<< 臨時!「動画」(「天命数霊術」の基本)を熟読されたい! | main | 必読!癌(がん)の発生と増殖・転移も、”運”が影響! >>
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!運気が良い国民が増えれば、税金を有効活用できる!
[第2782回](大凶)・・・12月28日(中吉)

『 ”事件事故”の発生は、被害者はもちろん、加害者にとっても”悲劇”ですよ。だれ1人として歓迎する者はいないでしょう。そのうえ、重要事件などの解決のため、高額な捜査費用に相当数の人的要員も必要であり、国民の高額な税金を投入することになります。
 この日本から、少しでも”事件事故”を減少させて、被害者・加害者の双方にとっても、何のプラスにもならず、そして捜査・解決のために高額の人的物的損害費用を、国民の福祉や教育に転用できれば、さらに日本国の発展に寄与します。そのためには、国民の皆さんが、「”事件事故”に遭遇しない”運気”良い名付け」をして欲しいですね。』

 さて、事件事故のニュースは、全国で毎日のように報道されています。過日のTBSニュースでは、次のような報道がありました。
 「何故、このような事件が後を絶たないのでしょうか。何故、犯罪を繰り返す人間が存在するのでしょうか。都(みやこ)の全ての夢を奪った犯人を許せません。これからも都を忘れずに寄り添ってくれた人々の心の中で、都は生き続けてくれると思います」と、平岡さんのご遺族のコメントに、私も同感で憤りを感じます。
 そして、報道された「事件の経緯と概要」は、次のとおりです。
『 7年前、広島県の山の中で、島根県の女子大学生の遺体が見つかった事件で、警察は事件のあと、交通事故で死亡した当時33歳の男を、容疑者死亡のまま殺人などの疑いで書類送検しました。
 遺体発見から7年、事件は20日、大きな局面を迎えました。
 殺人などの容疑で書類送検されたのは、事件当時、島根県益田市に住んでいた会社員「矢野 富栄(よしはる)」容疑者(当時33)です。
 この事件は2009年、広島県の臥龍山で島根県立大学1年「平岡 都」さん(当時19)の切断された遺体の一部が見つかったもので、合同捜査本部は「7年間で延べ31万人の捜査員」を投入し、捜査を続けてきました。事件発生から7年、なぜ、これほどまでに容疑者特定に時間がかかったのでしょうか。
 警察によりますと、不審者や車の通行履歴などを洗い直した結果、今年になって矢野容疑者が浮上したということです。また、今年10月から11月にかけ、押収された矢野容疑者の「デジタルカメラやUSBメモリー」には、平岡さんの遺体や包丁などの画像が、あわせて57枚あったということです。
  事件発生から7年、容疑者死亡のまま書類送検されたことで、事件の全容が解明されないまま、この事件は終末を迎えました。』との報道でした。

 この事件、被害者のご遺族(ご両親)にとっては、憎むべき「わが子を殺害した犯人」が死亡していては、その怒りを一体、誰に向けるべきか・・・、一般の殺害事件以上に、お気の毒に思います。
 このようなお気の毒な事件に対して、冒頭のようなご遺族のコメントになりました。
  しかし、このような事件に遭遇する被害者も、殺害事件を起こす加害者も、「”不運”な名づけが原因だった!」と、不謹慎をも返り観ず、申し上げずにはいられません。
 いいですか、このブログ2700回以上の精神を読み込んで頂ければ、軽はずみに事件の発生原因を述べていないことを、どうかご理解頂きたいのです。
 結論から言えば、
「被害者も加害者も、”幸運な姓名”を持っていれば、加害者の理性心・抑制心から、殺害着手に至らず、また被害者もそのような災難には、初めから遭遇していなかったのです。」
 そこで、終わりになりましたが、
★被害者「平岡 (みやこ)」天格16・地格8・総格24
とても温厚で人柄が良く、賢い美人数がありますが、残念なことに”奇数”がなく、対外的な運気を呼ぶ「天格9・5系列」ではないことから、”事件事故”の凶運が来れば、素直な性格から受け入れてしまうのです。
  遺憾ながら、「平岡」姓には「都(11)」は、適合していなかったのです。

★加害者「矢〇 富◇(よしはる)」天格17・地格20・総格27
  この画数配列は、「7」のダブりで、自己主張が強い言動があり、意のままにならないと、キレやすい性格であり、天格に「9・5」系列がないために、理性で行動を抑制する性格ではないのです。
  ご両親は、33年前、愛情一杯で「富に栄える子になって欲しい!」と「富◇」と名付けられたでしょうが、「矢〇」姓には「富◇」は適合していなかったのです。でも、この名を「よしはる」と武士の”名乗り”のようで、”明るい”音感は良いのですが、現在では、「富」を”よし”で「◇」を”はる”とは、読めない人が多いでしょうね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  以上のように、犯人捜査に、予想外に7年も要して「延べ31万人の捜査員を動員した捜査費用」は、実に高額になります。
  もし、上記のように、被害者・加害者とも運気が良い姓名に名づけられていたら、両者に不幸が生じることなく、31万人の捜査費用は必要ではなく、その予算は国や自治体とも、他の福祉や教育予算に転用できたかも知れません。それに第一「平岡 都」さんは、今頃は島根県立大を卒業して社会人で活躍しているでしょう・・・。
 結論から言えば、「天命数霊術」による名づけの効用は、”事件事故”の被害者・加害者を減少させたうえ、国民や都道府県民への「生活向上予算」として活用できる手法とは、皆さんは思いませんか・・・?

(お知らせ)
※疑問点がありましたら、ご遠慮なく、メール願います。
◆ PCメール;info@gakuyo951.jp (@⇒@)
◆ 携帯メール;09090653019@docomo.ne.jp(@⇒@)
◆ 携帯電話;090-9065-3019

コメント
コメントする