Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 
<< February 2008 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!ウマイ話「リッチランド」に懲役9年実刑判決!
[第267回](小吉)・・・2月29日(大吉)

ウッカリ”上手い話”に乗ってはいけませんよ。
皆さん!騙されるほど、お金持ちが多いですね。

今日、東京地裁で「リッチランド」会長「佐伯万寿夫」に対し、懲役9年の実刑判決。
”架空の投資話”「沈没船引き上げ投資詐欺」で約150億円集めたそうである。
 まだ、記憶に新しいでしょうが、「架空”エビ養殖投資詐欺事件」で、「ワールドオーシャンファーム」会長「黒岩勇容」が約600億を集めて、逮捕されましたね。
 それに、「円天」!健康食品販売会社「エル・アンド・ジー」会長「波 和二」にも強制捜査。
それに「キングスレー」も、末期的現象で”怪しい”。
 まぁ!次々に”悪知恵”が出て来る”頭の良い人”?
 それらに、簡単に騙される被害者。
 これら3件は、皆「出資法違反」!
 皆さん!良く覚えていて下さいよ。
 お金を”不特定多数の人”から集めて投資できるのは、特別法で許可されている「ゆうちょ銀行・一般銀行・信託銀行・証券会社・生保・農協」などに限られるのです。
 ですから、「外国の会社だから、国内法には触れない!」と言う勧誘で、投資話を持ちかけられても、それはウソなのです。
 いくら外国の会社であっても、”日本国内で、不特定・多数の人”から出資金を集め、配当運用するのは、国内法に抵触するので、”違法”なのですよ。
 ところで、上記3人会長!偶然か?必然か?「総格”8”系列」と言う”良くしゃべる雄弁な数”!この雄弁に”コロッと”騙される。

「佐伯万寿夫」天格10・地格14・補格4・総格28「黒岩勇容」 天格20・地格18・総格38
「波 和二」 天格16・地格2 ・総格18
 しかも、この3人が共通してない数、下1桁「9・5・1」が全くないですね!”理性・正義感”がないのです。
 しかし、仮に「9・5」が1箇所あっても、詐欺など”知能犯”の人がいますが、天格にない場合や他に”偶数”の多い人も見られます。
 今日は、出資法違反の例をあげましたが、「統一教会」「神世界」「印鑑商法」など、”霊感商法”にも十分気を付けて下さい!
 騙されるお金があれば、ユニセフなど、恵まれない世界の子供たちに寄付して下さいね。

必読!「茂木健一郎」先生!「認知症」を助けて!
[第266回](小吉)・・・2月28日(中吉)

「何か?お探しですか?」
桃太郎温泉の駐車場!私の湯上りが済んで、私の車に乗り帰ろうとしたら、75歳くらいの高齢者の男性。
並んで駐車している車を、次々に覗き込んでいる。
「さては?車上荒らしか?」と思い、声を掛けたのである。
すると、「どれが自分の車か?分からんのです。」だって?
「えっ!自分の車が、分からないのですか?」
すぐに、私は「磁気電動のキイがあるでしょう?それなら20〜30m先からでも、点滅して分かりますよ。」
 「なに?”キイ”など知らん。」
「キイが無くて、どうして、ここまで来られたのですか?」
「確か、誰かに乗せてもらって来たような”気”がする・・・?」
私は、ここで、ハタと気付いた!「これは”初期の認知症”ではないかと!
 「そうですか、それなら、未だ温泉ホールの中に居られるのかも?もう一度戻りましょう!」と連れ立って、玄関まで戻った時!
「あれ!お爺さん!どこへ行っていたのよ!探していたんよ。」と、70歳前後の老婦人。
「あぁ!”婆さん”の運転で来たのを忘れていた!」とのこと、
 この認知症は、未だ初期である。奥さんの顔を見て、まだ思い出すから良い!「失礼だが、どなたさんでしたかのう?」と、奥さんの顔も分からなくなったら、もう”お迎え?”が近い。
  人ごとではない!私の記憶は3〜4歳の時の方が、最近の記憶よりハッキリしている。「昨日の夕食?ハテ?何を食べたか?」思い出せない。
 高齢者社会。益々”認知症”も増えるであろう。
 NHK番組「プロフェッショナル」の司会者、有名な”脳科学者”「茂木健一郎」先生(理学博士)。
 この”認知症”!何とか、なりませんか?!!
 「茂木健一郎」先生は、「天格19・地格5・補格9・総格33」。
 ”天命数霊術”から観ると、5大条件も充足。典型的な”最高の良名”。 同じ天格19でも、1昨日の「黒澤 明」映画監督と異なり、「子供の時から、勉強に困ったことが無い!」ほど、”天才的”な頭脳の持ち主!医学的な見地に加え、”脳科学”として”理科学的”な見地から、茂木先生、”認知症”を何とかして下さい。
 今、政府も力を入れ、世界で競って研究している「万能細胞」と「糖鎖」の研究。
 この21世紀の「医療革命」(ポストゲノム)で、実用化になったら、国民の皆さん!元気で”130歳”まで生きられるそうですよ。
 ※今日は”記念すべき日”!念願であったこのブログのアクセス数!
 ついに今日1日で「1066件」となり、初めて千件を越えました!
"占い分野"のブログでは、「全国一」のアクセス数です。
 (通算;8ヶ月;延べ「15万件」を超えました)
 これも、一重に、皆様のご協力のお蔭です。今後とも、これを励みに益々、全国に普及して行きたいと思います。ご友人・知人にもお知らせ下さるよう、ご協力願います。有難うございます。

必読!時代錯誤の”男尊女卑”の「講演会」!
[第265回](中吉)・・・2月27日(小吉)

「まぁ、退屈で苦痛の2時間の講演!!」
こんな面白くない講演、生まれて初めてでしたよ!
 実は、犬の散歩していたら、同じ町内の熟年婦人!「いいお話があるので、ぜひ!!」と、声を掛けられた!
 「もし、宗教的な講演やビジネスの話なら、お断り!」と言いますと、「どちらも関係ない話なので・・・ぜひ!」とのこと。
  そこで、近所の義理で、その講演会に行って来ました。
 講演会と言っても、郊外の住民集会所みたいな施設、乳幼児を連れた若い母親が主で、20人ばかり!もちろん高齢の男性は私独りだけ!
 その講師と言うのは、大阪から来た60代の女性!
 少しの自己紹介もなく、講演が始まったが、「皆さん方!どんなご主人であっても、夫婦仲良く、ご主人に感謝の日々を送りなさい!」
 そこまでは、当たり前のことだが、その次が驚いた!
「朝、起きると、ご主人の前に”正座・三つ指”をついて、”有難う御座います。今日も1日宜しく願います”と言いなさい!そして、寝る前にも、正座・三つ指をついて、”今日一日有難う御座いました。”と言いなさい!そうすれば、どんな頑固・賭け事・酒癖・浮気も直りますよ!」だって!!??
そんなグータラ亭主に実行したら、「お前、気でも狂ったか!」と言われ、反って逆効果になりそう!
 これは悪い事ではないが、まるで、江戸か明治時代の”男尊女卑”の「時代錯誤」!
 そして、辛抱すれば、夫婦仲が良くなりますよ!だって?
 この講師!一体、現代の夫婦の現状を知っているのか?
 「どうにも、救いようがない”グータラ亭主”が多く、最近の30〜40代の離婚の多いこと!離婚原因の約8割は、男性に”非”がある!」
 そのグータラ亭主でも、1〜2年なら辛抱できようが、10年20年30年と、なぜ?奥さんの方が、正座・三つ指をついて辛抱せねばならないか?そんなグータラ亭主だったら、サッサと別れて再婚した方が良い!
 平成の現代、「”おしん”のようになれ!」とは、余りにも、女性の人権を無視した考え!”時代錯誤”も甚だしい!
 細木数子も、明治時代・旧憲法下の”男尊女卑”の発言を良くする!
 「神社参りには、男性より一歩下がって、女性は”音”を発てず拍手する」とのこと!これには、全国の神社からクレーム!”音”を発てないのは、”神式の葬儀”の時だけ!細木数子は”恥”をかいたのである。
 これと同様の”時代錯誤”の講演!しかも、10分くらいの内容を、なんと2時間、同じ事を”クドイ”くらい、”繰り返し繰り返し”!
 講演なら、昔と現代の夫婦生活の違い!世界民族の夫婦感や習慣の違い!そこから、現代の夫婦に参考になる手順で講演すべきもの!
(投稿済;[第200回]12/24「ある貧しい夫婦愛の話;櫛と時計の鎖」のような話題を取り入れて、講演すべきもの!)
ヤット!講演が終わっても、拍手がなく、世話役が義理にパラパラの拍手!参加した皆さんも、私と同じ退屈で苦痛の2時間だったのでしょう!
 呆れるほど知識もなく、レベルの低い講師!あとから聞けば、どうも天理教の信者とか!
 これほど退屈で苦痛の講演に、グッタリ疲れましたよ!
 皆さん!この話、私の考えが間違っていますか? 

必読!世紀の映画名監督「故黒澤明」氏を偲ぶ!
[第264回](小凶)・・・2月26日(小吉)

 皆さん!お若いけれど「黒澤 明」映画監督くらい知っていますね。
 今日、散髪屋で順番待ち、「日本の100人」と言う雑誌から、「黒澤明」氏の特集を読んでいました。(「高橋是清」については投稿済)
人生の転機!”人の愛・情愛ある教育”から、人生を大きく変える。
 「ヤンキー先生こと義家弘介氏」([第234回1/27])、戦国武将「藤堂高虎」([第235回1/28])で投稿済のように、青少年の頃や落ちぶれた時の”恩師”や”恩人”の「一言」が人生を変える。
 実は、この黒澤明氏、小学校2年生まで、徹底した”勉強嫌い”で、成績はクラスで”ビリ”!
 授業中、1〜2年担任は「こんなこと、明(あきら)には分からんだろうが・・・」と、いつも前置きして、皆に質問するから、クラスの誰からもバカにされ、イジメられていた。
 ところが、3年生の担任「立川精治」先生。
 ある日、図画の授業で、「明!この絵は、素晴らしく上手に描けている。お前には才能があるぞ!」と、皆の前で、明を”褒め千切った”のである。それから、先ず図画の時間が楽しみになり、1つのことに優越感を持った勢いに、他の勉強も人に負けるか!と、猛勉強!
その後も、ことあるごとに皆の前で、「明!よ〜し、良く頑張った!」と褒めるので、益々猛勉強!
  ついに、5〜6年生では、首席になり、級長になったのである。
 この立川先生の「一言」がなければ、世紀の映画名監督は誕生していなかった”恩”を一生忘れず、大人になってからでも、立川先生を良く訪ねたそうである。
この「黒澤 明」氏の作品は、「姿三四郎」「七人の侍」「羅生門」「椿三十郎」「影武者」「乱」などが有名!特に「羅生門」では、24回アカデミー賞(特別賞)を受賞している。(私は、これらの作品、すべて映画鑑賞済)
ところで、不思議なのですよ。
 「黒澤 明」に縁の深かった人は、殆ど、天格か地格に「19」があるのです。
「黒澤 明」(本人)天格19
 「立川精治」(恩師)天格19
 「三船敏郎」(俳優)地格19
 「志村 喬」(俳優)天格19
 「淀川長治」(映画評論家)天格19
 これらの方々に恵まれる”運気”が「黒澤 明」氏の「天格19」の効用なのです。もともと、才能がある少年時代に”恩師”「立川精治」先生の”一言”で、世紀の偉大な映画監督を誕生させ、映画史上にその名を残したのです。
  いかに、子供への教育が、日本の歴史・日本の将来を変えて行くことか、お分かりになりましたでしょう。  

必読!日本で一番古い”屋号”「法師」が”苗字”に!
[第263回](中吉)・・・2月25日(大吉)

「日本で一番古い”屋号”の”温泉旅館”を知っていますか?」
「日本で一番古い”和菓子屋”を知っていますか?」
こんな知識があれば、クイズも強くなり、話題が豊富になりますよ。

テレビ番組「水戸黄門」に出る「”近江屋”おぬしも悪よのう!」と悪代官のセりフ。この”近江屋”とか、三越の前身”越後屋”など、苗字のない時代、屋号で通用していた。
 いや、商家だけではなく、現在でも、田舎の農村地帯では、一集落に同姓が多いので、一般家庭でも”屋号”で呼ぶことが多い。

 ところで、話を戻すと、”一番古い屋号”で”一番古い温泉旅館”は、石川県粟津温泉の老舗;「法師」(18画)であり、「世界のギネスブック」に登載されている(と言うことは、世界一の老舗!)。なんと西暦717年(養老2年)から現在まで、約1300年「法師」の屋号で永続しているのを、ご存知でしたか?
 現在の当主は、46代目「法師善五郎」氏(代々”襲名”)。
 ”屋号”の「法師」が、明治以降、戸籍上の”苗字”になった経緯がある。「法師」のネーミングは、白山信仰の「雅亮法師」が、温泉を発見し、湯治場を開湯したことから、「法師」との”屋号”になったとのこと。
 私は、別に宣伝費は1円も頂いていないが、現在も粟津温泉では、一流のホテル「法師」であり、一度は宿泊して見たいと思っています。
 もう一つ。
 和菓子屋の老舗と言えば、紀州”駿河屋”が有名ですが、創業は室町中期(1461年;寛正年間)です。でも、もっと古い老舗が永続している和菓子屋があるのですよ。それは京都;今宮神社の門前の”屋号”「一和」(9画)なんですよ。”阿ぶり餅”が、なんと平安中期(1000年;長保年間)からの名物。現在は24代目の女将らしいです。
 これも、京都にお越しのおり、「一度、オアガリやすぅ〜」
(京都にお住まいの”順子”さん、知っていましたか?)
 ”屋号”の老舗;「法師=18画」と「一和=9画」!
 ネーミングのプロとしては、人名だけではなく、”屋号””会社名””商品名””戒名”など、広い知識が必要なのです。そこから、センスの良い赤ちゃんの名づけ・一般の改名などが、社会的な責任を以って出来るのですよ。 

秘伝!偶然か?素晴らしい「赤ちゃん命名」!
[第262回](大凶)・・・2月24日(中吉)

「これは、素晴らしい命名!」
素人さんが、命名した中で、偶然か?運気の良い命名!
昨日投稿した「山陽新聞6ヵ月分の1570人の中!

 もう数回の投稿!流行の”読めない””書けない””意味不明”の赤ちゃん名づけ!”悪い例”ばかり投稿してきましたね。

 今日の名は良い例だから、フルネームで紹介します。
「野上 和香奈」(のがみ わかな)ちゃん1歳!顔写真からも、とても可愛い女の子!
 先ず、”画数”は「天格19・地格12・補格8・総格39」
 「9」が2ヵ所ありますね。天格19の次、地格12は”朗らか・楽天家”などの長所が出ると言いましたね。その上、「8」の思いやり・人気数もありますよ。
 ”語意”は、「野原の上で、樹木の香りが漂う中で、和やかに食事をしている情景」が見える命名ですよ!
 ”語源”は、象形文字から、「和」は、人々が稲を分けて食べる字体、「香」は、稲に太陽が降り注いでいる字体、「奈」は樹木を祀る字体で、
3文字とも関連性があり、とても良い組み合わせです。 
 ”音感”は、「和」を”かず”と読めば、運気が悪いが、「わ」と古代読みにすれば運気はよく、「のがみ わかな」でダブり音はなく、言いやすい。
  ”龍脈”の左右別れ、旁の偏りもなく、安定感がある。
 このように、総合的に観ても、素晴らしい命名ですよ!

 素人さんの命名にしては、偶然かも知れないが、「天命数霊術」に叶った最良の名づけ!

 それに引き換え、同じ日に掲載の中で、「○○ 時雨(しぐれ)」ちゃん1歳男の子!「時雨」なんて、どう思いますか?全く”雨”など、わざわざ”縁起の悪い字体”を使用して命名する親もいるのですよ!
 これでも”愛情”を以って命名したのかな?
 またまた、つい!悪い例を出してしまいましたね。

 でも、今日の「野上 和香奈」ちゃんのような名前ばかりなら、学級崩壊・イジメ・不登校、そしてアトピーなど、この日本から”無縁”になりますよ。
 

必読!日本人の苗字の種類が多い”実証”!
[第261回](中吉)・・・2月23日(小吉)

「なぜ?日本人の苗字の種類が多いのですか?」
と言うメールが入って来ました。
 1昨日のブログに投稿しましたように、明治5年以降に”思い付き”で、苗字の命名をした経緯の他、
 日本は、中国・朝鮮とは異なり、古代から苗字がなく、余程の旧家でない限り、苗字による家系・血筋を重んじる観念が希薄!
 本家と区別するために、新しい苗字を次々に変えて行ったことにも原因がある。でも、種類数は、国勢調査の結果からでも、この目的ではないため、一体何種あるのか?正確な数は不明である。
 ただ、11〜12万種としたのは、実は姓名学者「駒沢大学名誉教授 渡邊三男」氏の研究推計であるのを、採用させて頂いたのです。

 私も規模は誠に小さいが、地元紙「山陽新聞」(岡山県内)の”満1歳になりました”と言う記事、6ヵ月分1570人から、「珍名・奇名さん」をピックアップして見ると、次のような苗字が117ありましたが、このブログでは、字数の関係から、主なものを記載しました。
        ★   ★   ★
「岩知道(いわちどう)」「五百旗頭(いおきべ)」「首尾木(しゅびき)」「伊知地(いちじ)」「名木田(なきた)」「三加茂(みかも)」「海老塚(えびつか)」「三二(さに)」「三苫(みとま)」「三竿(みさお)」「三神(みかみ)」「三星(みつほし)」「落葉(おちば)」「吉相(きっそう)」「唐渡(からと)」「浮森(うきもり)」「蓬莱(ほうらい)」「夕部(ゆうべ)」「行部(ゆくべ)」「料治(りようじ)」「天元(あまもと)」「切明(きりあけ)」「伍賀(ごか)」「阿井(あい)」「藤土(とうど)」「児子(にご)」「星子(ほしこ)」「和出(わで)」「妹山(せやま)」「霜山(しもやま)」「羽館(はだて)」「右遠(うどう)」「古城(こじょう)」「薄(すすき)」「種(たね)」「清(きよし)」などなど、後”省略”!

この中でも、「五百旗頭」を”いおきべ”なんて読めませんね。恐らく、先祖は戦国時代の侍大将の家系だと、推定は付きます。
また、「吉相」「蓬莱」などの苗字は、何だか縁起が良さそう!芽出度い苗字もあるのですね。

 岡山の一地方でさえ、こんな珍名・奇名さんが多いのです。これを全国から、検索してみると、日本人の苗字の種類の多いのに、驚きでしょうね。
 例えば、平安時代の「藤原」の姓から、分家その他で「東藤・西藤・北藤・南藤・佐藤・安藤・後藤・藤山・藤川・藤谷・新藤・進藤・神藤・藤岡・藤本・藤田・藤村・藤崎・藤沢・藤井・・・」など際限なく、日本人の苗字の種類は広がって来ています。
投稿済の「羽毛田(はげた)」「法華津(ほけつ)」なども、珍しいですね。

 特に、北海道や沖縄には、珍しい苗字があるのでは?と思っています。
 興味がありましたら、あなたの苗字の由来を調べて見ると、意外な歴史の発見があるかも知れません。
皆さん、ご存じの「珍名・奇名」さんがありましたら、コメント下さいね。

必読!珍名さん「法華津」氏と「羽毛田」氏!
[第259回](中吉)・・・2月21日(大吉)

「こんどの北京五輪の馬術競技は、法華津(ほけつ)でしょう?!」
「えっ!補欠(ほけつ)でなく、正式に67歳の最高齢で北京五輪に出場するのだよ!」
「いや、ロサンゼルス五輪では、法華津選手は補欠だったからね・・・」
 なんとも、ややこしい会話! 
「羽毛田(はげた)宮内庁長官、皇太子に進言!」
 なるほど、テレビで見る限り、苗字を聞かなくても、頭を見れば、苗字の通り!
 昔、テレビ番組「珍名さん奇名さん」をしていたのを、思い出しましたよ。日本の苗字の種類は、約11〜12万種あり、世界でもトップクラス!
 苗字の中には、こんな珍しいのがありますよ!

「日本一」「天下一」「百百(どど)」「平平(ひらだいら)」「法螺(ほら)」「五百旗頭(いおきべ)」「精力(しょうりき)」「鯛(たい)」「平目(ひらめ)」「蛸(たこ)」「白菜(はくさい)」「大根(だいこん)」など、まぁ!珍しい苗字はいくらでもあります。
 良くクイズに出る苗字!「小鳥遊」と書いて、なんと呼びますか?
 これは連想ゲーム!
 「小鳥が遊んでいるのは、鷹がいないから・・・」と言う意味から、「小鳥遊(たかなし)」なんですよ。

 ところで、「綾小路きみまろ」の苗字!
 いかにも公家の氏名のように、良く考えた芸名ですね。
 でも「姉小路」は公家だが、「綾小路」はキワドイ苗字!

 日本には、中国(約1500種)、朝鮮(30種)に比べ、なぜ?日本は11〜12万種と、桁違いに多いのか?考えたことありますか?
 ご承知の通り、日本人の約90%の家庭は、江戸以前には、公称の苗字はなく、通常は”屋号”で呼んでいた。ところが明治5年「壬申戸籍」整備の必要から「苗字必称令」により、どの家庭にも”強制的”に苗字を付けさせたのである。
 ところが、字が読めない書けない国民も多く、村の庄屋・寺の住職などに苗字を付けて貰った。何しろ、何十人何百人の苗字!いくら気の長い庄屋さんでも、初めごろの人には、「お前の家の前には、川が流れていたな?よし、”前川”にせい!」「お前の裏山には竹やぶがあったなぁ〜?よし、”竹山”にせい!・・・」なんて命名していたが、何十人も次々!
  終いには、面倒になって、「残りのお前たちは、皆”田中”じゃ!」とか、「まだ、そこに並んでいたのか、よし、お前たちは”野菜”の名を、思い出したものから順番に付けよ!”大根”でも”白菜”でもせい!」のこと。
 その翌日、また、別の家族がやって来て、「庄屋さん、わしらまだ苗字を貰っとらんがの・・・」と言えば、「えぃ!めんどくさい!内の名(庄屋)と同じでよい!それより、早よう役場に行け!」とのこと。
 (ですから、現在でも田舎の一集落には、同姓が多く、その先祖は庄屋もあれば、全く血筋がない小作人の家もある。)
 実は、この話!
 私の祖父から聞いた田舎の農民の苗字が付いた経緯を、子供ながら、聞いていたことを思い出したのである。

 これが、明治当初の状況であり、日本中の姓名判断の本に、「苗字の画数(天格・天運・先祖運・・・)」は「先祖代々受け継がれたもので、血筋・因縁を表し、家柄も分かります・・・」なんて、真っ赤な”ウソ”を書いていることが、お分かりになったでしょう!

必読!宝くじ当選祈願「秘中!風水神仙道霊符」を作成!
[第258回](中吉)・・・2月20日(大凶)

世間には”幸運な人”もいるものですね。
昼食を取りながら、テレビを見ていると、高額当選者2人を”実名”で紹介していましたよ。
 初めの人の氏名は、聴き漏らしましたが、2億5千万円の当選!
 2人目の人は「阿部一夫」さん50歳の自営業!
 わずか千円(1枚200円5枚)しか投資せず、1千万円の当選!2回目も千円の投資で、1500万円の連続当選!
 (阿部一夫さん、天格9・地格15ですね。「9の運気」と「5の金運」がありますね。)

 私の知人で3億当選者と、5千万円を2回連続当選の方を知っています。運の良い人は、連続しても当選するのですね。
 高額当選者のアンケート調査でも、”運が良かった”と言う人は
「58%」、忍耐強く買い続けるが「28%」とのこと。

 でも、”運”と言う人の大半は、”不思議な夢”を見て購入!
 冒頭の2億5千万の人、”観音様が両手を差し伸べている姿”、後者の「阿部一夫」さんは、”自宅が火事で焼け、炎の中から”龍神”が昇っている姿”など、不思議な夢が”高額当選のお告げ”!

 さて、私は日本易学センターの「神仙道霊符学師」の資格を15年前に取得しており、実は、”霊符”の中に「秘中!宝籤高額当選霊符」があり、1年で1人1回しか書いてはいけない霊符がある。(通常の開運霊符は、命名・改名色紙の裏に書いてパワーを出し、その効果は沢山の実証済です。)

 霊符は、清王朝まで貴族社会の”秘伝”!
 しかし私が社会的な責任を持って開発した「天命数霊術」とは異なり、果たして、依頼者に効果があるのか無いのか?1度も15年間作成を試みていない!
 しかも、この霊符は、夜半の”丑三つの刻”に書くので、疲労困憊する。2枚作成し、1枚は「買った宝くじに巻き保管し、1枚は封紙に包んで身に付ける」とのこと。

 皆さん!丁度”グリーンジャンボ”2億円の発売開始!
 一度、”夢見”の良かった人、ダメもとで、「秘中!宝籤高額当選霊符」を、希望者には作成して上げますよ!
(ただし、夜半”丑みつの刻”に書く慰労費として、10人様限り、1万円で霊符を作成・郵送します。私もその効果の実証例としたいのでね。ですから、当選した方、必ず”内緒”にしないで、ご報告下さいよ。)
 大いに、でかい希望を持って、挑戦して見て下さい!

※霊符をご希望の方は、「望月岳陽公式ホームページ」の「問い合わせ」から、郵送先を明示のうえ、下記に振込みして下さい。振込み順に郵送します。ぜひ、1度試して見て下さい。
  中国銀行 赤磐支店(普通)1391206 モチヅキ ガクヨウ

秘伝!文系の科学「天命数霊術」でも100%ではない!
[第257回](中吉)・・・2月19日(大吉)

 未だに「”天格19”なのに、どうして事故に遭うのですか?」と言う質問があります。
 すでに投稿していますように、いくら私の説が”人文科学”と言っても100%の的中率とは言っていませんね。
 10人姓名判断すれば、必ず1人の”例外”があるのです。この比率から、およそ的中率は90%と言っています。
 数字は、「1・2・3〜8・9・0」の10通りありますね。
 ですから、例えば「9」の発生率は10%であれば平均ですが、「天格9・19」の人の運気は、何度も投稿し、約90%の人は運気が良いのです。
 それが、例外の10%を見つけ、どうして当たらないのか?
 と質問して来る人がいますが、まだ「天命数霊術」を理解していない人だと思います。
 およそ、日本中の姓名判断説(熊崎式)が100%の的中率ですか?
 私からの判断では、第一熊崎式では”人文科学”の根拠がなく、単なる”占い”なのです。
 私の説は人文科学として、県教育委員会の講師にもなり、家庭裁判所でも認め、書記官の改名もしています。
 
 それに、私の「天命数霊術」は、5つの判断要素で見ますから、ただ「天格19」だから、完全無欠だ!なんて、一言も述べていませんね。
 およそ、この世の中に的中率100%なんかありませんよ!
 「神様」だって、はずれますよ!
 そうでしょう?正月に神社参り、盆にお寺参り、その帰路で交通事故で一家死亡と言う事件事故もあるのですよ。

 例外についても、すでに投稿済ですね。次の3つの場合があるのです。

”徂悄Σ搬欧鳳洞措けやすい”偶数”の姓名である例外。
∧野が異なるが、先祖の守護・他人からの霊障・土地環境及び建物の吉凶などに影響する例外。
N彎屋綮奸κ杆郢痢Γ押腺垣い寮治家など、職業的に影響する例外。

 これらは、個別の実例はあっても、決して統計的(日本人1億2千万人)立証できるものではないですね。ただ、傾向分析と言って、母集団を限定、例えば、過去のノーベル受賞者・文化勲章受賞者の部門別(例えば、陶芸部門を限定)から、天格9・19の比率を見て行くことはできます。
  それは、統計ではなく、あくまで”傾向分析”なのです。

 したがって、私の説は、”占い”でも”統計”でもなく、風水・東洋哲学・言語学・音声学・歴史学などを総合した”人文科学”の姓名判断と、ご理解下さい。

必読!一番簡単で、最も意味深い「島津家の家紋」!
[第256回](小吉)・・・2月18日(中吉)

皆さん!「島津家の家紋」を知っていますね。
何しろ、武家の家紋では、日本で一番簡単で覚えやすい!
(世界で一番簡単で意味深い”日本の国旗;日の丸”と共通の意義)
「丸に十」ですね。

 昨日の「篤姫」から、ふと”島津家”の家紋のことを思い出し、このセンスが、実は、私の説「天命数霊術」のセンスと共通のところがあるのです。

 元々、島津家の先祖は諸説あるが、源頼朝(鎌倉初代将軍)のご落胤「島津忠久」であったと言う説が有力である。ですから鎌倉時代初期から「島津姓」は、武家の中では最も古くから永続している。

 ところで、家紋の「丸に十」は、江戸時代以降であり、戦国時代までは「毛筆楷書の”十”」のみであり、”丸”はなかった。

 さて、この「十」は、一体何を意味するものか?ご存じですか?

 この由緒も諸説あるが、その中で「タテ・ヨコを切る呪術」(厄災除け)と言う説、そして逆に「キリスト教の十字架」と同様、「タテ・ヨコのクロス」(天地陰陽の開運)、即ち”陰”と”陽”のクロスにより、パワーを強化すると言う説を私も賛同したい。
 もちろん、島津氏の家紋は、鎌倉〜江戸初期までは「毛筆の”十”」であったから、”厄除け”の意味かも知れないが、江戸時代以降は、「ゴシック体(縦横同じ長さ)」で”丸”は”パワー”を回転させ、より強化する意味に変化したものと解釈している。
陰陽で対比する「上下」「左右」は、同じもの;「上=3画、下=3画」「左=5画、右=5画」であり、これが”島津家”の「十」(タテ・ヨコは同じ長さ)と言うことも暗示している。
これは、京都御所の守りとして、「上京区・下京区」「左京区・右京区」があるのと、同様の趣旨である。

 そこで、古代中国の「神亀の図」のタテ・ヨコのクロスと、島津家の「十字クロス」と、共通した趣旨であろうと思います。

 したがって、漢字の成り立ちの形、タテ・ヨコ・斜めのラインの組み合わせで漢字が、出来上がっているように、姓名判断の場合、風水の”らん形”から、タテ・ヨコ・斜めの字体が、偏らず、バランスの良い姓名が、
「”運気の良い姓名”の形」と言うことができます。
 ですから、例えば、「田口国男」や「福田恵里」は、角ばった姓名や「田」が4つも続く名では運気は弱く、「木本未来」はタテ棒が多く、神経質で弱運になるのです。

 どうですか、「天命数霊術」の5番目の「龍脈=形」からみても、”島津家”の”十字クロス家紋”は、”最大に良い家紋”と言うことが伺えますね。
 

秘伝!歴史を変えた島津家「篤姫」の叡智!
[第255回](大吉)・・・2月17日(小吉)

 僅か1人の力が”歴史を変える”!
 NHK大河ドラマ「篤姫」見ていますか?
 このたびの演出、とてもシックリした時代劇!今日も感動して見ましたよ。全く、人の運勢は、親の運勢とは異なり、いつどこで運勢が好転するか分からないですね。
 いつの時代でも、歴史を変える人、親の遺伝など関係なく、一人ひとり人生が異なるのです。

 江戸300諸侯の中で、徳川家より旧家は、島津家と細川家であろう。 島津77万石の分家;僅か1万石の今和泉家の姫が、本家の養女となり、将軍徳川家定の正室になろうとは、誰が予測できたであろうか?

 いや、幕末の江戸城無血開城が、官軍の「西郷隆盛」と幕軍の「勝海舟」の会見により、江戸の町から戦乱を避けたとは、日本史を学んだ者なら、誰でも承知している。

 ところが、この無血開城には、「篤姫」の出身が、敵方の官軍薩摩!
 しかも総督の「西郷隆盛」は「篤姫」と面識があり、「篤姫」は”江戸城”と”江戸の町”を戦乱から避け、和睦の労をとった功績は、意外に知られていなかった。

 この叡智の女性!不思議なことに、幼名「於一(おかつ)=9画」、養女「篤姫(あつひめ)=16+9=25画」!そして「島津=19画」で奇跡を呼ぶ19画で、家運は永続!
 昔の女性は、幼名の上に「於」を付けて呼び、日常「於一(おかつ)」の9画を使用していたので、賢い女性として成長し、本家の姫としてみそめられたのである。
  さらに、「篤姫」は、「篤=16画」「姫=9画」!昨日のブログのように、女性に「6・16・26・・・」があれば”美人!”、そして「9」か「5」との組み合わせがあれば、「賢い美人!」になると投稿しましたね!
 どうですか?「於一」から「篤姫」へ、この名が江戸城無血開城の裏の立役者!まさに古代中国の”神亀の図”「9・5・1」が、幕末の日本の歴史を変えたのです。
 私の「天命数霊術」は、歴史の価値観をも変えてきますよ。 

※特に、鹿児島のお方、今日のブログについてコメント頂ければ嬉しいですね。 

秘伝!”吉”にも”凶”にもなる「6」(美人数)の不思議?
[第254回](小凶)・・・2月16日(小吉)

 今日、メールで「本(3冊目)に”美人”にするなら”6”を使え!とありましたが、”どんな使い方”をするのですか?」と言う質問が入って来ました。
 皆さんも、もう一度お習いのつもりで読んで下さい。
 「6」(美人数)と言う数、全く不思議な数なんですよ。
 使い方により、”芽出度くもあり””芽出度くもなし”の数になりますよ。ですから、「6」と言う数は、日本中の姓名判断の本には「吉数と言う説と凶数と言う説」に別れます。
 私の説は、「6」のみの判断では、何とも言えないのです。
 X+Y=6;例えば1+5=6、1+2+3=6、3+3=6、2+2+2=6は、いずれも総格6(16・26・36・・・も同じ)になる場合の組み合わせです。
 この中で”吉”となる組み合わせは「1+5=6」、”凶”となる組み合わせは「2+2+2=6」ですね。
 その考えを、姓名判断に応用して見ますと、同じ「天格6」であっても、
  崚軍複供γ漏複后畫躋複隠機廰◆崚軍複供榁漏複機畫躋複隠院廚蓮△い困譴癲運気の良い名前(「9・5・1」が2ヵ所あり)ですね。
  この,寮名の人は、女性なら”外見美人の上、とても思考力・創造力がある賢い人”しかも”金運のある人”と判断ができます。
  △寮名の人は、”外見美人であり、信用信頼を大事にし、計画性のある几帳面な人”と判断できます。

 ところが、同じ「天格6」であっても、「天格6・地格2・総格8」ぁ崚軍複供γ漏複供α躋複隠押廚任△譴弌↓い箸癲紐宛上、美人”ではあるが、”病気・事故事件に遭っても不思議ではない”凶運”の名。
 しかもい離院璽垢蓮◆豹汎發鳳錣なく、経済的にも苦労する人”と判断できます。
 このように、「6」と言う数が、一体、どの位置に使用され、”どんな数”と組み合わされているか?によって、「6」と言う数、他の数より、”天の吉”にもなれば、”地の凶”にもなる数です。
 したがって「6」と言う数は、一体”吉”なのか?”凶”なのか?
 質問されても、それを理解して頂くには、一口では説明できないのです。 一読して、ややこしく思われるかも知れませんが、たった3箇所の組み合わせだけで、こんなに”深い意味”があるとは!?
 正に、不思議な「天命数霊術」だと、思われませんか?
 ですから、単純に「赤ちゃんの名づけで、美人にしたいから、”6”を使えばよい。」だけの話ではないのです。

※「6」と言う数、姓名判断以外にストレートに使用する「マンション部屋番・電話番号・車の「ナンバーなど」”美人”は下1桁が「6」と言う数に縁がありますよ。あなたはもちろん、友人・知人の方の番号をコッソリ調べて見て下さい。偶然の一致に、チョッと驚きますよ。
(参考;[第132回10/20]を読み返して見て下さい) 

秘伝!夫婦の名前に”運気”がないと「子供」に影響!
[第253回](小吉)・・・2月15日(大吉)

「なんと、ご家族全員、”事故事件に遭遇の可能性大!”改名が必要ですね!」
と、姓名判断をさせて頂いた家庭!
 また、その逆の「ご一家、申し分のない姓名!誰も改名の必要ありませんね!」とのどちらかに偏るのが不思議?!
 
  事件事故・病気を呼ぶ「0・2」タイプ!温厚円満な「3・8タイプ」の家庭、いつもカリカリ喧嘩が絶えない「4・7タイプ」の家庭!何事にも運気が良い「9・5」タイプの家庭!これらの傾向、不思議に一家全員に”偏り”がある。

 それに「なんと、4人家族とも”2日”が誕生日!と言う”偶然”にしても、不思議な家庭!?」
 投稿済みですが、3世代6人家族のうち、4人まで”19日”が誕生日と言う”不思議に運気の良い”資産家家庭!

 個人情報ですから、固有名詞は紹介できないが、本当に不思議な現象があるのですよ!
 若い夫婦がしっかりした吉相名を持つことが、偶然に命名した子供さんの名、改名する必要のないくらい良名なのです。
 
 ですから、世間一般に”幸運な家庭”と”不幸な家庭”の差ができるのですよ。ただ、あくまで原則的なことで、なんども投稿していますように、臨床医師・弁護士・2〜3世議員などは、霊的に見て、この世で苦労させるよう霊相が低い例外なのです。

 同じ医師でも、研究部門の医学部教授・国公立研究センターなどの学者には、天格19又は地格19が多いのです。
 弁護士にしても、第一線で毎日毎日”トラブル”ばかり聴いていると、マイナス思考になりがち!だから、大阪府知事になった橋下弁護士、アメリカ大統領選のオバマ氏のように、弁護士家業を捨て、政治家に転向するのです。
 あなたのお子さんが、いくら成績が良くても、人には”適性”と言うものがあります。決して、親から医師・弁護士の職業を勧めてはいけません!適性がなく”自殺”した例、高校生の奈良の自宅放火事件、渋谷区の予備校生、妹バラバラ殺人事件など、2〜3回投稿済ですね。

 実は、今日も「ぜひ、医師にさせたいので、医学部に合格する名に改名して下さい!」(息子さんは、医師を嫌っているそうです。)
と言う相談がメールで入って来ました。
 もちろん、お断りしました。
 ”子供の将来は、子供に任せなさい!”決して”親が強制しない!”ようにね。
千円札の「野口英世」のように、貧しい母子家庭に育っても、本人が医師になりたいと思えば、歴史にも残る医師になるのです。

必読!鳩山法相の知らない”冤罪”とは?
[第252回](小吉)・・・2月14日(小凶)

「冤罪?」と言う言葉を知っていますか?
 広辞苑でも漢和辞典でも「無実の罪。ぬれぎぬ。」のこと!
 この”冤罪”の意味を、法務大臣が知らず、富山の事件は”冤罪”だが、鹿児島県会議員選挙違反事件は、警察のでっち上げで”無罪判決”になったにもかかわらず、”冤罪ではない!”と失言!
 なんと、全国の検事長会議の席上で発言!
 全くの過失の”失言”ならまだ良いが、東大法学部卒の法務大臣!
 ”冤罪”の意味など、常識!「寝ずに考えて、辞書を引いたら、無実の罪と書いてあった。」と釈明!
 東大法卒が、冤罪を辞書引かないと分からないとは、呆れたもの!!
 これを見ても、華麗なる鳩山一族の3世”坊ちゃん議員”!
 人の評価は、家柄・学歴・大臣と言う地位・職業などで判断するものではない!と言うことが、証明された”失言”で”恥さらし”ですね!

 この鳩山法相!「友達の友達が、アルカイダ!」で、物議を醸し出したばかり!全くの”法務大臣”としての”資質”がない!

 自民党の議員、どうして大臣になると”失言”ばかり!
その点、枡添厚労相は、難儀な年金問題を引き受けて、良くやっていますよ!

 ”女性は子を産む機械!””何とか還元水!””原爆投下はしょうがない!”など、全く外国には見せられない”レベルの低い大臣”ばかり!
 そして、40〜50年前からの「年金記録不明問題」「各省庁の税金の無駄遣い!」など、これで”政権担当能力”があるとは?

 ともかく、2〜3世の国会議員!殆ど、良い姓名の持ち主はいない!
 これが、臨床医師・弁護士と同じように、職業から来る”例外”な実例である。
「鳩山邦夫」天格20・地格7・総格27
 天格20と「7」のダブり、から”気ままで自己主張が強い!””自己利権しか考えない計算高い!””協調性や思いやりに欠ける!”なんてのイヤな性格の人である。
 こんな人が、鳩山財閥に生まれ、何一つ不自由なく、国会や会議で言いたい放題!
  ”神様”は、全く「不公平に人作り」をしましたね!
 一昨日に投稿したように、足立区の経営不振から家族4人殺傷事件!
 こんな世の中!リンカーンのように「人民の、人民による、人民のための政治!」で、滅私奉公の政治家は、現在の日本には少ないですねぇ〜。

必読!知っていますか?「バレンタインデー」の謂れ!
[第251回](大吉)・・・2月13日(中吉)

「また!チョコレートか!」
  私は、かっての職場や現在の弟子から、”義理”チョコは頂いたことはあるが、”本命”チョコには、全く縁がない!(当たり前だろう!その歳で”本命”がある筈がない!と、思っていますね!)
 私は酒は飲まず甘党ではあるが、チョコは”甘過ぎて苦手”である。
 頂いたチョコは、コッソリ可愛い女の子?に”ヨコ流し”!
 ”なぜ?バレンタイン”は”チョコ”に決まっているのか?恨めしい!
 それより、愛煙銘柄の”タバコ”の方が、ず〜と嬉しい!

 さて、この風習も、”節分の巻き寿司””土用のうなぎ””年越しそば”などと同じく、”菓子業界の陰謀”である。

 それに騙された女性の面々!お蔭で、チョコの売り上げ全国で約500億円らしい!そのうえ3月14日には、”ホワイトデー”まで作られて、”騙し”の2倍で、若い男女は喜んでいる。いや、本当に喜んでいるのは、菓子業界だろう!

 ところで、この「バレンタインデー」?もともとの”仕掛け人”は昭和11年、チョコレート会社の「モロゾフ」(在日、外国人向けに)!
 その後、昭和35年に森永製菓がチョコとバレンタインと結びつけ、そのうえ、全国飴菓子業協同組合の会合で、なんと「ホワイトデー」まで作って、”白い恋人?”などを後援したいきさつがある。

 この”バレンタイン”とは、西暦3世紀のこと、イタリアのキリスト教司祭「バレンタイン」(人名)が、ローマ皇帝の命令に背いて処刑された日が西暦270年2月14日だったという。
  皇帝の命令とは、若者が結婚すると戦争に行きたがらないので、”結婚禁止”を発令!
 でも、バレンタインは、可哀想に思いコッソリ結婚の仲介をしたのである。
 それにより殉教したバレンタインを偲んで、約200年後から始まった祭りを、チョコとは関係ないが、日本の菓子業者が”上手く利用”した”営業政策”!
なかなか、日本の業者、抜け目がないですねぇ〜!

 
 

秘伝!足立区家族4人殺傷事件に思う!
[第250回](大凶)・・・2月12日(大凶)

本当に、遣り切れない事件!
もう、こんな無残な事件をブログに取り上げたくはない。
と思いましたが・・・。
景気が低迷!零細企業の打撃!
自分の”不運”だけではなく、不景気な影響から営業不振!
ある日、突然、切れて”家族”までも犠牲の事件!
普段は、苦しい心境を顔に出さない真面目な職人!
そして、老いたる母を持つ世帯主として、家族への責任感!
あれやこれや思考して、追い詰められたある日、突然の理性を失い”無残な殺戮”!
私は、容疑者「佐々木 亨」(52)の立場になれば、彼の心境は理解出来るような気がします。でも、理性が”待った!”と制止するでしょうね。
 こんな無残な殺戮事件。一体、政治家、特にお金の苦労など微塵にも感じない”坊ちゃん2〜3世議員”は、”政治の責任?”など、少しも感じていないのでは?
 自殺した容疑者「佐々木 亨」天格14・地格3・補格4・総格21
 姓名に「9・5・1」が2ヵ所以上なく、天格14に「亨」(7画)を含んでいるので、”切れやすい”タイプでも、普段は地格3の”円満で優しい気持ち”があり、しかも総格21から”几帳面で仕事熱心”。
 しかし、やはり天格が「9・19」ではないので、対外的(顧客・取引先)な運気がなく、「5・15」と言う数もないので、仕事面での成功数・金運がない。
 「たかが名前、されど名前!」が、人生を狂わせ、家族まで道連れにする!もう、こんな気の毒な事件を投稿しないような世の中になって貰いたいですね。
 テレビのあるコメンテーター「2人を殺せば”死刑”!こんな容疑者に同情の余地はない!」と発言。
 でも、私なら、容疑者のもっと深い心境と切羽詰まった境遇に、少しは理解してあげたいと、コメントをしますね。
 皆さんが、仮に”裁判員”になったら、どんな判断をしますか?

必読!建国記念日から「8」と「9」の文化の違い!
[第249回](中吉)・・・2月11日(大吉)

「・・・紀元は二千六百年〜♪♪〜」
と、私が満3歳の”遥かな追憶”。
 昭和16年12月8日、日本軍は”真珠湾攻撃”で、アメリカとの交戦状態に入ったとき、国中が”提灯行列”をした時の”紀元節”の歌である。なぜか?音調が良いので、この歳になっても耳から離れない。
 皆さんは、日本人でありながら、自分の国;日本国が”いつ?誰が誕生させたのか?”殆ど関心もなければ、知っている人は”稀れ”な存在である。戦後の日本史の教育から、建国の記述が消えたからである。
 なぜ?消えたか?明治政府以来、日本軍は、天皇を”神格化”して、天皇の名において、国民を犠牲に”暗黒の戦争状態”にもたらしたツケが、戦後の教育から、神格の”神武天皇”をウヤムヤにしたのである。
 諸外国の国民は、自国の建国者と建国日くらいは、子供でも知っている。日本では、相当な学者でも正確には知らない。
 冒頭の「二千六百年」と言うのは、学説は多種あるが、日本国土を統一した初代の「神武天皇」が西暦前660年であるから、”真珠湾攻撃”当時、丁度、建国2600年と言う訳である。
 しかし、日本に比べ、中国の建国は「先天八卦図」の時代、約6000年前で、既に古代中国の文化は「九(9)」を最高に尊重する民族であった。
 ところが、建国に因んだ「古事記」「日本書紀」に、ヤタラと「八百神」とか「八洲」とか言い、日本固有の文化を「八(8)」に求め、中国との違いを誇示したものと、私は解釈している。
 では、「9」と「8」の違いを、”数霊的”に見ると、次のとおり国の特徴が見られる。
 「9」を好む民族は”革新的”であるから、中国4千年の歴史は、国土支配を漢民族・満州民族・モンゴル民族などが、武力により交代で支配して来た。しかし、日本人の好む「8」の文化は、”保守的”であるから、根本的な変動を好まず、2600年続く”天皇制”を維持し続けている。
 世界広しと言えど、2千年以上維持している国(皇帝・王室など)は、日本のみである。
 これも”保守的”な「8」の文化の”数霊”の効果かな?と思う。
 ですから、現在でも、戦後、ほぼ一貫して”保守政権”であり、”革新政党”はなかなか育たない傾向にあったのです。
 2千年の歴史の中で、幸か不幸か、”島国”の”民族(アイヌ民族を含む)”であったことも「8」の文化の効用か?生き残って、今日の皆さんがあるのです。
 ただ、危なかったのは、第2次世界大戦で、もし、当時の「ソ連」が北海道か東北に上陸していたら、現在の朝鮮半島のように、日本列島も東西に分断されていたと思うと、ゾッとする。
 しかし、運が良かったことに、アメリカが一早く、日本を占領して民主主義の国にしてくれたのは、”日本=9画(奇跡を呼ぶ数)”と、日本文化の”8”と言う数の効用である。
 「9=陽、8=陰」の”陰陽のパワー”と理解しています。

 
※この話は、在職中、県教育委員会主催の講演、防衛庁総監部の研修講師で話した趣旨です。 

必読!勇気を貰えるNHK番組「百歳バンザイ!」
[第248回](中吉)・・・2月10日(大凶)

私のブログの話題、”真”は”真”、”偽”は”偽”として取り上げていますね。
社会正義のためから、”低俗な番組””偽の占い師”を、徹底的に批判しますが、良い物・為になる物は、モロデを挙げて賛成。皆さんに推奨していますね。そして、あなたの”価値観”が変化してきているはずです。
”愚痴る”・”中傷する”だけのブログではないですよね。
        ★   ★   ★
 毎週土曜の午後、NHK広島放送局製作;「百歳バンザイ!にっぽん百歳ファイル」の番組。
 とても、素晴らしい番組だと思いますよ。
 まだ見ぬ方は、ぜひ一度見て下さい。
 皆さんは、まだお若い。”百歳”と聴いても、「ピンと来ない・自分には関係ねぇ〜」と思っているかも?
 人間、百歳まで生き抜くことは、大変なことなのです。
 幼児で事故死・病死。中高生のイジメで自殺。中年で事業に失敗で自殺や一家心中。中高年でガン・脳梗塞などの病死やホームレス。 
 これらの障害を乗り越え、元気で、百歳まで生き抜くこと。
まして、現在百歳と言えば、人生の一番活躍の中年期を、戦争の悲劇で犠牲にされて来た方々。
 正に、人生を2回経験するほどの価値があります。「元気で百歳まで生き抜く!」こんな素晴らしいことはないですね。
どの方の一生でも、振り返れば、小説やドラマになるだけの人生経験がありますよ。
 百歳になっても、社会の第一線で働く「幼稚園園長・司法書士・声楽教授・農業・漁師・大工など」のほか、必ず”何かの趣味”を持って居られる。それが”元気で長生きの秘訣”。
 誰ですか?まだ30〜40代だと言うのに、家庭の主婦だけで”満足!”と言っている人は?
 そんな人、”認知症”が待っていますよ。

 今日の百歳のお婆ちゃん!
 「福田寿美」(1907.8.9生)大阪・岸和田市
 若い頃、体が弱く子供が生めないと思い、34歳まで未婚。子供4人を残して死んだ人の後妻になり、継子4人を育てながら、自分の子2人を生む。現在、子6人・孫12人・ひ孫10人の子孫繁栄。
 たった1人の生存から、これだけの子孫繁栄。
 継子の長女夫婦の家庭で幸せな余生。
 でも、生き抜く大切さから、子・孫・ひ孫の誕生日には、必ず「誕生祝いの絵手紙」を発送し”絵”も”文字”も、とてもシッカリした若さがある。イギリス在住の孫さんには、素晴らしい「千切り絵の富士山」。

  さて、この姓名?「福」(13又は14)と「寿」(7又は14)の字体が、日常使用で新漢字なのか、旧漢字なのか?ご本人に聴かないと、不明なので、正確な判断ができない。
 でも「豊かな田地」(福田)が「美しく長く続く」(寿美)と言う、「天命数霊術」の第2番目の”語意”として、素晴らしい姓名と言う見本で紹介させて頂きました。それに、誕生日が「9日生まれ」、運気が良いですね。

”命の大切さ!”をNHKの番組で、改めて思い知らされたのです。

必読!「銀座の母」は手相であって”霊能力”はない!
[第247回](小吉)・・・2月9日(大吉)


「お父さんは、貴女を恨んでいないから・・・」
と、ゲスト元女優;山口美江(47)さんの手相を観ていた銀座の母!

 近くの温泉から帰って、テレビのスイッチを入れたら、番組「金スマ」をしていた。彼女の父親は、認知症になり「”嫌がる父親”を無理に専門病院に入院して死亡したことを、現在でも悔いています」といったら、山口美江さんの両手を観て、冒頭の発言!

 亡くなった父親の心理状態が、”手相”で分かるはずがない! いかにも”霊視”したような発言だが、全く”具体性”がなく、「恨んでいるとか、いないとか・・・?」、そんな抽象的な発言は、誰だって言える!手相なら、手相だけにしておけば良い!
 霊能者のマネをすると、本物の霊能者が見て、恥をかき、ボロを出す!

 すでに投稿済のように、「ヒロシ、あんたの名は”8画”だから、運気が良い。仕事を続けなさい!」なんて、”8”と言う数霊について全く”素人判断”でしたね。私の専門”数霊術”からみると、”素人”丸出しの判断!(参照;[第184回]12/8)

 これと同じように、今日は”霊能者”でもないのに、「亡くなったお父さんは恨んでいない・・・」なんて、手相から分かるはずがなく、口から出任せ!
 そのうえ、専門の手相でも、彼女とのやり取り、殆ど山口美江さんの男女関係の事実や結婚願望も、皆はずれ!

山口美江さんを、姓名判断をしてみると
「山口美江」天格12・地格9・総格21
 天格12の次、地格が”9”だから、この天格12は事件事故ではなく”苦労性”の意味、地格9だから”創造力・思考力・演技力”があるので、女優などは適職!でも、天格12だから、対外的な運気がなく、人気はもう一つ!と言うところか!そして、名前に「江」を使用しているので、”男運”がない!総格21で自立心が強く、余程の男性でないと結婚せず、仕事に生きがいを持つ運勢である。
 どうですか、「銀座の母」より、「天命数霊術」の方が、余程適切な判断が出来るでしょう!

 「銀座の母」のハズレばかりの手相より、近所のレストランの奥さん!
 全くの素人勉強で、具体性がある判断で非常に良く当たる方がいる。
 例えば、全くの先入観なしで、何歳くらいの時、交通事故を何回起しましたね!とか、何歳で結婚して、何歳で離婚しましたね!なんて、具体的に言い当てる! このような手相観は、全国には いくらでも隠れた本物がいるはず!テレビ局も、もっと上品な”本物”の占い師を探したらどうか!

 それに「銀座の母」は、言葉遣いも悪く、こんな下品なオバサン占いに、朝から行列で、整理券を発行するほど並ぶ、バカなお客が沢山いるそうだ!

 テレビに出れば有名人!有名人の言うこと、皆正しく聞こえるのは、”話術”による”錯覚(マインドコントロール)”なのだ!
 ”細木数子”や”江原啓之”にしても、”話術”で誤魔化しているのが分からない”愚かな日本人”と”テレビ局”!
 
 YTRでドラマ化していることから、事前に調査をして”先入観”を与えても、「江原啓之」の霊視のように、”生存者”を”死者”と取り違えたり、「銀座の母」も専門の手相でも、皆はずれ!
 こんなバカげた番組(金スマ)も、やがて「放送番組倫理委員会」から指摘、改善勧告が出るであろう!

 少なくとも、このブログを読んで頂いている方は、”偽;霊能者の見極め方”(カテゴリー参照)から、「銀座の母」も”偽;霊能者”と言うことが、お分かりになったでしょう!

※ぜひ、下記のサイトを検索して、「銀座の母」がいかにいい加減な”占い師”か、読んで見て下さい!私の感想と同意見です。
 「銀座の母」を検索して、その「36」番目のサイト(「銀座の母は、当たりますか?Yahoo!知恵袋」)ですよ!
 

必読!成功する「(士)農工商」と「六次産業」の発展!
[第246回](小吉)・・・2月8日(中吉)

「”六次産業”とは何か、ご存じですか?それは”農工商”のことですよ!」と、
昨日の国会中継での質問で、上手いこと言っていましたねぇ〜。
なぜ?”六次”かって?
「それは、農業の一次産業・工業の二次産業、商業の三次産業」!
この「一・二・三」を加えても、掛け合わせても、結果は同じ”六”!
でも、一つでも、”ゼロ”があると、農・工・商が”ゼロ”になる!

 滋賀県高島市!今、市を挙げて「フルーツベリーの里」と”町おこし”に懸命!いや、全国の農村地帯でも、その特産物を生かして、"農・工・商"が多くなって来た!「道の駅」の売店には、地元の農家栽培の野菜・果物が、地元で加工され、そして売店の棚に並べられる。
 要するに、”地方活性化”のための将来の指針を言っているのだ!

 今回の中国ギョーザ毒入り事件で、”手作りギョーザ器”や”野菜洗浄剤”などが、飛ぶように売れているとか!
 これが契機となり、”地産地消費”で、安心・安全を買っている消費者の意向!この時が、”六次産業”のチャンスと言う意味である。

 従来の独立分離型の”農・工・商”では、生き残れない時代!
 零細の町工場で”機械部品”だけを製造していたら、親会社からの受注が、いつストップするか分からない!応用の利く部品開発とともに、自らの販路も開拓してこそ、”工・商”となる。
 危険を分散しておくことが、会社の危機を救うことにもなる。
 だからと言って、慣れない専門外に手を出してはいけない。
 これこそ、昨日のタテとヨコの原理!”農工商”の横断(ヨコ)型産業こそ、成功する確率は大きい。
 でも、この”六次産業”は、今始まった事でもない。 

 かって、400年前の室町末期に京都伏見で銅生産を始めた「住友の先祖」!愛媛の別子銅山から銅を産出、そして越中高岡などに銅製品化用に販売と輸送事業、さらに貨幣流通の必要性から、両替商を始めたのが、住友銀行の元祖!本業の関連事業を拡大する”一・二・三”の「六次産業」こそが、ヨコ事業の発展!

 実は、私の先祖も”石見砂鉄”を産出、刀剣の鋼(はがね)を製造、それを牛馬と千石船で輸送し、薩摩・加賀・備前・大阪堺などに販売。
 しかも”たたら家業”だから、”炭”の需要から山林を買収し、2500人の従業員を養う300町歩の農業生産もしていた。
 特に江戸末期には武器の需要が全国的に拡大し、膨大な利益を得て6万5千石の浜田藩主より贅沢な暮らしだったそうである。
 まさに、”農・工・商”の「六次産業」をして繁栄したのである。
(しかし、投稿済のとおり、幕末の官軍進攻と当主毒殺死のため、家は没落!”栄枯盛衰”の見本です。余談だが、この話「故松本清張」の短編小説の題材になったことがある。)

 でも、「過疎地方の活性化」や「零細企業の繁栄」は、やはり「六次産業」の観点から、事業を進めれば、必ず”光明”が差して来るでしょう。 

必読!”占い”も”縦割り行政”と同じ!
[第245回](大吉)・・・2月7日(小吉)

 今日、車を運転しながら、ラジオを聞いていると、国会の質問で「縦割り行政の批判!」をしていました。ふと、”タテとヨコ”の見方を思い出したのです。

 あなたは「高嶋易断」の”暦”を読んだことがありますか?
 例えば、あなたが「八白土星」なら、「今年の運勢はどうかな?」と、自分の欄だけを見て、「あぁ!良かった”白丸”だ!」と喜んでいるのでは?

 高嶋易断は「九星気学」(一白〜九紫)だが、12星座占いでも一緒!
「今年の”いて座”は最高の年だ!」とか「今年の”さそり座”は最悪だ!」なんて、”占い”を信じているのでは?
 もちろん、細木数子の「六星占術」も同じこと!「今年は”大殺界だ”!」なんて、バカげた話!

 要するに、日本人1億2千万人の12等分;「1千万人」が”同じ運勢だ!”?と思いますか?
 これは、一つの”占い”から観た”十把一絡げ”の判断が”タテ社会の判断”!「九星気学」など、僅か九等分の1千3百万人が、同じ運勢とは?

 皆さん!”占い本”を観る時、自分の”九星”や”干支”しか読んでいないでしょう!
 その読み方が、”タテ読み”と言って、大きく騙されるのです!
 例えば、「健康欄」のところばかり、一白から九紫まで、”ヨコ読み”して、比較して見て下さい!
 例えば「今年の前半は少し健康を害しますが、十分に気を付け健康に留意すれば、後半は難を逃れます・・・」と言う趣旨の判断!
 類似の判断が、ヨコに観れば、どの星座でも、結局”同じ”表現!

 もし、その人が後半に病気で入院すれば、「それごらん!前半に気を付けなさい!と言ったでしょう!」と、なんとでも、言い逃れができるように、暦の判断ができているのです。
 ごく”当たり前”のことを書き、読者が”どちらに転んでも”「当たった!」と言う錯覚が起きるように表現されています!

 このたび、福田総理は、「消費者保護行政の一元化」で、関係省庁の部分統合を提唱!昨年からの食品偽装問題・食品衛生問題などが頻発!この観点から統合専門行政組織を新設!
 この考え方は”タテからヨコ”への転換なのです!
 物事を横並べすれば、”真実”と”効果”が期待できるのですよ!

 この他に、道路・農道・林道など、”道路行政の一元化”!
 幼稚園と保育所の”幼児教育の一元化”!

 今までの「タテ割りからヨコ行政の一元化」は、すでに40年前から言われて来ましたが、今までの各省庁の権限独占欲と、利権が絡む保守政治から、なかなか行政改革は進展しなかったのです!

 ”占い”も同様!「九星気学が一番!」とか、「いや、12星座が一番よ!」なんて言って、タテ割で見ているから、何時までも進歩しない”占い”の業界ですよ!また、それを信じている日本人の”愚かさ”!
 ”真実”を観る目を養ってくださいよ。

必読!道路財源!無駄遣いの「カラオケセット」まで!
[第244回](小凶)・・・2月6日(小吉)

考えて見て下さい!
 投稿済の「廃品回収業」などの零細企業や私達庶民に、高いガソリン税を徴収し、「道路財源」にしていると思ったら、なんという”無駄遣い”!

 社会保険庁の豪華な”グリーンピア””職員宿舎”などの無駄遣い!
 厚生労働省のバカでかくて利用率低迷の”しごと館”の無駄遣い!
 防衛省の艦船・航空機など、国内業者の中間搾取で無駄遣い!

 それに、国土交通省の「道路財源」から、職員のレクレーション費として、スポーツ用品などの他、今日、峰久事務次官は、国民から”汗”を絞って働いた”血税”から、なんと「マッサージチェア」や「カラオケセット」まで、忘年会・親睦会用に購入していたと発表!
 今度は、国民が”汗”の代わりに、”油”を絞ってやりたい!

 こんな職員の福利厚生費は、全国どの省庁にも、一般財源から、チャンと予算があるはず!
 でも、国土交通省は、他の省庁にはない「道路財源」から”道路”だけの使途かと思ったら、「カラオケセット」など、職員の”遊び用”ではないか!こんな指摘は、「会計検査院」が”不適切使用”として改善勧告をしておくのが当然なのに、それを見逃した責任も重い!

 今だから公表するが、当時の建設省国道工事事務所の職員、昼食・夕食は、自分の懐から支払ったことがないほど、バブル景気だった!
 皆付けで、業者に負担させるか、カラ出張・カラ残業で支払っていたのである。
 また、昔は勧奨退職者の優遇!一日も赴任せず、「一日局長」(4月1日付け退職)にして、局長の給与基準で6月のボーナスまで、貰っていた。その上を行くのは、当時の電電公社!退職後1年間は、1日も働かず、給与・ボーナスが支給されていたのを、私が指摘!新聞公表したことがあるのも、思い出の一つである。

 全く、”乱れ切った血税支出”!
 こんな行政の裏を、”まぁ!世の中と言うものは、こんなものだ”!と、行政の幹部も”惰性の日々”、それに癒着し黙認してきた”保守系政治家”!これでも、”政権担当能力”があるのか!と言いたい!

 そんな過去の現状も知らない2〜3世国会議員が、政権の中心!
 真の弱者である国民の声など、”坊ちゃん議員”は、少しも理解していない!増える”ホームレス”の痛み!”生活困窮者”の自殺!
 それが、いつの時代でも、為政者と庶民の歴史である。

でも、21世紀はこれらを改革して行くのは、賢明な国民の力!
 アメリカ大統領選挙でも、国民は”新しい改革”を求めている。

 

秘伝!「天下の色男」詐欺犯!「3」と「8」タイプ!
[第243回](小吉)・・・2月5日(大吉)

「天下の色男」!ホステス詐欺!
懲役3年4か月の実刑判決!とのニュース!

 この男、飲み屋街のホステスに信用させるため、「俺は天下の色男!」と言うカラオケDVDを自費製作!無償で配りまくり!
 この男の名は、「上別府 勇吉」(66)!(チョッと珍しい苗字ですね)

交際していたホステスに「国税局に差し押さえされた3億円が還付されたら返すので、金を貸してほしい!」と話を持ちかけ、男前に気を許したホステスから、2650万円を騙し取ったそうだ!
 もちろん、”色男”だから、遊興費獲得が目的!

 いくら私が”男前?”でも、そんなマネが出来ませんね〜。この男と私は”同年配”なんですよ。
 
 ともかく、この男の姓名判断をしてみると、
「上別府 勇吉」天格12・地格13・補格8・総格33

 この名前、いわゆる「3・8」タイプ!
 一般的に、この「3・8」の長所は、”お人良し!”で”良くしゃべる!”、”明るい性格”、でも短所は”なぜ?と考えずに、騙されやすい”!
 ですから”詐欺の被害者”にもなりやすい!
 (被害者のホステスの氏名が不明だから判断できないが・・・)
 しかし、この”色男”が、詐欺と言う加害者となったのは、「天格12」から、事件事故などのトラブルを、自ら起す運命にある!
 でも、詐欺としては、スケールの小さいことしか出来ないのは、”悪知恵”が働く「9」がないからだ!「9」は最大吉数だが、「3・8」又は「4・7」タイプの組み合わせで、スケールの大きな詐欺を起すこともある。
 銀行は、庶民には100万円融資でも”貸し渋り”!
 ところが、岡山の「伊予商事」株式会社には、一流銀行(数社)がなんと”合計490億円”も騙し取られたのだ!
 (三井住友50億・みずほ30億・住友信託32億・広島35億など)
 その詐欺犯人の名は、
「大島敏昭」(59)天格13・地格19・総格32
「鮫島力男」(59)天格19・地格17・総格36
 天下の大銀行を騙すなんて!並大抵の”頭脳”ではない!
 「9・19」と言う数は、頭脳プレーが出来る”知能”に優れる証拠!
 でも、やはり「9・5・1」が2ヵ所ないと、その”知能”は悪用されるケースもあることを、皆さんに知って頂きたいのです。


必読!模倣犯に注意!「中国製ギョーザ殺虫剤混入事件」
[第242回](大凶)・・・2月4日(小凶)

「中国製冷凍ギョーザ殺虫剤混入中毒事件」!
 ご承知の通り、中国と日本の間で大変な騒動!
 単に、民間レベルの話だけではなく、両政府も原因究明に乗り出し、中国政府も、オリンピックの年でもあるし、国の威信にかけているようだ!

 現在、日本の食糧自給率は約40%に過ぎない!後の約60%は外国からの輸入に依存!特に、加工食品の90%は、外国生産原料を使用!
 それだけに、こんな事件があると、日本人はすぐに”中国製品”のアレルギーになる!今は、”国産”が巾を利かしている。
 
 しかし、戦後の日本製品は、世界に信用がなく、”舶来品”(欧米品)と言えば、日本人は高価で優秀な品と憧れていたのが、現在では”逆”になった!

 さて、問題のギョーザのメーカー;中国「天洋食品」の衛生管理は、東南アジアの工場から見れば、非常に衛生管理を徹底(特に、日本向けには?)しているようだ!

 この殺虫剤の混入は、通常の生産工程で”過失で混入”とは考えられない!”生産工程”か”保管期間”か”輸送途上”かの、いずれかは不明ではあるが、恐らく”工場への恨み”か”奢侈な食生活;日本への嫌がらせ”のいずれかであろう。
 ”故意”に”殺虫剤メタミドホス”を混入し、世間を騒がして、蔭で”ウサ”を晴らしている「愉快犯」であろう!

 今後、心配するのは、この類似の事件を起す「模倣犯」が、日本国内でも起こる可能性を予想しなければならない。

 このような”毒入り事件”で記憶にあるのは、1977年「青酸コカコーラ事件」、1984年「江崎グリコ・森永製品毒入り事件」、そして1998年「和歌山毒物カレー事件」などが、思い出される。
 これらは、会社や地域の人への”恨み”から、世間を騒がせて喜んでいる「愉快犯」である。

 犯罪には、これ以外に、1970年「よど号ハイジャック事件」や一連の「オーム関連殺害事件」などは、政治的・宗教的な信条に基づき、”自分の行為は、法違反だが社会正義から許されても良い!”という理由を付けて、犯罪に到る者を「確信犯」と言う。

 犯罪には、いろんな類型があるのを、簡単に紹介したのは、来年から皆さんの誰もが「裁判員」になる可能性があり、”事件の事実”を理解する上での、参考になれば?と思い紹介したのです。

 

必読!「オバマ」か「クリントン」か?アメリカ大統領選挙!
[第241回](大吉)・・・2月3日(中吉)

「初の黒人大統領か?初の女性大統領か?」
今、世界に影響を与えるアメリカ大統領選挙!

「民主党のオバマ氏か?クリントン氏か?」
 クリントン候補は、皆さんご承知のように、第42代大統領ビル・クリントン氏夫人!
 では、オバマ氏(45歳)はどんな人?
 ケニア出身の黒人の父親と白人の母親の間で、ハワイで生まれた。
 ハーバード大学から弁護士、4年前に上院議員!

 イラク戦争に一貫して反対!全国の民主党大会の基調演説で、説得力ある雄弁な演説で、一躍、注目を浴びたのである。あの有名な16代大統領リンカーン(黒人の奴隷解放)の再来か!?と言われている。
 それに、キッリっとした端整なマスクに、白人の女性にも人気があるようだ!

 これに比べ、日本の福田首相は、国会で原稿の棒読み!
 民主党主の小沢氏も,口下手!
 ”自分の口”で、リンカーンやオバマ氏のように、国民に感動を与え、歴史に残る演説は、日本には、まずない!
 ただ、小泉元首相の「長岡藩の”米百俵”の教育論!」が印象に残っているくらい!
 「日本には”雄弁のない国”であります!」と言う学生時代の雄弁会練習用の原稿を、今頃思い出したのです。
 民主主義の国では、感動を与える演説が、選挙に勝てるアメリカの特徴である。日本は、”親の七光”の2〜3世議員が巾を効かした政治家ばかり!”女性は子供を生む機械!””なんとか還元水!””原爆投下はショウガナイ!”なんて失言する政治家には、ウンザリ!

これに対し、リンカーンの「人民の、人民による、人民のための政治!」の歴史に残った演説は、”民主主義の原点”として、現在でも世界に感動を与えている!

 ところで、不思議なのですよ!外国語を、日本語のカタカナで書いた画数でも、”運気”が分かるのですよ!
「オバマ」・・・・9画;最大吉(リンカーンも、9画)
「クリントン」・・10画;凶数
この2人が、選挙で争えば、どちらが勝てるか?明白ですね。

 そんなバカな!と言われるかも?
 でも「イチロー」もカタカナで書いて、最大吉数の9画!
 国の名・企業の名でも、カタカナで書いて、下1桁「9・5・1・8・7」画は栄え、「0・2・4・6」は衰退して行きますよ!
 この実証は、すでに投稿していますね。

秘伝!今、流行の「凛」「涼」「煌」を名づけないで!!
[第240回](大凶)・・・2月2日(大凶)

 時代の流れか、赤ちゃん名づけの字体!
 いつのの時代でも、”流行”ばかり追う若夫婦!
 子供の運気を考えての話だろうが、漢字の持つ意味など、「漢和辞典」で”象形文字”など、調べもせず、お構いなしで、流行を追う!

 昔の命名!「幸子の”不幸”!勝男の”負け男”!」でしたね。
10年前ごろには、名前の下に「太」「也」「介」など!
 数年前までの流行字;「翔」「斗」「亜」など!

やっと、下火になったと思ったら、今度は「凛」「涼」「煌」などが、どうも流行の字体!それに、とても幼児では書けない「響」の字!
 その上、全くの”当て字”の多いこと!

 今まで、何度も投稿していますが、この1ヵ月以内の”読めない””書けない””意味不明”の名づけ!(地元;山陽新聞から抜粋)

[読めない?書けない?意味不明?の名づけ!]
 「蒔和汰」「弥千美」「想乃香」「加和多」「舞莉亜」「萌々香」
「颯矢天」「楽音」「亜祇」「真砥」「拓希」「和花」「瞬大」「心亜」「莉羅」「雫」「響」「煌」など。

 上の正解は?
「まわた」「やちる」「そのか」「かわた」「まりあ」「ももか」
「はやて」「かのん」「あき」「まき」「ひろき」「のどか」「しゅん”た”」「こあ」「りら」「しずく」「ひびき」「ひかり」など。
 (※最近「大」を「た」と読み、「太」との区別なし?「雫(しずく)」なんて”お笑い”だね!きっと、お爺さんお婆さんの反対を押し切ったのでは?「こあ」なんて、「ら」を付けて、「コアラ」にすれば?)

 家族しか読めない名!
 こんな子供ばかりが、幼稚園や小学校のクラスになったら、担任の仕事は、先ず名前の記憶から始まる!
 私など、最近、物忘れが多く、認知症の初期だから、とても記憶できない!また、仮に記憶しても、他に応用できないので、全く無駄な労力を学校の担任に強いることになる。

 まあ!それでも子供たちが”幸運の名?”なら、社会奉仕だと思い辛抱できるが、こんな流行名で、幸運になれるはずがない!

 今、流行の字「凛」や「凌」の”にっすい”は、”冷たい!”と言う意味!「涼」や「海」の”さんずい”は、”冷たい水!”と言う意味!
 「煌」は、”王様に火が点いて燃える!”と言う意味!

 流行名は、「カッコいい!」と自己満足しているかも知れない。
 しかし、他人から観れば、親の知能とセンスの無さに、呆れた名前ばかり!
 これは、例えば、黄色人種の日本人が、白人のマネをして、不自然な”金髪”に染め、自己満足しているのと同じ!
 他人から見れば、日本人の”黒髪”の誇りを忘れた”バカみたい”に見える!

 このような珍名・奇名のうえ、もし画数に「天格12・22・10・20」などあれば、事故事件・病気が待っていますよ!両親は、名づけに”凝り”すぎるのは良いが、周囲の者は、もう”懲り懲り”ですね!

秘伝!”親の一字”を”子”に付けないで!!!
[第239回](大吉)・・・2月1日(大吉)

 皆さん!本屋に立ち寄って、「姓名判断」「赤ちゃんの名づけ本」を、パラパラと立ち読みして見て下さい!
 まぁ、本当に熊崎式は少なくなりましたね。
 あるのは、殆ど、「赤ちゃんの名づけ”辞典””事典”」など、ばかり!
 でも、今日、本屋で、「安斎勝洋」氏の「姓名判断」新刊本を見つけ!!
 どんな新説かと思いきや、3/2は”漢字のだ列”、3/1が”安斎流”と言いながら、相変わらず、基本は熊崎式の模倣!”独創性”など、殆ど観られない!例えば、「苗字は、先祖代々引き継がれたもの・・・」なんて、未だに、こんなウソが書かれている。"苗字"の歴史を全く勉強していない!(参考;[第26回]7/9「”苗字”は先祖代々の血筋を表していない!」)

 そのうえ、意外に思ったのは、「親の一字を、子の”上”の名に付けてはいけない・・・」と書いてあるのが、彼の今までの本とは、異なる部分!

 「なぜ?いけないのか?」全く理由は書かれていない!
その”根拠”も”実証例”も書かれていない!
 こんなレベルの低い本を、どうして出版社はチェックしないのか!

 たまたま、今日散髪屋で順番待ちの際、「日本の100人」と言う雑誌!その中で「戦前の”ダルマ”首相こと”高橋是清”」の特集!
 戦後の「50円札の紙幣」にも採用された”高橋是清”!
 彼は、絵師;中川家から仙台藩の足軽”高橋家”に養子!
 義父の名は「高橋是忠」!
 彼は”親の一字”の「是」を”上”に付け、「是清」!
 ”義父”は、足軽で、上に付けた「是清」が”日銀総裁”から”大蔵大臣3回”そして”総理大臣”となった!
 どうですか!安斎氏の説では、総理大臣にはならないでしょう!
 (現在の総理は、2〜3世議員!”親の七光”で本人の実力ではない!)
ついでに、[第235回1/28]に投稿した「藤堂高虎」は、父親「虎高」の「高」を”上”に使用しても、父親より遥かに”名君”である!

 親の一字を子に与えるのは、源氏・平氏・足利家・徳川家・松平家・島津家・細川家など大名家や、一般の庶民でも旧家など、”通し名”を現代でも命名している。
 私も確かに、”通し名”は、”親子の運気吸引作用(語源から来る陰陽のパワー)”で、代々続いた”名君”は出ない!と言う説ではある。
 しかし、”上”に付けるのは、封建時代では、目上の者を敬う儒教思想から、当然のことであった!

 私も出来る限り、親・子・孫の”直系”に命名しない方が良いとの説であるが、現代では儒教思想も関係なく命名するので、下に付ける場合もあるであろう!
 安斎氏のように”上”だけに限定するのは、”根拠”がなく疑問である。(長男を除いて、傍系の分家;次三男なら良い)
 特に「足利15代」のうち「尊氏」を除いて、「義」の14人のうち、歴史に残る名君は”義満””義政”の2人くらいであろう!

 でも「高橋是清」は、親の「是忠」の”是”を上に命名し、親の足軽から、「是清」は実力で総理大臣まで出世している。
 私は、この現象は、前述の”陰陽の吸引作用”であり、同じ「天格19」でありながら、”親の運気が悪い”と、そのパワーは子に流れ、”子”の「是清」が”親の分”まで、運気が良くなると解釈しています。
その代わり、やはり”通し名”にした「是清」の子供さんは、失礼ながら”普通”の人!
 ですから、”通し名”は、親・子・孫・ひ孫・・・と続いて、名君は出ないのですよ。
 例えば、「元」を下に付けた「毛利元就」(地格19)の長男「隆元」は若死にし、その子(元就の孫)「輝元」は、「天格19」でもあり、”名君”となっている。

 運気は、交互又は3代目くらいに来ますので、 ”赤ちゃんの命名”には、上でも下でも”通し名”は避けて下さい。