<< 『 9のつく日に寄せて・・・』 | main | 『図書の語源について』 >>
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Archives
RecentComment
「国民全員の『苗字』は明治時代から」
2月13日は、明治3年に「平民苗字許可令」が公布された記念すべき日です。
それに基づき、明治5年になり「壬申戸籍(じんしんこせき)」が編纂されました。

当時は、漢字を含め様々な教育が行き届かないことや、庶民が苗字を持つことなどが、お上からお咎めを受けるのではないかと間違った恐怖心などで、戸籍の編纂は遅々として進まなかったようです。
そこで明治政府は、「許可制から義務制へ」と移行して、明治8年9月19日に「平民苗字必称義務令」を公布しました。
そこで、全国の村役人や寺子屋の師匠、僧侶などの知識を借りて、
庶民は漢字で自分の苗字を考え、役場に届けました。
「壬申戸籍(じんしんこせき)」の完成により時間を要しながら、明治15年頃になり、やっと全国の戸籍簿が完成しました。
日本が近代国家を目指すことの一つとして、「四民平等の思想と近代国家制度」を確率するため、全ての国民が平等に”苗字”を持つことに尽力したことは、「近代日本の夜明け」を象徴した出来事です。

このように「苗字・名字」や「氏・姓」との違いについては、
折に触れ説明させて頂きます。



望月岳陽

コメント
承認待ちのコメントです。
  • -
  • 2017/02/15 6:12 PM
  •  
コメントする