Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2009 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!痛ましい”介護疲れ”の殺害・自殺・心中の増加!
[第766回](小吉)・・・9月29日(大吉)

「日本は世界一の長寿国!」
と、喜んでばかりいられないですよ。100歳以上も4万人を超えていますが、その約60%も”寝たきりの高齢者”とか!
 この高齢者社会で、夫婦間、親子とも”老老介護”(年寄りが年寄りを介護)が急激に増え、”介護疲れ”から、夫婦間・親子間の”殺害・自殺・心中”の事件が、毎日のように全国で発生しています。

 昨日も、岡山・倉敷市の「真田勝重」(59)が、88歳になる寝たきり母親を”介護疲れ”から、首を絞めて殺害しましたね。先日も山口地裁の裁判員制度で、13年間、寝たきりの妻(60)を,献身的に介護をしてきた「岩崎政司」(63)の殺人未遂事件。
 また、記憶に新しいのは、元女優「清水由貴子」(49)さんは、母親の”介護疲れ”から、静岡・富士霊園で硫化ガス自殺([第632回09.4.21])。

皆さんご自身は、健康で若くても、ご家族の介護が必要になってくるかも知れませんよ。その時の境遇は、介護のため、働きたくても働かれず、毎日24時間の介護疲れから、誰でも一度は”いっそ早く死んでくれたら・・・”という殺意が生じるのでは?
 さあ、この時に”殺害”という実行を思い留まる自信があるでしょうか?それは、”理性の有無”に影響があります。その”理性”も「9・5」タイプの効用が大きく、逆に、運気が弱い「0・2・6」タイプと、切れ易く自制心を失う「4・7」タイプは、加害者にも被害者にもなり易いのですよ。
 でも、この”高齢者介護”は、現在の「特養老人ホーム」への待機者も多く、どうしても家庭介護が増え続ける傾向にあります。保育所の不足と同様、高齢者施設の不足も、新政権の課題です。
新政権は、長年の保守政党による失政の後始末と、新しい政策が山積しており、一刻の猶予もできない緊急事態の問題が多いので、大変な努力が必要です。
 日本の福祉の現状は、北ヨーロッパ諸国よりも、かなり遅れています。
 日本も北欧のように”揺り篭から墓場まで”の安心できる福祉国家になり、痛ましい”介護疲れ”からの夫婦・親子間の殺害事件を無くしたいですね。
 

必読!来年、民法改正で「夫婦別姓」も認められるかも?
[第765回](大吉)・・・9月28日(中吉)

「あなたは、夫婦”同姓と別姓”のどちらが良いと思いますか?」
実は、来年には、長年議論されて来た民法750条の「夫婦同姓」が改正される予定です。もちろん、これも民主党による新しい制度転換の一つです。
(夫婦別姓と言っても、婚姻届の時、自由に”同姓”か”別姓”かを、選択できるようになります。子供も選択制になります。)
 この改正は、”男女平等精神”と”家父長制度の撤廃”という理念に基づき、長年、革新政党が法案提出しても、保守政党の反対で実現しなかったものです。
 これが、法制審議会の答申を受けて、法務省も”選択性;夫婦別姓”を認める方向になっていますので、民主党などの法案提出で国会をパスして、日本民族も中国・朝鮮民族と同様に、”夫婦別姓”の時代が到来しますよ。
 でも、国民のアンケート調査では、賛成と反対が半々くらいです。

 実は、日本民族でも、室町時代ころまでは、”夫婦別姓”であったのですが、江戸時代になり、儒教思想からも”家長制度で家名の存続”という理念から、”夫婦同姓”の制度が定着してきた経緯があります。
 例えば、夫婦別姓は「源 頼朝」の正室は「北条政子」、「足利尊氏」の正室は「赤橋登子」、「足利義政」の正室は「日野富子」、「武田信玄」の正室は「三条の方」などが有名で”別姓”ですね。
 さて、この制度となれば、姓名判断の観点からみますと、”運気”の良い方の苗字を選択できるようになり、全く便利になりますよ。
 こうなれば、益々、”日常使用の苗字”を確認してから、姓名判断をしなくてはなりませんね。なぜなら、戸籍は旧姓(実家の姓)でも、日常生活では、日本人は当分の間は慣れず、子供の姓(夫の姓を選択した場合)と一体感から、日常は夫の姓を名乗る場合もあるかと思います。
 すると、日本中の説のように「苗字は先祖代々引き継がれたもので、血筋や家柄を表します。」という説は、選択制になりますので、益々混乱するでしょうね。
 私の説は、「”日常使用により、運気が変化”する。」という理念ですので、必ず、どちらの姓の使用頻度が多いか?を確認してからの判断になります。戸籍の苗字で判断すると、間違いの判断になる場合もありますから、今後、特に留意してください。
 女性の皆さん、来年からは結婚しても、夫の姓を名乗らなくても良いのですよ。両姓の運気を比較して、運気の良い方を選択できるとは、便利になると思いますでしょう。
すると、今後は、女の子出産でも、赤ちゃんの名付けは、一生、苗字が変更しない場合もありますので、ベストの名付けが益々必要になりますね。


必読!運気の良い「石田純一」と「東尾理子」の2人も”9・5”系列!
[第764回](小凶)・・・9月27日(小吉)

「なぜ?芸能ニュースと言えば、”仕事”の評価より、個人的な”恋愛・不倫・結婚・離婚問題”を採り上げるのか?」
と、私はいつも疑問に思っています。
 まあ、芸能人などの個人的な問題を記事にすれば、視聴率が上がったり、週刊誌などが売れるからでしょう。
 皆さんの関心も、俳優・タレントなど、本来の”仕事”の評価よりも、仕事とは、全く関係がない”個人的な問題”にあるのでは?
 私は、以前から、”仕事の資質評価”には関心を持っていますが、「俳優・タレントが、結婚しようが、離婚しようが、個人的な問題には全く関心がない・・・」のです。
 ですから、その方面の情報・知識は、私は殆どなく、皆さんの方が遥かにあるでしょうね。
 私の見方は、「なぜ?星の数ほど、俳優・タレントがいる中で、なぜ?有名になるのか?」という関心の方が強いのですよ。そのため、例えば、個人的な借金問題などでも話題になった「(故)藤山寛美」さんや「藤田まこと」さんなど、素晴らしい喜劇舞台俳優であり、また演技派の男優としての評価をすべきであり、個人的な借金など、社会的な問題でもなく、このような個人的な問題を、マスコミが採り上げるべきではないのです。
 この見方をすれば、実証例として”運気の吉凶”判断能力が付いてきますよ。その結果から、”相性”はどうか?”恋愛・結婚”が成就するか、否か?を推定できることになります。
 さて、前置きが長くなりましたが、俳優・タレント「石田純一」(55)さんとプロゴルファー「東尾理子」(33)さんとの恋愛関係が報じられていますが、私はそれより、2人の運気は”9・5”系列であるからこそ有名になり、本業よりも個人的な関心を引き付けていると思います。
「石田純一」天格15・地格6・総格21
(本名;「石田太郎」天・地14・総23)
「東尾理子」天格19・地格10・総格29
(このパターンは「浅田真央」さんと同様ですね。)
 この2人の対外的な運気は、「15」と「19」との相性で、どちらも現在よりも”仕事面”で向上し、特に「理子」さんの方が”上げマン”になるようです。
すると、2人の将来は想像できますね。
 

必読!”足りぬ”保育所・”余る”幼稚園;一元化の是否?
[第763回](小吉)・・・9月24日(小吉)

「生活のため、働きたいのですが、子供を預ける所がないのです。」
と、現在の市町村窓口の相談が急増とのニュース。
 世は不況で、共働きが急増!それに追いつかない”保育所不足”で待機児(約2万5千人)が多い。母親は働きたくても、働けない。
 この反面、専業主婦が少なくなり、かなりの幼稚園は”定員割れ”で、教室も空き室まで生じているとのこと。
 少子化対策で”生めよ、増やせよ”と言っても、子供を預ける所がないと、”生みたくても、生めない!”のが、現状です。
 いや、この”保育所不足”は、現状のみではなく、なんと1960年代、約50年前からの懸案事項なのです。
 そこで、私が新卒で行政監察局に就職した当時(約40年前)から、『幼稚園と保育所の一元化』が、行政改革の一環として、検討されて来ました。
 でも、この一元化は、非常に難しいとの主張が、厚生労働省と文部科学省との間で、”保育と教育は異なる!”という権限争いから、一元化は実現して来なかった訳です。
 ところが、この問題を”地方分権”を考え、テスト的に一元化をした市町村も全国にはあります。
 「一元化」は、3〜5歳までの年齢に限られますが、例えば、「小豆島こどもセンター」では、同じ教室(保育室)で一緒に幼児教育をしています。
 1クラスに、幼稚園教諭と保育士のコンビで担当させ、早帰りの子と遅帰りの子との違いがあるだけで、不自由なことを感じていないとのことです。
 今後、保育所不足で増設と言っても、特に都市部では、用地取得が困難であり、定員割れの幼稚園の土地建物を利用すれば、余分な税金を投入しなくても解決できるのです。
 そこで、0〜2歳までの保育に付いては、活動範囲も少ないので、保育室・運動場の面積も少なくて済みますので、新たな用地取得・建物も最少限度に押さえることができます。そのため、地域に細かく配置できますので、自宅からの送迎も近距離で便利になります。
 したがって、「幼稚園と保育所の一元化」は、3〜5歳の幼児であれば、全国的に実施できるのではないか、と思っています。
 とにかく、この不況時、両省の権限と予算の争いがある”縦割り行政”をしている場合ではないのです。長年の保守政権では、官僚の言いなりで、この一元化さえ実行できていないのですよ。
 この点を、特に、少子化対策担当大臣「福島瑞穂」氏は、早急に”一元化”の政策を実施して頂きたいですね。

[お知らせ]
 25・26日の2日間は、業務多忙に付き、ブログをお休みにします。それに、今まで、風邪一つ引かない健康体でしたが、70歳という代変わりで、最近、体力・気力が落ちてきたような気がします。その原因は、14年間も同居していた"愛犬の死"が、体にこたえたようです。”ペット”でも命の大切さが、身にしみます。生身の体で、いつ心筋梗塞・脳梗塞などで、倒れるかも知れません。もし右手が不自由になれば、「色紙顎」などの”毛筆”は書けなくなります。ご希望の方は、早めにお申し出下さい。

必読!閣僚の17人全員の名を判断しましたか?
[第762回](大凶)・・・9月23日(小吉)

鳩山総理は、国連の舞台で、温室ガス25%削減を発表し、世界から評価を受けています。それに比し、「前原誠司」国交相は、八ッ場ダム中止表明で、これから、地元民の反対で大変な試練に直面するようです。
  さて、自民党内閣に比し、民主党連立内閣では世襲議員も少ないので、閣僚17人の名は、「9・5」タイプが多く見られますね。
        ★     ★     ★
「鳩山由紀夫」天格18地格12補格4総格34
「菅 直人」天格19地格2総格21
「原口一博」天格11地格15総格26
「千葉景子」天格15地格15総格30
「岡田克也」天格15地格8総格23
「藤井裕久」天格30地格7総格37
「川端達夫」天格15地格17総格32
「長妻 昭」天格17地格8総格25
「赤松広隆」天格12地格19総格31
「直嶋正行」天格13地格20総格33
「前原誠司」天格22地格15総格37
「小沢鋭仁」天格18地格11総格29
「北沢俊美」天格14地格16総格30
「平野博文」天格17地格15総格32
「中井 ◇」天格13地格4総格17
「亀井静香」天格25地格13総格38
「福島瑞穂」天格26地格25総格51
「仙谷由人」天格10地格総格19
       ★      ★      ★
どうですか、「9・5」がなくても、大臣になれる運勢にはあるのですが、「9・5」があれば、”成功する確率が高い”と判断してください。
 この17人の画数だけ判断しても、「9・5」がある人は、13人も居られます。通常の確率では、「9・5」がある方は、20%なのですが、この17人の閣僚(総理を除く)は、76%も「9.5」を持っているという結果になります。
特に、民主党の画期的な政治改革を担う「菅 直人」(国家戦略局)と「仙谷由人」(行政刷新会議)を担当する2人は、ともに「9」タイプですね。一言で判断するなら、菅氏は天格19から、”対外的な戦略分野”、仙谷氏は地格9から、”対内的な思考分野”を担当する適材と判断できます。

必読!感動の老人介護;ヤクザから転身の介護士!
[第761回](大吉)・・・9月21日(大吉)

「あなた自身も、いつか高齢者になるのですよ。」
「あなた自身は若くても、ご両親の介護が必要になるかも・・・?」
今日は、”敬老の日”。現在、100歳以上は4万人を超えています。
  さて、昨晩、『第18回FNSドキュメント大賞「小さな宅老所の物語」』を見ていましたら、とても感動しました。
 「ヤクザの時は、”お金”ばかり追っかけていましたが、ここに来て”心と命の大切さ”を知りました。」
という「佐々木 純」(33)さん.
この個人経営の宅老所は、宮城・美里町にある「まりちゃんの家」であり、高齢者16人の介護をしています。
 佐々木純さんが、5年前、ヤクザの足を洗って、”何か社会に役立つことをしたい”と決意し、ある方の紹介でこの施設の高齢者のお世話をすることになったのですが、ヤクザの前歴を公表することが心配でした。しかし、勇気を出して紹介したところ、この施設のスタッフも入所の高齢者も、”ヤクザからの転身”を、心から歓迎し迎えたのです。
 そこで、彼は「本気になるべぇ」と、誠心誠意を尽くし、いつも”笑顔と暖かい心”で接していました。そのうち、「黒田千代見」(79)さんのお世話をする専属スタッフになりましたが、この女性は”脊髄性小脳障害”という難病で、意識は正常ですが、咽喉の筋肉萎縮で、食事は口からではなく、腹に穴を開け、直接、胃に流動食を流し込む難病で、しかも車イスの生活でした。彼は、この難病の女性に献身的なお世話ばかりではなく、”外の空気に触れる思い出作りをしてあげたい”と、自分で運転して、”白鳥見物”や”花火大会”にも、ドライブをしてあげたのです。
 さらに、彼は3年前に結婚し、女児が誕生したのですが、「こころ」と名付け、その黒田さんに見せたのでした。その後、咽喉の筋肉萎縮から”タン”が詰まるので、気管切開手術を大病院で行い、施設皆さんが千羽鶴を折り回復を願ったのですが、病院の”医療ミス”で、その黒田さんは亡くなりました。
ところが彼は、自分の介護にも責任を感じて、もっと専門的な教育を受けたいと発心し、宮城県立仙台第一高校(通信過程)に入学したのですが、さらに福祉専門の大学志望しているとのことです。
 皆さん、どうですか? 私たち一般の境遇にある人でも、彼のような献身的な介護はなかなか、できませんよ。ヤクザから立派に更正し、社会貢献できる方が居られるのですから、先日の”仕事”と”前歴”の評価は別物だと投稿([第758回])した実証例の一つとして、とても感動したドキュメントでした。
 (彼の名は、次のとおり、「4・7」タイプと「3・8」タイプの両面を持った姓名ですね。特に総格の「24」の円満・温厚・思いやりの精神が、地格3の影響から、長所に働いた一例ですよ。そして、その影響で「4・7」タイプが長所になれば、”負けず嫌い・根性・行動的など”に好転する場合があります。
「佐々木 純」天格17・地格3・補格4・総格24
 このような姓名判断は、非常に難しいですが、数の配列の相互影響を習得してください。)

必読!漢和辞典「能」と「熊」の画数に矛盾を発見!?
[第760回](大凶)・・・9月20日(大凶)

『 私は、”能田”という苗字ですが、スーパーの姓名判断師に鑑定してもらったのですが、”能”は12画で判断されました。10画では?と尋ねますと、”昔からそうなっている”とのことでした。望月先生の説は、書く通りの画数ですから、10画ですよね。なぜ、12画になるのですか?』(原文どおり)
との質問が、今日、PCメールにありました。
 皆さん、「熊・勝・服・脇・肥・脇・・」などの字体で、日本人の苗字(熊谷・勝田・服部・肥田・脇田・・)にありますが、それぞれの画数が分かりますか?
 私は、”語源”を遡及する時は、旧字体や合成字体を漢和辞典で調べますが、姓名判断という”運勢”を判断する時は、日常書くとおりに”画数”を求めるという説ですから、画数は明解に出ますね。
 ところが、日本中の多数説は、旧漢字で判断するのですから、イチイチ漢和辞典で調べないと、画数が不明という難点があります。
 先日も、「亀井」さん「塩田」さんの”亀”や”塩”の旧字体は、私でも書き順や画数がサッパリ分かりませんと投稿しましたね。
 冒頭のご質問は、「月」の字体が、衛星の「月」(4画)なのか、「肉」(6画)なのか、により、画数が異なるという説ですから、実にヤヤコシク、TVの字幕や立ち話では、到底、即断できない説ですね。
  第一、日本中の説は、”語源”と”運気”とを混同しているのは、大きな欠点なのですよ。
 ところで、冒頭の「能」の画数を確認するため、漢和辞典で調べますと、確かに、12画になっていました。そこで、同じ「能」と「火(烈点)」との合成字である「熊」を確認しますと、なんと14画ではありませんか!
 「熊」の”能”が12画なら、それに「火」(4画)を加えたのですから、16画になるはずなのに、”14画”と漢和辞典にあるのです。
 同じ「月」が「肉」の語源なら、「能」と「熊」の画数の出し方は、明らかに”矛盾”しているのを発見しましたよ。
  さて、姓名判断の有名人「野末陳平」氏のロングセラー「姓名判断」(光文社)の270ページに「月」と「肉」の区別について、こんな記述があります。
『・・・理くつにあわないところ、へ理くつのような計算法も中にはありますが、ここは占いという不思議な世界で遊ぶためのトリキメですから、読者諸兄は大目に見てほしいと思います。』(原文どおり)
 実に呆れるではありませんか?これが日本で有名な姓名判断師なのですよ。読者は、「何とか運気を向上したい」と、真剣に著書を購入して読んだのに、全く無責任な表現に、皆さんも驚かれたと思います。
”有名人の著書、必ずしも正しいとは限りませんよ。”

必読!来年は「平城京遷都1300年」;NHK”古代史ドラマ”予定!
[第759回](大吉)・・・9月19日(最大吉)

「古代史ドラマ始まる!」
と、NHK大阪放送局が”奈良遷都1300年”を記念して、来春”古代史ドラマスペシャル”『大仏開眼;1300年を見つめた瞳』を放映予定と発表されました。主役は吉備真備役;俳優の「吉岡秀隆」さん(地格19)が演じるとのこと。
 藤原京から平城京に遷都されたのが、710年(和銅3年)のことですから、来年2010年では、丁度、1300年前になるのです。
 平城京跡は東大寺大仏殿を含めて、「世界遺産」に登録されています。
 でも、不思議なのですよ。平城京の時代は、平安京と異なり、政変も多く安定しなかったので、約84年間という短い期間でした。(平安京は、幕末までと見ると、約1000年)
 この比較も不思議なのですよ。
 「平城京」は”22”画で、天皇制も”苦労”が多い時代でした。
 「平安京」は”19”画で、平安時代は華やかな貴族文化が栄え、武家政治になっても、天皇のご在所は幕末まで、約1000年続いた京都として榮ました。「奈良」は”15”画、「京都」は”19”画でしたね。
 すると、地名まで、人名と同様に”数の吉凶”に影響がありますよ。
 また、「平城京」が「平安京」に比べ、短い運命であったのは、「陰宅(地相)風水」パワーが、遥かに弱かったことに原因があるのです。
 「平城京」の北の山(玄武)は低く、東の春日山(青龍)と西の生駒連山(白虎)と比較した場合、東の春日山が低いのは、青龍が白虎に負けているので、北からのパワーを十分龍脈に乗せることが出来ないからです。
 しかも、東側には、京都の鴨川のような大きな川がなく、水量の少ない佐保川しかないという地形状の欠点があった訳ですから、短命の都になったと風水上で解釈されています。
 ですから、都の都市計画で、唐の都「長安」の模倣で、どちらも「1条大路〜9条大路」で、「9」の運気は変わらないのですが、「平城京」(22画)と「地形の龍脈が弱い」という2つに理由から、短命な都となったと想像されます。
  私は、「奈良」には、2回転勤(44年前と30年前)しています。通勤に近鉄「奈良線」を利用していましたが、当時は車窓から見える「平城京跡」は、一面、雑草ばかりの平野でした。何だか”廃墟にされた古都の跡”で寂しい郷愁に駆られたことが思い出されます。

必読!現在の「職業」に関係しない「前歴」を批判する間違い!
[第758回](中吉)・・・9月18日(中吉)

「民主党の新人女性議員は、ヌードモデルであった!」
とマスコミに報道され、それをネタにバッシングするサイトが多いですが、私は、この批判は間違っていると思います。
 これからの議員の”資質と活躍”には、過去の前歴には、何の関係もないことです。「本人は生活苦で、止む得えず・・・」と弁明しています。
 皆さんも、職業人としての評価する場合、その職業とは全く関係のないことで、批判しないよう良識を持って頂きたいのです。
 職業とは関係ない犯罪歴・反社会的行為・不倫・浮気・破産などがあっても、本業の職業とは、全く関係ないことです。
 例えば、昨年に投稿した画家「山本 集」氏や有名な作家「安倍譲二」氏などは、かっては暴力団から足を洗って、社会貢献する人になったのですよ。それだからこそ、反社会的行為が過去にあっても、何ら、本業の”資質と活躍”には関係せず、「更正の道」が開けているいことを、良く理解して頂きたいのです。
この更正への道は、例えば、刑務所や少年院を出所し、保護司の紹介で、工場などに就職した場合、同僚からイジメられ、折角の更正への道が閉ざされ、再犯を呼ぶことになるケースも多いのですよ。
 まして、今回の新人女性議員は、ヌードモデルであったとしても、それも職業であり、少しも「法に触れる反社会的行為」ではなく、現在の”議員資質”とは関係のないことです。
 ですから、あれだけ毎日のようにテレビで放映されている「酒井法子」容疑者でも、本業の”タレント業”と”覚醒剤所持違反”とは、切り離して評価すべきなのです。これが、もし本業のタレント業の遂行に不祥事があれば、それは”本業の資質”が問われ、批判しても良いのです。
これに対して、国際会議後の記者会見で、”酒気帯び”会見をした元・中川財務相は、大臣としての業務の一環であり、この事例の場合は、”大臣としての資質”がないと批判と責任は追及しても許されます。
 さらに、職業的にみて、本来業務に関する警察官・教育者など、”飲酒運転””痴漢””窃盗”などは、また、広く国民に模範をしめすべき職業では、その”資質”がない人だと、評価しても良いと思います。
 しかし、”占い師”や”姓名判断師”が、上記のような反社会的行為があっても、”本来業務の実力・資質”と”個人的な問題”とは、切り離して評価すべきです。
  ですから、私が「熊崎式」を根拠を持って批判することは、広く国民のための”公益性”がある”学説批判”であり、姓名判断師の”個人的な問題”は、一切触れていませんね。
  個人的な問題をマスコミが取り上げたり、中傷サイトで公開することは、「名誉毀損・信用毀損」になり、訴訟に発展する場合がありますので、皆さんも、人を評価する場合、十分に気をつけて下さい。ですから、今回の「酒井法子容疑者」や「民主党の新人議員」の問題は、このブログでは投稿しないのです。
 

 

必読!長年、待望の国民主権;鳩山内閣誕生!
[第757回](中吉)・・・9月17日(小吉)

「明治以来の”官僚主導の政治”から、待望の”国民主権の政治”になったなぁ〜」
と、昨夜の新閣僚の記者会見(午前1時45分まで17人の会見)をすべて聴きまして、私はそのように感じました。
 それに、各閣僚はそれぞれの専門又は得意分野を生かした”適材適所”の配置をした「堅実な内閣」だと思いましたよ。
 感心したのは、鳩山総理が各大臣に、遵守すべき「各担当省の”重要課題”」について、箇条書きで指示していたことです。そして、従来の自民党内閣の記者会見では、挨拶も官僚や秘書が作成した文書を読み上げていましたが、今回は、自分の口で決意を新たにした挨拶をしていました。
 私は、何度も記載していますが、政党・宗教・信条は”中立”であり、客観的にみても、例えば、安倍内閣のような”お友達内閣”ではなく、国民主権からみた政治主導の内閣の構成であり、正に「堅実な内閣」だと思いました。
 以前にも投稿しましたが、私が30年勤務した”国民のための役所”(旧総務庁行政管理局・行政監察局)があるのに、行政改革勧告案は”保守政党の族議員と高級官僚との癒着”で、かなり潰されて来たのです。中心になって働いてきた私のような”中級官僚”は、空しさを感じていたものです。
 ですから、このまま保守政権が継続して行けば、”無駄な特殊法人・天下り・無駄なハコモノ建設”などで、税金の無駄遣いが多く、国の借金(国債発行残高など)は膨大になり、日本は破産国寸前になるところでした。
 以前、このブログにコメントした方が、「民主党政権になれば、日本は滅びる!」とのご意見がありましたが、それは”逆”なのです。
 保守政党は、利益団体などの族議員が多く、税金は特定の団体や大企業保護政策で、真に弱者である庶民の生活向上など、2の次の政策が50年以上も続いて来たのです。
 1昨年のブログ([第22回])で、女流作家「瀬戸内寂聴」氏は”年寄りを大事にしないと、日本は滅びる!”との週刊誌の記事を批判して、私は「日本は”滅びる国”ではない!」と投稿しましたね。
 「日本」(9画)は、”不思議な運気を持つ国”なのです。敗戦国で壊滅状態から、アメリカの援助を受けながら、団塊世代の勤勉努力の結果により、世界の経済大国になりましたが、それがまた保守政権の失政により、借金大国にならんとしたら、国民主権を取り戻す民主政権が誕生したのです。
 こんどは、賢明な国民が目を開いた”奇跡”に、日本は蘇るようです。
 ”倒れては起き上がる”不思議な運気が、9画のドイツと同じように、9画の日本にはあるのです。日本は決して、滅びませんよ。
 

必読!「イチロー」の首には”9”のペンダント!
[第756回](小吉)・・・9月15日(大吉)

  ついに「イチロー」は、9年連続200本安打を達成しましたね。
過日([第549回]参照)の2000本安打に続いての「9年連続200本安打」で、その偉業のニュースは世界を駆け巡り、鳩山次期総理も「イチローのように、政権を担当したい。」とのコメント。
 普段、野球に興味のない人でも、「イチロー」の偉業には、驚きの賞賛をしていますね。
 政府も「国民栄誉賞」を、本人に打診しましたが、「まだ、現役ですから・・・」と謙虚に辞退されたそうです。
 さて、「イチロー」の首には、5年前、弓子夫人からのプレゼント「数字”9”」がデザインされたペンダントを架けています。
 5年前から、「連続9年200本安打」を達成する願いを込めての「9」でしょうが、本人も「なぜか、私は”9”が好きなのです。」とのコメント。
  さて、私はすでに、40年前から「”9”こそ最大吉数!」と主張してきましたが、その間の日本中の姓名判断師の本には、「9・19は”大凶”!その理由は”満ちれば欠ける”」との趣旨で書かれています。
  皆さん、確かに昔から「月と恋」は、”満ちれば欠ける”と言われてきましたが、人の健康・才能などの運気は、決して「満ちても、欠けません。健康な人は、病気一つしないで、100歳以上の長寿の方もおられ、また、才能でも「イチロー」のように永続していますし、もし現役を引退しても、監督や野球解説者・指導者、或はタレントなどとしても、一生、引く手数多の幸運が、約束されたようなものです。
 全国の姓名判断師のように、「”9”は、”満ちれば、欠ける”」というような”単純な根拠”で、「”9”は、大凶!」と判断しているのは、プロとして、余りにも”素人判断”ですね。
 「”9”こそ、最大吉数!」なのは、「イチロー」の”天才的な才能と究極の運気”が、何よりも証明できるではありませんか?!

[お知らせ]
 このたび、「天命数霊術」の応援のため、読者の「倉持美香」さまが、『赤ちゃんの名付け方「ラッキー9」』(http://lucky9.jimdo.com/)を作成して頂きました。右の「リンク」欄をクリックして見てください。
 とても分かり易いホームページになっていますので、ぜひご覧下さい。
 皆さんの友人・知人にも、お知らせ下さり、「天命数霊術」の普及にご協力願います。
なお、そのHPの中の「コミュニテイ」欄から、皆さんとの”意見交換”の場を設けてくださいましたので、お気軽に親睦を暖めて下さい。
 その交流の場が盛んになりましたら、改名された方も多いので、一度、関東地方(県名?未定)で「講演と親睦会」の開催も企画したく思います。

必読!1字名の名付けは、最高の”語源”がある字体に!
[第755回](大吉)・・・9月14日(小凶)

『 響(ひびき)・葵(あおい)・涼(りよう)・諒(りょう)・楓(さやか)・凛(りん)・絆(きずな)・遥(はるか)・樹(いつき)・翠(すい)・栞(しおり)・悠(ゆう)・煌(こう)・・・』
など、これは、最近の地方新聞から、1字名の赤ちゃんの名をピックアップしたものです。
 少子化の現在、親は非常に知恵を絞って考えたのか、珍しい「漢字と呼び名」がありますね。しかも、男女の区別が付かない名が多いですね。
 最近の親御さん、”呼び名”の好みにこだわって、パソコンや携帯の変換から、字体を探し出すから、こんな傾向になるのです。
 ですから、”画数”や”語源”の適否、男女の区別など、お構いなしで、親御さんだけが満足している名も見られます。
 さて、中国民族の名は1字名が多いのと異なり、日本人の名は、2〜3字名が約90%ある中で、1字名は余程「運気・語源」の良い字体にしないと、運勢上の”損”をしますよ。それ以外に注目することは、苗字の2字目が「9・5」系列なら、地格が「9・5」系列になりますから、1字名を採用して良いのです。
もし、運気の良い子に育つ願望があるなら、この2つの点に注意してください。
 さて、日本人の1字名の起源は、いつ頃からあったのでしょうか?
 平安時代の前期、嵯峨天皇の皇子を名付けて、「源 融(とおる)」にしたのが始まりです。その流れを汲む子孫が、難波(大坂)西成郡渡邊地区に居住し、地名の渡邊を苗字にして、「渡邊」一族は分家も含めて「1字名」を承継し、驚くことに、その末裔は現在でも「1字名の渡邊」さんが、全国に居られます。
 このような「渡邊」さんは、日本人の苗字・名からみると、1000年も分家を含めて、先祖代々承継してきたとは言えるのですが、しかし血筋は続いても、次三男以下は「養子」に行くと当然のこと、苗字は異なり、1字名の伝統も消えているのです。
 ですから、昨日の「麻生太郎」氏のように、先祖は「吉田」「竹内」の苗字であって、現在の「麻生」姓を判断して、「苗字を見れば、先祖代々承継しており、血筋も分かります。」という日本中の説は、大いに疑問ですね。  今日の1字名の話題から、歴史を遡れば、千年も苗字が不変なのは日本人のほんの一部に過ぎません。まして一般庶民は、明治以降に命名した苗字が大半であることは、もう常識として覚えていてください。

必読!命名の由来;「鳩山一郎」と「吉田 茂」との比較?
[第754回](小凶)・・・9月13日(小吉)

初めに、お断りして置きますが、政治家は明治時代から「地盤・看板・カバン」の”3種の神器”を持つ世襲でしたから、”姓名”の吉凶・運勢には余り関係がない例外の職業ということ、忘れないで下さい。(但し、性格のみは姓名に関係します)
皆さん、ご存じですよね。
「鳩山一郎」は、民主党代表「鳩山由紀夫」の祖父。
「吉田 茂」は、総理大臣「麻生太郎」の祖父。
 いずれの祖父も、戦後を代表する総理大臣ですね。
 ところが、明治生まれにしては、非常に有り触れた「一郎」と「茂」ですね。この簡単な名を命名した曽祖父は、
「鳩山和夫」は、衆議院議長。
「竹内 綱」は、自由民権運動の闘士。衆議院議員。
 さて、この2人の曽祖父が、なぜ、「一郎」とか「茂」の名づけをしたのでしょうか?
 明治時代といえば、国民は難しい漢字など、広く庶民には知られておらず、選挙権があるのは、一部の特権階級(高額所得者など)と言っても、選挙の時に”読めない””書けない””意味不明”の名では面倒だという意識がありました。選挙では、「簡単な姓名の人に 投票する」ということも言われた時代でした。

特に、世襲の政治家のうちでは、「選挙があるから、不利にならないよう簡単な名づけをする」とのこと。(私が生まれた昭和13年当時でさえ、母は将来、選挙の時に不利になるから、簡単な名にしたのよ、と言っていました。)
 この趣旨から、曽祖父「鳩山和夫」氏がその長男を「一郎」としたそうです。(この選挙目的に、世襲の麻生太郎、小沢一郎、河野太郎、逢沢一郎などが名付けられたと思います。)
 一方、「吉田 茂」は、竹内家から吉田家に養子に行ったのですが、曽祖父「竹内 綱」氏は、政治家である一方、実業家でもあり、文化的な教養もあった人です。
古代中国では、”理想の人間像”は、”天子(皇帝)”を除けば、「聖・賢・傑・豪・俊・英・選・茂」の8段階(天子を加えると、9段階)あり、その最下位の「茂」から順次、上位ランクに昇り詰めて、聖人になってほしい、という深遠な理想を持って、「竹内 茂」と名付け、養子で「吉田 茂」となったということです。(8ランクのうち、「遷」の字体は、日本人には見かけませんが、前漢時代の歴史家「司馬 遷」が有名です。)
さて、その孫である「麻生太郎」氏、果たして、曽祖父の精神が流れていますでしょうか。でも「太郎」は「茂」のような理念ではなく、選挙で書きやすいという鳩山家の”命名の由来”に準拠したようです。
 それにしても、政治家には「◇太郎」「◇一郎」が多いですね。
この由来は、平安末期の源平時代からの「武士の美称」であり、例えば「八幡太郎義家」のように、「太郎」は”通称名”、「義家」は”名乗り”でしたね。
 それが、平成の現在でも、男性の名は、そのいずれかを承継したものです。「麻生太郎」は”通称名”であり、「鳩山由紀夫」は”名乗り”なのです。
「このいずれかを採用せよ。」と明治政府の壬申戸籍編成の時、国民にお触れを出したのが、現在の”男性名の姿”であるのです。
 

必読!感動の歌;「あぁ、モンテンルパの夜は更けて」の話題!
[第753回](小吉)・・・9月12日(大凶)

『モンテンルパの 夜は更けて  つのる想い やるせない  遠い故郷 しのびつつ  涙に曇る 月影に 優しい母の 夢を見る・・・♪〜♪♪・・・』
(昭和27年;作詞;代田銀太郎  作曲;伊藤正康  歌手;渡邊はま子)
この歌は、戦後に大ヒットした曲の一つです。作詞・作曲はもちろん、歌手の「(故)渡邊はま子」さんの哀愁を佩びた歌声に感動しますよ。(PCサイトの「憩いの歌集」を検索して聴いてください。私は聴きながらこのブログを書いています。)
 先ほどの民放TV;「土曜プレミアム;特別企画”伝説の歌手;奇跡の救出劇”」を観て、心から感動しました。
 この歌が出来たのは昭和27年、私が中学2年頃ですから、この歌と歌手の名は有名でしたから知っていましたが、この背景にある「フイリッピンのモンテンルパ刑務所;旧日本軍死刑囚108人の戦犯救出劇」の話題は、全く知らなかったのです。
 実は、この作詞と作曲は、その獄中にあった2人の死刑囚の作品です。
 次々に軍友が死刑執行されて行く中で、残された死刑囚の心を癒し、元気付けるための作品です。
その境遇を知った当時の有名な歌手「渡邊はま子」さんが、当時国交のなかったフイリッピンのビザを、政府に陳情して例外措置でビザを取得して、”獄中のコンサート”を死刑囚108人の前で慰問したのです。獄中の108人は、皆、遠く離れた故郷と家族を想い”感動の涙”で合唱したのです。
 ところが、当時のフイリッピン大統領が、この歌のオルゴールを聴き、「戦犯の死刑囚でも、こんな情愛のある若者を、フイリッピンの若者に模範としたい。」と言い、”全員の特赦”を決め、戦後8年振りに帰国し、家族に再会できました。でも、すでに死刑執行された遺骨が遺族に渡されたシーンも感涙しましたよ。
 実にこの名曲は、人の心に感動を与え、日本とフイリッピンとの友好の絆になった話題でした。
 さて、この感動の作品から、108人の命を救った功績は、もちろん「渡邊はま子」さんですが、やはり獄中の2人でしょうね。
 その名を見てください。
「代田銀太郎」天格19・地格9・補格9・総格37
「伊藤正康」天格11・地格29・総格40
 
 どうですか、名作詞・名曲も人に感動を与え、人の命を救い、時代も変えますが、姓名の「9」系列の最大吉数も、その基盤となっているのです。

必読!予告;民放TV2時間SP「全国の占い師」を観て!
[第752回](小吉)・・・9月11日(大吉)

『くちこみっ!大捜査!!本当は教えたくない!(秘)凄い!占い師・日本全国で発見しました!SP「日本全国の占い師が続々登場」』
という民放TV番組の予告。来る9月17日(木)19〜21時の放映予定。

 さて、皆さんもカレンダーに印を付け、忘れずに観てください。でも、私が出る訳がないでしょう。
なぜなら、かって、地元のTVには、”真実の風水”番組で出演しましたが、全国の”占い師”の中には、姓名判断師として、私は名簿にないのですよ。私の説は、何度も投稿していますように”占い”ではなく、”人文科学”の学問だからです。
 ”占い”と”学問”の違いは、文系の科学としての「根拠と判断基準」があるか、否かです。
 皆さんに、この番組を観て、”吉凶”の結果のみではなく、「なぜ?そのような判断ができるのか?」を考えながら観てください。「根拠・判断基準」がなく、その時のゲストの会話のやり取りの中で、占い師がその場の”思いつき”で言っていることが多いのです。
 その会話の中に具体性がある判断をしても、何ヵ月前からテレビ局が資料を集めて、答弁の指導もしている”ヤラセ”が多いのです。私が出演した時も、TV局からの事前の打ち合わせがありました。
 それから、「あなたは3年後に・・・」とか「東京地震は3年後・・・」など。良く聴いていてくださいよ。必ず”うそ”の「3・8(サン・パチ)」の数が出てきますからね。
  日本人は、「3」と「8」の数は非常に言いやすく、つい、3年後とか、30万人の統計から・・・なんて言ってしまうのです。
 スーパーなどの特価では、「1980円」とか「398円」など、下1桁には「8」が付いていますでしょう。
 それから、”十束一絡げ”の判断を、日本人はすぐ信じてしまうのです。
  日本人1億2千万人もいるのに、「4種類しかない血液型占い」「12種類しかない星座・干支・誕生月占い」など、本気で信じる人、多いですね。
 人の運勢は、1億2千万人、一人すつ皆違うのですよ。
 しかも、””今日の運勢”の記事を、新聞や週刊誌・テレビで良く見かけますが、”吉凶”が毎日異なる根拠はないのです。
 なぜなら、占い師でも分からず、面倒なので、それを仕事にする”原稿作成屋”(ゴーストライター)に委託して、FAXでTV局に1週間分まとめて送信しているのが、「今日の占い」番組になると聴いています。
 このような背景事情を知ってから、来る17日の占い番組を観ると、マインドコントロールされず、冷静に判断ができますよ。

[お願い]
  全国の”占い”関係サイトで、「根拠・判断基準・実証例」の3つを、無料で公開されているブログがありましたら、ぜひ、教えてください。
  

必読!9月10日のWHO「世界自殺予防デー」に寄せて!
[第751回](大吉)・・・9月10日(大凶)

『最近、鬱(うつ)になり、もう”生きるのがイヤ”になりました・・・』
と、私のメールにも、ここ3ヵ月くらいで、5〜6人はありました。(もちろん、”偶数”が多い名の人ですから、人生の”目的”を持たない人が多く、説得したり、中には改名で”心気一転”した方もおられます。)

 今日9月10日は、WHO「世界自殺予防デー」なのです。
 日本では、平成10〜20年の11年間、連続して3万人を超えています。今年の7月まで、すでに2万人近くの”自殺者”が出ていますよ。

 でも、不思議なのですよ。仮に「新型インフルエンザ」で、日本人の死亡者が3万人を超えたら、それは”大騒ぎ”になることが予想されるのに、自殺者が、11年間も連続して3万人を超えても、実に”静か?”ですね。
 最近になり、政府・自治体・NPO法人などが、やっと本気で「電話相談窓口」などを設け、自殺を思い止まるよう説得しています。
 その中でも、親の自殺で遺児になった子供たちへ、「あしなが育英会」活動の一環として、”自殺遺児への心のケア”として、福島大2年の「島脇麻実」さん(20)が講演活動をしています。彼女が小学1年生の時、父親(46歳)が自殺されたそうです。
その後、母子家庭の経済的な困窮の中で、「あしなが育英会」のお陰で大学まで進学できた喜びと感謝をして、”命の大切さ”を遺児たちに講演しているそうです。
 自殺者3万人の年齢層では、一番多いのは、意外にも50〜59歳の男性であり、この年代は会社倒産による負債やリストラ失業で無収入、その時期、子供が大学・高校生などに”学資”が一番必要な年齢なのです。
 でも、私に相談があるのは、20代後半〜30代後半の既婚者(女性)が多いですね。専業主婦でも、職業婦人でも、毎日の家事・子育て・会社への往復の繰り返しで、人生の”生き甲斐”を持てず、”無気力”になり、やがて”鬱(うつ)”から、”自殺願望”になるケースが多いように感じます。
 その経過である”無気力・鬱(うつ)”を防止するためには、主婦は多忙の中でも、何とか自分の時間を作り、「趣味・習い事」に没頭することです。(「天命数霊術」の勉強でも良いですよ。勉強することは”無尽蔵”にあります。)
 でも、単純に趣味・習い事に時間を持つのではなく、必ず、一段高い”目的”(例;展覧会などの受賞)を持つことです。
 例えば、夜、静かな時に、小説を書いても良いのですが、漠然と書くのではなく、芥川賞・直木賞・江戸川乱歩賞・時代小説賞などを目的にすることです。(私も江戸川乱歩賞に挑戦したことがあります。)
 初めから「自分はそんな能力なんかない!」と諦める人は、もう”無気力”になりますから、”鬱(うつ)”から”自殺願望”に戻ってしまうのです。
『目的を持てば、不思議なことに”実現”しますよ。』というのは、世の中の成功者の共通理念です。
 でも、自殺者の自殺原因は、会社倒産によるリストラで”生活苦”など、外的要因もありますが、そんな時こそ、”目的・願望・努力”を持ち、”奇数”が多く「9・5・1」の雅号でも付けて、”心気一転”してください。”一生は短く”『少年老い易く、学成り難し』ですよ。

必読!アニメ「銀河鉄道999」は”999”の運気?
[第750回](小凶)・・・9月9日(最大吉)

今日は、"2009.9.9"の「スリーナイン」の日ですね。
(旧暦9月9日の”重陽の節句”の話題に付いては、[第91回07.9.9]を再読してください。)
「スリーナイン」と言えば、皆さんも『銀河鉄道999』を思い出すのでは?ご承知のように、SF漫画家「松本零士」氏(本名;松本晟)の代表作ですね。
このアニメに登場する”キャラクター”と”宇宙を走る列車”には、子供ばかりではなく、大人にも”未来の夢”をもたらす素晴らしい作品だと思います。でも、列車が新幹線のような高度機能を備えた列車ではなく、意外にも”煙を吐く蒸気機関車SL”をモチーフにしているアンバランスの発想が、独創的なSF漫画として、読者に”過去の郷愁”と”未来思考”の組み合わせに共感を呼んだと思います。
 しかし、以前から私は疑問に思っていたのですが、日本人感覚として、「9」は”苦”だから、大凶というイメージから、「9」という数を避けるはずですが、「松本零士」氏はなぜ?「9」を3つも並べて、「999」としたのでしょうか?どなたか、『銀河鉄道999』の題名の”999”とした謂れを教えてください。
 私の想像では、投稿済のように、故事『天円地方 九天八柱』(楚辞;天問編)9」から、天(九天)=宇宙は、”無限大な広がり”の意味があり、「9」には”人間の無限大の夢”があるという数意、これが人間の未来思考を描きたてるのです。
しかも、その”夢”は、「9」を3つ重ねることにより、「天・地・人」の3者に、”極限の夢”と”理想の世界”を暗示して、この『銀河鉄道999』のネーミングになったのでは?と思っています。
このような深遠なネーミングから、「松本零士」氏の代表作品となり、アニメ業界でも歴史に残る作品として評価されたのは、「9」三つの”運気”が導いたのでしょう。
 誕生日は、”男の成功数”1938.1.25であり、ペンネームは次のとおり、「9・5・1」は2ヵ所ありますが、ベストではなく「神亀の図」が逆立ちしていますし、しかも総格29という数の特性から、中高年からの”運気”になったのです。でも、この『スリーナイン999』の運気が、非常に良くマッチして、姓名の運気を増幅したのだと思います。
(「松本零士」天格21・地格8・総格29)

必読!「9・5・1」のパワーか?「イチロー」の2千本安打!
[第749回](大吉)・・・9月8日(中吉)

「イチローが歴史に残る偉業!」
  イチロー選手が、メジャーリーグ通算2000本安打を、ついに達成!
2001年に渡米して以来、9シーズンで、史上2番目の早やさなのです。
そして、今シーズン200本安打も、あと5本。
前人未踏の9年連続200本安打も、もう目の前ですね。
今シーズンは、胃潰瘍や足の釣りで一時休場していても、この素晴らしい偉業!この偉業には、相手チームや全ての観客も”総立ち”になって、拍手や歓声での”祝福”でしたね。
  もちろん「松井秀喜」選手も「城島健司」選手も”感嘆と祝福”のコメント。そして、野球解説の専門家も「イチローは、ボール玉でも、ヒットにする”神業”を持ち、超人的な”動態視力”を持っているからですよ。」とのこと。
 私は、「イチロー」の天才的な才能自体も、当然認めますが、良く考えてくださいよ。いくら動態視力が良くて打っても、野手の真正面にボールが行けば、アウトになる確率が高いのです。しかし、不思議にことに内野手・外野手の間を抜ける”幸運”があると思いますよ。
 それも才能でしょうが、やはり”運気”が良いのです。そして、その運気は、彼の場合、「9・5・1」の効用から、かなり永続して行きます。
 その運気は「イチロー」の”9画”と背番号の”51”からですよ。
 「後天八卦図(神亀の図)」の「9・5・1」を全て持っているからです。野球の専門家でも、この現象には、全く気が付いていませんね。
  余談ですが、「野球というのは、なぜ、9人制の9回で勝負を決めるのか?」も、野球マニアも気が付いていませんよ。
  また、因みに、”楽天”球団の野村監督が、「背番号19」にしてから、”楽天”の運気は、従来より向上していますね。
  このように、人の運気や才能を呼ぶのは、先ず、最大吉数「9」系列を身近に持ち、合わせて、「5・1」系列を持つことだと、このような実証例からも理解できると思います。
  さて、あなた方の姓名・誕生日・住所・マンション部屋番、車のナンバー・携帯番号など、数字の付くもの何でも「9・5・1」を集めて下さい。その中でも、「イチロー」が9画のように、”姓名”が最も影響を受けますよ。いや、人の名のみではなく、犬猫のペットの名でも「9」画の”賢い例”を投稿して来ましたね。
  最近のニュース;皇太子ご一家の愛犬「ピッピ」が長年飼われていましたが、亡くなったそうです。その名も”9画”だったのです。
  それでも、日本中の姓名判断師は「9・19は”大凶”!」と言っているのですよ・・・。

必読!「太宰 治」;本名「津島修治」なら違った人生かも?
[第748回](中吉)・・・9月7日(小吉)

現在でも人気がある小説家「太宰 治」(本名;津島修治)。
同じ、女性との遍歴でも、昨日の「竹久夢二」(本名;茂次郎)と異なります。
彼の誕生日(1909.6.19生)から見て、今年が生誕100年の歳です。
昨日の昼、再放送なのか、「なんでも鑑定団」を見ていましたら、旧制中学校時代に自費出版した同人誌12冊が、「現存しているのは1級の資料価値」との評価で、12冊400万円の鑑定結果でした。

 さて、彼の作品「人間失格」や「斜陽」などは、少し暗いイメージがあったので、私は余り好きではありませんでしたが、第1回の芥川賞などの受賞で、その人気は現在でも若い人に人気があるようですね。
 文学的には優れた表現ですが、暗いイメージの思考や大学時代から自殺未遂や心中未遂を、4回も繰り返し、ついに39歳の時、「山崎富榮」という女性と玉川上水に身を投げ、心中しました。不思議なことに、遺体発見の日は6月19日という誕生日だったのです。
 彼が「太宰 治」のペンネームを使用し始めたのは、大学時代であり、その頃から精神的に不安定になり、自殺未遂や心中未遂を繰り返して来たそうです。
 どうですか、「太宰 治」天格12・地格10・総格22ですね。
 このペンネームなら、”事件事故”を呼び、しかも「治」の1字のみが、サンズイの”病的な欝”を起こさせたのだと判断できます。
 しかし、なぜ、これほどまでに人気作家として歴史に名を残したのか?疑問ですが、考えられるのは、6月19日の誕生日と私生活では、本名の「津島修治」の天格19・地格18・総格37という「昇順数」の使用頻度が多く、それに助けられたのでは・・・?と思います。
それにしても、有名な小説家で自殺した人、「芥川龍之介」「有島武郎」「三島由紀夫」「川端康成」「田宮虎彦」、そしてこの「太宰 治」など、自殺が多いように感じますが、これらは必ずしも姓名の影響ばかりではなく、”頭を使う作家連”は、自殺したくなる「一種の職業病」かも知れませんね。

必読!”大正ロマン”美人画家「竹久夢二」の生涯!
[第747回](小吉)・・・9月6日(小吉)

「夢二の”恋”に生きた美人画家!」
昨晩、TV番組「美の巨人たち」を見ていましたら、”大正ロマン”の代表「竹久夢二」(本名;茂次郎)を放映していました。岡山・瀬戸内市邑久町出身ですから、いつかブログで投稿したいと思っていたところでした。
 今年が生誕125年になり、しかも今月16日が誕生日です。

 「夢二郷土美術館」は、本館が岡山市の後楽園のすぐ側、分館は生地の邑久町にありますし、東京や日光にも美術記念館がありますように、「竹久夢二」は大正時代を代表する日本画家です。

 さて、彼の女性好きの遍歴に付いては、私が在職中、県知事・岡山市長・農政局長・日銀支店長・マスコミ関係支社長などと、懇談会のメンバーとして出席した時、話題になったことが懐かしく思い出されます。
 その時の知事以下、多数の意見では「燃えるような恋を求めて”美人の遍歴”は、我々もそんな夢を持ち、竹久夢二が代弁・実行して、それを絵画に表現してくれたのだ。我々男性の”夢”だねぇ〜(笑い)」との意見でした。
 つまり、本妻「たまき」がいる中で、「笠井彦乃」(20)を東京の自宅から家出させ、京都で同棲、その後、23歳で結核死、その後「お葉」と同棲したとのこと。
 でも、一番燃えるような”恋”をして、「彦乃」が死亡しても、夢二が生涯、心の妻としていた証拠に、アメリカで発見された「青山河」という題名の”唯一の油絵”から分かります。それには、「榛名山の前に寝姿の裸婦」が描かれています。実は「河」は夢二の暗号、「山」は彦乃の暗号で、東京と京都との秘密文通に使用していたのです。
 さて、この2人の姓名判断をしてみましょう。
雅号「竹久夢二」天格20・地格5・総格25
本名「竹久茂次郎」天格15・地格9・補格9・総格33
(注;大正時代は、草冠は4画)
どうですか?本名は素晴らしい画数配列ですが、雅号の天格が20画のため、”夢二式美人画”として、大正ロマンを代表し、歴史に残る画家でしたが、結局、次のように、同じ天格20の「彦乃」との運勢的な相性が悪く、若くして死別し、彼も肺結核で50歳の生涯でした。
 「彦乃」は、昨日も投稿したように「6」系列の”美人”と、「0」系列の”病弱”がそのまま判断でき、夢二の”永遠の心の妻”だったことが証明できますね。
「笠井彦乃」天格20・地格6・総格26

 でも、”大正ロマン”とは、何だか寂しい”恋の郷愁”を感じませんか?

必読!1字違い「鈴木千絵里」さんと「鈴木千絵」さん!
[第746回](小吉)・・・9月5日(大吉)

「鈴木千絵里」さんと「鈴木千絵」さん、
わずか1字違いですが、運気の違いが分かりますか?
 ここ2〜3日、この比較を投稿するか、否かを考えていました。
 良い話題、ホッとニュースなら、問題はないのですが、運気の弱い事例を投稿するには、ご本人と家族の理解を得ることが必要なのですが、TV放映された範囲で投稿します。このような比較は、個人的な問題ではなく、少しでも世の中に運気の良い方を誕生させる目的で、”公益性”の観点から投稿することにご理解頂きたいのです。
       ★      ★      ★
 嵶詭收薐里」天格16地格16補格7総格39
◆嵶詭據\薐─彭軍複隠驚漏複隠響躋複械

この2人の違いは、「里」の1字の有無により、
,蓮俵数”:”奇数”=2:2ですね。そして”運気が良く負けず嫌いな性格”である総格39と補格7の2ヵ所で、天格16と地格16の特徴、美人であるが、”健康状態に難点”がある短所を中和しています。
△蓮天格16・地格16・総格32という”偶数”ばかりです。すると、「16」の短所である”健康状態”に問題があります。そして総格32は、数の組み合わせにより、”吉”にも”凶”にもなると、すでに投稿済です。

 さて、この2人、「鈴木千絵里」(20)さんは、NHKのBS広報のモデルで美人ですね。
でも、3日前に放映された「鈴木千絵」(26)さんは、日本折り紙協会認定の講師で活躍されています。
しかし、彼女は生後間もなく、「骨形成不全症」(骨が折れ易い病気)という”難病”で、現在まで車イスの不自由な生活をされています。とても可愛い美人ですが、大変お気の毒です。
 もう1人の「鈴木千絵」さんの事例を追加しますと、「先天性筋ジストロフイー」でしたが、医療事故のため若くして亡くなられ、”医療事故裁判”になったことが、数年前にあったことを思い出しました。
 「6」系列の数、「9」か「5」との組み合わせがない姓名は、先ず美人ですが”健康状態”に問題がある数なのです。
 このことは、すでに投稿済ですが、「6」系列の特性と「9・5」系列の組み合わせが、いかに人生を決定付けるか?の実証例の一つです。

(因みに、男性の天格「6」系列で、「9・5」系列が他にない場合、”身内に縁が薄い・子供ころ体が弱い、職業・転居を良く変える。”などの運気の弱い特性があります。)

必読!「鳩山由紀夫」「鳩山邦夫」兄弟の性格比較!
[第745回](大吉)・・・9月2日(大凶)

「地盤・看板・かばん」
が、従来の政治家になるための”3種の神器”と言われて来ました。
でも、この神話が今回の衆議院比例代表制一本で、当選した人には、必ずしも当たらない良い傾向だと思います。
 さて、「鳩山由紀夫」氏「鳩山邦夫」氏の兄弟は、皆さんご承知のように、政治家4代目に当たり、「鳩山一郎」元首相のお孫さんに当たるという正に政治家一族として、生まれながらにして、3種の神器に恵まれています。ですから、世襲議員は、政治家としての才能や素質は、必ずしも”姓名”には現れて来ないのです。これも、天命数霊術の例外の一つだと思います。
 ところが、”性格”だけは、不思議と”姓名”に現れ、”誕生日”にも若干の影響があります。
 この2人の性格のみを比較して観ましょう。
「鳩山由紀夫」天格18・地格12・補格4・総格34(1947.2.11)
「鳩山 邦夫」天格20・地格7・総格27(1948.9.13)

先ず、「由紀夫」氏は、天格18で、地格12です。祖父一郎氏から受け継いだ”友愛の精神”を持って政治に当たるという”思いやり”の性格が現れ、「8」系列の特色、比較的雄弁で説得力がありますし、言葉使いも男性としては、非常に丁寧です。この点は、戦国武将「直江兼続」と同じ天格18の性格と良く似ていると思います。
また、同じ「由紀夫」でも、「三島由紀夫」(天8・地19・補4・総31)のように苗字が異なれば、当然のこと、運気や性格は異なります。
 その”思いやり”の性格から”子供手当て月26000円”を主張し、景気対策も庶民の生活向上から、内需を高める政策です。この点、保守政権の大企業・大資本に特需を与えれば、やがて庶民の生活も潤うという政策理念と180度の考えが異なります。
 でも、本質的には、総格34=17×2と補格4、さらに誕生日の11日という”神経質で自己主張”の強い性格、そして地格12という”気まま”な性格も内在していますが、現在の時点では、全て”友愛の精神”が天格18に表れ、短所を伏せて、温厚篤実で人柄もよく、外交面も”友愛の精神”で当たるよう連立政権を組む協議をしています。
 これに対して、「邦夫」氏は、地格・総格とも「7」系列の”自己主張”が強く出て、天格20という対外的に”気ままで理性に弱い反面、単純で素直”な性格ですから、数々の失言をして来ました。でも長所は自己主張が強い信念から、東京中央郵便局の改装工事を一部変更させたり、西川郵政社長再任を強行に反対したのは、”妥協を許さない”信念の持ち主です。
 でも、時には、誕生日13日から、”温厚円満な朗らかさと思いやり”を見せられる時もありますが、「8」系列がないので、兄「由紀夫」氏に比べ、”思ったこと”をズバリ言う口下手で、”雄弁さに欠け”ますね。
一言でまとめれば、「由紀夫」氏は”頑固を秘める柔軟で思いやりある人”、「邦夫」氏は”優しさを秘める口下手な頑固者”です。外見では”真反対”の人物に見えますよ。
それにしても、2人の兄弟を立派に成長させたのは、祖母「鳩山 薫」さんの天格29と母親「鳩山安子」さん天格19の”良妻賢母”の影響を受けたのです。これも家族の”上げマン”の実証例の一つです。
 

必読!「苗字」と「名字」は、同一か?異質か?
[第744回](小凶)・・・9月1日(大吉)

「苗字」と「名字」?
どちらも同じ”みょうじ”と読みますが、その違いが分かりますか?
 先ず、「広辞苑」や「漢和辞典」を数冊確認してみて下さい。どちらも家系の氏姓であり、「苗字=名字」との趣旨で書いてあります。
 確かに明治以降の現代では、「苗字」も「名字」も同一に扱われていますが、本来(江戸時代以前)は、異なるものです。
 「あの家は、”苗字”帯刀御免の旧家だった。」と、現在でも田舎のお年寄りは、話題にすることがありますね。
 では、なぜ、”名字”と言わないのでしょう。
 元々、古代日本の律令制度から、戦国時代までは、一般庶民も”私称”の苗字を付けて、名乗っていましたが、江戸時代になり士農工商の身分制度を明確にするため、「質素倹約令」の一環として、藩主から公称を許された階級(庄屋・町村役人・豪商・豪農など)にしか、苗字を与えず、一般庶民には苗字使用を禁止しました。そのため、庶民は、苗字ではなく、”備前屋”とか”遠州屋”などと”屋号”を使用してきたのが、日本中の大勢でした。
 ですから、庶民は”苗字”ではなく、「備前屋吉衛門」「遠州屋長兵衛」などと使用して、檀家寺の過去張や墓石に”名字”として遺されています。
 その後、明治5年の「苗字必称令」以降、全ての国民が”苗字”を付け「壬申戸籍」を作成して、「現戸籍」の苗字となった経緯があります。
 ですから、現在の漢和辞典に書いてある「苗字=名字」ではないのですよ。
 さて、日本中の姓名判断の書には、”苗字”の画数を求めて、それを「天格・天運・先祖運・トップ」などの表現は異なりますが、『天格(苗字)は先祖代々承継されてきたもので、血筋を表し。家柄まで分かります。』と書いてあることは、間違いであると、理解されましたでしょう。”先祖代々”というのは、日本人の約80%は、明治以降の話であり、現在の”苗字”を”先祖代々”とは言えないのです。
 このような基本的なことまで、史実を表しておらず、日本中の姓名判断書に掲載されているのです。
 でも、”苗字”と”名字”の違い、今日、図書館に行き、かなり調べましたが、明確に記載した書は見つかりませんでした。
 この”苗字”と”名字”の違いを知ることも、真実の姓名判断をする上で、とても大事なことなのです。