Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2012 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!大晦日にお通夜か?右折に失敗し青年4人事故死。
[第1773回](小吉)・・・12月31日(大吉)

『 全く、お気の毒ですね。世間は大晦日でTVで「”紅白”や”バラエティ番組”」浮かれているとき、被害者家族も加害者家族も、大事に育ててきた18〜22歳4人の息子さんが交通事故死。
 昨日30日の夜明けの事故ですから、「大晦日が”お通夜”」になるのでは・・・? 何の事情でドライブかも判りませんが、夜明けの4時近くにグループでドライブとは・・・?異常の行動と推測されます。
 それにしても、交差点で右折に失敗し、同乗者3人死亡・4人の重軽傷。それに直進車の1人も衝突で、死亡の大事故なのです。・・・』

 さて、また年末の交通事故死ニュースです。
『 30日午前3時50分ごろ、香川・宇多津町の交差点で、右折中のワゴン車と直進してきた乗用車が衝突し、4人が死亡、4人が負傷しました。
 坂出署によると、死亡したのは、いずれも男性でワゴン車に乗っていた同県丸亀市「藤本 仁」さん(18)、同県善通寺市「柳原 隆」さん(18)、運転していた男性工員1人(19)の三人が死亡。それに直進の乗用車を運転していた同県三豊市「関 龍馬」さん(22)など、合わせて四人が死亡の大事故です。。
 この事故は、交差点で右折に失敗したワゴン車(7人)に、直進の乗用車(1人)が衝突した。ワゴン車の左側面と乗用車のバンパーが衝突し、ワゴン車は横転。衝撃でワゴン車に乗っていた人が車外に投げ出され、事故が大きくなりました。』
とのことです。
 そこで、姓名が判明している死亡者三人を観ますと、
「藤本 仁」天格22・地格5・総格27
「柳原 隆」天格20・地格10・総格30
「関 龍馬」天格30・地格10・総格40


どうですか、藤本さんは”事件事故を呼ぶ”「天格22」ですね。それに「仁」の1字では、「藤」の画数が「18」から見て名前に安定感がないですよ。 男性の姓名は、下に重心を下げるのが運気が良いのです。そのためにも「○太郎・◇一郎」で三文字にして安定感を出すのです。昔の武家は、例えば「源 九郎」のみでは安定感を欠くので、そこに「源九郎義経」のように武家の”名乗り”を付ければ、一層の安定感が生じる利点があります。もっとも、世界一115歳の長寿「木村次郎右衛門」さんのように、長くなくても良いのです。
 次に「柳原」さんと「関」さんの二人は、どちらも”偶数”ばかりの「0(ゼロ)」のトリプル。この配列は、”交通事故や病気の凶気”を受けやすい運気になり、撥ね退けるパワーがない姓名になります。
 要するに、凶気は”奇数”で撥ね退け、”偶数”で受けやすい「数の不思議な性格」があります。

 ところで、話を戻しますと、交差点で「右折を失敗すれば、直進車と衝突し、死亡事故など大事故に繋がる。」ことを、胆に命じてください。
 交差点での右折する注意点と事故を避けるノウハウ(教習所でも教えない)がありますが、長くなりますので、次の機会に・・・。
 年末年始は、飲酒運転・疲労運転・未熟運転などで、大事故を避けるよう『遠山の構え、間合いを執る』という剣術の格言を思い出して、安全運転を願います。私は、これで46年間の対人・対物事故は「ゼロ」が更新できました。

(今年一年も、ブログの「読解と普及」のご協力有難うございました。)

必読!逆も真なり。「最上稲荷大社」に一足早い初詣。
[第1772回](大凶)・・・12月29日(大吉)

『 何でも、人の逆!? 昨日の29日、午後から晴天で気温も上がってきたので、これはチャンス。一足早い初詣か? 日本三大稲荷「最上稲荷大社」に参詣してきました。私は毎年、1年間の”お礼”に参詣しており、年頭の”お願い”ではないのですから、年末で良いのです。』

 今年の日本三大稲荷;「最上稲荷大社」の初詣予想は、3が日で”58万人”とか! 正月3が日は 、それはもう車と人の大渋滞。15年前の”元旦”に車で行き、約2時間の渋滞にコリてから、初詣は愛犬を連れて、静寂な境内を散歩できる近くの氏神様(中規模神社)に決めています。(この神社は、私の父方の大先祖「足利尊氏」の戦勝祈願目的に、赤松氏が建立した神社です。)
 お蔭様で昨日は、58万人予想の最上稲荷でも、人影まばら・・・。受付で祈祷申込みして本堂に入ると、1時間間隔で管長以下7人の僧侶から祈祷して頂けるのに、なんと私1人なんですよ。やがて開始の時間になり、ボチボチと本堂に祈祷依頼者が三々五々に集まり、やっと15人ぐらい。
 ところがですよ。これが大晦日から3が日、押すな押すなと人の波、本堂に祈祷1回につき約300人詰め込んで、しかも普段30分のお経を15分で切り上げ、本尊三神の前に進んでお祈りすることも、僧侶が参拝者の背中を、一人ずつ浄化して頂けるのも、正月は”一切省略”!
 「ハイ、お次!」と流れ作業のようで、そこに静寂・敬虔な祈りなど微塵にも感じられないのが、3が日の初詣風景ですよ・・・。
 まして、渋滞を押して、やっとたどり着き、本堂での祈祷を受けず、お賽銭箱にチャリンと小銭を入れて、口のうちでブツブツ念じても、「最上三神」はあなたのことを、「一体?どこの誰やら、何の願いなのか? それとも、お礼に来たのか? サッパリ判らん!」と毎年思われていますよ。何しろ、58万人の参拝者のこと、イチイチ覚えられるか!? とのお怒りでは・・・?
 全く、主神の「女神さまも、三面大黒さま・八大龍王さま」も、この3が日と節分行事には、どっとお疲れではないか・・・?とも思い、15年前から年末参詣に決めているのですよ。その理由の一つ;管長が三神に向かい「住所・願主名・年齢・祈願目的」を、一人ずつ読み上げて頂けるのですよ。
 正月3が日は、この読み上げも一切省略(何しろ1回で300人も読み上げられませんよ。)。
 どうですか、普段の日と正月3が日との”待遇の差?”は大きいでしょう。
 初詣は、近くの氏神さまにして、大神社には5日〜15日の間に参詣すれば、渋滞も避け、本堂で管長以下7人の僧侶から、丁寧な祈祷を受けられるのですよ。
 賢明な皆さんは、どちらがお得の参詣か・・・? 言わずと知れていますよね。
 さて、この最上稲荷の主神は「女神」さまですが、日本三大稲荷として全国から企業経営者の参詣が多いのは、金運などのご利益がある「三面大黒天」が脇神として、鎮座されているからです。
この三面とは、「正面が大黒天・右面が毘沙門天・左面が弁財天の顔」であり、「一般の大黒天に比べて、ご利益が著しいから、最上稲荷はお参りが多い。」と、私が懇意にしている仏師「長谷川隆鳳」氏から聴いています。。
 その大黒天は「衣食住」を護り、毘沙門天は「勇気と力」を、弁財天は「美と才能」を与えて頂けるそうです。

 私は、何度も投稿していますように「無神仏論者」ですが、私の娘が「霊能者」であり、「最上稲荷さんだけは、相性が良いので、時おり体を浄化し、パワーアップしてください・・・」と、娘の指令により参詣しているのですよ。
 そのお蔭なのか、今年もどうやら健康に過ごせたことの”お礼”が目的に、1足早い初詣にした訳でした。 

必読!私と同い年の”はだしのゲン”「中沢啓治」氏が死亡!
[第1771回](大吉)・・・12月29日(大吉)

『 私と同級生の年代、”はだしのゲン”で有名な漫画家「中沢啓治」氏が、私の誕生日今月19日に73歳で死亡していたとか。一方、口から出任せを言う占い師「細木数子」がTBSの正月番組に再登板とか・・・? 同い年であっても、73年の人生はまちまち・・・。そうかと思えば、世界一の長寿115歳「木村次郎右衛門」さんの話題・・・。一体、神仏は何を尺度に、人の寿命を決めているのでしょうか?』

 「ふまれても ふまれても 強く まっすぐに のびる麦に…」
という一節、「中沢 啓治」氏ご自身による原爆の被爆体験を元にした漫画、『はだしのゲン』は記憶に残っています。
 この19日に肺がんのため、73歳で亡くなられました。被爆者で漫画家「中沢啓治」氏が、その作品の中で、母親が子どもたちに語り掛ける場面を描いています。
分かりやすい描写と強烈なメッセージで原爆や戦争を告発し、「核兵器廃絶と反戦」への強い思いを最期まで燃やし続けた中沢さんでした。
 しかし、父や姉、弟を奪った原爆や戦争の話になると、目つきが鋭くなり「戦争、原爆がなければ、家族が散り散りになることも、僕らの住んでいた広島がメチャクチャになることもなかった」と言い、戦争責任と原爆の問題を世に問うため、「こん畜生、こん畜生」とペンに怒りをぶつけていましたね。
 彼は、非常に正義感が強く、一般の人、特に戦争や原爆の被害に遭遇していない若い人から見れば、異常に感じるのでしょう。
 彼に対する批判サイトを読んで見てください。「彼は、反日で共産党だ!」などボロカスに批判していますが、当時の広島で原爆に遭い、家族三人を失い、広島の焼野原の中で、餓死して行く子どもたちを見てきたら、軽はずみに「反日だとか、共産党だ!」と批判する心無い書き込みはできないはずです。
 私も彼を弁護すれば、また私のことを「反日だ、共産党だ!」とバカげた書き込みをする人もいるのですよ。
 彼も私も「世の中のすべて、”是々非々”(良いことは良い、悪いことは悪い)」の精神で、一般の人より正義感が強いだけなのです。ですから、私は「政治・宗教思想は中立ですが、少なくとも日本文化を愛し、剣道・居合抜き・刀剣・詩吟・書道・日本画・邦楽などの趣味がある者を、反日だとか、日教組だ、共産党だ!」なんて、実にバカげたレベルが低い批判は、私には通用しないことを肝に銘じて頂きたい。このようなことを、サイトやコメント、以前にはFAX送信で書き込みして、私の信用を妨害している呆れた若い人もいるのですよ。
 戦争も原爆も知らない世代が、軽はずみに「反日だ、共産党だ、日教組だ!」という呆れた書き込み。私は広島原爆の閃光と黒雲を、本家に縁故疎開した県境の島根県側から見ていた体験があるのです。
 彼は、各地で体験談を講演していますが、「中沢さんにとっての平和って何ですか」と小学生に問われ、「皆さんとこうして自由に話ができ、意見を交わせること」と優しく答えています。その背景には、”言論の自由”が認められず、”戦争に反対した父親が非国民呼ばわりされた経験”があるそうです。「どんなことを言われても、戦争だけは反対しろよ。」との父親が生前、そう呼び掛けた言葉は、そのまま主役ゲンの思いでしょう。
 ところで、中沢さんには、中学2年になる「元(げん)」という名の孫がおられます。この思いは、「核兵器や戦争のない世界」を築いていってほしいとの遺志で、未来を担う若い世代が、心無い書き込みなどせず、ゲンとともに受け継ぎ、実現させてほしいと、天国から願っておられることでしょう。
 ところで、彼の姓名は正義感の塊りのような人でした。
「中沢 啓治」天格15・地格15・総格30

「5」系列のダブりで、”正義感”が人一倍強く、”信用・信頼”を大事にする方であり、総格30と地格には「治=8」を含んでいますので、「3・8」タイプの要素もあり、”思いやりの心”も持っておられた方です。
 私と同年齢の方が、また一人先立たれましたのは、寂しい気持ちですが、世界一の長寿115歳「木村次郎右衛門」さんからみれば、まだ私の年代では子どもか孫ですよ。実に、創造主の神仏は、不公平な扱いをしますね。正義感が強い「中沢 啓治」氏は、天国でも平和を訴え、不公平な世の中にしないよう講演していることでしょう・・・。

必読!一瞬の不注意で死亡事故;天格「2」系列の主婦。
[第1770回](中凶)・・・12月28日(中吉)

『 一瞬の不注意で、交差点内事故だけでも年間3万件の人身事故。年末年始は飲酒の機会が多く、疲労や僅かの過失から信号を見落とし人の命を奪い、再び遺族の下には還らぬ人となる。でも、不思議なことに、加害者の姓名からの影響が大きく、またまた天格「2」系列の主婦が、信号無視で他の乗用車に衝突、帰省中の小学生が死亡。
 飲酒や薬物の原因を除けば、交通事故は殆ど一瞬の不注意、普段は善良な市民でも犯罪者となり、刑事と民事の両責任が重く圧し掛かるのです。』

 かって、判決の時、裁判官が被告人に諭した言葉、
「あなたと被害者の違いが分かりますか。それは、あなたは刑期を終えれば帰ることができますが、死亡した被害者は2度と遺族の前に帰って来ません」と言われたそうですが、どんなに遺族に償いをしても報ゆることはできないのです。
 さて、昨日の交通事故ニュース。」
『 27日午後3時ごろ、三重・鈴鹿市三日市町の市道の交差点で、直進しようとした6人乗りの乗用車の側面に、左側から来た車が衝突した。乗用車の後部座席に座っていた小学6年の女児(11)が死亡し、運転していた祖父(58)ら5人が重軽傷を負った。
 県警鈴鹿署は、衝突した車を運転していた鈴鹿市白子、主婦「朝井恵美子」容疑者(48)を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した。「赤信号を見落とした」と容疑を認めているという。
 同署によると、女児は冬休みを利用して東京から帰省。祖父母と小学2年の弟(8)、いとこ2人と買い物に出掛けた帰りだった。』
とのニュース。
 楽しかったクリスマスも過ぎ、正月を楽しみに買い物をしての帰り道、突然の小6の女児死亡以下5人の重軽傷の大事故。この原因が、普段は善良な市民が一瞬の不注意で、加害者として現行犯逮捕されるのですよ。
 怖い話ですよ。運転する者、誰でも加害者になる可能性があり、何年かの刑務所暮らしになり、家族にも大きな負担をかけるのです。
 この不幸な事故に遭遇するのも、「人の”運”」です。
 昨日、温泉の露天風呂で雑談した老紳士の息子さん、「2年半前に死亡事故を起こしまして、現在服役中です・・・」とのこと。
 そこで、「事故事件を起こすのは、本人の”運”が大きく左右します。差支えなければ、お名前を・・・」と姓名を尋ねますと、やはり「天12・地16・総28」でした。「とても人柄が温厚で、真面目な息子さんですね。」と言いますと、そのお父さんは”その通りです”と涙ぐんでいました。
 いいですか、一瞬の事故というのは、普段の人格とは全く別物なのです。
 だれでも起こりうる可能性があるのですが、「姓名が天格2系列であれば、絶対に避けてください。刑事責任や・民事補償から見れば、改名の手数や費用は微々たるもの。」です。
 ところで、終わりになりましたが、この事故の加害者、
「朝井恵美子」天格22・地格13・補格3・総格38

どうですか、このブログ1700回余りを再読して見てください。いかに天格2系列の”事故事件”の加害者・被害者が多いのか、不思議と思いませんか?
 この判断結果になるのは、「苗字と名前の一字目の画数を加えた数」で判断する「天命数霊術」だからこそ、的中するのです。
 日本中の五剖式姓名判断では、矛盾した判断になり、的中するはずがないのです。それでも、根拠を示さず、昨日、私への中傷コメントがありました。
 理解力がない平凡な人が、この世に多いことが良く判りますよ。

必読!「韓ドラ時代劇」に完敗!最低評価「平 清盛」大河ドラマ。
[第1769回](大吉)・・・12月26日(小吉)

『 これほど面白くないNHK大河ドラマ「平 清盛」は、数十年来初めてで、私の感想も兵庫県知事の感想と同様です。もともと「源 頼朝」や「源 義経」と異なり、「平 清盛」は国民的人気がないうえ、主役の「松山ケンイチ」も平家の公達としての品格の良さが、容姿に表れていない。
 第一、視聴者を魅了するスケールが誠に小さくて、殆ど屋敷内の暗いイメージであり、全体的に画像が暗く、史実が不明確ですから人間関係も不明確、バックミュージックも同じ音楽ばかりで、変化がない。こんな面白くないドラマは初めてで、後半は殆ど見ておらず、民放TVのチャンネルにチェンジ・・・・・。
 これに比較にもならないくらい「韓国ドラマ時代劇」の素晴らしさ。いくら「NHKは、国を挙げて製作する韓国と異なり予算が少ないから・・・」と言っても、程度問題である。韓国ドラマと比較にもならないドラマなら、恥をかくだけで止めたら良いと思われたのは、私一人だけの感想ではなく、大河ドラマ史上最低の視聴率7%代であったことで、証明されていると思いますよ・・・』

 さて、平安時代の「平 清盛」が遷都を計画した神戸の「福原京」を、観光資源として思惑があった兵庫県知事が、冒頭のように「せっかくの神戸PRチャンスを逃した」という不満から、次のような発言が話題になっています。
 ニュースによりますと、
『☆「注文したのに変わらず」と兵庫知事;大河ドラマ「平清盛」に不満☆
 兵庫県の「井戸敏三」知事は25日の記者会見で、過去最低の視聴率だったNHK大河ドラマ「平清盛」について、一視聴者の意見と前置きし「(物語は)大変分かりにくかった。あれだけ注文したのに画面は変わらず、もう少し工夫があってもよかった」と持論を展開した。
兵庫県は「平清盛」ゆかりの地。ドラマに合わせて観光客誘致を進めていた井戸知事は、今年1月のドラマ開始直後に「画面に鮮やかさがなく"汚い"。番組の人気で、観光も影響を受ける」と酷評、知事の発言に多数の批判が寄せられたことも話題になった。
 井戸知事はその後も「明るい画質を検討してほしい」などと、注文や批判を続けていた。』
とのことです。
 この井戸知事の不満は、当然だと思いましたよ。せっかくの観光客誘致の期待を裏切られた知事の立場なら、なおさらです。
 このドラマを製作した関係者(俳優・女優を除く)は、実にプロとしてのセンスがない。このような関係者も、「韓国ドラマ時代劇」を観賞しているでしょうから、こんな恥ずかしいようなドラマでは、無駄な1年間であったと思います。
 韓ドラ時代劇、かっては「チャングムの誓い」、「朱蒙(チュモン)」そして現在NHK再放送「イ・サン」など、毎週、楽しみに観賞していましたよ。
 お蔭で、古代朝鮮史にも関心が生じて、本屋に行き買い求めて、「高句麗・新羅・百済」と「古代日本」との関係を勉強したり、特に「古代鉄の製法」なども関心を持つことができたのも、「韓ドラ時代劇」の魅力から生じたものでした。
 それが、少しも魅力を感じないドラマ「平 清盛」により、史実の「平 清盛」の人物評価もダウンしたのでは・・・・・?
 いいですか、大河ドラマは、国民への教育の一環であり、かって「源 頼朝」や「足利尊氏」「明智光秀」なども、史実の人物評価も変化してきましたね。
 それほど、メデアの影響は大きいのですよ。

必読!夢を壊す;「サンタは実在?」と「エトは動物?」
[第1768回](中吉)・・・12月25日(大吉)

『 夢を持っているのは、子どもの「サンタ」と大人の「エト」でしょうね。
子どもはサンタからのプレゼントを楽しみにしているが、大人は毎年のことエトを繰り返し「来年こそは金運がある”巳年(ヘビ年)だ”」とか、言って、夢を持つのは、まるで子どものようだ・・・? 昔から、子どもへの「サンタの実在」を信じさせる親の苦労は大変・・・。何歳まで、夢を壊さないようにできるか?は、親の”策謀?と演技力?”がモノを言う。
 一方、”エト”は私がブログを始めた5年前、早々「エトは”植物”の成長過程であり、縁起と関係ある”動物”ではない。」と夢を壊しましたね。
 でも、罪がない「エープリルフール(四月ばか)」のような”ウソ”は良いのですが、エトを”縁起の売り物”にする社寺や占い師が許せなかったのです。 』

 さて、子どもに夢を与えるのは良いですが、何の良い行為をした訳でもなく、ただ月日が過ぎれば「クリスマスはサンタからプレゼント!」「正月は親戚からもお年玉!」「誕生日も友人らからプレゼント!」など、人から貰うことばかり考えて、それが当たり前の習慣で、もし、貰えなかったら、不満を言う子どもにしてはならないのです。大人になると、「他人から”貰う”ことが好きな大人になり、”与える”という弱者を救済するとか、思いやりの精神が少なくなるのでは・・・?」といつも思っています。

 ところで、ヤフーの知恵袋を読んでいますと、「止むを得ない状況になり、3歳の女児ですが、私が「本当は、サンタはいないのよ」と言い、娘の夢を壊しました。・・・」とのこと。それにしても、早過ぎる年齢ですよ。でも、3歳で”サンタの存在”に疑問に持つとは・・・?素晴らしい賢い子ですよ。ぜひ、姓名を知りたいと思いましたが・・・。
 余談ですが、私の夫婦は毎年、クリスマスが近くなると、「今年は、どんな”策謀?”で行くか?」と密談して・・・・、上手く罠にハメ、娘は高校1年まで、息子は小学6年生まで、「サンタは実在!」と本気で信じていたのですよ。
 どうですか、私達夫婦はそれはもう”演技賞”を受賞するくらいで、その脚色家としての家内の策謀には感心したものでした。それが遂に、娘は高校のクラスメイトから「あんた、バカじゃあるまいし・・・、まだサンタを信じているの!?」と言われ、とうとう私達夫婦の策謀と演技力は、力尽きたのですよ。
 まあ、年間の行事も、子ども育てる楽しみみたいですが、「毒にならない方便も、時には夢を持たすに必要か」とも思います。
 しかし、子育ても、何でも”疑問”を持つ習慣付けさせることは、将来、文系でも理系でも必要なことなのです。
 いいですか、昨日、「ツタヤ」(大型書店)で、新刊本(赤ちゃんの名付け)を立ち読みして来ましたが、まあ、驚きましたね。他の既刊本と丸写し!どこにも独創的な記述はなく、「物事を思考し、疑問に思わない姓名判断師」には呆れたものです。そして、自分が記述した説の矛盾点に気付かないヵ所が沢山あり呆れた新刊本も多いですよ。
 例えば、画数では「日常、使用している漢字の画数です。」とあり、これは私と同じ考えと喜んで読み進めると、なんと「佐々木」姓は「佐佐木」と変換して「々」は7画で数えると記述されています。
 これには、失望しましたね。「日常、使用する画数!」と総論では言いながら、各論では「日常、使用しない画数」で判断しています。
 こんな矛盾した記述でも、新刊本を信じ切って、何も疑問に思わない大人がいかに多いか、冒頭の「サンタの実在?」に疑問をもった3歳女児に、大人は負けているのですよ。

必読!36年勤めた警察官;姓名一つで人生をフイにする。
[第1767回](小吉)・・・12月24日(小吉)

『 世間は、クリスマスなど浮かれていても、36年間勤めた警察官人生、本人は気付かないでしょうが、”姓名”一つで人生を”奈落の底へ”! 前代未聞の警察官の不祥事・・・!? 』

 そんなバカな・・・? と思われるでしょうが、今までのブログ1760回余りを再読して回顧されれば、”姓名”一つが人生を変えることが判りますでしょう。。
 もう、事件事故の紹介を止め、昨日のようなホットニュースばかりにしたいのですが、”姓名”などの”運気の違い”により、皆さんが「6億円の宝くじ当選か? 交通事故で当て逃げされるか? 生涯務めた退職金をフイにするか? 老後はイチローや浅田真央さんのような子どもに恵まれるのか?・・・」など、同じ茶碗や皿であっても「100円均一から国宝」まで、人生に違いが生じるのですよ。
 それは、いくら神仏祈願しても、災害の犠牲者が出るように、「信仰より、本人の運!」ということ、このブログを書いていて、つくづく思いますよ。

 さて、警察官の前代未聞の「二人殺害と放火事件」のニュース、正に”死刑”に相当する事件です。
『 おととし、富山市の雑居ビルで会社役員の夫婦が殺害、放火された事件で、別の事件で起訴された富山県警の現職の警察官が殺人と放火などの疑いで逮捕されました。逮捕されたのは、富山県警の警部補「加野  猛」容疑者(54)です。加野容疑者は2010年4月、富山市大泉の雑居ビルで、このビルに住む会社役員「福田三郎」さん(79)と妻「信子」さん(75)の首を絞めて"殺害"したあと、室内に油をまいて"放火"した疑いが持たれています。
 加野容疑者は容疑を認めていて、県警は、福田さん夫婦との間に金銭のトラブルや個人的な恨みがあったとみて調べています。
なお、加野容疑者は、捜査情報を知人に漏らしたとして、地方公務員法違反の罪で今月起訴されています。』
とのニュースです。
  いいですか、皆さんの「明日の運命も不明」?と言うのは、何も加害者のみではなく、被害者になる可能性だってあるのですよ。
 では、関係者の姓名は、
加害者「加野  猛」天格16・地格11・総格27
被害者「福田 三郎」天格16・地格14・総格30
同 「福田 信子」天格22・地格8 ・総格30 
 

先ず、加害者の画数配列は、天格16から”男性として弱運”のうえ、「猛=11」を含んでいるので、総格27と二つの「1」系列から、「4・7」タイプに準じた”切れやすい性格”(ただし、運動能力がある警察官に多いタイプ)ですね。
 そのうえ、三文字とも”左右別れの字体”使用で、風水に言う「天斬殺」であり、ある日突然のこと、事件事故に遭遇する運命にあること、何度も投稿しましたよ。それに出来る限り、「猛」など”けもの偏”の字体は、人名に使用しないでください。本人も、愛情を持ってご両親が名付けた姓名が、まさか、自分の人生に大きな影響を与えているなど、夢にも思っていなかったでしょう。
 何度も記載しますが、「親の愛情と子の運気」とは、全く別物なんです。
 親が愛情を持って名付けものがベストなら、この世に犯罪者・死刑囚など存在しません。
 次に、被害者の二人とも総格30ですが、その組み合わせ(X+Y=30)により、運気も性格も異なるという実例なのです。三郎さんは「外見上、大人しく優しい感じですが、何かあると依怙地(頑固に近い)になりやすい性格」ですが、信子さんは「冗談も良く言うような朗らかな性格」ですが、何しろ天格「2」系列で「信」の字体ですから、”苦労性”のうえ、”事件事故”を呼ぶ姓名であり、これがご主人の三郎さんにも、夫婦ですから影響して来たのです。
 どうですか、日本中の説は、総格30のみの判断で「晩年に影響する・・・」と言っていますが、「30」の数で”事件事故”に遭遇するという判断はできないはずです。それで「怖いほど当たる姓名判断!」という本やサイトがありますが、「怖いほど外れる姓名判断」と思いますよ。
 いいですか、姓名を総合して一つの判断でしないと、熊崎式ではバラバラに判断するので、どうしても矛盾した判断になるのです。
     ☆    ☆    ☆
 クリスマスですから、もっと楽しい話題と思いましたが、この警察官の犯罪は前代未聞の不祥事ですから、敢えて投稿しました。
 姓名の吉凶は、いかに人生に影響するか? いや、自分の人生ばかりではなく、周囲に係る人の人生まで影響(「トバッチリ」を受ける)すること、再認識してくださいよ・・・。運気が良くない警察官の姓名が、かかわりを持ったご夫婦にも影響を与え、さらに夫婦間でも互いに影響して来た訳です。
 この反対が昨日の実例、「9」系列の二人の学級委員で、「”担任の命”まで救われる。」という好影響がありましたね。 

必読!担任の命を救った小3学級委員;男女とも「9」のパワー?
[第1766回](小吉)・・・12月23日(小吉)

『 "市消防長表彰"を小学3年クラス全員が受賞。教諭の異変に素早く気付いて連絡し、命を救った児童;冷静に緊急の指導した学級委員の男女二人とも、天格「9」系列のパワー。「9」系列が賢い子を創造し、担任の命まで救う。』

 岐阜新聞のニュース、
『★異変察知!素早く先生と連携;市消防長表彰★
  ☆岐阜市学園町、早田小学校☆
 事件の概要は次のとおりです。
 児童と教職員の迅速な行動が教諭の命を救った。岐阜市学園町の早田小学校で給食時間中、3年生の担任女性教諭が突然、倒れた。反応がなく、一時は心肺停止状態に。しかし、児童の素早い連絡、駆け付けた教職員の対応などで教諭は一命を取り留めた。20日、市消防本部は一連の行動をたたえ、同校に消防長表彰を贈った。
女性教諭が倒れたのは、10月24日の給食配膳中。児童が異変に気付いた。苦しそうに机に伏せる教諭。「先生!」。呼び掛けに返事がなく児童2人が隣のクラスに伝えに行った時だった。突然、床に倒れ込んだという。
児童の一報を受けた隣のクラスの教諭は、職員室に連絡、駆け付けた教職員たちが心臓が動いていないのを確認すると、心臓マッサージで救命処置を試みた。数分後、到着した救急隊の対応で心臓は再び動き出した。この間、児童は騒ぎ立てることなく、動揺する気持ちをぐっとこらえ、椅子に座って見守ったという。
 搬送された教諭は、4日後に意識が戻り、リハビリなどを経て、今月10日に現場復帰した。一歩遅れていれば、命にかかわり、後遺症が残る可能性もあったというが、倒れてから隊員が駆け付けるまでのわずか数分の行動が教諭を救った。 教諭は「みんなのおかげで助かった。本当に感謝しています」と話した。
表彰状などを受けた学級委員の「桐木 俊哉」君と「藤井 菜緒」さんは「先生が戻ってきたことが何よりうれしい。」と声をそろえた。川部誠校長は「初めての経験。子どもも職員も、それぞれ役割を果たし、命を救えて本当に良かった」と話していた。』
とのニュース。

  このように担任が倒れた状況では、通常、クラス全員が騒ぐのが自然ですが、隣クラスに緊急連絡のうえ、全員が静かに見守るよう指導した学級委員二人の措置は感動ものです。
「桐木 俊哉」天格19・地格13・総格32
「藤井 菜緒」天格29・地格18・総格47


「9」系列の出現率は平均10%ですが、二人とも天格が「9」系列とは珍しいケースです。この「9」系列のパワーは、賢くするだけではなく、クラス全体や担任にも好影響を及ぼす”運気”を持っているのです。
 そのうえ、この年齢ならDQNネームやキラキラネームの”流行名”が多いのですが、「桐木」君は”俊=9画”と”哉=9画”を組み合せた典型的な賢い字体を使用していますし、「藤井」さんは画数配列がベストの一態様;”昇順数”ですね。
 この二人が、学級委員である「9」系列のパワーが、担任の命を救ったこと、関係者の誰も気付いていませんよ。
 実に不思議なのです。「9」系列は周囲にも好影響をもたらしますが、逆に「2」系列は悪影響を及ぼします。正に、”数”には「数奇な運命」があることを忘れないでください・・・。

必読!神社参り;1日違いの出産で”数え2歳”とは?
[第1765回](大吉)

『 「えぇ〜、マジかよ! まだ、18歳だと思っていたら、もう20歳かよ。」
 元旦の神社の受付では「12月31日が誕生日ですか。じゃ、年齢欄に20歳と記入してください・・・」だって・・・? 「一体、19の春は12月31日の1日だけで、翌日の元旦は、もう20歳かよ。」と、最上稲荷の受付で聞いた話。』

 そうなんですよ。全国の神社では、”満年齢”ではなく、”数え年”なのです。ですから、12月31日に誕生した赤ちゃん、まだヘソの緒が付いて、除夜の鐘が鳴ると、「はい、おめでとう、2歳になりましたね。」だって・・・? こんなバカなことが、平成の現在でも神社では罷り通っているのです。
 この理由は、胎児であった10ヵ月10日も、数え1歳の期間に入れるから・・・、らしいですが、それなら元旦生まれでも、10ヵ月10日の期間があるうえ、その後の365日も”数え1歳”の期間がある不公平さ・・・?
 いいですか、元旦生まれの赤ちゃん、数え1歳は365日あるのに、前日の大晦日生まれなら、数え1歳は1日のみ・・・?
 神社は、こんな道理に合わないことを平気でしているのですよ。
 私も、最上稲荷神社の受付で、祈祷申し込用紙に「誕生日と年齢」の記入欄があり、私は12月19日生まれですから、僅か12日で”また、一つ歳をとる”のがイヤで、年齢欄は一つ少なく記入。
 すると、決まって「間違っていますよ。もう一つ上ですよ。」と受付の人に言われます。
 「いいんですよ。その年齢で・・・。間違っているのは、”数え年”がお好きな”神様”ですよ。」と、私の憎まれ口。
 私のような中高年になると、1歳でも若返りたく、まして女性なら代変わり、例えば39歳と40歳の違い、49歳と50歳との違い、この1歳の差が精神的ショックが非常に大きい。こんな微妙な心理も考えず、相変わらずの”数え年”年齢を採用とは・・・。神様も無粋な神経の持ち主? 
 要するに、神社でもお寺でも、どこでも「満年齢」で全国統一すれば、国民が少しでも、若々しく明るい気持ちになるのでは・・・?
 さて、この12月31日生まれの有名人。
 男性では俳優「江口洋介」氏、女性では歌人「俵 万智」氏などですが、1月1日生まれの有名人が多いのですよ。
 なんで〜か? それは昔は産婆さんに依頼で自宅出産。「出産証明の日付」は気分次第でどうにもなる。12月クリスマス以降に生まれた子は、「縁起がいいので、元旦生まれにして・・・!」と産婆さんにたのみ、それで戸籍に入れたケースが多かったのです。
 ですから、昔の人の誕生日は当てにならない。どうせ、当てにならないのなら、20歳以上になると、皆が喜ぶ”満年齢”で祈願しても”バチ”は当らないでしょう。もっとも、子どもの時は、「”酒”が飲め、”タバコ”が吸える成人に早くなりたい。」と思うでしょうが・・・。
 どうも社寺は時代に遅れ、道理に合わない「”厄年”も”数え年”で祈願」しており、「エトが植物!」とは公表しないで、相変わらず縁起の絵馬を奉納しています。
 こんな調子ですから、渋滞する元旦の有名神社参りは止めて、ヒッソリとした近所の氏神様に、愛犬を連れて散歩をして来ようと思っています。
 今年も「光陰矢の如し」を実感して、「誕生日も正月も芽出度くもあり、芽出度くもなし」ですよ。

(追 記) 
  未だに神社は、「満年齢を遵守するよう」という法律があるのに、無視しているのですよ。(1950年1月1日施行の「年齢のとなえ方に関する法律」) 

必読!夢の年収;「イチロー」や「香川真司」ような子を持て!
[第1764回](小凶)・・・12月21日(大吉)

『 子どもに恵まれても、”成功者”を持つ親と、”死刑囚”を持つ親の運の違い!この運気の違いは、どこから・・・? 神仏祈願やパワースポット参詣など・・・ほとんど効果はない。「成功者への道」;非常に可能性が高いのは、年収11億円の「イチロー」や年収12億円の「香川真司」のように、姓名に「”9”のパワー」を持つ違いで、本人はもちろん、親の”運の違い”もあるのです。 』

 この世の中、”格差だらけ”! 先日記載したように「キィー、キィー」と走り回っている子もいれば「はなちゃんの味噌汁」のように賢い子もいます。
 健康運だけ見ても、生まれながら難病・奇病の子もいれば、100歳の現役医師や115歳の世界一の長寿の男性もおられる。
 年末になれば報道される「地下道のホームレス」もいれば、「高所得者番付の発表」や「プロスポーツマンの契約金」も話題となります。
 それだけならまだ良いのですが、犯罪者、特に死刑囚を持つ親御さんのお気持ちは、如何ばかりか?と、関係ない私でもお気の毒で、胸が裂ける思いです。
 同じ人間に、いやペットでさえ、生まれながらの格差社会、虐待されていた愛犬「コタロー」は、「9画」の名付けで、今では私の宝物であり、お互いに幸せ一杯です。
 それにしても、超一流のプロ選手、その契約金・年収の桁違いは、一般の人から見れば夢の世界ですが、年収11億円の「イチロー」や12億円の「香川真司」などの選手を子に持つ”親の運気”も素晴らしい・・・と、民放TVのコメンテータが感想を言っていたのが印象的でした。
 
 さて、運気を呼ぶ「9」のパターン。
「イチロー」・・・トータルの9画で使用。
「ダルビッシュ・有」・・・ダルビッシュ=19画で使用。
「香川真司」・・・天19・地8・総27の”昇順数”。
「浅田真央」・・・天19・地10・総29の”9のダブり”。
「白鵬」・・・「(白=5)+(鵬=19)」の「9・5」構成。
その他、一般的に多いのが「9・5・1」の2ヵ所タイプ。

 このように、生まれながらの名付けではない「イチロー」の通称名や「白鵬」の四股名でも、日常の”使用頻度”が多いほど、「9」のパワーは奇跡を呼びます。親からもらった名が一番良いなら、この世に犯罪者・死刑囚もなく、難病・奇病もなく、交通事故もなく、この世は天国・極楽ですよ。
 このブログを読まれている方、「イチロー」のように本名・戸籍名をそのままでも、”通称名”で年収11億円・・・を思い、別名を日常使用して運気を180度の好転を、平成25年当初から”新気一転”しませんか・・・? 

必読!ダブル轢き、死亡させた加害者二人の責任はどうなる?
[第1763回](小吉)・・・12月20日(大凶)

『 日常、運転している皆さん、ある日、予期せず突然、交通事故の”加害者”になり、容疑者として不名誉な逮捕されることがあるのですよ。それは、飛び出し事故もそうですが、1昨日の事故は、前方の車が人を撥ね、後続の車も避けきれず撥ねた結果、死亡した。しかし、どちらの車で致命傷となったのか、不明の場合、この二人の加害者は、どちらが”致死”の責任を持つのでしょうか?
 先日の”未必の故意”とともに、今日の”同時事故の責任”の法的知識も、運転する者の常識として、記憶していてください。』

 最近、このような「ダブルで車に轢かれた」という事故も多くなっていますが、1昨日のニュース。
『 18日午後6時45分頃、千葉・いすみ市の国道で「路上に倒れている人を車でひいてしまった」と119番通報がありました。警察などが駆けつけたところ、いすみ市の「酒井 孝洋」さん(53)が倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認されました。
警察は、通報してきた団体職員「岡本さなえ」容疑者(39)を現行犯逮捕するとともに、軽自動車でこの男性を最初にひいたとみられる建築業「浅野 明弘」容疑者(52)を逮捕し、詳しいいきさつを調べています。』

 この事故報道は少しヤヤコシイですが、要するに先行車が人を轢いて、そのまま逃げた。しかし後続の車も撥ねたので、停車して119番に通報したという事故です。問題は、「一体?どちらの車が”致死”の責任があるのだろうか?」ということです。
 先ず、先行の「浅野 明弘」容疑者は、”ひき逃げ”ですから「道交法違反」ですが、これと併合されて「自動車運転致死傷罪」(刑法211条の2;7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金)に処せられます。
(また最近、重大な交通事故では、過失ではなく”故意”に危険な運転をして人を死傷させた場合は、「危険運転致死傷罪」(20年以下の懲役)が適用されることも記憶していてください。)
 さて、後続車の「岡本さなえ」容疑者は、タイヤ痕・ブレーキ痕を検視されても、先行車とどちらが致命傷にしたのか、全く不明の場合は、これを「同時事故」となり、結果は”致死”でも”既遂”ではなく、二人の責任は「自動車運転致死傷罪」の”未遂”となります。
 さて、二人の姓名は、
「浅野 明弘」天格17・地格16・総格33
「岡本 さなえ」天格11・地格9or10・補格3・総格23or24


この二人は、どちらも対外的な運気(天格)が「9・5」ではないので、弱運ですが、特に「浅野 明弘」容疑者のように”4文字左右別れ”では、風水に言う「天斬殺」となり、ある日突然のこと、”事故事件”に遭遇する可能性が高いのです。ですから、「弘⇒広・宏・寛」にして安定性ある名にした方が良いと思います。
 また、「岡本さなえ」容疑者は、やはり”運気が流動的”なヒラカナは使用しない方が良いのです。ヒラカナを使用する場合は、明確に天格「9・5」系列になる以外は、漢字使用の名が良いのですよ。
       ☆     ☆     ☆
 この事故のように、運気がないと、ある日のこと突然、事故事件に巻き込まれて、普段は善人でも不名誉な「容疑者として逮捕!」とニュースで公開されるのです。ですから、皆さん、特に日常運転される方は、ベストの姓名にしてください。お蔭で、私は「46年間、対人対物は無事故」ですよ・・・。ベストの姓名のご相談も平均寿命80歳まで、あと僅か「6年」しか受けられないでしょう。それまで無事故で元気でいるつもりですよ。

必読!名門・世襲の「安倍晋三」氏は、姓名判断の例外。
[第1762回](大凶)・・・12月19日(大吉)

『 昔から保守系の政治家は、名門・旧家・世襲の人が多く、”社会運・成功運”は必ずしも本人の”実力・才能”を現してはいないのです。しかし、それ以外の”健康運・家庭運・性格”などは、「天命数霊術」どおりに判断しても良いと思われます。』

 本人の”実力と運気”で総理になった「菅 直人」「野田佳彦」両氏に代わり、名門・旧家・世襲の元総理「安倍晋三」氏が、再び総理に”還り咲き”か?
”親の七光り”どころか、”祖父いや数百年の先祖の七光り”が、現在の政治家の得票数に繋がるのは、地方では未だにあるのですよ。
 ですから、世襲の政治家に対して、現在の政治家本人の”社会運・成功運”を説いてもそれは無意味なのです。
 特に、この平成の現在でも、地方に行けば「あの家は、名門だ。旧家だ。」という話題が先になり、本人の実力・才能は”二の次”ですから、仮に総理になっても、それは父親・祖父の評価も”世襲”の子・孫に加算されて、その地方の評価になるのですよ。
 私は下関育ちで、山口県=長州は幕末から明治時代以降、幾多の政治家を輩出させた地域柄でしたから、その成功者の世襲に付いても身に染みて感じていました。
 ところで、この安倍家の遠い先祖は、東北の豪族「安倍宗任」であるそうで、江戸時代以降、酒造・醸造家として富豪の旧家であり、祖父「安倍 寛」(衆議院議員)父「安倍晋太郎」(元外務大臣)の次男が「安倍晋三」(元総理)なのです。義祖父に「岸 信介」(元総理)や大叔父「佐藤栄作」(元総理)などを輩出させた政治家一族であり、江戸時代からの名門・旧家であることも引き継いで、その”七光り”を現在の「安倍晋三」氏が受け継いでいることになります。

 ですから、政治家に限らず、実業家・芸術芸能家の二代目以降、”世襲”の人物に付いては、その社会運・成功運は差引いて判断せねばなりません。
「安倍 晋三」天格16・地格13・総格29

 この配列「6+3=9」系列では、「9・5・1」の2ヵ所以上の配列の次くらいにランクさせる運気ですので、ベストではなく、ベターくらいの運勢です。
 しかも問題なのは、男性の天格「6」系列で地格が「9・5」系列でない場合で、しかも”病”を呼ぶ「0」系列の「晋=10画」を含んでいますので、一番に心配なのは”病気”なのです。
 総理になって、余りの心労に「潰瘍性大腸炎」で途中で退任したのですが、今度も心労が続けば、また”内臓系の病”になる可能性があります。
 父親の「安倍晋太郎」氏も天格16(地格14)で、「膵臓ガン」を患い、67歳で死亡。参考に祖父「安倍 寛」氏は、天格21(「寛」の旧漢字15画)は心臓マヒで32歳の若さで死亡されています。
 総理という職業、相当な激務であり、野党からの追及の心労からも血流が悪くなるので、特に「安倍 晋三」氏は”潰瘍性大腸炎”ですから、悪化して、また途中で投げ出さないか? 「天命数霊術」からみれば、それが唯一つの懸念されるところです。
 現在、まだ58歳、平均寿命80歳まで、いや少なくとも父親「安倍晋太郎」の67歳まで、あと10年日本の将来を頼みますよ。
 私は、政治家と異なり、今は何の心労もなく、今日19日、「74歳の誕生日」になりました。 1年でも長生きすれば、日本と世界の将来が観れますので楽しみです。いかに成功者となっても、早く死亡したらそれでお終い!
 今から回顧すれば、私の高校・大学時代に、当時町長をしていた島根県の総本家の伯父が、「生徒会長や学生弁論大会で優勝したそうだが、弁護士から政治家になれ! ○○や◇◇など(伯父の義弟の参議院議員と親族の衆議院議員2人)から、足利家を先祖に石見地方の名門・旧家であり、将来、後継者として票を纏め応援するから・・・と言われている。だから、政治家になるよう頑張れ!」と、伯父に言われていました。
 しかし、私の母親が「人の幸せは名声ではない。心労で病気になるより、同じ社会貢献なら、平穏に過ごせる公務員が一番良い人生になるから・・・」とのことで、今は平日の昼間にもかかわらず、高台に在るラドン温泉の露天風呂から、備前・小都市の山々と街並みを眺め、母親が望んだ「74歳の平凡な幸せ」に浸っています・・・。 

必読!神仏の無慈悲?小3年「安武はな」ちゃんが天国の母親へ手紙。
[第1761回](大吉)・・・12月18日(中吉)

『 こんな賢い女児から、母親をガンで死亡させて奪い、天国に招いた神仏? それでも、この世に慈悲を持った神仏が存在するのでしょうか? 「はなちゃんの味噌汁」という実話日記が”口コミ”ベストセラーになったそうです。
 この本は、父親;安武信吾、母親;千恵、娘;はなちゃんの三人で書かれた「家族の日記」のようですが、母と娘の感動の物語です。
 先ず、小3年生のはなちゃんが、天国のお母さんに宛てた手紙から読んでください。
 今日の登場人物の三人、運命を姓名から観る”姓名判断”の例外なのか?いや、必然なのか? 私の長年の経験からも”非常に難しい”事例です・・・。
 皆さんも、 この筋書きをYouTubeで「はなちゃんのみそ汁」を観てから、この家族の運命を一緒に思考してください。 』

[命のみそ汁;娘から亡き母への手紙]
『 ママへ
はなはね、ママに伝えたいことがあるんだよ。
それはね、おべんとうが全部作れるようになったこと。びっくりしたでしょ。
おかずは、ばあばから作り方を教えてもらった。
たまごやきと、パパから教えてもらったブタ肉とピーマンのしおこうじいため。
ごはんには、ゆかりのふりかけをかけたよ。こんど作るときは、
あとかたずけも全部するってパパとやくそくしたんだよ
お風呂のそうじとせんたくは、少しさぼっているので、4年生になったらがんばる。
やくそくするから、天国で見ててね。
人の悪口を言わない。笑顔をわすれない。全部ママが教えてくれたこと。
むずかしいな、いやだな、こまったな、と思っても、なんとかなるもんね。
「きりかえきりかえ」ってママがよく言ってたもんね。
はなはね、もう泣かないよ。がんばるよ。     安武はな 』

 小学3年生の手紙としては、自然体で書いた文章ですが、大人を感動させる素晴らしい文脈です。やはり5歳から、母親が死後を考えて教えた「父親のための朝の味噌汁作り」を覚え、さらに今度は「弁当作り」まで実行している賢さを良く伺い知ることができる手紙です。

 さて、先ず三人の姓名を見てみましょう。
父親「安武 信吾」天格15・地格15・総格30
母親「安武 千恵」天格9・地格18・総格27
娘 「安武 はな」(毛筆)天格10・地格13・総格23
(ペン字)天格9・地格12・総格21


このご夫婦の運勢的な相性は、天格が「15」と「9」ですからとても良く、なぜ、二人は死別しなくてはならなかったのか? これは全くの謎?です。
 ただ、男性の「信」は”苦労性”の字体、女性の「千」とか「万」という字体は、昔から男性に縁が薄いと言われ、豊臣千姫・加賀の千代女などがあり、現代でも職業婦人のデザイナー「宇野千代」さんや「島倉千代子」さんなどがおられます。でも、「安武 千恵」さんは、画数配列が”昇順数”(7⇒8⇒9)であるので、「千」の一字の影響で、ガンで死別せねばならないとは疑問です。
 一方、残された「はな」ちゃんは、ヒラカナの画数は、非常に難しいと先日のブログでも記載しましたように、「ヒラカナは、漢字(原字)を草書にしたもの」ですから、すでに”語源”は崩れていますから、一般には「ヒラカナの女性は、運気を逃す」ことが多いのです。
 しかし、それにしても、まだ「はな」(原字は「波」と「奈」)ちゃんは、ペン字使用が日常頻度が多いでしょうから、天格は「9」系列になりますので、非常に賢い子で、対外的な運気(家庭運も含め)もベストのはずです。
 以上のように判断して行きますと、母子とも天格が「9」であり、非常に賢い人というところは的中していますが、「天命数霊術」では少ない例外の一つであり、これは私の専門外の”霊障害”の影響もあるのかな?とも思います。
 いずれにせよ、「この世の創造主が神仏!」なら、なぜ、このような善人の母親をガンにさせ、賢い”はな”ちゃんから引き離して、天国に招いたのか?
 「こんな無慈悲・理不尽な神仏を信じなさい・・・」という宗教を、あなたならどのように説明されるのでしょうか・・・?

必読!「マグネシウム燃料電池」で”石油ゼロ”が実現かも?
[第1760回](大凶)・・・12月17日(小吉)

『 「太陽と海水があれば、発電は無尽蔵にできる」と言う驚くべき開発が発表されました。すでに海水にあるマグネシウムで、車が100Km走行の実験にも成功しています。この「Mg燃料電池」の原理を規模拡大して実用化を計れば、近き将来は”石油ゼロ”が実現できるかも・・・?』

 今までに、天然資源のクリーンエネルギーとして、いろいろと研究開発の段階ですが、今度は、なんと地球に無尽蔵にある「太陽熱と海水に含まれるマグネシウム」で発電して車を走らせば、将来は「石油ゼロ」の日が来るかも・・・?
 正に、資源を輸入に頼る日本には、驚きの情報なのです。
  
 実は、昨日の民放TVで紹介された研究開発、
『 東北大学未来科学技術共同センターの「小濱 泰昭」教授が、2012年1月26日「Mg燃料電池」を発表しまた。「Mg燃料電池」は、海に囲まれた日本は海水は無尽蔵にあり、「太陽エネルギー」さえ使えば、Mgを精錬するめどがついており、効率よく量産可能な燃料電池が実現する」とのことです。』

 それに、Mgは地球上で8番目に多い元素であり、海水にもMgCl2(塩化マグネシウム、にがりの成分)として大量に含まれています。レアメタル問題を起こすこともなく、人体にも無害であることから、これが実用化になり世界に普及すれば、それこそノーベル賞ものです。
 小濱教授の開発品は、燃料電池として、次の3点が優れているとのことです。
 ‥澱咾箸靴小型化に向くということ。
これはリチウムイオン二次電池の5倍以上の性能がある。
低コスト化が可能であること。
寿命」が長いこと。
 電池内部にエネルギーを蓄えたまま、「Mg燃料電池は電解液を入れない状態で放置すれば50年、100年持つので、災害時など非常用電源として優れている。

 さて、このような研究者・教育者は、「思考力・創造力・表現力」の才能がある姓名の地格が「9」系列([第1717回]イモ火力発電開発;近畿大学・生物理工学部「鈴木 高広」教授(52))ですが、この二人の教授の姓名は、

「小濱 泰昭」天格13・地格26・総格39
「鈴木 高広」天格23・地格9・総格32

どうですか、二人の天格は、どちらも「3」系列で「10」を含み共通です。
 しかし、研究開発の才能を暗示する小濱教授の地格は「26」で、一見鈴木教授の「9」に劣るようですが、これは「26=17(濱)+9(昭)」であり、総格39と合わせれば、「9」を2か所持っている姓名であり、鈴木教授の「5=広」を含んいることを判断すれば、決して勝るとも劣らない研究開発の才能をお持ちであることが判ります。
 いいですか、「6」系列の数、「相手の数次第で、毒にも薬にもなる!」という理念は、このような解釈にも応用できることを忘れないでください。
 「6」という数、相手が「9・5・3」なら、”大吉(薬)”になり、「0・4・6」なら”大凶(毒)”になること、足し算して証明しなくても判りますね。

必読!わが子を窒息死!;典型的なキレやすい母親?
[第1759回](大吉)・・・12月16日(小吉)

『 世の中には、不妊治療までして、わが子の誕生を切望している親も居れば、過失?とは言え、僅か1歳の子をビニール袋に入れ、窒息死させてしまった母親もいます。子の躾けにしても、程度問題であり、その限界を超える”キレやすい”母親の事件です。』

 世の中には、婚姻後数年経過し不妊治療しても、子どもを授からない・・・というご夫婦も多く、中には養護施設から里子として引き取り、大事に育てるご夫婦もおられます。
 ところが、最近は”わが子”でも「育児放棄・乳幼児虐待」事件も多く、「躾けからの重過失致死」事件もあります。”躾け”の程度が理解できず、「ビニール袋に入れ、封をすれば窒息死するだろう・・・」と、当然のことを認識できない母親もいます。 そして、その善悪を思考する前に、子に対する怒りが先行して、不当な行動に出るのは、典型的な”キレやすい”親なのです。

 昨日のニュース。
『 神戸市兵庫区で、34歳の母親が1歳の息子を「ビニール袋」に入れて窒息死させた疑いで逮捕されました。
 殺人の疑いで逮捕されたのは、神戸市兵庫区に住む無職「佐々木恭子」容疑者(34)です。警察によりますと、佐々木容疑者は14日、自宅マンションで長男の博一ちゃん(1)を、透明のビニール袋に入れたまま玄関に放置し窒息死させた疑いです。
 14日夕方、佐々木容疑者本人が「息子が息をしていない」と119番通報しましたが、博一ちゃんは既に心肺停止状態で、搬送先の病院で死亡が確認されました。
取り調べに対し佐々木容疑者は、「息子が食べ物をこぼしたりして部屋を散らかし、言うことを聞かなかったので袋に入れた」と供述していますが、「殺すつもりはなかった」と殺意を否認しているということです。』
とのニュースです。
 この事件は、警察は「殺人の疑いで逮捕」と言っていますが、容疑者の母親は「殺意を否認」で過失を主張していますが、皆さんはどう思いますか?
 このような事件では、現場の状況・子どもの年齢・母親の心理などを推定して、「まあ、死んでも仕方がない!」という母親の心理であれば、これを「未必の故意」(将来、起りうることを容認する心理)であれば、”殺意”があったものとして「殺人罪」になります。
 このような事態も考えず、すぐ「カッ!」となり、子どもを折檻するのは、母親が典型的な”キレやすい”性格だからです。
 そこで、母親の姓名は、
「佐々木恭子」天格17・地格6・補格4・総格27

どうですか、「7」系列が2ヵ所「4」が1ヵ所の”切れやすい”「4・7」タイプの典型です。冷静に理性が働く「性格と行動」を期待するのは難しい姓名ですね。したがって、一瞬でも「死んでも構わない!」という心理(殺意)があったことが推定さても止むを得ない姓名であり、このような事件・事故では、不利になる運命になりますよ。
 どうですか? 姓名の吉凶は、人生の吉凶ですよ。

(問い合わせ)
 姓名判断を申し込まれた方には、漏れがないよう注意して返信していますが、もし間違って、依頼メールを削除したり、返信を失念していたお心当りの方がおられましたら、お知らせください。info@gakuyo951.jp

必読!「0・1」のダブり;ひき逃げ事故など被害者実例2件。
[第1758回](中吉)・・・12月15日(大吉)

『 忘年会・クリスマスのシーズン! 泥酔して道路に寝込んで、ひき逃げされるケースが、全国的に増加しています。今朝の午前さま;50代の男性が道路に寝込んでひき逃げされた事件と自転車事故死が、2件発生しています。道路に寝込む泥酔者には、道交法で罰金5万円以下を適用されるのですよ。
 泥酔者は、天国に行っても自己責任ですが、不可抗力の現場もある加害者にとっては、思わぬ災難ですよ。』

(実 例1)
『 15日午前3時半頃、埼玉・草加市の県道で通行人から「男性が頭から血を流して倒れている」と通報がありました。男性は搬送先の病院で死亡が確認されました。警察によりますと、亡くなったのは会社員「奈良 勝之」さん(56)で「男性が道路で寝込んでいる」と別の通報があったことや、ブレーキ痕が残されていることから、警察は、路上で横になっていた奈良さんがひき逃げされたとみて捜査しています。』
とのニュース。
 最近、泥酔者が路上に寝込んで車に轢かれた「ひき逃げ事故」が全国的に多くなっています。泥酔するのは自由ですが、道路に寝込む行為は、運転手にとっては非常に迷惑行為であり、いつ加害者になるのか不安でしょう。そして、通行量が少ない深夜ですと、事故になれば「ひき逃げしてやれ」という運転手の心理になるのは自然でしょう。そのように路上に寝込む行為は、交通事故という悲劇を作り出す行為であることから、泥酔して何処でも寝込むクセがある”左党”の人、忘年会やクリスマスの時期、十分に気を付けてください。
 ところで、この被害者は、
「奈良 勝之」天格20・地格10・総格30

このようなオール「0」系列は、「2」系列の次に”事件事故”に遭遇する可能性が高いのですよ。いや、事件事故ばかりではなく、「0」が多いほど”病=10画・氣=10画"になりやすい運勢なんです。そのうえ、「勝」の字体は”苦労性”ですから、人名には避けるべき字体です。

(実 例2)
『 15日未明、神奈川・小田原市で51歳の男性教諭が車道で倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが、死亡しました。警察はひき逃げ事件とみて捜査しています。
午前6時過ぎ、小田原市中村原で近所の人から「音がしたので外に出てみたら男性が倒れていた」と通報がありました。警察官によりますと、車道に倒れていたのは小田原市に住む私立学校教諭「嶋田 孝行」さん(51)で、病院に運ばれましたが、死亡しました。
近くに嶋田さんのものとみられる自転車が破損した状態で倒れていたことなどから、嶋田さんは通行中に車にはねられ、ひきずられたとみられています。警察はひき逃げ事件とみて逃げた車の行方を追っています。』
とのニュース。
 ところで、被害者は、
「嶋田 孝行」天格21・地格11・総格32

このように、「1」系列のダブりで総格「2」系列になる場合、普段は「1」の”健=11画・康=11画”ですから健康体ですが、結果の総格が「2」系列では、事故・事件に遭遇する可能性が高いのです。
        ☆    ☆    ☆
 以上の二つの実例のように、”事件事故”に遭遇する可能性は、50代になっても付きまとうのですよ。ですから、「今日まで元気だから、大丈夫だ!」と言っていても、明日の日の生死が不明なのが、人生なのです。
 そのためにも、「9・5・1」が2ヵ所あり、「天命数霊術」の条件を満たしたベストの姓名を持ってください。

必読!「キイー、キイー」と”奇声”を上げる3歳男児。
[第1757回](中吉)・・・12月14日(小凶)

『 昔の子どもは、どんな腕白坊主でも、「わぁ〜、わぁ〜」と言って、鬼ごっこやチャンバラをして野山を駆け巡っていましたが、最近の子どもは脳天から「キイー、キイー」と、耳をふさぎたくなるような”奇声”を挙げて公園の中を駆け巡っています。どうも最近の子、脳の成長に異常が診られるのか、変?ですよ。これも、DQNネームやキラキラネームの影響では・・・?』

 特に、3〜5歳幼児から小学低学年の子育て中の皆さん、公園、いやレストランの中でも、「キイー、キイー」と走り回っている子どもさんに気付きませんか? どうも、公園の中で10人ぐらい騒いで走っている中で、特に理由もなく「キイー、キイー」と言っている子は、3人ぐらいで、後の7人ぐらいは昔ながらの「わぁ〜、わぁ〜」と騒いでいます。
 
 昨日と本日、風もなく比較的暖かい天気でしたので、今日、近くの都市公園(普段は、すぐ近くの近隣公園)に愛犬コタロー(小型犬;ポメラニアン種)と散歩に出かけました。
 その公園の中でも、広い児童遊園ゾーンで、3歳ぐらいの男児を連れた母子が「まぁ、可愛い!」と母子とも頭を撫でてくれました。
 ところが、突然、その男児が脳天を突くような「キイー、キイー」と奇声を数回あげましたので、私も驚いたのですが、人間より”数倍の聴力”を持つ犬ですから、驚いて萎縮し、何に怒られたのか?とおびえた表情をしました。
 特に、このコタローはこの3月に”虐待?”で引き取られた「動物愛護団体」から、私方一家が里親として養育し始めた境遇がある犬ですから、”大声・奇声”にはおびえるのです。
 でも、これはこちらの事情であり、男児は知る由もないのですが、脳天から出るカナ切り声ですと、男児自身の「聴力と脳の機能」にも、障害が出てくるのではないか?と思います。
  
 
 ところで、ある新聞の家庭欄の質問コーナーに、4歳女児の子育て中の母親からの質問です。
『 ・・・(略)最近一番困っているのが金切り声です。自分の思い通りにならないと、そこらじゅうに響き渡る大声で「キー!!!」と叫びます。
 これが始まると、もう、何を言っても耳に入りません。
 優しく話しかけても厳しく話しかけてもダメ、「勝手にしなさい!」と放置すればさらにボリュームアップ。
 うちはマンションなので、近所迷惑を考えると本当にいたたまれず…。(もちろん窓はすぐに閉めますが)
  あまりにしつこくて、思わず私の手で子供の口をふさいでしまいましたが、それでも止めず…。
 あの金切り声を聞くと、親の私でも気が狂いそうなので、ご近所にはさぞやご迷惑だと思います。・・・』(この質問に対して、専門家は現状を述べるだけで、適切な助言はありません。)
  
 結局、最近の育児放棄と幼児虐待事件なども、この「キイー、キイー」の奇声が原因となるケースもあると思います。
 ところで、この問題は、このブログの最初ごろ[第115回]に採り上げましたように、どうも最近のDQNネームやキラキラネームが原因なのか?と思いましたが、同回のコメントのように、相当以前からあるのですね。
([第115回]のコメント欄から)
『 初めまして。子供の奇声が嫌いで、というのかは、学生時代に虐めを受けていたのですが、そいつらの中に、奇声というかキーキー声の奴が多くて、今でも、トラウマといいましょうか、あの奇声を聞くと虐めを受けていた頃がフラッシュバックされます。こちらを拝見させて頂き、納得する事ばかりです。気持ちが軽くなりました。有難う御座いました。・・・優』(2008/06/10 7:15 PM)

 ともかく、公園で愛犬コタローの頭を撫でてくれた男児は、とても可愛らしい賢そうなお子さんでしたが、姓名を聴くと、「1」系列のダブりで、1字名、その字体も左右別れで、縦棒が3本ある字体を一番下ですから、”神経質”で「キイー、キイー」という子になりますよ。
 1字名に使用する字体は、余程の検討が必要なのです。
「苗字(8画・10画)+名(13画・・・「新(あらた)」)」でしたから、
「天格21・地格10・総格31」

総格31で大吉ですが、その構成は「21+10=31」であり、「1」系列のダブりですから、「4・7」タイプの次に”切れやすい神経質”になるのです。同じ1字名で13画を使用するなら、「誠=13画」を使用していれば、中和して「キイー、キイー」と金切り声を挙げるようなお子にならなかったと思います。(或いは、「新太郎」と名付けていれば、左右別れを防ぎます。)
 幼児教育専門教授でも、お手上げの対策、・・・それは改名一つで解決がつきますよ。

必読!警察車両にハネられた「田中ジン」くん(小3)。
[第1756回](小吉)・・・12月12日(大凶)

『 ”姓名の運気”と言うもの、”呼び名”は同じ名でも「漢字か?ヒラカナか?カタカナか?」により、”天と地”の違いがあります。
 最近の流行名から、以前になかった男児の名、アニメの影響なのか、カタカナの名も増えつつあります。いいですか、”ひらかな”は画数が不明確、”カタカナ”は語源も崩れて、パワーが無くなり運気がダウンします。
 日本人なら男女とも、「漢字使用」が運気を呼び寄せる第一歩なのです。』

 昨日のニューース。
『 11日夕方、熊本市の県道の横断歩道で、小学生が警察車両(覆面パトカー)に撥ねられ、骨盤などを骨折した重傷てす。
近くの小学校の3年生「田中 ジン」君が、ランドセルを背負い横断歩道を渡っていて、車にはねられました。田中君をはねたのは、熊本南警察署生活安全課に所属する23歳の男性巡査(氏名・非公開?)が運転する捜査車両でした。横断歩道の向かいには、田中君の友人2人がいて、押しボタンを押し、信号待ちをしていたということで、男性巡査は「対向車両とすれ違った直後に、横断歩道を渡る子供に気付いた」と話しています。
熊本県警は現場の信号について車側が青?だったとし、「事故を防ぐことができなかったか、捜査を尽くしていく」とコメントしています。』
とのことです。
 (通常、このような人身事故は、一般市民なら加害者の氏名は公表され、即、現行犯逮捕されるのですが、警察車両という身内に甘い!という批判サイトがあります。)
 警察車両の進行は、信号が”青”だったと言っていますが、押しボタン式の信号が赤なのに、田中くんは赤で横断歩道を渡るはずがないですし、巡査のわき見運転の疑いがあります。
 ところで、このような交通事故は、被害者の落ち度はないとしても、一瞬の運・不運が左右します。
「田中 ジン」天格10・地格6・総格16

男児の「6」系列は、「9・5」がない限り、気の毒にもパワーがほとんどなく、”凶気”(加害者の車)がやって来ると、それを避けることができません。この配列では、事件事故にも遭遇する可能性が高いと言える姓名です。
 この原因は、「田中」姓にはカタカナの「ジン」は適合しないのですよ。
今までのブログでは、天格「2」系列ばかりで”呼び込む不運”でしたが、このように「6」系列のみの姓名は”凶気を受ける不運”という違いを記憶していてください。(この「6」系列のダブりは、”病弱”の暗示もあります。)

さて、皆さん、「ジン」を仮に漢字の「仁」を使用していたら、このような交通事故にも遭遇せず、「健康で、賢く、性格が良い」との三拍子揃った運気だったと思いますよ。
「田中 仁」天格9・地格4・総格13

実は、上記の実例;若くして、事業の成功者「田中 仁」氏がおられますよ。
 プロフイールをITサイトから、そのまま紹介しますと、
『 田中 仁(たなか・じん)。日本の経営者。メガネ・ファッション雑貨のJINSを運営するジェイアイエヌの創業者。群馬県出身。高校卒業後、前橋信用金庫(しののめ信用金庫)、スタジオクリップなどで実務経験を積んだのち、25歳でジェイアイエヌの前身であるジンプロダクツを創業。ファッション小物とメガネ販売を組み合わせた業態で小売業界に参入し急成長を遂げた。』
とのように、天格9で若くして成功者となるのですよ。
 
 どうですか、「田中 ジン」君と「田中 仁」氏の違い、呼び名は同じでも、カタカナと漢字との違い。あなたなら、どちらの人生が良いですか・・・?

必読!姓名判断師は、世の中の広い知識と経験が必要。
[第1755回](大吉)・・・12月11日(大吉)

『 有名な姓名判断師はいても、広い「知識と経験」を積んだ姓名判断師は、日本にいないのでは・・・? 
ですから、「姓名は先祖代々・・・」とか、「家柄まで判ります・・・」など、非常識なことを恥も外聞もなく、本やサイトに記載している実態を見ても、いかに非常識な姓名判断師の多いことか、実に呆れたものです。
そのためにも、「天命数霊術」の開業免許を交付した皆さんは、私ほどの体験は無理としても、沢山の図書を読破して知識を身に付けて頂きたいのです。』

 さて、今日は、手前ミソのところもありますが、日本中の有名な姓名判断師が経験もしていない分野について、一度纏めて紹介して見たいと思っていたところです。私以上に、経験を積んだ姓名判断師がいましたら、名乗りを挙げて欲しいのです。
 先ず、知識は別として、私の経験に絞って紹介してみましょう。
 私が役所に就職するまでは、修士課程の間にバイトとして、弁護士のアシスタントの経験など、その知識と経験は法律に関係したものだけでした。
 ところが、当時、行政管理庁・行政監察局に任官してからのの経験は、世の中の広い分野の監察や調査で、私の30年間の経験は、日本中の姓名判断師がどんなに有名な人でも、先ず居られないと思いますよ。実に、私は恵まれた人生でした。

 さて、一般の国家公務員でも、体験できない監察・調査先を列挙してみます。
 まして、全国の姓名判断師で、これほどの経験をした人はいないと思います。 
 ゝ都・奈良の有名社寺の文化財(国宝など)の監察。
◆[上自衛隊総監部・特科連隊などの監察。
 海上保安本部・海上保安大学校の監察。
ぁ‐年刑務所・少年院など教護施設の監察。
ァ々駑病院・療養所などの監察。
Α〕鎮娜燹小中・高校・大学などの調査。
А(欅藹蝓ν楔郢楡漾障害者施設・老人ホームなど調査。
─\縮会社中央研究所・健康食品会社などの調査。
 弱電メーカー中央研究所・下請け企業の調査。
 農産物・水産物の産地振興調査。
 森林資源・造林補助金の監察。
 国道・県道などの公共事業監察・調査
 自動車の登録・車検の監察。
 交通安全対策の監察・調査(2回)
 震災対策の監察・調査(2回)
亜.侫┘蝓次ζ盥匈け燭隆道 δ敢
院.織シーの夜間営業の調査
押/品衛生・消費者保護の監察・調査
魁.イルショック時の物価調査
粥‖膾緞博会場の食品衛生の監察


以下、省略。
 どうですか、これほどの広い分野に経験できたのは、正に行政監察局に30年、勤務したお蔭なのです。とても一般の国家公務員では経験できない分野ばかりです。さらに、公務員退官後、「美術品の会社7年勤務」、併業で「会社顧問を3社」の民間企業の経験もしてきました。その中では、株式上場企業まで成功した顧問先企業まであります。
 このように、出来る限りの経験を積み、平行して「天命数霊術」の開発もしてきました。姓名判断と言うのは、あらゆる人からの人生相談でもあり、そして運気を好転させるには、世の中の常識もわきまえておくことが、大事なのですよ。それでないと「気=魂」が入らないからです。
 でも、これだけの経験をしなくても、あるいは学歴がない推理作家「松本清張」氏の驚くべき知識には、私も心から尊敬しています。
 ですから、「経験や学歴がなくても、そこは図書やサイト、そして毎日のニュースに注目していれば、立派な姓名判断師になれますよ・・・。ただし、いつも”なぜか? どうしたら良いか?”を考えないと、進歩しません。 これらが、総合してセンスが良い命名・改名ができるようになるのですよ。」といつも言っています。 
 それにしても、有名な姓名判断師の常識とセンスのなさに呆れたものです。石田純一&東尾理子の長男は「理汰郎」くんですが、ある姓名判断師が「太」を「汰」の字体が良いと勧めたそうです。
 私が経験した人名では、本名「峰子」を商売しているからと「美値子」に改名したプロには呆れたものです。そこで私は「美音子」に再改名してあげ、とても喜ばれました。実に、センスがないプロが多いのですよ。 

必読!1周忌;月食観測帰りの兄弟死亡事故に、懲役18年求刑
[第1754回](小吉)・・・12月10日(大凶)

『 姓名に現れる天格の下1桁は、「0123・・・89」の10通り、出現率は平均10%ですね。ところが、大吉数の「9」系列は2〜3%程度で極端に少なく、事件事故を呼ぶ大凶の「2」系列は、40〜60%の出現率で非常に高いと、経験則からの印象です(”統計”は絶対に採れません。)』

 さて、昨年の今日10日、ちょうど1周忌に、皆既月食観測帰りの小学生兄弟が、飲酒運転の車に撥ねられた死亡事故で、危険運転致死罪を適用し、懲役18年の求刑になりました。
 兵庫県加西市で昨年12月、皆既月食を観測した帰りに小学生の兄弟が車にはねられ死亡した事故で、危険運転致死罪などに問われた建築業「小池 巧」被告(54)の裁判員裁判の論告求刑公判が、神戸地裁(奥田哲也裁判長)で開かれ、検察側は懲役18年を求刑しました。
 起訴状によると、昨年12月10日深夜、酒を飲んで操作が困難な状態で軽トラックを運転し、居眠り。道路脇にいた「生田敦弘」君=当時(12)=と弟の「生田汰成」君=同(8)=に衝突し、死亡させたとしています。

 ところで、この兄弟の姓名は、
兄「生田 敦弘」天格17・地格10・総格27
弟「生田 汰成」天格12・地格11・総格23


 この弟が、事件事故を呼ぶ天格「2」系列ですね。この兄弟の場合、この「2」系列を避けるには、兄の天格が「9・5」系列でないと、どうしても凶気に勝てないため、事故死になる可能性が高いのです。
 もし、流行字体の「”汰”成」君ではなく、「”太”成」君なら天格9となり、このような交通事故死など発生していなかったと、ある程度の確信がもてます。
 流行の字体を不用意に使用するものではないのです。漢和辞典で調べれば「汰」と「太」がどちらが良いか、その答えは歴然と判りますよ。
 ご両親にとっては、同時に二人のお子さんを亡くされた悲痛は如何ばかりか、お察しいたします。
 でも、まさか姓名が交通事故まで影響するのか、信じられないでしょうが、このブログの5年半にわたり、事件事故死の事例を沢山紹介してきました。

 そして、昨日もまた、天格「2」系列の11歳の小学生が、除雪車に轢かれて死亡しました。
 大雪となっている北海道旭川市で痛ましい事故です。9日夕方、小学6年「渡辺紘志」くんが、意識不明の状態で病院に運ばれ、約2時間後に死亡しました。
「渡辺 紘志」天格22・地格12・総格34
本当に、天格「2系列」の事故事件に遭遇する人多いのですよ。
 笹川トンネル事故でも、天格2系列の人も数人犠牲になりました。

 なんども、注意していますが、ご家族の中で天格2系列の人がいましたら、すぐに改名(通称名)し、後で後悔しないようにしてください。

必読!求む「原田実里」さんの情報;僅か1字が人生を変える。
[第1753回](小吉)・・・12月7日(小吉)

『 同じ”みさと”なら「実里」にせず、なぜ「美里」にしなかったのでしょうか? 仮に「原田 美里」なら、21歳で殺害されるどころか、今頃は30歳になり、きっと幸せな生活をしていたでしょう。”み”に使用する字体は、必ず苗字を見て、適合するのは「美」なのか、「実」なのか? を決めて使用してください。僅か、1字違いが、運気に”天と地の開き”があるのですよ。』

 昨日のテレビ東京ニュース。
『 原田実里さん、まだ21歳。大学生だった彼女は、茨城県の霞ヶ浦近くの川で遺体で発見されました。事件からまもなく9年。遺体発見現場から8キロ離れた地点で、ワゴン車から原田さんのものとみられる自転車を降ろす白っぽいニッカズボンの男たちが目撃されていたことが新たにわかりました。茨城大女子学生殺人事件を追います。ビデオでご覧下さい。
情報提供は
 【稲敷警察署捜査本部】 0120−110−705
 【番組メールアドレス】 coldcase@best.tbs.co.jp
までお願いします。なお、番組にいただいた有力情報は捜査本部に提供させていただくとともに、番組づくりに生かして参ります。ご了承ください。』
とのことで、心当りがある方、協力してあげてください。

 さて、この「原田実里」さん未解決事件、真面目で朗らかな性格であり、事件に遭遇するような人ではなかったと、当時の友人たちは口を揃えて言っています。
 「彼女は本当に真面目な女子大生でした。仕送りとわずかな額のアルバイト代だけで暮らし、1カ月の食費などをきちんと考えて、無駄遣いしないように生活していました。我々が把握できないような複雑な交友関係は一切ない。」と友人は証言しています。
美里さんは、山口県から遠く離れた茨城の大学に在籍。そこで娘を殺害されたご両親の思いは察するに余りあり、本当にお気の毒に思います。「当時のことが脳裏に焼きついており、事件や故人のことを思わない日はありません。時に言いようのない気持ちにかられ、思考することができず、頭の中が渦巻き呆然としていることがあります。本当に辛いことです。」とのご両親のお気持ち。

 このような状況の中で、ご遺族には不謹慎かも知れませんが、世の中に事件事故に遭遇する被害者を一人でも無くしたいという”公益性”が目的ですから、ご容赦願いたいのです。
「原田 実里」天格18・地格12・総格30
この姓名は、全て”偶数”のうえ、天格18の中に「実=8」を含み、総格30ですから、とても”温厚で朗らか”、そして「里=7」を含んでいますので、”負けず嫌い”の”頑張り屋”さんでした。
 でも、このようなタイプは、対外的に「4・7」タイプの”キレやすい”性格の人には、妥協して弱いところがあります。そのためには、対外的にも運気が強い「9・5」タイプにした方が良いのです。
 仮に、「実里」ではなく「美里」と名付けられていたら、このような事件の被害者にならず、現在、30歳で幸せな人生であったことが推測されて、残念でなりません。
「原田 美里」天格19・地格12・総格31
どうですか、この姓名は「9・5・1」が2ヵ所あり、天格19になり「美=9」と”9”を更に含んでいますので、とても運気が強い姓名になります。

 僅か、「実」⇒「美」にした1字違いが、人生を決めるのですよ。
「天命数霊術」を修得すれば、人生も大きく好転させることができることが、お解りになりましたでしょう。

必読!心臓移植募金;福島県の「吉田葵彩」ちゃんに支援を!
[第1752回](小吉)・・・12月6日(小吉)

『 このたびは福島県で、何の罪もない乳幼児が心臓病に苦しみ、アメリカに心臓移植する渡米費用の募金活動が始まっています。皆さんの中で有志の方は支援してあげてください。福島原発事故に加え、このような難病の苦しみを1歳の幼児親子に与えた創造主の神仏は、一体?どのような考えなのでしょうか? 』

 現在までにも、このブログで岡山倉敷市・京都田辺市などの乳幼児心臓移植のための募金活動について、投稿しましたね。
 このたびは、福島の地元新聞に掲載されたニュースです。
『 重い心臓病(拡張型心筋症)と闘う福島県平田村の「吉田葵彩(あおい)」ちゃん=1歳7カ月=が、渡米して心臓移植手術を受けられるよう、支援の輪が広がっています。 
 「よしだあおいちゃんを救う会」(久保木徳男代表)が募金活動を始めてから、4日で1週間が経過した。支援の輪は徐々に広がり、同日現在で募金額は約1928万円に上っていますが、目標募金額は1億6500万円であり、まだこれから始まったばかり。
 父親の昌博さん(40)は、主に救う会の事務作業などに携わりながら、合間に葵彩ちゃんを見舞うため、福島から入院先・東大医学部付属病院へ赴く生活を送っている。「多くの人から支援や励ましの電話、ファクスなどをいただき、ありがたい。募金目標額に向かって進んでいくしかない」と話した。
 救う会は、年内の土、日曜日、祝日に県内各地で街頭募金を行う。8日はJR福島駅前やJR郡山駅前などで行う予定。
 募金の振り込み先などは救う会ホームページ(http://www.aoi‐chan.net)で確認できる。問い合わせは救う会(平田村、電話0247・57・5562)へ。 』
とのことです。
 みなさん、仮に、あなたのお子さんが難病で渡米費用1億6500万円の募金活動せねばならない境遇であると想像したら、どのように感じますか?
 私でも末恐ろしく感じますし、第一、僅か1歳7ヵ月の子に心臓移植手術すると考えただけでも、このような境遇を与えた神仏を恨みますよ。
 さて、このような難病・奇病を避ける方法があるのですよ。
 それは、もう皆さんは気付いていますでしょうが、”病魔”を避けるのは、姓名から”偶数”を避け、「9・5・1」が2ヵ所ある”奇数”が多い姓名で名付けていれば、「健康で賢く、性格の良い子」と三拍子揃った子が誕生し、もちろん1億数千万円の募金活動もしなくて済むのです。
 では、姓名を見てみましょう。
「吉田 葵彩」天格18・地格16・総格34

どうですか? これも最近の流行名で、三か所とも”偶数”ですね。それに呼び名が「あおい」ちゃんなら、なぜ?「彩」の字を付けたのでしょうか? 「あおい」なら「葵」の一字でも良いのです。
 もし、「彩」を省略していれば、
「吉田 葵」天格18・地格5・総格23
となり、「奇数:偶数=2:1」ですから、”奇数”が多い「健康体」になります。そして、「3・8」タイプのとても”思いやり”がある優しい子に成長して行きますのに、僅か1字の「彩」があるだけで、難病と募金の苦しみがあるのです。とても信じられないかも知れませんが、同じ難病で渡米した二人とも、凶運の姓名なのです。
「嶋津 歩翔(あゆと)」天格22・地格21・総格43
この名も”流行名”で、「事件事故を呼ぶ天格22」からの凶運。しかも「歩」の字体は逆に”歩まない子”になるので、絶対に避けるべき字体。
「永田 大輝」天格8・地格20・総格28
この名も、流行名であり、全て”偶数”ですね。しかも「輝」の”幌馬車が燃えている字体”ですから、凶運の姓名になります。
 
 以上、とてもお困りな難病と募金活動の最中、このようなブログは不謹慎とは思いますが、姓名の一字だけでも、運気を左右することがあるのです。これも日本中の乳幼児が健康で賢い子になる願いを込めた”公益性”が目的ですので、どうかご容赦願います。
 「葵彩」ちゃんの移植手術が成功しますように、せめてこのブログで広報・支援させて頂きました。

必読!苗字次第で「蓮」と「結衣」は、将来平凡な名になる。
[第1751回](大吉)・・・12月5日(大吉)

『 どんなことでも”流行”するもの、将来は”平凡”になりますよ。例えば、昔流行した男児名「勝・進・弘・勇・清」と女児名「和子・幸子・節子・弘子・洋子」など、現在、「わぁ〜、素晴らしい名付け!」と、だれが思いますか?
 今年の流行名、男児名「蓮・颯太・大翔・翔太・大輝」や女児名「結衣・陽菜・結菜・結愛・心春」など、一見、昔の流行名と比較すれば、非常に凝った良名に見えますが、これらの名づけも将来は、「なん〜だ、またか!有り触れた名だなぁ〜」と思われる時代がきますよ。
 しかも、流行名ならどんな子でも、将来、「健康で賢く性格も良い子」になると思われたら、とんでもない間違いですよ。
 運気の吉凶は、流行名ではなく、「”苗字”に適合するか否か?」で、人生の勝負が決まるのですよ・・・。』

 今年も、安田明治生命の「2012年ベストテン名付け」が発表されました。実に名付けは、時代の流れに沿って、特徴ある”流行名”の変遷が見られるのは、興味ある現象ですね。
 冒頭に列挙した昔の名づけは、私が生まれた昭和13年当時の”流行名”なのです。では、もっと、古い明治45年(大正元年)当時でしたら、次の名づけが”素晴らしい?流行名”だったのです。
 男児名「正一・清・正雄・正・茂」であり、女児名「千代・ハル・ハナ・正子・文子」などでしたよ。当時、誰もかれもこのような流行名が、「どうだ!ハイカラな名だろうが・・・」と自慢していたのでは・・・?
ところが不思議だと思いませんか?
 平安時代後期から、源平の武家の名;例えば「源八幡太郎義家」や「源九郎義経」などの「太郎・一郎・二郎・三郎・・・九郎」など、平成の現在でも「麻生太郎」や「小沢一郎」などのように千年続いても、少しも流行遅れの古いという感じはしないでしょう。 現在でも、「悠太郎・瑚太郎・好太郎・進次郎」などの名付けもありますよ。
 ところが「義家・義経」と言えば、現在では途轍もなく古い印象であり、現在の若夫婦は、子どもの名付けにしませんね。
 これが、”通称名”と”名乗り”の違いがあります。「太郎・一郎・・・」は、武家の”通称名”であり、後者の「義家・義経・・・」は”名乗り”であり、この名乗りが時代の流行を作ってくるのです。
 ですから、いつの時代でも流行を考えなくても良いのが、「○太郎・◇一郎」です。
 さて、今年の流行トップは「蓮(れん)」(ハスの葉のこと)になりました。 しかし、この字体も語彙もスケールが小さな字体であり、苗字の1字目が「6」系列でないと適合しませんし、語意(池に蓮、田に蓮)がある「池上 蓮」「安田 蓮」などの姓名ですと、ベストになるかも・・・? しかし「海部 蓮」や「畑山 蓮」などですと、天格22のうえ、語意(海に蓮?、畑に蓮?)に難色があり、事件事故を呼ぶ可能性が高いですよ。
 また、女性の名を観ますと、男性の名のように”通称名”使用の習慣はなく、前掲の名にせいぜい”お”を付け、「お千代・おハナ・おハル・・・」でしたので、流行名で時代の流れが明確になります。
 そして、この時代以降に「○○子」のように”子”が付き、やがて現在のように”子”が消えて無くなり、また昔のように漢字2文字の「結衣(ゆい)・陽菜(はるな)・・・」が流行しています。
 しかし、「流行するもの、必ずしも良名ならず」ですよ。
 例えば、「衣」のように、字体の形が”不安定”で、スケールの小さな語彙では、運気を向上させることはできませんし、「ゆい」という”ゆ”も”い”も弱音で、「ち・り・ひ・み」のように頭脳明晰になる期待は薄くなります。
 ですから、「ゆい」という音感より「ゆり・ゆみ・ゆき・ゆか」の音感が優れた知能に成長して行きます。
 また、最近は「菜」の字体が流行ですが、野菜のようにすぐ”萎れる”のです。”な”と発音する場合、”千年も成長する大木”を表す「奈」を使用すべきです。
 そのうえ、「結衣」や「陽菜」を使用して、もし苗字の一字目が「10画」ですと、天格が2系列になりますので、いくら流行名だと言え、交通事故などの”事件・事故”に遭遇する可能性が大ですよ。
流行名、必ずしも良名ならず」ということを、肝に銘じてください・・・。

必読!東日本大震災;「門馬宏明」氏のボランテア活動に協力を。
[第1750回](小吉)・・・12月4日(小凶)

☆東日本大震災復旧・復興へのご支援依頼☆
『 先々月、9月14日の[第1689回]のブログの話題の主「門馬宏明」氏から、コメント欄に協力要請がありましたが、余りの長文なので、この本文で原文どおりコピー貼り付けさせて頂きましたので、みなさん、東日本大震災被害を風化させないで、ご理解とご協力願います。

(「門馬宏明」氏の原文どおり)
『 支援、拡散のご協力をください。
 被災地が復興に向かうために必要なこと
○亡くなった家族など大切な人との別れ
被災地の東日本大震災における平成24年9月時点での、宮城県のみで死亡者数は9527名、そして行方不明者数は1394人。
○生活の糧を取り戻すこと
漁業が盛んだった被災地では、津波により流された瓦礫が海底を埋めつくしたため漁ができず、多くの漁師が生活の基盤を失いました。海底の車は劣化が進み流出したオイルにより海は汚染し、また瓦礫が海底で動くことにより海底に育ってきている海草を削り取っていきます。この海草は海の生き物の餌となるだけでなく、アワビ、雲丹、牡蠣や帆立の養殖になくてはならないものです。

DSP災害支援プロジェクトの目的
DSP災害支援プロジェクトでは、三陸沿岸地域の海底捜索を震災当時から継続して行ってきました。
潜水により海底に沈んだ車に、ブイをくくりつける搜索を行なってきましたが、多数が未だ引き揚げられていない状態です。理由は、引き揚げにはクレーン船が必要ですが、そのチャーターには数か月で数億円の費用が掛かかるからです。
 現在は、行政の予算にその費用を頼っていますが、迅速な対応は困難な状況です。新たにクレーンを私たちの法人が持つことができるならば、その引き上げのテンポが加速することは火を見るより明らかです。
今なら、クレーン船が1000万円あれば購入できます。DSPでは、皆様のお力をお借りして、何とか1000万円を集めたい。
1000万円を集めることができれば、数億円の費用が掛かるために引き揚げを断念してきた車両や行方不明者の手掛かりを家族に帰すことが出来ます。漁場を取り戻すことができます。未だ行方不明の家族を探している被災者がたくさんいます。多くの漁師が生活に困窮しています。
今後被災地にて海底の瓦礫や捜索には欠かせない物です。
県や行政が不可能な機動力を当法人に持たせて頂きたい。
今後、先数年間で捜索や瓦礫撤去で数十億円の予算は間違いなくかかります。
被災地での無駄を省き、被災地皆に届く支援として、一つの最高なスキルを確立し、今の揺れる政治に期待するのは辞め、皆で期待に応えようではありませんか。ご支援を宜しく御願い致します。』
との文面です。
 

 このように、復興に民間資金1000万円の募金活動とは・・・。復興予算の目的外使用で問題になりましたが、国の復興庁に予算配分を一元化しておれば、このようにボランテアに心配や負担させることもなかったのです。
 何のために復興庁があるのか?!
 従来の各省庁の縦割り予算のままですと、予算の分捕り合戦になり、復興庁が機能を果たしていないことになります。
 実際、復旧も復興も遅れており、何を置いても、日本が一丸となるべきところ、政治家の小競り合い・足の引っ張り合いばかりで、徒に時は過ぎて行っています。一日も早く復興しないと、被災者の方々が政治家の犠牲になっているばかりではなく、日本という国の信用・実力の評価がダウンして行きますよ・・・。 

重要!総括整理;間違いだらけの「熊崎式姓名判断」
[第1749回](中吉)・・・12月3日(小吉)

『 日本中が信じている「天動説;熊崎式姓名判断」を「地動説;天命数霊術」により、ブログで公開してから5年半になりました。
 このブログは決して熊崎健翁に対する個人攻撃ではなく、世の中の間違いを正す”公益性の目的”からの”学説論争”であり、名誉棄損・信用毀損にならないものです。 要するに憲法が保障している「学問の自由と表現の自由」です。
 ところが、私;望月岳陽”個人”に対する誹謗・中傷サイトがありますが、これこそ望月岳陽に対する「名誉棄損・信用毀損」になりますので、サイト書き込み投稿者に警告しておきます。個人攻撃ではなく、人文科学的な根拠を持って「天命数霊術」の”学説”を反論して頂きたいのです。
 私の説は、世の中を好転させる”公益性”のため、「天動説から地動説へ」の精神で、このブログを投稿しています。』

 ところで、現在までのブログでは断片的に、熊崎式姓名判断がいかに間違っているか、を公開してきましたが、ここで総括して箇条書きに整理してみました。
       ★    ★    ★
「 熊崎式姓名判断の間違い事項」
[事項1]「9・19」を、”大凶”と判断することの間違い。・・・「9・19」こそ、神道でも仏教でも”最大吉数”です。世の中のトップを表す「キリスト・リンカーン・オバマ・キング・ライオン・ロイヤル・クラウン・サムソン・ユニクロ・・・」など9画であり、「日本=9画のイチロー=9画・ダルビッシュ=19画」が、熊崎式では全て”大凶”になります。

[事項2] 姓名の画数を、現代人でも「正字・旧字体」や「康熙字典」で判断することの間違い。・・・日常使用してこそ、運気が変化します。戸籍名ではなく、タレント・作家のように芸名・ペンネームで運気が変化するのです。昭和の初期は旧字体であり、現在も旧字体で判断せよ、という軽率な説。”画数”と”語源”とを混同しているのが原因。”語源”の吉凶なら18世紀初期の「康熙字典」どころか、古代の”象形文字”まで遡及せねばならない。

[事項3] 姓名を、5分割にして判断する合理的な根拠がなく間違い。・・・「天命数霊術」は、「天は天同士・地は地同士」(金銀の合金に喩える)の画数を加える。即断性の利点が大きい。以下 銑イ郎拠に乏しく、判断項目がダブり、矛盾した判断になりやすい。
 なお、平均寿命80年の現在では、50歳以上を”晩年”としているのは不見識な説ですし、”晩年”と言う用語は、高齢者に失礼です。昭和3年当時の現状ままで、現在の社会性に修正されていない。要するに、姓名から「20歳とか、50歳とか?」の年齢を判断する根拠がないですよ。
苗字を天運・天格として、「先祖代々受け継がれ”血筋”を表し、”家柄”や”前世”(最近の一部説)まで判る」としたこと。
個人名を地運・地格として、「個性を表す基礎的な運勢。性格形成や対人関係、行動力など家庭環境に影響。主に20歳くらいまでの若年期の運勢」
苗字と個人名の続く2文字の画数で、「性格や才能などを表す2番目に重要な運勢。人間関係や協調性、社会的な成功に影響。主に20歳から50歳ぐらいまでの中年期の運勢」
姓名の合計画数を総運・総格として、「人生を表す1番重要な運勢。生涯を通じて影響する総合運となり、主に50歳以降の晩年期に影響」
苗字の1字目と個人名の終わりの画数を合わせ、これを外運・外格として、「 生活面を象徴する運勢です。外部から受ける影響力を表し、結婚運、家庭運や職場、環境への順応性を表します。総運から人運を引いた画数。」

以上、 銑イ糧獣任蓮現状に適合しないもので、複数の矛盾した判断になりやすい。例えば、「家庭運」にしても、◆Ν・イ裡灰所にあるので、相互矛盾になりやすい・・・。(再読;[第79回07.8.27]矛盾した姓名判断)
 「天命数霊術」は、天格X+地格Y=総格の3ヵ所を、総合して一つの判断ですから、矛盾した判断にはならず、即断性があります。

[事項4] 一字姓・一字名の場合、「霊数1」を加えた画数で判断(ただし、総運・総格には、霊数は考慮しない)」の間違い・・・例;「田中 健」と「田中健一」と同じ運勢とは・・・? 現実に有り得ない説。一字姓が多い中国人などは、全て霊数1を付けるとは・・・? 無意味な説です。

[事項5]姓名判断は”統計学”という間違い・・・日本人口1億2千万人からの抽出としても、不特定多数を対象とする場合、総務省統計局の承認が必要だが、「判断基準・分類基準」もできない”運気の分類”など、承認されるはずがない。まして、歴史上の人物の統計などできるはずがない。
       ★     ★     ★
 以上のように、間違いだらけなのです。80年間も全国に普及して来た「熊崎式姓名判断」の間違いを実証するため、私説では「人文科学的な根拠・判断基準・現実のニュースなどの実証例」の3点から、5年半年に及ぶ「公式ブログとホームページ」で証明して来ました。
 「熊崎式姓名判断の間違い」をブログなどで公表するのは、私も高齢者の仲間入りをした年齢となり、明日にも生死が不明ですので、個人批判ではなく、「正しいことを後世に伝承する」という”公益性”のためであることを、全国の皆さんに理解して頂きたいのです。

必読!紅葉を見ずして殺害された”天格12”の「荒井久美」さん。
[第1748回](中吉)・・・12月2日(大凶)

『 命は、誰でも平等に一つ。でも、その命の”長短”は誠に不平等。下1桁の数の発生率は平均10%。しかし、事件事故を呼ぶ下1桁「2」系列の発生率は、全国のニュースから見ても、その数倍ある現象がみられるのは、不思議なことと思いませんか・・・?』

毎日、愛犬コタローを連れて、近くの公園まで散歩。今は盛りの真っ赤に染まったカエデの木、高さ20mもある大木5本が見事に紅葉を競っています。
 遠くから見れば、みな同じように紅葉していますが、近くで見上げると、すでに落葉した枝もあれば、まだ、寿命があるのか、シッカリと紅葉を競っている枝もあります。
 人の命も同様なのです。
 今から7年前の事件。
『 栃木・日光市で当時7歳の「吉田有希」ちゃんが何者かに連れ去られ、遺体で見つかった事件から1日で7年目、警察は改めて情報提供を呼びかけています。』とのニュース。
 この事件の「吉田有希」ちゃん、天格12(「吉=6」+「有=6」=12)の犠牲になり、本当に短い人生で落葉させた神仏に憤りを感じます。
 
 さて、本日のニュース。
『  東京・板橋区のマンションで主婦「荒井久美」さん(34)が、先月21日に殺害された事件で、警視庁は、現場近くに住む無職「松尾元気」容疑者(22)が、主婦の銀行口座から現金26万円を下ろした疑いが強まったとして、窃盗の疑いで逮捕しました。
 警視庁は、防犯カメラの解析などから松尾容疑者を割り出し、荒井さんの自宅から700mのアパートに住む松尾容疑者の行動確認を続けていたということです。
「朝早く明かりがついてた。(松尾容疑者の自宅)だけ」(近所の人)
 松尾容疑者は容疑を否認していますが、現金が引き出された時間帯の行動については「人といた」「家にいた」などと供述がブレているということです。警視庁は今後、荒井さん殺害への関与についても調べる方針です。』
とのことです。
 現在は、窃盗容疑ですが、仮に荒井さんを窃盗目的のため殺害したなら、重犯罪の「強盗殺人罪」になります。
 さて、この被害者と容疑者の姓名は、どちらも”事件事故”を呼ぶ「天格12」なのですよ。しかも配列も全く同様です。
被害者「荒井久美」天格12・地格13・総格25
容疑者「松尾元気」天格12・地格13・総格25


 このように、画数配列は全く同様ですが、もう一段階掘り下げてみますと、被害者は「久・美」という「3・9」を含んでおり、容疑者は「元・気」という「4・6」を含んでいますね。
 すると、同じ画数配列でも、”温厚で賢い”「3・9」と”切れやすく男性に弱運”の「4・6」との違いが、被害者と容疑者の”運命の別れ道”なのです。
お気の毒に、荒井さんは34歳の紅葉で散らされましたが、22歳の容疑者の落葉は、自ら望んでいるのではないと思います。誰もが幸せな人生を望んで、落葉する人生など望まないのに、松尾容疑者も宿命なのか、気の毒に思います。 
 事件事故というのは、被害者はもちろん、加害者にも”気の毒”な一面があること、皆さんも良く思考してください。
 「罪を憎んで、人を憎まず!」という一面も思考してくださいよ。

必読!現代文化人「石原慎太郎」氏でも、なぜ字が下手なのか?
[第1747回](小吉)・・・12月1日(大吉)

『 昨日、11政党の党首が集まった党首討論会が放映されました。その際、それぞれ目標施策をボードに書いて見せたのですが、小学生以下の下手な字を見て「あっ、」と驚きましたよ・・・・。 党首の皆さん方は、もともと政治家や弁護士なので、字が下手でも止むを得ないかも・・・? 』

 しかし、私が驚いたのは、日本維新の会の「石原慎太郎」代表の下手な書体なのです。もちろん、ご承知のように彼の前身は「作家」であり、現代文化人の代表で、しかも私より7歳年上の80歳なのですよ。
 すると、石原氏は終戦の昭和20年が中学1年生(私は小学1年生)、戦前の教育は日本文化が強調され、”書道”(小学生では”習字”)も必修科目のはずで、相当に鍛えられていました。
 党首の皆さんは、戦後教育を受けた人ばかりですから、字の上手い下手は問いませんが、あの日本を代表する現代文化人「石原慎太郎」氏の教養を疑いたくなります。これに対して、過去のブログで、楽天「田中将大」投手のサインの能筆に驚いて投稿しましたね。文化人でもない野球の選手が、遥かに文化人を抜いているのです。
 いいですか、「書」は英語と異なる”日本語”ですよ。あの日本の尚古思想をお持ちで、政策目標でも保守的思想を持っておられる石原氏、私は今まで敬意を持っていましたが、今日のボードの小学生以下の書体を見て、ガッカリしましたね。みなさん、”絵”は下手でも恥ではないのですが、「”書”は魂がある人格・教養」を表します。これが江戸以前でしたら、「”書”は、武士の最低限の教養」でした。

 ところで、ヤフーの知恵袋に、次のような質問がありました。
『 一概には言えないと思いますが、この前、特攻隊員の方が書いた遺書を見てたった、十九、二十歳そこそこの若者が、なぜあんなに達筆なのか?と思いました。多分、今同じ年代の人であんなに上手い字を書く人はかなり少ないと思います。
 たまたまその遺書を書いた人の字が上手いだけなのか、それとも昔の人は全般的に字が上手かったのか、どちらなのでしょう?
 後者の場合、何か現代には無い特別な練習でもしていたのでしょうか?
 それがあるならどういったものなのでしょうか?書道ですか?
 私も達筆と言われるくらい字が上手くなりたいので参考にしたいです。
よろしくお願いします。』

 皆さんは、この時代の教育と現状をご存じないでしょうが、学歴に関係なく”魂”を持って努力して来た人は上手なのです。
「字に”魂”を賭けて、一字一字がどうしたら上手に書けるのか? この横線を少し長くしたらどうかな?とか、この間隔を少し広くしたらどうかな・・・?」など、小学生の時から思考し、工夫した表現にするよう努力した積み重ねが、上手になります。ですから、書を教える先生は、相当に鍛えられた「師範学校」卒(現在の教育大学部)でしたから、普段の黒板の書体でも、美しい手本のようでしたよ。
 ところが、現在、80歳の文化人「石原慎太郎」氏は、小学生の戦前から「字には魂を込めて努力して来なかった人だ」と評価され、人格と教養程度が推測されます。あのような書体をTVで放映したら、全国には書道家も沢山おられ、また書道を習っている小中学生の笑いものになりますよ。
 ですから、私が作成する「昇運改名色紙額」の書体は、何を置いても「運気好転の”魂”」を極限状態にして深夜浄書するので、その書体からパワーが出ていると、密教の僧侶、霊能者、中国整体術師などから、直接・間接に言われてきました。「肉筆の書体には、魂が籠る」のですよ。ですから、印刷した年賀状ではなく、できる限り、”魂”が入った手書きが良いですね。(でも、何百枚もある営業用では、印刷も止むを得ませんが。)
書や絵の才能は、ある程度遺伝はあるでしょうが、少しでも努力した書体は見れば判るものです。高学歴の11党首の中で努力した痕跡が見られる人は、一人も見当たりませんでしたよ。
明治生まれの人は、小学卒の農家や商売人でも、それはもう慣れた筆遣いの人が多かったですよ。これも時代の流れですね。