Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
<< February 2009 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!「駆け込み寺」と「チャーター機4千万円」!
[第588回](中吉)・・・2月27日(小吉)

この題名、意外に思われたのでは?
「政治の貧困」と「政治家の奢り」と言い換えれるのです。
なんと、G7に出席した中川前財務相、定期便があるのに民間チャーター便6人で往復4100万円の税金を無駄遣い!それに酒気帯びで”ろれつが回らない”記者会見、バチカン博物館観光での”傲慢で非常識な態度”!全く日本の政治家としての恥さらし!こんな代表が出席とは、税金をドブに捨てたようなものです。正に「政治家の奢り!」ですね。選挙の時だけ頭を下げ、当選すれば”政治家の奢り”、呆れたものです。
 さて、この奢りに対して、政治家の責任でもある”大不況”で、3月末までに、非正規雇用の失業者は、15万8千人見込みであり、家族への影響も試算すれば、大変な生活苦から自殺・一家心中のほか、窃盗・強盗などの犯罪も増大するかも知れないですよ。
 そんな中で、心温まる話があります。
 それは”駆け込み寺”の話です。
 宮城県亘理町にある寺;「不忘山(ふもうさん)行持院」では、このたびの派遣切りなどで、失業し住居も失った5人を、寺に住ませ、食事を提供し、生活保護申請の世話と身元保証人も引き受け、保護費を受給できた人から順次アパートへの引越し、就職探しの世話もしている奇特な住職がおられるとか。
これこそ、宗教家であり、仏の慈悲に叶う話ですね。
 しかも、「寺にはまだ余裕があるから、失業で収入も住居もなく困っている人がいたら、気兼ねなく相談して下さい。」と、住職は、携帯電話090-2769-9440まで公表して呼び掛けておられるそうです。
 また、この他には、「本願寺札幌別院」(札幌市中央区)も、このたびの派遣切りで失業した2人の男性を、「連合北海道」の紹介で入居させ、就職活動の世話をしているそうです。
 寺の宿坊には、まだ余裕があり、定員20人で無償提供です。問合せは「連合北海道」(電)011-210-0050と、広報しています。
そこで、このような緊急措置として、全国の宗教団体は、全国の社寺や教団の宿坊を無償提供して、今こそ宗教の”慈悲の心”を実践するときです。
 どうですか?前段の「政治家の”奢り”」と後段の「駆け込み寺の”慈悲”」の対比を、どのように感じていますか?

必読!「・・・と言われています。」の伝聞的な本は著作ではない!
[第587回](小吉)・・・2月26日(小吉)

「金運は、西に黄色い物を置けばよいと、言われています。」
「八は、末広がりですから、縁起の良い数と、言われています。」
「鬼門は、東北の凶方位で、病気や事故を呼ぶと、言われています。」
皆さん、今までに書店で求め、何も考えず、「有名人で一流の出版社の本だから、記載してあることは皆正しい」と言う先入観で、本を読んでいませんか?
 しかし、”著書”と言うのは、”著者自身”の研究成果や未知の分野を、本に”著す”のが、著書ですよ。
 それが、書店にある本;特に”占い関係”の本、呆れたことに古来からの説を丸写しが殆どであり、自分の研究成果やその説を信念を持って記載することなく、冒頭のような”まるで他人ごと”のように、「・・・と、言われています。」と、表現をしている本が多いですよ。
 先ず、そのような表現をしている本は、著書ではなく、紹介本なのです。
 ですから、そんな本は社会的な責任など、微塵にも感じていない本です。

 仮に、過去の説に著者が賛同し、引用する場合は、「・・・と言われていますが、私も・・・の理由で、そのように思います。」と、自分の考えを記載すべきなのです。自分の考えを持たない本は、価値のない本です。
 ”強い信念を持った表現をしているか?否か?”
 これを考えながら、”占い関係本”を読むことですよ。
 そして、次に、
 〆拠は何か?判断基準があるか?E切な実例があるか?
 この3条件を満たす”占い”でないと、著者は”思い付くままに”、悪く言えば、”口から出任せ”に表現するので、矛盾した判断結果になる本が多いのです。矛盾した「姓名判断結果」の実例も、何回となくブログに投稿済ですよ。
 なぜ?今日の記事、この問題をとり上げたのか?
 「◇◇式の本には、このように書いてありましたが、先生はどう思いますか?」とか「私の姓名は、◇◇式姓名判断で良くないと言われましたが、どう思いますか?」というPCメールでの質問が、最近、特に多く寄せられています。
 中には、私への中傷メールでは、私の「望月 岳陽」を、◇◇式姓名判断で分析して、「天運15・人運12・地運20・外運23・総運35」だから、人運12と地運20の最低の姓名で、それでも姓名判断師か!という呆れた書き込みもあります。◇◇式とは180度異なる「天命数霊術」のHPとブログも読まず、メールして来る人もいますよ。
 皆さん、「天命数霊術」のHPとブログを、前述の3条件を考えながら、シッカリ読んで、質問をして下さるようお願いします。
 でも、殆どの方々から、「目からウロコが落ちました。素晴らしい究極の説です。ブログを毎日、楽しみにしています」
という嬉しいメールやコメントも沢山頂き感激しています。
 今までに、北海道から沖縄まで、そして、中国・韓国・インドネシア・イギリス在住の日本女性からも、絶賛とエールを頂いたこと、本当に生き甲斐を感じていますよ。(昨日、フランス在住の女性からもメールを頂きました。)

必読!苗字に”珍名・奇名”はあるが”吉凶”はない!
[第586回](小吉)・・・2月25日(大吉)

「私は、”勝田”という苗字ですが、”勝”の字で運気がないのでしょうか?」というPCメールの問合せの一部にありました。
 皆さん、どう思いますか?
 確かに苗字の珍名さん、奇名さんはあっても、苗字の運気が”良い・悪い”ということは、絶対にありません。
 なぜなら、”運気”というものは、日本人1億2千万人、1人づつ異なるものです。例えば、親子・兄弟は苗字が同一であっても、無名の親から歴史に残る偉人・名人・名君がいますね。逆に、苗字が同一でも、長男は幼児のとき病死だが、次男は90歳の長寿だという例は、世間には珍しいことではありませんね。
 ところが、日本中の姓名判断は、苗字の画数を求め、「先祖代々からの因縁・血筋を受け、家柄まで分かります。」と、全く常識ハズレのことが、昭和初期から平成の現代まで書物が出版され、それを信じているプロの姓名判断師もいます。
 しかし、今日は「苗字の字体の”吉凶”?」の話ですよ。
 確かに、私のブログに”勝”などの字体は、「個人名には使用しないで・・」と投稿していますが、苗字のことではないのです。
 ところが、驚いたことがあるのです。
 先日投稿の「なかやま うんすい」氏の著書(「こんな漢字を名前に使ってはいけない」50〜52頁)を読んでいて、あつ!と驚きましたよ。「勝」の字体の運気が悪い例として、俳優「(故)勝 新太郎」を主に説明し、俳優「勝野 洋」「十勝花子」の例も記載されていました。そこで、単純なミスかと思い、他の字体の例を見ますと、俳優「根津 甚八」「津川 雅彦」の”津”が悪い例として紹介されていましたよ。
 これなど、「”苗字”の運気が悪い。」ということを主張していますね。
 
 また、逆に”運気の良い字体”として、楽天の社長「三木谷 浩史」氏の運気の良いのは”史”の字体が良いからだと紹介していましたが、(”史”が良いのは同感ですが)彼の運気は”史”が主ではなく、「天格13・地格9・補格7・総格29」という「9が2ヵ所」ある”画数”からの運気なのです。
 このように、著書と言うものは、書いてあること”皆正しい”と言う先入観を持って読んではいけませんよ。いつも”なぜ?””どうして?”と考えながらよんで下さい。
 したがって、冒頭のPCメールの質問は、「苗字に”勝”の字体があっても、先祖・親子・兄弟が皆同一であり、運気には何ら関係がありません。」との返信を出しておきました。 

必読!アカデミー賞「おくりびと」は、演技力「本木雅弘」と題材の”意外性”!
[第585回](大吉)・・・2月23日(小吉)

アカデミー賞ダブル受賞!
日本映画初の快挙ですね。日本映画が世界に認められた瞬間です。
第81回アカデミー賞は、TBS製作の「おくりびと」が外国語映画部門の受賞に輝き、短編アニメ部門で「つみきのいえ」も受賞しました。
「おくりびと」という用語、広辞苑では「死者を墓場まで送る人」とありますが、皆さんは余り聞かない用語ではないですか?
 さて、「おくりびと」の主演は、「納棺夫;小林大悟」を演じた俳優「本木雅弘」と、その妻役「広末涼子」です。
東京のオーケストラが倒産し、失業したプロのチェロの奏者;小林大悟が、郷里の山形県酒田市に帰省して、妻の反対を押切って、「納棺夫」として就職する話です。
 この話が映画化となったのは、かって「本木雅弘」が、青木新門著「納棺夫日記」を読んで感銘を受けて、滝田映画監督に懇願したのが、切っ掛けだったようです。
 このたびの滝田監督は、「受賞できたのは、本木雅弘さんの”意外な発想”のお蔭なんです。」とコメントしています。
 通常では思い付かない”意外な発想”!
 亡くなった人を棺に納める納棺夫となった主人公を通して、”死と生”を描く内容なのです。
 そして、主演の「本木雅弘」氏のコメントは、
「不思議ですね。感慨深いものがあるんですが、本当にアカデミーの懐の深さというか広さというか、そういうのをとても感じたし、世界共通の普遍的なテーマであるから、絶対、世界中の方の心に届く、響くというふうに言ってくださったので、それが本当に実現しそうだなっていう感じでしたね」とのこと。
 今回の外国語映画賞の候補;他の4作品は、イスラエルの作品やカンヌ映画祭のフランスの作品など、いずれも強力なライバルぞろいでした。
 しかし、これらに勝った理由について滝田監督は、
「日本の映画の技術の高さが認められ、主演の本木さんが”日本人の心の繊細さ”を伝えたことが、世界に認められたのです。」
とも、コメントしています。
 題材に付いては、今までに、戦争やテロといったテーマが多かったのですが、「別れの儀式」が、”映画の題材”と言う”意外性”があるのです。
 この”意外性”が、アカデミー会員の心をとらえ、第81回アカデミー賞受賞となったのでしょう。日本映画にとって、記念すべき年として、歴史に刻まれますね。
 このようなことから、「本木雅弘」の”演技力”と”意外性の発想”は、
地格9のパワーにあります。
「本木雅弘」天格18・地格9・総格27
  地格9・19が、演技の”創造力”と、意外な発想の”思考力”をもたらしたのですよ。

必読!「欧米か!」と頭を叩く漫才は止めよ!
[第584回](小凶)・・・2月21日(大吉)

皆さん、「欧米か!」と言って、相棒の頭を叩く漫才は面白いですか?
最近多い若いコンビの漫才を見ていると、”ネタ”より”相手をバカにする態度”の”頭を叩く”漫才が多いですね。
私は、面白いどころか、実に”不愉快”で”腹が立ちます”よ。
特に、「欧米か!」と言って、頭を叩くのは、「アメリカやヨーロッパ諸国」をバカにする態度であり、侮辱罪にも相当します。
こんな、馬鹿げた漫才が有名になる現在の若い人達のセンスが理解出来ませんね。
 こんな人権を無視する態度は、4〜5歳くらいの子は、何思わず、すぐにマネをして、平気で友達を叩くクセになるのです。
 それが、やがて成長して、人を敬う気持ち、特に弱者に対する暴力を、なんとも思わない人になり、やがて暴力犯などの犯罪を誘発する根源となるのです。
 昨年の8月、千葉市内で、電動車イスに乗った年配の男性を、中学生2人(15歳)が、「お前、欧米か!」と言って、履いていたサンダルで、その男性の頭を連続して、数十回叩き、駆けつけた警官に逮捕された事件がありましたね。
 これなぞ、正にその漫才の影響であり、身体不自由な人を侮辱する態度を「面白いからやった!」と、反省もない人になってくるのです。
 これと、同じ光景ですが、「銀座の母」がテレビで、ゲストの”浜幸”さんの頭を数回叩いていましたよ。もう、銀座の母は、人の頭を叩くのは、人に対する侮辱行為などの意識がない下品な”占い師”丸出し!
 こんな態度を、視聴者が”面白い”と言う気持ちで見ているとしたら、日本人の人格形成に”憂う”べきことです。
 以前の漫才師は、”ネタ”を重視し、相棒の頭を叩かなくても「巨人・阪神」のように有名になってくるのです。
 ”ネタ”の中に漫才の良さがあるのを忘れた現在の漫才師が多いですね。
 
 

必読!「餅屋は餅屋!を理解していない言語学者!
[第583回](小吉)・・・2月20日(大凶)

皆さん!「餅屋は餅屋!」という諺を知っていますか?
この諺は、江戸時代の上方(京・大阪)から言われ始めたもので、同じ”餅”なのに、プロの餅屋が搗いた”餅”は、”粘り気”があり美味しいが、素人が餅を搗くと、どうしても”粘り気”が出ないことから、この諺となったものです。
 これはどんな職業でも共通することなのです。例えば、同じ”大工”さんなら、何でも建築できる訳ではないのです。そこには城・社寺建築の「宮大工」もあれば、家具・建具の「指物大工」も、それぞれ専門があるのです。

 さて、今日、次のコメントを頂いたのですが、1昨年11月17日のグログに対してのコメントなので、皆さんに参考のために紹介します。
 要するに、日本で一流の言語学者が「餅屋は餅屋!」の諺を知っていながら、自らは実行していないのです。

[原文どおり]
 『最近は著名な国語学者の方々が赤ちゃんのなずけに関与しています。私も手元に数冊ありますが正直 トンチンカンな解釈であてにならないのではと感じております。漢字の研究者イコールなずけのプロというのは短絡的な考えですが、一般の人なら有名な教授が言っているからという理由だけで思わずつけてしまうのも致し方ないことなのかもしれませんね。玉石混交の中から先生のような本物の方に出合われることを祈ります。いつも楽しく拝見させていただいております。』

 どうですか?最近、言語学者が”赤ちゃんの名付け”まで、進出したのは良いのですが、本の内容は、誠にお粗末で、素人の域ですよ。”赤ちゃんの名付け”は、その人の一生の運気を左右する”社会的な責任”があるのです。言語学者はあくまで基礎理論の”学問の領域”であって、その実用化の命名手法にまで繋がる根拠は何もないのです。
 理系で言えば、例えば「”光”の基礎理論」だけで、「”光ファイバー”のパソコン」を開発するようなものです。
 一般家屋の大工さんが、宮大工さんのマネをして、姫路城や法隆寺などの修築をするようなものです。震度3〜4の地震でも、城や社寺が崩壊するのと似ています。
 もし、言語学者の本で命名して、その子が事件事故の遭ったり、病弱である場合の社会的な責任まで考えて、出版しているのでしょうか?
 いや、内容からみると、無責任な本ですよ。

必読!内閣支持率を上げるなら「拉致問題」を解決せよ!
[第582回](大凶)・・・2月19日(最大吉)

ついに、麻生内閣支持率9.7%(日本テレビ調査)で、1桁にダウン!
末期的症状で、もう麻生内閣は”瀕死”の状態!
 次々に失態続きの麻生政権。これでは”政権担当能力”など、何もない。
 それに比し、オバマ大統領は、僅か1ヵ月で次々に成果を上げている。
 全く、日本にはオバマ氏のような人材がいないのは、嘆かわしいですね。

 さて、麻生政権に限らず、どの政権であっても、支持率を急上昇させるには、小泉元首相のように(仮に裏工作・お膳立てがあったにせよ)、勇気を持って「拉致問題」で北朝鮮に乗り込み、金正日総書記と直談判して、拉致被害者を日本に帰国させた実績を、再び実現させることが第一ですよ。現在の自民党には、そんな勇気がある人材はいないようです。

 今、国の経済対策が急務ではありますが、仮に景気浮揚させても、国民は政治家の実績としては、それは当然のことであり、”意外性”がないのです。”意外性”があることには、国民は評価しますよ。
 ところが、安倍元首相も福田元首相も、そして麻生首相も、「拉致問題解決」は、口先だけで”実行力”と”勇気”がないのです。その点、未だに小泉元首相に人気があるのは、”実行力”と”勇気”があるからですよ。

 さて、どの政治家が”猫に鈴を付けるか?”が今後見ものですよ。
 その怖い”猫”(贅沢ばかりで腹がメタポ!)は、独裁の「金正日」総書記、”頑固”で”気まま”な性格は、名前に出ていますね。
「金 正日」天格13・地格4・総格17
 どうですか?地格4と総格17での「4・7」タイプで、天格13の良さを消去しています。外見上は”にこやか”に笑っていても、心の中と行動は「4・7」タイプの”協調性”がなく、”自己主張”が強いばかりです。
  これに比し、最近、後継者とウワサされている三男の「金 正雲」氏(27歳)は、どうでしょう。
「金 正雲」天格13・地格12・総格25
  こんどは、天格13と総格25の2つの吉数で、地格12の欠点(気まま)が消去され、”正義感”ある”協調性”が長所にでる性格の人ですから、この人が後継者となれば、北朝鮮も見違えるように、国際社会に強調し、国内政治も回復させる人物だと、私は予言しておきます。
 さて、現在の麻生内閣も、北朝鮮の後継者まで待たず、「拉致問題」を解決しなければ、国民の支持率はあがりませんよ。
かって小泉元首相は、一時、支持率が38%まで落ちていたのですが、拉致被害者を帰国させた時点では、61%まで支持率が急激に回復したのです。
 日本人は”情”にもろいところがあり、一向に進展しない保守政権には苛立ち半分、諦め半分と思いますよ。
 次の政権こそ、大至急に「拉致問題」を解決しないと、国民は失望し支持率がまた落ちますよ。

 

必読!”酒”が身を滅ぼす「政治家・公務員など」!
[第581回](最大吉)・・・2月18日(中吉)

もう皆さん、ご承知のように、「中川昭一財務相」がG7会議後の記者会見での”あの醜態”で日本の恥さらし!
”ろれつ”が回らなかったのは、”風邪薬”のせい?としているが、日頃の”酒癖が悪い”ところから、”飲酒”の疑いもあるとしての辞任劇。日頃の”飲酒”が禍して、政治生命に大きな汚点を残しましたね。
さて、今までのブログにも何回となく、「”飲酒”が身を滅ぼす」の事件事故を取り上げて来ましたが、今日のニュース。
「(元)警視庁警視の飲酒運転と当て逃げ事件」の公判で、検察側は10ヵ月の懲役を求刑しました。
 この事件は昨年11月18日、”酒酔い運転”で”当て逃げ”をして、茨城県警に現行犯で逮捕されたものです。
 この警視は、交通取締りの部署が長く勤務していたから、余計に国民が交通警察に不信感を持った事件でした。
 でも、私が言いたいのは、「”タバコ”は身を滅ぼさないが、”酒”は身を滅ぼす」のですよ。
 この警視「日高幸二」(50歳;天格12・地格12)は、50歳まで勤務して、”酒”のために懲戒免職で”失業”し、"退職金"を失ったのです。
 まだ50歳ですから、子供さんの教育費が必要な年代かも知れません。
 懲戒免職になった者を採用する所はなく、失業のままで本人・家族はどうするのでしょう。
 これは、去る[第504回]防衛省一等海尉の器物損壊、[第563回]警察庁キャリヤ官僚の空港での暴行事件などで、”懲戒免職”による失業と退職金を失うなど、政治家・公務員・教職員など、国民の模範となる職業の人が”飲酒”による事件事故で、”職”と”退職金”を失うのです。
 正に、このたびの中川財務相の醜態による”政治生命”のダメージを受けたように、”酒”の方が、”タバコ”より、弊害が大きいですよ。
 ”タバコ”を吸って”懲戒免職”になり、”身を滅ぼした”なんて、聞いたことはありません。
しかし、”酒”で、死亡事故や殺人事件を起こしたり、酒酔いで電車内での”痴漢”により、懲戒免職になった教職員もあり、酒が”身”を滅ぼした事件事故は、全国で非常に多いのですよ。
それでも”酒”より”タバコ”が悪者になって、航空機・新幹線の中では”禁煙”ですが、”禁酒”ということは、聞いたことがありませんね。新幹線内で”酒”飲みながら、隣席の”若い女性”に絡んでいた”酔っ払い”を見かけたこともあります。また”酒臭い”のは、”タバコ臭い”のと一緒だと思いますよ。どうも片手落ちのような気がしますね。
 中川財務相の辞任からも、いかに”酒”が身を滅ぼすか、改めて感じたのです。

必読!オバマ氏がマネ?偶然の「YES WE CAN!」
[第580回](大凶)・・・2月17日(小吉)

世の中には、意外な”偶然”がありますよ。
今日、僅か片道8Kmの往復をドライブしていたら、車のナンバー「・222」を、走行車”5台”見ましたよ。とても信じられないでしょうが、事実なのです。
 全くの”偶然”であり、”天命”が私に何を暗示しているのか?それは分かりません。(下2桁が02・12・22は事故を呼ぶので、”注意せよ!”と言う暗示なのかな?)
 ”偶然”と言えば、アメリカ大統領選挙の際、福井県小浜市や長崎県小浜温泉が、”偶然”の「オバマ」で、”勝手に応援する会”を結成して、地元のPRも兼ねて応援していたのも、不思議な”偶然”ですね。
 
 ところが、驚いたことに”偶然の一致”があるのです。
 京都新聞によれば、なんとオバマの大統領誕生への原動力になった名言「YES WE CAN!」は、すでに8年前から、日本に存在したキャッチフレーズだったのです。
 それは、「滋賀県大津市唐崎中学校」の生徒会が、2001年に生徒から学校のキャッチフレーズを募集して、最優秀に選ばれて、現在までの8年間、学校のキャッチフレーズが「YES WE CAN!」だったのです。
 
 学校の外からも見えるように看板が、8年前から掲示され、校内の渡り廊下や体育館に大きく掲示されていた”偶然の一致”なのです。
 当時、生徒会担当で選考された「柏口泰至」教諭(42歳)は、天格19・地格9であり、地格9の思考力が、現在のオバマ大統領の名言「YES WE CAN!」の”偶然の一致”を導いたのかも・・・?

 そこで、生徒たちも「うちの方が先だよ!」「オバマ氏に”マネ”された!」など、地域住民も含めて、「こんな”偶然”があるのだね。」と、嬉しい気持ち半分、不思議な気持ちを抱きながら、喜んでいるそうですよ。
 実際、世の中では、不思議な”偶然”と言うことがあるのですね。

必読!歴史の真実?「武田勝頼」は、土佐で生きていた?
[第579回](大吉)・・・2月16日(小吉)

「武田勝頼;土佐の会が発足!」
と高知新聞の記事。
意外な歴史ミステリーか?甲斐武田家の滅亡は、織田勢に攻められ天目山(山梨県)で、「武田勝頼」と妻「北條夫人」・長男「武田信勝」の3人は自害(勝頼37歳)。そして景徳院に墓があり、「北條夫人」の辞世の句、
『黒髪の 乱れたる世ぞ はてしなき 思に消ゆる 露の玉の緒』
と残されています。
 ところが、意外にも「武田勝頼」は、土佐に逃げ延び62歳まで生存したとのことで、高知県仁淀川町大崎にある「鳴玉神社」に”武田勝頼の墓”があり、同県香美市土佐山田町には「武田四郎勝頼」の墓碑などがあることから、仁淀川町では、”町興し”の記念行事を計画しているとのこと。
 さあ、今までに、歴史の意外な話は限りなくありますね。
 「義経はジンギスハーンになった!」「キリストは青森県で死んだ!」「天草四郎時貞は秀吉の孫であり、フイリッピンに逃亡し建国した!」などど、意外な歴史の逆転話?
 これら3つの事例は、余りに唐突で”作られたロマン?”ですが、平家の逃亡・隠遁伝説のように、”隠された歴史の事実?”もあると思います。
 さて、これら歴史ミステリー発掘の社会現象から、現在の我々に何を教えられているのか?考えて下さい。
 過去から信じられたこと「干支・厄歳・鬼門・戒名・家相・墓相・・・」など”作られた事実”、それに根拠も判断基準もない”十束一絡げ”の「各種”占い”」、「匿名で”事実を曲げ”人を中傷するサイト」など、もう21世紀では、そんな歪曲されたことなどを信じないで、”真実”のみを子孫に残すことは、現代に生きる私達の義務と責任なのです。
 もっとも、子孫に何も弊害がない”歴史のロマン”はあっても、それには”夢”があり、「歴史を知り、現在を思考し、将来に備える」ことに良いことですよ。 

必読!恵まれた現在の「学校給食」と昔の思い出!
[第578回](中吉)・・・2月15日(大吉)

「食べて学ぶ”給食の歴史”メニュー」とか「高校3年生と小学生との”給食交流”」
と、地方新聞の記事。
”給食の歴史”メニューは、島根県江津市が取り組み、1週間の献立を、明治時代から現在までの”日替わりメニュー”で、小中学生に時代の流れを学んでもらう趣旨の行事。
そして”給食交流”は、同県吉賀町が取り組んだもので、郷土の高校を卒業して行く3年生が、学校給食の思い出と郷土への感謝を忘れないように・・・と言う趣旨の行事。
 この記事を読み、今、大不況とは言え、「現在の子供たちは恵まれているなぁ〜」と思いましたよ。
 私も知らなかったのですが、学校給食は”明治22年”から「貧困児童救済」のために始まったようです。
戦後は”栄養改善”のため、現在は”食育推進”と言う目的で変遷して来ました。
 ところが、戦中、戦後の昭和25年までは、食糧難のため中断していたのです。
 この記事で、私の小学校時代(昭和20年終戦の時が1年生)を思い出したことがあります。
 小3年の時、「これ半分、食べて良いよ。」と、隣の席だった在日朝鮮人の男の子に言って、毎日のように、私の弁当を分けていたのです。(私は少食で、弁当を空にして帰らないと、母親が怒るので、私には都合が良かったのですが・・・)
 その子の家庭は貧しいのか、全く弁当など持って来ない。
 「いや、いいよ。腹が痛いから食べたくないんだ。」という遠慮は、私は子供ながら、”それはいい訳だ。可哀想に・・・”と感じていました。
 ところが、それから2〜3ヵ月経って、その子は不登校になり、隣の席は”空席”になっていました。
 ある日のこと、担任が「◇◇君は、亡くなりました。皆で黙祷をしましょう。」と言うことに、私は一瞬、”可哀想に、餓死したのだ!”と思いました。
昭和20〜25年の当時は”餓死”なんて、珍しくなかったのです。ちょうど、現在の北朝鮮の子供たちのように・・・。
 「もし、せめて学校給食でもあれば、あの子は”餓死”せずに、現在まで生きられていたかも知れない・・・。」と、冒頭の新聞記事を読んで、遥か昔の小3の頃を思い出したのです。
 それから思えば、現在の学校給食がある小中学生は、恵まれた時代なのですよ。
「うちの子が、嫌いなものは、給食に出さないで下さい!」という現在の保護者のクレームには驚きますが、現在の保護者も恵まれた時代に成長していますから、戦後に”餓死”する子なんていたとは、想像もできないでしょうね。

必読!「一筆啓上?」・・・バレンタインに因んで!
[第577回](中吉)・・・2月14日(小凶)

「”愛”の交換」でも、イロイロ?
(バレンタインの本来の話は、昨年の2月13日のブログを再読して下さい)
「日本一短い手紙」として、毎年、全国に募集している福井県丸岡町。
 同じ”愛の交換”でも、イロイロな部門に別れ、その中で「愛の往復書簡」部門(母親と小学生の部)で、面白い手紙がありましたので、紹介しますよ。
 この「日本一短い手紙」を募集し始めた経緯は、あの有名な
「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」
の書簡。400年前のこと徳川家康の家臣「本多作左衛門重次」(丸岡城主)が、戦場から妻に送った書簡。
(お仙とは、重次の息子で幼名:仙太郎、越前丸岡藩6代目藩主;丸岡城は、平城では日本一古い天守閣が現存、山城で日本一古い天守閣は、備中松山城です。私はこの2城とも訪ねています。)
 丸岡町では、町興しのため、「日本一短い手紙」を募集して、全国に知名度を上げるためだが、とてもユニークな町興しですね。

 さて、最優秀賞の”愛”の往復書簡は、
息子(小3)『”ねつあい”って、なに〜?』
母 親 『お父さんと、お母さんのこと』
(これは、”タマゴちっち”で遊んでいて、”ねつあい”というセリフがあったので、尋ねたそうです。)
 なんだか、ほのぼのとした一家の様子が想像できますね。
 でも、世の中に、本当に”熱愛の夫婦”は、一体?何軒あるでしょうかね?”熱愛”も、結婚するまでの昔話の家庭が多いのでは・・・?
 バレンタインで”義理チョコ””本命チョコ”よりも、こんな手紙に触れる方が余程、楽しいですよ。
 因みに、この小学生;「都筑 宗哉」君(8歳)天格19で「宗」という”名君”の字体を使用していますね。それに「也」ではなく「哉」を使用していると、運気が良いですよ。将来が楽しみですね。

必読!「下ヨシ子」氏の”流生命”占いも、10等分!
[第576回](小吉)・・・2月12日(大凶)

昨日のブログの続きです。
「下ヨシ子」氏のフアンの方から、「本者ですよ!」というコメントが入ってきましたので、”霊能”の分野は別として、「姓名判断」や「流生命」の分野の本を探しに、書店に行ったのです。
 「姓名判断」の本は書店にはなかったのですが、「流生命」の本はありましたので、先ず前提となる”根拠”と”判断基準”の記載の有無を確認。
やはり、”根拠”も”判断基準”もなく、ただ誕生日から、下2桁まで求め、その下1桁の「1・2・3・4・5・・・0」の10分類で判断するだけの記載でした。
 この考えは、古代からの「カバラ数秘術」や「エジプト色彩占術」と、分類方法は、10分類で全く同じですよ。これは気学・易学の「1白〜9紫」(9分類)、細木数子の「六星占術」(12分類)、12星座占い(12分類)、干支占い(12分類)、血液型占い(4分類)など、日本人1億2千万人を”十束一絡げ”で、10分類なら、1200万人が同じ運勢になる判断ですよ。人の運勢は、1億2千万人の”一人ひとり”の運勢が異なるのですよ。
 こんな占いに、賢い方は”「占いなんて信じられるか!」となる訳です。
 私は、最近フアンも多いいと聞いていましたし、「下ヨシ子氏は本ものですよ!」とのコメントから、どんな新しい説かと期待したので、書店に行った訳ですが、「やはり、10分類の占いか!」と失望しました。
 このような10〜12分類に占いなら、簡単にソフトができ「ネット占い」ができるはずですよ。
 その点、私の「天命数霊術」は、5大条件で判断するわけですから、何万何十万の組み合わせがあるのか?未知数ですし、どんな優秀なプログラマーでも、ソフトが組めないのです。
 でも、不思議なことに、”見方は簡単ですが、奥が深い”ですから、1ヵ月の勉強で、テレビの字幕4〜5秒間でも判断できますが、10〜20年勉強しても、とても1人前の域に到達できませんよ。全く、不思議な説でしょう。

※お知らせ
 このたび、固定電話とFAX番号を変更しましたので、HP「問合せ」欄、PCメール、携帯メールのいずれかで、お問合せ下さい。
 PCメール;info@gakuyo951.jp
携帯メール;gakuyo951.99@docomo.ne.jp

必読!社名・人名・戒名には”火”の「光・輝・照」を使用しないで!
[第574回](小凶)・・・2月10日(大凶)

「キャノン工場建設を巡って、脱税で7人逮捕!」
と言うニュース。
大分県のコンサルタント会社「大光」が、ゼネコン「鹿島」から口利き料を得て、3億円の法人税を脱税し、関係者7人が逮捕されたのです。(総額30億円から、9億円の脱税になるそうです。)
 この事件の中心となった「大光」という社名について、考えて見ましょう。
 社名・人名・戒名に、「光・輝・照」などを良く使用していますね。
 これらの字体は、栄光・名誉・希望という”語意”を想像して使用しますが、実は”語源”はすべて”火”なのです。
 ”火”は”日=太陽”と異なり、この地上の会社や人類は、”火”を”日=太陽”に変化するだけのパワーがないので、”火”に負けてしまうのです。これが神仏であれば「天照大御神の”照”の字体」や「不動明王の後背(火)」のように、”火”を”日=太陽”に変化させるパワーがあるので使用しても良いのです。
ですから、神仏に仕える神職や僧侶の名、社寺の名には、俗界を超越したパワーを暗示していますので使用しても良いのです。しかし、俗人の戒名では、”格式が高すぎる字体”として使用しない方が違和感がありませんし、あの世では自然な境遇で過ごせる暗示があります。

 しかし、社名・人名・戒名に使用しますと、一時的な栄光は”火”に負けて、衰退して行く運命にあります。社名でも人名でも事件事故に遭遇しやすいですし、人名の場合、天格・地格とも偶数で、このような「光・輝・照」を使用していると、十中八九、”病気”になる可能性があります。
 この関連ブログは、投稿済ですが、今日のニュース「大光」の社名で、皆さんに再認識して頂きたいのです。「大光」は9画で会社の繁栄は一時的にはありますが、結局「光」で衰退して行きます。かっての「三光汽船」のようにね。
 そして最近の流行名に「輝」の字体を使用している例を多く見掛けますが、”幌馬車が火で燃えている語源”ですので、人名には使用しないで下さいね。

必読!テレビで”霊視”をすると”霊”に対して失礼だ!
[第573回](小吉)・・・2月9日(大吉)

「えっ!なんで自分のことを、テレビで”霊視”しているのだ!」
と、天国から苦情があるかも・・・?
誰でも、死亡率100%なんですよ。ご自分のことと考えて下さい。
もし、ご自分が天国に行き、下界を見下ろした時、
「いい加減な”ニセ霊能者”が、公共の電波を使い、全国に自分の霊を呼び出すなんて、失礼も極まりない!それに、”霊”は電波と言う”電磁波”が一番嫌いなのだ!静かに楽園いるのにテレビで公開とは何事だ!霊視で自分を呼び出すなら、遺族だけでコッソリしてくれ!」
と言う気持ちが本当ではないでしょうか?

 今までの”ニセ霊能者”、テレビに出ては消え、また視聴率稼ぎの”ヤラセ”の新しい自称;霊能者が次々に登場してきますね。
 「銀座の母」もいい加減で下品な霊視、それに最近「下ヨシ子」氏という見るからに”余り幸せそうにない人相”の人がテレビに登場して来ましたね。名前だって「下ヨシ子」なんて、見るからに貧相な名前ですね。名前に”優雅さ”や”賢俊さ”など、少しも見られません。
 それに、姓名判断もしていますが、”音感”だけの判断です。それが文系の科学としての”根拠と判断基準”は、一体、どうなのか?分かりません。
 携帯で無料姓名判断をしてみましたが、ごく常識的な表現で書かれています。根拠と判断基準がない説は、私は信じないことにしています。
 
さて、この「下ヨシ子」氏の講演会に行った人から聴いたのですが、「真言宗の修行をして、霊能力が付いた」とのこと?
 それを聴いて、私は”ウソだ!”とすぐ分かりましたよ。

 霊能力(霊視)は、修行では付かないのですよ。霊能力はある日、突然のこと身に付く能力なのです。(”除霊・浄霊”は修行で身に付くことはあります。)「霊視能力」と「除霊能力」と混同していること自体、「下ヨシ子」氏は霊能者としての資質に疑いがあります。実際に霊視での発言は、具体性がなく、誰でも言える抽象的な話ばかりですよ。(最近の江原宏之も銀座の母も具体性がない話ばかり。)本者は、人名・地名・家屋や土地環境など固有名詞や具体的な事実まで当てますよ。
 私の娘は、中学1年生の時、修行など1日もなく、ある日突然、霊視と予言能力が付いたこと、ブログに投稿済ですね。
 これに比し、従兄は真言宗高野山派の住職で、約50年間、高野山本山、信貴山・京都東寺・大覚寺・永平寺などで”荒修行”をして来ましたが、霊能力はなく、”霊視”は娘に聴いているほどなんです。
 第一、”霊視”を、電磁波を嫌うテレビで全国に公開するなんて、本者の霊能者はしませんよ。
 あなただって、折角、天国で静かに暮らしているのに、ある日、突然、テレビで公開されたら、嬉しいですか?
 こんな霊の気持ちも理解していない”ニセ霊能者”でも、テレビに出演している「下ヨシ子」や「銀座の母」などを妄信している日本人は、なんて単純な民族でしょうね。

必読!人の逆を行く「最上稲荷の初午参り」!
[第572回](大凶)・・・2月8日(中吉)

「なんと、参拝客が少ないなぁ〜」
と思いましたよ。1昨日の6日、日本3大稲荷の一つ「最上稲荷(さいじょういなり)」(岡山市)に”初午参り”に行って来ました。
あの3日の節分では、4万人の参拝客があり、”豆まき”を、テレビ各社が競って放映していた「最上稲荷」?
 さて、”初午参り”とは、2月に入り初めての”午(うま)の日”は、”福を呼ぶ日”として、全国の社寺でもお参りが多いですよ。
 私は去る1月3日のブログに、「人出が多い正月や節分には、大神社には参拝しない。」と書いていますね。
 ところが、
「最上稲荷の”初午”には、お参りして来なさい!」
と、大阪で居住している家内からのメールで”指令”が入ったのです。
 「でも、初午も人出が多いから、イヤだなぁ〜」と内心思いつつも、家内の”指令”に逆らうと、後が怖いので、”服従!
 ところが、あの節分には4万人の人出が、なんと、駐車場はガラガラ、参拝客はチラホラ!?
 祈祷受付を済ませ、本堂の祭神の前に座ったら、なんと、僅か私を含め”6人”しかいない。正月や節分の祈祷では、本堂に溢れかえるくらい1回の祈祷で”約300人”はいるのだが、”初午の日”は僅か”6人”とは?
 それに、お経をあげ、祈祷して頂く僧侶は、”6人”もいるのですよ。
 正に、マンツーマンの祈祷になるようです。
 参拝客が少ないので、1人づつ、”清め”と”開運”の住所と名前を読み上げ、3体の祭神に報告して頂けるのですよ。
 これが、正月や節分の日は、一切省略しないと、1日数千人の祈祷志願者の住所・名前を、イチイチ祭神に読み上げられませんよ。仮に読み上げても、神様だって、どこの誰やらサッパリ分かりまませんね。
 最上稲荷の3体の祭神は、主神が白狐に乗り、稲の束を担いだ「女神」であり、脇神は、商売繁盛・金運を呼ぶ「三面大国神」、そして叡智と出世を呼ぶ「八大龍王神」なんですよ。そして、ほんの2m手前で、お姿が見える所で参拝できるのです。
 正月や節分であれば、こんな特典は全て省略!
 世間の行事の”逆”を行くと、静かな祈祷で、無神論者の私でさえ、心が洗われるのです。これは、すべて世の中に通じることなんです。
 ”独創性”と”意外性”こそ、「人の行く裏道に”花”が咲く」のを、皆さん、忘れないで下さい。
人まねの”付和雷同”では、平凡な人生を送るだけですよ。
 この「最上稲荷」は、京都の「伏見稲荷の主神」と異なり、主神が”女神”だから、家内も娘も「最上稲荷だけは、参りなさい!」と、無神論者の私に半強制的に”指令”を出した訳なんですが・・・。でも、なんだかスッキリしました。
 

必読!あなたは、他人のイタズラっ子を叱れますか?
[第571回](大吉)・・・1月6日(小吉)

「他人の子にゲンコツを認めますか?」
と言うTV番組”太田光が総理大臣になったら”の課題。
 国会議員など各ジャンルのコメンテイター22人が、賛成・反対に分かれて喧々ガクガク!
 この問題は、簡単には白黒付けられない問題ですよ。
 今頃の子、非常に難しいですね。
 見ず知らずの子ではなく、中1の男子が担任にゲンコツされて校舎から飛び下りて”自殺”の事件(福岡市立内浜中学校)がありました。
このような事件、近年頻発するのですが、学校側や教育委員会は、「担任の暴力」や「友人からのイジメ」と「自殺」との因果関係は認めていないことが多いですね。
 でも、この事件の場合、友人に送信メールの記録に「先生に殴られ自殺したい。」と残っていても、責任逃れのため、通常、学校側や教育委員会は認めようとはしない事件が多いですよ。
 この判断感覚は、我々数十年も昔の子供の頃を思い出して、その当時の子供の尺度で判断するから、”担任にゲンコツされたぐらいで、自殺なんかするか!”という先入観で大人は判断するのです。
 ところが、最近の子、担任からでもゲンコツなら、”死にたい!”という
軟弱な心を持つ子が多いのですよ。
 まして、見ず知らずの大人から、ゲンコツを受けたら、最近の子の異常な心の反発があり、予想外の事件を起す可能性があります。
 それだからと言って、”放っとけない!”場面がありますね。
「スーパーやレストランの中で、キイーキイーと言って、走り回る子!」「展示してあるベットの上に、土足で飛び跳ねている子!」
「電車の座席に土足で上がっている子」など。でも若い母親は知らん顔!
 そこで、他人が注意しようものなら、その母親は子供を叱るのではなく、注意した他人を”ニラミ付ける”現場に遭遇したことはありませんか?
 ”親の教育が悪い””最近の子は軟弱だ””愛情を持って叱れば良い””愛情と暴力の区別はつかない””暴力より言葉で諭せ”などなど、正に議論百出!
 でも、これら問題を起す子らの大きな原因は、最近の訳の分からない”読めない””書けない””意味不明”の「流行名」を使用している子が多いのです。主に”キイーキイー”と走り回る子は「4・7」タイプ、”軟弱で”すぐ”うつ”になり”自殺”を考える子は「0・2・6」タイプが多いのです。「9・5」タイプは”理性”があり、「3・8」タイプは”楽天家”なので、他人から叱られるようなことは、初めからしませんよ。
 姓名のパワーが、理想的な子になるか、逆に他人から叱られるような子になるかの”別れ道”を創るのですよ。
 (参考;[第115回07.10.3]「キイー!と奇声を上げる子は、頭が悪い子!」) 

必読!高級官僚の”天下り”も”渡り”も「悪の根源」!
[第570回](大凶)・・・2月4日(小凶)

「高級官僚の”天下り”や”渡り”など、関係ない話だ!」
と、皆さんは思っていませんか?
 昨日の衆議院予算委員会で、民主党の「細野豪志」議員が、麻生総理に鋭い質問をしていましたね。
 私も細野議員の質問に大賛同で、余りに面白いので、ドライブ中だったのですが、車を停めてラジオを聴いていましたよ。
 一例では、元水産庁長官が6ヵ所の特殊法人などの”渡り”で、3億5千万以上の退職金・手当てなどが支給されていたのです。
 皆さん、そんな話は”別世界”のことだと、思ってはいけません。
 特殊法人などへの交付金は、大半は”税金”なんですよ。
 第一、そんな高額な退職金を支給すること自体が、”税金の無駄遣い”だけではなく、国民にとって大きなマイナスになるのです。実は”裏に秘める取引”があるのですよ。それを私の行政監察局勤務の経験上、暴露をしますよ。
 いいですか、”裏に秘める取引”に付いては、細野議員は追及していませんでしたが、”天下り””や”渡り”については、先ず利益団体の票をバックに当選してきた保守党政治では、ギブ・アンド・テークで”悪の循環”を、なかなか断ち切れないシガラミがあるのです。しかし、これだけでは、国民の皆さんはまだ”ピン”と来ないでしょうね。
 私が30年勤務した総理府行政管理庁行政監察局は、全国の国や自治体の行政監察を行い、国民にとってマイナス点を指摘して、各省庁の大臣あてに”改善点を勧告”する役所なのです。しかし、私たち現場の局長や監察官が調査をして問題点を、本庁に上げても、他の省庁との”事務方折衝”する時、相手省庁からの抵抗があるのです。
『この問題点は、目をつぶって下さいよ。その代わり、3人の天下りの世話をしますよ!』
と言う取引が、本省庁間で行われるのです。
 私が勤めた行政管理庁という役所は、特殊法人や民間企業には直接の許認可権限も縁故もないので、行政管理庁の高級官僚の再就職先がないのです。
 そこで、止むを得ず、折角、現場が苦労して集めた”国民のためになる改善点”が、大臣勧告前の事務方ベースで、”消えて無くなる”ことは多々あったのです。保守政権は票集めのため、各省庁は高級官僚の再就職斡旋のため、どちらも悪の循環での”強い絆”が、半世紀前から現在まで続いてきたのです。
 結局、国民のことは”2の次”、高級官僚も保守政治家も、皆、自分の私利私欲しか考えていないのが、現状だったのです。
 ”天下り”や”渡り”は、国民にとっては”悪の根源”ですから、皆さんも関心を持たねば、世の中、少しも改善しませんよ。
 言い換えれば、保守政党は”真に国民のためになる”「政権担当能力」がないのです。
(私は、特定の政党にも所属していませんし、公平中立な役所経験から判断して、この投稿をしています。)
 

必読!節分の「鬼は”内”?」と「巻き寿司まるかぶり」?
[第569回](大吉)・・・2月3日(小吉)

「鬼は外!福は内!」
というのが”当たり前”と思っていませんか。
狭い日本ですが、「福は内!鬼も内!」と、どちらも”内”という地方もあります。
これは、その地方に「鬼」が付く地名の所や「鬼塚・鬼頭」などの”鬼”が付く苗字の家、そして「鬼子母神」などを祀る神社では、”鬼も内!”なんですよ。
 ところが、全国でただ一つ、「鬼は内!福は外!」?と、逆にいう神社を知っていますか?
 それは、京都・三和町の「大原神社」の豆まきなんです。
 なぜ?逆なのか?と言いますと、この地区は江戸時代には、「綾部藩九鬼家」の領地であり、その大原神社は九鬼家の祈願神社でした。
 ですから、先ず”鬼(九鬼家)”を大原神社に迎えるため、”鬼は内!”と言い、”神と九鬼家の恩恵=福”を、領民に分ける意味から、”福は外!”と言う謂れがあるのだと、京都に転勤し、大原神社に参拝した時に聞いた話なんです。
 このように、”豆まき”一つでも、珍しい風習があるものですね。

 ところが、最近の「巻き寿司まるかぶり」には、ウンザリします。スーパーに行って見て下さい。売り場には山のように積み上げた”巻き寿司”!
 それだけなら、まだ我慢ができますが、なんとお菓子の”ロール巻き”まで便乗した商魂!神聖なる日本の行事の”節分”の意味も解していない業者が、お菓子の”ロール丸かじり”とは、ふざけていますね。
 元々、幕末から明治にかけて、大阪の船場商人から始まったものですが、戦中・戦後廃れていたものが、「大阪海苔問屋協同組合」がオイルショックの時期に、海苔の販売促進のために道頓堀で、「丸かじりの早食いイベント」が、マスコミで全国に報道されてから、現在では、全国の津々浦々まで”商魂逞しく”スーパーに山積みになっているのです。
 ”気休め”もいいところ、”巻き寿司丸かぶり”くらいで、一年事故や病気にならない保証など、全くありませんよ。毎年、”巻き寿司”の売り上げが伸びていても、逆に事件事故や病人は増加していますよ。
 ”厄歳参り”と同じように”気休め”なんですよ。
  

必読!「ネット書き込み」訴訟、東京高裁で逆転”有罪”!
[第568回](中吉)・・・2月2日(大凶)

「全く、地裁の判事、”名誉棄損”の法的解釈を誤っていますよ。」
31日のニュース、「ネットで書き込み」を”無罪”にした判決は、2審の東京高裁では逆転し、”有罪”で被告に30万円の罰金を言い渡しました。
 私は、1審の地裁は”名誉棄損”の法的解釈を誤ったものであり、東京高裁の判決が正しいと思いますよ。
 最近、「ネット書き込み」被害で自殺者も出ていますね。
 その社会的な影響はともかく、”名誉棄損”とは、いかなるものか?
 
 この事件は、2002年、インターネットのホームページで、「ラーメンチェーン店の運営会社が,右翼団体に関係がある・・・。」と書いたことが、名誉棄損に問われたのです。
 1審の無罪の理由は「簡単に反論しあえるインターネットでは、確実な根拠に基づかなくても、個人として求められる水準の調査を行ったのであれば罪にならない」とのこと。
 これに対して、2審の高裁では、有罪の理由として「インターネットの普及に伴い、情報が不特定かつ多数の者が閲覧できることを考えると、被害は時として深刻なものとなり得る。」とのこと。
 皆さん!どちらが”正しい判決理由”か、分かりますね。
 1審の裁判官でも、このような非常識な判断をするのですよ。(反論なんかしていたら、火に油を注ぐようなもの!)
 それに対して、2審の裁判官は適切な判決ですが、しかし、私は有罪となる”判決理由”は、2審の高裁判決理由では”名誉棄損”の直接的な”違法性”の判断が間違っていると思いますよ。その理由は単に社会的な背景事情であって、刑事事件に必要な”動機”と”故意”の有無が、判決理由になっていないからです。(このような判例研究は、大学院修士課程のゼミで行って来ました。)
 なぜなら、「”ラーメン業の適正さ”と”右翼団体”とは、なんの関係もないことで、信用を失墜させようとした動機と故意に”違法性があるのです。」
 インターネットで、全く”社会に影響しない個人的な問題”を書き込みすることは、名誉棄損や信用棄損になります。例えば、「あの人には、愛人がいる。相当な借金がある。・・・」など書けば、社会には何の関係もないことを公表するのは、名誉棄損になります。
 しかし、個人的と言っても、プロとしての業務が適正に行われていないことを、理由と根拠を持って書き込みするのは、社会的告発の一環ですので、名誉棄損にはなりません。
 さあ、私のブログ、「熊崎式姓名判断は、間違っている説だ!」と、根拠と理由を上げれば、社会的な影響がある”学説批判”になり、熊崎式の”個人的な問題”(愛人があるとか、経営が苦しい・・・など)を書けば、それは名誉棄損や信用棄損になります。
 でも、私のブログ、そんな個人的なことは何も投稿していませんね。ですから、”学説論争”として、社会に影響がある正しい説と認識していますので、”違法性”はないのです。
 ”学説論争”では、昔から「邪馬台国論争」があり、法律でも「刑法の主観説・客観説」の争いがあります、
 ですから、私が”熊崎式”や”銀座の母”などを、批判しているのは、個人的なものではなく、プロとしての適正な業務をしていないことを、社会に疑問を問いかけているのが、このブログなのです。

必読!”軽・薄・短・小”の任天堂ゲーム機が1人勝ち!
[第567回](小吉)・・・1月31日(大吉)

「なんと、この大不況でも”任天堂”が1人勝ち?」
任天堂の従業員1人が、10億円の売り上げ、トヨタの1億7400万円の5倍以上を、売り上げていますよ。
そして、この世界的な大不況の中で、任天堂だけが営業利益は過去最高益です。「ニンテンドウーDS」の”独創性”ある商品が爆発的に売れたのです。
皆さん!”重・厚・長・大”、その反意語”軽・薄・短・小”を知っていますか?
企業が成功するには、”独創性・意外性・大衆性”の3原則、そして、”付加価値性”などの条件が必要なのです。これらを満たせば、この世界的大不況でも高収益を上げることができます。
例えば「トラック1台に満載した商品価格」で、製造業・販売業の”商品の付加価値性”が決まるのです。
 例えば、輸送経費一つにしても、トラック1台分の燃料費・高速料金は、何を輸送しても同じなんですよ。
トラックに「トイレットペーパー」を満載するのと、「ゲーム機」を満載するのと、1商品に架かる輸送コストの違いは、歴然と差があり、純利益に寄与するのです。これは農作物・果実でも大きな差がありますね。トラック1杯の「玉ねぎや大根」と「桃・ブドウ・マスカット」の商品価値の差なども同じことですね。
 企業が効率の良い利益を上げるには、商品が”軽い・薄い・短い・小さい”の「軽・薄・短・小」ほど、工場用地・従業員などもコンパクトに製造できますね。
 小売業でも、同じ100坪の店舗面積でも、家具・布団など扱うのと、ゲーム機を扱うのと、1坪当たりの商品価格は歴然と差が出てきます。
 そのうえ、他社にない”独創性商品”と”付加価値商品”、そして”大衆性”!このような商品を扱えば、小売業でも大繁盛ですよ。
 さて、”効率性””経済性”からみて、これを上回るのが、「知的財産権(特許権・実用新案権・著作権など)」ですよ。
 「インターネットのソフト著作権」などは、効率良く膨大な利益を上げています人もいます。その他、作家・作曲家・映画監督などの芸術芸能家、それにテレビCM作成の商業デザイナーなども、工場も従業員も無用の効率の良い職業ですよ(でも、”頭脳プレー”に資本が架かりますが、製造業ほどではありませんね)。
 誠に規模は小さい話ですが、私が30歳頃、ある預言者から「将来は、”紙”と”鉛筆”があれば、社会に貢献したうえ、効率良くできる仕事が来る時代が来ますよ。」とヒントを頂いたのです。
 公務員退官後の第2の人生を、この預言者を信じて「天命数霊術」を開発して、日本著作権協会登録の”著作権”を取得したのです。
 お蔭さまで、この大不況でも、リストラや解雇の憂き目に会わず、しかも人様を幸せに導く”社会貢献”できることに、当時の預言者に感謝しています。私の「天命数霊術」も、日本中の説とは異なる”独創性”のある説であり、今日のニュース「任天堂の1人り勝ち!」から、ふと、40年前の預言者のことを思い出したのです。でも、私の説が全国に普及して、1人勝ちできるのは、私の死後、50年くらい経過しないと実現しないでしょう。