<< 必読!女優「桐谷美玲」が今年の「最も美しい顔」に選出! | main | 必読!実に少ない「健康・知徳・性格」に恵まれた子! >>
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!疑問?誕生日占い;実にいい加減な誕生日が多い!
[第2779回](中吉)・・・12月22日(大凶)

『 実に「”誕生日”占い」ほど、いい加減なものはありませんよ。約半世紀前までは、特に農山村地域では、助産婦が自宅に来て出産させて証明書を発行し、それを役所に届けたものです。ですから、現在は病院出産で医師の証明書ですから、誕生日の間違いはほとんどありません。しかし、昔のいい加減な誕生日で、誕生日占い・・・とは? この事実を知って欲しいのですよ。』

 実は、私が小学校3年生の時、今は亡き母親からコッソリ聞いた話です。
『 いいですか、自分の心の中だけで、誰にも言ったらいけませんよ。産婆さんに迷惑をかけますからね。学校の連絡帳には、誕生日は12月20日になっているでしょう。でも、実際生まれたのは19日の夜なのよ。でもね、産婆さんが、「19日(ジュウク)とは、縁起が悪いので、20日が出産日として置きますよ」とのことで、本当の誕生日は19日よ・・・!』とショックなことを、小3の子どもの時に言われたこと、この78歳の誕生日を迎えた1昨日まで、家族にも話していません。なぜなら、誕生日の使用頻度は少なく、姓名ほどの影響がないからです。しかし、私は現在まで、心の中で「19日生まれだ!」と人知れず意識をしてきました。
 いいですか、誕生日ほどいい加減な日付はないのです。ですから、「天命数霊術」では、誕生日はそれほど重要視しません。ただ、同姓同名でも運気が異なる要素として、誕生日の違いが若干の影響があるかな?と思うだけです。

 ’末も28〜31日になれば、どこの家庭も気ぜわしく、それを気を利かせた助産婦が、「 もう少しで、めでたい正月ですから、誕生日を元旦にして置きますよ。」とのことで、実際は年末でも「1月元旦〜3日生まれ」の証明書を発行したことが傳えられて来ました。
また、もう一つの理由は、昔は”数え歳”の習慣があり、12月31日生まれの人は、翌日の除夜の鐘があると、まだヘソの緒を切ったばかりで、目が開いていない乳児でも、「数え歳;2歳!」なんですよ。ですから、年末生まれは元旦にしたのです。
◆仝什澆任眛瑛佑任垢、うるう年の2月29日に出産した児は、必ず3月1日にします。なぜなら、誕生日が4年に1回・・・とは、可哀想だから・・・という理由です。
 4月1日生まれの児は遅生まれで可哀想だから、学年が1年遅い早生まれの方が有利だから、4月2〜3日生まれにしたという理由で、虚偽の証明書も昔は珍しくなかったそうです。
ぁ,修梁勝◆岷鏥が悪い”仏滅”とか、”三りんぼう”の日」、そして「死・苦の4や9系列の日」を翌日にする証明書に虚偽記載が平然と行われて来たのです。
 
 どうですか、現在の産科病院でも多少の虚偽記載はあると思いますが、誕生日を縁起が良い元旦生まれの史実「木下 藤吉郎」(のちの豊臣秀吉)に作為的にした有名な話がありますね。
『 「木下藤吉郎」の生年については、従来は天文5年(1536年)といわれていましたが、最近では天文6年(1537年)説が有力となっています。誕生日は1月1日、幼名は「日吉丸」となっていますが、これは『絵本太閤記』の創作で、実際の生誕日は『天正記』や家臣・伊藤秀盛の願文の記載から「天文6年2月6日」とする説が有力です。幼名が日吉丸という縁起が良い名づけでしたから、「初日の出の正月元旦にしたのでは・・・?」と言う説が事実のようですね。』

 以上の 銑い里茲Δ肪太呼が正確でないことが多いのです。
 そこで、「誕生日占い・・・たとえば 四柱推命:生年月日で占い」などを、あなたは信じることができますか?
それに、年末年始ですから、もう一度言っておきますが、「十二支(干支;えと)」 は、”動物”ではありませんよ。一年間の”植物”の成長過程を表すのです。今年は「申(さる)」、来年は「酉(とり)」なんて・・・? 動物ならなぜ「猿(さる)」とか、「鳥(とり)」の字体にしないのでしょうか?・・・どんな事でも、「なぜか?どうして?」を思考しないから、国民は平安時代から騙されてばかり・・・なのです。
なぜなら、庶民の運気が上がらないように、いつの時代でも支配者が仕組んだウソが多いのですよ。

コメント
「だいぶ昔なので、2月生まれらしいが3月1日生まれで役所に届けた。」と、大正生まれの祖母より、生前よく聞かされたのを覚えています。また、国ごとに標準時が違うので、生まれた国によって前の日になったり、次の日になったりしますね。先生も良いお年をお迎えください。
  • 太宰ファン
  • 2016/12/31 8:31 AM
  •  
太宰ファンさま
 おそらく、2月29日生まれでしょうね。4年に1回の誕生日が可哀想・・・ということで、3月1日生まれ。このように「誕生日や干支・血液型などの占い」は、実にいい加減なものですから、賢い知識層は信じないのです。そんな”占い”と「天命数霊術」とは異なるので、特に今年度は知識層(医大教授・開業医・国際弁護士・外交官・裁判所書記官・実業家など)の命名・改名依頼が多くありました。
コメントする