Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2009 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!同じ「守」でも、苗字により”天”と”地”の違い!
[第743回](小吉)・・・8月29日(大吉)

「”日本武道館”の建築デザイナー」を知っていますか?
それは、失礼ですが、実に平凡な姓名「山田 守」氏(1894.4.19生)ですよ。でも、日本を代表する建築デザイナーとして、現代建築業界の祖として、歴史に名を残した方です。
今晩の民放TV番組「美の巨人たち」で紹介されていました。
 同氏は、東京帝国大学建築工学科卒業いらい、1924年に現在残存している「NTT門司電気通信局レトロ館」の設計から始まって、全国の近代建築物の設計を数々を行い、昭和38年の東京オリンピックの「日本武道館」や「京都タワー」などを手がけ、その完成2年後に72歳で亡くなられた方です。叙勲も「勲三等朝日中授章」が贈られました。
 とくに、「武道館」の屋根の曲線美は、日本を代表する”富士山”の稜線を、奈良の大仏殿の屋根も参考にして、描いたもので、世界中の建築デザイナーから賞賛されています。
 さて、「山田 守」氏という非常に簡単で平凡な姓名でも、「19日生れ」という運気に加え、次のとおり、画数が良いですね。

「山田 守」 天格9・地格5・総格14

というように、「9・5・1」が2ヵ所ありますし、地格5の思考力・創造力が、天格9の対外的な運気を呼んで、超一流の建築デザイナーとして歴史に名を残しました。
 それに比べて、余りにも極端な事例なのですが、大阪教育大付属池田小学校の学童殺害事件で、”死刑”になった「宅間 守」と同じ、”守”という名ですね。彼は、同じ「守」でも、苗字との関係から、天格12・地格12・総格24の全て”偶数”で”天格12”が、事件事故を呼んだ運気になったのです。
 さて、この”天”と”地”の違いから、私たちは「何を教えられるのでしょうか?」
 それは、どんなに”素晴らしい名”でも、どんなに”流行している名”でも、「苗字や誕生日」が異なれば、運勢に”天”と”地”の違いが出て来るのが事実なのです。ですから、超一流のタレント・歌手・スポーツ選手などの名前を、ご自分のお子さんに名付けても、必ずしも成功するとは限らないのですよ。
それより、”苗字に適合する名前”こそ、社会貢献して歴史に名を残す人になります。決して、軽はずみに”流行名”で命名・改名しないことです。同じ「守」という名の事例を、忘れずにいてください。

必読!参議院議長「江田五月」氏の”五”は何画?
[第742回](大凶)・・・8月28日(中吉)

『私の姓名は、◇◇五十樹(いそき)と言いますが、姓名判断の本には、「五」は5画、「十」は10画で数える、とありますが、どうしてこんな画数になるのですか?』
と、今日、PCメールにこんな質問がありました。
最近の方(47歳男性)としては、珍しいお名前ですね。この漢数字の画数に付いても、すでに投稿済だと思いますが、最近、このブログを読み始めた方のために、もう一度、説明します。
 このご質問にお答えするには、「◇◇」の苗字を入れて説明できませんので、便宜上、参議院議長「江田五月(さつき)」氏の”五”の画数について、説明すれば、後は応用して分かりますね。
 そうですね。日本中の多数説は、漢数字の「一・二・三・四・五・六・七・八・九・十」は、それぞれ「1・2・3・4・5・6・7・8・9・10」の画数と、著書に書かれています。
 ですから、日本中の多数説から観ますと、「五」は5画、「十」は10画になります。(「江」のサンズイは4画で、7画となるそうです。)
 この理由は、漢数字には”数意”があるということですが、この論旨を一貫すれば、「百=100画」「千=1000画」「万=10000画」・・・になりますね。ところが、「百」以上は”数意”がないのか?漢字と同じ画数になるという矛盾の言い逃れをしています。(「百」「千」「万」・・・も”数意”はありますよ。)
 これを、熊崎式の五剖説により、「江田五月」氏の姓名に当てはめますと、「7・5・5・4」の画数配列になり、「天格12・人格10・地格9・外格11総格21」となります。すると、熊崎式が一番重視する人格が「10画」の大凶、その次に重視する地格(青少年時代運)が「9画」の”大凶”になります。同氏は東大法学部を”銀時計組”(トップクラス)で卒業したのに、”大凶”とは・・・?
 これに対して、「天命数霊術」では、漢字でも漢数字でも、”日常使用”の画数どおりに画数を出す説ですから、「天格10・地格9・総格19」になり、「9」が2ヵ所ある最大吉の運気になりますね。これと同じく岡山県知事「石井正弘」氏も同じ東大法卒で「天格10・地格9・総格19」になります.
 このように全国の姓名判断師(熊崎式の流れを承継した説)は、”数意”と”運気”と混同していますし、漢字の画数も旧字体使用というのは、”語源”と”運気”を混同している説であり、実に80年以上の長きに亘り、間違った説を日本中が盲信して来たのです。
 以上の理由から、「◇◇五十樹」氏の画数の出し方は、分かりましたね。「五」は4画、「十」は2画です。日常使用どおり使用するから、運気が変化すると、何度も投稿しています。
 このような、”学説批判”(間違った説)は、赤ちゃん名付け・命名・改名の運気に影響がある国民的『公益性』があり、「個人的批判」ではないので、熊崎式に対する名誉毀損・信用棄損などの”違法性”がないことだけを、強調して置きます。(中傷・妨害を避けるために・・・。昨夜、午前1時35分にも、固定電話に”非通知”がありました。)

必読!「ニックネーム」は、その人の特徴を掴んだものが良い。
[第742回](大凶)・・・8月27日(小吉)

「アホウ太郎」との記載!
ヤフーのニュースを読んで、読者がいろいろコメントするコーナーがありますね。その中で、麻生太郎首相のこと、そのように表現したのがありました。
 昔から、人でも物でも、ニックネームがありましたね。他人が付けたもの、自分から名乗ったもの、その違いがありますが、その特徴を掴んだものがユーモアがあります。
 皆さんも、このブログのコメントで、ニックネームを付けて投稿して頂いていますが、私は「どうして、このニックネームにされたのかな?」と、一瞬考えることがあります。
 皆さんは、気が付いていますか?
 「カッパください」とか「ゲソください」と、すし屋で注文していますね。これは、物に対するニックネームです。
 案外知られていないのが、クラッシクの曲名も殆どニックネームなんですよ。例えば、べートーベンの「運命」「英雄」「皇帝」など、ハイドンの「驚愕」もニックネームなんです。
 でも、それにはチャンと意味があるのです。
「運命」は、「運命というやつは、こうやって静かに戸を叩くものだよ。」と、彼を訪ねた客が、戸をドンドン叩くのを、ベートーベンが言ったことから、作曲中の曲を「運命」と名付けたそうです。
 また、ハイドンの「驚愕」は、彼自身が新曲演奏中、「居眠りしている貴族どもを、一発驚かしてやるか!」と言うことから、命名されたとのことです。
話題を日本に戻せば、源頼朝は頭が大きかったので、「巨頭公」であり、後白河法王を「大天狗」などがありますし、羽柴秀吉は「猿」と同僚から呼ばれ、信長からは「はげねずみ」とも呼ばれていましたね。また、奥州の虎とも言われた片眼の伊達政宗は、「独眼竜」のニックネームが有名でした。
 さて、皆さんのニックネームも、何か特徴を掴んだネーミングなら、案外、運気が向上し歴史に残る人になるかも知れませんよ。
 ご自分のニックネームも「天命数霊術」から思考されるのも、命名の練習になります。でも、それはご自由ですからね。 

必読!あなたは「アニメ館」建設は必要と思いますか?
[第741回](大吉)・・・8月26日(庄吉)

世の中に、何でも”賛成””反対”が分かれますね。
安倍内閣の時に企画された”通称”「アニメ館」の建設を巡り、賛否両論がある中で、21年度補正予算で、117億円の建設費が認められました。
 文化庁や賛成派の漫画家は、アニメのみではなく、広く映画・ゲームを含めた「国立メディア芸術総合センター」(仮称)として理解を求めています。
 先日の麻生首相と鳩山党首との討論の中でも、話題になり、民主党が政権を獲得すれば、建設を中止するとのこと。

 さて、皆さん、この不況時に「117億円」を要して、また”ハコもの”建設なんて・・・!と思われるでしょう。”ハコもの”は、建設すれば、ハイ終わりではないのです。毎年の維持費が永久に必要であり、こんな「アニメ館」は大幅な赤字が目に見えていますよ。
 実は、この建設の裏事情は、文化庁の”天下り先”を創るためにあると推定されます。
 いいですか、”ハコもの”がいかに維持費がかかるか、そして天下りの職員給与を比較するため、あの”無駄なハコもの”で有名になった「私のしごと館」を紹介しますね。
〃設費は、雇用保険原資から、なんと「581億円」です。
維持費は、毎年;20億8千万円の支出。収入は1億1千万円。したがって、毎年19億7千万円の大赤字!
人件費は、27人の職員で、2億5千万円。平均給与は、なんと年915万円なのですよ。国民の年収が年200万円時代という中で、ヒマを持て余す職員給与がいかに高給か、分かりますね。
 さて、このような事態が、”天下り用”「アニメ館」でも起こること目に見えています。いくらアニメ文化を世界に誇る殿堂建設とは言え、この不況時で大赤字を毎年生む「ハコもの」を建設するという文化庁と政府与党の神経が分かりませんねぇ〜。
 因みに、産経新聞のアンケート調査(1469人対象)では、建設反対が66%、賛成34%ですし、そんな予算があれば、「アニメ業界の振興補助金」を出し、若いアニメ志望者の育成をした方が良いと言う意見が、なんと73%もあるのです。
 こんな常識的な判断もできないのが、長年の政府与党だったのです。
 無駄な国公立施設や特殊法人を創っては、高級官僚との癒着から”天下り先”を創り、税金の無駄遣いをしてきたのが、「責任政党?」の自民党だったのです。
 さて、それでも「アニメ館」建設賛成の方、居られますか?

必読!「改名」(通称名)に理解がない両親・主人が多い。
[第740回](大凶)・・・8月25日(大吉)

ここ2〜3日、姓名判断・改名の相談、赤ちゃんの名付けなど、集中した業務がありましたので、ブログを3日間、お休みしました。
 でも、無理はないのですが、年老いたご両親やご主人の理解がないため、改名に踏み切れない方も、実に多いと、改めて実感しました。

,肝梢討蓮◆岼情を持って名付けたのに、今更、改名するとは何事か!」
△桓膺佑蓮◆崟名判断なんて、信じられるか!止めとけ!」

 この2つの理由から、改名に踏み切れない奥さん方、そして、お子さんの改名に付いても、協力が得られないケースが多いですね。先ず、「改名」と言うので、反対されることが多いのですが、家庭裁判所で許可を得て、戸籍を変更するまでは、改名ではなく”通称名”であり、タレント名・芸名・雅号・ペンネームなどと同様なのです。”通称名”で人間国宝・文化勲章など、歴史に残る名君・名人にもなれるのです。
 反対されるご両親やご主人のお気持ちも、立場を逆に考えれば、無理のないことですが、これらの道理を理解できない人が多いですよ。
 それは、まさか「姓名が、人生の運気に影響するなんて・・・?」と、通常では考えられないことです。それに、今までの日本中の姓名判断師が、何の根拠もなく、口から出任せで判断しているから、「そんな姓名判断なんか、信じられるか!”占い”で人生が左右されてたまるか!」
と反対されるのは無理のないことです。
 私だって、日本中の姓名判断を信じていないのですから・・・。
 ところが、私のホームページとブログを読んで、その根拠・判断基準・実証例に”理解力”があるご両親やご主人は、「成る程、こんなことは初めて知った。」と、逆に賛同を得て、改名に繫がった事例も沢山あります。
 今まで、何度も投稿していますね。
 両親が愛情を持って名付けたお子さんが、全て運勢が良く幸せになるのなら、世の中に”不幸な人””犯罪者”など、1人もいない天国のような日本でなくてはなりません。しかし、難病や障害で悩む人、事故事件に遭う人、犯罪を犯す人、経済的に困窮し自殺する人など、両親が名付けた名がベストのものなら、こんな社会現象は起こりませんよね。その社会現象の影響も、姓名との関連を証明したのが、「天命数霊術」なのです。
 今までの根拠・判断基準・実証例の3つが証明されていない日本中の説なら、私だって、改名に反対されるご両親と同じ思いです。
 でも、何度も投稿していますが、『親の”愛情”と子の”運気”』とは、全く関連しない”別物”なのです。
 これを、理解できないご両親やご主人も実に多いと、ここ2〜3日の5〜6件のメールから、改めて実感しましたよ。
(改名による戸籍変更は、案外簡単に許可が下ります。ブログ[709回]09.7.17)のトラックバックを参考に読んでください。)

必読!飲食店は”意外なユーモア”ある店名が良い。
[第739回](大吉)・・・8月21日(大吉)

「どこを2次会にしょうか?」
「”あそこ”がいいでしょう。」
と、私が公務員在職中、神戸に転勤した時、本庁からの接待に、部下に2次会の”行き着けの店の名”を聴いたことがありました。
「”あそこ”じゃ分からんよ!」
と私がいうと、部下は「”あそこ”というのは、飲み屋の名ですよ。」
「なんと、それは誰に聞かれても、都合が良い”隠語”になる店名だねぇ〜」と感心するやら、可笑しいやら・・・」
 全国的には、2次会用の一杯飲み屋は、「つぼ八」や「養老の滝」などが有名ですね。
 それからというもの、転勤先では珍しい店の名をメモし、そのノートが出て来て、懐かしい思い出になっています。
「ぼちぼち」「味処やりくり」「ぼっこう」「ちんころや」「おばんざいの店まいう」などがありますが、一杯飲み屋というのは、意外にセンスが良いですね。一度、聴いたら、珍しい名なので、覚え易いし、口コミでも広がりやすい。
  退官後は、2次会の機会もなく、運転があるので、一切”酒・ビール”は飲みませんが、岡山駅西口を車で通行していたら、食事処「宮本むなし」と大きな目立つ看板!
  いいですか「むさし」でなく「むなし」というのが、面白いセンス。その店のオーナーは、恐らく「宮本」さんでしょうが・・・、なんと、あの有名な剣豪「宮本武蔵」(岡山・大原町出身)をモジッテいるユーモア性があり、一度看板を見たら、忘れられないネーミング。
 また、新幹線沿いで倉敷方面を通過していたら、なんと「(株)仕事」という会社の看板。確かに”仕事”に違いなく、イヤでも記憶に残りますね。
 私も「会社名・店名」も依頼により、命名しましたが、少し生真面目過ぎ、もう少しユーモアがあるネーミングが良かったかな?と反省していますす。
一例を紹介しますと、「つる宗」(そば処)「花咲屋」(飲み屋)「牛さだ(ぎゅうさだ)」(焼肉店)「多恋人(タレント)」(喫茶)「香夢里(カムリ)」(レストラン)「味香久苑(みかくえん)」(栽培農家)「夢美咲(ゆめみさき)」(エステ)などがあります。
  店名でも会社名でも、業種がある程度推定できるネーミングであり、美容院・エステなどは、優雅な感じの印象がある名が良いと思っていましたが、これにユーモア性を採り入れることも必要ですね。
  そうすると、話題性があり、口コミで”大繁盛!”になるかも知れません。
 
[お知らせ]
  夕方まで投稿していた「必読!衆議院選の予測;民主291:自民128で自民惨敗!」(週刊文春8月27日号;政府広報センター社長の予測)を掲載していましたが、ウッカリ間違って消去してしまいましたので、急遽、この話題に変更しました。

必読!”無責任力””バラマキ”は、実は「自民党」だった!
[第738回](中吉)・・・8月20日(大凶)

『日本を殺す気か!・・・「官僚の論理」に国を亡ぼされないため・・・』
という文庫本が目に付いたのです。”何か物騒な題名?”ですね。
 今日、私の本箱を整理していたら、7年前の発行ですが、著者;「井沢元彦」氏の”日本の政治家と官僚との癒着”を書いた本を見付けたのです。
 でも、詳しい内容は忘れていましたので、もう一度、1時間掛けて読み直しました。(著者は、歴史推理作家で江戸川乱歩賞受賞者。)
 これを読みますと、当時も現在も同じ自民党の体質であり、本気で”国民のためになる改革”は考えていませんよ。
 麻生首相が「自民党こそ、”責任力”があり!民主党のマニフェストは、バラマキだ!」と、全国の応援演説での批判発言が、実に空しく聞こえます。
 実は、その批判は、自民党自身のことを言っているのが、良く分かります。安倍元首相も福田前首相も、政権途中で投げ出したのに、責任ある政党と言えるでしょうか?「拉致問題」も本気で解決する行動力・責任力もない!そのくせ疑惑のある「西川郵政社長」の再任を強行、国際会議後の”酒気帯び”記者会見での中川財務相など。
  少し、思い出しただけでも、自民党に”責任力”なんか有りませんよ。
 最近の「自民党と高級官僚との癒着や特殊法人や海外援助へのバラマキ政策」は、今更始まったことではなく、半世紀に亘り、保守政党の”失政”なのです。(一時的なご機嫌取りの”定額給付金”こそバラマキ!)
 実に長きに亘り、自民党の政策と高級官僚・大資本企業との癒着構造は、”硬い絆(きずな)”で結ばれていたのですよ。
 その具体的な証明を、このブログでは書く容量がありませんが、”真に国民のためになる行政改革”などは出来ません。
 その真実は、膨大な”税金の無駄遣い”!
 私が、30年間、行政改革の”資料提供”と担当大臣への”勧告”をする役所(旧;総務庁行政監察局)に勤めてきた”中級官僚”だったから、「井沢元彦」氏の主張が良く理解できるのです。
 実務を知らない”高級官僚”というのは、公務の仕事より、自己保身だけのことを考え、いかに「天下り」(税金の無駄遣い)をするか、そのためコネ作りで、自民党を中心とする政治家との癒着ばかりを考えているのです。  いくら国民のためになる行政改革を、”中級官僚”が提唱しても、本省庁の段階で、自民党と高級官僚との談合により、大臣勧告案から、潰されてきたことが多いかったのですよ。「勧告案の問題点と天下り斡旋」を交換条件で、行政改革を遅らしたのです。
 「平成の維新」で大改革をすれば、民主党の”財源”などは十分に用意できますよ。景気対策も、自民党は「上から下への対策」、民主党は「下から上への対策」という政治理念が180度異なります。
 今日の私の理論は、「井沢元彦」氏と同様の思考であり、単に”机上の理論”では」なく、公平中立の観点から見ても”経験則”から主張できる投稿です。

必読!抹茶茶碗;100円均一から500万円まで!?
[第737回](小吉)・・・8月19日(最大吉)

いやぁ〜、驚きましたね。
今日、スーパーの中にある「100円均一」の売場で、立派に見える”抹茶茶碗”が2種類あり、1つ僅か、”100円”を見付けましたよ。
  備前焼の陶器市でも、抹茶茶碗が1〜2千円からありますが、100円(中国製?)というのは、初めてです。
  一方、昨年に投稿済ですが、”備前焼;中興の祖”人間国宝「金重陶陽」の抹茶茶碗は、時価”500万円”が相場ですと記載しましたね。
 言い換えれば、用途は同じ”茶道”に使用する抹茶茶碗なんですが、正に”ピンからキリ”まで・・・。
 いや、500万円どころか、かって、「何んでも鑑定団」で鑑定家「中島誠之助」氏は、松平不昧公(松江藩主)愛用の”古志野茶碗”は、4千万円の評価。
秀吉愛用の”天目茶碗”は、値段が付けられない”国宝”なんです。
 土地・住宅・車・時計・バックなど何でも、”ピンからキリまで”あることは常識ですね。
 ところが、私への中傷サイト「日本一高い命名料!」と、事実誤認(K.J氏は、27万円などあり)をして居り、しかも”高い”という何を基準に表現しているのか?”同じ物”、例えば、全国どこでも320円のタバコが、500円で売っていれば”高い”と表現できますね。
 ところが、「姓名判断・命名・改名」というのは、その効果により評価が異なるものですから”料金の高安”を表現できるものではないのです。
  ”間違った説”で効果のないものは、いくら安くても、それは100円均一の茶碗と同じですよ。
 いや、品物なら”買い替え”はできますが、人生の運気を左右する”名付け”は、”金銭には換えられない価値”がなくてはなりません。
 病弱な子で、1億円も要するアメリカへ”移植手術”に行く子もあれば、将来「イチロー」や「浅田真央」さんのような子に成長すれば、何億の価値。私が改名したお子さん、東京の超一流人の養子になり、不動産37億円の評価を相続した事例、お受験で3校とも合格し、健康・成績・性格とも”夢のような少女誕生!”した事例もあります。
  また、私の3冊目の本は、定価1200円がプレミアムが付いて、時価3万円になっています。一般の中古書ですと、定価の5〜10分の一が相場です。その価値の評価により、正に”ピンからキリ”までありますよ。
  皆さん、私への中傷サイト”日本一高い”を読まれて、どう思われましたか?私は母子・障害者・生活困窮家庭では、ご相談の上、無理のない料金にしています。でも、実態評価も分からず、世の中には、こんな中傷サイトを信じる人もいるのですよ。
  ”間違った説”の名付けなら効果もなく、100円均一の抹茶茶碗の方が、まだ実害がなく、”茶道の練習用”に使用できるのですよ。
  何でも”ピンからキリまで”あることを、忘れずにいて下さいね。

必読!「塩田」さん「亀井」さん;一体、何画なの?
[第736回](小吉)・・・8月18日(中吉)

「私の苗字は、戸籍も日常も”塩田”ですが、一般の姓名判断の本には、画数は”旧字体”で数えると書いています。でも、旧字体は”鹽”ですが、一体、何画ですか?書き順も分かりません。」
との質問がPCメールにありました。
 画数は、漢和辞典で分かりますが、書き順は中々分かりませんよね。
 これと同様な質問が、数年前にあったのを思い出したのです。
 その方は、「亀井 ◇一郎」さんでした。
 広島・島根・鳥取地方には、衆議院;国民新党「亀井久興」氏や「亀井静香」氏が居られるように、案外、多いのです。
 さて、質問があった「亀井」氏は、新生児のご長男の名を考え、一般の姓名判断の本を読まれて、「”亀”旧字体で画数を数える”とのことですが、戸籍も日常も”亀”であって”龜”ではないのですが、旧字体で数えるのですか?」とのご質問なのです。
 また、昨日は「濱田」さんから姓名判断の依頼があったところです。
 「浜」も「濱」「「陝廖廚裡劃未蠅△蠅泙垢諭
 日本中の多数説は、「”旧字体”又は”正字”で画数を数える。」とありますね。その理由は、18世紀初頭の清王朝の「康煕字典」こそが、正字であり、その画数を使用するというのが、熊崎式を始めとする日本中の多数説ですが、皆さんはどう思いますか?
 私の説は、「運気というものは、タレントや歌手の芸名のように、日常使用するので、運気が変化する理論と同様、日常使用しない旧字体や戸籍名で判断するのは”無意味”であり、間違った判断になるのです。
 もちろん、新漢字がなかった昭和24年以前の歴史上の人の判断は、旧漢字で判断するのは当然のことです。ですから、「福沢諭吉」ではなく、「福澤諭吉」で判断するのが正しい訳です。
 誰でも、旧字体で判断せよ、というのは、”語源”と”運気”を混同した理論なのです。
 ですから、日常使用している新漢字「塩=13画」や「亀=11画」で運気を判断するのが、正しいのですよ。因みに、「鹽」は24画、「龜」は16画ですが、書き順は難しいですね。
 これと同類の字体:「齋藤」「渡邊」「澤田」などの苗字も、日常使用の画数で判断してくださいよ。
 

必読!TV番組;終戦記念特集「気骨の判決」に感動!
[第735回](大吉)・・・8月17日(小吉)

「正義を国家権力から守れ!」
の精神は、明治政府からの伝統を受け、現”憲法97条2項”で「司法・裁判官の独立」が保障されていますね。
 言い換えれば、国会・行政・司法の「三権分立」が認められています。
 さて、今日のNHK番組「気骨の判決」(終戦特集)を見ましたか?

 昭和17年4月のこと、米英との開戦が始まって、日本中挙げて一致団結気運が高まった背景事情がある裁判事例のことです。
 衆議院選挙;鹿児島2区の選挙妨害による「選挙無効訴訟」で、前議員が妨害され落選したことによる訴えです。
 この事件を担当したのは、大審院(現;最高裁)の民事部長であった「吉田 久」判事の『気骨の判決』のドキュメント・ドラマです。

 この選挙妨害の真偽を確認するため、当時30時間も要して、東京から鹿児島に証言者の確認に出向いたのです。当時は軍国主義に反対する者は、全て”非国民だ!国賊だ!”ということで、前議員を落選させ、軍部・警察はもちろん国・県・市などが推薦する候補者に投票するよう住民への働きかけ、その推薦者に反対する人は、妨害・監視されての選挙だったのです。
 その結果、前議員は僅か2600票しかなく落選。

 この事件の訴訟については、当時の司法大臣・大審院院長も”請求棄却(原告敗訴)”にするよう圧力を掛けましたが、「吉田 久」部長判事が、妨害事実を確証したので、「選挙無効」という正義の”気骨ある判決”をしたのです。そして、その4日後、辞表を出して退官しました。

 この「裁判の独立!」「正義を国家権力から守れ!」の精神は、明治時代の「ロシア皇太子暗殺未遂事件=大津事件」を裁いた当時の大阪控訴院院長「児島惟謙」の精神を引き継いだ稀に見る”名裁判官”として、歴史に名を残したのです。(参考;[第658回]09.5.21)
どんなに政府・軍部・警察・地元住民からの”妨害・嫌がらせ”があっても、事実に基づいた正義からの判決には”感動”しましたよ。
 この裁判官の名は、
「吉田 久」天格9・地格5・総格14
ですね。地格5の正義感が、天格9の思慮深い行動力、総格14の自己主張として”気骨ある判決”になったと判断できますね。

必読!国際的IT事業展開の女性社長「石黒不二代」氏。
[第734回](小凶)・・・8月16日(小吉)

昨日、何気なくTVを見ていると、また素晴らしい女性社長が紹介されていましたよ。インターネット関連業界では、有名な方なんですね。
 その名は、「石黒不二代」氏(1958.2.1)で「ネットイヤーグループ(株)」の女性社長なんです。とても51歳には見えない美人社長。
 この会社の業務は、やはりアメリカのIT事業をヒントに、日本に導入した「インターネット技術を活用したマーケティング業務支援と新規事業開発支援事業」を展開した上場会社です。
  この社長、名古屋大経済学部卒後、アメリカのスタンフォード大学で、MBA(経営学修士)を取得されているそうです。
 私など、理系知識や難しい経営戦略など弱く、パソコンや携帯さえも使いこなしができないオンチですが、石黒社長の才媛振りには舌を巻くほどです。若いエネルギーを、将来の世界的な経営支援事業の研究と実践に尽くされてきたそうです。
 まあ、人には社会のいろんな分野に才能があり、”得て不得手”があるものです。さて、この社長の名は、
「石黒不二代」天格9・地格13・補格5・総格27
ですね。誕生日の「1日」を勘案すると、天格9を始め、全て”奇数”が揃っており、対外的な運気の良さはもちろん、総格「7」系列の長所「事業運」がありますね。ですから、人柄もバランスがとれた有能な方です。
 女性社長で有名な方は、先月末[第718回09.7.29]に紹介しましたように、日本に初めて導入した「今野由梨」氏(デンワサービス社長)や「寺田千代乃」氏(アート引越センター社長)など、いずれも”天格9”ですね。
 私が、こうして”天格9・19”の事例や”天格12・22”の事故事件などの事例を紹介するのは、先日も申しましたように、”帰納法”で統計を採るためではありませんよ。”演繹法”の原理・原則を単に当てはめた「実証例」に過ぎないからですよ。
 ですから、あくせくして統計を採る必要がなく、仕事は夜の「候補名思考・命名改名の色紙書きなど」であり、昼間は依頼者の面談のほか、予定のない日は「大衆演劇」や「温泉巡り」をして、できる限りの余生を楽しんでいる訳です。これも「天命数霊術姓名判断」が演繹法のお陰なんですよ。
 

必読!終戦記念日;戦死者追悼に最上稲荷にドライブ。
[第733回](小吉)・・・8月15日(大吉)

私の守護神は、「最上稲荷総本山」のご本尊「最上位経王大菩薩」(女神)だそうです。
大阪で居住する霊能者の娘と家内からの勧めで、昨日、1人でドライブして来ました。私は特定の宗教は信じていませんが、最近、また中傷メール・サイトが多くなったので、”身を清める”ために行って来なさいと、娘と家内からの指令なんです。
  私の守護神は、福与かな美人の尊顔”女神”とは嬉しいですが、果たして、”女神”が無神論者であり、高齢の私に関心を示して、守護頂けるのか、疑問?でしたが、私のことより、ちょうど終戦記念日。
 64年前を振り返れば、戦争で300万人以上の戦死・戦災死・被爆死が居られ、その”追悼”兼ねて、「靖国神社」ではなく、「最上稲荷」に”平和”の祈願に行ったのです。
  戦争のない現在では、交通事故死・殺害死・病死(ガン・脳梗塞など)が社会問題ですね。これらも合わせて、受付の「祈祷申込書」に祈願目的を書いたら、受付の人「なんと”欲張った祈願”ですね。初めてですよ。」と言われ、笑われましたよ。
  でも、これにもう一つ、「中傷・妨害メールがないように・・・」と記入したかったのですが、空欄なく止めました。
  さて、戦争体験のTV番組;生命を無駄にする戦争を止め、平和の尊さを伝承する番組が、ここ1週間多いですね。
  私の戦争体験も、僅か小学1年生でしたが、全てを話すとなれば、山ほどあります。とても話尽くせません。
  現在は幸せですよ。戦争がないので、ニックネームで人を中傷・妨害して、若いエネルギーをそれで発散しているのですからね。
  私の「望月 岳陽」はペンネームですが、すでに25年前から、この名で出版し、郵便物も来ますし、通帳も20年前からという”本名以上”の使用頻度なのです。”匿名”のニックネームと、訳がちがいますよ。
  「本名を名乗り、堂々と中傷しなさい。」とブログに書いたら、「望月 岳陽」も匿名ではないか!というサイト。こんな常識判断ができない人も居られますね。
 まあ、これも戦争がなく、平和だからなんですね。戦時には、青年は学徒出陣や特攻隊で、国のために若い命を捧げたのです。匿名で中傷する人など聞いたことがありませんでした。
 若いエネルギーを、国や社会貢献に尽くしてください。
 今日の終戦記念日に当たり、昔と今の青年を思考しました。

必読!「6」系列は”毒”にも”薬”なる;読者が発見!
[第732回](中凶)・・・8月14日(小凶)

「6」系列は、”組み合わせの数”次第で”吉”にも”凶”のもなる、と、[第716回09.7.27]と[第717回09.7.28]の2回にわたり投稿しましたね。
 ところが、先日(9日)のコメントで、私の根拠の他に、素晴らしい発見を投稿して頂きましたので、ご紹介します。
 コメントの中には、私への批判という”マイナス思考”の方が居られる中で、読者の中には、”プラス思考”で、とても賢く、建設的な見解を頂きました。その発見に、私が感激したのです。
      ★     ★     ★
(原文どおり)
『・・・話が飛躍するようですが、「6」の持つ性質が、まるで有機化学の亀の甲=「ベンゼン環」のようで驚きました。環上の不安定なn電子が有機化学反応を起こすように、構成次第で性質が全く異なったもの(猛毒から薬まで!)を生成する。「6」という数は化合物を生成するのに適している、と改めて思いました。「神亀の図」は”物理化学的”な学問にも通じように感じられました。』
との見解を頂きまして、本当に素晴らしい理論を発見されました。
 私は、物理化学が苦手で、この証明には長い間気付かず、「6」系列の性格は、「天地と四方」(人間界の3次元)の「6方面からの運気」であるとの解釈をしていましたが、加えて、理系の分野からの証明には驚き、こんな素晴らしい方が居られるのに、感激しました。
 今までに、何度も”なぜか?””どうしてか?”を思考すると、新しい発見があると投稿しましたね。
 実に、「神亀の図」の甲羅が示す6角系には、”結合分子”(1〜9までの数)次第で、”毒”にも”薬”にもなる、ということが証明できるではありませんか?
 改めて記載しますが、「6」に「0・2・4・6」が結合すれば、”毒=不運”であり、「9・5」が結合すれば”薬=幸運”になります。「8・7・3・1」との結合は、その中間くらいの運気と考えてください。
言い換えれば、姓名に「6」系列があり、「9・5」がある”運気”の良い人は、世の中に少ない比率であることを示しています。
  この理論からも、私説の根拠を「神亀の図」から”演繹法”で開発したことは、正しい理論だと思っています。
 「C6H6=ベンゼン環=6角形=神亀の甲羅」に気づかれた30代の女性に感謝いたします。

必読!姓名判断は「演繹法」であり、「帰納法」ではない!
[第731回](大吉)・・・8月13日(小吉)

皆さん、物事を証明するのに「演繹(えんえき)法」と「帰納(きのう)法」があるのを、高校数学(特に”幾何”分野)で習いましたね。
「ホームレスの名前を聴いて、姓名判断している。」
という昨日の安斉勝洋氏の統計の仕方に、驚きましたよ。
 演繹法の実証例としてなら、その努力も感心しますが、統計(帰納法)から姓名判断の原理・原則を発見しょうとするなら、全く無駄なご苦労ですよ。
 「姓名判断は統計学である!」という説(日本中の多数説)は、帰納法であり、明らかに間違っていますよ。
 なぜなら、姓名判断だけは、帰納法では、絶対に原理・原則は発見できないのです。日本人1億2千万人なのですよ。1人ひとりの運勢や性格を、一体、どんな方法で、何人のアンケートができるのですか?
  同氏が、いくら頑張っても、統計(帰納)として、抽出率が何%になりますか?同氏が経験?されたのは、僅か3万人の分子で、分母は1億2千万人ですよ。
  統計で姓名判断法を開発したというなら、少なくとも、抽出率10%としても、日本人1200万人のアンケートは必要なのですよ。僅か3万人では話にもなりません。
  それで「姓名判断は統計学?」と言えるでしょうか!
  姓名判断というのは、例えば、数学と同様、公式・原理・原則があって、それを当てはめて、答えを出すという「演繹(えんえき)法」なのですよ。
 私は、演繹法の一つとして、「後天八卦図(神亀の図)」の原理・原則を発見したのです。ですから、”当たった””当たらない”の言うのは、”実証例”に過ぎないのです。
 この原理の基礎となるのは、「15=X+Y+Z」の原理とその応用であり、個々の人の運勢・性格を判断できるのですよ。
 ですから、熊崎式は「帰納法的姓名判断」であり、「天命数霊術」は「演繹的姓名判断」ですから、180度異なる姓名判断法です。
  したがって、私の説を批判するなら、原理・原則の「洛書;後天八卦図(神亀の図)」が、史実的に間違いであるという証明をしない限り、討論にもなりませんよ。ソクラテスは、「演繹とは、前提(原理・原則)を仮に認めるなら、必然的に結論が導かれる。」と定義しています。
 ですから、私は過去に何人姓名判断したかの統計をとる必要もなく、わざわざ「ホームレス」の名前も聴く必要がないのです。
 そんな無駄なことをする時間があれば、原理・原則の発見に力を注ぐべきです。
 今日の理論は、少し難しいでしょうが、高校生程度の話です。
 姓名判断のプロとしては、当然「演繹法と帰納法」の違いを承知しておかねばなりませんよ。

必読!昨日の記事に対する理解あるコメント!
[第730回](中凶)・・・8月12日(大凶)
 以前は熊崎式を学んでいた方からのコメントです。
 昨日の記事に対して、ご理解あるコメントを頂いたのですが、余りにも長文でしたので、皆さんのご参考に、今日の本文に転記させて頂きました。
 (熊崎式から私へのの中傷・妨害を憂いての内容です。)
         ★      ★      ★          (原文どおり)     
『 先生、熊崎式を学んでる方も姓名判断に於いて、相当数いると推察できます。 文献も多く学びやすいですが、天命数霊術は、3冊しかないため当然に、熊崎式を学ぶ機会が多いのです。 かつて、私も熊崎式を勉強していました。後に、熊崎式の免許皆伝者なる者に出会い、いろんな疑問を聞いたのですが、画数の事ばかりを盾に、語源の事も何も答えてくれません
  その免許皆伝者が、とても幸福とは思えない生活でした。まあ本人は幸せを感じてたかもしれませんが… さて、術は実際に適合させて、合わなければなりません。熊崎式では、素晴らしいのに、幸せでない人生を送る方々も、新聞記事等で充ててみました。例えば、交通事故死は、24画がもっとも多かった。【総画のみ】 皆伝者に聞いたのですが、熊崎式は総画を一番に大事にすると聞いていたからですが、彼は【人格や地格そして外格も悪かったんだろう】と一蹴されました。
  彼が名付けた知人は、知り合いだから、3万を15000円で名付けたんですが、神経性の病にかかり、薬飲んで運転して事故。幸い軽い事故でした。
  彼いわく、名付けてあげたのに、礼の一つなかったから…この言い訳には、絶望しました。それで、彼はまがい者として独自に勉強しました。
   安○流は、熊崎式をベースにしてます。霊格数は採りませんが、殆ど同じと思えました。 どんな流派でも理論でなく、実際が大事なんです。安○さんも、ホームレスの方に差し入れなどして、名前を聞き出し統計を取って、総画0が多いと…みんな努力はしてる。僕も勉強したが、いきなり、先生が熊崎式批判しても、この説を学んできた人間にとっては、おもしろくない。今までの努力が無駄に思えてしまうからです。私は、既に姓名判断を占としては、本物を見つけるに疲労困憊してました。だから、天命数霊術はどうだろうって軽い気持ちから入りました。あるいみ幸運だったかもしれません。
  熊崎式を学んでる方も【誇り】あるなら、誹謗・中傷はやめたほうがいい。ますます熊崎式評価下げます。昔、学んでいたぼくは、普通に現代姓名に適合したものを採用します。今は、天命数霊術です。それ以上の理論と実際を持つ姓名判断あれば、望月先生は説を聴くし、討論もしてくれるはずですよ。 熊崎式批判でいうなら、中傷等だけやめてください。己の信じてる説を傷つけるのは、やめてください。一応、勉強していた僕の願いとして…悲しいです。』
とのコメントを頂いたのです。
  私の説に対する批判があれば、匿名の中傷サイトではなく、本名を名乗り、堂々と”根拠・理由付け”を示した討論を私は望んでいるのです。
 このブログを読まれた熊崎式のプロの方、PCメールにでも、ご意見を聞かせて下さい。

必読!憲法13条「私権の享有は、公共福祉に従う」!
[第729回](大吉)・・・8月11日(大吉)

皆さん、憲法13条で「私権の享有は、公共の福祉に従う」
と、学校教育で習いましたね。
”私権”とは、国民個人に保障された「基本的人権」なのですが、その行使に当たっては、広く国民の公共福祉のためには、その基本的な権利は制限されることがあります、という趣旨です。
 例えば、「思想・表現・学問などの自由」も基本的人権の自由ですが、これらも、国民一般の福祉のためにならないものは、各法律で制限されています。

実は、昨日、コメントで『チーム熊崎』というネームで、私のブログに苦情が入ってきました。熊崎式姓名判断も私の「天命数霊術」も、同じ「学問・学説」なのです。ここまでは、どんな学説も自由なのですが、一般の学問・学説と異なることは、「命名・改名」により、国民・公共の福祉に影響があるものです。
例えば、「邪馬台国」の九州説であろうが、畿内説であろうが、古代の卑弥呼がどこにいたとしても、現在の私たちの福祉には、何ら関係しませんね。
  ところが、「9」が”大吉”なのか、”大凶”なのか?の争いは、姓名判断・命名・改名には、人の人生が”吉”か”凶”の重大な分かれ道なのです。
 そこで、人文科学的な根拠を持って、明らかに間違いであることを立証して、「熊崎式姓名判断」の間違いを正すことは、国民・公共の福祉に適うものです。いかに間違いだらけかは、その根拠・理由として、私の公式ホームページと700回以上のブログで証明して来ましたね。
 熊崎式本部の「五聖閣」のホームページには、「易学」が根拠とは書かれていますが、「易学」の原点は、私が主張する「風水(後天八卦図)」が時代も古く、後世、風水から「易学」が考案されたのですよ。
 しかも、その「易学」と「五剖説(熊崎式)」との因果関係は、どこにも記載されていませんね。
 一番大きな間違いは、「9・19」を大凶とし、「29・39」を大吉にしている根拠がないのです。
 古代中国の「易経」が根拠と主張されるなら、天子(皇帝=九天)の専属数「9」を”大凶”というのは、明らかに間違った説なのです。
  これら沢山の間違いから、熊崎式で命名された方の中には、幸運にはなれず、私に改名を依頼された方も多く、また、熊崎式で勉強されて来た方も私の弟子や現在、教えている方も居られます。
 本当の真実を見極める”賢い方”は、熊崎式姓名判断を見限って、弟子にしてほしい、とプロの姓名判断師も数人おられます。また、”名付け”社寺の一部は、熊崎式での名付けを廃止しています。
学問・表現の自由は保障されていますが、姓名判断・命名・改名というのは、その人の人生を変える「国民・公共の福祉」に影響があるものです。
 それでも、”天動説”を称える日本中の多くの人から、”地動説”を称える私への”中傷”サイトも存在するのです。私の死後、数十年経過すれば、日本中が「天命数霊術」に評価を頂けるものと思っています。
21世紀は、20世紀までの間違ったことが、正される時代なのです。

必読!「長崎原爆の日」から”運”を考える!
[第728回](中吉)・・・8月9日(大吉)

「あの日、僕らの夢は消えた!」
という長崎原爆の日を追悼した番組。
一瞬にして、7万人の長崎市民が被爆死した中で、爆心地から500mにあった「鎮西旧制中学校」は破壊・焼失され、3年1組の生徒は全滅。夏休み中だったのですが、3年1組だけは校舎の中で「軍用機部品製造」をさせられていたのです。鎮西旧制中学校では849人中、131が原爆の犠牲になっとのことです。
 その後、生徒はバラバラに疎開したりして、戦後64年間、多くは所在不明でした。そこで、現在になって、所在を探し同窓会を開催したとのこと。
 その世話役は、同じ、3年生でも別の軍需工場に勤労奉仕に行って、被爆はしたが生き残った「西 嗣也(78)」氏(当時15歳)と「長内 渉(81)」氏(当時18歳)の2人が報道されていました。(2人とも天格19)
 戦争の犠牲者でも、現在の交通事故死でも”紙一重”の差が、生死を分けるのです。
 戦争体験を語れるのは、現在の70歳(終戦時、小学1年生)以上でしょうね。私の一家は、”運”が良かったのですよ。関門の大空襲で、近所は焼け野原になり、黒こげの死体は山ほどあるのに、自宅は焼け残り、家族4人とも無事でしたから、70歳まで生き残り、こうしてブログも書けるのですよ。実に”紙一重の運”というものを切実に感じます。
 さて、長崎の原爆投下は、9日午前8〜9時、小倉市か八幡市(現在;北九州市)に投下の計画で、アメリカ爆撃機(B29)が上空を旋回していましたが、運良く”曇り空”で投下を諦め、”晴天”の長崎市に向かったので、11時2分(広島は8時15分)という時間になったそうです。
 さあ、”運”はここにも見えますね。
 長崎市には大変お気の毒ですが、”晴天”が不運を呼び、北九州市は”曇天”で被爆を避けられたという”運命”を与えた神の贖罪なのか?
 また、投下の時間が遅れたため、長崎市から離れた人、逆に長崎市に到着した人が、”生死”を分けたとも言われています。
 戦争での”運”といえば、”生死”が主ですが、現在の私たちの”運”といえば、もちろん”生死”もありますが、「健康運・知徳運・家族運・愛情運・仕事運・金運など」が、皆さんの関心ごとですが、これらの”運”も紙一重の差で、あなたの運勢を”呼び込み”好転させることができますよ。
 ”幸運・不運”は、待っていても来ることがありますが、現在の”運”は、希望・計画・目標を持ち、行動を起こし、努力することで迎えることができます。
 現在、自分が”不幸な境遇だ”と思われても、なんと言っても、「戦争がなく、平和な日本」です。少なくとも、戦死・戦災死・被爆死だけは心配ないのですから・・・。「人生万事塞翁が馬」のブログ[第720回09.8.1]を再読して、現在の”戦争を知らない世代”に幸せを感じてください。

 

必読!コメント欄には「個人的な相談・質問」をしないで!
[第727回](小吉)・・・8月8日(中吉)

「ブログのコメント欄は、”個人的な相談”をする所ではないのです!」
と、何度も記載していますが、依然としてあります。
 なぜ?イケナイのか?分かりますか?
 個人的な姓名判断・命名・改名の相談は、”個人情報”を公開することになるからですし、”苗字も不明”なのに、画数や字句の相談・質問で、”吉凶”の判断は、プロとして責任ある回答はできないからです。
 それに、詳細に返信すれば、約1〜2千字数になり、コメント欄ではとても書く容量がないからです。
 「コメント」欄は、皆さんに参考になるような「”投稿記事”に対する感想・意見・質問」をする所ですよ。このことは、一般常識だと思います。
 そのため、その都度、送信方法を3通り、記載していますね。
 嵋招邀挈杆式ホームページ」を検索(このブログからもリンクできます)され、「問い合わせ」欄から送信。
PCメール「info@gakuyo951.jp」から送信。
7搬咼瓠璽襦gakuyo951.99@docomo.ne.jp」から送信。
(なお、電話・FAXは中傷が入りますので、中止しています。)
以上の3ルートのいずれでも結構ですから、コメント欄には”個人的”な相談・質問は避けてください。
       ☆    ☆    ☆
 「天命数霊術」の5大条件(ホームページに記載)やブログ700回を読まれずに、いきなり熊崎式の画数で”吉凶”を質問されたり、親の好みで「◇◇◇」(呼び名)にこだわり、”当てはめる”運気の良い字体を質問されてくるのは、私の説を全く理解されていないのですよ。
 何度も記載していますね。
 私の説は、「熊崎式と180度異なる日本初の著作権ある説」なのです。 しかも画数のみの説ではないのですよ。熊崎式の画数で、私のペンネームが悪いという呆れた中傷サイトもあります。
 私は個人情報・顔写真まで公開しているのです。匿名のサイトで私を中傷している記事と、あなたはどちらを信じますか?
 コメント欄に承認掲載をしていませんが、匿名で”暴言・中傷”のコメントが時々入ります。世の中には、実に常識・マナーがない呆れた人も多いですね。
反面、最近のアクセス数;1日2500〜8500件(延べ100万件超える)ですが、投稿記事を読まれて、何の感動も共感も、政治・社会への怒りもないのですか?コメントは難しく考えられず、ご自分の感想などを素直に記載されれば良いのです。
 コメントに参加することで、「天命数霊術」の理解を深め、ご自分も人として成長されますよ。何事も人任せではなく、挑戦して成長してください。
 今日は、適正に「天命数霊術」を日本に普及させるため、ぜひ、皆さんにご協力を頂きたいと思い、本文に投稿しました。

必読!過疎のGS;住民共同経営の「ときめき給油所ド」!
[第726回](小吉)・・・8月7日(小吉)

「過疎地域;住民の共同経営で、ガソリンスタンド再開!」
と、今日の21時30分のNHKニュースの全国報道されたホットニュース。
 都会では想像できない過疎地域の状況です。
 都市部では、GSなど軒並み乱立していますが、岡山・真庭市の旧久世町
人口3800人)の目木(めき)地区では、従来2軒のGSがあったが、今年の3月で経営不振のため廃業され、1軒のGSもなくなったのです。
 当地区は、農業地帯で作業用軽四輪車・トラクターなどのガソリン・重油・軽油が”地元”で需要があるのに、作業中、わざわざ3キロ先までのGSに行く不便さ・効率の悪さから、ぜひ地元に必要だという要望に応えて、引き継ぐ経営者を、地元の有志20人が探したが、全く見付からない。
 そこで、同地区の世話役;「池町誠二」(58)氏が、20人のリーダーシップを執り、「それじゃあ、住民の皆さんで経営しよう。」と言うことになり、同氏は独学で「危険物取扱責任者」の資格を取得したのです。それに平行して、当面の開業資金1000万円を、1口5万円で寄付回りをして、施設の買取価格の850万円を集めたとのことです。
 さらに同氏は、住民共同経営(現場従業員も全て地元住民)のGSのネーミング;これまた感心します。目木(めき)地区をモジッテ、『ときめき』という店名なのです。
 ”おらが給油所”ということで、開業準備の清掃・看板描き・ペンキ塗りなど、すべて住民の有志がボランテア。
 これらの指揮や接客サービスなど、すべて同氏が指導して開業にこぎ付けたのです。開業すると、地区住民はガソリン購入を、この「ときめき給油所」に全面協力して、繁盛しているとのこと。
 都市部では考えられない住民の結束、昨今のイヤなニュースが毎日のようにある中で、全国でも数少ないホットニュースとして投稿しました。
 さて、全国的な有名人でもなく、過疎地でリーダーシップを執り、開業までの企画・経営などを統括した”隠れた実力者”も居られるのですよ。
 もう、その才能は、姓名判断でわかりますでしょう。
「池町誠二」天格19・地格9・総格28
ですね。有名人・無名人に限らず、社会貢献できる人は、全国の過疎地にも居られるのです。天格・地格とも「9」系列の名、「誠」の字体がそれを表わしていますね。

[お礼]
  今日、このブログの維持費ということで、長崎のS・Mさま、埼玉のH・Tさまから、ご寄付の振込みがありました。厚くお礼申し上げます。今後も、1000回を目標に、ブログを維持して行きたいと思っています。

必読!裁判員裁判から;安易な命名は子を不幸に招く!
[第725回](大吉)・・・8月6日(小吉)

広島原爆投下から64年。
このブログについては、昨年の[第397回08.8.6]を再読してください。
さて、日本の裁判史上、初めての市民参加の「裁判員制度の判決」のニュース。確かに、市民参加で「司法の民主化」の時代の流れを感じます。
 ニュースでは、16年の求刑に対して、15年の判決、この量刑の妥当性についての専門家のコメントも報道されていましたね。
 その他、この事件や審理については、皆さん報道で周知の事実ですから、この観点では、投稿しません。
 私のブログは、「姓名判断」を主体としたもので、違った角度から、社会問題を取り上げたいと思います。
 もう、事件事故の姓名判断事例は、加害者・被害者ともに、ご家族・ご遺族の心情を顧みるとき、取り上げない方針でした。事件事故は、加害者・被害者ともに、不幸なのです。今後、日本の将来を考え、1人でも不幸な当事者や悲しい思いをする家族を出さないためにも、現在の若いご夫婦が、お子さんの名づけには、”流行名”に捉われないように、今日の判決を見て実感しました。
 いいですか?今日の被告人「藤井勝吉」(72)の高齢になって、判決15年と言えば、なんと男性の平均寿命を超える”87歳”まで刑務所暮らしになるのです。殺人罪であり、死亡した被害者のことを考えれば、この量刑は妥当とは思いますが、別の角度を考えると、寂しい余生ではありませんか?
 一般の高齢者なら、孫に囲まれ、温泉旅行や趣味の余生ができるのに、この加害者は高令になり、殺人罪で刑務所暮らしになるとは・・・?
 さて、この状況になるのを、72年前、被告人のご両親が予測できず、知らないこととは言え、”愛情”を持って、「勝吉」と名付けられたのでしょう。(再読;[第39回]07.7.20”勝男は負け男”)
 当時は、私より2歳上ですから、昭和11年生まれだと思います。
 「勝・信・義・勇・」など、軍国主義時代の”流行”字体なのです。(勝の字体、”負ける”宿命!投稿済。)
 ご両親は”愛情”を持って”流行字体”で名付けたのが、72年後に”不幸”を招くとは?
「藤井勝吉」天格30・地格10・総格40
ですね。これでは「0」ばかり、この年齢になるまで、生涯を通じて、本当に苦労続きであったことが分かりますね。
  現在、若いご夫婦、あなたのお子さんの名付け、単に”可愛い流行名”だからと言う、親の好みに拘って命名しても、お子さんの生涯の幸運を約束できるものではありませんよ。
不思議ですよ!いつの時代でも、神仏が平凡な人を多く創造するためか?
”流行”の字体に限って”運気”が良くないのですよ。
 逆に見て、歴史上、”宗・俊・理・香・・・”など、運気が良い字体が流行したことはないようです。(この事件の弁護士は「伊達”俊”二」氏)
 今日の判決、72歳の15年刑期から、「姓名判断」の観点から投稿したのです。

必読!「天命数霊術」のプロになる勉強の仕方!
[第724回](小吉)・・・8月5日(大吉)

「天命数霊術をプロのレベルまで習得するノウハウを教えて下さい。」
とPCメールにありました。
これは個人的にお知らせするより、このブログを読まれている中にも、プロを目指したい、と志望されている方のために、ノウハウを公開します。
 「姓名判断プロ養成3日間講座」(参考;[第17回07.6.27])などのように、僅か3日間では、とてもプロにはなれませんよ。私は30歳から研究を始め、現在まで40年経過していますが、まだまだ開発の余地があります。
  ただ、ここに記載するのは「勉強をいかにすべきか?」のノウハウです。
       ★      ★       ★
 効果的で真に実力がつく勉強方法は、『連想ゲーム式360度思考法』と私は命名しています。すべての事象を”連想”し、その範囲を360度広げて、思考し研究して行くのです。例えば「数」という一つの言語から、思考は無限大に広がります。その順序は次のとおりです。
(基礎コース;「数」について)
 嵜堯廚痢桧嫐”を広辞苑などで、認識する。
◆嵜堯廚痢標豸察ξ鮖法蔽羚顱ζ本・欧米との相違)・世界中の吉凶認識・数の応用実例(建造物・国名・地名・人名・戒名・会社名・商品名・占術・スポーツ・娯楽など)”を、幅広く”数”の応用実例を認識する。
「数」の原点;日本文化と中国文化との違い。源流の古代中国文化として”風水”の原点;「先天八卦図」と「後天八卦図」との相違。
ぁ峺綸携卦図(神亀の図)」の認識と応用、世界への占術・宗教への影響度。
ァ嵜堯廚裡院腺垢泙任痢豹意”とその根拠。
Α嵜堯廚痢姫⇒曄─〜81”までの”数意”とその根拠。
А嵜堯廚痢鰭戎堯匹函瀕⊃堯匹箸琉磴い蛤拠。
─嵜堯廚里Δ繊◆孱后廚慮用と根拠。
「数」の配列(神亀の図)と相互影響観。
「数」の”判断基準”と応用例。
      ☆      ☆       ☆
(基礎コース;「姓名の歴史」について)
 崟名」の中国・日本との歴史と相違点。
◆嵒鳥」と「個人名」との歴史観と由来などの相違点。
「姓名」と官職・職業・地名などの由来と地域的特色。
  (以下、次回に続く)
 どうですか?「基礎コース」だけでも、あと、「天命数霊術」の5大条件が続くのですよ。そして「専門コース」は、姓名判断として、根拠・判断基準・実証例の3つの経験を積み、”命名・改名”のノウハウ、”気の入れ方””色紙の墨書”などを習得したうえ、一般の政治・経済・法律・社会問題の”数と姓名”への影響など、幅広い教養を習得して専門コースを終わり、プロとしての「開業免許状」を交付しています。その後、3年間くらいの経験は必要です。
 したがって、プロになるには、最低2年間の習得期間であり、経験積んで5年間くらい要します。とても冒頭の「3日間講座」では、プロにはなれませんよ。どの分野でも1人前の職人になるには、5〜10年はかかりますよね。
 

必読!僅か15歳の「橋本左内」に学ぶ5カ条の誓い!
[第723回](小吉)・・・8月4日(小凶)

「”左内公園?”ここが幕末で有名な”橋本左内”が居住していた所か?」
と、私が福井に転勤した時に初めて知ったのです。
 そこは福井市内の市街地に近い足羽山のふもとにありました。
 昨日のブログで、安政の大獄で処刑された「橋本左内」(26)を記載したことで、思い出したことがあります。
 「橋本左内」と言えば、福井藩士でオランダ医学で有名な「緒方洪庵」の塾生であり、同塾生の「福沢諭吉」とともに、幕末の思想家として日本の近代化に貢献した人です。
 昔の人は、実にシッカリしていますよ。15歳と言えば、江戸時代では元服し、1人前の大人の仲間入り。現在では20歳で、15歳と言えば中3か高校1年生ですね。
その「橋本左内」が15歳の時に遺した『啓発録』という本が、戦前の若者の教訓としていましたが、現在でも真理は学ぶところがあり、皆さんのお子さんにも、次の5項目を分かりやすく教えて上げてください。
第一、『稚心を去る』
15歳になれば、稚さない”甘えの心”を捨て去ること。
第二、『気を振う』
”気”をシッカリ持ち、挫けない心を持つこと。
第三、『志を立てる』
”志し”や”希望”を企て、突き進むこと。
第四、『学を勉める
勉学に励み、優れた人の言動を見習うこと。
第五、『交友を選ぶ』
悪友には染まりやすいが、益友は近寄り難くても自分のためになること。

 どうですか?これが「橋本左内」が15歳の時、自分を戒めるための『啓発録』が、処刑後に発見され、若者への教育書として評価されてきたのです。「橋本左内」は、天格21・地格9・総格30であり、「地格9」の”思考力”がありますでしょう。
 昔の若者は、時代も変える力を持っていたのですよ。

必読!若い力で日本の近代化「平成の維新」を!
[第722回](大凶)・・・8月3日(小吉)

8月のこの時期になりますと、広島・長崎の原爆被害・終戦記念日。
でも、この間に昭和60年8月12日の「日航ジャンボ機墜落事故」で520人が死亡した大事故を思い出します。この原因は”長年の金属疲労”で墜落したのです。
長年の保守政権、今や”金属疲労”で墜落しそうな自民党!
もう少し飛行すれば、老齢化した政権では、日本が墜落していまいますよ。今までのブログで、「非効率な縦割り行政・公益法人の整理統合・公務員制度改革・官庁会計法改正など」の遅れで、”税金の無駄使い”の結果、国家予算の10年分の借金を保守政権が作ってきたのです。自民党は財源がなくなれば、すぐ国債発行などの借金を作る。今や、自民党は「日本の下げマン」ですよ。
 「民主党は”財源”を考えていない!」と麻生さんの発言は、全く当たっていない。”自分の自民党”こそ”財源”を考えず、すぐ国債発行などの借金を増やすばかり。この繰り返しで、半世紀過ぎた責任は重いですよ。
 「自民党は責任政党」など、とんでもない。「改革意識がない無責任政党」だったのですよ。
 これらの経過を30年間見て来た私、”行政改革”担当の役所で中心になって働いてきた「中級官僚」であったからこそ、良く分かるのです。これが「高級官僚」なら、私利私欲しか考えず、国政改革の意識は老齢化した自民党と同じ感覚であったでしょう。
 江戸時代でさえ、幕府と庶民の窮乏を改革した「寛政・享保・天保」の3大改革のほか、藩政改革では「上杉鷹山」や「山田方谷」などの名君が歴史に残り、金属疲労の江戸幕府を倒し、明治維新という近代化を進めたのは、
皆、政治など未経験の若い力であったのです。
 惜しくも、安政の大獄・暗殺・病魔などで、若くして倒れた「吉田松陰」(29)「橋本左内」(26)「高杉晋作」(27)「坂本龍馬」(31)なども、皆、政治経験がなくても、若い正義感からの改革精神が、日本の近代化に貢献しましたね。現在だって、同じ道理なのです。政権担当未経験だからこそ、「民主党」は、若い政党として、シガラミのない「平成の維新」ができるかも知れないのです。

必読!各政党「マニフエスト」に”拉致問題”がない?!
[第721回](大吉)・・・8月2日(大凶)

「一体?拉致問題はどうなったの?」
と各政党のマニフエストを見ても、どこにも”拉致問題”は消えている。
今、自民党が奇跡的な逆転を望むなら、国民を”あつ!”と驚かす”拉致問題”の解決ですよ。投票日の8月30日までに、急転直下、”拉致問題”を解決し、「横田めぐみ」さん等が、日本の土を踏んだTV映像を見たら、「さすが、自民党は政権担当能力がある!」と、麻生さんを見直しますよ。
 確かに、「拉致問題」は非常に難しい複雑な事情があって、あの元安倍総理も匙を投げたのです。
 これは私の感想ですが、拉致問題は、政府や政治家は表向きは”国家間の外交問題”にしていますが、被害者やご家族に申し訳ないが、”本心は個人的な問題”として、軽く見ているような気がします。
 そのためか、各政党のマニフエストに、「拉致問題解決」を最重点項目として見当たらない。誠に高齢になられた横田夫妻をTVで拝見すると、心が痛みます。
 現在の政治家は、明治〜戦前の政治家と比較し、外交面では誠にだらしがない!(酒気帯び記者会見の前中川財務相など、江戸時代なら”切腹”もの!)
 日本はこんな調子で、「拉致問題」を本気で解決する意思はないようですが、一方の北朝鮮は、現在の財政的援助を日本から引き出す”本心”ではありますが、もともと”なぜ?日本人を拉致したのか?”を考えなくてはならないのです。
 北朝鮮の立場で、日本を見ると良く分かりますよ。
 いいですか、戦時中、日本は朝鮮半島を併合し、実質、日本の植民地化にして、何十万人という朝鮮人を日本に”強制連行”し、あたかも奴隷のように道路・港湾・河川工事、或は危険な火薬・毒薬工場で強制使役をさせていたのですよ。そして、日常生活もすべて差別扱い、犯罪があれば、すぐ朝鮮人のせいにし、拷問をかけて自白させ、死者も多く出たのです。
  私は在日朝鮮人の多い下関市で育っていたから、その差別をイヤほど見ています。例えば、大衆食堂や店員募集の張り紙「朝鮮人・琉球人お断り!」が今だに目に焼きついています。また、3軒隣りの交番所で、朝鮮人を拷問していた現場も見ています。
  こんな人道的にも酷い扱いをして来た日本人に対して、その”報復・敵討ち”の本心が、北朝鮮人に芽生えても止むを得ないでしょうね。そのために僅か日本人の100人や200人程度の拉致など、軽いことだ!と思っているのだと思いますよ。
 もし、日本が北朝鮮と逆の立場だったら、どう思いますか?
 人の恨みというものは、何百年経過しても、その子孫に残るものです。戦国時代の恨みが、先祖の体を通して、現在の我々に不幸をもたらす、と霊能者の霊視は常識ですし、関が原の西軍の恨みが、260年後、江戸幕府を倒した長州・薩摩など外様の報復、そして原爆被害者は未だにアメリカに対して恨みを持つ、など考えますと、この拉致問題は非常に複雑な要素を含んだ外交問題ですよ。
 でも、一刻も早く「拉致問題」を解決し、日本の土を踏んでほしいですね。

必読!『人生万事塞翁が馬!』あなたは”幸せな人生”?
[第720回](大凶)・・・8月1日(大吉)

もう、8月ですよ。今年も7ヵ月過ぎたのです。
”光陰矢の如し”の格言が、この歳になって身に沁みます。
さて、皆さんも、年齢に応じた人生を振り返り、”幸せ?”ですか?
 「あの人は、離婚して不幸ね。」
とか「あの人は、30代後半にもなるのに、未だ結婚できないとは?・・・不幸だね。」
など、身近な人の姓名判断をして、「どうして天格19なのに・・・?
天命数霊術の例外なのかなぁ〜?」と疑問に思われる方も居られますね。
 「離婚や晩婚」=”不幸ではない”のです! 
 私は、天格19の方が、離婚や晩婚でも”不幸”とは判断しません。
 なぜなら、離婚や晩婚で、以前の生活より遥かに上回る”幸運”を手にした方を知っているからです。
 東京に居住されている40代前半の女性、実はバツ2なのです。旧姓は「天格19」で比較的ベストに近いのに、最初の婚姻による改姓で、天格16で”偶数”のみになり、ご主人は「浮気・暴飲・暴行・借金」ばかりで離婚、2度目は天格20で偶数ばかりの姓名になり、ご主人は”交通事故死”で婚姻解消(女児1人あり)した方が居られました。(この時点で「色紙額」等を作成。)そこで実家の旧姓に戻し、「ブテック」の店をしていたところ、お見合いで40代後半の優良企業の2代目社長(奥様はガンで死別)と再婚され、とても”思いやりがある紳士”であり、3度目に”幸運”な生活を送って居られます。
 『人生万事塞翁が馬!』という格言をご存じですね。2度の結婚が”不幸”で3度目の”幸運”!
  さあ、仮に、この女性を未婚の時に姓名判断していたら、「天格19」でベストに近い姓名なので、”幸せな結婚ができますよ!”と姓名判断できますでしょうか?まさか、3度目の40代になって幸せな結婚を手に入れることは、とても「天命数霊術」でも、日本中の”占い師”でも予想・予言はできませんよ。
  でも、私は時間は経過するも、それがために”「9」の効用”が、その女性を守護してくれたのだと思いますよ。バツ2にもなれば、一生再婚しない方が多いと思いますが、「9」の”奇跡”が”幸運”を招いたのだと判断しています。
  外見や境遇から見て、”離婚は不幸だ!”とか”晩婚は不幸だ!”なんて、決め付けた判断はできませんよ。
  同じことが、「母子家庭だから・・・子供が不幸だ!」なんても言えません。賢い子なら、父親が居なくても、「福沢諭吉」や「野口英世」など、紙幣にもなる偉人に成長するのですから・・・。「下げマン」の父親など、居ない方が子供のためになります。
 私の判断は、「”身内に縁が薄い人”ですね。」と、客観的事実を姓名から判断し、主観的な「幸せとか、不幸ですね。」とは判断しませんよ。
 人生は「光陰矢の如し」で「人生万事塞翁が馬」だからです。