<< 「国民全員の『苗字』は明治時代から」 | main | 「コメント欄の質問」に答えて >>
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
『図書の語源について』
「図書」という語は、「図」「書」それぞれの語源から生まれた熟語です。 
「図」は、古代中国の三皇五帝の時代に、黄河から出た「龍馬」の背に現れていた図から「河図(かと)」が生まれ、これは後世、易の卦の基となった図形です。
「書」は、夏王朝の禹王時代に黄河の上流にある洛水から、背中に不思議な文様のある亀が上がって来たことから、「洛書(らくしょ)」が生まれました。
この2つの不思議な出来事を記した書物を、「河図」「洛書」と言います。
そこからそれぞれ一字をとって「図書」という言葉が生まれました。

「望月岳陽」の「天命数霊術」は、「書」に当たる『後天八卦図』(神亀の図)に基づいた説です。
亀の背中の文様「首(9)→腹(5)→排泄(1)」のラインは、脊椎動物にとって、生存のためには最も重要なラインであることに着眼しました。
この考えは、脊椎動物である人間にも当てはまります。
人が生きて行くために重要な数である9・5・1を、最大吉数とする私の説が生まれました。



望月岳陽



コメント
承認待ちのコメントです。
  • -
  • 2017/02/21 9:48 PM
  •  
承認待ちのコメントです。
  • -
  • 2017/02/22 12:12 PM
  •  
コメントする