気の差が分かりますね。
  絶対に、天格2系列で名付けるものではないですよ。

 ところが、地元の山陽新聞(日曜版)の138人の名づけの中から、天格2系列の赤ちゃんが「9人」いました。将来の日本を支える赤ちゃんですよ。そのためにも、乳幼児で死亡することなく、少なくとも、平均寿命80〜90歳(100歳以上、約6万人)まで生存して、日本の将来を築いて欲しいですね。その願望は、赤ちゃんの名づけで、その見通しが推定できますよ・・・。

天格22;「岡○ 碧○」「本○ 優」「谷○ 慶」
「豊○ 美○」

天格12;「山○ 咲○」「内○ 佳○」「平○ 那○○」
「中○ 直○」「大○ 美○」


以上の赤ちゃんは、”事件事故”で”逆死”(親より早く死亡)の可能性が高いこと、過去のブログで沢山、実証しています。これは断定ではなく、あくまで可能性が高いことの”推定”ですので、誤解なきよう願います。

必読!イチロー選手、ついに世界最高「4257安打」達成!
[第2659回](大吉)・・・6月15日(大吉)

『 ★日本人の誇り・・・イチロー選手、ついに世界最高「安打4257本」達成 !!!
★日本人の恥・・・”セコイ”性格でなかなか”切腹しない侍”舛添知事!? 
サムライ日本でも、イロイロですよ。それは、不思議にも日常使用の姓名が原因とは・・・? 』

 この二つのニュースは、全米でも報道され、特に”セコイ”という日本語が紹介されたそうです。全く、舛添知事は「サムライ日本!」の恥ですよ。
 ・・・その後、挙党体制での不信任案・・・”打ち首”寸前に、渋々”辞職”という切腹!を公言しました。しかし、数々のセコイ事例を弁明することなく、「死人に口なし!」の手段を選んだ卑怯な江戸の殿も、本人の発言であった「死んでも死に切れん!」でしょうね。それよりも、1番被害を受けたのは、江戸の領民でしょう。ですから、次の選挙には、「必ず、真のサムライを選出してください!」「・・・有名人だから・・・」と騙されてはいけません。
 質素倹約の名君・・・藩政改革をした「上杉鷹山」や「山田方谷」の偉人伝であれば、政治資金から支出しても「なるほど、舛添知事も政務・公務のためか・・・」と、尊敬しますよ。・・・実に「悪知恵が働くほど、頭は良いが、賢くない知事!」に日本中、いや全米の人も呆れましたでしょうね。

 さて、これに対して、全米でも称賛されたのは、「イチロー選手!」・・・これこそ、サムライ日本!の評価を再認識されたようです。
 日米通算4257安打の記録を打ち立てたアメリカ・メジャーリーグ、マーリンズのイチロー選手。その歴史的瞬間を目撃したファンたちは、喜びを爆発させています。
 試合が行われたサンディエゴの球場には、多くのイチローファンが駆けつけ、その歴史的瞬間を目撃しました。
 この輝かしい業績に奢ることなく、「記録達成より、皆さんの応援を頂いたことが嬉しいです。」との感想。

 これに対して、「舛添知事」・・・。
 豪遊や博物館・美術館巡りなど、大名以上の放漫な生活をして、現在、大変な問題になっている保育所や高齢・障害者施設問題など棚にあげ、公用車で別荘通いとは、呆れた凡君でしたね。

 さあ、皆さん!今日のブログ、この天地の違いがある人物を比較しているのは、なぜ・・・でしょうか?

 そうです。日本中や全米に「恥を掻いた舛添知事」と「サムライ日本のイチロー選手」との違いは、「”2・7”タイプ;気ままで自己主張が強い性格」と「イチロー”9画(背番号51)”;最大吉数の効用」と判断できる”姓名”の違いを、ブログにしたのです。(ベストの配列;「神亀の図;9・5・1」)

 どうですか、日本中の「赤ちゃんの名づけ本」や「姓名判断本」の”9・19”は「大凶!・・・」との判断ばかり・・・、こんな判断をしていたら、サムライ日本の名声は、やがて消えます。
 「イチロー」という9画が、いかに日本の運気と評価を高めているのか、日本中の姓名判断師は、180度の意識改革をせねばなりませんよ。

必読!最近、増えて来た「1字名」に注意!
[第2658回](中吉)・・・6月13日(小吉)

『 「1字名」が最近、増えて来たようです。しかし、その1字が苗字に不適合の場合は、補完する字がないので、運気的に”損”をするばかりではなく、”生死”に影響するケースもありますので、注意が必要です。
 1字の”語源”にも注意が必要ですが、”左右分かれの1字名”にした場合、戦前の「犬養 毅(つよし)」首相や「原 敬(たかし)」首相のように、暗殺され急死(現在では、”交通事故死・火災焼死”など)する可能性が高いので、どんなに愛情を持って名付けても、結局、「1字名は損!!」をしますよ。』

 今月の5日と12日の地元山陽新聞(日曜版)から、138人分の赤ちゃん名づけから、1字名は次の17人に見られましたが、そのうち"左右分かれの1字名"は、12人であり、そのうち6人は苗字も左右分かれで、将来”事件事故”に遭遇する可能性が非常に高いことが予想されます。
 このブログでは、苗字の公表はできませんので、1字名の紹介のみをしておきます。

★男児名(15人)
「 舜(しゅん)・”桁”(こう)・”浬”(かいり)・巧(たくみ)
・”樹”(たつき)・優(すぐる)・丈(じょう)・慶(けい)
・翔(しょう)・”叶”(かなと)・奏(かなで)・階(かい)
・”湊”(みなと)・空(くう)・朔(さく)」
☆女児名(2人)
「”結”(ゆう)・紬(つむぎ)」
(注)以上の”○”の6人は、苗字も左右分かれで改名を勧めます。もし、信じられない場合は、過去のブログで、「左右別れの”事件事故”実例」をご覧ください。風水に言う「天斬殺」の実例になる可能性が非常に高いのです。

 この実例として、過去の首相経験者から判断しますと、戦前の「犬養 毅」首相は青年将校から暗殺され、「原 敬」首相は右翼の暴徒から暗殺されました。
 しかし、戦後の「吉田 茂」首相の”茂”は左右わかれではなく、長期政権を維持できました。
 このように、1字名は他に助け舟になる字体がないので、余程の語源が良く、左右分かれしない字体であり、姓名全体として画数配列も良くなる「1字名」で名付ける必要がありますよ。
 そして、1字名の場合は、姓名の”重心”が苗字にあり、個人名にないので、運気は不安定になります。
 その最たる実例が、あの有名な「五郎丸 歩」選手のような「歩」には”重心”がなく、苗字「五郎丸」の中にありますので、どうしても不安定な運気になる可能性があります。逆に、「井川 慶」プロ野球選手のような姓名は、天格19のうえ、”重心”は「慶」にありますので、運気が良いのです。同じ井川姓ですと、女優「井川 遥(はるか)」さんも”重心”が「遥」にありますから、運気が良かったのです。
 ”重心”は下げないと安定感がなく、韓国の大型旅客船の転覆(2014年)のようになります。
 軽はずみに、1字名で名付けると、”事件事故”に遭遇する可能性が高いので、できる限り避けた方が良いですよ。
 最近、増えつつある1字名には、以上のような注意が必要です。

必読!77歳になっても、”熱くて苦しい”「火災焼死」!
[第2657回](中吉)・・・6月11日(大吉)

『 女性の出嫁や男性の養子は、苗字も変更になり、運勢も変化しますが通常、男性は「赤ちゃんの時の名づけ」で、生涯の運気が決定され、どんなに高齢になっても影響を受けるので、十分に検討して名づけないと、子供を不幸にしますよ。
 今日の深夜、私と同年齢の77歳の高齢者が、住宅火災で”焼死”! 熱くて苦しい思いで亡くなられたのも、赤ちゃんの時の名づけの影響と判断できますよ。何度も、投稿しましたが、苦労性の「勝・博」で名づけ、しかも「上下、左右別れ!」の名づけ・・・、お気の毒にも、人生最後の死因まで、安楽死とは無縁でしたよ。姓名の大切さが、1つの”事件事故”からも実証できるのです。』

 今日のTBSニュース。
『 11日午前2時半ごろ、さいたま市見沼区で「家から火が出ている」と近所に住む男性から119番通報がありました。消防などが駆けつけ、火はおよそ3時間半後に消し止められましたが、木造平屋建ての住宅1棟が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。
 警察によりますと、この家には「福本 勝博」さん(77)と知人の男性(62)の2人が暮らしていて、男性は煙に気づいて逃げ出し、無事でしたが、福本さんは現在も連絡が取れていないということです。
 警察は、遺体は福本さんの可能性が高いとみて、身元の確認を急ぐとともに、現場検証を行って出火の原因を調べています。』(11日11:25)


 不思議なのです。「勝は、負ける!」と戦国武将を実例に「勝は、人生に負け、しかも絶家になる家系が多い!」と実証しましたね。
 例えば、戦国時代の尼子氏は「尼子 勝久」の代で絶家。また、「武田勝頼」「柴田勝家」「豊臣秀勝」「水谷勝美」「松倉勝家」などが絶家。
 そして、「博」も「和」も”苦労性”なのですよ。
 例えば、あれだけ人気の頂点にあった「清原 和博」元プロ野球選手も”和博”でダウン!
 それから、この「福本 勝博」さんの画数配列は、次のとおり、それほど凶運ではありません。

「福本 勝博」天格25・地格17・総格42
(第2652回の「柴田敏男」さんも、77歳で焼死!)

でも、「7・2」タイプであり、折角の「天格25」の成功数を帳消しにした画数配列です。ですから、画数配列からの運気は期待できないところに、この4文字姓名の「龍脈(形)」を、良く観てください。( 舛添知事は、この逆の「2・7」タイプで、折角の成功数がダメになりつつあります。)
 そのうえ、「本」の上「福」は左右分かれ、そして「本」の下「勝・博」の2文字続いて、左右分かれており、この形を「上下左右分かれ!」で、カーブを描く龍脈がなく、上下に流れる姓名です。

 このような「上下左右分かれ」も「天斬殺」の形と同様に、姓名の中に”風水の理気パワー”を留めることができず、ある日、突然、年齢に関係なく”交通事故”や”火災”などの「事件事故」に遭遇する可能性が高いのです。
 この風水パワーを採り入れた「天命数霊術」は、日本で初めての説であり、的中率を高めた秘伝の観方です。
 ですから、このような姓名の人は、高齢になっても、「熱い・痛い・苦しい」の災難で亡くなり、長寿で自然死・安楽死を期待できにくいですよ。
たまたま77歳の実例ですが、皆さんが30〜40歳でも、姓名が「4文字左右分かれ」や「上下左右分かれ」であれば、明日の日でも”交通事故・火災など”に遭遇しても、決して不思議ではありません。
すると、いかに「赤ちゃんの名づけ」が大事なことであるのか、皆さん理解できましたでしょう・・・。

必読!ポストに胡坐をかく「舛添知事」は低俗な人!
[第2656回](小吉)・・・6月8日(中吉)

『 「頭が良い人」と「賢い人」とは、大きな違いがありますよ。「頭が良い人」とは、学業成績が抜群で有名大学卒などで、特定の分野に卓越している人をいいますが、一面では、そのような高学歴の人でも、「弱い立場にある人を見下し、思いやりがない人」「悪事を働く悪代官」のような人、現在では「振り込め詐欺師」のような人でも、凡人には叶わない「頭が良い人」と言っても良いでしょう。
 ところが、「賢い人」とは、一口に言えば、「世の中の道理を弁えた”人格者」を言います。ですから、「賢い人」とは、学歴とか職業などに捉われない”人柄が良い人”なのです。
 この違いが、今回の「舛添知事」の非常識な行状で、彼は「頭が良い人」だが、とても「賢い人だ!」とは思えないですね。
 この2つの違いが、「天命数霊術」の姓名判断で分かるのですよ。』

 今から思い起こせば、約50年前の「総理府行政監察局」新規採用の職員として勤め始めた頃から、30年間、10人以上の東大法卒の近畿管区局長(指定職)に仕えてきました。その中でも、私が調整係長から始まり、管区副監察官、上席副相談官、そして地方に転勤して地方監察官、総務室長、行政相談課長など順次経験して来ました。確かに、東京都知事は予算規模からみると、一国の長ぐらいですが、私が仕えた近畿管区局長というのは、もちろん国家公務員の上級官僚であり、近畿地方の2府5県(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・福井)の七人の知事に対して、国の立場から業務監察を行う権限を持っていた指定職(この上が、認証官)なので、東京都知事以上のポストにあった高級官僚です。
  
 舛添知事は、公用車をまるでマイカーのように使用し、別荘まで迎えに行って、都庁に出勤とは? 驚きましたよ。その際、運転手は通常の勤務ではなく、朝早く起床し、いったん都庁の車庫まで行き、公用車を出して遠距離の別荘まで迎えるとは・・・? そして通勤時間帯の道路は渋滞しており、定時に出勤できないこともあるでしょう。
 この運転手の勤務体制と通勤時間帯の主要幹線の渋滞は、大阪近郊でも東京と同じです。
 そこで、〜當勤務の運転手への思いやりと、幹線道路の渋滞緩和に協力するため、管区局長は官用車使用の送迎は一切止め、一般サラリーマンと同様に、満員の通勤電車や地下鉄のつり革にぶら下がり、定時に出勤していましたよ。
それでこそ、「行政改革(簡素・合理化、民主化)を推進する国の役所」として、模範を示して来たのです。
 東京でも大阪でも、将軍や大名でもあるまいし、住民から選出された知事ですよ。国民・住民の公僕ということを忘れたのか、いきなり血税を無駄遣いする高慢な態度とは・・・? 
 ご自分の給与の中から、正月に家族で豪遊しようが、中国服を買おうが、誰も批難しませんよ。私も墨書しますが、「中国服を着ると、滑りが良い」などの詭弁は初めて聞きました! おそらく全国の書道家で、中国服を着ている人はいないでしょう。これは逆に、楷書・行書には「滑ると、力が入らない字体!」になりますので、上達しません。「墨書は、自分の意思を表現するもので、滑りに頼る」とはお笑いですよ・・・? 呆れた詭弁です。ただ、ご自分の趣向で中国服を購入しただけ・・・。それが何の「東京都の政務・公務」に関係がありますか?!
 舛添知事は、ポストに胡坐をかき、昔の私利私欲に走る悪代官のようですね。副将軍の水戸光圀でさえ、庶民の生活に溶け込んで、善政を施した名君でした。
 まあ、次から次へと悪事がばれて、もう日本中知れ渡った暴君のような姿が歴史に残るでしょう。

 いいですか、舛添知事は、「頭は良い」が「賢くない人」という評価は、東京都の歴史に記録され、むしろ「バカ殿!だった」ということは、東大法卒の名誉までも汚すことになりましたね。

「舛添一」天格15・地格12・総格27
(「要=9」)(「一」=1)
どうですか、天格15で「要=9」を含んで、「頭が良くて、金運もあり成功します」が、地格12で「気ままな性格」であり、意のままにならないと、総格27の「自己主張が強く、切れやすい・・・という人柄なのです。

舛添知事ような人を、”気ままで頑固”な「2・7」タイプと言います。
 ポストに胡坐をかく「低俗な人」になり下がりましたね。
 今後の選挙で、候補者の中から選出する場合でも、「賢い人」を見極めるノウハウが理解できる「天命数霊術」が非常に役に立ちますよ。  

必読!人生は、名誉運や金運のみではない!
[第2655回](中吉)・・・6月7日(中吉)

『 「長嶋 茂雄」や「王 貞治」などは、姓名がそれほど良くなくても、現在でも野球界で尊敬されています。どうしてでしょうか? 』
という問い合わせのメールがありました。

 私説の「天命数霊術」は、何も”名誉運・運動能力・金運”などが、人生の全てではありません。
 人生の運というのは、「生命運・健康運・知徳運・家庭運・社会運・金運など」のほか「技術能力・芸術芸能能力・運動能力・・・」などの才能も、遺伝の影響は少なく、すべて”運”が左右します。その証拠に父子でも運気の違い・・・「長嶋 茂雄」と「長嶋一茂」の親子とも、同じ野球界のレールで有名人になったとは違いますね。

 いいですか、先日のブログで投稿しましたように、あの世界的にも有名な「五郎丸 歩」(プロ・ラクビー)選手が、負傷して手術するほどの重傷とか・・・。
 私は、昨年の夏ごろから、この「歩=8」の「天格12」では危ない!いつかは”事件事故”に遭遇すると予知していましたら、そのとおりになりましたね。
 これなのです。人の運命は、明日の日も「未知の世界」ですよ。

 皆さんの疑問? 『 この人は、天格9・5系列ではないのに、なぜ?運気が良いのか? 又は、逆に姓名はベストであっても、なぜ、苦労しているのか?・・・』などの問合せがあります。
 いいですか、例えば「長嶋 茂雄」氏は野球界の超有名人ですが、姓名はそれほどではないですね。
 彼は、現役の頃、野球運動能力では神業ほどに優れていましたが、どうですか・・・現在80歳ですが、”健康運”に恵まれましたか? 
 ところが、今から12年前、脳梗塞に倒れて、現在までも手足が不自由ですね。
 12年前のことですから、68歳で病気になられたのですよ。
 これに対して、77歳の私と比較するのもオコガマシイですが・・・全く、無名でシガナイ国家公務員を30年勤務して退職。現在、岡山南部の小都市に住み、毎日のように近くの温泉三昧の生活・・・。
 いいですか、「長嶋 茂雄」氏は68歳で脳梗塞になり、現在までの12年間手足が不自由な生活・・・。これに対して、私は現在77歳でも脳梗塞どころか、風邪一つ記憶がないほど、20年も30年も健康体なのですよ。それに、運転は半世紀50年にもなりますが、対人対物事故はゼロですよ。
 どうですか、「健康運」という観点から比較しますと、

「長嶋 茂雄」天格16・地格26・総格42

すべて偶数で、「9・5・1」が全くないので、”病気”にもなりますよ。
  ただ、運動能力はどこから・・・?
  それは、私の推定ですが、お若いころは「茂」の草冠を分けて、日常使用では「茂=9」画でしたのでは・・・?
  すると、天格17 となり、運動能力があったのでは? と推定できるのですが、いずれにしても、「運動能力」という分野から比較しますと、彼は抜群・・・私はダメ男。
  しかし、健康運を比較しますと、マルッきり反対ですよ。

  それに、「王 貞治」氏は現在は健康ですが、明日の日も未知の世界・・・、それは私とて同様ですが、彼は現在75歳ですから、私の77歳まであと2年・・・、仮にそれまでに病気や事故に遭遇されたら、私の健康運は、「王 貞治」氏より勝ち!になりますよ。
 正に、運気というものは、棺桶に入るまで未知の世界・・・。
 あの名誉を振りかざした「舛添 要一」知事の名誉株も、今回の明るみで「舛添株の暴落!!!」・・・。最近までは、「舛添知事は、素晴らしい人だ!」と日本中が評価していたかも・・・? 
 この現象は、「清原 和博」(元プロ野球選手)でも、一夜にして人物株は暴落! でも、野球の運動能力は抜群! それは”苦労性”になる「和・博」の字体で名付けるからですよ。

 どうですか、姓名からの運気・・・、「人により、年齢により、分野により」みな異なるのです。
一面から見ただけで、「長嶋 茂雄」や「王 貞治」は、姓名がそれほど良くないのに、なぜ有名になっているのか? ・・・というご質問に対して、以上のように思考すれば、納得されたのでは・・・? 

必読!自然死ではなく、68歳の高齢者が交通事故死!
[第2654回](小凶)・・・6月6日(小吉)

『 先日は、77歳の火災焼死でしたが、今度は68歳で交通事故死・・・。どちらも自然死ではなく、焼死とか事故死は、高年齢まで生存して、最後は”惨めな死にざま”・・・。イヤですね。同じ天国に昇るなら、安らかに眠るように意識を失うのがいいですね。痛い・熱いなどの思いをして亡くなるのはイヤと思いませんか? この違いは、何歳になっても「姓名の運気」から、その違いが生じるのですよ。』

 さて、過日のニュース。
『 大阪・淀川区で2日未明、パトカーの追跡を受け逃走中のワンボックスカーが、タクシーに衝突、運転手を死なせて逃げた事件で、大阪府警淀川署は同日、同府豊中市豊南町西、飲食店経営「松岩 国博」容疑者(45)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)と道交法違反(ひき逃げ)両容疑で逮捕した。
「パトカーがサイレンを鳴らしていたので気が動転して逃げた」と、容疑を認めているという。
発表によると、松岩容疑者は同日午前1時25分頃、ワンボックスカーを運転中に同区の市道交差点でタクシーに衝突。 そのまま逃走し、タクシー運転手「大西 春吉」さん(68)(大阪府茨木市)を死亡させた疑い。
 ワンボックスカーは、松岩容疑者の知人女性の所有で、事故現場から約1.3キロ離れた路上に乗り捨てられていた。松岩容疑者は2日午後3時頃、同署に出頭した。』最終更新:6月3日(金)0時55分

 さて、この交通事故の当事者を比較してみましょう。
加害者「松岩 国博」天格16・地格20・総格36
被害者「大西 吉」天格12・地格12・総格24

 どうですか、2人の画数配列を見てください。
 すべて、”偶数”であり、”奇数”…特に「9・5」系列が1か所もありませんね。特に、岩松容疑者は、お気の毒にも「6」系列のダブりであり、特に男性にとっては、典型的な”弱運”であり、”苦労性”です。

 これに対して、被害者の「大西 春吉」さんは、とても人柄は良いのですが、なにしろ”事件事故”に遭遇する可能性が高い「天格12」に対して、地格も弱運の「12」であり、総格も人柄は良いが、弱運になる「24」というように、本当に生涯”苦労性”から縁が切れないお気の毒な人生で、そのうえ「交通事故死」とは・・・? 全く神仏は、不公平な扱いをしていますね。

 いいですか、この「大西 春吉」さんから、何が教えられるのでしょうか?
 「苗字の1字目が3画!の人は、名頭を絶対に9画!の字体で、名づけてはいけませんよ・・・。
 例えば、山田・川本・大石・小田・丸山・三井・上田・下村・工藤・千葉・久田などの名字の方は、絶対に赤ちゃんの名づけで、我が子がどんなに可愛くとも、「名頭」(名づけの1字目)を、9画の字体で名付けてはいけませんよ。
 その理由は、小学1年生の算数で分かりますね。

必読!行方不明の少年;”運気”の良さと”賢さ”が、命を救う!
[第2653回](小吉)・・・6月3日(小吉)

『 6日前から行方不明の7歳の少年、懸命な捜策にもかかわらず発見できず、誰もが半ば失望しかけた今日3日の午前8時ごろ、行方不明になった現場から約6キロ(直線距離)離れた自衛隊の演習場内にある建物で無事保護されました。
 まさに、奇跡です! この奇跡、アメリカやイギリスなど、世界でも報道されました。
 たまたま、 偶然、自衛隊の宿泊用の施設に遭遇した”運”の良さ・・・、そして△修海某猯韻靴同風を防ぎ、マットレスに包み就眠、水道の水に不自由なく、そして野外に放浪することなく熊にも遭遇しなかった”運”の良さなど、この「”運”の良さと思考力ある”賢さ”」は、姓名からの影響が大きいのですよ。』

 日本中が不安に失望しかけた3日の朝、奇跡の報道があり、日本中が感動に包まれましたね。
 TBSニュースでは、
『 北海道七飯町の山林で、6日前の先月28日から行方不明だった小学2年生「田野岡 大和(やまと)」君(7)が、3日午前8時前、行方不明になった現場から約6キロ(直線距離)離れた自衛隊の演習場内にある建物で無事保護されました。
 北海道鹿部町の陸上自衛隊駒ヶ岳演習場です。「田野岡大和」君は、この先6キロほどの施設内の建物の中で、雨宿りをしていたところを見つかりました。3日午前7時50分、駒ヶ岳演習場の自衛官3人が打ち合わせのため建物に入ったところ、中に男の子がいました。男の子は「田野岡大和」と名乗り、その後、両親によって大和君と確認されました。大和君に目立った外傷はありませんが、やや衰弱していて、現在、函館の病院に運ばれ、検査しています。
 不明になった後の行動について大和君は、「1人で歩いて自衛隊の施設まで来た、土曜日の夜から施設にいた」と話しているということです。建物の中に食料はなかったものの、水は出ました。発見当時、自衛官が渡したおにぎりを食べたということです。寒さはマットレス2枚に挟まってしのいでいたということです。・・・(以下、略) 』

 どうですか、日本中が心配していた6日間、懸命な人海戦術でもなかなか見付からず、半ば失望しかけた時の「元気で救出!」の報道・・・!
 正に、日本中が”奇跡の生還!”と感動したのでは・・・? このニュースはアメリカやイギリスでも報道されたそうです。

 さて、皆さん、この奇跡の生還!を、ただ単に見過ごすのではなく、「なぜ?このようなホットニュースになったのか?を思考すべきなのですよ。
 そこで、その7歳の少年の姓名を判断してみましょう。

「田野岡 大和」天格8・地格19・補格8・総格35


どうですか、同じ「大和(やまと)」くんでも、この苗字でしたので、天格9・5系列ではありませんね。しかし、天格には"偶数"では大吉数の「8」があり、全体的に「地格19と総格35」という「9・5」が2か所ありますので、天格9・5系列にも劣らない「”運気”の良さ」と、多方向に放浪しないで、体力を温存しておくという地格19の「”思考力”の良さ」がベストであり、この2か所の相乗作用が奇跡を呼んだのでしょう。

 日本中が”奇跡の生還”に沸いたのも、「大和」少年の姓名がベストのパワーだったのです。
 もし、この姓名の天格2系列であったなら・・・どんな結果になっていたのか? 私が改めて言うほどなく、皆さんはお判りですね。
 いかに、”姓名の運気”が大事であるのか・・・? 日本初の「天命数霊術」ですから、実証できるのですよ。

必読!77歳の”焼死”!「はな子」の”自然死”が理想的!
[第2652回](小吉)・・・5月30日(小吉)

『 100%のものは、人や動物の”死亡率”だけ!
この死亡でも、交通事故死や火災焼死、或いは殺害死など、”苦しみ”の極限で息絶えるのか、或いは先日のアジア象「はな子」のように老衰で”安らかに”自然死するのか、全て人により、動物により、それぞれの”運気”によって、異なります。』

 長年、子どもたちに夢を与えてくれた「井の頭自然文化園」のアジアゾウ「はな子」の死因は、69歳という国内最高齢であり、老衰による呼吸不全だったことがわかりました。平成の平和の時代ですから、自然死を迎えることができたのです。これが、戦時中でしたら、動物園の猛獣や象なども空襲で逃げ出さないように銃殺されたことも多かったのですよ。自然死か銃殺死なのか、・・・それも動物たちの”運気”の差なのですよ。

 さて、1昨日のニュース。私と同年輩の77歳の方が、自然死ではなく、お気の毒にも”火災の暑さと呼吸困難”の苦しみの中で、焼死されました。
 『 29日朝早く、千葉県東金市で住宅が全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。
 午前5時半ごろ、東金市極楽寺の無職「柴田 敏男」さん(77)の住宅で、火災が発生しているのに気づいた同じ敷地内に住む長男が119番通報しました。
火は1時間半ほどで消し止められましたが、木造平屋建ての住宅1棟が全焼し、焼け跡から”性別不明”の1人の遺体が見つかりました。
 この家には柴田さんが1人で住んでいたということで、警察は遺体が柴田さんの可能性があるとみて、身元の確認を進めるとともに出火の原因などを調べています。』(29日15:15)

  どうですか、火災による焼死では、”性別不明”ぐらいの容姿になるとは・・・? 全くお気の毒で、”苦しい思い”をされたでしょうね。

「柴田 男」天格20・地格12・総格32

この姓名は、「0・2」タイプで「9・5」系列が1ヵ所もありませんね。しかも、この「敏」という字体は、不思議にも「仕事熱心なタイプで”苦労性”」と判断してほぼ間違いありませんよ。
  この総格32でも、この「32=20+12」の組み合わせが”事件事故”を呼ぶ苦労性という組み合わせです。ですから、同じ総格32でも「32=19+13」であれば、火災などに遭遇していませんよ。
  本当にお気の毒なのは、77歳の高齢になって、自然死ではなく、”火災の焼死”で苦しんで亡くなられたとは・・・? やはり、姓名の影響が大きいですよ。

 

必読!なぜ?TV番組名に”大凶の9”が出て来るの??
[第2651回](大吉)・・・5月29日(大吉)

『 日本はもちろん、世界中が注目した「オバマ大統領」の廣島訪問。「オバマは9画、大統領は29画・・・」です。それでも、日本中の「名づけ本」では、根拠もなく「9は、”大凶”!」と判断しています。ところで、最近のTV番組名「99.9%」とか捜査1課「9係 」とか・・・? まさか、”大凶”の番組名を、テレビ局が名付ける訳がないでしょう! それに、なんと言っても、アニメの「銀河鉄道999」は、不朽の名作です。
  それでも、日本中の姓名判断師は、「9・19」は”大凶!”と判断しています。もう、いい加減に「9・19こそ、”トップ”を表す最大吉数だ!」と認めないと、社会貢献できませんよ・・・。 』

先ず、日本中の姓名判断師が、「9」の吉凶判断では、次のような苦しい判断をして、最近の著書でも「9」を大凶!と判断しています。
★A書;2012年発行;「9」の吉凶判断⇒凶
(B書;2013年発行;同様に「9」⇒凶)
『 技術・研究分野で卓越した人に多い画数です。感性や感覚が鋭く、直感力があり、頭脳明晰で学問に秀でます。
 しかし、相手の何気ない発言に対して、クヨクヨと考える面があり、ストレスがたまりやすいでしょう。事故などに注意が必要な画数でもあります。順調に発展しているときこそ、気を引き締めて慎重に行動することが大事。』(原文どおり)
 さあ、皆さん、この「9」の判断・・・前半の「技術・研究分野で卓越。感性や感覚が鋭く直感力、頭脳明晰で学問に秀でる。」とあれば、これはもう世界中の誰もが望む「ベストの”知性と才能”」を持っている判断をしています。
 皆さん方の子どもさんでも、前半の才能があれば、学習塾にも通わず、一流の大学を現役合格しますよ。また、この才能があることは、知的障害のお子さんをお持ちの保護者は、どんなに羨ましいことでしょう!
 ところが、後半の注意事項は、全く根拠がない作文であり、どの数でも当てハマることではないですか! この後半で、優れた前半の才能を無視して、「9は”凶!”」と判断している不思議・・・?

 このような「9」の判断しているのが、現在、市販されている「赤ちゃんの名づけ本」(約25冊)のすべてに見られます。一口で言えば「頭は良いが、ストレスが溜まりやすい!・・・したがって”凶数”!」として、頭が良いことを無視しています。根拠や実証もなく「ストレスが溜まりやすい!」ことのみ強調して「大凶」又は「凶数」と、日本中の姓名判断師が”間違いの判断”をしています。
 「9」が大凶であれば、今回、広島を訪問された「オバマ大統領」のオバマは9画、大統領は29画、そしてG7に参加の「首(9)相(9)」も、その国のトップを表すベストの数が「最大吉数の"9"」が基本になっていますね。なお、G7のうち「日本・ドイツ・イタリア・カナダ」の4ヵ国が「9画!」です。
そのうち、特にドイツの「メルケル(9)首相」(女性)は優秀ですよ。
 いや、現在の主権在民の民主国家だけではなく、王政国家時代の「キング(9)・クラウン(9)」などのロイヤル(9)階級も、そして清王朝までの「皇(9)帝(9)」も、全て「9」画なのです。また、神(9)と崇める「キリスト(9)」も「9」画ですね。
 ・・・それでも、「9は、”大凶”?」ですか!??
 日本中の姓名判断師のみなさん、「9は、”大凶”!」と判断していたら、いつまで経っても、優秀な日本人を送り出すことができませんよ。
1昨日のブログ;「寝る児は育つ!」のも、天格9系列(5系列もあり)で名付けをしているからこそ、「長泣き・夜泣き」しない”賢い児”に育つのですよ。
 全国の姓名判断師の方へ!・・・もう、いい加減に目を覚ましてください・・・、全く100年前にもなる大正時代から、この平成まで、進歩がない説で良く我慢をしていますね。

必読!「寝る児は育つ!」最近のメールから・・・
[第2650回](小吉)・・・5月27日(小吉)

『 「長泣き・夜泣き」をせず、「夜グッスリ寝る児」は、育てやすいばかりではなく、将来、健康で成績優秀なお子さんに成長します。
以前からも、その体験談のメールなど頂いていましたが、また、数日前にもコメント欄に頂きましたので、紹介します。いかに「天命数霊術」が優秀な日本人を創造するパワーがあるのか、理解できますでしょう。』

 先月のブログでも、『 必読!天格「9・5」で、長泣きせず寝る児は優秀な児になる!』2016.04.03 (第2612回)で紹介しましたが、『 寝る児は育つ!・・・』と、昔からの諺、本当ですよ。私が「天命数霊術」の五大要件を満たして名付けた赤ちゃん・・・、
「長泣き・夜泣きせず、夜はグッスリ寝てくれますので、とても育てやすいです。」とのメールや年賀状などのコメントに沢山いただき、過去のブログにも数回投稿しましたね。

 さて、数日前にもA県B父親やC県D母親から、コメントを頂きましたので、固有名詞を伏せて、皆さんに紹介します。このような育てやすい児であれば、最近多い「わが児への虐待事件」など、世の中に有り得ない話です。

≪数日前のコメント欄から ≫ A県・B父親
『 毎日ご苦労様です。ブログを続けて頂いて有り難うございます。久しぶりにブログを拝見させて頂いています。我が子も長女は自分による名付けですが、不思議とおもちゃと向き合うよりも、絵本やお絵かきをする時間が長く大好きです。もの覚えも良いと思います。
 先生に名付けて頂いた長男は、男の子らしく車系のおもちゃが大好きですが、それよりも外で遊ぶことが大好きで、雨が降っていても出たがったりするくらいです。転んでも泣きません、心配するくらいに泣きません、最低限の意思表示でちょっと泣くくらいです。私事が続きますが先日保育園の先生と妻との面談で先生からは長女も長男も『おりこうさんで特にありません』と言われたそうです。子宝に恵まれる前から、子供には精神的に生ぬるい人間になってほしくないので、然るべき時には心を鬼にして向き合う覚悟をしていましたが、今のところは鬼要らずです。妻にはよく角がはえてますが(笑)。それにしても五大要件を満たす名付けはすごく難し く容易ではないと実感します。』


≪数日前のメールから≫ C県D母親
『 ご無沙汰しております。
 以前、息子に候補名をいただき、「◇◇ ○太郎」と名付けさせていただいた者です。○太郎は、お陰さまで元気一杯にすくすくと育っており、現在満1歳10ヵ月を迎えております。
 先生の仰せの通り、よく寝てくれて、手のかからない赤ちゃん時代〜今は元気が有り余っている位で(笑)、全く問題ありません。活発、非常に人懐こい性質で皆に可愛がられています。この先も成長が楽しみです。・・・(以下、略)』 

 どうですか、「天命数霊術」で名付けた赤ちゃん、「長泣き・夜泣き」はせず、夜はグッスリ寝ますので、本当に育てやすく、親の睡眠不足もないので、イライラせず、もちろん「わが児の乳幼児虐待事件」など、有り得ない話です。

 やがて、日本初の「天命数霊術」は、”ブランド命名術”になりますよ。でも、初代宗家の私は77歳の高齢になりました。存命中に一人でも多くの「健康で優秀な日本人の誕生!」と、その反面「”事件事故”の減少!」に寄与いたしたく、それが現在の生き甲斐で、日夜頑張っています。  

必読!”交通事故死”も、相変わらず”天格2系列”が多い!
[第2649回](中吉)・・・5月24日(小吉)

『 「もう、イヤだ!」と言うほど、”天格2系列”で交通事故死になる人多いでしょう。昨晩も18〜19歳の若い男女の軽ワゴン車が、国道のセンターラインを越えて横転し、対向車と衝突し、2人とも死亡しました。
 赤ちゃんの時から、成長を夢見て18〜19ヵ年、ある日、突然のこと、交通事故死の連絡を受けた時の二人のご両親のお気持ち・・・を想像しますと、お気の毒で耐えられませんね。
 いいですか、身近な人の”凶気”を受けることがあるのですよ。天格2系列の人と同乗すれば、他の人も巻き込むことが多いので、現在、天格2系列の人は、早急に改名していてください・・・。”事故事件”の遭遇は、今日まで元気でも、明日は未知の世界ですよ!』

本日のニュース。
『 23日午後8時40分すぎ、山口・岩国市藤生町の国道188号で、柳井方面に向かっていた軽ワゴン車が、中央線を越えて横転し、対向の軽ワゴン車と衝突しました。この事故で、横転した車を運転していた会社員「中山 和樹」さん(18)と、助手席の「山本 千秋」さん(19)が、いずれも全身を強く打ち病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。対向の軽ワゴン車を運転していた男性(45)も軽いけがをしました。
 現場は、片側1車線の緩やかな左カーブで、車が横転した原因や当時の状況を所轄警察は調べています。』(24日11:44)

 良く思考して観てください。大きく言えば「1人の”弱運である凶気”が、同乗者や一般人」を巻き込むことがあります。これが、”事件事故”の「加害者と被害者」との関係になります。
 では、昨晩の事故の場合は、どうでしょう!
 
運転手・加害者「中山 樹」天格12・地格19・総格31
同乗者・被害者「山本 千秋」天格6・地格14総格20

上記のとおり、中山さんの画数配列が、天地反対の「19・12・31」であれば、今回の横転して反対車線に出ることもなく、対向車との衝突はなかったかも知れません。しかも、18歳と言えばまだ運転免許を取り立て・・・の経験が浅く、おそらくスピードの出し過ぎのため、緩やかな左カーブを回り切れなかったことが推定されます。
 このような状況で、同乗した山本さんが、”事故事件”の凶運を受けたのです。それでも、運気が良い人であれば、助手席にいても軽傷で済んだ事例もあります。ところが、山本さんも画数配列が「6・4・0」であれば、すべて”偶数”であり、中山さんの「凶気を避けるだけのパワーがない姓名」だったのです。

 したがって、運転していた中山さんは、「天格12」の事故事件を呼ぶ弱運の姓名・・・、それに対して、山本さんも「”偶数”配列のみ」の姓名から、この事故を受け入れて、二人とも若い命を落としてしまったという昨晩の交通事故死でした。いづれにしても「姓名の運気」が生死を分けるのですよ。
  ご家族の中で、天格2系列の方がおられましたら、早急に改名をお勧めしますよ。同乗者・一般人を”道づれ”にしないためにも・・・。

必読!全盛の「五郎丸 歩」選手には”負傷予知”できない!
[第2648回](中吉)・・・5月23日(小吉)

『 「えっ!あの世界的に有名な”五郎丸歩”選手が、負傷したそうだ!」と、ラクビーフアンはもちろん、日本中、いや世界中の人は驚いたでしょう。
 数々の輝かしい業績や精神統一の独特のあのポーズ・・・、TVのCMにもなり、誰一人として手術が必要な重傷を予想だにしていなかったでしょうね。ところが、私は昨年の夏ごろから「この姓名を使用していたら”危ない!”」と予知していましたが、全盛の彼を”負傷か?!”とブログにでも投稿すれば、それはフアンから袋叩きに合い、名誉毀損で訴えられていたかも・・・? そして私説;日本初の「天命数霊術」は、日本中の悪者?になっていたでしょう・・・。』

 普段、ラクビーには関心がない私でも、あの輝かしい「五郎丸 歩」選手には
「珍しい3文字苗字」と「”歩”という1字名」に、数年前から「なぜ?この姓名で日本でトップ選手なのか?」と密かに関心を持っていました。
 この「歩」と言う語源を漢和辞典で確認してください。そのうえ、「天格12」で”事件事故”を呼ぶ数であり、しかも”重心”が苗字の中にあり、個人名にはない!・・・不思議?・・・不思議? この姓名で、日本、いや世界中(フランスに移籍か?)に有名になるほどの選手とは・・・?

「五郎丸 」天格12・地格9・補格3・総格24

 所属事務所が発表したニュースでは、
『 肩鎖関節脱臼により、来週オペをすることとなりました。
 全治12週間のため、今シーズンのスーパーラグビー残り3試合から戦線離脱!
 5月22日、前日、日本代表FB「五郎丸 歩」が所属するレッズは、日本チームのサンウルブズに35−25で勝利したが、後半17分に交替した五郎丸のケガの状況を公式HPで発表しました。五郎丸は右肩鎖関節の脱臼で、来週には手術の予定しており、12週間は試合に出られない見込みだという。
 残念だが、五郎丸は6月のテストマッチ3試合、そして7月のスーパーラグビーの残り3試合への出場は絶望的になってしまいました。・・・以下、略 』

とのことで、私は「やはり、姓名には勝てなかったか!」残念です! フランスに移籍が本決まりの時点で・・・。

 このような事態になること、昨年の夏ごろから「危ないな、この不安定な姓名を使用していたら・・・いつかは・・・」と、胸さわぎがしていましたが、彼の全盛でラクビー業界のトップに君臨している「五郎丸 歩」選手が”危ない!”と、仮にブログでも投稿したら、それこそ熱烈なフアンから・・・死に目に遭っていたでしょうし、名誉毀損で訴訟提起になっていたかも・・・?
 ですから、地震予知も含めて、将来を予言・予知することは、非常に社会的影響が大きいのです。
 それでも、私のようにまだ無名の者が、世界的に有名な「五郎丸 歩」選手の負傷を、勇気を出して予知しても、全く相手にされないか、又は袋叩きにされていたでしょうね。
 ここで、勇気を出して予言しますが、「五郎丸 歩」の姓名を引き続き使用していたら、今度は本当に「”歩めない?”人」になりますよ。それは、ラクビーのトラブルのみではなく、交通事故などの”事件事故”にも遭遇する可能性が、この姓名から感じられるのです。

 以上のように事件事故の予知を公表することは、非常に勇気がいることです。 

必読!不運な姓名?被害者「冨田真由」さんに「岩崎友宏」容疑者!
[第2647回](小吉)・・・5月22日(大凶)

『 「可愛さ余って憎さ百倍!」という諺があります。それが実像になる事件が発生しました。21日夕方、東京・小金井市で元アイドルの女子大学生が、ファンの男に刃物で首など20か所以上を刺されて、意識不明の重体です。
 このような被害を受けた「冨田 真由」さんも、加害者の「岩崎 友宏」容疑者も、「姓名」の”運気”から必然的に生じた事件のようです。』

 昨日のTBSニュース。
『 21日午後5時すぎ、小金井市のビルの入り口で「男が女の首を刃物で刺している」と110番通報がありました。女性は、首や胸、背中など20か所以上を刺されて意識不明の重体です。女性は、元アイドルで大学生の「冨田 真由」さん(20)で、警視庁は、現場にいた住所・職業不詳の自称「岩埼 友宏」容疑者(27)を傷害の疑いで現行犯逮捕しました。
 岩埼容疑者は、取り調べに対して「刺したことは間違いない」と、容疑を認めているということです。
 冨田さんはシンガーソングライターとして活動していて、21日午後7時から現場のビルで行われるイベントに出演する予定でした。
 冨田さんは今月に入って「岩埼容疑者に、インターネット上で脅されている」などと警察署に相談していて、警視庁は、「21日のイベントで、岩埼容疑者を見かけたら通報するように・・・」と、アドバイスしていたということです。
 岩埼容疑者は冨田さんのファンだったということで、警視庁が動機などを詳しく調べています。』(22日01:48)

このようなアイドルとフアンの関係も、恋愛感情と類似しており、それが破綻すると、「可愛さ余って憎さ百倍!」という諺があるように、嫉妬・憎悪・復讐心が増幅されて、非合法的な犯罪行為に出る人がいます。この現象は、加害者の”性格”と”事件事故”を呼ぶ運気に左右されます。
 また、その反面、被害者も、事件事故を呼ぶ姓名ですと、当然、加害者の行為を受けてしまうのです。
 このように加害者は、心の中は復讐心に燃えていても、それをジッと我慢し、やがて諦める抑制心=理性が働く天格「9・5」系列の人もいますが、この事件の場合はどうでしょうか?

被害者「冨田 真由」天格21・地格10・総格31
(「真=10」)(「由=5」)
この姓名は、「1」のダブリで、1つのことに”凝り性”で、芸能関係への傾注は出来ていますが、その成功度合は天格「9・5」系列の次ぐらいです。そして”事件事故”の遭遇を避ける運気も、天格「21」であり、その中に「真=10」を含んでいますので、「不運な”事件事故”に遭遇」する可能性が高くなります。そして、この「由」という止め字と、「冨・田・由」の3ヵ所に「田」があるので違和感があり、ますます運気がダウンしてきます。
 要するに、女性タレントやアイドルの芸名は、「絵に描いたような優雅さ」が求められるのです。

加害者「岩埼 宏」天格12・地格18・総格30
      (「友=4」)(「宏=7」)
この姓名は「2・8・0」と”偶数”ばかりであり、「9・5・1」が1ヵ所もないので、”弱運”で”苦労性”ですよ。そのうえ、天格12の”事件事故”を呼ぶ数の中に、「友=4」を含んでいますし、地格18の中に「宏=7」を含んでいますので、「偶数・弱運・苦労性・4/7タイプ」を総合して判断しますと、「マイナス志向でキレやすい行為になる」ことが判断できるのです。
 「ともひろ」と言う”賢い音感”は良いのですが、この「友」の字体が運気を下げています。ご両親は「なぜ、可愛いわが児に”友”という字体で名付けたのでしょうか?・・・疑問?」です。
 仮に、「隆宏(たかひろ)」で名付けていたら、「岩埼 隆宏」天格19・地格18・総格37 となり、”昇順数”になりますよ。
 わずか、1字違い「友⇒隆」で人生180度の好転で、幸運の人となり、今回のような傷害事件などは、全くカケラも生じていなかったのですよ。
 仮に、彼が”昇順数”であり、この事件がなかったとすれば、「27歳の青年と20歳の女性」・・・楽しい生涯が待っていたかも・・・? それが”運命?”というものでしょう。
たまたま、被害者も加害者も、赤ちゃんの名づけの時点で、親子とも”運気”がなかったのです。

必読!苗字1字目「5」画に、名頭「12」画はタブー!
[第2646回](小吉)・・・5月21日(大凶)

『 可愛いわが児に、「最高の名づけ」をプレゼント・・・?
 でも、このプレゼントは、本人の生涯だけに影響あるのではない。社会に貢献する「偉人・賢人・名君」となるか? それとも「犯罪者・加害者、或いは逆に”被害者”」になるのか?・・・全ての社会的な影響が、赤ちゃんの名づけの時点で決定されるのです。そんなこと信じられないかも? でも、過去の事件事故から、このブログで実証してきましたね。 』

 今から8年前の平成20年6月8日に発生した「秋葉原通り魔事件」(7人が死亡、10人が重軽傷)を記憶していますね。
 その際、本当に恵まれない”不運”に転職を繰り返し、とうとう自分の”不運”にキレた結果の”通り魔事件!”なのです。そして、ついに死刑が確定した事件です。これらの大事件が「加藤 智大(ともひろ)」という名づけに原因したとは・・・、日本中の誰も気付いていなかったのですよ。

 さて、昨日のニュース。
 まだ、20歳という成人になったばかりで、これから人生が始まるとも言える年齢で、「東京JR武蔵小金井駅の券売機から、売上金1300万円の窃盗!」との事件であり、冒頭の「無差別殺人事件」の重大性の違いはありますが、一番問題なのは、非常に類似の”恵まれない運気にキレやすい性格”が、「田中 智也」という名づけから、推定されるのです。これ以上の重大事件を起こさないよう更生して欲しいのですが、非常に類似の名づけなので、将来心配しています。

 実に可哀想ですよ。私見を述べるなら、”加藤”という苗字に「智大」は不適! そして、”田中”という苗字には「智也」は同じく不適!なのです。
 そのどちらも、赤ちゃんの名づけの時点で、本人はもちろん、ご両親も私説「天命数霊術」などご存じない! 偶然に「智大・智也」と名付けられた「全く、”偶然の不運”!」・・・本当に可哀相ですよ。

「加藤 ”智大”」天格17・地格21・総格28
「田中 ”智也”」天格17・地格7・総格24

 どうですか、二人とも天格「17」のキレやすい性格ですね。
それに、この二人とも「智大=12・3」と「智也=12・3」と、同じ「智」と同じ3画の「大と也」で、非常に類似した名づけでしたので、比較してみたのです。
  もちろん、罪状の重大さ(無差別殺人と窃盗)は、全く異なり、年齢も25歳と20歳の違いが影響しているとは思いますが、「運気がない名づけ」・・・特に同じ5画の「加と田」が共通した苗字への注意点として、本日のブログとしました。
 いいですか、法曹界も犯罪心理学者など司法従事者は、日本初の「天命数霊術」の効用には、全く気付いていないとは・・・?
 犯罪や事件事故を減少させるためにも、ぜひとも「天命数霊術」の普及が急がれるのですよ。

必読!「吉」と「光」で、火災に関係する殺害死!
[第2645](大吉)・・・5月19日(最大吉)

『 不思議なのです!「光」や「輝」が付く名づけの男性・・・何歳になっても、不思議に自宅火災の”焼死”が多いですよ。あの有名なマンガ家「横山 光輝」さんも、寝煙草が原因で自宅火災になり”69歳”で焼死。
 「光」や「輝」は、太陽ではなく、”燃える火”が語意なのです。
 そのためもあり、今日のニュースから、65歳になる「吉田 光男」さんも天格12の”殺害死”の後、自宅火災で”光”の字体から”焼死”かも? 』

 かって、「鉄人28号」や「三国志」など沢山の遺稿がある有名な漫画家「横山 光輝」さんが、東京・豊島区千早の自宅で火事に見舞われ、全身火傷を負って意識不明の重体となり、平成16年に69歳で焼死。出火原因は”寝煙草”の不始末で、数年前に足を骨折した後遺症のため逃げ遅れたということです。
 この横山さんは、”火”が燃える「光・輝」の字体・・・そのとおり”焼死”となるとは、姓名は不思議な因縁がありますでしょう。

 さて、昨日のニュース。
『 18日、盛岡市で起きた殺人・放火事件で、殺害された男性と男性の”弟”の間には「遺産をめぐるトラブル」があったことがわかりました。
 この事件は、18日午前3時半ごろ、盛岡市の無職「吉田 光男」さん(65)の住宅で火事があり、吉田さんの遺体と身元不明の遺体が見つかったものです。
 警察によりますと、吉田さんと事件後連絡が取れなくなっている吉田さんの弟の間には過去に「遺産をめぐるトラブル」があり、警察は事件との関連を調べています。また、これまでの調べで吉田さんは「鋭利な刃物と斧」のようなもので殺害された可能性が高いこともわかっています。
 事件があった吉田さんの住宅では、19日も現場検証が行われています。警察は19日、焼け跡から見つかった別の遺体の司法解剖を行い、身元の特定を進めることにしています。』(19日11:34)

なんだか、不思議でしょう。「吉田 光男」さんは、”事件事故”を呼ぶ「天格12」に「光」(火が燃えている状態)の”火災”が起きやすく、”焼死”の可能性も多くなる名づけになっていますよ。

「吉田 男」(天格12・地格12・総格24


この姓名は、天格12から”事件事故”を呼びますが、その死因は「光」の語意から、”住宅・火災焼死”の可能性が、何歳になっても、その可能性があります。この同姓同名にも、まだお若く将来性がある「大学助教授」がおられますが、”賢い才能”と”焼死の可能性”とは、別次元の判断です。 

翌日20日のニュースでは、
『 焼け跡からは男性とみられる遺体が見つかりましたが、警察は19日、歯の治療痕から、遺体は吉田さんの弟「吉田 幸男」さん(60)であると確認しました。幸男さんは、別の火事のあった盛岡市大新町の火元の部屋に暮らしていました。兄弟の間では、母親の遺産をめぐるトラブルがあり、裁判の結果、弟の幸男さんに約1150万円の支払いが命じられていました。警察は、幸男さんが事件に関わっているとみて調べています。』(20日05:07)

 兄弟が立派に成長して、お互いに助け合うように、60〜65年前、ご両親は愛情一杯で「兄は”光男”、弟は”幸男”がいいだろう・・・」と名付けられました。「光輝くような男に・・・」と、そして「幸せ一杯の男に・・・」のご両親の希望とは逆になり、遺産を巡ってのトラブルが絶えず、遂に兄弟間で訴訟事件や殺傷放火事件にまで発展・・・天国でのご両親のお気持ちは如何ばかりか・・・? 

弟「吉田 男」天格14・地格12・総格26


  全て”偶数”で「2・4・6」タイプは、本当に”苦労性”で、そのうえ”意”のままにならないと、「キレやすい天格14(=7×2)」の画数配列、そして「幸」の語源が”囚人”の字体(詳細は「漢和辞典」で確認のこと)で「逆に”不幸”を呼ぶ字体」あることに、60年前当時に気付くことなく、名付けられたと想像できます。
  要するに、ご両親も「幸男」さんも悪いのではなく、60年前当時では、私の「天命数霊術」も開発されておらず、親子とも”不運!”だったのです。

 このように、「ご両親の”愛情”と子どもの”運気”」とは別問題であること、この事件からでも、実証できますね。

 いいですか、どんなに愛情を持って名付けても、「光男」や「幸男」では、兄弟ケンカが絶えない「不幸を背負った人生」だったこと・・・、天国におられるご両親には”お気の毒”ですし、兄弟は”可哀想”ですよ。偶然に名付けられても、神仏に知らんプリされる不平等な人生・・・?
  せめて、兄弟とも天国に昇り、ご両親に面会されたら、「神仏の加護があるよう”改名”したことをお伝えされたら、いかがでしょう! 運気が良い日本人が増えれば、それだけ日本は発展しますよ!」と、ご両親にお伝え願います。

必読!遥かな思い出!「俊彦」という優秀な先輩!
[第2644回](小凶)・・・5月16日(小吉)

『 不思議ですよ。通常、賢い男児には「秀・英・龍・憲・・・」の字体に縁がありますが、もっと賢い頭脳明晰の男児には、昔から「俊」の字体を見ると、「とても賢い方ですね・・・」と判断していますが、ほぼ間違いありません。現在でも、「俊」の字体の男性には、大学教授などが多いですよ。本当に不思議なのです! 
例えば、「俊彦」という男性は、そんなに努力しなくても、小中学生の頃から、成績抜群であった思い出があります。
 それは、私が小学3年生の時で、3年先輩ですから当時6年生の男児でした。ですから、今から68年前(終戦後の昭和22年)のことです。』

 実は、今日のニュースで、
『・・・1昨年の事件、フィリピンのマニラで山梨県韮崎市の鳥羽信介さんが銃で撃たれて殺害されたもので、警察は先週、鳥羽さんの知人の「岩間 俊彦」容疑者ら男女4人を殺人の疑いで逮捕・・・』
という記事を読んだ時、「あっ、この俊彦という容疑者、”悪”に傾いたが、とても頭がいいぞ!」(「俊=9」は頭は良いが、この事件のように「キレやすい性格で加害者4・7タイプ」になることとは別!)と思い、はるか68年前の昭和22年のちょうど5月ごろの下関市(関釜連絡船がある港)の思い出です。

 「どうですか? 終戦でメチャクチャになっても、この反物は、ある山中の穴倉に隠していた上物ですよ。1丹でも良いから、”この息子を養うため”に買って下さいよ!」と、その行商の父親(ガッチリした体格・後日に柔道5段と判明)が、大風呂敷から玄関に広げて、私の母親に盛んに売り込んでいました。
 その頃は、現在のようなデパートやスーパーなど、マトモな商店もなく、ヤミ市ばかりの他、行商屋がひしめいていました。「天ぷらやカマボコを背負った行商屋・・・焼き芋〜、焼き芋〜と叫んでいる行商・・・など、まあ、次から次への行商屋!」、こんな行商屋が往来を通るだけではなく、厚かましくも玄関から入ってくるのです。
 それを、「ハイ、そうですか、と購入していては、こちらが破産します。」
 母親は、小柄でしたが、気ばかりは強く、強面の行商屋でも追い返していました。しかし、母親は真言宗のお寺育ちでしたので、”情にもろく”て「本当に困っている餓死寸前の親子連れの乞食には、逆に食べ物を与え、小遣まで渡していたことは再三ありました。」
 さて、前述の反物屋・・・通常の行商では追い返すのに、「まあ、お掛けなさい。そこの坊(ぼん)も掛けなさい。」と言って、先ほど、焼けたばかりの「さつまいも」を「さあ、お食べ!」と、一つずつあげました。
 気丈な母親が、ここまで親切にする理由・・・「この息子を養うため・・・」の一言が、母親の心を動かしたようでした。
 それから、その行商の父子の身の上話が始まりました。
「実は、昨年の秋に満州のハルピンから引き揚げましたが、その途中で暴徒の集団に出会い、女房と娘はさらわれて行方知れずです。私とこの息子は命からがらで、引き揚げて来ました。その道すがら、まだ小学5年生のこの息子が支那語(中国語)で通訳してくれたり、現地の異国民への注意書きを読んでくれたので、どうにか無事に帰国できたのです。ハルピンでは日本人学校でしたが、いつの間に支那語を覚えたのか?・・・それに、宿を提供してくれた親切な民家に、小学生がいると、すぐに親しく勉強を観ていたので、3〜4日も引き止められて逗留したこともありました。・・・」
と聞いて、母親は「うちの息子にも、勉強を観てくださいよ。」と言って、反物を2丹購入した様子が、今も目に浮かぶようです。
 それから、数回、その父子家庭にお邪魔した思い出があります。でも、その翌年の春、東京の親戚を頼りに、東京の新制中学に進学して行き、ソレキリ便りは途絶えまして、「今では80歳になるが、現在でも元気だろうか?・・・」と「小原 俊彦」と検索しても、医大教授などがおられるが、みなさんお若く、80歳の「旧知人の小原 俊彦」氏は見当たらない。

「小原 俊彦天格12(「俊=9」を含む)・地格19・総格31

小学5年生で、母親と実姉と離別し、生涯父子家庭だったのでしょう、”苦労性”の天格12ですが、「俊=9」と地格19から、抜群の成績優秀だったようです。そのうえ、総格31が几帳面な性格で紳士風なイケメンであることが、想像できるのですよ。・・・本当に懐かしい思い出ですよ。
  約70年近い歳月が、「”俊彦”という人は、賢い人だった」という思い出ばかり・・・。目を瞑ると、2人の小学生のままの姿に、自然に涙がでます。
 本当に「俊」という字体がある姓名は、”賢い方ですね・・・”と判断しても、殆ど間違いがない”不思議な字体”(ただし、キレやすい性格・社会運・家庭運・金運などは、別判断!)ですよ。
 みなさんも、お忘れなく記憶していてください。

必読!”短命”との関係?「愛」を”ら”とは読めない!
[第2643回](小吉)・・・5月15日(大吉)

『 「ニワトリが先か、卵が先か?」の時代になりつつあります。言い換えれば、「短命が先か?キラキラね〜むが先か?」が少子化日本の現状! この原因、「音(呼び名)から選ぶ名づけ本」が非常に多くなっているからです。言い換えれば「人の迷惑を考えない良識を失った若夫婦が多い現状」が、子どもを短命にしているのですよ。』

 今や、「キラキラね〜む」は、安倍総理が北海道講演の折、話題に出したこともあり、現在、社会問題化しています。
 この現状である「DQNね〜む」から「キラキラね〜む」に移行したのは、およそ10年来だと(10年前から、地元山陽新聞・日曜版の推移)感じています。
 この原因は、 屐媛察匹ら名付ける本」の編集が多いこと ◆峭餾櫺修膨麺僂垢詭召鼎泳棔廚諒埆犬多いこと、「ゆとり教育の弊害」から、日本語レベルが低くなっていること・・・、さらにた佑北堆任砲けるなど配慮しない”勝手主義フアン”が多いこと、ネ名人・タレントのお子さんの名づけをマネするなど、多方面の影響があり、「”キラキラね〜む”は、ニワトリが先か、卵が先か?」が、現状ですよ。

 さて、昨日のTBSニュース。
『 14日午後7時前、福岡・八女市の星野川に、小学1年「國松 想愛(そら)」ちゃん(6)が流されました。警察と消防で川を捜索しましたが、辺りが暗いうえ、川の水が濁っていたために午後11時前に一旦捜索を打ち切りました。
 15日午前6時から捜索を再開し、午前8時前に100メートルほど下流で、想愛ちゃんが沈んでいるのが見つかり、その後、死亡が確認されました。
 警察によりますと、想愛ちゃんは現場近くの親族の家を訪れていて、親族と3人で川で遊んでいたところ誤って転落したとみられています。現場の川は、川幅がおよそ10メートル、水深は深い所で6メートルほどあるということです。』(15日11:32)

 現在、5月中旬で日没が遅くなったとは言え、薄暗くなりつつある午後7時前まで、川遊びをさせる保護者の軽率さもありますが、それでも「川に転落して、水死するのは、子ども自身の”運”」が大きく左右します。
 運が良い子は、川に転落しないし、転落しても奇跡的に助かるのですよ。
 そこに、「國松 想愛(そら)」ちゃんの”運”が左右し、この「愛」を”ら”と、一体、誰が読んでくれるでしょうか?
 愛情を持って名付けたいなら、最近の間違いやセンスが低い「名づけ本」を盲信してはいけませんよ。図書館でも行き、「漢和辞典」3冊ぐらいで「愛」の字体を”ら”と読めるのか、どうか?ぐらい確認する労力を惜しんではいけません。
 
「國松 想」天格24・地格21・総格45

先ず、画数配列を観ますと、「奇数:偶数=2:1 」であり、しかも天格24で偶数でも割り切れる数が多いため協調性があるので、画数のみでは「賢くて、温厚な女児!」という判断になります。しかし、一番問題なのは「家族さえ読めれば良い。人が読めようが読めまいが、人の迷惑(とくに学級担任)など、そんなことは知らないよ!」と言う”勝手主義”が、運気が悪い”天命”を神仏が与えたと推定されます。しかし、本当に”いい迷惑”なのは、読めないキラキラネームを名づけられた「想愛(そら)」ちゃんなのですよ。
 折角、人間界に生を受けても、この世に僅か6年間の生存のみとは・・・しかも新1年生で楽しい新学期が始まったばかり・・・!? 仮に、良識あるご両親から名付けたベストの名づけであったなら、少なくとも平均寿命80〜90歳まで生存し、楽しいことを沢山経験できたのに・・・。
「愛」を読めない”ら”?と名付けられたばかりに・・・不運だったのです。
「想愛(そら)」ちゃんは、少しも悪くはないのです。楽しいことは天国で一杯経験してください。今度は八女市の「”星”野川」ではなく、”天空”の「天の川遊び」もできますよ。・・・そのうち、私も天国に行きますから合いましょうね。

(お知らせ)
天命数霊術 動画」と検索してご覧ください。現在は「入門編」ですが、順次、応用編まで進んできます。

必読!ご馳走も、3食同じ献立なら、飽きますよ!
[第2642回](大凶)・・・5月14日(小凶)

『 今日も、非常に珍しい「のぎへん」のトリプルタイプの姓名・・・「穂積  稔」さんという姓名、どのように感じますか? 一般の名づけには、成長して行く「植物系の糸へん・木へん・のぎへん」の字体は、とても運気が良いのですが、これとて、同じ”編(へん)”が3回続くと、3食同じ献立の食事のように「もう、イヤ〜」になるでしょう。ご自分の”のぎへん”が3個続く姓名を87歳まで見続け、やがて”事件事故”を呼ぶ74歳の高齢者からひき逃げされて、惨い(むごい)交通事故死とは・・・? お気の毒です。やはり高齢者は、天国・極楽からお迎えが来て、安らかに同行(”自然死”)するのが、幸せなのです。
 もし、同じ”みのる”の呼び名ですと、「稔」ではなく、「實」という”うかんむり”の字体でしたら、キッとご神仏とご先祖の加護があり、100歳以上もお元気だったのでは・・・? 
 わずか、1字が人生を決めるのは、高齢者になっても影響がありますよ。 』

昨日のTBSニュース。
 『 千葉・館山市で、原付バイクを運転していた男性が軽自動車にひき逃げされ死亡する事件があり、警察は13日朝、軽乗用車を運転していた74歳の男を逮捕しました。
 過失運転傷害とひき逃げの疑いで逮捕されたのは、千葉県鋸南町に住む自称・無職「中山 征雄」容疑者(74)であり、12日正午すぎ、原付バイクに乗った南房総市の無職「穂積 稔」さん(87)を軽乗用車ではねて死亡させたうえ、そのまま逃走した疑いが持たれています。』
 警察によりますと、中山容疑者の車の前を走っていた車の運転手が事件を目撃。およそ600メートル離れた路上で中山容疑者を取り押さえたということです。また、中山容疑者は、館山市内の教習所で高齢者教習を受けた帰りだったということです。
 取り調べに対し、中山容疑者は、「事故を起こして逃げたのは間違いない。大した事故ではないと思った」と容疑を認めているということで、警察が詳しく調べています。』(13日09:29)

 「天格2系列の加害者」と、「同じ編・旁(つくり)が並ぶ被害者」の姓名との組み合わせ・・・、やはり違和感あれば、そこに事故を呼ぶのです。

加害者「中山 征雄」天格12・地格15・総格27
この「2・5・7」パターンのほか、「5・2・7」「7・5・2」「5・7・2」の4つのパターンは、”気ままで、キレやすい性格”なので、加害者になる可能性が高いと、投稿済です。このタイプの方は、やはり改名していた方が良いですよ。

被害者「穂積 稔」天格28・地格16・総格44
この姓名の一字一字は、とても運気が良い字体で、特に「のぎへん」は、植物が成長するような運気が見られます。でも、いくらご馳走でも、3食続けば飽きてしまうように、「のぎへん」が連続すると、違和感が起り、この姓名を子どもの時から、87年間も見たり、書き続けていますと、画数も”偶数”ばかりから、とくに精神的な健康運がダウンして来るのでは・・・?
そのうえ、「穂積 稔」ですと、風水上の左右分かれの「天斬殺」! ある日、突然のこと”事件事故”でバッサリ・・・!の運命になります。
 ですから、同じ「偏・旁」が続く、たとえば「植村」とか「湯浅」さんのような苗字では、名付けには特に留意してください。

さて、同じ「みのる」さんでも、「穂積」姓であれば、「實=14」の字体が適性であり、これなら100歳以上の長寿であり、交通事故など遭遇せず、自然死も期待できたのでは・・・?

「穂積 」天格29・地格16・総格45
どうですか、僅か1字違いの「實(みのる)」にすれば、「9・5」タイプのベストの姓名になります。すると、前記の「稔(みのる)」さんの画数配列に”天と地”の違いがありますでしょう。この姓名であれば、事件事故も遭遇することなく、100歳以上の長寿が期待できると思います。

(お知らせ)
「動画」が出来ていますので、「望月岳陽 動画」で検索してご覧ください。現在は「入門編」ですが、「初めて知ること多い」ですよ。例えば「龍と竜の違い」や「龍の爪・・・何本」(龍の置物;中国製?日本製?)でしょうか?
 なお、「望月岳陽」のみの検索では、「2ちゃんねる(反対説?)」で、私のことボロカスに言っていますので、念のため・・・。

必読!2文字名が”逆”!運気が良くない”降順数”!
[第2641回](大吉)・・・5月13日(小吉)

『 かっての日本のサッカーを、世界のサッカーにした功績の「宮本 恒靖」氏や現役サッカーの代表「香川真司」選手などは、”昇順数”(7⇒8⇒9)のお蔭なのです。
これに対して、今日の傷害事件・・・の容疑者は、運気に恵まれない”降順数”(3⇒2⇒1)の事件ですよ。同じ男児に生まれ育っても、その運気に「天と地」の違いがあります。
 なんども言いますが、「”運気”に恵まれず、”苦労”する人」は、犯罪心理学者が主張するような”遺伝”や”育ちの環境・境遇”の影響ではありません。 世の中の約8割が、「姓名による運気」が左右することを、肝に銘じてください。
 その実証は、日本中の「五剖式姓名判断」では、判断ヵ所が5ヵ所と多いため、矛盾した判断になりやすく、現在の日本で証明できる説は、私説の「天命数霊術」しかありません。
 今日の事件は、容疑者本人の姓名が、”降順数”により運気が下降した結果であり、赤ちゃんの時の名づけの「運気に恵まれなかった結果!」なのですよ。』

 本日のTBSニュース
『 大阪・吹田市のアパートで、今年3月、16歳の長女への傷害容疑で逮捕された無職の父親「白土 憲昭」容疑者(42)の自宅から、このたび、衣装ケースに入った乳児とみられる遺体が見つかりました。
 遺体は死後1年以上が経過し、白骨化していて、白土容疑者には、30代の妻と長女を含め9人の子どもがいたということです。
 妻は見つかった乳児の遺体について、「ミルクを飲まなかったので病院に連れて行こうとしたが、出産して数日後に亡くなった」と話していますが、警察は死体遺棄事件として捜査しています。』(13日05:21)

 さて、この容疑者は、9人の子どもがいる「働き盛りの42歳の男性」・・・無職とは? 相当の資産収入でもあれば無職の方もいますが、一般の家庭では、通常の給与収入があっても、9人の子どもの養育だけでも大変だと思います。
 仮に一般家庭だとすれば、この「白土」容疑者は、非常に”苦労性”ですね。この境遇では、イライラも溜まりますよ。
 では、なぜこれだけの苦労をしたうえ、長女への傷害事件で逮捕されたら、益々子どもたちの生活がピンチになります。
 この原因は、白土容疑者の”恵まれない姓名”からですよ。

「白土 憲昭」天格21・地格12・総格33

この名づけ、本来はとても運気が良い「憲=16」と「昭=9」の字体で名付けられていますが、「白土」姓には全く”不適合”なのです。
 なぜなら、この画数配列は、人生が次第に開運になる「7⇒8⇒9」の”昇順数”とは全く逆の「3⇒2⇒1」になる”降順数”であるからです。
 
 この「昇順数」と「降順数」との違いは、怖いくらい運気に「天と地」との違いがあります。
 例えば、サッカー業界で記憶にありますのは、日本のサッカーを世界レベルに貢献した「宮本 恒靖」氏の”昇順数”「天格19・地格18・総格37」の姓名と、現在、日本を代表する「香川 真司」選手の”昇順数”「天格19・地格8・総格27」と言う、いずれも下1桁「7⇒8⇒9」の画数配列になっていますでしょう。

 ところで、気の毒なほどの”苦労性!”を、180度の開運にするためには、”通称名”から”改名”への道も必要ですが、一番簡単な方法は、「憲」と「昭」の字体を逆転させれば、運気も「”逆転”開運」しますよ。

「白土 昭憲」天格14・地格19・総格33

どうですか、この姓名であれば、天格14の中には「昭=9」を含んでいますので、地格19のベストとともに、”重心”が止め字「憲」にある安定感の姓名になり、「”逆転”開運」の姓名になります。
 わずか、「憲」と「昭」の名づけを、逆にしただけで、”開運の家庭”を築いて行けるのです・・・。もちろん、イライラもなくなり、家族への傷害事件も無くなりますよ。
この「憲昭」で思い出すのは、かってのヤクルト・楽天で名内野手であった「岩村 明憲」選手の”明憲”・・・どうですか、止め字を「憲」にすれば、”重心”が下にあり、安定感がありますでしょう。

必読!お気の毒!珍しい「0・0・0」系列の姓名で事故死!
[第2640](大凶)・・・5月11日(大吉)

『 「おめでとう!男の児で良かったね。」と、33年前に祝福され、成長を期待されて、喜びの中で、愛情一杯で「正明」と名付けたご両親・・・。
 ところが、33歳になったある日、会社から「工事現場で亡くなりました」との一報。私にも同年代の息子がいますので、このような事故死の連絡を受けた「ご両親の驚きと悲しみ」は如何ばかりか・・・?と、同情を禁じ得ません。
 このような悲劇を齎すのは、悪魔ではなく、なんと33年前に名付けた”姓名”の運気が、大事な息子さんを若くして”天国”に招いたのです。
 実に、神仏は無情にも、「”姓名”の吉凶?」で”親子”を引き離すのです。それだけに、「赤ちゃんの名づけ」には、”ベストの運気”が必要ですよ。』

 この世には、職場で「偶然の”凶気”」が、命を奪うこともあります。
 1昨日のTBSニュース。
『 東京・江東区の工事現場で、重さ1.3トンのコンクリート片が落下し、作業員が死亡しました。
 9日午後2時ごろ、江東区にある水門の耐震補強の工事現場で、クレーンで持ち上げられた重さおよそ1.3トンのコンクリート片が十数メートル落下しました。この事故で、作業員「石塚 正明」さん(33)が死亡したほか、17歳の少年も軽いけがをしました。調べによりますと、クレーンのボルトが外れてコンクリート片が落下したとみられ、警視庁が事故の原因を詳しく調べています。』(09日21:
07)

先ず、この工事の作業員を観ましょう。

「石塚 正明」天格10・地格20・総格30

この画数配列は、大変珍しい「ゼロのダブリ」タイプです。
 今までに、例えばノーベル賞受賞者を思い出しても、「9」のダブリの「湯川秀樹」博士や「5」のダブリの「田中耕一」氏などがおられましたが、「ゼロ」のダブリは全て「ゼロ」と言う”偶数”ですから、何事にも”作用”せず”成功”することも少なく、やがては”病気”か、”事故”を受けやすい運命になる非常に「損をするタイプ」です。
 このような名づけを、33年前にご両親の”限りない愛情”を受けて、「石塚」姓に「正明」と、偶然に名付けられた”親子の不運”!本当にお気の毒です。
 ですから、市販されている「赤ちゃん名付け本」の多くは、「パパ・ママの最初のプレゼント!愛情一杯に名付ければ、幸せを呼ぶこと間違いありません!」と、無責任な記載が多いですね。
 それなら、この世に乳幼児の虐待死や事故死、そして心臓移植で2〜3億円の募金活動して海外に行く児・・・、そして成人に成長しても、生死と隣合せの”危険な仕事”に就職した宿命、社会貢献の尊い仕事ですが、わが児がそんな境遇になり、33歳で労働災害死に直面する人もいます。
 これでも、「赤ちゃん名付け本」に記載している「ご両親の愛情が一番大事です・・・」という無責任な記載が多いですよ。

 子どもの運気は、親の愛情とは殆ど関係ないのです。
 現在でこそ、戦災孤児はいませんが、当時では戦災・交通孤児や捨て子などで、乳児院・養護施設に引き取られ、施設で名付けされた乳幼児でも、「児童福祉に関する行政監察」の調査結果では、運気が良い子は高校卒で道路工事などの手伝いしながら、大学2部(夜間)を卒業して司法試験に合格して、検判事や弁護士になった方は、当時では珍しくありませんでした。
 
 逆に、親の愛情で「野口 清作」と名付けられ、囲炉裏で手を大火傷・・・、二十歳になり「英世」と改名して、千円札の肖像にもなっている「野口英世」医学博士。そして、ご両親が愛情もを持って名付けた「鈴木 末七」さん、成人して「松平 健」さんの芸名・・・現在の俳優大御所になりましたね。
 
 要するに、「親の愛情」と「子どもの運気」とは関係ないのです。
 ですから、「天命数霊術」の5大要件に適合すれば、「親は居ずでも、子は育つ!」であり、生涯幸せな人生を送れます。でも、今日の実例のように、「0・0・0」タイプでは、偶然とは言え、親の愛情とは関係なく、33歳の短命となりますよ。 

必読!"事件事故"を呼ぶ天格2系列、また4件発生!
[第2639回](大吉)・・・5月10日(大凶)

『 毎日〜毎日、”事件事故”の絶えることなし! その原因が、姓名の天格2系列が、男女老若に関係なし・・・ほど、”事件事故”が襲ってきます。あなたのご家族に天格2系列の有無を、至急再確認した方が良いですよ。本当に畳の上では死ねない可能性が非常に高いのです。
 ここ2〜3日に報道された「4件」(天格22の事例)を紹介しましょう。』

≪実例 1≫・・・医師でも「危険ドラッグ」輸入!
『 慶応義塾大学病院に勤める医師の男が、法律で規制されている指定薬物を含む「危険ドラッグ」を密輸したとして逮捕されました。
 逮捕されたのは、慶応義塾大学病院の麻酔科の医師「藍 公明」容疑者(49)です。藍容疑者は去年9月、法律で規制されている指定薬物の成分を含む「危険ドラッグ」の小瓶10本を、イギリスから国際郵便で密輸した疑いがもたれています。
 警察の取り調べに対し、藍容疑者は、「自分で使うためにインターネットで注文して輸入したのは間違いないが、違法なものだとは知らなかった」と供述しているということです。
 警察は、藍容疑者が日常的に「危険ドラッグ」を使用していたとみて調べています。』(10日10:54)

 「藍 公明」天格22・地格8・総格30

≪実例 2≫・・・林道から車の転落死!
『 10日午前6時半ごろ、足利市の林道で、男性3人が乗ったワゴン車がハンドル操作を誤り、林道から転落しました。ワゴン車は山の斜面で傾いた状態で止まりましたが、ワゴン車から脱出する際に、男性1人が足を滑らせ、およそ5メートル下の沢に落ちたということです。
 落ちたのは群馬県安中市の無職「森下 勉」さん(36)で、病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。』

「森下 勉」天格22・地格3・総格25

≪実例 3≫・・・病気の夫を苦に、妻が殺害!
『 8日未明、青森県十和田市で、就寝中の夫の首を絞めて殺害したとして、57歳の保育士の妻が殺人の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、十和田市に在住の「寺沢 良子」容疑者(57)は、8日午前1時半ごろ、自宅の寝室で寝ていた夫の「寺沢 繁美」さん(63)の首を電気コードで絞めて殺害した容疑を認めているということです。
 寺沢容疑者の勤務する保育園によりますと、寺沢容疑者は日頃から夫の病気について悩んでいたそうです。』

夫(被害者)「寺沢 繁美」天格22・地格16・総格38

≪実例 4≫・・・86歳の高齢でも、事故死!
『 1日午後3時40分ごろ、朝霞市仲町1丁目の道路に面した花壇に座っていた「蕪木(かぶらぎ)芳子」さん(86)が乗用車にはねられ、病院に搬送されたが間もなく死亡しました。
 朝霞署は同日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、車を運転していた無職「原田 友江」容疑者(68)を現行犯逮捕し、容疑を同致死に切り替え、事故原因を調べている。
 原田容疑者は、エンジンを掛けたままブレーキを踏み停車中、車が前進したことで慌ててブレーキを踏み直そうとしたが、誤ってアクセルを踏んだという。原田容疑者は知人と待ち合わせ中だったとのこと。』

被害者「蕪木 芳子」天格22・地格7・総格29

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 どうですか、このブログでも、過去の”事件事故”の犠牲者は、天格2系列の姓名が多い(加害者は「4・7」タイプが多い)こと、もう相当数を実証しましたね。要するに、「赤ちゃんの名づけ」では、絶対に天格を「0・2」系列や「4・7」系列にしてはいけません。それだけでも、世の中の”事件事故件数”は減少し、社会貢献になりますよ。

必読!「家康」(元康を改名)は、天格25で安定政権!
[第2638回](中吉)・・・5月9日(最大吉)

『 「5」系列は、「”神亀”の中心」にあり、周囲から信用・信頼を受けて、資産を築く”安定数”です。そのため、「源 頼朝」や「足利 尊氏」の天格「9」系列に比べ、「川 家康」(旧字「=15」)の長期政権と子孫繁栄は、天格「5」系列の賜物だったのです。この「5」の効用は、戦後の長期政権だった「吉田 茂」総理の天格「5」系列(旧字「茂=9」)もその傾向があり、現在、日本でトップクラスの資産家「孫 正義」氏も、天格「5」系列ですね。
 ですから、長期安定と子孫繁栄を願うには、「5」系列も「9」系列とともに”幸運”を呼ぶ数ですよ。』

 「歴史上の人物であれば”旧字体!”と、安易に思考しては間違いの元!」です。以前のブログで新字体「恵=10」は、旧字体では「惠=12」ですが、奈良・平安時代では使用されず、現在と同じ「恵=10」を使用されていたこと、国宝「弘法大師の書跡」から証明しましたね。
 昨日も、市立図書館に行き、現在の「徳=14」の字体は、旧字体では「=15」ですが、「川 家康」の””の歴史について、調査してきました。
 すると、次のことが判明しました。
 やはり、運が良いことに、「松平 竹千代」⇒「松平 元康」⇒「川 家康」と改名して行きましたが、「松平」姓の時は今川氏への人質で大変な苦労をしました。それから「川」姓に改め、名乗りも今川家の「元」を捨て、「家」に変更して「家康」と名乗り、「天格25・地格14・総格39」 とベストの配列になったのが幸運でした。
 そのため「川」家は、有史以来の「武家政治の長期安定」と、現在までも続く「(松平家を含めた)子孫繁栄」は、「=15」の1字が大きく寄与したのですよ。
 現在では、「徳=14」ですが、「=15」はいつの時代から・・・?
 これを、市立図書館で奈良・平安時代から江戸時代までの「国宝・重文」の書跡から、調べてきました。
すると、次のことが判明しました。
 「徳=14」(現在と同様)は、奈良〜室町(南北朝)の間に使用されていましたが、南北朝時代(1387年)の記録がある「(重文)華厳塔重建勧縁琉」(義堂周信著)には、「=15」の字体が初めて使用された書跡が判明しました。
 ですから、この時代から17世紀まで使用されて来た「=15」の効用で、永禄9年(1567年)「松平 元康」から「川 家康」に改名したことで、「天格25・地格14・総格39」となり、江戸幕府(1603年〜)以降、約265年の長期政権を維持できたほか、現在まで「松平」家を含めて、子孫繁栄を維持しています。
 もし、仮に「徳=14」が17世紀初頭の江戸時代まで、続いていたとしたら、「徳川 家康」は「天格24・地格14・総格38」となり、すべて”偶数”の弱運となりますから、徳川時代は或いは短期政権で歴史は塗り換えられていたかも・・・知れません。
 どうですか、僅か1字・・・しかも「旧字体か、新字体なのか?」の違いにより、日本の歴史は大きく塗り替えられたと思いますよ。

 それほど大きな影響を受けますので、個人の生涯の運気には、「旧字体」或いは「新字体」の使用の有無は、慎重にすべきですよ。
 そして、その使用により、天格「5」系列となった歴史上の偉人は数知れず」、例えば「吉田 茂(旧;9画)」は、「5」系列のダブリで、戦後の総理として長期政権であり、「田中 耕一」氏も「5」系列のダブリで、ノーベル賞受賞・・・そして、現在では日本トップクラスの資産家「孫 正義」氏(ソフトバンクグループ創業者)も天格「5」系列など、「9」系列に負けないパワーがある数ですよ。
 ですから、あなたのお子さんの名づけ・・・「5」の効用も、決して忘れないで下さいよ。

(お願い)
 最近、またPCメールの件名欄には「はじめまして・・・」が若干みられますが、間違って消去したこともありますので、必ず「都道府県名+苗字」を記載して頂くようお願いしています。(これは、迷惑メールや売り込みメールと間違いやすいので、ぜひ、お忘れなく記載してください。) 
※PCメール;info@gakuyo951.jp
(お急ぎの方は、テレでも結構です。090-9065-3019 望月岳陽)

必読!疑問?卓越した知能を持つ「9」を”小吉”と判断!?
[第2637回](小吉)・・・5月8日(中吉)

『 知的障害のお子さんを持つ保護者にとって、「頭脳明晰」のお子さんのこと、どんなに羨望され、少しでも回復して欲しいと、希望の毎日でしょう。
 ところが、「”9”画は、頭脳明晰で卓越した人が多い」と判断しながら、「9」を小吉としている最近の名づけ本があります。遠慮がちな説ですね。従来の”大凶”説に義理があるのか、”小吉”程度の判断・・・!?
 私が現役時代、当時、厚生省・文部省所管の担当が多くて、「障害者福祉行政に関する行政監察」を3回実施した経験があります。その際、「皆さんと同じ学校に行き友達ができれば・・・どんなに、子どもも喜ぶことでしょう!」と、保護者のお母さん方は、涙ながらに訴えておられたこと、今でも目に浮かぶようです。
 この状況を理解すれば、「9」を持つ”頭脳明晰”の人がいたら、”大吉!”と判断しなければ、幸運の女神に申し訳けないですよ。 』

 どこのご家庭でも、子どもがお腹にいる時から「どうか、”健康”で”賢く”、そして”性格”の良い子に生まれて来てね。」と、3つのお願いをするのが、一般家庭ですね。
 ところが、乳児の病には「先天性心臓病や産後の黄疸」など、一般的なものもありますが、お気の毒にも先天性「低酸素性虚血性脳症」などによる知的障害を持つ児として誕生するケースもあります。健康で誕生するか否か?は、結局”運”が左右します。
 ですから、「健康に誕生して、賢い児になり、しかも成人して”技術・研究分野で卓越した人”になる」と言う判断であれば、「9」は小吉ではなく、大吉と判断しても良いのではないですか?
 従来の名づけ本は、「9・19は、(根拠もなく)大凶!」と、大正時代から現在まで判断されて来ましたので、その遠慮があるのか、日大法卒の「A・T」氏の著書には、次のように「9」は”小吉”!と判断されています。
 私説の「天命数霊術」は、”最大吉数”で”天子の数”、東洋哲学・仏教哲学からも「”9”は神聖なる数!」(公式ホームページ参照)と古代から伝承されて来た数ですよ。「9」は、”小吉”程度の中途半端な数ではないのです。
 A・T氏の著書「女の子の名前事典」では、「9」について次のように判断されています。
『「9」△(小吉)「技術、研究分野で卓越した人が多い画数です。感性や感覚が鋭く、直感力があり、頭脳明晰で学問に秀でます。しかし、相手の何気ない発言に対して、クヨクヨ考える面があり、ストレスが溜まりやすいでしょう。事故などに注意が必要な画数でもあります。順調に発展しているときこそ、気を引き締めて慎重に行動することが大事。』(なお、この説は、「5」を”◎大吉”と判断。)
と判断され、前半は私説の応援団のよう・・・。でも、後半は、どの数でも共通の注意事項であり、これをもって、大吉を遠慮して小吉にされることはない・・・と、私は思っています。

 私の昔からの知人宅で、400年以上も続いた豪商の旧家があります。ところが、約半世紀前、そこの長男が先天性の脳障害で、生涯、養護学校から障害者授産施設で暮らし、次男が家督を継ぎました。しかし、母親は長男が養護学校(現在の特別支援学校)にいる時から、「長男が不憫でなりません。普通の能力でいいので、一般の学校に通学し、仲の良い友達ができたら、どんなに親子は幸せか判りません。多く、贅沢なことは望みません・・・。」と涙ながら話されていたことを思い出します。
 その境遇から観ますと、前掲の「頭脳明晰で学問に秀でています」のであれば、「9」は最大の吉数ですよ。
 私の現役当時は、監察では「厚生省・文部省の所管」が多くて、「障害者福祉に関する行政監察」で、保護者のご意見・要望を伺った時のお気の毒な様子が目に浮かぶようです。・・・神仏は、人間を不平等に創造していますね。
「健康で、賢い児」なのか、「障害を持つ児」なのか? それは遺伝でもなく、資産の有無など、全く関係ありません。全て”運”ですよ。
 その運は、胎児のころからの”天命”なのです。その天命を好転させるのが、日本初の「天命数霊術」ですよ・・・!

必読!呆れた名づけ新刊本!日本人の姓名;総格1画の人いませんよ!
[第2636回](小吉)・・・5月7日(小吉)

『 5月5日に本屋に新刊本(「名付け本」)を探しに行きましたら、相変わらず驚きの”欠陥本?!”がありましたので、購入して帰りました。これが食品であれば、髪の毛1本混入していても全国から回収しますが、「たまごクラブ特別編集」の「赤ちゃんのしあわせ名前事典」(新刊本の226ページ)には驚きましたよ。
 なんと、日本人1億2千万人ですが、姓名の総格1画の人が存在しますか?それでも、巻頭に記載されている「約3万件のデータから、画数別に編集とは・・・」? 驚きです。当然、著者の責任もありますが、1流の出版社編集部が、こんな基本的なミスを見逃しているとは・・・?! 』

冒頭記載の新刊本(2015.12.31発行;編者・たまごクラブ)の226ページ。
「 総格1の判断;年を重ねるにつれて、人間的に完成していきます。常に前向きに生きていける人です。・・・(人格1・外格1は省略)」
との記載。全く、根拠がないヘタな作文ですよ。姓名判断のレベルが呆れるほど低いですね。(私説の「1」の根拠;古代中国夏王朝「洛書;後天八卦図(神亀の図)」の”尾(1)”の位置。「人の”1”の機能」=「神亀の”尾”の機能」なのです。)
 呆れましたね。総格1画の人?・・・とは、現世にいない”幽霊”?が「人間的に、前向きに生きていける?・・・」ことなんでしょうか?

 「日本人の姓名=苗字+個人名」は、小学生でも知っていますよ。それが、どうして1流企業の「ベネッセ・たまごクラブ編集部」(顧問;女性姓名判断師)が、チエックすることもなく、姓名の総格1画の判断を掲載しているのでしょうか?
 日本人1億2千万人のうち、総格1画の人いましたら、一目お会いしたいですね。ぜひ紹介してください!
 日本人の姓名は、最少画数でも「苗字1画+個人名1画=2画」になります。例えば、「乙(おつ)一(はじめ)」のような姓名が考えられ、これでも総格2画です。それに、従来の五剖式ですから、2文字を加える人格も外格も2画以上になりますよ。
 それが、総格・人格・外格も、なんと1画の判断を投稿している不思議・・・? 巻頭に記載している「約3万件のデータから・・・」(同書19ページ)という総論も虚偽記載になります。
 ですから、根拠もない「作文?」で、吉凶判断の記載をしていることになりますよ。大事な赤ちゃんの生涯を決定付ける「名付け本」の記載は、非常に社会的責任が重いのです。先日のアメリカの「氷が多い冷コーヒーで、5億円訴訟」に比較すれば、「赤ちゃんの名づけ本」で虚偽記載があれば、有能な日本人を失う膨大な損害・・・冷コーヒーの”氷”で損害5億円どころではありませんよ!

 それに、現在の「赤ちゃんの名づけ本」ですから、昔の武家のように「大久保 彦左衛門忠教」のような名づけはしないのですから、現実に存在しない70〜81画の判断も作文ですね。「総格」はまだ良いにしても、2文字のみ加える「人格・外格」は、50画以上は全く根拠がなく、実在しない姓名の判断を記載していることに・・・、全国でこの著書を購入された皆さんは気付きましたか?  最近の三菱自動車のように有名な企業・・・必ずしも有能な商品・製品ではないことに、再認識してくださいよ。
 ブランド製品・・・必ずしも、有益ではないものもありますので、ご自分が成長しなければ、つい、騙されますよ。

(お知らせ)
  門下生が作成の「動画」を検索して、ご覧下さい。

「 天命数霊術 入門編 - YouTube 」
( https://www.youtube.com/watch?v=cQCBUh3bwnc )

必読!「天格2」系列の事故死!年齢も善行も関係ない!
[第2635回](大吉)・・・5月6日(小吉)

『 連休中の事故事件、やはり多いですね。もう皆さんも「天命数霊術」を心得られたと思いますので、ニュースで報道された姓名をご自分で判断できますね。すると、どうでしょう。加害者・被害者になる分かれ目は、年齢や善行に関係なく、姓名の天格が「4・7」系列なら加害者、天格「2」系列であれば被害者となる実例が多い傾向が判りますでしょう。
 この実証は、”日本中”の姓名判断師が採用している「五剖式姓名判断」ではできませんよ。非常に簡潔に判断できる「天命数霊術」だからこそ・・・です。』

 毎年のことですが、連休中の”事故事件”多いですね。
 これらの加害者も被害者も、「今年一年、無事に過ごせますように・・・」と、正月の神社参り、節分の厄払い・・・などしても、神様は「そんなこと、どうにもならないよ。地震や交通事故などで死を迎えても、それはあなたの”姓名の影響”には、よろずの神もお手上げだよ。堪忍してくれ・・・」と、神殿の中から聞こえてくるようです。

 過去のブログでも、「もう勘弁してくれ!」と言われるほど、事件事故の加害者・被害者の実例を紹介してきましたね。
 今日は、連休中の「被害者」について実証しましょう。
≪実例1≫
『 福島県大熊町の常盤自動車道で、4日午後8時40分ごろ、乗用車と大型バスが正面衝突しました。
 この事故で乗用車を運転していた中国国籍の女性「秦 丹丹」さん(33)と秦さんの長女で小学1年生「熊田 京佳」さん(6)が死亡しました。また、大型バスの乗客と乗員、41人全員が病院に運ばれ、このうち少なくとも32人がけがをしました。秦さん親子は観光で出かけた宮城県から帰る途中でした。
 バス会社によりますと、バスの運転手は「上り車線を走っていた乗用車が下り車線にはみ出し、正面衝突した」と話しています。』(05日03:35)

 私の著書は平成元年から、このブログは2007年約9年前から公式ホームページやブログで「天命数霊術」を紹介して、「天格(苗字と名前の1字目どおしの画数)」を絶対に「2」系列にしないで・・・!と訴えてきましたが、可愛い盛りの6歳女児が次のとおり、天格22の姓名のため交通事故死となりました。

「熊田 京佳」天格22・地格13・総格35

どうですか、とても性格が良く、賢いお子さんですが、”生命力”は別問題です。この運命は、神仏の加護でもお手上げのものです。それほど”2”系列という「分離分裂の宿命にある”数霊”!」には、叶わないのです。
 それは、次の事故のように、神様のために奉仕活動していても、「ごめんね。”神力”でも、”数霊”には敵わないのだよ・・・」と、お声が聞こえてくるようです。

≪実例2≫
『 勇壮な祭りとして知られる長野県の諏訪大社の御柱祭で、氏子の男性が境内に建てられた柱から転落し、意識不明の重体となっています。
 午後4時半ごろ、諏訪市の諏訪大社上社で、垂直に建てられた高さ17mの柱から男性が転落しました。警察によりますと、転落したのは市内の自営業で氏子の「日下部 幸寛」さん(41)で、頭などを強く打って病院に運ばれましたが、意識不明の重体です。
 5日は、境内に御柱を建てる「建て御柱」が行われていましたが、日下部さんは”片付けの際”に転落したということです。』(05日21:55)

 毎年のように、全国の”神事”で犠牲者が出ています。神様への奉仕活動でも善行でも、「姓名の吉凶」が原因の”事件事故”が生じていますよ。
「日下部寛」天格12・地格16・補格11・総格39

この方も、とても人柄が良くて賢い方ですよ。
 そして、この5文字の列・・・止め字に「寛=13」を使用しているので、”重心”が下にあり、形には安定感があります。でも、「御柱から転落して重傷!」という災難は、「天格12」と逆に不幸を齎す「幸」の字体が原因なのです。
 ですから、どんなに人望があり、神事のお世話をしていても、神力で数霊を吉方に誘導することができないほど、数霊「2」系列の凶相は避けられないですよ。

≪実例3≫
『 5日午後、福島県内の山林にグライダーが墜落し、操縦していた仙台市の男性が死亡しました。 グライダーが墜落したのは福島県三春町の山林で、5日午後2時すぎ、近くの住民から「飛行機が落ちたようだ」と警察に通報がありました。
 「すごい音。ドスーンっていうような」(近所の人)
 この事故で、グライダーを操縦していた仙台市の会社員「高森 晴樹」さん(43)が死亡しました。 国の運輸安全委員会は6日、調査官を現地に派遣し、事故の詳しい原因を調べる方針です。』(06日04:05)

 このグライダー操縦は、仕事なのか、レジャーなのか、不明ですが、登山遭難と同様、仮にレジャーでの事故とすれば「自己責任」ですが、それでも働き盛りの43歳の男性が死亡することは、ご遺族・勤務先への影響、引いては国家の損失なのです。この事故死の原因が、姓名に原因があるとしたら、国の運輸安全委員会だって判りませんよ。
「高森 晴樹」天格22・地格28・総格50

どうですか、何歳になっても、ある日、突然のこと事故死になる運命は、 全て”偶数”であり、しかも天格が”22 "には、「晴=12」を含んでいますので、より凶相になります!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
 以上≪実例1≫〜≪実例3≫のように、殆どの事故事件は「天命数霊術」による解明で、判断ができます。しかも、日本中の説に比較して、簡単明瞭でしょう。

必読!3大むかし話;「桃太郎」「浦島太郎」「金太郎」!
[第2634回](小凶)・・・5月5日(大吉)

『 今日は、親子だれでも知っている「子どもの日」、昔は「端午の節句」で男児の成長を祝う日(女児は「ひなまつり」)だったのです。男児ですから、”鯉のぼり”が空高く泳ぐ・・・その謂れは、中国故事「魚龍変化」(平凡な男児でも、龍のような立派に成長する願い)ですが、日本独自の”男児成長への願い”は、「桃太郎・浦島太郎・金太郎」の3大むかし話に暗示されています。
 ・・・一口で言えば、男児は成長して大人になっても、「正義・恩義・強健」を忘れないようという教え・・・、特に政治家など、”3大むかし話”を忘れ、実行しない人多いですね。』

 子どもに夢を与える「銀河鉄道999」や「ドラえもん」も良いですが、日本古代から伝承されてきた「日本3大むかし話」・・・ぜひ、「こどもの日」を機会に「絵本」を読んであげましょう。
 昨年の1月から、テレビのCMで「桃太郎・金太郎・浦島太郎という昔話の3大キャラクター」を現代風に描いています。出演するのは、松田翔太さん(桃太郎)、濱田岳さん(金太郎)、桐谷健太さん(浦島太郎)という人気若手俳優3人ですが、これらの昔ばなしが、何を暗示しているのかを、理解している人は少ないでしょうね。
 
 この昔ばなしの”教え”を知っている人も少ないのですが、「こいのぼり」の”由来”を理解している若い年齢層も少ないですね。
 昨日は朝から晴天・・・愛犬の「コタロー」(ポメラニアン種)を連れて、近くの公園まで散歩。1昨日の大雨で取り入れていた「鯉のぼり」を、5〜6歳ぐらいの男児と一緒に、長さ2mぐらいの「鯉のぼり」をセットしている若い父親。
 その男の子は、「鯉のぼり」より「コタロー」に関心があるのか、「可愛い、毛がふさふさ・・・」などと撫でてくれ、「コタロー」は尾を振り満足している様子。
 ところで、その父親が手を休めた時、「なぜ、魚が空を泳いでいるのか、ご存じですか?」と尋ねましたが、「”おかしなこと”だとは思っていましたが、なぜか深く思っていませんでした。」とのこと。おそらく、全国の若い子持ちのご夫婦でも、ご存じの方は少ないでしょうね。
 この鯉のぼりは、古代中国からの故事「魚龍変化」から、子どもの成長を願うもの・・・「魚のような平凡な男児から、空高く昇る龍のように成長して欲しい」という願望の意図があるのですと、簡単に説明しておきました。
 ですから、私に命名・改名の依頼があった際には、風水願望の「昇運命名色紙額」に、男児の場合は「和気吉祥 魚龍変化」と”金文字”で入魂しますから、「健康で賢く、性格の良い男児」に成長するパワーが感じられ、不思議なことにそのように成長されるのです。

 さて、本論が後回しになりましたが、テレビやゲーム機などがなかっつた時代では、幼児の寝物語に「桃太郎・浦島太郎・金太郎」の絵本を、繰り返し繰り返し母親が読んでくれましたので、その筋書きはイヤというほど覚えて成長したものです。
 私が住んでいる岡山県南部は、全国一の「桃」の産地で、先月初旬には一面ピンク色の桃畑には感動しました。そして春には、桃太郎伝説の「国宝・吉備津神社」への観光客も多いですよ。
 ところで、日本むかし話の絵本を読み聞かせが少なくなり、男児が成長して大人になっても、良い意味での「武士道精神」を持つ政治家なども、本当に少なくなりましたねぇ〜。失言しては「撤回します・・・」という無責任な政治家の多いこと・・・。
 「桃太郎」伝説の”正義・勇気・統率力・寛容の精神”、「浦島太郎」伝説の”命の大切さ・恩義恩情”を説き、「金太郎」伝説の”健康・武勇・出世”を願うように、幼児の時から理解しやすい言葉に置き換えられた素晴らしい日本文化・武士道精神にも通じる教えなのですよ。
この3大むかし話から、ネーミングとして教えられることがありますね。
 同じ「太郎」という名づけでも、苗字に相当する「桃・浦島・金」が異なれば、生涯の「パワーと運気」が異なることも教えているのですよ。
 ですから、日本中の説のように「個人名を地格」にして、それを20歳(30歳までという少数説あり)までの”幼年運”としている説が、明らかに間違いの説だと言えるのです。
 同じ「太郎」さんでも、財閥に生まれた「麻生 ”太郎”」副総理と、画家だった「(故)岡本 ”太郎”」さんの幼年運が同じだったと言う判断・・・明らかに間違いであることは、「3大むかし話」が教えていることに気付いて欲しいですね。人の運気というものは、苗字が異なれば、ピンキリの違いがあることに気付いていない姓名判断師の多いこと!

 最近のテレビCMに、次々に「桃太郎・浦島太郎・金太郎」を登場させているのは歓迎することですが、本来の男児教育とはかけ離れて、意図が難解のCMが多くなりましたね。でも、営利企業のCMですから、やむを得ないでしょうが、皆さんのご家庭では、男児女児に拘らず、昔から伝承されてきた「日本むかし話」の絵本で、寝付かれるようにして上げてください。
 きっと、生涯「人の道」を忘れない偉人・賢人・名人に成長されることでしょう。「こどもの日」に、あなたのお子さんの成長を願うため、こんなことも再考されたら如何ですか・・・?

必読!愛情があっても、「4・7」タイプで名付けしてはいけない!
[第2633回](中吉)・・・5月2日(大凶)

『 わが児がどんなに可愛くても、天格「4・7」タイプや「0・2」タイプに名付けてはいけませんよ。今日は、特に”キレやすい”「4・7」タイプの事件で実証しましょう。』

  つい、1週間前、『 必読!優雅な「佳峰」という名でも、「池谷」姓には不適!』[第2629回]4月24日の事件を再読下さい。
「池谷」姓の長男が「佳峰」と名付けられ31歳に成長したが、母親ら家族3人を殺害、父親に重傷を負わせて逮捕される悲劇が生じました。いいですか、「池谷 佳峰」天格14・地格17・総格31 のとおり、典型的なキレやすい性格の「4・7」タイプでしょう。
 この青年でも、親の愛情を受けて、喜びの中で名付けられた「赤ちゃんの名づけ」だったのですよ。
  決して、「親の愛情=子の幸運」ではないこと。シッカリ心得てください。
 
 さて、今日のTBSニュース。先日と類似、「20歳の息子、父親を殺人未遂!」という事件。
『 5月1日午前、埼玉県鴻巣市の住宅で、20歳の大学生の男が、口論の末に、父親を包丁で切りつけたとして逮捕されました。
 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、鴻巣市に住む大学生「中村 倫平(りんぺい)」容疑者(20)で、1日午前11時半頃、自宅のリビングで、53歳の父親を包丁で切りつけ、殺害しようとした疑いがもたれています。父親は、両腕を切られるなどして重傷です。
 中村容疑者は、父親と姉の3人暮らしで、当時、父親と生活態度などについて話し合っていたところ、口論に発展し、切りつけたということです。取り調べに対し、中村容疑者は「俺がやった」などと容疑を認めているということです。』(01日23:16)

 どうですか、この20歳の青年も、生まれた時は家族の喜びの中で、特にご両親は「愛情を持って、幸せになる願いを込めて、”倫平(りんぺい)”」と名付けられたと思います。

「中村 倫平」天格14・地格12・総格26

  この画数配列を観ますと、全て”偶数”であり、特にキレやすい天格14(7×2)に、気ままな性格が地格12であり、そのうえ、特に男性には”弱運”の総格26・・・など、本当に恵まれない「倫平」という名づけ。
  
 一方、市販されている「赤ちゃんの名づけ本」には、「名付けは、パパ・ママの最初のプレゼント・・・、愛情を込めて名づければ、キッと幸せになります・・・」との趣旨で書いてある本が多いですよ。ところが、この表現は現実的ではなく、無責任な表現をしている姓名判断師が多いのです。
 いいですか、「愛情を込める=運気が良く、両親を大事に・・・」とは、全くと言うほど、「愛情と運気」とは関係ない!・・・ですよ。

 逆に言えば、天格「9・5」タイプで、「天命数霊術」の5大要件に適合した名づけであれば、「孤児(みなしご)・継子(ままこ)・捨て子」であっても、里親が仕方なく名付けても、立派な青年に成長します。
 いいですか、「赤ちゃんの名づけ本」にあるように、「パパ・ママが愛情もって名付けた子ども」が立派に成長するなら、この世に毎日のように報道される「乳幼児の交通事故死・焼死・病死・・・」などは有り得ないことになります。

 なぜなら、現在の日本は平和ですから、戦災孤児もなく、捨て子なども稀れですから、実の父母が愛情持って名付けられた子どもは、99.9 %だと思います。ところが、毎日のように事件事故が報道されています。
・・・これは「子どもの運気は、親の愛情に関係ない!」と言えるのですよ。

  今日の20歳の青年・・・20年前、ご両親が愛情もって「人の道に外れない正しい人になって欲しい・・・」と、愛情もって名付けても、その20年後には「父親を理性もなく、包丁で両腕を切り付けて、重傷・・・!」という現実。
 この青年も、「すぐに、キレやすい性格になる」のを、不思議に思いながらも、その改善策に気付かない・・・。
 まさか、”キレやすい”「4・7」タイプに名付けられているなど、本人もご両親も気付いていないのです。要するに、20年前、親子とも”運気”に恵まれなかった結果の「殺人未遂罪」なのです。
 そうです。もし、「罪深い人を出せ!」と言われれば、人を不公平にした「神仏」が責任を負うのが、それこそ「倫平(りんぺい)の道」に叶うのでは・・・? そうでなければ、「倫平」くんが可哀相ですよ。人生は始まったばかりの二十歳ですのに・・・。

必読!門下生から「天命数霊術」の”動画”をプレゼント!?
[第2632回](小吉)・・・5月1日(大吉)

★★★日本初の姓名判断「天命数霊術」の
初代宗家望月岳陽からお知らせ!★★★


動画(YouTube)★出来上がる!
 元気だ!と自負しても、歳を感じましたよ。父親の33回忌で京都西山霊園に向かうため、岡山〜大阪駅を高速バス・阪急梅田〜京都桂を阪急電車で往復した車窓の景色!すっかり変化して、現世に戻った”浦島太郎”のようでした。 大学時代から公務員勇退の約36年間は京阪神で生活していましたし、公務で方々に調査に出かけて、かなりの地域を承知していた自負が、年月の経過とともに「都市(とし)」も「歳(とし)」も変化するものですね。

ところで、最近流行の「動画」・・・「天命数霊術」のブログから、基本的な部分を作製した”動画”を、和歌山県在住の門下生からプレゼントして頂きましたので、皆さん、「お気に入り」に追加してから、ご覧になってください。
 もちろん、閲覧は無料で会員制にはなっていませんが、「天命数霊術」のブログや動画の普及方の協力をお願いします。 』

「天命数霊術 入門編 - YouTube 」
( https://www.youtube.com/watch?v=cQCBUh3bwnc )


(追 記)
  今春も、私の「天命数霊術による”名づけや改名”」による効果が見られたのか、東大文1、東京芸大、お茶の水女子大、京大法、阪大医学部、九大歯学部、早稲田大政経、関西大法、近畿大医学部など合格され、元気に新学期を迎えたお礼のメールを沢山頂いています。

必読!放漫な「舛添知事」を選出したのは都民の責任!
[第2631回](大吉)・・・4月28日(中吉)

『 「豪華な海外出張に、私的な公用車使用」など、舛添知事は都民の公僕を忘れ、大名どころか、将軍気取り・・・。でも、そんな人物だと、見抜けなかった都民の責任! 同じ知事の大阪府知事の質素な公務旅行基準、そして”行政改革推進の国の役所”近畿(2府5県)全体を統括する近畿管区行政監察局長(指定職・国家公務員)は、官用車は公務使用に限られており、一般のサラリーマンと同様、満員電車で揉まれて通勤していましたよ。局長専用車であっても、公務優先で職員が共用使用していました。
 しかし、住民公選の知事業務については地方自治であり、国の機関でも口出しできないのです。都民の選挙や都議会により、改善して行くしかありませんね。 公選知事でも、真の人柄を見抜けず、TV出演していた有名人という人気で投票するので、失敗するのです。』

[★★★東京都の舛添要一知事(66)の場合、昨年2月の就任以来、6回の海外出張で5カ国を訪問し、その費用は1億5600万円に達した。1回あたり2500万円以上の計算になる。]とか、また、[別荘への送迎は、年400万円の経費]とか!
 舛添知事の豪華な公務出張・私的な公用車使用など、マスコミで大きく採りあげて、その具体的な内容は、ニュースを読まれたと思いますので省略します。(大阪府知事・大阪市長との比較も、橋下元知事が公表。)
 
 今日のブログは、国の機関の長、それも”行政改革”推進の役所:近畿2府5県(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・福井・和歌山)を統括監察する「総理府;近畿管区行政監察局長」と比較すれば、いかに都知事は傲慢な態度であるのか理解できます。でも、国の機関は、憲法により、地方自治体の固有事務については、口出しできないのです。ただ、このブログでは、私の体験話のみを皆さんに紹介しましょう。

 私の体験上、思い出話です。私はちょうど半世紀前(50年前)に、上記の近畿管区行政監察局に新任職員として採用され、半年の研修を受けて、奈良行政監察局に配属されました。その当時、地方の局長専用車が1台ありましたが、仕事は課長(監察官)クラス以下の若手職員が、県下の公共交通では不便な市町村役場での調査や山間僻地の現地調査など、効率良く巡回調査するために使用していました。

 それから2年後に、上部機関の「近畿管区行政監察局」の調整係長に栄転しました。調整係長とは、字の如し”局全体の連絡調整”と”局内幹部会の調整(世話役)”を体験しましたので、約50年経過した現在でも良く記憶しています。
 当時から、「無駄省き、効率良い、民主的な日本」に先導するため「行政改革を推進する役所」でした。
 でも、あくまで国の役所ですから、国の委任事務や国庫補助事業についてであり、地方自治体の固有事務には、憲法により口出しできません。
 ですから、公選知事や地方議会については、都道府県民の選挙により、改善して行くしか、方法がないのです。
 
 さて、私が調整係長の頃は、近畿全体(2府5県)を統括する役所でしたので、管区局長・第1部長・第2部長の3台の専用車がありましたが、やがて質素・倹約のため、部長専用車2台を廃止し、局長専用車1台のみになりました。
 ところが、この局長専用車も、公務員宿舎までの送迎も、通勤ラッシュ時の交通渋滞を少しでも避けるため止め、知事より上部ランク付の管区局長でも、サラリーマンと同様にラッシュに押され、「通勤電車のつり革」にぶら下がって通勤していましたよ。ですから、局長専用車は局全体の業務のために使用され、当時、私のような係長クラスでも、公務のためなら、官用車(運転手付)で効率良く使用していました。
 それから私が、京都合同庁舎を管理する総務室長として栄転した際、京都府知事と同格な京都行政監察局長と丹後方面に随行出張しましたが、局長も1泊2食付1万2000千円程度の宿泊費でしたよ。高額な旅費を持つ外務省の職員とは異なり、一般の国家公務員は、先ず、安い宿泊費(1泊2食8千円程度)の「共済保養所」を利用するのが常識でした。
 ところが、保養所がない地方の宿泊では、安価な旅館などの宿泊ですが、偶々地元の祭りで満員状態の時、宿泊費が2〜3倍もするホテルに宿泊しても、出張旅費で足が出た1〜2万円(約35年前)は、公務出張でも”自腹!”負担だった思い出もあります。
 このような公僕精神で、国民の税金で旅費・宿泊費などを支出していました。
 一般の公務員は、このような質素・倹約で公務出張をしているのが通常でした。しかし、最近、兵庫県会議員のような”城崎温泉のカラ出張”は、公選による「国会”議員”や地方”議員”」は、まだまだ贅沢や無駄は多い実例の一つと思いますよ。もっと、人柄の本質を見極めた投票しなければいけませんよ。

 こんな状況のなか、舛添知事は”大名”どころか、”将軍”のような尊大で放漫な公費の支出、公用車の私的利用には、都民の公僕として失格であり、このような人物を、TVに出演していた”有名人”という判断だけで選出した都民の責任でもあるのです。(天皇でさえ、公私のけじめを付けておられ、御料車は公的使用に限り、私的なテニス場などの往復は、皇室私有財産から購入したマイカーです。)
 本当に、どんな人物であるのか、「天命数霊術」で判断すれば、判断できますでしょう・・・。
「舛添 要一」天格15・地格12・総格27

どうですか、天格15で対外的には都知事として成功しますが、その人柄は地格12の”気ままな性格”で、総格27の”自己主張が強くキレやすい人格”から、「成功者であっても、名君としての素養がない人」だと判断できます。
それに、この4文字の配列を観てください。「6・11★・9・1」ですから、”重心★”が名より「上部の苗字」にありますので、非常に”不安定な運勢”になって行くことが予想されます。
ですから、僅か「郎=9」を増やして、
舛添 要一郎」と改名すれば、重心が下になり、安定した都政が送れる”名君”になることが期待できるのです。
「天命数霊術」が普及すれば、選挙の際の人物選考基準にもできる”不思議な説”ですよ・・・。

必読!優雅な「佳峰」という名でも、「池谷」姓には不適!
[第2629回](大吉)・・・4月24日(小吉)

『 親の愛情を受けて、喜びの中で名付けられた「赤ちゃんの名づけ」!
  でも、その長男が31歳になって、母親ら3人を殺害、父親に重傷を負わせて逮捕されるという悲劇が生じました。この事件の原因も「”姓名”の運気(吉凶)」で実証できますよ。
 非常に怖いですよ。「佳峰」という優雅な名づけでも、苗字次第で”苦労性”で”家族殺害”に及ぶ。そして、その家は父親の「勝」の字体で、繁栄から一挙に”お家断絶!?”になる可能性があります。』

浜松で「長男が家族4人を殺傷した事件」が生じました。
  昨日の中日新聞から、概要を観ますと、
『 二十二日午前三時十分ごろ、浜松市北区三幸町の飲食店経営「池谷(いけや)久勝」さん(60)から、「長男が自分を刺した。家族は死んでいるようだ」と一一〇番があった。細江署員が池谷さん宅に駆け付けると、女性三人が倒れており、死亡が確認された。久勝さんの長男で、ベアリング製造のNTN磐田製作所社員「池谷佳峰(よしたか)」容疑者(31)を北西に約五キロ離れた路上で発見。久勝さんを刺したことを認めたため、署は殺人未遂の疑いで逮捕した。県警は三人の殺害にも関与したとみている。・・・捜査関係者によると、佳峰容疑者は「仕事や家族にむしゃくしゃして刺した」と容疑を認めている。以前、佳峰容疑者は「同僚にいじめられており仕事を辞めたい」と家族に漏らした時期があり、なだめられて最近は翻意して勤務していた。・・・(以下、省略)』
  
( 突然、私事ですが、実は、私の亡父親の33回忌のため、今日から27日までの4日間、大阪の息子の家に外泊し、京都の西山霊園に法要に出かけます。そのため、28日までブログは更新できません。その間、過去のブログをシッカリ再読していてください。なぜ、「勝」の字体が絶家になるほどの”凶運”の字体なのか? 歴史的実証を記載しています。・・・今日の投稿は、2つの凶運(父親の「勝」と長男の「名づけ」)から、大変にお気の毒な事件を紹介しました。
 いいですか、最愛の子どもでも、名付けを失敗すると、絶家するような境遇になるのです。このことは、司法官憲も法律学・犯罪心理学の専門教授も、まさか「姓名が原因!」とは、気付いていないのです。・・・過去のブログ;[第773回][第936回][第1629回][第2270回]を検索して再読。 )


 この事件は、私にも同年代の息子(教職員)がいますので、「池谷」家の境遇なども良く理解できます。幸い息子は、毎日が多忙で、現在の職に生き甲斐を感じていますので、ホッとしていますが、これがこの事件の長男のように「仕事に恵まれない”苦労性”の境遇」には、本当にお気の毒に思います。

 さて、この「池谷」家は、”谷”を”や”と読みますので、ご先祖も関東・東海地方のご出身(”たに”と読めば、西日本。)でしょう。でも、今回のこの事件で、池谷家の衰退が”名づけ”に原因があるとは・・・?
 皆さん、信じられないでしょう。
”秧討「久勝」という名づけで、「9・19」タイプでベストの画数配列ですが、絶家に多い戦国武将の名づけ”勝”の字体を使用。(例えば、戦国時代の尼子氏は「尼子 勝久」の代で絶家。また、「武田勝頼」「柴田勝家」「豊臣秀勝」「水谷勝美」「松倉勝家」などが絶家。)
長男の「佳峰(よしたか)」というとても優雅で品格がある”雅号”のような名づけですが、「池谷」姓では「4・7」タイプの”自己主張が強くで、キレやすい”性格が、主たる原因。

★父親「池谷 久」天格9・地格19・総格28
画数配列は「9・19」で、本来であれば知徳運にも恵まれベストの運気ですが、「勝」の1字で不運な家系になりました。全く、お気の毒です。
★長男「池谷 佳峰」天格14・地格17・総格31
  画数配列が、典型的な「4・7」タイプですので、”自己主張”が強く、”キレ”やすい性格ですし、天格14(7×2)のため、理性心・抑制心がない”協調性”に欠けるので、職場でも人気がないのです。そのために、”苦労性”の境遇になりました。

  以上のように、赤ちゃんの名づけが、生涯の運勢・・・いや先祖からの家系の繁栄にも、大きく影響してきます。
  このように、一見、品格がある名づけでも、姓名の良否があるのですから、最近の「キラキラね〜む」で満足していたら、子どもが成人になって、非常に怖い運命になる可能性があります。
  私も”喜寿”の高齢になりましたので、何時かは、黄泉の世界に逝き、下界を眺めたとき、「わぁ〜、”天命数霊術”で名付けた結果で、日本が繁栄しているねぇ〜」と思われるような世の中になって欲しいですね。
( 私が命名・改名した方の「風水祈願色紙額」(2種)は、吉日(9・5・1系列の日)の”夜明け”に墨書し、”理気”を9回吹き込みしたもので、「天命数霊術」の”初代宗家”の書跡として千年でも残り、ご当家の子孫繁栄を祈願したものです。私が没しても、その色紙額のみは子孫繁栄のために、大事に保管していてください。)

必読!男児名は、”重心”を下げて名づけ!
[第2628回](中吉)・・・4月22日(大凶)

『 ちょうど2年前の「韓国旅客船が転覆した事故」を記憶していますか?この転覆の原因の一つ・・・客室を上部に増築し、”重心”が上がったことに、私は注目したのです。なぜ?なら、「重心の位置」は、日本人の姓名は4文字姓名が多く、縦書きにすると、”重心”の位置が判ります。
 この重心の位置により、その人の「生命に係わる運気」の判断ができるのです。 これも、日本初の「天命数霊術」が開発した”秘伝”です。』

 現在からちょうど2年前;2014年4月16日に韓国大型旅客船が転覆して、修学旅行生が多数亡くなった事件を、皆さん記憶していますか?
 その転覆の原因は、過積載などもありますが、私が注目したのは、「客室増築による”重心の位置”?」が、上部に移動したことが大きな原因の一つだと、当時のニュースや専門教授の見解が忘れないのです。
 「慶尚(キョンサン)大学のアン・ヨンス教授(海洋科学)」は「船の上部に船室がある旅客船は、そうでなくとも漁船より重心が高い」として「そこへさらに増設すれば船が不安定になりかねない」との見解が、姓名判断に非常に参考になるのです。

 さて、昨日のTBSニュース、
『 埼玉県加須市で20日、自転車に乗っていた小学3年の男の子がトラックにはねられ死亡する事故があり、警察はひき逃げの疑いで近くに住む48歳の男を逮捕しました。
 逮捕されたのは、加須市に住む農業「柿沼 正」容疑者(48)で、20日午後3時ごろ、自転車に乗っていた市内の小学3年生「十鳥 優希」くん(8)をトラックではねて死亡させたうえ、そのまま逃走したひき逃げの疑いが持たれています。・・・・(省略)』(21日09:13)
 

この交通事故の加害者・被害者の画数配列を観てみましょう。

加害者「柿沼  正」天格14・地格8・総格22
   画数(柿=9★沼=8・正=5)の配列で、重心★は”苗字”の中心にあり、”個人名”にはない不安定な運気!

被害者「十鳥 優希」天格19・地格18・総格37
   本来は、”昇順数”でとても賢く運気が良い配列です。しかし、問題なのは、画数(十=2・鳥=11・★優=17・希=7)の配列で、全体の重心は個人名にありますが、さらに個人名の「優・希」の2文字を観ますと、重心は「優=17」にあり、画数が10画も少ない「希=7」が、3文字(30画)全体の止め字になっている不安定さが、”事故事件”に遭遇する運命になる場合があるのです。

 これに対して、重心が”止め字”まで下がっている実例では、「竹中 平蔵」氏(慶大教授・元総務大臣)ですが、昨日の「永野 竜太郎」プロゴルファーの重心は「郎」の1字で下がり、全体5文字が安定感が出るので、運気も上昇して行きます。
 ですから、仮に逆の「希優」(形のみの例)という名づけであれば、姓名全体の重心も下がり、安定感があり、しかも天格9画ですから、このような交通事故にも遭遇していなかったのでは・・・?
 本当に、赤ちゃんの名づけの時点で、生涯の運気は運命付けられるとは・・・、不思議な「天命数霊術」でしょう・・・?

(追記)昨日のニュースから、
『 ★警部補でも、「魔が差した!」のか? 天格12で”事件事故”を呼び、事件捜査で訪れた住宅から現金200万円を盗んだとして、窃盗の疑いで逮捕されました。
 逮捕されたのは、兵庫県警捜査一課の警部補「山下 洋司」容疑者(49)で、今年3月下旬、兵庫県播磨町の住宅で住人の男性が死亡した事案で検視官の補助として立ち会っていたということです。』

 この姓名は、重心の問題ではなく、「天格12」と「洋」の語源からの不運な姓名が、警部補でも”魔が差した”のです。
 今日の”重心”とともに、姓名の運気が人生を大きく変化させるので、わが児に愛情があるなら、「9」系列が”最大吉数”である「天命数霊術」の5大要件に添った幸運の名づけをしてください。
 それが、家族の幸福はもちろん、日本国の発展に貢献することになりますよ。

必読!男子ゴルフ、益城町出身の永野プロが首位発進 !
[第2627回](小吉)・・・4月21日(大吉)

『 現在、地震で大変な被害が生じている熊本県益城町の出身;「永野竜太郎」プロ(27歳;男子ゴルフ)は、パナソニックオープンで、2大会連続の首位発進。目指すは「プロ初勝利!」です。
 どうですか、彼の好成績と将来性は、幸運の「5・5・9・9」タイプの姓名が、証明していますね。これも日本初の「天命数霊術」だからこそ、実証できるのですよ。』

昨日のTBSニュース。
『 ★男子ゴルフ、益城町出身の永野選手が首位発進!★
 男子ゴルフのパナソニックオープンの1日目。「永野竜太郎」プロは、熊本地震で震度7を観測した益城町出身の27歳。母親は余震が続く中、今も車中で夜を明かしています。
「大変な熊本に比べたら全然・・・。自分がゴルフをしているときに落ち込んだりしている場合じゃない」(永野竜太郎選手談)
自分を奮い立たせる故郷への想い。永野選手は前半でスコアを3つ伸ばします。
 強風吹き荒れる後半。難しいコンディションの中、確実にグリーンを捉えると、「きょうは良いパットが打てている」とパッティングで、流れを引き寄せます。6つのバーディーを奪い、2大会連続の首位発進。目指すはプロ初勝利です。
 「皆さんに元気を届けたい。力になりたい。結果的に優勝に結びついたら最高だと思う」(永野竜太郎選手談)』(21日23:49)

”体力と精神力”を必要とするスポーツマンは、天格or地格が「9・5」タイプ、又は「4・7」タイプのいずれかが必要とされます。
 そして、「9・5」タイプは”生まれつきの才能”に恵まれ「4・7」タイプは、”努力で形成された才能”の違いがあります。
 そのうえ、スポーツの勝敗には、”吉凶をもたらす外的な運”も左右します。この運とは、特にゴルフは、風力・風向・芝生の状態などが、技(わざ)を補完する”運”に左右されます。
 さて、プロ転向して間がない「永野竜太郎」プロは、次のように「9・5」タイプで、努力型より才能型です。しかも出身地はこのたびの熊本大震災で、自宅も被害を受け、ご家族も避難されている状況からでも、パナソニックオープンで、2大会連続の首位発進しています。
 この状況は、外的な凶運を受けても、それに動じない幸運の女神に恵まれる「才能」が姓名から解釈できるのです。

「永野 竜太郎」天格15・地格15・補格9・総格39

どうですか、この画数配列も「9・5」タイプの1例です。
 しかも、「5」と「9」のダブリが2ヵ所あることは、珍しい配列ですが、このダブリがあるのは、凡人にはない”凝り性”であると判断して間違いないですね。その”凝り性”から来る”幸運の女神”に恵まれていますので、このたびの「故郷の大震災」という外的要因にも動じない”精神力”が無意識のうちに恵まれていたのです。
 すると、「9・5」タイプの人は、無意識のうちに「4・7」タイプにある「負けず嫌いの精神力」まで生じてきます。
 ですから、赤ちゃんの名づけの時から、「将来、スポーツマンにさせたい!」と、ご両親が希望されても、「4・7」タイプで名付けるよりも、「9・5」タイプで名付ける方が、ずっと”お得!?”だと、今日の実例からも判りましたでしょう・・・。
  この実例からも、流行の「○太」で終わる「竜太」と名付けるよりも、僅か「郎」の1字をはり込んで「竜太郎」で名付けたからこそ、「永野 竜太郎」プロが誕生したのです。(同じ”ろう”でも「朗=10」よりも、「郎=9」が断然!お得です! なお、「竜=10」にするか、「龍=16」にするかは、”苗字”により、運気の違いが生じてきますので、ご注意のほどを・・・。)
  僅か1字で、人生を好転させることができるのですよ。

必読!流行名「陽向」は、「ひなた」とは読めない!
[第2626回](小吉)・・・4月19日(大吉)

『 「生後3ヵ月の男児」、愛くるしい表情で笑う男の子の遺影。僅か2時間、初めて預けた保育園で、事故死とは!・・・若夫婦の愛情一杯の大事な宝物!それはお気の毒で、このブログに実例として掲載することを何度も躊躇しました。
 しかし最近の流行名の一つ・・・でも、日本語として読めない「陽向」を”ひなた”と呼ぶ名づけ! 
これは、若夫婦のみの責任ではありません。従来の漢和辞典を無視した日本語で推薦している「名づけ事典」、・・・しかも日本で有名な漢学教授が監修している名づけ本・・・、ここに「陽向」を”ひなた”と読むように推薦した候補名の一つ・・・。「陽」は”ひ”と読んでも、「向」を”なた”と、どうして読めますか? この勝手読みが許されるなら、日本語の破壊に繋がり、漢和辞典など無意味な存在になります。 』

19日のTBSニュース。
『 愛くるしい表情で笑う男の子。生後3か月の陽向ちゃんです。この写真を撮ったわずか2日後。保育園で命を落としました。
「『(夫から)心肺停止になっちゃたから病院に行って』と電話がかかってきた」(陽向ちゃんの母親)
 事故は去年9月、埼玉県川口市にある認可外保育園で起きました。初めて預けた日のことでした。
 「(預けたのは)2時間。11時から1時ごろまで(仕事の)面接に行って帰ってくる時間だけ」(陽向ちゃんの母親)
 川口市によりますと、保育士らは当時、他の子の食事の世話に追われ、泣き続ける陽向ちゃんをベビーベッドに置いたままにしていたといいます。そして、気づいたときにはうつぶせとなり、呼吸は停止していたということです。
 「泣いているまま亡くなったと思うと、本当に申し訳ないですね。息子に」(陽向ちゃんの母親)』


 あなたは、「陽向」ちゃんと記載されていれば、「ひなた」と読めますか?
 「陽」は、人名読みで”ひ”も漢和辞典には記載がありますが、「向」の字体はどうでしょう・・・?

 [向](漢音;きょう)(呉音;こう)
   (人名;こう・ひさ・むか・むかう・むき・むけ)
  
  以上の読みが、「新;漢語林」222ページ、「新選漢和辞典」200ページ及び「学研漢和大字典」209ページの3冊の辞典にも、「向(なた)」なんて全く掲載されていません。「向」⇒「なた」との読みを掲載したのは、姓名判断師の”勝手読み!”ですよ。
 それに疑問も思わず、監修した教授、そして出版社編集部も、著者と連帯して責任を負うべきです。
 これが食品であれば、市場に出回ったら、不良品として全国の店頭から回収する社会的責任があるのです。
 なぜなら、あの可愛い笑顔の「陽向(ひなた)」ちゃん、日本人の男児と生まれながら、間違いの日本語のまま、天国に行ったことに、「名付け本」の著者に腹が立ちますよ。(全国ランク;「陽向」は、2014年3位、2015年9位の流行名。)
 それ以外にも、漢和辞典にもない”勝手読み”で、候補名を推薦している無責任な記載が著書にみられます。
 それが、やがて「キラキラね〜む」「DQNね〜む」が増えて、将来の日本を混乱に導くことにもなります。
 ”読めない・書けない・意味不明?”の名づけで、将来の日本、運気が低迷して、事件事故が増え、不幸な”逆死”(子どもが親より先に死すこと)で、この保育園の事故でも顕在化したように、親子の悲しみが増えます。
 名づけ一つで、日本の将来が見えて来るのですよ。
終わりに、最近の若夫婦にお願い!
 大事な子どもの名付けに、「漢和辞典」で人名として読めるか、否か? その確認ぐらいしてくださいよ。決して、市販の「赤ちゃん名付け本」を盲信してはいけません!
‘本語として読めない候補名
著書の総論と矛盾した候補名
8谿奸Ω豸察Σ惨兇離札鵐垢ない候補名


(追 記)
 今日のブログのアクセス数・・・1日24時間で「5368件」であり、過去1ヵ月間で、最も多くなりました。皆さんのご協力に感謝します。

必読!日本語の難しさ;「大和」は”やまと”か”だいわ”か?
[第2625回](大吉)・・・4月18日(中吉)

『 「大和の国」と言えば、誰だって「やまと(のくに)」と読みますし、「大和証券」なら「だいわ(しょうけん)」ですが、「大和屋」であれば「やまと(や)」・・・。ところが、赤ちゃんの名づけでは、この「大」の字体を使用した「大和・大輝・大樹・大雅・雄大・隼大・航大・・・」など、”大”の字体のみでも、一体?何通りの呼び名があるのでしょう。
 本当に、日本語はヤヤコシイが、特に人名は最近の流行名から、更に難しいですね。』

  昔の人名読みにはなかった「大」・・・最近の「オンリーワンの名づけ」が流行なのか、「ひろ・た」の2通りが加わったので、全くヤヤコシイ!
 例えば、地元の山陽新聞(日曜版)の12回分(3ヵ月分)から、「大」の使用例を観ますと、なんと物凄い実例の多さに驚き・・・!

 大和(やまと・ひろと・ひろかず)・大輝(ひろき・だいき)・大樹(たいじゅ・ひろき)・大雅(たいが)・雄大(ゆうだい・ゆうた)・隼大(はやと)・航大(こうた・こうだい)・・・

 どうですか、最近の名づけ、わが児には「.ンリーワンの名づけをしたい、⇔行の呼び名にしたい・・・」という相矛盾する理念で、わが児の名づけをしているので、実にヤヤコシイ名づけになっています。
 新学期を迎えた幼稚園・保育所・小中学校などの担任は、「クラスの子の呼び名を記憶するのに1苦労です!」とのメールは、特に2〜3年前から春季になれば、ご意見が多く見られます。

 その中でも、「大和」を”やまと”(「大」を”やま”で「和」を”と”)に分けたのか、「大」を流行読みの”ひろ”にして、「和」を”と”に読んで、「ひろと」のように”勝手読み”が幅を効かせています。
 いくらなんでも、「○○ 大和」ちゃんを「○○ ひろと」とは、読めませんよ。しかし一方、「隼大」を”はやと”と名付けていますので、この組み合わせでは「大和」(やまと)と同様に、「大」を”と”と読むなど、実にヤヤコシイ時代になりました。

 次に、最近では「大」=「太」と同じように、例えば「航大」と名付けて、「こうだい」もあれば「こうた」もあります。一体?「大=だいorた」なのか?「どっちかハッキリせよ!」と言いたいですよ。

  そのほか、「大」を「たい・た」の清音ばかりではなく、「雄大」(ゆうだい)のように濁音で「だ」と読んだり、この「大」の1文字だけでも、少なくとも5通りの読みをせねば、正解?にならず、もし他の子どもを間違えて呼んだら「ママ友に睨まれる」し、「担任は、子どもから足蹴りにされる」とか・・・!?
  
 「キラキラね〜む」や「オンリーワン」の名づけを自慢するよりも、先ず第一に、子どもは成長すれば、幼稚園・保育所・小中学校〜大学へ、そして会社勤など、社会の中で生活をするのですよ。生涯、「家に引き籠りの子ども」を望んでいないでしょう!
 通常、日本語として「常識読み」できる名づけにしても、「天命数霊術」の5大要件を充足すれば、平凡な名づけ;「福澤 諭吉(ゆきち)」や「野口 英世(ひでよ)」のように、歴史上の成功者にもなれますよ。
 何も「キラキラね〜む」や「オンリーワン」の名づけでないと、ベストの人生にならないなんて、そんなことありませんよ。  

必読!地震にも強い天格9・5系列へ改名に・・・!
[第2624回](小凶)・・・4月16日(小吉)

『 14日の”前震”に続いて、16日午前1時過ぎは”本震”だった・・・とか、気象庁の発表!? 「地震予知連絡会」(国土地理院の外郭団体)は、30年間、約4000億円以上の研究助成金を受けながら、”オオカミ少年”のように、地震予知は外れてばかり! 理科学的な研究も必要だろうが、予知できなければ、社会貢献したことにはならない。 それより、「なまず」に予知させた方がましだ・・・!
 被災された熊本の皆さんは、この予知ができれば、もっと早く事前準備ができて、人的物的損害も最少限度に抑えることができたのに・・・と、思われておられるのでは・・・? 「地震予知連絡会」のメンバーは、科学者のみではダメなのです。ある程度、”体感”で予知できる「霊能者」を、「なまず」代わりになぜメンバーに参加させないのか?
 これほど外れる地震予知に対して・・・「備えあれば、憂いなし」にするには、皆さんのご家族の全員が、「”事故事件”に強い姓名」を持つことですよ。 』

  今年は、異常に早い春・・・しかも「なまず」ではなく、「梅・吉野桜・枝垂れ桜・桃花・山桜・つくし・たんぽぽ・レンゲ・・・」など、1月下旬から開花した紅白の梅林が、例年より20日ぐらい早く咲いたのをはじめ、 吉野桜以下、例年であれば、順を追って咲く”春の草花”が、今春は一斉に咲いた異常な光景に感動。私が居住している地域は、桃の産地であり、毎年は「4月初旬の桜花の後の中下旬の桃花」が常識でした。
 今年は、4月上旬には桃花も満開で、例年になく濃いピンク色・・・岡山のこの地域に住んで23年になりますが、今年の梅・桜・桃などは、異常に早い開花で、「今年は、どこかで災害が起るかも・・・?」と、鈍感な私でも感じていたら、霊能者である娘も「同感よ。このような一斉に咲く草花は、何か人間に教えているから、今年は予想外のところで、大地震があるかも・・・? 西に流れる地震雲も見たし・・・、とくかく体が重くて気分が良くない・・・」とのことで、今月の初旬から二人とも、異常に体感していたのですよ。

 それに、私的な「命名・改名」依頼のことですが、5年前の東日本大震災の前年(2010年)には、異常に東北地方(特に、岩手・宮城・福島)の方からの依頼が多くなり、それらの方は不思議なことに、生命はもちろん家屋も奇跡的に無傷であった喜びのメールを頂き、当時のブログでも紹介しましたね。
 ところが、今回は不思議なのです。昨年の「命名・改名」依頼先を観ますと、例年少ない「福岡・長崎・大分・鹿児島」からの依頼が多くて、不思議にも「熊本」からの依頼は、1件もありませんでした。

 この命名・改名依頼状況と、春の草花が一斉に咲き乱れた光景・・・この2つの現象は、一体・・・? 何を暗示しているのか、不思議でなりません。
 「備えあれば、憂いなし」という諺どおり、あなたやご家族に「天格0・2・4・6」系列、特に「天格2系列」には早急に改名して、天運が授かるように”風水祈願”して、龍脈の”理気パワー”を受ける「色紙額」(東日本大震災でも、壁から落下しなかった不思議?)を”備え”にされたらいかが・・・でしょうか。
 正確な地震予知は、国家にとっても非常に重要な政策であるのに、アメリカやフランス・イギリスのように、「犯罪者捜査」ばかりではなく、国の重要政策についても「霊能者」を顧問にしているのを参考に、日本でも理系科学者ばかりではなく、地震予知を高める方策として、「磯田 道史」氏(静岡文化芸術大学教授;「9」系列のダブリ)のような文系学者もメンバーに、霊能者とともに参加させるべきと思います。歴史学が思いのほか地震予知にも役立ち、意外に霊能者の予知も的中するのですよ。

(追 記)
私が現役時代、2回経験した「震災対策に関する行政監察」は、地域防災計画上の問題が主であり、肝心な「地震予知」の精度を高める方策は、約50年前から政府は重点事項にしていなかった記憶があります。現在、ロボットの「人口頭脳」の開発が進んでいるくらいですから、今後、政府はもっと「地震予知」についても、強力に開発を進めるべきだと思います。
  

必読!「天格22」の消防司令補・ひき逃げ逮捕される!
[第2623回](小吉)・・・4月14日(小凶)

『 昨日の続き! 実に「天格2系列」の事件事故が続きますね。(事例3)として、「天格22」の消防司令補が運転の車両が、他の車と衝突し、ケガを負わしたまま逃げたとして、過失運転致傷として逮捕されたニュース。
 ニュース性があり、国民の関心を引くのは、「〃抻‐男鼻Ν教職員(私立を含む)・8務員(一般・特別)」の3業種であり、これらの業種は些細なことでも、十分に注意しないと、社会的な影響が大きいですよ。
 そんな理由から、「車両事故と人的被害」を起こしながら、事後処理をせず、現場から逃げた消防司令補に批判が生じています。
 要するに、これら3業種は、国民の奉仕者として、国民の模範生になることが、民主主義社会では要求されているのです。』

昨日のTBSニュース。
(事例 3)
『・・・埼玉・久喜市で乗用車を運転中に車と衝突し、運転手の女性にケガをさせて逃げたとして、49歳の消防士の男が県警に過失運転致傷などの疑いで逮捕されました。
 逮捕されたのは、久喜消防署・菖蒲分署の消防司令補「熊井 英郎」容疑者(49)です。久喜警察署によりますと、熊井容疑者は、4月1日の午前10時ごろ、乗用車を運転し、久喜市内の交差点で軽乗用車とぶつかり、そのまま逃走した疑いが持たれています。この事故で軽乗用車を運転していた40歳の女性が右手に軽いケガをしました。軽乗用車のドライブレコーダーの映像などから「熊井容疑者の車両が特定された」ということです。警察の調べに対し、熊井容疑者は容疑を認めていて、「妻と折り合いが悪く、事故を起こしたと言うと怒られると思い逃げてしまった」などと供述しているということです。・・・』

 交通事故の加害者の”姓名”には、次の2つのタイプがあります。
ー己のキレやすい性格から「4・7」タイプ
対外的な凶運・凶氣を受ける「0・2」タイプ
(・・・ただし、この「0・2」タイプは、通常では”偶数”で”受け身”ですから、”被害者”になる可能性が大きいですよ。)

「熊井 郎」天格22・地格13・総格35

 したがって、通常の交通事故では、加害者は「4・7」タイプが多いのですが、この事件の場合は、「妻と折り合いが悪く、事故を起こしたと言うと怒られると思い逃げてしまった」と事故後の理由を述べていますが、おそらく、運転中にも集中できないその原因があったのでは・・・?
 などの理由から、”対外的”な凶運である上記△痢崚軍2」系列のタイプになります。
なお、この消防司令補は、地格が13であり「郎=9」を含んでいますので、キレやすい性格ではなく、また、天格22の中にも「英=8」を含んでいますので、むしろ温厚な性格で、とても人柄が良い方だと判断します。
 しかし、たまたま天格22であり、”事件事故”を呼びますから、早急に改名すれば、ご夫婦の仲も円満に変化してきますよ。
  
 実に不思議なのです。ご夫婦のどちらかを改名しただけでも、互いに運気を補い合い、円満な家庭になられた事例は、今までに沢山経験させて頂きました。
 「夫婦は、合わせて10割! 5分に5分か、4分に6分か?・・・」
 その勢力配分は、話し合いで決めて下さい! 
 ご希望なら、それに適合する改名もできるのですよ。

必読!中・高校長がスパーで万引き!僅か「1231円分」の食品!
[第2622回](大凶)・・・4月13日(小吉)

『 不思議ですよ!「天格2」系列であれば、〃从囘・精神的な”苦労性”、乳幼児から高齢者まで、予想できない年代で、意外な”事件事故”に遭遇・・・? 
あっと驚きますよ。中・高校の校長が、スーパーで僅か「1231円分の食品」を”万引き”! おそらく懲戒免職になれば、「かなり高額の退職金」と「名誉」などを失うのですよ。・・・わずか「千円余り」のために・・・。 
 実に怖い悪魔が「天格2」系列に潜んでいるのか、姓名の重要性を実証できるのは、「苗字と個人名の”1字目どおし”」の画数で判断する「天命数霊術」のみですよ。「天格2」系列を持つ人、早急に悪魔を退治しないと、「万引き」のみ(事例1)ではなく、「交通事故」で即死(事例2)など、明日は我が身かも?』

昨日のTBSニュース。
(事例 1)
『 スーパーで食料品を万引きしたとして、愛媛県警大洲(おおず)署は12日、同県大洲市の私立帝京冨士中学・高校校長「吉岡 行正」容疑(63)(大洲市東大洲)を窃盗容疑で現行犯逮捕した。
 吉岡容疑者は以前、私立夙川(しゅくがわ)学院中学・高校(兵庫県)柔道部で監督や顧問を務め、シドニー五輪女子78キロ超級銅メダリストの山下まゆみさんらを育てるなど、同校を強豪に押し上げたことで知られています。
 発表では、吉岡容疑者は12日午前6時35分頃、同市内のスーパーで、おにぎりや菓子など11点(1231円相当)を盗んだ疑い。「金銭的に苦しかった」などと容疑を認めているという。
(吉岡容疑者は、12012年3月に夙川学院中・高を退職。14年4月に校長として帝京冨士中・高に赴任した。)』


「安岡 行正」天格12・地格13・総格25

(事例 2)
『 ・・・天格22の「森野恭行」氏、ポルシェで事故死!・・・
神奈川・小田原市で、自動車評論家の男性が運転する高級外車「ポルシェ」が道路脇の木に激突し、男性は死亡しました。男性は、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考委員も務めていました。
 道路脇の木に激突して、ポルシェが大破しています。11日午後3時ごろ、小田原市の有料道路で、自動車評論家の「森野 恭行」さん(53)が白いポルシェを運転し、下りのカーブを曲がる際にセンターラインをはみ出し、反対車線側にある木に激突しました。
 森野さんは「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考委員も務めた自動車評論家ですが、全身を強く打っていて、その後、死亡しました。』


「森野 恭行」天格22・地格17・総格39

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 どうですか、(事例1)も(事例2)も中高年で社会的に活躍されていた50〜60歳代の方ですよ。日本中の姓名判断説では、「総格は、50歳以上で発揮する運勢!」と言い、どちらも「総格25」と「総格39」の”大吉”になります。それが、ある日、突然のこと、「天格12と22」の”悪魔の到来!”なのか? 「名誉と生命」を奪われたのです。従来の日本中の説では、的中していないことが、明白ですね。
 ですから、運気は「総格のみ」ではなく、むしろ「構成数=X(天格)+Y(地格)」のうち、対外的な運気を表す「X(天格)」の吉凶判断が一番大事な要件だと、皆さん理解できましたでしょう・・・。
 怖いでしょう! 姓名の影響がこれほど・・・とは・・・?

(お知らせ)
 「ブログ村」の毎日の総合統計では、私のブログのアクセス数は、全国で「31〜38/58850位」で紹介されています。これも皆さんのご協力によるものと感謝しています。

必読!2歳男児の死亡;父親の刑事責任は?!
[第2621回](大吉)・・・4月12日(大凶)

『 昨日の2歳男児の「衣裳ケース内死亡事件」!あなたが、仮に「裁判員」に選任された場合、この父親の刑事責任を、どのように判断しますか? 非常に難しい判断になりますよ。 』

昨日のTBSニュース。
『 2歳の長男を衣装ケースに入れ死亡させたとして父親が逮捕された事件で、警察の司法解剖の結果、長男の死因は窒息死だったことがわかりました。
 殺人の疑いで逮捕された奈良県生駒市の会社員「井上 祐介」容疑者(39)は、10日午後5時50分ごろ、自宅で長男の「井上 幸也」ちゃん(2)をプラスチックの衣装ケースに入れて蓋をし、死亡させた疑いが持たれています。
 衣装ケースは縦80センチ、横40センチ、深さ30センチの大きさで、井上容疑者は警察の取り調べに対し、「しつけのため」として、身長およそ90センチの幸也ちゃんを先にケースに入れ、その上から身長およそ96センチの長女(3)を入れたということで、20〜30分間放置して戻ってきたときには、幸也ちゃんはぐったりしていたということです。幸也ちゃんに目立った外傷はなく、司法解剖の結果、死因は窒息死だったことがわかりました。
 警察の取り調べに対し、井上容疑者は、「殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しています。』(11日23:56)

この事件、仮にあなたが裁判員に選任された場合、結論から観て、父親の刑事責任は、次のどれになりますか?

 〇人罪になる(刑法199条)
◆―害致死になる(刑法205条)
 過失致死になる(刑法210条)

,鯀んだ人・・・「殺すつもりはなかった」と、殺意を否認しているのに、なぜ、「殺人罪」になりますか?
△鯀んだ人・・・「衣裳ケースに入れ、蓋を閉めたただけ」で、暴行や負傷させた訳でもないのに、「傷害致死」になりますか?
を選んだ人・・・「殺すつもりはなく、暴行や負傷させた訳」でもなく、「衣裳ケース」に入れたことが原因なので、「過失致死」になると判断しますか?

 以上のように、殺人や傷害事件があれば、皆さんが「裁判員」に任命されたことを思い、このような法律的判断は最低限度必要なのです。

 さて、このブログは、事件の関係者(加害者・被害者)の姓名判断をするのが目的が本文ですので、父親と長男の姓名を観て判断しましょう。

父親「井上 祐介」天格13・地格7・総格20
長男「井上 也」天格12・地格6・総格18

どうですか、父親は「13⇒小吉(9を含む)」+「7⇒小凶(4を含む)」=「20⇒大凶」ですから、「吉:凶」=1:2であり、”凶相”が多くなりますので、総合判断は「外面(そとづら)は温厚さがあるように見えますが、内情(家庭内)は、”気まま”で”キレやすい”性格である父親だ!」と判断できます。
 「子どもの”しつけ”のため・・・」と言っていますが、本当に「しつけ」が必要なのは、大人として未熟な”父親”なんです! 子育てには、大人として冷静・沈着な言動が必要です。
  これに対して長男は、全て”偶数”のうえ、「天格12」と「幸」が”事件事故”を呼びますので、意外にも重大な結果となるのですよ。

 以上のとおり、この事件は、非常に難しい罪状が予想されますが、上記の設問程度の「刑法上の基礎知識」と「天命数霊術」の理解があれば、毎日のニュース報道も一段と理解を深めることができますよ。   

(追 記)
 上記の設問 銑の正解は,任后この事件は”殺意”がなくても、「”未必の故意”」といって、「仮に、(窒息して)死んでも構わないや!」と言う認識(※常識的な大人の感覚)が推定されるので、「殺人罪」となるのです。
(※衣裳ケース80僂涼罎法⊃板90僂猟甲砲鯑れること。そのうえに長女を乗せると、呼吸困難から窒息死が予想されるのは、常識であること。)
 おそらく、裁判の判決では、「長男に対しては、殺人罪、長女に対しては、殺人未遂罪」になり、この2つの罪状を併合しますので、かなりの重罪になるはずです。

必読!気の毒な人生!僅か1画の差で、強盗傷害か!
[第2620回](大凶)・・・4月11日(大吉)

『 本当に1度しかない人生。同じ「村田」という苗字でも、プロ野球のOB「村田兆治」氏(66)もいれば、浪曲家から歌手で成功した「村田英雄」さん(73で故人)もいましたね。いや、現在、若手の漫画家で有名な「村田雄介」さん(37)もいますよ。
 ところが、64歳の高齢になっても、生活に苦労が絶えないのか、空き巣に入り、同年代の62歳の住人に見つかり、ケガをさせて逃げたところ、隣家の住人に捕まり、警察官に「強盗傷害」の現行犯で逮捕されるという誠におソマツな話。
  いいですか、同じ男に生まれ、同年代の64歳までの人生で、こうもピンキリの運気が異なるのは、僅か「睦」という1字が「村田」という姓には、全くの不適合だったのです。僅か、1字の違いで泣く人生になるのか?・・・どうか?
 あなたのご家族も再点検・・・ですよ!  』

 昨日のTBSニュース。
『 9日朝、茨城・茨城町の住宅に男が現金を盗もうとして忍び込み、住人の男性を殴ってけがをさせた疑いで、警察に逮捕されました。
 9日午前8時30分ごろ、茨城町の住宅に男が忍び込み、室内を物色しているところを、この家に住む男性(62)が見つけました。男は逃げようとした際、男性の顔面を殴ってけがをさせましたが、騒ぎを聞きつけた隣の家の住人に取り押さえられ、駆けつけた警察官に強盗傷害の疑いで現行犯逮捕されました。
 逮捕されたのは、東京・江戸川区の建設作業員「村田 睦男」容疑者(64)で窃盗目的で家に忍び込んだことを認めており、警察はこの家を狙った動機や侵入経路などを詳しく調べています。』(09日15:42)

  この事件、60歳代という同年代の人生で、加害者と被害者になる境遇・・・、どうして、同じ男に生まれて、ピンキリの人生を歩まねばならないのか? 神仏が不公平な人生を齎したのは、自らが”若い時”に「努力できた運気」の違いなのです。
 今は亡き明治生まれの母親は、いつも私の少年時代に説教していました。
 「人生、いつかは苦労せねばならない時期があり、同じ苦労するなら若い健康体で無理が効く時にシッカリ勉強して置きなさい! 勉強した知識は、この戦後の混乱時代でも、誰からも盗まれないからね。」
 そのお蔭で、この事件の容疑者のように、高齢になっても、暑さ寒さの中で建設作業員として働き、それでも苦しい生活を補うためなのか、「窃盗目的で忍び込んだ・・・」のような罪を犯すことなく、環境の良い住宅地に住み、年間300日以上ラドン温泉に行ける境遇・・・。これらの全ては、姓名から来る運気の影響なのです。
 健康運も、知徳運も、住環境も、そして自らの性格も・・・すべて「赤ちゃんの時に名付けられた姓名」が、改名しない限り、高齢はおろか、墓場までの境遇に影響してきますよ。
 いかに「姓名」の影響がシツコク背後から追ってくるのか、もうお判りでしょう。
「村田 男」天格20・地格12・総格32

この画数配列では、「生涯の”苦労性”」が何時までも付いてきます。
 一言で言えば、「睦」の13画の字体は、1字目7画の「村田」という苗字には、全くの不適合でした。天格20の「ゼロ」系列では、少年時代からの「夢や希望も、ゼロに帰す!」運命になる姓名だったのです。
(参考までに、漫画家の「村田 雄介」は、天格19・地格9の「9・9」タイプのベストの画数配列です。)
 この人生を180度に好転させるためには、1字目を「12画で語源が良い字体」が必須です。そうすれば、天格19となり「9・5・1」が2ヵ所あるベストの姓名になります。
 このように思考すれば、この事件の強盗傷害容疑者も、親子とも運気がなかったので、本当に気の毒な想いがします。それだけに、赤ちゃんの名づけには、神仏以上の重責があるものであり、「流行名やキラキラね〜む」で、喜んでいる場合ではないですよ・・・。

必読!典型的なキレやすい「4・7」タイプの巡査部長!
[第2619回](大吉)・・・4月10日(大凶)

『 一般に「4・7」タイプは、自己主張が強くて、”キレやすく”すぐ暴力を振るう。でも、長所は”運動神経に優れ”負けず嫌い!・・・ですから、このタイプは、一般の警察官としては適任ですが、職業上の理性が必要な幹部警察官には不向きなタイプです。昨日のニュース、離婚した元妻と長女に殴るなどの暴行を加え、ケガをさせたとして、神奈川県警の巡査部長の男が逮捕されました。』

 昨日のTBSニュース。 
『 傷害の疑いで現行犯逮捕されたのは、神奈川県警港北警察署交通課の巡査部長「丸子 健」容疑者(44)です。丸子容疑者は、9日午前11時ごろ、相模原市の自宅で、離婚した元妻(41)と20歳の長女の顔を殴るなどして、全治1週間のケガをさせた疑いが持たれています。丸子容疑者は調べに対し、「長女の態度に激高してしまった」「手を出したことは反省している」と容疑を認めているということです。
 現職の警察官が逮捕されたことについて、神奈川県警は、「重く受け止めている。今後の捜査結果をふまえ、厳正に対処していく」としています。』(09日19:57)
 私にも、成人した娘がおり、非常に腹が立つことがあって、暴力を振るいたくなるときがありましたが、そこはグッと我慢して理性で抑制していましたよ。
 この我慢ができるのか、できないのか?・・・この違いは、姓名から判断ができます。
 一般に「我慢できず、すぐ暴力を振るうDV亭主は、4・7タイプ!」なのです。
 この反面、グッと我慢できるのは、理性が働く「9・5」タイプ、又は温厚な「3・8」タイプのいずれかです。
ただし、天格が「9・5」系列のうち「5」系列のケースは、「2」が介在する姓名は、結果として「7」が生じるので、”キレやすい性格”になります。ただし、天格が正義感ある「5」系列ですから、「家庭内では難しく、外づらが良い亭主」という判断になります。
 例;「15」+「12」=27・・・家庭内では「気ままでキレやすい性格」ですが、外づらが良いので、近所や会社ではとても評判が良いですよ。この「12」は、”気ままな性格=お天気屋?”を暗示しています。
 このタイプには、「7」が介在した結果、「2」系列が生じるケースも、同様なタイプになります。例;「15」+「7」=22
 
 さて、この事件でも、「天命数霊術」が”4・7”タイプの姓名が原因だと、実証できますでしょう。

「丸子 健」天格14・地格3・総格17

どうですか、典型的な「4・7」タイプそのものでしょう! でも、地格3から心の中に、僅かに温厚な気持ちが浮かびますが、すぐに「14=7×2」+「17」の3つの「7」に、僅かな「3」などで抑制が効かず、負けてしまう結果として暴力行為になってしまうのです。
  では、なぜ?「7」という数・・・キレやすいのか?
  それは、円満な360度を、「1・2・3〜7・8・9・10」の10種の整数で除した場合、「7のみ、整数で割り切れない!」ということに気付いて下さい。
 すると、「7」のみが「円満ではない!」という結果になります。逆に言えば、「7」という数には「協調性がなく、自己主張」が強い性格。そして、意のままにならないと、キレやすく暴力を振るう・・・という現象になるのです。
 「7」という数・・・決して、「ラッキー・セブン」ではありませんよ。
 ですから、成人して事件事故の”加害者”に多いので、赤ちゃんの名づけには、これまた「4・7」タイプにしないでください。
 このような人、赤ちゃんの時は「(神経質で)長泣き、夜泣き」のタイプに多いですから、”育てにくい児”だったと思います。
  
 どうですか、今日の事件、「天命数霊術」で、実証できますでしょう・・・。

(追記)
  昨日のニュース。
「福岡・みやま市交通安全協会の「太田黒 誠之」前会長(61)です。太田黒前会長は会長だった先月30日、みやま市で”飲酒運転”し、ガードレールに接触する事故を起こしていました。彼も天格17であり、加害者になりやすい運勢にあります。
「太田黒 誠之」天格17・地格8・補格11・総格36
とても人に優しい心を持っていますが、行動は加害者になりやすい運命にあります。

必読!「勝又拓哉」被告;「音感」も影響する名づけ!
[第2618回](中吉)・・・4月9日(大吉)

『 「吉田 有希」ちゃん殺害事件の「勝又 拓哉」被告に、無期懲役の判決!(でも、被告は控訴の意向のようです。)
  不思議でしょう。被害者も加害者も”姓名”の運気に影響を受けていること、このブログをシッカリ読んで来た方には、「なるほど・・・」と理解できますね。先ず、被害者に多い有希ちゃんの「天格12」と、勝又被告の「几帳面でコダワリの”1”のダブリ」のほか、今日は「天命数霊術」のげ惨兇痢謬閥判断”の視点で、検討してみましょう。』

 この”音感”と言うのも、非常に大事な「運気や性格の”吉凶”」にも影響を受けること、すでに実証していますね。
 古代神話の神々の名には、母音(i)の「ち・り・ひ・み」が多く含まれ、”賢い”音感から、男神「・・・比古(ひこ)」、女神「・・・比女(ひめ)」と古代から言われてきました。その一例として、邪馬台国の女王「卑弥呼(ひみこ)」というようなネーミングが伝承されて来たのです。
 そして、”強い”音感は、母音(a)であり、その中でも特に「か・た・ま」が性格を強くします。
 ですから、語尾の「ち”か”」とか、名頭の「”ま”さ」などの女性は、賢いがキツイ性格の女性になりやすいのです。

 それはさて置き、「音感」サイドからの運気を観ますと、この事件の被告「勝又 拓哉」・・・「かつまた たくや」!? の苗字と名頭の接合部分「た・た」と強音(母音a)のダブリ!!
 これで「かつまた たくや」を、早口で3回連呼してください。3回目には息が詰まり、何を言っているのか?・・・?
 
 これと、死刑囚になった「宅間 守」(たくま まもる)とか、「加藤 智大」(かとう ともひろ)を早口で3回連呼して観てください。
 どうですか、「勝又 拓哉」(かつまた たくや)と同様に、やはり舌が縺れたり、息が詰まりますね。そこが、同じ「たくや」でも「木村 拓哉(きむら たくや)」であれば、3回ぐらい息が切れず、舌が縺れませんね。

 この息が詰まるような音感で、子どものときから、呼ばれ続けていたら、聴覚から脳機能に異常な障害を受けるだけに、運気がダウンして来ます。
 歯切れが良く、正常に聴覚に刺激を受けた場合は、賢く成長して社会貢献できるような人になるのです。
 例えば、「福澤 諭吉」(ふくざわ ゆきち)や「野口 英世」(のぐち ひでよ)を、早口で3回連呼して観てください。息が詰まり舌が縺れることなどありませんでしょう・・・。

 このような視点から観ても、「勝又(かつまた)」と言う苗字には「拓哉(たくや)」という名づけは「不適合である!」と、判断できます。
 大事な大事なわが児に名付けるときは、決して「流行名やキラキラね〜む」に迎合しては、子どもを不幸にするだけです。どんなに愛情一杯でも、「息が詰まり、舌が縺れる」ような名づけ・・・、成長して社会貢献どころか、異常な犯罪者で無期や死刑判決を受けたら、ご両親の失望はいかばかりか?
 もちろん、そのために取り返えせない「被害者の人生」をも奪い、「遺族の悲しみ」・・・に報いることができないですからね。
 姓名の音感も、非常に大事な要件です。
 不思議でしょう。「天命数霊術」の5大要件に添った名づけをすれば、加害者も被害者も、この世から大幅に減少しますよ。

(追 記)
 参考に、画数判断も参考にしますと、
「勝又 拓哉」天格20・地格11・総格31
「1」のダブリでキレやすい性格がある反面、几帳面な性格で夢・希望を持っていますが、天格20の「ゼロ」系列のため、実現が困難になるでしょう。

必読!同じ「憲一」でも、運気は”苗字”次第!
[第2617回](小吉)・・・4月8日(中吉)

『 同じ「憲一」と、親が愛情を持って名付けても、運気はピンキリ! いいですか、個人名のみで画数判断しても、全く意味がないですよ。日本中の五剖説では、「個人名の画数」を”地格”と言い、吉凶判断していますが、同じ太郎でも「桃太郎・浦島太郎・金太郎」は、すべて運気は異なるのです。
 世の中には、生活に困り、空き巣やスリなど窃盗を重ねている「憲一」もいれば、「美川憲一」や「遠藤憲一」のように芸能人として、大成功した人もいますね。どうして、このような基本的なことが、日本中の姓名判断師が理解できず、個人名の画数を求め、それを地格として判断する間違い・・・!
 あなたなら、「日本中の五剖式姓名判断は、間違いの説だ!」と理解できますね。』

昨日のTBSニュース。
『長野県志賀高原のホテルから、約170人分の財布などが盗まれた事件で、以前、このホテルでアルバイトをしていた男が逮捕されました。
 このホテルでは1月、神奈川県の私立高校の女子生徒、約170人分の現金や貴重品など390万円近くが盗まれました。警察は、別の窃盗事件で逮捕した隣町に住む建設作業員「高山 憲一」容疑者(47)の自宅から女子生徒の財布数点が見つかったとして、窃盗などの疑いで再逮捕しました。高山容疑者は事件があったホテルで4年前までアルバイトをしていました。』

 この事件に先立ち、1月7日のブログを再読してください。初詣客を狙ったスリの常習犯も、「根本 憲一」容疑者(83)の姓名は、次のとおりです。
「根本 憲一」天格26・地格6・総格32
どうですか、同じ「憲一」とご両親が愛情を持って名付けても、すべて”偶数”のうえ、男性には”弱運”の「6系列のダブリ」! 83歳までの生涯、どんな生活をしていたのか疑問ですが、83歳の高齢になっても、余生を楽しむことなく、スリで生活・・・とは・・・?!

 そして、今回の志賀高原ホテルでの窃盗犯も、上記の画数配列の天格が男性として”弱運”の「6」系列が類似・・・。
「高山 憲一」天格26・地格4・総格30
この姓名、「高」を10画と判断した場合ですが、「癲廚11画を使用しても、天格27・地格4 と「4・7」タイプになりますので、いずれにせよ、「高山」姓に「憲一」という名づけは、全く適合していません。

★ これに対して、同じ「憲一」さんでも、芸能人として成功した「美川 憲一」さん(歌手)や「遠藤 憲一」さん(俳優)の運気を観てみましょう。

「美川 憲一」天格25・地格4・総格29

(本名;百瀬 由一では成功していません。この芸名で成功したのです。)
「遠藤 憲一」天格29・地格19・総格38
 どうですか、性別が不明?の容貌で「イケメン(9画)」の美川さんと、目つきが鋭い「ブサイク(10画)・・・失礼!」を売り物の遠藤さん、悪者役では有名俳優・・・、どちらも「苗字(芸名でも)に対する”憲一”!」の成功者なのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 どうですか、同じ「憲一」さん! 平等に与えられた「1度キリの人生」、でも、窃盗犯になるか、芸能人として成功するのか・・・?
 この違いも、日本初の「天命数霊術」だからこそ、実証できるのですよ。

(お願い)
  何度もお願いしていますが、PCメールの件名欄に「都道府県名+苗字」の記載がなく、「はじめまして」のみでは、迷惑メールや売り込みメールなどと間違いやすく、昨日、間違って消去した件がありました。「はじめまして」は、「件名欄」ではなく「本文」の初めに記載してください。(info@gakuyo951.jp)
  なお、命名・改名などのお申込みは、左欄上の「★姓名判断・命名・改名の申し込み手続き・プロフィール★」を一読されてから、お申込み願います。
  

必読!国際化でも、名付けは日本語に誇りを持て!
[第2615回](大吉)・・・4月7日(小吉)

『 ドイツでは、「こうた」は”ウンコ”という意味になると、ブログで採り上げると、現在まで相当数のアクセスが続いてきました。でも、逆に言えば、外国語の名づけで、日本人が「へぇ〜、へんな名づけ!」ということも多いのです。ですから、世界の国々の言語は沢山あり、それをイチイチ外国語に合わせる必要は、サラサラないですよ。母国語を誇りに名付ければ良いのです。』

 いくら国際化が進んでも、それぞれの国は母国語に誇りを持っており、(日本語では違和感があっても)他国の外国語に合わせていませんよ。

中国「ジャン・チンチン (蒋 勤勤):女優」
中央アフリカ共和国「ダッコ大統領 (ダヴィド・ダッコ;David Dacko)
ボリビア「バカ上院議員 (オルマンド・バカ・ディエス)」
ネパール「パンティ外相( ネパール連邦民主共和国の外相)」
旧ソ連「バカチンKGB議長( ワジム・ヴィクトロヴィッチ・バカーチン)」
タイ 「チッチャイ副首相 (チッチャイ・ワンナサティット)」
アイルランド 「フリン環境相 」
タイ 「タノム首相 (タノム・キティカチョン:13〜15代目の首相)
ナイジェリア 「オバサンジョ大統領 (オルシェグン・オバサンジョ;第5代・第12代の大統領)
フィンランド 「 アホ首相 (エスコ・アホ;第58代首相)

  皆さん、どうですか? それぞれの国では、母国語に誇りを持って名付けているでしょう! それが、なぜ・・・日本だけが「国際化が進んでいるので、世界に通用する名づけを・・・」という市販の「赤ちゃんの名づけ本」が多く出版されているのでしょうか?
 どんなに 国際化が進んでも、日本が外国に合わせる必要がないのです。長年、国連の事務次長であった「明石 康」氏も、どこから観ても日本語の姓名で、活躍されてきたのです。
  実に、バカげた「名付け本」が多いですよ。
  2〜3年ごとに諸外国に転勤がある「外交官や商社マン」は、国際化に迎合して、その都度、改名するのでしょうか? 

 諸外国では、母国語に誇りを持って、「バカチン」だろうが「バカ・アホ」でも立派に政治家として成功し、国際社会でも活躍して来ているではないですか!
 このぐらいのことが、なぜ?姓名判断師が理解できないのか、それこそ「バカチン」の市販の本が多いですよ。
 「表意文字」の日本語を、「表音文字」の外国語に合わせる必要がないのです。 

必読!車上荒らしも、全裸なども、事件を呼ぶ「天格2」系列だった!
[第2614回](小凶)・・・4月6日(小吉)

『 天格2系列は、交通事故などの被害者ばかりではなく、”車上荒らし”や”わいせつ行為”などによる”事件事故”を誘発した加害者になる事件もありました。ですから、赤ちゃんの名づけの時点で、絶対に「天格2系列」にならないようにすべきなのです。もし、ご家族の中で「天格2・12・22」の方がいましたら、早急に改名すべきですよ。それがため、健全な人生を失いますからね。』

天格2系列になる犯罪者を、TBSニュースから3事例を紹介。このブログで、”事件事故”に係わる「天格2系列」の事例を沢山投稿してきましたが、ごく最近でも次の3件が見られました。
≪事例 1≫
『 東京都内で、”車上荒らし”を50件繰り返していたとみられる無職の男が、警視庁に逮捕されました。
逮捕されたのは、住所不定・無職「加藤 宏幸」容疑者(41)で、去年10月、台東区で、食材を積み込んでいた保冷車の運転席から現金4万円などが入ったセカンドバッグを盗んだ疑いが持たれています。
 加藤容疑者は、運転席に戻ってきた男性(51)と鉢合わせになり、自転車で逃走しようとしましたが、男性に飛びつかれてもみ合いとなり、バッグを捨てて逃走していました。
 加藤容疑者は黙秘しているということですが、警視庁はおよそ4年間で都内で50件の余罪があるとみて詳しく調べています。』(04日11:19)

 本当に可哀相ですね。41歳という働き盛りなのに”無職”で”住所不定”とは・・・? この姓名では、生涯”苦労性”になりますよ・・・。
「加藤 宏幸」天格12・地格26・総格38
全て”偶数”のうえ、総格38には「12」と「26」の組み合わせが最悪(※参考;末尾の「追記」)であり、「幸」の”苦労性”の字体も影響しています。同じ総格38では、「19」と「19」との組み合わせはベストであり、私は「湯川 秀樹」タイプ(日本初のノーベル物理学賞)と名付けています。このように総格のみでは、吉凶判断は天と地の違いがあります。

≪事例 2≫
『 4日午前6時半ごろ、横浜市南区にあるマンションのエレベーターホールで、”全裸”の男が立っていたところを、近所の女性に見つかり警察に通報され逮捕されました。「公然わいせつ罪」の疑いで現行犯逮捕されたのは、横浜市職員で金沢区の税務課に勤務する「秋元 雅之」容疑者(54)です。
 秋元容疑者は、容疑を認めた上で、「酒に酔っていて、何で全裸になっていたか覚えていない」と供述しているということです。』(04日17:15)

 深酒すると、すぐハダカになる酒ぐせが悪い人もいるそうですが、自宅内ならともかく、公衆の目があるところでの”全裸くせ”の原因は、”事件”を呼ぶ姓名の天格2系列からでは・・・?と思われるのです。
 それは、「深酒でも、全裸になるクセがある人」は、ほんの1部の人ですから、特定の原因・・・すなわち天格2系列であるのでは・・・?
「秋元 雅之」天格22・地格7・総格29

≪事例 3≫
『「下着メーカーの仕事をしている。食事に行こう」と声をかけ、女性にわいせつな行為を繰り返していたとみられる嘱託社員の「奥田哲夫」容疑者(69)が警視庁に逮捕されました。
 奥田容疑者は去年6月、東京・新宿区の路上で帰宅途中の20代の女性に声をかけ、女性が無視すると無理やり近くの雑居ビルに連れ込み、抱きつくなどのわいせつな行為をした疑いが持たれています。
 新宿区内では、2010年頃から同様の手口の強制わいせつ事件が数件起きていて、警視庁は奥田容疑者が関与した可能性が高いとみて調べています。』(05日17:41)

 この事件は、前項の≪事例 2≫の「公然わいせつ罪」容疑に対して、この事件は「強制わいせつ罪」という類似の犯罪であることから、天格2系列は”気ままな行為”で、抑制する”理性がない”共通の性格があるのでは・・・?と思われるのです。
「奥田 哲夫」天格22・地格9・総格31
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 以上、≪事例1〜3≫から思考しても、天格2系列の事件事故は毎日のように発生しています。この3件は、いずれも刑法犯罪の「加害者」であり、天格2系列が概して「被害者」が多い中での例外事例であると思われます。
 しかし、いずれにせよ、天格2系列の名づけは、絶対に避けて欲しい「天命数霊術」の重点事項です・・・。

※(追 記)
「 5日午後、札幌市で路面電車と乗用車が衝突し、車の運転手など4人が重軽傷を負いました。」とのニュース。その路面電車は「246」番、乗用車は「72-12」のプレート! やはり”事故事件”になるのは下2桁が「12」であり、相性が悪いのは下1桁「6」なのです。あなたの車は、まさか下2桁が「02・12・22・42・62」では・・・? マンション部屋番・携帯番号なども下1桁「2」系列は避けてください!

必読!家族しか読めない「寺内”樺風”(かぶ)」?
[第2613回](小吉)・・・4月5日(大吉)

『 あなたは、最近、ニュースで賑わしている「少女誘拐監禁事件」の容疑者「寺内 樺風」の”樺風”を”かぶ”と読めましたか?
「風」を”ぶ”とは、家族以外、日本中の誰だって読めませんよ。私も「樺風」とは、風流な雅号のようで、最初は、ご両親は”学識”がある方かな?と思っていましたら、ニュースに「かぶ」とは・・・?
それを聞いて、失望しましたね。やはり、呼び名から漢字を当て嵌めた「キラキラね〜む」だったのか? 他人の迷惑を考えない名づけ・・・この呼び名は家族のみ読め、学校や社会に迷惑をかけることなど配慮しない名づけ・・・。これでは、可愛いわが児のためになりませんよ。折角の人生をダメにしてしまうのです。 
 さて、毎週の地元新聞(日曜版)からも、日本語として「殆ど”読めない名づけ”事例」を紹介してみましょう。どんなに「良い名づけだ!」と、ご両親が思われても、今後、学校や会社など、社会に迷惑をかける「キラキラね〜む」は止めてください! 社会からの”怨念”が姓名に宿りますので、ご両親が期待されるような”幸せな人生”になりますでしょうか・・・?
 漢和辞典に記載してある日本語としての「人名読み」を確認したうえで、名付けてくださいよ。自分の好みで、日本語を乱さないでください。』

 さて、地元新聞の日曜版は、10年来読んでいますが、昨年の秋から現在までで、日本語として漢和辞典にもない”呼び名”で名付けている実例をピックアップしてみました。
 皆さんは、次の「赤ちゃん名づけ」が読めますか?
 すべて、日本語で名付けた赤ちゃんですよ。
・・・この20問が正解であれば、100万円の懸賞金を出しても、正解者は一人もいないと思います。
 私は、23年前、国家公務員を勇退して以来、姓名判断・赤ちゃんの名づけ・改名などネーミングのプロとして、沢山の名づけ事例を経験しましたが、私でも、次の20問中、ほとんど正解できませんよ。
 それだけに、将来、学校や会社など社会生活に迷惑になりますし、これに音感が悪いと学校などでイジメの対象になり、社会に出れば、顧客や取引先に迷惑をかけたうえ、公的報告や年金記録などで読み間違いがあれば、エラーで処理されるなど、損を受けることがあります。
 では、次の名づけにカナ付してください。

 嵳杠蕁廰◆崑膂蕁廰「朱音」ぁ岼Ψ襦廰ァ嶌粍Α
Α峽覯察廰А崚春」─崑膓」「華愛」「稀星」
「真颯」「絆花」「明生」「月寧」「日咲」
亜崛婉」院崛曄廖´押峽覦Α廰魁崋覺」粥峭幻」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 では、解答を記載しますので、一体、何人の名前が正解になりましたでしょうか?
 屬劼覆拭廰◆屬燭垢」「あん」ぁ屬泙覆函廰ァ屬△笋福
Α屬罎ぁ廖´А屬垢个襦廰─屬修蕁廰「かれん」「きらら」
「まさや」「はな」「はるき」「つきひ」「ひより」
亜屬修Δ拭廰院屬里召燹廰押屬罎痢廰魁屬△笋諭廰粥屬海覆拭

 どうですか、何問読めましたか? おそらく読めても「えぇ!どうして、そんな読み方ができるの?」と、驚く名づけに溢れているでしょう。
例えば、,覆鼻∪浤僉嶌蕁廚僚性らしい字体を使用していても「なた」と読んだら、汚いイメージになり、「咲」が可哀相ですよ。「明生」は、だれでも”あきお”と読むでしょうが、”はるき”とは驚きです。
やはり、「天命数霊術」のぁ峅惨供廚癲非常に重要な要件です。

 これらの子どもたちが小中学校に進学した時、先ず困るのが担任でしょうね。 新学期の今頃は、クラスの子どもたちの名前を記憶することに必死だそうですよ。
 最近の子ども、間違って自分の名前を呼ばれたら、担任でも足蹴りにする暴力行為の低学年化が、文化省の調査からでも指摘されています。
 そして、就活の面接でも、キラキラね〜むの不利は指摘されています。
 そのような「不利な事情など、どうでも良い・・・」と、オンリーワンの名づけを自慢する保護者が増えていることは、以上のような「読めない名づけ」がある事実が現状を示していますよ。

 このような一例として、「寺内 ”樺風”」容疑者の”かぶ”も、おそらく他にない「キラキラね〜む」の1例として、現在の世相を表しているようです。
 今後の量刑如何に係わりますが、折角の千葉大学卒で航空機操縦の希望が夢と消えるかも・・・? 1青年の夢が、「キラキラね〜む」で消えたとすれば、実にやり切れないですね。画数から観ても、天格が「寺(6)+樺(14)=20」で”0(ゼロ)”系列ですから、夢や希望が実現しない名づけになっていますよ。

必読!天格「9・5」で、長泣きせず寝る児は優秀な児になる!
[第2612回](大凶)・・・4月3日(小吉)

『 寝る児は育つ!・・・と、昔からの諺、本当ですよ。私が「天命数霊術」の五大要件を満たして名付けた赤ちゃん・・・、
長泣き・夜泣きせず、夜はグッスリ寝てくれますので、とても育てやすいです。」とのメールや年賀状などのコメントに沢山いただき、過去のブログにも数回投稿しましたね。
 ですから、〃鮃に成長して、∪績優秀な子のうえ、性格の良い子に育つのです。この3つの成果が、社会貢献できる基本です。
 ところが、最近の子育て現象には、重要な懸案事項を含んでいます。とくに「乳幼児の睡眠障害」です。
 この赤ちゃんの睡眠についての専門医は、兵庫県立中央病院内の「子どもの睡眠と発達医療センター」の小西行郎医師(同・センター長)と熊本大学の三池輝久医師(名誉教授)であり、「乳幼児の時の”夜間の睡眠”は特に大事です」と強調されています。なお、このような研究職にある専門医は、臨床医師に比べて、天格・地格のいずれかに「9」系列が恵まれているのも、実に不思議な傾向です。』

 現在の生活、テレビなどの普及に従い、大人が”夜型”になり、それに連れて、子どもの生活も”夜型”で睡眠時間も極端に減少しています。
 そのためか、赤ちゃんを含め、乳幼児が”神経質?”な性格から、アレルギー体質などになり、体の痒さから夜間の安眠を妨げ、発育不全の傾向も見られます。
 これが大人にも影響を受け、”夜泣き”が毎晩続くと、特に母親がイライラが続き”神経過敏”から”夜泣き”を止めさせようとする「乳幼児虐待」に連鎖してきます。最近多い「乳幼児虐待事件」は、このような連鎖の現象であると専門医の見解です。
 
 このような社会現象から、”睡眠障害”の治療が必要な子どもが増えています。その”駆け込み寺”ともなっているのが、神戸市にある兵庫県立「子どもの睡眠と発達医療センター」(センター長;小西行郎医師)です。睡眠障害の子どもが最先端の治療が受けられる専門施設です。
 この1年に訪れた新規の患者は約500人と、前の年に比べて1.5倍と急増しています。そのほとんどが、夜中まで寝付けず、寝ても1〜2時間程度で起きて、”夜泣き”をするという悩みを抱えています。
 センター長の小西行郎医師の見解は、
『 ・・・診察する子どものほとんどに、ある共通する症状があります。「概日リズム睡眠障害」という症状です。睡眠を促すホルモンの分泌が乱れて、眠りのリズムが崩れるというものです。
本来、人間は夜になると眠りを促すホルモンが分泌され、朝になると覚醒を促すホルモンが分泌されるようになっています。夜更かしや不規則な生活で、このホルモンの分泌のリズムが乱れると、十分な睡眠を取れなくなります。
すると、子どもの発育に必要な"成長ホルモン"の分泌に障害があります。
 その分泌の時間帯は、「午後10時からの4時間程度」です。 寝る時間が遅くなれば、この”成長ホルモン”分泌の時間帯を逃してしまいます。』
(NHK特集から)とのことです。

 睡眠のリズムが乱れた子どもに、どんな手段で正しいリズムを取り戻すのか。小西医師が徹底しているのが、親への「睡眠指導」です。
 でも、「睡眠指導」として睡眠時間を母親に合わせる方法は、乳幼児には実現が難しいですね。なぜなら、全国的に「働く女性」が増えて、仕事を終え、保育所に迎えに行き、帰宅してから家事・食事・片づけ・洗濯などをしてから、「床に入るのを、午後8時という習慣を付けなさい」というのは、理想論であり、とても現実的な「睡眠指導」ではないと思います。
 結局、この問題は、「薬事的医学的療法」では無理であり、「睡眠指導でも現実的ではないとしたら・・・残された方法があるのでしょうか?

 一方、「睡眠障害が”脳”に及ぼす影響」を、30年に亘り研究しているのが、熊本大学名誉教授の「三池輝久」医師です。
これも不思議ですが、一般に臨床医師の姓名はそれほど良い姓名は少ないのですが、このような専門職の医師は、「天命数霊術」から観て、次のように運気が良い姓名になっています。

「小西 行郎」天格9・地格15・総格24
「三池 輝久」天格18・地格9・総格27

 ところで、三池教授によりますと、
『 子どもの脳の発育を促すのは、主に、脳の下垂体から分泌される「成長ホルモン」と、脳幹から分泌される「神経伝達物質」の2つです。この2つの物質の分泌は、就寝の約1時間後から始まります。
 睡眠のリズムが乱れ、1時間や2時間といった「こま切れの睡眠」になると、これらの物質が十分に分泌されず、脳の発育に影響が及ぶのではないか?と考え、また、「脳は”眠り”から始まる」と言われていて、眠っている間に”神経”も構築されるのでは・・・?』
(NHK特集から)との見解です。

・・・そこで、皆さん、「乳幼児睡眠障害」を薬事的・医学的に解決方法はなく、「睡眠時間の調整」を乳幼児とともにして行く方法しかないようです。
 すると、働く女性には厳しい方法であり、もっとも効果的で母子の負担がかからない方法は、赤ちゃんの名づけで、”神経質”で”病弱”になりやすい「天格の偶数や4・7」タイプを避け、「語源や龍脈」を検討した「ベストの運気を呼ぶ名づけ」をしておけば、自然に「長泣き・夜泣き」をせず、「夜はグッスリ。昼は笑顔が多い児!」になりますよ。
 現に、私たち夫婦は”伴働き”で、しかも妻は中学教諭でしたから、下校時間は不規則であり、保育所に迎えて買い物・家事・食事・片づけをしてから、息子や娘を8時に就眠させることなど、理想論ですよ。それでも無事に成長したことは、やはり運気が良い姓名の名づけが助けてくれたのだ・・・と、今でも思い出しています。特に息子は、長泣き・夜泣きをした記憶は、殆どありません。昼間は、保育所でいつもニコニコしていたそうです。

 このように、現在の生活習慣から「長泣き・夜泣き」を助長しているとしたら、薬事・医学的改善方法は無理のように思います。
 ところが、改名一つで、「長泣き・夜泣き」が改善した不思議さから、昨年は○○県の皮膚科の専門医が、私に改名の依頼を受けて、ご自身の改名をされました。
  どうも「”運”を招くには、”理系科学”にも限界がある」ようです・・・。

必読!天格9の”生命力”と地格9の”思考力”の違い!
[第2611回](大吉)・・・4月1日(大吉)

『 いつもの温泉への坂道。今年は開花も早い桜並木道を車で登ると、枝垂れ桜が満開!こんな至福の生活・・・現職のときには、とても想像できなかった恵まれた境遇です。人の生命、人生の禍福がこれほど姓名の影響があるは・・・?
 沖縄では、わずか562gで生まれた超軽量児が、天格9画のお蔭なのか、元気に育ち、今春から中学生! また、文部科学省が募集した「3行詩」では、小学生の部では、地格19画の小学1年生が大臣賞を受賞!
どうですか、私説「天命数霊術」は、健康運・知徳運に恵まれ、社会に貢献できる実証例も、全国ニュースからも読みとれるのですよ。』

≪事例1≫過日の沖縄タイムスのニュース。
『 (見出し)「562グラムで生まれた女児、元気に成長し中学生に進学。」
「全部OK!」僅か562グラムで生まれ、元気に迎えた12歳の春・・・今春、沖縄県の浦添市立前田小学校を卒業し、浦添中学校に進学する「伊波小凜(こりん)」さん(12)は、ペットボトルほどの重さで生まれた。点滴、輸血、呼吸器で体がチューブだらけになり、血管手術を経て生後約4カ月後にやっと退院した。卒業式の朝、髪形が決まらず母親の「真公子(まきこ)」さん(39)とけんかをした。その夕方、「元気でいてくれるから、けんかもできる。なんだかんだあるけど全部オッケイ!」と笑う真公子さんを見て思った。「そういえば生まれた時、大変だったんだよなあ」
12年前の1月11日。小凜さんが生まれたその日から、真公子さんは日記を付け始めた。
 黒ずんだ皮膚の、あまりに小さな体。「小さくても強い子に」と祈る気持ちで「小凜」と名付けた。超低出生体重児。医師からは、1歳までは風邪をこじらせれば命に関わると言われた。5月28日に体重2520グラムで退院したが、小さな泣き声に気付いてあげられないかもしれないと思うと心配で眠れなかった。
 なかなかしゃべり始めず、同級生が走っている時にまだハイハイをしていたという小凜さんだが、今は体重37・3キロ、身長148センチ。
 空手のけいこで締める帯は2級の緑。生まれて間もなく、ダボダボになってしまうベビー用品の代わりに人形用のドレスを着ていたのも笑い話だ。
 卒業式を迎えた23日の朝。小凜さんは、髪を思い通りに巻いてくれない真公子さんに文句をぶつけた。不機嫌なまま出掛けたが、帰宅して思った。「大きくなったら何になるかまだ分からないけど…優しい人になりたい。すぐ怒っちゃうから」と反省・・・。母親の真紀子さんは、「まあ、いいか。元気に育ったので、ケンカも”全部、OK!”なんですよ。・・・・』

  さて、皆さん、僅か562グラムの超軽量児が、無事に育ったのは、11日が健康(健=11;康=11)に恵まれた日が誕生日だという点もありますが・・・、
「伊波 小凜」天格9・地格23・総格32

どうですか、同じ総格32でも、天格9+地格23の構成数がベストの組み合わせです。この天格9という数は、対外的な運気がベストであり、「奇跡を呼ぶ数!」でもあります。最近、この「凛」という字体は流行していますが、本来は「にっすい」の”冷たい”という語意になり、もし、天格「9・5」系列以外の数でしたら、中学に進学どころではなかったのでは・・・? それが、小学生で空手2級・・・とは、素晴らしい健康体に成長しましたね。
 どうですか、「9」の効用は素晴らしいパワーがあるのです。

≪事例2≫TBSニュースから。
『 「家族のきずな」などをテーマにした3行の詩を文部科学省が募集し、その優秀作品の表彰式が行われました。
 文部科学省が募集した「3行詩」には、約15万件の応募があり、30日、小学生、中学生、一般の部から優秀作品が選ばれました。
 「おやつにもらったチョコレート、かぞくにわけたらちいさくなった、でもかぞくのしあわせおおきくなった」(小学生の部 文部科学大臣賞 仙崎志歩さん)
 「弟に分けると、本当に気持ちが良くて楽しい」(仙崎志歩さん)
 小学生の部で最優秀の文部科学大臣賞を受賞したのは、石川県羽咋市の小学1年生「仙崎志歩」さんです。』

  どうですか、小学生部門では、1〜6年生がいる中で、僅か1年生が最優秀の大臣賞を受賞とは・・・?
「仙崎 志歩」天格12・地格19・総格31

対内的な能力を現す地格が「19」とは、”芸術的な才能”を持つ人が多いですよ。昔から、この地格が「9・5」系列を持つと、芸術芸能家・俳優・女優・歌手・タレントなど、「思考力・創造力・表現力」の3大能力を持った成功者も多いのです。現在は、女子アナが多いように思います。
 ですから、小学1年生で最優秀賞とは・・・さすがに「19の効用」は、素晴らしいでしょう。今から、約15年前、小学1年生の男児を改名して、地格29にしたことがありましたが、作文コンクールで最優秀賞(県知事賞)を受賞し、地元新聞に写真入りで紹介されたことがありましたが、正に、これも「29の効用」ですよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 実に「9」の効用は、素晴らしいでしょう。全く、奇跡を呼ぶほどのパワーがあるのです。それを「9・19は、”大凶”!」という日本中の多数説・・・一体、何を勉強してきたのでしょうね。

必読!またも発生!「泣き止まないのか?」乳幼児殺害!
[第2610回](大凶)・・・3月30日(小凶)

『 「母親の”うつ”と子どもの”神経質”」が原因の乳幼児虐待死が、またまた発生! 昔の子、兄弟は4〜5人が普通。農村では7〜8人も兄弟がいた。そのうえ、食糧難の時代・・・おやつに”リンゴ半分ずつ””バナナ4分の1ずつ”を兄弟で分けて、どちらが大きいか?見比べながら、すぐ兄弟ケンカをして食べていた時代。その当時では”うつ”などという用語さえ、聞いたことがなく、またわが児を虐待死させた事件など殆どなかったのです。
 食糧など満ち溢れるほどの現在、子どもが2〜3人の家庭で、大事に育てられた20〜30歳代が親になり、こんどは1〜2人のわが児に手を焼く。外的要因のトラブルに弱く、ストレスに抵抗力がない人が多い。それが、”現代型うつ”になる要因と、専門家の見解です。
 親が”うつ”で、子どもは”神経質”!・・・満ち足りたこの平和の時代に「親が子を殺す!」の主原因は、”長泣き””夜泣き”をする「神経質な子ども」の名付け・・・ですよ。
 「”名付け”が原因だ!」とは、行政も司法も、そして学者も気付いていないのです。』

さて、今日のTBSニュース。
『 横浜市の共同住宅の一室で、2歳の男の子の遺体が見つかり、殺人の疑いで母親が逮捕されました。
逮捕されたのは、横浜市の無職「塚本 涼子」容疑者(34)で、28日の夜から29日の朝までの間に共同住宅の自室で、息子の「塚本 航平」ちゃん(2)を殺害した疑いが持たれています。
 29日午後、塚本容疑者が警察署に”自首”してきたことで発覚し、警察によりますと、航平ちゃんは布団の上に仰向けの状態で倒れていたということです。
 取り調べに対し、塚本容疑者は「首を絞めて殺しました」と容疑を認めているということで、警察が動機を追及しています。』(30日03:00)

 この事件は、最近の「うさぎ小屋に入れて、餓死させていた」などの無残な虐待事件から観れば、まだ残虐性はニュースから読み取れないし、自首をしているので、比較的違法性も軽減され、量刑も軽いことが想像できます。
 しかし、わが児に恵まれない・・・という「不妊治療している夫婦」も世間には多く、「わが児を殺害するなんて・・・?」と、解せないでしょうね。

 この事件の母子の姓名判断をして観ましょう。
母親「塚本 子」天格23・地格8・総格31
長男「塚本 航平」天格22・地格10・総格32

どうですか? 母親の涼子さんは、いわゆる「3・8」タイプで、しかも総格31から、几帳面な性格で協調性がある常識人ですが、天格23の中に「涼=11」を含んでいますので、周囲に気を配る”自尊心”が強い特徴があります。
 ですから、本来ならとても良くできた理想の妻であり、母親なのですが、その几帳面な性格だけに、長男の「長泣き・夜泣き」には、手を焼いていたのでは・・・? 
 いいですか、上記の「航平」くんのような名づけは、特に「塚本」姓には全く不向きであり、非常に神経質で長泣き・夜泣きに、どう対処したら良いのか、真面目な性格だけに、相当お困りだった結果の凶行だったと推定できます。
 「塚本」姓に「航平」くんの名づけは、絶対に避けるべきなのです。
 崢曜 航平」の4文字をタテ書きにして、良く形を見てください。
 「塚」は左右分かれ、「本」の中心はタテ棒で下に尖り、その下に左右分かれ「航」と、「平」の中心がやはりタテ棒が下に尖る・・・という「4文字姓名とも不安定な形」の繰り返しですね。このような不安定な形は、非常に”神経質”になり、赤ちゃんの時はその不安定な気持ちを、母親に伝えるため、「長泣き・夜泣き」をします。
画数配列は、「22・10・32」であり、すべて”偶数”のうえ、「9・5・1」系列がなく、しかも天格22の中には「航」という10画、及び地格10の2ヵ所から、「塚本」姓には、病的な要素を持ち、全く不向きな名づけになっていました。
「塚本」という”土”を盛った”塚”の元に、「海上の”帆”」があるというのは、語意が不自然であり、男性としての賢俊さ、雄大さのイメージが感じられない名づけになっています。

 このように、名付け一つで、折角、天から授けられたご長男の命を、母親が奪う悲劇になり、ご先祖もきっと悲しんでおられることと思います。
 わずか一人の命が、「塚本家」の1〜2世紀後の子孫繁栄に繋がるのですよ。
 その影響の有無は、赤ちゃんの名づけで、大きく変化するとは・・・?
 皆さん、とても考えられないかも知れません!
 でも、それが最近の乳幼児虐待事件にも、大きく影響してきますよ。
・・・仮に、同じ「こうへい」ちゃんなら、「(塚本)孝平」に名付けていれば、天格19・地格10・総格29 の「9」のダブリ! この名づけであれば、今頃、「笑顔が多く、滅多に泣かない賢い児!」であったと思いますが・・・。

必読!日本中の説;MOJIZO(文字蔵)公開で間違いが判明!
[第2611回](大吉)・・・3月28日(中吉)

『 運気というのは、”日常使用”により変化するので、戸籍名よりタレント名で運気が変化する道理と同じなのです。すると、「人名判断は現代人であっても、日常使用しない正字(旧漢字)で判断しなさい・・・」という日本中の説は間違いであったことが、このたび証明されました。それは、「MOJIZO(文字蔵)」(奈良文化財研究所と東京大学史料編纂所が共同で開発)から、25日付で公表されて、明確に実証されました。やはり、私説「天命数霊術」が正しいことが実証されて、こんな嬉しいことはありません。』

 私が時間を割いては、地元の市立図書館に行き、「国宝や重要文化財の”書跡”」から、古代から現在までの「漢字の歴史的使用実態」を、私が調べた結果で実証して、このブログで公表していましたね。
 ところが、私と目的は異なりますが、奈良文化財研究所や東大史料編纂所が共同研究をしていたことが、今日のヤフーニュースで公表されました。
 これは、私説を実証するために国の機関が証明したことに驚きを感じ、やっと、「天命数霊術」が認められた結果になったのですよ。(奈良文化財研究所は、独立行政法人国立文化財機構です。)

 いいですか、昭和3年に公表された熊健翁の姓名判断説では、「画数は、日常使用の有無にかかわらず、正字(旧字体)の画数で判断する」という説は、現在でも日本中の多数説になっています。
 ところが、この説は「画数と語源」とを混同した説であり、戸籍名より日常使用の雅号・ペンネーム・タレント名・四股名などで、文化勲章や国民栄誉賞などで評価されるのは、「日常使用の画数から・・・」であり、「日常使用しない戸籍名や正字(旧字体)からの評価ではない!」と、私は約40年前から、信念を持って、研究してきました。
 今回の奈良文化財研究所と東大の研究は、「古代から現代までの書跡」であり、熊崎式が提唱する「18世紀初頭の康熙字典」どころではないのです。

(再読)
『 必読!驚き!「新漢字」は奈良・平安時代から使用されていた。』
[第2020回](2013.12.13)
『 皆さん、例えば、人名(苗字・個人名)に良く使用される漢字「恵・豊・徳」は現在の新漢字ですが、驚くことに、奈良・平安時代から、また「塩・亀」も旧漢字ではなく、これらの新漢字が江戸時代から使用されてきています。
 ですから、歴史上の人物はもちろん、現代人でも一律に「旧字体で判断しなさい!」それも「康熙字典(18世紀初頭)の画数です!」という説は、まだ日本の多数説になっていますが、明らかに間違っています。
 要するに、歴史上の人物であろうが、現代人であろうが、「当時又は現在、”どんな字体”を”日常”使用していたのか?」という確認が必要です。それはタレント名・雅号・四股名・ペンネームなどの運気と同様、”日常使用”の画数で姓名判断をしなければ、運気は的中しないのです。
 現在でも、まだ「旧漢字=旧字体=正字体の画数で判断!」という説が多いのですが、日常使用していない漢字から、運気が変化する訳がないのです。』

 いいですか、次の字体を皆さんの姓名に使用されていたら、日常使用している字体で、判断するのですよ。

「恵(10)惠(12) 」・「豊(13)豐(18)」
「徳(14)(15)」・「将(10)將(11)」
「塩(13)鹽(25)」・「亀(11)龜(18)」
「浅(9) 淺(11)」・「沢(7) 澤(16)」 
「辺(5) 邊(9) 」・「斉(8) 齋(17)」
「高(10)癲11)」・・・・・など


例えば、平安時代の「空海の国宝書跡」でも、「恵・豊・将・・・」など、現在の新漢字で墨書され、空海の師匠「恵果和尚」の”恵”も10画の新漢字ですよ。
 いずれにせよ、戸籍は関係なく、日常使用はどちらなのか? 使用頻度が多い字体から、運気の変化があるのです。
 それを、一貫させるので、奈良・平安時代の書跡も「サンズイ⇒3画」「くさ冠⇒3画」になっています。
 日本中の多数説のように、サンズイは「水」だから4画、草かんむりは「艸」だから6画なんて、語源から画数判断をしているのは間違いです。
 要するに、「画数」と「語源」とを混同した説が多く、日常使用しない字体では、姓名判断しても的中しません。
 「画数は、”画”数判断!」「語源は、”語源”判断!」と、ハッキリ分けて判断しないと、的中しない。そのために「天命数霊術」では、5大要件(_菴語意8豸鮫げ惨境ノ玉)に分けて判断します。
 この理念をシッカリ持てば、例えば「四⇒4画」「五⇒5画」・・「八⇒8画」「九⇒9画」なんて・・・、ここまで混同した説もありますが、あくまで日常使用の「四は5画、五は4画」そして「八も九も2画」ですよ。小学生でも判る画数の間違い、それでもプロの世界なのかと・・・? 呆れたものです!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 皆さん、昭和の初期から現在まで、「主流を占めていた説が、なぜ?日常使用しない画数で判断するのか?」を、一度でも思考したことがありますか?
 何も疑問視することなく信じ、わが児の名づけをしてきたので、現在、毎日のように”事件事故”のニュースが絶えないではないですか・・・!?
 「天命数霊術」で、お子さんの名づけ、ご家族の改名すれば、全国の「交通事故死・火災焼死・殺害死や難病死など」が”激減”するとは思いませんか?

必読!「山田」さん「祐太」の名:交通事故で重体!
[第2610回](大凶)・・・3月27日(小吉)

『 深夜、横断歩道がない箇所で、道を横切るのは自殺行為にも等しいですよ。その交通事故は、天格12であれば、年齢に関係なく、車に撥ねられる可能性が大! 今朝の未明、年齢29歳の青年が撥ねられ、意識不明の重体だそうです。
 やはり、昨日のブログのように、山田(苗字1字目3画)さんの名づけが、1字目9画だったのです。早速の実例をニュースで証明してくれましたね。』

 今朝のTBSニュース、
『 27日未明、茨城・守谷市で、横断歩道のない道路を歩いて渡ろうとしていた男性が車にはねられ、意識不明の重体です。
 午前2時40分ごろ、守谷市百合ヶ丘の国道で、道路を歩いて横断しようとしていた会社員「山田 祐太」さん(29)が、運転代行業の女性(48)が運転する軽自動車にはねられました。山田さんは病院に運ばれましたが、頭などを強く打っていて、意識不明の重体です。
 警察によりますと、現場に横断歩道はなく、事故を目撃した人は、「道路を渡ろうと、車の前方左側から出てきた山田さんを、車がよけようとして右にハンドルを切ったが、間に合わなかった」と話しているということです。』

  いいですか、交通事故の被害者になるには、年齢・性別など何の関係もなく、「ある日、突然、やって来ます!」
 「今日まで元気でも、明日の命は未知の世界ですよ!」
 「天格12だから、交通事故に遭遇する可能性が高い!と、ブログで書いてあったが、そんなこと、まるでいい加減な説だ!」と、前日まで思われていたかも・・・? ところが、災難は予想に反して、「ある日、突然・・・、ゴメン!」とやってきます。

「山田 太」天格12・地格9・総格21

最近は少なくなりましたが、20〜30年前には、「太・也・介(たやすけ)」の”止め字”が流行した時代がありました。平凡で良ければ、その止め字でも良いのですが、それにより、「天格02・12・22・32」になるような2系列の名づけですと、「地格と総格」に「9・5」系列が2ヵ所あっても、”事件事故”に遭遇する可能性が高い・・・と、なんども投稿してきましたよ。
 交通事故のような対外的な災難は、「天格」の吉凶を最優先にして判断すべきなのです。
 本当に、可哀相ですよ。折角、ご両親が愛情を持って名付けられ、「祐」の9画と地格9から、賢い青少年であると思います。それは、昨日の「山田 俊男」(自民党・参議院議員)と同一の天格ですが、地格9と地格12との違いですから、画数では、同議員に負けないくらいの青年であるとと推定されます。
 ただ、同じ9画でも語意・語源は「祐」より「俊」が優れていると判断できますので、その差が人生禍福の差なのか?それにしても、姓名の運気で、将来ある青年の命が奪われては、日本の損失です。どうか、元気に回復して欲しいですね。・・・・・皆さん、ご家族の一人でも「天格2系列」の方がいましたら、家族全体に影響を受けますので、早急に天格を「9・5」系列の”通称名”にでもされたら安心ですよ。

(ご案内)
 再三、お願いしていますが、姓名判断などのご依頼は、ブログ左欄「★姓名判断・命名・改名の申し込み手続き、プロフィール★」を一読されてから、お申込み願います。なお、PCメールの件名には「都道府県名+苗字」のみの記載を願います。売り込みメール・迷惑メールと間違って、消去しないためです。
 また、お急ぎのご質問などは、下記のテレでも結構です。
(PCメール;info@gakuyo951.jp )
(携帯メール:09090653019@docomo.ne.jp)
(携帯テレ:090-9065-3019 望月岳陽)

★ブログ;http://blog.gakuyo951.jp

必読!苗字「神」の名頭に、「3」系列の名づけはタブー!
[第2609回](大吉)・・・3月26日(小吉)

『 交際相手の女性を殺害したうえ、遺体を川に遺棄した「神岡 誠治」被告(35)は、裁判員裁判で「18年の実刑判決」になりました。「誠実な人に成長して欲しい・・・」と言うご両親の願いも、天格2系列の名づけでは空しく、息子は殺人者になったのです。「誠」という13画の名頭の名づけは、「神」が名頭の苗字にはタブーであること、肝に銘じて下さい。
 「親の愛情」と「子どもの運気」とは、別次元の話です。「親の愛情一杯」が、必ずしも「子どもを幸せにする」とは限りませんよ。
運気が良い児は、親がいなくても、歴史に名を残すような成功者になります。』

 市販されている「名付け本」のどれも、「親の愛情が、子どもを幸せにする」という主旨で記載されていますが、では、毎日のニュースを読んでください。
 毎日のように切れ目なく、日本中のどこかで「交通事故死・火災死・殺害死など」が報道され、それぞれの事件事故には、加害者・被害者がいるのです。
 これらの加害者・被害者の99%は、ご両親の愛情を一杯に受けて、将来の成長した姿を想像しながら、名付けをするのですよ。
 しかし、「親の愛情届かず!」が現実でしょうね。

 さて、TBSニュース。
『 1昨年、元交際相手の女性を殺害し、神奈川県平塚市の川に遺体を遺棄した罪に問われた男の裁判員裁判で、横浜地裁は、「残酷で悪質な犯行」などと指摘し、懲役18年の判決を言い渡しました。
 神奈川県大和市の「神岡 誠治」被告(35)は、元交際相手の「吉田 綾奈」さん(当時26)を殺害し、遺体を平塚市の相模川に遺棄した罪に問われています。神岡被告側は、これまでの裁判で死体遺棄の罪については認めていましたが、殺人については、「吉田さんから先に攻撃してきたので正当防衛が成立する」などと無罪を主張していました。
 判決で、横浜地裁は、「被告の証言は不自然、不合理で、到底信じられない」「被害者と体格差のある被告が一方的に頭部に攻撃を集中させていて、正当防衛は成立しない」としたうえで、「突発的だが強固な殺意を持った犯行は残酷で悪質」などと指摘し、懲役18年を言い渡しました。』

 この二人の名づけ「誠治」被告人と「綾奈」さん・・・、どちらも誕生した時は、どちらのご両親も喜び一杯で、とても「語意・語源・音感」の良い名づけをされたことと推測できます。

 ところがどうでしょう。
治」天格22・地格16・総格38

どうですか、「2・6・8」系列の”偶数”になり、しかも天格22が”事件事故”を呼ぶ運勢になっていますね。
 この原因は、苗字の1字目が「神=9」ですから、「誠=13」を名頭に付けると、天格が「9+13⇒22」となって、事件事故を引き起こす宿命になります。この凶氣は、「親の愛情を、打ち消すほどの殺氣」を持っているのです。

 ところで、このような事態にならないように、苗字1字目が「9画」である苗字を次に記載しますので、これに該当する「苗字」の方は、名付けの1字目を絶対に、「3系列の字体」で名付けしないでください。
(この逆の「3+9=12」・・・苗字1字目が3系列の場合も、絶対に9画の名頭で、名付けしないこと!)
[9画が1字目の苗字(実例)]
 神山・神田・前田・前川・春山・秋山・香山・香川・荒井・荒川・柳本・柳原・浅田・浅沼・津田・津島・柿本・柿崎・星田・後藤・狩野・南川・海部・室田・・・などの方は、ご家族に「名頭が3画!」の名づけになっていませんか? 
逆に[3画が1字目の苗字(実例)]
 大川・大内・小川・小田・川口・川本・山田(※下記)・山本・上田・上村・三井・三宅・大和田・小宮山・小早川・・・などの方は、ご家族に「名頭が9画!」の名づけになっていませんか?

 ※今日のニュース。「山田俊男参院議員(自民党)が、党の会議で知人の民間人に暴力行為!」という記事。「俊」という「"賢い名君”の字体」を使用していても、「山田」という苗字には「天格12」となり、トラブルを呼びますので不適合なのです。

 以上の画数を持つ皆さん、ご家族に、結果として「天格2系列」になるような名づけになっていませんか? もし、そうであると、年齢に関係なく、”事件事故死”(交通事故死・火災死・踏切事故死・転落死・殺害死・難病死・・・など)が多くなっており、自然死(老衰)は次第に少なくなる傾向があります。
  姓名の運気が及ぼす影響は、不思議なほど、毎日のニュースの中で見せてくれますよ。

必読!賢くても”キレ”やすい「4・7」タイプの父親!
[第2608回](中吉)・・・3月24日(小吉)

『 不思議ですよ。「政」の字体を使用して「4・7」タイプであれば、正義感があり賢い人でも、”キレ”やすい性格の人が多いですよ。「政」には強制して支配するという語意・語源があるからです。』

  昨日のTVK(テレビ神奈川)ニュース。
『 けさ横浜市磯子区の住宅で、息子を包丁で刺したとして78歳の父親の男が殺人未遂の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、横浜市磯子区の無職「田中 政信」容疑者は、23日午前8時前同居している長男の大介さんの左胸を包丁で刺し、殺害しようとした疑いが持たれています。
 67歳の母親が「夫が包丁を振り回して息子とケンカしている。 早く来て!」と110番通報したことから、警察官が駆けつけ田中容疑者を現行犯逮捕しました。
調べに対し田中容疑者は「息子にメガネを隠されて怒って刺した」と、容疑を認めているということです。 長男の大介さんは現在も治療中です。
県警によりますとこの家では先月にも親子間トラブルで警察官が駆けつける騒ぎが2回あったということで詳しい事情を調べています。』3月23日(水)14時45分

 このケンカは、被害者の息子にも原因があるのですが、父親が包丁で切り付けた行為は、殺人未遂になります。親子ケンカでも、”口”ケンカまでに留めて置かないと犯罪行為になりますが、その認識があっても、「政」を使用した「4・7」タイプは、抑制心が起らず「キレ」やすい行為になってしまうのです。

「田中 政信」天格14・地格13・総格27


どうですか、この配列は「天格14=7×2」でもあり、キレやすい「7」を総格27と合わせて、人の「3倍も”キレ”やすい性格」をもっています。でも、心の中は「地格13(賢い「信=9」を持つが苦労性。)」から、”思いやりの優しい心”を、持っていますが、それが親子では現れないことが多いのです。
 いいですか、「政」・・・キレやすい。「信」・・・苦労性である。と、瞬間的に判断できるように記憶していてください。
 これは、男性はもちろん、女性でも「政子(まさこ)」は”キレ”やすく、「信子(のぶこ)」は”苦労性”ですよ。

 この実例として、戦前の「辻 政信」旧陸軍大佐の人物像が、思い出されます。とても賢い人であり、太平洋戦争中の軍事作戦指導では「作戦の神様」と讃えられたのは、地格9からです。

「辻 政信」天格14・地格9・総格23

 しかし、その一方で、天格14から”キレやすい性格”で、総格23から”自尊心”が強くて、指揮系統を無視した戦場での「独善的な指導」、「部下への責任押し付け」、「自殺の強要」、「偽の捕虜処刑命令」など、典型的な”暴君”であり、戦争犯罪者として、汚名が残されています。

 以上の実例ように、高齢者の名づけに多い「政」と「信」の字体ですが、仮にも赤ちゃんの名づけに、このような字体を候補名にしないように・・・。
 ところが、このような検討もせず、現在の市販の「赤ちゃん名付け本」には、「政信」も推薦できる候補名として掲載されています。
 これでは、100年後の日本でも、相変わらず、「キレやすい苦労人」が多くなているかも・・・? 全国の姓名判断師・・・もっとプロ意識をもって、社会貢献してください。  

必読!”スリ常習犯”「デパ地下のさとばぁ」も、天格12!
[第2608回](中吉)・・・3月22日(大凶)

『 ”スリ”は、万引きと異なり、相当の技が必要な”職人芸”? でも、同じ職人芸でも、”被害者”を作るのがスリであり、”感動”を呼ぶのが職人・・・との違いがあります。そこで、スリ常習犯ともなれば、所轄署では有名人になり、「デパ地下のさとばぁ」と、一種の芸名?が付いていたそうです。
 ですから、不思議ですよ。そのスリ常習犯には事件事故を呼ぶ”天格12”となり、その技の才能は”地格5”からなのか、そして、スリ行為を抑制する理性がない”自己中心”の結果となる”総格17”という姓名が、83歳の「デパ地下のさとばぁ」というニックネーム・・・!? 面白いでしょう。ネーミングが体を表すとは・・・!』

  なぜ、”スリ”と言う用語になったのか、その語源は簡単ですよ。
「人との”すれ違い”や 混雑している”人ごみ”の中で、相手に体を擦り付けるように接触することから”擦り(スリ)”と呼ばれるとなった」そうです。

 ところで、昨日のTBSニュース。
『 デパートの地下で、スリを繰り返していたとみられる83歳の女が警視庁に逮捕されました。女は捜査員の間で「デパ地下のさとばぁ」と呼ばれていました。
 逮捕されたのは東京・中野区の「神山 さと」容疑者(83)で、今月18日、JR上野駅で開かれていた物産展で、買い物をしていた女性(65)の手提げバッグから現金などが入った財布を盗んだ疑いが持たれています。
神山容疑者は、「お金が欲しかった」「財布を見ると取りたくなった」「取れるという確信があった」と容疑を認めているということです。警視庁は、およそ20件の余罪があるとみて調べています。』(22日11:28)

先ず、神山容疑者の姓名を観てみましょう。
「神山 さと」天格12・地格5・総格17

どうですか、画数が判りにくいヒラカナでも、「さ=3」「と=2」は異論がありませんね。(”筆圧”の繰り返しで、画数判断!)
 そうしますと、上記のように、対外的には”事件事故を呼ぶ”「天格12」、そして、スリという職人芸は「地格5」の能力、そして、この2つの運命からの結果が「総格17」という”自己主張が強い結果”を招き、被害者の立場など斟酌しない行為に出るのが、スリなのですよ。
 皆さんも、デパートやスーパーなど、地下惣菜売り場や特設売り場では、とくに財布に注意を払ってください。もし、財布の中の「銀行カード」などを一緒に擦られますと、再発行手続きが大変ですから、スリの職人芸に負けたらいけませんよ。

 実はですね。スリではなく、20日の午前中に「腕時計」を温泉のロッカーに忘れ、その日の夕方にコンビニに立ち寄り、「財布(現金6万円余りと銀行カード4枚入り)」を、コピー機のところに忘れて帰り、財布の方は、その”翌日”の朝に気が付いたのですよ。
 このどちらも、同じ日に”2度の忘れ”・・・、ついに、私も高齢による「認知症」の始まりなのか?と、そして「銀行・郵便局などのカード再発行手続きが面倒だなぁ〜」と思いながら、コンビニに行きレジで尋ねると、「あぁ、お預かりしていますよ・・・」とのこと。「あぁ、助かった!」と、胸を撫で下ろしました。
 これも運ですよ・・・。時計も財布も忘れた”不運”が、どちらも無事に戻った”幸運”に好転したのも、”全て運!”ですよ。
 そして、これは神様が「高齢になったのだから、気を付けよ!」と叱咤されたのだと反省しています。
 でも、「忘れた財布が、無事に戻る・・・とは、さすがに”日本だ!”」と、翌日の露天風呂で親しくなった常連さんが、感心していましたよ。

 しかし、同じ”神様”でも、冒頭の「デパ地下のさとばぁ」の苗字;「”神”山 さと」容疑者の”神”さまは、「スリの”職人芸”を授ける神様」だったのでしょうか? 「正直に財布を届ける人」もいれば、「財布をスリ取る人」もいる・・・、正に世の中、いろいろですね。  

必読!「天命数霊術」と「2ちゃんねる」;どちらを信じますか?
[第2607回](小吉)・・・3月21日(大吉)

『 昨日、とても嬉しいメールを頂きました。その中で個人的な内容を省き、一般的な部分のみ、皆さんに紹介しましょう。』

(メールの一部分のみ抜粋)
『・・・(前文、省略)・・・先生の天命数霊術は、今までにないタイプの姓名判断ですが、的中率は群を抜いていると思います。
 今後の日本の為にも産まれてくる赤ちゃんには、是が非でも天命数霊術で名付けて欲しいです。
 先生はどのようにして天命数霊術を発見(※追記)したのですか?
 斬新で的中率が高く、知らない人々は損だと思います。
 運がない人は、先生の天命数霊術に辿り着くことなく 勿体ないです。
 私の場合は…娘には申し訳ないですが、
娘が結婚して子供が出来たら、孫に、ひ孫に、玄孫、又は身内の赤ちゃんに「天命数霊術」で名付けてあげて、後々は一家繁栄の道標にして行きたいと思っています。
 天命数霊術を知ることが出来ただけでも、「運があった」と思って励みに頑張ります。
 これからもお元気で普及活動頑張ってください。陰ながら応援しております。○○県 ◇◇ 


 このような本当に嬉しいメールを頂いたのですよ。最近、1日に約3000件〜5000件以上のアクセスがある中で、とても励みになり、心から嬉しくなるメールを頂きました。
その中でも一番嬉しい部分は・・・、
『・・・娘が結婚して子供が出来たら、孫に、ひ孫に、玄孫、又は身内の赤ちゃに「天命数霊術」で名付けてあげて、後々は一家繁栄の道標にして行きたいと思っています。・・・』
の想いには、私は感動の涙がでるほど嬉しいメールです。
 なぜなら、「天命数霊術」による名づけで、子孫繁栄の想いをされたことは、それが更に普及すれば、不幸な「交通事故死・焼死・殺傷事件など」が減少し、やがてネズミ算式に運気が良い人で溢れ、日本全体の発展になるからです。
 そうです、世界で日本のみが”表意文字”(中国は、簡体文字の採用で”表意”崩れ!)を、2千年も承継しており、漢字の中に不思議なパワーが、今後、何千年にも亘り、「世界平和」に貢献できる道標ができるからです。
 このような想いを持てば、”名乗り”もせず、個人的な”誹謗・中傷”している「2ちゃんねる」のいかにレベルの低さかが判りますね。このような人も、赤ちゃんの名づけの時点で、「自己主張ばかり強く、思いやりの精神に欠ける名づけ」をされた影響が、大人社会になっても、社会貢献できる強運の姓名ではなかったのですよ。ですから、「2ちゃんねる愛好者」の個人ばかりを責められないのです。
 やはり、数十年前に名付けたご両親とともに、幸運に恵まれなかったからですよ。同じ男性に生まれても、死刑囚から万札肖像の「福澤 諭吉」(天格29・地格22 ・総格51までの違いがあり、その業績が日本史、いや世界史にも残る名君・偉人になる違いがあるのです。
あの貧しい農民から、成長期・青年期に「木下 藤吉郎」(天格23・地格9補格9・総格41という姓名であったからこそ、天下取りの関白「豊臣 秀吉」になれたのですよ。
   
 この違いが、乳幼児から百歳を超える人生に影響しているのは、僅か「天命数霊術」による名づけか、どうか?ですが、この想い、あなたなら、賛同できますか・・・?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(※追 記)・・・発見の経緯!
『 必読!『天命数霊術』の開発は、”疑問?”から始まる。』
( [第1009回]2010.07.08)を、再読してください。

( 注;このブログを再読する場合、右欄の「Search」の空欄に、半角で「1009」と記入し、検索するだけで良いです。)

必読!タンザニアで殺害された「浅原雅史」さんも天格22!
[第2606回](小吉)・・・3月19日(大吉)

『  姓名判断の画数は、古代から現在まで、”日常使用”の字体で運気が変化します。「浅野」とか「浅井」というの苗字を判断するとき、”浅=9”なのか?旧漢字の”淺=11”なのか?を確認しなければ、正確な判断はできません。 これは、「高田」や「盒供廚痢氷癲10or癲11”と同様に確認が必要です。 ですから、現在人の「浅田 真央」さんでも、本来は”浅=9”の使用有無の確認が必要なのですが、特に歴史上の人物では、日常使用の「浅or淺」を正確に判断する必要があります。
 さて、昨日のニュース。タンザニアに在る日本事務所の会社員「浅原 雅史」さん(56)が殺害されたのでは・・・?という報道。やはり”浅=9”を日常使用であれば天格22であり、海外在住でも”事件事故”に遭遇する可能性が高い実証例としても紹介できると思います。』

昨日のTBSニュースから、
『 今月8日、タンザニア最大の都市、ダルエスサラームにある事務所で、会社員「浅原 雅史」さん(56)が死亡しているのを従業員が見つけました。浅原さんの遺体は日本に運ばれ、警視庁が司法解剖を行った結果、首を圧迫されたことによる窒息死の疑いがあることが分かりました。
 浅原さんは都内の情報機器販売会社からタンザニアに責任者として出向し、パソコンの中古販売などをしていたということです。警視庁は、殺人事件として現地の捜査当局から情報収集を進めています。』(19日00:15)


 さて、お気の毒にも海外に出向中に殺害されたのでは・・・?という事件ですが、やはり外国においても、日常使用してきた姓名の運気に左右されますよ。

原 雅史」天格22・地格10・総格32


やはり、画数配列がすべて”偶数”で天格22であれば、”事件事故”に遭遇する可能性が非常に高くなります。
 そこで、この姓名のように、本来が新旧の字体に分かれる「浅」と「雅」の字体確認が必要ですが、現代人ですから通常の「浅=9」と「雅=13」(旧は、変換できない12画)を日常使用されて来たこととして判断しますと、上記のような画数配列になります。
でも、戦国時代の武将、「淺井 長政」や「淺野 長政」などを判断する時は、日常使用は旧字体「淺=11」を使用していたと判断してください。

※この新漢字・旧漢字の使用有無については、従来の熊崎式は「現代人であっても、正字(旧漢字)使用!」という説ですが、これは「語源」と混同した説であり、現代でも古代でも「運気は、日常使用で変化する・・・!」ので、その時代、本人が日常使用していたからこそ、運気が変化するのです。
 この理論は、姓名判断では最重要課題なのですが、「なぜ、ペンネームやタレントネームで、有名になり、成功するのか?を、思考すれば判るでしょう。」
 世界的に有名で成功した「イチロー」選手は、決して、日常の使用頻度が低い「鈴木一朗」からの運気でないのです。日常、「イチロー=9」を使用していたからこそ、「9」のパワーの恩恵を受けているのです。

(追 記)
 昨日のニュース。
★フラワーアート製作会社の元顧問「柳 雅人」容疑者(57)も、”事件事故”を呼ぶ「天格22!」でしたよ。「押し花のレンタル商品を購入すれば、毎月、配当金を支払う」などと、ウソを言って約8700万円をだまし取った疑いで逮捕された事件です。

必読!2人目の被害者が判明、やはり”天格12”の男性!
[第2606回](小凶)・・・3月19日(大吉)

『 山陽道トンネル事故;2人目の被害者は、なんと”天格12”の男性(34)と判明・・・とは、「天命数霊術」の的中に驚きませんか? これが日本中の五剖式で判断すると、全く”事件事故”など判断できず「ハズレの説!」だと判明しましたね。それでも、私説を「2ちゃんねる」では、ボロかすに批判・・・!? 皆さんは、「天命数霊術」を信じますか? それとも名乗らず、根拠も実証もなく批判している「2ちゃんねる」を信じますか? でも世の中、「2ちゃんねる批判」を信じる人がいて、初めて改名依頼が取り消されたという「信用毀損による損害」が生じました。まあ、世の中には”理解力”がない”レベルが低い”人がいるのですね。
( このブログで、すでにマスコミにより公開された姓名で、”運気の吉凶”をブログで採りあげるのは、単に個人的な誹謗・中傷のためではなく、日本国民の一人でも、事故事件に遭遇しないように・・・という「公益性」のためですから、違法性がなく名誉毀損などにならないことを、もう一度、念を押しておきます。) 』

 このブログで、根拠・判断基準・実証をもとに、「天命数霊術」による適用事例を、皆さんに何度も紹介しましたね。
 昨日の「6・6・2」系列の姓名も、事件事故に遭遇する可能性が高い実例として、この事件の1人目の被害者を掲載しました。
 そして今日のニュースから、2人目の被害者も、「事件事故に遭遇する可能性が高い”天格2”系列」の姓名を証明する事件の被害者氏名が判明しました。

今日のTBSニュース。
『 東広島市の山陽自動車道、八本松トンネルで起きた多重追突事故は、2人が死亡、67人が負傷しました。警察は過失運転致死の疑いで、埼玉県越谷市に住むトラック運転手「皆見 成導」容疑者(33)を逮捕しました。
・・・警察によると、死亡したもう一人は、東広島市に住む会社員「今塩屋 明宏」さん(34)です。今塩屋さんの遺体は、焼けた車の中から発見され、DNA鑑定の結果、身元が判明しました。死因は焼死です。
 一方、頭を強く打ち亡くなった「丸岡 節枝」さん(65)の通夜が竹原市で行われ、職場の同僚などが亡くなった丸岡さんを悼みました。』

 どうですか、2人目の被害者は次のとおり、
「今塩屋 明宏」天格12・地格20・補格9・総格41

このような交通事故などによる”事件事故”に遭遇する可能性が高い姓名・・・、それは先ず、対外的な運気を表す「天格」が、どんな数であるのかが、一番の注目点です。それは、天格2系列である「02・12・22・32」があれば、次の地格をチラッ!と観て、「9・5」系列でなければ、十中八九!事件事故を呼ぶ運命になる姓名です。(地格が9・5系列でも、語源・龍脈に難がある場合も事件事故に遭遇することもあります。)
 でも、なんと言っても、「事件事故に遭遇しない”強運な姓名”」を持っておけば、安心して通勤・通学、そして旅行などにも行けますよ。
 
 それに、車を運転にする職業の方も、この事件の加害者のように、弱運の姓名にしておくべきではないのです。
「皆見 成導」天格16・地格22・総格38

全て”偶数”であり、特に男性では弱運の「6」系列が天格にあり、地格が22とは・・・、気分にムラがあり冷静な判断に欠ける性格ですから、事件事故を引き起こす運命にあったかも・・・? でも、総格38から人柄はとても良いですから、それだけに、このような事故を呼ぶ姓名が可哀相ですよ。
 33歳とは、私方の息子よりお若い! 33年前、「成導」という学がある名づけをご両親がされたのでしょうが、今回、このような大事故を引き起こされたこと、お気の毒に思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 以上のことを実証すれば、「いかに姓名が、”人生の吉凶”」を導くのか? もう、理解されましたでしょう。ボロかすに書いている「2ちゃんねる」と、どちらを信じますか・・・?

必読!「16+16=32」も”弱運”で「事件事故に遭遇する可能性」がある!
[第2605回](大吉)・・・3月18日(中吉)

『 昨日の山陽自動車道で、12台が玉突き事故で、死者2人・負傷者68人という大事故がありました。お気の毒にも、偶然に遭遇した事故死ですが、一人は脳挫傷で即死、他の一人は身元が不明な焼死だそうです。
 災難というのは、誰も前日までは予測が付かないものです。これが運命なのですが、その「災難に遭う”可能性”を少しでも低く」して、逆に「幸運に恵まれる”可能性”を少しでも高く」しておくことです。
 その違いを、根拠と実証できる幸運の姓名にしておけば、阪神淡路大震災・ニュージランド大地震・東日本大地震の時でも、奇跡を呼ぶ姓名があること、すでにこのブログで紹介済ですよ。
 そこが、最近、「・・・2016年は、金運に恵まれること”間違いない!”」と、誇大広告で断定した占いとは、根本的に異なるのですよ。
 いいですか・・・、「・・・に間違いない!」ということは、人の死亡率100%以外は、かならず例外があります。ですから、断定することは”ダマシ”になること、賢明な皆さんであれば、昨日の交通事故死からも、世の中の”偶然性”についても理解できますでしょう。』

本日のTBSニュース。
『 17日午前7時30分ごろ、広島・東広島市の山陽自動車道下り線「八本松トンネル内で発生した車12台」が絡む”玉突き事故”。トンネル内で車5台が炎上し、2人が死亡しました。その内1人は、心肺停止の状態で見つかり、病院で死亡が確認された竹原市の会社員「丸岡節枝」さん(65)。もう1人は、焼けた車の中で見つかりましたが、性別がわからない状態だといいます。・・・』

 さて、このようなトンネル事故火災による被害者は、本当にお気の毒であり、ご自分の過失など全くなくても、何にも換え難い命を奪われるのです。これが「事故事件に遭遇」して、”貴重な命”を奪われる”災難”なのです。
 このような交通事故は、「一人一人の努力?」では、どうにもならない”災難”です。
 このような災難を受けるのも「運命」、災難を奇跡的に避けるのも「運命」ですよ。そのためには、少しでも「事故事件に遭遇する可能性が低い”強運な姓名”になっているのか?」・・・を、あなたやご家族の姓名を再検討してください。

 現在までの実証として、‥軍福0・2」系列のほか、偶数ばかりの画数配列の中でも、特に天格・地格・総格の相関関係にも、氣を配ってください。
 この△亮他攣例が、昨日の山陽自動車道のトンネル事故による犠牲者「丸岡節枝」さん(65)です。

「丸岡 節枝」天格16・地格16・総格32
(節=13)(枝=8)
この丸岡さんは、「3・8」タイプに類似した人柄も良く、「6」のダブリで大人しい感じ、でも本質は、「32」からとてもシッカリした方です。しかし、この姓名を”生命=運命”から判断しますと、真が逆になる場合があります。
 「人柄と生命」とは、別の観点から判断する必要があります。
 どんなにお人柄が良くても、「生命力」とは異なるのです。
 この「生命力」から観ますと、「16+16=32」の組み合わせは、下記の交通事故死のように、男性でもこの組み合わせは、同様に「生命力」が弱い組み合わせであることも、記憶していてください。

ブログ[第2130回]を再読、
 『 25日未明、長野・松本市の長野自動車道下り線で、大型トレーラーに大型トラックが追突し、さらに別の大型トラックが突っ込みました。
 この事故で、大型トラックを運転していた新潟・長岡市「平賀清文」さん(43)と香川・高松市「久志 正」さん(42)の2人が死亡しました。』

類似の交通事故で死亡された平賀さん、
「平賀清文」天格16・地格16・総格32
 このように、特に男性には”弱運”の「6」のダブリで、結果が「2」系列であれば、”事故死”に至る最悪の事態が予想されていたのです。
 
 このように、「天命数霊術」の的中率が發ても、私は「・・・事故死になること、間違いなし!」とは、根拠や実証があっても、「・・・”緑色?”の財布で、金運”間違いなし!”」という占い師のようには、断定できません。
 人の死亡率100%以外は、占い的中率100%(”間違いなし”と言う表現)・・・ということは、現実には有り得ない”ダマシ”であること、もう皆さんは騙されませんね。
私はいつも「”事故事件”に遭遇する可能性が高い!」という表現にしていますでしょう? とてもとても「間違いなし!」とは、断定できませんよ。

(追 記)
 昨日のニュース。この事件事故に遭遇するタイプは、”男性の弱運”であり、母親を殺害した愛媛・今治市「藤原直樹」容疑者(53)も、天格26・地格26・総格52 の画数配列でしたね。要するに、「6・6・2」系列も事件事故を呼ぶこと記憶していてください。

必読!地方新聞掲載の”ベストの運気”?「赤ちゃん名付け」事例!
[第2604回](小凶)・・・3月15日(大吉)

『 毎週、日曜版で紹介される地元新聞の「赤ちゃんの名づけ」事例、私説「天命数霊術」から観て、毎週”運気の良い児・恵まれない児”が誕生しています。
 今日は、”画数のみ”から観て、〃鮃運・知徳運など「対外的な運気」が良い児、◆崑估眦な思考力・創造力・表現力など三大能力」を持っている児、の二つのパターンを、良い事ですから、実名で紹介しましょう。』

 毎週、地元新聞(山陽新聞)の日曜版では、「満一歳なりました」という写真入りで、赤ちゃんの姓名が紹介されています。
 この中から、1昨日3月13日分;84人のうち、将来、世の中に貢献して、「歴史上の成功者」として崇められる可能性がある赤ちゃんを紹介しましょう。
(過去のブログでは、”事件事故”に遭遇する可能性がある赤ちゃんを、”個人名”のみを紹介してきましたが、今回はベストの運気が予想されますので、フルネームで紹介させて頂いたこと、何卒ご了解願ます。)

◎「画数のみからみたベストの赤ちゃん!」