<< ★『命名・改名・姓名判断』の申し込み方法★ | main | 『1(一)』の数の意味 >>
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Archives
RecentComment
『龍』の不思議なパワー
最近、ある質問を受けました。
「以前のブログに、『龍』という漢字が名づけに良いと書かれていました。それは何故ですか。」
たいへん良い質問です。
一般的には、実在の動物や植物を表す漢字を人名に使用すると、その漢字を持つ動植物の寿命や運命などから、短命や苦労性などになりやすく、運命が限定されてしまうと言われています。
例えば、
動物では「虎・馬・牛・亀・鹿・・・など」
植物では「桜・梅・桃・菊・杏・・・など」
具体的な動植物を表す漢字は、特に運命が限定されてしまいます。
より良い人生を送るためには、できれば使用しない方が良いでしょう。

しかし、
動物に使われる「龍・鳳・凰・駿・鵬・・・など」
植物に使われる「華・咲・穂・樹・秀・・・など」
抽象的で普遍的な漢字、または、実在しない想像上の動植物の漢字であれば、寿命や運命などが限定されないので、人名に使用しても良いのです。
その中でも、古代から不思議なパワーを持つ想像上の『龍』は、古代中国史や風水理念からも、とても意義深い漢字だと言われています。

もともと『龍』という漢字は、今から約3100〜3700年前の古代中国の殷(商)〜周王朝の御世に、甲骨文字や青銅器の金文字に見られる想像上の動物として書かれていました。
紀元前2世紀末の「淮南子(えなんじ)」という書物には、飛龍(ひりゅう)・応龍(おうりゅう)・蛟龍(こうりゅう)・先龍(せんりゅう)がいて、それらから鳥類・獣類・魚類・甲殻類が生まれたとあります。
以上のことを鑑みて、『龍はあらゆる動物の祖であり、この世の神のような存在』として、敬われていました。

古代中国の人は、『龍の姿』を実在のものではなく、神秘的な想像上の動物として、九つの特徴を持つ姿を、絵や文字にして表現しています。
「角は鹿」
「頭は駱駝」
「目は鬼」
「項は蛇」
「腹は蜃」
「鱗は魚」
「爪は鷹」
「掌は虎」
「耳は牛」
要するに『龍』は、「九似(きゅうじ)」といって、9種類の動物の特徴を持った想像上の生き物を作り上げたものです。

『龍』は、あらゆる動物の頂点に君臨し、最高の瑞祥のシンボルとなり、天命を受けた皇帝のシンボルとなりました。
秦の始皇帝の時代までは、悠々と天空を駆けていた『龍』が、唐の時代になり、皇帝の権力を身近に現すものとして、皇帝の衣服の中に取り入れられ、『皇帝=九龍紋』となりました。

それらのことから『龍』という漢字は、実在しない動物であり抽象的で普遍的であるが、底知れぬ不思議なパワーを持ち、人名として名づけに適している漢字と言えます。
ただし、苗字の画数にもよりますが、でき得る限り『龍=16画』が良く、『竜=10画』の略字は使用しない方が、より強運を得るためには重要でしょう。




コメント
コメントする