Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2009 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!最大吉数「9」には、4つのパワーがある!
[第719回](最大吉)・・・7月29日(大吉)

今日は、このブログを始めた2年前には、「9」が最大吉数という投稿を数回してきましたが、この「9」のパワーを4つに整理してみました。
 皆さんも、「9」のパワーを、頭の中で整理して記憶して下さい。
 硲后匹鰐妓詑腓領蓮
「天円地方 九天八柱」という一節が、「楚辞(天問編)」(屈原著)の中に、“天”に向かって問い掛けた詩があります。
「天に問う!なぜ、天は丸く、大地は四角いのですか?なぜ、天は無限大の九層であり、大地は八本の柱で支えられているのですか?」
  この意味は、“九天”というのは、天が無限大であるように、“九は無限の力!”という暗示なのです。
  ですから、皇帝の専制君主制では、“朕は国家なり!”という権限であり、”無限大の力を持っているので、“皇帝”のことを「九天」と解釈されていました。この意味が“神聖なもの!”という意味にも変化して、「九体」「九字」「九輪」「九尊」「九重」など、宗教用語としての使い方もする訳です。
◆硲后匹篭い!
  皇帝の軍隊のことを「九軍」と言います。「九」とは皇帝の専属数ですので、「九軍」とは、皇帝を護衛する「近衛兵」のことです。これは周王朝からの兵制であり、1軍は12500人(後世の1個師団に相当)ですから、約11万人構成が皇帝の軍隊になります。普段は「六軍構成」ですが、いざ戦争になると、諸侯から召集した「三軍構成」と併せて「九軍」にしたとのことです。”三軍の将”とは、諸侯軍の上軍・中軍・下軍の将軍のことを言います。
  要するに“九”の数は、“強い!”という暗示をもっており、しかも皇帝の数“九”を使用したので「九軍」構成にした訳です。
  これを後世の秦代の始皇帝、モンゴルのジンギス・ハーン、フランスのナポレオンも、古代中国の兵制を模範として、近衛軍を「九軍構成」にしたところ、非常に強く全戦全勝して、領地を拡大して行ったのです。
  また、「9」は“強い!”ということから勝負ごとに採用され、将棋盤は9マス(陽)×9マス(陰)=81マスであり、碁盤はその4倍の324マス(9×2×9×2)となっているなど、9が基本となっています。
“9”は広大である!
  「九州」と言えば、日本の九州を思うでしょうが、もともと“広大な”中国大陸を“九州”と言っていたのです。その他、“長い”とか“多い”という誇張した意味にも使われています。例えば「九山・九川・九丘・九江・・・」などと中国では使用され、日本でも「九州・九重山・九頭龍川・九十九里浜・・」などの地名があり、長寿を表す「九十九髪(つくも髪)」という使い方もあります。
ぁ硲后匹篭砲瓩襦
 古代中国でも”神亀の図”から、数は「1」から始まって「9」が極めた”頂点”であることを示しています。(「0ゼロ」の概念は後世。)
 極める!とは、「極限に達したときにものごとを決める!」又は「名人の技を極める!」という意味もあります。この思想が古代インドや古代ギリシャ・ローマに広く伝承され、やがて現在のスポーツにも応用されたのが、野球は9人制で9回で勝負を決め、ゴルフは18(9×2)ホール、バレーボールの9人制で、名人芸を”極める”として、優劣を争うようになったのです。
 どうですか?日本人の多くが「9」を”凶数”と見ていますが、全く逆が真実であり、いかに「9(九)」が最大吉数であり、神聖で高貴な数であるか、「4つのパワー」を、ご理解できましたか?

必読!女性社長のハシリ;「今野由梨」氏の”根性”
[第718回](中吉)・・・7月28日(中吉)

「十年後に会社を作る!」
と墨書して誓った(株)デンワサービス女性社長「今野由梨」さん。
 彼女が学生時代の昭和30年代当時、まだ世間は”男社会”で”女性社長なんか相手にもされない”時代でしたが、故郷を捨て、津田塾大を苦学で卒業して、会社の創建を決意したものでした。
 今日のTV番組「たったひとりの反乱」を見ましたか?
 ”女性起業家”とは、まだ珍しい時代の話です。
たまたま、27歳の時、アメリカに行く機会を得て、アメリカで企業として成り立っている「デンワサービス」を見て、これを日本に導入すれば成功するのでは?と思い、採算のことも考えず、従業員6人を採用し「赤ちゃん110番」からデンワサービスを始めたのです。
 ところが意外にも反響があり、電々公社の電話回線がパンクするくらいのヒット! そこで、当時の電々公社の局長を相手に、ユーザーの電話料金加算方式を提案し交渉するが、相手にされなかった時代があったのですよ。
 今では、年間売り上げ30〜50億円に成長したそうです。
 ここで我々に教えられることは、”目標”を具体的に持ち、日本で導入されていない「創造性・意外性・大衆性」がある事業であれば、必ず成功すると、このブログで何度も投稿していますね。
 当時では、アメリカで成功しているものは、日本に導入すれば、必ず成功したものです。「ダイエーのスーパー形式」「セコムの機械警備」、そして民間トラック輸送の「アート引越センター」など、すべて日本では”創造性・意外性・大衆性”の成功3条件が揃っていたのです。
 さて、「今野由梨」氏は”天格9”のパワーで、男性に負けない”根性と運気”で成功し、前記の「アート引越センター」の女性社長「寺田千代乃」氏も”天格9”のパワーで成功して、関西財界人であり政府の審議会委員にもなるほど、女性社長として有名ですよ。
 どうですか?ただ「天格9」があるだけでも、”根性・行動力・成功する運気”がある女性になるのですよ。これが、「天命数霊術」の5大条件を満たすベストの名なら、もっと偉大な成功を収めたかも知れませんね。

必読!天格の「6」系列も、”吉凶”別れの仲介役!
[第717回](小吉)・・・7月28日(中吉)

「その人は美人ですね。」「外見、大人しく見えますね。」
「体が丈夫なほうではないですね。」「血縁に縁が薄いですね。」
「職業・住居を良く変わりましたね。」「幼い頃、病弱でしたね。」
「余り喧しく教育すると、返って反抗しますね。」
「ストレスをため易く、肥満体又はヤセ型のいずれかですね。」
などが、天格「6」系列の”吉凶”判断に分かれますが、それは「6系列+Y+Z=総格」の配列次第なのです。
「6」という数に限らず、どんな数であっても、数の配列で”機能”は、全く異なるのですよ。
昨日は、地格に「6」系列がある”吉凶”の別れ道を紹介しましたね。
今日は、天格に「6」系列がある場合を例に、吉相と凶相を説明しますが、‥軍覆蓮病亞暗な運気と行動力”地格は”体内的な運気と才能”
と、一口に区分できますので、記憶して下さい。
さて、天格「6」系列のパターンを例示しますと、
吉相;「16+19=35」「16+15=31」「16+13=29」「16+17=33」の4パターン
凶相:「16+10=26」「16+11=27」「16+12=28」 「16+14=30」「16+16=32」「16+18=34」の6パターン
 このように区分して見ますと、「な〜んだ、地格6系列の逆だけでは?」と、言われるかも?でも、例えば「19+16=35」と「16+19=35」とは、運気や性格は”かなり異なる”のですよ。
 そして、「吉相が4パターン、凶相が6パターン」ということは、世の中の人、吉相の姓名がいかに少ないか、分かりますね。
 まして、最高の組み合わせ「19+16=35」とか「19+19=38」がいかに少ないか、わかりますね。
 ですから、世の中、英雄・名君・名人などの存在は、極少なのです。
 毎週掲載される地方新聞の「赤ちゃんの名づけ」実例をみても、ベストの名前は100人に1人も見当たりませんねぇ〜。

必読!”秘伝”の1部公開;「6」は”吉凶”仲介役!
[第716回](小吉)・・・7月27日(小吉)

以前、『秘伝「9」の効用』を有料で公開しましたが、今日は無料で『「6」の”吉凶”仲介役!』を公開します。(注;「天命数霊術」は、著作権がありますので、プロとして”営業使用”は、著作権法違反になりますが、皆さん個人で使用、普及は自由にできます。)
        ★      ★      ★
「6」という数は、実に不思議な機能がある数です。
組み合わせの数で、その「6」は、”長所=吉”にも”短所=凶”にもなります。(「6」の解釈は、公式ホームページをご覧ください。)
”数”というのは、長所(表数)短所(裏数)がお互いに重なり合い、裏表の数意を持っています。
 要するに、数意が”吉=長所”と出るか?”凶=短所”と出るか?は、
      定数=X+Y+Z
の構成次第からです。
 ですから、吉相の9・5・1」「3・8」と、凶相の「0・2」「4・7」が相対峙し、そのどちらも仲介役をするのは、「6」という数であり、「6」が”奇数(1を除く)と組み合わせれば、「6」の長所、”偶数”に組み合わせれば、「6」の短所として判断します。
 例えば、「19+16=35」「15+16=31」「13+16=29」「17+16=33」の4パターンは、「6」が長所。
「10+16=27」「11+16=27」「12+16=28」「14+16=30」「16+16=32」「18+16=34」の6パターンは、「6」が短所。
 なぜ?「6」という数が仲介するのか?それは「神亀の図」の”甲羅が六角形”という理念と、その運気が「東西南北」の平面と「天地」の高さ、要するに「6」方面の”3次元の世界”(人間界)を表しているからです。
 でも、前記の組み合わせは、「6」を地格に使用した場合のパターンですね。これが天格や総格にある場合は、次回に説明します。
 どうですか?「天命数霊術」の画数判断は、僅か”3箇所”(天格・地格・総格)ですが、奥が深いでしょう。
 でも、難しくありませんので、頑張って習得して下さい。

[お尋ねします]
 ドコモから、私のPCメールに送信して頂いた「長谷川」さま、私のPCも携帯メールのいずれからも返信できません。恐らく、受信拒否になっているのでは?と思います。解除をお願いします。

必読!”運気”は、”上げマン””下げマン”の影響もある!
[第715回](大吉)・・・7月26日(小吉)

「女は、”男”次第・・・♪」
という演歌がありますが、逆の”男も、女次第・・・♪”も、古今東西”人生の運気”に影響が大きいことは、真実ですね。
 この真実は、何を意味しているのか?
 そうです。「天命数霊術」の例外の1つなのです。
 ですから、同姓同名の人でも、人生の運気が異なる原因は、夫婦の運勢的な相性や、本人自身の運気を配偶者に与えることで、人生が大きく異なる実例もあり、歴史が証明しています。

 「戦国時代の女たち」というドラマや小説がありましたね。
  いや、戦国時代ばかりではなく、鎌倉初代将軍「源 頼朝」は、正室の「北條政子」、室町初代将軍「足利尊氏」の正室「赤橋登子」も、正室自身の運気のほか、実家の援助を得て、将軍の座を勝ち取ったのは、正室が”上げマン”だったのです。
 さらに、戦国時代の「織田信長」は、正室「濃姫」の実家「斎藤道三」の敵討ちが切っ掛けとなり、領地を拡大する運気を得たという「濃姫」”上げマン”の運気。
 また、「豊臣秀吉」(木下藤吉郎)は、正室の「寧々(ねね)」の才能と運気が、天下取りに大きく貢献した”上げマン”。「前田利家」の百万石の基礎を築いたのは、正室「まつ」が幼い時から「ねね」と友人であると言う”上げマン”。それに才媛の内助の功で、夫「山内一豊」を大名;土佐藩主まで出世させた正室「千代(ちよ)」の”上げマン”は、余りにも有名ですね。
  このように歴史をみても、本人の運気に合わせて、配偶者の影響が非常に大きいのです。
 ですから、現在では、どんなに奥さんの姓名が良くても、逆に”夫が下げマン”になり、”浮気・ギャンブル・暴酒・暴行・借金・・・などで、離婚して、母子家庭が増えています。
 逆に、ご主人が真面目なサラリーマンでも、奥さんが次々にカードで、ブランド物を買い漁り、離婚した”下げマン”の奥さん。
 こうして見ますと、夫婦・家族の1人でも”下げマン”がいれば、姓名に関係なく不幸になり、逆に「イチロー」や「浅田真央」さんのような”上げマン”の子が誕生しますと、家族の姓名に関係なく、その恩恵を受けることがありますね。
  このように「天命数霊術」による”吉凶”判断の例外の1つとして、”上げマン・下げマン”の実例がありますので、家族全員が”ベスト”の名を持っているのに、越したことはありませんよ。

必読!「天命数霊術」の”原則”理解した賢い女性!
[第714回](小凶)・・・7月26日(小吉)

”物事を柔軟に考える”こと、
とても大事なことなのです。今までにも、”原則”を理解するのが大事であり、”例外”は原則を習得すれば、自然に理解できます、と何度も投稿していますね。
 今日、とても良く「天命数霊術」を理解された女性の方から、PCメールを頂きましたので、ご参考のため紹介します。
(原文どおり、ただし投稿者名は除外)
『 望月 岳陽先生 
こんにちは。◇◇市の◇◇です。
ブログのコメントに投稿しますと長くなると感じましたし、事故被害者の例なので、メールさせていただきます。
「中村隆志」さん(25)が秩父市の山中で遺体で発見された事件」
 30万円の預金を奪われて殺害されたと報じられていました。
 中村 隆志(天15、地14、総29)であり、語源も良く、3文字以上左右別れではないので「例外」を疑いましたが、縦書きにしてみると「中」の字が「村と隆」を真っ二つにしているような不安な印象があったので、「尖」が災いしたのでは、と感じました。
 全く同じ姓名でも、画数と語源どおりの人生を送られた民謡界最高の栄 誉「名人位」の故人・中村隆志氏もおられます。名人の努力と運に「尖」の凶意が跳ね返されたのでしょう。吉田茂が首相からルンペンまでという、先生のご説明どおりですね。
 同姓同名で運気が異なるから、姓名判断は信用できないという考えはナンセンスですね。
同じ布キレ2枚にマジックペンで「ぞうきん」・「ふきん」と書いた途端、
各々の布の末路は明らかに違った運になるように、命名は慎重に行わなくてはいけないと思っています。
しかし「ふきん」がいきなり「飾り布」に昇格する運は稀ですね。よほどの縁で染織作家に魅入られて藍染でもされないかぎり、「ふきん」は「ふきん」で天寿を全うするのでしょう。
 きっと人の運勢も同じと感じます。
 先生の7月24日のブログを拝読し、「運」とは何なのか考えています。
 亡くなられた中村隆志さんだって秋田県から上京し、アルバイトをして努力していた矢先だった筈ですから、全くの不運だった、としか思えません。
先生のブログを毎日楽しみにしています。
 明日、岡山は雷雨と聞いています、不安定なお天気が続きますがどうか、ご自愛ください。』
とのメールを頂いたのです。
 正に、人生において”努力”は必要ですが、”努力”の結果、必ずしも運気が好転し、成功するとは限らない例外があります。
 実に、神仏は人間を”不平等な格差”に創造していますね。
 先日も、世の中、人間の”死”以外は、何事も100%のことはない!と、記載しましたね。原則には必ず”例外”があるものです。その例外を”原則”に対して思考する人は、非常に賢い方です。
 でも、理屈どおりに、世の中が”意のままに”ならないのが、不思議な人間社会ですね。
 
    

必読!あなたは「運」が良いと思いますか?
[第713回](小吉)・・・7月24日(小吉)

 もし、あなたが会社の面接試験で、
「自分は、運が良い方だ!と思いますか?」
と質問されたら、どう答えますか?
 実に「運」という概念は、掴みどころがない”曲者?”なのです。
 でも、かって(故)「松下幸之助」氏(松下電器創業者)は、「運が良いです!」と答えた人を採用した話は有名です。「運」の良い人を集めれば、会社全体も運気が良くなるからです。(私事ですが、公務員退官後、3社の顧問をしていましたが、そのうち1社の入社志望者の姓名判断をして、「運」と「才能」を見て採用した会社は、現在では優良企業として上場会社に発展しています。)
かって、あの有名な「西川きよし」の次男がタレント志望した時、母親のヘレンさんとともに「タレントは才能があっても、”運”がないとダメになる。」と猛反対された話も良く知られていますね。
 人生を決めるのは、「運」なのです。

 「運・幸運・好運・良運・昇運・幸せ・・・」などがあり、これを決めるのは「天命だ!」という孔子の教えもあります。そして、「天命には、運命と使命があり、天からの”使命”は変えられないが、”運命”は努力により好転させられる。」と言われていますが、これさえも、私は疑問?なのです。
 例えば、現在、ご承知のとおり”未曽有の就職難”ですね。
 新卒予定の大学生でさえ、30〜40社面接しても、”内定”がないとの情報が報道されています。これは、物すごい努力だと思いますが、自分の努力では「運を開く」ことは出来ませんよね。
 また、母子家庭で幼い3人の子を育てるため、昼と夜が異なる職場でパートをする努力をしても、発育盛りの子どもたちに満足な食事さえ与えられないという相談が最近多いですよ。
 この事例も”努力”だけでは、孔子のような「運命は努力で変えられる。」という教えも疑問なのです。
 でも、一方では、何度も失敗を重ね、努力により遂に成功したノーベル受賞者「田中耕一」氏、人生3度も火事に遭い、努力により企業を再建して成功した「伊藤雅俊」氏(イトーヨーカ堂創設者)など、「運勢」を好転させた人も、古今東西に多いのですよ。
  また、何の努力もしないのに、幸運にも”資産家への玉の輿や養子””数十億円の宝くじに当選したアメリカのホームレス”など。
 古今東西、世界中の人が「運」を求め、宗教・哲学・開運術・占い・縁起もの・・・など溢れており、「運」で検索して見て下さい。実にヤフーだけでも、なんと1億3千6百万サイトありますよ。
 要するに「運」というのは、全く掴みどころがない”曲者”ですね。
 その”悪玉の曲者退治”をして、”善玉の曲者”を迎えるために、「天命数霊術」理論や[昇運色紙額]「龍神色紙」などにも”努力”を重ね、改良してきています。いくら努力しても報われない方のために、少しでも”お手伝い”できれば・・・と思っています。

必読!昨日の重大ニュースから、ネーミングの不思議?
[第712回](大凶)・・・7月23日(小吉)

昨日は、日本中が「46年ぶりの”皆既日食”」で沸いていましたね。
TVで見ましたが、素晴しい感激の”天体ショウー”!
しかし、その蔭で、2つの暗い重大ニュース。

1つは、「山口・防府市の土石流被害」。集中豪雨の天災とは言え、被害に遭われた方、特に『ライフケア』特養老人ホームでは、多くの死者・行方不明者を出し、大変お気の毒だと思います。
1つは、「年金たまご」というキャッチフレーズで、年金受給者の高齢者を相手に、バイナリー方式で卵が増えるように、月1万3千円積み立てば、将来、月25〜50万円の配当があるという”詐欺紛いのネットワーク”をしていた『ライフアップ』という会社に強制捜査。被害に遭われた高齢者、これも大変お気の毒だと思います。
 皆さん、気が付かれましたか?
 この2つの事故事件、「天災と人災」の違いがありますが、施設名と会社名、昨日22日のニュースの偶然の一致!
  どちらも”ライフ”を接頭語として『ライフケア』が、10画の”病気”(寝たきり高齢者施設)を暗示する凶数であり、『ライフアップ』は、12画の”事件”を暗示する凶数ですね。"アップ"どころか、”ダウン”です。  どちらも”高齢者”の被害が、偶然に発生した昨日の事故事件のニュース。これをブログの題材にするのは不謹慎だと、お叱りを受けるかも知れませんが、世の中に不幸を作る”凶数”の施設名や会社名を避けることを喚起する方が、将来の日本のために必要なことなのです。
 今までにも、[第54回07.8.3](不思議?カタカナでも”吉凶”あり!)や[第105回07.9.23][第498回08.11.16]を再読して見て下さい。
 不思議な現象なのです。
 それらを再読されると、繁栄している会社・店名・施設名は、ほぼ”吉数”のネーミングなのですよ。
 そればかりではなく、外国語を日本語のカタカナで使用すれば、人名や国名でも”吉凶”が分かれるという現象、正に”日本語”と”日本国”の神秘性が、実感できますよ。私の説に絶大なる賛同を頂いたのは、昨年、インドネシアの方からのPCメールがあります。
 それは「こじ付けだよ!」と言われる方は、昨日の2つのネーミングのほかに、前掲のブログを再読してから、反論の根拠を示されて、ご意見をお願いしますね。

必読!2年間のブログを顧みた雑感!
[第711回](大吉)・・・7月22日(大凶)

「世の中には、間違ったことが平然として罷り通っている。」
「何でも素直に信じてしまう日本人の意識を改めたい。」
と、著書よりブログを始めたのです。
例えば、”間違った風水・5剖式姓名判断・印鑑商法・疑惑のある霊能者・詐欺まがい投資・六星占術・12星座占い・干支血液型占い・厄年・鬼門”など、日本人は何の疑いも持たず、すぐ信じてしまう。
「なぜ?そんな判断ができるのか?」
と考えようともしないで、すぐ有名人・テレビ放映なら、”ヤラセ”とも気が付かず、すぐ信じてしまいますね。こんな人が実に多いのです。
 無名の私が、著書を出しても、せいぜい1〜2万部、ブログなら広範囲の話題を改めるのは著書より、不特定多数のブログが良いと思いついたのです。今では2年間で延べ100万件のアクセス。
 2年前、たまたまマギー先生のブログが1年間更新して来られたのを読んで、「よ〜し、負けずにやるぞ!」と始めた訳です。
 ところが、無名の私が日本中の「5剖式姓名判断」を批判するものですから、中傷妨害サイト・電話・FAX・メールなど、実に根拠も示さず、レベルの低い暴言・事実誤認(日本一高いとは事実誤認)がある訳です。
 (中傷サイトで、私の改名が一番高いとありますが、某氏の27万円・細木数子の50〜100万円があります。開運術には”質”の違いがあります。同じ物を比較するなら価格の高低ができますが、住宅・車・時計・衣服・バックなども、価格の高低が批判できますか?)
 そして、私は個人情報や顔写真まで公開しているのに、匿名の妨害サイトの方を信じる人が実に多いのは、呆れたものです。
 こんな日本人が多いので、上記に例示したことも、何も考えず、すぐに信じたり、匿名の中傷・妨害サイトとに騙されるのですよ。

 でも、私のブログを本当に信じて来られた方は、平均的な日本人より、はるかに賢く、理解力のある方です。
 そして、「ブログを維持していくには諸費用も入要でしょうから・・」と、北海道の成寿さまから、ご寄付も頂きました。昨日も、寄付として振り込まれていたのですが、心当たりがない姓名の方からです。コメント頂いている方は、匿名ですし、振込みは本名ですから、どなたか不明なのです。
 おそらく、[第659回]に記載した口座番号で、振り込まれた方だと思いますが、お礼を申し上げたいので、メールでご連絡頂きたいのです。
 私の弟子でさえ、寄付がないのに、こんな奇特な方が居られるのですよ。
芸能関係など有名人は、仕掛け人と後援会が一体となって、豊富な人脈と資金で有名に仕立て上げるのですよ。その意味では、私は”負け組かも”?
 実に、世の中の人、何でもすぐ信じる人、中傷・妨害を趣味にしている人がいる反面、私の説を信じ、理解力が良く、核心を突いた質問をしてこられ、匿名?の寄付までして頂いた方も居られるのです。
 2年間のブログを振り返り、世は様々ですね。

[お詫び]
 昨日、HP「問い合わせ」欄からのメール2件のうち、1件を間違って消去してしまいました。心当たりの方は、申し訳けありませんが、再送をお願いします。何しろ、売り込みメール・迷惑メールを含めて、1日100〜150件のメールが入りますので、肝心なメールを見落とすことがあります。
 そして、返信が必要な応対だけでも、かなり時間を要しますし、毎晩、命名・改名の業務に追われ、ブログの更新ができない日がありますので、悪しからず・・・。

必読!「郎」と「朗」と、どちらが運気が良い?
[第710回](大凶)・・・7月19日(最大吉数)

皆さん、「郎」と「朗」の違いが分かりますか?
男子の人名に同じ”いちろう”でも「◇一郎」と「◇一朗」の2種ありますが、その”語意・語源”、そして”運気”の違いが分かりますか?
 どちらも、男の”美称”で、女性の「◇子・◇美・◇代・◇香・・・」に相当するものですが、男性の場合「郎」が「朗」より”運気”が良い字体になる確率が高いのです。
 「郎」は歴史的にみても、平安時代の武士の台頭で、主として「源氏」の”通称名”の美称以来、平成の現在まで1000年の長い歴史があります。例えば、「八幡太郎義家」「源九郎義経」の時代から、現在の「麻生太郎・河野太郎・小沢一郎・相澤一郎・・・」などの政治家にも多いですね。
 語意・語源は、漢和辞典で調べ、比較されると分かります。
「郎」は、”男子の美称・若者・夫・父・主人・・・”など、名詞としての機能を持ちますが、「朗」は”清らかに澄んで、清々しい”と形容詞的な意味の違いがあり、”語意・語源”の優劣はありません。
 しかし、これを人名に使用する場合、「郎」は”9画”、「朗」は10画ですね。
 一方、日本人の苗字は、2文字姓が約95%で、1文字・3文字姓は約5%(統計がなく、言語学者の推定)とのことです。
 すると、上記のような政治家の例;単に「太郎・一郎」であれば、「郎」自体の”9画”は含まれても、直接的な”9画”の恩恵を受けることは少ないですが、例えば「石原慎太郎」「小泉純一郎」などのように、2文字姓・3文字名の場合、仮に、天格が「9」系列ではなくても、補格には必ず「郎=9画」の恩恵を受けることになりますので、お得な字体ですよ。
 もし、上記の2人が「郎」ではなく、「朗」を使用していたら、違った人生になっていたかも?知れませんね。
 「郎」又は「朗」のいずれを使用するかで、健康運・知徳運・性格など、かなりの違いが出てきますよ。
 でも、最近の地方新聞に掲載されている「赤ちゃんの名づけ」を見ると、「◇太朗」「◇一朗」を見かけますが、「”ああ、残念!◇太郎・◇一郎にしていたら運気が違うのに・・・”」と思いながら新聞を見ていますよ。

[お知らせ]
昨日も、HP「問い合わせ」欄からのメール、”文字化け”が2件ありました。どなたか判読できませんので、「info@gakuyo951.jp」又は「gakuyo951.81@docomo.ne.jp」からメールお願いします。

必読!「俊」の一字”改名”で、驚異的な成績向上と行動力!
[第709回](大吉)・・・7月17日(小吉)

昨晩のこと、嬉しいメールを頂きました。
昨年の4月中旬、このブログと公式ホームページをご覧になって、小学3年生(現;4年生)の男児の「改名依頼」をされたお母さんからのメールでした。
 男児としては、大人しくて元気が無いということで、「◇ 泰斗」くんの名を、「斗→俊」の一字を改名したのみで、見違えるように成績も上がり、行動的になったとのお礼状だったのです。
 皆さんに、参考のために転記します。(掲載はご了解済みです)
(原文どおり)
『 暑い暑い毎日が続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか?
「泰俊」は、ますます元気に成長しております。先日も、100点満点の漢字のテストを大事そうに手に持って帰って来て「クラスに2人しかいなかったんだよ!」と満面の笑みでした。特に家で勉強していることもないのですが、テストというといつも満点か満点に近い点数を取ってくるので、
「名前のおかげだなあ・・・」と改めて先生に感謝しています。習い事の楽器も兄や姉よりも早く上達し、名前を変える前の、なんとなく心もとない彼のイメージを思い出し、「あのままだったらどうだったのだろう?」と少し怖い気持ちになります。本当にありがとうございます。』
そして、今日もメールを頂きました。
(原文どおり)
『 今日は1学期の終業式でしたが、午後はお友達と4時間近く、公園で楽しく遊び、帰ってきた途端に「ママ、ハチマキを巻きたいから長い布巾をちょうだい。」と言います。ギュッと頭にハチマキを巻いたとたん、「夏休みの宿題、7月中に終わらせたいんだ!」とすごい集中力で勉強を始めました。一緒にいるとこちらまで楽しく元気になる子です。これからも先生に遠くから見守っていていただけると嬉しいです。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。』
とのことで、「俊」の1字体を使用するだけで、「地格9」となり、2つの改善点から、驚異的に成績が上がり、積極的な行動力・集中力が付く効果の実証例でした。
 投稿済みですが、今流行の「斗」が付く「海斗」くんを「海都」くんに改名してすぐに、県下の作文コンクールに最優秀賞を受け、新聞にも掲載され、今では正式に家庭裁判所の許可を得て、戸籍も無事変更した実例も紹介しましたね。「斗」は”子杓のように僅か・少ない”という語源、こんな字体を、いくら流行とは言え、使用してはいけませんよ。
  

必読!暴露;「ヤミ専従」も戦後60年間改善されていない!
[第708回](中吉)・・・7月16日(小吉)

「農水省で”ヤミ”専従!」
とのニュース。勤務時間中に組合活動業務をしてきた”ヤミ専従”が発覚。
これは、社保庁を皮切りに、国交省の職員も”ヤミ専従”で問題になりましたね。(組合活動でも、給与を受けていた”一種の税金の無駄使い”!)
 でも、この”ヤミ専従”も、今さら珍しいことではないのですよ。戦後に「労働三法」ができて、60年間も、全国の各省庁の国家公務員は、組織ぐるみで専従し、上司は黙認して来たのです。
 いや、上司は”黙認”という意識もなく、長年、”公務の一環”として当然の業務だとして認められてきたのが、事実ですよ。
 まして、強力な組織を持つ”国交省(旧建設省・旧運輸省)”や”農水省(旧農林省)”など、”ヤミ専従”の意識などありませんよ。
 この不適切な実態については、長年、会計検査院も行政監察局も、触れてはならないような”聖域”の意識があったのですから、私の30年間の勤務の中でも、「組合活動分野」に付いての行政監察や調査をしたことがありませんでした。
 このヤミ専従による税金の無駄使いは、給与だけではなく、全国出先機関から、本省庁の組合総会や役員会の出席でも、組合予算が乏しくなると、”公務”という名目にして「出張命令」を受け、旅費・宿泊費・日当まで、官費(税金)で負担していた経緯が、どこの省庁でもあったと思います。
(特に、年度末の出張は、旅費等の年度末の消化から、不当支出やカラ出張ばかりではなく、カラ超勤・カラ手当てなどが、当たり前のように行われて来たのです。)
 一方、国政調査権を持つ国会議員も、官公庁への調査で、”ヤミ専従”のような視点からの調査もしたことがありません。
 このような実態が、官公庁の慣習として、なんの罪の意識もなく、税金の無駄使いをして来たのです。
 それが、21世紀になり、今まで隠された不正・不当なことが、次々に発覚されるのも、40年前に(故)岡田光玉氏(真光教祖)が予言してきたとおりの現象ですよ。
 いやはや、いかに税金の無駄使いが行われて来たか、分かりましたね。
 今日は、私の経験から暴露したのです。
  

必読!”独創性・意外性・大衆性”の「都 若丸」の演劇!
[第707回](小吉)・・・7月15日(大吉)

「さすが、日本一の演劇だ!」と、再び感動しました。
観客動員数の”日本一”:「都 若丸」劇団を半年振りの観劇。ライブもされているので、20代の女性フアンも多い。
(参照;[第562回09.1.25]大衆演劇の名人芸;「都 若丸」に感動!)
 過去2年間で、多くの(10数劇団)の大衆演劇を観て来ましたが、今日の「怒涛の”兄弟船”」の出し物。
 ”悲劇の中に喜劇あり”の素晴しい脚本(筋書き)に加え、演技の素晴しさ。観客は悲劇である”親子の情・兄弟の情”の中の”喜劇(笑い)”で、一体?感動は、どちらの”涙”で感動しているのか?不明になりますよ。
 筋書きのあらまし;
『先代からの漁師;「新吉」は年老いた母親と女房の3人暮らしで、苦労して働いた資金で漁船を新造した。そのお祝いの当日、そこへ数年前に漁師仲間の公金を持ち逃げした「新吉」の弟「新太郎」が、落ちぶれて乞食の姿で帰って来た。
母親は泣いて家に入れるが、兄の「新吉」は足蹴りに追い返す。しかし、母親と女房はせめて「お祝いの赤飯」を弁当箱に入れ持たせて帰そうとするが、兄の「新吉」はそれを取り上げ「3日前の麦飯で良い!」と言って、自分で台所に行く。
そして兄は弟に「弁当箱」を渡して、追い返す。ところが、新造船の支払いのため置いていた仏壇の大金が無くなっているのを発見した母親と女房は「新吉」を問い詰めるがなかなか白状しない。問い詰めた結果、やっと白状したのは、「あの弁当箱に小判を詰めて持たせたのだ!」と白状。
しかし、真実は弟は江戸の木場の旦那に養子入りし、大成功していたのを隠し、乞食姿で帰り母親と兄の心情を試したとのこと。そのうえ、新造船の材料や工賃全て、裏で支払い済みにしていたのです。・・・』
 この筋書きと演出、実に良く出来ています。(貎討両陲鳩残鎔Ν意外なストリーの展開2駭辰涼罎如爆笑を誘う自然な演技
 どうですか?この「兄弟船」の演劇、”成功の3原則”;「独創性・意外性・大衆性」が揃っていますね。この脚本を”演技力”抜群の「都 若丸」一座がするのですから、とても面白く”感動と笑いの涙”が溢れますよ。
 もちろん、「都 若丸」は天格19・地格13(誕生日9日)ですから、運気と演技力・人気があります。
 でも、一つ気になるのは、長男が「新吉」で、次男が「新太郎」?と言う設定に疑問を感じながら、帰宅しました。
 皆さん、なぜ?次男を「新太郎」の名にしたか、分かりますか?
 この筋書きと照らし合わせると、なぜ?長男の名にしたか、理解できますか?でも、養子に行ったのですから、漁師を継ぎませんね。これが唯一、脚本に疑問を感じるところです。

必読!高齢の両親が長男殺害は”通し名"も影響か?」
[第706回](小吉)・・・7月12日(大凶)

 ”親が子を”殺害、逆に”子が親を”殺害!
 ”幼児虐待死”、逆に”介護疲れ”で子が親を殺害!
 このような事件、全国のどこかで、毎日のように発生。(児童虐待は、昨年約4万件あり、過去最悪の状態。)
 ところが、昨日のニュース。
 42歳にもなる長男が、日常耐えられないくらいの家庭内暴力で、高齢者の両親が思い余って、長男を殺害とのこと。
 埼玉・熊谷市の自宅で長男「佐藤仁志」さんを殺害したとして、73歳の父親「佐藤久仁夫」と66歳の母親「佐藤和子」の両容疑者が逮捕されました。殺害直後、久仁夫容疑者から相談をうけた知人が110番通報し、警察官が駆けつけたところ、1階の和室で死亡している仁志さんを発見しました。仁志さんの遺体には首を絞められた跡があり、警察が詳しい死因を調べています。
 まあ、事件の概要はともかく、”高齢の両親”が、愛情を持って乳幼児から育て、成人した長男を殺害する心痛は如何ばかりか?
 両親の心痛を推測すると、胸が痛みます。
 この長男がなぜ?42歳にもなって、高齢の両親に暴力を振うのか、その原因や動機の事実が分かりません。生れ付きの”切れ易い”性格なのか、或は、昨今の不況による無職などの不満を両親に暴力で当たったのか、それに付いての判断は出来ませんが、姓名判断サイドで検討して見ますと、次のようになります。
父親「佐藤久仁夫」天格10地格22補格4総格36
母親「佐藤 和子」天格15地格21総格36
長男「佐藤 仁志」天格11地格25総格36
さあ、皆さん、この3人の画数判断は、もう、できますよね。
注目点は、長男が暴力を振うのは、「11・25」の中に「仁志=4・7」が含まれていますね。
 それに、画数以外に気が付いたことがありませんか?
そうです。父と長男の直系血族の”通し名”「仁」の影響もあるかと思います。この点に付いて、投稿済み[第287回08.4.10](長男が育たない”通し名”の被害!)を再読して下さい。
 徳川家15代の「家」、足利家15代の「義」、現在でも旧家に多い”通し名”で、代々揃って”名君”はいない、と言うことを忘れないで下さい。
 「陰陽の吸引作用」で、直系血族には影響があるのです。
 できれば、”通し名”で命名・改名しないで下さいよ。
「天命数霊術」が少しでも普及して、親が子を殺害するような悲劇が避けられたら・・・と思いますよ。

 

必読!予想どおり「日本の政治」も近代化で”チェンジ”!
[第705回](大吉)・・・7月13日(小吉)

アメリカは、”若い”オバマ大統領誕生で、共和党から民主党にチェンジ!
日本も”古い体質”の自民党から、”若い”民主党にチェンジ!
 この時代の流れは、21世紀の変革の表れです。
 19世紀末;”古い体質”の幕藩体制から、”若い”20〜30代の下級武士が”近代国家”にチェンジした結果、四民平等・国力増強・国際社会への参入など、日本の発展に、”若い力”が寄与したのです。
 最近の地方選挙でも、自民党は連続大敗し、そのうえ予想通りの「東京都議選挙」でも、自民党は大敗。
 この平成の日本の近代化は、次の”国政総選挙”で、民主党が大勝し、政権交代は、”火を見るより明らか!”ですよ。
 もう自民党は、”大政奉還”で、民主党に”城を明け渡す”のは必至ですよ。
 「民主党には、”政権担当能力”がない。」
と、麻生総理も細田幹事長など繰り返し言っていますが、では自民党に”政権担当能力”があったのか?を考えるまでもなく、2人の発言は”空しく聴こえる”だけ。
 さて、私が言いたいのは、”世の中のすべてのこと”「未経験だから、◇◇の能力がない。」と判断していたら、世の中の人材は育たないのです。
 医師でも弁護士でも、或は大工・左官などの職人でも、初めは誰でも”未経験”から始まるのですよ。
 そして、名医や名弁護士になり、棟梁となって、立派な建造物が出来上がるのです。しかも、”若い時”から鍛えあげねば、身に付かず育たないのです。
 確かに若い人は、学問的な知識はあっても、世の中の実体験からくる知識に乏しいかもしれない。しかし”若い力”は「正義感と柔軟な発想」があり、これが国民のためのなる”新しい政治”を生み出していくのです。
 ですから、私の発想;地方議会のように、国政も1院制で議員数を半分に縮少して、年金開始年齢の65歳の定年制を設け、政治・社会経験者の諮問機関(各種審議会)で、若い議員への助言もできるのですから、「未経験だから、政権担当能力がない。」という批判する人こそ、能力のない人です。
 その意味もあり、例えば、70歳にもなる日本郵政の西川社長では、郵政改革など、とてもできませんよ。改革の発想は、”若い力”なのです。
 今日の都議選挙の結果を見て、ますます”若い民主党”に”21世紀の新しい日本”にチェンジしてほしいのです。

 

必読!偶然か?チームに5人が同姓で「個人名」で呼ぶ!
[第704回](小凶)・・・7月12日(大凶)

こんな面白い話が、地方新聞にありましたよ。
愛媛・今治市に、「子どもバスケットボールチーム(松尾チーム)」があります。しかし、このチームのコーチ2人も「松尾」さん。
 このチーム20人中、5人の子が「松尾」くん。
 すると、試合でも練習でも、「松尾!」と呼べば、みんな”一体、誰れのこと?”と振り返るのです。
 この現象、兄弟で男女チームのコーチをしていますが、それぞれの子どもさんが、このチームに加入したものだから、メンバー20人中、4分の1の5人が、「松尾」と言う同姓なのです。
 この話、市内のバスケ愛好者の間でちょっとした話題になっているそうです。
 このクラブは、同市の国分小、立花小、富田小児童で構成されていますが、2〜3年前、男女チームのそれぞれのコーチを務めるようになった「松尾さん」兄弟。その子どもたちがチームに加入し、松尾姓のメンバーが増えていったということです。
 そこで、「松尾」という”苗字”で呼ぶのではなく、次のように「名前」で呼ぶのが、暗黙のチームのルールとか。
 ところが、今度は慣れないと、これまたヤヤコシクて読めない字が多いのです。要するに、非常に凝った最近の流行の名前。
 皆さん、すぐに読めますか?
 「季風」「優夢」「理夢」「海我」「河秋」 の5人。
 詳しく、紹介しますと、
 最年長は国分小6年の「季風」君(12)で、立花小5年「優夢」君(11)、同3年「理夢」君(8)、国分小2年「海我」君(7)、同1年「河秋」君(6)なんです。
こんな話、現在でも田舎の集落では、同姓が1集落で30〜40軒もあるところも多く、このような現象は珍しいことではないかも知れません。
でも、日常の郵便物などは間違えられたり、かって、長野県で同姓同名の人を、警察が誤認逮捕した事件もありましたよ。
 でも、まだ日本人の苗字は、約12万種あるので、非常に同姓の多い中国・韓国などに比べれば、同姓同名は少ないと思います。
 しかし、これは、在職中、行政相談委員に聞いた話ですが、このチームのように、同姓が多い岡山県北部の某小学校では、「クラスの35人の中で11人も同姓があり、苗字を呼ばず、個人名で呼ぶのですが、その名前が読めない当て字が多くて、顔と名前を覚えるのに”一苦労”で困っています。」という新任の担任からの相談があったそうです。
 この話は15年前ですが、現在では、なお一層読めない字が多くなり、さぞかし、教育現場では大変なご苦労なことだと、思います。
 ところで、その5人の名は読めましたか?
(新聞には、ふりかなが付いていないので、私も読めません。悪しからず・・・。)

必読!前代未聞?暴力団組長が警察に助けを求む!?
[第703回](小吉)・・・7月11日(大吉)

人柄の良さは、先入観で判断できないもの。
「暴力団だから・・・とか、右翼だから・・・」という先入観で判断する人が多いですね。
 でも、私は在職中、暴力団や右翼の組長から、行政相談を受け、公平中立な立場で、役所の不適切処理を改善し、感謝されたり、退官後、組長の新築の際、”風水鑑定”で、ご自宅に訪問したことがありますが、組長と言うのは、個人的にはとても温厚円満で、しかも一般の方より礼儀正しい方が多いのですよ。
(今でも、右翼の組長からは年賀状を頂いていますし、お孫さんの名づけをしたことがあります。その反面、近所の県警の警視と警部の2人のご家庭とも懇意にさせて頂いています。)
  暴力団から足を洗い、作家になった「安部譲二」氏や”富士山”の洋画家の「山本 集」氏([第224回08.1.17]参考)などの有名人も居られますね。
 政治家や高級官僚の中には、組長よりモット根深い”悪質な行為”をしている事件がありますね。人の価値判断は、職業?などで、十把一絡げで、人を評価してはなりませんよ。私のサイトや説を、匿名で中傷・妨害する一般の方のほうが、余程、卑怯で悪質です。私は個人情報や写真まで公開しているのです。反論なら、根拠と本名・住所を名乗り、堂々と反論してください。
         ★     ★     ★
 さて、昨日の事件;岡山・玉野市で、暴力団組長が、「自分の元手下である幹部(若頭)に脅されたので、逮捕してくれ。」と、自ら警察に通報する前代未聞の事件が起こったのです。
 岡山県警組織犯罪対策課と玉野署は10日までに、指定暴力団山口組系暴力団の組長(56)を脅したとして、暴力行為処罰法違反などの疑いで、同組幹部の「八藤(はっとう)克二容疑者」(51)を逮捕したとのこと。組長自身が「若頭に刃物で脅された。」と、110番通報したが、同署は「組長が警察に助けを求めるなんて、前代未聞のことだ!」と驚いています。
 さて、このような事件は、刃物で脅した行為は、前掲の関連法により違法性がありますが、暴力団員の内紛という先入観を持たず、上下間の厳しい世界で、組長に逆らい脅す事情を良く調べてから、公平に判断すべきですが、警察・検察庁・裁判所が、前代未聞の事件をどのように判断処理するのか、
関心のあるところです。
「八藤克二」天格9・地格20・総格29
どうですか?画数のみを観ますと、「9」が2ヵ所で良い姓名に見えますが、「9」の中に”切れ易い”「7」を含み、「20」の中に”気ままな性格”「2」を含んでいますね。しかも”語源”が良くない「克」の字体使用で、折角の「9」の長所が現れず、”運気”が低迷しているのですよ。
 でも、この名でも、一転、足を洗い「安部譲二」氏や「山本 集」氏の名にように、”気”を入れて立ち直れば、運気を呼び、社会に貢献する人になりますよ。「和気吉祥 魚龍変化」のうち”気”がないからです。

必読!視覚障害者でも”天格19”で歌手の「立道聡子」さん!
[第702回](大凶)・・・7月9日(最大吉)

 不思議ですね。「9」系列の有・無、”天”と”地”の違い!
 障害を持って生れても、「天格9・19」や「地格9・19」があれば、特殊な才能で有名になるケースがあります。でも、”偶数”ばかりの名の障害を持つ子、アメリカに臓器移植でも死亡した事例もありましたね。
  その一方、投稿済[第676回09.06.11] のように、やはり生まれながらの全盲;天才ピアニスト「辻井伸行」さん(天12・地10・総22)の例外もあります。この相関関係の姓名判断を、いかに証明付けるか?「天命数霊術」の今後の課題で、まだまだ研究の余地があります。
 今日は、TV番組で紹介された「立道聡子」さんと「金子直樹」さんご夫婦の話です。
       ★     ★     ★
 このたび、『たからもの♪』というCD初版で歌手プロデビュー。
 彼女は、生まれながらの全盲というハンディがあっても、懸命に歌うこの歌には、自分を支えてくれた家族への特別な想いが込められています。   福岡で生まれたのですが、体重わずか850グラムの「未熟児網膜症」で、生まれながら視力を失ったのです。
 しかし、「立道聡子」さん;(天19・地15・総34)と言う名づけ!
 その効用なのか?幼児の頃から音律感覚に優れ、ピアノを習い、歌手になりたいという夢を持っていたそうです。18歳になると、音楽科のある盲学校へ進学するため上京しました。両親とも離れ離れになり、不安な気持ちを救ってくれたのが、同じ全盲の「金子直樹」さん;(天16・地19・総35)との出会いだったのです。 二人は結婚し、その翌年、聡子さんのお腹に赤ちゃんができました。
 しかし、周囲からは、全盲夫婦の妊娠で出産を反対されたのです。でも、「なぜ、自分たちの子供を産んではいけないのか?」若夫婦は、深く傷つき、悩んだそうです。
 そんな時、福岡の最愛の父親が、突然倒れ入院し帰らぬ人となったのです。父親の死後、聡子さんは、父親が孫の誕生を楽しみにしていたと、母親から聞かされたので、聡子さんは出産を決意し周囲を説得したそうです。   そして勇斗くんが誕生しましたが、幸い目に異常はなく、健康体の赤ちゃんでした。
  歌手としての才能に加え、健康体のお子さんに恵まれたのは、聡子さんが天格19、夫の直樹さんは地格19であり、しかも2人の天格が”陰陽”を踏んでいるので、”運勢的な相性が良い”結果だと思います。
  今では、勇斗くんは、聡子さんをしっかりと支え、心の支えになっているようです。聡子さんが自分のライブで、必ず最後に歌う『たからもの♪』は、家族が明日への希望を与える“宝物”となっているのです。

[お知らせ]
 私のサイトの中で「望月岳陽公式ブログ」と「望月岳陽公式ホームぺージ」以外は、中傷・妨害サイトですから、読まないで下さい。


必読!作曲家「吉俣 良」氏、新設高校の「校歌」を作曲!
[第701回](大吉)・・・7月8日(中吉)

作曲家「吉俣 良」氏(49)をご存じですか?
昨年の大河ドラマ「篤姫」や朝の連続ドラマ「こころ」の作曲で有名です。
 来年4月に、鹿児島市の鹿児島西・甲陵高校を統廃合し、新設校;「明桜館(めいおうかん)高校」になると言う地元のニュース。
 この校歌の作曲を、どなたに依頼するか思案していた「山元康弘」校長(53)は、同市出身の作曲家「吉俣 良」氏を第一候補に挙げ、作曲依頼を打診したところ、快諾を得たとのこと。
 そこで、”歌詞”は、山元校長が行い、秋ごろの完成を目指すのですが、吉俣氏が作った曲の”デモテープ”が既に届いており、歌詞が出来上がった後に最終調整するとのことです。
 吉俣氏は、昨年の大河ドラマ「篤姫」の音楽を担当、地元鹿児島ばかりではなく、全国に幅広い支持を得ています。山元校長は「無理を承知でお願いしたら、引き受けてもらえて大変うれしい。生徒を励ます歌になるだろう」と話しています。
 でも、素晴しいのは、校歌の作詞も、作詞家ではない校長の文才にも感心します。校歌というのは、現在の生徒だけではなく、卒業生も歌い続け、将来、100年以上も”郷土・母校”の「心」を伝承して行くものです。
 さて、この2人の姓名は、
「吉俣 良」天格13・地格9・総格22
「山元康弘」天格14・地格9・総格23
 どうですか? 2人とも、芸術芸能・作家などに必要な”思考力・創造力”がありますね。何度も投稿済みですが、「天命数霊術」は、総格の吉凶は、天格・地格の組み合わせで、”天”と”地”の違いがあり、総格のみの判断で、その人の人生は決められないのですよ。そこに、日本中の説とは、大きく異なるのです。
 地格9・19を持ち、”思考力・創造力”が必要な「芸術芸能家・作家」を例示して見ますと、
「古賀政男」「棟方志功」「三島由紀夫」「吉行淳之介」「安部公房」「村上春樹」「浅井慎平」「君島一郎」「乙羽信子」「安西愛子」「岸田今日子」「栗原小巻」「渥美 清」「北島三郎」「石坂浩二」「布施 明」「平原綾香」「上原多香子」「藤原紀香」など、ほんの例示に過ぎません。
 さらに、天格も9・19があると、”鬼に金棒!”で、”人生はバラ色”かも知れませんし、少なくとも歴史に名を残す人になりますよ。




必読!「病院・医薬品よ、さらば!」12700V医療器体験!
[第700回](大凶)・・・7月7日(小吉)

(7月7日の”七夕”記事の投稿は、昨年、1昨年を再読してください。)
今日で700回、2年間継続して来ましたね。この700回を1通り読むのは、恐らく7〜10日間は必要でしょう。
         ★     ★     ★
 さて、今日は、別に宣伝費を頂いている訳ではないのですが、私の日常の持論「”西洋医学”より”東洋医学”を重視!」から、偶々近くのスーパーで、「20分座れば、万病よ、おさらば!」という「高電位医療器」を体験して来ました。
 「20年間飲み続けた医薬品を、数回、20分イスに座っただけで、薬と病院におさらばです。」「足の静脈瘤が消えました!」「老眼のメガネが不要になりました。」「顔のイボまで取れました!」などの体験談。
 この体験談は、業者の宣伝文句とは違うのですよ。
 私と同じように、イスに座っている一般のお客15人からの体験談!
 しかも、この医療機器は”買って下さい”ではなく、”先ず、無料で体験して下さい”との営業マンと会社の趣旨ですから、皆さんのお近くに開催されましたら、先ず、騙されても”無料”ですから、実害がないどころか、ご自分の持病の改善に驚かれると思いますよ。
 私は、数年前、9000ボルトの体験はありますが、「高電位12700ボルト」は初めてなので、知人と一緒に今日で3日目です。
 でも、私は健康体ですから、際立った体の変化は感じませんが、それでも血流が良くなったのか、体中がポカポカしています。
  さて、この会社は、「(株)ココロカ」(東京本社)は創業20年であり、資本金1憶6千万円、昨年の売り上げ約43憶円、従業員209名です。新規事業は3年持てば良い時代に、20年も継続していれば、先ず信用ある会社だと思います。(製品は特許、顧問医師と顧問弁護士も委託。)
 それに会社名「ココロカ」は、最大吉数の”9”画、例えば「ユニクロ」が”9”画で成功したように、この会社と製品は長く継続・発展して行くでしょうね。
そして宣伝マンは、本人に了解を頂いていないので、固有名詞は出せませんが、24歳の可愛い容貌の女性、面白い話術で20分座る間、笑いの中で少しも退屈しませんよ。「天格9・地格15・補格8」の配列で、とてもシッカリした若い女性てすが、ただ「友」の1字使用で、自分は”苦労性”、運気は20分座った人に”運気を分け与える”という「友」字体の通りの職業だと思いますよ。
 皆さんも、機会があれば体験して、”病院や医薬品よ、おさらば!”にしてください。”血流を良くする”という風水パワーの原点であり”西洋医学”より”東洋医学”こそが、健康を維持する原点なのです。

必読!科学で解明できない「異次元の世界」!?
[第699回](大吉)・・・7月5日(大吉)

(PCが不具合で、2日間、投稿が遅れました。)
『ペットは、”若返り”の効果?』
という番組がありました。老人ホームで”数匹の犬”の訪問を受けたら、どのお年寄りも、表情がとても明るい笑顔で接し、施設長も「こんな元気そうなお年寄りを見たのは初めて・・・」と言っていました。
 ペットは、人に対して、科学的には「脳を刺激する”善玉”のホルモンを分泌させるから・・・」らしいですが、でも、犬と人間との”一種の相互霊波”の存在については、まだ解明されていないのです。
 ”虫の知らせ”の異次元の話は、投稿済[第277回][第423回][第635回]を再読して頂ければ参考になります。
 私は”霊能力”はないのですが、最近の”虫の知らせ”の体験は忘れられないのです。今でも思い出せば、自然に涙が出ます。
 去る4月24日に、[第635回]記載のように、14年間”同居”だった
愛犬のポメラニアンが死亡したことは述べましたね。”虫の知らせ”とは、病気で23日の夕方に入院させ、その翌・24日の早朝(夜明け)に死亡したのですが、夜明けの3時半ごろ、自宅に居ないはずの愛犬の”泣き声”が1階から、私が寝ている2階に聞えたのです。
 今から思うと、丁度その時間帯に、動物病院で息を引き取ったので、恐らく、”最後の挨拶”だったのでしょう。
 このような現象は、理系の自然科学では解明できませんね。
 
 ところで、私説の根拠となっている「後天八卦図(神亀の図)」、古代中国”夏王朝”4100年前のパワーが、『なぜ?平成の現在の日本人にも影響しているのか?』など、これを理系の自然科学では、とても解明できないと思います。
 また、なぜ「亀」なのか?なぜ?”玄武”が「北」なのか?なぜ?「青龍」という架空の神獣が「東」なのか?理系の科学ではとても解明できませんね。
理系の科学者は、科学で証明できないものは、皆”迷信”くらいにおもっていますが、それでも高度技術を駆使した高層ビル・高速道路・新幹線・飛行機製造などの”着工式”に、なぜ?神職の祝詞を挙げるのか?”理系の科学”では証明できませんね。
 要するに、人はご都合次第で「信じたり、信じなかったり」で良いと思いますが、今日の老人ホームへの訪問番組;「犬と人間」の係わりでも理系・文系の科学でも、その効果を完全に証明できず、まだまだ研究開発して行く余地が、「風水パワー」にも「天命数霊術」にも残されているのです。
皆さん、何でも”なぜ?”と考え、すぐ質問するのではなく、ご自分で研究すれば、新しい発見があり、著作権・実用新案権などの特許も取得し、社会にも貢献できるのですよ。

必読!名コンビの「岡村隆史」と「矢部浩之」の2人!
[第698回](中吉)・・・6月4日(小凶)

TVのスイッチを入れると、
番組「めっちゃ2イケてるッ!」の途中でしたが、昨日7月3日はお笑い芸人「岡村隆史」の誕生日だったのですね。
 私は、現在の関西お笑い芸人では、吉本興業の「岡村隆史」と「矢部浩之」のコンビが一番好きです。
 なぜなら、小さい体(156cm)の”特徴ある容貌のキャラクター”と、運動神経が発達しているのか、何の役をしても、笑いを誘いながら、嫌みのない芸達者が人気があり、好感が持てるお笑い芸人。
 「志村けん」さんが、自分の跡を継ぐ一番お勧めのお笑い芸人とか?
 この相方の「矢部浩之」は、背が172cmの標準体で、しかも”イケメン”と言うのでしょうね。
 特徴ある容貌とイケメンのコンビ(ナインティナイン)は、一度は私のブログに取り上げたいと思っていました。
 一般に漫才コンビは、”アンバランスのバランス”と言われていますが、体格・容貌・性格の違いが、突っ込み役とボケ役にピッタリし、笑いを誘うのです。(漫才師の「巨人・阪神」「太田と田中」も、アンバランスのバランスで、漫才は面白いですね。しかし、最近の若いお笑い芸人、ネタはなく、お互いに”頭を叩いて”笑いを誘うコンビには、少しも面白くなく、むしろ見ていて腹が立ち、チャンネルを換えます。)
 ところで、この2人のコンビのうち、どちらがメインであり、人気があると思いますか?
 本来ならイケメンの「矢部浩之」が人気がありそうですが、小男で決して美男とは言えない「岡村隆史」がメインであり、「矢部浩之」がサブですね。
 実は、この2人のコンビは、非常に運勢的な相性がよく、姓名から”9”と”5”でマッチしているのです。

「岡村隆史」(39)天格19・地格12・総格31
「矢部浩之」(37)天格15・地格14・総格29
(参考;「志村けん」天格20・地格9・総格29)

  どうですか?この2人、”19”の「岡村隆史」がメインであり、”15”の「矢部浩之」がサブの運勢になっているのです。要するに「神亀の図」では”9=首(トップ)”ですからね。しかも、岡村は、「9→1」ですが、矢部は「5→9」で”神亀”の逆立ちですから、岡村の画数配列が優れていますね。そのうえ、”語源・語意”も「隆史」が「浩之」より優れています。
 しかし、2人とも「9・5・1」が2ヵ所あり、このコンビは人気が持続して行きますよ。
 実に、”数霊”というもの、不思議でしょう。

([備考];漫才コンビが”アンバランスのバランス”という言葉は、私が20年前、吉本興業の社長室で、当時の中邨社長と「西川きよし」と名刺交換し、対談した時に出た話題の言葉です。)

必読!牛丼店「吉野家」に強盗!”自己責任”か?”政治責任”か?
[第697回](小吉)・・・6月3日(小吉)

この事件、全く”気の毒”で、心が痛みます。
気の毒なのは、被害者の牛丼店「吉野家」もありますが、それより強盗容疑者の境遇なのです。
憲法で「文化的な最低限度の生活」を保障しているのですが、毎年の自殺者3万人の中には、生活苦が原因もかなりいますし、最近、生活苦から高齢者の万引き・強盗も増加とか。
 1日新宿の交番に、ある青年が出頭して来ました。
 前日30日、厚木市の牛丼店「吉野家」で、食事後、店員に刃物を突きつけて、7万8千円を奪って逃亡し、パチンコですって、所持金183円になったので自首したとの経緯なのです。もちろん、その場で逮捕されたというニュース。
 実は、この容疑者「青木 朝」(31)は、静岡・富士市の実家から、所持金600円を持ち、なんと”徒歩”で、東京・新宿まで”仕事”探しの旅に出たのですが、神奈川・厚木市まで来た時、「お金もなく、お腹も空いたので、無線飲食のうえ、強盗を思い付いた」とのこと。
 31歳にもなり、仕事もお金もなく、仕事探しの途中、”空腹”に耐え兼ねて、強盗を思い付いたのは、容疑者も悪く自己責任ですが、最近では、”仕事もなく食べられないなら、いっそ強盗でもして刑務所で食べさせてもらおう”という犯罪の動機も増えているとか。
  このような社会現象をもたらすのは、反面、”政治責任”でもあるのです。政治家・高級官僚の”財と地位の保身、郵政西川社長の疑惑、無駄なア
ニメ館の建設など考える時、こんな強盗をせねばならない青年の境遇には、政治責任もあり、”罪を憎んで、人を憎まず!”とは、このような事件を言うのではないでしょうか?
 でも、ブログに投稿済みですが、戦国時代の「藤堂高虎」の”出世餅”のように、東海道を旅して、”空腹”に絶えかねて、”無銭”で餅を食べたが
「一国一城の主になって、必ずお返しするから・・・」と店主に謝り、約束した例もあるのですが、現在の社会は政治と同様、”慈悲”がなくなり、犯罪動機になるようです。
 この青年「青木 朝」天格20・地格4・総格24で、人柄は良いのですが、”運気”がない姓名ですね。
ご両親は、きっと「”朝”のように、清々しい子になるように・・・」との名づけの”願い”だったと思いますが、ご両親に悲しい思いをさせた結果になったようです。
 犯罪の中でも、珍しく”憎めない”事件でしたよ。

[お知らせ]
  携帯からブログを読んで、ホームページを読まれていない方が多いのか、投稿済みの「神亀の図」の意味が分からないというメールが3件ありましたが、簡単にはブログ[第3回07.6.12]に記載していますので、ご覧ください。

必読!天格「7」系列の根性;「林 律子」さん!
[第696回](小吉)・・・7月1日(大吉)

「10年間のリハビリで、ケニアに再訪問!」
というニュース。
 先日(6月27日)のブログ;「天格17の中に「9」が含まれる「ガンを克服した高校3年生」(牧野亮佑くん)の”負けず嫌いな根性”と同様のニュースです。
 北九州市・若松区の「林 律子」さん(30)は、15年前、アフリカ・ケニアの研修旅行で交通事故に遭い、頚骨損傷の重傷であり、医師から「一生、寝たきり」と宣告されたのです。
 でも、「必ず、歩けるようになり、再びケニアに行きたい!」と、2年半の入院生活後、医師も見放したリハビリを、独自の工夫で10年間行い、ついに、補助具を使用して、ケニアに再訪問を実現させたそうです。
 この体験を講演し、”交通事故などに負けず、根性で復帰”と、1時間以上も立ったまま、体験講演をされたとのニュースです。
 なぜ?それほどまでに、ケニア訪問なのか?と言いますと、「林 律子」さんは、無類の”動物好き”で、「動物衛生看護士師」を目指して専門学校に通学、その研修旅行でケニアを訪れた際の交通事故だったとのこと。
 それからは、数度のケニア渡航で、ホームステイ先の家族と親交を深めた林さんは「ケニアは、自分を奮い立たせ、安らぎを与えてくれる場所になった」との”目的を持ったリハビリ”が、医師も見放した再起を実現させた根性は、次の姓名に現れていますね。
「林 律子」天格17・地格3・総格20
 この名も、奇数:偶数=2:1であるので、重傷ですが死亡を避けられ、「律」が9画で、天格17の中に9画を含んでいるので、先日の高校生と同じパターン。ガンや重傷であっても、負けない根性がある訳です。
 でも、仮に天格19であったなら、交通事故などは避けられたかも知れないのです。それぼどに、数霊の人体にかかわる影響は、世間一般には気付かれていないと思いますよ。