Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>
LatestEntry
Archives
RecentComment
RecentTrackback
必読!天格12の運転手「ポケGO」で、9歳男児が犠牲!
[第2747回](小吉)・・・10月29日(大吉)

★事件 1★
『 とんでもない運転!「ポケモンGO」と「9歳男児の命」とどちらが大事!?』
 信号待ちの僅かな時間でも、「スマホ」を左手に持ち、運転している光景を良く見ます。これで交通事故を起こした運転手は、刑法の”認識ある過失”で、重罪の刑事処分のみではなく、「免許取り消し」の行政処分が適切だと判断します。
 愛知県一宮市で26日、小学4年の男子児童「則竹 敬太」くん(9)がトラックにはねられ死亡した事故があり、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕された同市の会社員「川合 信右」容疑者(36)が、事故当時に「ポケモンGO(ゴー)」をしていたと供述していることが27日、一宮署への取材で判明したとのこと。
 警察庁によると、運転中のポケモンGOを巡る事故で”小学生が死亡”したのは全国で初めてだが、愛知県警によると、ポケモンGO操作中の死亡交通事故は県内で2件目。 一宮署によると、川合容疑者は「運転中は”必ず”ポケモンGOをしていた」と話しており、とんでもない運転態度!
 まして、本人は「天命数霊術」を知らないでしょうが、次のとおり、この運転手は、天格12で”事件事故を呼ぶ姓名”だったので、通常運転以上に”注意”が必要だったのです。

「川合 右」天格12・地格11・総格23

この運転手が、遊びの「ポケモンGO」のため、大事な我が子の命を失ったご両親は、どんなに悔しい想いをされていることでしょう。このブログで、「天格2系列」の”事件事故”の実例は、相当数を投稿済ですよ。
 天格2系列の人は、自分の命のみではなく、他人の大事な命まで奪う可能性が大きいのです。事故や事件は、明日にも遭遇するかも・・・? 気が付いたら、何を置いても、早急に改名することですよ。
※(参考)徳島地裁の今日(31日)の判決!
 今年8月、徳島市で「ポケモンGO」をしながら車を運転し、歩行者2人をはね、死傷させた農業「五王 敬治」被告(39)に「禁錮1年2か月」の"実刑判決"を言い渡しました。(被告;天16・地12・総28)
 

★事件 2 ★
『 可愛い盛りの1年生男児、高齢者の無謀運転で、轢死とは!?』
私が居住する住宅街もスクールゾンになっており、毎朝、ランドセルの行列を見ながら、犬の散歩に出かけることがあります。でも、両歩道が付いた安全なスクールゾンですので、安心して見ています。
 ところが、横浜市内の幅員が狭く、一方通行の道路で、小学1年生の死亡事故がありました。TBSニュースによりますと、
『 28日朝、横浜市で軽乗用車に追突した軽トラックが、登校中の小学生の列に突っ込みました。この事故で、小学1年生の男の子「田代 優」くん(6)1人が死亡、11人がケガをしました。現場から報告です。
 横浜市・港南区の事故現場です。道路は道幅がそんなに広くはない、一方通行の道路で周りには店や住宅が建ち並んでいます。』とのことです。
 ご遺族のご両親と祖母さんは、どんなに驚愕され、どんなに落胆されていることとお察しいたし、心からお悔やみ申し上げます。
 正に”一休さん”が言う「わが子の”逆死”ほど、親は辛いものはない!」のとおりの現実ですね。
 弁護士を通して預けられた「優(まさる)」くんの写真を拝見しますと、とても賢くシッカリした可愛い盛りの6歳男児・・・、正に高齢者の運転で取り返しが付かない大事な命を奪ったのです。
 ところが、この事故で11人のケガ・・・、どうして「優」くんだけが”死”に? それは、このブログで沢山の実証例を紹介していますとおり、次のように「優」くんの名付けが、「田代」姓には不適合であり、事件事故を呼ぶ天格22(田5+優17=22)が致命傷となったのです。
「田代 (まさる)」天格22・地格5・総格27
この名づけは、”重心”が画数が多い個人名(17画)にあり、安定しているので、通常では死亡事故にはなりませんが、何しろ、「田代」姓の1字目「田」と「優」とは、最も良くない組み合わせだったのです。
 私説の「天命数霊術」は、古代中国夏王朝の「洛書」と東洋哲学の「風水理念」からの姓名判断説であり、根拠がない”占い”ではなく、文系の人文科学として、日本初の学説からの判断なのです。
 ですから、赤ちゃんの名付けでは、決して「天格2系列」にしないように、細心の注意を払ってください。

※ 「門下生」募集!
 この説を全国に普及させ、社会貢献ができたうえ、趣味と実益ある「天命数霊術」(著作権)の開業免許(「永久使用権」)をご希望の方は、簡単なペーパー(メール)テストで取得できますので、
メール(info@gakuyo951.jp)してください。その際、必ず、件名欄に「都道府県(政令市)名+苗字」を記入願います。

必読!不思議?偽札作りには、天格2系列が多い?
[第2746回](小吉)・・・10月28日(中吉)

『 驚き! 女子高校生と援助交際の謝礼に、「”万札”偽造・行使」をして逮捕された僧侶という職種に、驚きです・・・!
 でも、不思議? この僧侶も”事件事故”を呼ぶ天格22の姓名!
 そして、明治新政府下で初めての”偽カネ作り”・・・冤罪になった人も天格32でしたが、なんと!不思議? 天格22の姓名の人が、”真犯人”だった逸話があります。 天格2系列は、平成の僧侶も”邪悪の道”の誘惑に負ける姓名とは・・・? やはり、”神仏の加護がない”「名づけ」だったのです。』

 昨日のTBSニュース。
『 インターネットで知り合った女子高校生と援助交際をした見返りに、自作の偽1万円札を渡したとして、愛知県警中村署は26日、「通貨偽造・同行使の疑い」で、岐阜県大垣市深池町、僧侶「神戸 寛亮」容疑者(28)を逮捕した。
 逮捕容疑は、大垣市にある勤務先(実家)の寺で1万円札を偽造し、今年3月29日に岐阜市内のホテルで援助交際の対価として、当時17歳の少女に"偽札"を渡したとしている。そして、その少女が薬局で偽札を使おうしたが使えず、不審に思った友人が警察に通報し、事件が発覚したとのこと・・・。』

 この僧侶の姓名は、
「神戸 寛亮(ひろあき)」天格22・地格13・総格35

どうですか、やはり天格22で”事件事故”を呼びましたね。僧侶という資格はあっても、仏教関係の大学でも、姓名や名づけ講座はありません。それどころか、「戒名の講座」さえない大学が多いのには驚きですよ。それでいて、信者のお子さんの”名付け”や”死者の戒名”を授与しているのには、実に驚きです。ですから、神職や住職が名付ける命名・改名は素人同然! でも、皆さんは神仏から与えられたと誤解して依頼してきましたね。
 この僧侶も、もし立派な名づけ(僧籍で改名?)であったなら、このような事件を起こしませんよ。
 皆さん、この名づけ(「寛亮」)で、”違和感”があることに気付きませんか?・・・そうです!「寛」も「亮」も、同じ形の”足”が続いており、東洋哲学の一環;風水の龍脈に”理気”が流れず、留まるのですよ。要するに、この僧籍名には理気パワーがないのです。
 どうですか、僧侶という職種は、庶民から尊敬を集めるような人格者でなくてはなりません。それに相応しい”僧籍名”であり、日ごろ”模範的な行状”であることが要求されますね。
 例えば、子どもでも知っている”一休さん”! その名乗りは「一休 宗純」であり、天9・地16・総25 のベストの配列で、名君の「宗」の字体を使用しています。そのうえ「純」の止め字に安定感があり、全体の重心は「宗純」にあります。ですから、歴史に残る名僧なのです。

 さて、天格2系列ということで、不思議なことがあるのです。
 貨幣制度も統一された明治政府の下で、初めての「偽札作り」の汚名を着せられた事件が、明治12年に「藤田組贋札事件」がありました。この「藤田組」は将来、総合商社になり「藤田財閥!」と言われるまでに成功しましたが、その創業者「藤田 傳三郎(でんさぶろう)」の時に「偽札作り」で逮捕された事件があったのです。
 その時の姓名は、旧漢字でしたので、「藤=19」「傳=13」です。

「藤田 傳三郎」天格32・地格8・補格9・総格49

 どうですか、やはり天格2系列で”事件事故”を呼ぶ運勢で、「偽カネ作り」の疑いで逮捕されたことは、現在でも有名な史実になっています。
 ところが、どうでしょう。おそらく「藤」の”クサ冠”を筆記体で3画に書くことが増えたのか、「藤=18」になり、天格が31画で、堅実な会社として成功して、「財閥!」と言われるようになりました。
 この経緯は、逮捕されてから3年後の明治15年に、神奈川県の医師(兼)画家「熊坂 長庵」の自宅から2円紙幣の偽札(2000枚の行使)815枚と用紙及び印刷器具が押収され、「藤田傳三郎」の冤罪が晴れたのです。
 ところが、この犯人の名は、後世「くまさか ちょうあん」と子どもでも有名なり、母親がウソを付く子どもを叱るとき、「そんなにウソを付くと、”くまさか ちょうあん”のようになりますよ!」と、昭和の初期ごろまで悪名は伝承されたと、私の母親(明治生まれのお寺育ち)が言っていた思い出があります。
 その姓名は、
「熊坂 長庵」天格22・地格18・総格40

どうですか、天格22でしょう! 全て偶数ですから、気の毒にも後世数十年の悪名が伝承されたとは・・・? 姓名の因縁は、不思議でしょう! 今日の僧侶「神戸 寛亮」容疑者と、明治第1号の”偽カネ作り”医師「熊阪 長庵」は、”天格22”で共通点があり、「僧侶」と「医師」どちらも尊敬を集める職種が”偽カネ作り”とは・・・? 不思議ですね。
 どうですか? 「天命数霊術」は、将来、知的文化財にもなりますよ。普及すれば、社会貢献は間違いないのですから・・・。

必読!加害者も「天格22」!の重大殺人事件2件!
[第2745回](大吉)・・・10月27日(小吉)

『 毎日のように”事件事故”が報道されますが、その中でも被害者・加害者の天格12・22がとても多いですよ。この数日間でも、4件(このうち2件ブログ投稿)の報道がありました。赤ちゃんの名付けには、絶対に「天格2系列」にしないように・・・。』

≪事例 1≫・・・被害者・加害者とも天格22
『 福岡市南区のアパートで15日、住人の保育士「肱岡 綾音」さん(28)が刃物で刺された事件で、福岡県警は22日、昏睡状態だった肱岡さんが死亡したと発表しました。逮捕したのは住所不定、職業不詳「冨士田 清治」容疑者(47)の容疑を殺人未遂から殺人に切り替え捜査を続ける。
 冨士田容疑者は15日午後、肱岡さん宅に侵入し、帰宅した肱岡さんを刃物で刺した疑いで21日に逮捕された。2人に個人的な接点はなかったとみられている。
 捜査関係者への取材で、冨士田容疑者が2004年にも窃盗目的で福岡市内のマンションに侵入し、住人の女性を刃物で刺したとして逮捕されていたことがわかりました。』


被害者「肱岡 綾音」天格22・地格17・総格39
加害者「冨士田 清治」天格22・地格11・補格5・総格38


どうですか、被害者・加害者とも「天格22」であり、いかに天格2系列は事件事故を呼ぶ数なのか、実証できますでしょう。また、「清治」などサンズイが続く名づけは、絶対にしてはいけませんよ。

≪事例 2≫・・・加害者が天格22
『 この事件は先月、目黒区に住む会社員「中元志織」さん(24)の遺体を埼玉県戸田市の荒川などに捨てたとして、元交際相手の「佐賀慶太郎」容疑者(50)が逮捕されたものです。中元さんは先月16日夜、都内の勤務先を出たのを最後に行方がわからなくなっていました。
佐賀容疑者は「部屋にあった果物ナイフで中元さんを刺して殺害し、遺体をノコギリで切断した」と供述しているということですが、警視庁へのその後の取材で、佐賀容疑者が中元さんの遺体を10部に切断したあと遺棄、2日間、中元さんの部屋の清掃をしていたことが分かりました。』


被害者「中元 志織」天格11・地格22・総格33・・・降順数
加害者「佐賀慶太郎」天格22・地格16・補格9・総格47


どうですか、被害者は「天命数霊術の秘伝」の一つ;次第に運気が下降する「降順数;3⇒2⇒1」であり、この逆に運気が上昇する「昇順数;7⇒8⇒9」の実例は、何度も紹介しましたね。この思考も、日本で初めての秘伝です。(この降順数の実例;元タレント「島田紳助」が天21・地12・総33 でしたね。)
 そして、加害者の「慶太郎」とは、もし苗字の1字目が、4画・14画であれば、天格9系列になり、とても良い名づけ(例;「井川 慶」プロ野球選手)になります。しかし、「佐賀」の”佐=7”は、天格22となり、絶対に名付けてはいけません。そのうえ、総格には”キレ”やすい「7系列」になっていますね。
 この違いは、「天国と地獄の違い」があり、おそらく計画的殺人で死体損壊遺棄罪となれば、「死刑判決!」は間違いないでしょう!
 赤ちゃんの名付けでは、50年前、ご両親が愛情一杯であっても、まさか成長して「死刑囚になるような名づけだった!?」とは、夢にも思われなかったでしょう。親子とも「不運だった!」のですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・どうですか、上記の事例1と2も、全ては「赤ちゃんの名付け」で人生は、「天国と地獄の違い!」が出てくることが、良く理解できましたでしょう。
 このように実証できるのは、”占い”ではなく、人文科学的な根拠に基づいた「天命数霊術」のみで、他説にはない「画期的なブランド名づけ法」です。もし、他の説で、この事件を実証できるのであれば、紹介してください。

※ 「門下生」募集!
 この説を全国に普及させ、社会貢献ができたうえ、趣味と実益ある「天命数霊術」(著作権)の開業免許(「永久使用権」)をご希望の方は、簡単なペーパー(メール)テストで取得できますので、
メール(info@gakuyo951.jp)してください。その際、必ず、件名欄に「都道府県(政令市)名+苗字」を記入願います。

必読!”賢くて人柄が良い”「校長」の教えに感銘!
[第2744回](中凶)・・・10月26日(小吉)

『 (神戸新聞の記事から、校長の教訓?・・・)
「人生は、運や流れを大切に!」
「目の前の結果に一喜一憂しない!」
「他人と比べない!」
「ぼちぼちやれば、なんとかなる!」

・・・。これは、高校のユニークな校長の教えとのこと。

 兵庫県立三田西陵高校の「丹後 政俊」校長(59)が、学校ホームページに載せているブログ「校長先生 絶こうちょう」からの1節・・・。
 更新400回を迎えたそうです。前任校から通算すると、4年半で千回。お気楽な内容とユーモアで人気が定着し、アクセス数は月に約1万5千件で推移しているそうです。
 それに丹後校長は、ユニークな人柄が人気で、
‘学式や卒業式で「趣味の狂言」をいきなり披露して生徒の門出を祝う。
∪古未噺譴蟾腓い覆ら「一緒に下校」する企画を始める。
0ν僂離メラを持って校内を歩き、授業や部活、休み時間の生徒らを撮影。
だ古未箸離筌螢肇蠅魴斂な文章で紹介。
テ伴の教育論や人生観を織り交ぜたブログ。

 例えば、校内の合唱コンクール前には、
「結果も大切だが、どれだけ自分の力を出したかが大事。タナボタの結果だけで生きている校長が言うので説得力がないが・・・(笑)」
と、ユーモア表現。
 さらに、夏休みの宿題については、「とりあえず期限内でできたところまでで良し」とする。こんな適当な人生観でも(校長は)生きてこられた。『人生はジタバタするもの!』と、達観してしまえば、どうということはない」とのブログ。

「・・・なんすか、この校長!」
と民放番組で放映され、司会のタレント「国分 太一」さんが感嘆。そのためか、ブログ開設前のアクセス数は約1万件/月だったのが、放映後には4万4千件/月を超えたそうです。
 こんなユニークな校長ですから、生徒の人気も熱い!
 2年の女子生徒は「自然体の私たちを載せてくれる。見るのが楽しい」。
3年の男子生徒は「進路に悩んでいたけど、ブログで助言を読んでホッとした」と語っています。

 私の高校時代の校長、終日、校長室に閉じこもり、「校長は”雲の上”・・・」のような存在でしたよ。尊大な校長がフツー・・・であり、今日の話題;「丹後」校長の存在は、「国民栄誉賞」ぐらいの値打ちがあるのでは?
 そのユニークで生徒にも人気がある校長・・・一体、どんな姓名判断になりますでしょうか?

「丹後 政俊」天格13(「政=9」を含む)・地格18(「俊=9」を含む)・総格31

どうですか、ユーモアあるユニークな丹後校長は、いわゆる「3・8」タイプです。この「3・8」タイプは、”協調性あり””朗らか””雄弁””人気”そのもの。・・・でも、表面的にはそうですが、対外的な行為にも”賢い”「政=9」(この字体から、多少の”苦労性”あり)を含み、対内的な思考力にも”賢い”「俊=9」を含んでいますね。
 
 やはり、このような校長は貴重な存在ですよ。その職種から観ても、必ずしも「天格9」系列でなくても、「3・8」タイプの生涯でも、十分に生徒がその精神を受け継ぎ、「21世紀の名校長」として記憶に残ることでしょう。

必読!「命名 憲太郎」(例示)の命名書は、間違い!
[第2743回](小吉)・・・10月25日(大吉)

『 全国のプロも墨書している”命名書”「命名 憲太郎」(例示)は間違いです! なぜなら、例えば苗字もなく、ただ「憲太郎」と墨書しただけですので、「山本 憲太郎」なのか?「田中 憲太郎」なのか? 不明ですね。苗字もなかった江戸時代の庶民とは違うのです。この意識さえないプロの多いこと・・・。
 「天命数霊術」では、”命名書”のみではなく、生まれ変わる”改名書”も、さらに”会社名・店名など”も、人の命名書と同様な意識で墨書すれば、運気は180度の好転が望めるのです。』

 皆さん、「命名書」という用語で、検索して観てください。すべて「命名 〇〇〇」と墨書され、個人名のみですね。これは、単に出生した赤ちゃんを、親戚・知人に披露するという目的で作成されているからです。
 ですから、そこに「運気が良い児に成長して欲しい!」という願いが仮にあっても、それは”気持ち”のみであり、その「命名書」には何のパワーもないですよ。
 なぜなら、同じ「太郎」でも「桃太郎」「金太郎」なのか?あるいは「浦島太郎」なのか?特定しないと、その3人は”生い立ち”はもちろん、健康・知徳・性格などの運気、そして容姿なども異なることは、テレビのCMを観たら判りますでしょう。
 現実でも「麻生太郎」「山本太郎」の国会議員と、そして故人となった「岡本太郎」画伯などが、皆おなじ「太郎」さんです。
 ついでに、この3人の天格が「15・7・12」ですね。すると、誰が一番の金運がある人なのか? 苗字があるので判断できるのです。
 ですから、生まれた時から「命名 太郎」の命名ではなく、例えば「命名 麻生太郎」で披露する方が、ずっ〜とお得な「命名書」になると思いませんか?
 実は、この命名書の起源は、平安時代の公家社会から、生後7日目に親戚・知人に披露した風習ですが、それが江戸時代の裕福な農工商の庶民家庭まで普及した仕来りがあったのです。
 尤も、公家・武家社会では、名づけは「幼名(通称名)」であり、やがて14〜15歳の元服すれば、「名乗り(正式名)」が重要になるので、出生時の「命名書」は重要視されなかったそうです。

 現在でも、姓名判断師や神職・僧侶など、そして業者が「命名書」を作成していますが、それはあくまで親戚・知人への「披露が目的」であって、「開運が目的」ではありません。
 ところが、「天命数霊術」が作成する「命名・改名書」は、「開運が第一目的!のブランド色紙」なのです。
 ですから、「色紙」には裏面に「風水祈願の霊符」(神仙道霊符)を”朱書き”するとともに、色紙表の中心に「昇運命名;苗字+個人名」を墨書して、右側には、風水開運の「和氣吉祥 魚龍変化」(8文字)と左側には「妙法見 実相観 神通力」(9文字)を”金文字”で記入しています。(サンプルは、公式ホームページに現物写真あり)
 しかも色紙”額縁”は、飛騨高山(岐阜県)の「春慶塗」(エンジ色)を、私が特別発注した額縁です。ですから、ITサイトにある”命名書”の「披露目的」と、初代宗家が「開運目的」で作成する高級品との違いがある色紙額ですよ。
 しかも、この「掲示用」に加えて、本箱やサイドボードに置く”卓上用「開運色紙額」の2種を組み合わせて、宅配便でお届けしています。

 このように、従来のように「命名・改名」は、単に親戚・知人に披露する目的では、”開運的”には、なんの効果もありません。
 それに明治以降は、赤ちゃんの時から、だれでも”苗字”があり、”苗字+個人名”の「色紙額」で初めて、パワーが放出し、開運の人生が始まるのですよ。
 ですから、この色紙額を観ながら、気を入れて、毎日21回・21日間、命名改名をフルネームで、2センチ角の縦書きを続けてください。
 そうすれば、風水祈願パワーを採り入れた「色紙額」から、不思議にも願いが叶う効果を見せられます。
 このパワーは、決して根拠がない”占い”ではなく、古代中国夏王朝の「洛書(後天八卦図)」と「風水理念(理氣と巒頭)」から、日本初の著作権ある「天命数霊術」のパワーですので、特に最近では法学部教授・国際弁護士・裁判所書記官、医大教授・開業医・外交官・神職・実業家などの知識層の本人・ご家族の名付けや改名、そして会社名や事業所名などの依頼もあります。
 ともかく、科学的見地からも解明できにくい「不思議な風水パワー」も、世の中にはあるのです。その実証を、現在まで8年間・約2700回を超えるブログで証明してきましたね。

(ご質問)
  この「天命数霊術」は巷にある”霊感商法”ではありません。シッカリと「公式ホームページ」「公式ブログ」そして「動画」と著書などを読まれてから、疑義や質問がありましたら、「info@gakuyo951.jp」にメールをお待ちしています。

必読! 旧自衛官の自殺行為、生涯の運気に影響!
[第2742回](大凶)・・・10月23日(小凶)

『 「赤ちゃんの名付け」は、仮に70歳代になっても、改名しない限り、生涯に影響があります。今日、栃木・宇都宮市で一般の人を巻き込んだ旧自衛官(72)の自殺事件がありました。
 本当にお気の毒なケースです。・・・現役時代は真面目に勤務して、2佐(旧軍の中佐に相当)で退官した退職金を、奥さんが病気になった娘さんのために消費し、自宅も離婚の慰謝料として、二人に取り上げられるという「家裁の判決」などを不満として、「将来を悲観」して自己嫌悪になり、自殺行為に出た事件が大きく報道されました。・・・このような悲しい人生の終着点になったのも、なんと驚き・・・72年前の出生時、"生涯苦労性"の「敏勝」と名付けられたからですよ。』

 23日のTBSニュース。
『 23日午前11時半ごろ、宇都宮市中心部の公園や付近の駐車場で爆発が相次ぎ、1人が死亡、3人がけがをしました。
 警察によりますと、公園の爆発で死亡した人が右足に履いていた靴下の中から遺書のような紙が見つかったということです。
 紙はAサイズ1枚で、パソコンで書いて印刷されたとみられ、72歳の元自衛官の名前で、「個人的な不満や悩み」が綴られていました。さらに「命を絶って償います」といった自殺をほのめかすのような内容も書いてあったということです。
 また、公園や駐車場であった爆発のおよそ15分前にはこの自衛官の自宅で爆発を伴って全焼する火災が起きています。
「奥さんと娘さん4〜5年前に出て行った。それからは1人で。仕事も辞めたと言っていた」(近所の人)
 警察は、爆発の原因などを調べると共に民家の爆発火災と公園や駐車場との爆発に関連があるものとみて調べています。』(23日17:57)

 公開された事実関係は、概ね以上のとおりですが、自殺原因などは、不明確な点もありますが、冒頭に記載した「将来を悲観して、自己嫌悪に」陥ったことと推定されます。
  
 ところで、このブログの趣旨は、「なぜ?事件事故を呼ぶような”凶運”になったのか?」ということが目的であり、自殺原因や自己嫌悪になった具体的な理由などは、家庭内のプライバシーのこともあり、深く知る必要がないのです。
 そこで、この旧自衛官の姓名は、

「栗原 敏勝天格20(「敏=10」を含む)・地格22(「勝=12」を含む)・総格42
  どうですか、すべて”偶数”で構成されており、「9・5・1」が全くなく、「0・2」系列のみです。それに「敏」の語意は、仕事熱心で迅速に処理する真面目なタイプですよ。そのうえ「勝」の字体は、非常に”苦労性”で子孫が絶える運命([戦国武将];豊臣秀勝・武田勝頼・柴田勝家・尼子勝久など)にあることが、歴史上の人物からでも、実証できます。要するに、この「敏勝」という名づけを改名しない限り、生涯の”苦労性”であって、子孫が絶える字体なのです。

 このように、「勝」の字体を使用していれば、ご夫婦が離婚して、本人は自殺・・・!というような悲劇が起きた結果、子孫も絶える運命になります。
ですから、赤ちゃんの名付けには、「絶対に、”勝”の字体」を使用しないでください。「”勝”のような”力”が要る字体は、人生に負ける!」という暗示があるのですよ。

必読!「被災」も”運”、「家屋被害」も”運”、「住環境」も”運”!
[第2741回](大吉)・・・10月21日(大吉)

『 日本列島は、北海道から沖縄まで、実に素晴らしい風光明媚です。でも、その中でも、どんな環境の家に居住し、どんな家族なのか? そしてどこで働いているか? どんな仕事をしていたのか?・・・などなど、すべての条件は、1億2千万人全て、一人ずつ異なりますね。
 ですから、同じようだと思える生活環境や条件でも、親子・兄弟姉妹が異なる家庭もあり、その違いは、全て”運”です。
 昨日の”震度6弱の鳥取中部地震”! 日ごろ地震・風水害など災害が少ない岡山南部地方・・・でも、震度4弱で驚きましたが、その中でも私が住まいする住宅街は、地盤が硬い丘陵地帯・・・ほとんど被害などありませんでした。
 近年から今年度までの大地震や風水害でも、幸いにも被災しなかった地方に居住していた幸運に、感謝せざるを得ません。』

 かって、発明王;エジソンが「天才は1%のひらめきと99%の努力」と言っていますが、この名言は本来、「1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄である」という意味だという解釈もあります。
 しかし、私は「ひらめく才能」も”知徳運”に恵まれ、そして「努力できる」のも”健康運”が必要なのです。 ですから「人生は、”運”が99%、”努力”が1%!」であると、77歳まで生きて、正に実感しています。
 
 今や初秋の居住している住環境・・・、抜けるような青空に、一面、黄金になびく稲穂の中を、地元の温泉に遠回りして行く毎日のドライブコース。
 その道すがらの田園と周辺の丘陵が調和した光景・・・その田園の中に他地方では珍しい「古代吉備地方の”円墳”」が、緑の樹林を添えながら5〜6ヵ所点在している光景に、今や、人生のうちで一番の至福を想いながら、温泉へのコースをドライブしています。
 同じ兄弟姉妹でも、私の実姉はスカイツリーが間近に見える”大東京”に居住しており、実弟は70年前の終戦の年、満1歳で亡くなっています。皆それぞれ、”運”の導きで、違った生涯を送って来ました。

 私自身の人生を振り返っても、風光明媚な関門海峡が身近に感じられる下関市で育ち、転勤が多い国家公務員;大阪・京都・神戸の大都市のビル街にある合同庁舎が勤務先・・・でも奈良では、奈良公園・東大寺に隣接した環境の合同庁舎に恵まれ、岡山・福井への転勤でもビル街と田園の両環境を経験できた至福の思い出・・・、こうした恵まれた境遇の公務員生活を退官しても、前述のような恵まれた環境で、余生を過ごせる境遇に感謝しながら、ほぼ毎日の温泉への道をドライブしています。

 さて、前置きが長くなりましたが、昨日の鳥取中部地震にも被災せず、かっての阪神・淡路大震災でも、神戸から岡山に”転勤後”の災害でしたので被災せず、実に幸運の人生を歩んできました。
 そして、良妻にも恵まれ、夫婦とも一応健康で、来年は婚姻後50年の「金婚式」を迎えそうです。

 思い起こせば、人生の99%は「実に”運”です!」
 「どんな妻(夫)や子供に恵まれたのか?」「どんな仕事に恵まれたのか?」「風光明媚な日本列島の中で、どんな環境で居住し、働いて来たのか?」などなど、全ては”運”が大きく左右します。
 その”運”を決定付ける70〜80%(必ず、人生には20〜30%の例外はあり)は”姓名の影響”であり、さらに「天命数霊術」による”命名・改名”で好転できることを、実在のニュースからも証明してきましたね。
 その中でも、人生で一番大事な運勢は、”交通事故死・火災焼死・殺傷死”などの事件・事故に遭遇しないことです・・・!
私は、運転免許取得以来、約半世紀・50年・・・対人・対物事故など全く”無事故”です。風邪は数十年引いた記憶がありません。これらの現象も、全て”運”ですよ。
 あなたのご家族は、互いに好影響を与える余力あるベストの姓名に恵まれていますか? もう一度、「運」という観点から再検討してください。
 それが、健康運・知徳運・家庭運・仕事運・・・そして”長寿運”まで影響して来ます。
「被災」も運、「家屋被害」も運、そして「住環境」も運ですよ! しかし、”努力”できるのも「健康”運”」があるからこそ・・・なんです。
 終わりになりましたが、一夜明ければ、被災家屋200戸、避難者3000人とか、大変お気の毒な被災にお見舞い申しあげます。

(再 読)
 『 必読!地球温暖化、「家相」より「地相」に注意! 』
[第464回](2008.10.21)
 ・・・・ちょうど、8年前のブログです。

(お 礼)
  全国の皆さんから、鳥取中部地震の被災状況のお見舞いメールや電話を頂きましたが、今日のブログのように、”運”よく被災は全くありませんでした。ご心配をおかけしました。お見舞い有難うございました。 
   

必読!母娘でも「天格2と7系列」であれば、事件を呼ぶ!
[第2740回](大凶)・・・10月20日(大凶)

『 「母親が娘を”虐待死”!という事件は最近多くなっていましたが、この度は逆であり、「成人した24歳の娘が、52歳の母親の”頭を踏みつけて死亡させる”!」という珍しい事件がありました。
 しかしこの事件は、”衝動的”な暴行傷害事件ではなく、日ごろから「”母親”の飲酒と酒癖が悪い」のに、娘とのいさかえが絶えず、「母娘の”相性”が悪い!」ことが原因の母親に対する娘の暴行傷害事件でした。』

 昨日のTBSニュース。
『 東京・練馬区で母親の頭を、かかとで踏みつけ大けがをさせたとして、長女で24歳の介護士の女が警視庁に逮捕されました。母親はその後死亡し、警視庁は傷害致死の疑いも視野に捜査しています。
 逮捕されたのは、練馬区の介護士「小森 美香」容疑者(24)です。小森容疑者は今月14日ごろ、練馬区の自宅で母親「小森 説子」さん(52)に対し、かかとで頭を踏みつける暴行を加え、頭部皮下出血などの大けがをさせた疑いが持たれています。
 今月17日、小森容疑者が「母親が死んでいるようだ」と110番通報したため、事件が発覚したということです。
 取り調べに対し、小森容疑者は「母親が寝ていたところを、かかとで頭を踏みつけた」「もともと親子喧嘩が絶えなかった。腹が立った」と容疑を認めているということです。』(20日02:19)

 今回の娘の母親傷害致死事件などは、一般の犯罪と同様に思考すれば良いのです。平成8年の刑法改正(尊属殺人・尊属傷害致死罪)で、父母(義父母)以上の尊属(祖父母なども含む)「尊属規定は一切廃止」で、一般の殺人罪などと同様となりました。
 そのため、当日の事件では、尊属の母親を傷害致死させるとは、怪しからん!」という思想は無くなり、現在では、娘の立場も十分に考慮することになります。要するに、娘は「なぜ、母親に暴力を振るい、傷害致死させた理由・原因は何か・・・?」
 そこに、日ごろからの母娘との「性格的・運命的な”相性”の適否?」がある中で、当日の「暴行傷害の原因」は何であったのか?も、問題になります。
 その原因は、「母親が台所の床で、布団を敷かずに寝ていて、腹が立った」ことが主原因ですが、それには「日頃から酒を飲み過ぎて、だらしなく不満だった」という事実が背景にあります。

 そこで、二人の性格と相性を観てみましょう。

母親「小森 説子」天格17・地格15・総格32
(「説=14」を含む)
娘 「小森 美香」天格12・地格21・総格33
(「美=9」・「香=9」を含む)

 このように、二人を比較して観ますと、
母親の「天格17」は「14」を含んでいますので、同じ「17」でも「自己主張がより強く、キレやすい性格を、抑制心や理性がなく行動に出る人」です。
 この母親に対して、娘は「美」や「香」を含んでいますので、賢い女性ですが、天格12で”事故事件”を呼ぶ数と、それを抑制する地格が「21」ですから、反抗心が生じてきます。
 そこで、母親のキレやすい「4・7」タイプと、娘の「天格12」の”事故事件”を呼ぶタイプが衝突すれば、暴行・傷害致死の事件になるほど、運勢的な”相性”が良くないための事件だった・・・という「天命数霊術」の判断になります。

必読!相変わらず「読めない・意味不明?」の名付け!
[第2739回](大吉)・・・10月17日(小吉)

『 最近の名付け・・・”呼び名”から思考する傾向があるので、”当て字”から”読めない・書けない・意味不明?”の漢字で名づけられる傾向にあります。  ”当て字”で名づけられたお子さん、将来、社会に迷惑を掛けたうえ、本人が不自由するばかりではなく、健康・知徳などの運気に恵まれない”苦労性”の生涯を送ることになります。
 最近2日分の地元新聞から、上記の問題点がある名づけを紹介しましょう。』

 地元新聞(山陽新聞;10月12日・10月16日の168人)の赤ちゃん名づけ!
≪意味不明の名付け≫
 「羚生(れお)」という名づけがあります。”羚”は「かもしか」ですから、人間の児でありながら、「”かもしか”に生まれる!」という名づけ・・・、こんな意味不明な名づけもあるのです。
 このような意味不明?な名づけ・・・「橙祇(とうぎ)」「朔杜(さくと)」「航樹(こうき)」「倫芳(りほ)」「龍怜(あれん)」「友哉(ゆうや)」など、漢和辞典で確認してもイミ不明な名づけですよ。
 余程の漢学者でないと、解読できない高尚な名づけでしょうか? 「橙祇」や「朔杜」そして「倫芳」などの意味はサッパリ!?「”航樹”」とは、樹木が航海しているの?「”友哉”」とは、わが子の名付けに、どうして友が出て来るの?
 まあ、この中では「龍怜(あれん)」ぐらいで、「賢い龍のようになって欲しい」という願望でしょうが、後述のように「龍=あ」とは読めませんよ。 
 
≪読めない・書けない名づけ≫

「龍」の通常の読みは、「りゅう・りょう・たつ」の3通りでしょう。どの漢和辞典でも「あ」とは読めませんよ。
それに「咲奈(えな)」との名づけ・・・「咲」を”えみ”と漢和辞典の人名読みにありますが、一般には「さ・さく・さき」の3通りでしょう。
 また、「和優(なゆ)」という名づけもありますが、「和」は通常では「な」とは読めませんね。
 その他、上記に列挙した「イミ不明の名付け」は、耳で聞いても書けません! 電話などで、「とうぎ」とか「りほ」や「あれん」と言っても、相手になかなか通じません。結局、社会に迷惑を掛ける名づけですよ。

≪その他、留意する字体≫
 相変わらず多いのは、「貴=き」使用の名付けが多いですが、この「貴」は逆に”苦労性”になり、余り運気が良い人がいませんので、使用しない方が良いのです。 「貴」使用の実例は、「雅貴(まさき)」「絢貴(あき)」「貴矢(たかや)」「順貴(じゅんき)」がありました。

 それから、先日も投稿しましたが、最近の流行なのか?「雫(しずく)」の名付けが流行の兆し・・・! でも呆れたものですね。可愛いわが子に「雫(しずく)」なんて、名づけ親はどんな神経をしているのでしょうか?
 学齢期になりますと、必ず親を恨むようになります。なぜなら「しずく」とは、音感的にイジメの対象になりやすいからですよ。

(お願い)
 何度もお願いしていますが、個人的な姓名判断を「コメント欄」に依頼されていますが、個人情報が公開されるようなコメント欄には記載しないでください。
それに私の返信は、判断の根拠・理由まで記載し長文になりますので、コメント欄では字数不足になります。そのため記載に1〜2時間要してでも、PCメールであれば、字数制限なく返信できるからです。
 必ず、ブログ左欄上の「★姓名判断・命名・改名の申し込み手続き・プロフイール★」を一読されてから、下記のメールで正式にお申込みください。
「PCメール;info@gakuyo951.jp」
なお、送信メールの「件名」欄には、必ず「都道府県(政令市)名+苗字のみ」を記載してください。他の売り込みや迷惑メールと混同して、消去しないためです。
 

必読!特に1字名;”重心”は、個人名になければ”弱運”になる!
[第2738回](中吉)・・・10月15日(大吉)

『 最近、男児名・女児名とも、「1字名」の名付けも多くなりつつあります。この1字名で注意すべきは、”重心”を下げて、安定した人生を送るべきです。それが画数が多い苗字によっては、重心が苗字にあり、画数が少ない個人名に重心がない場合、何歳になっても、やはり”事件事故”に遭遇すことが多くなります。1字名で名付けるときは、「この姓名の”重心”はどこにあるのか?」を思考しながら検討することが大事です。』

 「(故)星 一(はじめ)」氏・・・。この姓名こそ、重心が個人名になく、苗字にあること、明確ですね。でも、この方は、「星薬科大学」(明治44年創立)の創立者です。しかし、通常起こり得ない”事件事故”に遭遇したり、波乱万丈の人生を経験して来た方です。
 子どもの頃、いたずらで放たれた矢が、右目に突き刺さり"失明"。それ以後は生涯"義眼"を入れて、不自由な生活をされたと思います。しかし、成人して「星 株式会社」(薬科教育を含む)を創業し、9画の社名で成功したのでしょうが、やがて代表者「星 一」であったためか、破産したり、工場が火災になったり、そして戦後、校舎が占領軍に接収されたり、通常起こり得ない事件事故を経験された人生だったのは、やはり個人名に重心がない不安定な姓名だったのでは・・・? と思っています。

  この”重心”の話題は、2年前の「韓国大型旅客船」が、4階の客室を増築したため、”重心”が上部に移動・・・それが原因とも考えられる沈没で、多くの修学旅行中の高校生が多数亡くなった事故がありましたね。

 このような2つの前提を心しながら、通常起こり得ない事件のニュースを13日のTBSニュースから観ましょう。
『 三井住友銀行の元副支店長が、銀行から2億円近くをだまし取ったとして逮捕された事件で、元副支店長が交際相手の女性に都内の高級マンションを買い与えるなど、約1億円を使っていたことが分かりました。
 この事件は、三井住友銀行大森支店の元副支店長「南橋 浩」容疑者(54)が不正操作し、銀行から約1億千万円をだまし取ったとして逮捕されたものです。
 南橋容疑者は、架空会社の2つの口座の間で、円とドルを交換する度に桁数を増やし、差額を得る手口で、9年前から11億円をだまし取っていたとみられています。南橋容疑者は容疑を認めているということで、警視庁が全容の解明を進めています。・・・(後略)』(13日10:37)

 さて、この容疑者の姓名は、天格19・地格16・総格35 であり、画数配列としてはベストであるからこそ、一流銀行の副支店長にもなりましたが、やはり、この姓名は重心が個人名になく、不安定な姓名ですので、通常起こり得ない事件になる運命だったのです。
 この姓名の苗字「南橋=25」に対して、名づけ「浩=10」では、重心が個人名にない!
 このような姓名は、栄華を極めても、やがて衰退する宿命にあります。
 特に1字名の姓名は、全体的に”重心”を感じる”安定感”がある字体で、赤ちゃんの名付けをすべきです。

 いいですか、1字名でも成功者は、その1字に重心がある人です。
 過去の総理大臣では、戦前の「犬養 毅」や戦後の「吉田 茂」を思い出し、最近の「明石 康」氏(前、国連事務次長)などが、すぐに浮かび、その他
「松平 健(芸名)」「渡辺 謙」「渡辺 徹」「池上 彰」「橋下 徹」の各氏が1字名ですが、「竹中 平蔵」(元総務大臣・慶大教授)や「井川 慶」(プロ野球選手)などは、重心が個人名にハッキリと判断できます。

 ところが、歌手の成功者「(故)坂本 九」は、飛行機墜落死であり、あの有名なラクビー選手「五郎丸 歩」は、明らかに重心が苗字にあり、”事故”になりましたね。このような3文字名は、止め字を画数が多い字体にした「2文字名」にすれば、今後、事故を防ぐことができます。
 いえいえ、もっと怖いのは、次のように「天格12・22」であり、「1字名」には”死刑囚”に多いですよ。

「宅間 守」天格12・地格12・総格24
「宮 勤」天格22・地格12・総格34
「造田 博」天格22・地格5・総格27
「松永 太」天格12・地格5・総格17
「坂口 弘」天格12・地格5・総格17
「北村 孝」天格12・地格7・総格19

 さて、最近では、地元新聞の2回掲載分(168人)からみますと、次のように「1字名」も多くなっていますが、皆さん、お子さんの名付けには、特に重心を思考・検討してくださいよ。将来”事件・事故”に遭遇する可能性が大きいのです。
≪10月12日分≫
「遼(りょう)」「芹(せり)」「駿(しゅん)」「詩(うた)」「蓮(れん)」「陸(りく)」「凜(りん)」
≪10月16日分≫
「翔(しょう)」「颯(いぶき)」「奏(かなで)」「雫(しずく)」「楓(かえで)」「哲(さとる)」

 どうですか、これらの「1字名」で注意することは、
今日の話題”重心”に注意を払い、男児女児の区別ができにくい「蓮」「奏」などに留意することです。
 それに、最近「雫(しずく)」など、子どもが成長して学齢期になると、10中8〜9・・・名付けた親を恨みますよ。きっと学校ではイジメに遭う可能性が大です。
 常識で考えても、可愛いわが子に「雫(しずく)」(雨が”下”に落ちる!)なんて、縁起でもない名づけとは、無神経な親には呆れたものです。
 そのうえ、この字体は、止め字としては、下に尖った不安定な字体・・・、これで画数配列が良くない名づけであれば、学校でイジメを受けたうえ、神経質な病か交通事故などに遭遇する可能性が大です。
 皆さん、子どもの名付けは、将来、「子どもの健康・知徳・性格」など、家庭内に重大な影響はもちろん、それによりイジメ・病気・交通事故・殺傷事件などは、社会的にも大きな損失ですよ。
 1億2千万人の日本人・・・、病気・事故事件を半減させれば、国費を福祉・教育分野に、もっと充実させることができます。姓名にこれだけ影響があるとは・・・、政治も司法・行政も気付いていないようです。

(追 記)・・・19日のニュース
『 指定薬物を含む危険ドラッグ「ラッシュ」を密輸入したとして、金沢市の北國新聞社取締役「嵯峨 元」容疑者(60)が逮捕されました。 横浜税関が輸入品を発見したことから事件が発覚したもので、「密輸入したことは間違いない」と容疑を認めています。』(19日23:29)
 どうですか? 「嵯峨」=23に対して、「元(はじめ)」=4 の名付け。明らかに”重心”が苗字にあるので、”人生の運気は尻すぼみ”か!?
 

必読!天格の不思議?加害「4」と被害「2」の典型的な事件!
[第2737回](小吉)・・・10月13日(小吉)

『 現代人の姓名は、赤ちゃんの時、名付けられたまま中高年になっても、先ず改名している人は、極く僅かですね。すると、今日の殺人事件の容疑者は、43歳でも「天格4・7」タイプであり、73歳になっても”事件事故”に遭遇した被害者は「天格0・2」タイプ・・・。』

 江戸時代以前は、当時の武家のように、幼名(通称名)があり、14〜15歳になると元服して「名乗り」になり、しかも養子が多くて、姓名が変更になることが一般でしたから、大人の姓名を判断して、「赤ちゃんの名付け当時の吉凶?」は言えません。
 ところが、現在では、赤ちゃん当時の名付けが、70〜80歳でも100歳以上になっても、通常に使用されていますので、現在の姓名で吉凶判断ができるのです。
 さて、昨12日のTBSニュースによりますと、
『 ・・・(略)死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職「久保田康生」容疑者(43)です。先月6日頃、京都市右京区のマンションの一室で、この部屋に住む「中西 征二」さん(73)の遺体を浴室に遺棄した疑いが持たれています。
 11日午前、マンションの管理会社から、「中西さんと連絡がとれない」と通報があり、警察が調べたところ、浴槽で腐敗した中西さんの遺体が見つかり、警察は、中西さんの身の回りの世話をしていた久保田容疑者に話を聴いていました。
 調べに対し、久保田容疑者は、遺体を浴室に放置したことに間違いないと容疑を認め、殺害をほのめかす供述もしているということで、警察は殺人容疑も視野に捜査しています。』(12日11:39)


 この事件の加害者と被害者の姓名を比較しますと、
 次のように、加害者は「天格4・7」タイプであり、被害者は「天格0・2」タイプという事件事故が発生した典型的なパターンです。

≪加害者≫
「久保田 康生」天格14・地格14・補格5・総格33 
  この姓名は、「康」という語意の良い字体を使用していても、天格・地格とも「14」という偶数で弱運の数になっていますので、43歳の働き盛りでも”無職・住所不定”とは、本当にお気の毒です。仮に、強運の姓名で名付けられていたら、人生は天と地の違いがあるのです。でも「14=7×2」であり、”神経質”であり、”意のままにならないと、キレやすい性格”の「4・7」タイプであることが、”苦労性”の始まりだったのです。

≪被害者≫
「中西 征二」天格12・地格8・総格20
この姓名も、全て”偶数”ばかりで、高齢の73歳まで”苦労性”でしたね。しかも、なんと言っても、「天格12」とは・・・!? ”事件事故”に遭遇して、お気の毒な最後も、この報われない姓名だったとは、赤ちゃんの名付けの際には、ご両親とも運気に恵まれなかったようです。
 本当に、「名づけは、人生の最後まで影響がある」のですよ。

  今日のブログは、加害者・被害者の典型的なケースとして紹介しましたが、皆さんのお子さんの名付け・・・それは、お子さんの生涯に影響するものですから、単なる愛情だけではなく、”強運”に導く「天命数霊術」に従い、慎重に名付けてください。その運気は、70〜80歳になっても、100歳以上になっても、影響があること、忘れずにいてください。 
  もし、間違って名付けたお子さんが、43歳になっても、「住所不定・無職」の境遇になったとしたら、その責任はご両親にあるのですよ。

(追 記)
 今年も、「村上 春樹」氏、ノーベル文学賞受賞はダメでしたね。私は、数年前から彼の作品は、自分勝手な”造語”で著作し「知に依りて、識に依らず」では自己過信で高慢な文体があり、大衆的ではないので、ノーベル賞は無理だ!と思っていました。彼より素晴らしい作家は沢山いますよ。
  詳しくは、次のブログを再読して、あなたも評価して観てください。

『 必読!「知に依りて、識に依らず?」の村上春樹小説!』
([第1845回](2013.04.22)
『 必読!「知に依りて、識に依らず」の知識人が多い。』
([第1302回]2011.06.16 )


(お知らせ)
 今日のブログ、最近では最も多い「4942件/日」でした。なお、個人的な姓名判断をメールで頂いていますが、先ず、左欄上の「★姓名判断・命名・改名の申し込み手続き・プロフイール★」を読まれてから、正式にメールでお申込みください。姓名判断の返信だけでも、詳しく返信しますので、約2時間を要するのです。皆さんと公平な扱いをしますので、必ず遵守願います。(info@gakuyo951.jp)

必読!不思議な「9」は、どんな倍数でも「9」に戻る大吉数!
[第2736回](小吉)・・・10月12日(大凶)

『  「9」系列が大吉数であることの「根拠と実証」は十分にブログで説明して来ましたね。ところが、「9」が不変の”大吉数”としての根拠は、古代中国のみではなく、古代ギリシャやエジプトで占いに使用されていた「カバラ数秘術」を応用すれば、実証できることを、私が発見(現在まで、秘伝!)しています。
 「9」の数のみが、人の「輪廻転生」のように、どんな倍数でも基本数「9」に戻るのですよ。要は、”生存”に必要な数のベストは、「9」(古代中国の「後天八卦図」)でしたね。ところが、現世だけではなく、来世も人間界に輪廻転生(りんねてんせい)を望むなら、ぜひ、「9」が”最大吉数”であること忘れずにいてください。』

 いいですか、「9×(1・2・3・・・∞)」=XY⇒X+Y⇒9の倍数
 たとえば、「基本数9×倍数2=18=1+8(カバラ数秘術)⇒転生数9」となり「9という数のみが、どんな倍数で乗数にしても、カバラ数秘術の手法で1桁まで帰納するなら、必ず”9”に帰着!」します。
 それほど、「9」という不思議なパワーを持っていますことを、「カバラ数秘術」からも、次のように実証できたのです。これは約15年前に発見しましたが、秘伝として門下生にも公表しませんでした。でも、私も77歳になり、いつお迎えが来るかも・・・? 後世に残こすため公表しました。
 皆さんも「なぜ?そうなるのか?どうしたら?」を思考して、従来の根拠と実証がない説(「9」は大凶!)に騙されないように・・・。

≪実 証≫(「9」のどんな倍数でも、「9」に戻る!)
「9×1=9」「9×2=18=1+8=9」「9×3=27=2+7=9」
「9×4=36=3+6=9」「9×5=45=4+5=9」
「9×6=54=5+4=9」「9×7=63=6+3=9」
「9×8=72=7+2=9」「9×9=81=8+1=9」
「9×10=90=9+0=9」
・・・・・・・「9×123=1107=1+1+0+7=9」

 どうですか、不思議でしょう! でも基本数が「1〜8」である場合は、その基本数に帰納することはありません。基本数が「9」のみ、どんな倍数でも「9」に帰納します。
 この現象は、「9」が数霊界では、トップのパワーを持っていることを実証しています。
 例えば、基本数5にしても、その倍数により帰納数はバラバラですよ。
「5×1=5」「5×2=10=1+0=1」
「5×3=15=1+5=6」・・・・・
 
以上の実証からみても、やはりナンバー2の「5」でも、「9」の大吉数にはお手上げですね。この「9」の実証もおそらく日本初でしょうね。
 「9」を基本の姓名であれば、長寿のうえ天界に召されても、また希望すれば再び人間界に「輪廻転生」できるのが「9」のパワーだと思います。

私説で名付けた赤ちゃん・・・、「9」のパワーで名付けていますから、乳幼児の頃から「長泣き、夜泣きせず、夜はグッスリ! とても育てやすいです。」とのメールや2〜3歳ぐらいの幼児になれば「 絵本が好きで、大人が驚くぐらいの質問し、記憶力も驚きです」とのメールや毎年の年賀状の添え書きを沢山頂いています。不思議な「9」のパワーです。
(今日のコメント欄も、ご覧ください)

必読!驚きの名付け本!女児名に「胡(こ)」の字を推薦!
[第2733回](中吉)・・・10月11日(大吉)

『 「女児の名付け本」に、”あご髭が濃い野蛮な北方民族”という語意もある「胡」の字体を推薦しているのには、呆れましたよ。』

 「華政」という韓ドラ!とても面白く毎朝が楽しみ・・・!
 この時代は、日本では室町末期〜江戸初期、中国では明が滅びて、後金(朝鮮の北方民族)が清帝国を樹立。
 その清国の元祖が「胡(こ)」といい、”長い髭を蓄え、ほほ肉が垂れた民族”のことを言います。決して「胡」の字体から、若い美貌の女性をイメージできないどころか、中国大陸の北方又は西方の野蛮な民族を言う「蔑んだ字体」です。ところが、驚くことに「湖」や「瑚」と同様と考えたのか、プロの姓名判断師が監修の一流出版社が、漢和辞典で確認もせず、「女児の名付け本」に推薦する候補の字体で、なんと「亜胡(あこ)」「茉胡(まこ)」など推薦しているではないですか!! 音感は良いにしても、例えば「亜胡」の語意は一体、どうなりますか? 「 醜いほどに肉が垂れ、あご髭に覆われた顔の北方民族」という名づけになります。
  いいですか、「湖」や「瑚」の”月”は、天体の月ですが、「胡」の”月”は”肉づき”の”肉”が語源なのです。
 とても、とても「亜胡」という女児の名付けで、美人など想像もできないほどの醜態の候補名になります。
 実に呆れたものです。これでも一流社が発行した「赤ちゃんの名付け本」ですよ。
 では、「胡」の字体を使用した女児候補名は、
[A書B社]監修X氏
「莉胡(りこ)」「仁胡(にこ)」
[C書D社]監修Y氏
「亜胡(あこ)」「華胡(かこ)」「胡々音(ここね)」
[E書F社]監修Z氏
「胡春(こはる)」「彩胡(あやこ)」「莉々胡(りりこ)」
[G書H社]著者T氏
「美胡(みこ)」「茉胡(まこ)」「亜依胡(あいこ)」
・・・など、「赤ちゃんの名付け本」には、「胡」の”髭面(ひげづら)の野蛮人”という語意の字体を、女児名の候補として、ほとんどの「名付け本」には推薦できる候補名として、記載されています。

 どうですか、本を出版するのに、監修者や著者は、「胡」の語源・語意も漢和辞典で確認もせず、推薦できる候補名としているのです。
 これらの名付け本を、日本中の夫婦も「まさか、一流社からの出版であり、テレビにも出演するような有名な姓名判断師だから間違いあるまい!」と、本を信じて漢和辞典で確認せず、名付けているのですよ。

 では、「漢和辞典」(新・漢語林;624ページ)の語意を紹介しましょう。
[”胡”の意味]
,┐咾后K綿または西方の異民族
△覆鵑勝ΑΑΔ箸いΦ震篁
けだもののあごのたれ下がった肉
い呂襪、遠い、長い
イ任燭蕕瓠とりとめがない。

との例示があり、「胡言(こげん)」とは、”でたらめ”のことば。「胡散(こさん)」とは、”あやしい・疑わしい”などの慣用語があります。

 このような「胡」の字体を、女児の名付けに推薦している本があるとは、呆れたものです。どうしても「○○こ」と名付けたいなら、「瑚」や「湖」を推奨すれば女児名として、優雅な名づけになりますよ。 

必読!女子高生「池田樹里」さん天格22で事故死!
[第2732回](小凶)・・・10月10日(大凶)

『 深夜の3時半・・・少年少女4人が軽乗用車に乗って、しかも18歳と言えば、免許取り立ての少年が酒気帯びで運転するとは、一体、どんな用事があったのでしょうか? もし、そのうえスピード超過であれば、事故を起こす条件がそろっていますね。そのために友人の女子高生1人の命が犠牲に・・・。連休でドライブしたい気持ちは理解できますが、彼女の面影は、大人になっても忘れられない後悔の思い出となるでしょう。
 でも、一面、同乗者の中に”事件事故”を呼ぶ天格22の女子高校生がいたことも、事故を起こす条件に加えて「4人全員が不運!」っだったことも、この事件から伺われるのです。
 ですから、日本人の一人ひとりが「天格12・22ではない姓名」を持てば、全国の交通事故件数を半減させることも可能だと思いますよ。』

 昨日のTBSニュース。
『 9日午前3時半ごろ、神奈川・秦野市の交差点で乗用車と軽乗用車が衝突する事故がありました。
 この事故で、軽乗用車に乗っていた少年少女4人のうち高校3年「池田 樹里」さん(17)が頭を強く打つなどして死亡しました。また、少年3人が顔などにけがをしました。
警察によりますと、軽乗用車を運転していた18歳の少年の呼気から「微量のアルコールが検知」されたということで、警察が事故の状況を詳しく調べています。』(09日14:03)

 本当に”17歳”という短い生涯を閉じるとは可哀想で、”逆死”の境遇に直面されたご両親の悲しみは如何ばかりか・・・、謹んでお悔やみ申し上げます。
 でも、「4人のうち、なぜわが子だけが・・・」と思いでしょうが、それはこのブログで”耳タコ”ぐらいに実証して来ました。
 次のように、天格22(「池=6」+「樹=16」=22)となる姓名だったのが、第一原因です。

「池田 樹里」天格22・地格12・総格34

全て偶数であり、天格22の画数配列では、事件事故に遭遇する可能性は、実に高いのです。したがって、赤ちゃんの名付けの時、愛情一杯に「樹里」ちゃんと名付けられたでしょうが、「池田」姓には全く不適合だったのです。
 今から17年前と言えば、私が60歳ですから、すでに国家公務員を勇退して、日本初「天命数霊術」の著書3冊を出版していた当時ですから、私説にご縁があれば、絶対に「天格22になる名づけ」はされていなかったはずです。
 このご縁がなかったのは、非常に残念です。

 皆さん、今からでも遅くありませんよ。ご家族の中に「天格12・22」の方がおられましたら、明日の運命も未知なのが交通事故です! 今日まで元気でも、明日の運命が未知数・・・ですから、至急に改名された方が良いですよ。

(追 記) 
 天格12・22の次に、「天格10・20」も改名したことに越したことがありません。その事件が7日に発生しています。

 TBSニュースから、
『 東京・練馬区の住宅で、「大家の男性が包丁で刺され死亡した事件」で、逮捕された女が「仕事もなく、生きていくことがもう嫌になった」と供述していることが新たに分かりました。
 この事件は7日、無職「加藤 未香」容疑者(24)が練馬区の住宅で、大家の「本間 昭蔵」(69)さんの腹を包丁で刺し殺害しようとしたとして逮捕されたものです。本間さんはその後、死亡しました。
 加藤容疑者は、本間さんが所有する住宅の部屋を間借りし、今年6月ごろから家賃を滞納していたことがわかっています。
  警視庁は、金に困った加藤容疑者が自暴自棄になって犯行に及んだとみて調べを進めています。』(09日10:48)

 このケースも、赤ちゃんの時の名付けで、「加藤」姓に「未香」と名付けたことが不運だったのです。
 次のように、天格10のうえ、地格・総格とも”神経質でキレやすい”「7のダブり!」が、全くの不運でした。

「加藤 未香」天格10・地格27・総格37

この女性は、「未=5」「香=9」を含んでいますので、賢い女性でしたが、やはり、「7のダブり」の神経質とキレやすい性格に負けてしまい、犯行に及んだ不運な運命にお気の毒でした。
  やはり、赤ちゃんの名付けの時点で、将来の運勢が決定されるとは・・・、信じられないでしょう。でも、それが事実なのです!

必読!”顕在”か?”潜在”か?目に見えない命名・改名の効果!
[第2731回](大吉)・・・10月9日(大吉)

『 命名・改名の効果? あなたは「効果の有無」をどのように把握できますか? 「すぐ、効果がありました!」という分野と、「一体?効果があったのか、どうか・・・不明?」という分野があることを、認識していてください。
 例えば、社寺で”厄年”の祈祷を受けて、「果たして、効果があったのか?どうか?」を識別できない分野もあることは、命名・改名の効果も同様です。』

 「 (学校に)行って来ます!」と、今朝、元気に送り出した小学生。そして、夕方に「ただいま〜」と元気に玄関ドアを開けた時、「ああ、元気に帰って来たのは、交通事故もなく帰宅できたのは、”運”が良かったのだ・・・! これも改名したお蔭だ!」と、一体、誰が思い感謝しますか? 保護者も本人も「元気が当たり前・・・! 交通事故など私の家には関係ない!」と思い、誰も感謝しませんね。
 
 ところが、改名を学校でも日常使用始めてから、2〜3ヵ月、テストのたびに点数が上がり、授業中の発表も良くするようになり、帰宅するとすぐ宿題をしてから、遊びに出るような習慣になって来た時、「ヤッパリ、改名の効果があった!」と思うでしょう。

 どうですか、前段では改名の効果の有無が、把握しにくいですね。ところが後段では、「やはり、改名して良かった!」と思いますでしょう。
 ところが、大事なお子さんの成育にとって、どちらが大切でしょうか?
 極端に言えば、「成績が上がるのは、もちろん嬉しいことです。しかし、これも健康で交通事故にも遭遇せず、元気に登校できていることが大前提なのです。交通事故で重傷や重病で入院していたら、成績どころではないでしょう。」

 この事象は、人生のうち、どの年齢になっても、道理は同じと思考してください。姓名判断の占いサイトで「恋愛・結婚・離婚・・・」などが多いですが、人生でもっと大事なことは、「”健康運・知徳運”、そして”事故事件”に遭遇せず、”病気”にもならない強運こそが、もっと重要なポイント。
 「風邪一つ引いても、楽しいデートができますか?」
 「交通事故で、脊髄損傷にでもなれば、車イスの生活が生涯続くこともあります。そんな状態では、結婚や子育てが難しく、相手方のご両親が反対され、破談になることもあります。」

 ・・・このように思考すれば、人生において「命名・改名の効果が不明確な”事件事故”に遭遇せず、”重病・難病”にもならない健康体であること」が、「姓名判断・命名・改名」分野で、一番大事なことです。
 
 今日のブログ・・・なぜ? この話題を・・・?
 実は、このブログの読者から、メールで質問があったのです。
「・・・(略)改名しますと、その効果は1か月先ですか? それとも3か月先ですか?・・・(略)」というお尋ね。

 いいですか、前述のように、運気というものは、「目に見える”顕在的運気”」と「目に見えない”潜在的運気”」があるのです。
 前者は、命名・改名の効果は、日常使用し始めた”即日・即時”から効果があり、本来なら”交通事故で即死”のところ、かすり傷の軽傷で済んだかも・・・? このような潜在的運気は「神のみ、知り給う!」であり、姓名判断師や占い師が判断できる分野ではないのです。

 ただ、この中間的な運気の場合、
「 長年、”引きこもり”の青年が、改名で”行動的な性格に変化”があり、就職して勤務するようになった。」とか、
「なかなか、縁談がなかったのに、改名で”生活環境”に変化があり、良縁に恵まれた。」
など、改名効果の始点が、「性格・生活環境の変化? いつが始点なのか?」が不明な場合があります。
  このようなケースでは、「命名・改名の効果」が「1か月先なのか? 3か月先なのか・・・?」のご質問は、答えられない不明確な事象も、世の中には存在すること・・・、ご理解いただきたいです。

ただ、不思議なことは、婚姻後6〜7年、不妊治療をしても、子どもさんに恵まれなかったご夫婦、「名づけ」(希望の男女別命名)をして「風水神仙道霊符/命名額」を作成し、呼び込むと、なんと不思議にもお子さんに恵まれた事例が、公務員退職20年来の現在まで、24人のケースがあります。その代表的な実例をこのブログ「夢のような少女誕生!」とか、最近の代表的なケース「驚きの賢さ!2歳半の女児!」として、ブログで皆さんには公表していますね。
 これも、「天格19」の”大吉数”による命名効果であって、日本初の「天命数霊術」の実績なのです。

(お知らせ) 
 「天命数霊術の”動画”」(門下生が作成)が、良く纏まり、かなり出来上がりつつあります。修得又は復習するのにとても参考になりますので、繰り返しご覧ください。欄外のリンク欄のうち、「動画」をクリックしてください。

必読!創造神は無情!母親から虐待の「千葉祐太郎」が死刑確定!!
[第2730回](小吉)・・・10月7日(小吉)

『 当時18歳(現在25歳)の少年犯罪者に死刑判決が確定しため、氏名が未公開でしたが、このたび公表されました。幼くして、父母は離婚、母子家庭で母親から虐待を受けて育ち、性格破たんしていた同情すべき境遇でしたが、このたび最高裁で「死刑が確定」しました。そのうえ、現在、成人者ですから、姓名が「千葉祐太郎」と公表されました。
  どうですか、「祐太郎」という立派な名づけでしたが、「千葉」姓ですと、「天格12」となり、やはり赤ちゃんの名付けの時点で、”事件事故”を呼ぶ運命になっていました。
 偶然とは言え、天格12で名付けられた不運・・・、この姓名で「死刑」になるとは・・・! 折角、この世に生まれ、母親から虐待を受けて育ち、無情にも「死刑」でこの世を去るとは・・・、余りにも可哀想な気もして来ますね。! 』

 平成になって以来の死刑囚だけでも、下記のとおり。
 どうですか、皆さんの大事な赤ちゃんには、「絶対に、天格12・22で名づけないこと!」ですよ。
 以下の死刑囚を観れば、いかに天格12・22が多いことか!?
★[死刑囚(平成初年〜現在)]
「宅間 守」天格12・地格12・総格24
「宮 勤」天格22・地格12・総格34
「造田 博」天格22・地格5・総格27
「松永 太」天格12・地格5・総格17
「坂口 弘」天格12・地格5・総格17
「北村 孝」天格12・地格7・総格19
「木嶋佳苗」天格12・地格22・総格34
「川崎政則」天格12・地格20・総格32
「渡辺純一」天格22・地格6・総格28
※「千葉祐太郎」天格12・地格16・補格9・総格37


どうですか、このような死刑囚も、赤ちゃんのときは無垢で生まれて、将来、まさか死刑囚になるとは・・・、親子とも予想も付かなかったと思いますよ。この”将来予想”ができるのは、日本初の「天命数霊術」のみです。

 通常の感覚ですと、「祐太郎(ゆうたろう)」と名付ければ、立派なものだ!
 将来、成功してくれるであろう・・・と思うのが通常でしょうが、不思議なことに、「祐太郎」の名付けには、苗字の1字目が「10画・20画」又は「6画・16画」でないと、「天格19・29」又は「天格15・25」になりません。

 ですから、「祐太郎」と名付けてピッタリのベストになる苗字としては、例えば、次の苗字しか適合しません。
 例;「桜田」「高田」「真田」「安田・安本」「吉田・吉本」「竹田・竹本」など。
 したがって、この死刑囚のように「千葉」という1字目3画の苗字に、「祐太郎」と名付ければ「天格12」となり、”事件事故”に遭遇する可能性が高い運命になります。 それは、子どもの時に虐待を受けて、異常性格者になり犯罪者になるのも、約70〜80%の感触で、姓名からの影響です。
 こうして観ますと、このような不幸な運命な名づけをされるのも、神仏が人間に与えた不平等な扱い・・・、皆さんはどのように、この死刑囚を想いますか?
 この事件は、平成に入り、少年犯罪で2件目の死刑判決であり、「裁判員裁判」だったのです。

(追 記)
 昨日6日の事件。
  福岡県春日市の無職「佐野 正隆」容疑者(67)は、春日市内の住宅の敷地内で、交際中の女性(67)を車の中に監禁した疑いがもたれています。女性から電話で助けを求められた娘が、警察に通報していました。
「佐野 正隆」天格12・地格22・総格34

必読!ひき逃げ・火災焼死・山岳転落死なども「天格2」系列!
[第2729回](大吉)・・・10月5日(大吉)

『 「天格2系列」の”事件事故”は、いろいろな方面に発生します。最近のニュースから、「交通事故死・火災焼死・山岳転落死・強制わいせつ」の4事例について、実証して観ましょう。』

★「交通事故死」(加害者;天格12)
『 3日午前11時すぎ、小田原市の市道で歩いていた86歳の男性を、トラックが撥ねて死亡させ、運転手は逃走しました。ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは小田原市のトラック運転手「小清水 栄一」容疑者(59)です。』

「小清水 栄一」天格12・地格12・補格4・総格28

★「火災焼死」(被害者;天格12)
『 3日午前5時前、北海道・北斗市追分の「内山 尭義」さん(71)の住宅から火が出て、木造2階建ての建物内部などが焼けました。この火事で、焼け跡の1階寝室から性別不明の2人の遺体が見つかりました。
 警察によりますと、この家には内山さんと、55歳の妻の2人が暮らし、妻は足が不自由だったということです。』

「内山 尭義」天格12・地格16・総格28


★山岳転落死(転落者;天格22)
『 群馬県と長野県にまたがる「荒船山」の崖の下で、発見された遺体は、行方不明になっていた神奈川・鎌倉市の「花屋 舞」さん(39)と判明しました。警察は、母親とともに山に入った長男「祐樹」くん(8)の捜索を行いましたが、未だに発見されていません。』

「花屋 舞」天格22・地格9・総格31


★強制わいせつ(加害者;天格12)
『 女子児童の体を触ったとして10月4日、札幌市手稲区に住む会社員「荒井 大輔」容疑者(43)が、「強制わいせつ罪」の疑いで逮捕されました。
 荒井容疑者は9月13日、手稲区の公園で友人と遊んでいた女子児童に「かわいいね」と声をかけたのち、女子児童を抱きかかえて体を触った、強制わいせつの疑いが持たれています。』

「荒井 大輔」天格12・地格18・総格30

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 どうですか、どんな分野でも、天格2系列であれば、事件事故に遭遇する可能性がある運命です。その運命は、赤ちゃんから高齢者まで、何歳になっても遭遇することになります。
 こうして観ますと、赤ちゃんの名付けの時点で、ご両親は余程の検討が必要ですが、従来の日本中の「五剖式姓名判断」では、上記の事例さえ”事件事故”を実証できません。「成功者は、”努力”が1%、”運気”が99%で成功する!」というエジソンの諺に同感です。「どんなに努力しても、事件事故で”不治の病”や”落命”すれば、それで終わり・・・」ですよ。

必読!新東名高速の交通事故も、天格0・2系列!
[第2728回](中吉)・・・10月4日(小凶)

『 本当に「交通事故は”運”!」ですよ。
  ヾ儻バスが故障しなかったら・・・、▲丱垢琉貉停車位置が5mズレていたら・・・、バスから降りて、点検しなければ・・・、ぅ肇薀奪運転手が前方不注意ではなく、1秒でも早く急ブレーキをかけていれば・・・ト鏗下圈Σ坦下3人のうち、1人でも天格9・5系列の人がいたら・・・?
などを仮想し、そのうち1つでも現実と異なれば、観光バスの運転手2人が擁壁に挟まれて死亡することもなかったのです。これらの悪条件が重なったのは、被害者の「観光バス運転手2人」も、「トラック運転手」も”運”がなかったのです。この運は、3人とも赤ちゃん出生時(名付けされた50数年前)に、運気に見離されていたお気の毒な運勢なのです。
 要するに、「天格9・5」系列の姓名が、この3人のうち1人でもあったら、この交通事故もなく、観光バスの乗客を無事に東京まで送り届けて、今頃は楽しい旅行中であったでしょう。 』

 実に、交通事故も、「姓名の運気」が、大きく影響しています。
 TBSニュースから・・・、
『 2日の午前2時ごろの深夜、愛知・岡崎市の新東名高速道路で、路肩に止まっていた観光バスに追突して、乗務員2人が擁壁に挟まれ死亡させた疑いで、福岡市のトラック運転手「斎藤 信夫」容疑者(57)が逮捕されました。
 大阪市の「中央交通バス」によりますと、死亡した運転手は「大谷 秀雄」さん(53)と「染谷 文彦」さん(50)で、故障したバスを確認するため外に出ていたということです。』

 このような交通事故・・・、運気が良くない現象(冒頭の 銑イ泙如砲、偶然にも重なったからです。
 先ず、3人の姓名を観ましょう。
バス運転手「大谷 秀雄」天格10・地格19・総格29
 同   「染谷 文彦」天格13・地格16・総格29
トラック運転手「斎藤 信夫」天格20・地格22・総格42

どうですか、3人とも”対外的な運気”を持つ「天格9・5系列の人」いませんね。特にこの交通事故の原因であり、加害者となったトラック運転手は、すべて偶数・・・しかも「0」と「2」のみの画数配列ですから、57歳の現在まで相当に苦労されたと思います。
  また、バス運転手の2人とも、総格が29画ですが、天格が「10・13」では、事件事故を防ぐまでに至らない現状を観ると、やはり”人の運気”は「総格より、天格が大事!」ということを実証する姓名でしたね。

 ところが、日本中の説は「29は大吉!」(「9・19は、大凶!」)という判断が多く、しかも「総格は、50歳以降の晩年の運気!」と判断している本が多いです。(現在の平均寿命は、80〜87歳の時代です。「50歳以上を晩年!」という日本中の説には呆れます。平成の現在では、50歳と言えば、まだ中年であり、働き盛り! 日本中の説は、戦死者が多く平均寿命が低かった戦前の昭和初期の概念を、そのまま受け入れ、平成の現代を修正していない説です。)
 その判断が正しいのであれば、「バス運転手2人とも、総格が大吉で53歳と50歳!? で、総格29の大吉!」ですから・・・、このような悲惨な交通事故死に遭遇するはずがありませんね。
 皆さんは、「姓名判断本」や「赤ちゃんの名付け本」を読まれた時、「50歳以上は晩年!」という総格の判断に、何の疑問も感じませんでしたか?

 いずれにせよ、世の中に”正しい説”を普及させて、「事件事故などの不幸」を”減少”させるのが、姓名判断師としての”使命!”だと思います。

必読!人気子役「鈴木 福」くん、交通事故の”先触れ”に注意!
[第2727回](小吉)・・・10月3日(中吉)

『 なんと、あの人気子役で大活躍の「鈴木 福」くん(10)が、車に接触事故・・・、でもケガもなく無事の報道でホッとしました。
 このような事故は、生まれながらの強運に恵まれて、”特殊の才能など”がある人は、いきなり大事故ではなく、2〜3回の「虫の知らせか、先触れの知らせ・・・?」の小事故があってから、大事故に繋がる運命の人がいますよ。
 この「鈴木 福」くんも、その姓名の天格が「9・5」系列ではないので、運気が持続しない予想がされます。』

さて、凶運を呼ぶ昨日の「3日」のTBSニュース。
『 2日午前9時前、人気子役タレント「鈴木 福」くんが、東京・杉並区の路上で自転車に乗っていたところ、交差点に進入してきた女性(50代)が運転する乗用車と接触しました。2人にけがはありませんでした。
 警視庁によりますと、乗用車は一旦停止した後、交差点に進入するために左折しようとした際、福くんが乗る自転車と接触したということです。
 警視庁は、乗用車を運転してた女性が安全確認を怠ったのが事故の原因とみて調べています。』(03日11:33)

 以前から気になっていたのですが、人気子役の「鈴木 福」くんは、愛嬌ある顔なうえ、天才的な芸達者で一芸に秀でた子役としては、人気も抜群ですので将来が楽しみ・・・、でも、何だか不安に感じていたのは、姓名に「9・5」系列がないのです。

「鈴木 福」天格26・地格4・総格30

この画数配列で、子役トップクラスの人気とは・・・?
 特に対外的な運気である「天格9・5」系列も、芸術芸能の才能である「地格9・5」もない姓名で、どうして運気がよいのか? 皆さんは疑問に思われたでしょう。
 おそらく、この鈴木家では「幸運の女神?」(先祖の守護霊か?)に恵まれていたのでしょう。
 しかし、過去の芸能界の歴史を観ても、子役から生涯を通じて人気が持続することは非常に難しいですよ。やはり、「運気に恵まれた”姓名”!」であれば、”事故事件”にも遭遇することなく、生涯の人気俳優になります。
 その先触れとも言える交通事故を起こして、気付いて欲しいという暗示での事故・・・このような類似の交通事故も多いです。
それでなくても「鈴木 福」は、上下が尖った「木」を中に、”天”の「鈴」も、”地”の「福」も、あの怖い災難が訪れる「上下左右分かれ」の龍脈(形)になっているでしょう。この形も「天斬殺」と同様に、「ある日、突然のこと、事故事件に遭遇する運命!」にある姓名ですよ。

 この姓名のように、いきなり大事故ではなく、皆さんのご家庭でも、ご先祖の守護霊が、小事故を繰り返して子孫に知らしている暗示・・・があることも記憶していてください。
 その天(守護霊)からの暗示が、このたびの「ケガもない交通事故」だったのです。
 でも、成人まで・・・いや生涯とも変わらぬ運気に恵まれるには、やはりベストの姓名にしておくことです。 
 そこで「福」の一字を残したベストの「天格19・地格19」に改名しますと、成人以降の芸能界でも、”事件事故”にも遭遇することなく、一流の俳優に成長しますよ。それは同じ苗字の「鈴木 末七」を改名して、現在は俳優の大御所「松平 健」(天格19)さんや「鈴木 一朗」の本名を使用せず「イチロー(9)」という通称名で、日米野球界のトップ人気が持続していますでしょう。
 
 このように、姓名の不思議なパワーは、現世の人々に”事故事件”で知らせても、それに気付かない人が最後は大事故事件で、天上界に召されることがあることは、私に改名依頼された「神職や僧侶」のご見解もそうでしたよ。

(追 記)
  約半世紀前、子役で大活躍した「ケーキ屋ケンちゃん」こと「宮脇康之」さんを、ある占い師に勧められて「宮脇 健」と芸名にしたが、運気向上の根拠もないので、芸能人として運気が下降・・・。
実に、無責任な占い師がいるものですね。命名・改名を人文科学的な根拠もない”占い”で・・・とは?
 ともかく、この業界は「運気好転!」の”実績”を積んで行ってこそ、社会貢献になるのです。

必読!「天格19の育てやすい次男」!一般の赤ちゃんと成育が段違い!
[第2726回](小吉)・・・10月1日(大吉)

『 今年の正月から春までに誕生し、私が「天命数霊術」に依り名付けた赤ちゃん、約半年以上経過しましたが、皆さん、その発育ぶりに驚かれています。次々に喜びのメールを頂いていますが、今日は、そのうち、兄弟の甥・姪と比較され、その違いを書いて頂いたものを代表で皆さんにご紹介します。(固有名詞は省略)』

先月15日に、◇◇県の○○さんから頂いたメールです。
『 望月先生、今日は。私たち夫婦に3月5日生まれの次男にも恵まれ、先生に候補名を6つばかり頂きましたね。そして、そのうち「○一郎」を選んで、「命名色紙額」を宅配して頂いた「◇◇県の○○」です。
 早いもので、誕生から半年過ぎて、その成育ぶりに驚きましたので、先生に報告方々、自慢したくてメールしました。
 先生がいつもブログでも投稿されていたように、「長泣き、夜泣きせず、夜はグッスリ!」とは、全く、その通りで、用事があるときしか泣きません。それも一声泣くだけ・・・で、後はニコニコ笑っています。
 本当に不思議ですよ。3年前に誕生した長男の時とは大違いで、本当に育てやすいです。
 でも、親が親ですから、天才や名人にはほど遠いでしょうが、それなりに社会貢献するような男になって欲しいと願っています。
 そして驚くことに、まだ半歳過ぎだというのに、従弟の1歳過ぎの男児より大きいので、驚いてます。そのうえ、甥のその子は、天格が「4・7タイプ」なので、良く泣いていますので、従弟夫婦は苦労してます。
 今後将来も、「天命数霊術」で命名された赤ちゃんが増えることを願ってます。』

 次に類似のメールは、いろいろと頂いていますが、8月に頂いたメールでは、僅か2歳半の女児の「驚きの優秀さ・・・」のブログを投稿しましたら、東京の医大教授や開業医師(小児科)からも、驚きの電話を頂きましたので、その女児の母親からのメールを再掲いたします。

  この女児は、まだ2歳半ですよ。私が”昇順数”で名付けたお子(固有名詞は「◎◎」と省略)さんです。
 頂いたメールの一部を抜粋して紹介しますと、
『 ・・・(略)「◎◎」はいま2歳半ですが、毎晩眠る前は、「体のつくりとはたらき」、の本を持ってきて、食べたものがどのように出るか話して、と言うので、何度も話しました。
 先日も、「十二支や、アルファベット表」を一日で覚えたり、雲と天気、植物の名前を知りたがったり、毎日自分が色々なことを知っていくのが楽しくてしかたない、そんな感じにみえます。いつか必ず二人で会いに行きます、直接見ていただきたいです(^^)・・・(略)』

 どうですか、2歳女児としての好奇心!?とは驚きですよ!
 「人体の仕組み・雲と天気・植物の名前、十二支・アルファベットなど」の疑問や記憶とは・・・?
 大人でも、相変わらず「十二支」を動物と何ら疑問に思わない平凡な人が多い中で、一日で記憶するとは驚きでしょう!
 賢い児は、与えられたテレビのアニメより、自分から興味を持って、絵本で想像力を掻き立て、親の説明で納得すれば、その結果、新しい知識が増えたことを無常に喜びを感じるのです。

 どうですか、「天命数霊術」による名づけは、「健康運・知徳運・性格の良い児」を誕生させ、日本人1億2千万人のレベルを上げ、その反面、交通事故など”事件事故”を半減させるだけの「9・19」のパワーがあるのです。
同じ赤ちゃんとして誕生しても、「心臓移植」でアメリカまで、2〜3億円の募金活動までして行く恵まれない児から観れば、世の中は全く不公平に神仏から創造されていますね。
 「9・19」の数霊パワーは、「神仏」のパワーを超越していますよ。
 いつまでも、「9・19」を”凶数?”と判断している説は、もはや時代遅れですよ。

(お知らせ)
 望月岳陽の「動画」(門下生が好意で作成)が、沢山出来上がっていますので、復習を兼ねて、右上欄(リンク欄)の「動画」をクリックしてご覧ください。とても簡潔に良くまとまっています。
 なお、ご質問などはPCメール「info@gakuyo951.jp」あてに送信ですが、「件名」欄には、必ず「都道府県(又は政令市)名と苗字のみ」を記入してください。