<< 『天格・地格・総格・補格』『系列』の説明 | main | 『数の吉凶早見表(日常生活編)』 >>
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
『数の陰陽のサイクルは81』

「数にも霊が宿る」
これまでも繰り返し述べてきた、『天命数霊術』の根幹です。

この宇宙三千世界をつかさどるのは、『陰と陽の世界』です。
今、仮に「1〜9」の九通りの数字を「陰」とし、
もう一つの「1〜9」の九通りの数字を「陽」とします。
このことから、陰と陽は「表裏一体」であり、影響し合う関係にあります。

『陰陽=9×9=81』

この理論から、将棋で使用する盤
「将棋盤 9マス×9マス=81マス」があり、
囲碁で使用する盤
「碁盤も9が基本となり、81の4倍=324マス」、
また「碁盤の交点の目は、19×19=361目」になっています。
これらのことは、みなさんも良くご存知のことだと思います。
将棋や囲碁の世界では、マス目の数から、数え年81歳を迎えた棋士を『盤寿(ばんじゅ)』として称えています。

先に述べた「陰と陽の世界」⇒『陰陽=9×9=81』から、
どんなに大きな数でも「81」のサイクルを繰り返していると見るので、下2桁の数で吉凶判断をします。
81を超え、82〜99までの数は、「80」を引き、その残りの数で判断します。

≪例≫  95−80=15 となり、『15』で吉凶判断をします。

≪例≫  電話番号の場合  090−○○○○−8888 の場合
下4桁のうち下2桁を見て、その数字が「81」より大きい「88」なので、
88−80=8 となり、『8』で吉凶判断をします。

以上の考え方から、日常生活で使用する数「住所地番・マンションなどの部屋番号・車のナンバー・電話番号など」は、すべて下2桁の数で、その吉凶を判断します。

姓名判断をする場合は、「姓・名」に加えて、その方に関係する上記の数を鑑みて判断していきます。
そのため、同姓同名であっても、運勢はかなり違ってきます。





コメント
コメントする