Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2014 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!暑さにも”イラッ”と”切れやすい”「天格7」の姓名!
[第2203回](小吉)・・・7月31日(大吉)

『 「”子ども”の運気」・・・名づけ当時の「”両親”の運気」が、大きく影響しますよ。親の”愛情”ではなく、親の”運気”が、子の将来を決定付けるのです。またまた、天格7系列で名付けられた41歳の男性、暑さにも”イラッ”と”切れやすい”性格で、事情があるにせよ「殺人の疑い」で逮捕されました。 この容疑者、「紀和」という名づけ、仮に「和紀」と逆に名づけられていたら、殺人など起こさない”温厚で運気が良い人生”であったと判断できます。
 このように思考しますと、「天命数霊術」の普及浸透は、我が国の犯罪件数・交通事故件数などは、大幅に減少させることができる説ですよ。』

 いいですか、運気が良い姓名であれば、「福・禄・寿」の3つの幸運が手に入りますよ。この3つのうち、順序を変えて「寿⇒福⇒禄」と人生を思考して見ることです。
 寿・・・健康で長寿であること」
・・・円満な家庭と仕事に恵まれること」
➂「・・・,鉢△侶覯漫経済的に恵まれること」

 この3つが揃えば、世の中の事件事故などは大幅に減少するはずです。
 この3つの願望も、生まれたときの「親からの名づけ」に、大きく左右されます。
  占いサイトを見て下さい。「恋愛・結婚・相性・離婚」が人生の全てのようにありますが、例えば、,箸狼佞痢彪鮃ではなく、風邪一つ引いても”「デート=恋愛」などできませんし、長寿でなく15歳で佐世保女子高校生のように殺害されたら、占いの結婚・相性・離婚など、全く現実離れした占い・・・になりますね? ・・・・なにがなんでも、長寿であることが、大事ですよ。
 そうすれば、△➂に恵まれて来ます。

 さて、先日の事件(佐世保女子高校生の殺害事件)の加害者をはじめ、妹殺害バラバラ事件も秋葉原無差別殺人も、加害者はいずれも「7」系列の”切れやすい”運命に翻弄されていますね。
 今日のニュースもまた一人、天格「7系列」で名付けられた41歳の男性が、65歳の男性を殺害しました。 

『 昨夜30日23時40分ごろ、静岡・富士市のスーパーマーケットの駐車場で、会社役員「田中正秀」さん(65)が、運転手の「松井紀和」容疑者(41)に胸を刺され死亡しました。松井容疑者はまもなく緊急逮捕されました。
 松井容疑者は「女性をめぐるトラブルがあり、殺してやろうと思った」と容疑を認めているということです。』

 この加害者は、日頃から被害者に殺意があったのか、あるいは駐車場で急にトラブルが大きくなり、夏の暑さのせいもあるのか、カッと来て、本来の”切れやすい性格”から「殺意」が生じたのか?不明ですが・・・、いずれにせよ「カッと、切れやすい性格」が、人生の「福・禄・寿」とはおさらば・・・になりました!
「松井紀和天格17地格12・総格29

この配列、いくら総格に29があっても、「17+12=29」では、「9」系列のパワーは生きて来ず、天格17を中和することはありません。しかし、「紀=9」を含んでいますので、”頭の切れる”ときがありますが、地格12の気ままな性格ですから、「和=8」という”思いやりの心”があっても、結果的には、天格17に負けてしまいます。
 しかし、41歳にもなって殺人罪の容疑者として逮捕されることなど、赤ちゃんの名づけの当時では、全く予想が付かず、愛情を持って「紀和(のりかず)」と名づけられました。そこにご両親も、本人も”運”がなかったのです。
 もし、逆に「和紀(かずのり)」と名づけられていたら、次のように「16+13=29」になりますから、その29は生きてきます。
 すると、人生は大きく好転して、もう中年になりますから、「福・禄・寿」を手に入れた幸福な人生を送られていたと判断できますよ。
 僅か、ほんの1字が・・・・!? 
 これを、思考すれば、佐世保女子高校生の「松尾愛和(あいわ)」さんも、逆の「和愛(かずえ)」さんと名づけられていたら、また違った人生だったかも・・・知れませんね。
 このように、赤ちゃんの名づけは、正に人生の「福・禄・寿」を決定付ける重要なことなのです。
 それが、何でもかんでも推薦している市販の「名づけ本」には呆れたものです。苗字に適合する「1字・1画・配列の順序」が、世の中の犯罪・交通事故などを呼ぶという認識を、もっとプロの姓名判断師は持って頂きたいですよ。

必読!タレント名「美奈子」(20画)だけでは”病”を呼ぶ!
[第2202回](大凶)・・・7月30日(小凶)

『 しばらくテレビから姿が消えていたタレント「美奈子」! あの子沢山のパワーに満ちたママさん、実はバセドウ病で甲状腺ホルモン抑制手術していたそうです。
 以前から、「美奈子」(20画)のみ使用していたら、病気になるぞ!・・・と思っていたら、やはり病気で・・・。
 さあ、タレント業のみではなく、子育てなどの家事も山ほどあるでしょうから、まだお若いし、病気をしている場合じゃないですよ。』

「ハダカの美奈子」で売り出した”美奈子”というタレント名。
 それは、「ハダカ(9)+の(2)+美奈子(10)=31」となり、天格に相当する位置に「ハダカ」という”9画=大吉数”を持ち、総格に相当するのが”31画=大吉数”だったので、原作はヒットしたのですよ。しかし映画は、”天格12”の元オセロ「中島知子」(42)が主演でしたから、全く人気なしでしたね。
 初め、テレビで「美奈子!」と字幕に出ていたので、まさか、それがタレント名とは思わず、愛称名と思っていたのです。ところが、調べてみますと、愛称名は「ビッグマミィ」(18画)だそうで、これまた人柄は良いが、健康運がない”偶数”・・・?
  なぜ? 「ビッグマミィ」なのか?・・・それはタレント業という多忙な中で、31歳の若さで、すでに1男5女の子供をもつシングルマザーとか。”ビッグ”と言っても、体重140kgの巨体「マツコデラックス」のような体形ではなく、称賛する意味の「ビッグ」・・・ですから”名づけの趣意”は納得です。
 
 ところが、本名は「林下 美奈子」ですが、この”林下(はやしした)”は、「し」のダブリで、息が漏れて言いにくい。しかも再婚を繰り返しており、イメージが安定しないので、この「林下」というタレント名の”頭”にはしない方が良いですよ。
 すると、現在の「美奈子」というタレント名では、また次の病気が待ち構えているかも? ですから「○○ 美奈子」にするには、「10画+11画」の字体(語源・語意・音感を検討のうえ)である苗字を検討すれば、「9」系列のダブリ運がやってきますよ。「9」のダブリと言えば、「平原綾香」とか「上原多香子」のような運気が思い浮かびますよ。

何をするにも、「健康が第一!」ですよ。身の周りから、「10・20・30〜画」は捨てた方が良いですよ。マンション部屋番も車のナンバーも、そして携帯番号も、下2桁「・・X0」はオサラバですよ。
それは、「病=10・氣=10・疾=10・症=10・疹=10・疼=10・疲=10・疸=10・疱=10・・・、そして病院(10+10=20)へ」となり、”病氣”に関係する字体には、10画が多いでしょう。

 「美奈子」のみの20画タレント名を修正すれば、対外的なタレント業も子育ても、”健康的”に活躍できます。「ビッグマミィ」(18画)が”偶数”でも、”奇数”のタレント名と合わせて、「陰陽のパワー」が出て、益々有名タレントになりますが・・・、さあ、いかがになりますでしょうか? 

必読!佐世保女子高生「松尾愛和」さんの正義感が裏目!
[第2201回](大吉)・・・7月29日(大吉)

『 昨今、大事件となっている佐世保女子高生「猟奇殺人事件」でも、被害者・加害者とも「”姓名”から性格の違い」が大きく影響し、”大事件”となったことを証明できます。
 この二人とも思春期であり、反抗期でもある年齢ですが、元々の性格は何歳になっても、姓名が変更されない限り、変化しないものですよ。
 そこから想像できる二人の相反する”性格”が、猟奇殺人という大事件を起こさせたのです。
 この事件は、かって渋谷区の歯科医師の息子;「武藤勇貴」容疑者の妹殺害バラバラ事件に似ていますよ。』

 この事件の概要は、すでに報道されていますので省略しますが、「7」系列の”7”という数は、決して「ラッキーセブン」ではありませんよ。
 この”切れやすい”「7」系列の数霊が、”大事件”を起こす原因となることも度々あり、過去のブログでも沢山投稿していますね。
 先ず、二人の姓名判断をして観ましょう。

★”正義感”が強く”思いやり”がある
被害者「松尾 愛和」天21・地15・総36

◆”切れやすい”「7」のトリプル!
加害者「苗字(14・12)名前(3・5・3」
       天17・地17・補3・総37
(※固有名詞は非公開、画数のみ公開)

●参考に過去2事件
妹バラバラ事件「武藤 勇貴」天17・地30・総47
秋葉原無差別殺人「加藤 智大」天17・地21・総38

 さて、以上の姓名判断で、精神的な原因がある3つの事件を比較してみましょう。
 先ず、被害者の「松尾愛和」さんは、地格15(「和=8」を含む)から、”正義感”が強く、”思いやりの心”があり、その性格が相手への”言動”で表現されてくるのが、天格21(「愛=13」を含む)の機能です。
 ところが、普通の方なら、松尾さんの言動を”好意”に受けるのですが、加害者の性格は「7」系列が三か所もあり、「自己の思い・主張」が強く、それに合意できない場合は、普通の人の「3倍も”切れる”行動」をとるのです。
 その”切れた原因”は、加害者少女の境遇・・・昨年、最愛の母親をガンで亡くし、その後すぐに父親が再婚して、「海外留学の準備」という名目で自宅から、1DKマンションで一人暮らしを、この4月から始めた”孤独の寂しさ”・・・。この心理状態が思春期であり、反抗期でもある時期にマイナス思考が増幅したところへ、松尾さんの慰めの言動に「あんたに、(この寂しさの)何が解るのよ!」と、逆キレしたのですよ。

 このように判断しますと、”妹バラバラ事件”の「武藤勇貴」も”秋葉原無差別殺人”の「加藤智大」という姓名に持つ「7」系列の性格・・・”切れやすい「7」系列”は、決して「ラッキーセブン」どころではありませんね。
 その「7」系列が3倍ある姓名など、非常に珍しいですよ。
 終わりになりましたが、父親は県下でも有名な弁護士・・・そして妹バラバラ事件の「武藤勇貴」の父親は歯科医師など、「父親の背中を見て育つ!」というのは、”間違った諺”です。この加害者少女は、最愛の”母親の背中”を、天国に行かねば見れない寂しさ!が、切れやすい「7」を目覚めさせたのが主な原因でしょうね。
 どうですか、このような事件をも「姓名の吉凶」が影響している実証は、「天命数霊術」だからこそできる・・・のです。

必読!感動の活動!「黒柳徹子」さんユニセフ30年!
[第2200回](大凶)・・・7月28日(中吉)

『 「地球は一つ、平和は一つ!」・・・。フイリッピンの子どもたちと、人指でサインする”ユニセフ”活動で有名な「黒柳徹子」さん。
1昨日「ユニセフ30年」の活躍をTEV番組で見て、改めて感動しました。今までユニセフ親善大使として、長年活躍されていることは、十分承知していました。 しかし、世界中のどこの国でも、大人のエゴで犠牲になるのは、子どもたち・・・。「戦争・内乱そして貧困・食糧難・水不足・伝染病の現状」に比べますと、現在の日本の子どもたちは、比較にならないほどの幸せがあるのは、「団塊の世代」や黒柳さんのような「後期高齢者」が頑張ったからですよ。
 その中でも、黒柳さんほど親身になって、救済が必要な貧しい国の子どもたちに、手を差し伸べた人はいないでしょうね。現在80歳という年齢を感じさせない情熱は、正に”天命”であり、天から与えられた”使命”があるからでしょう。
 それには、黒柳さんの誕生日は、1933年8月9日・・・! 長崎の原爆投下の日の12年前であり、終戦の年は小学6年生になっていましたから、東京大空襲による「戦争の悲惨さと戦災孤児などの不運」を心得ておられるからですよ。』

 初めに「黒柳徹子」さんの業績などは、検索してWikipediaを読めば分かりますので、省略します。
 このブログの目的は、「なぜ?この姓名で偉大な使命を果たすことができたのか?」を解明することが大事なのですよ。
 それには、先ず姓名判断をしてみましょう。
「黒柳 天格26・地格12・総格38

この名づけ「徹子」の”徹”は、もともとご両親が”男児”が生まれると勘違いで思考していたところ、女児だったので、”子”を付けたそうです。
 さて、天格26ですからお若い時から、美人の要素がありましたが、「6」系列には「9・5」系列が必要ですが、表見上ありませんね。
 ですから、美人の「6」系列を生かす数がありませんので、女性としての運気は”弱運”です。そのため、生涯独身で通す運命になりました。
 しかし、対外的な運気を示す天格「26」の中には、「徹=15」という”正義感・行動力・金運”などを含んでおり、地格12の中には「子=3」を含み、総格38という”3・8”タイプの”円満・思いやり・協調性”の性格を持っています。
 したがって、「内に秘めたる”想い”」を「外に正義感を持って行動」するという天命になったようです。
 ところが、最後の決め手・・・誕生日が8月9日ですね。この「9日生まれ!」が、夢・希望を成就させて、テレビ朝日『徹子の部屋』の対談や、累計770万部を記録して、戦後最大のベストセラー;『窓ぎわのトットちゃん』の著者としても成功しました。
 いいですか、天格「26」の中には「徹=15」を含み、さらに「誕生日=9」が作用することから、この「26」が作用して、人生の成功者となりました。
 ですから、一見、天格が「9」系列でなくても、「黒柳徹子」さんのように”例外的な運気”に恵まれることがあるのです。
 でも、国際平和活動に貢献しましたが、女性としての幸せに恵まれなかった運命も、この姓名から伺い知れることができるのですよ。

どうですか? 世の中、グローバル化が進んでも、「黒柳 徹子」というチャンとした”日本名”で国際貢献できるのですよ。先日のブログで紹介した「明石 康」氏の日本名でも長年、国際連合事務次長として、国際貢献もできるのです。一般に市販されている「名づけ本」にある”国際化に相応しい名づけ”という記載は、無意味なページであると思っています。   

必読!運気が良い天格「9」系列は、5%しかいない!
[第2199回](大吉)・・・7月27日(小吉)

『 下1桁の数は、「0・1・2・3〜6・7・8・9」の10種です。
すると、世の中に10種の出現率は、平均10%ずつですね・・・。
 ところが不思議なことに、運気をベストに導く天格「9」系列はなんと5%足らずですよ。言い換えれば、100人中5人しか運気が良い人は居られないのです。
 しかも、その5人の中でも、他の条件(語源・音感・龍脈)などで厳選して行けば、約100人中・・・「僅か1人しか、mostネームの運気に恵まれていない」ことは、地元の山陽新聞の「名づけ記事」をサンプル調査をして判明しました。』

 地元の山陽新聞では、毎週日曜版には「一歳になりました」という見出しで、
「赤ちゃんの写真・姓名・誕生日・保護者名・一口コメント」が、月4回で約300人が掲載されていますので、最近の名づけ傾向が良く理解できます。
 私は、もう10年来、見て来ていますので、最近の流行名が解り、その現代的センスを入れながら、皆さんからのご依頼により、「命名・改名」の仕事をしている訳です。
 ですから、名づけのセンスは、奈良・平安時代の公家・武家社会から、明治・大正・昭和・・・そして平成の現在までの「姓名の歴史」も勉強していますので、最近の流行名の傾向も良く理解できるのですよ。

 そこで、一番最近の7月分(6・13・20・27日の4回)計298人分から、ベストの運気を呼ぶ「天格9系列」と”事件事故”を呼ぶ「天格2系列」とを、次のように対比して見ました。

★『天格9系列・・・運気が良いベストの姓名ですから、固有名詞(新聞に公表されたもの)を掲載。(298人中、14人・・・約5%弱)
「大森 亘(わたる)」「寺山聖真(せいま)」
「柿内航志(こうし)」「江口愛莉咲(ありさ)」
「家守咲希(さき)」「藤井彩夕子(あゆこ)」
田中心晴(こはる」「吉岡愛華(まなか)」
「吉行 蓮(れん)」「荻野春香(はるか)
「古角心奈(ここな)」「寺門千夏(ちなつ)」
「水元未来翔(みくと)」「岡本崇玖(たかひさ)

★『天格2系列・・・”事件事故”を呼ぶワーストの姓名は、固有名詞は別途資料はありますが、赤ちゃんの名誉のため、ブログでは公表しません。(298人中、28人・・・約10%弱)
言い換えますと、交通事故など”事件事故”に遭遇する可能性が高い人は、約100人中、10人はいる訳です。

 さて、上記の★『天格9系列』でも、語源・音感・龍脈など思考すれば、mostネームに近い姓名は、赤字表示している「田中心晴」「荻野春香」「岡本崇玖」の3人ぐらいのものでしょう。
 すると、約300人中、わずか3人しかmostネームではないですから、「天命数霊術」から見て、mostネームの運気をもった赤ちゃんは、約100人に1人・・・僅か1%ですよ。
特に「岡本崇玖」ちゃんは、”岡”に対して”崇”の語意は通じており、呼び名も「たかひさ」と男児4文字で、”武家の名乗り”のように品位があります。さらに「た・か・さ」と母音aが3つで男児として”強音”であり、そのうえ「ひさ」の”ひ”の母音iが脳に刺激を与え、賢い子に成長します。
 この程度の条件を満たした名づけは、日本中のプロでも難しいレベルですよ。
 現在まで、私に「天命数霊術」による「命名・改名」の依頼がありますと、少なくとも100人に1人もないmostネームを、候補名として5つ呈示させて頂いています。
 ですから、成績も学年でトップクラスになるはずですよ。
 私の候補名は、市販されている「名づけ本」のようなセンスがないものではなく、もっとレベルが高い候補名なのです。
 どうですか、毎週日曜版の名づけ例を10年間も読み続けると、最近の流行名などいかにセンスがないのか、すぐに分かりますよ。

(お願い)
 現在まで再三お願いしていますが、メールの件名欄に「都道府県名+苗字」のみを必ず記載してください。「はじめまして・・・」という文言は、「本文」欄に書いてください。なぜなら、件名欄に他の文言ですと、「売り込みメール」や「迷惑メール」と間違えて、開かずに消去しますので・・・。
 [info@gakuyo951.jp ] 又は[gakuyo951.99@docomo.ne.jp]

必読!親の願い「武」と同様、「武士」の”名づけ”届かず!
[第2198回](中吉)・・・7月26日(小吉)

『 わが子への親の願い! どんなに”思い”を名づけに入れても、”画数”がベストでないと、何歳になっても”道”を誤ることがあります。
 今日の視点は、”女児誘拐”という異常性格から、”理性”がなく犯罪行為に至る事件を対比してみましょう。
 「”武士(ぶし)”のように”男らしく・正義感あり・品格ある人”になって欲しい」と、親の願いで「武士(たけし)」や「武(たけし)」と名付けても、画数が弱運ですと、”理性”がなく”異常性格者”になることもあります。
 親の”愛情”のみでベストの男性になるなら、この世は犯罪者はなく、99%の男性は名君・名人・偉人・資産家などになりますよ。
 そして、親の”育て方”も問題ではないのです。賢い子は、孤児でも将来は名君・名人・篤志家などで社会貢献する人になります。
 要するに、子ども個人が生まれ持った「運」が、人生の99%左右するのです。』

今朝のニュース。
『 千葉・松戸市で登校中の小学3年の女児(9)が男に連れ去られそうになった事件で、県警松戸署は25日、わいせつ目的略取未遂の疑いで同市古ケ崎、自称契約社員「松崎武士」容疑者(24)を逮捕した。容疑を認め、「かわいい子だったので車に連れ込もうとした」と供述しているという。』

 この容疑者も、「わいせつ目的の略取誘拐」で違法性があること、24歳にもなれば常識で認識していながら、その実行行為を”理性”で抑制することができなかったのです。
 いや年齢の問題でもなく、先週の倉敷・11歳少女誘拐「藤原 武」容疑者は49歳になっても、「女児誘拐監禁」の違法性を認識していながら、やはり”異常性格”から”実行行為”を抑制する理性がない姓名でしたね。
 この二人、偶然にも「たけし」という「”武士の精神”=親の願い」が届かない息子に成長してしまったのですよ。
「松崎武士天格16・地格14・総格30
「藤原 天格26・地格10・総格36

どうですか、二人とも「天格6系列」で、"理性"がある人格者の天格「9・5」ではないですね。天格「6」系列は”男性”としては弱運と何度も記載しています。 それでも、地格・総格に「9・5」系列があれば、弱運を中和しますが、上記の二人のような姓名では、ご自分の責任でもないのに生涯運気に恵まれないとは・・・、実に可哀想です。
 それだけに、赤ちゃんの名づけには、親の責任は重大なのですよ。
 「子どもを不幸にする」という個人的な問題ではなく、「女児誘拐」という社会問題まで発展してくるのです。
 「名づけ本」の”総論”に記載しているような「親の愛情を持って名付ければ、お子さんは生涯の幸せになります・・・」という無責任な本が多いですよ。
  いいですか、わが子の名づけ・・・少子化の現在では、日本中の親御さんは、愛情一杯に名付けています。
  それでも、毎日のニュースを見て下さい。「女児誘拐」ばかりではなく、「交通事故死・焼死・水死・・・」など、”事件事故”のニュースは際限がありませんね。裏を返せば、何度も投稿していますが、「”親の愛情”と”子の運気”」とは別物ですよ。  

必読!機内飲酒が原因?”暴言・暴行”で道議員が辞職!
[第2197回](小吉)・・・7月24日(小吉)

『 「道議員という”大きな括り”の中では、機内で飲酒して暴言・暴行など”小さなこと”なんです!」と、先日辞職した元兵庫県議のように、”驕り昂ぶった発言”はもうしないでしょうね・・・? 
道民の税金で、”視察”という名目で”ヨーロッパ旅行”! 視察なら、往復の移動中も「税金から交通費を支出しているので”公務”!」ということを忘れた議員も実に多いですよ。
 どうも最近は、地方議員の不祥事が続きますね。議員という特別公務員も、”国民の公僕!”ということ、義務教育で習ったはずですが、一度、議員になれば江戸時代の「藩主」になったつもりなのか、尊大な態度が多いですね。
 さて、22日辞職した「小畑保則」道議員(釧路市選出)が、ある日突然、”事件事故”を呼んだのも、「天格12」と3文字左右別れの「天斬殺」の形がある姓名からの作用なのですよ。非常に”頭が良い人”ですが、運命には”勝てません”でしたね。』

さて、昨日のニュース。
正に、「”酒”が身を滅ぼした」事件です。
『 飛行機内で乗客の胸ぐらをつかむなどのトラブルを起こした北海道議会議員が、22日に辞職しました。
「その乗客に、いわゆる・・・早い話が暴言を吐いてしまった」(自民党・小畑保則道議会議員)
自民党の「小畑保則」道議会議員は、ドイツへの海外視察のために乗った「日本航空」の旅客機の中で、座席を後ろに倒したのをとがめられたことから、後ろの乗客や乗務員と口論になり、日本航空から”警告文書”を受け取りました。
 小畑議員は乗客の胸ぐらをつかみ「おかしいじゃないか」などと怒鳴ったほか、乗務員には「一度つぶれた会社なのにサービスが悪い」と、罵声を浴びせたということです。口論の前には、機内でウイスキー3杯と焼酎1杯を飲んでいました。
小畑議員は「道民の信頼をなくし、議員の皆さんに迷惑をかけた」として22日、辞職願を出し許可されました。』

 このように釧路市民からの信託を受けて、道議会議員になっても、「酒で身を滅ぼした実例」でしょうね。
 でも、「酒を飲む人が、全て身を滅ぼすのではない!」ですね。
 「酒を浴びるほど飲んでも、”理性”と”礼儀”を忘れない紳士」もいますよ。このような紳士の姓名には、やはり「9・5」系列がありますが、この小畑議員はどうでしょうか?
「小畑 保則天格12・地格18・総格30

この議員は、”偶数”ばかりの画数配列で、特に「天格12」と「畑・保・則」の3文字左右別れの”天斬殺”の形ですから、ある日、突然”事件事故”を招いて”身を滅ぼす”運命にある人です。
 そのうえ、配列で「9・5」がありませんので、”理性・正義感・礼儀”に欠け(飲酒⇒理性に欠け)、天格「12」から”気ままな行動”をとる人です。
 そのうえ「則」という右の旁;「リ」は”刀”を表しますので、この字体を使用すると、”切れやすい!”性格になります。
 ところが、この人は非常に”頭が良い人”(頭が”切れる”人であり、”賢い”人とは別)です。
 なぜなら、天格12の中に「保=9」を含み、地格18の中には「則=9」を含んでいますので・・・。
 
 このように姓名を判断して見ますと、実に”人生の浮き沈み”は、「行く川の流れは絶えずして・・・久しく留まることなし」ですよ。
 ですから、現在は”沈んだ人生”でも、「9・5」パワーを含んだ姓名を使用している方は、必ず”浮かび上がる人生”になります。
 逆に天格12の方は、「今日は天国、明日は地獄・・・」かも知れませんよ。
小畑議員は、ドイツへの”視察旅行”が、議員の”卒業旅行”となりました・・・。

必読!婚姻で苗字変更の女性;天格「2」系列に注意!
[第2196回](小吉)・・・7月23日(小吉)

『 「”運気”は一人だけのものではない」ですよ! 特に家族の中では、夫婦・親子は互いに影響し合うのです。例えば、家族の一人でも”事件事故”を呼び、”車イス”の生活にでもなれば、家族全員に影響を受けますね。  
 逆に、将来イチローや浅田真央さんのように、我が子が成長すれば、家族どころか親族全員の名誉にもなります。
 この天と地の違いが、”姓名”による影響としても、まだ信じられないかも・・・? ・・・いいですか、特に女性の場合、婚姻による改姓によって、まさか「天格2系列」になっていないか、どうか? 再確認してください。』

 昨日のニュース。
『 新潟・村上市の国道で、21日午後3時半ごろ、「大型トラックと乗用車が”正面衝突”」する事故があり、乗用車に乗っていた山形市の夫婦2人が死亡しました。
 事故があったのは、新潟方面へ向かっていた「大型トラック」と山形方面へ向かっていた「乗用車」が”正面衝突”しました。乗用車には、山形市の介護福祉士「武田慎也」さん(35)と妻で介護士「武田友美」さん(31)が乗っていて、2人とも収容先の病院で死亡しました。
現場は片側1車線の緩やかなカーブ。大型トラックを運転していた北海道江別市の運転手「小林美樹」さん(41)に目立ったケガはなかったそうです。』

本当にお気の毒な事故ですね。このご夫婦は二人の年齢から推定して、婚姻後、まだ数年しか経過していない新婚さんではないか、と思います。
 ところが、日本の夫婦同姓制度では、通常女性が夫の苗字を名乗ることになりますので、この奥さんも「武田」姓を名乗られたのでしょう。
 すると、次のように気付かないうちに、”事件事故”を呼ぶ「天格12」となっていますね。
夫「武田慎也」天格21・地格8・総格29
妻「武田友美」天格12・地格14・総格26
トラック運転手
「小林美樹」天格12・地格24・総格36

どうですか、偶然かも知れませんが、妻の「天格12」と運転手の「天格12」が”事件事故”を呼び、しかも”正面衝突”という被害が大きく、夫の「天格21」を巻き込んだ”死亡事故”となりました。そのうえ「友美」さんと言う「”友”が美しい?」という名づけを、どうしてするのでしょうか? これでは「天格12」を中和するだけのパワーがありません。
 大事な我が子に「友が美しい(友美)」とか、「2番目に美しい(亜美)」(「亜」は”みにくい”という語意)などと名付ける親の気持ちが理解できませんね。 
 こんな運気がないご夫婦に、お子さんがおられましたら、そのお子さんは一度にご両親を失った大変お気の毒な”被害”に発展して来ると思います。
 その原因が、婚姻による改姓で「天格12」になったとしても、「天命数霊術」をご存じなければ、対処方法もなく、「なぜ? 一番被害が大きい”正面衝突”事故になったのか?さえ、関係者も司法機関も気付かないと思います。
 家族のうち、一人でも「天格2系列」であれば、家族に不幸を招かないうちに、”改名”が必要ですよ。
"事件事故"に遭遇するのは、全て”運”です! ”努力”だけでどうにもならないのが”運”です。

必読!”国際化”の姓名に矛盾している「名づけ」本!
[第2195回](大吉)・・・7月22日(大凶)

『 またしても「名づけ本」に”矛盾”を発見!!! 
例えば、スペインでは「マリコ」は”同性愛”、「ミホ」は”男性器”ですから「気をつけなさい!」と言いながら、別のページでは、「まりこ」も「みほ」も候補名として、たくさん推薦しています。
 また、別の本では、「アグリ」は”醜い”と言いながら、別のページでは、たくさん「あぐり」の候補名を推薦しています。
 しかし、どんなに国際化が進んでも、各国の文化が異なるのですから、日本人の名づけを、外国に合わせる必要はないのです。逆に、世界が日本に合わせれば良い・・・という”信念と自信”を持つべきです。
 「明石 康」氏(天格19)は、日本名でも、元国連事務次長として長年国連で活躍! いくら国際化が進んでも、日本名としての感覚で良いのです。』

 先ず、2年前のブログ『 必読!「コウタ」くんは、ドイツでは「ウンコ」の意味らしい? 』([第1616回]2012.06.09 )を再読して見てください。
 このときのブログでは、「”音読み”で違和感があれば、”訓読み(日本読み)”にしなさい!」と書きましたね。
 ところが、今日は、「矛盾した名づけ本」があるくらいなら、もう一歩進んで、いくら国際化が進んでも、スペインやドイツの文化に迎合するのではなく、日本人は”自信”を持って、「日本人としての名づけ」をすれば良いのです。では、矛盾した名づけ本の箇所を紹介しましょう。

★[矛盾実例1];名づけ本・A書;347ページ
「ヨーロッパで気をつけたい日本の名前」という見出し
○「マリコ」→同性愛者(スペイン)
○「ミホ」→男性器(スペイン)
○「コン」→女性器(フランス)
○「コト」→排泄物(ドイツ)

ところが、131ページでは、「まりこ」を推薦して、
「鞠子・万梨子・茉莉子・真利子・麻里子・満莉子」の6候補
また、137ページでは、「みほ」を推薦して、
「未歩・実保・実穂・海帆・美帆・美穂」の6候補
・・・・・どうですか? 明らかに矛盾していますね。

★[矛盾実例2];名づけ本・B書;37ページ
「英語では違和感ある意味となる名前」という見出し
◇「ダイ(大)」→die(死ぬ)と聞こえる
◇「アグリ(阿久里)」→ugly(醜い)と聞こえる
◇「アズマ(東)」→asthma(喘息)と聞こえる
◇「ユウ(悠)」→you(あなた)と聞こえる

ところが、114ページでは「だい」を推薦して、
「大、太、醍、陀威、舵惟」の5候補
また、73ページでは、「あぐり」を推薦して、
「安久里・吾久利・阿久里・亜玖吏・亜久利」の5候補
さらに、74ページでは「あずま」を推薦して、
「東・春・雷・安寿真、安須馬」の5候補
そして、158ページでは「ゆう」を推薦して、
「勇・悠・侑・裕・優」の5候補。

どうですか? これら女児名・男児名の矛盾事例を代表に指摘しましたが、この程度の矛盾! 素人でも解るのに、プロの姓名判断師が、無神経に著作しているとは・・・?呆れたものです。
 皆さん、どうですか? 「赤ちゃんの名づけ本」として、立派に製本してあれば、「まさか、矛盾した記載などはあるまい・・・」と信じて本を買い、大事な我が子の名づけに参考にしているのですよ。
 このような「名づけ本」は、欠陥商品ですよ。
 これが食品なら、メーカーはスーパーやコンビニから引き揚げるのですが、本は内容に欠陥があっても、書店の書棚に並んでいますよ。
 まあ、消費者の皆さんが賢くならねば、”つい、騙される!?”のですよ。
 他の部分が正しくても、全体が信用を失う本であり、この本を参考に名付けても、果たして「賢く運気が良い子」に成長しますでしょうか・・・?

必読!異常に”中膨れ”「内藤慶一」(東大大学院生)の姓名!
[第2194回](小凶)・・・7月21日(大吉)

『 日頃の”信用”が第一です! この”信用”とは、個人・法人・国家規模まであります。そして、その”評価”は、日常の”信用”と表裏一体のように思います。最近の日本、国際的にも信用がありますので、「日本製商品」については輸出入税関や検疫は、そんなに厳しくないそうです。
 仮に不良品があっても、個人や法人が悪いのであって、日本が悪いのではない、という評価を受けます。
 これと同様に、長い伝統の旧帝大級の東大・京大など、私学の早慶大など、仮に犯罪者が出ても、「”大学”が悪いのではなく、”個人”が悪いのだ!」と評価をするでしょう。
 ところが、日常、信用がない個人・法人・国家なら、この逆の評価になりますね。』

 今日、私に改名依頼され作製した「昇運色紙額」など、アメリカのNT州に発送しました。これまでに、カナダやフランスなどにも「色紙額」などを発送してきており、”国外発送”はいずれも「日本郵便(株)」からです。
 しかし、”国内発送”は、この20年余り”梱包サービス・丁寧な扱い”がある「クロネコ」ばかりです。
 なぜ、”国外発送”は「日本郵便(株)」なのか? それは送り状に「JP郵便局」表示があるだけで、受け入れ国の扱いが「特別に丁寧にしてくれる・・・」と言うことを聴いたからです。
 日本(JP)という国際”信用”が”評価”になり、やがて国民の”安全”や”利便”に帰って来ること、皆さん忘れないでください。

 さて、昨日のニュース。
『 「強制猥褻罪」(小学生の女の子の胸や下半身を触った)として、東京大学の大学院生の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは、東京大学大学院生「内藤慶一」容疑者(26;埼玉・蕨市在住)容疑者です。内藤容疑者は今年1月、川口市内の書店の店内で、母親と買い物に来ていた当時9歳の女の子の胸や下半身を触った疑いが持たれています。
警察の調べに対し、内藤容疑者は「ストレスが溜まってやってしまった。女の子に興味があった」などと話し、容疑を認めているということです。』

 皆さん、このニュースを見て、何を感じましたか?
 もし、この青年が無職でブラブラ遊んでいる境遇で、小学女児への猥褻なら全国ニュースの記事になるでしょうか?
 一般に全国記事になるのは、特に法規範の順守義務が要請される「公務員・教職員・警察」の三大職業なのです。
 ところが、これに加え、”国民が尊敬と憧れ”を抱いている「一流のポスト」にいる境遇の人が、犯罪で逮捕されたら、「そのポストが悪いのではなく、個人が悪いのだ!」と評価しますね。
 例えば、総理が犯罪で逮捕されても「総理と言うポストが悪いのではなく、個人が悪いのだ!」と評価します。
 この事件がそうです。「少女への猥褻」と「東大大学院生」とは、一般には関係がありませんね。「全く、私的な行為!」であって、大学院での「研究課題が”少女への猥褻”」であれば、それは「とんでもない東大大学院だ!」と評価をしても良いのです。
 このような価値観を思考しながら、皆さんはニュースを見聞してください。
 
 したがって、この事件の「内藤慶一」容疑者は、次のように”頭脳明晰”は「9・9」タイプでピカイチですね。
「内藤慶一」天格19・地格19・総格38

でも、どうして26歳にもなって、僅か9歳の女児に興味があるとは・・・「異常性格者!?」ではないか、と思います。
  その原因、小中学生の頃から20年間も「内藤慶一」という姓名の”形”を見続けると、「何だか?変・・・?」と意識が継続すると、”性格も異常”になってくるのですよ。
  要するに、画数が多い「藤=18画」と「慶=15画」が続くと、”中ぶくれ”の形を、20年以上も見続けると、”重心”が下にないため、精神的に”安定感”がなくなります。
 彼と画数が同様の「(故)湯川秀樹」博士(日本初ノーベル賞受賞)も天格19・地格19・総格38 ですが、”中ぶとり”ではなく、下に”重心”がありますね。
 ですから、「画数のみで判断するのは、適性を欠く!」ということが解ります。
 したがって、彼の”異常性格”を解決するためには、
「9」をもう一つ張りこんで内藤慶一郎とすれば、”重心”は少し下がり、心の安定が出て来て、「9歳の女児を猥褻?」などバカらしくなり、東大大学院生という”名誉”を傷付けたことを、大いに反省されますよ。
 実に”姓名”の機能は、「信用と評価」にも影響するのです。 

必読!倉敷・女児誘拐「藤原武」容疑者も「6」の”弱運”!
[第2193回](小吉)・・・7月20日(大凶)

『 本当に”無事で良かった!”ですね。岡山・倉敷の女児誘拐容疑者が逮捕され、女児は無事に保護されました! このたびの岡山県警は良く頑張りましたね。さあ、皆さん、このたびの容疑者を、犯罪心理学者はどのように講評するのか、報道を良く見ていて下さいよ。報道では「藤原 武容疑者の”生い立ちや生活環境などが原因です」と講評するでしょうが、原因は「男性には弱運の”6”ばかりの”姓名”だった!」と、私は思います。
 少年時代の”生い立ち”や”生活環境”が問題ではないのです。歴史上の名君・名人・偉人などを、少し振り返ると良く理解できるでしょう。
 ”生い立ち”より「姓名の吉凶」こそが人生を決めるのですよ。』

昨晩のニュース。
『◇不審者情報などで浮上し捜索、1階洋間で女児発見!
 岡山・倉敷市内で今月14日夕、下校途中の小学5年生の「森山咲良」ちゃん(11)が行方不明となった事件で、岡山県警は19日午後10時20分ごろ、女児を岡山市北区楢津、無職「藤原 武」容疑者(49)宅で発見した。無事保護するとともに、一緒にいた藤原容疑者を監禁容疑で現行犯逮捕した。県警は同日、倉敷署に捜査本部を設置。動機や事件の経緯などを詳しく捜査する。
逮捕の決め手となったのは、母親が以前記憶していた不審車のナンバー!
 藤原容疑者は「女児は車で連れてきた。監禁していたのは間違いありません」と容疑を認めているという。女児にけがなどはなく、念のため病院に搬送されたが、異常がないことが確認された。藤原容疑者は女児やその家族と知り合いなどではないという。
 県警によると、女児の母親が事件前の今年5、6月に自宅近くで目撃した不審車の特徴やナンバーと、不審車を目撃した住民の証言などをもとに絞り込んだところ、藤原容疑者が所有する岡山ナンバーで銀色の「トヨタ・ヴィッツ」が浮上した。19日夜、家宅捜索令状を取って藤原容疑者宅を捜索したところ、1階洋間で女児が見つかり、保護された。
 発見当時、女児はパジャマ姿でテレビを見ていた様子だったといい、捜査員が踏み込むと、驚いた様子で「何、何」と声をあげた、という。藤原容疑者は自称イラストレーター。逮捕時、家には女児と2人でいた。藤原容疑者は白色Tシャツに黒の短パン姿。逮捕には素直に応じた、という。』
とのニュースです。

 いいですか、容疑者は49歳ですが、現在無職で1年前に他県から、この実家に戻ってきて1人住まいだったそうです。
 ここからは私の想像ですが、執拗に「森山咲良」ちゃんを誘拐したのは、約10年前に離婚で別れた”娘”(当時、小学生)にソックリだったので、娘が忘れられずに誘拐して可愛がっていたのでは・・・? その証拠にサイズが合う「パジャマ」を用意していたり、スナック菓子を沢山買って帰るのを目撃された状況から、想像が付きます。
 ですが、どんな事情があっても、「他人のお子さんを誘拐する行為の善悪」の識別・・・、通常の男性なら想いはあっても、実行はしませんよ。
 そこに通常の男性とは異なる「運勢と性格」が見えてくるのです。

「藤原 武」天格26地格10総格36

どうですか? 男性として「気の毒なくらい運気がない人」ですね。
 全て偶数のうえ、しかも「6」のダブリで、「9・5・1」が全くありませんので、地格10は”精神的な病”を呼びます。
 このような配列で、男性の「6」系列が天格にあるのは、
/汎發法岷錙廚薄い。
⊂年時代から「体の健康」に恵まれない。
➂長じて「仕事」に恵まれない。
ぁ崚承錙廚鬚茲する。
ゼ絮燭ら、「精神的な病」になることが多い。

という 銑イ泙任凌誉犬、この49年間であったと思われます。
 もし、この藤原容疑者が「4・7」タイプでしたら、咲良ちゃんは傷害事件になっていたかも知れませんが、「6」のダブリでしたから、咲良ちゃんを我が子が手元に帰ってきたように、可愛がっていたのでは・・・?と、私は「天命数霊術」からの吉凶判断でそう思います。
でも、もともと同じ”ふじはら たけし”であれば、「藤原 健(たけし)」又は「藤原 健史(たけし)」という名づけを、49年前に名付けていれば、人生は大きく好転しており、このような事件は発生していなかったのです。「藤原」姓には、「武」(8画)は適合しません。・・・この名づけの手法が、「社会から犯罪を無くする大事なノウハウ」です。
 皆さんは、この事件、栃木の「吉田有希ちゃん事件」との違いが解りましたでしょうか? 有希ちゃんの天格「12」と咲良ちゃんの天格「11」との違いが生死を分けたのですよ。

必読!乳児虐待の原因;「夜泣き」「長泣き」しない子にするには?
[第2192回](大凶)・・・7月19日(大吉)

『 乳幼児虐待の原因の一つ・・・赤ちゃんの「夜泣き」「長泣き」。マンションなど隣家に接している住まいなら、静かな”夜半に長泣き”されるほど、母親は苛立つことはないそうです。
 ところが、この「夜泣き・長泣き」を止める”特効薬”は、先端医学が発達した現在でも「泣く子には勝てない!」と、専門家(医学・心理学)も諦めているようです。』

 でも、不思議なのです。
 私が名付けた赤ちゃん・・・殆ど例外なく、
「・・・本当に、夜泣き・長泣きしないで、夜はグッスリ寝ますので、大変助かっています。」と、お礼のメールは珍しくないほど、沢山頂いています。
 その中でも、特に通勤に長時間かかるご主人、
(原文どおり)
「(前文略)・・・私は毎朝5時に出かけますので、夜泣きされると寝不足で仕事に差し支えますが、お蔭様で私は助かっています。しかし、同僚の中には赤ちゃんの夜泣きで、パソコンの前で居眠りしている人がいます・・・。
 その同僚の家庭では、夜泣きされるので、母親が苛立ち、昼間の家事もできないので、夫婦の仲も険悪になっているそうです。本当に名づけ一つで、こうも家庭が違ってくるものですね・・・(以下、略)。」
と、今年の2月末に誕生されて、私が名付けた東京近郊の方からのメールです。
 
 さて、「夜泣き」「長泣き」をする子は、一般に成長が遅れており、そのうち「長泣き」が4〜5歳になっても改善しない子は、知的障害の可能性もあるそうです。
 そこで、ある心理学者のサイトを引用させて頂きますと、
『 ★「夜泣き」のメカニズム
レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)という言葉を耳にしたことはありませんか? 大人の場合、眠ってからノンレム睡眠→レム睡眠を90分周期で約4〜5回繰り返し、レム睡眠は全体の20〜25%と言われています。
それに対して、新生児〜生後1歳ぐらいまではレム睡眠が約半分を占めると言われています。言い換えれば浅い眠りの状態が多くあるということなので、なかなかうまく眠れずにすぐに起きてしまうということはごく自然なことと言えるでしょう。また、このレム睡眠とノンレム睡眠の切り替えもなかなか上手にできない、と言われています。

例えば、起きている間に受けた多くの刺激や体験を夢に見ると、ビックリして泣き出してしまうのです。決してママの育児方法や対処の仕方が悪いから「夜泣き」が起きるわけではありません。できるだけ、毎日決まった時間に寝て、決まった時間に起きる、だらだら寝かさないようにするなど、赤ちゃん自身の睡眠サイクルを確立していくことが夜泣き改善の最大のポイントになります。

 先輩ママに聞いた! 「こうやって“夜泣き”を乗り切った」
とはいっても、すべての赤ちゃんが同じスピードで睡眠サイクルを整えられるわけでもありません。また、夜泣きの仕方も赤ちゃんによってさまざま。これがパーフェクトな解決法!というのはないのですが、先輩ママの体験談は参考になるかと思いますので一部をご紹介します。

・抱っこをしてとにかく安心させる/抱いて静かにゆらゆらする
・お雛巻をして、子宮にいる時の姿勢にしてみる
・おっぱい(ミルク)をあげる
・寝る前にマッサージをする/触って身体を温めてあげる
・かかとや腰の骨を温めてリラックスさせる
・気分を換えるためにベランダに出てみる/近所を散歩する/車に乗せてドライブする
・一度起こして遊ばせてからまた寝かしつける
・落ち着けるような音楽や子どもが好きな音楽を流す
・「赤ちゃんが泣きやむ音」(例:ドライヤーの音、掃除機の音、ラーメンをすする音など)アプリを使う。』
など、サイトで紹介されていますが、根本的な解決方法ではありませんよ。

 上記に記載した方法ではなく、実に簡単なことです。
 『 日本初の「天命数霊術」で、赤ちゃんの名づけをすれば、「夜泣き」「長泣き」しない”賢い”子に育ちますよ。不思議ですよ。”奇数”が成長を早めるので、「9・5・1」を2ヵ所以上にした”姓名”を持つだけで、医学も心理学も不要です!』

必読!DQネームは、「たまごクラブ」だけではない!
[第2191回](大吉)・・・7月17日(小吉)

『 女性の名前というのは、やはり「美しい!」という第一印象が大事だと思いますよ。”語源・語意・音感”・・・など、”美しい”というイメージを子どもの時から抱けば、自ずと女性らしい「”柔・円・明”」が揃った魅力ある女性に育ちます。姓名が及ぼす影響は不思議なものです。
 ところが、この原理を理解していない姓名判断師の多いこと・・・!』

 いいですか、先入観もあるでしょうが、「小野小町・楊貴妃・クレオパトラ」と聞けば、なんとなく”これは美人だ!”という印象を持つでしょう。
 いや、全く先入観がなくても、婚期を逃した男女の「婚活」の合同席上で、自己紹介の順番が来たとき、隣の女性は「○山 絵里咲(えりさ)と申します・・・」と聞いた次に、「私は、”◇原 とんぼ”です・・・」とか細い声で自己紹介! 「えっ、なに? ”とんぼ”だって・・・?」と、席上の男女は口を揃えて”驚き”そして”軽蔑”の眼差し・・・。
 赤ちゃんの名づけで、親が女の子に愛情を持って「”女の子”名づけ事典」で推薦していた「とんぼ」と名付けられました・・・という女性が、今後増えるかも???
 ところが、この”とんぼ”の名前で子どもの時から、どんなに恥ずかしい思いをして来たでしょうか?・・・このような類似のDQネームで名づけられた女の子は、同じように「”恥”の連続」を体験して来ているのです。
あの歌謡界の女王で、歴史に名を残した「美空ひばり」でしたから、国民栄誉賞も受賞しましたが、もし「美空とんぼ」でしたら、歌謡界ではなく漫才師になっていたかも?

 さあ、皆さん、昨日の「たまごクラブ」の名づけ本だけではなく、市販されている「名づけ本」を、一度でいいですから、図書館に行かれて数冊比較して観てください。・・・実に驚きですよ。
 その中の1冊・・・有名な漢学の大学教授が監修「女の子幸せ名づけ事典」の321ページ「とんぼ」や「蛍(ほたる)」などを、女の子の名づけとして推薦しているのですよ。
 その他、DQネーム・キラキラネームなんぞ、お構いなしか? 次のように、1冊の名づけ本の中でも、沢山みられますよ。
(実例)・・・皆さんの愛娘に、名づけますか?
『 (男女の区別ができないもの・常識読みではないもの)
  「晃(ひかる)」「晶(あきら)」「陽(あかり)」「昴(すばる)」「翼(つばさ)」「燕(つばめ)」「鷗(かもめ)」「蛍(ほたる)」「蓬(よもぎ)」「蕨(わらび)」「柊(ひいらぎ)」「苺(いちご)」「栞(しおり)」「蜜柑(みかん)」「林檎(りんご)」「ばなな(バナナ)」「とんぼ(トンボ)」「天空(あめあ)」「勇気(ゆき)」「月心(るな)」「光星(みお)」「庵樹(あんじゅ)」「開希(はるき)」「隼来(としき)」「凱亜(がいあ)」「ぴあの(ピアノ」「珠笑瑠(じゅえる)」・・・(以下、省略)』

 どうですか!? これが日本で有名な教授が、監修している部分ですよ。
 驚きでしょう? 特に、この女児の名づけの中に「燕(つばめ)」(312ページ)を推薦している”常識はずれ”に呆れるでしょう!
 いいですか、「燕(つばめ)」で連想するのは、”若いツバメ”!!!
 日本語辞書では『 ”若いツバメ”とは、「平塚雷鳥」という婦人運動家と年下の「奥村博史」という画家との恋愛から生まれた「年上の女性の愛人である若い男性」という意味の言葉である。』と書かれています。
 その「燕(ツバメ)」を、女児名として教授が推薦するとは・・・?
このように、「(女性の)名づけ本」には、
|暴名の区別ができないもの
日本語として”違和感”があるもの 
➂一番重要な”絵に描ける優雅さ”がないもの

が溢れていますので、”運気”が向上するどころか、これに”画数”が天格2系列であれば、”事件事故”に遭遇するのは不思議ではありません。
最近の流行名;「DQネームやキラキラネームが増大した社会的な責任を、著者や監修者はどう思っているのでしょうか・・・???

必読!相変わらず、センスがない「当て字」の名づけが多い!
[第2190回](中凶)・・・7月16日(小吉)

『 ”たまごクラブ・ひよこクラブ”で推奨されている名づけ、・・・「それ、変!?」という名も多く、真面目に推奨しているか?・・・と疑いたくなります。でも、高齢の私が”変!”感想しても、最近の若い夫婦の価値観が異なるので、ヤフーの知恵袋から、若い人の問答を参考にさせて頂きました。』

 ヤフーの知恵袋から・・・、
(原文どおり)
『 (質問)たまごクラブに載っている赤ちゃんの名前は実名でしょうか?
 「ルキア、らら、ココア、あいる、ようざん・・・いちご」君って名前もあり、いくらなんでもこんなペットに付けるような名前を実際に付けてませんよね?
 たまごクラブの編集でこんな仮名にして載せてるんですよね?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(ベストアンサーに選ばれた回答)
実名ですよ。
 ケーキ屋でバイトしてた時、バースデーケーキに名前を入れるんで、名前を紙に書いてもらうんです。
 「ふわり」ちゃんとか、「らんまる」君とか、字画がやたら多い(読み方は聞かない→失礼なんだってクスッ)…たまに、写真をケーキにデコルんですが、この純和風さでニコル君?みたいな。
 お祖母ちゃんとか大変で、孫のケーキ頼むのに、名前のメモ持ってるの。これで…とメモ渡される人もいるけど、手違い(名前が違う)になったらモメるので、絶対書いてもらうの(笑)・・・・・』

 このように、「たまごクラブの名づけが異常だ!・・・」という印象は、高齢の私のみではなく、若い夫婦も上記の質疑のように、同様な意見を持っておられるのです。この「たまごクラブ」の”名づけ”の監修をしているのは、N.T氏(有名な姓名判断師)です。”監修”する以上は、その名づけ全体に対して「社会的責任」を自覚して頂きたいのです。
(過去のブログでも、日本で有名な教授の”監修”「名づけ本」が、総論と各論が”矛盾だらけ!”ということも紹介しましたね。)
 少子化の日本、若いご夫婦は、待ちに待ったお子さん・・・、実家の祖父母も楽しみにしておられる”赤ちゃんの名づけ”が、なんと「ルキア・バナナ・ココア・・・」とは、余りにフザケタ名づけを推奨している責任・・・、なんとも監修者として感想はないのでしょうか?

 さて、このNT氏の”監修”ではなく、ご本人の”著書”「男の子の名前」「女の子の名前」(いずれも発行;T書店)の2冊が私の蔵書として手元にあります。その中で、「”異常なセンス”の名づけ」を推奨されている実例を、抜粋してみましょう。
[男の子]
「亜斗夢(アトム)」「我唯亜(ガイア)」「津十夢(ツトム)」「利輝矢(リキヤ)」「冬刀(フユト)」「朝人(アサト)」「雪人(キヨト)」「早人(ハヤト)」「雷(ライ)」「蛍(ケイ)」「空(タカシ)」「宙(ヒロシ)」など

[女の子]
「江莉衣(エリイ)」「綺良々(キララ)」「祈里歌(キリカ)」「久麗亜(クレア)」「生子(セイコ)」「冬音(フユネ)」「南歩(ナホ)」「友羽(ユウ)」「苺(イチゴ)」「栞(シオリ)」「雫(シズク)」「燕(ツバメ)」など

皆さん、どうですか。上記の実例は著書のほんの一部から、”違和感”がある名づけを抜粋したに過ぎません。
 皆さんの大事なお子さん、将来「名君・名人・才媛・美貌」になることを願って、「この名であれば、間違いない!素晴らしい名だ!」と、実家の祖父母にも自慢ができる名があるでしょうか? こんな推奨名でも、日本で一応有名な姓名判断師ですよ。
 実に呆れたセンスですね。この程度であれば、素人さんが名付けたものが、ず〜と素晴らしい名づけができるのでは・・・?

必読! 恐怖!女性4人ひき逃げした”車と加害者”は「2」系列!!!
[第2189回](大吉)・・・7月14日(小凶)

『 なんと、”恐怖の数霊”「2」の事故が続く!!! ”飲酒と携帯”が4人をひき逃げ、同窓生3人の命を奪い、加害者自らも31歳にして、生涯の”生き地獄”! これだけの大事故も、なんと「2」が招くとは・・・! 
 これらの実証も、日本初の「天命数霊術」だからこそできるのです。』

 ”北海道小樽市で女性4人がひき逃げされた事故(13日夕刻)”は、全国ニュースで昨日から大きく報道されています。
 表向きの原因は、”飲酒運転”と”携帯でよそ見運転”とのことです。
 しかし、それでも”運気”が良ければ、事故は避けられか、事故になっても被害は小さくて済むのです。
 ところが、この大事故は”恐怖”の「2」系列が集まり、加害者も被害者も、姓名の天格が「2」系列・・・そしてなんと車のナンバーも「222」なのですよ!!!
 いいですか、この大事故の原因は、日本中の「五剖式姓名判断」では証明できませんよ。日本初の「天命数霊術」だからこそ実証できるのです。

 事故事件の詳細は省略しますので、皆さんが他の報道で確認してください。
(加害者)
 岾つ英」天格22・地格17・総格39
(被害者)
◆崟从衫(死亡)」天格12・地格19・総格31
➂「瓦 子(死亡)」天格17・地格3・総格20
ぁ峺玉沙耶佳(死亡)」天格17・地格20・補格8・総格45
ァ崔翅柴子(重傷)」天格12・地格16・総格28
※青色の字体「雅・枝・裕・沙・耶・津」は、”弱運”です。
(車のナンバー)
・2-22

 どうですか、「天命数霊術」に言う”数霊の吉凶”は、姓名の合計数(総格)が問題ではなく、一番大事な数霊は「構成数」(X+Y=総格)という「X」と「Y」、特に天格「X」が”対外的な運気”を決定付けるので最重要な判断となりますね。・・・この判断が、日本中の説と異なる一部分です。
 すると、天格「2」系列で”事件事故”を呼ぶのは、 Ν◆Νイ3人であり、そのうえい寮名では”語源”から弱運の字体;「沙・耶」を使用していますので、上記の関係者5人のうち、なんと4人までは”事件事故”に遭遇しても不思議ではない姓名なのです。
 しかも加害者の車のナンバーが、最悪の「・2-22」とは・・・? 
 同じ”交通事故”でも、被害が大きくなる条件が揃いました。

 そのうえ、この加害者は、被害者と同窓生とか・・・!? それならば尚一層、生涯辛い思いをするのですよ。
 私の知人に、息子さんが18歳のとき、交通事故で亡くされた辛い思いをされている母親がいます。息子さんは、同窓生の友人が運転する車の助手席に同乗し、トラックに追突された事故に遭遇。運転していた友人は軽傷でしたが、助手席の息子さんは即死! 追突されたのですから、友人にはそれほどの責任はないのですが・・・。
 その事件から、昨年で17回忌でしたが、友人は毎年盆には仏壇と墓参りは欠かさず、17年も供養されて来たそうです。加害者が同窓生なら、なおさら辛い思いが生涯続くのですよ。
 この小樽市の交通事故のように、「飲酒運転と前方不注意」が原因の死亡事故であれば、被害者のご遺族も大変お気の毒ですが、加害者本人も「これで人生が台無しになったか!!」と悔いていますでしょう。
 ほんの軽い気持ちで、「”飲酒運転”と”携帯による前方不注意”」が楽しい人生を一瞬にして奪われるのですよ。
 
 でも、同じ交通事故に遭遇しても、前記の追突事故のように「友人は軽傷、息子さんは即死!」という違い・・・、それは「本人の”運気”如何?」が大きく影響します。
 もし、ご家族の中で「天格2」系列の方がおられましたら、「交通事故は、明日の命も保証できない!」のです。早急に改名された方が、幸運な人生を過ごすことができるのですよ。
 同じ人間に生まれ、「5〜6歳の生命なのか? 20〜30歳前後で終わるのか? 100歳まで人生を楽しめるのか?」の違い・・・それは主として「”姓名”の吉凶に原因」があるのです。

必読!社名「ベネッセコーポレーション」は長過ぎる!
[第2188回](中吉)・・・7月13日(小吉)

『 ”社名”は短いほど”運気”が良い!「福武書店」から、長〜い社名「ベネッセコーポレーション」と変更したころから、折角の一流企業が”事件事故”を呼ぶ!と予想していましたが、そのとおりになりましたね。社名や店名は”3〜5”文字(ソニー・ドコモ・トヨタ・ホンダ・イオン・ユニクロなど)の短いほど、運気が良いのです。
特に株式会社に「・・・コーポレーション」は無駄な社名! こんなセンスがなく、わざわざ弱運に導く社名変更を勧めた人もいるのですよ。法人ネーミングの吉凶は、社会的責任が極めて大きいのです。』

・・・大事件のニュース!「7月9日 、760万件にのぼる”顧客情報”が漏洩したと発表(ベネッセ個人情報流出事件)。最大2070万件まで及ぶ可能性があるとのこと」
 ところが、この原因・・・やはり企業の運気・災難の一つですよ。
 世の中に”無駄”がある一つ・・・会社などの法人はすべて「コーポレーション」ですよ。わざわざ社名変更してまで、無駄なネーミングを勧めた人が、もし姓名判断師などであったら、非常に社会的責任が重いでしょうね。
 社名は短いほど、利点が多いです。社名・店名というのは「言いやすく、覚えやすく、伝えやすい」という3要素が必要であり、そのうえ画数も”大吉数”である必要があるのですよ。
先日9日のブログを再読してください。一流企業はすべて”短い”社名!
 「福武書店」という”39画大吉数の4文字社名”で、”進研ゼミ”の教育通信社として、日本で一流会社に成長したところ、わざわざ長〜い社名「ベネッセコーポレーション」という”30画小吉の12文字(大凶)”の社名にしたのですよ。それに余りに長いので、略称で「ベネッセ」とは! でも、一体?何画だと思いますか? 
 そうです。略称「ベネッセ」は”事件事故”を呼ぶ”12画”なのです! それに今回の情報流出した子会社「シンフォーム」もなんと”12画”ですね。
 そして、株式上場している総合親会社は、「(株)ベネッセホールディングス」は、なんとなんと「12文字の34画(=12+22)」であり、”12”だらけ!
 そのうえ、現社長は「原田泳幸」氏・・・、この姓名は皆さんが判断してください。・・・特に企業として「個人的な信用毀損」をこのブログで記載することを避けたいと思いますので・・・。(JR九州とJR北海道の社長比較のように、同種同条件で対比する会社がありませんので・・・)
 
 以上のように、企業の社名・店名の「命名・改名」は、非常に責任が重いのですよ。まして、すでに「福武書店」のように一流会社に成長しているのに、わざわざ社名変更することは、非常に冒険なのです。
 この理論は、現在の一流タレントを改名したとたん、「西川峰子⇒仁支川峰子」が咽頭ガンになったり、仮に「島田伸助」や「みのもんた」さんを改名していたら、その姓名判断師の信用は丸潰れ!ですね。
 それと同じ理論ですよ。「福武書店」=39画”大吉数”を社名変更する必要はないのです。教育情報社の「福武書店」として、100年でも200年でも発展して行く”老舗名”で良かったのです。

 業種は異なりますが、石川県の温泉旅館「善五樓=31画(大吉数)」は、養老年間(奈良時代)から現在まで、1300年の老舗であり、京名菓「一和=9画(大吉数)」は、平安時代から1000年以上の老舗なのです。
 「福武書店」の社名も、もっと慎重にすべきだったと思いますよ。 

必読!呆れた「1億人の”統計”」から姓名判断???
[第2187回](中吉)・・・7月11日(大吉)

『 呆れた「”1億人”の名前からの”統計”で姓名判断!」という”珍説”が出て来ましたよ! 現在までは、「2万人、20万人、30万人・・・の”統計”から・・・」という説でしたが、ついに”1億人!?”とは・・・驚くやら、呆れるやら・・・統計の専門家から見れば、もう”お笑い”ですよ。』

 昨日、何気なく「姓名判断」関連のサイトを検索していますと、”驚き”のサイト・・・に出会い、終いには久しぶりに”一人大笑い”・・・!
 ”根拠”がない姓名判断師は、ご苦労なことですね。
 ”根拠”がないので、「よ〜し、”統計”で驚かすか!」ということで、「え〜ぃ、30万人というケチなこと言わず、”1億人”にするか!」になったのでは・・・? (もっとも、「100万人のデータから、1億人の姓名データを推計」との趣旨に表現していますが、100万人のデータも”不可能!”です。仮に100万人が事実だとしても、後の9900万人99%が推計? 100万人1%の抽出率であれば、統計ではなく「サンプル調査」と言います。)

 でも、このサイトを読んだ日本中の大衆は、「ほう、1億人の統計とは、スゴイ説が出てきたものだ!」と感心するような人は、本当に”人柄が良過ぎる”方ですよ。
 なんでも、すぐ騙される人ですよ。
 
 ところで、初めにその説は、次のように記載(原文どおり)されています。
『・・・一億人の名前のデータベースからそれぞれの運命を統計した結果、そこに傾向や法則性があるとしたら、それはオカルトであると言い切れるでしょうか。無根拠ないいかげんな言葉ではなく、そうした統計的事実を元に判断するのが姓名判断です。・・・』

 いいですか、統計ができるのは、「A・B・C・D・・・」と明確に分類できる事項なのです。「あなたは自民党支持ですか?民主党支持ですか?」というような政党支持率のように、明確に分類ができるものしか、統計が採れないのですよ。
 ところが、上記のように「・・・”運命”を統計した結果、・・・」の”運命”の「判断基準・分類基準」があるのでしょうか?
 健康運・家族運・恋愛運・結婚運・・・金運など、どれ一つ見ても「健康とは、どこからが健康であり、どこからが不健康なのか?」の分類ができず、「どこから恋愛運があるのか?」まはた「どこから金運があるのか? 1億円以上なのか、10億円以上なのか?」など、”運命”というものは、統計に必要な「判断基準・分類基準」ができない”相対的概念”なのです。

 今までの過去のブログでも、数回採り上げましたね。
 例えば、「金運」一つにしても、かってのテレビ番組「ズームイン朝」で、「大金とは・・・?」という”大金”の概念を、全国の都道府県の人にアンケートした結果、「大金とは、ある県では100万円でしたが、東京・大阪では平均1500万円・・・、なんと北陸3県(富山・石川・福井)では平均”1億5千万円”でした」という県民性の違いがあるのです。
 「恋愛運」にしてもそうですよ。どこから恋愛運があるのか、ないのか? じゃ、「お見合い結婚の夫婦は、恋愛運がなかった」と、統計分類するのでしょうか? 全く、お笑いですよ。同じ夫婦でも、夫は「恋愛運・結婚運があった!」と答えても、妻は「とんでもない!主人には期待外れで、やはり結婚運はなかったです!」と答えるかも知れません。

 このように、「運命・運勢」という”抽象的・相対的”な概念は、”統計”ができないものですよ。それに第一、日本人1億人の統計がどんな手法で出来たのでしょうか? 1億人という”不特定・多数”の人に、アンケート調査はできないのです。「国勢調査法・学校基本調査・農業センサス・・・」などのように法的に統計が許可されたものしかできないのです。
 民間調査で統計を採る場合は、統計法に基づき総務省統計局に許可を得なければなりません。「姓名判断」を目的に1億人の統計など、許可になることは絶対にありません。・・・このように記載しますと、私のことを「統計を知らない!」と中傷・誹謗したサイトがありますが、私は「統計データ」を基本に”行政改革”をして来た「旧・総務庁行政監察局」に30年勤務してきたのです。
 「1億人の統計による姓名判断?」とは、”真っ赤なウソ”なのです。
 「運命という”判断基準・分類基準”ができないもの」の統計で、姓名判断ができるはずがないこと、皆さん理解されましたね。
ともかく、「一億人の姓名判断」を検索して、あなた自身が判断してください。
 根拠がない説は、ご苦労さんですね。1億人の統計作業、何人で何日要したのでしょうか・・・?

必読!「亀=1系列」の歩みで”堅実”な一流企業に!
[第2186回](小吉)・・・7月9日(大吉)

『 今は昔・・・、時代は変わりましたね。殆どの大企業も、初めは町工場からスタート・・・、まるで”亀”の歩みのように、一歩〜一歩と明治・大正・昭和・・・、そして平成の現在、企業の代表電話番号下1桁「1」の運気が忘れられて、現在、大企業でもメールと携帯の世の中になりましたね。現在は、固定電話の代表番号の有難みは忘れ去られているようです。』

 1昨日、地元の山陽足王温泉の坂道を、車で昇っていると、何か30センチぐらいの黒いものが、道を横切っているものが見えて、車を止め降りて見ました。
すると、”ノッシ・のっし”と一歩一歩、道を横切ろうとしている野生の「亀」さんではないですか! 隣接した”溜池”の主なのか、道を横切って、北側にある”森”の茂みに向かっているところだったのです。
 「へ〜、野生の”亀”が自力で道を横切っている姿、生まれて初めて遭遇しました。何か、”瑞兆”の印であれば良いのですが・・・?」

 ところで、その亀を見て、すぐに「神亀の図」を思い出しました。「首=9・腹=5・尾=1」の文様が暗示するように、「溜池から森へ」行くのは「尾=1」の方向を示す舵取りで、目的が北方向の”森・茂み=9・5”だったようです。
 すると、初めは町工場から現在一流企業になった運勢も、「会社名の吉凶」もありますが、「代表電話番号の吉凶」も、数霊としての効用で寄与していると思います。
 なぜなら、昔からの企業で東証1部の代表企業は、電話番号の末尾が"亀の尾"である「1」が約90%以上であり、東証2部の企業の末尾が「1」であるのは約60%もないのです。(「会社四季報」で分析)
 この傾向は、末尾が「1」系列の代表電話番号ですと、運勢が良くて、下記のような大企業に成長したと思います。
 ですから、皆さんのご家庭の電話番号でも、下1桁が「1」系列であれば、ご家庭の発展に寄与するかも・・・? でも、現状は一般家庭でも「メールアドレス・携帯番号」が主体の時代になりましたので、固定電話の用途は、溜池の主であった亀が”北”の森・茂みの位置「首と腹」に移動して、時代の流れを示すところだったのでは・・・?と思います。
[大企業]
大成建設 0333481111 ・ 日本製粉 0333502311
大林組  0357691017 ・ 三井製糖 0336633111
清水建設 0335611111 ・ 山崎製パン0338643111
鹿島建設 0355441111 ・ 花王   0336607111
奥村組  0666211101 ・ 武田薬品 0662042111
熊谷組  0332602111 ・ 塩野義製薬0662022161
大和ハウス0663462111
積水ハウス0664403111

日立製作所0332581111 ・ パナソニ・0669081121
東芝   0334574511 ・ シャープ 0666211221
三菱電機 0332182111 ・ ソニー  0367482111
三菱重工業0367163111 ・ キャノン 0337582111
トヨタ  0565282121 ・ 新日鐵住金0368674111
ホンダ  0334231111 ・ 神戸製鋼所0782615111
日産   0455235523
マツダ  0822821111

以上の大企業を抽出しますと、28社中「大林組」と「日産」の2社のみ異なりますが、26社は全て代表電話の末尾が「1」系列でしょう。
 昔の代表電話は、内部の外線を数ライン架設するため、末尾「1〜9」の中で、どうしても「1」が多くなった傾向にあり、それが「1」の運気と合体した経緯があります。この末尾「1」の傾向は、国・府県・政令市など役所の代表電話番号も、優先して取得していた経緯があります。
 このように、「末尾1」は一般家庭でも運気を呼ぶためには良いのですが、もう固定電話の使用頻度は少なくなりましたね。
 私も下4桁「3181」(携帯は、3019)を取得しましたが、殆ど固定電話の使用はなく、今は”気分?”の問題だけになりました。
ただ、現在問題なのは、全国の姓名判断師の中に、「下1桁”2”系列は”大凶”!」と著書に記載しながら、ご自分の電話番号の下1桁が「2」を使用している人がいますよ(例:「五聖閣」の代表電話「1002」)。・・・皆さんはどう思いますか? 私は温泉の「下足箱」の番号でさえ、下1桁「9・5・1」を探して靴を入れますのに・・・。
 それにしても、私の目の前で「亀」が道を横切ったのは、一体?何を”暗示”していたのでしょうか・・・?  

必読!創設90周年甲子園球場の”心に響く”話題!
[第2185回](大吉)・・・7月8日(中吉)

『 神戸新聞を読んで ・・・! 
 心に響く話題・・・を紹介しましょう。全国の球児が憧れる「甲子園」が、来る8月1日に創設90周年を迎えます。グランド整備の裏方さんのお蔭で、「甲子園球場」は全国でトップクラスの球場を90年間も維持してきました。そのグランドキーパーとして、現在の阪神園芸整備第1課長「金沢健児」さん(47)の話題です。』

 本当に人生と言うのは、不思議な因縁で結ばれています。現在の金沢課長が「甲子園球場のグランド整備」を天職として、27年間勤務して来られたのは、今は亡き母親との”縁(えにし)”があるのです。
 彼が幼いころから、母子家庭であった母親の「金沢静江」さんが、球場の事務職員として勤めていたご縁から、20歳になった息子の「健児」さんを、グランドキーパーとして就職させたことから、現在の天職が始まりました。
 ところが、あの阪神・淡路大震災(平成7年1月)で、当時52歳の母親「静江」さんは、神戸市灘区で1人暮らしをしており、2階建ての文化住宅は全壊。火災にも見舞われ、震災から1週間後、静江さんはお気の毒に、焼け跡から”遺骨”で見つかったそうです。
 この大震災の被害で、生死を分けたのは、東北大震災でもブログで紹介済ですが、なんと「姓名の吉凶」が大きく影響しているのです。
 実は、息子の「健児」さんは、なんと1か月前(平成6年12月)に結婚して別居していたので、震災での倒壊や焼死が避けられた運命・・・、まるで、お母さんの犠牲の下に、息子さんの命が助けられて、現在のように「甲子園球場」のグランドキーパーとして、27年の永年勤続できたのでは・・・?。
「この場所を与えてもらったから、今の自分がある」と、亡き母との絆を胸に、節目のグラウンドを見詰める・・・と、「松本大輔(地格19;思考力・表現力に優れる)」記者の感想です。

 いいですか、交通事故などばかりではなく、「自然災害」でも姓名の吉凶が”生死”を分けます。今日の”心に響く”ホットニュースでも、「9」系列と「2」系列の差が大きいことは、次のように実証できますでしょう。

息子「金沢健児」天格19・地格14・総格33
母親「金静江天格22・地格13・総格35

どうですか、健児さんは、1か月の差で”災害焼死”から逃れ、現在まで母親の絆としての”天職”を継続できる運命も、「天格19」の"最大吉数"のお蔭です。引いては「甲子園球場」のグランド整備に貢献されていることを、夏の高校野球が始まったら、皆さん思い出してください。
 それに対して、母親の静江さんは”事件事故”を呼ぶ「天格22」、そして「沢・静・江」の3文字”左右別れ”で、最愛の息子さんと死別の運勢となりましたが、甲子園球場の大空から見守っておられるでしょうね。

必読!風水の”天斬殺”姓名で、大事な男子高校生が犠牲!
[第2184回](小凶)・・・7月7日(小吉)

『 次の苗字の方は、”名づけ”の際には風水に言う「天斬殺」にならないように注意してください。「天斬殺」になれば、ある日突然のこと、”事件事故”に遭遇する可能性が高いのです。
 例えば”、左右別れ”の形が続く「植村・松村・杉村・佐野・河村・浜野・渡部・河野・那須・阿部・板野・神崎・野崎・津村・野村・湯浅・河崎・・・」などの苗字が沢山ありますが、このような苗字の方は、名づけには十分注意をしてください。昨日も、将来性がありご家族には、掛け替えのない”男子高校生”が風水に言う「天斬殺」の犠牲になりました。』

昨日のニュース。
『 6日昼ごろ、奈良・五條市の吉野川で、友人らと川遊びをしていた高校生が溺れ、死亡しました。
 午後1時すぎ、五條市の吉野川にかかる大川橋の近くで、「1人が水に沈んで上がってこない!」と119番通報がありました。救急隊が駆けつけ、およそ50分後に水深4メートルの川底から、香芝市に住む県立高校1年「松村 翔」さん(15)を引き上げて病院に運びましたが、およそ2時間後に死亡が確認されました。
警察や消防によりますと、松村さんは友人3人と川遊びをしていて、ほかにもう1人も流されましたが自力で岸に上がり、けがはなかったということです。
当時の吉野川の水の量や流れの速さは普段と変わりなかったということですが、松村さんが泳いで遊んでいた際に溺れたとみています。』
(再読;『 必読!ご注意!矛盾したサンプル名がある”名づけ本”? 』[第2107回](2014.03.29 )

冒頭に列挙しました苗字の方々が、大事な我が子の名付けに、次のような「1〜3文字」の”左右別れ”字体を使用したら、なんと苗字と合わせれば「3〜5文字とも、左右別れの姓名」になり、風水に言う”天斬殺!”の凶形になります。すると、ある日、突然”天からバッサリ!”という事件事故死になる可能性が高いのですよ。
 姓名からの運気は、左右別れしないカーブを描く”流水環抱”の形状になり、龍神が守護してくれるような姓名が望ましいのです。
 ですから、次のような”左右別れ”の字体を使用しないでください。
[1字名]・・・(名づけてはいけない例)
「 清・仁・明・保・翔・弘・和・洋・浩・強・勝・信・敏・政・敬・聡・・・」
(ただし、左右別れの1字名でも「徹・俊・誠・隆」は”安定感”があるので使用可。)
[2字名]・・・(名づけてはいけない例)
「清晴・敏行・政次・瑛海・敬治・勝則・雅邦・滉汰・靖明・聡悟・和則・保於・裕次・悦朗・悟流・翔汰・・・」
[3字名]・・・(名づけてはいけない例)
「伊於俐(いおり)」「惟津琉(いずる)」「輝汰琉(きたる)」
「玖浬洲(くりす)」「琥治朗(こじろう)」「佐知雄(さちお)」
「朔汰郎(さくたろう)」「瞬汰郎(しゅんたろう)」
「那佑汰(なゆた)」「那琉仁(なるひと)」「帆津海(ほづみ)」
「海野瑠(みのる)」「湧津琉(ゆづる)」「理玖耶(りくや)」
「洋次郎(ようじろう)」「和歌晴(わかはる)」
「利津雄(りつお)」「流唯悟(るいご)」「玲緒那(れおな)」
「信佳汰(のぶかた)」・・・以上、20種。
 
※以上の[2文字名][3文字名]の例は、ある「名づけ本」(著書・出版社・題名は非公開にします。)で、”推奨できる候補名”として例示から抜粋した実例です。全く、「無責任な名づけ本(注)」が多いですよ。
((注)Xページには、「姓名の”縦割れ”を避ける」の見出しで、「北村拓弥」の例示をして”避ける姓名”と総論では記載しながら、各論では上記のように”2〜3字名”の左右別れを推薦しているのは、天斬殺の可能性が強くなり、「総論と各論」が矛盾した記載の名づけ本です。)

 さて、横道が長くなりましたが、今日のニュース「男子高校生の”水死”」の原因は、姓名の龍脈(形)が風水に言う「天斬殺」となっていますので、ある日のこと突然、”事件事故死”になる可能性が高いのです。
「松村 天格20・地格7・総格27

この姓名は、画数配列から観ますと、「奇数:偶数=2:1」ですから、この点からでは事件事故に遭遇する姓名ではありません。
 しかし「翔=12」の1字名でしかも「12」が、天格20の中に含まれていますので、対外的な運気は”弱運”です。
 そして、「松村」の2文字左右別れに「翔」の左右別れが加わると、”天から大地”にバッサリ切られる「天斬殺」になります。せめて「太」の1字が付いて「松村 翔太」さんであれば、「天斬殺」にならずに水死しなくて、お元気だったと判断できます。
 本当にお気の毒です。姓名のために僅か15〜16歳で人生を終わる・・・とは、神仏は余りにも理不尽です。世の中の格差は、「生命の長さ」まで不公平とは・・・!

必読!運気がない”名づけ”?母子3人無理心中か?
[第2183回](小吉)・・・7月5日(大吉)

『 少子化の現状! 国の宝・家の宝である”2人の兄弟”が、母親により無理心中!
 この三人とも運気に恵まれない姓名・・・。運気が良い男児であれば、将来、福澤諭吉や野口英世のように、”歴史を変える名君”になるかも・・・? あるいはイチローや田中将大選手のように成長されるかも・・・?
 日本の将来にとって、いかに「運気が良い姓名が大事!」であるのか、改めて認識して欲しいのです。』

最近の名づけ;”難しい漢字”・”画数が多い漢字”にお構いなし?
その原因は、最近の「赤ちゃんの名づけ本」・・・呆れるほど”何でもかんでもござれ!”で、赤ちゃんの運気・国民の運気など無視した図書が市販されているからです。
 さて、今日のニュース。
『 滋賀・彦根市の自宅で、8歳と4歳の息子の首を絞めて殺害したとして、警察は無理心中を図った38歳の母親を逮捕しました。
殺人の疑いで逮捕されたのは、パート従業員「月川好美」容疑者(38)で、先月20日、自宅で小学3年生「幸熙(こうき)」くん(8)と、幼稚園児「響生(ひびき)」ちゃん(4)の首を絞めて殺害した疑いがもたれています。
月川容疑者は事件直後、自宅近くの橋の上から飛び降り自殺を図って入院していて、警察は退院を待って昨日4日に逮捕しました。
 月川容疑者は警察の調べに対し、「よく覚えていないが、殺したと思います。」と供述しているということです。
 事件を巡っては、1週間前に「幸熙」くんが通う小学校から市に「虐待の恐れがある」と通報が寄せられていましたが、市は調査した結果、緊急性がないと判断していました。 』

 最近、子育てに悩み、子への虐待事件が多いですね。昔の農村地帯では、子どもが7〜8人とか、中には10人以上・・・という家庭も珍しくなく、それでも子供の虐待なんて聞いた記憶がありませんね。
 ところが、最近では1〜2人でも”子育て”に悩み、母親が育児ノイローゼで”虐待死”させる事件も珍しくなくなりました。
 その原因、母親も「運気がない姓名」ですが、子どもの名付けが、それ以上の「珍名・奇名」が多く、この事件のお子さん8歳や5歳の名づけにしては、「難しい漢字」、そして「画数が多い漢字」であり、おそらく低学年までは「ひらかな使用」ではなかったのか?と推察します。
 ともかく、三人の姓名を判断してみましょう。

母親「月川 好美」天格10・地格12・総格22
長男「月川 幸煕天格12・地格18・総格30
次男「月川 響生」天格24・地格 8・総格32

どうですか、三人とも全て”偶数”で「9・5・1」が1ヵ所もなく、母親が”病的”な「0・2」タイプ、そして長男が”事件事故”を呼ぶ「天格12」ですから、画数に恵まれていませんね。
 そのうえ、第一「幸煕」を音読みの”こうき”と読み、なぜ訓読み(日本読み)の”ゆきひろ”という賢い音感にしなかったのでしょうか?
 この「煕」という字体は、「細川護煕(もりひろ)」氏(元総理;熊本藩主の家系)が使用されていましたから、大変難しい字体ですが、”ひろ”と読めば、「賢くて、気品ある姓名」の印象になりますね。
 しかし最近では、武家の”ゆきひろ”という4文字の「名乗り」から、”こうき”と江戸時代の庶民名;3文字名の”音読み”が、流行しているようですね。
 音感でも「ゆきひろ」と「こうき」とでは、かなり印象が違いますでしょう。
 それに、電話で「煕」の字体を伝えるには、大変な苦労をしますよ。
 さて、次男の「響生(ひびき)」の「響」は20画であり、とても4〜5歳では書けず、結局、”ひらかな”で書いていれば、何のために名付けたのか分からなくなります。
 以上のように、母子三人とも”姓名の運気”に負けたのですよ。
 人生を力強く生きて行くためには、「福澤諭吉」や「野口英世」のように、3文字読みであっても、”画数の運気”に恵まれた姓名が必要なのです。
 決して、”流行名に誘惑?”されてはいけませんよ。
名づけ一つで、僅か4歳や8歳の人生とは・・・? 余りに可哀想ですよ。

必読!アントニオ猪木の”ものまね”「春一番」さん急死!
[第2182回](大凶)・・・7月4日(小凶)

『 「1・2・3・・・ダァーッ!」と、アントニオ猪木の”ものまね”をしていた「春一番」さんが、47歳の若さで肝硬変が原因の急死! 
もちろん継続した”飲酒”も原因ですが、「春一番」のタレント名を見れば容易に解りますね。
 本名より、使用頻度が多い「タレント名の運勢」が大きく影響!
 逆に、思考しますと、運気がない本名の方は、タレントになったつもりで”改名(雅号命名など)”すれば、タレント名で運気が招来します。
 必ずしも、「親から名付けられた本名」がベストではありませんよ。』

この訃報(昨日3日)を受けて、アントニオ猪木は『 送る言葉にふさわしくないかもしれませんが、あえて、「元気ですかー!!」を送ります。謹んでご冥福をお祈り致します。』とのこと。
 
 「春・一番」(本名・春花 直樹)さんは、岡山県(浅口郡鴨方町)の出身でしたから、少し記憶にあった程度でしたが、無類の”酒好き!”で肝臓を悪くしていたとは存じませんでした。それにしても、平均寿命80歳の時代に「47歳で酒と心中・・・とは? 余りに若い!ですよ。」

 彼は「片岡鶴太郎」に弟子入りして、1988年NHKテレビのドラマ『翼をください』で芸能界にデビューしたが、お笑いタレントとして、「アントニオ猪木」の物マネで売れてきました。しかし、過度の酒好きも絡んだ素行不良により、1994年に太田プロから解雇され、タレント人生も体も「酒」に捧げたとは・・・?

 「春一番」というタレント名、一見、「優雅で、覚えやすく、口コミしやすい」という”素晴らしいネーミング”に見えますね。
 ところが、現実は「酒好きで入退院の繰り返し、そしてお笑いタレントとして人気向上せず、3日の朝に永眠とは・・・?」
 余りに寂しい人生ではありませんか? 
 いいですか、「飲酒や喫煙」が人生の運気を決定する”直接原因”ではありませんよ。無類の酒好きであろうが、ヘビースモカーであろうが、「健康運」が良い人は、かってのTEV番組「百歳万歳!」(NHK広島局)のように、100歳でもお元気な高齢者もおられます。
 それが、1度しかない人生を、47歳で終える・・・とは、余程の”健康運”がない方ですよ。
 本名からヒントのタレント名・・・
春 一番天格10・地格12・総格22

この「春一番」というタレント名を、どのような構成になっているのか? 
 「春一番」という3文字が、タレント名なのか? あるいは「春・一番」という「春=苗字に相当」か?「一番=個人名に相当」なのか?などにより疑問ですが、「春一番」全体を一つのタレント名とした場合でも、上記の「総格22」=”大凶”となります。ですから「22」と判断しても、”苦労性”のうえ”事件事故”で”短命”になるという判断になります。
ここで、仮に「春・一番」と判断しますと、典型的な「0・2」系列タイプで、何かに付けて”弱運”であり、特にすべて”偶数”で天格「0」系列ですから、「病=10・氣=10」を呼び、しかも「2」系列のダブリですから”トラブル”を呼びます。
 したがって、このように「0・2」系列の姓名を持つ人は、「飲酒・喫煙」はタブーですから、早急に”酒とタバコ”を止めるか? どうしても止められない人は、「天格9」系列のベストの姓名になるよう、改名することですよ。
 もちろん、「飲酒もタバコ」も止めて、そのうえ「ベストの改名」すれば、長寿のうえ、”金運”までツキがある人生になるかも・・・?
 それにしても「春 一番」さん、もっと早く「天命数霊術」にご縁があれば、 お笑タレントとしてお元気で活躍できたかも・・・・知れませんね。
 不思議でしょう! ”姓名の吉凶”が人生を決めるのですよ。

必読!泣いて誤魔化す「野々村県議」の異常性格!?
[第2181回](大吉)・・・7月3日(小吉)

『 いやぁ〜、驚きましたねぇ〜! まるで”4〜5歳の幼児”が、意のままにならないで、大泣きしている姿・・・? 
「政務活動費」の”疑惑の支出”を泣いて誤魔化す47歳の「野々村県議」。ニュース映像を見て、全国の皆さんも驚かれたでしょう! 
過去の疑惑の政治家も、手を変え品を換えて、不正疑惑を誤魔化した政治家は多いのですが・・・。「”大泣き”で誤魔化す・・・」とは、野々村県議は全国に恥さらし、異常性格の本人より、ご家族の恥ずかしい思いを推測しますと、その方がお気の毒ですよ。』

昨日のニュース。
『 兵庫県議会議員が、1年間に200回近く出張し、政務活動費から約300万円を支出していた問題で、議会からは活動内容の調査を求める声が上がっています。
「野々村竜太郎」県議(47)は、昨年4月からの1年間に陳情などの名目で、東京都や兵庫県の城崎温泉などを日帰りで195回訪問。
政務活動費から約300万円を支出しましたが、収支報告書には領収書を添付していませんでした。
「領収書を取得できない場合という認識で、支払証明書をもって支出できるという認識で報告した」(兵庫県議会 野々村竜太郎議員)
しかし具体的な訪問先は明かさず、電車の経路や金額については「無頓着なので覚えていない」と繰り返しました。
「(号泣)世の中を変えたいその一心で、やっと議員になったんです」(兵庫県議会 野々村竜太郎議員)
野々村議員は「活動自体は事実」としていますが、他の議員は徹底追及する構えです。
「非常に問題だと思います。どういう成果があったか説明しないといけない」(兵庫県議会 丸尾 牧議員)
今後、議会による本格的な調査が行われると見られていて、野々村議員は不適切と判断されれば返納するとしています。 』

 ”不正を泣いて誤魔化す”という行為は、長年、「会計検査院」で不正摘発をしてきた職員でも、驚いて呆れてニュースを見ていたでしょうね。
 私が勤めた「(旧)総務庁行政監察局」は、行政改革への情報推進する役所であり、不正摘発が直接の業務ではなかったのです。しかし、国民の意見・要望や役所に対する情報提供で、「行政相談業務」として、補助金の不正支出を調査して県議会議長が辞職した思い出がありますが、”泣いて誤魔化す”政治家や公務員は実に珍しい存在ですね。
 さて、このような県議の”性格”も、”姓名”に表れてくるのでしょうか?
「野々村太郎」天格21・地格7・補格16・総格44

 先ず、この姓名の印象・・・現代人の姓名としては、苗字3文字に対して、3文字名は長い印象ですね。「野々村」や「長谷川」など3文字苗字であれば、2文字名で”止め字”の画数多くした方がバランスがとれる印象ですよ。
 例えば、「長谷川・平蔵」のように名付けると、”安定感”があります。
 「野々村竜太郎」では、何だか伸びきった”不安定”な姓名。それも「龍」ではなく、「竜」という”不安定な形”が性格にも表れてきます。
 ですから、「野々村龍太郎」の方が締まった形に見え、”心に安定感”が出来てきますでしょう。
 さて、画数を検討してみましょう。
 先ず、運気がベストになる「9・5・1」が2か所ありませんね。とくに天格が「1」系列でしかも「竜=10」が含まれ、対外的な運気「9・5」系列ではなく、「1」系列の「21」です。そのうえ「地格7」と総格「44」ですから、典型的な”頑固で切れやすいタイプ”ですから、大泣きしてでも”自己主張”(「神亀の”尾=1”」の位置)ばかりが強く出てきます。
 
 以上のように、このような”大泣き県議”の性格でも、「天命数霊術」で解明できるのですよ。不正・不当の行為を、「大泣きで誤魔化す・・・」とは、責任をとって「切腹した武士道」から見れば、実に情けない政治家ですね。

必読!気の毒!「由」と「7」系列で異常な神経質!
[第2180回](中凶)・・・7月1日(大吉)

『 異常な神経質な性格から、ストレスが溜まり、犯罪を起こすことがあります。最近の幼児虐待事例もそうですが、”異常な神経質”と”切れやすい性格”が揃えば、本人は気付くことなく、周囲の人に迷惑をかけている事例が、日常生活でも職場でもあります。
 その原因、なんと「姓名の”龍脈(形)”」から・・・とは、意外に犯罪心理学者も気付いていないのですよ・・・。
 それは”尖った形”と”4・7タイプ”の二つの条件が重なれば、「神経質で切れやすい人」と判断して良いのです。
 「天命数霊術」は、世の中の”心療内科系の疾病”や”事故事件の抑制効果”は、今日のニュースからでも、実証できるのですよ。 』

今日のニュース。
『 「車のドアの"開け閉めの音"や"会話の声"、"換気扇の音"がうるさく、ストレスになった。」と隣家の主婦。そのために、自分の排せつ物を隣家の車に投げた疑いで、東京・多摩市で53歳の「濱島由里」容疑者(迷惑行為防止条例違反)が逮捕されました。濱島容疑者は、去年12月から今年5月にかけて隣家の車などに 自分の排せつ物を、10回ぐらい投げつけた疑いがもたれています。
 警視庁が排せつ物をDNA鑑定したところ、濱島容疑者のものと一致したという。濱島容疑者はコップに排せつ物を入れ、塀越しに投げつけていたということです。』

 この相隣関係の騒音トラブルは、隣家が壁一つなら止むを得ないこともあるでしょうが、このケースは一戸建ちの例ですよ。
 通常の”生活音”は、お互い様です。
 でも、我慢ができない程度であれば、2〜3回隣家に申し入れ、それでも改善できない場合は、第三者(例:町内会長・民生委員など)の立ち会いの下で、隣家と話し合いをすれば良いのですが、自分で”排泄物”を投げる行為は「自力救済・報復行為」と言って、法治国家の日本では許されない犯罪行為になる場合があります。
 しかし、冷静に思考して、理性を持った行為ができないのが、姓名からみた”性格判断”で分かるのですよ。
島 里」天格22・地格17・総格39
(「濱=17画」)

先ず、画数から観ますと、地格17(「里=7」を含む)の”神経質で、切れやすい性格”が、天格22の”気ままな性格”に影響した結果、”事件事故”を呼ぶ行為に出てしまうのですよ。そのうえ「由」という”天に突き出た形”は、長年、この形を見ていると、神経を突き上げる精神状態になり、理性が働なくなります。
 仮に、日常新漢字の「浜=10画」を使用していた場合、
島 里」天格15・地格17・総格32

この場合は、日常”正しいこと”を主張していても、それは地格17の”神経質で切れやすい性格”と「由」という字形が影響し、総格32から”気ままな行為”としか、周囲の人から受け取ってもらえない損な運勢になります。
 すると、やはり理性を失った行為に出る姓名なのです。

 しがって、「濱」又は「浜」のいずれを使用していても、「由里」という名づけは適合していないのです。
 どうですか、「名づけ」一つで本人の人生が好転するばかりではなく、隣家や周囲の人とも円満に暮らせます。
 この現状も、「天命数霊術」だからこそ、証明できるのですよ。

(再 読)
『必読!”2階の物音殺人”?典型的な”キレやすい”「4・7」!』
([第1617回]2012.06.10)