Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2009 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!ドラマ『坂の上の雲』の主人公3人も”神亀”のパワー!
[第815回](大吉)・・・11月29日(大吉)

今日から、NHK番組ドラマスペシャル小説『坂の上の雲』が、始まりましたね。
 江戸幕府の崩壊から、明治時代の近代化を中心に描いた小説。
 日本も欧米に負けぬよう”四民平等””富国強兵””殖産興業”などの近代化を進める中で、”教育”さえあれば、身分制度が撤廃された当時、幕末の下級武士の子弟でさえ、総理大臣や陸軍大将にもなれる時代が来たという”勇気と感動”を与える実話なのです。
 このドラマの主人公の3人、陸軍大将「秋山好古」と海軍中将「秋山真之」の兄弟、そして郷里;愛媛県松山時代の幼な友達の俳人「正岡子規」の3人ですね。 それに、当時、英語教師であり、末は総理大臣になった「高橋是清」も登場人物。
 皆さん、江戸・明治の当時と現在の境遇を比較すれば、どんなに経済格差・雇用格差があっても、個人の”能力次第”と”運気”で成功する機会があるのですよ。なんと言っても、現在は恵まれていますよ。
 では、この主人公3人を見ますと、
「秋山好古」(あきやま よしふる)天格15・地格8・総格23
「秋山真之」(あきやま さねゆき)天格19・地格6・総格25
「正岡子規」(まさおか しき)天格8・地格19・総格27
そして、総理大臣となった
「高橋是清」(たかはし これきよ)天格19・地格27・総格36
 どうですか?「秋山兄弟は、どちらも頭脳明晰であり、下級武士(伊予松山藩の10石取)の家に生まれ、経済的に苦労しても、最後には陸軍大将・海軍中将になるほどの運気に恵まれたのです。
特に、弟の「秋山真之」は、日露戦争では”丁字戦法”で、バルチック艦隊を撃破し、日本を勝利に導いた功績は有名です。彼の役をする俳優「本木雅弘」も、”地格9”です。
 また、「正岡子規」は、説明を要しないほど、明治の俳人・歌人として、余りにも有名ですね。本名;「正岡常規」も天格16・地格19・総格35であり、雅号より本名の方が優れています。
 このように「天格」又は「地格」に”9・5”系列が一つあっても、成功するので、皆さんのお名前に「9・5」系列が一つでもあれば、成功者になれるのですよ。ですから、今、現在、就職も出来ず逆境にある人、決して希望を失ってはいけません。
 また、親は平凡な人でも、健康・才能・性格、そして運気は”遺伝”せず、子の運気さえよければ、日本や世界に貢献できる人になれることを、この事例からも教えられるのですよ。
 「天命数霊術」を満たす姓名であれば、必ず、4100年前の「後天八卦図」(神亀の図)のパワーが、あなたにも”訪れる日”が来ますよ。不思議でしょう。”神亀”のパワーは・・・。

必読!常識はずれの”神職”と”姓名判断師”にご注意!
[第814回](小凶)・・・11月28日(中吉)

驚きましたよ。
世間には、常識はずれの悪質な”姓名判断師”がいるかと思えば、神社の宮司(神職)の中にも、非常識な人もいますね。
 実は、今日、PCメールで頂いた情報を紹介しますね。
(原文どおり)
『・・・私はなかなか縁談がないので、ある姓名判断の看板を揚げている店に入りました。すると、事情を聞くと、「あぁ、あんたの名前は、縁談がない名前だ。」と言って、改名など頼みもしないのに、「チョッと待ちなさい。」と言って、便箋にボールペンで、3つ名前を書いて、私に見せました。でも、何だか、当て字ばかりで、変な名前なので、”もう、結構です”と帰ろうとしたら、「何を言っとる!折角、考えたのだから、改名料10万円と言いたいところだが、5万円にマケテおくから、置いて行きなさい!」と言われました。でも、姓名判断料1万円だけ置いて、私は逃げるように店を出ました。・・・』
とのこと。実に、全国にはレベルの低い姓名判断師が店を構えているので、皆さん注意して下さいよ。
 これに類似した相談は、私が事務所を開業(公務員退官後)した時にもありました。
 また、先ほどのPCメールですが、まだ掲載のご了解を頂いていないので、神社の固有名詞は伏せますが、内容の概要は次の通りです。

『・・・第140回の投稿で風水を取り上げてますが…まさしくわが家も北に神社と山があり、神の聖域を荒らしてるので、「すぐに引っ越しなさい。」と、◇◇神社の方から言われ、何度もお祓いをしました。今年になって、徳のある◎◎神社の方に来て頂いたら…それは、住む方の心掛けであり、北に山や神社は良いことですよ。と丁寧にお祓いして頂きました。先生のおっしゃる通り、真実の家相術と思いました。・・・』
とのことです。◇◇神社の宮司は、風水で「”北”に山を控えているのは、”吉相地”」というのを知らなくても、”常識”ですよ。
 これに類似した相談が、数年前にありました。
 「娘さんが筋ジスになったのは、お宅のトイレが鬼門にあるからだ!」と、地元では、かなり名がある神社なのです。しかし、この宮司(神職)も常識がないですね。”鬼門なんてウソ”というブログを再読して下さい。
 なぜ?日本だけ、”鬼門”があるのでしょうか?中国を始め、世界中の国には”鬼門”なんか、ないのですよ。(”厄年”は社寺の”営業トーク”)
 こんなバカげた”迷信”を、神社の神職が信じているとは?呆れますね。
 もっとも、”干支(えと)”が、今だに”1年間の植物の成長過程”とは知らず、”動物だ”と信じているのですからね。来年は「動物の”寅”年」ではありませんよ。動物の”トラ”なら、なぜ?「虎」と書かない?のでしょうか。少し考えれば、分かることでしょうに・・・。
 皆さん、騙されてはいけませんよ。

必読!名付けで、”読めない”日本語崩れ!
[第813回](小吉)・・・11月26日(小吉)

「”全然”、素敵!」とか、「”自分的”には、”マジ”よ!」、或は「あの服は、ダサイ!」
なんて、最近の若い人の会話。
 これは、日本語になっていない。”全然”の次には、否定文であり「全然、ダメだよ!」とか、「自分は、マジメに考えている。」、或は「あの服は、ダラシがない。」というのが、正しい日本語では?
 最近では、どうも日本語を省略しするのが、カッコイイと思っているようですね。昔の「男前」から「ハンサム」へ、今では「イケメン」の新語に変遷なら、まだ良いですが、さっぱり日本語として通じない”漢字の読み方・話し方”が流行していますね。
余談ですが、ある地方のTVニュース。インタービューに答えた若い母親、「植樹祭に天皇が来たんで、子どもに見せて上げようと思い来ました。」
とのこと。まるで、尊敬語・丁寧語・謙譲語の区別がメチャクチャ! 
 実に、日本語の乱れが、”赤ちゃんの名付け”にも、その影響があるようです。”読めない”漢字の使用例は、何度か投稿済ですが、特に、最近では実に「漢字そのものを省略読み!」が、流行のようです。
 例えば、「愛」(あい)を「あ」だけ、「心」(こころ)を「こ」だけであり、それならまだマシですが、なんと「花」(はな)の「は」を省略して、下の「な」だけを読み、「咲花」を「さな」と、命名しているのには驚きです。
 このような”日本語崩れ”の名付けは、毎週、地方新聞の「一歳になりました」という92人の写真付の名前が掲載されていますが、前述のような「省略した字体」は、毎週、14〜15人は必ず見かけます。
 変った例では、「緑心」を「りしん」と読むそうで、”えっ、なぜ、”り”?と、一瞬分からないが、良く考えると、なんと「緑(りょく)」の”り”だけを採っているではないですか。それに「緑の心」とは、一体、どんな心なんでしょうか?
 また、日常「◇◇観音」さまは、「かん”のん”」と読みますね。それを「稀音」と名付けて、「のの」と読むそうです。しかも「稀」は「き・け・まれ」とは読めますが、これを「のぞむ」とし、さらに省略;「の」だけにしている非常に凝った読み?このように、連想して名付けたのが、子に対する愛情と勘違いをしていますね。
 正に、最近の名は、”クイズ”番組のように、余程”連想ゲーム”の意識して考えないと、”読めない”名が溢れ、「あぁ、これでは、教育現場の先生方も大変だなぁ〜」と、思いましたよ。
 実に、最近の名、”読めない・書けない・意味不明?”を含めると、毎週92人中、30〜40人が、”家族しか、分からない名”の子、
「放っといてぇ〜!愛情持って付けたのだから、至らぬお節介!」
と、声が聞こえそうですね。
「それなら、一生、幼稚園・保育所・学校・会社などの社会生活をさせず、家の中で、”引き篭もり”の生活をさせなさい!」と言いたいですよ。

必読!店舗デザイナー「片山正道」氏のプロの流儀!
[第812回](大凶)・・・11月24日(小吉)

この不況時、『売り上げが、2倍になる!』
と、店舗インテリア・デザイナー「片山正道」(43)氏への世界的な評価。
 現在、世界各国から仕事が殺到しているとのこと。
 昨日のNHK番組「プロフェショナル・・仕事の流儀」のゲストです。
 実は、彼の出身・実家は、岡山・旧瀬戸町で、私が居住している隣町の「家具屋」さんです。
高校を出て上京、専門学校を卒業すると、店舗デザイナー会社に21歳で就職して、26歳で独立しましたが、31歳の転機までの5年間はデザインの仕事がなく、不遇の日々が続いたとのこと。その間、大手企業など100社に営業をしたが、殆ど相手にもされなかったそうです。
 でも、やがて成功する人は、プロとしての”理念”を貫き通すことです。
 同氏の主な理念は、
ゝ劼痢斌楡”と”動線”を考える。
▲ーナ(依頼者)の夢を”形”に替える。
デザインにも”愛情”を捧げる。
ですが、この信念と思考の努力が、”不遇の時期”から”栄誉の評価”に転換したのです。特に、,痢鋲粟”は、ご本人は気付かれていないかも知れませんが、それは正に、「風水の”龍脈の流れ(曲線)”」を取り入れています。
 そこに、誰もがマネのできない”独創的”な店舗となり、”口コミ”からも、店舗の集客数は抜群となり、日本の企業(ユニクロなど)からの依頼はもちろん、欧米からブランド製品の店舗依頼も急激に増えているそうです。
 さて、この「片山正道」氏の運気はどうでしょう。
「片山正道」天格9・地格15・総格24
ですね。若い10年間の研鑽と不遇時代は、「正」の字体と”まさ”の音感から”苦労性”だったのです。
 通常、デザイナーなどの職業は、地格9・19の”思考力・創造力”が必要ですが、地格15であり、「9」系列に準じた才能があるため、独創的なデザインにするため、相当な”苦難の連続”だったようです。
 でも、同氏の音感「まさ」は苦労人ですが、知覚神経を刺激し思考力を高める「み・ち」の呼び名が、天格9のパワーとともに成功に導いたのだと判断できます。(音感;「ち・り・ひ・み」は大吉でしたね。)
 このように、番組「プロフェショナル」のゲストは、誰でも”プロの流儀”を持っています。
 そして、最後に『プロは、選ばれた者の”責任”を持つ!』ことを強調されていましたよ。
 さて、姓名判断師だって、「ネーミング・デザイナー」としての”プロ”なんですよ。ですから、全国約6千人の姓名判断師のプロがいる中で、私にご縁があり、依頼があった命名・改名には、『プロ意識を持ち、ユーザーの夢を叶える”社会的責任”がある。』と、いつも”真剣勝負の信念”でしています。
 この信念は、どんな職業のプロでも、皆共通なのです。
 でも、不思議なことに、「世の中に、”姓名判断師”だけは、ネーミング・デザイナーとしてのセンスがなく、素人以下のレベルの人が多いですね。」
 その原因は、単に”画数”のみで判断し、”広い視野の教養”と”プロの流儀と理念”がないからです。皆さんは、そのように感じませんか? 

必読!七五三参り;”通し名”と「輝」の”語源”で男児事故死。、
[第811回](大吉)・・・11月23日(小吉)

「男児5歳と言えば、まだ可愛い盛り。」
ですね。それが、子の幸せを願う「七五三参り」の途中、交差点で乗用車同士の”出会いがしら”の交通事故死。
 ご両親の落胆は、いかばかりか、大変お気の毒に思います。
 このような事件事故は、ブログで採りあげたくはないのですが、少子化の日本、子どもは国民全体の宝なのです。1人の力が、日本の繁栄と世界平和に貢献できる人になるかも、知れないのです。
 ですから、興味本位の話題として投稿しておらず、むしろ再発防止のためにも、ニュースに報道された範囲で、「天命数霊術」から見た問題点を挙げてみます。
 22日、埼玉・八潮市で、「七五三参り」の乗用車を運転していた「吉岡輝久」さんが、交差点で1時停止をしなかったため、出会い頭の衝突事故。同乗していた「吉岡翔輝」(5歳)君が、頭を強く打って死亡。
 さあ、このブログ800回を、読まれた方にほ、「なぜ?事故死なのか?」の原因が分かりますでしょう。
 その原因は、画数ではなく、父子の「輝」という”通し名”使用であり、しかも「輝」の”語源”から、2つの凶気が重なり、そこに「翔輝」という2文字(通常は、3文字以上の別れ)の左右別れが、凶気を増幅させ、事故を避けることが出来なかった、と判断します。この2文字とも、最近の流行の字体ですから、逆に”運気が弱い”のです。
 「輝」の”語源”は、軍団に”火”が付いて”燃えている字体”であり、その「光」は”太陽の光”ではないことは、もう皆さん、お分かりですよね。
 それに、皆さん、これも不思議なことなのですが、「正月の神社参り、彼岸や盆の墓参り、そして七五三参り」など、社寺や墓参りに限って、良く交通事故に遭遇するのですよ。
 その原因は、何も社寺や先祖の墓が悪いのではなく、これは私の専門外の霊能者である娘の話ですが、社寺や墓には、”救われたい人々の霊”が、特に、正月・彼岸・盆などの行事には集まり、”素直な人や純粋な子”に憑依することが多いそうです。
 ですから、社寺や墓の行き帰りには、普段以上に”慎重”に運転することが大事なのです。
 でも、その凶気を避ける”ベストの名”を持っていれば、交通事故など避けることが出来るとは、不思議でしょう。
 私は、免許取得以来、40年以上、毎日運転していますが、対人・対物は”0(ゼロ)”と、投稿済ですね。”交通事故”を毎年のように遭遇していた人、改名一つで”凶気”を避けて、もう数年も接触事故一つ無くなった方も居られると、HPの事例集に書いていますよ。
 信じられないかも知れませんが、運気の良い「姓名」は人生を変え、この事件のように、ご両親を悲しませる事故にも遭遇しなかったと思います。
 

必読!「富士山」;”日本人の忘れもの”と”誇れるもの”?
[第810回](大凶)・・・11月22日(大凶)

『今日は、”いい夫婦”(11・22)の日』
とのゴロ合わせ?
では、『223』のゴロ合わせは、何でしょう?
「ふじさん(富士山)」ですね。
日本が誇れる富士山、とても話題が多い山ですね。
  昨晩、民放TV番組『日本人の忘れもの』の中で、「”誰も知らない富士山・・・その頂で、生きること”」を放映していました。
 富士山の魅力に捉われて、富士山の専門画家「山本 集」氏は有名で投稿済ですが、写真家の「(故)小林健一」氏は、ありふれた富士山の姿ではなく、厳寒の山頂から写した”この世とも思えない独創的な光景の富士山”を写真集に遺しましたね。
 この「小林健一」というごく有り触れた名前なので、サイトを検索しましたら、俳優の「小林健一」氏、それに医学部教授など数人が、同姓同名なのです。
ところで、これらの職業で”ぜひ、必要な才能は?”何と思いますか? 
それは、”思考力・創造力”(物事を考え、独創的なものを創り出す才能)なのです。
「小林健一」天格14・地格9・総格23
不思議なことに、”地格9・19”がある人は、その才能があることを忘れないで下さい。同じ写真家の「浅井慎平」氏も地格が”9”ですね。
 その独創的な才能を、TVでは「富士山の神秘性を捉え、日本人が誇れる富士山に対する山岳信仰の心を忘れてはいませんか?」という趣旨の構成だった思います。実に、誰でも富士山を見れば、「あぁ、日本に生まれて良かった!」という郷愁を、古代から現在までの日本人なら感じていた、と思いますよ。
 そのため、近くに富士山を見られない遠隔地には、富士山に類似した形の美しい山なら、「蝦夷富士・津軽富士・榛名富士・信濃富士・近江富士・若狭富士・伯耆富士・讃岐富士・薩摩富士など」の名称をつけて、地元の信仰を集めていたのでしょう。
 この気持ちが、小説「大地の子」(山崎豊子著)に記載されている満州開拓団が、遠く離れた日本の「信濃富士」を想い、”誇る気持と感謝の心”を忘れていなかった”日本人の心”を良く表現しています。
 さあ、皆さんの中にも、遠く離れた”富士山への郷愁”を忘れてはいませんか?  このブログ[第100回]07.9.18(日本は世界の縮図?)を再読して見て下さい。正に、日本列島のパワーの根源は、中国大陸の崑崙山脈からの龍脈の”理気”が富士山に集結して、日本列島全体にパワーを放出しているので、日本は古代から奇跡的な運気を持っている国なのです。
 そんな見方で、富士山に”感謝の心”を忘れないで下さい。
 そして、「富士山」は18画(富士=15画)で、遠景から見ると”思いやりがある優しい気持ち”にさせる不思議な山ですよ。そして、その中にも、左右対称の裾野に、15画という”正義・平等・勇気・成功”という暗示も含まれていることも感じるのです。

必読!”目を覚ましなさい!”全国の「熊崎式姓名判断師よ!」
[第809回](大吉)・・・11月22日(大凶)

『憲法13条の趣旨;私権の享有は、公共の福祉に従う。』ですね。
  皆さん、「熊崎式姓名判断・赤ちゃんの名付け」などのサイトを検索して見て下さい。実に、沢山の姓名判断師が、「熊崎式姓名判断が、当然のこと”正しい説”だ!」という大前提で、プロの仕事をしていますね。
 ”古くから伝承されたものは、正しい!”という間違った認識で、
「なぜ?五ヵ所で判断するのか?」
「なぜ?”9・19”を大凶とし、”29・39”を大吉と判断するのか?」
「なぜ?現代人を”使用も意識もない”旧漢字で判断するのか?」
「なぜ?外格に、有りもしない”霊数1”をつけるのか?」
「なぜ?姓名判断を”統計学”というのか?」
など、沢山の疑問点があるのに、それらの疑問に対して、少しも疑問を解明・解説したサイトを見たことがないですね。
  日本中のサイトを読んでも、「根拠・判断基準」がなく、第一、的中した「実証例」が、殆ど見られないですね。
 ところが、熊崎式の本部は、この説を盗用されたという「著作権法違反」で、次のように「住友生命保険会社」を相手に、”著作権侵害”として裁判をしていますが、熊崎式本部の原告は”敗訴”しています。
 こんな”間違いだらけの説”を採用した「住友生命」の”資質”にも呆れますが、こんな説の裁判で、世間に公開して、”恥”をかいても、何とも思われない熊崎式本部も、私は不思議に感じるのですよ。

『平成 13年 (ワ) 12680号 損害賠償請求事件』
原告;(熊崎式本部) 
被告;住友生命保険相互会社
裁判所; 大阪地方裁判所
判決言渡日 2002/03/12
権利種別;著作権
訴訟類型: 民事訴訟
主文 1 原告らの請求をいずれも棄却する。  
  2 訴訟費用は原告らの負担とする。

 このような、ブログを書くと、争いが嫌いな家内や娘から、”猛反対”に会います。でも、実は、最近、このブログの読者から、余りにも”酷い素人以下の改名候補名”や”矛盾した姓名判断”(いずれも熊崎式を採用しているプロの業者)の情報を頂きました。
これでは、運気向上を求めた”国民のため”にも、日本の将来を担う”赤ちゃんのため”にもならず、私への中傷・妨害にも負けず、世の中に”真実を伝える21世紀”にしたいため、敢えて、今日のブログとしたのですよ。

(ご注意)
  私の「天命数霊術」は、PHP研究所から「著作権登録」をしていますので、営業に使用されるのは、「著作権法違反」になります。でも、皆さんが個人で使用されるのは、ご自由ですから、大いに活用して下さい。

必読!社会的影響は?「邪馬台国論」と「熊崎式姓名判断」
[第808回](中吉)・・・11月20日(大凶)

『”卑弥呼”の寝殿跡を発見!』
と報道され、長年争われてきた「邪馬台国」の”畿内説”と”九州説”。
 どうやら、畿内説が有力になりましたね。
奈良・桜井市教育委員会が発掘調査中の纒向(まきむく)遺跡で「邪馬台国」の女王、”卑弥呼の居館”と想像される超大型建物(約240屐砲出土。纒向遺跡は、前方後円墳の出現期にあたる3世紀前半(弥生時代終末期〜古墳時代初期)に、超大型の建物が存在したことで知られていました。
 それが、このたびの発見で、「邪馬台国」の位置は、畿内説で決着が付くかも?
 でも、この争いは、どちらに軍配が上がっても、現在の日本の発展と日本人の幸福に、どんな影響があるのでしょうか?
 長年、お互いに「畿内だ!いや九州だ!」と争っていても、それはお互いに”学説論争”であり、なんら現在の社会的影響もなく、信用毀損・名誉毀損にもならないのです。
 ところがどうでしょう。
 「姓名判断・命名・改名」というのは、現在及び将来の「日本の繁栄と個人・家族の幸せ」に直接影響するものです。この学説論争と同様、お互いに「根拠・判断基準・実証例」を示し、公共性・公益性の観点から、”学説”として争うのは、お互いに信用毀損・名誉毀損にもならず、裁判になじまない論争ですよ。
 そこで、数日前のPCメールを紹介しましょう。
『最近、先生のことをネットで偶然知り、ブログを読ませて頂いています。
驚愕的な内容に,なるほど,と感心することばかりですが、知れば知るほど今まで頼っていた姓名判断のいい加減さには、とてもショックです。
こんなすごいことを,永年無料で広く公開されていらっしゃるとは驚きです。感謝いたします。』
  このように、従来の「熊崎式姓名判断」が、いかに”根拠・判断基準”もない”いい加減な説”だったか、驚きましたというメールは、かなりの数になります。そして、良識ある”名付け社寺・姓名判断師”は、全国で「熊崎式姓名判断」を中止する方が多くなって来ています。また、書店に並ぶ本も「熊崎式」の本は少なくなり、名付け事典が殆どです。これも徐々に「天命数霊術」が普及してきているのかな?(現在のアクセス数;延べ130万件です。)
 それでも、当初「天命数霊術」に縁がなく、間違った説でしかもセンスのない”流行名”で命名・改名され、効果がない方からの”命名・改名の再変更”依頼もあります。
 「なぜ?どうして?」を考えない熊崎式の五格説を”マネ”をした「全国の姓名判断師」や「ひよこクラブ」などの団体も多いですね。
 これらの説は、まだ社会的影響の少ない「邪馬台国論争」よりも、遥かに社会的責任が重いということを、早く自覚し、早期に改めてほしいですね。

必読!加算から見た「9」が「5」より”優れている証明”
[第807回](小吉)・・・11月19日(最大吉数)

『”9”が”5”より、優れた数の証明は、「神亀の図」と「四神相応」との相関関係から、”9は5を含む”ということが分かります・・・』
と、投稿済ですね。
 今日は、この証明以外に、1桁の数系列の”加算証明”でも、「9」が「5」より、運気が優れていることが分かります。
  次の加算数の吉凶判断を比較して、見て下さい。
 要するに、「0〜9」までの数を、「9」と「5」を加算してみるのです。      
       ★      ★      ★
(「9+X」のパターン)
「9+0=9;大吉」「9+1=0;大吉」「9+2=1;大吉」
「9+3=2;中吉」「9+4=3;小吉」「9+5=4;大吉」
「9+6=5;大吉」「9+7=6;小吉」
「9+8=7;大吉」「9+9=8;大吉」
 ※結果;大吉7・中吉1・小吉2
(「5+X」のパターン)
「5+0=5;大吉」「5+1=6;小吉」
「5+2=7;凶」「5+3=8;中吉」
「5+4=9;大吉」「5+5=0;大吉」「5+6=1;大吉」
「5+7=2;凶」「5+8=3;小吉」「5+9=4;大吉」
 ※結果;大吉5・中吉1・小吉2・凶2
 どうですか、大吉・中吉・小吉・凶の”数”は、やはり「9」の大吉数7に対して、「5」の大吉数5ですね。そのうえ、「5」の組み合わせで注意することは、「2」と「7」の組み合わせ!
 大吉;3つのみを比較して見ましょう。
(「9」の場合)
★「9+0=9」「9+6=5」「9+2=1」
(「5」の場合)
★「5+0=5」「5+4=9」「5+6=1」
 この2つのパターンを比較して見て下さい。
 加算の結果=総格(大吉)は同じでも、その構成数=天格+地格の組み合わせ順序が、「神亀の図」から「9→5→1」の順になっているのは、やはり「9」のパターンであり、「5」のパターンより、優れていることが証明できますね。(「5+4=9」は、神亀が逆立ち、そのため運気が遅い。)
 また、この証明から、「6」という数は、「9」でも「5」でも、大吉を呼ぶ数ということが分かりますね。
 今日は、「天命数霊術」の画数判断の証明の1つ(秘伝)を紹介しましたが、少し冷静に考えながら読まれないと、ヤヤコシク理解できませんでしたか?

(備考;この秘伝の他、画数判断で『必然・偶然の原則』と『最大吉数”9”の秘密』がありますが、これは後日、掲載いたします。

必読!平凡な「一郎」が、現在では逆に”非凡”で優秀!
[第806回](小吉)・・・11月18日(中吉)

『・・・手間のかからない子に成長・・・』
とのお礼のメールを頂きました。
 丁度、1ヵ月前[第779回09.10.17]にも、
『・・・こんな育てやすい子はおらんで〜・・・』
とのお礼のメールも頂きましたね。
(原文どおり・・・掲載を了解済み)
『・・・6年前、先生の御本に出会い、生まれてきた長男に、「◇◇一郎」という名前をつけました。おかげさまで、6年間病気もせず、また素直で手のかからない子供に成長してくれています。
  また、幼稚園でも、何て読むかわからない子供が多い中で、ただの「一郎」とは、誰でも読めて、しかもすぐに名前を覚えてもらうこともできます。今の世の中では「一郎」という平凡な名前が、周囲の特殊な名前によって、かえって”目立つという不思議な現象”さえおこっています。また、朗ではなく郎にしたことも本当に良かったと思います。
そろそろ自分の名前も画数が良くないので変更しようとも思っています。』
(翌日のメール;原文どおり)
『”◇◇一郎”という立派な名前を付けることができたのも、先生の御本に出会ったからであり、そのことが6年経って、きちんと証明できたと思っています。ただ、そのお礼が言いたかっただけなのですが、ご丁寧に先生からお返事をいただき、恐縮しております。
  どうぞ自分のmailを紹介して「天命数霊術」の素晴らしさを、今後も広めてください。6年前先生の「赤ちゃんの名づけ方ハンドブック」(PHP)にめぐり合うことができて本当に良かったです。』

 どうですか?苗字によっては、ただの「一郎」だけでも、万人に優れた人に成長します。(この苗字は「18・7」であり、「一郎」がピッタリ!)
 ただの「一郎・太郎」だけでも、政治家・財界人にも多いですよ。
 かって、現在の総理の祖父;「鳩山一郎」内閣の閣僚には「河野一郎・清瀬一郎」もいましたよ。現在では、「麻生太郎」「小沢一郎」「河野太郎」「逢沢一郎」など、「太郎・一郎」が、結構、ハバを効かしていますね。
 これから見れば、「海」を”マリン”と呼び、「光」を”ライト”という名で、日本語を無視したり、「◇斗」や「◇太」などの平凡な名は、やがて平凡な人になるだけです。”流行の逆”を行く人こそ、日本のリーダーとなり、歴史に残る名君になる可能性があります。
 「”流行名”は、”平凡”な日本人の大量生産になるだけ?ですね。

必読!青春感動の書;「鶴見祐輔」の小説『母』の随想!
[第805回](大吉)・・・11月17日(小吉)

『 長き夜を泣き明かしたる者にあらずんば、いまだ共に人生を語るに足らず・・・』
と、カールライスの格言を引用して始まる小説『母』(鶴見祐輔;初版昭和4年)。何度か、映画化にもなった本。(鶴見祐輔氏は、鳩山一郎内閣の厚生大臣など歴任。旧制;岡山中、一高・東大法卒。)
 ”なんと、懐かしい!”と私の青春;高校時代を思い出しましたよ。
 冒頭の格言を”心”に秘め、苦しい受験時代を乗り切ったのです。

 人生初めて感動した本が、このたび、講談社現代新書で『鶴見祐輔を尋ねて/小説”母”』(著;澤地久枝)が出版されたそうです。
  この『母』という小説、モデルは鶴見祐輔ご一家の自叙伝のようですが、その中で
『野に咲く花は、ソロモンの栄華より、清く尊い!』
という詩が、当時の初恋の心と、受験生という境遇とは、合い入れない”切ない心”と葛藤したものでした。でも、私はこの小説「母」(文庫本;上巻・下巻)を思い切って、初恋の彼女に贈ったことは、遥かなる追憶です。
  この小説は、筋書きは普通の小説なのに、なぜ?講談社が、一般小説ではなく、「教養書」と位置づけたのでしょうか?
  それは、当時の講談社初代の社長「長野間 長治」氏が感動し、青春時代の子を育てる「母」の思いと、「子」へ”正義と勇気”を教育する小説なのです。
  この本は、若者に将来の夢を与え、私など50年以上も前のことが、鮮明に残る感動の小説です。
  なぜ?今日、この話題を取り上げたのか、それは最近のこと、メールで「受験に失敗し浪人中の子を持つ母親」「就職試験を受けても、なかなか採用内定がなく鬱(うつ)になり、不眠状態です、という若者」「息子が大学中退の引きこもり、どのように教育したら良いですか?との母親」など、類似の相談メールが多いのですよ。
 その意味からも、母子とも「鶴見祐輔」の小説『母』を、図書館にはあると思いますので、ぜひ、母と子が”回し読み”でも良いですから、一度読んで見て下さい。
きっと、お子さんの人生観は希望に溢れて,引きこもり・鬱など、なくなりますよ。
恐らく、このたびの「市橋達也」容疑者や世田谷・妹バラバラ事件の「武藤勇貴」も、この『母』を読んでいれば、両親を泣かせることもなかったと思いますよ。どちらも天格17の切れ易いタイプでも、理性が働いたかも知れません。良書は、人生を好転させます。
 また、最近の書では『大地の子』(山崎豊子著)も感動の小説でお勧めですよ。

必読!「改名」と言わず、”通称名”か”雅号”を別に持つ!
[第804回](小凶)・・・11月16日(小吉)

『改名?そんなことして、運気が上がるか!』
と言うご主人、実に多いですね。
 最近のメールでは、「私と子どもを”改名”したいと、主人に話したら、猛反対されました。」とのこと。
 一般に、男性は”占い”なんか信じない人が多いのです。
 現在までの日本中の姓名判断、”根拠・判断基準もない説”ですから、「姓名判断なんか、信じられるか!」と反対されるのです。
 そうですよ。私だって、今までの姓名判断なんか、信じていないから、長年の研究で、”占い”ではなく、”文系の科学”として、「天命数霊術」を開発し、著作権も取得したのですよ。
 皆さん、私の説が公式HPと公式ブログを読まれたら、”占い”ではなく、”科学”だと理解されましたでしょう。
 ですから、ご主人には、先ずそのことを話され、HPの「プロフイール」から読んで頂き、その後「ブログ」を勧めて下さい。
 いいですか、「改名するよ」と絶対に言ってはいけませんよ。「改名」と言うのは、数年の使用実績で家庭裁判所の許可を得て、市役所の戸籍係で、戸籍訂正して、初めて「改名」になります。
 それまで、家庭で使用してきたのは”通称名”なのです。
 タレント・歌手・芸術芸能家・作家・相撲界などは、”芸名・雅号・四股名”など、すべて”通称名”であって”改名”ではないのです。
 でも、”通称名”で「人間国宝・文化勲章・文化功労賞・国民栄誉賞など」も受賞できるのですよ。
例えば、国民栄誉賞の「美空ひばり」や五千円札の「樋口一葉」も、本名ではなく、歴史に永遠に残りますね。
 あなたも、家庭で何か趣味か習いごと、例えば「茶道・華道・日本画・洋画・書道・日本舞踊・民謡・陶芸・手芸・俳句・川柳・・・」などで、有意義な人生を送りたいから・・・雅号を別に持ちたいのよ。」と、ご主人に言われれば、それまで反対されるようなら、ご理解も愛情もない方ですよ。
 現在でも、生活に余力ある家庭では、趣味や習い事で、”雅号”を2つ3つ持って、人生を楽しんでおられる家庭もありますよ。
 「本名しかありません。」というのは、自慢にもなりませんよ。
 それに、お子さんの場合、現在、全国の公立幼稚園・保育所・小中高校では、在日外国人扱いと同様に、学校での”通称名”を認められています。
 教育委員会への公的なものを除いて、学内での「出席簿・成績通知表・連絡簿・学年学級名簿・卒業証書など」は、”通称名”使用を認められ、その証拠を家庭裁判所に写しを提出すれば、正式な改名許可になります。
 以上のような疑問に対するご質問が、最近多いので、改めて投稿しました。

必読!「奈」の字体は”1本立ち”(神経質)なの?
[第803回](小吉)・・・11月15日(大吉)
 
 今日は、”七五三参り”でしたね。
 この話題に付いては、[第153回07.11.10](なぜ?七五三を祝うの?)[第154回07.11.11](七五三の数は、どこから?)を再読して下さい。
       ★      ★       ★
「”奈”の字体を名前の下に使用すると、1本足で神経質になりますか?」というご質問がPCメールにありました。
 確かに、「幸・華・早・平・肇・斗・辛・未・来・・・」など、1本立ちの字体を、名前の一番下に使用すると、どんな影響があるかは、投稿済ですね。 その形は、風水の”尖・角・衝・射”のうち、”尖”の形状のため不安定であり、それを何年・何十年も書き、見続けていると、”突き刺す”形から”気”が緊張して神経質・過敏症の性格になります。
 これらの字体は、1本立ち(1本足)ですから、それを防ぐため、名前の一字目に使用し、二字目には”左右別れ”しないようにすることです。
 ですから、最近の流行名のように「◇斗」とか「◇未」などの形は不安定であり、神経質な子になります。
 では、冒頭の「奈」は、どうでしょう?
 「奈」の”語源”は、「大木を祀る」という字体であって、下の部分「示」は”祀る・祭る”という語意であり、”祭壇”を現すのです。
 「示」の上の”一”は供物を抽象化した形であり、下の部分は、祭壇を現しますので、「小」の部分は、安定感のある”3本足”を表しています。
 この3本足は、例えば写真の三脚のように、どんな傾斜でも水平に調整できますね。4本足より遥かに安定感があることを示しています。
 言い換えれば、”3”という数は「安定性・協調性」があり、誰とでも順応して行ける性格であり、しかも「奈=8画」であり、「3・8」タイプの性格が強い特性があります。 例えば、「3」は平和の象徴の数であり、「愛(13)・誠(13)・鳩(13)・平和(13)・・・」となり、語意=画数を表していますね。
 ですから、「奈」の字体は、1本足ではなく、安定感のある3本足なので、特に女性には、幸運を呼ぶ字体です。
 それに引き換え、同じ”な”と呼ぶ最近流行の「菜・那」は、不安定な弱運の字体ですから、名前には使用しないで下さいよ。
 この字体のように、”語源”からの運気と、”画数”からの運気が一致した字体があるのですよ。
 例えば、健康を表す「1」は、「健(11)康(11)」であり、病気を表す「0」は、「病(10)氣(10)」というように、”語源=語意=画数”が一致した解釈ができるので、姓名の漢字を画数に変換して、”画数”で姓名判断ができるのですよ。

必読!驚き!姓名判断師が90万円の水晶を勧めている!
[第802回](大凶)・・・11月14日(小凶)

驚きましたよ。皆さん、十分注意して下さいよ。
 昨日のPCメールを頂いた方からの情報。
「運気の良くない人には、”水晶”を買いなさい!」
と、姓名判断の本も出版している一応名が通っている「X」氏のことです。
逆境に苦しんでいる人に”90万円”もする”水晶”を勧めているとか?
 これは、今までに高額の印鑑を勧めて、逮捕された”霊感商法”に似ていますね。
 いいですか、”水晶”は、高級品の「黄水晶=トパーズ」を除いて、そんなに高額なものではありませんよ。
 ”水晶”というのは、”クラスター(矢じり型)””六角柱””丸型球”の3種が普通ですが、その価値は、「透明純度」「直径と長さ」「透明・ピンク・紫・黒・黄色」などの状態により異なりますが、「黄水晶の最高級品」や「大型のクラスター」を除いて、そんなに高価なものはないのですよ。(産地はブラジルが多いですが、仕入れは1漸娠澆箸いμ槓でしますから、安価なものですよ。)
ただ、水晶の中に”金針””銀針””虹”が入っている物は、若干高値になります。しかし、透明度が高い直径20cm球のものでも、10〜15万円が相場です。
 (直径3cmのものなら、透明度により3〜5千円で販売されています。)
 もし、水晶の状態から見て、仮に、「お経・梵字」などを刻印して、付加価値を付けても、小売価格相場の3倍以上の90万円で販売しておれば、明らかに「霊感商法」の疑いがありますから、注意して下さい。
 なお、透明度99.99%の天然水晶は、直径5〜6cm以上の物は希少であり、もし、直径8〜10cm以上で透明度が高いものは、先ず、人口水晶(ドイツ・中国製?)と疑ってみることです。
  人工水晶は、素人には区別が付かないほど、精巧に出来ていますが、天然か人工かの見極め方は、白い紙の上に、黒い糸を20cmくらい直線に置きます。そして、水晶を黒い糸の上に置き、覗いて見ます。もし、黒い糸が”2本”にダブって見えたら”天然”ですが、”1本”にしか見えないとしたら、それは人工水晶で”ニセ”ものと判断できます。
  第一、”水晶パワー”で、”厄除け”や”健康運(血流を良くする)”と言われていますが、”重度の難病”や”経済的な逆境”など、効果が出る訳がありませんよ。そんな境遇の人に、90万円もする”水晶”を勧めるとは、「霊感商法」の疑いがありますから、皆さん、十分商品価値を確かめてから購入してくださいよ。

[参 考]次のブログも再読して下さい。
 [第41回]07.7.22 [第77回]07.8.25

必読!「熊崎式姓名判断」もフェリー業界と同じく”時代の流れ”?
[第801回](大吉)・・・11月13日(小吉)

「フェリー振興の署名をお願いします。」
と,私は歯医者の受付で依頼されました。
  私は「ハイハイ、いいですよ。」と、義理?で署名しました。
       ★      ★      ★
 『高速道路の土日祝日の割引のうえ、無料化になれば、フェリー業界の危機だ!』と、業界は政府・与党に陳情していますね。
 昨年から見れば、各社とも、大幅な減益でフェリー存亡の危機!
 さて、皆さん、国民全体の公共・公益から判断して、「高速道路の無料化」と「フェリー業界の振興」と、どちらを支持しますか?
 確かに、海運業界は気の毒です。
 特に、本州と四国を結ぶのは、昔は”船便”なので、岡山・高松間は宇高連絡船しかなく、岡山・玉野市の宇野港は繁栄したものでした。
 それが、瀬戸大橋が開通し、車と列車の2重構造で、人も車も”橋”で通過。そのうえ、高速道路の無料化で、フェリー業界の打撃は、大変お気の毒だと思います。
 でも、皆さん、良く思考して下さいよ。
 この世は、古代から現代まで、時代は流れているのですよ。
 時代の”流れ”と、時代の”要請”。
 かって、世界も日本も”石炭産業”の全盛時代から、”石油産業”に移行した時、多くの炭鉱が閉山となり、多くの会社が倒産し、失業者も続出。
 瀬戸大橋が計画された時も、瀬戸内海航路を運行する国内の”貨物船業界”も大反対した時代がありました。
 時代は流れ、貨物輸送は「貨物船からトラックへ」の移行で、内航海運業者は、大打撃で倒産も続出。
 物流の輸送が、”迅速化・合理化”すれば、物流コストが下がり、やがて国民全体の要請である”消費物価”が下がるのですよ。
 これは、世の中の全てに通じることであり、例えば、「”タイプライター”や”ワープロ”から”パソコンへ”」「”固定電話”から”携帯電話”へ」「”レコード盤”から”CDやDVD”へ」などのように、時代は人の文化の流れとともに、旧来の業界を犠牲のうえに、生活は向上して行くわけです。車でも、いつまでも”ガソリン”を炊いている時代は、やがて”太陽光・電気・水素・バイオ”などのエネルギーに移行しますよ。
 さて、このように時代の流れを感じる時、日本中の熊崎式姓名判断は、80年間も進歩がなく、その”間違い”さえも誰も指摘する人もおらず、また、「干支(エト)」は”植物”なのに、社寺まで”動物”だと信じており、相変わらず「厄年や鬼門」などを、疑いもせず、国民は信じていますね。
 どうですか、前掲の「理系科学の進歩」は目覚しいのに、「文系科学の進歩」は、驚くことに、平安時代から現在まで、まるで進歩がないですね。
(でも、不思議?最近、本屋の棚から”熊崎式”の本は消え、分厚い名付け辞書ばかり並んでいますよ。そして「9・19」の数判断も”大凶”と記載しながら、”直感力に優れ、才能に恵まれる・・・”など、矛盾した記載が多くなりました。それなら”大凶”との判断やいかに?これも、私の「天命数霊術」の影響?)
 昨日の「フェリー振興の請願」への署名活動から、”時代の流れ”を感じましたよ。

必読!”明治維新”への貢献「坂本龍馬」から”平成の維新”を観る。
[第800回](大凶)・・・11月11日(大吉)

『僅か1人の力が、歴史を変える!』
と、以前にも投稿しましたが、今日は、先ほどのNHK「歴史ヒストリー」から、あの有名な「坂本龍馬」を思考して観ましょう。
 『えっ?「坂本龍馬」って、一体誰れなの?』
と、以前、雑誌社のアンケートの記事が忘れられないのですよ。
 実は、街頭で有名女子大生へのインタービュー。
「”坂本龍馬”という人は、何県(又は藩名)出身ですか?」の質問に答えられない女子大生が多いアンケート結果!
 女子大生なら、出身県だけではなく、その功績もピシャリと答える知識もないとは、実に呆れたもの。
 「無血の”平成維新”・・・」と、鳩山総理の所信表明。今年は、オバマ大統領の誕生、そして日本では50年ぶりの”民主党への政権交代”。
 もし、この世に「バラク・オバマ」氏や「鳩山由紀夫」氏が存在していないと仮定したら・・・?どのように歴史は変化・推移をしていくのか?考えたことがありますか?
 今年2009年が、「世界や日本の歴史を変える年だ」と、私は元旦に予言しましたね。1人の存在の有無が、歴史を変え、現状を変革するのですよ。
 あの土佐藩士「坂本龍馬」が存在していなかったら、江戸幕府が崩壊、大政奉還による明治維新も、もっと遅れて、日本列島は欧米・ロシア・中国などの諸外国の植民地になっていたかも知れない?
 なぜなら、「坂本龍馬」の仲介で、外様の長州藩・薩摩藩が連合して、徳川幕府を倒し、大政奉還の進言をした功績があったのです。あの身分制度の厳しい時代に、土佐藩を脱藩した下級武士が、日本を近代化に導いたとは! 実に”神様”だって、予想も付かない日本の変革。
 この1人の力は、
「坂本龍馬」天格23・地格15・総格38
 (誕生日;天保6年11月15日、死亡;慶応3年11月15日、誕生日と暗殺死亡日が、同月同日!これも何かの因縁か?)
 この名をどう判断しますか? 姓名には「5」が1ヵ所のみですが、天格23の”自尊心の強さ・自信”、総格38と天格の下1桁3から「3・8」タイプで”雄弁・思いやり・人気”がある運勢です。それに偶然か地格15と誕生日15の2ヵ所で、”正義感”もあります。その「5」のパワーが、名前の「龍馬」は、あの「先天八卦図(”龍馬”の図)」のパワーの影響を受けているとも、考えられますね。
 さあ、ブログ800回を記念して、「天命数霊術」により、私1人の力でも、時代を変革する功績を歴史に残したい、と思っています。(でも、普及には、ご協力ください。)
 僅か1人の存在、皆さんご自身や次世代を担うお子さん、ぜひ、時代を好転させ、歴史に残る”ベストの名前”を持って下さい。
 『僅か1人が、大事なのですよ。』
皆さんやお子さん、日本人「1億2千万人分の1」ではなく、「1分の1億2千万人」という”強い意識”を持ってください。

必読!”疑問”の思考から”真実”が見え”価値観”が変わる!
[第799回](大吉)・・・11月10日(大凶)

『なんでそうなの?・・・どうしてぇ〜?』
と、5〜6歳の子どもは、親に五月蝿いくらいに聴きますね。
 『五月蝿いねぇ〜、大人になったら分かるよ。』
と、あなたはお子さんに、こんな会話をしていませんか?
 お子さんの疑問や質問を封じてしまったら、お子さんの思考力がなくなり、やがて大人になったら、物事の”真実”を見極める力がなく、世の中の正常な”価値観”が無くなるのですよ。
 今月は11月、22日がもうすぐ来ますね。
「”良い夫婦”(よいふうふ)11月22日に結婚式をして、婚姻届を出そう。」
という”ゴロ合わせ”が、本当に縁起の良い日だと思っている人、多いのでは? 日本人は、何かと”ゴロ合わせ”が好きで、それがあたかも”真実”だと、いつの間にか”なぜ?”という思考力がなく、不和雷同が多いですね。
 今月の「七五三参り」も、”なぜ?”と考えない。
 キリスト教でもないのに、”なぜ?クリスマスを祝うの?”と考えもしない。また、朝のTVで「”血液型”選手権、12星座占い!」を本気で信じている人が多いですね。
 まあ、こんなことは、気楽な国民性なら、まだ罪がないですね。
 でも、呆れるのは、”間違った説”で80年間も、日本人の命名して”真実”の識別、”価値観”の思考力が無くなり、平凡な人が多くなった原因になったのです。
 『有名な人や団体がTVで言っていた説なら、正しいだろう。』と、”なぜ?どうして、そのような判断になるか?”と考えようともしない人が、実に多いですね。
 これが、遊びや娯楽などのゲームなら、深く考える必要がないでしょう。
 しかし、人生の”健康・才能・性格・運気”を決定付ける「命名・改名」を、”占い”と同等に考え、その根拠・判断基準など、考えようともしない。
「なぜ?五剖説なのか?・・・なぜ?現代人を旧漢字なのか?・・・なぜ?一字姓一字名に、ありもしない”霊数1”を加えるのか?・・・」などを思考すれば、いかに80年間も続いた日本中の説が、『何だ、間違いではないか!』と、ご自分で発見できるはずですよ。
 それを、何も考えず、「本に書いてあったから・・・、TVで有名な姓名判断師が言っていたから・・・」と、マインドコントロールされ、”間違った説”で、大事なお子さんの名付けをしてしまう。
 間違った説で普及してきた人や団体・名付け社寺も”社会悪”ではありますが、騙されて来た日本人の個人的責任もあるのですよ。
 明日のブログ[第800回]を迎えるに当たり、”真実”を見極め、”価値観”を高める「なぜ?」という思考力の必要性について、改めて喚起したいのが、今日の話題です。

必読!旧4大財閥(三井・三菱・住友・安田)の業祖”通称名”?
[第798回](中吉)・・・11月9日(最大吉)

『わぁ〜、素晴らしい”雲海”!』
と、先日の牛窓の瀬戸内海を、ソックリ写し換えたような、雲海に浮かぶ山々が、まるで瀬戸内に浮かぶ島々のよう!
 先日の朝、3時半に起きて広島県境に近い岡山・「弥高山」(標高650m)の頂上、ここからは、360度の”雲海”が見えるのですよ。
 その後、江戸時代からの「日本一のベンガラの里」(岡山・旧成羽町)に在る県指定文化財「廣兼邸」や国指定文化財「西江邸」を観て来ました。
 この2邸宅は、見上げるような城壁を築き、広大な屋敷。まるで、攻めにくい”城郭”のようです。(この廣兼邸は、映画「八つ墓村」のロケに2回使用されました。)
 さて、いずれも江戸後期から、「建築物・家具・九谷焼有田焼などの”赤色顔料”に使用する天然弁柄(ベンガラ」で、莫大な資産を築いた豪商なのですよ。その業祖の名は、それぞれ「廣兼元治」天格19地格18総格37の”昇順数”、また「西江大蔵」天格9地格24総格33(旧漢字で換算)で、いずれも天格9・19ですね。このような豪商は、明治時代まで地方の特産物を扱い、全国に沢山居られたのです。
 そこで、江戸時代から終戦まで、日本の4大財閥(三井・三菱・住友・安田)創業者の名を判断してみますと
「三井八郎右衛門」天5地13補A5補B16補C8総47
「岩崎 弥太郎」天2515949
「住友 理右衛門」天18地9補A16補B8総51
「安田 善次郎」天18地119総38
(注;岩崎は三菱の元祖、「弥」の旧漢字は17画です。)
 どうですか?「廣兼家」「西江家」の創業者は、”天格9・19”であり、日本の4大旧財閥の創業者は、いずれも「9・5・1」が2ヵ所ありますね。
 ですから、あなたのお子さんに、例えば「19・9・9・37」の配列で命名すれば、一体、どれだけの資産を築く”平成の財閥”になるのか?計り知れない期待ができますよ。(ただし、「天命数霊術」の5大条件も検討してください。)

[お知らせ] 
『 改名の”申込み手続き”は、どうすれば良いのですか?』という問い合わせがありますが、左欄の「カテゴリー」欄に「★命名・改名の申込み手続き★」をクリックして下さい。詳細に記載しています。
(携帯の方は、gakuyo951.99@docomo.ne.jpからご連絡下さい。)

必読!MVP「松井秀喜」は”龍馬”、「イチロー」は”神亀”のパワー。
[第797回](小吉)・・・11月8日(中吉)

『松井秀喜;奇跡的な復帰で、ついにMVPを獲得!』
と、ニューヨーク市民の熱狂的なパーレード、凄かったですね。
 「イチロー」の前代未踏の2000本安打に続き、このたびの日本選手の大リーグの活躍、特に「松井秀喜」選手は、この3年間、手足の骨折などで、再起を危ぶまれながらも、第6戦で3安打6打点のヤンキース優勝への貢献、MVPを獲得できたのは、単に「本人の強い”精神力”と”努力”」ばかりではないと思いますよ。
 プロ野球の選手は、誰しも”精神力と努力”は、”プロの意識”として当然持っているのです。でも、その卓越した”才能と結果”を導くのは、やはり「運気」という人一倍に優れたパワーを持っているからですよ。
 「イチロー」もそうですが、30代になっても運動能力は長続きしていますね。このパワーは、実に”風水の源点”からなんです。
 「松井秀喜」は約6千年前;「先天八卦図」の”龍馬”のパワーですし、「イチロー」は約4千年前;「後天八卦図」の”神亀の図”のパワーを受けているので、一般のプロ野球選手との違いがある訳です。
 いいですか、一口に言えば、「松井秀喜」は力のある”馬”のパワーだからホームランが多く、「イチロー」は”亀”のパワーだから、頭脳プレーの安打が多いのです。
「松井秀喜」天格15地格16総格31 "背番号55"
「イチロー」9画 ”背番号51”
どうですか?「松井秀喜」は、”5" が3つありますね。これは「先天八卦図」”龍馬”の腹の中心には、「5が3つの星」があります。
 ですから、”馬が龍に変化”する時のパワーです。
 これに対して、「イチロー」は、”9・5・1”がありますね。「後天八卦図」の中心ライン「9・5・1」の星がイチローにパワーを授けています。
 その他、「野茂英雄」「清原和博」「井川 慶」などの選手も天格19の”神亀”のパワーでした。”龍馬”のパワーは、「5が3つ」揃わないとないのです。
 ですから、野球評論家が言う「松井秀喜は”精神力”と”努力”です。」というのは、誰しもプロ野球の選手なら持っているのです。その中から卓越した結果を残せるのは、”風水による運気!”なのですよ。

必読!復習;「天命数霊術」は”簡単”で”奥”が深い。
[第796回](小吉)・・・11月7日(小吉)

『”2”が事件事故を呼ぶなら、”32”も同じ凶意があるのですか?』
というご質問がありました。
 この判断と根拠は、すでに何回か投稿していますが、最近このブログを読まれた方も多いので、復習のつもりで再読して下さい。
 さて、この説明をする前に、次の「15=X+Y+Z」のパターンを見て下さい。姓名判断というのは、車や携帯番号などと異なり、結果数15には”数が複合した構成数”なのです。
。隠機瓧后棕機棕院´■隠機瓧掘棕機棕魁
15=4+5+6   ぃ隠機瓧押棕機棕
ィ隠機瓧粥棕后棕押´Γ隠機瓧検棕院棕
В隠機瓧粥棕魁棕検´┌隠機瓧押棕掘棕
(上記のパターンは、公式ホームページの「神亀の図」=「九星定位盤」=「魔方陣」を参考にして下さい。)
 どうですか?同じ「15」という数でも、以上の通り、「8種のパターン」があります。これも天格と地格が入れ替われば、16パターンになります。そのうえ、「15=X+Y」や「15=X+Y+Z+・・・」のパターンを加えて行けば、計算に弱い私の頭脳では、とても何パターンあるのか、分かりません。ですから「天命数霊術」は他に4条件もあり、無料のIT占いのソフトなど、どんな優秀なプログラマーでも、ソフトを組めないのです。
 それだけに、同じ総格15の人でも、かなり異なった運勢の人が存在する訳です。その点、日本人1億2千万人が、血液型が4種、星座占いが12種しかない日本中の”占い師”のセンスに呆れますね。
 日本人一人ひとりの運勢は、それぞれ皆異なるのですよ。

 そこで、冒頭のご質問の回答は分かりますね。
 同じ総格「32」画の人でも、「32=X+Y+Z」のパターン次第で、運勢は”天と地”の違いがあります。
 例えば、「32=19+13」と「32=12+20」とでは、その「32」は、”奇跡を呼ぶ幸運の人”と”事故事件で亡くなる人”の違いが判断できますよ。
 この考え方で判断しても、「じゃあ、1桁の”2”はどうなるの?」と疑問を持たれる方も居られるでしょう。この判断も投稿済ですね。
 同じ、「2」といっても、「同質の物の”2”と異質な物の”2”」とは吉凶の違いがあります。「陰陽の組み合わせの”2”」の場合、例えば「男女2人の”2”」と「男同士の”2”」とは、その組み合わせの”2”の運気的な違いが出てきますね。
 このように、「数と運勢」を思考して下さい。何度も念を押しますが、日本人一人ひとりの運勢は違いますので、例えば「”射て座”の人、今日は”大吉”です!」という占い、これを信じる人は”素直で騙され易い人”なのですよ。(”射て座”の人は、1千万人も居るのですよ。)

必読!胎児からの命名で、すでに知能の差が出来ている。
[第795回](大吉)・・・10月6日(小吉)

 『胎児には”名曲”を聞かせなさい!』
と、お年寄りから聞いたことはありませんか?
 胎児はすでに聴力を持ち、知覚神経から頭脳の発達が進行しています。
 そのため、名曲などで情操教育をして、心優しい子に生まれて欲しいという願いから、お年寄りが言い伝えてきたのです。
 ですから、夫婦喧嘩をしておれば、チャンとお腹の中で聴いていますから、『妊娠中には、夫婦喧嘩をしないで・・・』と、私の母親も言っていましたよ。
さて、胎児の頃から聴覚があり、脳は発達しているという研究は、ドイツの医学者の間では、常識になっています。
 さらに、最近のドイツの研究では、両親の言語を聴いているのか、驚くことに、出産した直後の泣き声は、”訛り”がある方言の抑揚があるそうです。
 そこで、こんな面白い実験があります。
 ドイツの「ビュルツブルク大学発話前発育・発育障害研究センター」では、胎児の頃に、母親がドイツ語であり、他人がフランス語を聴かせた場合、誕生直後に新生児が”複数の異なる言語”を耳にすると、ほとんどの場合、母親の胎内で聞こえていた言語に最も近い言語を、好むような態度を示す研究結果が出たそうです。
 この調査は、フランス人とドイツ人各30人、計60人の健康な新生児の泣き声から判明したとのこと。
 さて、この研究結果から、何を学ばねばならないのでしょうか?
 胎児の頃から、男女別が判明した時点で良いのですが、出産前から「名付け」をして、名前を呼んであげることです。
 その名前の音調が、例えば、「けんたろう」という”強音”なのか、「ゆうや」という”弱音”なのか、あるいは「ち・り・ひ・み」がある”頭脳運”を呼ぶ音感なのか、などにより、出産した直後から、”名無し”で生まれる赤ちゃんより、すでに頭脳の差が付いていますよ。
 いや、そればかりではなく、仮に体重は少なくても、健康体であり、必要以外は、長が泣きしない子で”育て易い子”になります。(特に、天格9・19・5・15の子は、長泣きをしないのも不思議ですよ。)
 ですから、胎児の頃から、”名付け”をして呼び,暇を見つけては、フルネームを漢字で書いて、母親が”気”を送ることを忘れないで下さいよ。

 

必読!「玻南」という子供の名は、親だけのものではない。
[第794回](小凶)・・・11月5日(大吉)

『玻南』という名前が読めますか?
 またまた、親のエゴで、”読めない・書けない・意味不明?”の赤ちゃんの名前が、裁判沙汰になっていますね。
 かっての「悪魔」ちゃんよりも、真ともな名前のようですし、「海」を"
マリン"と呼ぶより、まだマシですが、常用漢字も人名漢字もない「玻」という字に、なぜコダワルのでしょうか?
 このブログでも、意外な名前を数回紹介してきましたね。
 このたび、「どうしてもこの名を付けたい」とのことで、名古屋市のご夫婦が、最高裁に特別抗告しました。(これまで、名古屋家裁と名古屋高裁に不服を申し立てましたが、ともに訴えが退けられていました。)
「(不服の申し立てが)退けられることはないと思う。過去の認められた判例の切り口でいくと、私たちも必ず認められるはず」のご主張ですよ。
 特別抗告したのは、名古屋市東区に住む矢藤さん夫婦です。矢藤さんは、去年11月、二女が誕生した際に、常用漢字や人名用の漢字ではない「王」へんに「皮」と書く「玻」(は)という漢字を使い、「玻南」(はな)という名前で出生届を提出したところ、受理されませんでした。
 そのため、まもなく1歳を迎える二女には、戸籍や住民票がない状態が続いています。
 「一生懸命考えていると、(周りに)見てもらえるのか、(親の)エゴと見られるのかは分からないですけど、あえて受けとめるつもりです」(矢藤清恵さん)とのことですが、お子さんの名はご両親だけのものではないのですよ。一生、家庭の中で暮らすのであれば、”読めない・書けない・意味不明”でも、それは自由で良いと思います。
 でも、もう1歳からでも、保育所に入れば、社会生活が始まるのです。保育所の保育士や将来の小中高校・大学、そして会社に就職、取引先などの対外的な人々に、「何と読むのかな?そのうえ、パソコンでも携帯でも、中々変換できない!しかも、漢字だけを見ると、男女の区別が付かない!」と迷惑をかけるのですよ。
 第一、そんなにコダワルほど、この名は失礼ながら、運気は良くない名前なのです。
「矢藤 玻南」天格14・地格27・総格31
この名は、何度も投稿しましたように、「4・7」タイプで”自己主張の強い頑固な性格”であり、反抗期を迎える中学2年生前後には、相当育てにくいお子さんですよ。それに、「玻」の字体はガラスとか、水晶の意味がありますが、「南」に在るという”語意不明”の名になります。
 健康・才能・性格、そして”運気”から判断しても、裁判までしてコダワル必要がない名前だと判断できます。
 ご両親は、そんなにイジを張って、社会に迷惑をかけ、お子さんの不便さ(すぐに検索できない字体)を感じさせ、しかも”運気”に恵まれない名前です。
1字目が4画・14画・10画の字体にすれば、”運気”の良い人生が送れるのに、「天命数霊術」を知らないとは、ご両親にも”運気”がないですね。

(備考)この名を批判して、「適正な名前にすべき」という意見は、個人の人権侵害をする意図ではなく、公共性・公益性からの判断であり、むしろ、この赤ちゃんの”運気向上”のための意見ですから、違法性がなく、刑法・民法の名誉毀損にならないことを申し添えます。
 


必読!一字姓一字名に「霊数1」を付ける説の間違い!
[第793回](小吉)・・・11月3日(小吉)

『貴方の名前は、相当に悪いね!』
と言われた方からのPCメール。
『・・・先日、スーパーで開業している姓名判断師に観てもらいましたが、私の名は、メチャメチャに悪いと言われました。実は、私の姓名は、2文字(「東 健」)であり、画数判断で、”霊数1を付けて判断するから、そのようになるのだ!”と言われ、相当へこんでいます。なぜこんな判断になるのですか?・・・』
というPCメールの一部にありました。(掲載は、ご本人に了解済です。)
 皆さん、どう思いますか?
 もちろん、そのような説は私は採用しませんが、日本中の姓名判断師の多くは、霊数1を採用しているのですよ。(採用しない説もあります。)
 さて、この方の場合、「霊数1・”8” ”11”・霊数1」の画数配列として数える説があるのです。すると、熊崎式姓名判断では、五剖説ですから、天格9人格19地格12外格2総格19となり、「2・12・9・19」は全て”大凶”ですから、滅茶苦茶に悪い判断となったのでしょう。
日本人の苗字は、2文字姓2文字名は一般的であるため、1文字姓1文字名の場合は、五剖式では画数を求めにくいので、霊数1を付けるなんて、安易な考えで、そのような説が伝承されて来たと思います。
 しかし、実際にないものを「1画」と数えることを無理があり、「なぜ、1なのか?2や3ではいけないのか?」と考えてください。
 すると、「東 健」さんと「東 健一」さんと同じ運勢判断になりますね。そんなバカな判断はありませんよ。
 これを、中国民族・朝鮮民族では、苗字の99%が1字姓であり、1字名の人も多いのですよ。すると、国民の99%の人の苗字に”霊数1”を付けて判断する意義がどこにあるのでしょうね。まして、1字姓1字名の人は、全て
外格2となり、大多数の国民は、対外的な運気が”大凶”と判断せざるを得ないのが、霊数1を採用する説なのですよ。常識で考えても”間違っている説”と分かりますね。
 私の説は、すでに投稿済ですが、”ないものは、0(ゼロ)”と考えますので、「東 健」さんは天格19地格0総格19となり、「19」が2ヵ所ありますし、天格19の中に”健”の11画を含みます。そのうえ”健”の語源・音感も良いので、”最高に良い姓名だ!”と、180度異なる判断になります。
 したがって、”へこまれる”どころか、大いに自信を持ってください、と返信した次第なのです。
 

必読!読者から「昇運色紙額」等の嬉しいPCメールをご紹介!
[第792回](大凶)・・・11月2日(大凶)

『凄いパワーを感じます・・・。』
と、先日「昇運色紙額」「龍神祈願写真立て」をお届けした方から、嬉しいPCメールを今日頂きました。
(原文の通り)
『「昇運色紙額」「龍神祈願写真立て」を見て思ったのですが、霊符の文字が9で「和気吉祥 魚龍変化」が8文字で、これも陰陽を踏んでいるのだな〜と、今更ながら気付きました。
 自分は霊符については全くの素人ですが、霊符の力と陰陽の力がこもっているので、他の方が書く霊符よりも、相当効果が高いのではないかと思いました。名前の上にあるマークも先生のオリジナルですよね?
 「龍神祈願写真立て」は、寝室においてあるのですが、凄いパワーを感じます。他の霊符の場合も、陰陽を踏まえてお書きになっているのですか?』

これに対して、次のように返信して置きました。
 皆さんにも、ご参考に紹介いたします。
『 そうですよ。「和気吉祥 魚龍変化」8文字(陰)と「妙法見実相観神通力」9文字(陽)との陰陽パワーが、中心に墨書した姓名に、左右から運気が来るように、配置しています。
 そして、姓名の上のマークは、「1点に運気を集め、そのパワーが、左巻き(惑星が太陽の周りを左巻きに回る理論と同様)で運気を出すように回っているロゴマーク」で、オリジナルのものです。
 さらに、苗字と名前の接点に、「天命数霊術」の角印を押して、”気”を入れています。そのうえ、色紙の裏に、姓名の裏(体の裏と見立て)からもパワーが送れるように、中心に「風水神仙道霊符」を書いて、”気”を入れています。そして、額縁の色彩は、運気を呼ぶ「エンジ色」の”春慶塗り”なのです。
  そのため、真言密教の僧侶・霊能者・中国整体師などから、この色紙額から”気”が出ていると言われ、「まず、日本では、これほどの色紙額を書く人はいないですよ。」と、彼らから言われています。
  このように長年の創意工夫した「ベストの命名・改名」「色紙額」「龍神祈願写真立」ですから、決して15万円は高いどころか、安いと言われる方もあり、1事例ですが、ある社長のお孫さんの命名では、18年前の当時、まだ公務員在職中でしたから辞退したのですが、命名料ではなく”お礼”ということで30万円頂いたこともあります。そのお孫さんは、健康に成長されて、塾などどこにも行かず、今春、現役で京大法学部に合格されました。・・・』(最近では、ある出版社の社長さんのお子さん、現在、東大2年在学中との連絡も入っています。また、中学3年で改名したお子さん、進学2流高校から京大現役合格の事例もあります。)
 先日のブログ「努力なくして、成功する人」のパターンの事例を兼ねて、紹介しました。私への中傷サイトもある中で、このような嬉しいメールも頂くのですよ。世の中の人、さまざまですね。
                                     

必読!”画数のみ”の姓名判断は”落語”のネタになる!
[第791回](大吉)・・・11月1日(大吉)

「画数が同じ人は、同じ運勢でしょうか?」
という興味深い姓名判断サイトがありました。「グーグルの”教えて!”」というサイトに、読者からの質問があり、一般の読者がそれに答えていました。その中で、次のような”なるほど?”と思える回答がありましたよ。
 皆さんは、どう思いますか?
(原文どおり)
『・・・・その占いのいい加減さを、落語で桂三枝さんがネタにしていてましたよ。自分(桂三枝)と桂小枝が姓名判断の占い屋に入った時、自分の画数が素晴らしい!と褒められた。その後、最近運に見放されている桂小枝が占ってもらった。しかし、2人とも画数が全く同じだった。占い屋は、慌てながら「素晴らしい!」と褒めたそうです。
「同じ画数なんだから、『素晴らしい!』と言わにゃしょうがない」と三枝が言ってました。笑っちゃいました。占いなんて、しょせん、そんなものだと思っています。』
  桂三枝さんには、弟子が17人いますが、私の知る限り、お弟子さんは全て「桂 三◇」のように”三”が付く芸名であり、「桂 小枝」さんが居られるのか、どうか分かりませんが、この話は”画数”だけの姓名判断となると、桂三枝さんの言われることは”ごもっとも”なことですね。
  この話のように、日本中の殆どの姓名判断師は、”画数のみ”の運勢判断です。それでは、「同姓同名の場合」や「字体は異なっても”同画数”の場合」は、運勢は同じ判断になって、”苦しい言い訳”をしている姓名判断師が多いのですよ。
  さて、私の「天命数霊術」では、こんないい加減な姓名判断とならないために、”画数”のみではなく、5つの条件を満たすか、否か?を、総合的に観れば、こんな落語のネタにならないのですよ。
(そのために_菴語意8豸鮫げ惨境ノ玉の5つの条件があります。)
 したがって、画数は同じでも、「三」と「小」を姓名の字体に使用する違いにより、かなり”運気”の違いが出てきますね。
 例えば、「桂」と「枝」は左右別れ、その間に「三」なら良いが、「小」ならば、上下に”尖角衝射”のうち、”尖”の形で運気が”天斬殺”となる可能性があるから、「桂 小枝」という芸名は良くないと、私なら助言しますので、「桂 三枝」さんの落語のネタにはなりませんでしたでしょうね。(そのうえ、「三」と「小」では、語意・語源・音感も異なりますよ。)

[参考]カテゴリー欄の「漢数字の意味」をクリックしてください。そのうち[第514回]08.12.3の「人名使用漢数字”三”の吉凶?」を再読してください。「三」と「小」の違いが分かります。