<< 「コメント欄の質問」に答えて | main | 「過去のブログ」について >>
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Archives
RecentComment
「命名・改名・姓名判断」は日常の画数から
曙(17)や白鵬(5+19)のように、自国の名前を持ちながら、日本名の四股名(しこな)で「横綱」にまで登りつめています。
戸籍名のみではなく、通称名や雅号・芸名・ペンネームなどを使用して、教科書に載っている歴史上の人物や、芸術や芸能などで現在活躍している人物が数多くいます。
そのことから、戸籍名が必ずしも運気を呼ぶのではなくて、日常に使用する通称名が強運であれば、人生を大きく変えるという証です。

姓名判断・命名・改名は、日常ほとんど使用しない「戸籍名」や日常使用している漢字ではない「旧漢字」で判断しても、現実には当てはまらないことが多いです。
これまでは、“草かんむり”は4画または6画(象形文字)という説、“サンズイ”は水を表すから3画ではなく4画などと言う説が主流を占めていました。
日常使用しなくても、語意・語源から判断して旧漢字を使用するという説が多数でした。ところが最近では、市販されている赤ちゃんの命名に関する本を見ると、画数は日常使用する漢字が多くなってきているようです。
日本人の姓名は、漢字(表意文字)が主体ですが、ひらがな名・カタカナ名でも同様に画数判断ができます。

日本人の苗字に多く使用されている漢字には、「沢(澤)」「辺(邊・邉)」、「斉(斎・齊・齋)」や「高(癲法廚覆匹あり、個人名では「恵(惠)」「広(廣)」「栄(榮)」「桜(櫻)」「弥(彌)」「豊(豐)」「亀(龜)」「竜(龍)」などがあります。
日常、その人がどの漢字を使用しているかによって、画数が変わり、それに伴って運気も変ります。

新漢字と旧漢字について、発見したことがあります。
以前は、女児名に使用される「恵=10」という漢字は、旧漢字の「惠=12」で判断すべきだと言われてきました。
ところが、この「恵」という漢字は、平安時代初期に活躍した高僧空海の書跡(国宝)では、「恵=10」で書かれていました。
しかもその空海の師匠であった「恵果和尚」を「惠=12」と書かず、「恵=10」で墨書しています。

さて、皆さんはお気づきになられたでしょうか。
空海が活躍した時代は平安時代初期です。
昔の人である高僧空海は、新漢字と言われる「恵=10」を使っています。
何を以って新漢字と言い、何を以って旧漢字と言うのでしょうか。
いつの時代の漢字が新漢字で、いつの時代の漢字が旧漢字でしょうか。
興味のある人は、いろいろ調べて見てください。
漢字について面白い発見がたくさん眠っているかもしれません。
 
話を元に戻しますが、戸籍名に関わらず、毎日使用している名前の画数こそが、その人の人生(運・健康・仕事・結婚)をあらわすのです。
自分の名前を書く時は、一点・一画を大切にしてください。




コメント
コメントする