Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< August 2010 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!近日公開映画;『十三人の刺客』は、故人に対する名誉毀損か?
[第1058回](中吉)・・・8月30日(小吉)

『 確証のない史実で、固有名詞(「明石藩」と15代藩主「松平斎宣」)を挙げた暴君ぶりを公開するのは、故人に対する名誉毀損の疑いがある。』
と私は思いますし、明石市も菩提寺も子孫も困惑しているとの神戸新聞ニュース。
 現在の子孫「松平家」は、この映画による”先祖(故人)に対する名誉毀損”の被害者だとも解釈されます。
 来月9月25日から全国東宝系で公開される映画『十三人の刺客』。
 久方ぶりに前評判が高い時代劇映画。国際映画祭にも参加が決まっているとか。
 フィクションですが、15代藩主を「松平斎韶」(なりつぐ)との名にしていますが、15代と言えば「松平斎宣」(なりこと)と特定されます。
 この”暴君ぶり”が強調され、13人の刺客が”暗殺”の密命を受けるストリーです。
 しかし、モデルとなった藩主の菩提寺などでは、そんな史実は伝承されておらず、不確かな内容であり、「不本意」と受け止められています。
ベネチア国際映画祭への出品も決まり、受賞すれば明石市の悪いイメージが世界に広がるかもしれず、関係者は注目しているそうです。
 伝承される史実としては、参勤交代の途中、行列を横切った幼児を家臣が手討ちにしたとも伝えられるが、当時、武家に非礼があった場合は、「無礼討ち」は幕府の諸法度(現在の法律)で認められ、この程度の事件はどこの藩でも行われて、それが”暴君という汚名”には至らないものです。
武家には、藩主の人柄や藩政の詳細には、史実として確証のあるものは少ないのです。あの有名な薩英戦争の起因となった「生麦事件」(イギリス夫妻を殺傷)でさえ、薩摩藩主「島津久光」は、逆に”名君”の評価になっているのですよ。
(暴君とは、失政で領民の過酷な年貢取立て、虐待・拷問・処刑などで一揆が頻発する状態。例えば、天草地方の残虐な”蓑かさ踊り”の”火焙り”処刑方法など。)
 歴代明石藩主の墓所がある長寿院(明石市)の住職は「不行跡があったようだが、それを表面的にとらえて脚色している感じで、不本意だ」と話されています。
 また、子孫の明石松平家の現当主「松平直晃」氏(76;静岡市在住)は、37年前の映画がテレビ放映された際、同級生から「お前の先祖はひどい」と言われ、藩士の子孫からも「けしからん映画だ」という苦情を聞かされたとのこと。
 どうですか? 原作者・映画の脚本家・監督などの関係者は、故人であっても、その子孫に対して「民法上の名誉毀損」になる認識がないように思いますよ。
 江戸時代以前の武家は、「通称名・名乗り・号・字・隠居名」など沢山の名を持っていますので、正確な判断は出来にくいと思いますが、
松平斎宣」天格19・地格14・総格33
から判断しますと、決して”暴君”どころか、むしろ老中候補ともなった”思いやりのある賢い名君”ではなかったのか? と私は解釈しています。
天格19と総格33であり、地格14は「宣」=9画を含んだ意志の強い方であったとも判断できます。映画内容のような暴君ではなかったのでは・・・?
 「天命数霊術」を修得すると、確証がない歴史的事実でも、推定できるのは、とても便利でしょう・・・。
お名前さえ分かれば、「あなたのご先祖」がどんな方だったかも、判断できますが、旧漢字と日常使用名に留意してください。

必読!会社を興すなら「経営3原則と5大吉数」に!
[第1057回](中吉)・・・8月29日(大吉)

『 経営の神様「松下幸之助」氏の”経営の3原則”は投稿済ですが、”5大吉数”をご存じですか? 』
 この5大吉数に揃えることは、実は「天命数霊術」からの必要条件です。
 私が公務員を退官して、顧問を3社して来てきました。その1社は2部上場から1部上場へ昇格、1社は2部新規上場、あとの1社は非上場だが、従業員7人から5年で46人のベンチャーの優良企業へと発展したのも、5大吉数がノウハウの一つなのです。
 もちろん、会社創立者の社長が運気の良い姓名を持つことは、当然の条件ですが、今回はこれを抜きにして、会社名と商品名などに”吉数”を揃えることですよ。
 話は遡りますが、私の愛犬ポメラニアンが老衰で死んでから、早や1年4ヵ月、それ以降、散歩する意欲もなく、車ばかりの生活。
 運動不足なのか、私の腹がメタボになり、当時から3kgの贅肉が余分に腹だけに付き、少し不恰好な体型になりました。
 この腹では、女性にモテナイなぁ〜と、鏡に写して”ため息”!。
 そこで、今日、「ゴダイ(薬局の大店舗)」に行き、「メタボに効果がある健康食品がありますか?」と尋ねたら、男性の薬剤師が次の「第2類医薬品」で「成分が漢方100%ですから、副作用も少なくていいですよ。」と勧めてくれました。
 その商品を購入して帰宅、机に座りジックリ見ていると、或る事に気が付いたのです。
 なんと、私が企業に勧める「5大吉数条件」を完全にクリアしているではありませんか!
 なかなか、条件が揃った商品は滅多にないのですよ。
 次の商品ですが、宣伝費は1文も頂いていませんので、念のため・・・。
 キャッチフレーズは「腹部の”皮下脂肪”が多い方に」です。
‐ι別勝─嵋鰭通聖散」51画 (漢方らしい中国名)
会社名;「三九製薬」35画 (シンボルマーク999
住所番地;富山県・・・55番地
づ渡暖峭罅076-472-1011
ゥ侫蝓璽瀬ぅ筌襦0120-149-931
どうですか? 偶然か、数字に関係するもの全てが”吉数”なのですよ。
 いいですか、こんなに揃っている商品は滅多にあるものではありませんよ。
 しかも、気が付きましたか? これら5大条件のうち、なんと「999」「55」「11」の3種、”神亀の図”の条件「9・5・1」が、偶然にも揃っているではありませんか。(余談ですが、薬品・健康食品名には、意外と11画が良いのです。なぜなら「健=11画、康=11画」だからです。)
 不思議な偶然があるものだと、メタボ解消の効果を期待して、4錠飲み込みましたよ。

必読!4文字左右別れ;著名な弁護士「猪狩俊郎」氏が自殺か?
[第1056回](小吉)・・・8月28日(中吉)

『 何歳になっても、4文字左右別れは、”事件事故”を呼ぶ。』
と、今までのブログにも数回投稿してきましたね。
”4文字左右別れ”は、風水に言う「天斬殺」(天から地に抜ける形)なのです。姓名には、それを受け、龍神が宿る留め字”がないと、日常の”心”と”氣”に”安定感”がありません。
 今日の海外ニュースも、実証例の一つです。
【マニラ時事】フィリピン警察によると、マニラ首都圏マカティ市で27日夕、第一東京弁護士会所属の弁護士「猪狩俊郎」氏(61)とみられる遺体を発見。同氏は、長年「民事介入暴力事件」に取り組んでいた著名な弁護士です。複数の薬を服用した形跡があり、警察は”自殺の可能性”があるとみて調べている、とのことです。
 遺体が発見されたのは、同市の高級住宅街で在フィリピン日本大使館が確認を急いでいるそうです。
 同氏は、民暴対策委員長やプロ野球暴力団等排除対策中央協議会委員などを歴任。ゼネコン汚職事件で収賄罪に問われた元茨城県知事の弁護を担当したほか、長年、暴力団排除を中心とした講演活動を行い、テレビの法律相談番組にも出演。
 不思議なことに、姓名判断の”職業的”な例外として、弁護士と臨床医師(鑑識医を含む)は、大学の法学部・医学部教授などの研究者と異なり、現場の職業人は”苦労人”が多く、姓名の運気から見ればベストの名ではないのです。
(これを批判した中傷サイトがありますが、私の父は歯科医で、一族には臨床医・勤務医も多く、特に救急医療の外科医や産婦人科医は”昼も夜も”ないのです。一方、私は修士課程の当時、法律事務所に非常勤で勤め、弁護士生活を認識している経験からも”苦労人”と言えます。繁盛している弁護士は、昼食も夕食もマトモニ食べられない不規則な生活になります。特に緊急を要する破産事件の供託手続きは、1刻を争います。このような多忙の生活は、臨床医師も同様です。)
 さて、「猪狩俊郎」氏の姓名は、
「猪狩俊郎」天格20・地格18・総格38
どうですか?全て”偶数”で天格20と「8」のダブリで、とても”お人柄が良く、思いやり”がある方です。でも一見、弱運の画数ばかりのようですが、天格20の中に「俊」という”9画”の語源がベストの字体ですし、地格18の中にも「郎」という”9画”が含まれていますので、とても賢い方です。しかし、一番の難点は”4文字左右別れ”で、ご本人は日常”安らぎの心”を感じることなく、仕事に奔走されていたと思います。
 その結果、仕事に疲れ、プラス思考の”氣”も薄らぎ、”自殺”の道を選ばれたのだ、と判断しています。
 皆さんやご家族の中で、3〜4文字左右別れの姓名がないか、否か?再確認して見てください。1字でも左右別れしない”留め字”があれば、結構ですよ・・・。 

必読!古代インド占星術でも、『9』は”最大吉数”です。
[第1055回](大吉)・・・8月27日(小吉)

『 古代インドの占星術でも、「9」が最高の吉数であり、「9・5・1」の順に運気が良いのは、古代中国の「神亀の図」と一致している。』
と、驚きのメールを頂きました。
 その原文を、次のとおり、ご本人の了解を得て、そのまま転記しました。
[原文どおり] 
>『 夜分失礼いたします。
> 毎日、筆ペンで21回書きとりと、色紙額と霊符を飾ってから、良くも悪くも意志が強くなってきた気がします。仕事では頭がさえすぎて、上司の鈍な判断にいらつくようになり、占星術の勉強は、格段に集中力が発揮できています。 そして最近、西洋ホロスコープの原典に近いとされる インド占星術の独学を始めました。
> そこで、「9番・5番・1番のハウス」(ホロスコープで区切られるスペース)が、 「幸運のハウス」と言われていることを見てびっくり。
> しかも、幸運の度合いは、天命数霊術と同じ9>5>1の順でした。
> 神亀の図の発祥の中国以外に、古代インドでも、このような吉数一致が偶然に起きたのか、はたまた元をたどれば同じ起源なのか、大変興味深い題材だと思いましたので思わずメールいたしました。
> 私はインド占星術は、まだ入門書を読み進めている段階なので、今のレベルでは神亀の図とインド占星術のつながり方を分かるまでには、かなり年月がかかりそうです。
> しかしこのように、いずれ突き詰めて行こうと、頑張れる心が生まれたのは、改名してからだなぁとつくづく思っております。・・・』

 私は、古代インドの占星術は勉強はしていませんので、詳細は分かりません。しかし、世界の4大文明の1つがインダス川流域であり、古代インドの占星術は約4〜5千年前だとの学説があります。
一方、古代中国の黄河文明は、約6千年前が「先天八卦図(龍馬の図)」、約4千100年前が「後天八卦図(神亀の図)」ですので、古代インドと古代中国とは、共に文化の交流があったのだと思います。
でも、私はどちらが早いのか、遅いのか?ではなく、その発祥の神話がそれぞれあり、古代インドと古代中国は、別の理念から「占星術」と「風水」がそれぞれ発祥し、たまたま「9・5・1」の幸福理念が一致したのだと、私は解釈しています。
 ともかく、古代インドは、当時では世界の先進国であり、世界の数概念の最も発達した国であり、アインシュタインも「古代インドのお蔭で、現在の数理論がある。」と述べていたことは有名です。
なお、約2500年前の古代ギリシャでは、数学者「ピタゴラス」も”9”を含めた「奇数・偶数理論」を展開し、「”奇数”こそ行動的な運気を呼ぶ」、とも言っています。これが今日のコンピュータ原理になっています。
 どうですか? これに対して、日本中の姓名判断師が、「9は”大凶”」と判断している”大きな間違い”は、世界に対して恥ずかしいことだとは、思わないのでしょうか・・・?

必読!(削除)
[第1054回](小凶)・・・8月26日(小吉)

(削除)


必読!思いやり教育;中学生が「カンボジアに井戸を寄付」
[第1053回](小吉)・・・8月25日(大吉)

『 カンボジアに井戸建設;姫路・琴陵中学生の募金で! 』
という神戸新聞の記事。
 今までにも、全国の中高校生の「途上国への寄付や慈善行為」のニュースは度々ありましたが、その中の一つとして、昨日の記事を紹介。
 中学生の寄付での慈善行為?
 「そんなことは、国連や日本政府のODA(政府開発援助)に任せておけば良い。」ともお考えでしょうが、このような慈善事業は”弱者救済・途上国への認識・国際感覚の高揚”など、青少年の成長過程では、”思いやりの心”を育てる大事な教育になるのですよ。
 さて、このたび姫路市立琴陵中学校では、生活用水の確保に困っているカンボジア北西部の村に、生徒たちの募金で井戸が完成したのです。
 その上、同校教員と代表の生徒らが現地を訪れ、完成した井戸を確認し、生徒たちが集めた文房具や衣類なども寄付し、交流を深めたそうです。
 現地を訪問したのは、同校の「植村妙江」教諭や同校の生徒のほかに、安室・城乾・書写の3中学の1年生3人も含め、計13人です。
 その村は、世界遺産のアンコール・ワットなどの遺跡で知られる都市に近く、バスで約15分のところ。凸凹道を通り、寄付をしたサンダン村に到着したとのことです。
 日本に比し、貨幣価値が低いので、井戸の建設費用は、僅か1基2万円できるのですよ。これなら、中学生1人の正月のお年玉程度。隣村のプロヨット村への2基を含め、今回は3基分の資金を寄付したのです。
 村民たちは、井戸ができるまでは、徒歩で約30分も重い水を運んでいたそうです。完成した井戸を見て、村民たちは「近くに水が出て、とても便利になった!」と喜んでいたそうです。
 日本の生活は、全国の山村でさえ、”蛇口を捻ると、ジャー”と出る水道の水が当たり前。
 普段は、その有り難さも、日本人は忘れていますね。
 でも、戦前・戦後の荒廃した日本では、公共又は簡易上下水道の普及率も悪く、井戸や山の清水や川の水を桶に入れ、手作業で台所まで運んでいたのですよ。
それが、アメリカを中心とした国際援助資金のお蔭で、現在の”蛇口を捻ると、ジャー”と恵まれた生活ができた恩返しの気持ちも、中学生に知って頂きたいですね。
 それに、同村では、雨期には膝まで浸水し、教科書や椅子・机が不足し、図書室もない。災害に遭遇した児童・生徒は、家や土地も無くなり、学校を転入・転出を繰り返すという。
 これに比べれば、日本の恵まれた学校で、”不登校・陰湿なイジメ・引きこもり”は、孤児や餓死する子が多く、生きるのが背一杯の時代から比較すれば、本当に贅沢な悩みかも? 
戦後の貧しい時代は、”不登校・陰湿なイジメ・引きこもり”などは殆どなく、学校に行けるだけでも幸せと、子どもながらも感謝の心をもっていたので、みんなが助け合い、そのような社会現象は殆どなかったのです。
腕白な子はいても、陰湿なイジメなどは、殆ど見かけませんでした。
極貧で弁当持参できず、不登校の子はいても、”心の病”から、不登校や引きこもりの子など、聞いたことがありませんでした。
現在の子は、恵まれた社会現象と家族への甘えから、自己信念に欠け、”贅沢な悩み” からの現象だと思います。
 それらの用語は、豊かな日本になってからの「新・日本語」のような氣がします。
 さて、この募金活動の企画から、今回のツアーリーダーの「植村妙江」教諭は、「カンボジアの現状を、全生徒に報告したい。」と述べています。
 さて、植村先生のお名前は、
「植村妙江」天格19・地格13・総格32
 どうですか、地格13は「8」系列と同様、温厚円満の性格で”思いやり”がある人ですが、それを天格19で実行に移し、リーダーシップがとれる”とても賢い先生”です。
 しかし、何歳になっても怖い”4文字左右別れの姓名”、”事件事故”の遭遇の可能性がありますが、天格19で奇数:偶数=2:1の関係から、かなり中和しますので、その災難の可能性は低いと判断します。でも、大事をとって、このような4文字左右別れの姓名は、改名しておくに越したことはありませんよ。
 今日の「カンボジアへの中学生の寄付行為」、中学生にとって、「生きた勉強」になり、大人になっても”弱者への思いやりの心”を持ち、決して忘れない「貴重な体験」なのですよ。
日本も55〜65年前までは、カンボジアと同様、「発展途上国」であったことを、忘れないで欲しいですね。

必読!物の価値観?1杯『1万円を超える高級冷めん』
[第1052回](小吉)・・・8月24日(小吉)

『 あなたは、「1杯1万円を超える冷めん」とは、どんな印象ですか?』
このニュースを見た時、あなたは『高いね!』と表現しますか?それとも『高価な冷めんがあるものだ!』と思いますか?
 過去のブログでも「物の価値観」について、数回投稿していますね。
 さて、今日のヤフーニュース。
『1食で1万1550円と高価な冷めんが、スイスホテル南海大阪(大阪市中央区)で販売され、人気だ。6月から1日5食限定で発売したところ、これまでに計50食以上を販売。外食産業の値下げ競争が激化する中、高級食志向をつかんだメニューとして話題を呼んでいる。・・・』とのこと。
 この冷めんは、8月31日までの期間限定。同ホテルの中国料理店「エンプレスルーム」で、水槽から取り出したばかりの伊勢エビをはじめ、フカヒレやアワビ、カニなど12種類の高級食材を豪華に使ったこだわりの一品で、手作りの特製めん3玉に、すりゴマと練りゴマを合わせたタレと、ショウガの風味を生かした醤油のタレが付いているそうです。
 同ホテルなどによると、一般的に高価な冷めんでも1人前で3千円台までという。今回の特選冷めんは1食で2〜3人分の量があるが、使われている食材からも高級感が漂い、「カップルや友人同士で楽しむ姿がみられる」と広報担当者の話。
 さて、皆さん、『高いね!』と『高価だね!』と、僅か「価」の1字を付けるだけで、”良識がある人か否か?”が分かるのですよ。
(投稿済ですが、備前焼中興の祖・人間国宝;「金重陶陽」の茶碗が、「250万円とは”高い”」と表現した紳士がいました。時価は500万円ですから、むしろ”安い”とか”高価な物ですね”と言えば、そのお人柄が偲ばれるのですよ。)
 同じ食品でも、メーカー・規格・品質も全く同一な商品なら、店により価格が異なる場合しか、”高い・安い”とは言えないのですよ。
 タバコなど、全国統一価格のものが、店により値段が異なれば”高い・安い”は言えるのです。
 でも、これ以外の世の中の全て、ピンからキリまで!
 車でも、20〜30万円の中古車から、高級外車の2〜3千万円、宝石でもバックでも、或は、絵画・陶磁器類でも、何でもピンからキリまで・・・。
 ですから、値打ちさえあれば、1杯500円の冷めんから1杯1万円まであっても良いのですよ。
 さて、私の中傷サイト、「15万円とは、日本一”高い”!」と表現していますね。これも調べもせず、まだ東京・京都の占い師で、30万円の改名料もあるのに、ウソを表現し、しかも”高い!”と表現していますね。
 同じ説と手法で、同じ効果がある改名なら、”高い・安い”の表現を使用できますが、「なんでもピンキリあることを認識していないレベルの低い人」が、中傷サイトに書き込みするのですよ。
 また、これを「的もに信じる平凡な人」も世間には多いのですよ。
 私の「天命数霊術」は、熊崎式をマネしたものではなく、日本初の説として、「著作権」もあるものです。
 同じ、「裸婦」の油絵でも、ピカソの絵は100億円もするのですよ。それが、どうして”高い・安い”の表現ができますか?
 まして、私の命名・改名料は、母子・障害者家庭などでお困りの方には、1人でも優秀な人材を送り出したいため、大幅な値引きの上、毎月無理がない程度の分割でもしています。
 このように、著作権があり、人の運気を社会的責任を持って命名・改名している業者が、他に居られましたら、ぜひ、情報をお寄せください。
「1杯1万円の冷めん」から、「”高いね”と”高”価”だね”」とは、大きく異なることを、皆さんに認識して頂きたいのです。 

必読!世界への普及活動;能楽師「辰巳満次郎」先生。
[第1051回](大吉)・・・8月23日(小吉)

『 皆さん、世界に誇れる日本伝統芸能「能楽」のあらましをご存じですか?』
 今や「能楽」は、ユネスコの無形文化財としても登録されて、日本伝統文化を勉強する外国人留学生の方が詳しいのですよ。
 「能楽」は、江戸の庶民芸能として発展した「歌舞伎」に対して、元々奈良・桜井市が発祥地で、京都の公家・上流武士の庇護のもとで発展して来ました。
 「能楽」は、鎌倉時代後期から室町時代初期、三代将軍・足利義満の庇護のもとで観阿弥・世阿弥が完成させた日本の舞台芸術の一種です。
 その起源は議論の分かれるところですが、「能」のすり足一つを見ると、古代中国の夏王朝;菟王の”摺り足”からだとも言う学者もいますが、正確な事はわかっていません。
 さて、私の家内は学生時代から能楽部に所属し、私も新婚時代には能楽観賞会に同伴したものです。宝生流ですが、当時、まだ小学生であった「辰巳満次郎」先生は、現在では、宝生流を代表したシテ方能楽師に成長され、将来は人間国宝候補と言われる先生を、家内は良く存じ上げています。
 「辰巳満次郎」先生は、現在までに、ニューヨーク国連前広場、メトロポリタン美術館ホール、エジプトスフィンクス前薪能などの海外公演も参画し、ロンドン・北京・上海・杭州・バンコク・メキシコシティ・ブエノスアイレス・サンチャゴ・ワシントンで公演され、国際的な普及活動に貢献されています。また、伝統的な手法による違和感のない新作活動にも参画し、新作能「マクベス」や「楽劇の祭典」、そして源氏物語千年紀新作能「六条」を演出・主演されています。このような貢献から、「社団法人・日本能楽協会」として「重要無形文化財(総合指定)」の認定を受けています。
 さて、「辰巳満次郎」先生のお名前は、
「辰巳満次郎」天格19・地格9・補格9・総格37
どうですか? 素晴らしいベストの画数配列ですね。このように「9」系列が3ヵ所あれば、「満次郎」の3文字別れの欠点は中和または消去され、とても人柄の良い紳士ですよ。総格「37」であっても、X+Y+Z=37の”XYZ”がいずれも「9」の場合は、その「37」は長所に働き、”負けず嫌い・強い根性・努力家”という性格と運勢になります。さらに地格9から”演技力”はもちろん、新作活動など”創造力”も優れています。
 「9」系列は、大凶どころか、”最大吉数”であること、このブログで沢山の実証例を紹介してきました。それでも私の説を、毎日ブログで中傷するとは、いかに理解力のない人だと分かりますでしょう。
 こうして見ますと、「9」系列は世の中のどんな分野でもトップリーダーとなり成功、社会に貢献して、歴史に名を残す人になりますよ・・・。

必読!大らかな生涯;数学者「森 毅」京大名誉教授。
[第1050回](小凶)・・・8月22日(大凶)

『 型にはまらず、とびきりの自由人。先月下旬に亡くなった京大名誉教授;数学者・評論家の「森 毅」先生は、肩書のない名刺を作り、フリーターを自称していた。』
との地方新聞のコラム。
 「越後のちりめん問屋の光衛門」と自称する”徳川光圀”公と良く似た自由奔放の生涯でした。
 悔いのない人生を、どう選択するのも自由。
 教育、社会事象、スポーツ、芸能など幅広い分野で、柔軟な論考を発信した数学者、評論家で、東大数学科卒・京大教授を経て、退官後は京大名誉教授として、自由奔放に余生を過ごし、敗血症性ショックのため永眠(享年82歳)されました。
先日の私のブログのように、「葬儀・告別式は行わず、喪主も置かない。」という”変わり者”という噂どおりの人生。
 ”変わり者”という点では、なんと、大学生の頃から、歌舞伎、三味線、宝塚歌劇団に熱中し、これらもエッセイの材料として居られる。
 数学者としての業績は、論文が2本だけとほとんど無く、教授になる際には「これほど業績がない人物を教授にしてよいのか。」と問題になったが、「こういう人物が、ひとりくらい教授であっても良い。」ということで京都大学の教授となったそうです。
 京大時代は、「一刀斉」のニックネームの”名物教授”の一人として人気があり、40代半ばから一般向けの数学の本で知られ、1981年刊行の『数学受験術指南』はロングセラーとなりました。
「エリートは育てるもんやない、勝手に育つもんや」というのが教育に関する持論。
 新聞・テレビなどのマスコミでも広く活躍。また、文学・哲学についても造詣が深く、『ちくま文学の森』『ちくま哲学の森』などの編集に携われたのです。
 さて、皆さん、森名誉教授の生き方と、私の生き方とどこか共通点がありますね。森先生も、専門の数学にこだわることなく、「世の中のあらゆる分野」に造詣が深く、そこから数学の修得法を教示しておられます。
 しかも、「葬儀も埋葬もいらぬ。」との持論でした。
 この2つの”変人・奇人”の生き方が、とても私に似ていますでしょう。
 私は、法律・行政が専門と言えば言えるのですが、世の中の「あらゆる分野」からセンスを高めて、論評や価値観を持つべきだ、と何度も投稿していますね。中傷サイトのように、単に目先のことだけではないのですよ。
 ところで、森先生のお名前は、
「森 毅」天格27・地格0・総格27
この1字姓1字名は、日本人には少なく、中国人の姓名のパターンです。
 この場合は、特に天格27は「毅」=15画を含んでいる要素が強いと判断します。でも「7」系列が2ヵ所ありますので、自己主張が強く、”わが道を行く” という自由奔放な生き方の中に、「15」と言う正義感と信用・信頼を受け成功するという運勢を良く現していますね。
 この見方は、孔子の本名「孔 丘」が、天格9の中に「丘」=5画を含んでいると判断する手法と同じなのです。
 これが、もし1字姓1字名の場合、「霊数1」を付加する説では、何がなんだか分からない判断となります。
 どうですか、世の中のあらゆる分野に、ある程度の常識を踏まえれば、中傷があっても慌てずに、自信を持って判断が出来る訳ですよ・・・。

必読!「望月岳陽」への”中傷サイト”には良識判断で!
[第1049回](大吉)・・・8月21日(大吉)

『 根拠のない中傷サイトで、韓国のスターが自殺した人、多いですね。』
 私は、スターでもなく有名でもないのに、今までにも、随分中傷・誹謗サイト、メール・コメント・電話・FAXがありました。
 最近では、すっかり少なくなったと思っていたら、1昨日19日のコメント欄に紹介されたサイトを見てください。
 ご丁寧にも、非常に詳しく私のブログから採り上げ、イチイチ批判していますね。このように、部分的なことではなく、大原則の批判は一つもないのです。中傷・誹謗する人は、自分の説・考えを主張するのではなく、他人の説の些細なことや例外を採り上げて批判してきます。
 それも、公式HPや千回余りに及ぶ全体を読むことなく、一部分の揚げ足を取って、いかにも私の説が間違いのように、読者をマインドコントロールして、それを信じる人が日本にも韓国にも多いのです。
 要するに、剣術の奥義『遠山の構え、間合いを取る』の精神を理解できない人が実に多いですよ。
どちらが真実を述べているのか?の判断が付かない平凡な人が多いから、韓国スターの自殺も多くなるのです。
 私の説は、根拠・判断基準・実証例の3つを紹介するために、公式HPと千回余りのブログで、それらを証明している訳で、決して、熊崎式の説のみを批判しているブログとは異なりますでしょう。
 私への枝葉末節な批判ではなく、「大原則の批判」をした中傷サイトなら、大いに歓迎しますよ。
「大原則」
 9・19”こそ”凶数”ではなく、「最大吉数」である。
∪名判断は、決して”統計学”ではない。
8渋綽佑硫菴瑤髻意識も使用もしない旧字体で判断する間違い。
ど鳥の画数を求めても、何の意味もない。
ィ瓜姓1字名に「霊数(仮数)1」を付けるのは、無意味である。
 このような5つの大問題についての反論サイトであれば、私は喜んで受けますが、枝葉末節な揚げ足取りの「中傷サイト」が多いのです。
でも、今までにも、「天命数霊術」を理解した方は、北海道から沖縄まで、いや海外7カ国に在住の日本人の方10数人からも、「目からウロコが落ちました。」とか「人生勉強になります。」などのメールやコメントもずいぶん頂きました。
 皆さん、どちらが真実なのか? 良識を持って、中傷サイトをお読みください。私は”信念”を持ち、”中傷サイト”に負けませんから、韓国のスターのように”自殺”などしませんよ・・・。

必読!龍脈に欠陥?「木」が5ヵ所ある「栗林栄樹」容疑者。、
[第1048回](中吉)・・・8月19日(大吉)

『 4文字姓名に、5ヵ所も「木」があるのですよ。このような実例は初めてです。』
 今日のニュースから(原文どおり)。
 「東京・台場で、痴漢を疑われた男が逃走し男のリュックサックから、山梨県警の警察官の給与明細書が見つかった事件で、指名手配されていたこの警察官が山梨県内の警察署に出頭し逮捕されました。
 東京都の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、山梨県警南アルプス署地域課の巡査部長「栗林栄樹」容疑者(29)です。
栗林容疑者は1昨日、江東区青海のフジテレビのイベント会場で女性のスカートの中を盗撮した疑いが持たれていて、警視庁がきょう全国に指名手配していましたが、山梨県の富士吉田警察署に出頭し、逮捕されたのです。栗林容疑者は容疑を認めているということです。」

 さて、皆さん、「天命数霊術」は5大条件のうち、1つでも異常な点がありますと、この事例のように”天格19”であっても、ある日、突然のこと事件事故に遭遇し、人生を台無しにすることがあります。
 ですから、「天格19なのに、なぜ?・・・」と疑問に思われ、コメントされる方があるかも・・・?
 いいですか、私の「天命数霊術」は、公式HPやブログ全体を読まれるとお分かりでしょうが、画数の要件を満たすことが、第一の重要要件です。
 しかし、”風水による姓名判断”として、運気が良い姓名には「理氣」と「らん形」が必要だと、何度も投稿しましたが、今日の実例は、長年の経験からでも、初めての”出会い”です。
 「栗林栄樹」という姓名は、”画数・語意”は素晴らしく良いですね。
  でも、4文字姓名のうち、5ヵ所も「木」があるのは、非常に珍しく、”同形の旁・偏”が重なると、風水の”氣の流れ”が悪く、「流水環抱」による”龍神”が守れない形になります。
 彼は、私の息子と同じ「29歳」ですが、彼のご両親が”大樹になって栄えて欲しい”と、将来の希望と幸運を願って、愛情一杯に名付けられたと思いますが、折角、警察官という正義を貫き、市民の生命財産を守るべき安定した職業に就職しても、ある日、突然のこと事件を起こしたとは・・・?
 誠に、ご両親もお気の毒に思います。
 偶然にも、このような偏った姓名になり運気を奪うとは、一体、この世に神仏の加護は公平にあるのか?と疑いたくなります。
 今日は19日でもあり、大阪から出て来た”信心深い”家内と、最上稲荷で祈祷を受け、「国民の皆さんに、”公平なご加護”を頂きますように・・・」と主祭神の「女神」さまにお願いして来ました。
 世の中、余りにも”格差だらけ”ですからね。 

必読!違法性の軽重?「弁護士の飲酒運転と清水健太郎の薬物」
[第1047回](小吉)・・・8月18日(中吉)

『 弁護士の飲酒運転と俳優の清水健太郎が覚せい剤使用で、どちらも”逮捕”!』
とのニュース。皆さんもマスコミも、ニュースバリュウがあるものとして同じように、考えていませんか。
 もちろん、どちらも反社会的行為で法違反には間違いないのですが、どこかが違うと考えた方は、投稿済の「酒井法子」の逮捕劇のときのブログを記憶している方です。
 ともかくニュースでは、次のような事件です。
「事件1」
 酒を飲んで車を運転し、タクシーと衝突事故を起こして逃げたとして、警視庁世田谷署が自動車運転過失傷害と道交法違反の疑いで、横浜市磯子区、東京弁護士会所属の弁護士「鈴木亮平」容疑者(30)を逮捕。
 「弁護士資格を失うのが怖くなって逃げた」と述べ、容疑を認めているという。
[事件2]
 覚醒(かくせい)剤を使用したとして、警視庁組織犯罪対策5課と上野署は18日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、元俳優の「清水健太郎」(本名・園田巌)容疑者(57)を逮捕した。清水容疑者は過去に覚せい剤取締法違反や道交法違反(ひき逃げ)などで5回逮捕されており、今回で6回目。

さあ、皆さん、この2つの事件の”違法性”は、どちらが大きいと思いますか? もし、「鈴木亮平」容疑者が弁護士ではなく、裁判官や検事であったと仮定した場合、一方、「清水健太郎」容疑者が元俳優ではなく、一般の民間人であったと仮定した場合と、比較して反社会行為の”違法性”の軽重を、ニュースの中から考える習慣も必要なのです。
 いいですか、弁護士と言う職業は裁判官や検事と同様「司法関係従事者」ですが、弁護士は「民間人」、裁判官と検事は「国家公務員」との”違法性の軽重”の違いに氣が付きましたか? ですから、弁護士の場合は、裁判官や検事よりも”軽い違法性”ですが、司法従事者として一般の民間人よりも”重い違法性”になると判断してください。
 一方、「清水健太郎」容疑者は、元俳優ですが、あくまで一般の民間人に過ぎません。これは、先だっての「酒井法子」と同じように、一般民間人であり、法令の遵守義務は、俳優・女優・歌手・タレントなどの職業は、特別に重く課せられているわけではなく、しかもプロダクション所属でも民間であり、これが相撲界(「日本相撲協会」という公益法人所属)の「野球賭博」とも本質が異なるのです。
 ですから、「清水健太郎」容疑者は、職業と法令順守義務とは関係ないものです。すると、マスコミは、ことさら大きくニュースに採り上げる必要はないのです。他の覚せい剤逮捕者と同様の基準で、取扱うべきなのです。
 このように、犯罪者に対する”違法性”の軽重に付いても、認識して置くことも、皆さんが「裁判員」になっても参考になりますので、心得ていてください。
 ところで、「鈴木亮平」容疑者は、折角、弁護士になった資格を失いかねませんし、「清水健太郎」容疑者は、麻薬常習犯として重罪となるでしょうね。これも、やはり”事件事故”を呼ぶ「2」系列から人生が狂うという姓名の怖さが理解できましたでしょうか?
「鈴木亮平」天格22・地格9・総格31
この画数配列なら、通常は天格22は仕事上の”苦労性”に過ぎませんが、「亮」の”語源”が悪く、「平」を下に使用しているので、重心に”不安定さ”があり、折角の画数の長所を打ち消して、天格「22」事件事故を呼んだのですよ。
「清水健太郎」 天格22・地格8・補格9・総格39
補格と総格の「9」系列の2ヵ所で、有名な俳優になりましたが、結局、天格「22」の次の地格「8」が偶数のため、”事件事故”を呼ぶような人生になったと判断できます。
 この2つの事件からも、姓名判断として教えられることも多いのですよ。

必読!天格・地格”9”系列の歴史・現代人を例示!
[第1046回](小吉) ・・・8月17日(小吉)

 皆さん、今日は、天格又は地格が「9」系列の歴史上から現在までの人物を例示してみました。
 例示ですから、この他にも沢山ありますが、殆どの皆さんに記憶ある有名人ではないかと思います。

[天格が“9・19・29”の人]
源 頼朝・足利尊氏・一休宗純・大谷吉継・佐久間象山・江藤新平・高橋是清・福澤諭吉・乃木希典・島崎藤村・出口王仁三郎・湯川秀樹・藤山一郎・長谷川一夫・大川橋蔵・黒澤明・松本清張・白川 静・江田三郎・五島慶太・石川六郎・金重陶陽・三輪休雪・菅 直人・村山富市・橋本大二郎・竹入義勝・加藤六月・中内功・伊藤雅俊・永六輔・阿久悠・田宮榮一・田原総一朗・安西愛子・小林旭・吉永小百合・山口百恵・加賀まりこ・宇野千代・浜美枝・正司歌江・向井千秋・志茂田景樹・松平健・渡辺謙・上岡龍太郎・山本圭・岡村隆史・高嶋政伸・高嶋政宏・荻野目洋子・高木美保・酒井美紀・小川範子・片平なぎさ・中村玉緒・菊川怜・国仲涼子・上原多香子・平原綾香・磯野貴理子・後藤真希・テリー伊藤・江夏豊・長島一茂・清原和博・野茂英雄・井川慶・イチロー・片山右京・桜井洋子・上田早苗・東海林のり子・浅田真央・花田勝など
[地格が9・19・29の人]
木下藤吉郎・明智光秀・北條時宗・岡崎正宗・毛利元就・上杉景勝・藤堂高虎・太田垣蓮月・近藤勇・湯川秀樹・古賀政男・正岡子規・北原白秋・三島由紀夫・高橋圭三・木村義雄・芦原義重・福田赳夫・橋本龍太郎・河本敏夫・盛田昭夫・岸田今日子・弘田龍太郎・利根一郎・万城目 正・渥美清・吉行淳之介・水木しげる・君島一郎・田宮二郎・乙羽信子・栗原小巻・石坂浩二・北島三郎・藤原紀香・宇津井健・志村けん・浅井慎平・江崎玲於奈・白川英樹・石井正弘・江田五月・高橋尚子・草刈民代・佐々淳行・田中喜代重・冨澤一誠・三宅久之・宮崎哲弥・市川海老蔵・溝端淳平・岩隈久志など

 この他に、ブログで投稿した有名人も漏れているとは思いますが、一応整理して見ました。皆さん、「9」系列を持てば、あなただって有名人になり、歴史に名を残す人になるかも知れませんよ。
特に、将来がある「子どもさんの姓名」に、天格又は地格に「9」系列がありますか・・・?

必読!あなたは『運』をどう考えますか?
[第1045回](大吉)・・・8月16日(小吉)

『 あなたは”運”が良いほうだと思いますか? ”運”をどのように考えていますか?』
ヤフーの「意識調査」が15日〜25日の間、始まりましたね。あなたも一票を投じて見たら、いかがですか?
 15日1日のみの調査結果では、
運も実力のうち 4364
生涯での運の総量は決まっている 858
運と不運のバランスは決まっている 1186
ぁ岷燭領匹た諭廖岼い人」の個人差がある 4210
運は呼び込むもの 6475
そのほか 578
ということで、イ痢運は呼び込むもの」がトップですね。おそらく、この傾向は25日になっても変わらず、国民の皆さんは”運は寝て待てではなく、自ら行動して呼び込むもの”と考えておられるようです。
 さて、社会心理学者などが、「運」とか「成功法」など非常に沢山の本を書いていますが、”実に抽象的で分かりにくい”と思いますよ。
 「努力せよ。プラス思考を持て・・・など」を言っていますが、確かに間違いではないのですが、では具体的にどんな行動を採ればよいのか? 一般の方には分かりにくいと思います。
 そこで、最近流行りの「パワースポット」が、脚光を浴びているようですが、運気の弱い人は、百度参りしても、一向に運気は改善されない人の方が多いですよ。
 私がブログで何度も記載してますが、「運」と一口に言っても、「健康運・知徳運・家庭運・愛情恋愛運・容姿容貌運・入試就職社会運・金運・・・など、そして人柄・性格がよく、事故事件にも遭遇しない運」など、生涯のうちあらゆる運に左右されます。
 でも、例えば、「金運には恵まれているが、ガンになり余命いくばくもない。」「健康には恵まれているが、金運がない。」「健康で知能も恵まれ高学歴で一流企業に勤めているが、容姿容貌に恵まれず、見合いしてもすぐ断られ、結婚できない。」「美人ではあるが、男性運がないのか、バツ2で母子家庭である。」等々、このように”運が良い・悪い”と言っても、人間社会には諸々の態様があり、社会心理学者の”運”の定義とか、”開運”の仕方など、誠に抽象的な表現であり、「具体的な方法論」を解いた本は1冊もお目にかかったことはないですね。
ただし、ドクター・コパの本は、具体的に書いていますが、間違いの多い実に幼稚な”風水術”であり、彼は”金運は西に黄色”の根拠を「なぜか、お金のたまる人の風水術」59頁)にも書いていますが、小学生程度の作文ですね。皆さんも一度読んで見て下さい。呆れますよ。
 いいですか、私は現在まで、沢山の方の命名・改名をして来て、人間社会のあらゆる面の態様に、具体的に改善をして来ています。
 でも、それでも改善できるものと、できないものもあります。例えば、医学でも困難な先天性の知的又は身体障害者を、健常者にすることは難しいです。しかし、最近多い「うつ病」など、心療内科程度の病気なら、改名により改善された方は多いのですよ。
 また、「美人にして欲しい、イケメンにして欲しい。」と要望されても、改名で”笑顔”に改善できても、”容姿容貌”までは難しく、その場合は「韓国の美容整形外科」をお勧めするしかないですねぇ〜。
ただ、改名により、極端に肥満な人、逆に痩せぎすな人を”標準体”にすることは出来ます。これなんか、姓名の影響があるなんて・・・? 不思議でしょう。
 社会心理学者が言う「努力せよ。プラス思考を持て!」だけでは、前記の諸々の運気を改善できませんよ。
 ともかく、”運が良い・悪い”と言っても、何をどうしたら良いのか、具体的に目標を持って、改善できる範囲なら、「昇運改名」により改善の可能性はあります。その場合は、そんなに努力は要りません。ただ、改名した名を日常、出来るだけ使いこなすことだけで良いのです。
 そうすれば、性格から改善され、子どもさんなど集中力が高まり、自然に勉強するので、意識して”努力”を重ねなくても、自然体で成績も向上して行くのが不思議なくらいです。
 冒頭の「意識調査」のァ岷燭聾討唸むもの」と言う具体的な”呼び込む”方法の一つとして、改名(通称名)や身の回りに「9・5」を集めることですよ。「9・5」こそ、”運”を呼び込むものです。
「9」は”奇跡を呼び”、「5」は”成功を呼び”ますよ。

必読!ニュース特集;『戦争の記憶;果たせなかった約束』から。
[第1044回](小凶)・・・8月15日(大吉)

『 ”体”は老いても、”心”は初恋の乙女のまま?』
と、戦前の初恋を回顧する「熟田鶴江」さん(82)。
 今日は、8月15日の終戦記念日。
 戦中派は終戦から65年、”体”は老いても、忘れることができない「戦争の記憶」があり、平和な現在では体験できない”心のドラマ”も残されています。
 茨城・阿見町;今年の2月に「予科練平和記念館」がオープン。
 彼女は、その記念館に当時の思い出の「絵画」を寄付しました。
 戦前、ここには海軍の航空隊少年兵(14〜17歳)のパイロット養成所があったのです。
 軍歌で有名な”若鷲の歌”;「若い血潮の予科練の 七つボタンは桜に錨(いかり)・・・♪〜♪」
と、当時、私のような小学1年生でも歌っていたことも思い出します。特に海軍の軍服は格好良く、予科練の制服は「桜と錨の七つの金ボタン」で、とても”凛々しく清潔感がある姿”に、初恋の乙女心を動かしたと思います。(現在の青少年;茶髪にジーパン姿とエライ違いです。)
 『思い出しますね。忘れないですよ。私が女学校1年生で13歳ころです。』と熟田鶴江さん。
 今は更地となったこの場所に、当時、鶴江さんの叔母が経営する銭湯があり、隣接して「クラブ」(娯楽場)と呼ばれ、ここだけは予科練生でも許可されていた場所でしたそうです。
 そのクラブで、予科練生とトランプや蓄音機を聴いて遊んだ絵を描いたものを寄付したのです。
 当時13歳だった鶴江さんは、そこで2歳年上の予科練生「白井正次」(15)さんと出会いました。
「 予科練生の中には、家庭の貧しさゆえに入隊した少年も少なくありませんでした。戦争のための厳しい訓練の中でも、足しげくクラブに通っていた予科練生たち。ゲームに、流行の歌と、まるで普通の少年達のように、戦争の話は一切しなかったですね。」とのこと。
クラブでの出会いを重ね、やがて惹かれあうようになっていた2人に、鶴江さんの叔母は婚約を勧めたそうです。
 「私もびっくりしたんですけど、そしたら(白井さんが)、『“飛行機乗りには、お嫁に行くな! 今日の花嫁、明日の後家”って歌があるけど、それでも鶴ちゃんいいの?』って。それでも私は、『うん』って返事をしちゃったんですね。」とのこと。
 その後、出陣し「南の空を元気に飛んでいます」と、葉書が届いた直後、「南のサイパンで玉砕した。」(特攻隊では?)という通知。しかも遺骨は、見つからないままだそうです。結局、南太平洋の空に散った戦争が、鶴江さんと白井さんの婚約を果たすことなく、若い命の未来を奪っていったのです。
不謹慎だと思いますが、2人の姓名は、
「熟田鶴江」天格36・地格11・総格47
「白井正次」天格10・地格10・総格20 
 もう、皆さんは判断できますよね。
鶴江さんの旧姓と結婚の有無などの個人情報は不明ですが、もし独身を通したとしたら、当時、とてもシッカリした”美少女”だったでしょうね。
 戦争だとは言え、お気の毒に白井さんは、人柄はとても良いのですが、何しろ”生命力”が弱かったと判断できますね。
 今日の終戦記念日に当たり、日本人310万人とも言われる戦争犠牲者のお蔭で、今日の平和があることに感謝し、犠牲者の御霊に安らかな冥福を祈りたいですね。。

必読!日常、親子で話合う「葬儀・埋葬」の取り決め。
[第1043回](小吉)・・・8月14日(小凶)

今日は”盆”の中日、皆さんはお若くても、ご両親の葬儀や埋葬のこと、日常話合うことが、とても大切なことですよ。
 NHK番組『 自分らしい葬式・・・「家族葬」 』を見ましたか?
 (このブログでも、関連した投稿をしていますが、[カテゴリー;墓相なんて”作り話”]を再読して見てください。)
 日ごろ、葬儀のことを決めておかないと、葬儀屋のペースに乗せられて、平均でも250〜350万円(戒名は別途;30〜100万円)は必要ですよ。
 今日の番組は、とても分かりやすい「体験ドラマ風」に、葬儀のあり方・・・「自分らしい葬儀”家族葬”」の是非ついて、コメンテイターを交えての番組でした。
 最近は、従来の仏式に従い、お通夜や盛大な葬儀をせず、ほんの身内だけの「家族葬」が多くなっているそうです。
『 葬儀も戒名もお経もいらない! 墓も無用、散骨で良い!』
という文化人も多くなっていますよ。
 私の大学時代の親友宅に、久しぶりに電話したら、奥さんが出て、
「 主人は、先月の5日に亡くなりました。生前、主人の意向で、誰にも知らせるな! 葬儀も戒名もお経も要らない。 家族だけで良い、との強い願望でお知らせしなかったのです。」
とのことに、私は親友の急死(ガン)に驚いたことがあります。
 私はそれで良いと思います。
”葬儀”は一体? 誰のためにするのでしょうか? 世間体や遺族の見栄で立派な葬儀をするものではないのです。
 家族や極く親しい友人なら、まだ死者も喜ぶかも知れませんが、数年前に退職した会社や近所の人に知らせても、皆”義理”で参列するだけのことです。参列すれば、しぶしぶ”香典”を包んで、会社も休んで参列する”有りがた迷惑”にしか思わない人が多いのですよ。
 まして、生前、無神仏論者で、仏教に縁もゆかりもない人が、死んだとたん、意に添わない仏教徒にさせられ、意味不明の戒名を付けられ、見知らぬ住職が訳の分からないお経をあげ、義理の参列者がいて、何が嬉しく喜ぶのでしょうね。
 葬儀屋や住職は、「そんなことでは、故人は浮かばれませんよ。」と決まり文句の営業トーク。
 では、なぜ? 故人の意に添わない仏教方式にしないと浮かばれないのか? 日本でも神道・キリスト教・天理教・創価学会・・・など、沢山の宗教がありながら、黙っていると、葬儀屋から仏教徒にさせられてしまう。
 これは結婚式でも同様だと思いますよ。
 私が28歳の時、役所の上司を招いた結婚式、家族・親族以外の参加者は、今の71歳ともなれば、上司は転勤で全く付き合いもなく、今は死に絶えているだけ、今から考えると、結婚式も身内だけで良かったのではないか、と思いますよ。
 私が死んでも、誰にも知らせませんよ。断りもなく、ブログが3日間、更新していなければ、「あぁ、とうとう死んだか!」と思ってください。
 私には、京都に両親の墓と墓地がありますので、埋葬には心配がありませんが、葬儀は一切せず、ほんの家族4人(私を入れて)で、”家族葬”で良いと、家族にきつく言っています。戒名は私がプロですから、戒名を付け仏壇の引き出しに入れています。
 このような取り決めを、家族で十分話合っておくことは、非常に大事なことですよ。そんな心の準備がないと、結局、儲け主義の葬儀屋と見知らぬ住職から、無駄な経費を請求されますからね。そんなお金は、家族に残すものですよ。
 今日のNHK番組「自分らしい葬儀;家族葬」に大賛成ですね。 

必読!「野村ノート」から、監督が認める一流選手。
[第1042回](大凶)・・・8月13日(小吉)

現在、甲子園では高校野球の熱戦が行われていますね。
 毎年、この中から将来、有望なプロ野球の選手が誕生して行きます。
 今までにも、このブログでプロ野球の選手、「清原和博・イチロー・・・」なども紹介してきましたが、昨日、去る4日のコメントに貴重な情報を頂きましたので、改めて本文で紹介します。
 例外はあるにせよ、いかに「天命数霊術」が、野球界にも影響しているか、理解できますでしょう。ここのポイントは、野村前監督が選んだ「一流と認める選手」である点に限定して下さい。(当然、一般的には例外の選手も居られることに、ご了解ください。)
[コメント]から転記(8月4日;九葉さま)
『 野村監督の著作「野村ノート」を読んでみたら、そこに野村さんが一流と認める選手の名前があったので、ズラッと記載させてもらいます。
 松井秀喜・高橋由伸・城島健司・イチロー・井川慶・川上憲伸・江夏豊(江夏さんは私の持っている熊崎式の本では、運気の悪い名前のサンプルとして取り上げられていましたが、事件なども起こしてしまいましたが、通算206勝・生年月日1948・5・15です)
ちなみに野村監督は1935・6・29、三冠王を3回獲得した落合は1953・12・9)でした。本当に名前だけではなく、身の回りのカズにも注目してみていくと、驚くほど先生の説は”凄い”と感じます。』
そうですよ。”身の回り”では、背番号も影響します。
 野村前監督は、背番号19で楽天の成績は急上昇しましたね。
 上記のコメントのように、野村前監督が一流と評価した選手は、やはり「9・5・1」にご縁がありますでしょう。
 そのうえ”凄い”と評価を頂きまして、有難うございます。
 同じ、”凄い”というTV局の表現、先日の「”凄い”占い師;幻 遥」氏、矛盾した判断を平気で放映するのですから、日本語の解釈の範囲も広いですね。
[追伸] 現在の甲子園高校野球から、6日のコメントを、レモンさまから頂きましたので、参考に掲載させて頂きます。
『 ・・・・・甲子園の高校野球選手権で、千葉県代表の成田高校が強豪の智辯和歌山高校を一回戦で破ったのです。成田のエースは中川諒選手(天格19)です。球速はあまり早くないのにバッターはなぜか空振り。怪物と言われているそうです。
努力と勝負強さと、天格19の作用ですね。甲子園に出るようなチームの選手は誰もが血の滲むような努力をしているのが当然ですから…。9のパワーに、また驚きました。』

必読!浮かばれない御霊;「日航ジャンボ機墜落死」!
[第1041回](大吉)・・・8月12日(大凶)

 人は誰でも”意に添わないこと”には、腹が立つ!
 ましてや、反論や意見が言えない”死”となったら、浮かばれないだろう。
 不謹慎だが、今朝の夜明けに見た”腹の立つ夢”を2つ。
『 銀行のATMで、1万2千円引き出そうとクリックしたら、なんと”牛丼”が出て来た! 腹が立つので銀行員に苦情を言うと、「牛丼”はその値段ですから・・・」と言って譲らない。』
 もう、1つは『 駅の改札口で、回数券を渡したら、使用期限が切れていないのに、「これは期限切れで、使用できません」と駅員は譲らない・・・。』
 腹が立って、腹が立って、夢から目が覚めた。
 でも、夢ではあるし、現実でも意に添わないことは、生きていれば”苦情”は言える。
 でも、”意に添わない死・納得しない死”になったら、あの世で”苦情”も言えず、往生できず「浮かばれない」だろう。
 そんな”事件事故”は毎日のように全国で発生しているが、当時、”あっ!”と驚く大事故が発生したのです。
『 意に反した”突然の事故死”;航空史上最大の事故から25年も経つ。昭和60年8月12日午後6時56分、予想もしていない日航ジャンボ機の墜落で、搭乗者524人中、520人が死亡の大事故!!』
 どうですか? 数に関連する事項、すべて”偶数”であり、特に”事故事件”を呼ぶ「8月”12”日」、私は当時、このジャンボ機の搭乗者の氏名をすべて判断したが、約70%がすべて”偶数”で”事故事件を呼ぶ”人が乗り合わせていたのです。これだけいますと、運気の良い人も”死へのお付き合い”させられる場合があるのです。(この事故で歌手「坂本 九」さんも死亡。)
 でも、搭乗者の誰でも”意に添わぬ死”であったと思います。遺体はバラバラで、中には遺体がなく、飛行機の金属片を持ち帰った人や歯だけしか見付からない人も・・・。
 自殺者でも、浮かばれず往生できないと言うのに、予想もしなかった大事故で死を迎えるとは・・・。腹が立って、腹がたって、浮かばれていないでしょう。
 皆さん、いくら”道ずれ”になるからと言って、諦めてはいけませんよ。やはり、本当に運が良い人は、そのジャンボ機に予約していたが、急用でキャンセルした人がいたという話題も、当時あったのです。
 結局は、このような事故事件の遭遇は、「努力より、すべて”運”が左右します。」ということは、万人の認めるところでしょう。
 そのためには、もう一度、ご自分やご家族の運気を再確認して見てください。”意に添わない死”は、どんなに供養されても、納得できないでしょうね。

必読!「西川峰子」が「仁支川峰子」に”占い師?”が改名。
[第1040回](小凶)・・・8月11日(大吉)

 何思わず、TVのスイッチを入れたら、歌手「西川峰子」さんの”改名”に付いて放映していました。
『 歌手「西川峰子」さんが、「仁支川峰子」に改名してから1ヵ月目に”甲状腺乳頭ガン”の大手術、それでも”凄い占い師?”なのか?』
と彼女は疑問に思い、”占い師「幻 遥」”氏に質問をしているところでした。
 彼女は、「質問」するところは賢いですが、「幻 遥」氏に丸め込まれたようでした。なぜなら、素人さんには、その根拠・理由を聞いても分かりにくい「易経」からの改名のようです。私は風水は理解していますが「易」は専門外なので、その適否は申しません。しかし、占い師として一番大事なことは、「矛盾した説明」をしてはいけません。彼女は気が付いていないようでしたが、私はすぐ気が付き、やはり”凄い占い師”ではないと思いましたよ。
[矛盾点](「幻 遥」氏の発言)
次の2つの発言は矛盾しています。
『 改名した時期が良かったのですよ。手術の時期(1ヵ月後)にピッタリ!』
『 改名は、100日(3ヵ月10日)経たないと、効果がない!』
どうですか? 改名して手術するようなガンになった言い訳でしょうが、改名の効果・現象は、1ヵ月目に出ているではありませんか?
 その他、
『 これほど良い名はありません。でも良い名は苦労する・・・』
とのこと。
 私の説は、改名してから効果があるのは、何ヵ月目とか100日経つとか、言えるはずがないのです。なぜなら、本人が”気”を持って、いかに”日常生活”で使用しているか、により個人差があるのです。
 判子を押したように、「100日目から効果がある」ということは言えないのが常識的な発言なのです。
 一般の人は、芸能人と異なり、使用頻度が少ないので、早期に開運を呼ぶ「昇運色紙額」と「風水神仙道霊符」を見ながら、”これで運気が良くなる”と気を入れて、毎日21回21日間、毛筆ペンで縦書きに書いたら、使用頻度も少しでも多くなりますから、早期に開運となるのですよ。
 それに「良い名は苦労する。」というのは、疑問ですね。私が赤ちゃんの名付けした子は、塾などどこにも行かず、トップクラスで一流大学に合格しているのですよ。さほどの苦労なく、2階級特進で栄転された会社員3例やミニロト5で770万円当選した大学生、うつ病が治癒した例、超有名人の養子になった高校生など、例を挙げれば切りがないほど、たいした苦労もなく、好転しているのです。
「名前が良いと苦労する・・・」と言われる「幻 遥」氏の発言に、疑問が多いですね。
 さて、皆さん、「仁支川峰子」という名は、素晴らしいと思いますか?
 私なら、もっと優雅にするため、「支」のような”枝別れ”するような字体は使用しませんし、「峰子」は「美音子(みねこ)」にしますよ。これこそ、歌手として”語意”がピッタリの名ですよ。
 でも、『これほど良い名はありません。』と、自信を持って言われたことに「西川峰子」さんは納得されたようでした。
 この占い師;少なくとも姓名判断・改名については、素人のレベルですよ。改名のセンスもパワーも感じられませんね。同氏が改名した歌手「錦野 旦」さんも、センスがない字体であり、改名の効果は期待できませんね。
 要するに、次々TVに出演する占い師は、やがて消えてなくなりますよ。
 今後の「仁支川峰子」さん、健康運も挙がり、歌手生活の益々の発展を期待していますよ。

必読!”戦争”は”交通事故”と同じ、加害者・被害者とも悲劇!
[第1039回](大吉)・・・8月10日(大凶)

『 今年は終戦から65年、日韓併合から100年!』
 そのためか、特に今年のNHK番組では、6日〜15日の間、広島・長崎被爆から終戦記念日まで、戦前・戦後を採り扱かった番組が多いですね。
 戦時中の生き証人の最後は、私のように終戦時小学1年生だった71歳以上の人でしょうね。70歳未満の方は、戦後の荒廃した日本の記憶があっても、空襲などの怖い思いをした記憶が薄いのでは?
『欲しがりません、勝つまでは』
と、商店のポスターが掲示してあったことも、覚えています。
 当時は、国民生活の物資はなんでも不足、特に食料品は不足して、小学校の校庭は、イモ畑になっていた。肉・牛乳・卵など、栄養がある食料品は、全て軍隊が優先に消費するので、乳幼児は栄養失調で餓死する子どもが多くいた。実は、終戦の前の歳に生まれた私の弟は、母親の母乳がでなかったので、父親が粉ミルクを1〜2ヵ月分しか調達できず、結局、弟は満1歳前に栄養失調で死亡した思い出があります。
 全ての思い出は、とても書ききれないが、戦争ほど国民生活を圧迫するものはないのです。
 いいですか、現在の防衛省の予算は、国家予算の5〜6%(国民総生産の1%)に過ぎませんが、「戦時中は、国家予算の何%だったでしょうか?」 実に、平均”約37.9%”で約4割も軍需費に支出していたのですから、国民生活はメチャクチャですよ。日本は石油などの資源もなく、こんな状態では、豊かな英米に負けるのが当たり前でしたよ。
 こんな惨めな日本でも、陸軍の司令部は「日本は神風が吹いて、絶対に勝つ!」と国民に広報し、なかなか降伏に応じず、一方では、ソ連軍の北海道に上陸予想があったので、アメリカは早く戦争を終結したいため、最後の手段として原爆投下という経緯になったと、小学生の頃に聞いています。
 ところが、アメリカは日本を焦土にして置きながら、戦後の復興資金の大半を負担して、学校給食も「コッペパンと脱脂粉乳」でしたが、アメリカの援助で始まったのです。
 また、当時の道路は殆ど舗装はなく、登下校では長靴もないのに”水たまり”にわざと入り、足をビショビショにして教室に入り、担任から怒られた記憶もあります。
 当時の1クラスは55人くらいでしたが、ある日、担任が5足の雨靴(ゴム長靴)を教壇の上に置き、「これは進駐軍(アメリカ軍)から、皆さんへのプレゼントですが、5足しかありませんので、”くじ引き”にします。」とのこと。そして、全く運が良いことに、私はそのクジに当たったのですよ。
 でも、3年生当時も級長(学級委員)をしていましたから、極貧の家庭なのか、下駄も買えず、いつも”ワラぞうり”で登校して来る級友に譲った思い出があります。
(投稿済ですが、私の弁当を在日の子に分けていたことも、学校の記録に残っていたのか、卒業式には”学年総代”で、卒業証書を受けた思い出もあります。)
 現在は、田舎のどんな山道でも舗装がしてあり、”水たまり”がありませんが、先月の全国の豪雨”土石流”による”道路の水没”を見た時、小学3年生の”長靴のくじ引き”を思い出したのです。
 戦争というものは、本当に国民生活を惨めにするだけのことです。戦勝国の米英でも、特に戦利品・領土獲得もなく、日本への膨大な復興資金を注ぎ込んだのですから、交通事故と同じように、加害者・被害者とも悲劇なのですよ。
 戦争は、地球全体から見ても、人類の損失なのです。
 現在の幸せな時代の皆さんに、戦中・戦後の話の一部を紹介しました。

必読!”思考力”を無くす日本の算数教育?
[第1038回](中吉)・・・8月9日(大吉)

『 学習塾のCMを見て、感心しましたよ。』
 その学習塾は、”思考力”を高めるよう、小学1年生からイギリスの算数教育を採り入れているそうです。
 日本では、例えば「3+5=?」「4+6=?」・・・などと、足し算の答えを求めるよう教えますね。
 ところが、イギリスでは、上の例では「X+Y=8」「X+Y=10」・・・の「XとYは、いくらの数で何通りありますか?」と、逆に子どもたちに考えさせるそうです。もちろん、その前提として、数の足し算を知っていなければ、「XとY」は求められませんが、1段と高い水準から設定した算数から始めるそうです。
 同じ「8」や「10」と言っても、その組み合わせは、沢山ありますね。この訓練をしていると、子どもたちは”遊び”感覚で、楽しく足し算を自然に覚えるそうです。
 また、ロシアの試験問題は、日本のように「○×式」の選択問題はなく、小学校から「・・・については、どう思いますか?」と言う記述式の設問で、子どもたちに”思考力と文章力”を同時に教育させる方式にしているそうです。
 さて、皆さん、「天命数霊術」の根拠、「後天八卦図(神亀の図)」を思い出してください。この図は「魔方陣」とも言い、「X+Y+Z=15」ですね。これは、結果は同じ「15」でも、タテ・ヨコ・斜めなど、数種類の組み合わせにより、その数値の”運気が異なる”ことを、古代中国の神話が後世の我々に暗示しています。
 ですから、結果は同じ「15」でも、その組み合わせで、吉にも凶にもなりますね。例えば、亀の中心タテライン「9+5+1=15」の組み合わせが、ベストの運気を現しています。しかし、同じ15でも下ヨコライン「8+1+6=15」や右タテライン「2+7+6=15」の組み合わせは、それほど良い運気ではありません。これが従来の姓名判断と大きく異なるのですよ。「結果の総格より、天格・地格の組み合わせを重視」するのです。
 この「15」が「何種類の組み合わせから、成り立っているか?」を思考する訓練が、イギリスやロシアの教育で行われているのです。
 すると、日本では、結果の正解を重視しますが、外国では、正解を導く過程を重視するようです。
 これを喩えるなら、頂上を目指す登山と同様、北傾斜面からでも、南傾斜面からでも、頂上を極めた結果は同じでも、その傾斜面は同様ではなく、北傾斜面は危険だが、南傾斜面が楽に登山できたという理論と同様なのですよ。
 したがって、日本人は子どもの時から、結果を重視した教育ですから、大人になって、「なぜ?どうしてそうなるのか?」と考えない民族になるのでしょうね。
 日本中の姓名判断の本やサイトを見てください。「9・19は”大凶”」「15は”大吉”」なんて書いてあれば、「なぜ、そのような解釈ができるのか?」と考えもせず、”占い師”に質問もしないですね。
 これでは、理系の科学が日進月歩なのに、文系の科学は一向に進歩せず、未だに「干支は動物、仏滅・厄年・鬼門はタブー」、「9は”苦”、4は”死”、8は”末広がり”」なんて、江戸時代から現在まで一向に進歩していませんね。
 それと同様、「熊崎式姓名判断は、80年も伝統があるから”正しい説」と、何の疑問も検討もせず、相変わらず”古いもの”は良いと言う感覚が、日本の小学生の算数教育からも起因していると、TVの学習塾CMから、ふと思ったのですよ。

必読!京都の歩道暴走死亡事故は、「・212」ナンバー車!
[第1037回](小吉)・・・8月8日(中吉)

『 不思議なのですよ。車のナンバー下2桁「02・12・22」で、運転手の姓名が全て”偶数”(特に、天格2系列)の場合、交通事故率は非常に高くなります。』
と、過去のブログに何度も投稿していますね。
 皆さん、あなたの愛車のナンバーが、もし下2桁が「2」系列なら、希望ナンバーで、下2桁「09・19・99・05・15・55・01・11・81」になるよう早めにナンバーを変更してください。
 こんな情報は、このブログを読んだ方の特典ですよ。
      ☆    ☆    ☆
 先ほどのTV;交通事故のニュース;歩道を暴走して、通行人を死亡させた乗用車のナンバープレートが、なんと「・212」!
京都新聞ニュースをそのまま転記します。
『 7日午後5時40分ごろ、京都市下京区の烏丸五条交差点西側で、五条通を東へ向かって走っていた乗用車が北側の歩道に乗り上げ、約100メートル暴走した。歩いていた近くの不動産業、松永京静さん(74)がはねられ、全身を強く打ってまもなく死亡した。
京都府警は、運転していた会社員の「森 晴夫」容疑者(62)=同府城陽市久世=を自動車運転過失致傷容疑で現行犯逮捕し、同致死に切り替えて捜査。「ブレーキを踏んだが利かなかった」と供述しているというが、運転操作に誤りがなかったか調べている。』
 どうですか、62年間、善良な市民として暮らして来た「森 晴夫」さんでも、ある日、突然のこと「容疑者」として「現行犯逮捕」という汚名を着せられるのですよ。それに通行人の命を奪ったショックと後悔は如何ばかりか、被害者・遺族への償い、交通事故は被害者・加害者とも悲劇なのです。
 その原因が、車のナンバーと運転手の姓名にあるとは、司法警察も全く氣が付いていませんし、第一、こんなこと信じる人は、このブログを読まれている方以外にはいませんね。
「森 晴夫」天格24・地格4・総格28
全て”偶数”であり、天格24の中には、「晴」の”12画”が含まれていますね。同じ、24でも”事故事件”を呼ぶ可能性は高いのです。
 かって、福岡市の飲酒運転で追突され海に落ち、3人の子どもさんが水死した被害者の愛車も、下2桁「22」でしたね。
 通常のニュース、個人情報保護の観点から、車のナンバーは放映しないのですが、偶々映像を見ただけでも、事故車の凶数が多いのです。
 先日のコメントの中でも、免許更新の際、見せられる交通事故車の映像でも、下2桁「12」だったと情報を頂いています。
 私は、単にニュースからではなく、在職中、損害保険協会の「事故車両名簿」から、ナンバーの傾向調査をした経験から、下2桁の「2」系列を避けるように主張しているのですよ。
 加害者・被害者の双方に悲劇を与える「”事故”を呼ぶ車のナンバー」と「”事故事件”を呼ぶ姓名」は、早急に改善して欲しいですね。

[お願い]
 最近、ウイルスが発生しているようですので、PCメール(info@gakuyo951.jp)の「件名」には、必ず「都道府県名と苗字」を記入してください。件名に記入がないもの、疑問があるメールは開かず、消去しますので、ご注意ください。

必読!「虐待防止署名活動」僅か1人から3万人を超える。
[第1036回](小吉)・・・8月7日(小吉)

『 勇気ある行動! 僅か1人から始めた「虐待防止署名活動」、4ヵ月で3万人を超える署名。』
との神戸新聞の記事。
 日本中の誰もが、最近の乳幼児虐待事件には憂いている。
 そして「可哀想に・・・」「最近の親は異状だ」、「行政は弱腰だ!」と”心”では思っても、それを「何とか、救えないものか?」と”行動”に出る人は、ごく稀なケースです。
 神戸市灘区の「藤原八重子」さん(62)が、「児童の虐待防止を切に願う会」立ち上げ、国に対策強化を求める署名活動に取り組んでいます。
 僅か1人で始めた活動だったが、共感が広がり、署名は4カ月足らずで3万2人を超えた。8月末まで集め、請願書として次期通常国会に提出する。
請願は「親に見放された子どもは,社会が守るしか手だてがありません」と呼びかけ、"早期発見・予防体制の強化"を求めています。
 具体的には、”賊,覆匹らの通報の義務付け、行政が迅速に対応できる体制づくり 7鮃診断を受けない児童への家庭訪問 せ童相談所の増設、増員 シ抻,箸力携‐などの5項目。
 署名活動の発端は、今年3月、奈良・桜井市の男児虐待死事件であり、この男児は十分な食事が与えられず、5歳で体重が約5キロしかなかったことが報道されたことからです。
 当時、藤原さんの孫は、生後4カ月で、体重は約5キロ。孫を抱いているうちに、あまり体重の変わらない5歳児の衰弱ぶりに義憤を感じ、「こんな虐待が、許されていいのか?」という”怒りと悲しみ”がこみ上げてきたそうです。
 以前住んでいた丹波市の街頭で署名を呼びかけると、1時間ほどで約100人分が集まった。「虐待で、みんな心を痛めていたんだ」と反響に驚いたとのこと。自宅周辺で署名集めを続ける一方、知人にも呼びかけ、さらに輪が広がった。当初、5千人を目標にしていたが、現在、藤原さんの手元に届いている分だけで、約3万2千人に達したのです。
 活動中も虐待事件はとどまらず、最近では大阪市西区のマンションで、幼児2人の遺体が見つかる事件も起きた。
藤原さんは「行政の対応次第で防げたケースもある。虐待は、社会のいろんな矛盾や問題が背景にある。社会全体で、虐待を防ぐ方法を考えないといけないし、政治家ももっと真剣に考えてほしい」と訴えています。
 さて、皆さん、「なんとか、しなくては・・?」と思っても、なかなか実行に移せないものですね。
 それが、僅か1人で行動を起こす勇気には、本当に素晴らしい女性です。
「藤原八重子」天格20・地格19・補格3・総格42
天格が「0」系列であっても、地格が「19」であり、しかも「重」の9画を含んでいるので、非常に”思考力・創造力・表現力”に優れた方です。それが総格42の”負けず嫌いの苦労性”、この2ヵ所が作用して、天格20の本来”朗らかで気ままな性格”を転換させ、「乳幼児虐待防止署名運動」という行動に出られたのだと思いますよ。
 本来は、法改正もあり、もっと児童相談所が”立ち入り調査”など、積極的に行動に出るべきなのに、どうも役所仕事で済ませた原因から、虐待を未然に防ぐことが出来なかった事件が多いですね。
 厚生労働省の少子化対策の一環ばかりではなく、人権問題として法務省も一体何をしているのか、と言いたいですね。
 署名活動など、民間の手を煩わすことなく、もっと行政がシッカリすべきですよ。

必読!「運が良い・悪い」の判断基準はあるのか?
[第1035回](大吉)・・・8月6日(小吉)

『 運が良い・悪いの判断が分からなくなりました・・・。』
と、昨日のコメントでのご意見。
 それは、尤もなことなのです。
 一口に「運」と言っても、「健康運・知徳運・家庭運・社会運・金運のほか、”事件事故に遭わない運”があり、それぞれの「”運”の判断基準」(”画数の求め方”の判断基準はあり。)は非常に難しい、と投稿済ですね。個人の人生観・価値観も異なり、とても基準などできないのですよ。それは社会通念(常識的判断)から判断せざるを得ないのです。
 例えば、”事件事故に遭わない運”として、私は43年間、一度も対人・対物の事故を起こしていません。これは運が良いと判断すべきでしょう。
 でも、紙一重の運気の例があります。
 今日8月6日は、広島に原爆投下から65年目ですね。今年は、国連事務総長や駐日アメリカ大使、英仏の政府代表が初めての参加で、盛大に慰霊祭が行われ、当時、私は小学1年生で戦時中の頃を思い出しました。
 原爆投下の日は、私は広島と島根と県境に近い「石見高原」にある本家に縁故疎開をしていたのです。その朝、本家の伯父ら家族全員で、盆前で先祖の墓掃除をしていたら、晴天の朝なのに、雷のような稲妻が走り、ゴウゴウと山鳴りがしたと思うと、広島側の山の尾根が浮き上がるのを見たのです。それがキノコ雲の上部だったのですよ。
 さて、実は、夏休みでもあり、墓掃除が終わったら、家族で広島市内に買い物に行く予定だったのです。(当時の国鉄バスでも、1時間余りで広島市内に行けます。)
 もし、原爆投下が午後だったら、私や本家の家族も原爆で黒焼けになって、現在の私は、この世に存在していなかったと思います。
 これが、「紙一重の運が良かった。」と判断しますが、このような事実を、とても姓名判断ではできないですね。
 また、金運にしても、投稿済ですが、資産家が多い北陸三県では、5千万円あっても、金運がないという意識を持ち、せめて1億円以上が金運があると判断しています。でも一方、常に100万円以上の貯金があれば、金運があるという意識の県もあります。
 このような価値判断が、個々に異なりますので、「運気が良い・悪い」の判断基準は、とても設定できないのですよ。
 すると、判断基準がないものを、決して「統計は採れない」のですよ。
 「姓名判断は、統計である。」という日本中の説は根拠もなく、実に間違いであるということがお分かりになると思います。
 原爆被害者から見ても、「被爆した人でも、生き残ったのが運が良いのか? いや、被爆するだけでも運が悪いのか?」 この判断など姓名判断では、運が良い・悪い、の判断はとてもできませんよ・・・? 

必読!不思議?なぜ?『司』の字体は運気が良いのか?
[第1034回](小凶)・・・8月5日(大吉)

 以前から、不思議なことがあるのです。
『 国土交通大臣;「前原誠司」氏やプロ野球の「城島健司」選手のように、天格が「0」系列でも、なぜ?運気が良いのか?』
「◇司」という男性は、不思議に運気が良いのです。でも、この”語源”ほど、学者により解釈が分かれているものはないのです。
 私は、この「司」という字体を、4〜5冊の漢和辞典で調べると、”語意”は同様に一致しているのですが、”語源”はバラバラです。
 字体による運気は、”語源”が大きく影響します。
 例えば、「幸」の”語意”は、どの辞書辞典でも同様ですが、”語源”による吉凶は逆で、”不運”の字体になりますね。
 さて、この「司」の語意は、「役目を担当すること」で、奈良平安時代の「国司・郡司」から現在の「司法・福祉司・保護司・司書・・・」などの用語に使用されています。
 しかし、”語源”となると、バラバラなので、全て記載するのは省略しますが、困った時は最後の手段で「字 通」(2千ページある大辞典;平凡社;著者・白川 静)が最も適切な解釈ではないか、と思っています。
 『 「司」の「口」は祀りの器、「一」は人の目、外半囲いは人が前かがみになっている姿』で、”神職が祀りの器を覗いて、神からの啓示を受けている姿”で、神祀りを担当する職にある人を言う。』(私が、分かり易く少し修正表現。)
 このようなことから、「司」は不安定な形をしていますが、名前の下に使用しても、また「司」の1字名だけでも、不思議に”安定”しているのですよ。
「前原誠司」天格22・地格15・総格37
「城島健司」天格20・地格15・総格35
 それに、文化勲章受賞・東大元総長の
「茅 誠司」天格21・地格5・総格26
(「茅」は旧漢字なら、天格22・地格5・総格27。「前原」大臣と同じパターン)この3人の共通点は、男性としてベストの「誠・健」を使用していますので、画数の欠点を補足して、運気が良い人だと判断します。
 その他、TV司会者の
「今田耕司」天格14・地格10・総格24
「耕」の字体は、ノーベル賞の「田中耕一」氏、最高裁元長官の「田中耕太郎」氏などのようにベターの字体です。
 さて、「司」の1字名のみでも、運気が良いのですよ。
「梅崎 司」(サッカー選手)天格15・地格11・総格26
「山中 司」(プロボクサー)天格8・地格4・総格22
「北条 司」(マンガ家)天格10・地格7・総格17
どうですか?「司」の1字のみでも、画数の欠点を補い、運気の良い人が多く見られるのですよ。
 私の学生時代でも「◇司」の人は、成績が良くて1流企業に就職した者(私の親友に「泰司」など)知る限り4人もいましたよ。
 皆さんも、ご家族・知人など思い浮かべてみてください。
 さて、名の下に使用する字体、最近の流行では、わざわざ運気の良くない「斗・叶・翔・羽・希・・・」など使用しているのですからね。

必読!「野村」前楽天監督の教訓;「”失敗”と書いて、なんと読む?」
[第1033回](中吉)・・・8月4日(小凶)

『 ”失敗”と書いて、なんと読みますか?』
と、NHK番組「ようこそ先輩」で、野村前楽天監督が母校(京都の網野南小学校)に訪れて、小学6年生に講義をした番組。
 黒板に「失敗」と書いて、小学生に”なんと読むのか?”と尋ねたのです。『 それは”成功”と読むのです。』とのことに、私は”さすがに野村監督だなぁ〜”と思いましたよ。
 これは野球のことばかりではなく、「人生、失敗を恐れていたら、成功する機会を失う。」というプラス思考の教訓です。
 今日も、新卒大学生の「就職説明会」のニュース特集で、4年生の男子、なんと80社も志願しても、面接は1社のみで、それも不採用とか。それでも、今日の就職説明会に参加して、熱心にメモ。こんな就職難、未曾有のようですね。この大学生、80社の「失敗」から1社の「成功」への願望と努力を惜しまず、決して諦めない。
 さて、人生につまずき、ヤケになり犯罪を起こし、全国重要指名手配を受けている人もいる。民放TV「公開捜査;全国指名手配」という番組。
 (私は途中から見たので、一部の手配者かも知れない。)
「小池俊一」天格12・地格7・総格19
「小暮洋史」天格12・地格19・総格31
「大沢悠也」天格14・地格10・総格24
この3人の姓名判断を詳しく記載できないが、それぞれ長所・短所があり、「小池」は事件事故を呼ぶ”天格12”だが、「俊」の字体から知的に優れており、総格19でも「神亀の図」が逆さまで運気は中年以降、それまで苦労があっても待てず、地格7の”切れやすい性格”から天格12の犯罪者。
 「小暮」も、天格12から”事件事故”を呼ぶが、地格19から賢く理性の心はあっても、何しろ「洋」の字体が長所を打ち消しているので、結果として犯罪者。
 「大沢」は、すべて”偶数”のうえ、凶数:吉数=2:1で、総格の24は”4”タイプの”切れやすい”凶数に働くので、犯罪者。もし、「沢」が旧漢字の「澤」であったら地格19となり、人生は違う運勢であったと思われる。
 このような3人、若い頃、思いどおりにならない不運なことから、ヤケを起こして犯罪に走る。もう少し、辛抱すれば、人生の転機があり、好転するかも知れない。これが待てないのでしょう。
 野村前監督の教訓;若い頃の「失敗(不幸)」は、不幸な境遇とは思うことなく、それを辛抱しておれば、やがて「成功(幸運)」を掴む人生になるかも知れないのです。
 この辛抱、80社も願書を出しても採用ならない大学生の不運、ここでヤケにならず、辛抱すれば、やがて幸運の女神が採用通知をもたらすかも?
 指名手配の3人も、紙一重で人生の”地獄”か”極楽”かが決まることもあります。こんな3人でも、それぞれのご両親も、赤ちゃんの名付けで愛情を持って名付けられたと思いますが、成人してまさか全国指名手配者になろうとは・・・。本当に人生は”紙一重”ですよ。
 でも、若い頃、少し後押しするような「改名」をして置けば、今頃、逃亡生活せず、幸せな一家を築いていたかも知れないのですよ・・・。

必読!「偽"占い師"、低俗な”姓名判断師”」は自然淘汰か?
[第1032回](小凶)・・・7月3日(小吉)

最近、TV番組「オーラの泉」は見かけなくなったなぁ〜、と思っていたら,
『 オーラの泉は2009年9月19日に完全に終了しました。日付けが意味深ですね。もう根拠のない占いや非科学的な番組は、すべてなくなってほしいです。』
と 、今日、読者;成寿さまから[第98回07.9.16]に対して、コメントを頂きました。私は、当時から「オーラの泉」は”ヤラセ”だ!と思っていましたよ。ゲストが出演したら、なんと、ゲストに質問攻め?
 あれほど、質問攻めにしたら、”霊視”の意味がない!
 氏名と誕生日を聴いたのみで、何の先入観もなく、具体的な人名・地名・住環境・先祖の具体的な状況などを的中してこそ、本物の霊能者ですよ。
 結局、「織田無道」や「細木数子」と同様、「江原宏之」も消えてなくなったのですね。しかも、自然淘汰される9月19日にとは?
 ”占い師”、特に”霊能者”の発言に、具体性がないのは、”偽者”と判断してください。そして、”姓名判断師”でも、質問して、その根拠・判断基準が言えない人は、先ず”偽者”か”素人以下のレベル”と判断してください。
 数日前に、読者からこんなメールを頂きました。
『・・・ある姓名判断師に鑑定して頂いたのですが、名に「玲」の字がついていると、「玲」の”れい”は”ゼロ”だから、運気も”ゼロ”になります・・・』
と言われたそうです。私は、これを読んで呆れましたよ。
 「玲」という字体は、”玉(宝石)を天から授かる”という語意で、女性には素晴らしい字体であり、古来から中国の女性に多い字体ということも知らない低レベルの姓名判断師ですね。
 いや、女性ばかりではなく、ノーベル賞受賞者「江崎玲於奈」氏も居られることも知らない姓名判断師?呆れるばかりです。「玲」で運気が”ゼロ”になっていますか?
 一方、 TVやラジオでも「血液型・干支・12星座・九星気学など」を組み合わせた1日・1週間分の運勢」? その根拠や判断基準が全く不明の”占い”を信じている人多いですね。人の運勢、根拠もなく”口から出任せ”に放映・放送しています。未だかって、その判断した根拠を説明したもの、見たことも聞いたこともありませんねぇ〜?
 私もレストランで、食事が運ばれるまで、週刊誌を参考に見るのですが、あの一流出版社の「週刊ポスト」に、沖縄?なのか「ユタの占い」で、”血液型と干支”を組み合わせ、1週間分の運勢を毎週掲載していますが、その判断の根拠・判断基準なく、”口から出任せ”のようです。「血液型と干支」とは、何の関係もないのですよ。
 今までにも、何度となく、いい加減な占い、もう21世紀には自然淘汰され、消えてほしいですね。
特に、「銀座の母」、下品な言葉遣いで、すぐ頭を叩く手相見、こんな低俗な占い師は、TVから消えてほしいです。
 たまたま、今日のコメントと数日前のメールから、”いい加減な占い師や霊能者”の話題、皆さんも娯楽程度なら良いのですが、未だに騙されて、見料を払う方が多いのでは・・・?
 でも、このブログを読まれている方は、そんな方いませんよね。

必読!今日のニュース;「根本美緒」さんと「愛内里菜」さん。
[第1031回](大吉)・・・8月1日(大吉)

今日のニュースから、同年代の女性2人の話題。
[その1]
 「根本美緒」さんを知っていますか?
 TBS系「みのもんたの朝ズバッ!」で、お天気キャスターを務めていた「根本美緒」さん(31)が、7月31日に長女を無事出産したことが分かり、TBSが発表しました。
 健康状態は母子とも良好で、陣痛開始から34時間とかなりかかりましたが、安産とのことです。
 さて、この「根本美緒」さんを採り上げたのは、天格も地格も「19」のダブルの少ない事例だからです。
 もっとも、今までに投稿した中では、歌手「平原綾香」さんや「上原多香子」さんも、「9」系列ダブルの実例がありましたね。
「根本美緒」天格19・地格19・総格38
このように、天格・地格とも「19」パターンは少ないのですよ。
 対外的にも対内的にも、運気が良い賢い方ですよ。
[その2] 
年内で芸能界引退を表明した歌手「愛内里菜」さん(30)が、昨31日、大阪・なんばで「バースデーライブ」を開催。改めて引退を報告し、甲状腺の病気を患っていることを初めて明かしたのです。
 1昨日の30日に、「ファンクラブ限定ライブ」で体調不良に触れ、引退を宣言した「愛内里菜」さん。30歳の誕生日を迎えたこの日のライブでは、具体的な病状も公表しました。
 めまい、のどの不調、内出血、過呼吸症状があるといい、「いろんなところにガタが来ている状態で、それを皆さんに見せたくない私の強がりもあり、これまで言えずにいました。」と説明。それでも、「ガタがきた愛内里菜ですが、ガタガタ言ってられないので、熱く盛り上がりたいと思ってます。」と呼びかけ、故郷の大阪で完全燃焼のステージを繰り広げたとのことです。
 さて、彼女の姓名は、
「愛内里””」天格20・地格15・総格35
この名は、「5」系列のダブリで、歌手としての”演技力と集中力(凝り性)”で成功しましたが、やはり天格20の「ゼロ」系列と「菜」の”体が弱い”語源から病気になり、残念ですが引退せざるを得なくなりましたね。
 さあ、皆さん、この2人、まだお若い30歳過ぎの同年代、1人は健康で出産、1人は病気で引退・・・?
 姓名からの影響、それぞれの運気の違いから、人生の違いも出て来るのですよ。いかに、運気の良い姓名が大事であるか、再認識されたのでは・・・?
 最近の赤ちゃん名付け;「菜」をかなり多く見かけますが、「菜」はすぐ”萎れるような字体”を使用せず、”な”と呼ぶ場合は、”大木を祀る”「奈」を使用すれば、病気にならずに済むかも知れないのですよ。