Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2012 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!弁護士の大量生産?受難の「高橋浩文」弁護士が横領で破産?
[第1609回](大吉)・・・5月31日(大吉)

『 今や弁護士が都市部を中心に大量生産され、事務所経営の危機に喘いでいる弁護士が多い。昔はなかったTV・ラジオの法律事務所CM? ついに弁護士が預り金を横領し、自己破産どころか、業務上横領罪の刑事責任を問われる弁護士が全国で多発しています・・・。弁護士という職業は、もう魅力がない時代になっていますよ。』

 この「弁護士の大量生産?」のブログは、すでに投稿済ですが、今回は以下の事件に付いて紹介しましょう。今や弁護士という職業は魅力が無くなり、時代は億マン長者を生み出した「情報産業(IT企業)」に移行しています。

 昨日のニュースから、
 『 福岡県弁護士会所属の「高橋浩文」弁護士(51)は、依頼者からの預かり金などを流用(横領)し返還が出来なくなるなど、3億5,000万円以上の負債を抱えて破産しました。福岡県弁護士会では、別の弁護士が昨年12月に同様のケース(流用)から破産しており、弁護士の信用を失墜させる事態が相次いでいます。高橋弁護士の破産開始決定は、福岡地裁で3月29日付。破産管財人は、川副正敏弁護士。(債権者などの問い合わせはFAXで092−771−8048へ。)』
とのこと。
 このほか、福岡では、昨年3月の「渡邊和也」弁護士・昨年11月の「稲尾吉茂」弁護士に続いて、横領弁護士を生み出しています。
(参考;[第820回]2009.12.06「必読!悪徳弁護士に騙されないで・・・!ご注意を!」。[第453回]2008.10.10「必読!”魔”が刺したか?岡山の「黒瀬文平」弁護士!」)
 でも、皆さん、「悪徳弁護士が多発!」と言っても、全国の99%の弁護士は事務所経営は苦しいながらも、真面目に取り組んで、”社会正義”に貢献している弁護士がほとんどなのです。でも、もしあなたのお子さんを将来弁護士にさせたい目的が”お金儲け?”なら、即刻、弁護士志望は諦めた方が良いですよ。
 弁護士と臨床医師の職業は、「天命数霊術」の例外で、余り姓名の運気が良くない現象があるのは、不思議なのですが、”霊的”に「この世で苦労させられる職業」だからです。どちらも「毎日”美しいもの”を見て、”笑い”が絶えない職業」ではないからです。
 ですから、今日の福岡での事例;横領弁護士の三人は、
「高橋 浩文」天格20・地格20・総格40
「渡邊 和也」天格20・地格21・総格41
「稲尾 吉茂」天格20・地格15・総格35
どうですか、不思議?でしょう。三人とも”対外的な運気”が良くない「天格20」の弁護士が”業務上横領”で身を滅ぼすとは・・・!?
 特に高橋弁護士は、まだ51歳でお若い! 定年制がない職業なので、元気であれば100歳現役までも社会貢献できるのですが、いかに「姓名の運気」が人生に影響して来るのか、この事例でも理解されたのでは・・・?
日本初のブランド姓名判断術だからこそ、このような横領事件の”裏の背景事情”も判るのですよ。

必読!同じ「康夫」さんでも、運気は”天と地”の違い。
[第1608回](中吉)・・・5月29日(大吉)

『 世の中、有名人のアヤカリ型がすぐ流行する。「松坂大輔」なら”大輔”、「石川 遼」なら”遼”・・・、それ「大輔がいい!」いや「遼がいい!」と、人マネして同じ有名人になる訳がないのです。同じ「大輔・遼・康夫」さんでも、苗字が異なれば、”運気”はそれぞれ異なることが理解できない人、世の中に多いですよ。。』

 さて、昨日のニュース。
「 群馬・みどり市で義理の父親「田村久作」さん(82)を殴って殺害しようとしたトラック運転手「三森康夫」容疑者(58)が逮捕されました。義理の父親は病院に運ばれましたが、間もなく死亡しました。
 警察によりますと、三森容疑者は29日午後8時頃、自宅で義理の父親の田村久作さんを置物で殴って殺害しようとした疑いが持たれています。田村さんは病院に運ばれましたが、およそ30分後に死亡しました。
取り調べに対し三森容疑者は、「殺そうと思って殴った」と容疑を認めていますが、警察は、犯行の詳しい経緯を調べています。」
とのこと。
 この殺害の”動機”と”計画性の有無”は不明ですが、”殺意”を持って”殺害”したようですので、殺人罪の容疑は濃厚です。
 この事件の裏には、介護と勤務の両立困難があり、義理の中でのいさかいからの犯行かも知れません。
 さて、この容疑者の姓名は、
「三森康夫」天格14・地格16・総格30
どうですか、この姓名の画数「4・6・0」系列を一瞬に読み取ってください。
 ”偶数”ばかりで、天格が「康=11」を含んだ「4」系列ですから”キレやすい性格”がありますが、発作的に切れやすい「7」系列との違いがあります。
 そして、地格に「夫=4」を含んだ「6」系列であることから見ると、内向性心理が優先に働き、この事件の動機は以前からもので、発作的な犯行ではないように判断できます。
 いいですか、社会心理学者が良くコメントするように「育ちが悪い、環境が悪い、社会が悪い!」のではなく、「姓名が良くない!」とは・・・?
  日本中の学者も司法関係者のだれも気付いていないのですよ。
 さて、同じ「康夫」さんと言えば、次の三人をすぐ思い出します。
「内田 康夫」天格15・地格9・総格24
(「浅見光彦シリーズ」で有名な推理作家)
「福田 康夫」天格24・地格9・総格33
(元・総理大臣)
「田中 康夫」天格16・地格8・総格24
(元・長野県知事。現・参議院議員)
 
 どうですか?この三人も三森容疑者と同じ「康夫」さん。
 でも、上記三人とも苗字が異なるので、画数も異なってきます。すると、人生の”運気”も、それぞれ異なるのですよ。
 ですから、有名人のアヤカリ流行名をマネして、あなたのお子さんが有名人になる可能性は「天命数霊術」の五大条件を充足次第!と言うことですよ。 

必読!モデル「香里奈」の名は、現代風でベストに近い。
[第1607回](小吉)・・・5月26日(小吉)

『 最近の歌手やタレントは、平家物語の栄枯盛衰のように、「”かつ消え、かつ結びて、久しく留まることなし”・・・」であり、歌手・タレントにレビューしては消えて行く・・・ので、高齢者の記憶から消えて行くことが多いですね。
 その中でも、数年前から私の記憶にあるのは、歌手「平原綾香・上原多香子」に続いて、モデル「香里奈」の名が印象に残っています。もう少し前の女性ですと、「藤原紀香」ですね。・・・、最近の若い歌手やタレント名は、なかなか記憶に残りません。AKB48など、誰が誰やらサッパリ判りませんよ・・・。』

 ところで、今日の話題;モデル「香里奈」、最近でも週刊誌で良く見かけますが、苗字を省き、名だけで有名な売れっ子とは、よくよくパワーがあるのですね。
 なぜ、名前だけをタレント名として売り出したのか? その理由が解る気がします。それは苗字と仕事が同じ「モデル三人姉妹」の末っ子、二人の姉(ひらかな)と区別しやすいように、漢字3文字で売り出したので、逆に目立つのですよ。その上、漢字3文字「香里奈」・・・「香」「里」「奈」の三文字とも、とても”語源・音感・龍脈”が良い字体ばかりですので、そこに”人気・実力”を含む全体の運気が良いのです。
 良く見てください。私が記憶に残るのは、冒頭の「平原綾香・上原多香子・藤原紀香」の3人・・・。さあ、共通の字体は「香」ですね。
 さらに、「香里奈」の姓名(本名)は、
「能瀬 香里奈」天格19・地格26・補格8・総格53
運気で一番大事な画数;やはり天格19で”対外的な運気=人気”はベスト、しかも、その19の中には「香=9」を含み、”賢い女性”の資質が見えます。地格6系列の”美人数”までありますが、その中には「里=7」を含みますので、”負けず嫌い・やる気・根性”を持つうえ、反面では補格8という”思いやり・協調性”も少しあります。
 要するに、「香・里・奈」=「9・7・8」という夫々の特徴がある数霊がバランス良く含まれたタレント名なのです。正に、センスが良い現代風のベストの名だと思います。
 ですから、姉の長女「あんな」次女「えれな」さんより、売れっ子になったことも頷けます。”ひらかな”の名は、”語源”がなく、”画数”が安定せず、しかも「能瀬(世)」という多い画数の苗字に対して、”ひらかな”ではドッシリとした安定性がないので、末っ子の「香里奈」に比べ、少し”弱運”になったのですよ。
 皆さん、赤ちゃんの名付け及び改名でも、”ひらかな”より、できる限り”語源が良い漢字”使用が、人生において遥かに得をしますよ。   

必読!渋谷駅の殺傷事件!「渡辺知宏」容疑者の運気は?
[第1606回](小吉)・・・5月23日(小吉)

『 ”渋谷駅”の無差別?殺人未遂事件。このような無差別殺人事件を起こすタイプには、「顕在的行動性(2・4・7型)」と「潜在的内向性(0・2・6型)」に大別される。この事件の容疑者は、後者のタイプであり、法的(刑事・民事)責任はあるが、「弱運タイプの姓名」に名付けられたことには、容疑者本人には責任はない。そこに神仏も存在しない”世の無常”を感じざるを得ない。
 この容疑者、何も好き好んでこのような運勢を選択しているのではなく、”自然の摂理”のまま、人生が流れて行く無常を思うのです・・・。』
 このブログの主旨は、「容疑者を責める以前の問題・・・すなわち運気がない姓名に名付けられた”不運”を嘆いたブログ」なのです。

ニュースの概要から、
『 東京メトロ渋谷駅で、新聞配達員の男性(53)が男に刺されて重傷を負った事件で、警視庁捜査1課は23日、殺人未遂容疑で、埼玉・朝霞市の「渡辺知宏」容疑者(32)を逮捕した。同課によると、刺したことを認めているという。
 捜査関係者によると、渡辺容疑者は21日午後6時ごろ、渋谷駅の地下4階から同5階の副都心線ホームに下るエスカレーターで、ナイフのようなもので男性の脇腹などを刺して、全治不詳の重傷を負わせた疑いが持たれている。
 同容疑者と似た人物が、事件直後に地下鉄を乗り継ぎ、有楽町線永田町駅から池袋駅方面の電車に乗車する姿が防犯カメラに写っていた。男性は「知らない男に刺された」と話しており、面識はなかったとみられる。
 渡辺容疑者は、渋谷駅のエスカレーターで(被害者と)体がぶつかり頭にきた。刃渡り30センチ程度のサバイバルナイフで刺した。』
と自認しているとのこと。
 渡辺容疑者が住むアパートの大家の男性(80)は「(同容疑者は)とてもおとなしく、かっとなって人を刺すようなタイプには見えなかった。また、約1年前に会社を辞めさせられ、夜のバイトをすると聞いた。家賃(6万5000円)の滞納もなく、悩んでいる様子もなかった。」との証言もあります。
 さて、この渡辺容疑者の姓名は、
「渡辺 知宏」天格20・地格12・総格32
このタイプは、冒頭のように、”0”(病的陰湿性)と”2”(事件事故を呼ぶ)のダブりである「潜在的内向性」の「0・2・6」タイプなのです。
  要するに、発作的に”切れやすい”「2・4・7」タイプではないため、逆に犯行の準備性・計画性があるため、刃渡り30cm程度のナイフを常時持参していたものです。それにこのタイプは、”内向性”ですから、家主が証言しているように「・・・とても大人しく、カッとなって人を刺すようなタイプには見えなかった・・・」の行動・性格は、姓名からの判断どおりですね。
 でも、私は何だか、渡辺容疑者も気の毒な境遇に見え、この姓名なら理性も働かないので、”ヤケ”になる気持ちも解るのですよ。
 「 32歳にもなり”失業”して、夢も希望もない”夜間バイト”では、これからの人生は一体、どうなるのだろう・・・? もちろん、この境遇では結婚もできない前途が続くのか・・・?」との心境を推測できるのです。
 これに比し、私の息子も同年代の31歳、でもお蔭で教職員として、「毎日多忙を極めている」とのメールにホッとしています。
 現在の就職難;無職・失業・就活中・・・の青年;将来を思うと、本当に心細いでしょうが、その境遇を乗り越える”運気”を持つ姓名が、一人でも多く普及して欲しいですね。
 ですから「2・4・7」タイプや「0・2・6」タイプの姓名に、早く”おさらば!”することですよ。決して、人生を諦めないで・・・。   

必読!公私混同の女姓教諭?弱運の「2・4・6」配列の姓名。
[第1605回](大吉)・・・5月22日(大凶)

『 昔から”公私混同”があり、政治家の議員会館やJR・民鉄・航空などパスの”私的な不正使用”から、職場の女性に私用の弁当やタバコを買いに行かせる上司の行為まで・・・、”公私混同”は世間に沢山ありますよ。
 ところが、”私的な嫉妬”なのか、市立小学女性教諭が、同僚の男性教諭を困らせるために、その男性担任の「通知表」などを隠匿した行為も、”公私混同”になります・・・。その善悪も分別付かなくなるのが、”恋の病”かも知れませんが、そのため”教職を失う”代償は大きいですね。』

昨日のニュース。
「女性教諭、通知表隠す!”同僚男性”を困らせようと」
 近年、全国的に教職員の不正不当事件で、懲戒処分にされた事案も多く、個人情報の紛失のほか、窃盗や盗撮、セクハラ行為など「聖職者」とは言い難い不祥事が目立っています。
 小学生の「通知表」などを、持ち出して隠したとして女性教諭が逮捕されました。その呆れた犯行の動機とは・・・?
 市立の小学校ですから、「通知表」は”公用文書”になるのですよ。
 「公用文書等毀棄」の疑いで逮捕されたのは、神奈川・茅ヶ崎市立小和田小学校の教諭「高橋智実」容疑者(30)です。警察によりますと、高橋容疑者は今年3月、校長室のロッカーに保管されていた4年生の児童2人分の通知表と、35人分の算数の成績表を持ち出して隠した疑いが持たれています。
「通知表」などは、同僚の男性教諭が担任するクラスのもので、およそ2週間後に、高橋容疑者の知人を通じて戻ってきましたが、”先月に再び無くなった!”ため、学校側が警察に被害届を出していました。取り調べに対し、高橋容疑者は、「男性教諭に”好意”を持っていたが、”交際を断られた”ので困らせてやりたかった。」などと、容疑を認めているということです。
 この事案の悪質性は、「・・・先月、再び無くなった・・・」という隠匿行為の”再犯”にありますから、県教育員会も”懲戒処分”せざるを得ないので、軽くて「依願退職」重くて「懲戒免職」の処分になると思います。
 さて、この女性教諭は、
「高橋智実」天格22・地格24・総格46
この「2・4・6」系列の配列、先日の関越道のバス事故運転手「河野化山」も、同じ「2・4・6」系列でしたね。要するに、「2」系列という数は、他の才能や運気は別としても、「ある日、突然”事件事故”が発生し、そのため職(場合によっては”命”までも?)を失うなどの不幸が訪れる。」のですよ。
 実にお気の毒! あの難関な「教員採用試験」の合格した教諭の職種を、”恋の病”から身を捨てた行為、公私混同の分別も付かなくなるのは、なんと「”事件・事故”を呼ぶ姓名」に原因があったとは・・・?
 どうですか? 私の「天命数霊術」だからこそ、この事件の概要も理解できるのですよ。・・・天格2系列の怖さ・・・身に染みるでしょう。

必読!「佑・祐・裕・侑・宥」など人名には不向きか?
[第1604回](小凶)・・・5月21日(大吉)

 (次のようにコメントで質問がありましたが、説明が長くなりますので、本文で採り上げました。)
『 初めまして。 いつもブログを興味深く拝見させて頂いております。
質問なのですが望月岳陽様が以前、「裕」「佑」などは使わないほうがよいとおっしゃっていましたが何故でしょうか?二字での使用はOKなのでしょうか?
私の名前に裕の文字があります。また、佑は生まれてくる息子に使おうと考えておりました。
裕や、佑は天皇家にしか使えないような強力すぎるパワーが有るからでしょうか?
それとも形が不安定だからでしょうか? 』

 このブログは、5年間約1600回になります。初めのころに「(人名に)運気が良い字・良くない字」を数回に分けて説明してきました。そのうえ、”センス”を高めて頂くため、「芸術・芸能・文学・歴史など」も題材にブログを継続してきました。ですから、私のブログを1600回を読み、理解された方なら、なぜ?”弱運”で”センス”がない字体を使用しないのか?が、ご理解できていると思っていました。
 いいですか? 結論から言えば、”ゆう”と読む「裕・佑・祐・侑・友・由・勇・・・」などは、 標豸察匹ナンバー2以下を表意。◆漂険κ未譟匹靴笋垢ぁ鰭坩堕蝓鼻C棒に必要な”賢俊さ雄大さ”がない。そ性に必要な”優雅さ”がない。
などから、私の説では人名に使用しないのです。

 私の「天命数霊術」は、五大条件(_菴語意8豸鮫げ惨境ノ玉)のほか、全体を通じてネーミングデザインとして、「”センス”が絶対に必要!」と言いましたね。そのために「芸術・芸能・文学・音楽・・・歴史」なども題材にブログを継続した訳です。
 もちろん、このセンスというものは、「ローマは、一日にして成らず!」ですから、もしブランドの「天命数霊術」を修得されたいのであれば、日頃から世の中のあらゆる事象「上記の例示ほか、政治・経済・行政・法律(事件・事故との関連)・・・」なども関心を高めていくことです。
 そこに、熊崎式姓名術により改名された方が、再改名依頼された方も多いのです。要するに「センスがない名には、運気が宿らず!」です。
例えば、先日のバス事故を起こした「河野化山」容疑者、”化山”とは良い名だと思いますか? 雅号で”かざん”と言った場合、「華山」ならセンスがあると言えるのですよ。
また、先日の落雷で死亡した少女;「彩加」ちゃん、同じ”あやか”なら、「彩香」や「綾香」の方が”安定感”があると思いませんか?

 さて、冒頭のご質問の「裕」と「佑」を見た第一印象? 「ああ、”賢俊で雄大さ”を感じる・・・」とか、「美しい優雅さを感じる・・・」のような字体でしょうか? 「裕」は”衣”に谷”で「男性には、スケールが小さい」「女性には、限定的であり柔軟な”優雅さ”がない」ので、私は使用していませんし、「佑」は、”人を(右から)助ける”という意味であり、尊いことなのですが、生まれた赤ちゃんの時から、わざわざ”(人のために)苦労する”名づけをしてそれで親子とも満足でしょうか? 
「この子には、できる限り苦労させたくない!」と思うのが親心でしょう。ですから、このような字体は2〜3字名の一部にも使用しません。まして、あの世でも苦労するような「戒名」でも、私は絶対に使用しません。無理にそのような字体を使用しなくても、他に”強運な字体”もあるのですから・・・。
 本当に運気が良い字体に「強過ぎる!」と言うことはありません。しかし、神仏の尊名や僧侶の出家名には、「”火”⇒”日”」に転換する「光・照・輝・・・」などを使用する例外がありますが、天皇家でも人名であり、「強すぎる」という字体はありませんが、明治時代までは、天皇のご尊名の字体は庶民は遠慮していただけの話で、”強過ぎる字体”などありません。しかし、現在でも「皇・聖・貴・尊・・・」などの字体で名づけるのは、”自ら尊大ぶる”字体なので、避けた方が良いと思いますよ・・・。   

必読!"神仏の加護”は?3文字左右別れ、落雷による少女死亡!
[第1603回](小吉)・・・5月18日(中吉)

(始めにお断りしますが、「亡くなった人を、実例に挙げるのは如何かと思う」という批判がありますが、私のブログの意図は、「2ちゃんねる」のように”中傷すること”が目的ではなく、「再び悲惨な事件事故に遭遇して欲しくない」という目的で、事実関係はニュースで公表された範囲内で、実例を挙げて”防ぐ方法”を説明していますので、目的に”違法性”がないことを申し添えます。もし、”仮名”で投稿しても、皆さんに説得力がありませんよね。)


『 落雷で意識不明となっていた11歳の女の子が死亡しました。』
とのニュース。
 今月6日、埼玉県桶川市で発生した雷に打たれ、意識不明の重体となっていた小学6年生の「関根彩加」さん(11)が16日夕方、入院先の病院で死亡しました。当時、彩加さんは、母親らと4人で犬を連れて市内の「ドッグラン」に遊びに来ていましたが、雨が降ってきたため、木の下で雨宿りをしていたところ、雷に打たれたということです。

”落雷とは・・・”ご家族も全く予期しない災難! 本当にお気の毒で、ましてこれから将来がある少女に落雷とは・・・? 昨日の2歳男児の餓死事件もそうですが、一体、神仏はなぜ? 罪もない子どもを犠牲にして天に召すのか? 私はその疑問ついて、何十年研究しても、明快な解答は宗教人からもないのです。
 そこで、私は神仏の意向に逆らって、一人でも多くの子どもが、「健康で、賢く、性格良く」成長し、立派に社会貢献したうえ100歳の長寿まで・・・という信念から「天命数霊術」を開発したのですよ。

 さて、この不幸な災難に見舞われた「関根彩加」さん、
「関根彩加」天格25・地格15・総格40
この姓名、「天命数霊術」の_菴瑤ら見れば、「5」系列のダブりであり、"健康で賢く、将来典型的な「良妻賢母」型"の姓名です。
 しかし、この姓名で問題なのは、ノ玉(風水上の”形”による安定感)が不十分なのです。
 この安定した形の姓名でなければ、普段、いかに健康で賢く、性格が良い子どもでも、「ある日、突然の”事件事故”に遭遇する可能性が高い!」のです。
 いいですか、この”形からの安定感”を見極めるには、姓名を”縦書き”にして見てください。
 「関根彩加」の”根””彩””加”の「3文字連続の左右別れ字体」になっており、しかも姓名の一番下が「加」では、上3文字を支える”ドッシリ”した安定感がない形になっていますね。「加」という形の字体は、下に使用するのではなく、例えば「加奈子」のように上に使用する字体です。
 もし、この「加」が、同じ”か”の発音である「香」であれば、「関根彩香」となり、ドッシリした安定感ばかりではなく、_菴瑤痢崔漏19」となり、ベストに近い姓名になります。
 この姓名なら、自然災害の”落雷”にも遭遇せず、将来楽しみな少女でしたでしょう。僅か、ほんの1字が生命を加護してくれるのですよ・・・。 

必読!正義感「5」も「2・7」の組合せの「小坂雄造」被告!
[第1602回](大凶)・・・5月17日(小吉)

『 生まれた時は、親(祖父母)の願い;「雄々しい男性になるように・・・」と名付けてから39年の歳月、ところが2歳のわが子を”餓死”させた「小坂雄造」被告。本人の刑事責任はもちろんあります。・・・でも、「天命数霊術」を知らなかったとは言え、「小坂」姓には「雄造」は適合しない。不適合な名付けられた”親子(祖父母と子・雄造)”とも”不運”だったのですよ。
 そこに「罪を憎んで、人を憎まず。」という法解釈の理念が生じてくるのです。餓死した2歳の蒼志ちゃん、どんなに苦しかったか、こんな幼い子を餓死させる運命を授けた「”神仏”の存在」こそ疑問に思うのですよ。 』

 このニュース内容は、皆さん良くご承知でしょうから、事細かに記載しません。私のブログは”別の角度”から捉えるのです。
 事件概要;千葉県柏市の無職、小坂里美被告(28)は去年5月、長男の蒼志ちゃん(当時2)を放置し、餓死させたとして夫の雄造被告(39)とともに保護責任者遺棄致死などの罪に問われています。

先ず、姓名判断をしてみましょう。
「小坂雄造」天格15・地格17・総格32
「小坂里美」天格10・地格16・総格26
「小坂蒼志」天格16・地格14・総格30

どうですか、この3人を比較して観ただけでも、「運気の吉凶・性格の強弱」がすぐ解りますね。妻は夫の言いなりになっていたこと、「”切れやすい”タイプ」と「”従順”なタイプ」の差がある典型的な事例です。
言い換えれば、「7・2」の”気ままで切れやすい”タイプと、「6・0」の”おとなしく陰にこもる”タイプ! とても「7・2」タイプに反抗できず、無理難題でも従うしかない性格なのです。
 でも、皆さんは、夫には”男らしい正義感”がある天格15があるではないか・・・? と疑問に思われるでしょうが、それは「天A+地B=総X」「天A=苗字の1字目+名の1字目」の原則を当てはめて見てください。
 何だか、難しく見えますが、慣れれば瞬間に解るのですよ。
 この公式を当てはめてみますと、「15+17=32」であり、その15は「15=3+12」ですから、名「雄=12」の”気ままな性格”が、”男らしい正義感”が一人よがりな勝手解釈の性格が出る「15」になるのです。
 要するに、折角の「15」が短所に働くパターンで、世間一般に言う「ワンマン亭主」(最近多い「DV」亭主を含む)のタイプなのです。
 このタイプには、次のパターンがあります。(系列のみで、下1桁のみ表示)
 5+7=2」◆5+2=7」「7+5=2」ぁ2+5=7」

 このように数には、相手(組み合わせ数)次第で、吉にも凶にも転換してくる数があります。他の顕著な数は、「6」という数でしたね。すでに投稿済ですから、過去のブログを再読してください。
 ですから、男女お互いに、相手次第で「毒にもなれば、薬にもなる!」のが、私が開発した”数霊理論”なのです。
 姓名の僅か3ヵ所で、運気・性格が即断できるのです。そこには日本中の5ヵ所判断も必要がない「簡潔な姓名判断術」だと、ご理解頂けましたでしょうか・・・?

必読!”交通事故”の原因分析に「運・不運」が抜けている。
[第1601回](大吉)・・・5月16日(小吉)

『 毎日のように全国で死亡事故が発生している”交通事故”。その原因を警察庁では分析していますが、これらの原因の裏には、すべて「運・不運」があるのです。まさか、警察行政で”占い的”な原因を採用する訳にも行かないでしょうからね。・・・でも、加害者・被害者の双方が、その「運・不運」に操られているのは確かなのです・・・』

 警察庁は、交通事故の要因を、大きく分けて3つに分けています。
 ナ(自動車、バイク、自転車、歩行者など)
◆タ祐(認知、決定、判断、操作など)
.環境(道路構造、環境構造物、視界・景観・天候など)
この中でも特に重要なのは、やはり人間、つまり人的要因でしょう。
更に、人間による交通事故の直接の原因として考えられるのは、「人体変化による要因」「認知の遅れ」「意思判断・決定誤り」「運転操作(行為)誤り」などです。
事故の主要原因となっている「安全運転義務違反」は「運転操作(行為)誤り」に該当しますし、飲酒運転なら「人体変化による要因」ですね。
 ところが、交通事故の現状は、そんな統計分析をしても、事故件数を減少させることは難しいのですよ。

先日の「関越道のバス事故」や「方々で通学路の列に車が突っ込んだ事故」など、凡そ交通事故というもの、特定な人への”殺意”がある事故ではなく、重過失事故でも”過失”という限り、加害者も被害者も”不運”に見舞われたのですよ。
 いいですか? 高速バス事業者が、仮に法令違反していても、違反したバス事業者のバスが全て事故を起こす訳ではなく、偶然乗り合わせたバスの乗客でも、死亡者もあり軽症者もおられるのですよ。
 仮に眠くなっても、「運気が良い運転手」なら、最悪でも初期の蛇行運転に気付いて、シッカリ目を覚ますはずです。
 私事ですが、私も若き頃、大阪から信州の上高地・乗鞍などの日帰旅行や、夜間に軽井沢まで一気に運転したことは何度かありますが、不思議なことにハンドルを握ると、それまでどんなに眠くても、”シッカリ”と目が覚めるのですよ。
 それに運転中は、助手席の者とは話をしても、絶対に顔を見ず、まっすぐ前のみを見て話し、1秒だに脇見運転をしません。
 事故を起こす人、景色・助手席の顔・カーナビ・ラジオ・エアコンなど操作の脇見運転が多く、1秒の差が大事故になる場合があるからです。
 このように細心の注意を払っていますから、約45年間、”対人対物事故”など”ゼロ”なのですよ。しかも、私は高齢者に似ず未だに”機敏な運転”で、現役のころ、職場の人から「中年暴走族?」と冗談を言われながらも、無事故で今日まで来れたのは、すべて「運」が良かったと思っています。
 「運」が良くない人は、こちらがどんなに安全運転でも、対向車が正面衝突してきます。そして、ある運気がない事例、毎年のように、大小の接触事故を起こす男性(天格2系列で、全て”偶数”の姓名)がおられましたが、数年前の改名以後、一度の事故もないそうです。
 警察庁の”交通事故原因分析”も良いでしょうが、「天格2系列の偶数が多い人」や「3文字以上の左右別れの姓名」を改名すれば、全国の交通事故件数は半減しますよ・・・。
交通事故の加害者も、被害者も、その原因の大半が「運・不運」の結果なのですよ。

必読!無理な追跡か?警察車両;それとも被害者の運命か?
[第1600回](大凶)・・・5月15日(大吉)

『 一つの事象から、何が問題なのか? どうしたら良いのか? など思考する習慣を身に付けましょう。そして改善策が判明し実行すれば、世の中が進歩していくのです。』

 さて、今日のニュース。
『 警察車両の無理な追跡か? 違反車両が橋の欄干に激突!助手席の男性が死亡!14日午後11時25分頃、愛知県岡崎市日名西町の矢作川に架かる「日名橋で、ワンボックスカーが橋の欄干に衝突し、横転しているのを覆面パトカーで追跡してきた県警岡崎署署員が見つけた。
この事故で助手席の同市昭和町、会社員「田中秀典」さん(26)が車外に投げ出され、全身を強く打って死亡。運転していた市内の飲食店従業員の男性(26)も右腕に軽いけが。
また、近くでは、ワゴン車が堤防道路から転落しており、運転手の男性(56)が頭に軽いけが。ワンボックスカーを避けようとして転落したとみられる。
発表によると、ワンボックスカーが同市内の"右折禁止"の場所で右折したところを覆面パトカーで巡回していた同署員が見つけ、停止を求めた。車はいったん止まったが、署員が声を掛けようとしたところ逃走したという。
田中さんら2人は同級生で、市内の飲食店で”酒”を飲んだ後、帰宅途中だった。同署は男性が”飲酒運転”をしたとみている。』

 この事件に付いては、「警察車両の無理な追跡からの事故か?」という警察への批判サイトもありますが、やはり「”飲酒運転”で”右折禁止”違反車両」が逃走のため追跡なら、警察車両も合法的で過失性もないでしょう。
 でも、現実に「助手席にいた26歳の青年の”死”」が、遺族や社会に及ぼす影響は大きい。毎日のように発生する交通事故! その裏には被害者の”前途は無く”なり、遺族の”悲しみ”、引いては前途ある青年を失った”社会・国家の損失”、それから”運転していた同期生”、生涯「自分の過ちで、親友を亡くし、本人にも家族にも申し訳ない・・・!」との後悔は生涯続くのですよ。
 何度も投稿済ですが、「”交通事故”は、誰も得をする者がいない。」のです!
 私が改名したある母親の話、
「 今年もまた、息子の命日が来ます。事故から13年目、21歳だった息子は生きていれば、34歳にもなるのですね。今年も運転していた同級生が、毎年”お母さん、すみませんでした。”と、毎年の命日には仏壇と墓参りをしてくれるのですよ。もう今年で13年目ですから、”もう、息子のことは忘れてください。”と言いましたら、”いえ、私の命がある限り、毎年の命日にはお参りさせてください。”と逆に頼まれたのですよ。」
と、今どき感動の話題です。
 一瞬の若気の至りで、暴走事故による親友の死!
 助手席の親友を死に齎した責任感が強い青年は、中年になっても”心の傷”を抱えています。反面、一人息子を亡くした母親の”寂しい気持ち”も痛いほど解ります。
「 ニュースでは報道されない”交通事故”の裏話」を紹介しました。
「交通事故で、得する者は誰もいないのですから、”交通事故”を避けられる姓名と車両ナンバー! 少なくとも、この点に注意すれば、不思議に奇跡を呼び”交通事故”は避けられるのですよ。」
 (私は、約45年間、毎日運転していますが、対人・対物事故は”ゼロ”です。これも”奇跡的な運”ですよ。)
 さて、このブログでは、沢山の”事件事故”を呼ぶ実例、先日の「河野化山」バス運転手でも紹介しましたように、姓名の「天格12・22」など”2”系列は、絶対に避けて下さい。
「田中秀典」天格12・地格12・総格24
この人も、26歳の1昨日まで元気だったのです。まさか、14日に交通事故で死亡するとは・・・? 本人も友人も家族も予想していなかったのですよ。
 何歳になっても「天格2系列」の方、”事件事故”に遭遇する可能性は高いのです。ご自分の生涯のため、ご家族のため、社会のために、「天格2系列の姓名」は、何を置いても、最優先で改名をお勧めしますよ・・・。

必読!超有名な「香川真司」選手の呆れた姓名判断あり。
[第1599回](大吉)・・・5月13日(小吉)

『 プロサッカー選手では、日本を代表する超有名選手「香川真司」の姓名判断?! 日本中の熊崎式では、実に呆れた判断になるのです。皆さん、こんな矛盾だらけの判断ですから、「姓名判断とは、いい加減なもの?」と、賢い人ほど信じなくなるのですよ。』

 昨日のニュース。
「ドイツカップ決勝が12日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが5−2でMF宇佐美貴史が所属するバイエルンを下し、23シーズンぶり3度目のドイツカップ制覇を達成した。」
とのことで、海外でも香川選手の活躍は、世界的にも有名になっています。
 ところが、あるサイトで「香川真司」選手を姓名判断してみると、まあ、”間違い”や”矛盾だらけ”の判断で、呆れましたねぇ〜。
 これが、日本中の熊崎式姓名判断であり、それでも「姓名学」とか「統計学」と言って、全国の皆さんを信用させているのですが、この説の真偽は「なぜ?どこからその判断ができるのか?」と思考すれば、すぐ”いい加減な説!”と判明するはずです。

[私の説]では、
「香川真司」天格19・地格8・総格27
となり、天格19の"昇順数"(7⇒8⇒9)で、ベスト配列のパターンです。
非常にシンプルで、即決判断ができます。

ところが、日本中の熊崎式姓名判断は、次のとおりヤヤコシクて、間違いや矛盾だらけの判断になることに、気付きませんか・・・?
[日本中の説]の判断
「香川真司」天運12・人運13・地運15・総運27・外運14

★香川真司さんの総運は27画の3つ星!
 頭脳明晰だが、強情で摩擦が多く孤立する。人生を表す1番重要な運勢です。生涯を通じて影響する総合運となり、主に50歳以降の晩年期に影響を及ぼします。
★香川真司さんの人運は13画の5つ星!
 才能に恵まれ人気がある。名声を手に入れる。円満な人生。性格や才能などを表す2番目に重要な運勢です。人間関係や協調性、社会的な成功に影響します。 主に20歳から50歳ぐらいまでの中年期の運勢を表します。

(ここまでの判断は、まだ良いのです。しかし、次から矛盾点(特に太字)がありますね。

★香川真司さんの外運は14画の1つ星!
 トラブルが多く孤独を味わう。自滅に注意
生活面を象徴する運勢です。外部から受ける影響力を表し、結婚運、家庭運や職場、環境への順応性を表します。
★香川真司さんの地運は15画の4つ星!
 人徳があり出世する。順調に物事を進め円満な人生。
個性を表す基礎的な運勢です。性格形成や対人関係、行動力など家庭環境に影響されます。主に誕生してから20歳くらいまでの若年期の運勢を表します。
★香川真司さんの天運は12画の1つ星!
 意志薄弱で失敗が多く挫折しやすい。病気に注意
家系が持つ宿命的な運勢を表します。祖先から受け継いだ苗字ですので自分の力が及びません。家柄を象徴します。

 皆さん、この五ヵ所の判断から、”矛盾・間違い・曖昧な判断”を読み取る力を養ってください。
 特に「・・・影響されます。」という”影響”という用語、非常に”曖昧”で「一体?どう影響されるのか?」が、判断の重要ポイントなのですが、この判断をしていませんね。皆さんも、それが知りたいと思いませんか?
 肝心な判断をしていないのですよ。 
 それに、”お笑い判断”、熊崎式の「天運」というのは、「香川」という”苗字”では・・・? それを判断して「意志薄弱で失敗が多く挫折しやすい。病気に注意」とは???  それでは全国の「香川」さん、これじゃ、同姓の人みなさん、”意志薄弱・失敗・挫折・病気”では、生きる望みも努力も無駄になりますね。「香川家」のご一家、お父さん・お母さん・長男も・長女も、みんな揃って、「はい、意志薄弱・失敗・挫折・病気」ですって・・・! この判断では漫才・落語のネタになるかも?
 それに何度も投稿していますが、苗字で”家柄”なんて全く解りませんよ。
それに熊崎式は、若年運・中年運・晩年運と三等分にしていますが、この根拠はなく、現在の平均寿命から見て、実にいい加減な分類です。
「 0〜20歳」・・・若年(20年間)
「20〜50歳」・・・中年(30年間)
「50〜??」・・・晩年(平均寿命まで30年間?) 
 20歳代の方、あなたは「中年?」の意識ありますか?
 現在、50歳代の現役でバリバリ働いていて、「晩年?」の意識がありますか?
 実に熊崎式は、平均寿命50歳代の昔話で、世界一の長寿国”日本”は「人生80年の時代」ですよ。30年の誤差を無視した説に呆れたものです。
それに、数の評価分類として、「1つ星〜5つ星」も疑問? 
 数というのは、配列や化合する数により、「長所もあれば、短所にも作用し、毒にも薬にもなる」性質があるものを、星の数で決められないのです。
 しかし、仮に譲っても、「 13」が5つ星で、「15」が4つ星の根拠? ◆12・14」が1つ星の根拠?」などを、お聴きしたいですね。
この説に何の疑問も待たず、熊崎式を踏襲している有名な姓名判断師、そして全国の名付け神社・寺院にも呆れたものです。
 揃いも揃って、「なぜか?根拠は何か?判断基準はあるのか?」など、何にも思考しない日本人のなんと多いことでしょう・・・。
 まだまだ、間違い・矛盾点・曖昧な判断がありますが、こんな判断をされた「香川真司」選手は、一体?どんな顔をされるでしょうかねぇ〜。
 それでも、「80年以上の伝統あり、日本中に普及している熊崎式姓名判断は素晴らしい!」と思われるのでしょうか?

必読!同じ「田」を”耕”しても、”2”と”5”では異なる運勢。
[第1598回](中吉)・・・5月11日(大吉)

『 「田を耕し、収穫があるような子に・・・」という親の思い、苗字に「田」があり、子の名付けに「耕す」があっても、天命は”数霊”により、天と地の違いを与えます。皆さん、何でも「0・2」系列は”ご法度!”であり、「9・5」系列は”大歓迎!”を生涯忘れずに・・・。これをこのブログで知っただけでも、生涯の”お買い得!”ですよ。』

 またまた、天格2系列の「殺害事件」発生。
「 国立天文台の日本人研究者が、南米のチリで殺害された事件で、25歳の男が逮捕されました・・・。」
とのニュース。
 この事件は7日未明、チリの首都サンティアゴで、天文学の国際プロジェクトに参加していた国立天文台の「森田耕一郎」教授(58)が、自宅アパート前で何者かに襲われ、搬送先の病院で脳挫傷で死亡したものです。
 森田さんの財布や携帯電話が紛失していた現状から、警察は強盗目的の犯行とみて捜査していましたが、25歳の「クリストフェル・キハダ」容疑者を強盗と殺人の容疑で逮捕したと発表しました。
 警察によると、キハダ容疑者が森田さんのアパートの周辺をうろついているのを、付近の住民が目撃していたことから捜査線上に浮上。10日になってサンティアゴ中心部の路上で発見し、逮捕したということです。

 どうですか、森田教授はとても人柄の良い研究者であり、まさかご本人もご家族も、58歳の事件前日の6日までは、「殺害」されるなど夢にも予測されていなかったと思います。それが”天命”なのです。
 森田教授の姓名は、
「森田耕一郎」天格22・地格6・補格9・総格37 
 ”事件事故死”ばかりは、明日の予測もできないものです。
 ”占い”なら死の予言をするでしょうが、それこそ的中率はとても80%もありませんよ。しかも”占い”は根拠・判断基準がなく、推測で言うのですから、実にいい加減なものです。先日の投稿のように、私の姓名判断の的中率80%の”例外20%”を批判して来る非常識な人に呆れたものです。
 いいですか、的中率80%と言うのは、”統計”など採れるはずがなく、私の経験則からあくまで”感触”に過ぎないのですが、天格「0・2」系列は絶対に避けてください。これは年齢に関係なく、0〜100歳以上でも”事件事故死”⇒天格2系列、”病死”⇒天格0系列(地格9・5系列なら中和)になります。
 私の感触では、「”事件事故死”の的中率は、90%!」と思っています。
 その実例は、過去のブログで沢山証明していますので、再読してください。

この森田教授に対して、同じ「田」が付く苗字;ノーベル受賞者「田中耕一」氏、同じ”田”を”耕”しても、天格15・地格5・総格20 であり、「5」のダブりが総格20を長所に転換して、運気を向上させているからこそ、若い43歳(後厄?)の年に人生最大の幸運に恵まれたのですよ。
 『 正に「0・2」を捨て、「9・5」の人生を・・・』を、普及させましょう。 交通事故などの死亡件数も半減すると、すでに何度も投稿済ですね。
 この「数霊の神秘」をご存じない研究者;森田教授には大変お気の毒でした。 もし、私にご縁があれば、まだまだ天文学で世界に貢献されたでしょうに・・・。残念です・・・。

必読!不思議?類似の運命か?俳優「小栗 旬」と「塩谷 瞬」
[第1597回](中吉)・・・5月10日(大凶)

『 同じ「しゅん」でも、俳優「小栗 旬(おぐり しゅん)」と俳優「塩谷 瞬(しおや しゅん)」の二人。非常に共通した運勢を持っているのか? ”どっちがドッチ?”というほど、運勢が酷似しており、前世も良きライバルではなかったのか? というほどです。 』

この二人は、どちらも29歳ですから、約30年前はそれほどの流行名はなかったのですが、呼び名がどちらも”しゅん”。
 ”しゆん”という字体には、「旬・俊・駿・峻・竣・瞬・隼・春」など、比較的多くあります。
でも、同じ1982年生まれの29歳ですが、「旬」又は「瞬」の一字で名付けた運勢の違いは・・・? など、この二人を比較して観たことがありますか?
[類似点] 
〕道冤橡討酷似(でも身長は「旬」が高い) 
誕生年度(「旬」は1982.12.26,、「瞬」は、1982.6.7で、同じ29歳)
1撚茵Ε疋薀沺ι饌罎稜侏ァι饌翡侏ァ声優など多才
い匹舛蕕癲漂戸き”
イ匹舛蕕癲氷盥暫翅燹
Δ匹舛蕕盞殘召任呂覆「本名」。
[相違点]
―仗斑蓮─崕棔廚賄豕都、「瞬」は金沢市
血液型;「旬」はO型、「瞬」はA型。
生い立ち;「旬」は、父親が舞台監督など経済的苦労はなく育っているが、「瞬」は、幼少期に両親が離婚、小3まで不登校。小4年から新聞配達、スーパーの清掃手伝い、中学生で年齢を隠して土木作業員など経験し、経済的に大変な苦労のうえの今日の成功者となる。

 さあ、皆さん、どちらも俳優としての成功者。しかし、同じ頂上を極めても、表参道か、裏参道かの違いがあります。
 「瞬」さんの苦労した成長過程には、現在では珍しいくらいの”涙の物語”がある点が、裏参道で今日の栄誉を勝ち取った苦労人なのです。
 さて、二人の姓名を比較して観ましょう。

「小栗 旬」天格9・地格10・総格19
「塩谷 瞬」天格31・地格7・総格38

 どちらも同じ呼び名の”しゅん”。でも「旬」(季節の区切り)と「瞬」(瞬きほどの短い時間)の違い。
それに、画数の比較;「旬」氏は”9”のダブりで、対外的な運気も抜群ですが、「瞬」氏は「9・5」の数意;”神亀”の「首と腹」がなく、天格31の「1」系列は「尻尾」で””夢・希望・計画”を持つのですが、それを実現するためには大変な苦労をします。
しかし、天格には、「瞬=18」を含み、しかも総格38から、とても”思いやり”がある”優しい性格”ですが、これだけでは成功できません。この「瞬」氏の気の毒なくらいの逆境に耐えて来れたのは、「31+7」の”1”と”7”の配列を見落とさないでください。
この「7」は”やる気・根性・負けん気”の長所が出ているからです。なぜなら、総格が8系列と天格1系列の2ヵ所あるので、「吉:凶=2:1」の比率になるので、その7は長所に転換し、”切れやすい”短所の性格が中和されるからです。

 どうですか、ご自分の姓名から”人生の運気”という、一見、天から与えられた宿命とも思い、みなさんは諦めていますが、俳優の大御所「松平 健」氏のように「末七→健」の改名一つで、天格13→19」となり、人生は180度好転するのですよ。
 「塩谷 瞬」氏も”瞬”と名付けられなかったら、幼少のころから苦労せず済んでいたことでしょう。
(余談ですが、この「塩谷」を「しお”や”」と呼んでいますから、現在の出身は金沢市でも、江戸時代以前は”信濃”又は”関東”の武家出身だと推定されます。なお、「塩」という字体は、熊崎式が主張する”旧字体”ではなく、江戸時代以前でも現在の”新漢字”と同様、「塩=13」の字体で使用されていた”武鑑”などの証拠があります。この1点だけでも、日本中の熊崎式は研究不足です。)
(参 考)
 昨晩、とても嬉しいメールを頂きました。
『 望月岳陽先生、先日はお電話をいただきありがとうございます。
改名によるおかげで、今月から給料が上がることになりました。あまりに突然でしたのでびっくりしましたが、昇運とはこういう事なのかと感じました。
開業免許状は9日に受け取り、早速部屋に掛けました。
まだまだ未熟ではありますが、日々勉強して少しでも天命数霊術の普及と発展のために尽力したいと思いますので、今後ともご教授をお願いします。
よろしくお願いします。』 

必読!恵まれない就職不況か?自殺者が急増??
[第1596回](小吉)・・・5月9日(大吉)

『 就活失敗し自殺する若者急増…4年で2・5倍に・・・』
という暗いニュース。

 今から述懐すると良き時代であったかも・・・? 世の中、東京オリンピックから大阪万博へと始まった高度成長期の中間期に、私は国家公務員を選んでに任官しました。 その当時、私のような未熟者でも、一流企業の内定(推薦)と大学院博士課程(兼;助手採用なので給与支給あり)への推薦と、この三つの選択に迫られていた”贅沢な悩み”に、良き時代であったことを、ニュースを見て思い出したのです。
 当時の就職活動は、大学4年生からが当たり前のことで、現在のように3年生からではないので、落ち着いて専門科目の勉強に没頭できました。(もっとも私は修士課程を希望していたので、一切就職活動の経験はなしです。)
 ところが、現在の風景・・・、 
 「 50社以上を出願しましたが、すべてダメでした・・・」という学生の悲痛なコメントがテレビで放映されているのを見ると、「なんと、気の毒なことだ!本人の落胆と焦り、ご両親も折角大学を出したけど・・・のご心配も如何ばかりか?」と、私はいつも思うのですよ。
 ”世界的な不況が、日本にも・・・?”
  内閣府は1日、自殺対策に関する意識調査の結果を発表しました。
 毎年、3万人以上の自殺者が出ていますが、この内閣府の調査では、「自殺を考えた経験がある人」は全体で23.4%となり、2008年2月の前回調査より4.3ポイント増えています。年代別では20歳代の28.4%が最も多く、特に20歳代女性は33.6%と、前回調査(21.8%)から大幅に増えていると発表しています。
この問題付いての専門家、NHKの「クローズアップ現代」で、コメントされた私の母校;関西大学「森岡孝二」教授は、次のように現状分析されています。
 『 実際の就活自殺者は、2009年度から2010年度にかけて、二倍になりました。「就活うつ」という言葉は前からありました。就活自殺の原因には、今の学生が少子化などで大事に育てられ、”打たれ弱く”なっていることもあると言われていますが、自殺にまで至る背景には、非正規採用(臨時)が多いと言う現実の厳しさに失望する原因があります。
 そして、問題が深刻になっても、公にはなりません。被害者は分かっても、加害者が特定できないためです。・・・
と、久ぶりに適切な専門家の意見を聴いたようで、やはり「森岡孝二」教授の姓名、天格19・総格29の[9]のダブりの人は違います。
 また、余談ですが、同じNHK「クローズアップ現代」で、「社会の安全性研究」が専門で、コメントされた関西大学「安部誠治」教授も、天格19・地格19の方でした。このように、大学教授など学者には、脳学者「茂木健一郎」氏(天格19・地格5・補格9)のように、”9”があれば”最大吉数”ということが、実証されますね。それでも、私は謙虚に的中率は80%と言っているのです。
 昨日のブログのように、すぐ”2ちゃんねる”で、日本語も幼稚で下品な言葉遣いで、人を中傷する学生がいたとしたら、私が面接者なら、いくら東大・京大の学生でも採用しませんよ。実社会には”不適格者”だからです。
 現在でも、海外青年協力隊やボランテア活動など社会貢献するような学生なら、この厳しい就職活動でも、数社から内定を受けている学生もいます。
 要は、いつの時代でも、”自力本願”が必要で、世の中不況でも”運気”の良い学生は就職できているのです。
(参 考)
  昨晩頂いたメールです。(固有名詞は省略)
『 望月岳陽 先生、先日はわざわざお電話ありがとうございました。
本日、到着致しました!額が想像より大きくものすごい迫力で驚きました。
明日から一日21回新しい名前を心を込めて書き、新しい素敵な人生を早く迎えたいと願っています。
本当にありがとうございました。
早速、◇◇子で就職活動をしていますが、面接の連絡がいくつも来ています。今までは考えられない事です。希望の職種につける様頑張ります。
これからもよろしくお願い致します。』  

必読!世の中に「100%は、”死亡率”」くらいである。
[第1595回](大吉)・・・5月8日(中吉)

『 私の説の的中率は、約80%と謙遜して記載すると、早速、20%は外れるではないか、との中傷コメント! おそらく熊崎式の業者だと思いますが、では熊崎式では、一体?”何%”の的中率? 第一”9・19”を大凶としている説の的中率は、先ず外れてばかり・・・。
「イチロー」も「ダルビッシュ」も9画と19画で、熊崎式では”大凶”で外れている。私の説は、謙遜で約80%と言えば、20%は外れるではないか?とのコメントに呆れたものです。
膨大な予算を注ぎ込んだ地震の的中率は低く、竜巻の発生的中率はなんと1%に過ぎないとか! 私の姓名判断が「80%当れば上等だ!」と評価されても良いと思います。そして、世の中の殆どのものには例外が付き物です。 
 こんな理解がない人こそ、日本の一般人として”例外な人”です。しかも、私の説が20%は外れると、”2ちゃんねる”や”ツイッター”に書き込むと脅して来ているのです。ものごとの真実を見極める人は意外に少なく、無記名投稿の”2ちゃんねる”を信じてしまう平凡な人が多いのですよ。
  世の中に、100%のものは、年齢差はあっても「死亡率のみが100%であり、先ず、例外がないものです。」』

 それに、このように中傷する人(「白銀」というニックネーム)は、真実を理解する能力がなく、嫉妬心丸出しの人が多いです。
 「姓名判断」の的中率が80%と言っているのであって、私が「命名・改名した好転率まで、80%で20%は効果がないと言っているのではないのです。
 自分勝手に解釈して、命名・改名費用まで高いと言っていますが、物事の価値観がない人です。「日本初の姓名判断術」であり、”著作権”あるブランドです。それに対比して、80年間も進歩がなく、しかも”根拠・判断基準”がない人マネの説はそんなに価値がないと思いますが・・・。ちょうど100円均一の商品のような物と、同じ費用と考える軽率さに呆れたものです。「中古の軽自動車と新車のベンツと、同じ値段にせよ」と主張しているようなもの。かって投稿したのですが、「同じ油絵でも、ピンからキリまで・・・ピカソの100億、ムンクの96億まで・・・。備前焼の茶碗でも、千円から国宝まで・・・」、こんな道理の解らない人が、私の費用は高すぎる・・・と中傷しているのです。熊崎式の業者でも、27〜30万円で私の2倍の人、姓名判断でも、私は1人5千円ですが、広島の某氏は1人8万円の所があることも、紹介済ですね。こんな実態も知らず、私の費用(母子家庭などは値引き・分割可)は高すぎると、何を基準に判断しているのか? 正に、私の説に嫉妬している業者からだと思いますが、中傷コメントが、久しぶりに入りました。
 皆さんは、無記名で、人を陥れる目的で事実を曲げてまで書き込みする「2ちゃんねる」を信じますか・・・? 私は「2ちゃんねる」など、レベルが低く下品な日本語表現なので、全く読んでいません。・・・霊能者の娘から、時々通報がある程度です。
 正に「2ちゃんねる」は、”社会悪”に利用されていますよ。
「世の中に「100%は、”死亡率”」くらいです。」 

必読!災害は、低地・埋立地のほか「平野」にも注意!
[第1594回](小凶)・・・5月6日(小吉)

『 日本、過去最大の”竜巻”で、栃木・茨城地方は甚大な被害に驚き、被災者のお気の毒な様子に、全国のみなさんも心を痛めておられると思います。昨年”卯”年の大地震に続いて、今年”辰年”だから、”竜巻”の被害・・・? みなさん、そんな単純なことを考えないでください。”干支”は「植物」ですから、”干支と災害”とは何の関係もなく、今回の過去最大の”竜巻”は、”地球の異常気象”が原因だと思いますよ。』

 でも、”竜巻”というのは、いくら異常気象だから・・・と言っても、日本列島のどこでも発生する訳ではないのですよ。
 それは、暖気と寒気がブツカリ、”上昇気流”が左回転(台風と同様)で、”力”を貯めやすい「広い”平野”の地形」が必要なのです。
 専門家も、「平野が続く関東地方は、”竜巻”を起こす積乱雲の形が山などによって崩れにくく、反面、地面が平坦な地域が広大であることから、特定の発生地域の想定が難しく、広い範囲で起きやすい。」と指摘します。
 「1つはスーパーセルという特殊な積乱雲の、自分で回転を作り出す竜巻。もう1つは局地前線。片方で南風、片方で北風が吹くと、その境目は風向きが急に変わっているので渦を巻きやすい」とも言っています。
 実に、災害には特徴があり、「地震は全国に分布する活断層」、「津波は沿岸部の海抜30m以下の低地」、「液状化は明治時代以降の埋立地」「竜巻発生の可能性が大の平野部」など、あとは「崖崩れの急傾斜地」「地盤が軟弱な地すべり地区」「豪雨で浸水する低地」「活火山の噴火」など、日本列島は”災害のデパート”のようです。
 さて、みなさん、災害を受ける可能性が最も少ない地域とは,約40年前に「岡田光玉」氏(「世界真光文明教団;教え主(教祖)」)の講演会を拝聴したとき、「地震・津波・竜巻・低地の浸水や液状化などの被害を避けるには、必ず”海抜30m”以上の”高台”に居住しなさい。」という予言と想定話が、私はとても印象に残っています。
 私は宗教家の言葉を信じなく、神仏の存在さえ疑っている私ですが、政府の「地震予知連絡会」も予言できなかった災害の想定話には、いつまでも印象に残っています。
 どうも専門の大学教授の話は、「災害の後講釈?」が多いようで、あんまり国民の安全に寄与していないような気がします。
 昨年の東日本大震災と大津波、浦安の液状化、そして今回の”竜巻”の大被害?・・・何だか、一つも的中した想定がなく、これでは専門学者は宗教家や霊能者にも劣り、私の「天命数霊術」さえ、的中率は約80%の自信があるのですよ。かなりの国家予算を注ぎ込んでいるのですから、専門家はもう少し”災害の的中率”を高めて頂きたいですね。
 そうすれば、できる限り「高台への都市開発」をして、人命も救助できたと思われますよ。予言・予測が困難な竜巻が、もし予測できていたら、「鈴木佳介」くん(14)も災害死することもなかったと思います・・・。  

必読!「こいのぼり」になれなかった「龍人」ちゃん(3歳)
[第1593回](小吉)・・・5月5日(大吉)

『 "魚龍変化"という故事から、「こいのぼり」は、実は”魚に喩えた平凡な男の子”が”龍のような立派な男性”に成長して、”昇り龍”になることを願う行事の一つです。ですから、”魚”が”龍”のように空を泳いでいるのです。』

 さて、「子どもの日」(端午の節句)は、成功数”5”のゾロ目の日で、昔は男子の成長を願う日、ところがお気の毒にも、前日の4日、「子どもの日」を待たずに用水路に落ちて水死しましたとのニュース。
 ゴールデンウィークを襲った大雨、被災地で幼い犠牲者が出ました。宮城県石巻市で仮設住宅に住む祖父の家に遊びに来ていた「本城龍人(りゅうと)」ちゃん(3歳)の男の子が用水路で死亡しているのが見つかりました。増水した用水路に落ちて溺れたとみられています。
 3歳と言えば、まだ膝の上に乗る”一番可愛い盛り”、でも”決して目が離されない一番チョロチョロする年頃”、用水路で水死とは? どんな事情があったか解りませんが、やはり親の”不注意”でしょうね。。
 しかし、”表向き”は親の不注意といいますが、この事故死の全ては、親子ともに”不運”だったのですよ。
 確かに、「龍人」くんが誕生したとき、ご一家は大変なお喜びで、『 将来は、”龍のような立派な男子”に成長するように・・・』と名付けられたことが拝察できます。ところが、天命は”親の願い”も聞き入れず、龍人くんの生涯を僅か3歳で奪ったのは、一体、どんな理由があるのでしょうか?
 いいですか、「神仏の加護」を超越したのが、皆さんそれぞれの「天命=宿命+運命」なのですよ。人の生命というのは、神社やお寺参りをいかにしても、「天命」で幼くして、天に召されることがあります。
 その「天命」がいかにその人に影響しているのか? これが、神仏を超越したパワーが「後天八卦図(神亀の図)」にあるのです。
 もし、この世に神仏が存在するなら、何の罪もないあどけない幼い子の命を、なぜ奪うのでしょうか? なぜ、健康・知能・財産などの格差社会を創造させ、人間界を苦しめているのでしょうか?「神仏は、存在していない証拠だ」と思いますよ。逆に、「”人間”が、架空の”神仏”を創造した現象」だから、祈願しても必ずしも効果がないのですよ。
 ところで、この「龍のような立派な人」への願望の姓名、
「本城龍人」天格21・地格11・総格32
いいですか、この「1」系列のダブりで「2」系列の結果(総格)になるパターンの姓名は、天格2系列と同様に、”事件事故”を呼ぶ可能性が高いのですよ。この「1」というのは、神亀の”尻尾”でしたね。尻尾が2つあっても、生存に必要なエサを食べる”首(9)”とそれを消化する”内臓(5)"がない姓名になっているのですよ。これでは亀(人間)も生存できませんね。
 ”龍”という字体は、本来、とても運気が良いのですが、苗字により適不適があるのですよ。  

必読!憲法記念日;中国の人権弁護士「陳 光誠」氏を思う。
[第1591回](大吉)・・・5月3日(小吉)

『 日本では、政府が人権活動家を迫害することはない。でも、中国をはじめ、中近東諸国・東南アジア諸国では、日本では考えられないほど、民主化は進んでいない。日本国憲法のお蔭を感謝しなければならない祝日なのです。』

 日本では、憲法で基本的人権と民主主義が保障されているので、公共の福祉や法令に反しない限り、どんなブログやツイッターを書こうが、政府から弾圧や迫害を受けることはなく、他国に比し有難い国に住んでいるのですよ。
 ところが、「東亜新報」の記事には、次のような掲載がありました。
(原文を要約)
迫害受けるほど強まる人権と民主主義への信念
  ・・・陳光誠氏の脱出助けた胡佳氏・・・
「(陳)光誠とツイッターから我々は気がつく。塀を越える者だけが自由であることを・・・」
 中国の人権運動家の「胡 佳」氏(39)は4月29日、自身のツイッターにこう書き込んだ。この書き込みは複雑な意味を含んでいます。「陳 光誠」氏とは、今月22日に軟禁されていた自宅の塀を越えて脱出し、北京の米国大使館の保護を受けている人権弁護士のことです。もう一つの意味は、ツイッターへのアクセスを禁止している中国インターネット検閲プログラム;「万里の長城ファイヤウォール」を突破しろ!と呼びかけているのです。中国のネットユーザーたちは、ネット迂回プログラムを「塀を越えるプログラム」と呼んでいます。
  胡氏は、陳弁護士の脱出を助けた容疑で連行され、24時間、中国当局の尋問を受けたのです。
 胡氏が28日にツイッターに書いた内容から、二人の人権運動家の間に深い友情と同士愛が感じられます。
ところで、彼が、このたび”盲目”の人権活動家「陳 光誠」氏を自宅軟禁から脱出させ、北京のアメリカ大使館に保護され、北京市内の病院に入りました。 アメリカ側が「陳氏の安全が保障された」とする一方で、中国は「アメリカ側のやり方は内政干渉であり、中国は受け入れられない。米国側に謝罪を要求する」(中国中央テレビ)とのこと。
 友人の弁護士は、陳氏が腸炎を患っていて、自宅軟禁中に1度も医師の診断を受けられなかったことを明らかにしました。
こうした中、3日から開かれる「米中の戦略経済対話」のため北京入りしたクリントン国務長官は、陳氏が安全な環境で高いレベルの研究を続けられるようにすることなどで中国政府と合意したとする声明を発表しました。アメリカのメディアによりますと、陳氏は、クリントン長官と電話で話した際、「あなたにキスをしたい」と、英語で感謝の気持ちを表したといいます。・・・」
とのニュース。
 まあ、このように中国の民主化はまだまだ進んでおらず、一部の信念を持った人権活動家が、妨害や迫害に負けず、中国の将来のために犠牲を払っている現状、その国家政策の適否は別としても、「信念を持ち、人のために尽くす行為」には尊いものがあります。
 さて、このような人の姓名は、どのような判断になるのでしょうか?
「胡  佳 」天格17・地格 0・総格27
「陳 光誠」天格17・地格13・総格30
(「陳」の簡体文字は「陈=8」ですから、天格は14になりますが、14=7×2で”7”系列と同義になります。)
 一般に中国人の姓名でも、日本人と同様に判断したら良いのです。
 この二人は、天格がどちらも「17」であり、本来は”自己主張が強く、切れやすい”のですが、胡氏は「佳=8」を含み、一方の”語源”が良いので、”7”系列の長所が出て”負けず嫌い・根性・やる気”が行動的になり、しかも「佳=8」から”思いやりある人”という判断になります。その性格と行動を「7」のダブりから2倍持っている人なのです。
 次に陳氏も”7系列”の長所が出たのは「光=6」と「誠=13」であり、総格も「30と小吉・弱運」の画数ですが、「誠」の語源が良いことから、”8”と同様に”3”のダブりの要素を含んでもおり、胡氏にとても類似した性格と行動力です。ところが「光」=”火”の光から盲目になられ、通常の人なら対外的な人権活動などできにくいのですが、やはりそれを上回る天格7系列の”負けん気・やる気・根性”の人になられ、将来はノーベル平和賞の候補ともなられるかも知れません。
 それにしても、日本は人権活動・民主運動もほんの一部の人に任せている平和の現状であり、「憲法記念日」を中心とした五月の連休を、国民の大半が憲法のことなど忘れて行楽できるのは、””平和憲法”のお蔭なのですよ。

(お知らせ)
このたび、「Facebook「天命数霊術」公式ページ」がお弟子さんの制作でオープン! リンクできるようになっていますので、ご覧ください。

必読!名付けの重要度順位;ヤフーの知恵袋から・・・。
[第1590回](小凶)・・・5月2日(大凶)

『 「何を重視して名付けますか・・・?」というヤフーの知恵袋で質疑がありました。この質疑の問答でも、投稿者の”理解度”が解ります。』

 その質疑で、「姓名判断は、どの程度参考にしますか?」という質問に対して、
 崟名判断なんて、全く気にしない」
◆峩А廚噺世錣譴譴亠い砲覆襦
「姓名判断を重視して、名前を付ける」
など、様々な方がいますが・・・。
ある方の意見、最近の流行名を嘆いてか、次の意見がありました。
(原文どおり)
『 私は、名前の「重要度」から言えば、名前は、
1.読みやすい。
2.書きやすい。
3.語感が良い。
が、最重要で、
4.親が気に入ってる名前。
5.姓名判断を考慮した名前。
くらいの順位で考えていますけど。』
とのことで、この精神(1〜5)は「天命数霊術」と共通するところがあります。
 ただ、この5番目の「姓名判断を考慮した名前」が問題でしょうね。この「姓名判断」は、一番最後に考慮されていますが、「従来の日本中の説が信用がない」ことを示していると思いますよ。
 お子さんの名付けを検討された経験がある方は、お解りでしょうが、「1〜3」の条件を漠然と思考していると、妊娠中から何ヵ月経っても、「ああでもない、こうでもない」と迷い、結局、最近の流行名に頼ってしまうので、本当の”運気”が良い姓名の名付けを逃してしまうのです。
 ところが、先ず第一に「天命数霊術」の_菴語意8豸鮫げ惨境ノ玉(形)の順で思考して行けば、はるかにスンナリと”運気ベスト”の名付けができますよ。
 ヤフーの知恵袋の質疑を読んでも、従来の伝統?ある「姓名判断術」の信用がないこと、このうえないですね。正に”占い”という捉え方をしている方ばかりで、文系の科学「天命数霊術」をご存じない方の多いこと。
 皆さん、皆さんの友人・知人にも、私の説の普及宣伝方、よろしく願います。
 昨日のブログのように、「”魔”の2系列」を知るだけでも、日本の交通事故を半減させる社会貢献ができるのですよ・・・。

必読!「河野化山」バス運転手;天格12のため大事故か?
[第1589回](大吉)・・・5月1日(大吉)

『 ”交通事故”は、今日まで元気でも、明日の日に大事故を起こし、”加害者”になるのか? あるいは”被害者”となるのか? こればかりは、神様でも予想できないでしょう。ところが、”いつ?”ということは、科学でも証明できませんが、「天命数霊術」から言えば、姓名の天格(苗字と名前の1字目どおしの和)が「2系列」なら、”交通事故”の加害者又は被害者となる可能性が非常に高いのですよ。・・・』

 姓名の天格2系列が、交通事故や災害にも遭遇する可能性が、非常に高い!という実証例を、全国のニュースからも、このブログでかなり多く紹介してきました。
 極論では決してないのです。『 "2"があなたの命を奪うか、生涯”苦労”させられるか?』という”2こそ魔物”なのです。
 しかも、運転手1人が天格12なら、同乗の乗客のすべてが”影響”を受けた事例も沢山紹介してきましたし、ご家族の1人でも”天格12”なら、他の家族全員に影響されるのですよ。例えば、大黒柱のご主人が交通事故で死亡したり、大事な息子さんが傷害で車椅子の生活になれば、家族全員が影響を受けるのですよ。
 それが、『姓名の天格を、「2」系列しないこと』さえ、守って頂ければ、日本の交通事故件数は、早急に半減させることができます。
 この真実が信じられない人は、先ず、このブログ1600回近くを再読してから、「信じられない!」と言ってください。

 さて、前置きが長くなりましたが、
「群馬県の関越道で7人が死亡した観光バス衝突事故」のニュース、
『 警察は、バスの運転手の男を自動車運転過失致死傷の疑いで逮捕しました。逮捕されたのは、千葉県のバス会社「陸援隊」の運転手「河野化山」容疑者(43)です。河野容疑者は29日朝、運転していた大型バスで防音壁に衝突し、乗客7人を死亡させたほか、38人に重軽傷を負わせた疑い。
 河野容疑者もケガをしていましたが、病院で詳しく検査した結果、容体はそれほど重くなく、入院する必要はないとの判断が出たことから逮捕に踏み切ったということです。河野容疑者は、事故直後に「居眠りしていた」と警察に話していました。捜査本部では、1日から本格的な取り調べを始め、事故直前までの勤務状態や運行状況について全容解明を急ぐ方針です。』
とのニュース。

 どうですか、非常に珍しい姓名ですが、
「河野化山」天格12・地格14・総格26
この配列「2・4・6」は、男性の姓名として、非常に”運気”が良くないと、先日のブログにも紹介事例を投稿しました。
 この配列なら、「いつの日か、交通事故の加害者にも被害者にもなる可能性が非常に高い!!!」のですよ。
 それに”語意”の流れ、異常な名前?ですね。
「 大きな”河”も、広い”野”も、”山”に”化ける”???」とは、一体、容疑者のご両親、どんな愛情を持って、この「化山(かざん)」と名付けられたのでしょうか? 非常に興味がありますね。
 同じ、”かざん”の呼び名なら、江戸時代の文人「渡辺崋山(かざん)」の「崋山」なら、今回の事故はなかったでしょう。
 今回の事故は、バス会社の社長「針生裕美秀」氏も、偶然か、天格2系列・地格4系列と同一であり、天格22(「針=10」+「裕=12」=22)の姓名で、”事件事故”を呼ぶ”ダブル”だったとも考えられ、これが事故被害を大きくさせたとも考えられます・・・。