Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2011 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!名づけ親は、あなたの”幸運な生涯”を保証できない!
[第1373回](小吉)・・・8月31日(大吉)

『 改名をしたいと思うのですが、折角、名付けてくれた親に申し訳がないし、私は自分の名前に気に入っているのですよ・・・。それでも改名した方が良いのでしょうか?』
という類似のメールも、最近3〜4件頂いています。
 こんなメールを頂くと、「ガックリ」来ますよ。今まで、約1300回以上、4年間を超えるブログで、いかに姓名が運気に影響するか、世の中の実例を挙げて、毎日、約2時間をかけて投稿しているのです。
 冒頭のようなメールで相談される方は、失礼ながら”生活に困窮・うつで働けない・家に引きこもり・子どもを連れて離婚・・・”など、幸運な方は一人として居られないのです。
 このような方は、私のブログを理解されていないと思いますよ。このような相談に対しては、過去のブログで何度も説明しています。
 いいですか、「名付けた親に申し訳がない。」というなら、現在の不幸な姓名を”軽はずみ”に名付けた親が多いのです。第一、愛情を持って名付けたなら、図書館でも行って「漢和辞典」で”語意・語源”を調べるくらいの熱意が必要なのに、そんな熱心な親ごさんの話、今まで長年の経験の中で聞いたことがありませんよ。
 まして、いつの時代でも「この”呼び名”が可愛い、この名で”有名人”にあやかりたい、この名は今””流行だから・・・」と、親は実にいい加減な名付けをしている親が多いのですよ。そこに、単に”思い付き”で、名付けているのです。それがため、現在の不幸になっても、「親に申し訳がない。」とは、間違った親孝行ですよ。親という者、子どもが幸せになることが、無上の喜びなのです。まして、親はあなたが平均寿命80歳なる生涯を、決して保証できるものではありません。
 仮に30歳であれば、残りの生涯は”50年=半世紀”もあるのですよ。
 その”50年連続の不幸”の方がもっと「親に申し訳ない」と思いませんか?
 いや、単に不幸だけならまだ救われるのですが、今まで沢山の”事件事故”を呼ぶ「天格12・22」で、”交通事故・海水浴事故死・誘拐殺害”などで、幼児の時に死亡する実例を紹介してきましたね。
それでも「名付けた親に申し訳ない。」ですか? 
軽はずみに名付けた姓名で、心臓移植などのため、1億円もかけてアメリカに行く幼児もいるのです。
 このような不幸を呼ぶ姓名でも「子どもの名前は、親の自分が気に入っている。」と言われても、それは名付けた親のエゴであり、お子さんが大きくなったら、「どうして、こんなヘンな名前を付けたの?」となり、経験上、ご自分の名前が好きだ、という方は、10人のうち2〜3人くらいのものでしょう。
  私も、自分の本名が、子どもの時から「嫌いで、嫌いで」堪りませんでした。公務員を退官した現在では、日常生活の中で「望月岳陽」の使用頻度は95%以上です。名刺・表札・郵便物・宅配便宛名・預金通帳・パソコンや携帯の名義・温泉など会員証・公共料金の請求先なども、全て”雅号”で使用しています。(本名は、運転免許証と保険証のみです。)
 おそらく、タレント・歌手・作家・芸術家なども、”芸名・雅号”の日常使用頻度は高く、本名は殆ど使用していないと思います。 
 親は、あなたに、決して「”生涯の幸運”を保証できるものではない」のです。それどころか、すべて”偶数”であり、天格12・22の方は、明日にでも”交通事故”などに遭遇するかも知れないのですよ。
 要するに、冒頭のようなメール相談をする方は、私の公式ホームページも公式ブログも理解されていないように思います。
(お願い) 
 「天命数霊術」の復習と頭の整理のため、「アーカイブ」と「ツイッター」もリンクしていますので、アクセスしてお読みください。アクセス数の増加にご協力ください。でないと、レベルが低い「中傷サイト」の方が上位ランクになっていますので・・・。なお、アクセス数約3000件の中で、数人の方からは、ブログ維持のため、ご寄付を頂いて協力して頂いていますが、寄付ができにくい方は、せめて「天命数霊術」の普及のため、友人・知人にも周知して頂き、アクセス数の増加にご協力ください。

必読!「野田佳彦」総理誕生は、「松下政経塾」の成果か?
[第1372回](中凶)・・・8月30日(小凶)

『 民主党代表選挙で、野田氏が215票で海江田氏177票に逆転勝利! これも”天格19”の運気なのか?・・・。前原氏は、「松下政経塾」1期生の先輩「野田」氏に総理の席を譲ったようです。』
 私は、NHK中継で候補者5人の演説を聴きましたが、意外に「野田佳彦」(54)候補が一番心に響く、力強い演説でした。
 野田氏は、笑顔に乏しいが”真面目で実直な容姿”で、松下政経塾8期生の前原氏も演説が上手ですが、昨日の演説は野田氏が一枚上で、これが前原氏の得票を上回ったと思います。”どじょう”や”雪だるま”の喩えを出して、解りやすい内容に優れていました。普段の会話の中にも、ジョークを交えており、日本の政治家では貴重な存在だそうです。
 野田氏なら、野党の攻撃もうまく交わすことができると思います。
 「演説」により、聴衆を感動させ、説得させることができるのに、日本では、オバマ大統領のように、雄弁な政治家は実に少ないのです。
 ところが、「松下政経塾」出身の国会議員は、民主党30人、自民党10人ぐらいいますが、政治信条はシッカリして、そのうえ雄弁な人が多いのですよ。
 皆さん、「松下政経塾」のこともぜひ知っていてください。この塾は、「(故)松下幸之助」氏(パナソニック創業者)が、晩年に、次代の国家指導者を育成すべく70億円もの私費を投じて、神奈川・茅ヶ崎市に設立した公益財団法人です。現在は、幸之助氏の遺産の利子や運用益を財源として運営されています。政治思想は中立ですから、卒業生には民主党も自民党もいる訳です。同じ1期生では、自民党の「逢沢一郎」氏がおられます。
 (なお、幕末に多くの指導者を輩出した「吉田松陰」の私塾「松下村塾」を連想させる名前ですが、こちらは設立者である松下幸之助の姓に因んだものであり、松下村塾との関連性はないのです。)
 ところが、この松下村塾の卒業生から、幕末から明治にかけ、高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋、吉田稔麿、前原一誠、品川弥二郎、山田顕義などの政財界人を輩出しています。
 このように、次世代を担う青年から、政財界人・研究者の偉人になるように教育することは、日本の将来にとって、とても大事なことです。
 その点、幼いときから丁稚奉公で勉強が出来なかった「松下幸之助」氏は、後世の社会貢献として、政財界人のエリート教育を重視したのです。
 しかし、皆さん、「松下幸之助」氏は学歴はなくても、次の著書を読みますと、古代中国や日本の歴史に造詣が深く、偉人の格言などの知識に驚きますよ。政界や財界のリーダーの教訓として、必携の著書です。
 ぜひ、皆さんも図書館でも探して、一度読んで見てください。
 これを読み実行すれば、「松下政経塾」出身の方は”名君”になるはずです。
『指導者の条件』(1975年12月1日;PHP研究所;松下幸之助)・・・この本は、中学生でも理解できる解りやすい内容です。高校〜大学のお子さんにも是非、読ませてあげてください。この精神で成長すると、将来、必ず素晴らしい社会人となり、名君になりますよ。
 さて、このたび、松下政経塾初めての総理を誕生させたことになります。
 しかし、これも個人の運気が当然影響してきます。世襲議員でない「菅 直人」氏も「野田佳彦」氏も、天格19ですのは、やはり”運”が左右しているのです。
「野田佳彦」天格19・地格14・総格33
同じ天格19でも、「佳」=8画を含んでいますので、ご本人も苦労して来たこともあり、”思いやりの心”がある人と判断できます。
 やはり、天格12・22の「海江田万里」氏や「前原誠司」氏は、天格19の
「野田佳彦」氏に、道を譲りましたね。「松下政経塾」の後輩になる「前原誠司」氏は、次の機会になりましたよ・・・。
(追 記) 
 ★天格12の海水浴行方不明★
  茨城県鉾田市の海岸では29日午前、小学生の兄弟3人が海で流され、このうち3年生の「永井孝汰」くん(8)が行方不明になりました。事件事故を呼ぶ”天格12”ですね。
★天格22の女性殺害被害者★
  この事件は、去年9月4日、別府市の山林で神戸市の看護師で、当時28歳だった「横手宏美」さんの遺体が発見されたものです。横手さんは手で首を強く絞められたと見られ、33歳の男性が容疑者として逮捕されました。「横手宏美」さん、”天格22”ですね。
 ★天格22の賭けゴルフ★
 「賭けゴルフをした」などと報じた記事で、名誉毀損として、民主党の「横峯良郎」(参議院議員)が出版社などを訴えていた裁判で、横峯議員側が記事の内容を事実上、認めて、訴えを放棄する申し立てを行いました。やはり、天格22で”事件”を呼びましたね。

必読!フイリッピン辺境で奉仕する助産婦「冨田江里子」さん。
[第1371回](大吉)・・・8月29日(大吉)

『 11年間で1800人以上を出産させた助産婦「冨田江里子」さん。フイリッピンの辺境で、貧しい農民たちの出産を”無料”で奉仕しています。・・・』
 昨日の民放YV番組「辺境で活躍する日本人」を見て、感動しましたね。
フィリピンでは、死産は日本の10倍以上だそうです。無事出産できても、次の訪問時には手遅れということも多いとのことです。
 「冨田江里子」(39)さんは、中学2年のとき父親と死別し、母子家庭で育った方です。海外青年協力隊で辺境の貧しい農村で、助産婦の必要性を感じ、資格を取得してフィリピンの辺境に移住した人です。
 スービックの小さな村に診療所を2000年に開設し、地域住民の妊産婦診察と出産、診療を無料で続け、寄付のみで運営されています。
 いつまにか、助産所には、妊婦だけでなく身体の不調を訴える貧しい人々が集まるようになり、住民たちの署名活動を経て2003年、公共の診療所として認められました。
 日本人女性が、海外で活躍している事例は、過去のブログでも採り上げましたが、今日の「冨田江里子」さんの事例は、天格7系列の長所;「負けず嫌いの行動的な性格」がある実例として紹介した訳です。
「冨田江里子」天格17・地格12・補格3・総格32
通常、天格7系列で地格が2系列の配列は、”気ままで切れやすい”のですが、「江」=6画を天格17の中に含んでいますので、同じ17でも短所をセーブすることにより、吉にも凶にもなる総格32が”奇数”が2ヵ所あるところから理性が働き、天格17が長所に転換した実例です。すると、天格17は「負けず嫌いな行動的・積極的な性格」が対外的に作用するのです。ですから、このような配列で、スポーツマンとしての才能が出る人もいます。
 ただ、「江」の”語源”が弱運の字体ですから、対外的な”苦労性”なところがありますが、「えりこ」という女性として、とても良い”音感”ですから、全体として”中の上”くらいの運気という姓名になっています。
 以上は、日本で日常の漢字使用した場合の判断であり、フイリッピンでは日常の姓名は「ローマ字」使用ですから、「エリコ・トミタ」という”音感”からの作用が中心になりますので、外国在住の女性の姓名判断は、その点を留意せねばなりません。
 今日のブログは、外国在住の人の判断について、漢字の日常使用の程度も考慮し、その影響度も留意せねばならないために投稿したのです。 

必読!「島田紳助」と「金原久雄」市長の”降順数”もある。
[第1370回](中凶)・・・8月27日(小吉)

『 タレント司会「島田紳助」の業績は、素晴らしいものですが、暴力団とのかかわりで引退。一方、「金原久雄」蒲郡市長は、退任直前で失言。これらは、過去の業績にかかわらず、ある日、突然の”信用失墜”!』
 この運勢は、姓名が「降順数」であるからです。
 今までは、「昇順数」で運気が良い事例ばかり投稿して来ましたが、逆の「降順数」もあることを、初めて公開します。
 「昇順数」とは、次のように「7→8→9」になる姓名でしたね。実例としては、
サッカー選手「香川真司」天格19・地格8・総格27
女優「上野樹里」天格19・地格18・総格37
ところが、人気や業績があるのに、ある日、突然”予測しない事態や失言”で、信用失墜の運勢になるのが「降順数」という配列があります。
 その配列は、「3→2→1」のように、数字が下がってくるケースです。
 実例として、
「島田紳助」天格21・地格12・総格33
「金原久雄」天格11・地格22・総格33
(”昇順数”は「7→8→9」、”降順数”は「3→2→1」のそれぞれ1パターンしかありません。)
さて、「島田紳助」の引退ニュースで、皆さんは十分ご承知でしょうから省略しますが、「金原久雄」市長のニュースを紹介します。
『 愛知・蒲郡市の金原久雄市長は、26日の定例会見で、東日本大震災で津波被害に遭った三陸海岸について「歴史的に津波被害(の記録)が残っている所に、どうして家を造ったのか?不思議だ。」と話した。被災地では、今も多くの住民が避難生活を強いられており、物議を醸しそうだ。』
とのニュース。
 金原市長は会見後、記者団から発言の趣旨を問われ「三陸は歴史的にも被害が散見され、明治、昭和にも津波があった。先人たちも造るな、と言ってきたのに、家が建っているほうがおかしい。」と繰り返したのです。
 東海、東南海地震で想定される蒲郡市の津波にも触れ、「地形的、歴史的にみて、水位は上がることはあっても、東日本大震災のような津波は絶対あり得ない。」と話したそうです。
 (今年の11月に任期満了の金原市長(3期目)は、今期限りでの引退を表明しています。)
 さて、みなさん、政治家や行政の首長が、公式に発言する場合は、余程慎重に発言しないと、その信用を落としたり、職を辞した大臣も過去に多くの実例がありましたね。
 心の中で思うことは自由ですが、それを発言してどんな影響があるか、を一瞬考えない人が、「降順数」の配列の人にはその性格があるのです。
 地格「2」系列の”気ままな心”と総格「3」の”人柄の良さ”が、複合して、天格「1」系列の対外的な”自己主張”となって現れるからです。
 この市長、特に最後の「・・・(東日本大震災のような津波は)絶対あり得ない。」 という”絶対”を使用しているところに、”意思の頑固さ”を公表していますね。自然災害で”絶対”という用語は、神仏でも地震予知連絡会でも予測付かず、それこそ”絶対”に使用できないのですよ。
 ですから、こんな人にならないように「命名・改名」には、「昇順数」の候補名として推薦できますが、「降順数」はそれこそ”絶対”に候補名として提示していません。
 この「降順数」の人は、「島田紳助」のように現在まで全盛でも、ある日、突然の”運勢”が降格することがあることを記憶していてください。
(追 記 )
◆天格「2」系列の”死亡事故”3件◆
◇天格22の海水浴死亡事故◇
 27日午後2時ごろ、南房総市の塩浦海水浴場で泳いでいた千葉・木更津市の「鈴木信之」さん(50)がおぼれているのを、一緒に来ていた友人が見つけ、助けを求めました。鈴木さんは地元の漁船で救助され、病院に運ばれましたが、間もなく死亡しました。
◇天格12で夫婦とも死亡事故◇
 27日午後10時ごろ、石川県の海水浴場で、金沢市の会社員「出村裕樹」さん(23)と妻の「出村里沙」さん(23)が、砂浜に妻が友人らと掘った"落とし穴"に転落。通報で駆け付けた消防署員が2人を引き上げ、病院に搬送したが死亡が確認されました。
◇天格22で素潜りの死亡事故◇
 27午後1時ごろ、愛媛・宇和島市の海岸北東約400mの沖合で、近くの無職「渡辺浦兒(うらじ)」さん(69)が海底に沈んでいるのを、船で捜していた知人男性が発見し、病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認されました。

必読!復習;姓名を「天命数霊術」から正しく判断する。
[第1369回](中吉)・・・8月26日(小吉)

『 2人の子どものうち、1人が、生まれ付きの”虚弱児”、そのうえ主人は会社が倒産し、現在”就職活動中”、私がパートに出ていますが、ある占い師に見てもらったら、「貴女が苦労しているのは、貴女の姓名が悪いからだ!特に”9と19の大凶”の画数が2ヵ所もある。・・・だから、一家が不幸なんだよ。」と言われ、落ち込んでいました。ところが、1ヵ月前に携帯で、先生のブログに出会い、衝撃を受けました・・・。私の姓名、画数が良くないのでしょうか?』
とのメールを、昨日頂きました。このような類似のメールが、ここ2〜3日続いています。
 最近の不況もあり、このような相談は、現在まで沢山頂いていますが、最近、特に携帯で、私のブログに出会った方は、まだ画数の出し方も理解されていないようなので、もう一度復習します。
 無理のないことですが、やはり、その奥さんは、「なぜ?”9・19が大凶”なのですか?どうして、そのような画数の求め方をするのですか?」という質問していなかったのです。
 私が、以前、質問したスーパーや温泉センターで、姓名判断をしている占い師なら、まだ許されるのですが、驚くことに東洋哲学・宗教哲学を勉強して来た地元の「”名付け”もしている神社」の神職、「”牡丹”で有名で”名付け”もしている寺」の住職に、「なぜ?9・19は大凶なのですか?」と尋ねますと、決まって「昔から、そう言われています・・・。」と、他人ごとのように平然と言われます。
 皆さんも、その機会がありましたら、質問して見てください。
 いかに、世の中に間違ったことが普及しているかが判りますよ。
 いいですか、冒頭の奥さんの姓名「(姓)13・3(名)6・7・6」の配列ですから、熊崎式では「人格9(3+6)」と「地格19(6+7+6)」になりますから、「9・19」が2ヵ所になり、”大凶”の運勢と判断する訳です。
 ところが、私の説は”9・19”こそ最大吉数で、全く逆ですから、「天格19(13+6)・地格10(3+7)・補格6(0+6)・総格35」となり、画数はベストに近いですね。(なぜ?このような出し方をするのか?は、「天地の併合説、又は合金の価格の求め方」を、喩えとして投稿済です。)
 ですから、この奥さん、画数はとても良いのですが(ただ、苗字に”川”=3があるのに、”江”=6で”水”のダブり」を使用しているのがマイナス点)、何しろご主人とお子さんの姓名が、全て”偶数”のうえ、「0・2・6」タイプで、「9・5・1」が全くない姓名です。
 すると、奥さんの姓名が良くても、結局2人の凶運に負けてしまい、奥さん1人が家庭の中心で、ご主人の役もせねばならない運勢になる訳です。
 冒頭の占い師の判断のように、奥さんの画数が悪いと言う判断は間違っているのです。もっとも、奥さんの姓名が「天命数霊術」の5大条件がそろったベストの姓名なら「上げマン」となり、2人の運勢を補完することができますが、この事例ではそこまでの幸運な姓名ではなかったのです。
こうして見ますと、家族全員がベストの姓名にすることですよ。
 いいですか、判断結果を急がずに、その根拠・判断基準を考え、物の「価値観」と「センス」を高めれば、自然に姓名を見た瞬間「こりゃ、ダメだ!」とか「この姓名は素晴らしい!」と即決判断ができるようになります。
 最近、私のブログに出会った方は、まず「公式ホームページ」からお読み頂いた方が早く理解できるようになりますよ。 

必読!なぜ?「小沢一郎」は総理になれないのか?
[第1367回](小吉)・・・8月25日(大吉)

『 政治家「小沢一郎」、総理になれるチャンスが来ても、いつも”運命”は逃げて行く。民主党の中でも最大勢力なのに、なぜ?・・・』
 初めにお断りしておきますが、私は政治も宗教も”特定した支持”をせず、外から客観的に評価して行く信条です。
 政治家「小沢 一郎」(本名:小澤 一郎)は、民主党では少ない”2世議員”です。この「小沢」の”沢”は、戸籍・官報などでは、旧字体で「小澤一郎」と表記されていますが、なぜか、本人もマスコミも印刷物も、殆ど日常使用は「小沢」。
 これで、どんなに運気を逃したばかりではなく、これと言ったとき、なぜか、政治資金問題など”トラブル”が起き、国民からの人気も落ち、総理になるチャンスを逃していますね。
 それに”男は顔ではない!”と言いますが、
「ワッハハ・・・、お主も”悪”よのう・・・」
と、ドラマ「水戸黄門」に出てくる”悪代官”のような容貌が損をし、若い女性に人気がある容貌ではないですね。
 それに、普段寡黙であり、笑顔も少なく、話かけると、何だか怒られそうな印象が損をしています。
「小沢一郎」天格4・地格16・総格20
(本名;「小澤一郎」天格4・地格25・総格29)
どうですか? 「沢」と「澤」の”運勢的違い”は、「天と地」の開きがあるのが判るでしょう。「小澤一郎」なら、案外、早く総理のイスに座れるかも知れませんね。
 さて、一方、民主党代表選挙への立候補者、数人とも、”どんぐりの背比べ”で、明治時代の「伊藤博文」「大隈重信」「板垣退助」などのような突出した人材はないですねぇ〜。
 ところが、初めは消極的だった「前原誠司」前外相、まだ49歳の若手、国民の意識調査でも、”圧倒的な人気”;特に女性に好まれる「真面目そうなイケメン?」タイプ。これなら、外国首脳と引けを取らないという印象なのでしょう。
「前原誠司」天格22・地格15・総格37 
  私は、容姿が”悪代官”に見える「小沢一郎」氏より、「前原誠司」氏はどう見ても”善人の主役”に見えるのが得である・・・という理由だけではないのです。
 生い立ちの”苦労を知らない2〜3世議員”;特に財閥の「麻生・鳩山」氏など、総理になっても、決して国民の苦しみが理解できないのです。
 その点、「前原誠司」氏は中学2年の時、当時家庭裁判所の庶務係長であった父親に死別し、高校から京大卒まで”奨学金”を借りて、経済的な苦労の中で、母子家庭で育った人だったからです。
 このような人でないと、国民の苦労が判らないのです。
「長き夜を、共に泣き明したる者でなければ、人生を語るに足らず」
という格言が昔からあります。
 私も大学から大学院まで、奨学金を受けたうえ、家庭教師や法律事務所で弁護士のアシスタントのバイトまでして、”自分の力”で卒業した者ですし、経済的な苦労は十分体験して来ましたから、「前原誠司」氏の境遇も良く理解できるのですよ・・・。
でも、候補者「野田佳彦」財務相も”苦労人”で、天格19ですが、少しタレント性に欠ける気がします。
政治は魔物;誰が総理になるのか? 未知数ですね。

必読!幼い頃、運が悪くても「急上昇する姓名」もある。
[第1366回](小吉)・・・8月24日(小吉)

『 お前は、本当に”運”が悪い子やなあ〜。また、お前に"粟(あわ)の団子"に当たったのか・・・? 』
と、母親がため息を付いたそうです。
 これは、明治20年の頃の話です。
 レンゴー(株)の創業者「井上貞治郎」氏が幼い頃、朝食のお粥(おかゆ)の思い出話をされた一コマです。
 「私の郷里(兵庫・播州)では、朝はオミー(雑炊)か、オカユなのだが、オミーだと、”米”の団子と”粟”(あわ)の団子を入れる。ところが、不思議に私の椀入るのは、”粟の団子”ばかり。”お母あ、また粟だったわ”と見せると、冒頭のように、母親は”貞治郎”の運の悪さを嘆いておられていたそうです。
 そして、その苦労は青年時代にも続き、仕事を求めて、朝鮮から満州に渡っても、芽が出ず、帰国して東京に出たが、僅か「二畳の部屋」の間借り生活。何をしても”運”が悪く、仕事に有りつけない。
 余りの運の無さに、ある日のこと、道端の”占い師”;巫女(みこ)の格好をした”白髪の老婆”に、有り金50銭を叩いて観てもらったそうです。
 すると、御幣を持ち、体が踊り出す、目がつり上がる。巫女はうわずった声でいった。「ほかの仕事はいかん、いかん、”紙”じゃ、”紙の仕事”は”立板に水”じゃ……」と言ったそうです。
 「それから50年、私は紙一筋に生涯を捧げました。」と、述懐されていました。
 さて、皆さん、現在の生活の中で、誰一人として「ダンボール」に世話にならない人はいないでしょう。いや、現在では、世界中の家電製品や野菜果物の外箱は「ダンボール」ですね。昔は、重量のある商品の外箱、とても紙で作るなど、戦後の昭和30年代ごろまでは、とても考えられなく、外箱はすべて”木製”だったのですよ。
 それが、改良に改良を重ね、重量に耐える紙「ダンボール(以前は、段ボール)」を開発特許を取得し、昔の巫女が言った「”立て板”に水じゃ!」というほど、企業利益を上げています。
 本当に、明治生まれの人は、学歴も資産もなく”苦労に苦労”を重ねて、成功した「松下幸之助」氏や「本田宗一郎」氏なども多いのですよ。
 ですから、必ずしもベストの姓名ではなくても、それを乗り越える”苦労”の連続が打ち勝ったのです。
しかし、現在の若者は「仕事がない。学歴がない。仕事を始める資金がない。」と諦めている人の多いこと!
 ですから、明治生まれの人のように、”根性や負けん気”がない現在人には、そんなに”苦労”しなくても、”幸運”が舞い込むベストの姓名になることをお勧めしているのですよ。
「井上貞治郎」天格13・地格11・補格9・総格33
  地格11から、常に”夢・希望・計画”は持っていますが、天格13では実現の可能性が遅くなります。
しかし、遅くはなりますが「貞」=9画を含んでいますので、同じ天格「13」でも成功の可能性は高いほうです。
 成功が遅くなるだけ、それを上回る苦労と努力が必要となります。でも、「3」系列が2ヵ所あり”人柄”はとても良い方です。
 ともかく、皆さんの周囲の製品・商品を見ても、「ダンボール」一つ見ても、そこに先人の”汗の結晶”が含まれていることに、感謝をしたいですね。 昨日、「ピオーネ」(2k箱)を発送した外箱を見て、「ダンボール」を思い出し、今日の話題にしたのですよ。 

必読!「天使の里親」と「悪魔の里親」との違い。
[第1365回](大吉)・・・8月23日(小吉)

『 同じ里親でも、”天使”のような人も居れば、”悪魔”のような人も居ます。里子を傷害致死させた声優の里親が、逮捕された事件がありましたね。』
 この事件をニュースで見た時、遥か46年前、私が役所に新卒で入り、最初の赴任地が奈良であり、昔から”里親制度”が盛んな土地柄を思い出しました。
 「児童福祉に関する行政監察」で、県内の乳児院・養護施設を調査のほか、里親の実態調査もしたことがあります。
 「 この部屋は、小学1年の女の子(里子)のために”増築”したもので、このピアノも買い、習いに行かせています。これらの費用は、私が警察官を早目に退職し、その退職金で賄いました。・・・ 」
とのこと。46年前では、ピアノなど贅沢品であり、お金持ちの家しかなかった時代でした。それでも、里親は里子のために、可能な限り尽くしている姿に、感動した思い出があります。
 さて、これに対して、今回のニュース。
 「 20日、傷害致死の疑いで逮捕された声優「鈴池 静」容疑者(43)。 去年8月、東京・杉並区の自宅で、1年前から里子として育てていた「渡邉みゆき」ちゃん(当時3)を,耳や髪を引っ張り、暴行したうえ、階段から突き落として、死亡させた疑いがもたれています。・・・」とのこと。
まあ、里親でこんなケースは稀れとは思いますが、虐待するくらいなら、初めから里子を養育しなければ良いものを・・・、と思います。
 最近は、自分の子どもでも、児童虐待の事例は急増していますが、その原因は「育児ストレス」と、社会心理学者などは言っていますが、わずか1〜2人の子どもの養育でストレスとは・・・? 昔の農村地帯では7〜8人の子どもは珍しくなく、当たり前のように養育していましたよ。
 私は、「育児ストレス」になる一つ前の原因があるように思います。
 また、仮に「育児ストレス」になっても、暴行・傷害・致死に至るまでに、「理性」でセーブする能力がない母親が多くなっている現象でしょう。
 その「理性」で”切れやすい行動”を抑制できないのは、母親の姓名に原因があると思います。
鈴池 静」天格27・地格6・総格33
”切れやすい”天格7系列を「理性」でセーブできる「9・5」がありませんし、天格27の中には「静」=14画(7×2)を含んでいますので、同じ「27」でも”切れやすい”性格は強くなります。その一方、心の中は「地格6」の”陰性=陰にこもる”内向性であり、天格との相互関係を思考すると、「育児ノイローゼ」になる現象になったと思われます。
 しかも、「鈴池 静」という”3文字”左右別れで、風水に言う「天斬殺」で、”事件事故”を呼ぶ結果となったと判断できます。
 どうですか、社会心理学者の原因分析は不十分なことが判りますでしょう。 
 それにしても、世の中、実にさまざま、「天使の里親」と「悪魔の里親」の違い。天使の里親は、「里子で、他人さんの子を預かっているのだから、わが子以上に大事に養育せねば・・・。」と思うのが、大半の里親の気持ちなのですよ。
(お知らせ)
 ご寄付を頂いた7人の方に、今日「ピオーネ」を宅配にて発送しました。 なお、ナルヒサさまの郵便でのご寄付、23日現在、届いていません。やはり振込みが安全です。  

必読!ものまね歌手「青木隆治」は、ベストのパターン。
[第1364回](小凶)・・・8月22日(大凶)

『 ベストの姓名なら、”苦難の時期”があっても、やがて”開花”します。最近の歌手で、姓名のベストパターンは、「青木隆治」タイプと「平原綾香」タイプでしょうね。』
 昨日、「24時間テレビ」のスイッチを入れると、「奇跡の歌声;美空ひばりメドレー」で、”ものまね歌手”「青木隆治」を放映しているところでした。
 最近、急上昇の人気”ものまね歌手”「青木隆治」は、歌のジャンルも広くこなし、歌唱力・驚異的な声質も優れていますし、そのうえ、端正な顔立ちで女性にも人気がありますね。
 男性でありながら、目を瞑り聴いていると、女性か?と間違えるほどの女声を出しています。無理をした裏声でもなく、声域に余裕があるため、低音から高音まで様々な音域の歌を自在に歌いこなしています。
 しかし、ものまね歌手としてレビューするまでは、通常の歌手を志す”苦難の時期”がありました。歌唱力には自信があり、オーディションを受けても「歌は上手いけど、心に響かない。説得力が無い。」と評価されるばかりでした。
 そんな時期、ものまねタレント「コロッケ」に出会い、彼の助言から”運命の180度好転”を掴んだのです。
 「きちっとした挨拶・礼儀・服装が大事であり、お客を喜ばせてこそ、本物になる。」との助言から、馬鹿にしていた「ものまねテレビ番組」に出場するようになったそうです。
 さて、今日の「24時間テレビ」では、沢山のレパートリーがある中で”美空ひばり”の「愛燦々」と「川の流れのように」の2曲を披露しました。
 しかし、ものまねと言っても、コロッケのようにフザケて笑いをとる演技ではなく、実に”真面目な演技力・歌唱力”で、素晴らしく感動する”ものまね歌手”として、大成して行くと思いましたよ。
 ところで、姓名は代表的なベストのタイプになっています。
「青木隆治」天格19・地格12・総格31 (1981.1.29生)
 この画数でもベストで良いのですが、芸能人の”創造力・表現力”をもっと高めるには、「治」→「司」に改名し、「青木隆司」にすれば、天19・地9・総28 となり、「9・9・8」タイプになります。
 (この「9・2・1」パターンは「岡村隆史」と同様です。誕生日29日のため、出足は少し遅れましたが、30代以降は急激に人気が上昇する”大吉”の誕生日です。)
 この他、ベストのタイプは、先日投稿した歌手「平原綾香」(天格19・地格19・総格38)もあり、人気が永続して行くパターンです。
 それにしても、不思議な才能があるものですね。
 「青木隆治」の声質は、「美空ひばり」の声が”一卵性双生児並み”に一致している、と科学的に証明されたそうです。
 どうですか、姓名の「9・2・1」(「9・6・5」タイプも同じ)と「9・9・8」タイプであれば、画数としてはベストですね。
 「9・5・1」のベストの姓名一つで、生涯の幸運を掴む人もいれば、ワーストNO.1 の「0・2」タイプであれば、”事故事件・病気”で若くして亡くなる人も多いのですよ。古代の「神亀の図」のパワーには、現世の神仏も驚いておられるのでは・・・?   

必読!大津波の先人の知恵;無傷で残った神社が多いのはなぜ?
[第1363回](小吉)・・・8月21日(大吉)

『 もし、東京電力が、貞観(869年)と慶長三陸地震(1611年)の大津波を重視していたら、福島原発の事故もなかったでしょう。これに対し、東北電力はこれを参考に女川原発を設置していたので、殆ど無事故だったのです。
 それに、不思議なことに、3県に及ぶ沿岸地方の神社は、殆ど無傷だったのですよ。これを、地元では”神様の御神徳”と見る人もいますが、実は過去の大津波を教訓に、津波を避けられる所に、400年前に本殿・拝殿を移設又は建立していたから助かったとのことです。』
 昨晩の民放「報道特集」で、その事実を解明していました。
 女川原発は、津波の高さ9.1mと想定し、敷地13m以上に建設で津波14.8m。これに対して、福島原発は、津波の高さ5.7mと想定し、敷地10m以上に建設で津波は13.1m。この2ヵ所の原発は、敷地の高さ13mと10mの違い、「3mの違い」が明暗を分けました。
 しかも、福島原発の敷地は、もともと30mあったのを、建設時にわざわざ20m削って、10mにしたために、今回の大被害が発生したのです。
 これも、過去の大津波を教訓とした建設の有無;東京電力と東北電力の”運気”の違いがそうさせたのだ、と思います。
 企業も”運気”に左右されます。しかし、その判断をするのは、やはり”人(社長以下、技術者も含めて)の運気”に起因します。特に、東京電力の前社長「清水正孝」氏(天格16)が、地震発生時の”運気”がなかったと言えます。
 この”企業の運気”に付いては、経営不振の救世主「岩尾 崇」氏(天格19;長谷工コーポレーションの社長)も、究極は「運が強い人材が企業に必要だ!」と強調されています。
 さて、このたびの大津波では、沿岸部の神社は殆ど無傷な所が多く、その原因はなんだったのでしょうか? 地元の信仰に篤い方々は「神様の御神徳だ!」とも言っていますが、実は、神社は400年前の慶長大津波を、避けられた所に、本殿・拝殿を移築した小高い所であったため、今回の大津波も無傷で避けられたと報道していました。
 それが本当の”神社が無傷であった”原因でしょう。もし、「神様の御神徳」で無傷なら、善良な人間や家屋を犠牲にして、”神様だけが助かる”という”無慈悲な神様”ばかりになって、こんな道理に合わない宗教なんかない、と私は思いましたよ。
 いいですか、皆さんも地震・津波・液状化に強く、100年も安全・安心して居住できるのは、地盤が固い海抜35m以上の住宅地に住むことですよ。
 風水で重視するのは、「家相ではなく、地相が第一!」ということを、何度も強調してきましたね。どんなに家相が立派な豪邸でも、地震で倒れ、津波で流され、液状化で地盤沈下したらお終いです・・・。
 小松左京の小説「日本沈没」も、あながちフイクションでもなさそうです。地震国;日本、明日にでも”悪魔の地震”が訪れるかも・・・?
 でも、これらの災害に遭遇するか、否か? また、どんな土地環境に居住できるかどうか? それらも、全て個人の”運気”が決めてくれます。 

必読!台湾の偉人;前台湾総統「李 登輝」も天格19である。
[第1362回](大凶)・・・8月20日(大凶)

『 日本人より日本の歴史・文化に精通し、日本語も堪能な台湾人;「李 登統」氏(前台湾総統)をご存じですか?』
 彼は現在88歳になられますが、戦前は旧日本軍に所属され、学生時代は京都大学農学部に留学されており、その後、アメリカにも留学されて、農業経済学博士です。
 その彼は、日本の政治家を「地方の実情に疎く、東京や法律でしか、ものを考えない人ばかり」と批判しています。実に、現在の東日本の復興に当たっても、被災地よりも東京の国会の中で、政争しているだけが目立つ、どうも本気で復興を考えていないような気がする、との趣旨からの発言です。
  一方、中国の政治家に対しては、「胡錦濤やそのポスト世代の習近平・李克強は、地方で鍛えられた優秀な政治家」と高く評価し、日本の政治家が見劣りするとの酷評です。
 でも、彼は日本人以上に、日本文化や歴史に造詣が深く、”日本びいき”だからこそ酷評できるのですよ。中学・高校時代には、鈴木大拙・阿部次郎・倉田百三・夏目漱石らの日本の思想家や文学者の本に触れ、日本思想から影響を受けています。
 また、日本の古典にも通じており、『古事記』・『源氏物語』・『枕草子』・『平家物語』などを読んでおられます。また、台湾総督府民政長官を務めた後藤新平を「台湾発展の立役者」として高く評価しています。
 どうですか、皆さんの中で、これほどの日本文化の教養を積まれた方いますか? それに語学は、日本語が一番得意で、台湾語はもちろん英語も得意なのですよ。(ただ、北京語はどうも苦手だそうです。)
 さて、彼は将来の日本のあり方について、次の見解を持っておられます。「 日本は、物質的な繁栄を誇示するのではなく、世界の中でも非常に高い”教養と文化”を持った国として、精神的な面でも世界に貢献し、アジアを率いて行くことが大切だ。」
とのご意見で、台湾の方から日本人に教えられたことに、日本人は再認識したのではないでしょうか?
 さて、台湾で代表的な偉人、彼の姓名は、
「李 登輝」天格19・地格15・総格34 (誕生日;1923.1.15)
どうですか?やはり賢く成長し、台湾総統にもなられた方、「9・5」が2ヵ所あり、誕生日も15日ですね。現在の中国は、簡体字を日常使用していますので、正確には比較はできませんが、中国の国家主席「胡 錦涛」と韓国の大統領「李 明博」の両氏は、天格5系列ですね。少し頼りがない「菅 直人」首相も天格19です。
 (参考に、中国の歴史上の代表的な偉人「孔 丘」と「諸葛孔明」も、天格9系列であることも記憶していてください。)
 このような実例でも、「神亀の図」の「9・5・1」のパワーが、古代中国「夏」王朝;約4千年の時を経ても、なお現在に生き続け、偉人を輩出していることを、不思議だとは思いませんか・・・?
(追 記)
 ・高齢女性が交通事故死・
 19日午後、埼玉・蕨市の県道で、自営業「神藤キミエ」さん(81)が、横断歩道を渡っていたところ、突っ込んできた自動車にはねられ死亡しました。やはり、天格12ですね。

必読!「0・2・8」の組み合わせ;良識を欠く行動がある。
[第1361回](大吉)・・・8月19日(大吉)

『 人柄は悪くはないのですが、「0・2・8」のみの組み合わせ、常識・良識を欠く言動がある人が、偶におられます。』
 この組み合わせに付いては、このような法令違反の実例がないと、人権問題(極端な事例では、知的障害の人)になりやすいので、今までブログに投稿しなかったのですが、ニュースで公開された範囲内で、紹介します。
 ニュースでは、
「被災地の宮城・石巻市で、資格を持っていないのに医師の名称を使ったとして住所不定の男が逮捕された事件で、警察では助成金目当てだったとみて調べる方針です。
 医師法違反の疑いで逮捕されたのは、住所不定で職業不詳の「米田吉誉」容疑者(42)で、現在、滞在先の北海道から宮城県に向けて移送されています。米田容疑者は震災直後の3月に石巻市に入り、資格を持っていないのに医師の名称を使った医師法違反の疑いが持たれています。
 また、米田容疑者は、医師を名乗って日本財団から助成金100万円を受け取っており、警察では助成金目当てだった可能性もあるとみています。」
とのことです。
「米田吉誉」天格12・地格18・総格30
この名付け、ご両親は「誉(たか)」の字体を使用されたことは、学識があった方と推定されます。「吉誉」とは”語意”はとても良いのですが、
「米田」姓には、全く適合しません。
 ”事件事故”を呼ぶ天格12の中に「吉」=6画を含みますので、生涯”苦労性”です。しかし、地格が18の偶数で、「誉」=13画を含みますから、心の中はとても”思いやり”があるのですが、対外的な言動は、天格12と総格30という「0」系列ですから、精神的には”楽天家”過ぎる「病(=10画)」を呼びます。 ですから、本人は「それほど悪いことはしていないよ!ボランテアでしているのだから・・・」という気持ちを持っていると判断できます。
 これを、常識人の裏からみますと、「少し、おかしな行動だ。まして医師法違反が判らないのだろうか?」と、だれでも判断しますが、本人はその常識的な判断ができない人です。
 私が、今までに経験した中で、約5年前に中度の知的障害者「天格12・地格8・総格20」を改名した20代の女性がいました。このパターンと類似していますが、ただ米田容疑者は「吉誉」の語意が良く、総格が「30」であり「20」と異なる点から、少し常識に外れた言動であったと思います。
 このパターンを実例とするのは、少々躊躇しますが、これから命名・改名する方には、決して「0・2・8」の組み合わせも、避けて欲しいですね。
 ところが、私の説と異なる命名・改名では、気付かない間に、その組み合わせになっているかも・・・? 「天命数霊術」に出会う有無も、全てその人の「運」ですね。
(追 記) 
 天竜川下りで、天格12・地格10・総格22である豊橋市の「木村周子」さん(67)お一人が亡くなりましたね。お気の毒です。 

必読!釈尊の教え「万山薬草」と「天命数霊術」との共通理念。
[第1360回](大凶)・・・8月17日(小吉)

『 ある日のこと、お釈迦さまは、医師志望の青年に言われた。「どうしても立派な医師になりたいのなら、あの山に行き、”薬草”にならない草を探して来なさい。」』
と言われ、その青年は何日も何日も、「薬草にならない草」を探し続けました。しかし、なかなか見付からず、ふと、その青年は気が付き、「お釈迦さま、山には薬草にならない草など、1本もありませんでした。全て”薬草”になります。」と答えますと、お釈迦さまは「そうだよ。その精神で医学に励めば、立派な医師になる。」と言われたそうです。
 この精神を『万山薬草』と言い、後世、古代中国・朝鮮から伝承され、日本の親鸞の説法にも良く取り入れられています。
 それを、浄土真宗の建学精神としたのが、京都女子大の創立者「甲斐和里子」先生であり、また、作家「吉川英治」も「我以外、皆師匠なり。」と唱えたことは、余りにも有名です。
 冒頭の青年は、その後、インドで名医となり、お釈迦様の侍医になったそうです。特に、彼の医療技術は驚異的であり、薬草で麻酔術も開発したのか、外科手術や腹部の切開手術など、現代医学にも劣らない高度な治療を施したことが、詳しく仏典で紹介されているそうです。(麻酔薬の開発は、江戸時代の紀州藩「華岡青洲」が、インドの麻酔薬を参考に更に改良したものです。)
 「万山薬草」=「人生薬草」と置き換えることが出来ると思います。「私たちの人生は、”苦しいこと””悲しいこと”そして、”楽しいこと”の全体が薬草である。」とのお釈迦さまの精神を、現在でも受け止めて行くのです。
 皆さん、私の説「天命数霊術」を真に理解して頂くために、歴史問題も含め、世の中のあらゆる事象が、すべて”姓名判断・命名・改名”の「薬草」になるため、今日のブログで[第1360回]4年を経過してきました。 
 しかもですよ。医学は人体の”健康部門”のみですが、私の”開運術”は「健康運・知徳運・家庭運・社会運・金運、そして性格、その上に”事故事件”にも遭遇しない人生を実現させて行かねば、プロとして失格です。
 このために、単に画数だけの流派が多い中で、人生全体・世の中全体の「万山薬草」と共通の理念で、「天命数霊術」ブログを継続しており、若い皆さんが後世にも伝承して頂きたいのですよ・・・。
 そして、私は無神仏論者ですが、特定の宗派にコダワルと、公平な見方ができなくなりますので、宗教も”外からの学問”としているのも、「万山薬草」の理念です。 

必読!「京都五山送り火」と”人生の無常”を想う。
[第1359回](中吉)・・・8月16日(小吉)

『 今晩は「京都五山送り火」、いや京都に限らず全国にも”送り火”の山焼きが見られますね。でも、”送る人”と”送られる人”双方の心境を考えたことがありますか? 
遠い先祖や”長寿で順死”の祖父母や両親を”送る心”は、そんなに悲痛ではないでしょう。しかし、このたびの東日本大震災や交通事故・病気などで、子どもさんを亡くされた両親、”逆死”の”送り火”ほど、辛くて悲しいものはない、と思います。』
しかも、子どもの死因が、「母親の過失」で幼い命を奪ってしまったら、どんなにショックで、生涯、自分の過失を責め続けることでしょう。
 それは、春の梅や桜が咲いても、秋の紅葉を見ても、心は生涯晴れることはないのです。まして”送り火”を見ることは辛いでしょうね。
 さて、以前にも投稿しましたが、昨日、母親の過失で3歳になるお子さんを車で轢いてしまった事故がありました。
[事故ニュース]
『 昨日午前8時ごろ、茨城・下妻市で、3歳の女の子が37歳の母親が運転する乗用車にひかれ、死亡しました。
死亡したのは「中山莉杏(りあ)」ちゃん(3)で、母親は、下妻市内のプールに莉杏ちゃんの兄や姉を車で送った後、莉杏ちゃんと帰宅。母親が、助手席のドアを開けて先に莉杏ちゃんを降ろし、車を車庫に入れようとバックさせた際、左後方にいた莉杏ちゃんに気が付かず、誤ってひいたとみられています。』

 さあ、皆さん、どこに問題があると思いますか?
 この事故は、姓名の良し悪し以前の問題ですよ。
 いいですか、3歳と言えば、身長は僅か70〜80cmくらいでしょうが、助手席を開け、一人で降ろした場合、車をバックさせるため、ドアを閉めるでしょう。そうすると、3歳の身長だったら、ドアの蔭に隠れたり、後方もミラーで後方確認しても、”死角”になることが多いのです。
 1〜6歳くらいまでは、絶対にドアを開け、一人で降ろしたらいけませんよ。子どもは、チョロチョロするし、それが道路上やスーパーなどの駐車場でも、飛び出し、他の通過車両に撥ねられることが多いのです。
 必ず、大人が”ドアの外”から開けてやり、道路などに飛び出さないよう捉まえておくことが、非常に大事なことです。
 このようなコツは、教習所でも教えませんからね。私は二人の子どもを育てた経験から、幼い子を同乗させる運転上のコツも心得ているからです。
 親のチョッとした不注意から、幼い命を奪い、”逆死”の辛さを生涯背負うことになるのです。
 さて、このような事故は、親の不注意が原因ですが、母子のいずれかが、”運気”がない場合、その可能性は更に高くなります。
「中山莉杏」天格14・地格10・総格24 であり、画数もあまり良くないのですが、やはり”流行の字体”「莉」と「杏」を使用していますね。この2字とも、”具体的な植物名”であり、しかも、このような”刈り取る”「りっとう」がある字体を人名に使用すべきではないのです。(人名の字体は”抽象的な植物を意味する字体”を使用すべきです。)
 ですから、人の運気は”画数”のみでは、判断できない姓名もあります。 
 このような事故は、親の責任です。学齢期になるまでは、細心の注意を払って育てねば、一生後悔することになります。
 恐らく、毎年の”送り火”を見ても、母親は辛い悲しい心で、晴れるときがなく、”人生の無常”を感じるでしょうね。 

必読!66年目の8月15日;太平洋戦争犠牲者330万人を想う。
[第1358回](中吉)・・・8月15日(大吉)

『 日本人なら、66年前の今日8月15日は、広島被爆8月6日と長崎被爆8月9日とともに絶対に忘れてはならない”終戦の日”です。太平洋戦争では、日本人の犠牲者は330万人、このたびの東日本の大震災2万人に比べれば、いかに多くの犠牲者の下に、今日の平和があるのかを、後世にも伝えて欲しいです。』
 ここ2〜3日は、TV番組で特集や関連ドラマを放映して、戦争を知らない世代にも伝承し、「絶対に戦争はしてはならない!」ということを啓蒙しているのです。
 「早く帰っておいで〜! 戦争が終わったんだって〜!」
と、母親が叫ぶ声が聞こえたことを覚えています。当時、私は小1年で”縁故疎開”で田舎だったから、のん気なもので、従兄弟たちと近くの”池に泳ぎ”に来ていたのです。
 「今、天皇陛下の玉音放送があって、どうも日本は負けたそうよ。」
と母親が言ったが、5年生になる従兄は「それはウソだ!先生は、日本は絶対に負けることはない!と言われていたぞ!」と、私の母親に喰ってかかっていた姿も懐かしい思い出です。日本人総1億人が、全て洗脳されていたのです。
 「玉音放送」により、天皇陛下のお言葉を聴いたのは、誰も初めてなので、「ウソだろう。ニセの放送ではないか?」と、大人たちが言っていたのも覚えています。
 本当に、戦争というのは、破壊行為ばかりで、膨大な生命を犠牲にし、国民ばかりではなく、相手国や周辺国アジアの犠牲者も含めれば、約2千万人の命が消えたそうです。
  そして、未だに戦地に置き去りにされたまま、供養もできない戦没者の遺骨が眠っています。遠い異国の地で、銃弾を浴び激痛の中、血塗れで亡くなった兵、傷ついて捕虜になるのを恐れ、同じ日本兵を射殺したり、また自殺した兵も多かったそうです。
 そのうえ、ビルマ戦線では、マラリアの病死や餓死した兵も沢山犠牲になりました。戦死者には、年老いた両親、妻や子供、或いは恋人もいた人もいたでしょうし、どれほど無念だったか、そして残された家族の悲しみと、戦後の食料不足の苦しみも測り知れませんでした。もちろん、学校給食もなく、弁当は”さつまいも”か”じゃがいも”を蒸したものでも、持ってくる子どもはまだ恵まれた方だったのです。それさえ持って来られず、隣の席のクラスメートが餓死した話も投稿済でしたね。 
 旧日本兵は、純粋に家族やその故郷日本を守るために戦い、そして命を落としたのです。その誇り高き精神が、無残な焦土となった日本を、驚異の復興を成し遂げたのは、現在の80歳以上の高齢者でしょう。そして、戦争の記憶を持っているのは、70歳以上の方と思います。
 でも、現在、尊い命を犠牲に手にした平和への感謝の気持ちが薄れているのではないでしょうか? 昭和20年8月15日が何の日か、知らない若者が多くなっているとか。
 その意味では、「憲法の前文」は”名文”であり、永久平和を誓っていますが、私は憲法を修正して、スイスのように「永久中立国」を名文化して、国連で「永久中立」を宣言すべきだと思います。
 今日の8月15日は、「天命数霊術」を忘れて、「永久平和」を願うこととしたのです。
 現在は、東日本の復興に、先人の精神を見習い、与野党が勢力争いするときではなく、すべての国民が一致団結して、戦後復興と同様な復興を緊急にすべきです。太平洋戦争犠牲者;330万人がその成果を見守っていますよ。

必読!また”死神”を呼んだ車のナンバー「2」系列事故。
[第1357回](中吉)・・・8月14日(小吉)

『 "真夏の夜の怪談ばなし"・・・。運転未熟な若い頃ほど、スピードを出したいもの。自分の技量も考えず、特に同乗の友人に”カッコ良さ”を見せるため、無茶苦茶に飛ばす。そのうえ、車のナンバーが下1桁が「2」系列なら、そこに、「”死神”が棺桶を持って来る。」のも気付かないで、ひたすら飛ばす!・・・』

 この「2」系列は、加害者ばかりではなく、かって福岡市で飲酒運転の車に追突され、川に落下、3人の子どもさんが死亡した事故など、被害者の車(下2桁22)にもなりやすい。
さて、今日のニュース。
 今朝未明、札幌市で20代の男女が乗ったワゴン車が横転し、5人が死傷しました。午前1時過ぎですから、通行量は少なく飛ばしやすい。
 この事故で、ワゴン車に同乗していた「高田 愛」さん(22)が死亡したほか、同乗していたいずれも20代の男性4人が、脳挫傷や腕を切断するなどの重症です。
 ワゴン車は、制限速度を遥かにオーバーしていたとみられ、警察は、同じ方向に走っていた友人の軽自動車と接触した後、消火栓に激突し、横転したとみて調べています。おそらく、2台はカーレースをしていたのでは・・・?
 ところが、この白いワゴン車のナンバーがTVに映っていましたが、「・・22」でしたね。運転していた男性の姓名は報道されていませんので、姓名の影響は不明ですが、同乗の女性を”巻き添え”にした訳です。
 こんな大事故を起こし、同乗者に死傷者が出て、後で”後悔”しても、もう生命は戻らない。喜んでいるのは、”死神”だけ!
 私も若い頃は、道路事情・交通量など即座に判断して、”技量の範囲以内”で飛ばしていた頃もありましたが、必ず、自分の”技量”を超えた速度はセーブしていましたよ。私が福井に転勤した43歳ころでしたが、職場の人から冗談で「中年暴走族」と言われていたほど、”機敏な運転”をしていました。でも、急発進・急ブレーキは絶対に避けていました。
 ”飛ばす”と言っても、”理性”の範囲以内でしたから、日本列島を出張や旅行で、かなり運転してきましたが、現在まで45年間(免許取得以来)、対人対物は”ゼロ”なのですよ。
 速度のみの観点から見ますと、右カーブと左カーブで、同じようなスピードを出していたら、右カーブを曲がり切れないときもありますので、必ず、右カーブの時は、速度を落とすなど、20代の運転未熟の若者は、コツを心得ていないから、歩道に乗り上げ、歩行者を撥ねた事故もありましたね。
 地元の県道にも、右カーブを曲がり切れなかったのか、死亡事故多発地点があります。
 ”無茶苦茶な運転”をする若者、運転経験の未熟さやコツも考えず、スピードの快感を味合ったり、同乗者にカッコ良さを見せるために、一生を棒に振って、”初盆”を迎えることになるのです。
 でも、交通事故を未然に防ぐには、先ず、姓名の天格が「2」系列でないこと。そして、車のナンバーは”絶対”に、下2桁が「02・12・22」を避けることですよ。
 不思議でしょう。”陰陽(男女など)”の異質の「2」はパワーが出て良いのですが、同質の「2」系列は、パワーがなく、分離・分裂するので、”事故事件”に遭遇することになるのです。
 「天命数霊術」を理解しておれば、逆に”奇跡的”に生命が助かる事件事故もありましたね。今回の東日本大震災でも、ニュージランド大地震でも、その事例も投稿済ですよ・・・。
 とにかく、このブログを読まれている皆さん、「2」系列の車のナンバーは"死神"を呼び、”真夏の夜の怪談”になるほど怖いので、1日も早く変更された方が、ご家族の生命も”巻き添え”にしなくて済みます。これだけの情報でも、タレントのブログよりも、お得なブログですよ。

必読!盆には先祖は帰って来ない!彼岸である。
[第1356回](小吉)・・・8月13日(小吉)

『 ”盆”なんか、先祖が帰って来る訳がない! しかも、”新暦”の8月13日に・・・? 「盂蘭盆会」は旧暦の7月15なんだよ。まぁ、先祖が”帰宅?”するにしても、春秋の”彼岸”なのだよ。』
と、これは私が言っているのではなく、従兄の真言宗高野山派;山陰霊場11番札所の住職が言っていたのです。
 日本では、夏休みに「ご先祖様が帰ってくる。」として「お盆」の風習がありますね。このときには、先祖の”お墓参り”を口実にして、実家に帰省するのが日本の風習となっています。
 TVで高速道路の渋滞状況を見てください。40〜50kの渋滞もあるとか。
 ノロノロ運転で、疲れ切って帰省するのも良いですが、問題は”お寺参り・墓参り”の帰宅途中での”交通事故死”が意外に多いのですよ。
今までに、一番の大事故は8月12日の「日航機墜落事故」の520人、殆どが”盆の墓参り客”だったのですよ。今日も、名古屋で「墓参り」の母子が、右折に失敗した死傷事故がありました。
 毎年のニュースには、全国で必ず死亡事故が報道されます。これは、神仏も存在せず、先祖の守護もないことを表しています。これも、すべて個人が持つ「運」以外の何物でもないのです。
 「お墓の前で泣かないでください。私はお墓なんかいません・・・♪〜♪」と言うのが、真実なのです。
 それに”迎え火”が13日の夜で、”送り火”が16日の夜? すると、この話が真実と仮定すると、この3日間は、先祖霊はご実家に帰宅?されていますね。でも、皆さんは、この3日間に”お寺参り・墓参り”をしても、そこには「先祖なんか、いませんよ。帰宅して”仏壇”に居るのですからね。」
 それも、従兄の住職が言っていたように、新暦の8月13日に ”先祖が帰宅?”する訳がないので、”仏壇”の位牌に居られるか、どうか?さえ、疑わしいのですよ。
 こんな道理に合わない風習が、日本にはあるのです。
 それに、お盆というのは『盂蘭盆経』というお経が、基になっている”仏教の風習”だと思っている人が多いですね。確かに”お盆”という語源はそうですが、この『盂蘭盆経』というお経自体が、中国で儒教道徳の影響のもと作られた”偽経”(お釈迦の教えではない)であり、「お盆」という風習は、日本古来のアニミズム信仰と混同し成立したもので、お釈迦様とは何の関係もない風習なのです。
 要するに、日本の社寺は、なんだかんだと言って、年間行事を創り、少しでも収入源があるように、「宮参り・七五三・十三参り・厄歳参り・鬼門除け・交通安全祈願・学業合格祈願・・・」など、すべては収入源を目的に捏造されたものです。
 まあ、その効果がなくても、”お寺参り・墓参り”をしたら、”気持ちがスッとすること”は、自分自身の”気”から生じるものです。
 東日本の人たち、本当に”純朴で忍耐強く人柄も良く”、毎年の年頭祈願・彼岸や盆の仕来りを、先祖から遵守してきても、あの大震災・大津波で先祖の墓地は滅茶苦茶!遺骨まで流されたというニュースを見て、本当にお気の毒です。
 ご自分の”気休め”なら良いのですが、「社寺への祈願・墓参り・仏壇参り」は、決して”お願い”するのではなく、”感謝の心”を伝える人ほど、不思議なことに”運気”が良いのですよ。
 私の母は、お寺育ちでも全くの無神仏論者でしたが、「いつも感謝の心と弱者への慈悲を忘れないように・・・」と口癖のように言っていたのも、盆が来るたびに思い出すのです。この”思い”こそが、母親への供養となる訳です。特に魂が居ない”墓参り”をしなくても・・・。でも、今日は”新しい花”を買って来て、先祖への感謝の心で”仏壇”に供えます。
 そして、先祖が面識もない僧侶のお経より、私が「般若心経」を唱えた方が、余程、先祖が喜ぶと思います。
 あなたのご家庭でも、僧侶などに依頼しなくても、ご家族揃ってヘタなお経でもあげた方が、ご先祖はどんなに喜ばれるか、これも忘れずにいてください・・・。 

必読!日航機墜落事故から、人の[寿命]を考える。
[第1355回](大吉)・・・8月12日(大凶)

『 今日、8月12日の日航機墜落事故から、もう26年になるのですね。歳月の流れは早いが、それだけに残る寿命も少なくなる。でも、これも人の”運”で、0歳児から120歳(日本の最長老)までの”不公平な寿命”が存在しています。』
 あの日航機墜落事故の犠牲者520人でも、今回の東日本大震災事故の死亡行方不明者約2万人でも、犠牲者は乳幼児から中高年まで、一体、神仏は人間界の寿命は、何を基準に”不公平”な扱いをしているのか? そればかりは「天命数霊術」でも、寿命年齢を的中することはできませんよ。
  ただ、”病気や事故事件”に遇いやすい姓名だと言うことだけしか、判りませんね。神仏でも判らないのですから・・・。
  でも、とても面白いサイトを発見しました。
 「寿命占い」が2件あるのに、驚きましたよ。「望月岳陽」と「生年月日」を入れ、アンケートに答えると、「あなたの寿命は、◇◇歳です。」と出るのですが、1件のサイトは、私は「85歳」だそうです。
 ところが、もう1件のサイトは、次のように出ましたので、コピーし貼り付けで、皆さんに紹介しましょう。・・・良く読んで、”矛盾?”に気付いてください。いかに、”占い”がいい加減なものか、”笑い”が止まりませんよ。  
『 <寿命占いの結果>
  依頼主:岳陽さん 1938年12月19日生まれ
  岳陽さん、貴方の生存期間は48年3ケ月です。 早く一生の中の素晴らしい思い出を作っておこうと思う年令です。
 あの世では、貴方は「豚」に生まれ変わります。でもあの世では、現世と同じように食肉として、大変おいしい食べ物です。』
どうですか? ”矛盾”が判りましたか? ”寿命占い”で、私の「誕生日」を記入しているのですから、現在「72歳」と判るはずです。それが、私の寿命が「48歳3ヵ月???」とは、面白いですね。じゃ、現在の私は、正に「幽霊」か「亡霊」になりますよ・・・。それに、あの世では「豚」とは、面白いですねぇ〜。”おいしい食べ物?”ということです。
 私は、現在は標準体ですが、子どもの頃から、「山羊」のように痩せていても、「豚」をあこがれたことなんか、ありませんよ。
 要するに、”占い”というのは、「根拠・判断基準」もなく、”口から出まかせ”(ウソのサンパチ;3・8=48歳3ヵ月 )ですから、「矛盾した判断」でも、なんとも思っていないのでしょうね。
 でも、こんな”占い”を信じる人、特に若い女性に多いのです。そんな人に限って、「天命数霊術」のブログを、読解力もなく理解力もないのですよ。こんな女性が母親になり、子どもの名付けも”占い”のサイトを読んで信じ、「読めない・書けない・意味不明」の”流行名”にコダワリ、結局、子どもの寿命を縮めているのですよ・・・。

必読!流行名から、センスを挙げる名づけ。
[第1354回](小凶)・・・8月11日(大吉)

『 新聞に掲載された”流行名”、この呼び名を変えず、センスの良い字体にする検討してみましょう。』

  最近の地元新聞に掲載された”違和感がある流行名”を、語源が良く、龍脈(形)が優れた字体に変更してみますので、皆さんも参考にしてください。
「なぜ?私が変更した字体が良いか?」を、思考しながら読んでください。場合によっては、漢和辞典で確認も必要です。ただし、苗字との関係がありますので、この名前は誰でも適合しない場合もあるのは、当然のことです。
[事 例]
(ゆうな) 「結羽菜」→「結 奈」
(ひろと) 「優 翔」→「宏 都」
(みさき) 「海 咲」→「美咲紀」
(ひろき) 「洋 貴」→「宏 樹」
(ひなこ) 「陽 心」→「陽奈子」
(こうき) 「幌 起」→「孝 紀」
(ほなみ) 「帆 南」→「穂奈美」
(りくと) 「陸 斗」→「理久都」
(ななみ) 「七 海」→「奈々美」
(ゆうせい)「悠聖」 →「有 誠」
(さ な) 「沙 菜」→「咲 奈」
(こうせい)「煌世」 →「晃 誠」
(えりさ) 「江利沙」→「絵里咲」
(はるき) 「陽 希」→「晴 樹」
(あやみ) 「亜矢実」→「綾 美」
(そうや) 「颯 矢」→「惣 哉」
(わかな) 「和 奏」→「和香奈」
(る か) 「琉 夏」→「瑠 香」
(さ な) 「紗 那」→「咲 奈」
 以上、ほんのサンプルですが、”呼び名”そのものに違和感があるのが、最近多いですが、呼び名を固定して、語源の良い字体に変更した場合を例示しました。ただし、「和」の字体は少し”苦労性”のところがありますので、通常は使用しません。
 最近の名付けは、呼び名から考えるので、どうしても”当て字”が多く、その”語意・語源・形”を考えない人が多く、これで画数も弱運ならば、病気・事件事故にも遭遇する可能性が高くなります。
 男女とも、個人名は生涯使用するものですから、わが子の名付けのときぐらい、図書館でも行き、”語意・語源”を確認して命名すべきですよ。

必読!”気”は、「心・技・体」に影響し”運気”を高める。
[第1353回](小吉)・・・8月10日(大凶)

『 皆さん、お”元気”ですか? 連日の酷暑、”弱気”なら”病気”になり、”強気”なら酷暑を乗り切り、健康な”運気”を高めます。たまには、旅行でもして”栄気”を養うと、”やる気”が起こり、”元気”が戻りますよ。』
 この文章の中で、”気”が7つ出てきましたね。”気”とは、われわれ人間の日常生活の中で、46時中、”心の中”にあるものですが、”気”は心から”技”を呼び、”体”を造る「目に見えない不思議なもの」です。
 要するに、”気”は「心・技・体」を形成して行きます。
 「技」は、気功術・合気道・武術などスポーツ関係、絵画・書道・演劇・音楽など芸術芸能関係、勉学のノウハウも、一種の「技」です。
 その「技」から、健康的な「体」に好転し、”気”を重んじる東洋医学に応用するという、誠に「気の効用」は、人の世界に広く行き渡るものです。
「なでしこジャパン」が優勝できたのも、この”気の効用”からです。
仏像が、手をかざしているのは、人間界に”気”を送っていますし、キリストが病人に手をかざして病気を治したのも、”気”を送ったからです。
 人の”愛”も”思いやり”も、全て”気”から生じます。
 この目に見えないパワーを、風水では「理気」と言います。
 そのため、『和”気”吉祥・・・』と、色紙には金文字で記入する訳です。
 ところが、数年前、市民大学で「”気”の効用」という講座を聴いたことがありますが、大学教授の話は、学術的で専門用語が沢山でて、結局、何の話やら、サッパリ理解できなかった思い出があります。
 どうして、大学教授はレベルを下げて、話をしないのか? ”気”を哲学的に捉えると、一般の人には理解できず、それは市民大学レベルではないな・・・、と思ったことがありました。
 数年前から現在まで、私がお届けした「昇運色紙額」について、こんな話を聞いたことがあります。
 嵬爾、額をリビングのサイドボードの上に立て掛けたら、急に部屋が明るくなったような”気持ち”になりました。」と、改名したお母さんの話。
◆屬海良屋から、”気が出ている物”がありますね。」と、盆に仏壇にお経を挙げて頂いた真言宗住職の話。
「この色紙の中心に、手のひらをかざすと、暖かくピリピリと感じられますので、”気”が出ていますね。」という中国整体術師の話。
ぁ屬海寮名の墨書を見ると、”気”を感じますよ。」と、書道家の叔母に言われた奥さんの話。
など、私にとっては嬉しい話を、直接・間接に聞いたことがあります。
 ところで、”気”にもいろいろなパターンがありますが、一口で説明しますと、次のようです。
[元気] ・・・”先天性の精”から、生命活動の”気力と体力”。
[栄気] ・・・”後天性の精”から、生命活動の”気力と体力”。
[衛気] ・・・”後天性の精”から得られる行動的な”陽性の気”。
[正気] ・・・”先天の気”と”後天の気”からなり、正常な判断と活動ができる気。これは”理性”とも言います。
 例えば、「健康的な常識人」は、 銑い備わった人であり、逆に「犯罪者」などは、い痢屐廟亀ぁ鼻瞥性)を失った人」ですね。
 後段の”気”のパターンは、少し難しくなりましたが、この程度の表現なら、ご理解頂けるのでは・・・?
 要するに、今日のブログは、『”運気”を呼ぶ基となるのは、”気”なのです。そのため、”運気”は”気を運ぶ”と書きます。』ということを強調して置きたかったのです。
 ですから、例えば、日常使用しない「旧字体」で判断する説は、”気”が存在しないので、それから”運気”が変化することは有りえないことを証明できます。
「ベストの姓名になったので、これから運気が良くなるぞ!」とか、「この車のナンバーは、大吉数だ!」という”気”を持ち、日常使用して行けば、”無意識”より、数倍の効用があるのですよ・・・。

(お知らせ)
 現在、ネット販売;「アマゾン」で、私の中古本「赤ちゃんの名付け方」(PHP研究所;望月岳陽)が、6冊販売されています。定価1200円が2000円前後です。一時期、1万9千円になった時もあります。もし、ご希望の方は今までに一番安い売値になっていますので、お知らせします。

必読!良縁・離婚も”運”!「あれから40年」の夫婦を目指して。
[第1352回] (小吉)・・・8月9日(大吉)

『 山川は長くして万世なり、人は短くして百年なり。』
  これは、「空海(弘法大師)」の言葉。
 「自然は永遠だが、人生はせいぜい百年である。」という意味です。この裏の意味は、「短い命だから”悔いがない人生”を送って欲しい。」という空海の願いです。
 昨日の8月8日は、家内の69歳目の「誕生日」。
 「若い頃は、良く喧嘩したなあ〜。でも、今はお互いに歳老いたのか、喧嘩する元気が無くなった。”綾小路きみまろ”ではないが、”あれから44年!”、あと6年で”金婚式”だよ。」
と、家内に誕生祝いの電話を入れた。
 多少の”性格の不一致”はあり、喧嘩もしたが、「価値観」が共通していたので、長く続いたのだと思います。
 ところで、最近、まだ幼いお子さんを持った若い奥さんから、「離婚したら、子どもの苗字は、現在のままで良いか、旧姓に戻るのが良いのか、どちらが子どもの運気が良いでしょうか?」という相談がありました。
 当然のように、離婚を前提した相談ですが、事情を聴いてみると、特に耐えられないようなDVでも浮気でもなく、単純な「”口汚く”偉そうに言いいます。頑固で少しも私の意見を取り入れないのです。その都度、心が落ち込みます。」という理由。
 「今どき、貴重な亭主関白ですね。現在では、女性が強く、この逆の主婦が多いのですよ。特に、女性は子どもを生んだとたん、立場が逆転するのが一般です。すぐ、離婚を考えないで、ご主人より”強運の名”をもつことです。それが解決してくれるでしょう。」
と助言したのですよ。
 そのご主人は、「天15・地22・総37 」であり、奥さんは「天18・地16・総34」でした。
「ご主人は、外には”いい顔”し、内で”我を張る内弁慶”ですよ。ご主人に改名を奨められませんから、習い事の雅号にするから、と言って、ベストの名を持ちなさい。」と、4年前に”雅号”を付けてあげたのです。
 すると、どうでしょう。奥さんの天格19が、ご主人の天格15に優り、半年を経過した頃から、次第に”我を張る”回数が減り、それから3年を経過した現在では「お前と結婚して良かった。俺の見る目は確かだった。」と言って、ご主人は会社の有休をとり、ご家族で旅行やアウトドアのキャンプなどで、離婚もせず、ご一家が幸せに過ごされています。
 このように、若いときは、理性も働かず、喧嘩も良くすることもありますが、年齢を重ね、ベストの名を持てば、やがて、「あれから、40年・・・」と言う夫婦になり、「あぁ、喧嘩は疲れるから、もう止めた!」という人生になります。
 空海の教えのように、「人生は、どんなにあがいても、僅か百年で終わりです。悔いのない生涯にしたいですね。」
 そのためには、ベストの名を持ち、病気・事故にも遇わない”運気”を呼ぶことですよ。

必読!事件事故の実例は、天格「2」系列が実に多い。
[第1351回](大吉)・・・8月8日(中吉)

『 例外はあるにせよ、天格「2」系列の”事故事件”は非常に多いこと、その実例を今まで、かなり証明してきました。これは苗字と個人名の1字目同士を加える「天命数霊術」だからこそ、的中することに確信を持ってください。日本中の説では、的中しませんよ。』
[事例 1]
5日夜、東京・中央区で「任意同行」を求められた男性が突然逃げ出し、それを取り押さえた警察官とともに、タクシーにはねられ、男性が死亡、警察官も重傷を負いました。
 この事故で、撥ねられたのは、職業不詳「木村和紀」さん(31)が死亡、25歳の巡査もひざの骨を折る重傷です。
「木村和紀」天格12・地格16・総格28
全て”偶数”で「和」の字体を使用、気の毒なくらい”苦労性”であり、しかも”事故事故”を呼ぶ天格12、そのうえ、「木」の下に”尖った字体”で、続く3文字が左右別れですから、これらの条件が重なると、ある日のこと”事故事件で突然死”する可能性が高いのです。
[事例 2]
7日午後、新潟・糸魚川市の市振海岸の沖合約30mで、長野・塩尻市の丸山千加男さんの次男で、小学3年の「丸山亮太」君(9)が浮いているのが発見されました。亮太君は病院に運ばれたが、可哀想にも間もなく死亡しました。丸山さんは一家6人と海水浴に来ていたそうです。
「丸山亮太」天格12・地格7・総格19
この事例をみても、総格19より、いかに天格12の影響が大きいか、理解できますでしょう。それに「亮」という”足”に関係がある字体は、名前の上に使用するものではないのです。僅か9歳でこの世を去るとは、全く可哀想であり、少子化の日本では、姓名の運気一つで大きな損害です。
[事例 3]
7日午後、埼玉・長瀞町で、川遊びをしていた同県三郷市の会社員「斎藤淳」さん(30)が流されました。斎藤さんは、会社の同僚ら男女8人で午前中から河原でバーベキューをしていたが、男性3人が川に入り、斎藤さん以外の2人は約500m流されたが、斎藤さんのみ犠牲になりました。
「斎藤 淳」天格22・地格18・総格40
  この姓名も、全て”偶数”で天格22では、事故事件に遭遇する可能性が高いのです。この「斎=11画」はニュースで報道された字体で判断していますが、果たしてご本人が日常使用だったのか否か、不明です。もし、「斉=8画」で使用されていたら、「天格19」となり、水死されることはなかったと思います。日常、新字体又は旧字体を使用するかにより、人命にかかわる一つの事例です。
[事例 4](追加)
 同じ7日未明、栃木県の東北自動車道で、乗用車と高速バスの運転手が走行車線に車を止めて口論になっていたところ、トラックがバスに追突し、トラックを運転していた「秋山慎一郎」さん(31)が死亡しました。
「秋山慎一郎」天格22・地格4・補格9・総格35
   総格35が良くても、天格・地格が凶数なら、その影響が大きいのですよ。もし「慎一郎」の”慎”の”りっしんべん”がない「真一郎」なら、天格19となり、追突で死亡することはなかったかも・・・?
★    ★    ★
皆さんのご家族や友人・知人の方の中に、もし天格2系列の方がありましたら、このブログを読まれるよう奨めてください。それでも理解されない方でしたら、”事件事故”に遭遇されても、止むを得ませんね。

必読!ベストの姓名;歌手「平原綾香」と「上原多香子」の”運気と実力”。
[第1350回](小吉)・・・8月7日(小吉)

『 滅多にないベストの姓名。現在の数ある歌手の中でも、「天命数霊術」の5大条件から見ても、ベストの姓名;「平原綾香」の”運気と実力”は素晴らしい。』

 昨晩のNHK番組特集「いのちのうた2011」で、朝ドラの主題歌「おひさま〜大切なあなたへ」を歌った「平原綾香」さん、やはり歌唱力がありますね。
 2004年に「日本有線大賞・新人賞」と「日本レコード大賞・新人賞」を受賞して以来、数々の業績を残し、ついに2009年に「日本レコード大賞」も受賞しています。
最近の歌手、レビューしては消えてなくなる歌手が多い中で、「平原綾香」は安定した人気に支えられ、今後も歌手生活は長く続くと思いますよ。これも「”運気”からくる”実力”」があるからです。
 ベストの姓名を持てば、その”運気”が永続して行くのですよ。
 さて、彼女の姓名は次のとおり、”9”系列のダブり、
「平原綾香」天格19・地格19・総格38
(誕生日1984.5.9)
このパターンは、
「上原多香子」天9・地19・補3・総31
(誕生日1983.1.14)
もありますが、この二人を比較してみましょう。
 画数は類似していますが、「綾」と「多」の”語源”の違いがあり、「綾」の”糸へん”の方が「多」よりも、人気が長く続くことを表しています。また、同じ母音aが続く「ひらはらあやか」と「うえはらたかこ」との違い、同じ7文字中、 前者は母音aが6ヵ所、後者は母音aが4ヵ所で、原則として母音aが多いと、積極性・行動的な性格から、運気は強くなります。
それに、同じ母音aの続き「あや」と「たか」の違い、「あや」の方が「たか」よりも、”女性らしい柔軟な聴覚”になります。しかし、苗字の共通字体の「原」には、適合する「香」を使用していますのは、”語意”がつながり、”運気”を高めています。この点では、タレントの「藤原紀香」も同様ですね。
以上のように、”運気と実力”、特に芸能人に必要な”地格19”の「創造力・表現力」はどちらもありますが、誕生日から来る運気の違いは、この二人は大きく異なりますね。「平原綾香」は”5月9日”、「上原多香子」は”1月14日”、”9”と”14”の違い、ここでも”運気”の違いがでてきますね。
 この二人、非常に良く似た”実力”を持っていますが、やはり同じ天格9系列でも、”人気”の差が微妙に異なってくるのです。
 昨晩の「おひさま〜大切なあなたへ」を聴いているうちに、ふと、この二人の違いを思い出したのですよ。

(お願い)
 姓名判断をご希望の方は、トップページ左覧の上;「★姓名判断・命名・改名の申し込み手続き★」を読まれてから、仝式HP「問い合わせ」覧PCメール(info@gakuyo951.jp)7搬咼瓠璽襦gakuyo951.81@docomo.ne.jp)のいずれかから、お申し込みください。いきなり、姓名判断依頼のメールをしないでください。
なお、メールの「件名」欄の冒頭には、必ず「都道府県名と苗字」を記入してください。他の売り込みメールと”間違って”消去する場合がありますので・・・。

必読!広島被爆と福島原発被害;「原子力平和利用」の意識転換。
[第1349回](中吉)・・・8月6日(小吉)

『 今年も66年目の”被爆の日”がやって来ました。毎年、この日が来ると私が小学1年の頃を思い出します。でも、今年は少し意識は異なるのです。 戦後、日本も「原子力の平和利用」を提唱してきましたが、福島原発の甚大な被害から、やはり”原子力”は一歩誤れば、”人類の破滅”に繋がる怖いものだと、国民の大半は、意識が変化したのでは・・・?』
 日本は、広島・長崎の原爆被害に続いて、福島原発津波被害と、これで3度目の甚大な被害を体験したことになります。
 昨晩のNHK特集「碑(いしぶみ)の彼方へ」を見て、当時、いろいろな立場や環境にあった人々を取材していました。
 広島には、碑(いしぶみ)は400近くあるそうです。その一つ一つに込められた66年前の悲しみと、今も続く祈りがあります。
 被爆しながらも、奇跡的に助かった人の66年間のそれぞれの人生。
 その中でも、県立広島第一高等女学校(名門校)の生徒277人及び職員20人が犠牲になり、生存できたのは、偶々、その日が病気で休んだ生徒数人のみだったそうです。
 この第一高女の犠牲になった生徒の中には、私の遠縁の双従姉1人のみが含まれていますが、広島の県境越えた所に在住する私方一族の中では、広島の貯金局や広島の旧制中学教員を勤めていた親族もいましたが、運良く、帰省中だったので、被爆を避けられたのです。
 昨年の8月6日のブログに記載しましたように、私方一家は、下関の空襲が激しくなったので、6月1日から、広島県境を越えた島根県側の田舎に”縁故疎開”をしており、その日の午後に広島市内に買い物に行く予定だったのですよ。
 もし、原爆投下が午後であったら、私方一家も被爆し、現在の私もこの世に生存していなかったかも知れません。偶々午前中は、本家の墓掃除をして午後にしたので、だれ一人として被爆しなかったのも、”運”だと思います。
 当時、私は小学1年生でしたが、原爆の”閃光”と山々にコダマする”轟音”が、未だに目と耳に焼き付いています。この思い出が、毎年、8月6日が訪れるたびに、当時の光景を思い出します。
 そのNHK報道特集の中では、原爆で亡くなった夫を思い、毎日「原爆死没者慰霊碑」に手を合わせる女性。原爆の記憶を鎮めるため6000体もの仏像を慰霊碑として集め続ける男性。在日韓国朝鮮人やアメリカ兵捕虜の被爆。そして、被差別部落や刑務所受刑者の被爆体験などを放映。
 また、一瞬にして肉親(父母兄)を亡くした男性、その方は当時、私と同じ7歳だったが、奇跡的に家族で1人のみ助かった「田邊雅章」(天18・地29・総47)さん。
 このような被爆でも、今回の大震災・大津波でも、奇跡的に助かったのは、やはり”運”なのです。戦災や災害で生き残るためには”努力”ではどうにもなりませんよ。
このような今年の状況の中で、広島新市長「松井一実」(天9・地12・総21)氏は、「今年の平和宣言は、例年と違ったものになるでしょう。やはり”原子力”の”平和利用”も軌道修正せざるを得ませんね。」と言っています。
『 事件事故・災害を避けるのは、全て不思議な”運”ですよ。そして、私一人を思考しても、”運”で唯一人の”命”があったからこそ、息子・娘が産まれ、子孫が続いて行きます。「天命数霊術」も”運”で開発できた、と思います。世界中の民族、古代から現在まで、”運”で歴史が形成されてきたと言っても、過言ではないでしょう。
・・・”運”で救われた”命”ほど、大切なものはないのです。』
(※ 関連ブログ;[第1309回]11.6.24震災孤児の心の傷)

必読!ブログ内容は、”立体的”に構成すると興味が沸く。
[第1348回](中吉)・・・8月5日(大吉)

『 タレントのブログやツイッター、「朝起きたら・・・ありました。」とか「昼食は・・・を食べました。」、「午後から・・・でロケに出かけます。」なんて書いてあるのが、皆さん、面白くてあなたの”ため”になりますか?』
 こんなブログやツイッター、富士山の”山”ほど読んでも、あなたに何のプラスになりませんよ。
 それに最近のTV番組では、やたらと”難しい漢字”を読ませるクイズ、それに日本語の”謂れ”を解説する某氏、まあ、「娯楽番組」ならそれでも良いでしょうが、それは単に”物知り”に過ぎないのです。
 それでは、日本人は単に「知識」の”知”に終わり、”識”がない人を育てるだけの民族になってしまいます。
ですから、相変わらず「振り込め詐欺・投資詐欺」などに引っかかり、かっての「朝バナナ・納豆」などで、騙された人が多いのです。
 要するに、現象だけを見て、価値判断をするので、TVで放映していること、有名人が主張していること、”皆正しい”と、ツイ騙されるのですよ。
 ですから、政治・外交問題でも”現象”だけを見て、その”裏”を読み取る国民が少ないですね。言い換えれば、「思考力」がない日本人になりつつあります。
 いいですか、「AはBです。」と終わらず、「ですから、BはCなのです。」というブログ・ツイッター・TV番組は本当に少ないですよ。
 小学生の作文のように、最近の若者の”文章力”が落ちていますね。
 文章でも番組でも、「A→B→C→A」となるように”三角形”又は”立体的”に構成して、初めて「作者も読者も」”物を思考する力”が付いてくるのです。
 「紙に”115”と書いて、それをポケットに入れ持ち歩けば、”天下がとれますよ”」と、車のラジオで言っていたドクター・コパ。
 「あぁ、そうなんだ! 有名人のコパの言うことだ、間違いあるまい!」
と、騙される人もいるのでしょうね。
 これと、同じことが姓名判断でも言えるのですよ。
「画数判断は、”旧字体”の五格四運です。それに霊数1を加えます。そして、”9・19”は大凶です。」と、昭和初年、有名な「熊崎健翁」が主張すれば、何も思考することなく、日本中の姓名判断師が承継し、それを何の疑問に思わない国民が溢れていますね。
 サイトを検索して見てください。まぁ、”根拠・判断基準”がなく、吉凶の”結果判断”のみの「熊崎式」を模倣したサイトの多いこと。
 これは、「AはBです。」という作文と同様であり、「Cがない。」説であって、その思考は「立体的ではなく、平面に過ぎない」ということ、これに気付かない人が多いですね。
そこで、今年の文部省の学力テスト(中学・国語)、芥川龍之介「蜘蛛の糸」で、「なぜ?お釈迦さまは、蜘蛛の糸を切ったのですか? 切ったのが正しいのか?或いは、切らなかった方が良かったのか? その理由を書きなさい。」という思考力を試す問題が出たそうです。
 なぜなら、世界的に見ても、日本の生徒は”思考力”がない下位にランクされているからです。
 少なくとも「天命数霊術」を、これから勉強される”認定証”を交付させて頂いた皆さん、物事は全て「立体的・三角形」に思考する力を養ってください。そうすると、真に”理気”が入る「姓名判断・命名・改名」ができるようになります。
 この理念を忘れないで普及し、後世に伝承してください。

(お知らせ)
 今から3年前(平成20年8月1日)以前に、改名で「昇運色紙」を掲示しておられる皆さんの中で、「色紙の”金文字”」が劣化している場合、ご希望により”書き換え”(1万5千円;含む送料)て、新たに”霊符”記載の”理気”を入れ直します。ご希望の方は、メールでお知らせください。 

必読!大事な孫が犠牲になった「0・2」タイプの祖父。
[第1347回](小吉)・・・8月4日(小凶)

『 ”交通事故”にも、いろいろなパターンがあります。”事故事件”に遭遇しやすい「0・2」タイプは、本人はもちろん、周囲の人を”道ずれ”に犠牲になる場合があります。これが”怖い”のです。』
 そして、「0・2」タイプは何歳になっても、”事故事件”に遭遇する可能性は高く、家族をも犠牲する事例(90歳の母が娘と池に落ち水死。80代の夫婦が踏み切り事故で死亡など)がありますので、年齢に関係なく、家族全員がベストの姓名を持つことですね。
 昨日のニュース。「大事な孫の2人が”犠牲”になった祖父の交通事故死!」
 いかに、「0・2」タイプは”怖い”ことか、過去のブログでもイヤになるほど紹介していますね。言い換えれば、「天命数霊術」が的中する可能性が高いと言うことです。
 3日朝、北海道・中富良野の国道で、トラックが対向車線をはみ出し、乗用車に正面衝突しました。乗用車運転の64歳の祖父と、孫で夏休みで遊びにきていた10歳と6歳の女の子が犠牲になりました。
この事故で、被害者となったのは、中富良野町の「細木栄茂」さん(64)と、夏休みで仙台から帰省していた孫の「角田瑠音」ちゃん(10)が死亡。同じく孫で重体だった「細木心晴」ちゃん(6)も午後、亡くなりました。
また、もう1人の孫で6歳の男の子とトラックの運転手は軽傷です。
 トラックの運転手は調べに対し、「居眠りをしていた」と話していて、警察が自動車運転過失致死傷の疑いで事情を聴いています。亡くなった細木さんは、3人の孫と近くの畑に向かう途中だったそうです。
 先日28日の「福井・敦賀の国道での、正面衝突事故死も”0・2”タイプ」で紹介したばかりですね。
 ”正面衝突”に遭遇するとは、余程の運気が弱いのですよ。どんなにご自分は、安全運転をしていても、正面衝突なら”避けられ”ないのですよ。そして、同乗者や家族も”道ずれ”にする可能性がありますから、怖いのです。
私の改名で、毎年のように”車の接触事故”を起こしていた人が、スッカリ事故がなくなった報告を、今までに数件頂いています。私の「改名」一つで、全国の交通事故件数を減少させることができる「ブランド改名術」なのです。
 ”交通事故”も、究極のところ”運”です。私は、免許取得以来、毎日運転し、45年間、対人・対物事故は”ゼロ”と何度も言っていますね。
 模範を示さないと、運気向上させる「命名・改名」の値打ちはありませんよ。
 さて、このニュースの死亡した3人を見ますと、やはり祖父が孫さんを犠牲にしたと考えられます。
祖父「細木栄茂」天格20・地格12・総格32
内孫「細木心晴」天格15・地格16・総格31
外孫「角田瑠音」天格21・地格14・総格35
どうですか、この2人のお孫さん、流行名としては、比較的ベターな名付けであり、本来ならとても運気が良い姓名になっていますが、残念ながら、お祖父さんの「0・2」タイプに、負けてしまったようです。
 もし、「0・2」タイプでなければ、64歳と言えばまだお若い。これから、お孫さんの成長も見守れるし、これからの余生も楽しめますのに、姓名の影響がこれほどあるとは、全国の皆さんも気付いていないのですよ。
 いくら年頭に神社参りをしても、大震災・大津波での2万人の犠牲者。
 先日のブログのように、「0・2」タイプのご主人は、津波で行方不明。残された4人の子どもさんを、これから母親一人で育てる悲劇。
 これらの悲劇も、「改名」一つで人生の運気を好転させることができます。でも、「改名」と言っても、根拠・判断基準がない「熊崎式」では、”事故事件”を避ける力はありませんよ。
 神仏祈願よりも「神亀の図」のパワーが、平成の現在人にも効果があるとは・・・、不思議でしょう?

(特に、「2」という数、なぜ?”事故事件”を呼ぶのか、その根拠を過去のブログで証明([第294回08.4.15])していますので、再認識してください。何事も”根拠・理由”が大事なのです。根拠・理由がなければ、結果判断も間違うのですよ。)

必読!熊崎式;「韓国の”金(キム)”」さん、約1千万人が”大凶”?
[第1346回](小吉)・・・8月2日(大凶)

『 ・・・日本人の苗字「佐藤・鈴木・高橋」さんが多いですが、韓国では「金・李・朴」さんで、国民約4800万人の45%・約2000万人であり、「金(キム)」さんだけでも、約21.5%約1千万人ですよ。・・・この事実から、一体? 何が言えるのか? 考えたことがありますか?』
要するに、韓国では「5人のうち、1人は”金(キム)”さんです。」
  皆さん、「無料姓名判断サイト」で、あなたの姓名判断をして見てください。
 すると、どうでしょう。そんなサイトの公式ホームページでは、「・・・天運(苗字の画数)は、”吉凶の判断”はしません。・・・」と記載していながら、「無料姓名判断」では、あなたの苗字を”吉凶”の判断をしている”矛盾”した説がいかに多いか、驚きますよ。
 それに、1字姓・1字名の場合は、”霊数1”を付ける説が、熊崎式の本流です。この”霊数”に付いては、投稿済[第1019回10.7.19]で”矛盾”を説いてきました。しかし今回は、これに関連するのですが、特に韓国のように僅か285種(日本は12〜3万種)しかない苗字の国では、”苗字の画数判断”と”霊数1”を加えることが、いかに無意味な説であるのか、私が「無料姓名判断」をして見てその矛盾に呆れたのです。
 いいですか、韓国(現在;総人口約4800万人;国勢調査による)の3大姓を参考に記載して見ますと、
 峩癲廖 9,925,949人・21.59%
◆嵳」; 6,794,637人・14.78%
「朴」; 3,895,121人・ 8.47%
( 計;;20,615,707人・44.84%) 
上記のように、「金(キム)」さんが約990万人、約1千万人の”吉凶”を判断して、何の意味があるのですか?
 しかもですよ。1字姓ですから、「霊数1+金8=9」となり、熊崎式では「9=大凶」ですから、韓国の約1千万人が”大凶”であり、そんな馬鹿げた説がどこにありますか? (日本の8画の1字苗字「岡・牧・東・林・・・」さんなど、同姓の人がみんな”大凶”とは・・・?)
 「金」さんは、古代からの名族の家系も多く、今日まで子孫繁栄しているのですよ。例えば、有名な政治家の姓名を見ると、「金大中」(前韓国大統領)、「金泳三」(元韓国大統領)、それに北朝鮮でも「金日成」(元共和国国家主席)→「金正日」→「金日雲」?と、「金」一族は”大凶?”どころか、繁栄していますね。
 あの「金 姸兒」(キム・ヨナ)は、韓国のフィギュアスケート選手(女子シングル)金メダリスト。
 こんな事実から証明すれば、「金」さんの苗字が”大凶”という”実に非常識”な説が、よくも80年間続いてきたものです。
 「熊崎式」には、根拠・判断基準もなく、”矛盾した判断”と”重複した判断”があり、そのうえ、質問を一切封じていますので、本部「五聖閣」と正当な”学説論争”ができないのが残念です。
 私は現在、健康ですが、もう年齢だけは高齢者になり、車には「高齢者マーク」を付けて走っているのですよ。
 今日もスーパーで買い物を済ませて、駐車場に行くと、「あっ、車がない! さては盗難か? でも新車の高級車でもないのに・・・?」
と思いながら、スーパーに隣接した「交番所」に行くと、若いお回りさんが一緒に探してくれました。すると、全く記憶がない位置に駐車しているではありませんか! お回りさん曰く「お年寄りは、そんな記憶違いが良くあるのですよ。」と言われ、年寄り扱いに”嘆く”やら、車が在って、”ホッと”するやら・・・。
  でも、姓名判断の説だけは、認知症になる前に”真実”を伝え、普及して置きたいと、改めて思ったので、今日のブログとしたのですよ。
毛筆を使う「色紙額・霊符」作成も、”脳梗塞”で右手が不自由になったら、もうそれで”お終い”です。ご希望の方は今のうちに・・・。"日本で初めての説";晩年作は、”死”して”骨董価値”が出ますよ・・・。
しかも、「望月岳陽」で無料姓名判断したら、「望月」は15画だから、”大吉”だそうですからね・・・。全国の「望月」さん、喜んでください。こんなバカバカしい説が、日本中に溢れているのです。

必読!人気ゲーム「戦国BASARA(バサラ)」が博物館で?
[第1345回](大吉)・・・8月1日(大吉)

『 いやぁ〜、驚きましたね。普段は”クソ真面目”な「岡山・備前長船刀剣博物館」で、若い女性の”歴女”をターゲットとした特別展"が開催されているニュース。』
 展示物は、人気ゲームシリーズ"「戦国BASARA(バサラ)」に登場する戦国武将ら23人の遺品;武器・武具約50点が展示され、館内でワイドでTVゲームも楽しめるようになっているとのこと。
 正に、夏休みの客寄せ目的ですが、”あっ、と驚く意外性”で、連日、県外からの”歴女”も行列しているそうです。
 私の家から車で25分程度ですから、数回行ったことがありますが、普段はお客は閑散とした静かな博物館です。
 皆さん、日本刀と言えば、「備前長船(おさふね)」が古代から”日本一”の産地。国宝・重文の刀剣、約7割は”長船もの”です。
 その利点を生かして、現在の”歴女”ブームの世界と現実の歴史を重ね合わせることで、刀剣文化に対する若い世代の理解を促進しようと、同博物館がゲームメーカー・カプコンと共催したのです。
 「貴女は、戦国武将で誰のフアンですか?」と、TVリポーターが尋ねると、1人は「伊達政宗です。」と答えたが、もう1人の女性は「”ちか”ちゃんです。」と答えたのに、一瞬、そのリポーターも「えっ?」と驚いていました。”ちか”ちゃんって、誰か判りますか?
 ”歴女”なら、すぐ判るそうです。
 私も驚いたのですが、「長宗我部 元親(もと”ちか”)」の”ちか”ちゃんだそうです。
 こんな女性が、現代女性の代表ではないでしょうが、わが子に、果たして、どんな”名付け”をするのか? チョッと興味がありますね。
 さて、戦国武将の姓名も、過去のブログで個別的には投稿してきましたが、江戸時代以前の武家は、幼名・元服名・名乗り・通称名・号・字・隠居名・生前戒名など、生涯のうち沢山の名を持っていますので、現在に残っている姓名で判断しても、なかなか適切な判断できにくいことは忘れずにいてください。しかも、特に「日常使用頻度」と「旧漢字の画数」の2つに注意して判断することです。
「伊達政宗」天格15地格20総格35
「上杉景勝」天格15地格19総格34
「武田信玄」天格17地格10総格27
「今川義元」天格17地格7総格24
「織田信長」天格27地格13総格40
「浅井長政」天格19地格13総格32
「羽柴秀吉」天格13地格16総格29
「柴田勝家」天格22地格15総格37
「明智光秀」天格14地格19総格33
「徳川家康」天格25地格14総格39
「毛利元就」天格8地格19総格27
「浅野長政」天格19地格20総格39
「福島正則」天格18地格19総格37
「長宗我部 元親」天格12地格24補A7補B11総格54
 ・・・・・など、
 このように、戦国武将の「刀剣博物館」に行っても、姓名判断して、その人柄や才能を事前に把握しておけば、深みが増すと思います。
皆さんの中で、”歴女”でなくても、戦国武将に興味がある方、視野とセンスを高めるため、こんな特別展示も見ておくに越したことはないですよ。
近くには、「備前焼の里(商店街・窯元)」「備前陶芸会館」「国宝・閑谷学校」「ふじ公園」「和気清麻呂神社」や「鵜飼谷温泉」もあり、お勧めの観光スポットです。

(お見舞い)
 このたびの”豪雨”被害の新潟・福島・長野で、「改名」された方、特に被害はありませんでしたでしょうか? お見舞い申し上げます。