| main | 『 9のつく日に寄せて・・・』 >>
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Archives
「節分 」にあたり・・・。
2017年。
今年の「節分」は2月3日の金曜日です。
「節分」について「広辞苑」には、≪季節の変わる時、すなわち四季の始まりである立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日を指す≫とあり、もともと「節分」は年4回ありました。
四季のある日本では、季節の分かれ目の中で新しい年を迎える前日、いわゆる「節分」には、邪気や病魔・さまざまなモノからの厄災などを受けやすいと信じられてきました。
それらを赤鬼・青鬼など「鬼」の姿になぞらえ、「節分の象徴」とされてきたのです。
一つの例ですが、12月31日の大晦日から1月1日の元旦にかけて「二年参り」をして、旧年中の厄を祓い、新しい年の無病息災・家内安全・五穀豊穣などを祈願することにより、清々しい気持ちで一年を迎えることに似ています。
そこで、特に寒い冬が終わり、草木や花・作物などが芽吹き始める季節を、人の人生と重ね合わせるように、「立春の節分」が重要視されてきたようです。
新しい年の出発ということでは、「節分」はとても重要な日として位置づけられています。

「節分」については、皆さま良くご存じのこととは思いますが、「節分」では家長もしくは厄年の人が「鬼」が嫌がる方法として、「決して芽を出さないように深く炒った大豆」を撒いて、旧年中に家族に気付かぬうちにまとわりついた邪気や病魔・さまざまなモノからの災厄、そして自分自身の中にある様々な欲心や穢れた心などを、「鬼は外」として自分の身体や自宅から外へ追い出し、家族の安寧な日々を護っていくのです。

さて私事ですが、『天命数霊術』にまつわるブログを開始して、早いもので約「10年」が経ちました。
ブログの回数は、2700回を超えました。
「十年一昔」という言葉がありますが、この10年、拙い私のブログを楽しみにしておられる皆様に応えるべく、これまで続けてきています。

「天命数霊術」を理解されて、\屬舛磴鵑量震勝´起業された会社名 3業された店名 い茲蟠い運を呼び込むための改名・・・などのご依頼が年々多くなってきました。
 
「健康で、賢く、成長も早くて、育てやすい」「事業が発展し、拡充している」「店が繁盛している」「2店舗、3店舗と増やしている」「事故に遭遇しても、大難ながら小難で済んだ」など、皆さまからお知らせを頂き、大変嬉しく思っています。
同じ方から、重ねての命名や改名のご依頼を受けています。
また、最近、ブログを読み始られた方々から、「命名」や「改名」に関する質問を多く受けるようになりました。
長く読み続けて下さっている方々には、重複することになりますが、新しい方々には、「過去10年の私のブログを読んでください。」だけでは、いささか乱暴であり、不親切ではないかと、気付きました。

そこで10年を迎えた節目に当たる2017年の「節分」を期に、私自身も初心に還り、折に触れ「天命数霊術」の基本を少しずつ説明していく所存です。
長く読み続けて、よく理解して下さっている方も、復習の意味も含めて、さらに深く・深く・深く理解し、研究して頂けたら幸いです。
私たちは日々生きていく中で、「大きな喜びや幸せ」に歓喜するときもありますが、思いもよらない「大きな不幸や事件」に遭遇してしまうことがあります。
そんなとき、私の「天命数霊術」の考え方が、皆さまそれぞれの喜びを倍増し、思いがけない災難を回避し、悲しみを少しでも軽くすることができれば、こんな嬉しいことはありません。

「天命数霊術」の研究は、日々広く深くなっていると、自負しているところです。
皆さまの生活がより豊かになるよう、ブログを更に充実させて行きたいと思っています。          



 望月岳陽



(お知らせ)
 崚渓真霊術」に関するご質問は、PCメール(info@gakuyo951.jp)又は携帯メール(09090653019@docomo.ne.jp)にお願いします。その際、件名欄には「都道府県名と苗字」を必ず記入してください。なお、お急ぎのご用件は、090-9065-3019にテレください。

◆屐擦函は、どちらが良い名づけですか?」との質問がありますが、使用字体も苗字も不明なのに、その判断はできる訳がないのです。
 ブログ左欄上の「★姓名判断・命名・改名の手続き・プロフイール★」を読まれてから、正式にお申込み願います。

コメント
コメントする