Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2015 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!ラーメン店の強盗殺人;キレやすい「7・2」タイプ!
[第2497回](小吉)・・・9月30日(小吉)

『 わが子をスポーツマンにする以外は、”キレ”やすい「天格7・4」または「7・2」タイプに、絶対に名づけてはいけませんよ。子どもが「”キレ”やすい名づけ」にされ、反抗期に育てにくくても、それは「親の運気と責任」が影響し、子どもには罪がないのです。
そして、成長して犯罪容疑者になっても、もちろん、現行の法的責任は「個人責任」であり、江戸時代以前のように、親には「連帯責任」はないのですが、道義的には”親の責任”もありますよ。
 先日のブログのように「のばら」というキラキラネームで、小中学校でイジメを受けたのも、名付けの当時、親子とも運気に恵まれなかったからですよ。
 まして、今日のブログのように、典型的な「天格7」系列と、「地格2」系列の"気ままな性格"が複合されて、27歳の息子が「強盗殺人容疑者」となったのも、赤ちゃんの名づけの際、親子とも”運”がなかったと言えるかも知れません・・・?
 それを思考すると、わが子の名づけには、「親の”運気”と”責任”」が重く圧し掛かるのですよ。ですから、決して軽はずみに名付けてはいけません。
 お気の毒に、「強盗殺人」で従業員2人を殺傷していますから、死刑又は無期懲役ですよ。姓名一つで、”天国”か”地獄”の分かれ道です・・・。』

 先ず、今朝のTBSニュース。
『 愛知・春日井市のラーメン店で、従業員2人が殺傷され、およそ250万円が奪われた強盗殺人事件で、指名手配されていた元従業員の男が大阪府内で逮捕されました。
 逮捕された無職「宮地 良多」容疑者(27)は、今月24日、春日井市のラーメン店で従業員「荻原 典章」さん(35)の頭を鈍器で殴って殺害し、別の従業員にも大けがを負わせたうえ、金庫からおよそ250万円が奪った強盗殺人などの疑いがもたれ、「間違いない」と容疑を認めているということです。
 宮地容疑者は、先月まで被害者2人と同じ店で働いていましたが、金銭トラブルで退職していて、28日の夜、警察から"任意"で事情を聴かれていました。
 その後、警察官のおよそ6時間の追尾を振り切って、名古屋市内で行方をくらましましたが、立ち寄り先で200万円近い現金が見つかったことなどから、全国に指名手配され、29日午後10時半ごろに、大阪・岸和田市の実家近くで逮捕されました。抵抗はせず、行方をくらましたときと同じ服装だったということです。』(30日03:34)

 「27歳の青年」と言えば、これから人生の始まり・・・?ですよ。恋愛して結婚、そして子どもの誕生など・・・、楽しいことが一杯あるのに・・・!?
 ところが、キレやすい姓名に悪縁があり、このような事件を起こして、青春は27歳にして終わりを告げようとしています。・・・もちろん被害者やそのご遺族もお気の毒ですが、姓名一つの人生がここまで影響するとは・・・本当に不思議でしょう。

容疑者「宮地 良多天格17・地格12・総格29

どうですか、「天命数霊術」だからこそ、天格17で”キレやすい行為”に、地格12の”気ままな性格”が複合されて、重犯罪「強盗殺傷事件」を起こしたのですよ。この配列から観ても、総格29が重要ではなく、その構成数(17+12=29)が大事なポイントだ・・・ということが、日本初の姓名判断である「天命数霊術」の特色であること、もう理解されましたね。
同じ総格29でも、「19+10=29」(「浅田 真央」さんの実例)であれば、「17+12=29」(「宮地 良多」容疑者)とは、天国と地獄の違いになりますよ。この点も、日本中の「五剖説」と「天命数霊術」との違いですよ。

必読!「1億人の統計・100万人の姓名判断」?ウソを見極める力!
[第2496回](小吉)・・・9月29日(大吉)

『 「わぁ〜、凄いなぁ〜! なにぃ〜? ”1億人”の統計? ”100万人”の姓名判断を経験? 凄い、姓名判断師だ!」と思いますか? こんな物凄い”ウソ”に騙されてはいけませんよ。こんなサイトにすぐ騙される人は、「3・8」タイプのとても人柄が良い方です。
 いいですか、法律で施行する「国勢調査」でもあるまいし、日本人約1億人の姓名判断のための「統計?」が執れる訳がないですよ。それに、僅か20年間の開業で「100万人の姓名判断」を経験すること・・・全く不可能ですよ!
 よくも、こんなウソをITサイトのホームページに掲載するものです。』

 皆さん、
『 一億人の姓名を、統計化した究極の「的中」姓名鑑定!』
『 今日まで20年以上の歳月を、100万人の姓名判断・運命学の研究!』
 こんなホームページがありますよ。検索して見てください。
 この2つのITサイトは、先ず”ウソ”だと思い、騙されないようにしてください。
  先ず、不特定多数の人に対して、”統計”を執る場合は、法律上に認められている「国勢調査・学校基本調査・商業統計・農業センサス」など、統計法に定められた指定統計があります。そして、民間実施の承認統計でも「姓名判断のための1億人統計」など、総務省統計局が承認するはずがありませんよ。
 なぜなら、「個人情報保護法」との関係もありますが、第一、姓名判断の公共性・公益性を認めておらず、実施主体が「”個人”で1億人の統計」など、不可能であるからです。それに、判断基準・分類基準が曖昧であり、統計は不可能です。なぜなら、「判断基準」一つにしても、「どこからが、”健康運”があるのか?どこからが”知能・才能”に恵まれているのか? 個人資産何億円以上が”金運”があるのか?」・・・、皆さん、分類できますか?
 このように分類できないものは、統計ができないのです。
 したがって、「姓名判断は、統計学です。」という説は、その統計手法(母集団に対する抽出率など)や統計結果も公表しておらず、明らかにウソを言っているのです。
 このように、私が批判すると、「望月岳陽は、統計を知っていない!」という中傷・誹謗のサイトがありますが、全くお笑いです。私は、過去の”統計データ”を基本に30年間、当時、総務庁行政監察局において、現地で”行政監察”を行い、”行政改革”などの原案を起案した国の役所に勤務していたのですよ。
 判断基準や分類ができない「姓名判断」の”1億人の統計”など、大ウソですよ!

◆峪笋蓮∈Fまで20年以上の歳月を、100万人の姓名判断・運命学の研究に費やしてきました。」というサイトも、ウソですよ。
 なぜなら、わずか20年間で、100万人の姓名判断ができる訳がないのです。
 いいですか、それでは、一体、年末年始や祝祭日も入れて、1年間365日の計算で、1日に何人の姓名判断ができますか? しかも、判断ヵ所が多い”五剖説”であり、1件でも相当な時間を要しますよ。
  365日×20年=7300日  1,000,000人÷7300日=136人/日

 どうですか、年末年始も年間の祭日も休まず、毎日〜毎日、136人の姓名判断ができますか? いいですか、1日の実働を10時間として、1時間に13〜14人ですから、食事抜き・トイレ抜きで「約5分間に1人」の姓名判断になります。
 もし、”盆だ正月だ!”と言い、1日でも休めば、その翌日には272人の姓名判断せねばなりません。
 いいですか、第一、20年間も切れ目なく、100万人の方が「姓名判断」に訪れますか? 姓名を入力してパソコンが判断し、パソコンが機械的に表示するサイトでは、本人の経験数にはなりません。30万人の経験という姓名判断師もいますが、「100万人!」とは大きく出たものです。
 実は、私も公務員勧奨退職してから、ちょうど20年になりますから、この姓名判断師と比較して観たのです。私の説は、通常、3ヵ所の判断ですから、テレビの字幕に姓名が表示された3〜4秒間で判断できる即断性があります。
 しかし、それでも一体、何人なのか、記録していませんよ。
 メールの依頼でも、毎日受信する訳でもなく、関東地方や九州・沖縄から岡山への来訪者の「面接判断」でも年間十数人、セミナーや立ち話で姓名判断した人数など、イチイチ記録していませんよ。それに、赤ちゃんの名づけや改名依頼で、その家族数人を判断する時もありますが、記録しないサービス判断も多くて、「一体、20年間に何人の姓名判断したのか?・・・サッパリ不明」?です。 ただし、有料の名づけや改名は記録していますが、全体で何人の姓名判断したのか、サッパリ不明というのが、正直なところでしょう。・・・まあ、多くて20年間で、100万人どころか、姓名判断は、せいぜい「20年間で1000人程度」でしょうね。・・・よくもまあ、同じ20年間で、私の1000倍;100万人とは驚きですよ・・・?
 姓名判断の説がおソマツほど、立派な姓名判断師に見せるため、「100万人の・・・」と、物凄いオーバーに言うのだと思います。
 こんな数字に驚かず、姓名判断”説”が適切であるのか、どうか?を、重点に判断してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  以上のように、「ウソを見極める力」を養って、騙されないようにしてください。
 私説「天命数霊術」は、経験から判断しているのではないですよ。基本原理があって当て嵌める「演繹法(えんえきほう)」ですから、経験数は直接的には関係しないのです。
 ところが、日本中の説は、人文科学的な根拠がないので、「1億人とか、100万人・・・」など、経験数を根拠にする「帰納法(きのうほう)」ですから、その数を重要視する訳です。この点からも、私説は180度異なる説です。
 この違いを、シッカリと認識してください。

必読!何歳になっても、”キレやすい”「4・7」タイプ!
[第2495回](大吉)・・・9月29日(大吉)

『 若い頃は”血気盛ん”で、すぐキレていた人も、年老いてくれば温厚になる常識は、「4・7」タイプの人には、どうも通用しないようです。毎日のように報道される”事件事故”の加害者の中には、高齢者でもすぐキレる性格の人がいます。何歳になっても、「自己主張・頑固・すぐキレる」タイプの人がいますよ。』

 温厚になるはずの高齢者でも、すぐキレて加害者になる事例、最近のニュースから紹介しましょう。
  いづれもTBSニュースから・・・、
≪事例 1≫
『 24日午後6時30分ごろ、東京・三鷹市で、次男にウーロンハイをかけられたことに腹を立て、包丁で切りつけ、殺害しようとしたとして、67歳の母親が警視庁に逮捕されました。 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、三鷹市の無職「森 玉子」容疑者(67)です。・・・(以下、略)』
  
 どんなに腹が立っても、素手の暴行ではなく、わが子(次男)に”包丁”で切りつけるのは、やはり異常に”キレやすい”性格ですよ。

「森 子」天格17・地格3・総格20

≪事例 2≫
『 27日午後9時すぎ、愛知・豊橋市の住宅で、この家に住む「坂口 廣志」さん(68)が左胸を”包丁”で刺されました。
 警察は、同居していた「森田 賀代子」容疑者(65)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕。坂口さんは、およそ1時間後に病院で死亡が確認されました。
 森田容疑者は、口論の末、逆上して坂口さんを刺したことを認めているということで、警察は今後、容疑を殺人に切り替えて、詳しいいきさつなどを調べる方針です。』


この事例も、「すぐ”キレる”止むを得ない事情」があったかも知れませんが、素手の暴行ではなく、”包丁”で刺すことは異常です。

「森田 代子」天格24・地格10・補格3・総格37

≪事例 3≫
『 東京メトロ有楽町駅の構内でベビーカーに乗っていた1歳の男の子の頭をいきなり殴ったとして、64歳の男が警視庁に逮捕されました。男は「ベビーカーが邪魔だった」と供述しているということです。
 東京・荒川区の無職「新井 説夫」容疑者(64)は、26日午後1時ごろ、千代田区の東京メトロ有楽町駅の構内で、30代の母親が押すベビーカーに乗っていた1歳の男の子の頭を、すれ違いざまにいきなり右の拳で殴った疑いが持たれています。新井容疑者は、男の子を殴ったあと逃走しようとしましたが、男の子と一緒にいた父親にその場で取り押さえられたということです。
 取り調べに対し、新井容疑者は「ベビーカーに自分の進路が塞がれ邪魔だったので、腹が立って殴ってしまった」と容疑を認めているということで、警視庁が当時のいきさつなどを詳しく調べています。』

 この事件など、典型的なキレやすい性格ですね。駅構内は、自分だけの専用通路ではないのです。まして、人は避けやすいが、車イスやベビーカーは咄嗟に進路変更できにくいので、通行人が避けるのが常識ですよ。
 進路妨害されたという理由であれば、私は彼岸の前日20日に、大阪駅構内から阪急百貨店を経由して阪急梅田駅まで歩行しましたが、物凄い通行人であり、2〜3mごとにぶつかり、進路を遮られたこと、数え切れませんよ。イチイチ腹を立てていたら、脳は沸騰点・・・、阪急のホームから線路に飛び込んだかも・・・?

「新井 夫」天格27・地格8・総格35


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 以上、「高齢者の”キレ”やすい3事件」を紹介しましたが、同じ「4・7」タイプでも、その配列が異なるケースがありますので、日常のニュースの中から、沢山のパターンを経験してください。次第に、自信が付いてきますよ。
 ともかく、ご家族の中に”キレやすい”性格の人いませんか・・・?

必読!”姓名次第”で、「仲秋の名月」も”闇の心”に!
[第2494回](小凶)・・・9月28日(中吉)

『 本当に可哀相に・・・、逮捕されてみれば、加害者も被害者も、楽しいはずの青春真っ盛り!? その原因が、どちらも「”姓名”の運気」にあるとしたら、信じられないかも・・・? 私も息子や娘を育ててきた”親の気持ち”を思うと、本当にお気の毒な運勢に・・・、早く「天命数霊術」が普及して、「仲秋の名月」を心から愛でる親子ばかりになるよう願うのです・・・・。』

 東京・小平市の「看護師の女性が殺害された事件」、行方不明の交際相手の男が逮捕されたというニュース。私の書斎の窓から明かり射す「仲秋の名月」を観て・・・、遺族のご両親はもちろん、加害者のご両親は、本当にお気の毒にも”闇の心”になっておられるのでは・・・?
 しかも、楽しいはずの青春時代が、闇に消える原因が、「姓名?」にあるとしたら、皆さん、信じられますか? 

 TBSニュース。
『 ・・・殺人の疑いで逮捕されたのは、小平市の職業不詳「高野 隼一」容疑者(25)です。高野容疑者は、今月24日午前から25日夜までの間に、自宅アパートで同居していた看護師「高木 梨花」さん(24)の首を絞めて窒息させ、殺害した疑いが持たれています。取り調べに対し、高野容疑者は「私が首を絞めて殺してしまいました」と容疑を認めているということです。
  高野容疑者は、事件の発覚後、行方がわからなくなっていましたが、27日午前、静岡県熱海市の路上に1人でいたところを、熱海警察署の署員に身柄を確保されました。』


 この事件の容疑者の姓名を読んだとき、「・・・やはり、そうか。残念だなぁ〜。」と思い、被害者の姓名とともに、「どうして、神仏は運気がない姓名を与えるのか・・・?」と、「人は皆”神の子”」を教示する宗教を、今更にして腹立たしい気持ちで一杯です。
 どこの家庭も、待ち望んだはずのわが子が、「24歳にして夭折、または25歳にして殺人容疑者」になろうとは、産れたばかりの名づけの際に、誰が想像できたでしょうか? 
 いいですか、神のご意志に逆らってでも、次のような名づけをしないでくださいよ。

容疑者「高野 隼一天格20・地格12・総格32
被害者「高木 梨花天格21・地格11・総格32

先ず、高野容疑者は、すべて”偶数”のうえ、下1桁「0・2・2」(9・5がない)では、”事件事故”を呼ぶ典型的な姓名であること、皆さんはもうイヤと言うほど認識されましたでしょう。
 本当に可哀相ですよ。この名づけは、神仏の加護のもとに祝福されて、赤ちゃんのときに名付けられたものですね。
 本当に運がなかったのです。もし、仮に「郎」の1字をオマケにして、「高野 隼一郎」にしていたら、「0・2・9・9」になり、この事件はなく「高木 梨花」さんと同棲ではなく、正式に結婚でき可愛い児にも恵まれ、楽しい生涯を迎えることができたでしょう。・・・実に残念です。・・・僅か1字のみで、人生に「天と地の違い」が生じるのです。

 それに被害者の「高木 梨花」さんは、下1桁「1・1・2」であり、やはり「9・5」がありませんね。古代中国夏王朝の「神亀の図」から、亀の”首(9)”と”腹(5)"がないと、脊椎動物は生存できないのです。
 それに、満開の”花”は使用すべきではなく、これから花が咲く”華”を使用すべきであること、肝に銘じてくださいよ。ですから、例えば「中華料理」と言い、「中花料理」とは言わないでしょう。
 それに、同じ「か」の止め字の場合、「香」が安定感があり、水商売も暗示した「花」を使用すべきではないですよ。
 また、具体的な果物の字体「梨」も使用すべきではないのです。特に「刃物」を現す”「リットウ」が旁”になっている「梨」は姓名にはタブーです。
 「り」と発音するベストは、風水パワー「理氣」の”理”がベストなのです。
 ですから、仮に「高木 理香」であれば”語意・語源”がベストになり、殺害事件は発生していなかったと思います。

 このように、「天命数霊術」により名づけ一つで、世の中の悲劇を大幅に減少できますよ。最近、私の説に賛同された法学部準教授や弁護士、そして小児科・心療内科・皮膚科の医師からも、改名依頼がありました。
 この「天命数霊術」は、医学でも解明できない「風水の理氣パワー」による健康回復があるのは、不思議な現象です。
惜しまれて、若くして亡くなられた女優「川島なお美」さん(54)のように、画数が安定しない「な・お」のような”ひらかな”を、名づけに使用すべきではないのです。

必読!多くなった”オンリーワン”の「赤ちゃん名づけ」!
[第2493回](小吉)・・・9月24日(小吉)

『 本当に多くなりましたよ。”流行名”の時代から”オンリーワン”の名づけが、現在の傾向のようです。それでも、運気が良ければ社会的にも良い傾向ですが、オンリーワンの名づけに限って、「4・7」タイプが多く、世の中”切れやすい”加害者が多い社会にならねば良いのですが・・・? 』

 例のごとし・・・地元の新聞の日曜版から、僅か84人の実例からでも、次のように、”オンリーワン”の名づけがひしめいています。それでも、次世代の日本を背負う立派に成長するよう期待していますが・・・果たしてどうでしょうか? 
 先日の文部科学省の調査結果のように「暴力行為の低年齢化」の傾向にならねば良いのですが・・・。
 どうか、若いご夫婦、日本の将来の発展のためにも、”オンリーワン”を目的にしないで、”ラッキーネーム”を目標にしてください。

(僅か84人中で、こんなに違和感がある名づけ!
苗字は公開しません。)
[男児名]・・・読めない・書けない・意味不明!
「琉仁(るいと)」「莉仁(りひと)」「大馳(だいち)」
「陸翔(りくと)」「大翔(やまと)」「遥希(はるき)」
「天晴(てんせい)」「結翔(ゆいと)」「玲委(れい)」
「粋壱(すいち)」「碧大(あおと)」「飛翔(つばさ)」
「琥翔(くうと)」「想朔(そうさく)」

[女児名]・・・読めない・書けない・意味不明!
「唯楓(ゆいか)」「薫那(まさな)」「羽夏(はな)」
「沙菜(さな)」「那撫子(ななこ)」「結愛(ゆの)」
「奏来(そら)」「羽玖(はく)」「瑠夏(るな)」
「陽葵里(ひまり)」

 私は、10年来、地元新聞の日曜版を観てきましたが、最近の傾向は「流行名よりオンリーワンの名づけ!」に視点が置かれているようです。
 しかし、一番問題なのは、生涯、家庭の中で”引きこもり”で暮らすのではなく、数年後には、幼稚園・保育所・小中学校・高校・大学・・・、そして会社の社会生活が待っているのですよ。
 このような「読めない・書けない・意味不明?」のオンリーワンの名づけで満足するのは、社会生活での迷惑を考えない自己満足だけの名づけですね。
 このような名づけは、特に私立の名門校や一流会社の面接には、不利に扱われるのを、ご存じでしょうか? 折角、塾通いもあり、昼夜勉強しても、なんと「オンリーワン」の姓名で、他人に迷惑をかける理由で、不合格になるのは可哀想ではありませんか!?
 第一、入学早々、児童・生徒の姓名を、間違って呼んだら、「担任が足蹴りにされるような暴力行為の低年齢化!」とは、両者とも不幸な現象になります。
 
 上記の事例のうち、例えば男児名の「粋壱(””いち)」「飛翔(”つばさ”)」「琥翔(”くう”と)」など、そして、女児名の「薫那(”まさ”な)」「奏来(””ら)」「陽葵里(ひ””り)」など、特に「結愛(ゆ””)」の”愛”を”の”なんて、漢学専門の大学教授でも読めませんよ。
 全く、担任泣かせのオンリーワンの名づけ・・・、それでも当分、キラキラネームとともに、現代の「名付けに纏わる話題!」が続きそうですね。 

(お知らせ)
 昨日のアクセス数・・・最近では一番多い「1日;4763件」(過去最高6500件)でした。このブログへ、皆さんが普及して頂いたお蔭かと思っています。今後も益々広報方よろしく願います。

必読!9画の「日本」;四季に恵まれた”彼岸”に思う?!!
[第2492回](大凶)・・・9月23日(小吉)

『 「影たのむ 若葉残して 散る桜」と、江戸後期に詠んだ我が家の先祖の辞世。過去帳の冒頭に記載されたこの名句を読むと、「あぁ、シッカリせねば・・」と、三十歳代の長男と家内と三人で、京都にある両親の墓参りをしてきました。
 同じ仏教国でも、日本は四季に恵まれて、季節の移ろいごとに年中行事があります。”菊の節句”が過ぎれば、”秋の彼岸”・・・、”春の彼岸”とともに、来世と現世が最も近くなり、先祖と身近に交流するため、墓参りをする伝統が日本にはあります。
創られた行事が多い日本ですが、やはり「神(9)佛(7)混合」で、日本(9)は本来、懐の広い"不思議(33)"で"平和(13)"な国なのですよ。 』

 「京都9号線;老い坂峠まで墓参りの凄い渋滞!」には驚きましたよ。前夜は大阪で宿泊、翌朝の21日に京都の桂まで私鉄阪急、そして京都一の規模になった「京都西山霊園」まで、タクシーを利用したので、「少し遠回りになりますが、渋滞を避けて行きますよ。」と、驚くほど整備されている高級住宅街を通り抜けて、早く無事に到着。
 私は、京都・奈良には2回の希望転勤で、京都市を含む京都府全域は、ほとんど公務の官用車か自家用で熟知していたと思っていましたら、やはりタクシーの運転手は、その道のプロ・・・。素人が知らない道を心得ているのに感心しました。
 話は逸れますが、TV番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」の”匠の技”には感心します。この匠は、やはり地格9又は5系列が多く「思考力・創造力・表現力」の3つの才能には、毎回感心します。「さすがにプロの仕事だなあ〜!」と思っています。
 この精神と類似、些細なことですが、回転を速くしたいという営業行為かも知れませんが、お客のことも考えて、早く霊園へ送り届ける使命もあり、抜け道を心得ているタクシー運転手も、一つのプロ意識なのです。
 
 およそ、世の中のプロは、素人とは数段異なる「知識と経験」を積んだ人でないと、全く世の中に貢献することはできないのです。
 ところが、不思議なことに、姓名判断師のみは、プロと名乗り「鑑定や著作」をしていますが、そのおソマツさ加減さは素人さん以下ですよ。

 連休の間に、ある温泉センターに行きますと、「無料姓名判断」をしていましたので、「望月岳陽(たけはる)」で観て頂きました。
 すると、「望月さんは15画ですので、周囲の人から信頼を集めて、願望を達成できる人で、名誉と財力のどちらも手にいれることができる人です。」と、開口一番にとても嬉しい判断・・・? でも、チョッと変・・・?
「その判断は、”望月”という苗字からですか?」と私が聴くと、
「そうです。15画ですからね。」という。
「では、同じ苗字の私の弟は、満1歳半で死んでいますが、それでも名誉と財力があるのですか? 」と意地悪な質問をしてみたのです。
 すると、急に不機嫌そうになり、
「この15画の判断は、昔からそう言われているし、どの本にもそう書いてある!」との返事。
 私の心の中で、「やはりそうか! 人のセイにして、自分がプロとして仕事をしていることを忘れて、素人さん以下だなぁ〜」と呆れを通り越して失望。
もっとも15画で名誉と財力を得た「小林一三」氏(阪急グループ・宝塚歌劇団などの創業者)は、苗字ではなく、総画15なのですよ。
なお、天格15(孫+正)の「孫 正義」氏(ソフトバンク グループの創業者)であれば、納得できますが、苗字の15画では話になりません。

 『 いいですか。苗字の判断で、名誉とか、財力・・・なんて、どうして判断できるのですか? 全国の「赤ちゃんから100歳以上の高齢者」の”望月”という苗字で、そんな判断はできないし、第一、「苗字は、先祖代々受け継がれ・・・」という本が多いですが、これも呆れたものです。現世の苗字が先祖代々ではない日本の家系が殆どですよ・・・。そして、先祖とは・・・、いつの時代? 私たちの先祖は、祖父母は4人、曽祖父母は8人・・・「”逆”ネズミ算式」に増え、日本人皆兄弟・・・になりますよ。』
と言いますと、その姓名判断師は無愛想になりました。
 少し、可哀相だとは思いましたが、プロの世界は厳しいのが当たり前です。
 前述のTV番組「ビフォーアフター”匠の技”」では、妥協したら家がヒックリ返ります。姓名判断師もプロの世界ですから、レベルが低い他の説とは妥協できませんよ。日本中の説は、「苗字の画数」(天運などの名称)を求めていますが、その画数自体・・・全く意味がない画数ですよ。
 「天命数霊術」の普及で、姓名判断の世界もレベルアップすると良いのですが・・・。 

必読!”姓名”と”特技”がピッタリ「板橋美波」選手!?
[第2491回](大吉)・・・9月19日(最大吉)

『 不思議ですよ。赤ちゃんの名づけの時は、将来のことが不明なのに、「女子高飛び水泳」の特技、偶然に”語意”がピッタリで”4・7”タイプの「板橋美波」選手とは・・・? まだ、16歳の高校生、オリンピックでの活躍が期待されています。
 それに、世界が驚く、"平野美宇","伊藤美誠"の天才卓球;中学生コンビの両選手、「運動能力の”4・7”」タイプと「強運の”9・5・1”」タイプのコンビでパワーアップ! 不思議ですよ。偶然なのか? 必然なのか? 』

「水泳の高飛び競技」は、10mの高さで3m長さの”板橋”から、プールに飛び込んで、”美しい波”にしたら高得点!
 面白いでしょう。「天命数霊術」五大要件のうち、「語意」がピッタリの「板橋 美波」選手。まさに、産れたときから、この高飛び特技を見通したような姓名の4文字・・・。
 それに、運動能力が優れた”4・7”タイプなのですよ。

板橋 美波天格17(「美」=9を含む)・地格24・総格41
      
しかし、今回の女子高飛び込みは、世界選手権代表「佐々木那奈」選手(16)が、340・80点で初優勝しました。なぜなら、世界で板橋選手にしか出来ない難易度が高い「前宙返り4回半抱え型」をしましたが、失敗して2位になりました。
 この佐々木選手も、次のとおり、”4・7”タイプの運動能力に優れていることが、姓名からも理解できるのです。
 この二人は非常に良く似た運気を持っていますね。どちらも、”4・7”タイプですが、”9・5・1”の運気もありますので、1発勝負の試合には強運に恵まれるのです。

「佐々木 那奈天格14 (「那」=7を含む)・地格11・補格4・総格29 

 ですから、スポーツ選手は、”4・7”タイプの運動神経に優れていることが大前提ですが、そのうえ”9・5・1”タイプの「強運」に恵まれていることが非常に大事なことです。
 そのため、一人では両者のパワーが不足する場合、コンビを組む競技で、お互いに補い、コンビで優勝に導く模範を示しているのが、「世界が驚く、"平野美宇","伊藤美誠"の天才卓球コンビ」なのです。

A「平野 美宇(みう)」天格14・地格17・総格31・・典型的な”4・7”タイプ(「美」=9を含む)
B「伊藤 美誠(みま)」 天格15・地格31・総格46・・典型的な”9・5・1”タイプ(「美」=9を含む)
※A+Bで、ベストのコンビになり、「世界が驚く、"平野美宇","伊藤美誠"の天才卓球コンビ」になるのです。

 どうですか、「天命数霊術」で判断しますと、世の中の”大半?”は的中しますが、どこかの占い師のように「怖いほど当たる・・・」とは言いません。必ず、20%ぐらいの例外が、他の理由からあります。しかし、その理由付は、過去のブログで数回説明していますよ。

お知らせ)
  明日20日から22日まで、京都・大阪に行ってきますので、その間、ブログの更新はお休みですので、過去のブログをシッカリ再読していてください。生涯の生活に必ず役立つことを投稿しています。ブログの再開は23日からです。
なお、届出期日が迫った「新生児名づけ」のご依頼の方は、最優先にいたしますので、携帯メール(09090653019@docomo.ne.jp:@⇒@)にお願いします。

必読!小学生の暴力行為は、「キレやすい」名づけが原因?
[第2490回](小凶)・・・9月18日(中吉)

『 「あのブスが、”のばら”かよ」とか、「”のばら”ってより、ドクダミだよね」って言葉で、クラスの子からイジメが勃発。吐き気がするほど、壮絶な嫌味を言われましたと、「のばら」と名付けられた女性の小学生の頃の思い出が、「DQNネーム検索サイト」にありました。
 一方、昨日のニュース「暴力行為などの低年齢化」(文部科学省の問題行動調査)が発表され、「家庭環境が影響し、規範意識に乏しい子が多くなり・・・」とか「コミュニケーションが苦手な子が問題を起こしやすい」などの分析をしていますが、そんな現象は、昔からあり「暴力行為などの低年齢化」ではありませんよ。
 ここ数年来の「キラキラネーム」が原因で、”切れやすい子””自制心がない子””思いやりがない子”が極端に増えています。
 親の好みやエゴで「キラキラネームから、子どもの心にキズ」を・・・、それに気付かない親が増えて、「呼び間違いをする担任に足蹴りをする子」や「キラキラネームの不満を、他の子をイジメルという行為で発散!」という現象になるのです。』

「DQNネーム検索サイト」から抜粋させて頂いた体験談を、皆さんに紹介しましょう。
(原文どおり)
『 私はもう改名したけれど、まさに「名前で人生狂った」人間です。
今は多少キラキラしてたり凝った名前はありふれているから浮かないし、本人達もあまり気にしないかもしれないんだけど、私の頃は辛かったなあ。
DQネームを付けようとした友人は、私の過去の話を聞くと、今のところ100%候補を変える。
 例としては璃梨華(りりか)→梨花(りか)、璃玖羽(りくう)→陸(りく)みたいな感じに。
 ちなみに改名前は、「のばら(漢字・カタカナ等は想像にお任せ)」です。
 容姿は十人並みな夫婦のくせに、なぜこんな二次元の美少女にしか似合わない名前を付けたのか、今でも疑問。
 小学校入った頃から、上級生が名前の物珍しさに私を見に来ては「あれがのばら?pgr」みたいな感じで、さらし者状態。
 同級生にも事あるごとに「変な名前のくせにwww」とか言われていじめられていました。さすがに学年が上がるにつれ、からかいも減ってきたのですが、中学校が個人的に一番辛かったです。
 なにも知らない他の小学校から来た子や先輩達も「あのブスがのばらかよw」とか言われまくって、同じクラスの子からの「のばらってよりドクダミだよね」って言葉でイジメ勃発。聞いた人が吐くほど壮絶でした。
 おかげで異常なまでの容姿コンプ、対人恐怖症、メンヘラ行為他…克服するのに10年くらいかかったし、楽しい青春時代なんてなかった。
 自己紹介は勿論、名前に関わること全てが嫌でたまらず、中2の頃から通名を使い始めて、友達でさえ絶対に名前で呼ぶことは許しませんでした(呼ばれたらキレた)。
改名は20歳の誕生日その日に申請して、約1ヶ月で改名が認められました。
改名した名前は、あだ名から(友人が気を使って私のイメージから呼んでくれてたので)連想して付けましたから、名残はまったくないです。
 私が名前のせいで、こんな風になった事を一番分かってたのは親自身でしたので、反対どころか一緒に手続きなどを手伝ってくれました。
 一番酷いときは両親に当たり散らしまくって、母親はずっと「私達がこんな名前付けたせいでごめんなさいごめんなさい(ry」と言ってました。
今思えば確実にノイローゼ。
 長々とすみませんでした。でも、名前一つで人生がこんなに変わるということもあるって、1人でも多くの名前コンプレックスがなくなりますように。
今は結婚もして、かわいい子供達に恵まれて、とてもとても幸せです。』との体験談。
 親は仮に愛情を持って「ベストの名!」と思っても、子どもは生まれたばかりでは、「不満でもイヤだ!」とは言えず、幼稚園や小学校の共同生活をする頃になって、自分の名前がイヤになり、他の子や担任に不満をぶっつけるイジメ行為や暴力行為になる最近の現象は、「キラキラネーム」が原因なのを、果たして文部省は気付いているでしょうか?
 
 市教育委員会の見解などは、「コミュニケーションが苦手な子が問題を起こしやすい」というのは、結果論であって、それが「暴力行為の低年齢化」の原因ではありません。”なぜ?コミュニケーションが苦手な子”になるかという原因が必要なのです。「原因が不明であれば、対策をたてられない!」ですよ。
 私は長年、行政改革を推進する国の役所にいたので、その原因が重要!ということが判るのです。
 
 その原因・・・市販されている「名付け本」には、社会悪をもたらす「キラキラネーム」であろうが「DQNね〜む」であろうが、そんなことお構いなしで沢山の候補名を、推薦していますね。例えば、上記の体験談にある「り・・」の名づけでも、ある「女児の名づけ本」では、「璃々華(りりか)」「凜莉衣(りりい)」「里李亜(りりあ)」など、思い付くものは何でもござれ・・・」で、無責任にも候補名として推薦・・・?
 全く、「子どもの気持ちも理解せず、運気の強弱など知ったことか!」という
名づけ本が、キラキラネームの流行を助長しています。
 この影響が、現在の「イジメの原因」「暴力行為などの低年齢化」にもなっていること、上記の「のばら」体験談で理解できましたでしょう。

必読!「天命数霊術」の普及で、”姓名=生命”となる!
[第2489回](大吉)・・・9月16日(小吉)

『「国の借金」は、6月末で1057兆円(過去最高:国民1人当たり833万円)もありますよ。それなのに、2人が殺害された犯人捜査のため「殺人事件捜査本部、100名態勢を設置」(埼玉県警の会見)がニュースにありました。
 そして、TV番組の刑事ドラマでも、「みんなシッカリ頼むぞ!」と県警管理官や所属署長が、100人近くの署員を集めて、ハッパをかけている姿は珍しくありませんね。僅か1〜2人の犯人捜査のため、100人分の捜査費用も、国・自治体の”財政収入(主として国民の税金)”から、支出されているのです。
 良く思考してくださいよ! 「天命数霊術」に従い、赤ちゃんの名づけをしていますと、将来は「健康で賢く性格の良い子」に育ち、そのうえ「交通事故や犯罪者の数」が激減しますよ。
 すると、どうでしょう。「”切れやすい犯人"の殺人事件」が1件減少しただけでも、"尊い被害者の人命"が保護されたうえ、”100人分の捜査費用(税金)”が節約できますでしょう!
 犯罪件数を減少させ、累犯を防ぐ目的もある「犯罪者の教育刑・応報刑」の効果は、ほんの一部に過ぎません。毎日、新たに連続して発生する犯罪件数を抑制できず、いつの時代でも、「石川や 浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ」(辞世の和歌:石川五右衛門)ですよ。
 ですから、大きく言えば、「天命数霊術」の普及は、国家財政の健全化に寄与する一方法である・・・とも思いませんか? 』

 あの有名な「東芝府中3億円強奪事件」(昭和43年)があります。いいですか、「3億円」の犯人捜査のため、動員された警察官は延17万人、捜査費用は時効までの7年間で、なんと「9億円以上」(現在では、約10倍の約90億円相当か?)の税金が投じられことは有名な話です。
 殺人事件や幼児誘拐事件など、お金には換えがたい「命を守る事件」では、どんなに捜査費用が入要でも止むを得ないとは思いますが、3億円の強奪犯人(窃盗犯)捜査で、現在の価値約90億円を要したのは、割り切れない心境です。

 埼玉県熊谷市の住宅で、50歳代の夫婦「田崎 稔」(55)さんと「田崎美佐枝」さん(53)が、14日午後6時ごろ、共に血を流して倒れているのが見つかり、二人は病院に運ばれましたが、お気の毒にも死亡されました。
 このニュースで、通常は記載しない捜査規模の「殺人事件捜査本部、100名態勢を設置」(埼玉県警の会見)とあり、この視点からの今日のブログです。
 まだ容疑者は特定されていませんが、およそ事件事故の加害者はもちろん、被害者も弱運の姓名の方が多いのです。
 もし、「天命数霊術」の”五大要件”を満たした姓名が、全国的に普及すれば、現在の”交通事故”や”事件事故”の死傷者が大幅に減少し、尊い生命も最大限に保障されます。それだけに「人的・物的の捜査費用など」の予算も、国、自治体とも大幅に節減できたうえ、家庭・自治体・国とも平和の日本を維持できるのです。
 この論理が『 姓名は、”生命”である・・・』と言われる所以と思われませんか? 古代中国夏王朝の「神亀の図」から、「9・19が最大吉!」だからこそ、「姓名=生命」なのです。   

必読!レスリング「吉田沙保里」選手は「4・7」タイプ!
[第2488回](中吉)・・・9月15日(大吉)

『 スポーツ選手の特徴は、強運の「9・5」タイプ、又は運動能力に恵まれた「4・7」タイプに分かれます。今回の世界選手権で女子レスリングは大活躍。金メダルを獲得した吉田沙保里選手を始め、伊調馨選手は10回目の優勝、そして登坂絵莉選手も3連覇を果して、昨日帰国しました。
特に、吉田選手は、オリンピック3連覇を含む世界大会16連覇と個人戦200連勝を達成。偉業を成し遂げ、早くも「オリンピック4連覇」の新たな目標を持っています。
「また、リオ(五輪)に向けて、しっかり鍛え直して、世界選手権でいろんな選手を見ることができたので、勉強になりました。また頑張ります」(吉田沙保里 選手)と、リオで女子初となるオリンピック4連覇を目指しています。』

昨日のTBSニュース。
『「吉田沙保里選手」は、オリンピック3連覇を含む世界大会16連覇と個人戦200連勝の偉業を成し遂げ、さらに4連覇を目指しています。
 また、「伊調馨選手」が10回目の優勝を果たし、4大会連続となるオリンピック代表をほぼ確実にしました。
 さらに、「登坂絵莉選手」は、48キロ級で3連覇の登坂絵莉(至学館大)は「絶対に優勝するという目標があった。3連覇で五輪を決められてよかった」との感想を述べています。』

スポーツ選手は、大きく分けて「9・5」タイプの”強運”な人か、あるいは「4・7」タイプの”運動能力”に長けた人かに分かれます。しかし、このどちらのタイプではない人も、トップアスリートの栄誉に輝く場合がありますが、その選手生活は、比較的早く引退する運命にあります。
例えば、フィギュアスケートでは、いずれも5〜6歳のころから始めて、いずれの人も努力に努力を重ねて、いづれも20歳代でトップアスリートになっても、「天格9・5」系列があると、例えば「浅田 真央」(「9」系列が2ヵ所)選手のように現役の選手生活は長く続きます。アメリカの大リーグでも「イチロー」(9画)選手や横綱「白鵬」(「5+19」画)なども、「9」系列を姓名に持てば、選手生活は長いですよ。

 さて、横道に逸れましたが、女子レスリングも大活躍ですね。
 冒頭に記載した3人の姓名を観てみましょう。

 峙氾 沙保里」天格13・地格14(7×2)・補格7総格34(17×2)

 この吉田選手は、上記のとおり、5個の「7」の”優れた”「運動能力」がこの姓名には含まれています。ですから、この名づけをした赤ちゃんの時から、スポーツ選手としての運気を持って成長したようです。しかも、天格13という「人柄の良さ・協調性」が、内に秘める「7」の短所(切れやすい)を、長所(負けず嫌い・根性)に転換させていますので、人気があります。

◆岼膨粥ヽ勝天格26地格15総格41

この伊調選手は、「神亀の図」から「5」と「1」を持つ姓名であり、神亀の”中心”ラインに守護された「強運」の持ち主です。しかも、天格6系列は、地格5系列を加えることにより、その天格「26」は”薬”に転換します。そして対外的な運気を、総格「41」の”負けず嫌い”の「ワンマン数」(「31」の淑女運とは異質)が、勝負運に恵まれる結果を導く姓名となります。

「登坂 絵莉」天格24・地格17総格41


この登坂選手は、吉田・伊調の両選手の「合わせ持つ長所」を、この姓名にはあります。すなわち、天格24は整数で割り切れる数が多く、それだけに協調性があり、人気が出てきます。彼女の実力は、総格41の負けず嫌いのワンマン数を裏付する実力は、地格17の運動能力から生じたもので、今後、益々の期待が望まれるところです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 どうですか、「天命数霊術」は、赤ちゃんの名づけから、姓名をスポーツマンタイプにすることもできるのです。・・・不思議でしょう?

必読!1画違いの「臣」は命取りか?人名には不適!
[第4288回](中吉)・・・9月14日(小凶)

『 一体?「臣」という字体は、何画なのか? 常用漢字では「6画」でしたが、最近の教育漢字では「7画」なのです。”神祭り”の「だんじり神事」で、死亡事故が報道されましたが、この「1画の差」が、貴い命を奪われる運命になった・・・ことを、「天命数霊術」から実証しましょう。
 この事故死の49歳の男性、年齢から観て、おそらく「臣」を6画で日常使用されていたのでは・・・? と思います。
 このように人名に使用される「賢」という字体の画数にも、「臣」の旁がありますので、姓名判断には細心の注意を払ってください。
 運気は、日常使用で変化すること、忘れていませんね。人名使用の漢字で注意することは、「その人が、何画で日常使用していたか?」の確認が大事なのですよ。』

今日のTBSニュース。
『 13日午後6時すぎ、兵庫県淡路市岩屋の神社の秋祭りで、およそ30人がだんじりを引いていたところ、その中の1人で近くに住む会社員「西田 臣宏」さん(49)が転倒し、だんじりにひかれました。
西田さんは、だんじりに近い場所で綱を引いていて、胸のあたりをだんじりにひかれ、病院へ運ばれましたが、その後、死亡しました。』

必読!”気の毒”な強盗2人組、天格「2」系列と「4・7」タイプ!
[第2487回](小吉)・・・8月13日(小吉)

『 現代は、江戸時代以前と異なり、元服名などがなく、赤ちゃんの時に名づけられた姓名が、生涯使用されますね。そのため、同年代の若者でも、その運気は天と地の違いが、生涯を通じてその差が生じてきます。
 いいですか、ボランテア精神で社会貢献・国際貢献する若者がいる一方で、”偶数配列が多い姓名で、「無気力でニートや引きこもり」・・・、そこまでであれば、まだ良いのですが、「天格2系列や"4・7”タイプで、加害者・犯罪者タイプ(例外は、警察・消防・スポーツマン)!」・・・、このタイプは、必ずしも本人の責任ではなく、出生時の”親子の運気”が大きく影響してきます。
 逆に言えば、「天格・地格」を”9・9”タイプに名付ければ、子どもの時から「神童」と言われ、将来は「歴史に残る名君・名人・偉人」になります。
 正に、この「天命数霊術」は、日本初の”ブランド命名法”ですよ。でも、この開発・貢献を嫉妬して、同業者と推定される人が、”名乗らず、根拠なく”、私を批判するサイト・・・刑法・民法の名誉毀損・信用毀損になるのも知らない「レベルが低いサイト」がありますが、あなたはどちらを信じますか・・・?
(根拠をもった公益性がある”学説論争”なら、憲法が保障する「学問の自由」で違法性がないのです。) 
 今日の話題でも、従来の「五剖説」の「9・19が大凶!」と言う説では、実証できないでしょう。 』

今日のTBSニュース。
≪事 件≫
『 11日午後7時ごろ、東京・JR新橋駅近くの金券ショップで,、現金およそ340万円を奪ったとして、男2人が警視庁に逮捕されました。
逮捕されたのは、自称・名古屋市の職業不詳「杉野 正輝」容疑者(29)と「杉浦 将太」容疑者(24)です。
 二人は、警棒とカッターナイフを男性店長に突きつけて、「刺されるか、金を出すか、どっちかにしろ!」などと脅した疑いが持たれています。』

先ず、二人の姓名を判断してみましょう。

「杉野 正輝天格12・地格26・総格38
(1昨日のブログ;「兼子 満義」天格22・地格16・総格38
の放火殺人容疑者と、全く画数が同配列。また、先月31日のブログ、岡崎市のコンビニ立て籠もり強盗も、「鈴木 保人」天格22・地格6・総格28 と、同様なタイプ。)
「杉浦 将太天格17・地格14・総格31

本来、杉野容疑者は、とても人柄が良い性格を持っていますが、悲しいかな・・・天格12の”苦労性”で、夢・希望どおりに行かず、”事件事故”を呼ぶ行動に出たという対外的な運気が、”凶運”だったのです。
 そのうえ、「正」の字体も”苦労性”で、しかも「輝」の字体が「軍馬に”火”が点いて燃えている光景」を現していると、過去のブログにも投稿済ですね。
 また、杉浦容疑者は、典型的な「4・7」(逆配列も同様)タイプであり、運動神経が優れた才能があり、現場の「警察・消防・自衛隊・建築土木現場などの職業」と「スポーツマン」には、適した画数配列です。しかし、一般の職業には不向きな”自己主張が強く・切れやすく、協調性に欠ける”ので、このようなタイプは適性な職業を選択されることが必要です。
 なぜ? 特に「7」という数に協調性がないのか? お忘れではありませんか? 円満を現す「円360度」を、「7」のみ整数では割り切れないからです。
  
 ともかく、この二人、とても”お気の毒”ですよ。
 まだ20代で「人生の出発点!」であり、平均寿命まで50年以上を、一体、どうして過ごすのでしょうか? まさか、強盗するために生まれて来た訳でもなく、ご両親の愛情一杯で「どうか、立派に成長して欲しい!」という願いで名付けられたのでしょう。
 どちらも「正輝・・・正義のもとに、輝いて欲しい!」と「将太・・・大将のような名君になって欲しい!」というご両親の願いなのです。
 そして、「杉野家・杉浦家」のご先祖とも、「あぁ、これで子孫が末代まで続いて行くだろう。」と、安心されていたのでは・・・?
 このように、ご先祖の期待の下に、誕生されたのです。
 この二人は、タレントにレビューしたと思い、”強運”の「通称名」(家庭裁判所で許可を受け、市役所で戸籍訂正するまでは「改名」ではない!)を付ければ、人生好転して、強盗しなくても「年収数億円・数千万円」の人生が待っているかも・・・?

 人生は、まだ半世紀50年以上もあります。まして、100歳以上の高齢者は毎年増加して、なんと今年度は「6万人以上」になっています。すると、この事件の容疑者の年代では、あと70〜80年の人生がありますので、”通称名”を名づけて、「180度の逆転人生」を謳歌できるかも・・・? 
  正に、ネーミングが人生を支配していますよ。

(追 記)
 昨日の日曜;TV番組「笑点」を観ると、なんと半世紀50年で「第2481回」でした。このブログも8年継続で「第2481〜7回」代を進行中、偶然に上3桁まで同じ・・・何だか、「笑点」に益々親しみを感じています。こうして「笑点」が半世紀も継続しているのは、なんと「笑点=19画⇒大吉数!」だからですよ。

必読!「幸」は”不幸”を呼ぶ!天格「22」の放火殺人容疑者!
[第2486回](小吉)・・・9月11日(中吉)

昨日10日に関東・東北を襲った豪雨のため、茨城県常総市で鬼怒川の堤防が決壊し、広範囲に亘る甚大な水没被害に驚きました。立派な住宅街に道路・河川などのほか、稲作・野菜類の農地被害も、東北の大震災と同様、いやそれ以上の被害ではないかと思えるほどで、被災者の方々には、衷心よりお見舞い申しあげます。
 このような災害にも強い「奇跡的な運気」が望まれます。東北の大震災とニュージランド大地震の時もそうであったように、姓名には本当に不思議な作用が働くよう今回の水害でも願っています。

 さて、今日は昔ながらの”苦労性”の字体・・・「義」と「幸」が関係した”2系列”が呼ぶ事件がありました。”放火殺人”の伊豆の無職「兼子 満義」容疑者(72)と被害者「鈴木 弘幸」さん(46)の事件です。
 また、明治大学法科大学院「青柳 幸一」教授(67)の司法試験問題の漏えい事件・・・、ついに懲戒免職! これも「幸」が作用した弱運の事件でしたね。
 要するに、画数以外にも、「字体の”吉凶”」で事件を呼ぶことがありますよ。 特に、女性でも「幸子」さんの苦労人の多いこと・・・! 』

 昨日のTBSニュース。 
『 静岡県伊豆で今年6月、男性1人が死亡した住宅火災は、”放火殺人”だった疑いが強まり、警察は9日、無職「兼子 満義」容疑者(72)を逮捕した。
兼子容疑者は、今年6月11日深夜、伊豆の国市で、女性(72)ら4人が住む木造二階建ての住宅に火をつけて全焼させ、女性の長男で、逃げ遅れた「鈴木 弘幸」さん(当時46)を殺害した"放火殺人"の疑いや、ほかの3人を殺害しようとした"殺人未遂"の疑いが持たれている。
警察によると、兼子容疑者は被害者らと知人で、このうちの1人とトラブルがあったと供述しているという。兼子容疑者は先月、別の放火事件の容疑者として逮捕され、取り調べを受けていた。』

 本当に「人生の”幸・不幸”」は、生涯とも姓名に影響があります。
 兼子容疑者は、72歳と言えば、終戦2年前の昭和18年、赤ちゃん誕生で、ご両親が愛情もって名付けられたのですが、気の毒にも”苦労性”の姓名で、恵まれない人生だったでしょう。
 この人生の影響は、名付けの時代に、親子とも運気に恵まれなかったと思います。改名しない限り、正に「姓名は、揺りかごから、墓場まで・・・」という人生そのもの。

 この放火殺人の容疑者、
「兼子 満義天格22・地格16・総格38
      (「満=12」を含む)

全て”偶数”のうえ、対外的な運気である「天格22」の中には「満=12」を含んでいますから、同じ「2」系列の苦労性でも、一般の人の数倍は気の毒な生涯だったと思います。でも、地格16の中には、「義=13」を含み、総格38を合せて、一面では「とても優しい心の持ち主」のところもありますが、行動に出る時は、とても考えられないほどの”気ままな行動”で、周囲の人を驚かす行為にでる運命にありました。
 これに対して、被害者の姓名は、
「鈴木 弘幸天格18・地格12・総格30

どうですか、この姓名も偶数ばかりで、しかも”苦労性”の字体「幸」から観ますと、とても「人柄は、温厚で協調性がある人」ですが、何しろ”運気”がない苦労人でしたでしょうね。
 いいですか、この名づけが、もし「弘幸」ではなく、逆の「幸弘」でしたら、どんな人生だったでしょうか?
「鈴木 幸弘」天格21・地格9・総格30
この姓名であれば、人生の運気、「天と地の違い!」があることが、もう理解できますでしょう。この鈴木さんも、赤ちゃんの名づけで、親子とも運気がなかった原因が、今回の被害者になる運命にあったのです。

 こうして観ますと、事件事故というのは、「罪を憎んで、人を憎まず!」という結論になるかも・・・?

 また、もう一例の珍しい事件・・・?
『 今年の司法試験で「考査委員」を務めた明治大学法科大学院「青柳 幸一」教授(67)は、受験生だった教え子の20代の女性に、出題内容を漏らした国家公務員法違反の疑いが持たれています。』とのニュース。
 
 さて、この事件の教授も、67歳という教授の退職年代で、懲戒免職・・・!全く不名誉退職になりました。それも次のように、偶数ばかりの恵まれない姓名・・・しかも苦労性の「幸」が、円満退職の土壇場で、事件事故を呼びましたね。
  
「 青柳 一」天格14・地格10・総格24

これでは、人生の勇退を迎えるに当たり、お気の毒にも67年前(戦後;昭和23年当時)の運気が、現在に影響するとは・・・? 予想もできなかったと思います。
 子どもの時から、一生懸命に勉強した終点で、このような運気がない姓名に負けるとは、通常は予想もできません。
 それは、私説「天命数霊術」によるノウハウを修得した者の”不思議な特技”なのですよ・・・。

※何でも、ご質問ご相談願います。
 info@gakuyo951.jp
09090653019@docomo.ne.jp
ただし、返信を文書化すると、長文になる場合には、作成時間が相当かかります場合は、携帯「090-9065-3019」で返信いたします。ご遠慮なくご質問やご相談してください。(差支えなければ、携帯番号をお知らせください。私からテレいたします。)

必読!ますます「オンリーワンの名づけ」進行か?
[第2485回](大吉)・・・9月9日(大吉)

『 地元新聞(日曜版)の「満1歳になりました」という赤ちゃんの名づけも、このブログを初めて以来、月4回×12月×8年で集計しますと、約26,500人の赤ちゃんの姓名判断をして来たことになります。そして、この8年間の流行名の傾向などが記録として残り、とても勉強になります。
 その中で、男児名の「翔」や「斗」が徐々に下火になり、女児名の「菜」や「莉」なども下火になりつつあります。
 ところで、この2〜3ヵ月前までは、珍しい字体を組み合わせて、通常、「読めない・書けない・意味不明?」の名づけが多い傾向でしたが、それが最近では、特に初めて見るような珍しい「オンリーワン」の名づけが多くなって来ている傾向があるようです。 』

 歳月の流れは速いですね。今年も9月9日の「重陽の節句」になりました。江戸時代以前は旧歴ですから季節は1ヵ月遅く、「菊の節句」とも呼ばれていました。
 この行事は、飛鳥時代に中国から日本に伝わって、宮廷の行事の「菊花宴」が開かれるようになり、平安時代には「重陽節」として正式な儀式となりました。
 要するに、古代中国はもちろん、日本も飛鳥時代から「陽の極限数”9”」の重なりは、「年間で最も芽出度い数」だったのです。(「9は大凶!」という非常識な説がある不思議さ・・・?)
 さて、話題を名づけに戻しますと、
 私がこの8年間約26500人の中で、初めて観るような珍しい名づけの最近の事例です。おそらく、オンリーワンの名づけを意識しているのでは?
 (支障がありますので、苗字は公表しません。)

[字体の”組み合わせ”が珍しい名づけ、又は”読みずらい”名づけ]
・・・3日分;222人中
★男児名
「晋慈(しんじ)」「晶慈(まさちか)」「煌英(こうえい)」
「海伊(かい)」「瞳真(とうま)」「維先(いさき)」
「渉睦(あゆむ)」「想(のぞむ)」「壮丞(そうすけ)」
「航人(かずと)」「快瑠(かいる)」「晃玄(あきのり)」
「凌歩(りょうと)」「大翔(つばさ)」「未久留(みくる)」

★女児名
「禾依(かえ)」「芽依(めい)」「葵依(あおい)」
「奏音(ななと)」「世梨(せり)」「実千(みち)」
「舞千(まち)」「苺可(いちか)」「希唯(きい)」
「日葵(ひなた)」「葵音(あおい)」「千暁(ちさと)」
「千陽(ちひろ)」「絃夏(いとか)」「妃麻里(ひまり)」

 どうですか? 上記男女30名のうち、何人読めましたか? おそらくオンリーワンの名づけを自慢したいのでしょうか、漢学の専門教授でも読めない名づけをして、満足している様子が目に見えるようです。
 このような傾向が、これからの流行になるでしょう。成長して小中学校の担任は、姓名を読み上げるのに”一苦労”!!! 将来は、TVや新聞の人名字幕は、全てフリカナだらけ・・・、そして営業マンの名刺にも、振り仮名だらけ・・・。
 正に日本語として「漢音・呉音・唐音読み、そして訓読み」にもない全く新しい「慣用読み」が生まれてくるのでしょうか?
 今後、五十年後、百年・千年後は・・・どんな日本語になっているのでしょうか? 

※何でも、ご質問願います。
 info@gakuyo951.jp
09090653019@docomo.ne.jp
ただし、返信を文書化すると、長文になる場合には、作成時間が相当かかります場合は、携帯「090-9065-3019」で返信いたします。ご遠慮なくご質問やご相談してください。(差支えなければ、携帯番号をお知らせください。私からテレいたします。)
 

必読!「天命数霊術」がピッタリのタクシー強盗事件!
[第2484回](小凶)・・・9月8日(中吉)

『 本当に”人柄”が良いタクシー運転手さん、”事件事故”を呼ぶ”苦労性”のパート従業員から、金品を奪う目的で殺害されました。
姓名一つで強盗殺人の被害者になったり、逆に加害者になったり、姓名が及ぼす影響は、何歳になってもありますよ。それだけに、特に苗字の変更が少ない男性は、赤ちゃんのときから慎重に名づけをすべきですよ。』

1昨日のTBSニュース。
『 秋田・鹿角市花輪の「道の駅かづの」の駐車場で5日夜、近くに住むタクシー運転手「田中 義次」さん(66)が腹などを刺されたうえ、”頭”を車でひかれて殺害されているのが見つかり、県警は6日、強盗殺人容疑で同所のパート従業員「東屋 仁」容疑者(55)を逮捕した。
 逮捕容疑は、金品を奪う目的で田中さんを刃物で刺すなどして殺害した疑い。
 5日午後9時10分ごろ、刃物で田中さんを脅した後、田中さんの腹を複数回刺し、車外で倒れた田中さんの”頭”を、現場の駐車場に止めていた自身の乗用車でひいて逃走したとみられる。
 田中さんの死因は、”頭部挫滅”だった。同容疑者の車は発見されたが、凶器は見つかっていない。県警は計画的だったとみて、動機や奪われた金品の特定を進める。
 田中さんが勤めていたタクシー会社によると、田中さんは近くのスーパーの直通電話から依頼を受け、配車されたという。
 県警によると、東屋容疑者は宿泊施設の清掃員をしており、5日は午後8時まで勤務。6日は通常通り出勤し、職場で捜査員が任意同行を求めた。
 事件は5日午後10時15分ごろ、「血だらけで倒れている人がいる」との110番で発覚。現場は市の中心部で、近くにホームセンターなどがある。』

 なんと惨忍な殺害の仕方に、驚き・・・!腹部を刺したうえ、頭部を車で轢いて逃げるとは・・・? 
 ”頭部挫滅”とは・・・、余りにも残酷ですね。

 ところで、何の罪もなく、次のようにとても人柄が良い田中さんです。
「田中 義次天格18・地格10・総格28
     (「義=13」)(「次=6」)

この「8・0・8」のタイプは、温厚で朗らか、そして誰に対してでも協調性があるとても人柄が良い方です。しかも、天格18の中に温厚な「13」を含み、地格10の中に大人しい「6」を含んでいますので、とても温厚な方です。
 このように、66歳まで平和に過ごされていた方が、ある日、突然”凶器”に倒れ、そのうえ”頭部”まで車に轢かれるとは・・・、さぞかし無念であったと思います。

 一方、加害者の強盗殺人容疑者は、
「東屋  天格12・地格9・総格21
      (「仁=4」)(なし)

通常の画数配列であれば、「9・1」の2ヵ所あるのでとても良い姓名に思われますが、とんでもありません。天格12が”事件事故”を呼び、そのうえ「仁=4」の”切れやすい性格”を含んでいるのに対して、地格9は苗字の「屋=9」のみであり、個人名からのパワーは”なし”ですから、マトモに天格の欠点が中和されることなく行動に出てきます。
 しがって、総格21の「1」が、「12・4・1」のタイプで、”切れやすい”という短所を増幅させる作用があります。
 ですから、みなさん、1文字名で名付けるときは、余程シッカリと運気を呼ぶ「1字名・・・例えば、安定感がある”誠”・”徹”などの字体」であることが必要ですよ。平安時代からの皇室男性に名付ける「仁」は必ず「○仁」ですね。 1文字の「仁」は、苗字の画数17に対して、僅か4画ですので、重心が下がらないので、非常に不安定な人生を送ることになります。

 この容疑者、55年前にはご両親の愛情を受けて、「仁」と名付けられたのでしょう。しかし、当時、親子とも運気に恵まれなかった結果が、予想も付かない「強盗殺人の容疑者」となった訳です。

(追 記) 
※「」の字体を使用で、”事件”発生!
 嵬承疎澆靴楼稻,兵莪なので処罰されます」などとうそを言って、総額1億円をだました職業不詳「富岡正」容疑者(38)ら4人が警視庁に逮捕されました。・・・(「光」と天格17で事件を増幅!)
▲棔璽閥サ餐監本選手権で優勝した「遠藤 」容疑者(26)が、東京・北区の女性宅に侵入し、性的暴行を加えようとしたとして、警視庁に逮捕されました。・・・(「光」で天格19の例外!)

必読!人の運勢形成で、「天命数霊術」は約何%の影響?
[第2482回](大凶)・・・9月6日(小吉)

『 皆さん、毎日のニュースを見ていますね。これが人生の縮図であり、事件事故やホットニュースにスポーツニュース・・・。これらの分野を判断しただけでも、姓名判断が何%影響しているのか? 
でも、姓名判断で自信がない説なのか、その影響は約10%程度と判断した著書があります。
 しかし、私説「天命数霊術」は、過去のブログに於いても、「人の運勢は約80%の影響を受ける」と、自信を持って、毎日のニュースから約8年2500回を重ねて、実証して来ましたね。
 でも、日本でかなり有名な姓名判断師が、”約10%”とは自信がないですね。そうかも知れません。「キリスト」「オバマ」「イチロー」などの9画を”大凶!”と判断する説ですから・・・10%と謙遜されるのは無理がないでしょう。
 その原因は、ハッキリ言って、「五剖式姓名判断」ですから的中せず、自信がない「約10%」という判断をされているようです。その自信がない説で、沢山の出版をされているのは、それで社会貢献になるのでしょうか? 』

 日本でかなり著名な姓名判断師は、男女別の「名付け本」に於いて、「人の運勢を構成する要素」を、次のように分類されています。

◆≪人の運勢を構成する要素≫・・・(原文は円グラフ)
 峇超・経験」40%
(その人が生まれ育った環境や、人生で獲得した知識・経験から受ける影響)
◆崟固月日」30%
(四柱推命や西洋占星術などでも知られている、生年月日によってもたらされる運勢傾向)
「遺伝」20%
(天性の運や両親から受け継いだ性質・体質など。生物学的にも最も影響力が大きいと思われる要素)
ぁ岾運法」10%
(姓名判断のほか、方位や家相など)
 
  
 実に驚きを感じませんか? 「人の運勢を構成する要素」で、姓名判断が10%とは・・・? 呆れたものです。そんなに自信がなくて、沢山の「名付け本」を出版されて、日本でも有名な姓名判断師なのですよ。
 ですから、皆さん、このブログでも「有名=正しい」ではない実証を、ご自分でされているようなものです。僅か10%という自信がない説で、よくもまあ、沢山の「名つけ本」を出版されているのに驚きましたよ。

 いいですか、この方も従来の説と進歩がなく「五剖式」であり、「9・19が、△運(◎運・○運ではない)で”凶数”と判断」、それに在りもしない「仮成数」(霊数という説もあり)で判断する説ですから、的中率は低く、そのことからも、影響度「10%」と自ら低い評価をされたのだと思います。
 みなさん、,鉢の影響が人生に及ぼす影響があるとする説は、日本史の教科書に掲載された「名君・名人・偉人」の生涯を少し勉強すれば、すぐ判明することです。いつの時代でも、祖父・父親・子・孫・・・と揃って、遺伝的な運勢・才能・性格など受け継いだ家系など、どこにありませんよ。
 
 いいですか、「人の運勢・才能・性格」は遺伝しないのです。遺伝するのは、「DNAは遺伝しても、外形的な容姿(顔形・体形)」のみ先祖から受け継ぐのですよ。
 少し考えれば容易に判断できるでしょう。
 例えば、「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康」の祖父・父親の遺伝で、天下分け目の有名人になった歴史を形成したでしょうか? 
第一、それぞれの父親の姓名でさえ、記憶にもないのでしょう! 
それに、「武田信玄」は父親との”性格不一致”で、今川家に追放さえしていますよ。性格など、遺伝する訳がないですよ。
 何度も掲載してきましたが、豊臣秀吉は貧しい百姓の出身でも、天下統一して太閤になり、万札の「福澤諭吉」や千円札の「野口英世」だって、母子家庭で、父親の運勢を引き継いだのではないのです。
 それに環境など左右されません。線路わきのトタン屋根で生まれ育った「孫 正義」氏でも、父親の姓名は知られていませんが、日本一の大資産家(個人資産6800億円)に成功しましたね。あの大成功者「松下幸之助」氏も「本田宗一郎」氏も遺伝や環境に影響されたことは全くありません。

 これらの歴史的事実から推定しても、上記 峇超・経験」が40%・・・「遺伝」が20%・・・とは呆れたものです。これが間違いであること、小中学生でも理解していることが、有名な姓名判断師が理解していないとは・・・驚きです。
 いいですか、有名人の本だから・・・ということで、盲信してはいけません。「なぜ? どうして? どうしたら?」を良く思考してくださいよ。

必読!「運がない姓名」は、”ひき逃げ犯”にもなる!
[第2481回](大吉)・・・9月5日(大吉)

『 交通事故の加害者は、無謀な運転ではなく、通常運転でも起こりうるのです。でも、予期しない事故で理性を失い、事後処理をせず、現場から走り去ると”ひき逃げ犯”として事後責任が倍加されます。
このような交通事故の「加害者」となっても、「被害者」となっても、本人はもちろん、家族にも不幸な出来事です。
 ですから、赤ちゃんの名づけの時から「交通事故に遭遇しにくい姓名」に名づけることが、人生においても一番必要なことです。過去のひき逃げ犯の事例を沢山紹介しましたが、それら事例の原因は、「”事件事故”を呼ぶ姓名」又は「一般的な”弱運”の姓名」でも、”不幸な交通事故”を呼ぶのですよ。』

先日のブログ([第2475回])のような「スピード出し過ぎて、カーブを曲がり切れず、19歳の男女5人が死亡」という交通事故の態様ではなく、通常な運転中でも起こりうる交通事故もありますね。
 でも、予期しない事故で理性を失い、事後処理もせず、現場から立ち去ると、”ひき逃げ犯”という汚名を着せられ、過失相殺でも不利な処理になりますので、皆さん、十分に留意してください。
しかし、それよりも、初めから「事件事故”に遭遇しない幸運の”姓名”」を持つことが、”衣食住”や”恋愛・結婚”より、最重要点事項ですよ。
死んでしまえば、「はい、ソレッキリ!」であり、デート一つできませんよ。
 ですから、「天命数霊術」が一般の「”占い”(恋愛・結婚などが主体)」と大きく分野が異なるのに、気付いていましたでしょう。
 日本中の”占い”どころか、日本中の姓名判断の五剖式でも、”事件事故”の遭遇の可能性を的中させることができませんよ。

今日のTBSニュース。
『 京都・宮津市で6歳の男子児童が、車にひき逃げされ重傷を負った事件(8月27日)で、近くに住むコンビニの店員「寺谷 浩美」容疑者(42)が逮捕されました。
 警察によりますと、寺谷容疑者は先月27日、宮津市の信号のない交差点で軽乗用車を運転中に、自転車に乗った小学1年の男の子(6)をはねて、肩の骨を折るなどの重傷を負わせ逃走した疑いが持たれています。
現場の目撃情報や、寺谷容疑者が勤めているコンビニの防犯カメラの映像などから寺谷容疑者の車を特定し、車のフロントガラスにはヒビが入っていました。
寺谷容疑者は「ヒビはいたずらされたものだ」と当初、供述していましたが、今は容疑を認めているということです。』

 このニュースだけでは、両者の過失度合(自転車の飛び出しの有無?)が不明ですが、出会い頭の事故は少しの不注意からですが、「運気が良い姓名」を持てば、私のように半世紀近くも”対人対物事故”は、ゼロを更新していますよ。
 要するに、「交通事故の80%は”運”次第・・・」だと、過去8年約2500回のブログ作成の際、交通事故ニュースを読んで感じていますよ。
 さて、この事故の加害者は、「”運”が良い姓名だ!」と思いますか?

「寺谷 浩美天格16・地格16・総格32


どうですか? この姓名、下1桁「6・6・2」系列の構成・・・。同じ「32」の構成でも、このような「6・6=2」と「2・0=2」or「0・2=2」の3通りの組み合わせが、最も運気がなく、「事件事故を呼ぶ姓名」です。
 もう、皆さんは「天命数霊術」の手法を記憶しましたね。
 同じ「32」でも「19+13=32」であれば、このような交通事故は発生しておらず、寺谷さんは、元気に働いており、6歳の男児も元気に自転車の練習している平和な光景が見られるのです。
 姓名の運気一つで、世の中の明暗・家庭の明暗が変化しますよ。

必読!全盛の「藤原道長」でも、パソコンもスマホもない時代!
[第2480回](中凶)・・・9月3日(小吉)

『 現在は、2015年・・・。千年前の1015年は、どんな世の中でしたでしょうか? 逆に千年後の3015年は、どんな日本と世界になっているのか、想像したことがありますか? たまたま私たちは、2015年の太陽系の同世代で生存して、このブログを読んで頂き、奇跡的に誕生された赤ちゃんの名づけをさせて頂くのも、不思議なご縁だと想っています。
 そして、私が名付けた赤ちゃんが成長し、子孫を作り、2015年〜からの新しい歴史を創造し、そして私たち中高年は黄泉の世界に消えて行く・・・ことを思考すると、現在の赤ちゃんの名づけが、いかに大事なことか?と理解できますでしょう。
 ですから、一人でも多く「健康で賢く、そして運気が良い名づけ」をすべきであり、決して軽はずみに「キラキラネームやDQNね〜む」で名付けることは、千年単位の歴史を穢すことにもなると、わが子を抱きながら思考したことがありますか・・・? 』

 歴史を振り返ってください。わずか一人の運気で、時代を創り、千年単位の歴史にも影響してきましたね。日本史だけでも、「卑弥呼」「聖徳太子」「空海」「藤原道長」「源 頼朝」「足利尊氏」「織田信長」「豊臣秀吉」「川家康」などが時代を創り、そして大改革への影響を与えた「吉田松陰」「坂本龍馬」「高杉晋作」などと、「福澤諭吉」の思想改革が現憲法の基本的人権へ大きく貢献してきた歴史の流れが、現在2015年の日本と世界を形成しています。
  過去の誰一人欠けても、現在の日本になっていません。

 そして、これら全盛を極めた時代も、一人の生涯どころか、2〜3年の経過で時代が変革しています。それだけに、皆さんもお子さんも、強運の人でなれれば、時代に流されてしまうのです。

 例えば、ちょうど千年前:1016年に平安時代の全盛期、「藤原道長」が摂政になった年から、わずか3年で出家という全盛の時代は本当に短いですよ。
 
 「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」(「この世は 自分(道長)のためにあるようなものだ 望月(満月)のように 何も足りないものはない」という意味)を詠んだ教科書にもある有名な和歌。

 この全盛時代は「平安時代」、そして千年後の現在は「平成時代」・・・。この「平安」と「平成」は不思議にも、日本は他国との戦争がない時代ですね。
 ですから、皆さんはこの平成時代に生存したことが、過去のどんな時代よりも恵まれた生活をしていることに感謝せねばなりません。
 それは、前記の和歌の”何も足りないものはない”という「藤原道長」よりも、現在のあなた方は恵まれていますよ。
 「新幹線・高速道路・自家用車・携帯電話・スマホ、そしてエアコンに冷蔵庫・・・」こんな恵まれた生活は、「藤原道長」どころか、歴代の天皇や将軍でさえ、パソコンやスマホなんてなかったのです。
 ところで、千年後の3015年は、どんな時代に変貌しているでしょうか?
 想像して見てください。「藤原道長」が満月を愛でたのですが、我々の子孫は「”満月”へ日帰り家族旅行」や「”天国”へ2泊3日の新婚旅行」などが、当たり前の世の中になるかも・・・? いや、犯罪者には裁判で、「”地獄”の血の池に15年の刑!」なんて現実になるかも・・・?
 それほどに、千年先は未知の世界・・・。

 このような遠大なる夢を持って、皆さんの赤ちゃんの名づけをしていますか?
 現在の赤ちゃんが、千年先では平成時代の「大先祖」と、歴史教科書にも掲載されて恥ずかしいような「キラキラネーム」や「DQNね〜む」になっていませんか? やがて、成長されると「天國=15」と「地獄=20」の差が待っているのです。天國を創る「名君」なるか、地獄に行く「犯罪者」になるか、その違いを心得てください。
 天格「9・5」系列に名付けして、3015年までも歴史に残る名君を誕生させてください・・・。 そのためには、「”健康”で”賢く”、”事故事件”に遭遇しない運気が良い子」の3条件は、ぜひ必要なのです。 

必読!自信がないのか?”曖昧な表現”の市販「名付け本」!
[第2479回](中吉)・・・9月1日(大吉)

『  皆さん、気付いていますか? 市販の「名付け本」に掲載している候補名や使用漢字の列挙・・・、これらは、一体、大事なわが子に使用して良いのか? あるいは使用してはいけない候補名や使用漢字が含まれているのか、いないのか? サッパリ曖昧に誤魔化しているように読めるのです。
 この傾向は、名付け本の著者が自信がない証拠では・・・? 今日は、そのうち「止め字」の列挙についてみますと、人名には不向きな漢字でも無責任にも掲載されています。
 これでは、最近のキラキラネームの後押ししているように思います。 』

 本当に、市販されている「名付け本」に列挙されている仝補名の漢字、∋澆畛に使用する漢字・・・、何でもかんでも、掲載していますから、皆さんの大事な赤ちゃんの名づけや改名・雅号などの命名には、逆に”不幸になる漢字”も含まれています。実に無責任な「名付け本」が多いのに、注意して名付けないと、わが子が”難病・奇病で短命”や”事故事件の当事者”になりやすい字体も含まれていますので、ご自分で図書館に行き、少なくても3冊以上の漢和辞典で確認してから、わが子の名づけや改名をしてくださいよ。
  実に”あっ”と驚くような不吉な漢字まで掲載していますよ。

 今日は、”止め字”のみに限定してみましょう。
 謬帆蠅慮谿奸匹ある字体であること。
◆瓢澆畛”ですから、ドッシリした”安定感”がある字体。
C暴別が明解な字体を、止め字に使用すること。

 以上の条件に適合すれば、運気が良い姓名の第一歩となります。

 ところが、ある「名付け本」では、4ページにわたり、思い付く漢字を何でもかんでも、次のように掲載しています。
 それも、見出しが『 名前に使われる止め字』となっています。この”名前に使われる・・・”という表現は、非常に曖昧であり、
\ご岼貳未忙藩僂箸いΠ嫐か?
著者が吉相として推薦するのか? 
どちらも混在しているので、みなさんが選択して名付けて欲しい! 
という3つの解釈ができる見出しですよ。この見出しは、誠に責任逃れの”無責任”な表現です。

 全てをここで紹介できませんが、女児の名づけに使用される止め字として掲載されています。(一部分のみ、抜粋)
『 「」亜・阿・・・、「」以・衣・依・委・為・惟・唯・維、「」羽・雨、・・・(中略)、「」那・椰・・・、「」祢・根・禰・・・、「」歩・帆・圃・葡・・・、「」茉・磨・摩・・・、「」魅・彌・己・巳・・・、「」弥・哉・耶・椰・・・、「」悧・浬・莉・梨・璃・・・、「」流・留・琉・瑠・・・(以下、略)』
 
例えば、「亜」の止め字では、「瑠亜(るあ)」「由利亜(ゆりあ)」など、「阿」の止め字では、「悠阿(ゆあ)」「衣梨阿(いりあ)」などの候補名を推薦しています。これらが、プロが推薦する優雅な女児名と思いますか・・・? 呆れたものです。どうですか、4ページにも亘って、何でもかんでも、思い付く漢字を”止め字”として掲載しています。
 前記の例示は、全て「女児名の止め字!?」ですよ。醜い「亜」も、男児名の止め字「哉」も、女児名として推薦? それに縁起が悪い「雨」・「流」もお構いなし・・・? 
 それに画数が多く、普段はヒラカナに書いてしまう「禰」・「彌」・「璃」・「椰」など、「あぁ、これは絵に描けるような美しい止め字だ!」と思いますか!・・・呆れたセンスをしている「名付け本」が市販されています。このような候補の”止め字”で、女児名としてベストな名づけができると思って、出版しているのでしょうか・・・?

(追 記)
最近、良く使用されている字体で、”止め字”に使用すると、「 豹牲仄繊匹弊格になりやすい不安定な字体 ◆瓢故事件”に遭遇しやすい左右分かれの字体」を紹介しましょう。
◆”止め字”に使用しないで・・・!
「衣・依・羽・加・伽・耶・那・椰・栞・希・未・来・茉・稀・己・巳・胡・沙・早・冴・千・十・叶・祢・巴・歩・麻・芽・佑・侑・唯・羅・利・梨・莉・浬・流・帆・伶・呂・・・」
(「天命数霊術」では、”止め字”として、絶対に使用しない字体。特に女児名では、優雅さと安定感がない字体ばかりです。)