Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2011 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!抜群のアイデアマン;JR九州「唐池恒二」社長。
[第1428回](中吉)・・・10月31日(大吉)

『 今、新幹線JR九州は、活気を帯びています。その理由は、抜群のアイデアマン「唐池恒二」社長の功績によるところが多い。そのうえ、運気を呼ぶ”風水”の「理気」を心得ておられるのでは・・・? と思うほど、素晴らしい”行動力・指導力”も見られます。』
 昨日のNHK番組の対談から、改めて”アイデアマン”ぶりを再認識しました。
 JR九州は、今年の3月に新幹線が開通して以来、次々に多角的な新事業が展開されてきました。
 この多角的事業は、.蹇璽ル観光列車の増設 駅チカマンションの建設 1悒咼襪覆桧食店の増設・・・など、次から次へと”アイデア”の連続で、終局目的は”九州への集客力”で活性化し、JR九州の営業成績を急上昇させる狙いがあるようです。
 例えば、社長自ら先頭に立って、人気が高い観光列車「ゆふいんの森」・「あそBOY」など、数路線の企画責任者をされ、それらの観光列車のネーミングまで発案されたそうです。この観光列車も20年以上の古い列車を、レトロ風に内装を木造りにして、”興味をそそる集客力”に重点を置いているとのことです。
  それに、現在一番の”稼ぎ頭”は、駅付近のJR九州の”遊休地”を利用してのマンション建設ですから、用地買収の必要はなく、低コストで建設できる。なにしろ駅のすぐソバですから、すぐに完売になるそうです。
  さらに飲食業は、唐池氏が96年に就任したグループ会社の社長時代に東京赤坂に開業した炭焼創菜料理店「うまや」を大成功させ、その後都内に出店した店も繁盛店という経験から、九州管内でも成功のアイデアを出されているとか・・・。
 このように、独自性を出し、自由に事業できるのは、とても(旧)国鉄時代ではできなかったことで、当時、私が勤めた(旧)行政管理庁の”勧告”により、”行政改革”で民営化になったお蔭ですよ。
 さて、このような事業は、”集客力”で、今後益々”海外の観光客”に力を注ぎたいと言われています。
 『 私は、”気”を満ち溢れさせれば、お客様が沢山集まり、繁盛店になるという信念をもっている。この「うまや」という店も、今手掛けている博多新駅ビルにしても、私がお手伝いしている博多駅周辺の"街づくり"にしても、「”気”とは、宇宙の万物にあるエネルギーの源」であり、我々一人ひとりにも、気が溢れている。気は人間だけでなく、海にも山にも机にも椅子にも、犬にも猫にも満ちている。・・・』
と、唐池社長は言われています。
 それでは、気を満ち溢れさせるにはどうしたらいいのか?
 唐池社長は、「スピードとキレのある”動き”」「明るく元気な”声”」「スキを見せない”緊張感”」「(良い意味での)どん”欲”さ」の4つを挙げて説明しています。端的に言えば「動き・声・緊張感・欲求」だそうです。
 正に、この4つこそが、風水の”理気の流れ”を呼ぶ手法です。
 この中で、皆さんが参考になる「声・緊張感」の2つを紹介しますと、
「声」・・・電話に出るときは「ド」の音でなく「ソ」の音で明るく大きな声で話すこと。ドの音では情熱も誠意も伝わらない。(濁音より清音が良いという意味)
「緊張感」・・・緊張感というのは、お客様にスキをみせない。お客様のことだけを考え、お客様に全ての意識を集中させる。緊張感のない典型的なことは1つがマジックやボールペン。挨拶状や年賀状ばかりではなく、日常の封筒の宛名を、マジックやボールペンで書くのは”手抜き”の代表です。下手でもいいから”筆ペン”で書く。丁寧に書けば誠意が伝わりますとのこと。
(これが、私が命名・改名のとき、候補名はもちろんのこと速達宛名も、必ず”筆ペン”で書き、また命名・改名した方には”筆ペン”で、21回21日書き続けなさいという同趣旨。ボールペンでは、”理気”が入らないからです。)

 以上のように、”優れた指導者”で”実績”を残す唐池社長は、
「唐池 恒二」天格19・地格8・総格27
この姓名は「昇順数」(7→8→9)であり、しかも天格19の中には、「恒」=9画が含まれていますので、”対外的な運気”はベストの方です。 
 どうですか? この唐池社長のアイデアと精神は、風水の”気”を高める「命名・改名」の”センスと精神”に共通することですよ。

必読!全盲の天才少女「佐藤英里」ピアニストの名は読めない。
[第1427回](小吉)・・・10月30日(小吉)

『 素晴らしい天才少女と言われるピアニスト「佐藤英里」ちゃん(10)の姓名を、日本語で読めますか? これが最近の”日本語”を無視した名付けなのです。そのため、TVや新聞には必ず”ふりがな”が付いています。』
 ”即興”で、「作詞・作曲・演奏、そして歌う才能・・・」、しかも”全盲”でこの驚きの能力は、正に”神がかり”と思うほどの驚きですよ。
 「(もし、目が開けば)お母さんの顔や花火を、一度見てみたい!」との願いですが、「”心”に目があるからいいよ。」と言う「英里」ちゃん。
「佐藤英里」天格15・地格25・総格40
この「5」のダブりは、”凝り性”で、地格25は”創造力・表現力”に優れていますが、総格40の「0(ゼロ)」が、「英」という男性の字体を使用することにより、”健康”には恵まれない可能性があります。
 この「英里」ちゃんは”ひらり”と読むのだそうです。「英」を”ひら”と日本語 (名乗り)で読めましたか? 
 お母さんの「佐藤絵美」さん、天格19・地格27・総格46 のとても”賢くて美人”の要素を持って居られる女性ですが、残念なことに”ひらり”の呼び名を先に考え、それから漢字を考えられたので、結局、誰もが読めない”名乗り”となったようです。誰でも”えり”と読みますよ。
 最近の流行名は、ほとんど”呼び名”にコダワリ、あとで漢字を当てはめるので、実に”読めない名”が多く、これからの社会生活では”ふりかな”だらけになるでしょう。
 さて、今月の地方新聞(184人中)から、日本語として”読めない赤ちゃんの名”をピックアップしてみましょう。
「優護」(しゅうご)・・・「優秀」の”秀”を”優”と勘違いか?
「夢那」(ここな)・・・「夢」を”ここ”と読めますか?
「夢空」(ゆあ)・・・・「空」を”あ”と読めますか?
「愛彩」(めいさ)・・・「愛」を”めい”と読めますか?
「彩史」(あやみ)・・・「史」を”み”と読めますか?
「穂津洋」(ほづみ)・・「洋」を”み”と読めますか?
など沢山あり、ここで”当て字”と見られ、”意味不明”の名付けは、
「瑠依香」(るいか)、「佑宇己」(ゆうき)、「晴七華」(はなか)、「美羽星」(みうか)、「乃依」(のい)、「莉亜」(りあ)、「弓奈」(ゆな)・・・・・など、沢山あります。
  このような現状ですから、子どもの名は、現在でも幼稚園・小学校・病院などで、大変な迷惑を掛けているのですよ。 

必読!内向性精神疾患で放火焼死させた「石川昭子」容疑者。
[第1426回](小吉)・・・10月29日(大吉)

『 犯罪の”原因・動機”でも、姓名の”吉凶”から凡その推定が付くのが不思議です。犯罪が姓名に影響しているとは・・・? 犯罪心理学者も司法関係者も気付いていませんね。』
 昔から現在まで、重犯罪者(秋葉原の無差別殺人など)の殆どは、姓名に原因があるのです。
 さて、今年の8月に東京・足立区で発生した放火焼死事件。
 自宅を放火し、夫・長女・義兄の「3人が焼死」し、他の家族3人が重軽傷を負った事件です。
 この事件は、無職「石川昭子」容疑者(27)が足立区・西新井の自宅に放火し、夫の「石川和男」さん(36)や長女の「石川心愛」ちゃん(7)、そして義兄の「石川典宏」さん(42)の3人を焼死させるなどした疑いで逮捕されたものです。
この母親の動機については、「日頃、家族・親族から疎外されていると感じ、家族など周囲の人から注目してもらいたかった。」などと供述をしているそうです。ですから、この動機が真実なら、”殺害の故意”はなく、放火により意外にも”焼死”の結果を招いたのだと、私は推定します。
 他のニュースでは、「殺人・殺害」という用語で報道していますが、”殺害の故意”が証明できない間は、容疑者に配慮して刑法211条の「重過失致死」と表現すべきだと、何度も私は投稿していますね。
 しかし、自宅に放火したことは間違いないようで、刑法第108条の「現住建造物等放火罪」であり、「死刑又は無期若しくは五年以上の懲役」となっています。
 しかし、これも容疑者に「責任能力」が問える場合であり、”精神的疾患”の場合は、非常に難しい裁判になると思います。
 ここで、良く思考してください。
 通常の社会人ですと、「家族から疎外されて、注目を引きたかった。」と、日頃から思っていても、皆さんなら”自宅を放火”しますか?
 普通の家庭では、「亭主元気で、留守がいい!」と、家族から疎外されているご主人も多いでしょうが、いちいち真に受けて、自宅などに放火しませんでしょう。
 そこに、この事件の「石川昭子」容疑者に”精神的な異常性”が見られるのですよ。
「石川昭子」天格14・地格6・総格20
全て”偶数”であり、天格14は”神経質で無愛想”であり、「昭」は9画であっても、その効用がないのは、本来”男性”の字体であり”女性らしさ”に欠ける。そのうえ、総格20が”病的な苦労性”なので、仮に地格が6画であっても、天格14と総格20のため、その長所が出て来ない。
 いいですか、以前にも投稿しましたが、「14+6=20」「12+8=20」になる配列であれば、”知的障害又は精神異常”になる可能性が高いと言いましたね。
 これと、同じ天格14であっても、「14+7=21」「14+13=27」などは、行動的な異常性格「4・7」の”切れ易い”タイプとは異なります。
 したがって、「石川昭子」容疑者は、このような”偶数”の配列から、”陰にコモル”「内向性精神疾患」の可能性が高いので、普通の人では考えられない「自宅に放火」をして、”家族など焼死”する予測も付かない犯罪行為をしたのだと判断することができます。
 どうですか、私は「放火殺人」というニュースをそのまま受け入れないで、「容疑者にも人権がある」という前提で判断して行くから、世の中、弁護士の仕事があるのですよ。何も、法律どおりに適用していたら、弁護士という職業はいらないのです。

必読!口で描く詩画作家「星野富弘」氏の作品に感動!
[第1425回](大吉)・・・10月28日(中吉)

『 芸術芸能は、人の好みや価値観が異なれば、その評価も異なる。しかし、若い頃、事故で頚椎を損傷し、両手足が動かず、”口”で描く詩画作家「星野富弘」氏の作品は、感動するほど素晴らしい。全国での個展には、400万人も訪れたそうです。』
 昨夕のNHK「ゆうどきネットワーク」で紹介されました。
 なんと、”口”で描いたとは、とても思えないほど、”上品で優雅な筆つかい”で、淡い水彩画に”詩”を添えてある。この絵から見れば、「岡本太郎」の絵画など、「芸術は爆発だ!」という”気品がない”作品よりも、遥かに心を癒される。(絵は「星野富弘」を検索して観てください。)
 人には、いろいろな才能があるものですね。五体満足でも私など、書はできるが、絵はからっきしダメなんです。
 さて、紹介されていたのは3〜4点ですが、個展で鑑賞客が立ちすくして、感動の涙を誘うのは代表作「ペンペン草の詩と絵」です。
 この絵は、同氏が9年間の闘病生活の中で、ベッドの中でいつも介護して肩を凝らしていた母親に捧げた作品なのです。(現在も車イスの生活です)
 この絵に書き添えてある”詩”が感動ものです。
『 神様がたった一度だけ
この腕を動かしてくださるとしたら
 母の肩をたたかせてもらおう
 風に揺れる
 ペンペン草の実をみていたら
 そんな日が
 本当にくるような気がした 』

 また、もう一つ感動した詩は、
『 冬があり夏があり 昼と夜があり
晴れた日と雨の日があって
ひとつの花が咲くように
悲しみも 苦しみもあって
私が私になってゆく 』

 同氏は、若きころ、新任の体育科教諭であり、放課後クラブ活動指導中,器械体操をしていて首の骨を折り、手足の自由を失ったのです。
 それからというもの、65歳の現在まで、車イスの生活であり、しかも両手足が動かない生涯だとは、誠にお気の毒です。
 これに比べれば、五体満足で”うつ”や”ストレス障害”などの病は、まだ健康運は恵まれていると思います。
 ですから、「人の健康」とは・・・? どこから健康で、どこから不健康なのか・・・? また、どこから絵や詩の「創造力・表現力」があるのか? ないのか?  この判断は、人により、好みや価値観で異なるので、あの有名な「ピカソ・マチス・ゴッホ・岡本太郎・・・」などの抽象画や印象派が素晴らしいという人もいれば、私などこれらの有名人より、「星野富弘・片岡鶴太郎・・・」などや「中世の宗教画・狩野派土佐派の日本画及び圓山応挙・岡倉天心・後藤純男など」の写実派が、余ほど感動する絵であり、創造力・表現力が優れていると、いつも思っています。
 このように人により価値観が異なり、「判断基準・分類基準」ができないので、「姓名判断は、絶対に”統計”ではない!」のですよ。(「姓名判断は、”統計学”に基づいています」という本やサイトがありますが、不可能なことを言っており、「真っ赤なウソ」と、覚えていてください。)
「星野富弘」天格21・地格16・総格37
一見、この姓名で”事故”に遇い、”詩画”に才能があるとの判断は難しいのですが、”潜在的効用”で判断して見てください。
 天格21では「9・5」系列ではないので、天格の中には、「富」の”事故”を呼ぶ「12画」が含まれており、また、地格16の中には、「弘」の5画と”ひ”の音感が含まれ、”創造力・表現力”が潜在的にあると判断してください。
 この「星野富弘」氏など、生涯「車イス」で、しかも両手足が動かない人から考えると、五体満足に感謝せねばなりませんね。   

必読!日本一”モテル”男と日本一”有名な”姓名判断師?
[第1424回](小吉)・・・10月27日(小吉)

※ 初めにお断りしますが、姓名判断・命名・改名は、世の中の”公益性”があるもので、昔からの「邪馬台国論争」や「天動説と地動説」のように”学説論争”ですから、個人攻撃ではないので、お互いに名誉毀損・信用毀損にならないことを、念のために申し添えます。
『 日本中の「"9・19"が大凶」という説は、もう終わりにせねばなりませんよ。』
 さて、昨日、大型書店で日本一有名と言われる「安◇流;赤ちゃんの名づけ方」(改訂版)を見ますと、ソックリ熊崎式? どこにも独創性がある「安◇流?」という”流”はありませんでしたよ。相変わらず「9・19は凶数」とあり、画数の出し方・旧字体使用など、全く熊崎式でした。
 そこで、いかに間違った判断になるか、帰宅して「安◇流;無料姓名判断」のサイトで、日本一モテル男;「福澤諭吉」でログインして見ましたら、次のようは判断? これが日本一モテル男の判断・・・?
「福澤諭吉」天運31・人運33(大吉)・地運22(凶)・外運20(凶)・総運53(小吉) と判断しており、これで男女老若の誰でもフアンになる「日本一モテル男」の判断とは・・・? 特に人気として大事という外運の判断が”凶”とは呆れますね。
 日本一モテル男ですから、どこかにトップを表す数がないと、的中したとは言えませんね。この間違いは、〇猶燭糧獣如´画数を”日常使用していない”旧字体で判断、この2つに原因があるのです。
 さて、私説はご存知のとおり、
「福澤諭吉」天格29(トップを表す「9」系列 )・地格22(「9」と「1」に挟まれた「2」系列は”必然性”から、長所に働く)・総格51(大吉数)
 このように姓名には、洛書;「後天八卦図(神亀の図)」の「9・5・1」
が2ヵ所あるので、日本一モテル男なんですよ。
 それに、以前にも投稿した”日本初”のノーベル賞「湯川秀樹」博士は、天格19・地核19・総格38 であり、トップを表す「9」系列が2ヵ所!!
 これを熊崎式や日本一有名な安◇流で判断して見ると、「湯」を12画で判断しますから、外運が「28」で人運が「10」の判断? これでは日本初のノーベル賞の日本のトップを表してはいませんよ。
 また、今朝で最終回の韓ドラ時代劇「武康(王)」は、古代朝鮮;百済一の名君でしたが、この「武康(19画)」も、トップを表す”19”なのですよ。それに古代中国の賢人「孔 丘」も”9”であり、古代中国一の軍師「諸葛孔明」も天格19で、トップを表していますね。
それに「皇帝」でも「天皇」でも、或いは「神道」でも「仏教」でも、そして「首相・首席・大統領」も、”トップを表す神聖な数”なのでしたね。
 その他、実証例は、このブログでイヤと言うほど、投稿してきました。
 それでも、テレビ出演で日本一有名な「安◇流・・・」は、それでも「9・19」は”凶数”として説を改めないとは呆れましたよ。
 すでに熊崎式を改めた社寺の名付け、そして一部の熊崎式業者や図書にも、どんな理由か、「19」のみ、”凶→中吉”に昇格した判断する説が出て来ました。
 時代は進歩しているのです。何時までも「”天動説”」でなく、”地動説”」に目覚めないと、古代のような”偉人・賢人・名君”も誕生せず、”病気・事故事件”も一向に改善されませんよ。
 もし、今日のブログに”異論”のある方は、ニックネームではなく、「本名・住所」を記載し、「異論・反論の根拠・判断基準・実証例の3つ」を本文に、PCメールを頂きたいのです。
(私のPCメール;info@gakuyo951.jp )     

必読!”2”系列;タクシーの転落事故を招いた「姓名」と「車」.。
[第1423回](小吉)・・・10月26日(小吉)

『 毎日、全国のどこかで”事件事件”が連続して発生。それも、殆どが「天命数霊術」の「4・7」タイプの加害者、「0・2」タイプの被害者が多いのに、ウンザリするほどですね。』
  それに”事故車”、「車のナンバー」は、下2桁が「02・12・22」が多いですよ。
 さて、1昨日の「品川区のタクシー線路に転落事故」のニュース。
「 東京・品川区西大井の道路から線路上に転落したタクシーとJR横須賀線の車両が接触した事故で、転落した個人タクシーの運転手「栗原 勝司」さん(74)が、昨日未明、病院で死亡されました。
 栗原さんは、肋骨などを折っており、内臓が傷ついた可能性があるという。タクシー乗客の男性(56)は、左腕の骨を折るなど重傷だが、命に別条はないそうです。
 現場の路上にブレーキ痕はなく、栗原さんが運転を誤ったとみて詳しい事故原因を調べているとのこと。
 事故は24日夜に発生。線路上方の区道を走っていたタクシーが、カーブを曲がりきれずフェンスをなぎ倒し、約7.5m下の線路に転落。千葉発横須賀行き普通電車(15両編成)と接触したが、電車の乗客約1500人にけがはなかった。」
とのことです。
 この栗原さんは、特に個人タクシーですから、営業許可条件は厳しく、運転歴は数十年無事故のベテランで、74歳の年齢から見て、それほどスピードを出してはいないと推測されます。それなのにカーブを曲がり切れず、しかも減速のブレーキ痕もないとは・・・? おそらく”脳梗塞・くも膜化・心臓発作”など、いずれかの急病で意識を失ったしか考えられません。
 先だっても、観光バスや通勤バスの運転手が運転中、”急病”で意識を失い、死傷事故が2〜3件ありましたね。
 さて、栗原さんの姓名は、
「栗原 勝司」天格22・地格15・総格37
この配列では、通常の場合「天格22」であっても、「奇数:偶数=2:1」であり、しかも地格に「5」系列があるのですから、事故事件の災難を避ける人もいます。しかし、この天格22は、余りにも条件が良くないですね。
 それは、2つの理由;‥軍22の中に、「勝=12」が含まれている。◆崗 廚痢標豸察匹ら観て”弱運”です。
 そのうえ、このタクシーのナンバーは、下2桁が「12」だったのですよ。 すると、どうでしょう。”姓名”の二つの理由と”車”の「12」から、事故が発生する可能性は、非常に高くなります。
 これが、今回の「タクシー線路に転落した事故」の原因だとは・・・?  司法関係者の誰も気付かないでしょうね。
 「天命数霊術」を勉強して、このブログを読んでいる皆さんだけでしょう。私の説は、”姓名”一つで世の中の”事件事故”も減少させることができるのですよ。これが、日本中の説(対外的運気は、外格「栗+司=15=大吉」)では、サッパリ説明が付かない事故でしたね。

必読!死刑判決;加害者・被害者とも不運、親の名付け。
[第1422回](大凶)・・・10月25日(大吉)

『 親が愛情持って名付けたものがベストなら、この世に”死刑囚”もいなければ、事故事件で”死亡者”も存在しない。この道理を理解していない人が実に多いですよ。』
 さて、今日のニュース。熊本地裁判決(裁判員裁判)で、”死刑”判決。
「熊本市と熊本県宇土(うと)市の民家に押し入って計3人を殺傷、現金を奪ったなどとして強盗殺人罪などに問われた熊本市城南町、無職「田尻賢一」被告(40;当時33)の裁判員裁判で、熊本地裁は25日、求刑通り死刑を言い渡した。
判決によると、田尻被告は04年3月13日、宇土市の医院長宅に侵入、妻の
「中津千鶴子」さん(当時49歳)の頭や顔をスパナで殴るなどして殺害し、現金18万円余りを奪った。また今年2月23日、熊本市の会社役員「右田孝治」さん(72)方で、妻「右田美子」さん(当時65歳)を刺殺し現金約10万円など強奪。更に帰宅した右田さんの胸などを刺し大けがをさせた。
田尻被告は、熊本市の事件後に出頭し、逮捕後、宇土市の事件を供述。弁護側は両事件とも自首の成立を主張したが、検察側は宇土市の事件について、被告が取り調べで供述しており、自首には当たらないと指摘していた。」とのニュース。
 さあ、この事件の関係者4人を観てみましょう。
★加害者「田尻賢一」天格20・地格6・総格26
「罪を憎んで、人を憎まず。」の法哲学の理念が”死刑囚”にもあるのですよ。この「賢一」被告が生まれたとき、両親は「”賢い人”になって欲しい。」と、愛情を持ち、将来の成長を楽しみに、名付けられたと思います。
 しかし、現実は親の希望どうりに行かず、なんと男性には”弱運”の「6」のダブりしかなく、対外的な運気は「0(ゼロ)」なんです。
 同じダブりでも「9」と「5」ならば、天格「0」系列でも、このような重犯罪を犯す運命にはなっていないのですよ。
 このタイプは、「4・7」の”切れ易い”衝動的な犯罪ではなく、「0・6」の”内向性思考”のストレス障害からの犯罪なのです。
 本当に、気の毒な名付けであり、姓名の効用も知らず、死刑判決となったのですよ。
★被害者「中津千鶴子」天格7・地格30・補格3・総格40
この姓名は、天格7の奇数があっても、「9・5・1」が1つもなく、「0」が2ヵ所あり、”凶気”を避ける天格7が生かされない姓名です。
★被害者「右田孝治」天格12・地格13・総格25
この姓名、”事故事件”を呼ぶ「天格12」であり、次の地格が「9」系列ではないため、外部からの”凶気”を避けられない運命にあるのです。
  でも、総格25があり、重症でしたが殺害死を逃れました。
★被害者「右田美子」天格14・地格8・総格22
この姓名は、全て”偶数”であり、「9・5・1」が一つもなく、外的な”凶気”を避けることが出来ず、その結果、総格22から、”事件事故”の殺害死となったのですよ。しかし、天格14(7×2)の中に「美=9」を含んでおり、地格8でしたから、「とてもシッカリした思いやりがある賢い方だった」と判断できます。でも、”凶気”に負けてしまったのは、お気の毒でした。
         ☆     ☆     ☆
 このように、何度も投稿していますが、「親が名付けた姓名は、必ずしもベストではなく、何歳になっても、”事件事故”や”病気”を避けることができない事例もある。」ということ、もうイヤと言うほど解りましたでしょう。  

必読!中年で苦労しながら成功した「小倉智昭」アナウンサー。
[第1421回](大吉)・・・10月24日(小吉)

『 「税金なんかあたりまえ、養育費も、公共料金の支払いも滞納が続いた。」「質屋、古本屋にはお世話になった。」「給料の前借は、当たり前の生活だった。」という苦しかった思い出を語られているのは、フリーアナウンサーとして成功した「小倉智昭」氏。』
 でも、人生の間には、誰しも苦しい時期が大なり小なりありますが、結局、「姓名に”運気”が宿る人は、やがて”成功”します。」というのが、私の持論です。「成功者は、”運”が99%で、”努力”は1%に過ぎない!」との格言は、発明王「エジソン」の言葉でしたね。
 今晩の民放番組「1分間の深イイ話」で、「小倉智昭」氏(64)が出演していました。いつかは姓名の運気が良い同氏を、ブログで採り上げようと思っていたところでした。
 そのイイ話というのは、若い29歳のとき、折角、採用されたテレビ東京を退職して、フリーアナウンサーになったのを、父親に猛反対され、家を飛び出して1人暮らしの生活を始めたが、冒頭のような極貧の生活だったのです。それから約8年、実家には帰らずにいたところ、年末のある日、帰宅して見ると、大きな包みが玄関ドアにブラ下がっていた。そこで開いてみると、父親が糖尿で足が不自由なのに、なんと重い正月用の「おせち」と「缶ビール」が入っており、「正月くらい美味しいものを食べ、ユックリせよ。」と手紙が添えてあったそうです。それから2年後に、亡くなられたとのことです。・・・(”親の愛”は有難いものですね。)
 さて、競馬中継から始まったアナウンサーの業績、現在の「小倉智昭」アナは、司会者やコメンテイターとしても有名であり、ここで詳しく説明は要しないでしょう。
「小倉 智昭(ともあき)」天格15・地格19・総格34
であり、誕生日も1947年5月25日生の”男の成功数”ですね。
言うまでもなく、このような職業は”思考力・表現力”に優れる「地格19」に恵まれ、そのうえ天格15であり”対外的な成功数”をも持っています。
 そのうえ、音感も強音であり、ダブりがない。それに同じ”あき”と発音した字体なら、下に安定感がある「昭」がよく、「明」ではなくて良かったと判断します。 
 ただ、中年に苦労したのは、「智=12画」の字体は比較的”苦労性”であり、「倉・智・昭」の3文字に、”口”が連続しているため、龍脈(形)に違和感があり、時折”口”が災いを呼び、トラブルが発生する可能性が高いのが短所です。それに総格34(=17×2)から、”自己主張”が強いところがタマに出てきます。しかし、普段は地格19であり、しかも「昭=9画」を含んでいますので、とても賢く”思考力・表現力”に長けた方です。
 以上のとおり、同氏の判断は「天命数霊術」で、ほぼ的確にできますでしょう。ですから、赤ちゃんの名付けた姓名が、その人の人生を左右するのですよ。

必読!「三々九度」の由来からも”九”は大吉数である。
[第1420回](大凶)・・・10月23日(小吉)

『 今や秋の結婚シーズン。この儀式の一つ、なぜ「三三九度」をするのでしょうか? 日本文化も古代中国の「最高の神聖なる数”陽の九”」の文化を採り入れてきたのですよ。』
 ご存じ「三三九度」は、婚礼時の固めの盃として、日本の”共食信仰”(飲食を共にし親交を深めること)に基づいて、夫婦および両家の”魂の共有・親睦をはかる目的は常識ですね。特に新しい男女が、同じ酒を飲み交わすことで身内になった意味でもあり、初めに女性が三度、次に男性が三度、最後に女性が三度の合計九度飲む。
 この「”三”重ねの”九”」は、古代中国の陰陽思想に由来する儀式で、”陽の極限数”であり、普段は”皇帝の専属数”が、庶民にも”一生に一度の目出度い席”にも許された”最大吉数”なのです。この”三”重ねの”九”より、更にベストの「”九”重ねの”九”(9×9)」が、”九重(ここのえ)の帝(みかど)”となり、皇帝の代名詞にも「九天・九龍」と、”九”が最高位の意味を持ちます。日本でも天皇・御所の枕言葉が”九重(ここのえ)の・・・”となっています。
 ですから、日本人(日本中の”占い師”も)が”九=く=苦”とゴロ合わせから、”大凶”と判断しているのは、トンデモナイ間違いですよ。 
 この「三三九度」の思想は、日本では公家・武家の”元服”の儀式にも慣習がありましたが、戦国時代の戦線に向かう大将を中心とした武将にも、「三つ重ねの盃」の小・中・大を三回回し、酒のツマミに「三種の前菜」を出したそうです。
 ですから、「三種の前菜」は、一口サイズのもので、細長い皿に三つ盛られており、それには”酒”が主の付き出し程度の物です。
 この”前菜”の風習は、フランス料理・イタリア料理・中華料理・純和風料理のフルコースには付きものですが、その前提に必ず”飲酒”なのです。
 ところが、私が”昼食”に利用するイタリア料理の店、昼間ですから女性客が多く、殆ど車で来ていますから、誰一人として”飲酒”するものはいない。
 それでも、全く”臨機応変の発想”が、店主にはまるでない。
 横30cm・縦18cmもある白い大皿に、一口サイズ(約2〜3cm)の三菜が三つチョコンと、”盛る”というより、”ゴミが点在”しているしか見えない。いや、それよりも、だれも飲酒する客などいないのだから、三口入れたら、ハイそれで終わり、次のスープが来るまで、退屈限りない。
 夕食のコースならマダしも、誰も飲酒しない昼食に、”酒のツマミの三菜”・・・? 何も、「フルコースに”三菜”を出すべし!」という法律がある訳ではない。
 これが万事、何事も状況に応じた”臨機応変の発想”で、女性客にも喜ばれる一品を”アレンジ前菜”として、何か工夫したら如何かと、思うのです。
(まあ、このような小さな発想だけではなく、現在、全国の交差点信号で”液晶”使用のものもありますが、実は40数年前、三菱電機(株)中央研究所長に提案したのは、私ですよ。)
 このように、多くの人は、”ゴロ合わせ”で吉凶判断したり、”発想の転換”で、臨機応変の措置ができない人が実に多いですよ。

必読!発想の転換?「所ジョージ;学校で教えないそこんところ」
[第1419回](大吉)・・・10月21日(大吉)

『 ”発想の転換”で発明・発見があり、世の中は進歩します。これは成功者の格言であり、従来から私の持論です。これは、姓名判断でも同様、常に発想の転換で進歩がなくてならないのですよ。 』
 さて、TVのスイッチを入れると、今日から始まった民放番組『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』という長〜いテーマで、所ジョージ司会でしている途中でした。
 例えば、市販の「串団子」を春巻きの皮に包み、180度の油で揚げる。すると、”2つの違った食感”が味会える、との実演、試食していました。
 食文化の進歩で、1つの味(食感)で満足せず、2つの相異なる味(食感)を組み合わせを求める日本人が多くなりつつあることです。
 例えば、私が好きな市販の「雪見だいふく」などそうですね。外側は”餅”中味は”バニラ・アイス”などは、正に”新発想の商品”!
 私は一日も料理は習っていませんが、工夫すれば、3つ星のレストランよりも美味しい料理が作れますよ。それは、従来の食材にこだわることなく、発想の転換で、新・料理が出来るからです。
 例えば、「カレー・チラシすし・青椒肉絲(チンジャオロース」にしても、従来の食材ではなく、いろいろと工夫してみると、調理師が作ったものより、美味しいものが出来上がります。
また、例えば市販の「ふかひれスープの素」と「ポタージュ・こんスープの素」を混合すると、とても美味しいスープになります。
何度も投稿済ですが、「なぜ?たこ焼きは、”蛸”にコダワルのか、解りませんね。”えび””かに”でも、それに”豚肉”でも良いではありませんか? それに”とろけるチーズ”を入れる。そのうえ、”小麦粉”ではなく、”米粉”に”餅米”をブレンドした粉を使用、それも”炒り米”を粉にすれば、さらに香ばしくなり、日本中どこにもない”かにチーズ焼き”で、商売すれば口コミで広がり”行列ができる店”になること、請け合いですよ。」
というのが、新・発想の例示ですよ。
 さて、姓名判断の説でも、古い伝統があるのが良いのではなく、絶えず工夫して、新しい発想の下で”的中率”をあげ、社会に貢献せねばなりません。この相反する食材から、新しい料理ができるように、私は「昇順数、還元的・顕在的・潜在的効用」などの”秘伝”を開発したのです。
  例えば、昇順数は「7→8→9」であり、相反する食材のように「7」「8」「9」の数の性格は、”それぞれ特徴をもった異質の数”を組み合わせると、”総合的にバランス”がとれた人格者になるパターンを開発した訳です。これに準じる配列は「天9・地7・総6」の組み合わせも、文武両道の才能がある人にもなります。(「9」と「6」に挟まれた「7」は長所が出てきます。例えば、イトーヨーカ堂創業者「伊藤雅俊」氏のように。)
 冒頭の「所さんの番組」から、学校では教えない”発想の転換”に共感を覚えて、今日のブログとしたのです。
 どうですか? 皆さん、このブログは、タレントのブログとは、一味ちがった”食感”があるでしょう・・・。  

必読!宝塚スターでも、優雅なベストの名は少ない。
[第1418回](中吉)・・・10月20日(大凶)

『 「宝塚歌劇団」;日本一”優雅なスター名”があるはずですが、それでも「天命数霊術」から見れば、ベストの名はほとんどないですね。』
 皆さんが、「雅号・ペンネーム」を命名するときの参考に、”今風”の名と思い、現在の「宝塚劇団;研究生」の名簿を掲載してみます。
[2010年(96期研2)]
「乙羽 映見」 「優波  慧」 「蘭舞 ゆう」
「朝月 希和」 「更紗 那知」 「千幸 あき」
「春海 ゆう」 「夢奈 瑠音」 「咲妃 みゆ」
「叶羽  時」 「茜  小夏」 「桜奈 あい」
「蒼矢 朋季」 「颯希 有翔」 「橘   幸」
「妃華ゆきの」 「蒼井 美樹」 「真地 佑果」
「華蓮エミリ」 「凰 いぶき」 「夢華 あみ」
「空波  輝」 「音咲いつき」 「紫藤りゅう」
「綺咲 愛里」 「五條まりな」 「朝水りょう」
「拓斗 れい」 「白鳥ゆりや」 「和希 そら」
「瀬戸花まり」 「秋音  光」 「美桜エリナ」
「花乃まりあ」 「里咲しぐれ」 「夢月 せら」
「貴姿りょう」
[2011年(97期研1 )
「留依 蒔世」 「海乃 美月」 「ひめ乃礼絵」
「綺城ひか理」 「夢人 麻未」 「凰羽みらい」
「朝日奈 蒼」 「姫咲 美礼」 「水沙 瑠流」
「城妃 美伶」 「永久輝せあ」 「蒼瀬 侑季」
「貴遠 すず」 「水香 依千」 「花菱 りず」
「叶 ゆうり」 「碧宮 るか」 「華鳥 礼良」
「蓮 つかさ」 「沙羅アンナ」 「秋奈 るい」
「佳城  葵」 「雛 リリカ」 「桃堂  純」
「水月  牧」 「矢吹 世奈」 「彩月つくし」
「夢 なつき」 「春妃うらら」 「朝霧  真」
「紅羽 真希」 「澤 佳津伎」 「彩葉 玲央」
      ★    ★    ★
 以上は、あくまで参考に掲載したのであって、この中からソックリマネをしてはいけませんよ。どうですか? 「天命数霊術」の5大条件をクリアーしたスター名は、一つもないのですよ。(画数のみ見ても、天格9系列は2人のみです。将来のトップスターが、果たして何人誕生するでしょうか?)
 私が名付ければ、もっと「絵に描けるような優雅なスター名」が出来上がりますよ。それだけに「天命数霊術」を修得すれば、一生の得ですよ。
 私は現在までに、一般の方が対象であり、芸術芸能人では「声優・舞台女優・歌手・グラビアモデル・書道家・画家など」ですが、やがて有名になる日を期待しています。
 要するに「ネーミング・デザイン」ですから、センスを高めることですね。皆さんも、本名を改名することに抵抗があれば、優雅な「雅号・ペンネーム」を名付けて、趣味や習い事で人生を楽しむことですね。
 意外にも、将来、ペンネーム「樋口一葉」(本名;樋口奈津)のように、貴女が紙幣に採用されるかも・・・? 

必読!乳児殺害か?「勝見久美」の”音感”が運気を下げる。
[第1417回](小吉)・・・10月19日(大吉)

『 皆さん、「かつみ くみ」と早口で3回呼んでみてください。3回目には”息が詰まり”何を言っているのか? 明確に聴こえませんね。こんな姓名は、仮に画数・語源・語意などが良くても、”運気”を下げるのですよ。』
 これが「天命数霊術」の「_菴語意8豸鮫げ惨境ノ玉」の5大条件のうち、ぁ媛惨供匹良要条件でしたね。
 この条件に適合していない事例は、投稿済の事例にも沢山ありましたが、ここ2〜3日、重大事件となっている大王製紙の御曹司;100億円の背任容疑の「井川意高(いかわ もとたか)」氏も、画数も弱運のうえ " 音感"も運気を下げる姓名です。過去の代表的な”音感”が良くない事例は、死刑になった「宅間 守(たくま まもる)」でしたね。
 さて、本日のニュースから、 
『 ーわが子をセメント詰めにして遺棄ー
  長崎・対馬市の元保育士「勝見久美(かつみ くみ)」(39)が、生後間もない自分の娘の遺体をセメントで固め、勤務先の保育所に遺棄したとして逮捕されました。勝見容疑者は、娘を出産後、退院したその日に遺体を、バケツに入れ遺棄したとみられています。
 今年5月、福祉関係者から、「去年、子どもを産んだ女性がいるが、子どもの所在がわからない。」との情報を受け、警察が捜査を開始。勝見容疑者は容疑を認めており、警察は18日、供述どおり、保育所内から遺体を発見しました。
「いい人だった。愛嬌もあるし。車で通る時も笑顔で挨拶して」(近所の人)と、普段の評判は良いのに・・・? 』
とのこと。なぜ、でしょうか?
 皆さん、特に結婚して苗字が変更した女性の場合、旧姓では何の問題もなく過ごしたのに、姓(苗字)が変更したとたん、”うつ”になったり、”イライラ”したり、精神状態も変化して来る場合があります。特に、産後には精神的に不安定な状態になりやすいのです。
 引いては、ストレスが増大し、”育児放棄・虐待”に発展することがありますので、姓が変更した女性の皆さん、もう一度、ご自分の姓名を3回早口で呼んで見てください。旧姓とどちらが”強音・明確”に聴こえますでしょうか? 判定基準は、早口で3回呼んで、「息が詰まる・息が抜ける・舌がもつれる」なら、改名の必要があります。これは、風水にいう「脳の”気血”に支障!」があるので、”心療内科系”の病気になりやすいのですよ。
 この事件の女性の姓名は、
「勝見 久美」天格15・地格16・総格31
どうですか? 画数・語源・龍脈などはとても良いので、近所や職場の評判も良かったと思いますが、「かつみ くみ」の聴覚からくる知覚障害から”育児放棄”し、通常では考えられない”セメント詰”でバケツに入れて遺体放棄とは・・・? 正に、異常な行為ですよ。
 私など、愛犬が死んでも、当分ショックでしたし、ペット葬儀屋に依頼して供養し、毎日飲み水や餌さの缶詰を遺骨の前に供えています。
 まして、自分の子どもですよ。犬猫でも鳥獣類でも、自分を犠牲にしてでも、子どもを守るのが母親ですよ。
 しかし、姓名の影響が、人を狂わせる場合があるとは・・・? 不思議でしょう。

必読!TBS60周年記念『南極大陸』(主演;木村拓哉)からの回顧。
[第1416回](小吉)・・・10月18日(中吉)

『 ”南極観測”と言えば、樺太犬「タロ・ジロの奇跡の生還」の話題もありますが、ただ一人の殉職者「福島 紳」隊員の話題もあります。しかし、その父親が「(故)福島四郎」名誉教授(関西大学大学院教授;私の専攻学科恩師)だったことに、当時は気付かなかったのですよ。 』
 皆さん、毎週日曜に始まったTBS60周年記念『南極大陸』(主演;木村拓哉)を鑑賞してください。
 戦後も10年経過した日本、まだ世界から「日本は敗戦国であり、三等国の評価の時代。日本の威信に掛けて、南極に”日の丸”を立てたいと言うのが、当時の小学生の募金から始まった日本全国民の願いであった。」のです。
 そうした中で、昭和35年の第4次南極観測越冬隊の「福島 紳」隊員(オーロラ研究担当;京大大学院助手)が、ただ一人の殉職者となった話題もあります。
「南極:昭和基地」のオングル島には、福島隊員の殉死を悼んで「福島ケルン」と呼ばれる石塚があり、毎年命日の10月17日に現地では供養されているそうです。
 しかし、遭難は昭和35年であり、遺体が発見されたのは、なんと8年後の昭和43年です。
 さて、当時の日本は「先進国の仲間入りに、日本も”南極観測”!」と騒がれていた中で、私は法律の勉強ばかりで、世間のことが全く無知だったのを、今から考えると恥じ入るばかりだったのですよ。
 「先生、新年おめでとうございます。」と、福島教授の家族法・相続法専攻(大学院修士課程では、院生2人のみ)の同期生「伊藤」君と二人で、京都・左京区のご自宅を”新年の挨拶”に訪問したことがあります。
 実は、その当時では、ご子息の「福島 紳」氏(30)が南極で行方不明で遺体が発見されていない”喪中”であったのですから、”新年挨拶”で「おめでとうございます。」は非常識であったと、今から思うと汗顔の至りです。それでも、教授は笑顔で迎えて頂き、しかも手土産に持参した「日本酒」に対して、「君たちは、まだ学生で親掛かりなのだから、手ぶらで何時でも訪ねて来てくれたらいいのだよ。将来、君たちが成功した暁には、ドッサリとお土産を期待しているよ・・・ワッハッハ!」と言われたお声が、今でも耳に付いています。
 当時、ご子息が南極で行方不明ということは、テレビや新聞紙上で日本中の話題でしたが、何んとその父親が、恩師の福島教授だったとは知らなかったのですよ。本当に、世の中のこと知らずに、勉強ばかりしていたことを反省しています。ご遺体が発見された当時でも、私は行政管理庁に任官して、仕事を覚えるのに夢中でしたから、”葬儀”があったことも気付かなかったのです。
 正に、若い頃の未熟さは誰しもあることですが、それ以来、「世の中の広い”知識と経験”が必要だ!」と思い、現在まで、その精神を教えられたのは、今は亡き教授の無言の”笑顔”だったかも知れません。
その精神から、特に「姓名判断・命名・改名」では、人の人生を左右するものですから、なおさら世の中の”広い知識と経験”が必要なのです。
 TBS番組『南極大陸』を観て、ふと、当時の思い出が甦ったのです。

必読!父娘とも”運”がない「5歳女児の交通事故死」
[第1415回](大吉)・・・10月16日(小吉)

『 「"幼児"を車から、一人で降ろしてはいけない!」と、何度も投稿しましたね。また、親の不注意から”5歳女児”が犠牲になりました。しかも、”飛び出し事故”ですから、他の通過車両の運転手が”予期せぬ加害者”となり、他人にも”多大な迷惑”をかけるのですよ。まあ、このような不幸な事故が発生するのも、究極は”父娘の運命”かも・・・?』
  今日も、ニュースで報道された範囲内で、あくまで、「このような姓名を名付けないように・・・」という”公益性”の目的という趣旨で、ブログに投稿しており、単なる興味本位からではないことを、ご理解頂きたい。
[ニュース]
 『 昨日午後2時ごろ、さいたま市の市道で、道路を横断していた同市の会社員「森田浩一」さん(42)の長女「森田佳那子」ちゃん(5)が、乗用車にはねられた。佳那子ちゃんは胸を強く打ち、搬送先の病院で死亡した。
 現場は片側1車線で、森田さんが道路左側に止めた乗用車から、佳那子ちゃんが降り、"1人"で車の前を通って道路を横断。森田さんの車を追い抜こうとした別の乗用車にはねられた。
乗用車を運転していた同市の会社役員の男性(47)は「子供は見えなかった」と話しており、同署が「自動車運転過失致死」の疑いで調べている。』
とのことです。
 今までにも、幼児を先に降ろして、車庫入れのバックで轢き、死亡させた母親などがありましたが、今回は道路を横断のため、飛び出して通過車両に轢かれた事故であり、”親の不注意が、第三者”にも迷惑になるという点を喚起したいのです。「絶対に、幼児一人で車から降ろしてはいけませんよ!」と、強調しておきます。この状況では、父親が「業務上過失致死」になり、通過車両の運転手が”不可抗力”が証明されれば、上記の「自動車運転過失致死」にならず、”無罪”という判例も過去にもありましたよ。
 さて、国民の皆さんが、”事故事件”にも遭遇しない”ベストの姓名”を持てば、日本中の交通事故死はかなり減少し、被害者・遺族・加害者の不幸を避けることができるのです。
父親「森田浩一」天格22・地格6・総格28
長女「森田佳那子」天格20・地格12・補格3・総格35
どうですか、父娘の配列を見てください。天格が「22と20」で、次の地格が「6と12」では、全て”偶数”であり、対外的な運気が弱運の”事件事故”を呼ぶのです。これを、さらに深く”潜在的判断”でみても「浩=10」と「佳=8」の”偶数”を含んでおり、”事故事件”の可能性は”高く”なります。このように、佳那子ちゃんの総格が「35」という大吉数でも、「天命数霊術」が総格よりも天格・地格の配列が大事!と言うことが良く解りますでしょう。これが、日本中の説と異なる点です。

必読!不思議?「アップル」も「サムスン」も”9画”!?
[第1414回](小凶)・・・10月15日(大吉)

『 情報技術の進歩は”驚き”ですね。携帯電話でも機能を使いこなさない私は、「アイ・パッド」とか「アイ・フオーン」など、何のことやら・・・? サッパリ私には解りません。こんな新技術の扱いには、若い人の方が優れた能力に感心します。それにしても「アップル」社や「サムスン」電子の会社は、今後”天文学的”成長を遂げるでしょうね。』
 不思議なのですよ。日本語というのは・・・?
 外国語を、日本語に置き換えて、”9”画になれば、一部投稿済のように「会社名でも商品名でも」”トップ”になる可能性が非常に高いのですよ。 それに、もう一つ条件があります。それは、カタカナで「3〜5」文字の”短い”会社名・商品名が、”口コミ”がしやすく成功の可能性があります。
「 このレストランの店名、何度聞いても覚えられない。折角、知人に”口コミ”で宣伝しようと思っても、いつも”はて?何だったけ?”・・・」
  日頃、私が外食するレストランの2店舗とも、イタリア語なのか、フランス語なのか、とにかく”10文字前後”で覚えにくい・言いにくい。
 こんな店名では、発展しようがない。
 不思議だと思いませんか? トップを表す「キング=9」「クラウン=9」「ロイヤル=9」や百獣の王「ライオン=9」なども、すべて”9画”です。・・・!?
 ついでに、投稿済の「キリスト=9」「ヤウエー=9」「リンカーン=9」「オバマ=9」「イチロー=9」などの人名も、”9画”がトップを表している。
 会社名でも、最近成長が目覚しい「ユニクロ」も”9画”ですね。世界一の売り上げ企業は、石油業の「エクソン(モービル)」も”9画”ですし、コピー機の「エプソン」も”9画”で業績を上げています。
 さて、驚異的な成長の「アップル=9」も「サムスン=9」も、日本語表示で”トップ”を表す”9画”とは・・・不思議でしょう。
 しかし、これは不思議でもなく、当然のことかも知れません。
 古代中国「神亀の図」の亀の”首=9”が、”トップ”を表し、「首相=9/9・首席=19・大統領=29」など、”9”が関連しているからでしたね。
 とにかく、会社名でも商品名でも、短い方が良く「イオン・ソニー・トヨタ・ホンダ・・・=3文字」であり、「3〜5文字」の範囲内が成功する可能性が高く、比較的長い文字は、相当の宣伝費を投資した「セブンイレブン=7文字15画」ぐらいのものですよ。
 要するに、何度も投稿していますように、『”9”こそ”最大吉数”!』ということを、「アップル」「サムスン」の成長で、再認識されましたでしょう。ですから、みなさんの姓名、対外的な運気を表す「天格」を”9”系列にしなさい、ということ、”耳にタコ”ができたでしょう。
でも、最近の新刊本で、根拠・理由もなく「9」=”凶”と判断していますが、「19」=”中吉”という説が出てきましたよ。もう、私説から「19」が”大凶”という判断に耐えられなく、”中吉”という面白い説がありますよ。本屋で確認して見てください。
(追 記)
 昨日のコメントに「望月岳陽こそ、読みにくい。」とありましたが、雅号やペンネームは、”音読み”で良いのです。「樋口一葉(いちよう)」「夏目漱石(そうせき)」「森 鴎外(おうがい)」「島崎藤村(とうそん)」「北原白秋(はくしゅう)」「松本清張(せいちょう)」など、雅号・ペンネームは”音読み”が常識だったのです。”音読み”なら「がくよう」と小学生でも読めるでしょう。
 ただし、現代の作家「村上春樹(はるき)」「内田康夫(やすお)」など”訓読み”が自然なものもあります。 

必読!幼児の”男女区別”を取り違えた失敗談2件!?
[第1413回](小吉)・・・10月14日(小凶)

『 最近は、”姿”でも”名前”でも、男女の区別が付かない幼児がいます。 そのため、失敗した事例を2件紹介します。』
(その1)
夕方の散歩、私の愛犬が死んでから、一人でウオーキングをしています。その途中、近所の公園のベンチで休憩をとり、持参した1口サイズの「クロレラ」(ヤクルトと同じ)で、ノドを潤し一服します。 その日は、たまたま店に買い物があり、長距離になるので、2本を持っていたのです。
 公園に行くと、犬友達の奥さん方が3人、それぞれの愛犬を自慢しあっていました。そのうちの1人の奥さんが連れた3〜4歳くらいの女児?が、ベンチから少し離れたスベリ台で一人で遊んでいました。
「”ゆー”ちゃん、こっちへおいで〜!」と母親が呼んでいる。
 近くに来た女児?は、ミッキーがプリントされた白シャツで半パン、それに髪はオカッパ? それにとても可愛い顔した女の子?
 「お嬢ちゃん、ノドが乾いたでしょう。これを飲みなさい。」と、クロレラを1つあげたたら、その奥さん「まあ、有難うございます。・・・でも、女の子ではなく、”男の子”なんですよ・・・。どなたからでも、そう言われます。」とのこと。
 当たり前ですよ。誰が見ても、外見は”女の子”! それに、最初「”ゆー”ちゃん」と呼ぶと、なおさら男女の区別が不明?
 名前を聴くと「佑那(ゆうな)」で、名も男女の区別がしにくい流行名!
 「最初は、女の子が良かったので、こんな姿にしています・・・」とのことで、全く親のエゴで、呆れましたよ。
(その2)
「 ・・・すみません。改名の候補名を速達で受け取りましたが、実は”女の子”なんですよ。」との携帯に受信。「えっ、坊ちゃんではないのですか!?」と返信。驚きましたねぇ〜。長年、命名・改名をしていますが、命名・改名で男女の区別は、一度も間違ったことはなかったのです。
 その原因は、通常では「長男・次男・・・」とメールに記載してあるのが一般ですが、最近は「第1子・第2子・・・」との表現で記載される習慣になったようで、「第1子・茂樹(しげき)、第2子・優希(ゆうき)」とあり、通常「第1子の男児なら、”◇太郎””◇一郎”も候補名にもすることがありますので、長男の有無を確認するのですが、第2子の男児ならその必要がなく、語尾が”き”なので、テッキリ第2子も男の子だと思い、私の確認不足だったのです。(この件は、依頼者のご了解を得て、投稿しています。)
    ★    ★    ★
 昔から現在までの名前でも、「薫・芳美・好美・美樹・・・」など、男女どちらも実在名でしたが、最近も男女の区別が付かない「希(のぞみ)・空(そら・たかし・くう)・海(かい・ひろし・マリン)・摩耶(まや)・優那(ゆうな)・美希(男・よしき、女・みね)・・・」などがあり、漢字を見ただけでは、男女の区別が付かない名も増えてきましたよ。
(お知らせ) 
 9月9日から、携帯メールは「gakuyo951.99@docomo.ne.jp」に変更しています。(従来の「81」→「99」に変更)
 最近、ご自分で考えられた候補名の良否の相談がありますが、ベストではない名が多く、その返信をする「良否判断の理由」も記載しますので、かなり時間も要し長文になります。長文ですから、できればパソコンが有難いのですが、携帯は文字数も限られますので、最終的に2〜3候補に絞られてから、ご相談ください。他の姓名判断師でも、良否判断は5千円〜1万円でしていますが、私も返信に時間を要しますので、予め5千円を振り込んでください。正式に命名・改名依頼に移行した時は、それを差し引いた費用にいたします。 

必読!校庭で放火!「7」系列は、81歳でも”切れ易い”
[第1412回](大凶)・・・10月13日(小吉)

『 若い頃、”頑固で切れ易い”人でも、「歳をとれば、”丸く”なる」のが普通の人です。でも、「4・7」タイプの人は、”亡くなる”まで性格は治癒しない。この実例が、校庭の”声がうるさい!”と、ネットに放火した81歳の女性。その他、"死因は謎?であるが、"妻の死体遺棄した53歳の男性の事件の2事例を紹介。』
 今までのブログ;”切れ易い実例”(秋葉原の無差別殺人・世田谷の妹バラバラ殺害など)を沢山紹介してきましたので、もう”勘弁して・・!”と言われるくらい実証例を投稿しましたね。
 でも、81歳の高齢でも、”切れ易い性格”が”丸く”ならない事件を紹介しましょう。
[事 例1]
『 1昨日のこと、大阪・住吉区の私立大阪学芸高校から、「女が油のような液体を、グラウンドでまいて”火”を付けた」と110番通報がありました。ハンドボール用ネット(約0.9平方m)などが燃えており、住吉署員が、校舎内で女を器物損壊と建造物侵入の疑いで、「吉田レイ」(81)を緊急逮捕しました。
  当時は昼休み中で、グラウンドには生徒約100人がいたが、けが人はない。同署によると、「ボール遊びの声がうるさく、腹が立ってやった」と容疑を認めている。』という。
 さて、学校に隣接した住宅地では、通常、校庭からの”声”がうるさくても、普通の人だったら我慢し、”火”を点けることなどしませんよ。
 次のように、普通の人より3〜4倍”切れ易い”ので、81歳の高齢になっても性格は、治癒しないのですよ。
「吉田レイ」天格7・地格7・総格14 
典型的な「4・7」タイプ。そのうえ、天格7の中に「1」(行動力)が含まれ、地格7の中には「2」(気ままな性格)を含んでいます。さらに総格14の「14=7×2」ですから「7」だらけ。この性格でしたら、普段でも周囲の人が”付き合いにくい人”だと思っていたでしょうね。

[事 例2]
 『 横浜市の畑で、49歳の女性が死亡しているのが見つかった事件で、警察は女性の夫;JA横浜の金融部部長「加藤雄次」容疑者(53)を死体遺棄の容疑で逮捕しました。
 加藤容疑者は10日、妻;「加藤和子」さん(49)の告別式の喪主を務めたあと、夜になって出頭し「妻の遺体を捨てました」と話したということです。
調べに対し、「妻はマンションで頭を打って死亡した」などと供述していますが、警察は、和子さんが死亡した経緯についても詳しく調べる方針です。そして、去る7日には「退職届け」を郵送していたそうです。』
 どうですか、JA横浜の金融部長であり、しかも定年を数年後に控え、53歳という分別盛りでも、姓名の”凶気”に負けて失業してしまうのですよ。
「加藤雄次」天格17・地格24・総格41
 この姓名も「4・7」タイプで、本来は”頑固で、切れ易い”性格ですが、近所や職場の評判も良く、夫婦仲も良かったそうです。現在、判明していることは、死体遺棄罪のみですが、果たして、故意があった”殺害?”なのか、暴行の意思のみの”傷害致死?”なのか、現在のところ死因が謎です。
 どこかに打ち付けて、頭蓋骨内出血までは事実ですから、普段は仲が良くても、”突発的な喧嘩”で突き飛ばして、壁や家具に頭を打ち死亡したとも推測されます。それに驚き”死体”を遺棄したのでは? と思います。ですから、この状況なら”殺害”ではなく、”傷害致死”になります。
 いずれにしても、本来の原則的な判断しますと、普段は”紳士”でも、何かあると、突然の潜在的な”切れ易い”性格が表に出てきます。
 この姓名は、一般的な判断では、天格17でも、「雄=12」を含んでいますので、”気まま”な性格も潜在的にあり、しかも総格「41」は「織田信長」のようなワンマン的な性格と才能があります。しかし、地格24から機嫌が良い時は、家庭でも職場でも”優しい言葉”も掛けていたと思います。
 しかし、この姓名はベストの名ではなく、ある日”突然”に凶気がやって来る避けるべき姓名です。
     ★    ★    ★
 世の中の”事件事故”は、加害者が「4・7」タイプ、被害者が「0・2」タイプが多いこと、司法関係者も犯罪心理学者も「姓名からの影響なんて・・・、そんなバカなことがあるか!」と無視するでしょうが、改名一つで世の中の”事件事故”も減少し、警察業務もヒマになるのですよ。
 正に、「知らぬが”仏”かな?」ですねぇ〜。

必読!カナダ在住の方から、ご理解ある嬉しいメール。
[第1411回](大吉)・・・10月12日(大凶)

 昨日、久しぶりに海外在住(カナダ)の方から、嬉しい便り(メール)を頂きました。ご本人の了解を得ましたので、皆さんにもご参考に掲載させて頂きます。(今までに、フランス・イギリス・インドネシアなどのメールは投稿済)
[原文どおり;1通目]
『 私はカナダで暮らしております。妻も日本人です。
一年前、何を基準にして命名すべきか、迷っていました。
『姓名判断』『命名に関する書物』いろいろあるのは知ってましたが、一貫して『筋の通った』ものを感じず、かえってそれが日本を離れていて良かったのかもしれません。
インターネット上でも数多く出回っています。ですが、嘘のように思われても仕方ありませんが、先生のブログを拝見して『ピン!』と来たのです、私が求めていた『学術的な裏づけ』があり、読み進めていくうち信用に変わり大事な命名に参考にさせていただきました。
 この度メールをさせていただくに至ったのは、最初から『読み返し」(2回目)をしているうちに、コメントの少なさに嘆いておられる先生に、少しでも応援メッセージができたら・・・と思ったからです。
・・・(中 略)・・・
 「9・5・1」という数字、どこにいても気にするようになりました。
人の名前を、画数調べていたりもしています。。面白いですね、本当に。。
 普段は仕事で忙しい毎日ですが、興味深くこれからも読ませていただこうと思っています。
 ありがとうございました。どうか、先生ご自愛ください。』
[原文どおり;2通目]
『 ・・・ご紹介されていますわけのわからない『呼び名、当て字』には、今後誰もが頭を悩ませていく事でしょう・・・。
 藤原紀香さんのご説明には、ほんとに感動させられました。
 私はわが子に『名の由来』を自信を持って説明できます。
 先生のブログに出合えて本当に良かったです。(ちなみに先生の言われる『昇順数』なんです)
 先駆者に何かと風当たりが強いのは、仕方のないことなのかもしれません。きっとお弟子さん方には、先生は立派な『盾』となっていることでしょう。。
 漢字や数霊の不思議、興味深くこれからも読ませていただき、見識を広めたいと思っております。』
      ★    ★    ★
 どうですか、昨日のブログのように、中傷する人もいれば、このように遥か彼方のカナダからでも、エールを送って頂く方もおられ、正に、この世は様々ですね。それに、一般に男性は「(従来の熊崎式に呆れ)姓名判断なんか信じられるか!」と言われるご主人が多い中で、私の説に一旦ご理解を頂くと、非常に熱心なフアンになって頂いている男性も全国に多いのです。
 その中には、大学教授・准教授からのメールやコメントも頂いたこともあり、私の説は、”文系の科学”として、県教育委員会・商工会議所などからも認められ、東京・埼玉・大阪・神戸・岡山県下市町村でも講演をしてきました。
 それに、今まで「目からウロコが落ちました!」と、同様な表現で、全国の方々からも沢山メールを頂きました。
 皆さんの中で、ご主人が命名・改名に理解がない方がおられましたら、ぜひ、1400回のブログを読んで頂いてください。
 このカナダの方は、2回通して読まれましたから、2800回で約3ヵ月以上の期間を要したのでは・・・?と思います。
 ご家族の”人生を好転”させるのはもちろん、引いては日本人の”病気・事故事件”も減少させるだけの効用があり、”偉人・賢人”を育て、日本の繁栄に寄与します。やがて日本が発展すれば、世界の国々に貢献することもできるのですよ・・・。

必読!中傷サイト;「”皮”を啄ばみて、”果肉”の美味を知らず」
[第1410回](大凶)・・・10月11日(大吉)

『 野生の小鳥は、果実の”皮”のみ啄ばみて、”果肉”の美味を知らず。』
という格言があります。
 私への中傷サイト(2チャンネルを含む)は、「天命数霊術」の”果肉”の是否を根拠を持って批判せず、”皮”の外面的なことばかり批判したサイトを、ご苦労にも登載しています。
 私のことを「爺さんが・・・」とか「詐欺師だ・・・」とか、”刑法・刑事訴訟法”や”故意・過失の概念”の知識もなく、軽はずみに「詐欺師」の表現をしています。いいですか、ブログ1400回の全体を読めば、詐欺など軽はずみに表現できず、それこそ刑事及び民事法の「信用毀損・名誉毀損」になり、中傷サイトの投稿者に対しては、不法行為として、民法709条の「損害賠償」を請求できます。
 なぜなら、「詐欺罪」というのは”過失”は詐欺にならず、”故意”を中傷者が立証しなければ成立しないのです。
しかし「神世界」の幹部が詐欺で逮捕された事件は、”霊感商法”であり、例えば「力」と一字墨書しただけで、40万円というのは、”社会通念上”、故意を立証しなくても”詐欺罪”になる場合があります。
また、根拠・判断基準もなく、タレントを思い付きで改名した「細木数子」の改名料が100万円というのは、故意がなくても”社会通念上”の詐欺容疑になる可能性があります。
 この”社会通念上”というのは”常識”という基準であり、裁判上の判決理由でも良く使用されます。
 みなさん、日本初「天命数霊術」の私説は、”騙そう”という”故意”がある「詐欺行為」と証明できますか? それに私説は「著作権」がある知的財産権を持っているのですから、熊崎式をマネした説と、相場が異なるのは当然のことなのです。
 「もし、私説の”内容”(例えば、「9」こそ大吉数!)に異論があれば、根拠・理由を持って、いつでも”名乗り”を挙げて、メールなり、コメントなりをください。」
と言ってきましたね。
それが、卑怯にもニックネームで、根拠のない”詐欺”という用語を軽はずみに使用し、それがため、個人情報を公表している私を信じないで、その中傷サイトの方を信じておられる人もおられるとしたら、これは私が被害者であり「信用毀損・名誉毀損」の損害賠償請求ができるのです。
 そのうえ、私のブログにコメントする人を、推測で詮索したり、誠に非常識極まるサイトがあります。こんな中傷を恐れず、負けることなく、積極的にコメントしてください。 
 みなさんの大多数は、「理解力がある賢い方」と思いますので、”名乗り”もせず、ニックネームで投稿している”卑怯な中傷サイト(2チャンネルを含む)を信じる方はおられない・・・と思いますが・・・。
 私は、今まで、こんなレベルが低い「野生の小鳥が”皮”ばかり啄ばんで、”果肉”の美味を知らない」中傷サイトを読めば、”気分が悪く”なるだけですので、全く読まず”無視”して来ました。
 まあ、このようなレベルが低い中傷をするのを、”生き甲斐?”にしている”若者?”は、”若気の至り”ということも理解できます。
 私だって、20歳ごろには、世間知らずで、法律を学んでも経験がないことばかりでも、法律論を戦わし、”偉そうなこと”も言っていたような思い出もあります。
 そして、今から考えると”若いころ”は未熟なことが多く、行政監察局に新卒任官した頃、調査に行っても、「何が問題点なのか?どうすれば改善点がでるのか?行政改革とは一体何なのか?」が、殆ど理解できず、先輩の指導でどうにか修得した懐かしい思い出もあります。
 したがって、私の説を根拠もなく「詐欺だ!」なんて中傷する若い人も、”若い未熟さ”がゆえ、と思っています。
 「あなたは、どこの国ですか?」と、外国旅行しても胸を張って「日本人です。」と答えられるのは、現在の70歳以上の高齢者のお蔭なのですよ。
 戦争体験や戦後の混乱期・成長期の貢献もしていない若者が、自分一人が偉そうに「高齢者を侮辱する表現」は、厳に慎まないと人格を疑われます。
 それを「爺さん・・・」という言い方は、自分の”未熟さ”と”品位のなさ”を公表しているようなものです。それに中傷するなら、ニックネームではなく、堂々と”実名”の”名乗り”を挙げてからしてください。
 このように、みなさんも法律用語を使用するときは、「殺人・殺害」と「致死」などの区別と、「故意・過失」の区別ぐらいを知らないと、名誉毀損などにもなることがあり、社会人として常識の範囲内だと思っています。
 そのためにも、時々、事件のニュースを切っ掛けに、法律用語も解りやすく投稿しているのです。
 でも、以上のように、2チャンネルなど中傷サイトがあることは、逆に「有名になる兆候かな?」と、喜ばねば・・・? とも思っています。  

必読!”発想”こそ、成功の道;番組「神様の女房」から。
[第1409回](大吉)・・・10月10日(大凶)

『 どんな職業でも、”発想”して”独創性・意外性・大衆性”(経営の三原則)がないと、成功はしない。
”二股ソケット”の開発から”発想”の連続で、町工場から世界一の特許件数(約2千件)で成功した松下電器(株)創業者「松下幸之助」氏、これを支えたのが「神様の女房」と言われる”上げマン女房”「むめの」さんでした。
世の中のどんな分野でも、独創的な発想が大事!姓名判断でも、日本中の熊崎式の踏襲は、少しも”独創性ある発想”ではなくなっていますね。』 (私が20年前、松下電器の中央研究所に「省エネ開発行政監察」をした当時も、特許件数は約2千件で世界一でした。)
 さて、最近、どのスーパーでも商店でも、「ポイントカード」を発行して、売り上げを見込んでいる。そのため、財布の中はカードだらけになり、どれがどのカードなのか、探してもなかなか見付からない。レジで「えい、面倒だ!ポイントぐらいで、お金持ちになる訳でもないから、ポイントはいいです。」と、私は殆どカードは使用しない。
 ところが、昨日の夕方の番組「笑点」で落語家「木久蔵」が曰く、
「(あるお婆さんの話)この病院には、ポイントカードがあるんですよ。手術は10ポイント、100ポイント溜まると、葬式代が”只”だそうよ!」
とのこと。(要するに、この病院で手術10回やれば、葬式代が只とは? 全く落語らしい”発想”で、私は”一人笑い”が止まりませんでした。”手術”10回もしてたまりますか!ポイントが溜まる前に”葬式”になりますよ。)
 私が利用する大型薬局でも、ポイントカードの発行;「どんどん病気になって、ポイントを溜めてください。」という作戦かな・・・?
 病院や薬局では、ポイントカードの”発想”は何だか”変?”ですねぇ〜。
 このように、もう「ポイントカード」は少しも”独創的な発想”ではなく、他店の”マネ”で店が繁盛する訳ではなく、平凡な店しか評価しない。
 ところが、当時”日本のエジソン”といわれ、昭和の”経営の神様”と言われた「松下幸之助」氏の”連続発想”の能力は、どこから出てくるのでしょうか?
「松下幸之助」天格16・地格6・補格7・総格29
この配列は、人生の前半と後半との双方の運勢を表す姓名なのです。
 先ず、男性の天格16は「幸=8」の偶数を含んでいますので、幼い時から”血縁に縁がなく””体が弱く””外見上、穏やかに見える””丁稚奉公先を転々とする職業を良く変わる”などの暗示があります。
 そして総格の「29」は、”9→19→「29」→39”の「”9”の人生サイクル」のように、「29」は若い時の苦労が稔り、中年以降に加速度が付くように”急成長”してきます。ただし、これは天格又は地格に「6」系列がある総格「29」のパターンに限られるのです。なぜなら「6」は相手次第で”毒”にも”薬”にもなるのでしたね。
 すると、総格から天格・地格に”還元”し、「総格29+天格16=45の吉数」、「総格29+地格6=35の吉数」となり、この姓名は「5」系列を2ヵ所も含まれ、天格には「5」の”成功数と金運”、地格にも「5」の”思考力と創造力”を持つ効用が出てきます。
 例えば、「天16+地13=総29」又は「天13+地16=総29」の配列でも、同様に判断してください。 
 これを「還元的効用」と言い、投稿済の「顕在的効用」と「潜在的効用」とともに、「天命数霊術」の秘伝です。(この他、”必然性判断”と”偶然性判断”がありましたね。)
 どうですか、こうした判断で「松下幸之助」氏の生涯が見えてきます。
 少しヤヤコシイかも知れませんが、基礎が理解されていれば、それほど難しい理論ではありません。
 この理論こそ、日本初の”発想”なのですよ。

必読!歌謡曲「おさらば故郷さん」に原発被災者を思う。
[第1408回](中吉)・・・10月9日(大吉)

『 ”ふるさと”を想う心、現在都会に居住している人でも、日本人なら誰しも郷愁を感じるのでは・・・? まして、自分の意思ではなく、原発被害を避けて全国に移住した方々、本当にお気の毒です。少し古い歌謡曲ですが「おさらば故郷さん」の名曲を聴けば、自然に涙するのでは?と思います。 』
 昨日のNHK番組で、福島原発から12km内にある専業農家一家4人が、幼い娘(6歳と3歳)を連れて、福島から遠く離れた縁故もない愛媛・松山市の郊外の山村で、故郷を離れて専業農家になる生活を始めた番組でした。
 歌謡曲「おさらば故郷さん」は、ユーチューブで聴いて見てください。
 ここでは、歌詞1番のみを記載してみましょう。
「花の都で せつないときは
 いつも偲んだ 山川なれど
 さらばおさらば 故郷さん
 逢いに来てみりゃ 風吹く村よ
 いまじゃ いまじゃ いまじゃ甘える
 ああ 親もない 」
 この歌手は、僅か44歳で20年前にガンで亡くなった「加賀城みゆき」さんであり、作曲は「我修院達也」氏です。
 実は、なぜこの歌に共感を覚えたか、昨日、いつものように地元温泉の露天風呂で、遠く見える山々、眼下に展望できる町並みを眺めながら、「若い頃は、全国に家族旅行をしたり、他府県に転勤もして来たが、今はこうして縁もない岡山の小都市で、余生を過ごしている。やがて、この地で死を迎えるのであろうか・・・?」
と、感傷的になったからです。
 私の先祖は、島根の風光明媚な石見盆地で、室町時代から地頭職として土着し、そこが故郷ですが、父が総本家の次男であったため、父から分家で下関に居住して、私はそこで育ったので、本当の故郷はなく、両親の墓も京都の霊園で眠っています。やがて、私もそこの霊園に入ることになるのですが、なぜか、露天風呂で「おさらば故郷さん」の歌謡曲を思い出し、自然に熱いものが込み上げてきました。
 私は、72年間、本当に健康だったのですが、最近では体の偏重から、やはり人並みか、あちこちに故障がおきてきたようです。いつ死を迎えても良い覚悟でいますが、著書の原稿2冊分は途中までできていますが・・・、これを仕上げて、私が死を迎えるまで、1人でも多くの方に”病気・事件事故”もなく、幸せな人生を送って頂きたいため、「天命数霊術」を普及しておきたいと思っているところです。(弟子は報告がないので不明ですが、未だ十分に育っておらず、もし改名を望まれる方は、私の元気なうちにご相談ください。)
 このようなことを思考しており、いつでも「故郷におさらばして、京都に骨を埋める覚悟が出来ているのも、”武士道”の一つだ。」と思っています。
それにしても、アップル創業者スティーブ・ジョブズ氏が、56歳で亡くなるとは、早過ぎますよ。世界の情報技術に大きな痛手ですね。
 さて、今日は横道に逸れてしまいましたが、歌手「加賀城みゆき」(本名;北村和江)さんが、なぜ、44歳の若さで亡くなったのか、また、歌手・作曲家「我修院達也」氏は、本名「菅野彰之介」から芸名「桜一平」→「若戸 章」→「若人あきら」→「我修院達也」と、歌手「五木ひろし」と同様、4回も改名して名曲を次々に作曲できた運勢を、皆さんが経験を積む意味で、ご自分で姓名判断をして見てください。
 結局、他説で改名すると、何度も改名する理由が解るはずです。 

必読!気の毒な名付け;”事故事件”の2事例から。
[第1407回](小吉)・・・10月8日(中吉)

『 天格「6」系列の運転手;”くも膜下出血”で観光バスが転落”事故”。それに天格「7」系列で、女性を殺害してバラバラに遺棄した”事件”』
 いづれも「天命数霊術」を知らない”気の毒”な”事件事故”!
[事 故]
 愛知・瀬戸市で観光バスががけ下に転落し、運転手が死亡、小学生ら39人が重軽傷を負った事故で、運転手の死因は「くも膜下出血」とわかりました。
 この事故は、7日午前、小学生ら40人が乗った観光バスが道路から4mほど下の林に転落し、運転手の「荻野光康」さん(52)が死亡、小学生と引率の教師ら39人が重軽傷を負った事故です。
 さて、荻野さんの姓名は、
「荻野光康」天格16・地格22・総格38
ご両親から「光康」と名付けられたこと、お気の毒ですね。「荻野」姓には「光康」は適合しないのです。全て”偶数”の上、男性の天格「6」系列は、”病気”を呼ぶのですよ。それに、「光=6」の字体が上に来た場合、”語源”も良くなく、対外的な天格16の中に、6画が含まれますので、病気になる可能性は非常に高いのです。
 まさか、運転歴20年のベテランが、52歳で事故死するとは、予想さえできなかったこと、本当にお気の毒な事故死ですね。   

[事 件]
岡山市内で、会社の元同僚の女性を殺害したとして、6日夜に逮捕された無職の男は、「遺体を切断して、大阪府内の数か所に捨てた」と、ほのめかしていることがわかりました。
 大阪市住吉区の無職「住田紘一」容疑者(29)は、先月30日、同僚だった岡山市の派遣社員「加藤みさ」さん(27)を、以前勤めていた岡山市内の会社の駐車場に停めた車の中で刃物で刺して殺害。
 一方、大阪市の住田容疑者の自宅近くのガレージからは、血の付いた女性の衣服とナイフ、掃除用のモップ、懐中電灯などが見つかったという。
 会社の関係者によりますと、2人は社内で直接、書類をやりとりし、会話をするなどのつながりがあったということです。
「真面目な方でしたよ。殺すような人ではないと思いますよ」(住田容疑者と同じ部署にいた従業員)
 「優しくて本当に良い子ですよ」(加藤さんを知る従業員)
などが、ニュースの大筋です。
すると、動機は一体?何なのか? 警察は遺体の発見を急ぐとともに、動機など住田容疑者を厳しく追及しているとのことです。
加害者「住田紘一」天格17・地格6・総格23
被害者「加藤みさ」天格8・地格21・総格29
この事件の住田容疑者も、おそらくご両親から「紘一」と名付けられたのでしょうが、「住田」姓には「紘一」は適合しないのです。天格「7」系列は地格が「9」ではない「6」系列ですから、その天格「7」系列は「紘」の10画も含み、”切れ易い” のです。しかし、3ヵ所のうち、「6」と「23」の2ヵ所ありますので、普段は大人しく、仕事ができる人です。
 ところで、被害者「加藤みさ」さんは、「9」と「1」がありますが、配列が逆であり、中年以降に運気が出るのですが、20代では運気が出にくいのです。それに天格8ですから、人柄は温厚でとても良いのですが、「加藤」と画数が多いのに、「みさ」という画数が少ないと、”尻すぼみ”の形で安定感がない運勢になりやすいのです。例えば、「美咲(みさ)」という漢字を使用していれば、このような事件に遭遇しなかったと思われます。
 これもご両親がいくら愛情を持って名付けられても、不運な運勢を避けられないことがあります。
    ★    ★    ★
 以上の2事例を見ても、「両親が愛情を持って、名付けたのがベスト。」という説は、間違っていることが判りましたでしょう。平均寿命から見ても、「荻野」さんは後30年、「加藤」さんは後50年は生きられますのに・・・、姓名一つで残念ですね。

必読!歴史上の人物は、”旧漢字と通称名”に注意。
[第1406回](小吉)・・・10月7日(小吉)

『 ”歴史上”の人物の姓名判断は、難しいのですよ。この”歴史上というのは、昭和21年11月以前のことを言い、大まかに”戦前”は「旧漢字」であり、”戦後”から現在まで「当用漢字」と覚えていてください。ただし、これには例外がありますので、当時の”日常使用”を出来る限り、確認して判断してください。』
 「日常使用で運気が変化する。」という大原則を覚えていてください。
 しかし、日本中の熊崎式は、現代人であっても、18世紀の中国清王朝「康煕字典」の”旧字体”で判断するという説は、間違った判断になります。熊崎式は「画数からの運気」と「語源」とを混同しているのです。
 私が「康煕字典」を知らないと、中傷サイトがありますが、実にレベルが低い中傷です。
 いいですか、これはタレントや芸術芸能人が、戸籍名や本名ではなく、芸名や雅号の”日常使用”で運気を出す理論と同様なのです。
 例えば、「イチロー」の運気であり「鈴木一朗」の運気ではないのです。
 また、国民栄誉賞の「美空ひばり」の運気であり、「加藤和枝」の運気ではないのです。
 要するに、「日常、どう使用しているか?」で運気が変化し、旧字体とか戸籍名で判断することは間違っています。
 例えば、「小沢一郎」が日常使用であり、戸籍の「小澤一郎」の運気ではないのですよ。 
 逆に、歴史上の人物であっても、「野口英世」の「英」の”草冠”は、明治の人であっても、続けてサインしていましたから、日常「8画」使用として判断せねばなりません。
 ところが、江戸時代・大坂奉行所与力の「大塩平八郎」は、「塩」とサインし、旧字体の「鹽」ではないのですよ。ところが、「徳川」の「徳」=14画ではなく、旧字体の「」=15画なのです。ブログでは画数に関係しない時は、私は通常、当用漢字で書いていますが、画数を出す時は旧漢字で判断してください。したがって「川家康」は天格25・地格14・総格39となります。
 それに、歴史上の人物は、特に公家・武家では、「幼名・元服名・号・字・通称名・名乗り・出家名・戒名」など沢山あり、どの年齢で日常の使用頻度が高いものを出来る限り確認する必要があります。
 例えば、「豊臣秀吉」は、日吉丸→木下藤吉郎→羽柴秀吉→藤原秀吉→豐臣秀吉というように、時代に応じた判断をすべきなのです。(「藤」の旧字体は、19画です。)
 また、「桂小五郎」は明治になり「木戸孝允」のように、苗字までスッカリ改名した人もいますし、「島崎藤村・北原白秋・正岡子規・夏目漱石・森鷗外・樋口一葉・・・」など文化人は、ペンネームで判断し、戸籍名で判断しても意味がないことです。
また、江戸初期の三大名君「池田光政」岡山藩主は、日常使用は「池田新太郎(少将)」(天格19・地格9・補格9・総格37)であり、「光政」は幕府に上奏する公文書のみしか使用しなかったという史実があると投稿済ですね。
(したがって、運気は日常使用で運気が変化するので、ベストの改名して日常使用すれば、見違えるように好転するのです。)
 このように、歴史上の人物を姓名判断するのは、非常に難しいのです。
 でも、姓名判断のプロとしては、この程度は常識であり、これらを知らずして、「姓名判断は、”姓名学”です。」とは言えないのですよ。    

必読!三代将軍「家光」が”名君”であったエピソード。
[第1405回](大吉)・・・10月6日(小吉)

『 先日の大王製紙の”三代目”について投稿したところ、急にアクセス数が増えましたので、名君か凡君の説が分かれる徳川三代将軍「家光」について、あるエピソードを紹介しましょう。 』
 「”三代目が名君”なら家は繁栄し、十五代は続く。」と、足利家や徳川家を手本に言われてきました。
 「余は生まれながら”将軍”であるぞ!」と、家光は大変我侭な凡庸な人であったという説もあります。
 しかし、私はそうは思わないのです。なぜなら、幼少のころから、あの才媛の「春日局」が乳母となり、「指導者とはどうあるべきか?」を教育されており、その精神が将軍就任後も忘れていなかったエピソードがあります。
 三代将軍の家光が、江戸の隅田川に鷹狩に出かけた。しかし、その日は風が強く、獲物が少ないので、不機嫌な表情のまま休憩をとり、食事となった。鯉の煮物を口に入れた瞬間、「なんじゃ、これは? ジャリジャリと砂が入っているのじゃ! けしからん、台所頭を切腹させろ!」と言って、責任者である台所頭「鈴木善左衛門」を詰問した。
 ところが、正義感が強い彼は、将軍に怖れることなく、「御膳に砂が入ることは有り得ません。本日は風が強く、砂ぼこりもひどく、それがお口に入ったのでしょう。お口を漱がれてから、お召し上がりください。」と申し上げた。早速、家光は口を漱いで食べると、砂などないことが解った。
 そこで、家光は「短慮にそちを責め、余が悪かった。」と素直に謝り、信念を曲げなかった「鈴木善左衛門」に切腹どころか、満座の前で賞賛し、200石の加増と言う措置をしたのです。
 現在の政治家でも、自分の過ちを認めない人が多い中で、家光は将軍であっても”誤解や過ち”は素直に認め、家臣に対してでも謝る性格であったそうです。やはりこの性格は、「春日局」の養育の影響もあるでしょうが、「徳川家光」となった地格9の”理解力・思考力”の結果であり、名君の素質も備えていたと思います。
 それに「鈴木善左衛門」の天格25・地格9・補格A16・補格B8・総格58から、対外的な”正義感(25)”と”思考力・表現力(9)”に優れていた人であったと判断できます。
 どうですか、このエピソードからも「指導者たるもの、自分の誤解は素直に認め、部下を大事にする精神は、現在の職場でも通用します。」と、家光に教えられた一面でもあります。   
  

必読!”潜在的な運気”で、資産4千億円の「丸尾孝俊」氏。
[第1404回](小凶)・・・10月5日(大吉)

『 運気には、”顕在的な運気”が一般ですが、幼いときから中年まで苦労し、そこから急激な運気が訪れる”潜在的な運気”がある姓名があります。それは画数が”顕在的な”「X+Y=定数」の中に、”潜在的な”「X=a+b、Y=c+d」の数値いかんにより、中年以降になり”運気の花が開く”姓名があるのです。・・・これも「天命数霊術」の”秘伝”の一つです。』
この原理も、「神亀の図;15=a+b+c」に基づいています。
 過去のブログにも、この実例をそれとなく紹介してきましたが、基礎を修得されたものとして、少し高度な見方を紹介します。
 これに類似した姓名には、「松下幸之助」氏(天格16・地格6・補格7・総格29)がありますが、冒頭の”潜在的な運気”の姓名には、先日の愛媛大学教授「野村信福」氏(天格20・地格20・総格40)の実例を思い出してください。冒頭の公式に当てはまる実例の一つです。
 なお、日本一の資産家「孫 正義」氏(約6800億円)は、一般的な”顕在的な運気”で、すでに天格15であり、その中に成功数と金運の5を二重に持つ運気です。 
 さて、今日の実例は、次のとおりです。
「★資産4000億円の成功者「丸尾孝俊」氏★」
 ケタ外れの超資産家「丸尾孝俊」氏(45歳)は、中卒で若いころ、1800人の組織を持つ”暴走族のリーダー”で、現在でも地元の人に通称「兄貴」と呼ばれているインドネシアのバリ島移住の大資産家です。
 現在、28社の会社(不動産、ゼネコン、農林水産業全般、観光、投資事業など)を経営、豪邸22軒、800ヘクタールの土地を所有し、資産は推定4000億円の成功者です。
 20代では、吉本興業で働いていたそうですが、30歳前にバリ島にわたったが、窮乏した人にお金を貸していたら、ついに所持金18万円で底を付いた。実に気風の良い親分肌である。ところが、そこからトントン拍子に、世界的大富豪に登りつめた、強運と異色の経歴の持ち主なのです。
 この成功の秘訣は、”発想”と”人脈(縁)”ということですが、これらも”運”が呼んだのです。
 ”発想”は、バリ島では当時、「生ぬるいコーラ」を飲んでいたことに気付き、「冷蔵庫のリース業」を始めたのち、その利益の中から、医療費に困っていた現地の人にお金を100万円貸したそうです。しかし、その人が返金の代わりに、土地を提供してくれ、その土地がリゾート地になり、数億円で売れ、そこから不動産業で次々に成功して行ったそうです。
 元々の”生ぬるいコーラ”の発想から、元金を作り、その元金が不動産業の基礎となったのです。先日のブログ「1%の”発想”がなければ、99%の”努力”が無駄になる。」と言った発明王「エジソン」のとおりですね。
 さて、同氏の姓名は、
「丸尾孝俊」天格10・地格16・総格26
一見、この姓名では、「6」系列の”弱運”ですので、上記の「松下幸之助」氏と同様、幼い時から30代前半までは、非常な苦労人です。
 ところが、天格10の中に”事業運”の「孝=7」を含み、地格16の中に”頭脳運”の「俊=9」を含みます。この見方は、冒頭の公式のとおりで、「孝」も「俊」も優れた”語源”であり、この運気は姓名の”潜在的な運気”ですから、中年以降に急上昇となるのです。
 当初の”発想”能力は、地格の「俊」の賢さと「9」の運気からだと判断できます。男性で「俊」の字体を使用している姓名は、イトーヨーカ堂の創業者「伊藤雅俊」氏(天格19・地格27・総格46;地格に9を含む)のように”非常に賢い人だ!”と判断しても、ほぼ間違いないのですよ。
 でも、最近の赤ちゃんの名付けには、殆ど使用されていないのは、勿体ないですね・・・。「俊」は”賢人”、「宗」は”名君”の字体を、忘れていませんね。
 どうですか、若い頃の学歴や資金がなくても、”運気の良い姓名”を持ち「”発想”と”挑戦”」があれば、世界的な成功者にもなれるのですよ。

必読!知恵袋から、姓名判断の評価がまちまち!
[第1403回](小吉)・・・10月4日(小凶)

『 世の中、実に面白いですね。ヤフーの”知恵袋”で、姓名判断の意見を読んで見てください。もっとも、日本中のブランド「熊崎式姓名判断」に付いての意見ですが、それに付いてもマチマチですよ。』
 ”知恵袋”から、その意見の結論のみを抜粋してみますと、
「・・・名づけは凄く大切です。その赤ちゃんの人生、全て操られることにもなるでしょう。姓名判断は、そのくらい重要なものなのです。」
という賛同する意見もあれば、
「・・・名前で人生は変わりません。良い人生を歩んで欲しいのなら、親がその手本を示すのです。それが出来ないのなら、どんなに立派な名前をつけても、名前負けしてしまうだけです。」
との姓名判断など無意味だという意見もあります。
 ところが、”知恵袋”ではなく、あるプロの姓名判断師(熊崎式採用)のホームページから、驚くことが記載されています。
「ご両親が考えた名前----それが一番の吉名です。最初にも書きましたが、名前だけで運勢が決まるわけではありません。むしろ運勢のうち名前で決まる割合は、小さいものだと思います。また、この世に最高の名前などありませんし、いくら姓名判断で良い名前でもご両親が不満なら、呼ぶほうも呼ばれる方も不幸です。そういう意味で、ご両親が考えた名前がベストです・・・」
とのこと。このような自信がないことで、良くプロの仕事が勤まりますねぇ〜? これは、熊崎式を勉強されたのでしょうが、その説に疑問を持たれて、結局、自信がない記載となったと思います。
 この記載;「ご両親が考えた名前・・・それが一番の吉名です。」とは?
これには驚きましたね。これでは、プロの仕事は上がったり・・・ですよ。
 これが正しい意見か、否か? 少し考えれば、解ることですよ。
 「ご両親が考えた名前がベストなら・・・、この世の中は天国・極楽ですよ。全ての人が健康で医者いらず、誰もが知能指数が150以上で知的障害者も存在せず、交通事故・殺害事件・災害などで死亡する人なく、誰もが元気で100歳までの長寿? それに誰もが”億万長者”になり、この世は万々歳!・・・」になりますね。
 気の毒な死刑囚;「宅間 守」も「宮崎 勤」も、ご両親が名付けたケースと、若くしてノーベル賞受賞の「湯川秀樹」氏や「田中耕一」氏、この天と地との違いは、やはり姓名からの運気の違いであり、どちらもご両親が名付けたものですよ。それを考えればすぐ解りそうなものですのに・・・。

必読!”龍脈(形)”の良否のため、センスを高めよう。
[第1402回](大凶)・・・10月3日(小吉)

『 ・・・「ゆいな」で名付けようと思っているのですが、「◇◇友伊菜」と「◇◇唯菜」と、どちらが良いでしょうか?・・・』
というメールが、今日相変わらずありました。
 以前にも同様なメールがありましたが、一般的な相談や質問は、どんなことでも受けますが、個別の相談や質問は、「はい、これが良いですよ。」とは、即決では言えないのです。なぜなら、軽はずみに「これが良いですよ。」と言って、仮に病弱になったり、事故事件に遭遇したら、それはお互いに不幸な現象を招くからです。ベストの名付けは、5大条件に適合する検討のために、時間を要しますし、正式に依頼があった方と不公平になりますので、このようなご相談やご質問はご遠慮ください。
 このようなメールを送信される方は、約1400回のブログを十分に読んでおられず、もし読んでおられて、「友伊菜」とか「唯菜」などを候補に挙げられること自体が、「天命数霊術」を理解されていない方だと思いますよ。
 先ず、ベストの名付けをしたいのなら、「この名が可愛い」とか「こんな呼び名が流行りだから・・・」など言って、絶対に”呼び名”から考えてはいけません。なぜなら適当な字体がない場合、”当て字”になるからです。
 ”当て字”になれば、「読めない・書けない・意味不明?」の名付けになるからでしたね。
 さて、「友伊菜」や「唯菜」は、”ゆいな”とは読めますが、全くの”当て字”であり、”意味不明”の名付けですね。
 「友伊菜」は、”友が治める野菜”となり、「唯菜」は、”ただの野菜”という語意になります。最近の流行では「友」や「菜」も良く使用されていますが、自分の子に「なぜ”友”を?」、それに「”菜”とは”すぐ萎れる野菜?”を使用されるのか、理解できませんねぇ〜。
 最近の名付けでは「友美・友莉菜・友佳・・・」などがありますが、「友美・友佳」は”友が美しい”のであって、自分の子は”美しく”なくても良いのかな? それに「友莉菜」は”友の香草や野菜”という語意になり、自分の物は一体、どうなったの? それに”草冠”が2字続いており、”龍脈(形)”が良くないし、この「莉」も流行字体ですが、”りっとう”は「鎌で刈り取る」の語源であり「莉」の字体も使用すべきではないですね。
 なぜ、自分の子の名付けで「友」を使用するのか?まるで理解に苦しみますよ。ご自分の子の名付けなら、同じ”ゆ”なら「友」→「有」を、”な”なら「菜」→「奈」を使用すれば、”語意・語源”が良く、それに”龍脈(形)”も良くなり、まるで”運気”が違ってきます。
 冒頭のようにメールで相談や質問されるとは・・・? 過去のブログで数度の投稿済ですよ。シッカリ読んでください。 

必読!物の価値は、ブランドより本質を見極めよう!
[第1401回](大吉)・・・10月1日(大吉)

『 高級ブランド品だから良いのではなく、良い品で調べてみると高級ブランド品だった。』でなくてはならない。
 この見極め方を、逆に考えている人が実に多いですね。
 「高級ブランド品だから、良い品であろう。」と思ったら、間違いですよ。これは「有名人だから、主張は正しいだろう。」と判断することに似ているのですよ。
 ”物の価値観”は、”物”自体の価値から判断するもので、ブランド名に騙されてはいけません。
 「えっ?これが僅か1050円(消費税50円を含む)?」と、スーパーの特設売り場で、「どれでも、選り取り見どり!千円均一の”腕時計”!」と販売しているではないですか? これは”子ども用の時計”かな?と思ったが、そうでもなく、全て素晴らしいデザインの物も多く、外見、高級ブランド品と区別が付かないほど、立派な仕上げ!
 「まぁ、千円なら騙されても元々、・・・デザインも気に入ったし・・・」と遊び半分に購入しました。そして、今日で1ヵ月経ちましたが、実に正確に動いていますので、とても気に入っています。
 誰が見ても、「このデザインが良い時計が、まさか、千円とは?」とは思いませんよ。
 実は、私は11年間ぐらいフランス製の時計(7万円)をしていたのですが、これも薄型でデザインも良く、実に正確に動いてくれています。
 ところが、それ以前の時計は、スイス製;ロンジン(15万円)とローレックス(37万円)でしたが、自動巻きのためか、時間は不正確で、サッパリ役に立たず、机の引き出しに眠っていました。それが、引越しのドサクサで今は行方不明です。
 これと同様なものは、私の財布です。私は毎年正月には新しい財布に取り替えます。ところが3年前のこと、ある方の勧めで「コシノユミコ」デザインの財布を購入したのですが、なんと皮革は硬く、それにカードや小銭入れから取り出しにくく、1年間の使用どころか、2〜3ヵ月で止めて、新規に別の安物ですが、実に柔らかい皮革で、デザイン・出し入れもし易く、とても気に入っていますので、もう3年目になりますが、手離しできません。
それに「電気ヒゲソリ」、2枚刃のもの(1万7千円)よりも、携帯用の1枚刃(1500円)の方が遥かに良く切れます。
 これは、女性のバックでも、必ずしもエルメス・ビトン・グッチの高級ブランド品が良い品とは限らないと思いますよ。
 特売の1980円のバックの方が、とてもデザインも良く、高級品に見えるのがありますよ。富裕層の奥様方のマネをして、無理に高級ブランド品を身に付けているから・・・と言って、男性の目から見れば、女性の価値が上がる訳でもサラサラないのですよ。私はむしろ「あぁ、価値観のない流行を追う平凡な女性だ。」しか評価しません。それより、センスの良いバックなら、その女性の評価が上がります。
 いいですか、この価値観はブランド名が問題ではなく、例え千円の物でも本質的に優れておれば、”真の高級品”だと思います。
 それは、姓名判断師の評価も同じなのですよ。有名なブランド「安斎勝洋」氏や「野末陳平」氏の説なら正しいだろうではなく、逆に御説を学んでみてから、やはり両氏の説は正しいと判断されるのが順序ですよ。
 それから、私の「天命数霊術」と比較し、いずれが正しいか、判断されるのが、”価値観”の優れた方と思いますよ。
 ”時計””財布””バック”の評価も、”学説”の評価も同じような価値観を持って、判断するようにしてください。
今日からNHK番組「神様の女房」(松下幸之助の一代記)が始まりました。学歴も財産もなく、丁稚奉公上がりの電気工の青年だが、人柄を見込んで夫に選んだ資産家の娘「むめの」さんは、有名ブランドの東大出や資産家だけという理由だけで選ばず、”人柄”(”耳”が大きいという理由もあり)を見込んだところが、「むめの」さんの賢さがあり、生涯の成功だったのです。
 これも”価値観の違い”と”運”でしょうね。