Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2013 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!世の中いろいろ;中傷もあれば、感謝されたこのブログ!
[第1850回](小凶)・・・4月30日(小凶)

『 世の中いろいろですね。このブログに”誹謗・中傷”する「2ちゃんねる」もあれば、先日の医学でも困難と言われた”自然妊娠”の便りに続き、1昨日、とても嬉しいメールを頂きました。原文どおり(固有名詞を除く)、紹介させて頂きます・・・。』

(メールの原文をコピーし、貼り付けたもの)
『 ・・・(前略)・・・第2子が苦難の末、2・3日後に長男が誕生する予定の父親です。一般的な社会人の家庭ですが、第1子の長女誕生の際にベネッセの姓名判断を参考に命名しました。
 今回も再度ベネッセにお願いしましたが、送られてきた名前はあまりフィットせず、モヤモヤしていました。
 地格の名前を読み方で「あき」の漢字を探していたところ「煌」が格数的良いかなと思い、この字調査をWebを妻が検索していたところ、先生のブログにたどり着いたことが先生との出会いでした。
 そこでブログを読むことで、”目から鱗”となりましたが、本当に第1史資料を勉強されている方は違うなと実感しました。
 これは2007年の第1回ブログから読まなければと思って、読み始めましたが、まだ読破できず先にメールさせていただいております。
 先生のブログにたどり着いたのが、つい先日でしたので、姓名判断でお世話になることができませんでしたが、感謝の気持ちで一杯です。
 何とか良くない漢字や天格12・20は避けられそうです。
 本当にありがとうございました。
 会員制でないと、もったいない情報と見受けられますが、ブログを無料で拝見させていただいている後ろ目たさが残ります。
 今後、何らかの形で貢献させていただければと考えています。・・・(後略)』との嬉しいメールでした。
 これで、一人でも立派な日本人が誕生し、将来の日本や世界平和に貢献できる名君になって頂きたいですね。

 さて、もう1件、1昨日、嬉しい携帯メールを頂いています。(これはコピーできませんので、要約して紹介します。)
『 高校新1年生女子、 生後3ヵ月の心臓手術で、今まで激しい運動を禁じられていたのですが、 私が「天命数霊術」で改名(学校内での通称名)をしてからまだ一ヵ月目、それでも学校行事の登山(標高798m)を無事してきた喜びを、お母さんからお礼のメールを頂きました。』

 このように、今までにも「”目からウロコ”です」というメールを、全国(海外の数か国を含む)から頂いています。
 ところが、一方、「2ちゃんねる」では、私のことを「誹謗・中傷したサイト(私は一切読みません。娘からの情報)」がありますが、まあ、世の中、いろいろな人がいますね。
 でも、一般的には、私のブログを賞賛する方は”賢い知識人”が多く、現在までに大学教授ご一家、県教育長のお孫さんの名づけ、裁判所書記官の改名、弁護士ご一家の改名、市立病院内科医長や心療内科系医師のお子さん名づけ、そして東北では有名な神社宮司のお孫さん・・・などなど、ハイレベルの方々の命名改名もさせて頂きました。この現況から見ますと、1昨日のメールはほんの一部ですが、最近、このブログを読み始められた方々のために、紹介させて頂いたのです。

必読!流行字;「莉」は香草でも、人名には不向き!
[第1849回](中吉)・・・4月29日(中吉)

『 最近の流行字「莉」がやたらと多くなりましたが、「リットウ旁(つくり)」は「利・莉・梨・則・剛・創・刑・刺・削・剣・剖・別・列・判・刈・・・」などは”刃物”を表し、人名には使用するものではないのです。』

 「流行するもの何でも御座れ!」というのが、平凡な人のすることです。
 大事なお子さんの名づけに、なぜ?”刃物”がある字体を使用するのでしょうか? 音感としては少し以前なら、「”り”なら”梨”」が多かったのですが、これまた「特定の”果物”や”花の名”」も”儚い短命の暗示”があります。
 そして、「梨」が衰退してくると、今度は「莉」が流行の先端なのか、やたらと多い。
 「莉」という字体を、漢和辞典で確認してください。”香草”の一種で香りがありますが、先端が稲のように尖った雑草です。
 では、最近の地方新聞から、「莉」がある満1歳の赤ちゃんの名づけを見てみましょう。

「莉子(りこ)」「莉央(りお)」「莉緒(りお)」「莉咲(りさき)」「愛莉(あいり)」「莉紗(り)」「朱莉(あかり)」「莉杏(りあん)」「莉(りの)」「莉乃彩(りのあ)」「莉(いおり)」「莉々桜(りりさ)」「莉織音(りおね)」・・・ 

 以上のように、最近は「梨」が「莉」に交代したようです。
 それにしても、「莉」を使用すれば満足なのか、「莉紗(りた)」と読めない名、「庵莉(いおり)」と尼僧を連想する名、そして「莉野(りの)」という苗字のような名には、センスを疑いますね。
 それに3文字名は、初めに”呼び名”から考えた「莉を含む”当て字”」であり、違和感があるな名ですよ。
 これらの姓名では、”運気”を呼ぶ「優雅な名」とは思われませんね。
 確かに「り」の音感は、”聴覚神経”を刺激して、賢い子にはなりますが、これで画数が”偶数”ばかりですと、事故事件に遭遇する短命のお子さんになる可能性は十分にあります。
(「り」なら、風水パワーの「理」又は地名由来の苗字には「里」がベストの名づけに近づきます。)
 まあ「莉」でも、大事なお子さんに「雫(しずく)」とか「零(れい)」などの名づけをするよりマシだと思いますよ。
 どうして、お若い夫婦は、すぐに”流行名”に盲信するのでしょうか?
 いや、この”流行字体”を追うのは、昔からですよ。
 戦時中は「勝・信・義・正・・・」が多く、現在の美智子皇后のご結婚当時、やたらと「美智子」が増え、皇太子の浩宮殿下から「浩」が増えて、まるで人マネばかりで、自主性がないですね。
 大事なお子さんの名づけのときぐらい、図書館でも行かれて、漢和辞典3〜4冊で「どんな語源・語彙だろうか?」と確認されたら、いかがでしょうか?

必読!歓迎;就活の面接は、”普段着”で良い企業もある。
[第1848回](中吉)・・・4月27日(小吉)

『 かねてより私が希望していたように、「就活の面接は、”普段着”で良い!」という企業が現れた。黒ずくめの服装では、首から下は皆同じ・・・?
 その人のセンスが判らない。次第にユニークな選考方法を採りいれる企業がふえつつあります。』

 最近では、コンビニでおにぎりを買っている人が多いと思いますが、日本で初めての精米機を始め、全国の食品加工機器を製造している老舗の中堅会社(明治29年創業;資本金2億8千万円・売上387億円・社員980人;本社・広島・東京;事業所全国15ヵ所)の話題です。
 さて、地方新聞のニュース。
『 来春卒業予定の学生の心をつかもうと、採用活動でユニークな選考を取り入れる企業が中国地方で相次いでいる。精米機など製造の「(株)サタケ」(東広島市)は、役員面接では初めての「”普段着”面接」を実施した。他社も接客体験を導入するなど、自社の特色を理解してもらおうと知恵を絞る会社が次第に増えている。
サタケ本社であった役員面接の服装のテーマは「自分らしさ」の表現。面接学生30人は、白のポロシャツやピンクのジャケットなどカラフルな装いで爽やかさや明るさを表現した。
中には、九州大農学部4年「一丸裕介」さん(21)は、なんと上半身裸、はかまに鉢巻きを着け、手作りの旗を手に登場。高校の体育祭で応援団の旗手をした経験があり、「持ち前のパワフルさを出せた」と満足そうだ。
サタケが”普段着”面接を始めたのは2011年。木谷博郁取締役人事部長(53)は「リクルートスーツだと誰も同じように見え、学生も緊張する。普段着はありのままの姿を知るために効果的」とみる。』
とのニュース。
 どうですか、とてもユニークな会社でしょう。
 このアイデアも、会社自体の新製品開発の姿勢が表れていますね。旧態依然とした面接姿勢ではなく、常に進歩する姿勢・・・。
 これこそ、私のブログで、「”黒ずくめ”の就活面接の服装ではなく、”あっ”と驚く個性をPRしなさい。」と投稿しましたね。これは「入学試験の面接でも、個性ある服装で印象付けなさい。」とも投稿しました。
 この会社名「サタケ」は、創業者の苗字が「佐竹」からですが、なんと「サタケ」=9画なのです。
 どうですか、9画の会社名や商品名は、「成長し永続して行くパワーがある」のです。
 その他、ユニークな就活面接では、
『 メガネの「(株)田中チェーン」(広島市)は選考で接客体験を取り入れている。学生たちは、3次選考会で同市中心部の店先に30分程度立ち、無料のメガネ洗浄を呼び掛けたり洗ったりする。総務課は「接客態度は採用の参考にはしない。複数の内々定を得る学生に仕事内容を伝え、選んでもらうきっかけにする」と狙いを明かす。
 また、イオンと業務提携した薬品販売会社(ドラッグストア)の「(株)ザグザグ」(本社;岡山市)はことしの採用活動から”喫煙者でないこと”を条件に加えた。喫煙者には入社までに禁煙を求める。会社説明会やホームページで案内し面接で確認する。「健康をサポートする企業として、まず従業員の健康を守る」と同社。禁煙に取り組む企業姿勢を客にアピールする狙いもある。』
とのニュース。
 どうですか、この3社の会社名・・・。
「サタケ=9画」「田中チェーン=9画+9画」「ザグザグ=9画+9画」のように、アイデアで前進する会社名・・・、その本質に「”9”のパワー」が内臓しているのですよ。(「イオン」は、7画で事業運!)
(追記)「ザグ」とは、ラテン語で「一方向へ進む」という意味のザグを重ね、「ひとつの方向へ進むのではなく、物事にとらわれないで自由に進もう」という意味です。「あっちにも、こっちにもアクティブに動き、自由な発想で今までない会社を創ろう。」という企業精神の表れとしています。
 このような精神から、ラテン語でも日本語のカタカナ表記にして、「”9”のパワー」になるのは、不思議な”偶然”なのか? いや、”必然”なのでしょうか・・・?

必読!戦後の歌謡界大御所「田端義夫」(94歳)の天寿!
[第1847回](小吉)・・・4月26日(小吉)

『 先日の映画界大御所「三國連太郎」90歳の訃報に続き、昨日は歌謡界大御所「田端義夫」が、なんと94歳で天寿とか!    
  また、一人、昭和の巨星落つか・・・? 戦後の復興、そして高度成長期とともに、”哀愁の曲”ながら日本人を勇気付け、昭和を駆け抜けた歌手の一人・・・。 』

(かえり船;昭和21年・歌手;田端義夫)
 「波の背の背に 揺られて揺れて
  月の潮路の かえり船
  霞む故国よ 小島の沖に
  夢もわびしく よみがえる
  ・・・(略) 」
 戦後、次々と舞鶴港(京都)に復員船が到着。それを迎える「田端義夫の”かえり船”」がスピーカーで流れると、中国大陸の苦しかった前線を想い、無事に日本の土を踏んだ感動から、泣きだす旧軍人も多くいたとか・・・、この思い出を復員した義父(旧日本軍砲兵大尉)が生前語ってくれていました。(参考;「引揚船32隻の画像」を検索して見てください。)
 このような戦後の日本人を慰め、勇気付けてくれたのが、”哀愁ある歌曲”ではなかったか?と思います。
(関連ブログ;『必読!感動の歌;「あぁ、モンテンルパの夜は更けて」の話題!』第753回2009.09.12)

 現在の恵まれた生活は、戦死者約300万人とも言われた犠牲の下にあることを、決して忘れてはならないのです。
 さて、「田端義夫」は第二次世界大戦前から21世紀初頭まで、現役歌手として活躍し、社団法人「日本歌手協会」名誉会長。平成元年には勲四等瑞宝章を受賞しています。

芸名「田端義夫」天格18・地格18・総格36
本名「田畑義夫」天格18・地格13・総格31


彼の子どもの頃は、3歳で父親と死別、母子家庭であり、貧困の中で慢性的な栄養失調。しかもトラコーマ(伝染性角結膜炎)で、片目を失明したハンデイがあるのにもめげず、歌手としての努力を重ねた正に”苦労人”です。
 しかし、人柄は「3・8」タイプでとても温厚で、歌手として成功したのは、「8」の”人気数”からの運気です。成功者の中には、「9・5・1」タイプではない人もいますが、この例外のケースとして皆さんに記憶して頂きたいのです。
(しかも「義夫」という名、「義」も「夫」も明治・大正生まれに多いのですが、この字体も”苦労性”! 同じ「お」なら「生⇒雄⇒男⇒夫」の順に運気がダウンし苦労することも、記憶していますか?)
 でも、「人気数」は他の歌手にない”独創的なシンボル”が必要であると思います。彼は愛称「バタヤン」で、ギターを片手に「オスッ!」と舞台に出て来るのが”独創的”で、一時、「美空ひばり」よりも拍手が多かったという逸話も残っています。
 いずれにしても、昭和を駆け抜けた歌手や俳優を想うと、「昭和は、遠くなりにけり」を痛切に”寂しさ”を感じます。

(お知らせ)
 コメント欄に、ニックネームでさえ記載せず、無記名で投稿する方には、内容も無責任な記述が多いので、公開承認しません。発言には、キチンと名乗り責任ある投稿をお願いします。これには、「天命数霊術」の仝淆臂魴錣鰺解していない人(画数のみが全てではない。)、一部の投稿を読み、批判してくる人、L世蕕に熊崎式の業者と推定される人、ぜ膰譴盻匕譴發覆っ姥譴鯤造戮董∨集世鯏任レベルが低い人など、世の中、実に種々の方がおられます。 

必読!気の毒;誰でも”勘違い”はある俳優「田島優成」。
[第1846回](小吉)・・・4月24日(小吉)

『 全く、気の毒なケース。改名して、逆に運気がダウンした俳優「田島優成」。絶対に天格2系列で改名するものではありませんよ。誰でも勘違いでトラブルを招くことがありますが、「2」系列の魔物は人生で重大な”事件事故”を招くのです・・・。』

 このブログで、「2」という数の”事件事故”は、「もう、止めて!」というほど、全国のニュースには毎日のように発生しています。
 今日の”事件事故”は、俳優「田島優成」の”勘違い”から、全国ニュースになるほどの大きなトラブルに・・・?
 その”勘違い”とは? 開演時間が1時なのに、7時と勘違い。「イチジ」と「シチジ(又はヒチジ)」の聞き違い! これは誰にでも、日常良くあることです。
 私もセミナーや姓名判断でお会いする時間、「イチジ」とか「シチジ(又はヒチジ)」と聴いた場合、「ワンですか?セブンですか?・・・じゃ”ナナジ”(7時)ですね。」と必ず念を押します。日本語の「イ・シ・ヒ」の発音は非常に間違いやすいのです。特に、東北地方の方言を西日本(出雲地方を除く)の人が聞くと、この3つの区別ができにくいのですよ。
 昨日のニュースでは、
『 俳優の田島優成が、21日に出演予定だった舞台「効率学のススメ」の会場である東京・新国立劇場に姿を見せず、公演中止となった騒動で23日、都内で謝罪会見を行った。また同日、新国立劇場の公式ホームページでは、中止公演に来場した観客に対し、交通費も負担することを発表した。中止公演の交通費負担は極めて異例。』
とのことで、特にこれから人気を出して行く俳優にとっては、このトラブルは致命的です。いいですか、この原因が改名した芸名にあったとは・・・?
 
芸名「田島優成」天格22・地格16・総格38
本名「田島 亮」天格14・地格10・総格24


どうですか、どちらにしても全て”偶数”であり、弱運なのですが、本名と比較しますと、芸名として改名した「優成」で、更に運気はダウン!
 もし、この改名をプロが勧めていたとすれば、それは大きな社会問題ですよ。
 過去のブログでも、同じ俳優「松平 健」や「三國連太郎」などは、改名で成功した例ですが、歌手の「西川峰子」が「仁支川峰子」に改名して咽頭ガンになって失敗。
 いいですか、プロでも”占い”的な姓名判断をする人には、要注意ですよ。改名で逆に運気がダウンするばかりではなく、間違って天格2系列になった場合は、”事件事故”に遭遇する可能性が大なのです。
 皆さんも、軽はずみに書店に並んでいる「名づけ本」で、命名・改名した場合は、日本中の大半が熊崎式ですから、私の「天命数霊術」と180度異なりますので、「間違って、天格2系列に・・・」なる場合がありますので、十分注意してください。
 仮に、日本中の説で「田島 亮」から「田島優成」に改名したなら、それは本当に気の毒なケースです・・・。

必読!「知に依りて、識に依らず?」の村上春樹小説!
[第1845回](大吉)・・・4月22日(大凶)

『 「村上春樹」の新作;1週間で100万部販売とか!凄い人気ですね。さすがに地格19の創造力があり、とても”賢い作家”?に見えます。でも、1週間もすれば、アマゾンの古書で販売されるかも・・・? 要するに、どんな有名で爆発的な人気本でも、小説なら1回読んで”はい、終わり”の人が多いのでは?
 後は本棚に”積んどく”か”古本屋”へ。
 人には、”好み”があります。テレビで、「小倉智昭」氏は「村上小説は、好きではない」とコメントしていましたように、私も「知によりて、識に依らず」※(注)の格言のように、題名からして「意味不明の”造語”」が多く、一般大衆のレベルを無視した日本語が多いからです。
 それでも、ブランドの時計やバックを買い漁るように、「それ、流行に後れるぞ!」と、われ先に買い求めるのが一般大衆。』
※(注)「識を誇示して、良に欠けること」の語意。

 ヤフーの「知恵袋」にこんな質問がありました。
(原文どおり、コピー)
『 村上春樹の小説ってどこがいいんでしょうか?よく芸能人などが村上春樹は面白いと言うのを聞いたり、テレビで村上さんが賞賛されたり、なんかの賞をとったりという話を聞きます。
 おそらく社会的にものすごく評価の高い小説家なのでしょう。ですが私は村上小説のどこがおもしろいのかわかりません。私は村上春樹の小説は一般教養のつもりでいくつか読んだことがあります。それなりに楽しめましたし独特な世界観に憧れ一時期はまったこともあります。ですが、結局のところどこが面白いのかわかりませんし、そこまで評価が高い理由がいまひとつ分かりません。
 村上小説のどこが面白いのか、教えてください。』
と、私や小倉智昭氏と同様の意見を持つ方からの質問です。

 自分しか判らないような”造語”で、いかにも深遠な含蓄ある”日本語”を作り出す人は、心理学者・哲学者・宗教家などに多いのですが、誰にでも容易に理解できる日本語を使用して、小説を書くべきだと思いますよ。
 専門学会の発表ではあるまいし、一般大衆、時には小中学生対象に小説を書く場合では、常に相手のレベルに合わせて、容易な日本語で判りやすい表現にすべきだと思います。私は、このブログでも修士論文や官庁の公文書ではないのですから、法律専門用語や官庁慣用語などは、極力使用していません。誰にでも理解ができる日本語で書いているつもりです。
 いいですか、この度の村上春樹さんの書き下ろし小説、
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の題名・・・? (呆れたもの!「多崎つくる」とは、一般に周知されていない架空の”人名”を題名にするとは、非常識!それに長すぎる!)
一体、何が言いたいのか? 不明な題名・・・。
 あなたは、この意味不明で長たらしい題名を「こんな題名ですよ・・・」と、口コミで説明できますか? 実に違和感があります。
それに既刊本の中で、「歪んだ構造」「非現実的な夢想家」「厄災の犬」などの用語は、一体?何の意味なのか、私は頭が悪いのか、サッパリ理解できませんねぇ〜。それに「1Q84」の題名は・・・? 何のこと?
 (再読;[第1302回(2011.6.16)]「知に依りて、識に依らず」)
 出版社とテレビの宣伝や過大な報道で、購買意欲を煽りたてているように思いませんか?
 これらの村上小説を、アマゾンの古書販売による評価を皆さんが検索して見てください。本当に良書なら、蔵書として保存されるのが一般ですし、古書の評価は極端な低価格(例:「1Q84」定価1890円→399円)。良書なら古書としても定価の数倍から十数倍の評価になるはずです(例:私の「赤ちゃんの名づけ方」定価1200円→9000円:過去最高19800円)。何百万冊も市場に出れば、希少価値がなくなるからです。
 それでも、”流行”に遅れないように求める人は、どんどん購入してあげてください。これが切っ掛けに、読書ブームが再来すれば良いですね。 

必読!朝ドラも主役次第;「能年玲奈」の”あまちゃん”人気!
[第1844回](小凶)・・・4月21日(大吉)

『 NHKの”朝ドラ”も”大河ドラマ”も、視聴率を上げるのは、なんと言っても「主役の”魅力と運”」と思いますよ。この”運”に気付いていないテレビ局も多いのでは・・・?』

 今月1日からスタートしたNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」が快走しています。なんと7年振りの人気らしい。地元の岩手県知事も絶賛とか。昨年の大河ドラマ「平 清盛」の人気が最低で、兵庫県知事が”暗いイメージ”と苦言を申し立てたのと、実に対照的です。
 初回視聴率は、20.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、06年の「芋たこなんきん」以来、7年ぶりの20%超える。その後も19%台の高水準で推移して、17日には22.0%まで上昇、続く18日も20.6%と勢いはとどまるところを知らずと、ヤフーニュース。

 ドラマというのは、もちろん原作・脚本・演出なども優れていないと視聴率はとれないが、それ以上に「主役・脇役」の”魅力=人気”が第一、その人気は「対外的な”運気”と、対内的な”才能や性格”」です。

 ヒロインは、初主演の「能年玲奈」(19)。岩手を舞台にした海女の物語という意表を突いたテーマで共演の「宮本信子」と「小泉今日子」ら個性的な女優が揃ったことがヒットの要因だが、業界関係者の評判は「これぞクドカン・ワールド」というもの。クドカンはもちろん脚本担当の「宮藤官九郎」だと評価されています。
 いいですか、何をするにも「”運”が左右」します。この”運”が、特に人気を挙げる重大なポイントであること、テレビ業界もまだ気付いていないようです。
 ここで特に、主役の「能年玲奈」についてみますと、
「能年 玲奈天格19・地格14・総格33

どうですか、「対外的な運気=人気」は「19」のトップ、それに芸能人として必要な「対内的な性格」は、総格33が吉数であることから、地格14は長所に出て”負けん気・やる気・根性”の精神で、主役をこなして行くと思いますよ。
 しかも、その地格には「奈=8」を含んでいますので、”人に対する思いやりの精神”を持ち、人柄が良いと判断できます。
それに「玲」と「奈」の”語源”と、安定感がある”龍脈(形)”も素晴らしい姓名だと思います。
 そのうえ、祖母であり、海女としての脇役である「宮本信子」も、天格19・地格8・総格27の”昇順数”です。
 この他の出演者で、運気が良い人は次のとおり、他のドラマに比し、揃っている方だと思います。皆さんのお子さんを、将来、俳優・女優・アイドルなど、芸能人にさせたい希望である場合、「天命数霊術」の5大条件が備わった姓名(芸名)にすると早道であり、しかも人気が持続して行きますよ。

 脚本;「宮藤官九郎」(天格18;人気数)
「尾美としのり」(天格9)・「蟹江敬三」(地格9)
「平泉 成」(地格9)・「小池徹平」(天格8;人気数)
「橋本 愛」(天格29)・「八木亜希子」(天格9)
「渡辺えり」(天格15)・「美保 純」(天格19・地格9)
「杉本哲太」(地格9)・「吹越 満」(天格19)
「古田新太」(天格18;人気数・地格9)

 以上のように、ドラマの人気の原因を、「運気?」という点から捉えると、納得されることもあるのでは・・・? テレビ局も、早く気付くと良いのでしょうが、従来の日本中の説から見ると、「姓名判断は”占い”!?」という疑念を捨てきらないからです。

必読!「幸太」さん「幸一」容疑者にひき逃げされた”不幸”?
[第1843回](小吉)・・・4月20日(大凶)

『 「”姓名”で人生が変わる・・・?そんなことはないだろう!」と、このブログを読まれるまで、「姓名判断なんて、”占い”でいい加減なものだ」と思われていた方も多いでしょう。
 しかし、「”9”のベスト、”2”のワースト、そして”幸”の不幸に、”勝”の負け」など、毎日のニュース・テレビ番組などから証明して来ますと、不思議な”事実”が見えて、決して”占い”ではなく”確信”に変化して来たでしょう。』

 例えば、このブログを始める前の2007年1月のこと、不思議な偶然があったことを思い出したのですよ。それは「交通事故の加害者も被害者も、”天格12”で”幸太”さんが”幸一”容疑者にひき逃げされた事件」・・・。そうです、この広い世の中で、同じ「"12"と"幸"」が一致した交通事故。
(当時のニュース)
『 大阪府警天満署は3日、業務上過失致死と道交法違反(酒酔い運転、ひき逃げ)容疑で、大阪市都島区の 会社員「井上幸一」容疑者(50)を逮捕した。  調べでは、井上容疑者は3日午前4時55分ごろ、同市北区西天満の国道1号交差点で、同市淀川区の無職「木村幸太」さん(19)を乗用車ではね、そのまま逃げた疑い。木村さんは頭を強く打ち、間もなく死亡した。  井上容疑者は約10分後、城東署に出頭。呼気1リットルから0.45ミリグラムのアルコールが検出され「飲食店3軒をはしごしてビールや焼酎を飲み、帰宅途中に車で人をはねた」と供述しているという。』

 なぜ、こんな以前のニュースを・・・?とお思いでしょうが、昨日、共同通信社の佐藤大介記者の【連載企画・極刑の断層 曄崑子の死刑執行後の母親の気持ち」という原稿が公表された記事を見て、「あぁ、”幸”が年老いた母親まで不幸にするのか、死刑囚「松田幸則」の”幸”と”則”の字体・・・!」
 その一部を抜粋、
 『 ・・・ひつぎに入った息子は、花に囲まれ、穏やかに眠っているように見えた。「(最期に)母ちゃんの顔を見ることはできんかったね」。母は声を絞り出して語りかけた。
 福岡市早良区の福岡拘置所の一室。昨年9月28日、前日に死刑執行された元死刑囚の松田幸則=当時(39)=の葬儀が行われた。
熊本県内から駆けつけた母に、拘置所幹部は「立派な最期でした」と告げた。 遺書はなかったが、遺した言葉を職員が伝えた。「母ちゃんにいろいろ迷惑かけてすいませんでした。元気で長生きしてください。母ちゃんの子どもに生まれてよかった」。母は泣いた。・・・(以下、略)』

 いいですか、前段の交通事故、
加害者「井上一」天格12地格4・総格16
被害者「木村太」天格12・地格11・総格23

これに対して、強盗殺人で死刑執行された元死刑囚は、
「松田則」天格16・地格14・総格30

どうですか、この三人の共通点は、「幸」の字体ですね。過去のブログにも、数回「”幸”は”不幸”にする逆の字体」と投稿済です。
 まあ、最近の流行名には「幸」は少なくなりましたが、「則」の右「リットウ」のある字体「莉」と「梨」は、現在、女児の名づけに非常に多いですよ。
 この「リットウ」の”語源”は「鎌・刃物」を現します。
 今後、将来、「莉・梨」があり、全て”偶数”の姓名である女児は、やはり事件事故に遭遇する可能性を、私は”予言”しておきます。(女児を不幸にする字体は、20年前「帆」と「歩」の字体と予言しましたが、現在ではその通りになりました。)

 どこの親でも、子どもの幸せを願って「幸・則・莉・梨」などで名づけるのですが、逆に、子どもが交通事故死や、まして死刑囚になる”不幸”ほど、親は辛いことはないのですよ・・・。
(昨日のブログ;日本テクノ「大政龍晋」社長の”9・9・8”タイプと比較して観てください。いかに”姓名”が人生を左右するのか・・・。これが、私の”世紀の発見”です。)

必読!世紀の大発見!(株)日本テクノ「大政龍晋」社長は”9・9・8”タイプ”!
[第1842回](大凶)・・・4月19日(大吉)

『 ”世紀の大発見”の日本テクノ「大政龍晋」社長は、運気がベストの”9・9・8”タイプではありませんか?と、インドに赴任されているR.M氏からメールを頂きました。そのとおりなのです。このタイプは「(故)湯川秀樹」博士(日本初のノーベル物理学賞)のようにベストの姓名なのです・・・』

 1昨日のテレビ番組「所さんの笑ってこらえて」の番組内で「原料は水のみの夢のようなエネルギー「OHMASA-GAS(オオマサガス)」が紹介されていたそうですが、私はこの番組を見落していました。ところが、インドに単身赴任されている方から、日本テクノ「大政龍晋(おおまさりゅうしん)」社長(74)の姓名を「天命数霊術」の手法で判断されて、「”9・9・8”タイプのベストの姓名では・・・?」というメールを頂きました。

 そうです。この発見は、次世代エネルギーで、今後の展開が非常に期待されている『 水から奇跡の燃料「オオマサガス」を作り出した方』です。
大政社長は、昼間は愛知県の役所で働き、夜は名古屋工業大学で化学についての知識を蓄えていたそうです。
その後、金属加工工場などで加工に使った後の水の洗浄について相談を受けた会社を訪問している時に、工場内で頻繁に起こる爆発音から、そのエネルギーを
次世代の燃料として実用化できないか?という思考から開発されたものです。
原子力に依存しないエネルギー自給について、水素と酸素が原料ですから、地球上には無尽蔵にあり、CO2を排出させないクリーンエネルギーです。
 この東京の下町で、数々の発明を続けて、今では「下町の”発明王・工学博士”」として有名であり、その功績から受賞歴は、(財)発明振興協会より白井発明功労賞 、神奈川工業技術開発大賞、科学技術長官賞、黄綬褒章などを受賞されており、この「オオマサガス」が実用化になれば、文化勲章からノーベル賞候補になると思いますよ。
 要するに、”9・9・8”タイプは、世界的な科学や文化の発展に寄与できる成功者になる運気を持っているのですよ。
「大政 龍晋」天格19・地格19・総格38 (会社名;日本テクノ=15画で成功数)

この画数配列は、記憶しやすいように「湯川秀樹」博士(日本初のノーベル物理学賞) の”9・9・8”タイプとしています。
 いいですか、このタイプの視点は、地格の「9」系列にあるのです。地格というのは、その人の対内的な「才能」を判断できます。
 この地格が「9(又は5)」の人は、『思考力・創造力・表現力』に優れていますので、発明・発見をする能力が備わるのですよ。
 ですから、適職としては「研究者・教育者・芸術芸能家・建築家・各種デザイナー・俳優・歌手・タレントなど」であり、みなさんのお子さんが、将来の希望職種であれば、地格を「9」系列にするよう名づけ、また改名することですよ。
 しかし、いくら才能があっても、対外的な運気がなければ、世の中に埋もれてしまいますので、天格も「9」系列にすべきなのです。
 そこで「”9・9・8”タイプは”最高〜!”」となるわけです。

必読!貸倉庫の「遺体遺棄容疑者」なども、天格2系列?
[第1841回](大吉)・・・4月17日(小吉)

『 大分県で、天格2系列の”事件事故”が2件(全国ニュース)。』

(事 件)
『 大分市の貸倉庫で男性の遺体が見つかった事件で、大分県警捜査1課などは14日、死体遺棄容疑で、男性の弟で住所不定、無職「紫垣泰行」容疑者(38)を逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は2011年4月ごろ、兄で同市国分新町の会社員「紫垣昌弘」さん、当時(44)=の遺体を敷物にくるむなどして貸倉庫に遺棄した疑い。 』

 兄弟は、”他人の始まり”なら、まだ許せる。兄の被害者に弟の加害者で「殺人と死体遺棄の疑い」事件がありました。同じ「紫垣」姓なんですよ。これから何が言えますか? いいですか、「運気や性格」は、”同じ苗字”でも親子・兄弟一人ずつ異なるのですよ。それが、日本中の姓名判断で、「苗字の画数」を求めて何の意味があるのでしょうか?
 こんな簡単なことにも、誰一人疑問を持たず、良く80年間も続いてきたと思いますよ。
 さて、兄弟の姓名は、
弟;加害者「紫垣泰行」天格22・地格15・総格37
兄;被害者「紫垣昌弘」天格20・地格14・総格34


弟の運勢と性格:いいですか、いくら地格に「5」系列があっても、天格が「2」系列で総格が「7」系列なら、「2」+「5」=「7」となりますね。この配列の場合は、”男らしい正義感”である「15」は、”気まま”な「22」と”切れやすい”「37」の2ヵ所に中和されて、「15」の長所は消去されてしまいます。
 もし、仮に弟の名が1字目7画の「寿之(ひさゆき)」(天格19)であったなら、兄弟悲劇は起きていなかったのでは・・・?
 それに、被害者である兄も、運が弱いですね。
 全て”偶数”であるうえ、対外的な運気「天格20」は、”意のままにならないゼロ系列”ですから、弟から派生する”凶気”を、兄はそれを”消去”させるだけのパワーがないのですよ。ですから、弟の成すがままになってしまうのです。
 仮に、兄の名が「昌弘」ではなく、一字目が「7画で語源が良い字体」である例えば、「孝宏(たかひろ)」(天格19)であったなら、弟に殺害されることもなかったでしょう。

(事 故)
『 15日午後8時半頃、大分県日田市の国道で、高校生を含む17歳から19歳までの少年少女6人が乗った軽乗用車(定員4人)が、センターラインを超えて電柱に衝突し、1.5メートル下の畑に転落しました。
この事故で、助手席に乗っていた会社員「河村文也」さん(18)が死亡、運転していた19歳の少年が頭を強く打ち重体で、後部座席の少女4人も負傷しました。』

 
 運転免許とりたてで、運転経験が未熟なほど、前後を考えず、良く飛ばす! それに、嬉しくて、若いと友達と騒ぎたくなる心理も理解できます。
 私だって、免許とりたての若い頃は、良く飛ばしたものです。でも、節度と状況判断ができないほど、無茶苦茶な運転はしませんでしたよ。
 この事故のように、定員4人の軽自動車に6人も乗せて、スピードを挙げれば、遠心力でカーブを曲がり切れずに、電柱にでも衝突しますよ。
 要するに、無茶苦茶な運転をする者は、何をさせても状況判断ができない”未熟者”なのです。
 ところがですよ。この無茶苦茶な運転で、自分が犠牲になるのは自業自得です。しかし、助手席の友人に”死”を与え、友人の両親や家族ばかりではなく、自分の両親や家族にも、大変なショックと悲しみを与えます。
 交通事故は、一瞬にして人生をダメにします。
 かって私が現役の頃、「交通安全対策に関する行政監察」を実施した経験が二度あります。その監察で、「肢体不自由者授産施設」(身体が不自由な人が働く施設)を調査したとき、今でも「忘れられない記憶」があります。
 「 今はこうして、車イスの生活で、家族にも施設にも迷惑をかけ、車の送り迎えで通っています。なぜ、あの時、あんな無茶な運転をしたのか・・・。後悔ばかりの毎日です。」という確か26歳のシッカリした青年だけに、良く覚えているのです。その青年は、21歳の時の一瞬の無謀な運転のため、やはり助手席の友人を死にやり、自分は脊髄損傷で車イスの生活が続いているのです。
 そのために、就職も結婚も制約を受けます。
 さて、こうした交通事故でも、”運気の差”があるのですよ。
 この事故で死亡したのは、6人中1人のみ・・・? この一人がやはり弱運で”事件事故”を呼ぶ「天格2系列」なのです。
「河村文也」天格12・地格10・総格22
どうですか? 全て”偶数”で「2」と「0」しかありません。それに「文」も「也」も弱運の字体です。(「也」より「哉」が遥かに強運です。)これでは、交通事故死から避けられませんね。僅か18歳で死を迎えるとは・・・、お気の毒な限りです。長生きすれば、「軽自動車の暴走の楽しさ」より、もっと楽しい人生が待っていたのに・・・、残念ですよ。

必読!”本名”で苦労し、”芸名”「三國連太郎」で一流俳優になる。
[第1840回](中凶)・・・4月16日(小吉)

『 男性の天格6系列は、幼い時は”肉親に縁が薄く、病的で苦労の連続”。本名を捨て、”芸名”で運気を出した人が多いのですが、昨日、90歳の長寿で亡くなられた一流俳優「三國連太郎」氏も”本名「佐藤政雄」”で苦労し、28歳からの”芸名”を三國連太郎にしてから、一躍運気を好転させた一人です。』

 いいですか、あなたが「幼い時から”苦労”の連続であった」と述懐されるなら、本名の使用を極力止めて、「ベストの”雅号・ペンネーム”」で、生まれ代わった”幸運な人生”を歩まれては如何でしょうか?
 現在の時代劇俳優の大御所;あのマツケン「松平 健」さんも、本名「鈴木末七」で大変な苦労の連続でした。それが今では、天格19のお蔭か、「暴れん坊将軍」を知らない人はいないほど、有名ですね。

 さて、三國さんの本名の画数をみますと、
★「佐藤政雄」天格16・地格31・総格47(「藤」は旧漢字19画)
 この「佐藤」姓から、俳優「佐藤浩市」さんが三國さんの息子なのです。
 さて、天格が「6」系列ですから、身内に縁が薄く、父親が不明の”私生児”であったと述懐されています。
 それに、幼い時から体が丈夫な方ではなく、「九死に一生」の体験談があるのは、同じ天格「6」系列がある「(故)松下幸之助」氏(パナソニック創業者;天格16・地格6・補格7・総格29)と同様な運命だったことがあります。
 召集で戦地に向かう途中、原因不明の熱病で10日間も意識不明、死者と間違られ、火葬場でむしろを掛けられたまま、順番待ちのとき、10日振りに目を覚ましたという驚きの逸話があるそうです。
 そして、終戦で帰国してからの三國さんは、大変な苦労の連続、しかし上京して映画会社のスカウトに会ったのが、幸運の兆し。
 そして、28歳のとき俳優「岡田英次」の代役としてデビュー、役名の「三國連太郎」を芸名にした運気が、人生の大逆転の始まりだったのです。

★「三國連太郎」天格13・地格15・補格9・総格37

 どうですか、全て”奇数”となり、本名の天格は「16」⇒「13」へ。
 それに、芸能人として、一番大きく変化したのは、地格が「31」⇒「15」へ。
 この地格「15」は、「9」系列と同様に、芸能人として必要な「思考力・創造力・表現力」が優れていますよ。
 そして、最近では「釣りバカ日誌」の社長役”スーさん”で、不動の人気ぶり。過去180本にも及ぶ映画などの業績で、第33回「日本アカデミー賞会長功労賞」や「紫綬褒章」及び「勲四等旭日小綬章」を受章するなど、映画界の不動の地位を築きました。
 これらの業績も、本名「佐藤政雄」ではなく、芸名「三國連太郎」だったからこそ・・・、映画界の歴史に名を残しましたよ。

(お知らせ)
 昨日のブログ;アクセス数は1日「3332」件で、今年最高のアクセス件数(過去最高8500件)になりました。これも、皆さんの普及方よろしく、ご協力頂いたお蔭です。 

必読!「読めない・勘違い」の名づけの多いこと!
[第1839回](大吉)・・・4月15日(大吉)

『 新学期!「出席をとります。・・・えっ、これは何と読むの?」と、振り仮名がないと、サッパリ読めない時代がきますよ。「大虎」くんに「大星」くん。一体、なんと読んだらいいのか? 新任の担任泣かせ・・・。』

 今までにも、「読めない・書けない・意味不明?」の名づけを、数回紹介してきましたね。
 久し振りに、地元新聞から「満1歳になりました」(写真入り、姓名)の記事から、「赤ちゃんの名づけ」について考えてみましょう。
 冒頭の「大虎」くん、”おおとら”と読んで、「大酒飲み?」を想像しては、まだ1歳の赤ちゃんには可哀想ですよ。実はね、「やまと」くんだそうです。
 「えぇ〜、”大虎”と書いて、”やまと”ですか。すみません、それは失礼しました。何しろ、”学?”がないものですから・・・」と、担任は保護者に謝ることが続くと、もうイヤになって退職したくなるのでは・・・?
 じゃ、次の「大星」くんを、”だいせい”くんと読めば、「先生、違います。ぼくの名前は”ひろせ”です。」と、児童は「先生のくせに、漢字が読めないのですか?」と、バカにした口調で言う時代が来ること目に見えています。

 それに”当て字”の多いこと! いや、当て字なら、まだ読めるだけマシ・・・。全く、日本語として、どう考えても読めない。そこで、漢和辞典で「漢音・呉音・唐音」の他「訓読み」にしたり、人名「名乗り」などを調べても、サッパリ読めない字体が、堂々と闊歩して、「読めない方が悪いじゃ。」と大手を振って、我が子の名づけを新聞に投稿している。

 いいですか? 僅か2回分、146人の名づけから、日本語として”読めないもの”や”違和感があるもの”を紹介してみましょう。
「温或(はるあ;意味不明?)」
「莉紗(りた;「紗」を”た”と読めない)」
「睦斗(りくと;この字では”むつ”。「陸」と勘違いか?)」
「桃禾(ももか;「禾」は稲、桃とどんな関係?)」
「乃蒼(のあ;何が青いのか?主語がない。)」
「絆菜(はな;意味不明?)」・・・など、切りがないほどあります。
 
 まあ、先ず日本語として「”ふりがな”がなくても読める名づけ」をして頂きたいですね。それから、苗字を無視した「意味不明の名づけ」では、お子さんが、”自信と誇りを持って成長して行くこと”は、困難でしょう。なぜなら、苗字に対するお子さんの成長は、ご先祖が見守っておられるからです。
およそ20年前、「帆・歩」が流行しているころ、「山上 美帆」という名づけがありましたよ。「山の上に、美しい船の帆?」があるのでしょうか?
 どこのご先祖も、子孫の繁栄を天国から楽しみにして居られるのですよ。
 『 影たのむ 若葉のこして 散るさくら』という我が先祖(江戸中期)の辞世;桜が散り始める春から若葉の季節には、毎春思い出すのですよ。 

必読!禁ズ「天格2系列名づけ」;痴漢・強盗強姦の2事件
[第1838回](中吉)・・・4月14日(小凶)

『 偶然にも、天格2系列で名づけられたお子さん、幼くして「交通事故死、水死、火災焼死」、長じて「経済的な苦労性」だけなら、まだ良いです。「痴漢・強盗強姦」のハレンチな事件がニュースに・・・。特に電車内の痴漢は、”えん罪”もありますが、そんな事件に関わるだけでも、運気がないのです。
 もし、あなたのご家族に、天格2系列の方がおられましたら、早急に改名する必要があります。交通事故などの”事件事故”は、明日かも知れないのですよ。 特に、お子さんが夭折する親のショックは、自分が死すより辛いのです。
 それに、成人しても、子どもが痴漢や強盗強姦で逮捕される親のショックは大きいでしょうね。日本中から、天格2系列の姓名を無くしただけでも、交通事故死や犯罪数は、大きく減少して行きますよ・・・。』

天格2系列の”事件事故”の事例、このブログ1800回余りの中でも、数え切れないほど沢山紹介してきました。そして、1昨日も「必読!天格2系列なら[祐]でも神の加護なく,[龍]でも風水パワーなし!」と、2事例も紹介したばかり・・・。
 これも「天命数霊術」だから的中するのですよ! いいですか、日本中の説(五剖式)では、その〆拠判断基準がないので、単に”占い”であり、世の中の”事件事故”は的中していないのです。

(事件  1)
『 時事通信社の記者の男が、電車内で女子高校生の尻を触ったなどとして、痴漢の現行犯で逮捕されました。
神奈川県の「迷惑行為防止条例違反」の現行犯で逮捕されたのは、時事通信社の記者「田幡 秀之」容疑者(46)です。
 警察の調べによりますと、田幡容疑者は、12日午後5時過ぎ京浜急行線の電車内で、横浜市の井土ヶ谷駅から上大岡駅までの間、ドアの近くに立っていた女子高校生(15)の尻をスカートの上から触るなどした疑いがもたれています。
 乗客の男性が痴漢行為に気づき、電車内で取り押さえましたが、田幡容疑者は調べに対し「手が当たったかもしれないが、触ったつもりはない」と容疑を否認しています。』
 電車内の痴漢、特にラッシュ時の満員電車では、人違いなど”冤罪”も多いかと思いますが、こうしてニュースに容疑者として、姓名が公開されるだけでも、”事件事故”に遭遇したと言えるのです。それにより、働き盛りで職を失い、家族が路頭に迷うことになります。
 こんな犠牲を払うくらいなら、1日も早く改名されたら良かったのでは・・・?
「田幡 秀之」天格12・地格18・総格30


(事件  2)
『 13日、マンションで無施錠の部屋に侵入し、住人の女性に乱暴して現金を奪ったとして、強姦(ごうかん)と強盗などの疑いで、大阪・吹田市の職業不詳「佐々木輝将」容疑者(40)が逮捕されました。
 逮捕容疑は2月上旬の未明、府内のマンション一室で20代の女性を脅して乱暴、現金2万円と携帯電話を奪った疑い。
同課によると、佐々木容疑者は「後をつけていたら集合ポストを触ったので、部屋番号が分かった」と供述し、容疑を認めている。
大阪府北部では今年に入り、無施錠の部屋で現金が盗まれたり女性がわいせつ行為をされたりする事件が十数件あり、付近の防犯カメラには似た男が写っていた。13日未明、吹田市内の路上で、警戒中の捜査員が佐々木容疑者を発見し、逮捕されました。』

 1昨日の窃盗常習犯と同様、この事件は「強盗・強姦」の常習犯かも知れませんが、「輝将」(輝くような名将)になるように・・・という親御さんが、愛情を持って名づけられたのでしょう。
 どうですか、「輝将」どころか、「連続強盗・強姦」の容疑者になろうとは、赤ちゃんの名づけの頃は予想も付かなかったでしょう。
 全国の「名づけ本」には、「名づけは、親が子への最初のプレゼントです・・・」と良く書いてありますね。
 ところが、天格2系列で名付けると、”子どもを不幸にするプレゼント”になるのです。実に、無責任な「名づけ本やサイト」が多いのですよ。
 さて、この容疑者の姓名、私が人名に使用してはいけない・・・という「輝」を使用しているではありませんか!
「佐々木輝将」天格22・地格13・補格4・総格39
(どうですか、総格39が大吉でも、天格22で「輝」使用なら効果なし)

必読!今春の桜・桃・山ツツジの花;一斉に咲く!
[第1837回](小吉)・・・4月13日(小吉)

『 今春は”異常”なのか? 桜前線は東京が早く、”晴れの国;岡山(南部)”が遅れて、毎年の逆・・・? それに毎年は、「梅・桜(染井吉野・枝垂れさくらから山桜へ)・露地の桃・山ツツジ・芝さくら・菜の花・レンゲなど」の順に咲いていたのが、岡山では1週間前から一斉に開花し、昨日11日に桜の散り始め、なんだか異変が起こるのではないか?・・・というほど不気味で、野山は満開であったのです。いや、これは贅沢な危惧だったのかも・・・? 』

 さて、久しぶりに日本三大稲荷「最上稲荷」に、岡山空港経由でお参りしてきました。その途上の野山の光景、正に一斉に開花した菜の花・レンゲ畑に、山道を昇ると、山さくらに山ツツジの色彩が、白内障が完治した目には、とても鮮やかに見えましたよ。
 「普段は、神仏を信じないのに、どうして最上稲荷参りなの?」と、疑問を持たれるのは、もっともだと思います。
 以前のブログでも記載したと思いますが、霊能者である娘が「神仏でもそれぞれ専門があり、全国でいく千の神仏ある中で、お父さんとの”相性”が良いのは、”最上稲荷の女神さま”だけ。命名・改名でのパワーを強化するために、時々はお参りし、そのパワーを依頼者に分かち挙げてください。」との指令?で、身を清めパワーアップするためなのです。
 そして、そのパワーを分かち合うため、命名・改名依頼の皆さん方に、「昇運色紙額」などに添えて「最上女神様カード」(本尊祈願済)をプレゼントする目的もあり、取り敢えず10数枚購入してきたものです。
 不思議なのです。
 いつも不公平・不平等の人間世界を創造した神仏、この批判を私はいつもブログでしていますが、不思議なことに「最上稲荷の女神さま」だけは、お蔭があるのかな・・・と思います。
 毎年のように、インフルエンザが流行しますが、「風邪など数十年引いたこと」がなく、車の運転も46年間、「対人対物事故ゼロ」を更新できているのも、相性が良い女神さまのお蔭かな・・・。
 ところが、命名・改名の効果は、一般的には”人文科学”の「天命数霊術」によるもので、神仏祈願の効果ではないと思われます。
 しかし、先日のブログに掲載した「医学でも困難と診断されたご夫婦、改名1ヵ月以内の妊娠事例」などは、やはり女神さまのパワーのお蔭でしょうか?
 その他の効果も、[第1830回](2013.4.3「必読!医学でも難しい自然妊娠が、”命名”一つで!?」)の後段に掲載しています。
 それに今年も、改名による成績向上で、東大・京大など現役合格者・県下の有名進学高校の合格者の報告メールも5〜6件頂きました。
 
 命名・改名効果を1人でも多くの方に、風水パワーの「天命数霊術」による効果に合わせて、女神様のパワーを・・・と思い、最上稲荷までドライブして来たのですよ。

(お知らせ)
 皆さんのお蔭なのか? 最近のアクセス数は多くなり、ブログのみで1日約2500〜3000件(過去最高は、8500件)があります。昨日のアクセス数は、2947件でした。

必読!天格2系列なら[祐]でも神の加護なく,[龍]でも風水パワーなし!
[第1836回](小吉)・・・4月11日(大吉)

『 子どもの運気は、「天命数霊術」に添って名づけしないと、親の希望どおりにならないことが多い。「光男」は”光らない”子、「幸男」は”不幸”な子。 さて、親が”神の恵み”を願った「祐一」容疑者が窃盗の常習犯、”風水パワー”を願った「龍治」さんでも1000度の銅の溶解火を浴びて焼死とのニュース。』

 ここ2〜3日のニュースから
(事例1・・・「祐」の字体)
『 窃盗の常習などの疑いで、住所不定・無職「久住祐一」容疑者(59)が逮捕されました。先月16日の未明、東京・練馬区にある会社員の男性(55)の自宅に侵入し、現金2万3000円などを盗んだ疑いがもたれています。
警視庁によりますと、東京・小金井市などでは去年から、鍵がかかっていない住宅で現金が盗まれる事件が相次いでいて、その手口から久住容疑者の関与が浮上したということです。
久住容疑者は容疑を認めているということですが、警視庁は、余罪は50件から70件に上るとみて裏付け捜査を進めています。』

「祐」という字体、一体? どんな意味なのか、漢和辞典では「神の助け」という意味です。すると、祐一容疑者のご両親は、59年前「将来、この子に神様の助けがありますように・・・」という願いを込めて、名づけられましたが、はたして現状はどうでしょうか?
 「久住」(久しく住む)という苗字ですが、逆の境遇で”住所不定”であり、59歳というまだまだ働き盛りなのに、”無職”、そして今は50〜70件の「空き巣狙い」で”窃盗の常習犯”・・・? このような気の毒なくらい恵まれない人生でも、「神様の助けがある人生」と言えるのでしょうか?
 ここで、彼の姓名を判断してみましょう。
「久住 祐一」天格12・地格8・総格20
どうですか、いくら「神の助けがありますように・・・」と願っても、風水パワーの「9・5・1」が1ヵ所もなく、天格12では「神の助け」などなく、恵まれない人生とは・・・。
 このように、天格12のうえ、全て偶数で「2⇒8⇒0」系列であれば、人柄が良過ぎて、大きな悪いこと(例:強盗殺人など)ができず、生活苦から「空き巣狙い」が精々な人生なのです。しかし、この程度であっても、「神様から助けられた人生」と言えるのでしょうか?
 要するに、「祐一」という語源よりも、天格12という数霊が「事件事故を呼び、苦労性の境遇。」という影響を与えることが優先された姓名なのです。
仮に、「郎」という僅か1字を”はり込んで”「祐一郎」で名付けていれば、人生は大きく好転していたでしょう。

 
(事例2・・・「龍」の字体)
『 1昨日の9日、大阪・堺市の「日本伸銅」銅製品工場の溶解炉から火が出た事故で、全身にやけどを負って重傷だった男性が死亡し、死者は2人となりました。飛び散った1000度以上の溶液を浴びたとみられています。
この事故で、社員の「西谷 龍治」さん(37)が死亡したほか、「小猿 卓三」さん(54)が全身にやけどを負って病院で治療を受けていましたが、10日未明に亡くなりました。』

 死亡した2人のうち、特に「西谷 龍治」さんは、まだお若い37歳で人生はこれから・・・。この「龍治」さんのご両親が37年前の名づけのとき、「龍の力を借りて治める人になって欲しい」という願いを込められたと思います。
 ところがどうでしょう。
 「龍の力・・・」という”風水パワー”を願っても、天格22では叶えられませんね。
「西谷 龍治」天格22・地格15・総格37
どうですか、天格22の次の地格が「9」系列なら、総格は「1」系列になりますが、地格が「5」系列なら総格は「7」系列となり、「9・5・1」が2ヵ所ないので、その天格22は”事件事故”を呼ぶ数となり、今回の死亡事故となったことが伺えます。
 このような画数配列では、風水パワーの「龍」の字体使用でも、効果がなかったですね。
仮に、「龍治」を「龍二」で名づけていれば、地格が9・総格31となり、このような残酷な事故には遭遇しなかったのでは・・・?

 以上の「祐」の”神の助け”も、「龍」の風水パワーも、天格2系列では効果が期待できないことが、実証されましたでしょう。いかに画数配列が大事なことか・・・理解されましたか・・・? 

必読!損得勘定が合わない「”収賄”の地方公務員」!
[第1835回](大吉)・・・4月10日(大凶)

『 業者から500万円貰って”懲戒免職”、退職金約3000万円パーになりそうな公務員がいます。かって、靴下3足を万引きした校長、やはり退職金約3500万円パーになった事件を思い出します。(その500万円や靴下3足も没収されます。)
 公務員というのは、採用時に当たり「私は、日本国憲法及び法令の遵守を誓います。」という誓約書にサインします。そのため、一般の民間企業人よりも加重な「法令遵守義務」が課せられているのです。
 ですから、公共事業の施行に当たっては、公正な価格で執行するため、特定の業者に便宜を与えたり、その見返りで金品を受け取る”いわゆる賄賂(わいろ)”に関わった公務員は「刑法の収賄罪」になるだけではなく、”退職金”もない「懲戒免職処分」を受け、失業する境遇となります。・・・こんな損得勘定ができない公務員がいますね。(一方、金品を公務員に贈った業者も、刑法上の贈賄罪になります)』

 昨日のニュース。
『 東京の北区役所の職員が、区立中学校の工事の受注をめぐって便宜を図る見返りに、建設業者から500万円の賄賂を受け取っていたとして警視庁に逮捕されました。
収賄の疑いで逮捕されたのは、北区役所・総務部営繕課の主任主事「多田忠久」容疑者(59)です。また贈賄の疑いで、区内の建設会社「新英興業」の専務「大畑勇夫」容疑者(61)も逮捕されました。
警視庁によりますと、多田容疑者は一昨年、区立中学校の新築工事の入札で入札予定価格に極めて近い金額を教える見返りに、大畑容疑者から現金500万円を受け取った疑いがもたれています。
 工事は、新英興業を中心とする共同企業体が26億8000万円で落札したということで、警視庁は今後、関係先を家宅捜索して事件に至ったいきさつを捜査する方針です。』

 さて、収賄した公務員は、
「多田 忠久」天格14・地格8・総格22

この姓名「ただ ただひさ」を早口で3回言ってみてください。3回目には息が詰まり、舌が縺れて、「何を言っているのか?」判りませんね。
 このような姓名を「天命数霊術」の4番目の条件、「”音感”に問題あり!」の姓名になるのです。
 それに、画数を見ても”弱運”ですね。
 全て”偶数”のうえ、天格14=7×2 で損得勘定ができる人ですが、この14には「忠=8」を含み、「地格8」の中に「久=3」を含んでいますから、いわゆる「3・8タイプの人柄の良さ」があり、業者から誘惑があれば断り切れない性格なのです。その結果、総格22の”事件発生”となったようです。
 この多田容疑者、59歳で勧奨退職一歩手前なんですよ。
 この収賄容疑の逮捕で、懲戒免職は間違いなく、退職金約3千万円と収賄の500万円も露と消えました・・・。

 一方、贈賄の大畑容疑者は、
「大畑勇夫」天格12・地格13・総格25
 天格12の中には「勇=9」を含み、総格25から普段は”賢い人”ですが、やはり対外的な運気が弱運であり、天格12が”事件事故”を呼んだのです。

 以上のように、姓名が生涯に及ぼす影響は、計り知れないものがあります。
 長き人生でも、慈善行為は別として、「”損得勘定”が合わないこと」だけは止めた方が良いこと、判りましたでしょう・・・。 

必読!同じ「羅」でも、”奇数・偶数”で運気の違い!
[第1834回](小凶)・・・4月8日(中吉)

『 数年前の名づけには、「響(ひびき)」とか「羅・凛・凜・璃・・・」との余りに画数が多い字体を使用した実例がありました。でも、結局、小学高学年になるまで、漢字ではなく”平かな”使用となる実例も多いと思います。
 すると、折角の強運の姓名が”弱運”の姓名に転換することもあるのです。
 さて、今日は同じ画数が多い「羅」の字体でも、一人はスキージャンプ選手「高梨沙羅」さんと、祭りの”だんじり”に轢かれて死亡した「中山裕羅」くんとの運気の差は、一体どこから・・・?』

最近の山陽新聞から、「妃羅莉(きらり)」「綺羅々(きらら)」「羅々菜(ららな)」などの「羅」を使用した女児名もあり、男児名には見られませんでしたが、昨日のニュースで「羅」を使用した男児名もありました。
 しかし、いづれにせよ、「羅」という字体どんな印象ですか? このような字体を並べて、女性らしい”優雅な名”というイメージを持ちますか?
とくに「羅」という画数は19画で、折角名付けても、小学低学年までは、”ひらかな”が日常使用になると思いますので、”ひらかな”で「きらり」「きらら」「ららな」の方がマシだと思いますよ。

昨日のニュース。
『 7日午後1時前、兵庫・南あわじ市福良で、地元の祭りに参加していた中学2年の「中山裕羅(ゆうら)」君(13)が、”だんじり”を押している最中につまずいて転倒し、重さおよそ1.5トンの”だんじり”に轢かれたということです。
 中山君は頭などを打って病院に運ばれましたが、およそ1時間後に死亡が確認されました。』
  ”楽しいはずの祭り”が、一瞬にして暗転。苦しかったでしょうね。重さ1.5トンのだんじりに轢かれ、僅か13歳で天国に召されるとは・・・。
 どうですか? ”祭り”というのは、地元の守護神に「感謝と祈願の目的」なのですが、”守護神?”はそのお返しに「裕羅」君の命を奪ったとは・・・?
 いいですか、「神仏のパワー」より「風水のパワー」の方が、”現実”を表していると思いますよ。
 さて、「このような犠牲になった人名を、”ブログ”に採り上げるのはケシカラン!」というコメントが時々あります。しかし、このブログは決して個人的な中傷・誹謗が目的ではなく、”国民全体の公益性”が目的で、しかもニュースで公開された姓名ですから、”違法性”がなく、死者やご遺族に対する名誉毀損にならないのです。実際、実証例として「架空の人名」で”運気の吉凶”を判断して、あなたは信じますか? 実在の人名だからこそ、実証できるのです。
 ところで、わずか13歳の命は、やはり姓名が”偶数”ばかりで、しかも男性には凶数となる天格16(ただし、地格が9系列であれば”吉数”に転換)であり、そのうえ、「羅」という”人名には凶気”の字体を使用した結果の悲劇なのです。
「中山裕羅」天格16・地格22・総格38

 
 総格38で天格16ですから、外見大人しく、地格22から朗らかなところもあり、とても人柄が良いお子さんでしたが、上記のように”偶数”が多いと生命力が弱いのですよ。いいですか、”健康で事故事件にも遭遇しない”お子さんにするためには、必ず天格を「9・5」系列にして、”奇数”が多い配列にせねばなりません。本当に、裕羅くんは風水パワーに恵まれず、地元の神仏に命を捧げたようなものです。

 さて、この恵まれない「羅」に対して、現在、天才スキージャンプ選手「高梨沙羅」さん(16)は、
「高梨沙羅」天格17・地格30・総格47

どうですか? 運動神経に恵まれた「7」系列が天格と総格にあり、しかも「7」の”奇数”ダブリですから、”凝り性”が運動面で吉運に恵まれるのですよ。いいですか、スポーツマンには、二つのタイプがあり、「対外的な運気がベストの”9・5タイプ”」と「運動神経に恵まれた”4・7タイプ”」があると、なんども実例を投稿していますね。
 そして、なぜ?高梨選手がトップクラスになるのか?・・・それは、天格17の中に「沙=7」を含み、地格30の中に「羅=19」の運気を含んでいるため、よりパワーが強くなっているため、小柄でもスポーツマンとして「才能と運気」を持っているからです。
 
 同じ「羅」がある姓名でも、「中山裕羅」くんと「高梨沙羅」さんとの”運気の違い”、理解できましたか・・・? 

必読!「ゆう・ゆ」は、「有・優・悠・結」の4字体のみが吉。
[第1833回](小吉)・・・4月6日(小吉)

(解答;昨日のブログから)
『 不思議なことに、平安時代ごろから、人名に”語源”が良い字体;「宗・俊・憲・・・」を使用すれば、”名君・名将”が多いことに着眼。「なぜか?」の答えは”語源と安定感”が良いと気付いたのです。人の運気は、画数の”数の作用”ばかりではなく、表意文字の”語意・語源・音感・龍脈(形)”にも大いに影響するのです。
 ところが、最近の名づけ;流行字体は、”運気に逆行するもの”を好んで使用。ですから、昔はなかったアレルギー体質(アトピー・花粉症など)が増え、授業中の立ち歩きなど、集中力がない子が増えていますね。
 前日に採り上げた「歩」の字体を人名に使用すると、不思議に「下半身が弱く、やがて歩行困難・・・」になるとは、不思議な現象でしょう。 』

 さて、昨日の解答を先に言いますと、
 ̄慎い良い字体
 「有・優・悠・結」の4文字。原則として、”安定感”がある字体で、”心”があり、「にんべん・いとへん」があるからです。
不運になる字体
「友・由・佑・裕・祐・夕・侑・勇・雄・宥・柚」の13文字。
 これらは、それぞれ理由があるのですが、特に最近の流行字体;
 「友」は、自分のパワーを他人に与えてしまう。
我が子に「友美」とは? ”友が美しく、我が子はそれなりで良い”という名づけを、どうしてするのでしょうね。
 「佑・祐・侑・宥」は、”許すという寛容の精神で、人を助ける”という一見、良い字体に見えますが、この”助ける”という語意は、子どもの運気で はなく、他人の運気を誕生したときから願うのは、「生涯”苦労性”である ことを願っている」からです。「”自分の子ども”が立派になることを願う」のが、親の務めです。
それに、運気が良い字体は、特に天格・地格のみに影響するのではなく、仮に3文字名の場合、補格にも影響しますので、3文字とも語源と龍脈(形)が良い字体を使用してください。
 例えば、”ゆりか”という名「有里香」と「有里加」と、どちらが安定感があるのか?或いは「佑莉加」「友璃果」など名づけたら、「一体何の意味?」と思われる支離滅裂の名づけになりますね。男性名でも、例えば同じ”あきのり”でも、「明紀」「昭則」「明憲」のうち、どれが一番安定感があるのか?もう理解できますでしょう。

 さて、この他、最近の字体で不運になる字体には、「光・輝」がありますが、これ以外に従来の「奈」⇒「菜・那」、「里・理」⇒「莉・梨・璃」、「玲」⇒「澪・怜」など、わざわざ運気がない字体を使用。それに、リバイバルですが、なぜか「花」が復活か? でも、「満開を表し、後は散るだけの”花”」よりも「これから満開になる今は蕾(つぼみ)の”華(はな・か)”」を使用しないのか? 不思議ですね。
 最近の若い人の”国語力”は、明治・大正・昭和初期の人と、比較にならないほど低下していますよ。日本語は母国語ですよ。まともに「毛筆で漢字が書けない一流大卒者の多い」こと、「昔は、毛筆というのは、真摯な”魂”が入る武士道精神の一つ」だったのです。
 ですから、名づけ・改名の際、せめて「筆ペンで、21回・21日を・・・」と勧めているのです。そして、我が子に愛情を持って名付けるなら、「人名漢字」ぐらい漢和辞典で確認してください・・・。

必読!名付け;「ゆ」「ゆう」同じ読みなら、どの字体がベスト?
[第1832回](小吉)・・・4月5日(大吉)

『 同じ呼び名;例えば「ゆう・ゆ」と組み合す名付けでも、”語源”と”龍脈(形)”からみて、「運気が良い字体」或いは「不運な字体」があります。
 ところが、最近ではどうしたことか?”不運な字体”をわざわざ好んで、大事な我が子の名付け・・・? ”不運な字体”が多いのは、少子化の日本の発展を阻害するものです。
 僅か一人の”名付け”から、「優秀な子」が誕生するのと、「難病・奇病・心身障害を持つ子」や「交通事故死などの子」が誕生するのとの差は、家庭でも社会でも大きな影響を受けます。
 現在、「難病・奇病・心身障害児」をお持ちご家庭には、大変失礼なことかも・・・? でも、もう一度、お名前を再検討して観てください。”偶数”が多いうえ、”語源・龍脈(形)”に問題がある姓名になっていませんか?
 数年前、私がある障害中度のお子さんを、ベストに改名して、軽度に好転した事例もあります。”語源”と”龍脈(形)”は非常に大事なことですよ・・・。 』

 私が在職中、文部省・厚生省担当の行政監察官や行政相談課長など、30年の経験から、「心身障害者(児)施設」などを調査して来ましたが、当時では「美歩・果歩・・」など”歩”という字体が流行であり、逆に「歩まない児」(肢体不自由児)が多く見られました。「歩」という”足がもつれている状態”という語源がある漢和辞典も確認せず、名付けた親御さんなんでしょう。
 
 さて、時代は流れて、現在はどうでしょうか? 戦前に使用されたような「時代遅れの字体」(勝・信・義・正・・・、江・枝・代・恵・・・)は、さすがに少ないのですが、それだからと言って、”語源”と”龍脈(形)”を無視した「”流行”の字体」を使用した名付けが多いですね。その影響もあり、”難病・奇病・交通事故死・事件遭遇・引きこもり・集中力散漫・成績不振”などの弊害がある実例を、このブログ約1800回の中でも投稿してきました。
 このような好んで”不運の字体”を流行させたのは、書店に並んでいる「名付け本」の”弊害”です。全く、全国の姓名判断師の勉強不足と出版社のチエック不足が、現在の”不運を呼ぶ流行名”になっています。
 いいですか、名付け本に掲載されている字体を、ソックリ信じたら、「どえれぇ〜」(岡山弁)ことになりますよ。いつも「なぜ?この字体が良いのか?」を、必ず、図書館でも行き2〜3冊の漢和辞典で確認してから、名付けてください。
 市販の「名付け本」に掲載されている字体には、「五目ごはん」のようにどんな字体も混合されていますので、非常に危険です。
 我が「天命数霊術」によるベストの名付けは、もちろん「画数」が第一の必要条件ですが、言語学の「語源」も風水理念の「龍脈(形)」も、非常に大事な条件です。

 さて、皆さん、最近の名付け、例えば「ゆりか」(女児)とか、「ゆうや」(男児)と名付けする場合、”ゆ”や”ゆう”の字体で、「運気が良い字体」と「不運になる字体」を振り分けてください。
  テレビのクイズ番組と思って、振り分けてください。

★「友・由・有・佑・裕・優・祐・夕・侑・悠・勇・雄・宥・柚・結」★

 岷慎い良い字体」

◆嵒埀燭砲覆觧体」

(この解答は、明日のブログで・・・)

必読!「埼玉浦和学院」の優勝;森監督の”上げまん夫人”?
[第1831回](大吉)・・・4月4日(小凶)

『 センバツ高校野球決勝戦は、埼玉・浦和学院が愛媛・済美を17:1で退け初の栄冠に輝き、埼玉県勢としては、45年ぶりに「紫紺の優勝旗」を手にしました。
 ところが、この優勝の蔭に森監督夫人「森 志奈子」さんの”上げまん”振りが、地元の埼玉新聞に掲載されています。それが、優勝に導いたのかも・・・?』

 いいですか、高校野球などスポーツ関係は、もちろんエースになる選手の運気も必要ですが、監督の”運気”もチーム全体に影響するのです。
 そこで、優勝した「森 士(おさむ)」監督の運気は「5」系列のダブリですが、さらに運気を押し上げたのは「森 志奈子」夫人の運気であり、正に昔から言われてきた「女房の”上げまん”」振りが優勝をもたらしたのです。
監督「森  士」天格15・地格0・総格15
夫人「森志奈子」天格19・地格8・補格3・総格30


どうですか、この夫婦、天格「5」系列と「9」系列との相性、このお二人はとても良く、しかも「9」≫「5」ですから、夫人の運気が大きく、これがチーム全体の運気向上につながった”上げまん”の事例です。

 そして、優勝戦のエース;浦和学院の「小島」投手と済美の「安楽」投手を比較して観ましょう。
「小島和哉」天格11・地格19・総格30
「安楽智大」天格18・地格16・総格34


二人のエースの違い、小島投手は「”運気”(優れた創造力)から優勝!」、安楽投手は「”才能”(優れた運動神経)から準優勝」の特色があるのですよ。
 かって、高校野球の大先輩「清原和博」(天格19)や「松井秀喜」(天格15)、そして「イチロー」(9)や「ダルビッシュ」(19)など、”運気”が良い選手が”優れた運動神経”のうえ、”実力と人気”が永続して行くのです。
 ですから、浦和学院に運気が良い監督夫妻、特に夫人の「天格19」と小島投手の「地格19」との”運勢的な相性”は、天と地に「19」を互いに補完していることが伺えます。
 埼玉新聞のニュースの一部、
『 初優勝を果たし、「日本一」の監督となった浦和学院の森士監督(48)。その名将を陰で支えたのが、妻志奈子さん(52)だ。
監督生活22年目。グラウンドでは熱心に選手を指導する森監督。選手への愛情は強く、「親から預かった大切な選手。父親のように接していますね」と志奈子さんは話す。
チームは一時、甲子園に出ても勝てない時期が続いた。そんなときも、森監督は家で表情には出さず、愚痴や弱音もはかなかった。ひたすら耐える夫。妻は「野球の神様は、越えなきゃいけないことがあると言っているのでは?」。そう言って励まし続けた。
 決戦前夜、宿舎で会話を交わした森監督と志奈子さん。「ここまで来ることができた。ありがとう」。妻に感謝の気持ちを伝えた森監督。志奈子さんは「まだ一日早いわよ」。
 この決勝をアルプススタンドで観戦した志奈子さん。選手の父母らと共にメガホンを振り、大きな声で声援を送った。そして迎えた歓喜の時。「おめでとう」の言葉と共に、目に熱いものが込み上げてきた。
「お疲れさま。家でゆっくり優勝をかみしめたいですね」と労をねぎらう。特別なことはあまりしないというが、魚などの和食料理が好きな夫のため、「タイでお祝いしようかな」と笑顔を見せる。・・・(略)』
とのことで、夫人の「内助の功;上げまん振り」を紹介しています。
 この”上げまん”が、関係者の運気を引出し、優勝に導いたとも言えるのでは・・・?

[再読のお勧め]
「必読!男性の成功運は、女房の運気次第?」
([第1819回]2013.03.18 )

必読!医学でも難しい自然妊娠が、”命名”一つで!?
[第1830回](小吉)・・・4月3日(小吉)

『 長年、お子さんに恵まれないご夫婦も多いですね。でも、「天命数霊術」でベストの命名して・・・呼び込む。そして自然妊娠!? 医学的にも可能性が低いと言われても、ベストの名付けして”呼び込めば・・・自然妊娠”とは?
 当初のブログ「夢のような少女誕生!」から数えて、今回17組目のご夫婦が体外受精ではなく、自然妊娠したという嬉しいメールを頂きました。
 でも、このような事実は100%ではなく、24組中17組ですから、ご希望に添えないケースもあります。しかし、医学的に可能性が低くくても、”神亀の図”のパワーが打ち勝つことがあります。しかし、この事実を強調しますと、霊感商法のようにとられますので、「こんなこともあるのだなあ〜」と気軽に記憶していてください。』

 さて、メールをコピーしたものですが、当然のこと個人情報ですから、「都道府県名及び氏名」は、秘密扱いとさせて頂きます。決して、テレビのように”ヤラセ”ではありませんよ。実話なのです。
(2013.3.29付)
『 先月、命名をお願い致しました、○○県◇◇市の☆☆☆☆です。
先生、目の調子はいかがですか。桜が満開ですが、より美しく見えますでしょうか。
 先月、結婚して5年、そしてちょうど6年目の日にお願いし、☆☆★★と命名して頂きました。
 名前を21日間夫婦で書き終え、毎日願い、うちにおいでと声をかけ続け、なんと、この度妊娠することができました。先生を信じてお願いしましたが、まさか、ひと月で妊娠することができるなんて、ただただ驚きと喜びでいっぱいです。
 実は、望月先生にお願いする時には、お医者様は自然妊娠の可能性はあると仰ったと、伝えたのですが、正しくは可能性はなくは無いが、無理であろう。体外受精でも可能性は低いと言われていたのです。自然妊娠はほぼ不可能に近い状態でした。
 ですので、まさか妊娠できるなんて、しかもひと月で、、夫は大変驚いています。
 まだ、一ヶ月ですので、報告すべき時期ではないのですが、私は絶対に育ってくれると信じていますので、ご報告させて頂きました。もう少しして、安定しましたら、お電話させて頂きますね。
 まだ病院の先生には、おめでとうと言える時期ではないと言われていますが、来週にはエコーで見えるだろうと言われた瞬間から、世の中が全く違う輝いたものに見えました。長いトンネルからやっと出れた気持ちです。
 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも額に向かって気持ちを送りたいと思います。
 先生、本当にありがとうございました。
 メールにて失礼致しました。
 また、体調が落ち着きましたら連絡させて頂きます。』(☆☆さま、同様に長年、お子さんに恵まれないご夫婦からの相談メールがありましたので、参考に了解なく掲載したことお許しください。)

 このような嬉しいメールは、公式ホームページにも掲載していますが、医療関係では、「 桧きこもり”が解消された10数件(北海道から沖縄まで)。■戯仆児の筋ジス反応が消えた(岡山県)。M礁1ヵ月が7年延命できた(福島県)。」などがあり、教育関係では「\績が向上し、一流大学に現役合格。県下一の進学高校に合格。東京の付属小”お受験”で、3校とも合格(東京)。9饌里料手に抜擢された(京都)。」など、また金運・財運・婚姻関係では、「…彊賣人の養子に決まり、数億円を相続(東京)。∧くじ・ロトで100万円以上の当選者が10数人。バツ2で、中堅会社社長と再婚し、その数年後に不動産・株券を相続(東京)。て鶻級特進の工場長に栄転(横浜)。ゥ轡鵐ポールの支店長に栄転(長野)・・・。」など、命名・改名の効果の報告を頂いています。
 このような大きなことばかりではなく、「改名して頂いた翌月から、予想もしていなかった給与が上がりました・・・。」とか、「就活で面接まで行かなかったのが、改名したら急に4社からの面接通知が来ました。」など、嬉しい報告も数件ありますよ。

 信じられないのは、皆さんだけではなく、私自身も”不思議なパワー”に驚いて、全く信じられない事例もあります。
 逆に、今日の地方ニュースに「○○姫星(きらら)」ちゃんが難病の記事がありましたが、「星⇒らら」と読めるのでしょうか? こんな「きらきらネーム」や「DQネーム」を名付けていたら、”難病”にもなりますよ。
 私が「天命数霊術」でベストの名付けしたお子さん、「〃鮃運 知徳運」に恵まれ、そのうえ「性格」が良いお子さんばかりですよ。”難病”のお子さんなど、一人もありません。
 少子化の日本、立派なお子さんを多く誕生させ、将来の日本に貢献しなければなりませんよ・・・。「一人の存在が、日本の歴史を塗り替えることもあるのです。」

必読!「向後千春」教授の「”三日坊主”を離縁する方法」
[第1829回](大吉)・・・4月1日(大吉)

『 4月1日、新年度の始まり。この”始まり”に役所・学校などのように、「よ〜し、中学生(または高校生)になったから、テレビとゲームの時間を削り、勉強に力を入れよう!」と漠然と計画を企てても、正月の新年と同様、何でも「三日坊主?」で終わることが多いですね。
 どうしたら「三日坊主」を離縁させ、「継続は力なり!」と努力し、”成果”を上げることができるのでしょうか? この問題に”心理学”の観点から取り組んだ「向後千春」早大教授のNHK「朝イチ」での話、とても参考になりました。』

 人の心は弱いもの・・・「良いことだ!」と始めても、「ゞ縮が薄いもの¬槁言瀋蠅ないもの成果を期待できにくいもの」の3点があると、人の心は萎えて「三日坊主」に誘惑されてしまう。
 いくらテレビで、「こうすればダイエットできますよ。」とか「血糖値を下げるには・・・」「脳を活性化するには・・・」なんて、毎日のように放映していますが、「そうか、それじゃ今日から始めてみようか・・・」と発心しても、「三日坊主」ならまだ良いです。テレビの前で、マネをしただけで「はい、終わり!」の人が多いのでは・・・?
 この「三日坊主」を離縁させる方法を、心理学の見地から研究されているのが、「向後千春」早大教授なのです。
 (「えっ? ”千春”とは女性なの?」とあなたは一瞬思われたでしょうが、どうして、どうして”ご立派な男性”なのですよ。)
 向後教授の専門は「心理学」、私の専門は「姓名学の一部;姓名判断分野」(「姓名学」全体であれば、渡辺三男名誉教授)で、それぞれの専門分野は、何十年も継続して来て、「三日坊主」などご縁が全くありませんね。
 このように人には専門があり、趣味や娯楽があり、逆に「興味も才能もないもの」があり、これらを一括して「継続は力なり」と言っても無理な分野が当然ありますよ。
 親の見栄で、子どもに「ピアノ・水泳・野球・サッカー・そろばん・絵画・書道・・・」などを習い事させても、興味と才能がなければ「三日坊主」で終わるかも・・・?
 これらを考えれば、冒頭の3点を十分に検討されて、子どもに習い事をさせるべきでしょうね。親の見栄の習い事は、「三日坊主」を退散させるのは難しいですよ。
 職業にしても、趣味や習い事にしても、「どうしたら、継続して成果が出せるのか?」を研究されているのも、次のとおり、元々才能がある姓名だからですよ。
「向後 千春」天格9・地格18・総格27

正に「7⇒8⇒9」と数字が昇る『昇順数』ですね。しかも「地格18の中に春9を含む”思考力”に優れた人」です。
 この昇順数も「ベストの運気を呼ぶ配列」と、初めからブログを読まれている方は、もう記憶されていますね。
 「継続は力なり!」と言っても、興味も才能もなく、特に「集中力・持久力がない人」に押し付けても、それには限界があります。
 この「集中力・持久力」がある人は、子どもの時からベストの姓名を持っています。すぐに「三日坊主」になる子どもの姓名、”偶数”が多く”0・2”がありますよ。
 ある程度は、向後教授の説で「三日坊主から離縁させる」ことができるかも? でも根本的には、子どもをベストの姓名にさせることが、将来の成功者を生むことになります・・・。
 
(参 考)
 「三日坊主」の謂れ;
 「江戸時代の女性が、離縁状(三行半)を夫から得るために、女性は一定期間「駆け込み寺(尼寺)」で修行が必要とされ、男性にとっても、俗世間から逃れるため、寺で修行僧をしていた。でも、もともと出家ではなく、仏門に入りたいという”動機”ではないため、寺での厳しい修行についていけずに、僅か三日でさえ修行できない者を、「三日坊主!」とあざ笑ったことからの謂れです。