Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!不運な「難波 綾」容疑者も、天格2系列と"天斬殺"!
[第2707回](小吉)・・・8月30日(小吉)

『 1昨日のニュースで、「”天格2”系列の”天斬殺”!」と言う2重に運気が良くない姓名の女性・・・産後間もない新生児の我が子2人を殺害し、雑木林に死体を遺棄した事件。それに、トライアイスロン大会で、海水浴場で溺死した57歳の男性も、やはり「天格12」で”事件事故”を呼びました。
  実に、「天格2系列のトラブル」が多いでしょう・・・。』

 昨日のTBSニュース。
『 鳥取県岩美町の雑木林と民家の倉庫で、乳児計2人の遺体が見つかった事件で、鳥取県警は28日、雑木林で発見された女児の「死体遺棄罪」で起訴された母親のパート従業員「難波 綾」容疑者(35)を、この女児に対する「殺人罪」容疑で再逮捕した。
 再逮捕容疑は5月30日ごろ、出産した女児を、自宅で窒息させ殺害した疑い。司法解剖の結果、女児は死産ではなかったことが確認されている。』


 この事件の容疑者は、現在人としては画数が多い姓名です。
「難波 綾」天格32(=18+14)・地格8・総格40

この画数配列は全て”偶数”であり、しかも天格32という「2」系列になって、そのうえ「綾=14」を含んでいますので”事件事故”を呼びます。それが総格40とともに、「4」が複数含まれていますので、加害者になりやすいのです。
 さらに、そのうえ「難波 綾」の”3文字とも左右分かれ”ですので、この形を風水では「天斬殺」と言い、大きな事件事故を起こす可能性があります。
 このような数字の配列状況を観ますと、病的なほど神経質な性格になり、わが児2人も殺害してしまう・・・という運命になったようです。

 さて、次も「天格2系列」の”事件事故”ですが、被害者の立場の事故です。
 やはりTBSニュースです。
『 28日午前10時ごろ、石川県珠洲市の鉢ヶ崎海水浴場で行われていたトライアスロン珠洲大会で、水泳競技に出場していた会社員「公下 周(まさる)」さん(57)が、溺れて病院に搬送されましたが、およそ3時間後に死亡が確認されました。』

 この公下さんの姓名は、
「公下 周(まさる)」天格12・地格3・総格15


どうですか、やはり天格12で水死ですね。運命・運気は「非常に高い比重で、天格の吉凶が影響する」のですよ。
 そうすると、現在でも日本中の「赤ちゃん名づけ本」が、人運と総運が重要・・・という説で判断しますと、

「公下 周」天運7・人運11・地運8・外運5・総運15

となり、重要ポイントと主張される「人運11・・・大吉」と「総運15・・・大吉」と、大吉が2ヵ所もありながら、”水死”するとは・・・? 
 やはり、日本中の五剖式(熊崎式)では間違いの判断になりますね。第一、5ヵ所も画数を求めることは、無駄な労力ですよ。
 私説は、3ヵ所のみですから、慣れれば3〜5秒間で判断できて、的中率は約70〜80%あるのですから・・・。
 どうですか、大事な我が子の名付けは、どちらの説がお得でしょうか?
 それでも頑固で流行を追う人は、従来の五剖式がベストの名付けと思われて、「天命数霊術」を理解できない方が、世の中にはまだ多いのですよ。
 ・・・お気の毒な生涯になるかも知れずに・・・。

必読!世界的な星座研究者「(故)本田 實」さんの業績!
[第2706回](小吉)・・・8月29日(大吉)

『 1字名で名付ける時は、絶対に「”左右分かれ”しない字体」で、止め字としても、安定感ある字体で名付けてください。そのうえで、「天格が9」系列になっていれば、子どもの時から優秀な才能を発揮して、歴史に残る業績を持つ偉大な人になります。
 もう、みなさん、耳にタコができるぐらい「天格2系列はダメ、天格9系列で名付けること・・・」を、実証してきましたね。』

 昨日の地元、山陽新聞の「子ども新聞」に「倉敷名誉市民 本田 實」さんの紹介がトップ記事でした。
 1字名づけで、天格19の成功者は、「犬養 毅」(元、総理大臣)や「明石 康」(前、国連事務次長)などが、すぐに浮かびますが、「本田 實」という人は全く記憶がなかったのですが、小学生用の新聞ですから、この偉人も皆さん記憶していた方が良いと思いますよ。

 実は、これからの季節、中秋の名月(9月15日)を臨みながら、満天の星空を仰ぐ季節になりますね。そのおり、「 新彗星12個、新星11個を発見した世界的に有名なアマチュア天文学者;本田 實(みのる)」さんを思い出してください。
 この本田さんは、鳥取県八頭町出身、大正末期の生まれで、子どもの時から夜空が好きで、僅か10歳ごろには、小遣いを貯めて、素人の私には判りませんが、「口径28mmのシングルレンズ」と「焦点距離25mmのラムスデン式接眼鏡」を買ったそうです。(どうですか、現在の10歳少年なら、スマホでゲーム! 段違いの賢さ・・・!)
 それで、「32倍の屈折望遠鏡」を”自作”して下弦の月を見たのが、望遠鏡による初めての天体観測だったとのこと。
 そして27歳のときから、「新彗星」を次々に発見し、なんと戦地からでも「周期彗星」を発見するなど、世界的にもアマチャの素晴らしい業績に評価されて、50歳の若さで「紫綬褒章」を受賞されました。
 そして、自費で岡山県倉敷市や賀陽町に「星尋山荘」を建設し、生涯で1453回目の観測して、惜しくも77歳で生涯を終えられました。
 生涯で新彗星12個、新星11個の発見があり、小惑星の中には、本田さんや奥さんの名前を、後世の天文学者が名付けた星もあるそうです。

 どうですか、自分の好きな天文学を、10歳から77歳までの生涯歩むことができたのも、姓名の運気が良かったからですよ。

「本田 (みのる)」天格19・地格5・総格24

 どうですか、「天格9」系列であり、「9・5」の2ヵ所ある画数に優れたうえ、「實=14」という1字名ですが、左右分かれしない”重心”がある姓名です。
 したがって、幼い子どもの時から、研究心や思考力を持つ優秀な人柄であり、現在の「ポケモンGO」など流行の後追いより、自分が「星空観測!」という国民的な流行を創り出し、敗戦後の日本に希望をもたらしたのですよ。
 私が常に言っていますでしょう。「流行を追う人は”平凡な人”、流行を創る人は”優秀な人”」です。
 その差は、「優秀な”姓名”にある」こと、皆さん、納得されましたか・・・? 

必読!研修医「大谷祐介」容疑者が、天格12で準強姦の疑い?
[第2705回](大吉)・・・8月28日(中吉)

『  容疑者本人が逮捕容疑を否認しているので、本来はこのようなブログに採り上げるべきではないのです。しかし、このブログの趣旨には、事実関係の真偽を言うばかりではなく、「天格2系列の姓名であれば、事実関係は別として、”事件事故”に巻き込まれるので、ご用心・・・」と言う趣旨もあるのです。
 ですから、皆さんご自身やご家族に、天格2系列の姓名になっていないか、どうか?を再確認して頂きたいのです。』

 事実関係の真偽は別として、天格2系列の姓名であれば、いつ”事件事故”に巻き込まれるか、どうか?・・・TBSニュースでは、次のように報道しています。
『 昨日27日、飲食店で同席した女性の飲み物に、薬物を混ぜ朦朧とさせた上で猥褻な行為に及んだとして、静岡県焼津市の市立病院の研修医「大谷 祐介」容疑者(28)を、警察は「準強姦の疑い」で逮捕しました。
 取り調べに対し、大谷容疑者は「容疑を否認」していますが、警察は、犯行に使われたとみられる薬物が、勤務先の病院から持ち出されたものである疑いもあるとみて調べを進めています。』(28日04:12)

 このニュースの事実関係は、おそらく被害者の被害届の範囲内で、警察は逮捕に踏み切ったと思いますが、大谷容疑者は「容疑を否認」しています。ここが、先日の「高畑 裕太」容疑者の強姦傷害事件と異なるところです。
 このブログで採り上げたいことは、「天格2系列」で名付ければ、事実は別としても、「”事件事故”に巻き込まれるので、絶対に止めなさい!」ということを強調したいのです。

「大谷 介(ゆうすけ)」天格12・地格11・総格23


  同じ「ゆうすけ」でも、「祐介・裕介・勇介・雄介・・・」などがある中で、「大谷」姓には不適合の「祐介」と、28年前に名付けたところに、親子とも不運だったと思います。
  仮に、誤報だとしても、全国ニュースで「研修医の大谷祐介が準強姦の疑い・・・!」で報道されたこと自体が、もう生涯の医師としての信用を落としたことになります。
  要するに、人生は”努力”も必要ですが、その努力も「運・不運」のもとに成り立っていますよ。
「運が良い生涯を送ってください!」・・・これがこのブログの目的です。


※「お願い」
再三、お願いしていますが、姓名判断などのご依頼は、ブログ左欄「★姓名判断・命名・改名の申し込み手続き、プロフィール★」を一読されてから、お申込み願います。なお、PCメールの件名には「都道府県名+苗字」のみの記載を願います。売り込みメール・迷惑メールと間違って、消去しないためです。
 また、お急ぎのご質問などは、下記の携帯テレでも結構です。
(PCメール;info@gakuyo951.jp )
(携帯メール:09090653019@docomo.ne.jp)
(携帯テレ:090-9065-3019 望月岳陽)
★ブログ閲覧は、2ちゃんねる投稿の中傷・誹謗が少ない「http://blog.gakuyo951.jp」からお入りください。

必読!”事件事故”を呼ぶ「”天地左右分かれ”の姓名」!
[第2704回](中凶)・・・8月26日(小吉)

『 皆さんの苗字で、1字目が左右分かれで、2字目が下に尖った「松本・杉本・坂本・根本・野本・村本・松木・鈴木・野中・村中など」のような「本・木・中」(もと・き・なか)である人は、個人名には、絶対に「左右分かれの字体”のみ”」で名づけないでください。「”事件事故”を呼ぶ可能性」が非常に高いですからね。要するに、風水の見地から観ても、安定感がない「天斬殺」に類似しているからです。』

昨日のTBSニュース。  
『 輸入衣料品販売会社の倉庫からレザージャケットなど、1300万円相当を盗んだとして、元社員の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、川崎市の衣料品販売業「松本 怜」容疑者(31)で、去年6月から今年6月にかけて、以前勤めていた輸入衣料品販売会社の倉庫からレザージャケットなどあわせて147点、1340万円相当を盗んだ疑いが持たれています。
 盗まれた衣料品がインターネットオークションで販売されていたことから、松本容疑者の関与が浮上したということです。
 松本容疑者は、盗んだ衣料品を買い取り業者に転売し、およそ250万円を稼いでいたとみられ、取り調べに対し、「生活が苦しかった」と容疑を認めているということです。』(25日11:01)

 運気が良い姓名とは、”安定感”が必要です。その安定感のためには、苗字が左右分かれでしたら、名づけの時、必ず、「左右分かれしない字体」で「重心」を下げる・・・!との留意点がコツでした。

 さて、この事件の「松本 怜」容疑者、本当に”苦労性”で気の毒でしたね。なぜなら、”運気”は「本」を中心に姓名に留まらず、天に抜け地にも抜けて、「働けど働けど”楽”にならない運命!」・・・、可哀想ですよ。誰も赤ちゃんの時には、何の罪も責任もないのです。
 いいですか、わが児を”事件事故”から守り、経済的にも”苦労しない人生”を望むのが、共通した親心です。

「松 怜」天格16・地格5・総格21

この姓名は、画数の点から観ると、吉数「5・1」の2ヵ所ありますが、この「5」は苗字からであり、個人名からではないので、同じ「5」でも”弱運”であり、しかも特に男性に必要な”対外的な運気”が「天格16」では、外見大人しく強運がない姓名になっています。
 その中で、配列字体を観ますと、「本」を中心に天の「松」、地の「怜」とも左右分かれで、姓名に運気がとどまらず、天地に発散してしまうので、生涯苦労性です。そして、時により”事件事故”に遭遇することがあり、しかも”重心”がないので、凶気を避けることができない名づけだったのです。

 そこで、この「天地左右分かれの実例」を、過去のブログから再掲しますので、姓名が運命を決めるとは、いかに大事なことなのか?皆さん、再認識してくださいよ。

 [”天地左右分かれ”の事例](被害者に多い・・・)
★「事例 1」(水死)・・・「鈴 恒昭」さん(38)
『 2015年5月2日、猪苗代町の中津川で、仲間とバイクでツーリングに来ていた東京都の会社員「鈴木 恒昭」さん(38)が1人で川に入って流されました。鈴木さんが水死したのは、「天格22」と「天地左右分かれ」の2つの原因でした。』

★「事例 2」(交通事故死)・・・「鈴 隆」さん(46)
『 ・・・(前略)・・・殺人の疑いで逮捕されたのは、川崎市高津区の自称・会社員「下山 春輝」容疑者(21)です。下山容疑者は5月14日の早朝、川崎市高津区の市道で、オートバイの後ろにしがみついた「鈴木 隆」さん(46)を振り落とし、殺害した疑いがもたれています・・・(後略)』

★「事例 3」(通り魔被害死)・・・「鈴 沙彩」さん(18)
『 2012年10月8日夕方、東京・三鷹市の自宅前の路上で、女子高校生「鈴木沙彩(さあや)」さん(18)が、通り魔なのか、男に刃物で首などを切られ、2時間後に死亡しました。』

★「事例 4」(酸欠事故死)・・・「梅 和洋」さん(39)
『 2013年8月17日午前10時ごろ、和歌山・海南市の民家の敷地内で、井戸の清掃をしていた男性の親子が意識を失い、搬送先の病院で死亡が確認された。県警海南署は、酸欠の可能性があるとみて当時の状況を調べている。
 同署によると、死亡したのは住人の建具店経営「梅本忠弘」さん(70)と長男「梅本和洋」さん(39)です。』

★「事例 5」(心臓移植・渡米)・「杉 類」ちゃん(10ヵ月)
『 重い心臓病を患っている大阪府箕面市の生後10ヵ月の男の子の両親らが、アメリカで移植手術を受ける費用を集めるため、募金活動を行っています。
 箕面市の「杉本 類」ちゃん(生後10か月)は「拡張型心筋症」という重い心臓病で、補助人工心臓をつけながら入院生活を送っています。』

 以上の実例を再掲しましたように、「本・木・中」(もと・き・なか)の苗字の方は、お子さんの名付けには十分留意してください。 

必読!復習に便利!「天命数霊術」の動画が出来上がり!
[番 外]・・・8月25日(大吉)

『 門下生の好意で、このたび「天命数霊術」の動画を作成して頂きました。右上の「リンク」欄にも載せていますが、皆さんの”お気に入り”に登録して頂いておけば、「天命数霊術」全体を勉強されている皆さんや復習には便利だと思います。』

★「天命数霊術」のYouTube 動画!

https://www.youtube.com/channel/UCw9hoN4pJBCpjcu3lPmt6fA/videos

必読!お気の毒!「裕太」の名付け、「高畑」姓に全く不適!
[第2703回](小吉)・・・8月25日(大吉)

『 このたびの俳優「高畑 裕太」容疑者の事件、誰よりも驚かれたのは女優「高畑 淳子」さん、母親ではないでしょうか? 折角、苦労して育て、俳優の道に歩き始めた矢先のこと・・・、この事件が母子とも俳優生涯の”命取り!”になるかも・・・? 全くお気の毒です。
このような”急激な運命ダウン”も、全て”姓名の影響”があること・・・、私説の「天格」重視の日本初「天命数霊術」だからこそ、実証できるのです。従来の「総運・人運」重視の五剖式姓名判断では、この事件も証明できませんよ。』

 すでに皆さんは、事件の内容については、TV・新聞などの報道でご承知ですので、省略しますが、TVドラマ・映画などの業界の損害は膨大なものになりますし、息子の「高畑 裕太」容疑者の俳優生命はこれでダウン、母親の「高畑 淳子」さんの女優生命にも、少なからず影響が予想されます。
 このような芸能界大事件も、「”事件事故”を呼ぶ天格2系列」の影響なのです。
 大げさに言えば、「人生で、一番大事なものは”姓名”、それも私説の”天格”!」なのです。
 それに気付くことなく、昭和初期から約90年も間違った「五剖式姓名判断」で、「総運・人運」重視の時代が続いて来ました。
 今回の事件で、裕太容疑者の姓名を比較して観ましょう。

★私説「天命数霊術」では、
「高畑 裕太」天格2212を含む)・地格13・総格35

 僅か3ヵ所・・・しかも「天格」(「高」+「裕」)重視ですから、姓名の吉凶は「3〜4秒間」で非常に簡潔に正確な判断ができます。この姓名は、「天格22が”事件事故”!」を呼んだのです。この実証は、このブログで「もう、イヤ!」と言われるほど投稿していますね。(徳島市の今日、「ポケモンGO」をしながら運転していた車に撥ねられ死亡した「中西幸子」さんも、”天格12”でしたね。)

★「五剖式(熊崎式)姓名判断」では、
「高畑 裕太」天運19・人運21・地運16・外運14・総運35

 さて、この五剖式(熊崎式)説で重要視するのは、「人運21」の”大吉”と「総運35」の”大吉”ですよ。いいですか、大吉が2ヵ所もあるのに、どうして、この姓名で「高畑」母子が致命傷なほどの”事件”に遭遇して、業界にも膨大な損害を与えたほどの事件を起こしたことを、実証できませんね。
 もともと、この五剖式の組み合わせ方が間違ったまま、約90年間も誰も疑うことなく、姓名判断業界に君臨していたのです。

 家電製品・通信機器類の理系科学は、驚くほどの日進月歩ですが、姓名判断は約90年間、全く進歩していません。
 五剖式(熊崎式)の間違いは、この画数の求め方の他、人類にとって一番大事な「9・19」を”大凶”!と判断している大きな間違いの判断をしているからです。その他、沢山の間違い・・・、例えば「苗字の画数は、判断しません!」と言いながら、上記の例では「高畑=19画で”大凶”!」と判断している矛盾?などなど、理系の進歩に比較にならないほど、レベルが低い説に呆れたものです。 そうしたことから、最近では私説が、やっと全国の知識層(法学部教授・医大教授・臨床医師・国際弁護士・裁判所書記官・教育委員会・商工会議所・神社神職・寺院僧侶など)から認められて、本人やご家族の命名・改名依頼もあります。
 そして、五剖式(熊崎式)を信じている業者からの中傷・誹謗も、最近ではほとんど無くなってきました。
 約90年間も続いた「天動説」の世の中で、「地動説」を提唱する孤独さから解放されたのは、やはり”真実の強み!”だったのです。
 このたびの「高畑 裕太」容疑者の姓名を観れば、むしろ”被害者”の立場(加害者に多い天格が「4・7」タイプではないこと)で事件に遭遇したかも・・・? 私説「天命数霊術」の”真実”が証明され、皆さんも納得されたでしょう・・・。 

実にお気の毒!
彼の赤ちゃんの名付けの折、「裕太」ではなく、仮に「俊太」であったなら、天格19になるばかりではなく、「高畑」母子の人生は、僅か1字違いで、大きく好転していたでしょうね。(「裕」は”弱運”の字体、「俊」は”偉人”の字体。)
母子とも”運気を呼ぶ女神(「天命数霊術」?)”に、ご縁がなかったのは実に残念です・・・!

必読!女性の「黒ぶち眼鏡」は、運気がダウンする!
[第2702回](大凶)・・・8月24日(小吉)

『 「 ”目”は口ほどに物を言う!」と、昔からの格言です。目を観れば、「善人も悪人」も、「元気な人も病人」も・・・そして「美人もそうでない女性」も、ほとんど区別が付きますでしょう・・・!
 ところが、折角の”美人”に生まれ育ち、この大事な大事な”目”のイメージを隠す「黒ぶち」をかけて、意地悪そうな「お局(つぼね)さま」が、どこの職場にも、一人や二人・・・! そんなお局さまは、大抵、出遅れた年齢になるため、若くて美人の後輩に嫉妬するので、性格まで「黒ぶちの眼鏡のセイ!」で、益々意地悪そうな女性になります。
 実は、そんなお局さまから「良縁を求めて、改名を依頼される!」こともありますが、「必ず、”黒ぶち”の眼鏡は止めて下さい!」と助言しても、相変わらず”黒ぶち”のお局さまの職種に喰らいついて離さない!
  これでは、折角の「天命数霊術」の信用が落ちるので、良縁を求める女性には、「絶対に黒ぶちの眼鏡をかけないで・・・、良縁をシャットアウトしますのでね。」と条件にしていますが、こんな女性に限って、私の作成した「風水祈願額」と「開運助言」より「黒ぶちの眼鏡」を熱愛しているようです。ですから、いつまで経っても「男性には、魅力ないお局さま」になり、良縁遥か・・・困ったものです。 』

 「なんと、”黒色”の車が多いこと! やはり流行を追う平凡な人が多いね!」と再認識した私。
 「 黒色の車は、白色の車に比べて、全損事故率は4倍(黒系0.004/白系0.001)も高く、キズや砂ほこりが目立ちやすい。特に夏は太陽熱で暑い!」のをご存じだろうか? 先日の大型商業施設「イオンモール」(1〜6階の駐車場)では、数え切れないほど、黒色ボデイの車が並んでいましたよ。
 黒色は、夜間はもちろん夕方では、距離感を測りにくく、目測を誤ることが多いので、事故が4倍と多いのは、任意保険会社の調査を待つまでもなく、常識で判りますでしょう。
 それでも、流行を追って、黒色のボデイにしたいと思われる平凡な人が多いこと・・・。いつの時代でも、人の尻を追っかけている平凡な人の多いこと・・・。日本人の黒髪の誇りを忘れ、「金髪・茶髪・・・、そして破れたジーパン!」の姿、そして今度は、人生で何の進歩もない「ポケモンGO」を追っかけ、平凡で事故率が高い「黒色の車」で満足している平凡な人の多いこと。
 いいですか、この「黒色の車」を流行させたのは、”業界の裏”があることに、皆さん気付いていないですよ。
 なぜなら、ダイエットの「朝バナナ」をTVで勧めたことと同じですよ。業界に執っては「いかに沢山の車を売るか?」が使命なのです。すると、メーカーの責任がない「使用者(運転者)」の責任である交通事故による「新車買い替え」が増えるように、密かに狙っているのです。最近の車は性能が良いので、10年以上も買い替えの必要がないほど優秀なのです。しかし、それでは売り上げが伸びない。そこで、少しでも・・・と思い、事故率が4倍にもなる黒色の車種を勧め、皆さんは、まんまとその計略に・・・。
 いいですか、何時の時代でも、支配者・為政者・資本家は、国民庶民が運気が上がらず、汗水たらして働いて税金を納め、せっせと買い物してくれるように、仕組まれた「ウソ」が多いのです。
 社寺でさえ、参拝客が多いようにウソの行事が多いですよ。例えば「大厄・前厄・後厄」の”厄除け祈祷”を、人生80年の時代に、奈良・平安時代の人生40〜50年のままで、「大厄は男性42歳、女性33歳・・・」と取り決め、しかも法律上の「満年齢」の遵守を無視して、社寺では「数え歳」で祈願していますね。

 このように皆さんは、現在では業界に騙されることが多いですよ。
 事故率が高い「黒の車種」を流行させたことも、まんまと策略にかかったのです。金髪・茶髪を流行させたのは、白髪ばかりの客相手ではなく、一般に「整髪ブーム」を起こすための策略だったのです。そうすれば、どんな業種・商品が繁盛するのか、推定できますでしょう。

 さて、今度は、昔の女性用には「黒ぶちの眼鏡」など販売しておらず、女性にも男性と替わらない眼鏡の販売促進のため・・・、お局さまの現代社会の活躍をドラマにして、”カッコ良さ”を売り物にしたのが、良縁を求める美人女性までに普及させた策略だったのです。
 でも、「目がキレイで、生き生きとした美人の輝き」を、黒ぶちの眼鏡で台無し・・・、眼鏡の黒い縁ばかり気になり、折角の美人を忘れるのです。
 「黒い服に黒ぶち眼鏡」は、葬式の参列には、色気抜きですから、美人でもそうでない女性でも、運気をシャットアウトする「黒色」でも良いのですよ。
 みなさん、「流行を追う人より、流行を創る資産家!」になる目的で改名してください!  

必読!ベストの名付け!新聞掲載「84人中」一人もなし!
[第2700回](大凶)・・・8月22日(大凶)

『 昨日の地元新聞(日曜版)掲載の「赤ちゃん名づけ」では、84人中、一応、天格が「9」系列が9人と、地格の「9」系列が7人います。しかし、「天命数霊術」の5大要件のうち、「語意・語源・音感・龍脈」の4大要件まで検討しますと、「福澤 諭吉」や「湯川 秀樹」のような教科書に掲載されるような歴史に残る偉人は、なかなか観られませんね。逆に言えば、「天命数霊術」の5大要件を満たした名づけをすると、限りなく「有名人・成功者」の誕生が期待できますよ。
 日本の将来のためにも、とにかく「天格9・19・29」の”9”系列、叉は「地格9・19・29」で名付ければ、将来の名君・名人・偉人になる成功者になります。あれだけ、熾烈な選挙で勝ち抜いた「小池百合子」新東京都知事も、天格9でしょう! ところが、「9・19は、大凶!」と言う名づけ本を、未だに信じている人が多いので、地元新聞に掲載された赤ちゃんでも、天格・地格の9・19系列で名付けない親御さんが多いのです。
「なぜ?9・19こそ、”最大吉数”なのか?」を考えなくて、市販の間違いが多い「赤ちゃん名づけ本」を信じていますので、世の中に平凡な人が多いのです。いや、平凡ならまだ良いのですが、毎日のように”事件・事故”などで死亡または負傷する子どもが、次々と報道されています。
 このような原因は、「9・19」などの”数霊”こそ、ベストの運気をもたらすことを、名づけ親が信じない結果です。
 「9」が最大吉数なのは、すでに古代中国夏王朝から”トップの運気”を持つ「皇帝の数」として崇められて来たのです。それを、私は姓名判断に応用しただけですよ。』

 では、84人中、天格又は地格に「9・19」系列で名付けられた赤ちゃんを、保護者が姓名を公表され、それが「将来の成功者になるベストの運気」が推定される”良い情報”ですから、苗字も記載したフルネームで紹介しましょう。

※「将来、成功者となる可能性がある赤ちゃん」
≪実例1;天格9・19・29の赤ちゃん≫・・・9/84人
「 澤 千織(ちおり)」「江原 大智(だいち)」
「盒供_冥磧覆すみ)」「名和 大騎(だいき)」
「藤田 悠輝(はるき)」「濱本 瑛菜(えな)」
「松田 健吾(けんご)」「龍 千陽(ちひろ)」
「吉永 煌生(こうき)」

・・・以上、天格がベストの「9・19・29 」が9人ですが、これは画数のみを判断した結果です。

≪実例2;地格9・19・29の赤ちゃん≫・・・7/84人
「小野 吟明(ぎんめい)」「曽根 渚咲(なぎさ)」
「岡部 莉奈(りな)」「高橋 晴大(はると)」
「山南 慶悟(けいご)」「吉田 旺太朗(おうたろう)」
「宮尾 唯七(ゆいな)」

・・・以上、地格がベストの「9・19」が7人ですが、この地格に関しては、天格が「9」系列に限り、昇順数など別の組み合わせで、"
大吉"(9)の姓名になる場合があります。例えば、「19+18=37」「19+16=35」「19+12=31」などの組み合わせもベストの運気になります。
 この組み合わせも、あくまで天格「9」系列に限りますよ。それほど、「9」系列のパワーは凄いのです。
以上、15人の画数ベストの赤ちゃんがいましても、「天命数霊術」の語意・語源・音感・龍脈(形)を判断要素に入れますと、結局、84人中、一人も「総合的に推薦できる名づけ」はありませんでした。
 それほど、将来の成功者・有名人になる名づけは、非常に少なく、結局、平凡な人が多くなるのです。

 ところが、従来の日本中の説は、「9・19 は大凶!」と、大正時代から根拠もなく、この平成の現代まで、間違って伝承されて盲信して来たのです。
  なんでも鵜呑みに信じないことです。「なぜか?どうしてか?どうしたら良いか?」を忘れずに判断しないと、文系科学の進歩はなく「9・19は、大凶!」なんて、すぐ騙されてしまいます。
・・・古代からのベストの「皇(9)帝(9)の数」が、大凶!である訳がないでしょう。日本(9)でも、古代から「”九重”(ここのえ)の”帝”(みかど)」と枕詞がありますね・・・。

必読!地格5の「むのたけじ」氏101歳の長寿で亡くなる!
[第2699回](大吉)・・・8月21日(大吉)

『 「戦争絶滅」を訴え続けたジャーナリスト「むのたけじ(本名・武野 武治)」氏が21日、101歳の長寿でしたが、老衰のため永眠されました。心からご冥福を祈ります。昨日の動物写真家「岩合 光昭」氏の芸術的才能は”地格15(9を含む)”からでしたが、この「むのたけじ」氏は、ペンネームでは”地格5”ですが、本名でも”地格”がベストの「19(8を含む)」だったのです。
 このように、有名な文化人は本質的に「地格9・5」系列の姓名を持っていますよ。』

 自分の信念を貫いて、101歳の人生を終えられたとは、私もあやかりたく思います。お写真を拝見しますと、本当に「思いやりある優しいお姿」で、姓名からでも推定できますよ。
 武野氏は「負け戦を、”勝ち戦”のように報じて国民を裏切ったけじめをつける」と、終戦の日に朝日新聞社を退社されました。そして、故郷の秋田県に戻り、横手市で週刊新聞「たいまつ」を創刊されましたが、その後、文筆や講演活動を通じて「平和への信念」を貫き、全国の皆さんにも大きな影響を与えました。
 なんと、平均寿命を20年超えた”100歳”になった昨年、「今年は、戦後70年で"歴史の引き継ぎのタイムリミット"」との想いで、全国で講演でされたほどのお元気でした。今年の憲法記念日でも、東京臨海広域防災公園で行われた「憲法集会」でのスピーチは、私も日ごろから同感です。
「日本国憲法があったお蔭で、戦後71年間、日本人は1人も戦死せず、相手も戦死させなかった!」と語られました。この主張が、公の場での最後の訴えとなりました。
 「現憲法は、戦後の日本にアメリカから押し付けられたものだから、改正の必要がある・・・」と、私の法学部の学生時代から「憲法改正論者の主張」でしたが、それは間違いです。当時の日本人は、「戦争は、国土を荒廃させ、一部の日本軍部は人命を虫けらのように扱い、国民全員がもうコリゴリでした。そこに、平和と人権を護る立案能力がない日本でしたので、アメリカが立案を助言したのです。当時、アメリカの統治下にあったお蔭です。もし、これがソ連の統治下だったら、一体、どんな憲法になっていたか?を推定するだけでも、ゾッとします。
 本当に、現在の平和日本があるのは、アメリカのお蔭なのです。
 これを”数霊”から観れば、「日本」という国は、9画の”奇跡を呼ぶ国”であって、「アメリカ」は8画の”協調性ある思いやりの国”なのです。
 本当に「ソ連」12画の”事件事故”を呼ぶ国に支配されなかった日本の運氣の良さは、国旗「日の丸」9画にも、感謝せねばなりません。

 「武野武治(むのたけじ)」氏は、胃がんの手術や肺がんで放射線治療を受けましたが、運が良く、ほぼ完治されていました。そして、「80歳より90歳のほうがいい仕事ができるようになった」と、90歳を過ぎても自転車に乗っておられたそうです。私は現在77歳ですが、武野氏の精神に負けないように、「天命数霊術」の普及に、100歳目標で頑張りますよ。

「武野 武治」天格16・地格19総格35
「むの たけじ」天格8・地格5・補格3・総格16


 そんな長寿で、ジャーナリストとして活躍された姓名は、このように本名は、地格19で天格16・総格35 でベストの運気です。
 しかし、ペンネームの画数が不明確ですので、運気も不明確なので、「ジャーナリスト」として名を遺すより、「101歳までの長寿で、平和運動に生涯を捧げた方・・・」という”本名”の影響が強い例外的な文化人であったと、私の心に刻んでおきました。

必読!写真家「岩合光昭」氏の芸術は、地格15(9を含む)から!
[第2698回](中吉)・・・8月19日(大吉)

『 「わぁ、母ネコの愛情は凄い!」とか「数匹の子ネコが戯れる可愛いらしさ・・・」などの作品は、「わが児を虐待死亡させる人間界を皮肉られている氣が・・・」とも思える猫の生態!
 目下、日本列島は”猫ブーム”なのか、TV番組でも猫の話題を採り上げられますが、動物写真家の「岩合 光昭」氏の写真展が全国で順次展開されています。 現在、岡山で開催されている「岩合光昭写真展」;『ねこのとけい』を観に行って来ました。なかなか予想より遥かに見応えある写真展でした。
 私宅では、猫も犬も飼っていますが、今日の写真展で、猫の違った視点で、猫の生態の写真を観て、やはり写真展の”芸術性”まで高めた作品に感動しましたよ。・・・どうですか、「岩合 光昭」氏の地格15を観れば、「なるほど、”思考力・創造力・表現力”の3つの能力がある芸術家だ!」と、実証されたような写真展でした。 』

 皆さんの地域に「岩合 光昭」写真展が巡回されましたら、予想より遥かに見応えがありますので、ぜひ、ご家族か恋人同士で、猫の世界にも視野を広げてください。人間界にも参考になります。
 岡山では、イオンモールの5階「おかやま未来ホール」で開催されたのですが、全国各地や世界を巡回した非常に沢山の「ネコの生態」を紹介した写真展でした。
「ネコは居心地がいいところが好き。自分の好きなところで、自分の好きなように暮らしているノンビリした光景」もあるとの岩合氏のコメントのとおりでした。
 猫たちの自由気ままな「早朝からの“ネコの一日”」を楽しめる展覧会で、若いカップルからお年寄りまで、”猫ブーム”のとおり、年齢層に関係ない沢山の人でした。

 さて、この話題をブログにしたのは、この動物写真家も芸術関係の才能を持つ人の「地格」に注目してください。

「岩合 光昭」天格14・地格15(「昭=9」を含む)・総格29

どうですか、天格は14=7×2 ですが、地格は「9」を含む「15」となり、総格29と”吉数が2ヵ所”あります。そこで、地格15でも「9」を含んでいますので、「地格の3大能力(思考力・創造力・表現力)」が先に充実した作品が評価され、その後に、対外的な評価を受けて有名な写真家として大成される運気なのです。しかし「光」を使用していますので、”苦労性”な所がありますが、この欠点は、地格「15」と総格「29」で中和されてしまいますので、今後の対外的な運気にはほとんど影響はない・・・と判断できます。
 やはり、動物写真家としての才能と運気は、主として「天命数霊術」の”地格”から推定できるのですよ。

必読!「6+6=2」タイプは、生涯”苦労性”で”事故事件”を起こす!!
[第2697回](小吉)・・・8月18日(中吉)

『 生涯”苦労性”のうえ、”事故事件”を起こす運命にあるのは、僅か1字違いの姓名であり、「6+6=2」系列の画数配列には、十分注意を払ってください。 本来は、普段は良く働く、大人しい感じの女性でも、ある日、突然、”万引き”をしたり、交通事故の”加害者”になり、通常パターン以上の事件や事故を起こす運命になります。
  姓名の僅か1字・1画違いであれば、そんな事件事故は発生していなかったのに、数霊の不思議な運命に操られる”凶相の姓名”がありますよ。わが子の名付けには、十分に注意を払ってください。また、成人で現在まで無事でも、「ある日、突然のこと”事件事故”に遭遇する可能性があります」ので、このタイプの方は、早急に改名してください。』

  昨年にも、京都・宮津市で6歳の男子児童が、車にひき逃げされ重傷を負った事件で、近くに住むコンビニの店員「寺谷 浩美」容疑者(42)が逮捕されましたという事件で、このブログで紹介しました。([第2481回]2015.09.05 )
 この女性は、天格16・地格16=総格32 のいわゆる「6・6・2」系列パターンで
あり、普段」は真面目に働く女性でも、ある日、突然のこと、事故事件に遭遇してそれが、逮捕されるような不運に遭遇する運命・・・になります。

 さて、この事件に類似した「6・6・2」系列タイプの女性が、万引きから強盗傷害事件に発展、逮捕された事件が、岡山・倉敷で1昨日に発生しました。
 TBSニュースでは、
『 岡山・倉敷市内のスーパーで万引し、制止しようとした保安員の腕を引っかくなどして逃走したとして、倉敷署は16日夕、”事後強盗”の疑いで、岡山市のパート保育士「福江 瑞恵」容疑者(42)を逮捕した。逮捕容疑は、16日午後3時15分ごろ、倉敷市内のスーパーで煮豚や煮卵など食料品17点(計3193円相当)を万引。呼び止めた同店の保安員女性(36)の腕を引っかいた上、駐車場に止めていた乗用車を急発進させ、ドアにつかまっていた保安員を振り切って逃げた疑い。
 同署によると、保安員が車の色やナンバーを覚えており、犯行を特定した。福江容疑者は「間違いない」と容疑を認めている。・・・(以下、略) 』

  いいですか、この事件はスーパーで、3千円余りの食品を万引きをしたのですから、通常では軽微な「窃盗罪」で、初犯であれば、送検に至らないかも知れませんが、保安員から逃れるため、腕をひっかいたうえ、保安員を振り切って、車を急発進した行為は、「事後強盗罪」という重犯になり、おそらく送検になるでしょう。いいですか、この福江容疑者は、普段は真面目に「パート保育士」として勤務していても、ある日、突然、軽微な窃盗罪から重犯罪に遭遇する運命になるのが、次のとおり姓名が「6・6・2」系列だからです。
  普段の真面目に働く「”苦労性”が実に成らず、予想外の展開に驚く運命!」になるのです。

「 福江 瑞恵」天格26・地格16・総格42

どうですか、「6・6・2」系列タイプですね。普段は大人しく真面目に働く女性でも、ある日、突然のこと魔が刺したような災難になる運命・・・!?
 この「みずえ」の「え」を、「愛(え)」(古代読み「愛媛県の”愛(え)”」)にすれば、下記のように見違えるように幸運な運気になりますでしょう。
 僅か、1字違いが人生を変え、犯罪を減少させる効果があるのが、「天命数霊術」の効果・・・というものです。

「福江 瑞愛(みずえ)」天格26・地格19・総格45

どうですか、僅か「恵⇒愛」にするだけですよ・・・。

必読!ウソ?が多い伝承!”永眠”した先祖は、実は北枕で安眠!
[第2696回](小吉)・・・8月15日(大吉)

『 8月15日と言えば、終戦記念日であり、新盆(旧盆は7月15日)の真っ盛り! 地域により新盆・旧盆に分かれていましたが、これも時代の変遷・・・全国的に学校の夏休みと地方の行事に合わせて、新盆に統一されてきたようです。ですから、これは人間界の都合であり、あの世の盂蘭盆会は、もともと7月13〜16日であり、現世に帰るのは”旧盆”ですから、「新盆で”迎え火・送り火”などの行事は、道理に合わない仕来りになった」と僧侶は嘆いていますが、一般には「新暦」に先祖が”帰宅”すると誤解されたまま、21世紀が進行しています。
 このように、道理に合わない間違ったことが、時代とともに進行して行きます。その一つが「”北枕”で寝るのは、縁起が悪い!」と言う大ウソが常識になっていますが、「”北枕”こそ、熟睡できて健康に良い方向!」なのです。
 皆さん、「なぜ、北枕で寝ると良くないのか?」を思考したことがありますか!・・・何にも疑問に思わない人は、騙されても気楽な性格の人ですね。』

 数年前の新盆、従兄(真言宗高野山派寺院住職・淡路国分寺住職兼務)の寺院に寄宿した時、「黄泉の世界にいる死者は、新盆に帰省する訳がない!迎え火、送り火したところで気休めに過ぎない。現世に戻ることがあっても、それは春秋の”彼岸の日”だよ・・・」とのことで、「あぁ、またウソが伝承されてきた一つか・・・」と、私は嘆いたことがありました。

 そして従兄の住職は、「 釈迦様が入滅したお姿が”北枕”であり、北枕こそ人を健康にする寝姿だと諭されているのだよ!」とのことにも驚きました。
 
 伝承されて来たことを、”逆に”思考することも大事なことです。(例、十二支は動物ではなく、”植物”! 「9・19の大凶」は逆に”大吉数”!など。)
 なぜ?死者は”北枕”で安置するのでしょうか?
 それは、「安らかに”永眠”して頂くため・・・」なんです。この「安らかに」は死者だけではないですよ。現世の我々も「北枕で寝ると”安眠”できて、より健康体を維持できる」ということですよ。
 このような間違った伝承は、沢山ありましたね。

ところが、事実は奈良・平安時代から、被支配層(庶民)は運気が上がらないように、支配者(上流の貴族と武家)から「真実を曲げられて伝承されて来たこと」は、いろいろありますよ。その一つが「”厄年”の社寺祈願」でしたね。社寺にお参りが多いように作為的な行事(皇室厄除け観音の大和「松尾寺」管長の証言)も、現在まで継続しています。平均寿命が80歳以上の時代に、平均50歳時代の「女性33歳、男性42歳の大厄・・・?」とは、常識で思考しても”変”?・・・でしょう!

 さて、話を”北枕”に戻しますと、
「 北は、涅槃(ねはん)の方角であり、お釈迦様がそちらに頭を向けて入滅したために、死者に北枕をする風習が始まり、生者が北を向いて寝るのは縁起が悪いこととなった。」というのが有力な説ですが、これは間違いの説ですよ。
 お釈迦様の教えは、逆なのです。「北枕で寝ると、永眠できるくらい熟睡できますよ・・・!」との趣旨であると、地理風水から思考しても妥当な説なのです。
 現在、「”北枕”が公的に許可されている」のは、病院・拘置所などの「死体安置所」のみ。死者の極楽往生を願うべく、北枕が許されているようです。
 「”北枕”!」・・・実は平安貴族社会では、支配者層のみ健康になるように、逆に「縁起が良い方位」だったのです。
 なぜなら、神仏や身分が高い天皇は「南面北座」であり、それを敬う人や臣下は、「”足を北”に向ける失礼を避けて、逆に”頭を北”に向けて寝る!」など、平安時代の貴族は北枕で寝ていたそうです。そして、それを庶民が真似するのを防ぐ為に「北枕は良くない!」と言う説が普及して行ったとの学説もあります。
 また、昔の一般庶民の家屋は、”すきま風”が多く、特に冬は、北からのすきま風で、肩口が冷えるといけないから北枕を避けなさいという説もあります。

 ところが、地理風水からみても、”北枕こそ大吉!”なのです。
『 北半球では、磁場は北から南に流れています。南半球ではこれとは逆になるのですが、日本は北半球に位置しているので、磁場の流れは北から南へと流れる磁力線が発生する事になります。そして、人体を健康にする「理気パワー」は、北山から東山を経由して、南⇒西に流れて北に戻り、人体の「太極」の位置に流れます。要するに、「理気パワー」は北方位の頭(「9」の位置)から入り、腹部(「5」の位置)の中心に流れます。
 この流れは、気を集めた右巻きから、左巻きに転換します。運気を放出するときに流れるパワーは、”左巻き”なんです。
 この左巻きこそ、「惑星は、太陽を中心に公転・自転”は”左巻き”」「台風の”左巻き”」、そして「鳴門の渦潮の”左巻き”」など、人を健康にするパワーは、自然界と同様”左巻き”なのです。
 ですから、人間界も同じ真理であり、北枕で寝る事で、血行が良くなるなどの効果を期待出来ますし、その結果、疲労がすっきり取れて目覚めが良くなるのです。
 また、金運についての一説があります。寝る位置を北枕にしただけで金運がアップすると言われるのは、私は結果論だと思います。北枕で寝ると、血液に含まれる鉄分と磁気作用との関係で、「心臓に負担がかからず、血圧が安定するので健康になります。」という趣旨から、「健康であれば、医療費も要らず、元気に勤労できるので、結果として”北枕は金運がある!”」という教えだと、私は解釈しています。
 一般的には縁起が良くないと言われている”北枕”こそ、事実は逆であり、風水理念から観ても、意外にも「北枕は良い効果!」があるのです。

必読!最近の名付けの傾向;オンリーワンか、リバイバルか?
[第2695回](大吉)・・・8月14日(小凶)

『 最近の赤ちゃん名づけの傾向?・・・「わが子だけの”オンリーワン”」か? あるいは昔ながらの「武家の通称名を想像させる”リバイバル”」の名付け、この2つの傾向が観られますよ。どちらでも良いのですが、「名づけは”親の好み”優先ではなく、苗字に適合する”子どもの運気”を最優先に!」思考・検討して名付けるべきです。一人ひとりの運気が向上すれば、健康で賢い日本人が増え、世界平和に貢献できる日本になるのです。
 決して、”病気”や”事故事件”を呼ぶ天格「0・2」系列や家族しか読めない名づけを、間違ってもしないことですよ。』

 さて、今日14日の地元新聞(山陽新聞)の日曜版に、84人の「満1歳になりました」という写真入りで、保護者からの投稿記事が掲載されています。
 その傾向を毎週観ていますが、どうも昨年・1昨年に対比して、男児名では 嵒隹箸猟名量召鯀杼させる”○太郎・◇一郎”などのリバイバル名」が増えつつあるような気がしています。その一方では、◆鋲匹瓩覆ぁ書けない・意味不明?”のオンリーワンの名付けが、相変わらず見られますが、いずれにせよ・・・親の好みではなく、”苗字”に適合する「子どもの健康や知的能力など」を第一に思考・検討して名付けるべきですよ! 
 そのためには、「”占い”の説」ではなく、「”人文科学的な根拠”がシッカリした説」で名付けるべきです。

 屮螢丱ぅ丱襦廚量症佞院・・8人(男児38人中)
 「守屋 源之助(げんのすけ)」天格19・地格12・補格7・総格38
このような時代劇に登場するような武家名でも、現在の「守屋」という苗字に適合していますので、とても良い名づけで、人柄も良く成功者として期待できます。
  あと、「丈太郎(じょうたろう)」が観られますが、あまり苗字に適合していませんので、苗字の公表を差し控えます。その他、「宗一郎」「雄一郎」「優一郎」「直太朗」「健太朗」「聡一朗」のうち、「宗」は名君の字体ですが、残念なことに苗字に適合していません。また、「○○ろう」を「郎=9」又は「朗=10」を使用していますが、同じ「ろう」なら”9画の「郎」”を使用する方が、お得ですよ。

◆屮ンリーワン」の名付けか? (読みずらい名)
 始めに、女児としてベストに近い名づけを紹介しますと、
 「平山 心結(みゆ)」天格9・地格15・総格24
女児46人中、この名づけが画数などの条件がベストと判断しました。しかし、次の名付けは、家族しか読めないように、常識では読みずらい名づけですよ。
 「輝琉(ひかる)」(「輝」を”ひか”?)「彩愛(さら)」(「愛」を”ら”?)「龍李(とおり)」(「龍」を”とお”?)「夢結(めい)」(「結」を”い”?)などが、家族しか読めない「オンリーワン」の名付けに思われます。特に、保育所や小中学校で、誰でも読める名づけをする必要があること判りますね。将来の就活の面接に不利になることも配慮して、少なくとも10人中7〜8人が日本語として思案せず”読める名”で名付けて欲しいですね。

補足;"事件事故"に遭遇する可能性ある天格「2系列」)
  苗字は伏せますが、1字目同士を記載します。
「安」+「羽」=12 ・ 「隅」+「夏」=22
「癲廖棔嵳」=22 ・ 「矢」+「佑」=12
「中」+「佳」=12
以上、5人です。交通事故など遭遇しないうちに、できる限り早く、改名の必要があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 どうですか、名づけは将来の「本人のため、家族のため、社会のため」にするものです。決して、「家族さえ読めればいいのだ!」という身勝手な名づけをしないようにしてください。先日も病院勤めの看護婦さんからの「読みずらい名づけの多いこと・・・」というメールを頂きました。以前には、保育所の保母さんや小学低学年の教職員から、「子どもの名前を”呼び違える”・・・と、足蹴りにされる」というメールも頂きました。こんな社会現象をどう思いますか・・・?

必読!五輪選手;2つのタイプ;天格9か?地格9か?
[第2694回](小吉)・・・8月12日(大凶)

『 スポーツ選手には、2つのタイプがあります。
\犬泙譴弔の”運動能力”が基本となり、努力する人・・・「4・7」タイプ。
運動能力よりスポーツ環境に恵まれ、運気が良く好評価・人気を受けやすい人・・・「9・5」タイプとは、思いませんか!
 要するに、五輪のような大会メダリストは、どちらも努力が必要ですが、端的に言えば\犬泙貮佞の自分自身の能力か、¬椶妨えない運気が後押しの結果か?の2つのタイプに分かれる氣がします。』

 皆さん、五輪の中継を見ていても、 屬△ ⇔匹った!やはり日ごろの努力だね。」というスポーツもありますが、◆屬△ ◆姫拭匹良かった!」と思えるようなシーンもありますでしょう。
 さて、このブログは、”運”についての思考ですから、△痢9・5」タイプの”恵まれた運”について、さらに思考して行きますと、「天格」の運又は「地格」の運の違いがあるのです。

 そこで、△痢崚軍9」系列の運の実例(TBSニュース)
『 ★金藤選手が、女子200m平泳ぎで岩崎恭子さん以来の金メダル★
 リオでの五輪では、日本は連日のメダルラッシュです。大会7日目、女子200メートル平泳ぎ決勝で、金藤選手が金メダルを獲得しました。
 日本競泳陣初の女性キャプテン「金藤 理絵」選手は自身初のメダルを目指しました。
 前半100メートルを2位で折り返した金藤選手は、ここから今シーズン世界ランク1位の実力を見せます。力強い泳ぎでラスト50メートルを1位で折り返すと一気にほかを引き離します。2位に大差をつけて勝利した金藤選手。北京オリンピック以来、8年ぶりの2回目のオリンピックで見事金メダル獲得です。
 「皆さんの声が、国も関係なく私に対して投げかけてくれると思うと、すごくうれしくて。やっとうれしいっていう気持ちが生まれました」(金藤理絵選手)
 金藤選手はこの種目、バルセロナオリンピックの岩崎恭子さん以来、24年ぶりの金メダルを日本にもたらしました。』

 この金藤選手・・・次のように「9・5」タイプで、神仏の加護があるように、不思議なパワーを外部から受けていますよ。

「金藤 理絵」天格19・地格30・総格49 ・・・「9」のダブりタイプ
「浅田 真央」天格19・地格10・総格29 ・・・「9」のダブりタイプ

 このタイプは、フイギアスケートの「浅田 真央」選手と同じタイプ。他のタイプより、選手現役生活が長くなります。


◆崔漏9」系列の”運”の実例(TBSニュース)
『 ★体操・「寺本明日香」選手が快挙、個人総合52年ぶり入賞★
 リオ五輪、体操の女子個人総合でも快挙です。決勝に進んだ「寺本明日香」選手は、1種目目の段違い平行棒から大きなミスもなく、3種目を終え全体の14位につけます。そして、最後の跳馬で高得点をマークし、本人も納得のガッツポーズ。これで、8位まで順位を上げた寺本選手。東京オリンピック以来、52年ぶりの入賞です。
「いい終わり方で笑顔で終わることができて、本当に応援してくれた皆さんに感謝でいっぱいです」(寺本明日香選手)』

 先ず、寺本選手の姓名を観ましょう!
「寺本 明日香」天格14・地格9・補格9・総格32

この姓名は、対外的な運気を受けているのではなく、「地格9」からの自分自身の「自信!」と負けず嫌いの「根性!」が、天格の対外的な評価に影響するタイプであり、前掲の「金森 理絵」選手と対照的にタイプが異なるのです。

 どうですか、スポーツ選手と言っても、いろいろなタイプがありますが、概して「9・5」タイプ(天格・地格とも)は現役生活が長く、「4・7」タイプは比較的に早く引退します。9画のイチロー選手、9のダブりの浅田真央選手・・・9があれば長く続くので、「金森選手」も現役生活が長く続くのでは・・・?

必読!”天格22”・”重心不安定”の男性歌手;女性下着ドロか?
[第2693回](小吉)・・・8月11日(大吉)

『 昨日のニュースで、「星次郎」という高齢の男性歌手を初めて知り、初めて演歌を聞きましたが、声も良く素晴らしく上手ではないですか!? 高齢で歌手生活も長いのですから、もっともっと人気が出て、有名な歌手になっていたはずです。
 芸能人・タレントは「"才能"は二の次!”運気”が有名人を創る!」と思いますよ! 聴くに堪えない下手な有名な歌手もいます。
 ところが、お気の毒に、本名「高澤 博行」の”苦労性”が影響してか、芸名「星次郎」まで人気が伸びないうえ、今回の女性下着ドロのニュースで、致命傷・・・! 67歳の高齢になっても、赤ちゃんの時、名付けられた運勢が影響するとは・・・? 皆さん、想像できないでしょう。』

 昨日のTBSニュース。
『★女性の下着盗んだ疑い、歌手の男逮捕★
 群馬県太田市で女性の下着を盗んだとして、67歳の歌手の男が逮捕されました。逮捕されたのは、埼玉県鴻巣市の歌手「星次郎」こと「高澤 博行」容疑者(67)で、今年5月、群馬県太田市のアパートで、ベランダに干してあった18歳の女性の下着を盗んだ疑いがもたれています。
 女性の夫(20)が不審な人影に気がつき、逃げていく車の特徴を覚えていたことから、高澤容疑者の関与が浮上しました。取り調べに対し、高澤容疑者は「寂しくなった。ほかにもやっている」などと供述しているということです。
 高澤容疑者の自宅のクローゼットからは、女性ものの下着がほかにも20数枚見つかったということで、警察が余罪についても追及しています。』(10日18:30

 本当に赤ちゃん誕生のおり、偶然に、ご両親から名付けられた”運気”が、生涯影響すると思うと、「人は、神の下に”平等”である・・・」という教えは、全く空しいものに感じませんか?
 全ての人類は、”不平等!”に生まれ付いていますよ。
 体格・容姿・健康、それに知識・才能だって、全く不平等・・・! これらのうち、「”努力”で改善できるものと、できないもの」もありますが、その努力も「才能があるうえ、健康であり、しかも運気・人気に恵まれねば、空しい努力!」になります。
 そのうちの一つが、「芸能人・タレントの成功運」でしょうね。
 特に、有名な芸能人は「必ずしも芸の能力と比例しない!」と思いますよ。もっとも、人それぞれ価値観が異なるので、「芸が下手でも、有名になる運気を持っている芸能人」がいます。

 では、今日の恵まれない歌手「高澤 博行」さん、
「高澤 行」天格22・地格22・総格44

「星次郎」は、「星」と「次郎」が続いているので、1つの芸名と観れば、「総格24」でありベストの運勢ではありませんね。ところが、「星 次郎」とすれば、天格15・地格9・総格24 になり、この運気で歌手として名を残して来られたと思いますが、何しろ、本名の「高澤 博行」が、日常使用頻度が未だかなりあったのでは・・・? このような天格22で、「博行」という左右分かれの苦労性の字体のうえ、重心が「澤=16と博=12」の高い位置にあり、止め字が「行=6」とは、不安定な姓名になりますので、歌手人生もなかなか人気が伸びなかったと思います。

いいですか、皆さん、運気が安定し発展させるためには、”形”としては、逆に”重心”を下げて「高澤 行博(ゆきひろ)」にした方がベターです。
 もし、これが本名であったなら、67歳という高齢になって、女性の下着を盗む・・・など、破廉恥なトラブルを起こさなかったでしょう。
 「姓名は、人生の道標(みちしるべ)!」
となること、忘れないでください。

必読!「勝」は負ける!天格「24」で放火強盗殺人か?
[第2692回](大凶)・・・8月6日(小吉)

『 今日は、広島が原子爆弾により被爆してから71年目になります。 原爆による爆死・被災された方々へ、冥福と恒久平和の確立を祈ります。当時、中国山脈越えに原爆閃光と轟きを経験した思い出は、私が小学1年生で縁故疎開をしていた時でした。ですから、平和ということが、どんなに素晴らしいことか、今日のオリンピックの開会式を視れば、世界平和に涙するくらい嬉しい光景・・・! 
 さて、不思議な運命は、”姓名”が持つ運気に影響するとは・・・?
 姓名一つが、「名君になるか?」、「強盗殺人者になるか?」の運命の分かれ道ですよ・・・。 』

今日のTBSニュース。
『 ★出火住宅から女性遺体、強盗殺人容疑で29歳男を逮捕★
 今年6月、名古屋市西区の住宅で火事があり、焼け跡から女性の遺体が見つかった事件で、警察は強盗殺人の疑いで逮捕した29歳の男は、金に困り犯行に及んだとみて調べています。
 逮捕された住所不定・無職「落合 勝大」容疑者(29)は今年6月、名古屋市西区の会社役員「長谷川槌子」さん(当時84)の住宅に侵入して現金を盗んだ上、首を絞めて殺害した疑いが持たれています。
 調べに対し落合容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めているとのことです。警察などによると、落合容疑者は2年ほど前から市内のインターネットカフェなどを転々としていました。
  警察は、落合容疑者が金に困って犯行に及んだとみて、遺体などが燃えていたことから、”放火容疑”でも調べています。』(06日11:53)


 先ず、この容疑者の姓名から観てみましょう。
「落合 大(かつひろ)」天格24(勝=12を含む)地格9・総格33
 
 この姓名を観た瞬間、「あっ”勝”だ!」と気付かねばなりませんよ。「勝は負ける・・・」でしたね。「勝は、”力”の旁を含み、”絶家”の暗示がある凶相の字体!」でしたね。例えば、戦国時代の尼子氏は「尼子 勝久」の代で絶家。また、「武田勝頼」「柴田勝家」「豊臣秀勝」「水谷勝美」「松倉勝家」などの”名門”戦国大名が”絶家”。
 この字体が天格24に含まれた12画ですから、対外的な行動の中には、”事件事故”を呼ぶ運気が含まれています。
 しかし、この人は本来、地格9の内面的な賢さと、総格33という円満な性格を持ちながら、一番大事な対外的な運気が”弱運”なのです。対外的に「勝」の”苦労性”と”絶家”するほどの生活困窮が続いて、自制を無くして、「強盗殺人でもするか!」と、理性を失うのですよ。でも、年齢的にはまだ29歳の若さですよ。犯意を抑制して、十分に立ち直れる機会があったでしょうが、この姓名では、「魔の誘惑に負けてしまう・・・」のですよ。
 同じ「かつひろ」なら「克大」であれば、
「落合大」天格19・地格9・総格28 となり、画数配列がベストになりますので、「強盗殺人」を犯すほど困窮していなかったはずです。

 どうですか、「勝大」か、「克大」にするか? 僅か1字違いが「歳若い加害者」の人生を決めるばかりではなく、「被害者の84歳の”長寿”」も奪う運命になったのです。いかに赤ちゃんの名づけが、大事なことであるのか、このブログを読まれた皆さんは理解されたでしょう。
 しかし、一般には大事な我が子の名づけに、「勝」の語源も漢和辞典で調べることなく、思い付きで名づけ・・・。将来、あなたのお子さんが「強盗殺人」(”放火”も併合罪となれば)で、死刑か無期懲役・・・、その運命になれば、恋愛も結婚もなく、子どもがいないので、絶家となる可能性もあります。それでも、思い付きで名づけますか・・・?  

必読!「9・5・1」が2ヵ所ない「昇順数」でもベストの運気!
[第2691回](大吉)・・・8月5日(大吉)

『 「 昇順数(7⇒8⇒9)の組み合わせが、例外として”ベスト”の運気になる」とは、「天命数霊術」の独特の説ですが、それを発見したのは、どんな経緯があったのですか?・・・」というご質問をPCメールで頂きました。
 実に、この説も「日本で初めての発見!」なのですよ。』

  私説の発見は、”統計”ではありません! 姓名判断のノウハウは、統計から判断ルールが決まったという趣旨の説が、日本中にありますが、それはウソです。いいですか、統計ができるのは、「判断基準と分類基準」がある事象のみですよ。例えば、「あなたは健康ですか?」「あなたのお子さんは賢いですか?」「あなたは金運があると思いますか?」・・・などをアンケート調査をして日本人1億2千万人の運気を”分類”できますか?
 「この分類が出来ない事象は、絶対に統計はできない!」のです。
 「どこからが、”健康”なのか? どこから”賢い”のか? どこから”金運”があるのか?」など、皆さんは答えられますか?
 いいですか、日本中の説は、文系の科学として根拠がないので、「統計から・・・」なんて、苦しい答弁をしています。

 一般に賢い人は、流行を追いません。「ポケモンGO」など、急激な流行はすぐ下火になること当然予測できるはずです。しかし、娯楽の「パチンコ」は、半世紀以上も続いていますが、この違いを少し思考すれば判るはずです。特にそれも判らない姓名判断師などは、人の運勢も予測つかないプロとしては失格です。
 このブログでは、何度も「なぜ?どうして?・・・どうしたら・・・?」を考えなさいと言っていますでしょう。
 例えば、「9」や「19」が”大凶”と判断し、「29」や「39」を”大吉”としている日本中の姓名判断を、大正〜昭和初期の時代から約90年以上も、誰も疑問に思わないとは・・・?

 しかし、最近の日本の理系”技術革新”は、素晴らしいものがあり感心します。容量・性能が大きくても消費電力は、非常に省エネになっている最近の家電製品、・・・これらも「なぜ?どうして?・・・どうしたら?」を思考してきた結果が、資源が少ない日本が一等国に発展してきた理由なのです。

 さて、皆さんのお子さん、2〜3歳ごろから、「どうして?」「なぜなの?」を質問し、考えていますか? どんなことでも、疑問に思い、新しいことに挑戦していますか? 「ポケモンGO」など、与えられた遊びで夢中になる児は、賢くならず、平凡な人生を送ります。
 以前のブログで言いましたように、戦後の子どもたちは、遊び道具などほとんどなく、自分たちで遊び道具を、石ころや木の枝を工夫し、ルールも自分たちで決めて、”勝ち負け”を楽しんでいましたよ。ですから、当時の子どもたちが中高年になり、技術革新の進歩が目覚ましく、やがて3等国の日本から、世界の1等国になったことを、現在の青少年は忘れてはなりません。

 しかし、現在でも驚きの”賢い幼児”の情報を頂きました。
 この女児は、まだ2歳半ですよ。私が”昇順数”で名付けたお子(固有名詞は「◎◎」と省略)さんです。
 頂いたメールの一部を抜粋して紹介しますと、
『 ・・・(略)「◎◎」はいま2歳ですが、今晩眠る前は、体のつくりとはたらき、の本を持ってきて、食べたものがどのように出るか話して、と言うので、何度も話しました。
 先日も、十二支や、アルファベット表を一日で覚えたり、雲と天気、植物の名前を知りたがったり、毎日自分が色々なことを知っていくのが楽しくてしかたない、そんな感じにみえます。いつか必ず二人で会いに行きます、直接見ていただきたいです(^^)・・・(略)』

 どうですか、2歳女児としての好奇心!?とは驚きですよ!
 「人体の仕組み・雲と天気・植物の名前、十二支・アルファベットなど」の疑問や記憶とは・・・?
 大人でも、相変わらず「十二支」を動物と何ら疑問に思わない平凡な人が多い中で、一日で記憶するとは驚きでしょう!
 賢い児は、与えられたテレビのアニメより、自分から興味を持って、絵本で想像力を掻き立て、親の説明で納得すれば、その結果、新しい知識が増えたことを無常に喜びを感じるのです。

 どうですか、「昇順数」の名づけで、他の「天命数霊術」の4大要件に充足した名づけであれば、これほど優秀なお子さんに成長するのですよ。
 これからは、世界中が女性が活躍する時代に変貌している傾向がみられますね。将来、「◎◎」ちゃんはノーベル賞か、文化勲章か?あるいは、首相か、大統領か?楽しみですね・・・。

 「9・5・1」が2ヵ所ない「昇順数」(7⇒8⇒9)でも、これほど優秀なお子さんが誕生したのですよ。この私の発見は、もちろん、日本初ですよ。
 この発見を実証したのが、当時、日本サッカーの代表選手「宮本 恒靖(みやもと つねやす)」の姓名で、「なぜ、天格19・地格18・総格37 で日本一になれるのか?」を疑問に思い、この実証から「9」系列がトップになれる数だ!という確信をもったのです。
 どうですか、「”疑問”は、新しい発見どころか、日本を発展させる”宝”を生む!」ことになること、皆さん理解されましたね。  

必読!天格2系列!賢い「俊」の字体でも”事件事故”!
[第2690回](小凶)・・・8月1日(大吉)

『 今年も、もう8月・・・、高齢になると、月日の流れは速いですね。それだけお迎えが近いのかな? でも、お蔭で健康の77歳の”喜寿”・・・! 
この調子で100歳を目標にブログを続けて、「天命数霊術」を後世に残したい・・・。
 ところで、”健康運”も”事故事件に遭遇しない運”も、幸運な姓名次第!
 賢い名君の字体・・・「俊」でも、天格2系列やゼロ系列では強運にならない事例がありますよ、』

 昨日のTBSニュース。
『 31日午前3時半ごろ、 東京・中野区の路上で歩いていた男性をひき逃げしたとして、タクシー運転手「小原 俊夫」容疑者(60)が警視庁に逮捕されました。 被害者の男性は、意識不明の重体です。
 警視庁が「ひき逃げ事件」として捜査していましたが、逃げたタクシーの目撃情報などから、小原容疑者の関与が浮上したということです。 取り調べに対し、小原容疑者は容疑を認めているということで、警視庁が事件の詳しい経緯を調べています。』(31日22:21)

 皆さん、昔から”賢い英才”の字体「俊=9」は、知識層の職業人が多いのですが、それでも天格2系列やゼロ系列の姓名では、折角の「運気」に恵まれない人が多いですよ。
この交通事故は、午前3時半の道路事情に注意してください。まだ、この時間帯は夜明け前の暗黒の道路ではないか、と思います。そこに歩道があるのに、車道を歩いていたり、まして飛び出したり、酔って車道に寝込んだりした場合、被害者にも過失があり、100%、加害者のタクシー運転手を責められないと思います。この事案で一番問題なのは、「事後処理をしないで、逃げたこと!」が一番問題なのです。
夫」天格12(「俊=9」)・地格14(「夫=4」)・総格26
  
 どうですか、「12・14・26」の配列、全て”偶数”ですね。しかも、対外的な運気が”天格12”では弱運です。しかし、”「俊=9」”を含んでいますので、「知的には賢い人」ですが、地格14ですから、性格上の問題があり、精神状態は安定せず、事故の事後処理をしないで、現場を離れて、”ひき逃げ!”という道交法の責任がかかってきたのです。
 この60歳のタクシー運転手も、60年前、ご両親が「将来、賢い人に成長するように・・・」という願いを持って名付けても、苗字の1字目が3画の「小原」では、その「俊=9画」は適合しないのです。

 いいですか、苗字の1字目が「3画」、例えば「山本、大川・小山・小川・土井・川内・三井・三田・大和田・久保田・・・」など、沢山の苗字が日本にありますが、個人名の名頭1字目には、絶対に「俊」のような名君の字体であっても、「9画」の字体は使用しないでください。

 この「俊」という字体の優秀なこと、でも家庭運に恵まれなかった小学校の先輩「思い出のブログ」を、再読して観てください。
『 必読!遥かな思い出!「俊彦」という優秀な先輩!』
 [第2644回](2016.05.16)
( ※右上の「Search」欄に半角:「2644」を記入して、検索してください。)