Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2008 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!格言「人の行く裏に道あり花の山」!
[第443回](小吉)・・・9月30日(中凶)

世界的な”金融不安”が始まっている。
そのため、29日のNYダウ777ドル安!過去最高の下げ幅!
30日今日の日経平均483円安!今年の最安値を更新!

サブプライムローンの焦げ付きから始まった”金融不安”!この影響は世界に及ぶ。意外にも、29日のアメリカ下院の「7000億ドルの公的資金投入法案の否決!」から、NYダウ最大の下げ幅!

 金融投資の格言、「人の行く裏に道あり花の山」!
 これは、”好景気だから投資をする!”いや”不景気だから投資をしない!”なんて、一般大衆が同じように考えること。
 この”逆=裏道”を行かねば、投資で”利益=花の山”はない!と言う格言です。
 あの”バブル"景気の1989年、日経平均がダウ3万8千円になった時、証券会社も投資家も、「ダウは”4〜5万円”になるよ!今、投資しておきなさい!」と言っていましたね。それがどうでしょう!そこがピークで、バブルの崩壊!
 今は、惨めな日経ダウ!
 最近でも、ガソリン180円台まで暴騰した時、スタンドでは「200円まで行きますよ。」と言った時がピーク!今は160円台まで落ち込んでいますね。
 結局、付和雷同でピークで投資した人は、惨めな結果で財産を無くし、自殺者まで出たことがありました。

 そうです!この最大の下げ幅の様子を”4〜5日見て、2回目の下げた時(W底)が、千載一遇のチャンスですよ。思い切って、”逆=裏道”に投資をされたら、”花の山”を観れる可能性がありますよ。
 ただし、余裕資金の全額ではなく、2〜3分の一を投資して静観する。
 もし、更に下がることがあれば、ナンピン買いをして、買値平均を下げておくなどが必要ですよ。
 
 ”赤ちゃんの名付け”でも一緒です。”親のエゴ”で、現在の”流行名”で命名すると、将来、必ず”平凡な名前”になります。
 流行の”逆”に命名した「○太郎」さん「○一郎」さんこそ、”世襲”ではあるが、国会で論争する人に出世していますね。

 まさに「人の行く裏に道あり花の山」!
 これは、投稿済の”逆転の発想”!と同じなのです。

秘伝!新旧;「中山前国交相」と「金子新国交相」との違い!
[第442回](大凶)・・・9月29日(大吉)

在任、僅か5日天下!失言3連発で辞任した「中山前国交相」、
退任早々も「日教組は”ガン”だ!」「日教組をぶッ潰す!」との捨て台詞!とても常識では考えられない公人;国会議員としての発言!
 思想・表現の自由が憲法で保障されているが、基本的人権は”公共の福祉”に反しない制限の下に認められているもの。
 大臣や議員、そして一般の公務員でさえ、公的な立場での発言は、慎重にせねばならない。
 これを姓名判断(誕生日を含む)から観れば、次のように、自己主張の強い「4・7」タイプなのです。
 「中山成彬」天格10・地格14・総格24 
 誕生日;1943.6.
 「天格10と地格14」で、本来、温厚円満な「総格24」と言う長所を打ち消し、「24→4」に変化し、さらに誕生日の「7日生まれ」の作用で、結局、「4」が2ヵ所、「7」が1ヵ所の「4・7」タイプ!
 そして「天格10」から、人の評価が悪くなる運勢にあるのです。
 
 これに引き換え、新任の「金子一義」国交相はどうか?父親は「金子一平」氏の議員2世です。
 「金子一義」天格9・地格16・総格25 
誕生日;1942.12.20
 詳しく説明するまでもなく、画数は最良の組み合わせです。しかも「義」と言う画数の多いのを、姓名の一番下に付け、安定感があります。ただ、「義」と言う語源と誕生日の「12.20」と言う数、何かにつけ”仕事で苦労する””良いことは、他人に先を越される”と言う、誠に”損”をする運気が弱い日に生まれています。
 でも、天格9・総格25から観ると、とても賢い正義感のある人と思われます。
 この配列を観た時、室町時代の名僧、あの”一休”さんと、同じ配列なんです。
「一休宗純」天格9・地格16・総格25

 新任の「金子」国交相も、「一休さん」に負けないよう、歴史に残る名君と言われるような大臣になって欲しいですね。

必読!ブログ意見読み比べ、全国第1位のポイント!
[第441回](大吉)・・・9月28日(中吉)

驚きましたよ!
「ブログ意見読み比べ評価」で、私のブログGoodのポイントが、通算で全国第1位の「Good;14080Pt(Bad;0Pt)」、直近1ヵ月内では、全国第6位にランクされているのにビックリ!
この投票して頂いたのは、皆さんのお蔭だと感謝いたし、厚くお礼を申し上げます。
 そのブログは「必読!地球の終末!2012年12月22日の予言?」(投稿;2008.1.4)が、掲載されているのを、初めて見ました。

 私のブログ、人文科学的な姓名判断を基盤に、”数霊”がいかに社会問題・政治問題などに影響し、それが歴史上の人物や事象で実証しているのが、評価されたものだと思います。
 
 中には、辛口や意外な話のブログ内容も多いのですが、これも社会貢献の一つだと思っています。
 1日2千アクセスの中で、コメント頂くのは、ごく一部の方ですので、どうかご遠慮なくご意見やご感想をお聞かせ下さい。
 行き過ぎた内容がありましたら、反省もいたします。
 しかし、日本中の説を180度の転換を図るためには、どうしても”辛口”になってしまうことも、ご理解ねがいます。

 今日は、話題を変更して、皆さんにお礼のブログとさせて頂きました。

秘伝!「天格」と「地格」、”逆順”の判断の違い!
[第440回](大凶)・・・9月27日(小吉)

PCメールで、こんな質問がありました。
「天格(苗字と名前の1字目同士の和)と地格(苗字と名前の2字目同士の和)が”逆”になった違いをどのように判断するのでしょうか?」

ホームページを良く読んで頂ければ、分かると思いますが、一口に言いますと、「天格は、対外的な運気(吉凶の判断;才能・評価・事故事件など)、地格は、体内的な健康・才能・性格など」を表します。

 その判断の時には、「後天八卦図(神亀の図)」を思い浮かべながら、”数”(1〜81)の原則と例外の意味を当てはめながら判断します。

 例えば、「天格19・地格11」と「天格11・地格19」を例に挙げて説明しましょう。前者は、地格11が”亀の尾”ですから、”舵取り”、言い換えれば、夢・希望・計画・企画・創造力を持ちます。そして、その実現や成功する対外的な運気を、天格19で持つので、若くして運気や評価が良く成功します。
しかし、その逆の配列は、地格19で”亀の首”ですから、内面的な才能・創造力がトップを表しますので、地格11より優れていますが、ただ、天格11という”亀が逆立ち”をしていますので、対外的な評価や運気は、年齢的にも遅くやって来ます。
 このように考えて行きますと、他の数の配列、例えば、自己主張が強く切れ易い「4・7」タイプでも、次の違いがあります。
「天格17・地格14・総格31」と逆の配列、「天格14・地格17・総格31」との場合、「17」と言う数は整数では割り切れませんので、その性格は、ストレートに出て来ますが、「14」と言う数は、14=7×2ですので、まだ幾分協調性があります。でも、地格が「17」ですので、結局相当に自己主張が強い性格になります。
 このように、原則的な判断を考えますと、対外的に出る”天格”が、「17」なのか、「14」なのか?によって、判断が多少異なってきます。そのうえで、”地格”にどんな数が出ているのか、どうか?を判断して行きます。
次の例の違いを簡単に説明しますと、
「天格12・地格10・総格22」と「天格10・地格12・総格22」
 前者の場合は、”事故事件”を呼びますが、後者の場合は”病的”になるのが、先ず一義的ですが、後者の配列でも、”3文字以上の左右別れ”ですと、”事故事件”にも遭遇する可能性は高くなります。
 このような判断の仕方を、全ての数の組み合わせ毎に説明しますと、膨大な量になりますので、皆さん、少しずつでも経験を積んで、慣れて下さい。

必読!失言続きの中山国交省大臣!常識も資質もない!
[第439回](大吉)・・・9月26日(小吉)

「国民の皆様にご迷惑な発言・・・撤回します。」
と、新任の中山成彬国土交通大臣!
 前農水大臣も、失言で辞任したばかり。
 この中山大臣、こんな常識も資質もない人しか、自民党に居ないのでしょうか?
 「私人と公人とは違う・・・」との反省の弁を言っていますが、3つの発言は、私人としての発言であっても、”本音”が出たのであり、元々”資質”のない人です。
 どんな失言か?3つの連続失言!
「成田空港拡張に当たっては、戦後教育が悪い”住民のゴネ特”・・・」
「日本は”内向的な単一民族”・・・」
「日教祖の子供は成績が悪くても先生になれる。だから大分県の学力は低い!・・・」
 これらは、失言ではなく、日常から”偏見”を持っていた信念・信条からでた”本音”と思われます。
 この発言は、中山大臣からの日常の”人格・教養”が推定されます。
公人とか私人の立場からの問題ではないのです。
 ”学歴”(東大法卒)はあっても”教養・常識”のない人と判断されます。
一般に、"学歴・職業"と”教養・常識”とは、別物なんです!例えば、歴史上に残る作家「松本清張」氏や「吉川英治」氏など、”学歴”はなくても、素晴らしく教養・常識のある人です。
 学歴があるから、教養・常識もあるだろう、と誤解する人が多く、結婚して失望し、離婚した女性も多いのです。
 
 良く大臣や議員が失言すると、「・・・撤回します。」と弁明・陳謝するが、少なくとも法学部卒なら、「撤回」ではなく「取消」ます!と言うべきです。「撤回」と「取消」との違いも知っていないようです。
「撤回」は、相手に伝わる”前”に失言を引っ込めるものを言い、「取消」は、一旦、相手に伝わった”後”で、失言がなかったものとするのを言います。また、陳謝するとき、「・・・遺憾であり・・・」と言う言葉を使うが、「遺憾=残念」と言う意味だから、少しも反省していない用語です。

 こんなように用語は、日本語として正確に使用し、失言で”本音”がでるような発言をすべきではないですね。

 かって、大平正芳総理大臣(第68・69代)は、「アーウー総理」と呼ばれ、”無能政治家”と言われたことがありました。しかし、彼は決して”無能の訥弁”ではなく、本来は”とても雄弁な政治家”だったのです。非常に言葉を選んで、頭の中に考えを巡らしながら発言したので、「アーウー総理」になったとのことです。
 現在では、東北出身の「小沢一郎(民主党代表)」は、決して雄弁ではない感じがしますが、頭の中で言葉を選んで発言している感じがします。本来は「大平元総理」のことを思い出したのか、「アーウー総理」のミニ版のように思います。
 いづれにせよ、失言ではなく、日頃からの信念・信条から出た”本音”を、国民の前で堂々と発言してもらいたい、ですね。

必読!感動!封筒に入った「一本の松茸」!
[第438回](中吉)・・・9月25日(大吉)

「大変、お世話になりました。お蔭さまで、孫は元気に学校に行っています。・・・これは、何もお礼をすることが出来ませんので、裏山で採れた最初の1本です。最近は松茸が全く採れず、昨年も僅か3本だけでした・・・」
と、郵送の封筒に入った”人差し指大”の小さな「一本の松茸」!
 私は何よりも”感動”しましたよ。

 テレビで”国内の初松茸が1本1万円!!!”と放映していたのを見て、もう10年も前のことを思い出したのです。
 当時、事情(破産?)あって、両親が自殺で孤児になった小学3年生の男子!
 いや、孤児と言っても、零細農業の祖母1人とその孫1人が残された。
 ところが間もなく、その子は登校拒否!
 困り果てた祖母、施設に入れるのも可哀想、でも祖母の生活は苦しい!
 そんな境遇に、私の知人が気の毒に思って、「”登校拒否”だけでも、何とか改善して挙げて欲しい」と相談があったのです。
 その子の名(固有名詞は非公開)は、確か、天格16・地格6・総格22
 全て偶数で、身内に縁か薄い「6」が2ヵ所で、総格22の苦労性!

 両親の自殺のショックもあるが、これでは”不登校”になるのも当然!
 そこで、天格19・地格9・総格28に改名!
 それから約2ヶ月、自分から”学校に行く!”と、登校始めたのが、この”初松茸”の時期:9月の末だったのです。

 それからスッカリ忘れていましたが、先日、現金書留が届きました。
 「何だろう?誰だろう?」と思って、封を開けて読みますと、10年前のその子だったのです。、その後、大阪に移住、高校を出て就職し、大学の2部(夜間)に入学とか!「初めての給料で、僅かですが・・・」と”福澤諭吉”が数枚入っていたのです!
 驚き!と感激!「良く孤児に負けず、頑張ったね!」と、返信しました。

 祖母の「一本の松茸」も感動だが、何よりも”孤児で不登校”だった子が、初めての給料から・・・、良く忘れずにいたことに、感涙しました。

 投稿済の「市への恩返し!元生活保護者」([第329回5/30])や「藤堂高虎の”出世の白餅”」([第235回]1/28)を再読して下さい!私の体験からも、世の中には、同じ青少年でも、こんな立派になった事例もあるのです。
 

必読!有害ミルクで、「”母乳”ビジネス」誕生!
[第435回](大吉)・・・9月23日(小吉)

日本では、輸入の”事故米”原料の食品流通で大問題!
そのうえ、乳製品を原料とした「丸大食品」の中国現地生産品!
中国では、”メラミン”混入の粉ミルクで、死者5人、重軽傷被害5万人以上とのこと!そのうえ、今日、粉ミルクの中に”腹髄炎”や”腸炎”を引き起す細菌まで発見されたとのこと!
 このメラミンを含むミルクや牛乳!日中間の被害のみではなく、台湾・香港や東南アジア一帯に被害は拡大中!

 さあ、1週間前、投稿済[第428回9/16”母乳”は健康と知能を良くする]のブログを、読んで頂きましたね。
 このような事件を当然予測して、「産婦人科医師や保健婦」は、人工乳を勧めなくてはならない。どんな理由があっても、免疫力・安全性は”人間の母乳”に優るものはない!安易に人工乳を勧める医師・保健婦は、プロとしては無責任である!

 さて、中国の「メラミン混入の粉ミルク問題」で大混乱の中、新しい「母乳ビジネス」が誕生!話題となっている。
 成都市のある30歳の女性、産後に有り余るほどの母乳!
 自分の子以外に、あと3人くらいの授乳可能とか!
 「1日300元(4700円)で、授乳します!」との広報したら、早速30人からの引き合いがあったとか!
 これについては批判もあるが、1人でも安全な母乳をと言う社会貢献の一つであるから、この程度のビジネスは、大いに中国全土に奨励しても良いと思われる。それよりも憎むべきは、”営利目的”のため、メラミンを入れた犯人である。

 ビジネスではないが、粉ミルクが開発されるまでは、どこの国でも、日本でも母乳が出にくい時は、裕福な家庭では”乳母(うば)”を雇い、庶民は”もらい乳”をしていたのが、一般であった。

 私の赤ちゃん名付けは、公務員退官後、かなりの命名をして来ている。そして必ず、「医師・保健婦などから、どんなに人工乳を勧られても、母乳にしなさい。」とお勧めしている。それを遵守して頂いたお蔭で、小学校入学までに、体格は1年早く成長、知能・性格も優れているのは、”ベストの名”と”母乳”のお蔭なのです。 
 

必読!”逆転の発想”「消えるボールペン」!
[第433回](中吉)・・・9月21日(大吉)

”消えるボールペン”?(蛍光ペンも消える)
従来のペンは、字が”消えない・色があせない”のが常識!
ところが、”逆転の発想”で、逆に消えるボールペンを開発して、世界中の中高生に”大ヒット”!”色違い”を1人で20〜30本買うので、世界で、約1億本売れたそうである。
 開発したのは、パイロット社の「フリクション・ボールペン」のこと。
 原理は、”摩擦熱”で色素を”透明化”にして消すから、紙も痛まず、消しゴムのように削りカスもでない長所もある。

 このペン、確か雑誌の広告で見たことがあるが、私は必要ではないので、余り気にも留めなかった。
 ところが、今朝のNHK番組「経済羅針盤」で放映!
 正に、”逆転の発想”が、企業の3原則;独創性・創造性・大衆性を生み、企業の発展に繋がる。

 ”逆転の発想”は、何も商品開発だけではない!”サービス”部門でも、古来からの定説・仕来り・慣習などでも、”逆転の発想”は、考えられるはずである。
 例えば、投稿済のように、本社を敢えて”鬼門”の方角に移転して、大成功した松下電器産業(現在;パナソニック)も、”逆転の発想”!
 サービス部門では、昔は対面販売の”市場形式”が常識であったが、”フリー販売”形式のスパーマーケットや地域密着型のコンビ二は、大成功を収めている。
 こんな大手企業ばかりの話ではなく、小規模の”お好み焼屋”でも”ラーメン屋”でも同じ!”逆転の発想”ができないものか?どこでも同じような物を売っていたら、繁昌するはずがない!
 例えば、”焼そば”なら、何も”そば”に拘る必要がない!”そば”の代わりに”焼うどん”は商品化しているが、”焼ソーメン”にしたら、ユニークな食感になり、とても美味しい!
 ”たこ焼”だって、”大阪のたこ焼き”から、薄いたれに漬けて食べる”明石焼”も、独創的な”たこ焼き”!それに、岡山では直径3〜4cmくらいの”ジャンボたこ焼き”は、大繁盛している。
また、中に入れる具は、”タコ”に限る必要はなく、”牛肉”でも”豚肉”でも良いではないか!”○牛焼”なんて商品化したら、案外大繁盛かもね!
 私が、会社名や店名を命名した時は、シツコイくらい、この経営の3原則を遵守して頂くようお願いしている。
 従来の日本中の熊崎式から、天格・地格の画数の出し方を”逆転の発想”で開発したのが「天命数霊術」である。

 
 
 

必読!「ピサの斜塔」と人名字「斗」と「司」の違い!
[第432回](小凶)・・・9月20日(大凶)

「不思議ですね。”ピサの斜塔”がなぜ、倒れないのか?」
世界七不思議の一つと言われている。
5度傾いて、”倒れそうで、800年以上も倒れない”!
建造目的は、12世紀のピサの国に”時を告げる鐘楼”なのです。
先ほどのNHK「探検ロマン:世界遺産」を見ていたら、フト、人名に使用する”不安定な字体”を思い出したのです。

 おそらくアニメ”北斗の拳”から、流行し始めた「海斗」「雄斗」「悠斗」「大斗」「蓮斗」「彩斗」・・・など、相変わらず、流行字体!
 この「斗」を姓名の一番下に持ってくる「○○海斗」や「○○雄斗」を、縦書きに書いて見て下さい。
 ”ピサの斜塔”どころではなく、上の3文字を僅か「一本足」で、しかも「中心から右に位置」する”アンバランス”!
 いつ、上の3文字の重量に耐え切れず、いつかは”倒れる”印象を感じませんか?その他、”一本足”の字体「平・幸・章・卓・隼・準・叶・華・・・」は、名前の上に使用する字体であり、下に使用すると、安定感がなくなります。
 運気の良い人名は、風水パワーの”理気・らん形”の理論から、”上下・左右”のバランスが採れているか否か?が、重要なのです。
 むしろ、男の子の名付けの場合、姓名全体の”重心”を、下に持ってくると、非常に”安定感”のある姓名(例えば、竹中平蔵・井川慶など)になります。
 「斗」のような字体は、子供の時から、何十年も”読み・書き”していると、「斗」が異常に”突き刺す”ようにも感じ、先ず”神経質”な子、そしてストレスの積み重ねで、将来、”鬱(うつ)・引き篭もり”の現象が訪れる時代が来ると、私は”予言”して置きます。
 それに「斗」の字は、”僅か”と言う意味でもあり、例えば「斗禄」と言えば、”僅かな給料”という語源・語意も良くないのです。

 それに引き換え、”不安定”な形であっても、「司」は、昔から「誠司・康司・雄司・・・」など、運気の良い人が多いですよ! 
 なぜなら、言語学者の説にも依りますが、「司」の”形”より、終局の意味は”生み出す”(「人」の下の「口」=子宮;漢和辞典で確認して下さい)という”語源”であり、運気が良いのです。
 この字体は、ちょうど「ピサの斜塔」のように、アンバランスでも、”倒れそうで、倒れない不屈の精神”を持っている字体なのです。
 ”流行”の字体は、良く検討して名付けないと、子供さんの運気を親が奪う結果になりますよ。
 ブログに”類似の説”を投稿済ですが、最近の地方新聞でも、相変わらず、「斗」が多いことを、「ピサの斜塔」をテレビで見て、思い出したのです。

必読!ユーモア!「カラス麦」と「技術的な問題」!?
[第431回](大吉)・・・9月19日(最大吉)

「イングランドでは、”カラス麦”なんか”馬”が食べているが、スコットランドでは、”人間”が食べている!」
と、イギリス国会でイングランド出身の議員発言!普段仲の悪い民族出の議員の応酬!
 その時、スコットランド出身の議員の発言!
「だから、カラス麦を食べるスコットランド人は”賢い”が、イングランドでは”馬”が賢いですね。(裏;人間は賢くない!)」と、お返ししたそうです。
 実に、スコットランド人は、ユーモアに長けた民族とのこと!

 あのお堅い中国でも、ユーモアがあるのですが、日本の政治家、皆気が付いていない事件がありましたね。
 いつだったか失念しましたが、中国の最新鋭の「原子力潜水艦」が、日本の領海を侵した事件!日本政府が、遺憾の意を中国政府に申し入れたら、なんと、「すみません!”技術的な問題”で誤航したのです。」とのこと!
 それに対し、日本政府、「あぁ、そうでしたか!」で終わりにしている。

 あの”最新鋭”の原子力潜水艦ですよ!民間の漁船だって、緯度経度を自動操舵で、航路を誤ることはない!
 中国政府のユーモアに、日本政府の誰も気付かなかったのか?
 言い訳の「技術的な問題」はユーモアである!、そのお返しをユーモアで
返されるのを中国政府は期待していたが、生真面目な日本政府にはユーモアがなかったのです。
 そのお返し、「すみません!小泉首相が靖国神社参拝したのも、”技術的な問題”だったのです!」と言うべきだったのです。

 緊張する国際問題でも、夫婦喧嘩でも、ユーモアで”笑い”を採れば、仲が戻ることもある。
 
”笑う門には、福来る!”
 ”笑えば”’焼皀曠襯皀麒泌の活性化血流を良くする0瀋欧粒萓化な愴襪治るゾ亟蕕蓮蛭人”を造る!
などの”福”が訪れますよ!
 ユーモアで、”うつ(鬱)”なんか、飛んで行きますよ!

必読!「豚に口紅」!苦しい時ほどユーモアが必要!
[第430回](小凶)・・・9月18日(中吉)

「”豚”に”口紅”を付けたようだ!」
今、アメリカ大統領選の最中、オバマ候補の発言を巡って、対立候補のマケイン氏は、盛んに応酬!(豚=マケイン氏、口紅=女性の副大統領候補)

 いやぁ〜、実にアメリカ人、ユーモアの喩えが上手い!日本人は昔から真面目過ぎて、ユーモアがない!
 「オバマ」も「マケイン」も、どちらも”9画”!
 今度は、「オバマ」(9画)と「クリントン」(10画)の時のように、私の予想は、当たるかな?
 でも、私の予想は、「オバマ」のユーモアを、本気で受けて応酬している「マケイン」の負け!と予想!「マケイン」=「負けイン!」だから!

 さて、”綾小路きみまろ”を見て、”大笑い” している「若くない、綺麗でないご婦人方」、キッと、旦那より遥かに長生き!ですよ。
 これは、アメリカでの話!
 ガンで死期を迎えたある店主!
 「シッカリして下さい!お父さん!ここに家族みんな集まっていますからね!」と言うと、そのお父さん「じやぁ〜、誰が”店番”しているのかね?」と言ったそうです。
 これは、戦時中のイギリス兵の話!
 日本兵がシンガポールに侵攻して、イギリス兵が撤退する時、地元民が「イギリス兵は強く、日本兵10人にイギリス兵1人に相当する!と自慢していたではないですか?!」と言うと、イギリス兵は「いや〜、予想もしない日本兵が”11人”上陸して来たからね!」と、言ったそうです。

 欧米人、特にユダヤ民族は、2千年の昔から、亡命・追放・虐殺を経験し、苦しい体験をして来ている!そこで”苦しい時ほど、ユーモア”で、お互いに励まし合った!その伝統?が、現在でも引き継がれている。
 でも、日本人は島国で、ユダヤ人のような体験は少なく、”生真面目”過ぎて、”面白み”のない民族だ、というのが世界の評価!

 私など、たまにジョークを言うと、「止めてぇ〜、親父ギャグ!」とバカにされるのがオチ!
 さあ?あなたは、ユーモアあるジョークを言う勇気ありますか?
 お互いに”笑い”で健康と長生き!
 「ユーモア」は、”8画”!温厚円満で、良くシャベル数!不思議?でしょう!
 

必読!全国初!75歳以上の医療費、町が負担!
[第429回](大吉)・・・9月17日(小吉)

「なんと、お年寄りに冷たい政府の政策!」
無駄な”箱もの”を造った自治体は、現在、倒産寸前!
第2の「夕張市」のように転落する自治体は全国に多い!

そのうえ、悪評高い「後期高齢者医療制度」!
お年寄りの負担はもちろん、家族にお年寄りを持つ家庭の負担増!
いくら平均寿命が伸びても、生活苦の高齢者の増大!

そんな中、東京・日の出町(多摩地方)が、75歳以上の高齢者が医療機関の窓口で支払う自己負担分を、すべて肩代わり!すると発表!

こんな奇特な自治体は、全国で初めて!
「日の出町」は、人口1万5千人、75歳以上の窓口負担部分は、現在8500万円!一体、財源はどうする?

 そこは、町長の”叡智と思いやり”の自治行政!
 町長自身が、80歳の高齢!お年寄りには理解がある!

 長年、大型スーパーを誘致する運動を続け、なんとスケールの大きい「イオンショッピングモール」を誘致し、開店に漕ぎ付けた!
 なんと!イオンの固定資産税は、年間3億3千万円!

 これなら、町の肩代わり8500万円は、余裕ある財源!
 それに、買い物も近くにでき、町民は大喜び!
 アイデア一つ!利用率の低い公立の施設を建てるより、こんな政策を打ち出した町長は、昔で言えば、「藩政改革の名君」!と言えるだろう。

 その町長の名;「青木國太郎」(80歳;新漢字の「国」ではなく、旧漢字11画を、日常使用!)
「青木國太郎」天格19・地格8・補格9・総格36

 どうですか?イオンを誘致できた”運気の良さ”と”善政”をする天格19!そして”思いやり”の心を持つ地格8!総格よりも、いかに天格が大事か、分かりますね。ここが、日本中の説と異なるところです。
 それに「○太郎」「○一郎」は、現在でも政治家に多いと言いましたね。
「麻生太郎」に「小沢一郎」・・・。
 現在の訳の分からない”流行名”より、平安後期から千年以上も続いた「武家の美称(通称名)」の「太郎」「一郎」は、現在でも活躍!
 これが、日本男性の”固有の文化”を造る字体なのです。

 
 

必読!”母乳”が[健康と知能]を良くする!
[第428回](中吉)・・・9月16日(小吉)

「母乳が出にくいなら、人工乳にしなさい!」
と、特に若い産婦人科の医師は、勧める傾向がある。

 でも、「どんなことがあっても、”必ず、母乳で育てなさいよ”!」と、私が名付けた赤ちゃんには、母親に強く勧める。
 なぜなら、いくらベストの名付けでも、”健康で賢い”子に育たなければ、母子とも不幸であるし、私の信用にもかかわるのです。

 母乳の長所は、”免疫力・吸収力・安全性・省力化・経済性など”沢山あります。でも、産婦人科医師は、”授乳指導・相談の煩わしさ”から、すぐ人工乳を勧める!
 でも、もう一つ大きな理由は、なんと思いますか?
 それは、驚くことに、乳業メーカー・販売業者からの”リベート”の裏取引があるからですよ!
 特に、民間病院では、どんなにリベートを受けても、刑法の”贈収賄罪”にならないからです。(国公立病院でも、リベートを受けていた事例もあります。)
 一般に、人工乳であれば、1人1ヵ月で、約2万円のミルク代がかかるのですよ!これが全国の新生児が、人工乳にしてくれれば、メーカー・販売業者の利益は膨大なもの!
 新生児の”健康や才能”の成長など、考えてはいませんよ。ただ、企業・病院は、”利益の追求”しか考えないところが多いのです。

 それに”免疫力や安全性”!
 今、中国では、故意に有害物質を加えたミルクのため、2人死亡、千人以上の”腎臓結石”で苦しんでいる赤ちゃん!
 かって、日本でも”森永ヒ素ミルク事件”がありましたね。それに、最近では、残留農薬を含んだ牛乳・ミルクなどが出回る可能性は十分にあります。
 実は、私の家でも、第一子;長女は、人工乳を勧められたため、乳児から30代の現在まで、体が丈夫な方で有りませんが、第二子の長男は、母乳で育てましたので、すこぶる健康体です。

 決して、病院で人工乳を勧められたからと言って、安易に母乳を止めてはいけませんよ。子供の健康体と知能の発達のため、新生児のお母さん方、母乳で育てるよう頑張って下さい。
 乳業メーカーと産婦人科医師の”陰謀”に負けないで下さいね。
 人工乳では、どんな”ベストの名付け”でも、”健康と知能”は、私は保証できませんよ!
 

必読!ペットの名でも、「9」画は賢くなる!
[第427回](小吉)・・・9月15日(大吉)

今から13年前ことである。
平成7年だから、阪神淡路大震災のあった年!
娘が、大阪・堺市の友人宅から、1匹の仔犬(ポメラニアン種オス)を頂いて来た。でも、「1匹だと可哀想だ」ということで、今度は、ペットショップから、ポメラニアンの仔犬メスを買って来た。

 ところが今度は、台風の日、捨てられていた1匹の子猫(日本猫;メス)が風雨に晒され、娘が「可哀想だ!」と言うことで、自宅に持ち帰った。
 さらに「1匹では可哀想だ!」の理由を付けて、別の友人宅から、1匹の子猫(日本猫;オス)を頂いて来た。その1年後、2匹の子猫が生まれた。オス・メスの2匹である。
 さあ、犬猫併せて”6匹の世話”!それは、もう大変でしたよ!
 
 まぁ、それはさて置き、6匹の名前の命名! 娘が飼うのだから・・・と、私はノータッチ!娘は霊能者ではあるが、分野が違うので「天命数霊術」なんか、ノータッチ!
 結局、娘は、犬は日本的な名前、猫は”ギリシャ神話”の神々の名から命名!
犬;オス「大樹」(19画)、メス「さくら」(6画)
猫;父親オス「ラムタラ」(9画)、母親メス「フォルトナ」(10画)子猫オス「ペポニー」(10画)、子猫メス「アーディ」(10画)

 さあ!これら6匹のうち、19画の「大樹」、9画の「ラムタラ」の”思いやり・記憶力・躾けの良い賢さ”は、抜群であった!
 そのうち、”思いやり”の点だけ紹介しよう。
 散歩は、2匹連れて歩くのだが、ある日のこと、5歳くらいの女の子、オスの「大樹」だけに「まぁ!可愛い!」と言って、ビスケット1枚もらった。ところが「大樹」は、半分だけ食べ、残りをメスの「さくら」に食べさすではないですか!
 また、父親猫の「ラムタラ」!犬と一緒に育ったせいか、全く教えていないのに、猫が”お座り!”お手!””お代わり!”をするのですよ!それに、とても、子猫に”思いやり”があり、いつも同時に4匹の猫に食事を与えるのですが、毎食、ジッと子猫が食べ始めるのを、横目で確認してから、自分が食べ始めるのには、驚きましたね。

 娘が偶然に命名した「9画」の”犬と猫”!それはテレビに出演しても良いくらいの”思いやり”と”賢さ”!
 でも、最近まで、次々にペットフードの有害物質の影響なのか、ガンで次々に亡くなりました。、特にオス犬の”思いやり”がある「大樹」が11歳でガンで急死した時、私の両親が亡くなった時以上の悲しみで、涙が止まりませんでした。
 今ではメス犬の「さくら」1匹になり、私も1人住まい、同居人(犬?)は「さくら」だけになりました。(娘は数年前、犬猫を置いて、大阪暮らし!)
 今は、ペットのネーミング、いかに「9画」が”思いやりある賢さ”があったか!心に残っています。
 あの有名な「渋谷駅の忠犬”ハチ公”」も、「9画」ですね。

 

必読!素晴らしい内容!”100円ショップ”の小冊子!
[第426回](小吉)・・・9月14日(小凶)

「これ、いくらですか?」
と、初めて100円ショップに行った歌手の”郷ひろみ”さん!
レジで店員に聞いたそうです。
 私も数年前!100ショップの出始め頃、「100円均一なんて、どうせ粗悪な物を並べているだけ!」と、殆ど行ったことがなかったのです。
 それが最近、弟子に連れられて、100ショップに行ったら、驚きましたねぇ〜!「えっ!これが100円!?どう観ても、100円じゃ〜作れないよねぇ〜」と言う多種多様の商品が、山積み!(もちろん日本製ではなく、中国・東南アジアの製品ばかりだろう。)
 私も「これ!いくらですか?」と、”郷ひろみ”さんと同じように聞きたくなる素晴らしい商品も多い。

 しかし、これら日用品などは、”値段と品質”との比較からの”価値判断”!ところが、”品質”より”内容”が大事なものがあるのです。

 数日前、スーパーの2階にある「100円ショップ」に、家内のお供で
行き、レジの近くの棚に展示してある諸々の小冊子!
 もちろん、1冊100円!
 その中で、彼岸も近くなったので、このブログの話題にでも・・・と思い、”ダメ元”で、次の3冊を買い、今日読んで見たのです!
 いやぁ〜驚きましたね!その内容の素晴らしさ!
 「先祖供養の話」「お墓の話」「仏教ことわざ小事典」の3冊(いづれも「現代仏教研究会」編;このような関係小冊子20種あります。20冊買っても、僅か2000円!)

 私の所蔵する”墓相””先祖供養””戒名”などの関係本15〜6冊!
 これらのいずれも”事実誤認・虚偽記述・営業トーク”丸見えの本ばかり!もちろん1冊1000〜2500円で、100円ではありませんよ!
 「先祖の祀り方」(細木数子著)のように、”骨は50年経過すれば、土に帰るから、先祖供養で五輪塔を建てなさい!”とか”私が指定する石材店の墓石でないと、子孫は繁栄しません!”なんて、虚偽記述や営業トークが見え見えの本が多いのです。
 
 投稿済のカテゴリー”物の価値観””墓相””戒名”を再読して下さい!
 ブログにも投稿していますように、現在まで、出版されている関係本、殆ど参考になるものはありません。
 ところが、これらの小冊子の内容、実に宗教の真髄から世の中の道理が、分かりやすい文体で書かれ、”現在の社会情勢”を取り入れた”納得の内容”です!
 隠れた日陰の中に咲く花のように、名もない僧侶が執筆されたもののようですが、目立たぬ隠れたところに、本物が居られるのですよ。
 (投稿済の「座長の女舞;葵好太郎」のように、有名人の女舞より隠れた名人!を再読して下さい。)

 ぜひ、皆さんも1冊100円で、本物の知識が付きます!ぜひ、読んでみて下さい。100円均一の商品の中で、”内容”の価値を見出すのは、恐らく”本”くらいのものでしょう。
 

必読!北朝鮮の惨状!「私の娘を100ウオンで売ります!」
[第425回](大吉)・・・9月13日(小吉)

「私の娘を100ウオンで売ります!」
”脱北者”が北朝鮮の飢餓の惨状を書いた詩集!
今、韓国でベストセラー、日本版も発売開始!
私も、ぜひ読んで見たい。

 泣き叫ぶ”幼女”を連れた”口の不自由な母親”!
「私の娘を100ウオンで売ります!」と書いた紙を、首にぶら下げていた。やがて軍人が100ウオンを手渡すと、母親はどこかに駆け出し、パンを買ってきたのか、別れ行く娘の口に押し込んで、号泣していた。(100ウオンは、卵1つ買えない小銭!)

 との下りが、「飢餓の惨状と母親の愛」が、読者に共感を呼んだのであろう。90年代後半の大飢饉!300万人が餓死したその一部の紹介だけでも71編の詩集!公開処刑や体制批判まで、生々しい表現で書かれているそうだ。金日体制の暴君・圧政は、目を覆うばかりである。

 それに日本政府の弱腰から、”拉致問題”の進展もなく、依然として金正日将軍様1人だけが、贅沢三昧;喜びの組に悦に入っている。
 こんな国が、まだこの地球上に存在するなんて・・・!
それは、独裁国家だから、金日正総書記の性格・才能の影響そのものである。因みに、姓名を判断すると、
「金 日正」天格12・地格5・総格17
 天格12と総格17で、地格5の正義感は消去されている。「気まま」で「頑固」な性格、そのものです。このタイプも、切れ易い”「4・7」タイプと同じ性格なんです。

 北朝鮮の惨状に比し、日本は外見だけは、スーパーに行けば食料品など多種多様に商品が溢れている。
でも、現在の日本、表には余り出ないが、毎年3万人の自殺者の中には、老齢者の生活苦から、ヒッソリと餓死した事例(北九州市小倉区など)もある。
 いつの時代でも、どこの国でも、”貧富の差”がある世の中を創造している神仏!
「娘を100ウオンで売らねばならない人」など”地獄の境遇”にある民衆、逆に独裁の栄華を1人占めにしている金正日の”極楽の境遇”の人を、どうして神仏は創造したのか?神仏の加護・懲罰に対する疑問は、未だに解けない!
 それとも天国に行けば、皆、平等に生活できるのか?この疑問も解けない!
一体、宗教とは、何んなのか?その疑問も解けない!
 まだ、私は未熟なのか?この世の疑問を解けないことが多い!

 こんなことを考えながら、今日も運気向上のために、「改名の候補名」を墨書したのです。

※お知らせ
 直接メールのアドレスを、HPの「問い合わせ」欄から尋ねて来られる方がありますが、その欄からでも、ご質問や依頼もできます。
 念のため、PCメールのアドレスを書いておきます。
 「info@gakuyo951.jp」です。簡単でしょう。
なお、携帯メールのアドレスは、次の通りです。
 「gakuyo951.81@docomo.ne.jp」
 

必読!呆れた太田農水相「じたばた騒いでいない」発言!
[第424回](小吉)・・・9月12日(大凶)

「あんまり、じたばた騒いでいない!」
と、今、社会的に大問題になっている「汚染米の転売問題」についての発言!!!一番の責任者;太田誠一農水相の発言ですよ!
 今日、衛星放送の収録での発言!「あっ!」と驚く発言の要旨!

『(汚染米は)低濃度で、人体への影響はないと自信を持って言える。だから、あんまりじたばた騒いではいない!・・・』だって!!!

 呆れたものですね!今、日本中が”汚染米の転売”から、焼酎・酒・菓子類に到るまで、農薬汚染の製品の店頭からの引き上げで、製造業者・販売店の莫大な損害と消費者の健康被害が、大問題になっている最中の失言!

 一体、本気で農水相の仕事をしているのか?疑いたくなる呆れた発言!
 確かに、生産物の農薬管理については、農水省の所管であるが、人体への影響は、食品衛生法に基づき、厚生労働省が判断すべきもの!
 常識で考えても、1回の摂取量に含まれる農薬は低濃度であっても、基準値の5倍もあれば、それを継続して摂取すれば、体内への蓄積により、発ガンを誘発する恐れは、十分にある。
 その常識さえない太田農水相!どうして『人体への影響はないと自信を持って言える』のか!!
 今までの農水相!次から次へと失言で、交代して来た農水相!
 以前、松岡元農水相、”なんとか還元水”で自殺したり、バン創膏を顔に貼った坊ちゃん農水相!
 これらが、皆、自民党代表の大臣?
 それで良く政権担当能力があると言えるね!
 明治・大正時代の伊藤博文・大隈重信・板垣退助・犬養毅などの名君大臣と比較にもならない”低濃度=低脳度”の大臣ばかりが、現在の政治家の実態!
これじゃ〜「3月31日までに最後の1人になるまで、年金記録を確定します!」と安倍前首相の公約!「公約とは大げさ!」と発言した福田首相!実に、呆れた政治家ばかり!
 2〜4世の世襲「坊ちゃん」政治家では、消費者や庶民のことなど、眼中になく、これでは、”低脳度”の政治しか期待できない。
 因みに「太田誠一」農水相は、天格17で、”我が強く、自己主張”ばかりの性格!消費者・製造元・販売業者などに”思いやり”なんかありませんよ。「誠一」の名、”誠実が一番”と言う語意が天格17に負け、これこそ”名前負け”と言うのですよ。

秘伝!「天命数霊術」は”異次元の世界”と同じ!
[第423回](小吉)・・・9月11日(大吉)

「不思議ですねぇ〜」
と、天命数霊術による命名・改名の効果に驚かれる!(1昨日のブログ参照)
実は、私、当本人でさえ、”不思議だ!”と思っているのです。

 その実例は、HPにも書いていますが、例えば”赤ちゃんの名付け”など、もちろん赤ちゃんは、どんな名前でも社会的に使用することがなくても、ベストの名前なら、風邪一つ引かない健康体で賢い子に成長する。
 これ一つでも”不思議?”なことなんです!

 さて、この”善のパワー”か”悪のパワー”か?これを科学で証明できない「異次元の世界」のパワーなのです。
 ところが、今晩のNHK21時のニュース特報で、「スイスで”異次元”を証明する実験が行われた!」とのこと。
 この科学者は、「未来の提言」として長年研究して来た理論物理学者リサ・ランドール博士(ハーバード大学教授;女性・43歳)!
 ”5次元の世界”が存在する!”と、地下100mに真空のパイプを埋設して、スイスのジュネープの郊外で実験を行ったとのこと。

 私たち通常人は、タテ・ヨコ・高さの3次元しか、目に見えない!
 しかし、霊能者・預言者などは、4次元・5次元の世界が見えるし、また”目に見えないパワー”が存在するという哲学;風水の「理気」がそうである。この理論は古代中国では、すでに信じられていたが、それを科学的に証明する者は、現在までいなかった。
 特に、日本では「政教の分離」が憲法で詠われてから、”人の目に見えないもの”は、すべて”迷信”くらいに片付けられていたのである。

 そして、実際になんとなく体験する”神仏の加護””第六感””虫の知らせ””胸さわぎ”など、科学では解明できないものと、皆さんも思っていたでしょう。
 ところが、これは人間の目に見えない「5次元の世界が存在する!」(4次元は、霊能者などは見える!)と、科学的に証明できる時代が来たのです。
 私が深夜に墨書する「昇運色紙額」から、何人かの霊能者・真言密教の住職・中国整体師から、”明るいオーラが出ていますよ!”と、直接・間接に聞いたことがあります。ですから、公式HPに紹介しているような事例が見せられたのだ、と思いますし、これが科学的に解明される時代になったとは、誠に嬉しいことですね。
 ですから、「天命数霊術」は、何度も投稿しているように、統計なんかではなく、「後天八卦図(神亀の図)」から来る”5次元の世界”のパワーなのですよ。

必読!カラ党もアマ党も、”汚染米”漬け!
[第422回](大凶)・・・9月10日(大凶)

「農薬汚染米が、焼酎・日本酒の原料に使用される!」
と言うニュースが入った時、またか!と思う一方、私は、焼酎はおろか、酒類は一切飲まない”アマ党”!
「(カラ党の方には悪いが)あぁ、”アマ党”で良かった!」と思っていたら、なんと「和菓子・餅・煎餅類の米粉にも、汚染米を使用!」とのニュース!なんと”がく然”!
 これでは、”カラ党”も”アマ党”も同じ被害ではないか!と思っていたら、農水省の発表は「農薬は微量なので、健康被害はありません!」とだって・・・???
 でも「農薬メタミドホスは、基準値の5倍!」と発表している一方で、「健康に被害はない?」とは?
 ”カラ党”は、1回ポッキリの晩酌ではないだろう。毎晩、365日の晩酌に体内に農薬が蓄積して、発ガン物質として残留することを考えないのだろうか?
 ”アマ党”だって、1回ポッキリの和菓子・餅・煎餅を食べるわけではない!旅行の土産品など、子供を含めた家族全員が賞味!こんな継続して食する体内への農薬蓄積を、農水省は考えないのだろうか?

 しかも、この食品衛生の大問題を引き犯した「三笠フーズ」(本社;大阪市、工場;福岡県)は、全く悪質!消費者だけではなく、製造元・販売店への被害も甚大!
「船場吉兆」の”使い回し””賞味期限改ざん””産地偽装”どころではない社会的な影響は、計り知れない!

 このような隠された”悪質な陰謀”!全て”営利を目的”に、会社の理念に転換したら、元も子も失う”会社倒産”は目に見えている。

 会社の発展は、あくまで”社会貢献””利益の社会還元”という会社の理念を第一としなければ、昨年から今年だけでも、”会社倒産”の続出!

 昨年は”偽”の歳!さぁ、今年も引き続き”偽”歳の2年目になるかな?
 全く、一部の呆れた企業家たちのため、社会に対する影響は大きい!農水省・厚生労働省などの政府も、一体どんな指導監督をしているのだ!
 総裁選は、「1姫4太郎」の誰でも良いから、政権担当能力?を発揮して、ビシッ!とした政治をしてもらいたい。




必読!イジメ消える!「改名」の21回21日間の連書!
[第421回](大吉)・・・9月9日(最大吉)

9月9日の今日は、”重陽の節句”又は”菊の節句”と言い、平安時代から公家の祝日、鎌倉時代以来、武家の元服の祝日!天子の数「9」の重なる「陰・陽」のパワーが最も強まる日です。(詳細参照;昨年の9月9日のブログ)
 このブログを読まれている方には、「9」を”苦”なんて、語呂合わせを言っている方は、もういませんね。とにかく「9・19」は”大凶”どころか、”最大吉数”なのです。

 ところで、女性ばかりの職場で、毎日のように”イジメ”に遭っていた30代の女性、最近、私が改名!その名を毎晩21回、21日を書き続けたところ、”実に不思議?!”、”イジメ”は、ピタリと止まったと言う、誠に、うれしい報告をPCメールで頂きました。

 その原文の一部を抜粋して、紹介しますね。
(原文どおり、但し、固有名詞は非公開です。)
『・・・前文省略・・・。 ところで、今日は、最近21回21日間「○○△△」と書き終えてから…不思議と今までのイジメもピタッとおさまり…不思議で不思議で…。ただ単に今だけ、他に気が行っていてイジメが無いだけなのかな…と思う反面、改名と21回21日の成果なのかな?と、不思議な気分です。・・・後文省略・・・』

 この方は、とても美人のようですが、女性のみの職場では、先輩・同僚から”女の嫉妬”で、自分より綺麗な人をイジメル習性があるのは、世間に多い話です。本当に”女性”のみの職場は、人間関係が難しいのです。
 しかし、それでも”偶数の多い名”から”奇数の多い名”特に「天格9・19・15」に改名すると、そんなイジメが消えた例は、珍しくないほどあります。
 イジメといえば、小・中・高校生!イジメられるタイプは、”偶数”ばかりの名が多く、これを「天格9・19・15」に改名して、ピタリとイジメがなくなった例も、沢山経験して来ました。

 実に不思議でしょう!いかに天格が「9と5系列」であることが重要であり、諸々の運気が強いか、再認識して下さいね。

秘伝!気の毒?父親が「正当防衛」で長男を致死!
[第421回](大吉)・・・9月8日(中吉)

「警察は、殺人容疑で現行犯逮捕!」
昨日の岡山県金光町の事件!
ニュースでは、”殺人事件”としているが疑問?
正確な事実関係は不詳であるが、私が現場を想像する限り、「殺人」ではなく、「傷害致死」事件!しかも「正当防衛」であろう!
 メデァの社会部の記者・リポーターなどは、一体「刑法」を知って取材しているのだろうか?正確な記事を掲載しないと、「殺人」と「傷害致死」では、加害者に対する社会の評価・印象が異なる!

 この事件、父親「藤井達雄」(55歳)が長男「藤井博之」(27歳)の部屋に無断で入ったところ、長男は台所から”出刃包丁”を持ち出して暴れ、父親に切りかかったので、もみ合いになり、長男の首に包丁が刺さり、出血多量で死亡!すぐ父親は警察に連絡自首している。

 このような事件が事実だとしたら、「殺人」ではなく、「傷害致死」である。(学説によれば、父親には”暴行”の意思もないので、もっと刑の軽い「過失致死」という説もある。)
 なぜなら、父親が包丁を取り上げるための揉み合いなら、”殺意”がない!しかも「正当防衛」で無罪になる可能性もある。「殺人罪」には、必ず”殺意”が必要!
"殺意"の有無は、非常に大事な要素であること、皆さんもこれだけは、シッカリと記憶していて下さい。
(来年から「裁判員制度」が始まります。「殺人罪・傷害致死・過失致死」の区別をシッカリ持つ必要があります。)

 この事件、”殺意があった”とは、断定できないものです。

 この2人を見ると、
父親「藤井達雄」天格30・地格16・総格46
長男「藤井博之」天格30・地格7・総格37

 どうですか?父親は、普段とても”大人しい”人!
 長男は”切れ易い”タイプ!
 家庭内の事件が最近とても多くなっていますね。昔にはなかった20〜30代の”引きこもりや切れ易いタイプ!

 親が無断で部屋に入ったくらいで、親を殺害する意思を持つのは、異常な性格!もし、私の事実関係が間違っていないとしたら、「父親が息子を殺害!」という間違った記事をみると、父親がお気の毒ですね。

 

必読!橋下大阪府知事「府立国際児童文学館」を廃止か?
[第420回](大凶)・・・9月7日(小吉)

「漫画ばっかり読んでいる!」
と、府の行政改革を進めている橋下知事!利用率の低い「大阪府立国際児童文学館」の利用状況を”隠し撮り”をしたことが問題になっている。

 私もかって「公共施設の利用状況」を監察したことがあるが、”隠し撮り”でもしないと、その実態が正確には出てこない。
 事前に「調査に行きますよ!」と連絡すれば、サクラを使い、利用データも改ざんされる恐れがある。普段、暇で新聞ばかり読んでいる職員も、その日は、なんだか忙しそうに働いている姿を見せる。

 利用率が低い!というのみで判断できない公共施設もある。
 例えば「国立公文書館」など、特殊な古文書を保管・閲覧する施設など、例え利用率が低くても国の歴史を保存する重要文書などは、国立や府県立の施設が必要であろう!

 しかし、府下の市区町村の”どこの図書館”にもある漫画本や児童文学書などを、わざわざ、吹田市に府立として設置理由がない。
 どこにでもあるような漫画本や児童文学書を、府下の子供たちが、電車に30分〜1時間も乗って、読みにくるはずがない!
 恐らく、近所の子供たちの”憩いの場所?”に過ぎないと思う。

 私は、橋下知事の言う「漫画本ばっかり・・・!」が廃止の理由ではなく、そんな府の予算を、特定の子供たちのために使用するのが、府民からみれば、不公平感があり、非効率である。
 そんな予算を、もっと身近な市区町村図書館や地区児童館に配分すべきである。子供は、遠くの図書館など利用しないから、利用率は当然のこと低い!決して漫画本を読むのが悪いのではない!
 漫画本でも、子供たちが経験できない社会問題や、気軽に歴史漫画で、歴史の面白さを感じとることも出来る。

 ”隠し撮り”が悪いと、枝葉末節な事を言う反対勢力がいるだろうが、その原因を作った無駄な施設を批判すべきもの!本末転倒の議論が、府議会で問題になるとしたら、それは行政改革の反対勢力の常道手段である。

 いろいろ問題が提起して来るだろうが、橋下大阪府知事や東国原宮崎県知事も、新風を吹かせ、良くやっていると思う。

 これも経営の3原則;”意外性””独創性””大衆性”の現れだと思います。

必読!人権擁護の”呼び名・用語”の近代化!
[第419回](大吉)・・・9月6日(小吉)

「小使さん!お茶!」
今でも懐かしい40年前までの役所の風景!
局長・部長は個室、課長以下は大部屋!
毎年、春になり新入生が入ると、2〜3年先輩の係員でさえ、新入生にお茶を汲ませたのは、まだ良い。でも、まだ20代の若い係員!親ほど歳上の”小使”さんに「おい!小使さん、お茶!」と、言っていたのが、役所の普通の風景。それに女性は、同じ事務官の先輩でも、後輩の男性のお茶汲みをさせられていた。
 学校でも「小使室」があり、授業開始には「カラン〜、カラン〜」と鐘を鳴らすのも仕事でしたね。
皆さん!「小使い」と言う職種があったのを、ご存知ないでしょうね。
 一方、家庭では「女中さん」と言う用語が当たり前!
 「定年になって”老人ボケ”になったら、”養老院”でも行くか!」との会話が普通!
 新聞を読めば、「70歳の”老婆”、車に轢かれ即死!」

 実に、民主憲法で人権擁護・男女平等など保障されていても、社会の現実には、まだ身分差別・男女差別意識が一般!40〜50年前まで、憲法を率先して遵守義務がある国家公務員でさえ、蔑視・差別用語が横行していた!

 そこで、身近な行政改革として、1昨日の「役所の窓口改善」のほか、蔑視・差別”呼び名・用語”の改善にも、取り組んだ”懐かしい思い出”もある。
 現在では、「小使」→「用務員・校務員」、「女中」→「お手伝い・家政婦」、「老人ボケ」→「健忘症」→「認知症」、「養老院」→「老人ホーム」、「老婆」→「女性」など、マスコミも用語統一!
 テレビ・新聞など、高齢者の男女は、何歳でも「老人・老婆」ではなく、「○歳の男性・○歳の女性」という用語に統一されているのに、皆さん気付かれているだろうか?
 このように、身近な”行政改革”もあれば、大きな改革では、「国鉄」を「JR」に、「電電公社」を「NTT」にした思い出もある。

 さて、現在の若い人でも、”ウッカリ”「養老院」と、言っていませんか?”年寄りを養う”と言うのは失礼に当たる用語!必ず、法律用語の「老人ホーム」と、会話して下さいね。あなたの教養程度が分かるからです。
 投稿済のテレビ発言や著書で、作家の「内館牧子」氏、そして「細木数子」!いづれも最近、「養老院」と言う用語を使用!
(参照;[第216回1月9日、[第22回7月5日]])
まさに、教養のないところを、自ら公開していましたね。
 
 現在では、40〜50年前から見ると、数段の人権擁護・個人情報の保護が守られていますよ。昔から見れば、今現在が、どれほど平和で幸せかを、かみ締めて下さい。

必読!困惑?記入例に「麻生太郎」を変更か!
[第418回](中吉)・・・9月5日(大吉)

「太郎さん、花子さん!」
昔の新1年生の教科書の初め!日本人の代表的な名前!
「誤解招きそう!」
と、このたび「麻生太郎」氏が自民党の総裁選立候補の情報を受けて、困惑しているのは、川崎市麻生区!
なんと、区役所の窓口;住民票など交付申請書の「記入例」!!?
「麻生区」だから、氏名欄には『麻生太郎』!と、なんと1982年から、26年間も記入例にして来た。「同姓同名」!それを区民から指摘され、区長も変更を決めたそうだ!
これは、昨日の地方新聞の記事!偶然にしても面白い!
さて、どうしたら良いか?当面は「麻生○○」にするかも?でも、「○○」の中は”太郎”が正解!?と、区民は思うだろう!
これは、麻生区の”麻生”にコダワルからだ!どこでも通用する「日本太郎」でも良いではないか?!

 「太郎」「一郎」の名!実に平安時代からの武家の通称名!こんな平凡な名が平成の現代でも続き、案外、政治家に多い!
 確かに2〜4世の”親の七光り”で、国会議員になったとは言え、「太郎」「一郎」が付けば、案外出世するかも???
 もし、「麻生太郎」氏が自民党総裁になれば、対抗勢力の民主党党首「小沢一郎」氏!
 さあ!それこそ「太郎」と「一郎」の対決!
 これは、面白い勝負が見られそうだ!
 それに引き換え、現在の流行名!少子化から愛情を持って、練りに練って名付けたものが、”読めない””書けない””意味不明”の名で、平凡な人生を歩むより、「太郎」「一郎」と命名した方が、意外に面白い人生を歩む人になるかも??
 私の近所の「○○太郎」氏、一部上場企業の会社を副社長で定年退職、相談役として豪邸に居住され、ゴルフと海外旅行三昧!
 同じ男に生まれ、私など、こうして毎日毎晩、ブログと命名・改名に追われている人生!私も「望月岳陽」から「望月太郎」に改名しようかな??
 おっと!そんな泣き言を言わず、社会貢献のために”日々好日”!と思わねばね・・・。


必読!あっ!と驚く「小論文」「小説」の書き方!
[第417回](小吉)・・・9月4日(小凶)

「なんとかならないのか?市役所の窓口くらい、昼休みも受付てくれないのかなぁ〜」
これは、今から43年前の私の「小論文」の書き出しである。
(現在は、全国どこの市町村窓口でも、昼休みはなく受け付ける!)
 私が受験した「国家公務員の採用試験」(旧;行政管理庁)の課題;小論文「行政の民主化について述べよ。」であった。原稿用紙800字の制限!
 しかし、当時は法律の知識はあっても、世間のことは何も分からず、まして役所のことなど、何んの知識もない!
 「行政の民主化?」一体、何を書けば良いのか?
 その時、ふっ!と思い出した。受験願書に添付する「戸籍抄本」を取りに市役所に行ったら、12時5分過ぎ!「1時まで待って下さい」とのこと。

 これは働く人にとっては、誠に不便!会社の昼休み時間に行けるのに不便!と感じたのが印象に残っていたのである。

 そこで、小論文の書き出しを、冒頭のように”結論”を「会話形式(直接話法)」で書き始め、「行政の民主化」は、先ず国民の”身近な問題”から行政改革をすべきである!と書いた。
実は、この小論文が発端となって、「行政窓口改善に関する行政監察」となり、田中角栄内閣の時に、全国一斉に可能な役所から、順次”昼休みも受け付ける窓口改善”が行われて来たのである。
 そして、現在では全国のどこの役所でも昼休みでも受け付ける。それは行政機関だけではなく、裁判所などの司法機関も同様になっている。(東京・杉並区では、土日でも、9月6日から窓口業務を開始したとのニュース)

 「論文の書き方」は一般に「”起承転結”で書け!」と言うのが、常識であったが、私は”結論”しかも”会話”を冒頭に書いたのである。
 ところが、採用試験に合格し、入庁式の後の懇親会で、局長がコッソリ耳打ちして、「受験者の中で、一番分かりやすく、素晴らしい”小論文”だったよ!」と、お褒めの言葉が今でも記憶に新しい!
(昔のことは記憶に残り、今現在のことはスグ忘れる!これが認知症の初期症状なんです!)

 この手法は、小説の書き出しでも共通していると思う。
 「お主、裏切ったな!」
と書き出せば、読者は”一体、何を裏切ったのか?”を続けて読みたくなる。
 これなんです!今までの形式(起承転結)に捉われることなく、「結・起・承・転・(結)」に書いた方が、文章が生きて来るし、読者の興味をそそるのです。
 要するに、既成概念に捉われると、
「姓名判断なら熊崎式!カレーならカレー肉!結婚式ならウエデングケーキのカット!葬式なら仏式の通夜と葬儀!七五三なら宮参り!厄年なら厄除け祈願!節分なら巻き寿司の丸かじり!バレンタインならチョコレート!土用なら鰻!クリスマスならプレゼント!・・・」なんて、考えていたら、世の中、いつまでも進歩はしませんよ。
 あっ!と驚く”意外性・独創性”の考えと実行が、新しい発見があり、世の中を進歩させるのです。

"color:#0000FF">※お知らせ!
 現在、アマゾンで、私の本が市場に出ています。
 2冊目(定価1000円)・・・7500円(中古)と36700円(新品同様)の価格。”驚き!この評価とは!?”
 3冊目(定価1200円)・・・2400円(中古)の価格。
 ご必要な方は、お早めに!

必読!福田首相も、若者と同じ ”人のせい”にする!
[第416回](小吉)・・・9月3日(中吉)

「近ごろの若い者は、何でも人の”せい”にする!」
と、何時の時代でも熟年やお年寄りは、若者の”生き様”を嘆き、批判する。
 こんな嘆きは、テレビの時代劇のセリフにもある。
「良いことがあれば、自分の手柄!悪いことがあれば、他人が悪い!親が悪い!」と、私の長女も長男も中高生時代には反抗していた。

 同じ若者でも、歴史を振り返ると、幕藩体制を倒し、明治の近代化を進めたのは、薩摩・長州・土佐・肥前などの下級武士の若者!そして、明治時代の歴代の総理大臣!いづれも強力な反対勢力を押し切って、国のため国民のために、リーダーシップを執り、滅私奉公した。

 ところが、一国を与り、国の改革を進めようと、決意して総理大臣になった福田首相も前安倍首相も、全くだらしがない!
 リーダーシップを執り、改革を進めようと思えば、どの分野でも反対勢力があるのは当然のことである。
 中高生の生徒会長でさえ、反対勢力が邪魔をすることがある。

 もちろん、私説の「天命数霊術」を全国に普及しようと思えば、当然に現勢力の「熊崎式姓名判断」からの中傷サイトや妨害・嫌がらせ電話やFAXもある。
 それを気にして、「ハイ!もう止めました!」では、何の改革も進歩もない!身を犠牲にしても、世の中のため、社会貢献のために前進せねばならない!

ところが、福田首相の辞任理由の一つ!
「民主党を中心とした野党から、重要案件の審議などに応じてもらえず、また公明党からの協力も得られそうにないので、・・・辞任を決意した。」とのこと!自分の求心力やリーダーシップの欠如を棚にあげ、民主党や公明党の”せい”にしている。
 政権を担当する限り、当然のこと、野党や反対勢力を予測しなければならない!まさに、明治時代の政治家に比し、現在の政治家のダラシナイこと!
これでは、自民党には人材がおらず、政権担当能力がない!と、批判されても仕方がない。
 
 この福田首相の辞任理由からみても、「近頃の若い者は、すぐ人の”せい”にする!」と言う熟年やお年寄りの”キマリ文句・嘆き”は言えないことになる。
 
 

必読!食品・菓子の”味”にも独創的な工夫を!
[第415回](大吉)・・・9月2日(大凶)

「なかなか、”味”がありますねぇ〜」
骨董品の鑑定家が良く使う賞賛の言葉!
これは”視覚”から来る深遠に感じる”味”!

例えば、なぜ?”備前焼”は、古来(桃山期)から、”古備前”として有名で価値があるのだろうか?”釉薬も絵付け”もなし!ただ土を素焼きにしただけの地味な焼き物!
 九谷焼や有田焼、京焼のような派手さは少しもない!
 でも、そこには”隠れた工夫!”が”味”を醸し出している!
 土の焼き方に工夫をし、「灰かぶり・緋だすき・ゴマ・ボタ餅など」で”味”を出し、色絵や染め付きとは違った”独創的な味”が、古来から高い評価を受けているのである。

 さて、昨日の”独創性”は、”視覚”から来る和菓子の例を挙げたが、食品や菓子は、”味=味覚の独創性”こそ、”視覚の独創性”より、さらに工夫が必要である。
 「美味しくなければ、2度と買わないし、口込みでも広がらない!」
 高速のサービスエリアで売っている土産品の菓子!中には特産の推奨品もあるが、どこで買っても同じような”味”の菓子類!
 独創的な味を出している菓子は、”稀れ”である。
 菓子には”生地”と”あん”があるが、いづれも工夫がない!
 そこに、生地に小麦粉だけでなく、もち米を炒った粉を混合すれば”香ばしいシットリ感”が出る。そのうえ、柚子味を効かせれば”独創的”な味になる。商品により、生地にナッツか落花生の粉末を加えれば、これまた”独創的な味”になる!
 私は、カレーを作ることがあるが、メーカーの異なる4種のデトルトをスーパーから買ってきて、すべて混合し、そこに”水”の代わりに、安物のワインで薄めて、「カレーのワイン煮」にする。しかも「カレー用牛肉」ではなく、全体に”味”が浸透する「スライス牛肉」を使う!
 このように調理したカレーは、日本の高級レストランでも食べられない”独創的な味”のカレーになる!
 私は、料理に関しては、1日も習ったことがない全くの素人!
 でも、高級レストランより美味しい味のカレーが出来る!

 これなんです!赤ちゃんの名付けでも、流行名を追うことは、”平凡な味”=”平凡な人”にしかならないのです!そこに”独創的”に工夫した名こそ、社会貢献し、歴史に残る人に成長するのです。

※私のブログ!宣伝も広告もしていません!商業広告も掲載していませんね!何もしていなくても、”独創的な味”のあるブログにするよう心がけています。
 そのため、昨年の初め、1日50〜60件しかないアクセス数も、今では皆さんの”口コミ”のお蔭で、1日2000件を越すアクセス数!(”占い分野のブログ”に限定すれば、恐らく日本一のアクセス数!)
 事業もこのように、口コミで広がるのが、”継続性・経済性”の原則に繋がってくるのです。
 

必読!事業で成功するなら「あっ!」と驚く商品を!
[第414回](小凶)・・・9月1日(大吉)

「昨年の春に、和菓子の製造・販売を始めたのですが、どうも思わしくありません!」と、昨夜のPCメール!
最近、不況による営業不振のせいか、和菓子に限らず、商品の製造・販売のほか、喫茶店やスナックなどの飲食・サービス業からの会社名や店名の相談も入る!
 依頼があって、会社名や店名を命名するのですが、その責任は非常に重い!赤ちゃんの名付けや改名も重い責任を感じるが、事業の効果は経常利益と言う”数値”で現れるので、心の負担が”どっ!”とかかる!

 その際、必ず”条件”を提示する。
 『ぜひ、投稿済の”経営の神様”「(故)松下幸之助」氏の「まんじゅう屋さんの話」([第118回10月6日])を読んで下さい!』と返信や助言をする。
 どこでも売っているような商品、どこでもあるようなサービスでは、事業に成功する訳がないのです。
 いくら不況でも、口コミで広がる”あッ”と驚く商品やサービスなら、”商売繁盛”は間違いないですよ!

 「経営の3原則」は絶対に必要!”意外性””独創性””大衆性”の3つは、決して忘れてはならない原則です。
 そのうえ、金運・事業運の良い「会社名・社長名・営業場所・経営理念など」が必要なのですよ。
 さて、和菓子の場合、何百年も続いた”老舗”なら良いが、新規開店するなら、先ず”独創的な商品”の開発!
 口コミで広がるなら、現代の時代の要請、「健康」と「開運」ブーム!
 和菓子に、目的別に サプりメントを添加できないか?
 ”若返り””膚がつるつる””目にいい”などの健康別の商品を!
 さらに、和菓子の”色”と”形”に、風水のラッキーカラーや恵比寿・大黒天、あるいは七福神の”形”、洋菓子なら”ダビデの星””ピラミット””エンゼル”などの形状とし、必ず、その謂われをイメージする商品名にする。
 (場合によっては、1箱買い上げごとに、”神社のおみくじ””宝くじ”を1枚、箱の中に入れておく!独創的な商品なら、相場がないので、値段は付け放題!)
どうですか?こんな「健康と開運の”和菓子”」があるとしたら、皆さんも1度買ってみたくなったでしょう!そして、”味”も独創的で美味しければ、あなたは必ず、友達に「凄い珍しい和菓子があるよ!」と、メールを送るはずです。

 このような独創的な商品開発をして行くと、必ず口コミで広がり、テレビ取材で、宣伝費は無料!キッと全国からの注文に応じ切れないほど、”商売繁盛”は間違いないのです!