Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< January 2009 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!幕末の偉大な「吉田松陰」は、”奇人”であった!
[第566回](小吉)・・・1月29日(大吉)

「二十一回猛士」という名前を付けた人、知っていますか?
NHK総合「ふるさとスペシャル」番組で、萩市の「吉田松陰」を採り上げていましたね。それで思い出したのですよ。
幕末の教育者「吉田松陰」という人、自分の名前に関して”こだわり”をもっていた”奇人”なのです。
 「吉田松陰」と言えば、幕末の教育者で、弟子に高杉晋作や伊藤博文などの偉人を輩出させた師匠として、余りにも有名ですね。(吉田松陰にも佐久間象山という師匠がいます。)
 ですから、その功績は省略して、”名前”について、このブログで採り上げたのです。
 さて、現在の皆さんの多くは、本名が1つで、それを後生大事に一生、使用して行きます。ところが、昔の武士は生涯に少なくとも、7〜8つは名前を持っていたのです。
 そのうえ、家督相続でしたから、次三男に生まれれば、養子になり”苗字”も変更することが多かったですね。
 この「吉田松陰」は、幼名「杉 虎之助」、養子後「吉田大次郎」、通称「吉田寅次郎」、いみ名「吉田矩方(のりかた)」、字「吉田義卿」、号「吉田松陰」・・・と、ヤット歴史に残った”松陰”になり、これで僅か29歳の安政の大獄で処刑になるまで、6つも名前を持っていたのです。
ところが、これだけでは武士社会では珍しくもないが、別に「二十一回猛士」と名を付けて、楽しんでいたエピソードがあります。
 なぜ?”二十一”なのか?それは、苗字の「杉」は、「十」「八」「三」に画数に分解して、この合計が「二十一」になりますね。すると、「吉田」の「吉」が「十一口」、「田」は「十口」に分解して、これらを組み合わせると、「口」が2つも併せて、結局、「二十一回」になることから、「二十一回猛士」と言う名を付けて、自慢されていたそうです。
 正に、堅苦しい先生ではなく、弟子には思いやりもあり、冗談も言われる方だったそうです。
 さて、幼名から6つの名を判断してみましょう。最後の「松陰」が弱運の字体と画数であり、僅か29歳の生涯でした。
「杉 虎之助」天格15・地格3・補格7・総格25
「吉田大次郎」天格9・地格11・補格9・総格29
「吉田寅次郎」天格17・地格11・補格9・総格37
「吉田 矩方」天格15・地格9・総格24
「吉田 義卿」天格19・地格17・総格36
「吉田 松陰」天格14.地格16・総格30

それに、師匠の「佐久間象山」は、
「佐久間象山」天格19・地格6・補格12・総格37ついでに、”尊王思想”を両者に与えた「高山彦九郎」は、
「高山彦九郎」天格19・地格5・補格9・総格33
ですね。どうですか、歴史上の人物も「9・5・1」のパワーが見られますね。

必読!経済格差:”3億6千万円”と”10円”の盗難事件!
[第565回](大吉)・・・1月28日(中吉)

なんと、世の中の”経済格差”を象徴する2つの事件?
1つは、3億6千万円の盗難、1つは10円盗んで逮捕される!

その1;「庭に埋めた3億6千万円盗難事件」
 佐賀・伊万里市の会社役員(80歳)が、銀行に預けても金利は安いし、火災・地震から守るため、自宅の庭に十数年前から、”タンス貯金”ならぬ、”土中埋蔵貯金”!それが貯まって、ついに3億6千万円になった。
 ところが、昨年10月に容器ごと盗難にあったことに気が付いたそうです。しかし、被害者の会社役員は盗難に落胆したのか、2ヵ月後の12月には死亡したとのこと。3億6千万円は「”持って死ねず!”」とは、昔から良く言われたものですね。
 これだけ、使い切れないくらい貯金があっても、”金利が安い!”とまだ欲をもったのか、銀行に預けないとは?お金持ちの気持ちが分かりませんね。
私なら、まだ体が健康なうちに海外旅行でもして、生きている間に1億消費して楽しみますよ。そして、1億円くらい母子家庭の奨学金の基金として寄付し、さらに1億は「天命数霊術」の普及活動費に使用し、あと残りの6千万円を遺族に残しますよ。随分、お金を活かすことができますよ。
 結局、この事件で喜んだのは”泥棒さん”だけ!
 どうして、お金持ちほど、ケチケチして金を残し、結局”死に金”で”自分も死体”になるだけ!ですね。

その2;「8年間、お賽銭を盗むだけで生活!」
 香川・坂出市内の神社で、お賽銭箱から10円盗んでいた男(47歳)が逮捕されました。なんとこの男、ホームレスで8年間も、神社のお賽銭箱荒らしで生活して来たそうです。
 大きな悪いことが出来ない性格らしい。もし、上記の3億6千万円も手にしたら、恐らく腰を抜かして”ショック死”するでしょうね。
 この男は
「大林敏浩」天格13・地格18・総格31
 まさに、典型的な”3・8”タイプの温厚な性格ですが、「敏」という”苦労性”で「浩」と言う”病的に意思が弱い”字体、そのうえ、「林・敏・浩」という3文字別れ!これらからホームレスになっても、10円20円盗むくらいの悪事しかできなかった人の良い性格だと思いますよ。

 どうですか?同じ男に生まれても、3億6千万円貯め込んだ人も居れば、10円盗んで逮捕された人もいます。その裏では、3億6千万円盗んで、”笑い”が止まらない泥棒さんもいる。
 一体、神仏は、このような”経済格差”を創造して平気なのでしょうか?
 「神様、黙って笑ってないで、何とか言って下さいよ。」・・・ 1苦労老人より
 
 

必読!勘当した”息子”を許した雪印乳業(株)社長の叡智!
[第564回](小凶)・・・1月27日(小吉)

皆さん!あの有名ブランドの「雪印乳業の食中毒事件」を覚えていますか?
2000年6月に発生した牛乳の食中毒事件で、大阪工場での不衛生(再利用加工のため露天処理)が暴露されたことに、世間は驚きましたね。
 そのため、牛乳部門を切り離し、「日本ミルクコミュニティ」を別会社としましたね。・・・あれから9年目、今日、”勘当”した当時の不良息子が更正したので、許した親父のように、「雪印乳業と日本ミルク、経営統合を発表!」と言うニュース。
 ここで、当時の社長と現在の社長を、姓名判断の観点から比較すれば、面白いですよ。
 当時の社長「石川哲郎」氏が記者会見の時、「昨夜は寝ていないから、記者会見は10分にしてくれ!」と言うと、記者が「この騒ぎで、私たちも昨夜は寝ていないのですよ。食中毒で苦しんでいる人のことを思えば、そんなことは言えないでしょう!」とのやり取りがあったのです。
「石川哲郎」天格15・地格12・総格27
どうですか、”気まま(12)で自己主張(27)が強い”という性格が記者会見に現れていますね。ですから、社長として、全国の工場の監督責任が果たされていないのですよ。
 これに対して、現在の社長「高野瀬 忠明」氏の発言。
 立派に信用回復した「日本ミルク」を寛容の心で許すとともに、「決して(過去の)雪印に戻ることではありません。両社が次世代に向けての出発点であると強く思っています。」と述べ、吸収合併ではなく、”持ち株子会社”として、「(株)雪印メグミルク」として再出発を発表したのです。
「高野瀬 忠明」天格18・地格19・補格19・総格56
(もし、日常”梯子の「高」なら、天格19・総格57”となる。)
 どうですか、地格19ですから、思考力・創造力があり、両社統合まで漕ぎつけた”叡智”が想像できます。それに、社員としても当時の社長よりも、遥かに”リーダーシップ・思いやり”もあり、仕えやすい社長だと思いますよ。


必読!警察官僚;空港検査で”逆切れ”し辞職!
[第563](中吉)・・・1月26日(小吉)

「県警本部長を呼べ!」
と、キャリア警視が成田空港女性検査員にトレーを投げつけた事件。
今どき、”水戸黄門”ではあるまいし、”自分は警察官僚のキャリア組だ!これが目に入らぬか!”と、警察手帳を出しても、空港手荷物検査を”目こぼし”する訳には行かないでしょうね。(警察庁と警視庁とは紛らわしいが、警察庁は国家公務員で、警視庁は東京都を所管する地方公務員です。)
 この事件は、年末に警察庁人事課長補佐「増田貴行」(36歳)警視が、私用のドイツへの出国検査で150mℓ入りの男性用化粧品が、基準100mℓをオーバーしているため、手荷物検査に引っかかったのです。
 さて、この事件のため、22日、警察庁は停職3か月の”懲戒処分”とし、千葉県警も彼を”暴行”の容疑で千葉地検に書類送検したのです。
 このため事件が大きくなったのが、キャリアという自尊心が許さないのか、この就職難の時期に、辞職したのですよ。
 ”僅か化粧品くらい”で、女性検査員に”逆切れ”して、警察官僚キャリア組を、一生棒に振ったのです。家族事情は分かりませんが、36歳と言えば、奥さんも子供さんもおられるでしょうに・・・。
 私が新卒で当時の総理府行政管理庁に入り、新任研修を受けた時、講師が開口一番、公務員は”遅れず・休まず・喧嘩せず”の3原則を言っていたのを思い出しましたよ。私の職種も相手がある行政機関を調査する仕事ですから、このうち”喧嘩せず”が、最も大事と肝に銘じていました。(でも、私は道理に合わない庁内のキャリア上司には、異議を申すことが多かったため昇進が遅れましたよ。やはり”喧嘩”は損をします。)
 一般にキャリア官僚は、現場の苦労を知らず”自尊心”だけは強く、常識のない公務員が多かったですよ。
 この事件の「増田貴行」警視、地方の県警を見下しているから「県警本部長を呼べ!」なんて、偉そうなことが”つい”口に出るのです。
 でも、個人差はもちろんあり、温厚な人もいますが、この警視は”逆切れ”しやすい性格のうえ、投稿済の「貴」という”語源”が患いしていますよ。
「増田貴行」天格26・地格11・総格37
 この名は天格「9・5」がないので理性がなく、地格11の自己主張が総格37という”4・7”タイプの性格を引き出し、”逆切れ”したと思います。
 姓名の運気や性格で、キャリア官僚の仕事を失い、就職難の現在、一体どうするのでしょう。もし、彼が公務員宿舎住まいなら、住居も失うことになります。姓名の影響は、大きいと分かりますね。
 


必読!大衆演劇の名人芸;「都 若丸」に感動!
[第562回](大凶)・・・1月25日(大吉)

なんと、面白くて笑いで”涙”が出ましたよ。
昨日、友人の勧めで、大衆演劇では”日本一”の「都 若丸」劇団を見てきました。”日本一”というのは、大衆演劇界の年間観客動員数が全国1位なのです。
 ”女舞”では「葵 好太郎」か、”演劇”では「都 若丸」(28歳)か、この2人が大衆演劇の”日本一”だと思いますね。(葵 好太郎は[第323回08.5.24]を参照。)実に、日本一のプロの世界の”芸”を見ることも、センスを高めることになります。
 当日の出し物は、「お伊勢参り」の喜劇でした。主役の”身のこなしと音声”は、まるで「(故)藤山寛美」の再来かと思うほどにソックリ!
 不自然におどけて笑いを取るのではなく、役柄からくる自然な芸から、”笑い”を誘う芸は、やはりプロの技ですよ。
 「都 若丸」は20歳で、父親の「都 城太郎」から座長を引き継いたのですが、16歳の頃から「島倉千代子」や「芦屋雁之助」などの舞台共演やら”水戸黄門”などのテレビドラマにも出演したことがあります。
 また、演劇活動の合間には、「トキオ」の名で音楽活動で、ライブやCD作成もしている多才な方です。
 さて、この「都 若丸」、父親の「都 城太郎」の2代目襲名を検討されていることを聞き、本人には「襲名しないで、生涯”都 若丸”で通し、将来は”若丸で”2代目3代目・・・を襲名した方が、もっと人気が出ますよ!」と、直接に助言して置きました。
 なぜなら、もう皆さんには分かりますね。
都 若丸」天格19・地格3・総格22
そして誕生日は、1980年4月9日なのです。
 
天格19で誕生日9日、この2つが”日本一の芸と人気”を呼んだのです。やはり、どんなジャンルの職業でも”9・19”を持てば、不思議に運気が好転して、トップになれますよ。
 「9・19」の実証例は、このブログで沢山投稿して来ましたね。
 これでも、日本中の姓名判断師は、「9・19」は根拠も示さず”大凶”と言っていますが、もう今さら”最大吉数”なんて、変更はできないでしょう。
国民から見れば、”娯楽”の大衆演劇でさえ、プロの仕事をしているのです。それが”人生”の助言をしたり、一生の運気を左右する”赤ちゃんの名付け”について、日本中の姓名判断師が、プロの仕事をしていないのは、実に嘆かわしいとは思いませんか?

必読!「色彩風水」も根拠がない”占い”である!
[第561回](大吉)・・・1月24日(小吉)

今日、「”春”財布」として、スーパーの特設売り場で、”黄色い財布”や”黄色いバック”が山積み 
になっていましたよ。
「西に”黄色い”ものを置くと、”金運”がある!」
とは、皆さんが良くご承知の「Dr.コパ」氏が全国に広めた功績は大きいですね。でも、本当のことでしょうか?
 だれか疑問に思った方、いませんか?これを鵜呑みして、”黄色いカーテン”に取替えたり、”黄色い財布”を購入!でも、少しも”金運”など来ませんよ。真実の風水を勉強していないDr.コパ氏の営業トークに、全国の皆さん、うまく引かかりましたね。
 ”金運”を呼ぶのは、”中心(風水では”太極”と言う)”の位置であり、しかも”黄色”ではなく、風水神仙道から見ても”金色(ゴールド色)”なのですから、金運が来ないのは、当たり前のことです。
 風水や東洋哲学・宗教哲学から見ても、”金運”を呼ぶのは、”太陽”であり、太陽を中心として惑星が左周りに回っていますね。
 この原理が、自然界の”神聖なる真実”として、”太陽=金色”で”中心の位置”を表し、これが人類に”幸運”や”金運”をもたらすのです。
 例えば、仏教の”曼荼羅図”は、太陽神を表す「大日如来」が”中心”に位置して、それを取り巻く”8体の仏=惑星”が、大日如来の使者として、人間界に幸運をもたらすことを表しています。
 しかも、仏像は元々銅製でも木製でも、”黄色”ではなく、”金箔”のゴールド色であり、城の鯱(しゃちほこ)でも”金箔”ですね。
 また、「九星気学」の定位盤でも、”中心”が「”五黄”の位置」となっているではありませんか!
 さらに、風水の原点;周囲から金運をよぶ「5」の位置は、「先天八卦図」(龍馬の図)でも、「後天八卦図」(神亀の図)でも、”中心”ですよ。
 今日のブログも「Dr.コパ」氏への個人攻撃ではなく、皆さんに社会常識として、”風水の真実”を知って頂きたい趣旨から、改めて投稿したのです。
 
 

必読!信じますか?「12星座占い」の矛盾した判断!
[第560回](中凶)・・・1月23日(小吉)

「なんと、矛盾した判断だ!」
と、手元にあった正月のテレビガイドの雑誌「TVjapan」の208頁に「12星座占い」(御瀧政子氏)を読んで驚きましたよ。
 この方は、フジテレビ系の「血液型選手権」を監修され、最近活躍されています。私は、専門外の”占い”は、ブログに取り上げないつもりでした。
 私は世間一般の”中傷ブログ”と思われたくないし、占い師の名誉に係ることなので、出来る限り控えたいとは思いますが、占い師の保護より、社会一般の方の保護(一種の消費者保護)が大切と思い、このブログを投稿したと言う趣旨なのです。
 本当に、あまりに酷い矛盾した判断なのですよ。
 この判断の期間は、正月の前後(12.18〜1.20)なので、一体、どのように過ごしたら分からないのです。
 皆さんは、テレビ・新聞・雑誌に掲載されている「血液型占い・12星座占い」などを信じますか?日本人は1億2千7百万人ですよ。それを12等分?約1千万人が同じ星座なのですよ。人の運気と言うものは、1人ひとり異なるものです。”十把一絡げ”で判断すること自体がいい加減なものです。
まあ、それも矛盾していなければ、まだ”遊び”だと思って読みますが、特にハッキリした矛盾がある「山羊座」(この期間第1位の運気)を原文のまま紹介します。
 (このような矛盾が生じるのは、星座占いに”根拠”と”判断基準”がないからです。単なる”感”で判断していると想像できます。)
[原文どおり]
『山羊座;最高の運気。何事も積極的にチャレンジ!運気は最高潮。積み重ねたことが結実しやすい時期なので、やり残しのないよう積極的な行動をとりましょう。(中略)金運は年明けに大きくダウン。不意の出費が起り、計算外の連続かも。新手のサギ。落し物にも要注意。・・・(省略)』(欄外に、金運UPグッズ;鏡餅、開運ナンバー;6)
 どうですか?”12星座の最高運”と言いながら、「ゞ皹燭和腓くダウン。⊃啓蠅離汽。M遒景に要注意。」とは?前段と後段の判断は、完全に矛盾していますね。第一、星座の運行から、”金運・サギ・落し物”ということが、どうして分かるのですか?また、「鏡餅」や「6」という数、星座から分かるのですか?最高運といいながら、「6」(小吉程度の数)ですよ。
「山羊座」の人は、全国に1千万人おられるので、上記の判断をして置けば、どれかに該当するでしょうね。
要するに、”占い”というものは、どちらに転んでも、「それ、見なさい。当たったでしょう!」と、言い逃れが出来るように、根拠もなく両面(吉凶)の判断を”作文”するわけです。
 それを読んでも、皆さんは矛盾には気が付かず、”良く当たる占い師だ!”と口コミで広がるのです。このような判断は”銀座の母”も”新宿の母”も同レベルの判断ですよ。
 皆さん、テレビや新聞・雑誌に掲載されていること”鵜呑み”しないで、「なぜ?どうして?」といつも考えていないと、あなた自身にも進歩がなく、”振り込めサギ”にもかかりやすいのですよ。
 あくまで、”占い師”への個人攻撃ではなく、一般社会に”正しい”ことを伝えることが、この21世紀には求められているのです。

秘伝!人名に「貴」を避けよ!バラバラ事件の2人から。
[第559回](中吉)・・・1月22日(大凶)

一見、素晴らしい名前のようですね。
生まれた時、ご両親は愛情一杯に名付けられたと思います。(でも”愛情”と”運気”とは別物なんですよ!)
そして「星島貴徳」という名、”貴い徳を持つ”とか、「武藤勇貴」という名、”勇ましく貴い”の語意は素晴らしいと思いますでしょう。
 ところが、1昨日東京地裁で公判があった「星島貴徳」は、東京・江東区の「東城瑠理香さんバラバラ殺害事件」の犯人。そして、「武藤勇貴」は、昨年;東京・渋谷区の「妹バラバラ殺害事件」の犯人。
 実は、このような名が”名前負け”というのですよ。
 確かに、語意は立派ですが、画数は”切れ易い”「4・7」タイプのほか、この両人とも「貴」を使用していますね。
 さあ、この「貴い」と言う字体、一体、なぜ?人名には使用しない方が良いのでしょうか。関連ブログは[第130回07.10.18]を再読して下さい。
 「貴い」と言う字体の”語源”が、”生きて行くには、お金の力が必要”と言う意味から成り立ち、とても苦労する成り立ちなのです。古代中国では「貝」が”貨幣”だったのです。ですから、お金に関係する「財・貯・買・資・・・」など”貝”が含まれていますね。
 そして、「貴」の上の部分は、背中に背負う”モッコ”の形を表しているのです。ですから、”背中に貝を一杯背負っている姿”が「貴」の”語源”なのです。”背負う”ためには”力”(=苦労)が必要なのです。
 ついでに「勇」や「勝」などは良く人名に使用されますが、いづれも「力」(=苦労)が必要なのです。
 ですから、「貴徳」の「徳」の字体は”心”がある字体で、とても運気が良いのですが、「勇貴」という字体は、2字とも”力”(=苦労)が必要なので、運気が悪く、そのうえ「4・7」タイプの画数では、非常に残虐な事件を犯す可能性がある人名なのです。
 これらの犯人の犠牲になった被害者やご遺族には、誠にお気の毒でしたが、こんな犯人に遭遇しない”運気の良い名前”を持ちたいですね。
 (今回のブログでは、遺族にもお気の毒なので、被害者の判断は省略しました。皆さんで判断して見て下さい。)

★”名前負け”の関連ブログ
 [第75回07.8.2][第341回08.6.11][第376回08.7.15]

必読!リンカーン・キング牧師を範とする「オバマ大統領」誕生!
[第558回](中吉)・・・1月20日(大凶)

 世界が期待し、歓迎している「オバマ大統領」誕生!
ワシントンの空は、青空も見え、約200万人の国民の前で、素晴らしい就任演説、感動しました。
 この誕生は、私のブログでは昨年の2月([第241回])には予言していましたね。さらに、大統領候補に当選した11月上旬(第479回)のブログも再読して下さい。
 21世紀は、少なくとも50年後までには、アメリカがリーダーの下に”世界は一つ”になりますよ。しかし、経済格差・軍事力格差・技術格差などは残ると思いますが、地球環境問題の意識統一から、宗教対立・人種差別・地域格差などの意識は薄れ、世界はほぼ”平和思考”で、中東戦争や北朝鮮問題など自然淘汰されて、地球の人類は統合されて来ることを予言して置きます。
 むしろ、人類の意識は、”地球から宇宙へ”の意識に変化して行きますよ。
 その21世紀の改革の第1歩が、2009年の「オバマ大統領」の誕生なのです。これは、アメリカだけではなく、世界の歴史に残ります。
 私が昨年から、「オバマ氏は、リンカーンの再来か?」と思い、投稿していますね。ご承知のように、リンカーンは奴隷解放をして、「人民の 人民による 人民のための政治」を強調し、その後、キング牧師は「私には夢がある!」とスピーチをして、人種差別解消運動に生涯を捧げ、ノーベル平和賞を受賞しましたね。
「オバマ」は、この2人を先覚者として、今日の大統領就任式の演説!「チェンジ」と「アメリカは一つ」とを示唆しているのは、「リンカーン」と「キング牧師」の”夢の実現”と言う、深い意味を含んだ演説なのです。
 ところで、不思議ですね。
 「リンカーン(9画)」「キング(9画)」「オバマ(9画)」は、いずれも”奇跡を呼ぶトップの数;”9”なのです。これは、神(9画)・キリスト(9画)の啓示なのでしょうか?
 この世で、僅か1人の力が、”歴史を変え歴史に名を残す”のです。

※お知らせ
 英語を日本語のカタカナで書いて判断するのは、”コジツケだ!” という疑問や批判があるでしょうが、[第54回07.8.3]と[第498回08.11.16]を再読して下さい。仮にコジツケだとしても、これだけ一致した運気を判断できるのは、日本語には神秘性があり、信じるほかはないでしょう。
 反論される方は、逆に”偶然のコジツケだ”という根拠・理由・実証例を示して下さい。
 

必読!社保のミス;運の悪さか? 「受給できなかった年金」!
[第557回](小吉)・・・1月19日(最大吉)

「もう、1年早く就職していたらなぁ〜」
と、私の公務員生活の間、何度、「僅か1年の差で、運が悪い!」と思ったこどでしょう。公務員は実力より、年功序列で昇進していくのです。
 天格8の本名でしたから、運が弱く「もう1年早ければ、係長・課長・局長に楽になっていたし、退職金・年金もかなり違っているのに・・・」と何度思ったことでしょう。

 ところが、こんな悩み、まだ贅沢なんですね。
 今朝の”朝ズバ!”(みのもんた司会)を見ていましたら、なんと「社会保険庁(千葉社会保険事務所)」の2重ミスで、当然、受給できる年金を7年以上”無年金”の方;「宮本守美」氏(67歳)を紹介していました。
 もっとも、社保の「年金改ざんミス」で、大幅に減額になっていた人は何十万人もいたのは、すでにご存じでしょう。
 しかし、社保の2重ミスで、全くの”無年金”とは、本当にお気の毒でした。そのミスと言うのは、無年金なので、相談に行った社保の窓口では、「あなたは納付期間が217ヵ月ですから、300ヵ月必要ですので資格がありません。」と言われたので、最近まで”無年金”で、大変な生活苦を強いられたのです。7年後にどうも納得できないので、再び窓口に行き、再調査してもらうと、なんと納付期間の足し算のミスで、240ヵ月あるのを217ヵ月となっていたのです。そのうえ、1952.4.1以前に生まれた人は、240ヵ月で資格があるのを、当時の窓口担当者は、300ヵ月必要と誤解して、2重のミスを犯していたのです。
 その7年間;”無年金”生活のため、収入がなく”朝3時から起き、新聞配達””友人からの生活援助”などのほか、孫さんの保育園を辞めさせてまで、その通園料を息子さん夫婦が援助してくれたことに「宮本守美」氏は涙ながらに話しておられました。
 もちろん社保の大変なミスですが、このような”不幸なミス”に行き当たる方は、たまたま慣れない窓口担当者が応対となり、本当に”運が悪くお気の毒”なケースと言えましょう。「宮本守美」天格16・地格14・総格30ですね。
”偶数”ばかりならば、”運が付いていない”ということは、60歳代になっても影響するのです。(現在は、7年間分一括して受給されました。)

必読!社会的な難問題;「認知症の母を殺害した長男」!
[第556回](小吉)・・・1月18日(中吉)

「全国のどこかで、毎日発生していますね。」
交通事故・火災事故による死亡事故!
でも、長年苦しんでいる家庭から発生する事件もあるのです。非常に解決が難しい”お年寄り・重度障害者”の介護疲れからの”殺害事件”も、毎日のように全国のどこかで発生しています。
 これらの介護問題は、表に出た殺害事件だけではなく、潜在的な介護疲れや家庭介護者の仕事にも影響して、生活苦を起している家庭も全国に多い。

 今日も、福島県会津坂下町の大工「吉田一二」(55)が、91歳の痴呆症の母親を殺害し、逮捕されましたね。
 事件のニュースでは、簡単に事件の結果だけを報じていますが、母親殺害までの長年の介護疲れからの犯行、その苦労は経験した者でないと、本当に理解できないでしょう。
 この長男も母親介護のために、仕事に支障があり、そのうえ建築不況の現状では経済的にも困窮!特別養護老人ホームへの入所は、待機者も多くなかなか実現できないのが、全国的な現象です。
 仮に入所できるとしても、毎月の入所料金が支払えない家庭も多い。
 このような切羽詰まった境遇にあれば、この長男「吉田一二」(天格7・地格7・総格14)のような完全な”切れ易い”「4・7」タイプでなくても、「母親が死んでくれたら、どんなに楽になるだろう・・・」と、殺害を思うのは、自然の心理状態でしょう。
でも、それを”殺害”という実行に移すかどうかの別れ道は、理性がある「9・5・1」タイプ、思いやりがある「3・8」タイプと、”切れ易い”「4・7」タイプとの違いなのです。
 いづれにせよ、今後”老齢化社会”は益々進行するので、全国的な社会問題であり、政治も行政も北欧諸国のように、”老人介護”は、無償で国家が責任を持つ国でないと、日本は世界に誇る先進国とは言えませんね。
 ”税金”の無駄遣いを省いただけでも、何万人の”高齢者・重度障害者”を、国家が無償で介護できるのですよ。
 そして、そこに介護者の雇用も生まれ、家庭での負担も軽減されて、高齢の両親殺害事件なども、激減するでしょう。


秘伝!NHK総合番組;「日本一の桃太郎スペシャル」から!
[第555回](大吉)・・・1月17日(小吉)

どの都道府県にも、それぞれ”日本一”のものがありますね。
でも、この番組は全国ネットか否か?分かりませんが、NHK総合;16日19/30〜から「岡山発;日本一の桃太郎スペシャル」を放映していました。
 \源採牝本一の企業 ∧顕淑歛犬瞭本一 Lね茲寮菽宍蚕僂瞭本一の3つの分野での紹介。
 このほか、果物日本一として「桃・ブドウ(マスカット・ピオーネ)」や「鯉のぼり」生産量日本一なども補足して紹介していました。
 このブログでは、姓名判断に関係する,裡幹覿伴卍耕召帽覆辰董⊂匆陲靴討澆泙靴腓Α
★「トレハロース」(菓子類・農産物の品質保存料)全国シエア100%、
  インターフェロンで有名;林原生物化学研究所
「林原 健」天格19・地格10・総格29
★「プロペラ」(航空機・船舶・車・家電製品など)シエア;日本70%・世界25%、中島プロペラ
「中島基喜」天格15・地格17・総格32
★「キャンドル」(結婚式用アイデア商品)シエア60%水に浮かぶキャンドル・ドミノキャンドルなど、アイデア商品。
「井上隆夫」天格15・地格7・総格22
★「タタミ表と縁」(縁の文様はアイデアデザイン)シエア80%、常識に捉われない独創的なタタミ表と縁どり。
「高田幸雄」天格19・地格17・総格36 
  (注;「高」は”梯子”の「高」で11画を日常使用)

 さあ、皆さん、この4人の社長の共通した特色を判断できますか?
 先ず、‥軍覆蓮孱后Γ機廛織ぅ廖´地格は事業的創造力「7」が多い。
 「4・7」タイプは自己主張が強い性格だが、特に「7」という数意の長所は、事業運があることを忘れないで下さい。
 でも、「9」のダブりは”万能”ですから、「7」がなくても十分補う”事業運”も当然あります。

  

秘伝!感動の若夫婦;「奇跡体験;アンビリバボー」番組より。
[第554回](小凶)・・・1月15日(大吉)

「奇跡体験;アンビリバボー」番組は、感動の話もありますね。
近くの温泉から帰りテレビを点けたら、途中からですが、「若夫婦の感動話」をしていました。
 奇跡体験の話は、歯科医師の「井上裕之」氏、久ぶりの休暇で、奥さんの「井上裕子」さん、4歳になる「井上季咲」ちゃんの3人で、釧路から旭川までドライブ。(実話で本名だと思います。)
 ところが、雪で氷付いた路面で、奥さん運転の車がスリップ!センターラインをはみ出て、対向車の大型トラックと正面衝突!
 奇跡的にもご主人と子供さんは無事であったが、奥さんは瀕死の重傷!  旭川の病院に入院して手術したが、生死をさ迷う重傷で、”植物人間”同様の日々が続きました。医師の診たては”いつ亡くなるかも知れない状態”とのこと。
 でも、ご主人は勤務の釧路から旭川まで4時間かけて、子供さんのためにも、何が何でも回復させたい一念で、医師も見放した”植物人間状態”から、6ヵ月通い詰め、ついに”目”覚めさせ回復させたのです。
 それから3年間を要して、歩行訓練のリハビリを続け、「季咲」ちゃんの1年生入学式には、歩行も完治したという”夫婦愛の一念”の奇跡で、ドラマのような実話でした。
  さて、ご夫婦の名前を比較してみましょう。
「井上裕之」天格16・地格6・総格22
「井上裕子」天格16・地格6・総格22
 驚く偶然ですね。画数配列と「裕」が一致!この2つの偶然!
 こんなご夫婦は、私も経験した記憶がない一致ですよ。
 すでに投稿済ですが、「天命数霊術」の5大条件に対して、3つの例外があると記載していますね。ご主人の名が”すべて偶数”であり、”事件事故”に遭う可能性の「総格22」は、歯科医師として職業的な例外は、臨床医師の”苦労性”を意味しており、交通事故で重傷という難を逃れたのです。
 しかし、奥さんの場合は、全て”偶数”のうえ、総格22だから、事故事件に遭う可能性は消去されていなかったのです。
 でも、ご主人の2ヵ所の「6」という”思いやる優しさ”の長所が働き、奥さんの回復という運気を、”一念”で与えたのです。
 一方、奥さんの「天格16」は、偶数の”受け入れる””吸収する”という数意が長所に働いた結果だと解釈されます。
 このように、夫婦間・親子1親等血族間では、互いに運気は影響し合うのです。
 ここでもう一度おさらいしますが、一般の臨床医師や弁護士は、良い名前は少ないと言う例外の現象です。しかし、日本で一流の臨床医師や医学部の教授、法学部の教授には「9・5・1」タイプが多いのも、実に不思議な現象です。投稿済の「匠の手を持つ脳外科医;上山博康」氏や「わらじ医師;早川一光」氏は、臨床医師として一流のため、例外的に良い画数を持っているのです。
 今日のご夫婦の判断は、少しレベルの高い思考しないと、理解できない事例として投稿したのです。

必読!若者よ、引き篭らず、「天下国家」を論ぜよ!
[第553回](小吉)・・・1月14日(小凶)

「最近の若者、もっと”情熱”を持て!」
と、元警察官僚で「東大安田講堂占拠事件」や「浅間山荘事件」を指揮してきたOBの「佐々淳行」氏(79歳)が、テレビでコメントしていましたね。今日のテレビ番組『40年目の真実;”東大落城”』を見ていて、私も学生時代が懐かしく感じましたよ。
 このカメラルポは、40年前の「1970年”安保闘争”」に端を発した「東大安田講堂占拠事件」のことです。
 でも、私が思い出したのは、もう10年早い「1960年安保闘争」の学生運動でした。このとき国会議事堂正門前で、機動隊の犠牲になった学生「樺 美智子」さんのことも思い出しました。
 私が入学した頃は、学内キャンパスの芝生の上では、あちらこちらに7〜8人が輪になって、当時の「安保条約の賛否」や「憲法9条の解釈」などを巡って、口角に泡を飛ばして「天下国家」を論じていました。
 当時の学生、誰1人として”私利私欲”のことは口にせず、殆どの学生は、いかに戦後日本を復興させ、三等国の日本を一等国させ、世界平和に貢献できるか・・・等々、議論を戦わせ、学生下宿では3〜4人集まって、夜明けが来るのも忘れて議論したものです。
 ですから、現在のように”家に引き篭もり”、自分の殻に篭った学生がいるなど、全く聞いたことがありませんでした。
 天下国家を論じた幕末の「高杉晋作・西郷隆盛・坂本龍馬など」のようにな若者がいたからこそ、日本は近代化したのです。
 私も当時、司法試験の勉強をする傍ら、学内弁論大会では「民主教育を国家権力から守れ!」の演題で新人賞を取ったり、安保闘争のデモに参加した思い出が、今日の番組を見ながら懐かしい思い出となりました。 
 団塊の世代の人たちが、この日本を世界の先進国にしたのは、若い頃から「天下国家」を論じ、滅私奉公で働いて来た結果なのです。
 今は、世界の金融危機で就職どころか、失業者も多発している時期だからこそ、今までの”平和ボケ”に刺激を与え、いかに日本を世界を立ち直らせ、発展させるかの「天下国家」を論じる良い機会だと思います。若者はもっと広い視野で、将来を見つめてほしいですね。
 日本と世界の将来は、若者の双肩にかかっているのです。
 

必読!疑問?だらけの「厄年;数え歳」の話を信じますか?
[第552回](小吉)・・・1月13日(小吉)

「あなたは、昭和13年生まれですので、数え71歳になりますよ。」
と神社の社務所で祈祷受付での話(去る2日の神社参り)。
「えっ!まだ70歳の誕生日から10日過ぎたばかりで、もう71歳?・・・そんなバカな・・・」と、私は”数え歳”を知りながら言ったのです。
 この歳になると、1歳でも若い方が良い。いや、女性ならナオサラ1歳の違いが気になるでしょう。特に成人の20歳なら嬉しいだろうが、皆さん、30代・40代・50代・・・と、歳を重ねる代変わりには、”ゾッ”とするのではないですか?
 神社の祈祷は、全て”数え歳”なんです。
 ところが、良く考えて下さいよ。例えば、12月31日生まれの赤ちゃん、まだ”ヘソの緒”を切ったばかりで、カウントダウンが「・・・5・4・3・2・1・0」となった瞬間、「はい、2歳になりましたね。」とのなる勘定?”1歳の間”は、数時間しかない”数え歳”の不合理さ?
 その反面、カウントダウンが「0」で生まれた赤ちゃん、1歳が365日あるのですよ。こんな不公平な習慣を一体誰が考えたのかな?まさか神様ではあるまい?そうです。人間なのです。
 しかも社寺の”厄歳参り”から、収入源になる”営業手法”として考え出されたものです。
 もちろん、”厄歳”なども、”社寺の営業トークだった!”との話は、奈良時代からの”皇室の厄除け祈願寺”の「奈良・松尾寺」の住職から、直接聴いた話なのです。
(関連ブログ;[第11回]厄年なんか怖くない!を参照して下さい。)
 そして、現在の若い人は、満年齢の意識があり、数え歳なんか、殆ど意識なく、”満年齢”の厄年参りらしいです。
 そのため、良く考えたものです。1歳前後しても良いように、”前厄・後厄”と言う実に都合の良いことを考えたものです。
 一般的に知られているのは、広辞苑にある「男性は25・42・60歳、女性は19・33歳」ですね。これも、人生50年の時代のなごり、現在、人生80年で、30年の誤差など、お構いなし?
 さて、神社庁の「神社家庭本暦」に掲載され、神社にも”厄歳”の看板には、次の年齢が書かれています。
「1・4・7・10・13・16・19・22・25・28・33・37・40・42・46・49・52・55・58・61」
どうですか?驚きでしょう!「3年ごとに”厄歳”!」、でもなぜか?「28〜33歳」の間は”5年間隔”、「33〜37歳」と「42〜46歳」は”4年間隔”?そして、62歳以上は・・・?もうどうでも良い歳だ!ということでしょうね。
 ところが、鎌倉末期の「拾芥抄」には、厄歳は「1・13・25・37・49・61・73・85」と記録があります。
 これと、神社庁の暦と比較すると、実に思い付きの年齢で、しかも「73・85歳」と、あの平均寿命の短い鎌倉時代に”お年寄り”を大事にしていたのでしょう。
 これら3年ごとに”厄歳参り”で、しかも”前厄・後厄”があれば、「毎年、お参り下されば有り難いです・・・」と言う営業トークがアリアリと推定できますね。
 さあ、皆さんは”厄歳参り”はどうしますか?”満年齢”?それとも”数え歳”?どうせ”気休め”ですからね。
 因みにノーベル賞の「湯川秀樹」博士は、42歳の”大厄”、「田中耕一」氏は、43歳の”後厄”に、人生最高の歳だったのですよ。
私事ですが、私の大厄42歳の時、別に”厄除け”に行かなくとも、長年出来なかった息子が産まれ、栄転した年だったのです。
 ”厄歳”、大歓迎でした!”厄歳”なんか怖くないですよ。

必読!私の「一代記」・・・PCメールの要望に応えて!
[第551回](大吉)・・・1月12日(大凶)

昨日、PCメールに私の「一代記を聴きたいです!」と言う要望が入ってきました。こんな要望に応えてどうか分かりませんが、簡単に紹介しましょう。
        ★    ★    ★
「特殊な職業以外は、社会に出ても役に立たない高等数学や物理化学、なんで受験勉強せねばならんのかなぁ〜」
と、大学受験勉強をしていた頃、苦手な理系科目にイヤ気が差していましたよ。 でも、当時は文系の法学部受験でも8科目でしたから・・・。
 そのため、理科系の得点が悪く、僅かに総合点が足らず、京大は不合格、私学に行くことになったのです。(法学部受験者9500人中、2番で合格。)
 そして、大学に入れば「司法試験」の勉強、六法の印字が手の油で溶け、黒字が紫色に変色するまで、繰り返し勉強。同級の友人たちは、彼女をつくったり、ゴルフや釣りなどで、大学生活を満喫していましたが、私は一切断わり、司法試験の勉強。それは”苦しい”ものでした。

司法試験には2次試験の短答式に合格しましたが、大学院当時、法律事務所でアルバイト。弁護士の仕事を見て、毎日がマイナス思考の生活、楽しい仕事でもなく、司法の”個人救済”の仕事より、国家・国民の全体を改革をするのは行政だ!と思い、”行政改革を担当する役所”勤務を選んだ経緯があります。そして、ブログにも投稿していますが、国鉄をJRに、電々公社をNTTに改革の一端を担ったほか、人権問題や医療・福祉などの改革も、国民の立場から公平中立の「行政管理庁・行政監察局」に勤務して来たのです。
 ですから、世の中のあらゆる分野のことが、浅いですが”広く”分かるのです。
 そして、国家公務員として就職しても、仕事は負けず嫌いから人1倍にこなし、同僚からのゴルフや釣りの誘いを一切断わり、公務の余暇には、図書館や古本屋を巡り、「天命数霊術」を開発をする研究を30年余り、その間、約1500冊の本を読み漁り、熊崎式など他説の勉強も併せてして来ました。でも若いころ(16〜28歳)は、勉強ばかりでもなく、剣道2段・詩吟4段・将棋初段なども嗜んできました。
 孔子の言葉;「天命には、使命と運命がある。使命は変えられないが、運命は変えることが出来る。」と言っていますね。
 私の使命は、より多くの人を幸せにすることではないかと気付き、”運命”についての研究をして来た訳です。
 不幸な人を、少しでも「天命数霊術」によって幸せになれば、この世の私が天から与えられた”使命”だと思っています。

※私は、個人情報(顔写真も含めて)をすべて開示しています。私の説を、根拠も示さず、ニックネームで投稿した中傷サイトがありますが、皆さんはどちらを信じますか?仮名で人を中傷するのは、誠に卑怯だと思います。
 そんなサイトがあれば、信じないで下さい。 

秘伝!「タビうた」番組から「岩崎宏美」と「平原綾香」の歌唱力!
[第550回](中凶)・・・1月11日(大吉)

昨晩、「長崎;タビうた”岩崎宏美”と”平原綾香”の2人旅」の番組を、背中で聴きながら、依頼者からの改名候補を検討していました。
 以前から、岩崎宏美の「聖母たちのララバイ」は、高く透明な声で”愛”や”恋”の哀調から人生を歌ったものとして、いつまでも心に残っていましたよ。
 「火曜サスペンス劇場」の主題歌だったので、もう15年前ころから耳から心の中に入っており、それとなく”この歌”のフアンでした。
 一方、最近の若い歌手の歌は、私がやはり歳のせいか、カラオケになじむ演歌、それも最近の演歌は余り知らず、福井に転勤した時に覚えた”奥飛騨慕情”が、私の18番です。後は古くて”世界遺産”に登録されるくらいの”古賀メロディ”ですよ。
 いや、つい脱線しましたね。
 私はそれでも、最近の若い歌手で「天格も地格も9・19」の人の代表として、「平原綾香」や「上原多香子」の名前だけは、以前から知っていましたが、歌は聴いたことがありませんでした。
 それが偶然、「平原綾香」の歌を聴く事ができたのです。
 「岩崎宏美」は「聖母(マドンナ)たちのララバイ」ほか「思秋期」「始まりの詩(うた)」などで、いずれも素晴らしいものでした。
 「平原綾香」は「朱音(あかね)」や「Jupiter」などでしたが、岩崎宏美より低音ですが、とても心に響く歌唱力を持っていますね。
 (それに、平原綾香は、色白で細面、目が輝いていますね。クセのない素直な性格のように見えましたよ。・・・歳甲斐もなく、一目惚れ!・・・陰の声ですよ!)
 やはり、2人とも超一流の歌手ともなれば、素晴らしい歌唱力がありますね。これも「神亀の図」(9・5・1)のパワーなんですよ。

「岩崎宏美」(50)天格15・地格20・総格35
「平原綾香」(24)天格19・地格19・総格38
 
しかも、5月9日生まれで、”9”が3つ揃いましたよ。
 ついでに
「上原多香子」(25)天格9・地格19・補格3・総格31
 「TVスター名鑑」を見ても、なかなか”9・19”が揃った歌手は少ないですよ。”9・19”が揃えば、”若くして超一流”になりますよ。
 

秘伝!”浪花の華”「緒方洪庵事件帳」に寄せて!
[第549回](中吉)・・・1月10日(大凶)

夕食後、テレビ(NHK総合17;30〜)を点けると、時代ドラマ「浪花の華;緒方洪庵事件帳」の第1回が始まったところでしたよ。
 もう、このブログを読んで居られる方、「緒方洪庵」とはどんな人?の答えはできますね。
 そうです。今、日本で一番モテル男;「福澤諭吉」のお師匠さんですよ。
 ”師匠”より”弟子”が有名になった例は、いくらでもありますが、もし「緒方洪庵」が現存していなかったと仮定すると、現在の「万札の肖像」も「慶応義塾大」も誕生していなかったのですよ。

 「緒方洪庵」の関連ブログは、[第351回](08/6/21)を再読して下さい。ここでは、もう少し詳しく紹介しましょう。
 私が岡山に在住するまでは、「緒方洪庵」が岡山市足守の出身とは知らなかったのです。
 ある春先の頃、ドライブで旧備前足守藩の城下町を訪ねると、ある旧屋敷跡に「県指定史跡名勝;緒方洪庵誕生の地」と、高さ3mくらいの大きな石碑を見て、初めて「あぁ、緒方洪庵はここの出身だったのか!」と知ったのです。足守藩は僅か2万5千石の小藩ですが、藩主は、なんと秀吉の本妻「寧々」の実家「木下家」の末裔なんですよ。「寧々歴史資料館」もあり、寧々のお駕籠や調度品なども展示されている由緒ある藩です。
 「緒方洪庵」は、この足守藩の家臣(佐伯家)の3男に生まれ、緒方家に養子、そのため26歳ころまで「緒方 章」という名で、「洪庵」と号したのは、26歳以降のことです。
 蘭学では、解剖医学の「杉田玄白」「前野良沢」などが有名ですが、この「緒方洪庵」は、天然痘の種痘が得意分野の医師でした。大阪に「適塾」を開校して、弟子に「福澤諭吉」「橋本左内」「大村益次郎」などの逸材を育てました。
 さて、弟子に天格”9・19”があれば、師匠の”15・25”を追い抜くほど、パワーがあるのです。
「緒方 章」(26歳まで)天格25・地格4・総格29
「緒方洪庵」(26歳以降)天格23・地15・総格38
「福澤諭吉」天格29・地格22・総格51
 
 
でも「緒方洪庵」は”3・8”タイプであり、弟子たちに怒ったことがないほど温厚であり、「福澤諭吉」が天然痘を患った時、昼夜看病して完治させたと言う逸話があります。「福澤諭吉」は、その時の師匠「緒方洪庵」のご恩を終生忘れなかったそうです。
 実に、他人を思いやり、面倒見の良い”名医”だったとの記録があります。「いかに、1人の存在が歴史を変え、将来の日本を創造するか・・・」を考えると、皆さん方、そして子供さん1人ひとりが、日本や世界にとって非常に大事な存在なのです。

※NHK総合21日10;00〜11;00「その時、歴史は動いた!」の番組で、「緒方洪庵」が放映されました。

秘伝!素晴らしい少年;在日中国人「馬 俊飛」くん!
[第548回](中吉)・・・1月9日(大吉)

「これは、素晴らしい名前だ!」
と、昨日のテレビ(NHK総合17時〜)の字幕が出た瞬間、この少年は歴史に残る人になりそうだ、と感じましたね。
「馬 俊飛」(10歳)くん、在日中国人で、日本の小学校4年生だが成績は抜群。そのため日本語はもちろん、ご両親が中国人なので、中国語も堪能。そのうえ、将来、アメリカのハーバード大学志望で、英会話も習っているそうです。成績は抜群のうえ、将来は外交官志望の嗜みで習っているのか、ピアノ演奏、全日本ピアノコンクールで、10歳で奨励賞を受賞。
 りポータの質問にも、大人のようなシッカリとした答弁。
 このような素晴らしい少年、将来は”日本・中国の架け橋”はもちろん、恐らく、世界平和の貢献で歴史にも残る人に成長する少年だなぁ〜と思いましたよ。
 なぜ?そのように感じたのか?
 もちろん、画数も「天格19・地格9・総格28」で、最大吉数”9”が2ヵ所あるだけではないのです。
 私の「天命数霊術」は”後天八卦図”(神亀の図)からのパワーですが、この「馬 俊飛」くんの”語意”は、素晴らしい名なのですよ。
 なぜなら、”馬”が”俊=優れて飛ぶ”のは、”龍”に変化するという「先天八卦図」(龍馬の図)のパワーも兼ね備えているのです。
 言い換えれば、”画数”は「後天八卦図」(神亀の図)、”語意”は「先天八卦図」(龍馬の図)という、風水の根源の”神亀”と”神馬”の両パワーがある名前だからです。
 このような素晴らしい名前は、滅多にありませんよ。

 これが、一字姓一字名の場合は、”霊数1”を付けて判断すると言う日本中の多数説で、しかも「9・19」が”大凶”と言う判断の説なら、「馬 俊飛」くんの判断は、いたるところが”大凶”になり、全く当たっていませんね。
第一、中国一の賢人;孔子の本名「孔 丘」は、”天格9・地格0・総格9”で、最大吉数9が2ヵ所あります。(孔子・孟子・老子などの”子”は”先生”という敬語であり、固有名詞ではありません。)
 日本中の説は、総格は霊数を加えないと言う説ですから、孔子が総格9で”大凶”になります。日本中の説は、何を根拠に80年間も普及して来たのでしょうか?
 何も疑問に思わない、鵜呑みする日本人だから、こんな根拠がない説が罷り通り、中国・台湾にも伝播しているとは?日本の恥だと思います。
 この「孔子=孔丘」と「馬 俊飛」くんの画数は、”霊数1”など採用し、五剖式姓名判断では、全く当たっていないのです。
 少なくとも、このブログを読まれている皆さん!
 何でも鵜呑みしないで、”なぜか?どうしてか?”を考えて下さいよ。

※お知らせ
 このたび、中傷を避けるため、固定電話とFAX番号を変更しましたので、今後は、。硲弌嵬笋す腓錣察徑鶚■丕奪瓠璽襦info@gakuyo951.jp7搬咼瓠璽gakuyo951.81@docomo.ne.jpの3方法のいずれかで、「姓名判断・命名・改名の依頼」・「ご質問」を、ご連絡ください。

秘伝!偉大な推理作家;「松本清張」生誕100年!
[第547回](中吉)・・・1月8日(中吉)

日本の偉大な推理作家と言えば、「(故)松本清張」が第一人者でしょうね。
 私は、「森村誠一」「斉藤 榮」「内田康夫」なども好きですが、作品の奥深さ・広い教養・人間の鑑識力は、群を抜いていますよ。
その「松本清張」生誕100年祭が、出身の北九州市小倉区で行われるそうです。
 私が30年前ごろ、推理小説の面白さを知ったのは「松本清張」の”点と線”や”ゼロの焦点”などから始まって、作品200点あまり読み漁りましたよ。
なぜ?没頭したのか?それは、自分が実社会では体験できない世界に、引き込まれたからです。
他の推理小説と異なるのは、1ストーリーの中には、必ず”専門的知識”が入っており、それが非常に参考になったことです。例えば、”毒殺”と言えば、必ず”毒の種類と特性”が記述されており、当時、彼が高等小学校(現在の中学校)しか学歴がなくとも、専門教授が舌を巻くほどの知識が、推理小説の中に表現されているのです。
 これは小学校しか卒業していない「吉川英治」の”宮本武蔵”、いつ歴史を勉強したのか、日本史専門の教授ほどの知識があるのです。
 広い教養と専門知識、おそらく現在の大学生など、足元にも及びませんよ。不思議ですよ。
あの「松本清張」、貧しい家庭に生まれ、子供の時から家計を助けるため、ありとあらゆる下働きをして、勉強などする暇はなかったのに、あれほどの知識を持ち、推理作家の第一人者として歴史に残る人となりました。現在でも作品は多く読まれ、フアンも多いのですよ。
 (かって、「文芸春秋」に掲載された”夜が憎い”という松本清張の短編は、私の幕末の先祖のことが題材になっていたことに、驚いたことがありました。)

さて、「松本清張」は、天格19・地格16・総格35、そして21日生まれです。すると、「9・5・1」を全て満たしていますね。(因みに、「吉川英治」は、”英”が旧漢字では9画ですから、天格15・地格11・総格26)ですから、不思議なほど、学歴はなくとも、大学教授ほどの知識と文才が、身に付いたのだと思いますよ。不思議でしょう!「神亀の図」のパワーは?

秘伝!干支(えと)は”動物”ではなく”植物”である!
[第546回](小吉)・・・1月7日(小吉)

「今年は、丑(うし)歳ですね。」
でも、本当に「牛」と思っていますか?
1昨年[第36回07/7/18](干支は”植物”だった!)のブログを記憶されている方は、「もう知っているよ!」と言われるかも知れないですね。

でも、最近、このブログを読み始めた方、そして、相変わらず、テレビでも社寺でも「子(ね=鼠)から丑(うし=牛)の引継ぎ」の放映や絵馬の奉納?日本人は、何も疑問に思わず、本気で”動物だ”と思っている実に気楽で単純な民族ですね。東洋哲学を勉強したはずの”神職”や”僧侶”でさえも、本気で”動物だ”と信じているのに呆れますよ。

 その証拠は、なぜ?「干支(えと)」と書くのでしょか?「干」は「幹(みき)」の一部、「支」は「枝」の”きへん”を省略したものです。
 「幹(みき)」も「枝(えだ)」も”植物”ですね。
  そして、「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」は、1年間(12ヶ月)の植物の成長過程を、漢字の一部を採用して、十二支の字体になりました。
 十二支の順番に「子(ね=ジ;中国旧字のため、変換できない;「慈」の字に”心”を取り、”子”に置き換えた字で、”子”だけを表示」、そして「丑=”紐”の右部分」「寅=”演”の右部分」「卯=同じ”卯”」「辰=”震”の下の部分」「巳=”祀”の右部分」「午=”りっしんべん”を左に付けた字で、それを省略した字」「未=”味”の左を省略」「申=”伸”の右部分」「酉=”醸”の左部分」「戌=”滅”の右部分」「亥=”核”の右部分」となるわけです。
 これらの字体は、土中に埋まった”種”から”芽”が出て、枝が伸び、葉が茂り、実を付けるが、秋になれば、枯れて実が落ち、土中に還る!と言う1年間の”植物の成長過程”が、日本に伝播して、”動物”に置き換えて、庶民・子供でも覚えやすいようにしたもであり、干支は、本来”動物”とは何の関係もないのですよ。
 ですから、”動物”なら「鼠・牛・虎・兎・龍・蛇・馬・羊・猿・鳥・犬・猪」と書くはずですが・・・・。今まで、疑問に思わなかったのですか?ですから、社寺に”動物”の絵馬を奉納しても、何の意味もないのです。

※お礼;
 昨年、改名した方から、沢山の年賀状を頂きまして有難うございました。
 特に、千葉の「桂川」さま、私の似顔絵のイラストをPCで書いた年賀状には、感心しました。正にプロのデザイナー並みに驚き、友人にも見せました。有難うございました。
 

必読!失言は”本音”?「坂本哲志総務政務次官」!
[第545回](大吉)・・・1月6日(小吉)

「まじめに働こうと言う人たちが、集まっているのか!」
と、「派遣村」について、「坂本哲志総務政務次官」(58歳)が総務省の年始の挨拶で”失言”したとのこと。
 またまた”失言”というが、正に”本音”ですね。麻生総理をはじめ閣僚たちも”失言=本音”が連続していますね。普段から思っていないことが、勝手に口から飛び出るわけが無いのです。ですから”本音”なのです。
 それに、失言すればすぐ”撤回”と言って詫びるが、口先だけの話で、心の中は少しも反省していないですよ。
 それに、この”失言”は、現在失業して「派遣村」に集まっている労働者に”怒り”と”諦め”の感情も与え、野党も罷免を要求している段階では、法律的な解釈では、もう”撤回”ではなく、”取り消し”なのです。
 この坂本次官は、確か中央大学法学部卒のはずです。法律用語を正確に使用していませんね。
 法的な責任は、相手に到達するまでに発言を引っ込めるのが”撤回”です。責任の軽い”撤回”ではなく、すでに相手方(労働者)に心情の影響を与えていますので”取り消し”なのです。この区別は、皆さんも知って頂き、ニュースなどで良く出る”撤回”と”取り消し”の違いを心得て、ニュースを見て下さい。すると、失言者は、必ず、責任の軽い”撤回”と言う用語で陳謝した”ふり”(心の中は別)をします。

 住居も収入も心配したことが無い自民党の議員連、「派遣村」に集まった労働者の実態など、他人事と思っている議員が多いでしょう。特に役職から言って、総務次官といえば、厚生労働相と同じように、この非正規雇用者の失業対策の責任者ですよ。それが、本気で政権を担当しているとは思われませんね。
 とにかく、こんな失言=本音を言う人、自己主張の強い「4・7」タイプの人が多いのです。
「坂本哲志」天格17・地格12・総格29
 天格17の次の「地格12」は”気ままな性格”で、深く考えず、天格17の自己主張が強くなるのです。
 ですから、このようなタイプの人は、心から反省などしていませんよ。

秘伝!タクシー運転手”連続”殺傷事件の被害者3人!
[第544回](小凶)・・・1月5日(大吉)

はじめに・・・。
事件事故のブログは、加害者・被害者にも、ご家族やご遺族への心情を思うと、もう止めようかな?と思って一時控えていました。
「天命数霊術」として、”運気の弱い人”の姓名は、もう十分”実例”を挙げて証明して来ましたね。
でも、これも社会から、少しでも事件事故や病気がちの人を無くし、健康で平和な社会へのお手伝いとして、加害者・被害者、そしてご家族・ご遺族の皆さんにお許し頂きたいと思います。
(個人名など固有名詞及び事実関係は、ニュースで公表されたものに限定し、それ以外のプライバシーの公表は控えて、ブログには投稿しません。)
        ★    ★    ★
この年末年始、大阪・兵庫で連続して「タクシー運転手殺傷事件」が発生しましたね。僅かな売上金を狙って、尊い人命を奪うとは!そして、犯人加害者自身も、僅かな金額で有罪になり、一生重荷を背負って、ただ一度しかない人生を、”刑務所”で過ごすなんて、”そろばん勘定”しなくても、常識で、全く”損失”の答えが出ますね。
 これは、この事件だけではなく、接待ゴルフ三昧で”退職金”7千万円を辞退した「元;守屋防衛事務次官」、僅か”靴下3足”を万引きして懲戒免職なり、退職金3500万円を棒に振った「元;公立中学校校長」などが、”損得勘定が合わない事件”として記憶にあります。

 さて、被害者;3人のタクシー運転手の名前を観てみましょう。
★大阪・松原市「野澤俊樹」さん(61歳;1/5;重傷)
野澤俊樹」天格20・地格32・総格52
★東大阪市「後藤利晴」さん(67歳;12/30;死亡)
「後藤利晴」天格16・地格30・総格46
★兵庫・稲美町「永田三郎」さん(54歳;12/29;死亡)
「永田三郎」天格8・地格14・総格22 

どうですか?”運気の弱い人”は、「9・5・1」が1ヵ所もなく、全て”偶数”ですね。「12・22」が天格になくても、全て”偶数”なら事件事故に遭う事例として参考にして下さい。(特に、「野澤俊樹」さんは”4文字左右別れ”です。)
 ”名前一つ”で、人生を左右する実証例です。

必読!小さな寺でも”独創性”で大繁昌の「鈴虫寺」!
[第543回](小吉)・・・1月4日(小凶)

なんと!”行列のできる寺”、その名は京都・右京にある「鈴虫寺」(本名;華厳寺)を、ご存じですか?
近くには有名な「苔寺」や「松尾大社」があります。
 この鈴虫寺は、京都の大寺院に比べれば、なんと見落としそうなほど、小さなお寺ですよ。
 昨日のブログ、神社は本来お願いするところではない!と言いましたね。
ところが、この「鈴虫寺」の入り口に安置してある「幸福地蔵」さん。
 あなたに”ただ、一つだけお願い”を叶えてくださる”有り難いお地蔵さん”なのです。しかも、このお地蔵さん、世界にただ一つ”草鞋を履いた地蔵”さんなんです。
 「なんと、文字どおり”行列のできるお寺”だなぁ〜」
と、昨年の春頃だったと思いますが、家内と娘に誘われて初めて行ったところ、門前の石段下まで行列の参拝客。
 でも、殆どが”恋人が欲しい!””いい結婚相手に出会えますように・・・”と言う若い女性が8〜9割り。
 この鈴虫寺は、秋に限らず、年中”鈴虫が鳴いている寺”として有名なのですが、どうも目的は門前左に安置の「幸福地蔵」さんらしい。

 でも、願いを叶えて頂くためには、拝観料を支払い、寺内部での”説法”
を聴き、帰りには”鈴虫寺のお札”(有料)を自宅に持ち帰り、次の祈願が必要。「お札」を京都に向けて、大きな声を出して「私は○○県○○市○○町○ー◇ー△に住まいする○○◇◇と言う者ですが、これこれについては是非とも実現させて下さい。」と、具体的に述べないと、願いは叶えられないそうです。すると、前記の”草鞋を履いた幸福地蔵”さんが自宅に来て、願いを授けて下さるそうです。
 どうですか、”このような独創性”があれば、見落としそうな小さな寺でも、参拝者は”行列”で参拝し、”お札”を求めて帰宅するのです。
(小さな寺ですが、拝観料とお札の売り上げは、笑いが止まらないほどでしょう。「鈴虫寺」=25画で金運があります。)
 驚いたことに、女子高校生が修学旅行の自由時間をぬってまで、”恋人”を求めるのか、行列に加わっているのです。
 恐らく、口コミで広がったと思います。
 さぁ、ここで大事なことは、皆さん、神社参りで「お賽銭をあげ、神鈴を鳴らし、2拝2拍手し、声を出さず”心の中”で願いごとをしていませんか?」これでは、どこの誰やら、何の目的で参拝したのか?神様仏様でも、サッパリ分からないそうです。。(神職や僧侶でさえ、祝詞やお経を腹の底から、大声で、神仏に知らせていますね。一般の人が口の中でブツブツ称えても、全く神仏に届きません。)

 この「鈴虫寺」の教えのように、大きな声で自己紹介と目的を堂々と述べる必要があるのですよ。
 そうすると、正月の大規模神社で何百人と、ひしめき合った拝殿の前で、”恋人を授けて下さい”なんて、体裁が悪くて、大きな声で言えませんよね。 
 ですから、もし願い事をするなら、参拝者の少ない時に、コッソリと参拝するのが得策ですよ。車の渋滞を耐え偲んで、有名神社にお参りしても、何ら効果がないのですよ。

必読!神社まで不公平な「参拝数の格差社会」!
[第542回](大凶)・・・12月3日(小吉)

「今年はなぜ?でしょうね。例年に比べれば参拝者は非常に少ないですよ。」と、地元の氏神社の宮司さんの話。
 私は毎年犬を連れて、先ず氏神様に日頃の感謝の心を報告。その後、車で移動して、地元では境内も広く、少し名が知れた程度の神社(私の大先祖、足利尊氏の戦勝祈願のため、守護大名;赤松氏が創建した神社)。
 ところが、この神社でも参拝者は例年に比べれば、ごく少ない感じ?

 世の中は、世界的な大不況だから、”神社参り”は多いのかな?と思っていたら、田舎の氏神社は”過疎?”で予想がハズレ!
 この原因は、”大きくお願い”するのは、有名な大規模神社でないと、効果が期待できないと思っているのか、全国的にも有名な「吉備津神社」(桃太郎伝説)と「最上稲荷」(日本3大稲荷)は、車は2〜3時間の渋滞らしい!当然、境内もひしめき合っているだろう。
 こんな混雑では、神様も「一体?どこの誰やら?イチイチ覚えられんぞ!」と、頭を抱えて居られるだろう!
 ところが、地元の小規模神社なら、「おお、今年も参ってくれたな。それじゃ、今年は一番願っているものを、授けてやろう!」となるのでは?
 全く、人間社会ばかりではなく、神様の世界でも”人気格差”から”お賽銭格差”!?本当に不公平な社会を、神様自身が創造していますね。
 私は、正月くらい犬を連れて、”ノンビリ”と神社の境内を散歩することにしています。車の渋滞は皆無だし、地元のボランテアが”赤米こうじ”で作った”甘酒”を頂くのが、正月の楽しみで地元の神社しか参詣しません。
 私はへそ曲りか、”付和雷同”の有名神社の正月参りは、ノーサンキュウ!
 有名な神社への参詣は、人影もまばらな”6月の梅雨時分の平日”、しかも午前中に祈祷に行けば、本殿で3〜4人くらいのマンツーマンの祈祷をゆっくりとして頂ける。心静かに”感謝の心”を告げれば、無神論者の私でさえ、何だか”心”が洗われ、清清しい気分で帰宅できるのですよ。

 ところで、冒頭の氏神様、急勾配の石段が51段もあるのに、車椅子で10歳くらいの少年を連れた母子が訪れた。母親がおんぶして、急な石段を1段1段踏み締めるように昇って行く。
 70歳でも健康な私が、それを見て、「何と神様は、不公平な子を創造しているのか!」と思い、「大変ですね。特に降りる時が危ないですからね。気を付けて下さいよ。」と言いますと、その母親は「いえ、大変だとは思ってはいません。この子が授かっただけでも有り難いと思い、そのお礼に毎年お参りしているのです。」との返事に感動しました。
 田舎の小さな神社だからこそ、人と人との感動に触れ合った正月宮参りでしたよ。

必読!”正月”でも一般家庭から消えた「”日の丸”掲揚」!
[第541回](大吉)・・・1月2日(大凶)

「なんと”日の丸”を掲揚しているのは、僅か1軒のみか!」
と、犬の散歩で気が付いたのです。
 私が居住する住宅街では、1戸建ばかりで4500戸もある大団地。その中でも、門に”日の丸”を掲げているのは、僅か1軒のみ!
 昭和20〜30年代までは、元旦に限らず、祝日にはどの家も”日の丸”を掲げた光景で、”あぁ、正月なんだなぁ〜”と、何だか”清々しい気分”になったものです。
 オリンピックの表彰台の後ろに、”日の丸”が掲揚され、金メタルなら”君が代”が演奏され、選手も国民も”感動の涙”なのです。
 それが、不思議?正月でも祝日でも、一般家庭から”日の丸”が消えた?ことに、気が付きませんか?
 ”国歌や国旗”、世界のどの国でも、神聖で勇気を与えるものとして、尊ばれているのです。それが日本では、”国歌や国旗”はオリンピックでは”感動の印”ですが、”日の丸”を掲揚すると、学校では日教組が反対し、一般家庭では”あの家は右翼ではないか?”と邪推される。

 私は、特定の政党も宗教もいかなる信条も”中立”なのですが、”日の丸”は、世界にも誇れる”歴史と意義深さ”、そして”簡易なデザイン”であり、素晴らしい国旗だと思いますよ。

 元々、日本の国は”太陽神”の信仰であり、神話でも「天照大神」(太陽神)が建国神として崇められて来ました。(仏教でも、「大日如来」は太陽神です。)
 そして、聖徳太子も隋の皇帝に「日出処天子・・・」と親書を遣隋使に持参させていることから見ても、大和朝廷時代から日本を「日ノ本」と言い、”太陽神の国”の意識があったのです。
 「日ノ本」であり、その象徴とした旗(日像)を元旦の儀式に掲げたという記録が、「続日本紀」にあります。実に文武天皇(701年)の頃から、現在の”日の丸”があるのですよ。
 現存している最古の”日の丸”は、後冷泉天皇から源氏に下賜され、甲斐武田家伝来のものがあります。

 このように、歴史的に見ても、誠に意義深い”日の丸”ですが、国民の意識が日常生活から薄らいでいるのは、公平中立の信条から見ても寂しい限りだ・・・と、犬を散歩させながら感じましたよ。

必読!2009年、平成21年の世界を思う!
[第540回](大凶)・・・1月1日(大吉)

2009年、平成21年の新年、おめでとう御座います。
(神社参り;七福神については、昨年の元旦のブログを再読下さい。)
 神社参りは、先ず近所の”氏神様”に、”お願い”ではなく”感謝の心”を告げてから、有名な大神社に参詣することを忘れないで下さい。
なぜ?「09年・21年」を冒頭に挙げたのか、分かりますね。
今年は「9」と「1」の”奇数の変革”の歳だからです。
昨年は「08年・20年」の”偶数の低迷”の歳だったのです。
 
世界は大不況、日本もその影響で企業の減益、巷に失業者が溢れ、そのうえ
中近東では相変わらずの内紛、これらのマイナス要素をプラスに変革するのが、世界への影響が大きい「オバマ次期大統領」の”チエンジ(変革)”に期待したいですね。日本も意外にも、政権は”自民党から民主党”に”チエンジ(変革)”するかも知れませんよ。

さあ、あなたのご家庭でも”チエンジ(変革)”して下さい。その”意識”を持ち、”計画と実行”しないと、相変わらず昨年と同様に進歩がありませんよ。そして、若い人でも60歳以上の高熟年の時代を想定して、”悔いのない人生”になるには、現在がどうあるべきか?を、この正月に思考してください。正月を迎える度に、誰でも”残りの人生”は短くなるのです。

 さて、従来からの私の持論ですが、「21世紀末には”世界は一つ”になり、世界平和になる。」と思いますよ。
 なぜなら、人類の集団の規模は、時代が経過する度に”大きく”なるからです。どの国でも統一する時は、南北・東西戦争の戦国時代があります。
 民族・資源獲得・宗教戦争などの対立も自然淘汰され、例えば米ソ対立がなくなり、ヨーロッパはEUになりましたね。
 現在は、まだ紛争や対立が残存していますが、世界や各国の歴史の流れを考えて下さい。必ず、世界は統一されて来るのが、人類の成長の流れなのです。でも、あと百年近くを要するでしょうから、私は見届けることはできませんが、”世界は一つ”になり、世界平和の時代が訪れることを、年頭に当たり、予言して置きます。
 その変革の第1年目が、2009年・平成21年であると思います。
その一つの現象が、アメリカのオバマ(9画)氏の誕生なのです。
 将来、何年後かも分かりませんが、必ず日本にメシア(救世主)とも言える”偉大な政治家”が現れ、世界をリードして行く日本になります(これを予言している人がいます。)。それほど、日本(9画)は不思議な奇跡を持つ国なのです。
 これは「9」と「1」の数霊から、そんな感じを持ったのですよ。
 「神亀の図」から「1=尾=計画」したことが、「9=首=実行」に移行する歳だからです。