<< 必読!気の毒に、53歳の「藤平 浩」被告が27年の懲役! | main | 必読!ご注意!「黒バスケ」容疑者「渡辺博史」と類似姓名! >>
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!独創的な発想で、”青年”億万長者「金城拓真」氏!
[第2022回](大凶)・・・12月15日(大吉)

『 驚くほどの成功者!「”チョッとした発想”と”実行力”」!
 この二つの偶然が一致した時、億万長者になることがあります。
でも、その偶然を呼ぶのは、やはり姓名の「9・5パワー」の運気なのですよ。
 昨年([第1742回]2012.11.24)は、「蚊取り線香」の発想でマレーシアの億万長者になった「小西史彦」氏を採り上げました。今日は、アフリカで中古車販売業をして、大成功:億万長者になった「金城拓真」氏(31)の成功談ですよ。』

31歳と言えば、まだ青年。国内では、この年代ではまだ無職のニート・引きこもりも多く、内閣府の調査では約70万人もいるという。
でも、もともと「学歴なし、資本金なし。コネなし。」の3悪条件でも、「独創的な発想・行動力」の2つの偶然に恵まれれば、億万長者のチャンスがあるのですよ・・・!
 その偶然を呼ぶのは、『”9・5”パワーある姓名』から・・・と覚えていてください。
 「金城拓真」氏、41社;年商300億円の青年社長(沖縄県出身)。
 25歳でアフリカ東部・タンザニアに、中古車を売るビジネスを始め、今では運送業社、建設業社、経営コンサル会社、広告代理店、鉱山経営など41を超えるグループ企業を束ねる億万長者です。
 現在「金城拓真」氏は31歳ですが、このチャンスに巡り会ったのは、25歳で韓国に留学(国内の大学では入学金が高いので)したとき、その”偶然”?が訪れたそうです。
そして彼は、「ある日、知り合いのグルジア人学生が、『俺の叔父は、韓国の中古車を大量に仕入れて、グルジアに売ってるんだ』と話していたんです。その話を聞いていたアンゴラ人の兄弟が、『俺たちの国は内戦が終わった直後で、車が全然足りない。アンゴラに輸出すれば、絶対儲かるよ!』と聞いたのです。
 それで彼は、『「これはチャンスだ!」と思って、ボクと日本人の留学生、そしてアンゴラ人の兄弟の4人で、中古の韓国車6台を100万円で買い、コンテナに積んでアンゴラに輸出しました。一人当たり25万円出し合ったのですが、学期の初めだったので手持ちの学費を流用したんです(笑)』とのこと。この25万円が、結果的には300億円に化けたそうです。
 3ヵ月後、その現代車は350万円で売れ、猗力瓩鮓出した4人は続々とアンゴラに韓国車を輸出し、あっという間に3000万円ぐらい儲けが出たと言うことです。
  さて、このように偶然と実行力に恵まれたのは、
「金城拓真」天格16・地格19・総格35
(この配列は、野村証券の創業者「野村七」天格26・地格9・総格35 と同じです。)

どうですか。天格は16ですが、「9・5」が2ヵ所ありますね。ですから、この「6」系列は長所に働きます。
 ところが、この偶然の学友の話を聞き流していては、ハイそれまで・・・。
 でも、「待てよ!この話はいけるぞ!」と考えつくのが”思考力”なのです。そして、「それを実行するには、どうしたら・・・?」と発想を巡らし実行方法を思いつくのが”創造力”です。
 この”思考力”と”創造力”・・・、これを生み出すのが「”地格19”のパワー」であり、その結果、”金運”を導くのは、"総格35"です。

 現在は、なお発展続け、「原油やレアメタル(希少金属)」など資源価格の高騰などを追い風に、安定的な経済成長を続けています。中古車販売業を皮切りに、土地開発、ホテル業、鉱山採掘業、タクシー業、卸売業などの事業を多角的に展開。タンザニア、ニジェール、ベナンなどアフリカ8カ国と日本国内で設立した「津梁貿易」などグループ41社を、僅か6年間で率いる若きビジネスリーダーに成功したのです。
どうですか。海外生活も大変でしょうが、若き時代では、国内で”年収2〜3百万円の惨めな弁護士”生活しているより、「金城拓真」氏のような冒険も生き甲斐があるのではないでしょうか・・・?  

コメント
コメントする